スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザワクチンについて。

FLU VACCINES AND THE RISK OF
CANCER
インフルエンザワクチンと癌の危険性。


http://www.newswithviews.com/Tenpenny/sherri123.htm

Dr. Sherri Tenpenny, DO
September 4, 2009

Dr.Tenpenny.comより。

http://drtenpenny.com/default.aspx


NewsWithViews.com

Much concern has been generated over the upcoming new swine flu H1N1 vaccines that are being rushed to market. Clinical trials will be short – less than three weeks – and the potential for the addition of toxic oil-in-water adjuvants to be added at the last minute to stretch the vaccine supply is disconcerting. However, the problems with flu shots go beyond current concerns. The new manufacturing process for flu shots, called cell-line technologies, are little understood and have the potential for serious, long term consequences.
新しく登場するスワインH1N1フルーヴァクシーン(豚H1N1ワクチン)について多くの不安が発生している。(ワクチンの)臨床実験研究は3週間以内と短く、そして毒性のある水に混じっている油の様なワクチン効果補助剤がワクチン供給量を増加させる為最後の土壇場で添加される可能性があり非常に不安にさせる。然しインフルエンザ予防注射の問題は現在の関心事以上の問題である。予防注射のためのワクチンの新しい製造方----------セル ライン テクノロジー(細胞株技術)と呼ばれる---------は十分理解されていず種々の長期に亘る健康上の悪影響がある可能性がある。

Manufacturing the “regular,” annual flu shot
毎年やって来る普通のインフルエンザ予防注射ワクチンの製造。


Each year, between January and March, an FDA advisory panel selects the three influenza strains expected to be in circulation during the upcoming flu season. Admitting that the process is an “educated guess,” the CDC sends the selected seed virus to the FDA for approval prior. Seed virus is then distributed to manufacturers for production.
毎年、1月から3月にかけてFDA食品医薬品局諮問機関は次のインフルエンザの季節に流行すると想像される3種類のインフルエンザウイリスを選択する。どのウイリスを選択するかの過程は“勘に頼っている”と認めているのだが-----------CDCは選択された種子ウイリスを事前の承認の為にFDAに送る。其の後、種子ウイリスは製薬会社に生産の為に配られる。

The annual flu shot contains three viral strains: two type influenza A viruses and one type influenza B. Most commonly, two of the viruses are the same viruses included in the preceding year’s shot. The third virus is typically a new strain in circulation. This is the purported reason for giving the shot each year. The new strain is modified through a laboratory process called reassortment to ensure that it can readily grow in eggs. Once the modification is complete, all three viruses proceed through tricky manufacturing steps to create what goes in that vial.
普通の毎年生産されるインフルエンザ予防接種ワクチンには3種類のウイルスの系統が含まれている:2種類のインフルエンザAウイルスと1種類のインフルエンザBウイルス。極一般的には2種類のウイルスは昨年の予防接種に使われた同じウイルスで、第3のウイルスは一番新しく一般的に流行している型である。此れが毎年予防接種をする為に使われている理由である。此の新しい型のウイルスは鶏卵内で容易に培養出来る様に実験室での“リアソートメント”と呼ばれる方法で改質される。改質過程が終了すると3種類全てのウイルスはワクチンの小瓶に入る最終製品を作る為厄介な製造過程に進む。

The cumbersome flu shot production process utilizes up to 500,000 fertilized chicken eggs per day for up to eight months. Hundreds of millions of fertilized eggs become “mini-incubators” for cultured viruses. When the chick embryos are 11-days old, the amniotic membrane (the egg white) is manually injected with a drop of viral-containing . Several days later, the gooey viral suspension is centrifuged to remove as much chicken blood and tissue from the solution as possible. Residual egg protein remains within the final vaccine solution and is the reason why persons with an egg allergy are advised against receiving the flu shot.
厄介な(酷く複雑な)インフルエンザ予防注射ワクチン生産は1日に最大50万個までの受精鶏卵を最大期間8ヶ月間使用する。数百万の受精卵はウイルスを培養する“小型培養器”となる。受精卵胎芽が受精後11日目になると羊膜(卵白)に一滴のウイルスを含んでいる溶液を手作業で注入する。数日後ヌルヌルしたウイルスの含まれた懸濁液から出来るだけ多くの鶏の血液と組織を取り出す為に遠心分離される。残留している鶏卵蛋白質は最終的なワクチン溶剤に残り、此れが理由で卵にアレルギーの人はインフルエンザ予防注射を受けない様にアドヴァイスされるのです。

