スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H1N1スワイン(豚)インフルエンザ新ワクチンやタミフル等の問題点。

H1N1 vaccines with novel adjuvants being developed for potential mass use
新種の効果増強剤を添加したH1N1ワクチンが予期される大量使用の為開発されている。


“Anthrax Vaccine -- posts by Meryl Nass, M.D.”と言うブログより。

http://anthraxvaccine.blogspot.com/2009/07/h1n1-vaccines-with-novel-adjuvants.html

メリル ナス医学博士はアンスラックス菌と生物兵器テロリズム、湾岸戦争症候群の専門家です。


Posted by Meryl Nass, M.D. at 6:36 PM
Tuesday, August 11, 2009

The US government has contracted with at least 5 pharmaceutical manufacturers to develop and produce H1N1 vaccines, using a variety of platforms and manufacturing methods. This is an excellent approach, since at this point no one knows which will succeed and how long it will take to obtain desired quantities of vaccine.

米政府は少なくとも種々の開発基盤と製造過程を使っている5社の製薬会社とH1N1インフルエンザワクチンを開発する為契約した。現段階ではどれ成功するか、必要とされているワクチンの量を準備出来るまでどれだけ時間が掛かるか、誰も予期出来ないので、此れは素晴らしい手段である。

A novel feature of the two H1N1 vaccines being developed by companies Novartis and Glaxo-Smith Kline is the addition of squalene-containing adjuvants to boost immunogenicity and dramatically reduce the amount of viral antigen needed. This translates to much faster production of desired vaccine quantities.

ノヴァルティス社とグラクソス-ミスクライン社によって開発されているH1N1インフルエンザワクチンの特殊な特徴は抗体を増強させウイルス抗原必要量を劇的に減少させるスクワリン-ワクチン効果増幅剤が添加されている事である。つまり此れは必要とされているワクチンの量の製造期間を大幅に短縮出来ると言う事になる。

(adjuvantアジュヴァンツ)ワクチンの効果増強剤

Each company has its own proprietary adjuvant, acquired in each case at high cost and intended for the high-stakes business of rapidly producing vaccines for novel pandemics or biological warfare threats.

新しいパンデミックや生物兵器戦争の為、短期間でワクチンを生産するリスクの高いビジネスと言う目的の為、全ての場合高額で獲得された独自のワクチン効果増強剤を個々の会社は所有している。

epidemic エピデミック 病気の流行
pandemic パンデミック 一地域での病気の流行より広範囲、例えば欧州全体とか地球規模の


Novartis' adjuvant is named MF59, and Glaxo's is ASO3. We know they work beautifully to strengthen vaccine efficacy. But how safe are they?

ノヴァルティスのワクチン効果増強剤はMF59と呼ばれ、グラクソはASO3と呼ばれている。それらはワクチンの効率を高める為素晴らしく効果的であると我々は知っている。
--------------------然し、其れはどれだけ安全なのだろうか?

That is a very difficult question to answer. Novartis claims MF-59 has been used safely by over 40 million people. However, FDA has not seen fit to approve even a single US vaccine that contains these novel adjuvants.

其れは答えるのには非常に難しい問題である。MF-59は400万人に対して安全に使用されて来たとノヴァルティス社は主張している。然しながら、たった一つの此の新しい効果増強剤を含んだアメリカ産のワクチンも許可可能だとはFDAは見ていない。

One European vaccine contains MF59, and two European vaccines contain ASO4, which is a Glaxo adjuvant related to ASO3. Fluad (with MF-59) is only licensed for use in the over-65 population. This age group responds weakly to standard flu vaccines, and whether standard flu vaccines actually reduce flu cases in this age group is controversial. So a stronger vaccine may be indicated for this group. And as we age, we are much less likely to develop autoimmune disorders, so potential autoimmune side effects should also be less in this age group.

