スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H1N1豚インフルエンザワクチンは安全性のテストが十分されていない?

Legal immunity set for swine flu
vaccine makers: What are the
implications?
法的に保護されているワクチンメイカー:その影響は?



http://anthraxvaccine.blogspot.com/2009/07/legal-immunity-set-for-swine-flu.html

AP Medical Writer Mike Stobbe got a swine flu vaccine scoop--yet the news is four weeks old. It turns out that DHHS Secretary Sibelius has not only given immunity to the makers of Tamiflu and Relenza for injuries stemming from their use against swine flu. She also granted immunity to future swine flu vaccines and "any associated adjuvants," which was published in the June 25, 2009 Federal Register. Here is the start of his story:

The last time the government embarked on a major vaccine campaign against a new swine flu, thousands filed claims contending they suffered side effects from the shots. This time, the government has already taken steps to head that off.

新しい豚インフルエンザ(1976年の豚インフルエンザの事)に対して最後に政府が大規模なワクチンキャンペーンを行った時は何千人もの人々がワクチン注射の副作用を被ったと主張し提訴した。今回政府は既に其れについて一歩先んじた措置を取っている。

Vaccine makers and federal officials will be immune from lawsuits that result from any new swine flu vaccine, under a document signed by Secretary of Health and Human Services Kathleen Sebelius, government health officials said Friday.

ワクチンの製薬会社と連邦政府当局役員は保険社会福祉省局長キャサリーンシベリウスによって署名された公文書によって、新しい豚ワクチンが原因の訴訟から保護されていると金曜日に政府の保険局の役員は語った。

Since the 1980s, the government has protected vaccine makers against lawsuits over the use of childhood vaccines. Instead, a federal court handles claims and decides who will be paid from a special fund.

The document signed by Sebelius last month grants immunity to those making a swine flu vaccine, under the provisions of a 2006 law for public health emergencies.
先月シベリウスによって署名された公文書は2006年公共保健緊急事態法の条項によって、豚インフルエンザのワクチンを生産する製薬会社にイミュニティー(訴訟から、法律的に守られている事)を与えている。

It allows for a compensation fund, if needed...
However, the compensation issue is more difficult than portrayed by Stobbe. The special vaccine court to which Stobbe refers applies only to specially designated vaccines, excludes most adult vaccines, and swine flu is not a designated vaccine for which compensation can be paid.


The 2006 Public Readiness and Emergency Preparedness Act (PREPA) allows the DHHS Secretary to invoke almost complete immunity from liability for manufacturers of vaccines and drugs used to combat a declared public health emergency. PREPA removes the right to a jury trial for persons injured by a covered vaccine, unless a plaintiff can provide clear evidence of willful misconduct that resulted in death or serious physical injury, and gets permission to sue from the DHHS Secretary. There has been no government funding of its potential compensation mechanism, to date. Furthermore, a PREPA declaration explicitly shields "government program planners" who arranged for the liability waiver.

2006年パブリック レディーネス アンド イマジンシー プリペアードネス条例(2006年度公共危機管理、危機対応準備条例。略してPREPA)は保健社会福祉省局長が市民の健康に対する危機と宣言された病気に対して使われるワクチンや薬を生産した製薬会社に対する殆ど完全な法的責任の免除を与える事を許している。PREPAは原告が意図的違法行為が死亡や重症の原因となり、そして訴訟を起こす許可を保健社会福祉省長官から得ると言う確かな証拠の提出が出来なければ、ワクチンによる被害者から陪審員の参加している裁判を受ける権利を剥奪している。現在に至るまで予想される政府の払う賠償金制度は準備されていない。其れに加えてPREPAの宣言書は此の支払い責任削除を仕組んだ政府のプログラム制作者を明確に保護している。

Pharmaceutical companies making swine flu vaccine today may have demanded immunity from liability before agreeing to begin a crash program to manufacture H1N1 vaccine for the government. According to a 1978 report by the National Academy of Sciences, something similar happened with the 1976 swine flu program:

現在豚インフルエンザワクチンを作る製薬会社はH1N1ワクチンを政府の為に製造する緊急プログラムに同意する前に賠償責任からの保護を要求したのかも知れない。1978年のナショナル アカデミー オブ サイエンスの報告によると1976年の豚インフルエンザワクチン プログラムに起こった同様な事が起こったと言う事である。
... all manufacturers made plain that they would not insure themselves, not even temporarily. Instead they put off plans to bottle their vaccine; pending legislation they would keep the stuff in bulk. Each week’s delay in moving from bulk to bottles assured at least as much delay in starting inoculations. Thus ended hopes of immunizing anybody in July or even August...