The entire process, from viral selection to viral harvest, can take up to nine months.[1] With the potential for a pandemic and the Director General of the WHO, Margaret Chan, requesting up to 4.9 billion of flu shots to vaccinate the world,[2] the slow lead time and labor-intensive production process cannot meet the demand for massive quantities of pandemic flu vaccine.
ウイルスの選択からウイルスの(鶏卵から)収穫までの全過程は長くて9ヶ月まで要する。パンデミックの可能性と国際的な予防接種の為のWHOの事務局長マーガレットチャンの49億人分のワクチンの要請、生産の速度が遅い事や労働集約的生産過程の為、パンデミックの為のインフルエンザワクチンの大量需要に追いつかない。

Enter Cell Line Technology
細胞株技術


Cell line technologies, the use of cells and tissues for growing viruses found in vaccines, have been used since the 1950s. Examples include calf lymph for smallpox vaccines; African green monkey cells (AGMK cells) for polio vaccines and mouse brain cells for the Japanese encephalitis vaccine. In the 1960s, cells from aborted human fetal tissue, called MRC-5 and WI-38 cells, were developed and are still used for the manufacture of rubella chickenpox, hepatitis A and shingles vaccines.
ワクチンに使われているウイルスを増殖する為細胞や組織を使う細胞株技術は1950年代から利用されている。例としては天然痘ワクチンの為の子牛のリンパ腺、小児麻痺ワクチンの為のアフリカのグリーンモンキーの細胞(AGMK細胞)、そして日本脳炎の為のネズミの脳細胞等が含まれる。1960年代にMRC-5そしてWI-38と呼ばれる妊娠中絶された人間の胎生組織が開発され風疹性水痘、A型肝炎、そして帯状疱疹のワクチン生産の為に未だに使用されている。

Since the early 2000s, dozens of human and animal tissues have been investigated for use in viral vaccines, especially for the production of influenza shots. Batches of vaccine can be produced in less than six weeks instead of just one crop per year with eggs, a particularly useful methodology for ramping up production of flu shots.While many of the new cell lines are still considered experimental, cell line techniques have attracted all the major players in the vaccine and biotech industry.
2000年以来、数ダースに及ぶ人と動物の組織がウイルスワクチンへの使用の為、特にインフルエンザ予防接種の為に研究されている。大量のワクチンが鶏卵での年一回だけの生産と比較して6週間以内に製造出来、特にインフルエンザ予防接種の生産急増の為のメソッドとして持って来いである。多くの新しい細胞株技術は実験的な段階と捉えられいるにも拘らず細胞株技術は全てのワクチンとバイオテクノロジー業界の注目を集めている。

