スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリックの神父アマゾンで環境と住民の為に多国籍企業に立ち向かう!

Cargill and the Priest: Priest Stands Up Against BigAg and Deforestation
カーギルと神父:神父が巨大農業関連企業と森林破壊に対して立ちはだかる。


http://www.commondreams.org/headline/2009/06/19-4

In the Brazilian town of Santarem, one brave priest is the only thing standing between multi-national grain
trader Cargill and the rest of the Amazon
ブラジルのサンタレムと言う町で多国籍穀物貿易企業カーギルとアマゾン全体との間に立って居るのは一人の勇敢な神父だけだ。


by Polly Cook
Published on Friday, June 19, 2009 by The Ecologist

Father Edilberto Sena arrives at Rural Radio station and takes up his position behind the microphone. He reaches into his pocket and pulls out his script for today's show. One question is scribbled on it for the daily debate: ‘Why is this happening?'
エディルベルト セナ神父は田舎のラジオ局に現れ彼の主張についてマイクロフォンの後ろから活動する。彼はポケットに手を伸ばし彼の今日の番組のスクリプトを取り出す。今日の議論の一つの疑問が其れに書かれている。“如何してこの様な事が起こっているのか?”

Edilberto is a Roman Catholic priest and a follower of liberation theology - meaning not only does he believe in teaching the word of God, but believes that he has an absolute obligation to fight poverty and bring justice to the poor. So he takes up the microphone each week not to recite afternoon prayers to his 200,000 listeners, but to tell the people of Santarem, Northern Brazil, exactly why they are finding it so hard to grow crops and why the rainforest that once surrounded their city resembles a burnt desert.
エディルベルト神父はローマンカトリック教会の神父でリバレーション セオロジー(“解放の神学”若しくは“解放の教義”)に従う人である。リバレーション セオロジーとは神の言葉を教える事を信じているだけでなく、彼等は貧困と戦う事と貧困者に正義をもたらす事に絶対的な義務感を持っている。だから彼は毎週マクロフォンを取り20万人の彼の聴衆に午後の祈りを読誦するのではなく、北部ブラジルのサンタレムの町の人々に、彼等が農作物を育てるのに如何してそんなに苦労する様になったのか、そして一度は町を取り囲んでいた熱帯雨林が如何して焼け爛れた砂漠の様相を呈しているのか説明するのである。

Edilberto isn't just referring to climate change. The Amazon rainforest is being torn down by agribusinesses which use the land to farm soya and export to European livestock farmers, feeding the growing demand for cheap meat. For ten years Father Edilberto has stood at the heart of Santarem's campaign against the world's leader in this trade, Cargill.
エディルベルト神父は単に気候変化について言及している訳ではない。アマゾンの雨林は農業関連企業によって安価な食肉の需要拡大の飼料として欧州の家畜農家に輸出する大豆栽培の土地に使う為切り倒されている。10年間エディルベルト神父は此の業界の世界的な主導企業カーギルに対してサンタレムキャンペーンの中心に立ち続けている。

‘In Santarem people started to say, "why is it so much hotter?". I tell people this is not God's doing; this is happening because of the destruction of the rainforest.'
サンタレムの人々は『如何して(昔よりも)酷く暑くなったのだろう?』と言う言う様になった。私は人々に此れは神の仕業ではないと言った。この様な事は雨林の破壊によって起こっているのだ。

Cargill has US revenues of over $63 billion each year and is thought to be the largest privately owned firm in the world. It arrived in Santarem in 1999 with plans to expand the town's port to make it big enough to take advantage of the fast, cheap route from Northern Brazil to Europe. The company claimed it wanted to bring development and prosperity to the state of Para, but Edilberto and his fellow campaigners remained unconvinced.
カーギルは毎年米合衆国の利益の6百30億ドルを占め個人によって所有されている世界で最大の企業と考えられている。1999年カーギルは速くて安い北部ブラジルから欧州へのルートを利用出来るだけの大きさに町の港を拡大する計画を持ってサンタレムに現れた。カーギルは発展と繁栄をパラ州にもたらしたかったと主張していたが、然しエディルベルト神父と彼の同胞キャンペイナー達は説得させられなかった。