一種類の欧州産ワクチンがMF-59を含み、二種類の欧州産ワクチンがグラクソの効果増強剤ASO3と近い種類のASO4を含んで居る。Fluad(MF-59を含む)は65歳以上の人口だけに使用が許可されている。此の年齢人口の普通のインフルエンザワクチンに対する反応は弱く、其れと普通のインフルエンザワクチンが実際に此の人口のインフルエンザの患者数を減少させるのかどうかは議論の的である。この様な理由でもっと強力なワクチンが此のグループに(使用されるように)示唆されている。そして我々は歳を取ると自己免疫疾患になる確立が非常に低くなる。其の事が理由で副作用としての免疫疾患野可能性も此の年齢グループでは低くなる。

However, in the 12 years since Fluad was approved in Italy for older adults (and later in the EU, but not be every country in the EU) no other vaccine containing MF-59 has been licensed... even though MF-59 has been used in a large number of vaccine trials. Virtually all the scientific literature on this adjuvant has been produced by scientists working for the manufacturer, precluding an unbiased assessment of safety at this time.

然しながら、Fluadがイタリアで高齢者の為に許可されてから12年間の間に(後に、全ての国ではないがEUでも許可された)効果安全性テストされる多くのワクチンにMF-59が含まれているにも拘らず他のMF-59が含まれたワクチンは生産許可がされていない。事実上此のワクチン効果増強剤についての全ての科学的研究報告書、論文等は(ワクチンの)製薬会社で働いている科学者によって書かれていて、現時点では公平な評価査定は含まれていない。

Glaxo's ASO4 is used in Fendrix (a Hepatitis B vaccine). Fendrix may only be used for people with kidney disease. Patients on kidney dialysis have a high rate of Hepatitis B infection, and a weak immune system. So they are good candidates for an especially potent vaccine against a disease to which they are highly susceptible, and these recipients are unlikely to develop autoimmune complications.

グラクソのASO4はFendrix(B型肝炎ワクチン)に使われていて、Fendrixは腎臓疾患を患っている人だけに投与される可能性がある。腎臓透析に頼っている患者はB型肝炎に感染する確率が高く免疫力が弱い。この様な理由で彼等が感染し易い病気に特に効力の或るワクチン投与の最適な候補者である。そしてこの様なワクチンの投与を受けた人々は免疫障害を発症する可能性は少ない。

Cervarix is a vaccine directed against several strains of human papilloma virus (HPV), licensed in both Europe and Australia, which contains ASO4. It is difficult to assess Cervarix' safety at this point in time, as data are limited. It is worth noting that FDA has delayed giving Cervarix a US license twice.

ASO4の含まれているCervarixは数種類の人パピロマウイルス(人乳頭腫ウイルス)HPVに対して造られ欧州と豪州両方で製造許可されている。データ不足の為、現在の所Cervarixの安全性についての評価は困難である。Cervarixのアメリカでの製造許可はFDAによって二回遅延されている事は注目に値する。

The June 19, 2009 Science magazine discusses use of these "next-generation," antigen-sparing adjuvants for an H1N1 pandemic. It quotes Norman Baylor, director of FDA's Office of Vaccine Research and Review, who noted that antigen-sparing strategies benefit populations, not individuals. "You have to think about those trade-offs," Baylor said.


2009年6月19日サイエンスマガジンはこの様な次世代の抗原性薬剤を節約する効果増強剤のH1N1インフルエンザパンデミックの為の使用について討論している。サイエンスマガジンは『抗原性薬剤節約と言う戦略は人口全体には有益ではあるが個人についてはそうではない。“貴方達はこの様な代償を考慮しなければならない”』と述べているFDAのワクチン研究審査局長Norman Baylorノーマン ベイラーを引用している。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

ejnews: 此のブログで以前にも紹介した記事にもありましたが、(8月2日の“H1N1豚インフルエンザワクチンは安全性のテストが十分されていない?” http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-197.html)
70%の致死率の鳥インフルエンザの流行が恐れられていた2006年に急遽ワクチンを大量生産する必要性の為製薬会社、政府関係者を法的に保護する条例(PREPAと言う条例)が制定されたまでは仕方なかったのですが、今回のH1N1豚インフルエンザは全米で百万人の感染者のうち302人の犠牲者しか出さなかったのにPREPA条例が適用され、製薬会社はテストの十分になされていないワクチンを販売するのではないかと恐れられています。英国や香港では看護婦や医師等の医療関係者の多くが新ワクチンの投与に反対しているとの事です。
 因みに1976年アメリカのフォートディックス陸軍基地で数人の患者を出し一人の兵士が死亡した豚インフルエンザ流行が恐れられた時、政府の方針で即急に製造したワクチンの投与を受けた人々の中で強い副作用の出た人々が政府を裁判で訴えた歴史があります。後の調査で死亡した兵士は病気だと訴えたにも拘らず訓練を命令され死亡した事が判明し、其の事実が分かっていたらワクチン投与は受けなかったと言うアメリカ人が当時は大半のようでした。副作用の症状はGuillain-Barré Syndrome (GBS)ギランバレイ症候群と言う身体が麻痺する症状で知られていて、結果として25人程の副作用を受けた人が死亡しワクチン投与は豚インフルエンザよりも多くの犠牲者を出したと言う事です。此の1976年豚インフルエンザで死亡した患者はフォートディックス陸軍基地の兵士1人だけで、しかも彼は若し訓練を命令されずベッドで寝ていれば恐らく死亡しなかっただろうと言われています。