Prior to 2007, cell lines were little used for flu shots, primarily for logistical reasons: Flu shots made from cells instead of eggs required a complete retooling of existing production facilities. None of the manufacturers were willing to invest the hundreds of millions of dollars and the five to seven years to construct new vaccine plants. But when the threat of the bird flu pandemic was hyped in 2006, the government opened is coffers and spilled billions of dollars into the pockets of the drug companies, giving them the capital to build new flu shot production facilities. By 2012, the first cell line factory will be completed in North Carolina. Vaccine giant, Novartis, will then have the capacity to produce 150 million flu shots per year, making it the number one commercial production plant for influenza vaccines and the adjuvant MF-59, in the world.
2007年以前には主にロジスティックな問題で細胞株はインフルエンザワクチンには使われていなかった。鶏卵に替わって細胞を使用して生産されるインフルエンザワクチンには其れまでの製造設備の完全な入れ替えが要求される。何千万ドル、そして新しいワクチン工場建設に必要な5年~7年の投資意欲のある製薬会社は全く無い。然し、2006年に鳥インフルエンザパンデミック(大流行)の危機が大騒ぎになると政府は金庫を開けて何十億ドルも撒き散らし製薬会社のポケットに入れてしまい、鳥インフルエンザワクチン製造施設建設の資金を与えてしまった。2012年までには最初の細胞株技術を使った施設がノースカロライナに完成する。其の時期にはワクチン生産では巨大企業のノヴァルティスは年間1億5千万人分のワクチン生産能力を持つ事になり、其れは世界一の商業用インフルエンザワクチンとMF-59と言うワクチン効果増強剤の生産施設と言う事になる。

Cell Cultures: The Next Frontier in Vaccine Production
細胞培養:ワクチン生産の次のフロンティア。


Several cell lines are currently under investigation. Novartis’ EU-approved flu shot, Optaflu, was produced using a cell line called Madin-Darby (MDCK), cells extracted from the kidneys of a female cocker spaniel. Dutch giant, Solvay Pharmaceuticals, has been working with MDCK cells since the early 1990s.
現在幾つかの細胞株技術は調査の対象となっている。ノヴァルティスのEUによって承認されたインフルエンザワクチン“オプタフル”はMadin-Darby (MDCK)と呼ばれるコッカースパニエル(犬)の腎臓から抽出された細胞株を使用して生産されている。オランダの巨大企業ソルヴェイ製薬は1990年代初頭からMDCK細胞株を使っている。

Another independent company, Protein Sciences Corporation, has been working on a patented influenza vaccine produced from caterpillar eggs. This vaccine strategy, known commercially as FluBlok, isolates a purified concentration of (H) antigen on the surface of an influenza virus and inserts the antigen into a second virus called a baculovirus. The (H)-containing baculovirus is then inserted into insect cells growing in culture. Several clinical trials involving the bug-created vaccine have shown that the antigens elicit a strong antibody response in humans.[3] The vaccine, no doubt, contains snips of insect DNA. This technology is being tested in Europe and is not yet approved for use in the US.
他の独立した会社“蛋白質科学コーポレーション”は特許権を得ている毛虫の卵から作られたインフルエンザワクチンを使用している。此のワクチンはインフルエンザウイルス表面の精製濃縮された(H)抗原を分離し、其の抗原を2番目のbaculovirusと呼ばれるウイリスに挿入する方法で商業的にFluBlokとして知られていている。baculovirusを含んでいる(H)抗原は其の後培養装置の中で育っている昆虫の細胞に挿入される。幾つかの昆虫によって造り出されたワクチンを使った臨床実験では此の抗原は人体の強い抗体反応を引き出す事が示されている。此のワクチンは疑い無く少量の昆虫遺伝子を含んでいる。此の技術はヨーロッパでテストされていて未だ米国内使用の許可は出ていない。

A third type of cell line, called PER.C6 cells, is derived from retinal cells of aborted fetal tissues. The fetal cells are transformed by infecting them with an adenovirus, turning them into “immortalized” cells and the capability to replicate endlessly. By their very nature, these cells are neoplastic (cancer-causing); researchers refer to them as “oncogenic” cells. If tumors are formed when the cells are injected into experimental animals, the cell lines are beyond oncogenic; they are tumorigenic.
3つ目のタイプの細胞株技術はPER.C6細胞と呼ばれ、妊娠中絶された胎児の網膜細胞から得られている。胎児の細胞はアデノウイルスに感染させられる事によって変性され不死身の細胞となり、そして果てしなく増殖する能力を持つ事になる。正にこれ等自身の特徴によりこれ等の細胞はネオプラスティック(発癌性)で研究者達は腫瘍形成性細胞と呼んでいる。実験動物に此の細胞が注入された時腫瘍が発生するとすれば此の細胞株は腫瘍形成性以上の物で、それらは発癌性である。