A 2006 report by Greenpeace shows that deforestation in those parts of the Amazon surrounding Santarem leaped from 15,000 hectares in 2002 to 28,000 hectares in 2004. The arrival of Cargill also seems to have encouraged increasing numbers of locals to make a living by grabbing land illegally and growing soya.
2006年のグリーンピースの報告によるとサンタレム付近のアマゾン地域の森林破壊は2002年の15,000ヘクタールから2004年の28,000ヘクタールにジャンプした。カーギルの到来も又不法土地占拠そして大豆栽培で生計を立てる地域住民の増加を促進したように見える。

Edilberto paints a particularly bleak picture of what Santarem looks like now. ‘If you fly over Santarem you can see what a desert it has become, you can see the damage of the pesticides and the lonely Brazil nut trees. Cargill has brought devastation to us; this is why we are fighting them.'
エディベルト神父は特に荒涼とした現在のサンタレムの様子を描いてみせる。『サンタレム上空を飛行するとトンでもない砂漠になった事が見える。殺虫剤(農薬)の被害、そしてポツンと立っているブラジルナッツの木を貴方は見ることが出来る。カーギルは我々に荒廃をもたらした。だから我々は戦っているのだ。』

However, Edilberto's case against Cargill is based on more than just a moral or religious aversion to agribusiness - he is adamant that what Cargill is doing is, in fact, illegal.
然し、エディベルト神父のカーギルに対する件は単にアグリビジネスに対する倫理的、宗教的な嫌悪からだけではない。彼はカーギルの行為は実は違法なのだと断言している。

In Brazil as elsewhere, large construction projects must complete an Environmental Impact Assessment (EIA) before ground is broken. Greenpeace discovered in 1999 that Cargill had filed no such assessment, even though the site was thought to be of indigenous archaeological interest. A high profile, multi-NGO campaign ensued, ultimately landing Cargill in court.
他の何処でも同様にブラジルでも大規模な工事建設プロジェクトは工事を開始する前に環境に対する影響の評価査定(EIA)を完了させなければならない。1999年にグリーンピースは其の現場が先住民族の考古学的に重要な場所であると考えられているにも拘らずカーギルがその様な評価査定を提出した事実のない事を発見した。多数の注目を浴びるNGOグループの(カーギルに対する)キャンペーンが巻き起こり最終的にカーギルを法廷に引き出した。

In June 1999 the Ministry of Public Prosecution won a c
ivil action to stop Cargill constructing the terminal unless the report was completed. While Santarem rejoiced, Cargill and the Port Authority appealed the court's decision. In 2003, Cargill again lost its appeal, but by this point the terminal was near completion - so big it had already destroyed the beach and the twenty-five family-run businesseses that depended on it. 630 Amazonians were made redundant leaving just 70 in work.
1999年6月、公訴省(検事局?)は若しカーギルが報告書を完成させなければターミナルの建設を中止させる事を民事訴訟で勝ち取った。サンタレムが喜んでいる間にカーギル社と港湾局は裁判所の判断に控訴した。2003年カーギル社は再び告訴に破れたが、此の時点でターミナルは殆ど完成していて---------其れは25家族が経営する商売の為に依存している海岸線を既に破壊するほど巨大だった。630人のアマゾン住人が過剰労働者となりたった70人だけが仕事に残る事ができた。

Cargill was eventually forced to carry out the EIA, but insisted it had followed correct procedures. This doesn't wash with Edilberto. ‘When I saw the completed report, I realised it was pure propaganda for Cargill!' he scoffs.
カーギル社は最終的には環境評価査定(EIA)を完成する様に強制されたが合法的な手続を踏んでいると言い張っている。此れはエディルベルト神父の容認出来ることではなく『私が完成した報告書を見た時、其れはカーギル社の全くのプロパガンダだった。』と彼は一蹴した。