現在のH1N1豚インフルエンザと1976年の豚インフルエンザは当然同一のインフルエンザでは有りません。

 私はインフルエンザワクチンの投与を受けるなと言っている訳ではありません。然し、今年の冬はH1N1が流行する可能性があり新ワクチンの事については、個々の体質や健康状態も考慮に入れて情報を良く調べてから投与を受けるのか如何か決定した方が良いのではないでしょうか?


Tamiflu 'stroke risk' warning
タミフルー“脳卒中”警告。


Wednesday, August 19 08:58 am
http://uk.news.yahoo.com/21/20090819/thl-tamiflu-stroke-risk-warning-d831572.html

Doctors have been alerted over fears that Tamiflu could put some patients at increased risk of suffering a stroke, it has been reported .

タミフルーは或る患者達の脳卒中の危険度を高めるかもしれないと言う心配について医師達は警告されたと報告されている。

The Medicines and Healthcare products Regulatory Agency (MHRA) is concerned that the drug can interact with warfarin, which is taken to thin the blood.

薬品と医療品監督庁(MHRA)は此の薬(タミフル)が血液を薄める為に服用されるワルファリン(血液抗凝固剤)と相互作用する可能性について懸念している。

The combination can affect the rate at which the blood clots, putting some patients at risk of uncontrolled bleeding which can lead to a stroke, the Daily Mail reported.

此のコンビネイションは血液凝固の速度に影響し特定の患者を脳卒中に導く制御できない出血の危険性にさらすとザデイリーメイルは報告している。

The MHRA said they were monitoring the situation closely over the concerns.

(MHRA)薬品と医療品監督庁は此の懸念に付き此の状況を詳しくモニターしていると述べている。

Medics measure how easily the blood clots using the INR rate, and the higher the INR rate, the thinner the blood is.

医療関係者はどれだけ簡単に血液が凝固するかINR率を使用して測定そる。そしてINR率が高ければ高いほど血液は薄いと言う事だ。

An MHRA spokesman said: "We have seen indications that INR rates could possibly rise due to interactions between warfarin and Tamiflu.

(MHRA)薬品と医療品監督庁のスポークスマンは『我々はワルファリンとタミフルの相互作用でINR率が高くなるかもしれないと言う兆候を見た。』と語っている。

"However, flu-like illnesses have also been known to cause this, so at this stage it is difficult to know whether it is the interaction with Tamiflu or the underlying flu."

『然し、インフルエンザに似た病気も又此れの(INR率の上昇)原因になる事が知られているので、此の時点ではタミフルとの相互作用か、其れともインフルエンザの潜在的な問題なのか理解する事は困難だ。』

The MHRA added: "We`ve had suspected reports sent to us before the pandemic and we've had reports sent to us during the pandemic and it is one of the issues that we are monitoring very closely."

(MHRA)薬品と医療品監督庁は加えて『我々は疑問の或る報告をインフルエンザの汎発の前に受けていた。そしてインフルエンザの汎発の最中に受けていて、其れは我々が詳しくモニターしている問題の一つである。』

It is the latest concern to emerge about Tamiflu, following warnings last week that children should not be given the drug.

其れは先週の児童に服用させてはいけないと言う警告に次ぐ最も最近のタミフルに関しての懸念である。

Oxford University researchers said that children should not be given the anti-viral drug as youngsters who were otherwise healthy could suffer more harm than benefit from taking Tamiflu or another anti-viral, Relenza.

