スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国の終焉とGracias a la vidaグラシアス ア ラ ビダ (人生にありがとう)

U.S. Suffering Permanent
Destruction of Jobs
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


Monday, October 5, 2009
washingtonsblog.comより。
http://www.washingtonsblog.com/2009/10/us-suffering-permanent-destruction-of.html

America is suffering a permanent destruction of jobs.
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


JPMorgan Chase’s Chief Economist Bruce Kasman told Bloomberg:
JPモーガン チェイスの主席経済担当者ブルース カスマンはブルームバーグにこう語った:

[We've had a] permanent destruction of hundreds of thousands of jobs in industries from housing to finance.
(我々は)住宅業界から金融業界まで何千にも及ぶ永続的な雇用喪失を被っている。

The chief economists for Wells Fargo Securities, John Silvia, says:
ウエルス ファーゴ セキュリティーの主席経済担当者ジョン シルヴィアはこう語っている:

Companies “really have diminished their willingness to hire labor for any production level,” Silvia said. “It’s really a strategic change,” where companies will be keeping fewer employees for any particular level of sales, in good times and bad, he said.
企業は“全ての製造段階で本当に労働者雇用の意欲を減少させている”とシルヴィアは語った。“実は此れは戦略の変更だ。”(其の新しい戦略では)企業は景気の良い時も悪い時も全ての個々の販売レベルで現在よりも少ない従業員を雇用する

And David Rosenberg writes:
そしてデイヴィッド ローゼンバーグはこう書いている:

The number of people not on temporary layoff surged 220,000 in August and the level continues to reach new highs, now at 8.1 million. This accounts for 53.9% of the unemployed — again a record high — and this is a proxy for permanent job loss, in other words, these jobs are not coming back. Against that backdrop, the number of people who have been looking for a job for at least six months with no success rose a further half-percent in August, to stand at 5 million — the long-term unemployed now represent a record 33% of the total pool of joblessness.

一時解雇ではなく職を失った人口は8月に22万人に急増し、其のレヴェルは記録を更新しようとし、現在8百10万人となっている。これは非雇用人口の53.9%で又記録的に高い数字であり、永遠に雇用が消え去ってしまうと言う代用の表現であり、別の言い方をすればこれ等の職はもう戻って来ないと言う事なのである。此の事実を背景に、最近の6ヶ月間に求職をしながらも職を見つけられない人口は8月に0.5%増加し5百万人となり長期の失職人口は今失業人口全体の33%と言う事を意味する。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

ejnews: ------------と言う御話でした。1930年代の恐慌時にはアメリカは世界第一の工業国で、第二次大戦後は暫くの間日本とヨーロッパの工場地帯の破壊で競争相手が存在せず世界の市場を支配していたのですが、其の後、特に1980年代から米資本支配層が競争力と言う理由で工場を発展途上国に移し(中国、インドネシア、ヴェトナム等から輸入したほうが国内で労働力を確保し生産するよりも安価で利益率が高い)現在失われている職はもうアメリカ国内に戻って来ないと言う様な状態になっています。帝国の終焉の始まりでしょうか?『海外侵略で領土を広げたりする強国や帝国は既に内部で解決できない問題を抱えている。その事が理由で武力で海外侵略を引き起こし国内の問題を解決しようとする事が有る。だから侵略を始める事は終焉の始まりである。』と言う様な事をアーノルド トインビーは彼の有名な“歴史の研究”と言う著書で書いていたと思います。(不確か)ブッシュ親子政権のイラン、アフガン軍事侵略は帝国の“最後の悪あがき”なのでしょうか?????
 処でアルゼンチンの反体制運動家ミュージッシャン、又ユニセフへの大使でもあったMercedes Sosaメルセデス ソサが74歳で他界されたそうです。彼女はニックネームで彼女の黒髪からLa Negraラ ネグラ(スペイン語で黒と言う意味の名詞の女性形)と親しまれていて、又voice of the voiceless ones(声無き者達の声)として知られていました。共産党員だった彼女はアルゼンチンが軍事独裁政権に支配されていた1979年から1982年まで海外追放となりましたが海外で音楽活動を続け、後にラテングラミー賞をMisa Criollaで2000年Acústicoで2003Corazón Libreで年2006年に受賞した他、多くの国際的な賞を受賞しています。彼女はチリの音楽家ビオレタ パラの詩を歌い、ブラジルのミルトン ナシメントやキューバのパブロ ミラネスの歌を有名にし中南米で最も尊敬されるミュージッシャンの一人でした。以下はAPの彼女の死についての記事です。


Thousands bid farewell to Argentine singer Sosa
何千人もの人々がアルゼンチンの歌手ソサに別れを告げる。


http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jlvVXzCU006t3qt6XA_tIr3TTJ5QD9B54MUG0