He describes the report as ‘vague and untrustworthy' - saying it takes into account none of the evident damage to the environment, the use of pesticides poisoning drinking water or the fact it was built on a site of archaeological interest.
農薬に汚染された飲み水等の環境破壊や考古学的に重要な場所に建設されている事実を全く考慮に入ない事を例に挙げ、彼は此の報告書は“漠然としていて真実として受け入れられない”と表現している。

After years of tireless campaigning, there appeared to be a silver lining: Cargill agreed to stop buying soya from freshly deforested parts of the Amazon - but only on a short-term rolling agreement, which has recently been renewed. ‘Cargill wanted to show Europe they were concerned about the environment to improve business, so we asked them to agree to ten years. Of course, they didn't,' says Edilberto.
長年の疲れを知らないキャンペーンの後希望の兆しが出て来た様に見えてきた。カーギル社は森林が新たに破壊されたアマゾン地域からの大豆の購入停止に同意したのだったが------然し其れは最近更新された単なる短期的な継続的合意であった。『カーギル社はビジネスを拡大する為にカーギル社が環境に対して心配している事をヨーロッパに対し見せたいだけだったのである。だから我々は10年の合意期間を要求した。勿論彼等(カーギル)は合意しなかった。』とエディベルトは語った。

The Greenpeace report suggests that Cargill's intentions haven't changed despite Edilberto's efforts. In fact, that authors argue that Cargill is counting on increased deforestation in the Amazon to meet the huge export capacity of its port facility.
グリーンピースの報告はカーギル社の目的はエディベルト神父の努力に拘らず変わっていないことを示唆している。それどころか其の(報告書の)著者はカーギル社は新しい港湾施設の巨大な輸出能力に合わせるためアマゾンの拡大する森林破壊を当てにしていると論じている。

Soya can only make a profit when farmed on a large scale, so in order for Cargill to optimise production, deforestation and expansion are essential. This leads to displacement of rural farmers, particuarly locals who sell their land but lack the skills and education needed to work in Santarem. ‘Farmers used to grow mango, fruits, rice. Then they sold their land to Cargill and moved to the city but had no work, no skills and soon ran out of money,' Edilberto explains.
大豆は大規模に栽培された時だけ利益を出す事が出来る。よってカーギル社が生産を最大限にする為には森林破壊と(耕作地)拡大は必須である。此の事は農村部の農民の強制立ち退きを引き起こす。特に土地を売却する地元民でサンタレム市で働く技術も教育も持ち合わせていない人々はそうである。『農民はマンゴー、果物、米等を栽培していたが、彼等は土地をカーギルに売却し市内に移住した。然し、仕事は無く、手に職も無く、直ぐにお金も無くなってしまった。』とエディベルト神父は説明した。

Controversy surrounding this allegedly illegal use of the land in Santarem is still ongoing. Edilberto and the Community Action Group are convinced that the EIA gives an inaccurate assessment of the environmental impact of the terminal.
此のサントレム市の違法だと言われている土地使用を巡る論議は未だ継続している。エディベルト神父とコミュニティーアクショングループはEIAはターミナルの環境に与える影響について不正確な評価を出していると確信している。

Despite death threats, political pressure to leave the church and almost being forced to leave his radio station, Father Edilberto came to the UK to gather further support. ‘Your people have to join us and put pressure on these big projects that are coming to Amazonia. Help us save the world!' He says it with a smile on his face and lets out a little giggle, but it is said with conviction nonetheless. ‘We need you, we have to be more aware and confront them - because more destruction is coming.' What Cargill told us:
死の脅迫や教会からの離脱を要求する政治的圧力やラジオ局から身を引く事を殆ど強制されたにも拘らずエディベルト神父はもっと多くの支持を得る為英国を訪問した。『貴方達は私達に加わりこの様なアマゾニアにやって来る大規模なプロジェクトに圧力をかけなければならない。世界を救う為に我々を援助してください。』彼は笑顔を浮かべてこの様に語り悪戯っぽく笑ったが、然し信念を持って語ったと言われている。『我々は貴方達を必要としています。我々はもっと何が起こっているか知るべきで、そして彼等に真っ向から対抗しなければならない。----何故なら(アマゾンの環境やコミュニティーの)破壊はもっとやって来るからだ。』カーギル社が我々に言った事は---------