オックスフォード大学研究者達は児童には此の抗ウイリス剤を服用させてはならない。健康な子供達はタミフルや他の抗ウイリス剤レレンザを服用する事で利益を受けるよりも害を受ける可能性があると語っている。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews:英国のデイリーメイル紙によると英国ではワルファリンを服用している60万人位の人口がタミフルとの相互作用で脳卒中を起こす可能性があると警告しています。日本でも病気の為血液抗凝固剤を服用している人がいると思いますから若しタミフルを使用しなければならない状況になると問題になりそうですね。
 確か日本ではタミフルが原因で子供の死亡者が出た事もあると記憶にありますが、下記はタミフルの児童に対する投与に警鐘を鳴らしている記事の抜粋です。


Children should not be given Tamiflu, Oxford researchers say
児童はタミフルを投与されるべきではないとオックスフォードの研究者達は言っている。


http://www.telegraph.co.uk/health/swine-flu/6004313/Children-should-not-be-given-Tamiflu-Oxford-researchers.html

Anti-viral drugs Tamiflu and Relenza, reduce the length of time children are ill with flu by about one day and can cause vomiting as a common side effect, Oxford researchers found.

抗ウイルス剤タミフルとレレンザは児童がインフルエンザで病気になっている期間を一日だけ短縮する。そして嘔吐を一般的な副作用として起こさせる事をオックスフォードの研究者は発見した。

Vomiting is more dangerous in children than in adults as it can rapidly lead to dehydration and admission to hospital, they said.

嘔吐は素早く脱水状態を引き起こし入院と言う結果となり、成人よりも児童にとって危険であると彼等は述べている。

Tamiflu has also been linked to side effects such as insomnia and nightmares in children.

タミフルは又、児童の不眠症や悪夢の様な副作用と関連付けられている。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ejnews:--------と言う事でした。北半球では風邪やインフルエンザの季節がやって来ています。個々の体質や健康状態に応じた対応の仕方をしましょう。
スポンサーサイト

COMMENTS

greensmoothieさん

其方は如何ですか?ロスは火事も今の所小休止と言った所の様です。
 コメント有り難うございます。そうですね、此のスワインフルー何処かの製薬会社の研究室から数回漏れ出した可能性が在ると考えている専門家も多い様ですね。
 現在のアメリカの資本家達の倫理観を見ていると“利益になる事なら結果的に自分自身の家族が犠牲になってもする。”と言う“モンサント、カーギル、モービル、デュポン、ハリバートン、シェヴロン”等々(何だか全ての会社みたいですね!)の様な会社が多い様ですから何処かの製薬会社が故意にヴァイリスを撒き散らしたと考える人が居ても不思議ではないですよね。

そうそう~

お久しぶりです^^
しかし、このスワンフルーどうしましょうかね?
誰かが病原菌をまいているとのうわさもあり!
暗いアメリカがさらに暗くなりますね。

sakuramomさん

コメント有り難うございます。どの国でも住み始めた時は右も左も分からない状態で大変ですよね。私の場合は数年後に暫くの間日本に住む可能性がでてきました。殆ど30年ぶりに日本で生活する事になるので“逆カルチャーショック”を感じるかも知れません。
 インフルエンザ(フルー)については色々な情報が有り混乱しますね。此れからも気になるフルーのニュースが有れば翻訳します。
 ワクチンについては私自身は接種を受ける心算は有りませんが、個人個人の健康状態が違いますから、皆自身の状態に応じた対応が必要だと思います。
 処で、英語は一見難しそうですが他のヨーロッパの言語と比べると暗記する規則が少なく勉強するには一番易しい言語ですから頑張って下さい。私のアメリカに来た頃はインターネットも無い時代なので勉強も不便でしたが現在はコンピューターさえあれば色々英語勉強に便利なサイト等が有りますから頑張って下さい。
 では又!此れからも宜しくお願いします!

とても参考になりました。

INに住み始めて一ヶ月・・・アメリカと日本の文化の違いから・・・さまざまなことに四苦八苦しています。

情報を知りたくても・・・英文が読めません。
今回のフルに関して・・ワクチンやタミフルが心配でした。

日本では妊婦や小さい子供を持つ家族からワクチン投与するようです。
予防接種の安全性と・・・未知の病気の怖さ・・・果たして??

今日たままた見つけてので・・これからいろんな記事を・・・読ませてもらいます。
また・・・私のブログにも遊びに来てください。
。。。。毎日が???です。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。