A serious concern about whole, live PER.C6 cells is that they are capable of causing tumors when transplanted into the skin of mice. The FDA requires a filtration method to be used during vaccine production that is designed to removes all cells before the final product is packaged. Even though several studies have been conducted to assure vaccine developers that PER.C6 cells do not cause cancer and do not contain stray tumor causing viruses,[4] the risk of the cells making their way into the final vaccine products remain.
生きたPER.C6細胞全てについての深刻な不安は、其れが鼠の皮膚に植え付けられると腫瘍を発生させる事が出来ると言う事である。米食品医薬品局はワクチン製造過程で最終的製品が箱詰めされる前に全ての細胞を取り除くフィルターを使う方法を義務付けている。PER.C6細胞は癌発生の原因ではなく腫瘍を発生させる迷子のウイリスを含んでいないとワクチン開発業者を安心させる為の幾つかの研究が実施されたにも拘らず、PER.C6細胞が最終的ワクチン製品に含まれる危険性が残っている。

The risks of residual retinal DNA and stray viral contaminants from the animal tissues getting into flu shots are real. DNA snips are classified as either “infectious” or “oncogenic” by researchers who worry that the stray DNA is being incorporated into the recipient’s DNA, even thought FDA regulations insist on the “importance of minimizing the risk of oncogenesis in vaccine recipients.” Manufacturers have been instructed to ensure the final vaccine contains less than 1 million residual animal cells and the amount of stray DNA is less than 10 ng. per vaccine.[5] These regulations admit that animal DNA is injected into human babies and adults with every shot.
残留している網膜の遺伝子と動物の組織からの紛れ込んでいるウイルスの汚染物質が予防接種ワクチンに紛れ込む危険性は現実問題である。米食品医薬品局の規制は“ワクチン受容者の癌発生の危険性を最小限にする事の重要性”を主張している物の、細切れの遺伝子は其れがワクチン予防接種受容者の遺伝子に合併させられる事を心配する研究者によって“感染性”か“腫瘍形成性(発癌性)”と分類されている。製薬会社は最終的製品としてのワクチンは100万以下の残留動物細胞か、紛れ込んでいる遺伝子の量は一人分のワクチンに対し10 ng以下にする事を確実にする様に指示されている。これ等の規則は予防接種の度に動物の遺伝子を幼児と成人に注入している事実を認めている。

Is every lot tested for purity and these parameters? No. Spot-checked lots are sent to the FDA and the FDA trusts the word of vaccine manufacturers that these standards have been met.
純粋さや上記の条件等で全ての発注されたワクチンはテストされているのだろうか?ノー。発注を受けたワクチンの抜き取り検査の結果は米食品薬品局に送られ米食品薬品局は製薬会社の基準は全て満たされていると言う言葉を信用している。

Tumorigenic Cells: The Risks Are Known
発癌性細胞:危険性は知られている。


Since 1998, the FDA and its subdivision, the Centers for Biological Evaluation and Research (CBER), have been drafting regulations to allow use of both oncogenic and tumorigenic cell lines to be used in vaccine production. The FDA is fully aware that the new cell lines, especially the PER.C6 cells, have substantial risks, including the risk of potentially deadly adventitious [stray, outside] viruses making their way into shots. For example, the FDA acknowledges that the SV 40 virus (simian virus 40 from monkey kidney cells) was in the early polio vaccines and acknowledges the risks:
1998年以来米食品薬品局と其の部局、“生物的審査と研究センター”(CBER)は腫瘍形成性細胞株と発癌性細胞株両方をワクチン製造に許可する為に規則を作成している。米食品薬品局は新しい細胞株は、特にPER.C6細胞は、非常に危険な可能性のある付随的(中に紛れ込んだり外部に付着していたり)ウイルスが予防接種用ワクチン内に入り込む事を含むかなりな危険性があることを十分に承知している。例えば、米食品薬品局はSV 40ウイルス(猿ウイリス40は猿の腎臓細胞から来ている)は初期の小児麻痺ワクチンを汚染していた事を認めていて危険性も認めている。