Cargill has complied with all the legal and environmental requirements at our grain terminal in Santarém since we were granted permission by the state government of Pará to construct it following a public tender process in 2000. This includes the completion of an environmental impact study (called a PCA) as part of the construction process and the completion of another environmental impact study (an EIA RIMA) in September 2008, which has been made available for consultation in advance of a public hearing to be scheduled by the Pará government.
-----カーギル社はサンタレムでの穀物ターミナルについては、建設の為2000年に公的な入札手続きに沿い、パラ州政府によって我々が許可を与えられてから全ての法的そして環境についての必要条件を順守している。此れは建設の一環として、環境への影響についての調査(PCAと呼ばれている)の完了と、2008年の他の環境への影響の調査(EIA RIMA)の完了が含まれていて、其れはパラ州政府の予定した公聴会に先立って協議の為に準備されていた。

Alongside other Brazilian soy processors and exporters, we have also committed not to purchase soybeans produced on land in the Amazon Biome deforested after July 2006. Since this agreement (The Soy Moratorium) we have been working with NGOs - including Greenpeace, The Nature Conservancy, Conservation International and WWF- to independently monitor soy production and sanction farmers deforesting in the Amazon Biome.
他のブラジルの大豆処理業者と輸出業者と共に、我々は2006年以降に森林破壊されたアマゾンの地域で生産された大豆の購入をしない様に尽力している。此の合意(大豆モラトリアム)以降我々はザネイチャーコンサーヴァンシー、コンサヴァイションインターナショナル、WWF、グリーンピースも含めたNGOと協力し独立的に大豆生産をモニターしアマゾン地域の森林破壊をする農家に制裁措置を取っている。

To help, you can start by getting involved in the Friends of the Earth campaign ‘Fix the food chain' by emailing your MP and adding your voice to Edilberto's.
(エディベルト神父の努力を)支援する為には、貴方のMPをE-メイルする事でエディベルトの声に貴方の声を加える行為で“地球の友達”と言う団体の“食物連鎖の改善”と言うキャンペインに参加する事によって始める事が出来ます。

The Friends of The Earth“地球の友達”のサイトは下記です。
http://www.foe.co.uk/campaigns/biodiversity/press_for_change/food_chain_19251.html

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews: 今日はアマゾンで世界最大の多国籍穀物食品貿易商社カーギルに対し、ジャングルと貧しい住民の為に一人で立ち向かうカトリック神父のニュースでした。翻訳するには一寸長い記事でしたが、この様な人の活躍は無視出来ませんよね!
 カーギル社は元々穀物を扱う商社でしたが食肉、鶏卵も扱っていて医薬品、金融サーヴィスも扱う巨大企業となりプライベートに経営されている企業では世界一の規模で通常の会社と比べると全米第10位の規模の会社と言う事です。全米穀物輸出の4分の1、全米国内食肉販売量22%、のアメリカのマクドナルドで使う鶏卵は全てカーギルから調達されているそうです。問題は此の会社農家や消費者にとっては余り良いニュースではなく、例えば米国内で2000年から現在までカーギルの扱う2千万ポンド以上の食肉がE-コライ大腸菌、リステリア菌等の汚染でリコールされたり、労働者の待遇(児童労働、児童奴隷等も含める)や此の記事の様に環境破壊等でも非難されています。
 処で、エディベルト神父の守っている教義liberation theology(リバレーション シオロジー “解放の教義”若しくは“解放の神学”)は1950年代後半に“搾取されている民衆を解放”と言うキリストの教えとマルキシズムの影響により南米で起こったカトリック教の教義です。1980年代に保守化したヴァチカン(ジョンポール2世)からは否定されたようですが南米では抑圧された民衆の為に多くのリバレーション シオロジーを教義として掲げる神父達の活躍が未だに続いているようです。そう言えば現在のパラグアイ大統領フェルナンド ルゴもリバレーション シオロジーに影響されたカトリックの司教でしたね。
スポンサーサイト