By VANESSA HAND ORELLANA (AP) – 7 hours ago

BUENOS AIRES, Argentina — Argentines bid farewell to folk singer and human rights activist Mercedes Sosa with flowers and cheers Monday as her body was taken from Congress to the capital's Chacarita cemetery.
ブエノスアイレス、アルゼンチン -----------月曜日、アルゼンチンの国民はフォークシンガーで人権運動の活動家メルセデスソサの遺骸が議会から首都のチャカリタ墓地に運ばれる中、アルゼンチンの国民は花と喝采で彼女に別れを告げた。

The ashes of the singer, who died Sunday at 74, will be scattered in Argentina's capital as well as the provinces of Mendoza and her birthplace Tucuman in accordance with her wishes.
日曜日に74歳で他界した歌手の灰は彼女の遺言に従いアルゼンチンの首都とメンドサ州と彼女の出身地ツクマンに振りまかれる予定である。

Argentina's president accompanied Sosa's family in paying homage to the singer as she lay in state at Congress. Singer Argentino Luna played her songs as weeping fans sang along and left flowers on her coffin.
議会で弔問客の為横たわっている歌手に敬意を捧げる為アルゼンチンの大統領はソサの家族に同行した。歌手アルヘンティノルナは彼女の歌を歌い、ファンは泣きながら彼と歌い花を彼女の御棺に捧げていった。

Other celebrities sent their eulogies from afar — like Colombia's Shakira, who sings on Sosa's last, Grammy-nominated album. "We are all better for having known her — she showed us that a song can teach us so much," Shakira said.
ソサの最後のグラミー賞にノミネートされたアルバムで歌ったコロンビアのシャキーラの様に、他の有名人は遠方より追悼の言葉を送った。『私達は彼女を知った事によって皆前よりも向上しました------彼女は歌が私達の心に本当に深く触れる物だと言う事を見せてくれました。』とシャキーラは述べている。

The leftist Sosa was forced into exile by Argentina's military dictatorship of the 1970s but never backed down, lending her voice to inspire many who suffered. In the years since democracy returned to her country, she continued singing at political rallies and taking up causes even when they were unpopular.
70年代のアルゼンチンの軍事独裁政権によって強制国外退去になった左翼のソサは立場を翻す事は無く、彼女の声を苦しんでいる人々を鼓舞する為に使った。民主主義が彼女の故国に取り戻されてからも彼女は政治集会で歌い続け、そして少数派であっても政治的主張の為に活動した。

"I could never afford to see her in concert, but I met her today and said goodbye," said Dora Mabel Parra, one of many weeping fans.
『私は経済的に彼女をコンサートで見る事が出来なかった。でも今日彼女に会いさよならを言った。』と多くの泣いているファンの一人、マベルパラは語った。

A large crowd also gathered at the cemetery, crying, praying, singing and dancing — and vowing to keep her memory alive.
大きな群集は墓地にも集まり、泣き、祈り、歌い、そして踊り--------彼女の記憶を守り続ける事を誓った。

Copyright © 2009 The Associated Press. All rights reserved.

ejnews: メルセデス ソサが中南米で不滅の歌にしたVioleta Parraビオレッタ パラのGracias a la Vidaグラシア ア ラ ビダ“ありがとう人生よ”の歌詞を載せておきます。
ビオレッタ パラはチリの音楽家でNueva Canciónヌエバ カンシオン(新しい歌)と言う音楽運動を始めた人です。此の歌は恋人との別離の悲しみを書いた詩だと言う事で、此の後に彼女は自殺しています。其の後に起こった米中央情報局が協力したチリのピノチェットによるアイェンデ政権に対する軍事クーデターや、メルセデス ソサも被害者となり戦ったアルゼンチン軍事独裁政権等、南米の人民は暗く圧迫された“オペレーションコンドアー(コンドル)時代”に入っていくのです---------


Gracias a la vida
グラシアス ア ラ ビダ(人生にありがとう)


Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me dió dos luceros, que cuando los abro.
Perfecto distingo lo negro del blanco
Y en el alto cielo su fondo estrellado,
Y en las multitudes
El hombre que yo amo.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el oìdo que en todo su ancho
Graba noche y dìa grillos y canarios
Martillos, turbinas, ladrillos, chubascos
Y la voz tan tierna de mi bien amado.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el sonido y el abecedario.
Con él las palabras que pienso y declaro,
“Madre,” “amigo,” “hermano,” y luz alumbrando
La ruta del alma del que estoy amando.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la marcha de mis pies cansados.
Con ellos anduve ciudades y charcos,
Valles y desiertos, montañas y llanos,
Y la casa tuya, tu calle y tu patio.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me diò el corazòn que agita su marco.
Cuando miro el fruto del cerebro humano,
Cuando miro al bueno tan lejos del malo.
Cuando miro el fondo de tus ojos claros.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la risa, me ha dado el llanto.
Asì yo distingo dicha de quebranto,
Los dos materiales que forman mi canto,
Y el canto de ustedes que es el mismo canto
Y el canto de todos que es mi propio canto.