“The experience in the early 1960s with SV40 contamination of poliovirus and adenovirus vaccines and the continuing questions regarding whether SV40 could be responsible for some human neoplasms [cancers] underscores the importance of keeping viral vaccines free of adventitious agents [viral contaminants].
1960年代初頭のSV40による小児麻痺ワクチンの汚染の経験とアデノウイリスワクチンとSV40ウイルスがある人間のネオプラズム(癌、腫瘍)の原因である可能性ではないかと言う現在も続いている疑問はウイルスワクチンから付随的病原体(ウイルス汚染)排除する事の重要性を強調している。

This is particularly important when there is a theoretical potential for contamination of a vaccine with viruses that might be associated with neoplasia [cancer]…It is unclear whether cell substrates have a greater or lower risk [of contamination] than other types of cells…However, if their growth in tissue culture is not well controlled, there may be additional opportunities for contamination…”[6]

And it gets worse.
そして話はもっと酷くなる


The same FDA memo goes on to say:
此の同じ米食品薬品局の書類は続けて----------

“In addition to the possibility of contamination of cell substrates with adventitious viruses…the use of immortalized, neoplastic human cells to develop [vaccines] raises theoretical concerns with regard to possible contamination with TSE/BSE agents.”[7]
cell substrates細胞基盤(?)のadventitious viruses外部からのウイルス(?)による汚染の可能性に加えて-------(永遠に細胞分裂し)死なない発癌性人細胞をワクチン製造に使う事はTSE/BSE(狂牛病の原因になる)因子による汚染の理論的危険性を提起している。

TSE is Transmissible Spongiform Encephalopathy, a condition that includes a group of rare degenerative brain disorders characterized by tiny holes in the brain tissues, giving a “spongy” appearance when viewed under a microscope. When this condition occurs in cows, it is called Bovine Spongiform Encephalopathy, commonly known as “mad cow disease.” In a study published in 2004, researchers found that any cell line could potentially support the propagation of TSE agents.[8]
TSEとはTransmissible Spongiform Encephalopathy感染性海綿状脳症で脳組織に発生する小さな穴が特徴の稀な脳障害で顕微鏡で見るとスポンジの様に見える。此の症状が牛に起きると牛海綿状脳症と呼ばれ、普通狂牛病“マッドカウディジーズ”として知られている。2004年に発表された研究では、研究者はどの様な細胞株でも感染性海綿状脳症因子繁殖を支える可能性がある事を発見している。

Clearly, CBER is aware and disquieted over the carcinogenic potential of animal cells in vaccines because they require manufacturers to take “every available precautionary step” to eliminate the suspicious cells from the vaccine final product. The FDA also admits concerns about cancer-causing possibility from all types of cell lines. The question begging to be answered is, knowing the potential risks of using cell lines to create vaccines, why is research using cell line technologies allowed to be used at all?
明らかにCBERは発癌性の可能性のあるワクチンに含まれる動物細胞について認識し心配している。何故なら彼等は製薬会社に可能な限りの予防手段を講じて最終的ワクチン製品から疑いのある細胞を排除する様に義務付けているからだ。米食品医薬品局も全ての細胞株による発癌の可能性の危険を認めている。此処で問われている問題は細胞株技術によるワクチン製造の危険性を承知しながら、一体全体如何して細胞株技術を使用した研究が許可されているのだろうか?