COMMENTS

杏ママさん

 人口増加も問題ですね。日本の人口も自然に日本列島が支えられる人口の3倍位だそうですね。

 問題は資本主義の最大の目的の『拡大し続ける金銭的利益』で。此の目的の為アマゾンだけでなく地球の環境全てが破壊され続けているのです。

 恐ろしい話は消費者に不必要な物を買わせる為20世紀初頭から心理学者が企業の宣伝に参加し、1950年代以降は特にテレビの普及で消費者の潜在意識コントロールが巧妙になり、結果として地球規模の環境破壊の原因になっているとの事です。
 この様な状態ですから中国からの輸入食品の毒は気にしても、食品の質については本当に心配している人々はやはり少数者なのでしょうね。
 これからも地元の有機農耕農家を応援しましょう!

和久希世さん

一日遅れですが、おはようございます。市民が選挙で意思表示する事は現在の形態の民主主義では非常に大切な事ですね。これからは民主党に種々の形で圧力をかけ自民公明のような“社会の蛭”の様な行動をさせないことが我々市民の務めですね。昔社会党が崩壊したのも政党は比較的大きな政党だったのに市民に答える政治的影響力を行使出来なかった事が原因だったのではないでしょうか?(アメリカに居たので良くは知らないのですが)
 現在地球規模で生活のアメリカ化が起こって久しく、アマゾンでは森林はパルプの原料の為ではなく、食肉用の牧場、GMO大豆栽培などの為毎年小さな国サイズの森林が失われているようです。問題は森林破壊だけでなく此の記事にも有るように大規模農業で使用される種々の農薬が環境を汚染しているのです。
 我々消費者に出来る事は有機農耕をする農家を援助する事だと思います。カリフォルニアでは農家の行う日曜市(ファーマーズマーケット)が多く、其処では有機農耕で栽培された野菜果物が手に入ります。個人経営の農家ばかりですから化学薬品汚染については比較的安心出来ます。近郊の農家ですから何千マイルもガソリンを使って運ばれていない事も環境保護の為に消費者は貢献出来るのです。
 日本の有機農耕農家を援助する事は石油会社(農薬の原料)やモンサント(GMO)やカーギルの様な利益だけを追求する資本に立ち向かう一つの有効な手段でも有ると思います。
 

No title

人口の増加と食糧難。
そこにカーギルのような営利主義が入り込むと、ますます地球環境は破壊されていきますねえ。
結局は近未来に地球に住めなくなるってことが、どうしてわからないのかしら?
自分たちが生きている間はだいじょうぶって本気で思っているのでしょうか?

ejnewsさんおはようございます

無事総選挙も終わりました。
選挙結果は民主党308議席の圧勝でした。
しかし、国民の期待は叶えられるのかどうかは、此れからを見なければならないでしょう。
でも少なくとも、自民党政権にNOを突きつけることだけは達成されました。

アマゾン、酷い事になっていると言う噂は聞いていたのですが、砂漠化したところもあるのですね。
地元の人が農業も出来なくなり、町に出て失業者になっている人が大勢あるなんて、酷い状態ですね。
カーギルというのは、大型農場の恐ろしさを、もろに体現している会社なのですね。
こういう会社の進出によって、アマゾンだけでなく世界の穀物価格を下げる事によって、世界中の農業を破壊しているのですね。

私達は安価につられて、地道に美味しくて安全な穀物を作る農家を破綻させ、
結果的に農薬付けの穀物しか食べられなくなってしまうのですね。

篤農家を潰して、失業者にしてしまって、手抜き農業家のものしか食べられなくなると言う事も考えると、
カーギルと言う会社によって、二重に罪深い事が、行われているのだな~と思いました。

日本の農業も大変な状態らしいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。