Thank you to life
人生にありがとう


Thank you to life, which has given me so much.
It gave me two beams of light, that when opened,
Can perfectly distinguish black from white
And in the sky above, her starry backdrop,
And from within the multitude
The one that I love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
二つの光を与えてくれて其れが開いた時
黒と白をハッキリ見極める事が出来た。
空高く其の星空のバックドロップで
其の多くの中で
其の中で其れが私の愛する物。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me an ear that, in all of its width
Records—night and day—crickets and canaries,
Hammers and turbines and bricks and storms,
And the tender voice of my beloved.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に耳を与えてくれた。其の広がりの中で
記録する-----夜と昼--------蟋蟀とカナリヤ
金槌とタービンそして煉瓦と嵐
それから私の愛する人の優しい声。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me sounds and the alphabet.
With them the words that I think and declare:
“Mother,” “Friend,” “Brother” and the light shining.
The route of the soul from which comes love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に音とアルファベットを与えてくれた
其の中で言葉。それで私は考えて宣言する
“お母さん”“友人”“兄弟”そして輝いている光
魂の道、それから生まれる愛

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me the ability to walk with my tired feet.
With them I have traversed cities and puddles
Valleys and deserts, mountains and plains
And your house, your street and your patio.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
疲れた私の足で歩く力を与えてくれた
其の足で私は市(まち)や水溜りを
谷間や砂漠、山々や草原を旅して来た
貴方の住む家、貴方の住む街、そして貴方のいる中庭

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me a heart, that causes my frame to shudder.
When I see the fruit of the human brain,
When I see good so far from bad,
When I see within the clarity of your eyes…
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
心を与えてくれた。其れは私の身体を震わせる
私が人間の脳の作り出した果物(結果)を見る時に
私が善を悪から離して見る時に
私が明白に貴方の瞳を見る時に

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me laughter and it gave me longing.
With them I distinguish happiness and pain—
The two materials from which my songs are formed,
And your song, as well, which is the same song.
And everyone’s song, which is my very song.
ありがとう人生に。私にこんなに多くの物を与えてくれた人生に
私に笑いを与えてくれた。そして貴方を恋する心も
其の中で私は喜びと苦悩を見極める
二つの物-------(其れから)私の歌が生まれてくる
そして貴方の歌も------其れは同じ歌。
そして皆の歌、其れは私自身の歌。


英訳は下記のブログからです。

MUSIC IN THE UNCONSCIOUS STATE

http://tracycharles.blogspot.com/2007/01/violeta-parra-concept-of-cultural.html


Youtubeでメルセデスソサが“人生にありがとう”をスペイン語歌っているのは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=DPLUSH9xwzA

Youtubeでビオレッタパラの“人生にありがとう”のオリジナルは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=UW3IgDs-NnA



他のメルセデスソサの歌も興味のある方はYoutubeでどうぞ。下記です。

http://www.youtube.com/watch?v=icrCSlBGkl0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4CAesBCjk20

http://www.youtube.com/watch?v=g8VqIFSrFUU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=-18W35iHaqE

では又!Adios ! Hasta pronto!

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーサイト

COMMENTS

和久希世さん

本題と違う話題でも全く大丈夫ですよ。
ノーベル賞でも平和賞はあの国際政治の怪物キッシンジャーや白人優越主義者ウイルソン大統領が貰っているので色々国際政治が関係していると思います。オバマは友達や娘から聞いて初めて自分のノーベル賞受賞知ったと言って驚いていたようです。
 アメリカの右翼は別の話ですが、正常に脳が機能しているアメリカ人は此の米大統領への平和賞でオバマがアメリカの米中央情報局の拷問やガンタナモ湾の収容所を容認する事を恥ずかしく思い中止を早めるだろうと言うノーベル委員会の非常に頭の良い策略だと受け取っているようです。ヨーロッパの支配者達はヨーロッパ誕生時からの戦乱の歴史で非常に国際政治については非常に洗練されていますから、私も非常に上手い圧力の掛け方だと思います。
右翼はオバマは何もしていないのに平和賞を貰った。ただ人気が高いだけでもらったとか色々騒いでいるようです。
オバマは賞金は全て何処かのNPOに寄付すると言っています。
兎に角、オバマの受賞は彼が言っている様に『今後に期待しま賞』だと私も思います。
コメント有り難うございます。

オバマ大統領の平和賞

本題とは全然違うコメントでお許し下さい。

オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞されたそうですね。
現在戦争を遂行中の国家の元首が、平和賞とは?と皆吃驚するところですが、
オバマさんは此れは期待賞だろうと言っておられるそうですね。

アメリカの方々の反応はどうなのか興味が湧きます。

半杭正幸 さん

コメント有り難うございます。今後も宜しくお願いします。

No title

いつも楽しみに拝見しています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。