Despite substantial evidence—and even admissions of concern—the FDA appears to be flagrantly ignoring the potential for harm caused by this new cell line technology. The U.S. government have poured billions of dollars into flu shot development and is recklessly approving the use of cell lines for products that have a questionable necessary pandemic vaccine. Let the buyer beware.
かなりの量の証拠がありながらも--------そして不安が存在する事を認めている--------米食品医薬品局は此の細胞株技術による被害の可能性を大っぴらに無視している様に見受けられる。米政府は何十億ドルもインフルエンザワクチン開発に注ぎ込み無謀にも必要性に疑問のあるインフルエンザ大流行の為のワクチン製品に細胞株技術の使用を承認している。購買者に此の事実を気付かせよう。

Footnotes: フットノート
1, “WHO manual on animal influenza diagnosis and surveillance,” World Health Organization, 1 September 2004.
2, Reuters May 19, 2009.
3, “Influenza Vaccines under development,” Protein Sciences Corporation.
4, Ledwith, BJ, et al. “Tumorigenicity assessments of Per.C6 cells and of an Ad5-vectored HIV-1 vaccine produced on this continuous cell line.” Dev Biol (Basel). 2006;123:251-63; discussion 265-6.
5, FDA: Use of MDCK Cells for Manufacture of Inactivated Influenza vaccines.
6, "Designer Cells as Substrates for the Manufacture of Viral Vaccines,” FDA.
7, FDA. Ibid MDCK cells
8, Vorberg, I., Raines, A., Story, B., Priola, S. A. “Susceptibility of common fibroblast cell lines to transmissible spongiform encephalopathy agents,” Journal of Infectious Diseases189 (2004): 431–439. PMID: 14745700.

© 2009 - Sherri Tenpenny - All Rights Reserve

ejnews: と言う怖いお話でした。現在までのワクチン製造技術で使っていた卵にアレルギーの人はワクチンを使った予防接種は出来なかった事で理解される様にワクチン製造で使用される素材が人体に影響を及ぼす事は皆御存知の事実ですが、此の報告に有る新しいタイプの素材がワクチン製造に使用され始めると一体どんな問題が起きるのでしょうか?科学者と製薬会社の倫理観に頼るしかないのでしょうねー-------------。
処で、ワクチンワクチンと何時も大騒ぎをしていますが、基本的に最近の鳥インフルエンザavian fluや豚インフルエンザswine fluは工業蓄農Factory farmingによる抗生物質の乱用が原因しているのですから(West Nile virus,西ナイルウイルスfoot and mouth disease口蹄疫等も含まれる)我々は自分たち自身の食生活をもっと伝統的な菜食主義中心に変換する事がインフルエンザの様な感染症の最も効果的な予防策なのですが-------------。
H1N1インフルエンザについてはカテゴリーにH1N1(豚)インフルエンザがありますから参考にして下さい。では!
Good Night and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

和久希世さん

此の翻訳した文章はワクチンの危険性について説明しているサイトからの物で、小児麻痺、天然痘、日本脳炎のラクチン等も含めて其の製造法、将来どの様な技術が開発されつつあるのか説明しています。インフルエンザに限ったワクチンについてではないようです。ワクチンが癌の原因になる危険性が有るとは此のサイトを読むまで私は知りませんでした。
 アメリカでは過去に小児麻痺のワクチンと豚インフルエンザのワクチンで副作用の犠牲者がでたそうですが1976年の豚インフルエンザワクチンの副作用問題以降余り大きな問題は無いようです。唯、現在のH1N1フルーンワクチンは接種が始まったばかりで副作用については未だ分からないそうです。
 H1N1の感染は広がっているようですが死者の数は今の所そんなに多くないようですね。H1N1が酷いインフルエンザでないと理解されると誰も予防接種を受けなくなるので製薬会社の利益を守る為、余り危険ではなと言うニュースは故意に隠されているのではないか?と私は疑ったりしています。

No title

インフルエンザワクチンの危険性について書きました記事を、TBさせていただきました。
アメリカやヨーロッパでは、既にワクチンの被害者がかなり出ているのですね。日本では全然報道していないので、まだ其処まで行っていないのかと思っていたのですが・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

輸入ワクチンの危険

今年の新型インフルエンザに感染する人が、急増しているとテレビなどは連日、 弥が上にも国民の不安を煽るように繰り返し繰り返し報道している。 今日は子供が死んだ。 今日死んだ子供は、別に余病を持っていないのに死んでしまった。 このインフルエンザは怖いぞ。 子供
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。