Behind Merrell’s firmness, there almost certainly was fear of the intentions of the casualty insurers. In May it was no secret that at least some major firms wanted to steer clear of swine vaccine. As early as April 8 Merck had been warned by its primary insurer that coverage for swine vaccine was “considered” not “feasible … at virtually any price.” So Merck's President had written Mathews and everyone else in sight.

Merrell, then about to switch insurers (for unrelated reasons) is reported to have been told by its new one something of the same sort at about the same time. We do not know precisely what was made of this, where in Merrell’s management. We do know that the issue was reviewed again, in June, by the insurer with the same result, a “no.” But we assume that Merrell’s counsel knew in May what the insurer had already warned in April. However that may be, it shortly would turn out that all insurers saw the swine flu program much alike: not for them.

Here is the problem: once the PREP Act is invoked to shield manufacturers from liability, the pharmaceutical firms have no financial incentive to make the safest product, and have a negative incentive to test it for safety. As long as they do not deliberately harm consumers of the product, they will not be liable for damages.

此処で問題が発生する:PREP条例が製薬会社を賠償支払い責任から保護してしまうと製薬会社は安全な製品を確実な物にする経済的動機を失い、安全性のテストに関して反対の動機を与えてしまうのである。意識的にワクチン消費者に被害を与えない限り製薬会社は賠償支払い責任から解放されているのである。

Are you following this argument closely? In order to avoid having prior knowledge of possible harm to users of the product, for which they could be found liable, it is in the manufacturers' best interest to know as little as possible about adverse reactions caused by their product.

貴方は此の論理をチャンと理解していますか?製薬会社に賠償責任があると言う理由になる、ワクチンの消費者に対する被害の可能性を事前に知る事を避ける為には、ワクチンによって引き起こされる副作用について可能な限り最小限の知識を持つ事が製薬会社の最大関心事となるのである。

Thus manufacturers can be expected to perform minimal testing, as they have been incentivized by PREPA to avoid learning of potential harms related to their product. The rush to manufacture and administer new vaccines serves two purposes: it provides an excuse to avoid adequate testing, as well as providing rapid vaccine availability. For example, see this Bloomberg article, "Glaxo to Limit Tests of Flu Vaccine, Citing Urgency."

だから彼等の製品に関する被害の可能性についての知識を避ける事をPREPAによって動機付けられた製薬会社は最小限のテストを行うことが予想される。新しいワクチンを急いで製造し投与することには2の目的がある。一つは十分なテストを回避する口実を与えると言う事と又即急にワクチンの在庫を生産出来ると言うことである。例えば此のブルーンバーグの記事“Glaxoは緊急事態を理由にインフルエンザワクチンのテストを制限する”に注意。

On the other hand, France, which has ordered vaccines from Sanofi, Glaxo and Novartis AG, sees no reason at this point to ask vaccine makers to shorten or skip clinical trials, Health Minister Roselyne Bachelot-Narquin said at a news conference.

一方でSanofi, Glaxo Novartis AG,等にワクチンを注文したフランスでは、現時点でワクチン製造業者に臨床実験を短縮したり排除したりする根拠は見当たらないと健康保健省大臣ロザリン バシェロ-ナルキンはニュースコンファレンスで述べている。

It is worthwhile to go back and consider the reason for passing PREPA in 2006: fear of an avian flu pandemic, in the event the avian flu virus mutated to enable person-to-person spread. Avian flu then had a 70% death rate. Faced with such a potentially devastating disease, it perhaps made sense to create legislation to permit rapid deployment of drugs and vaccines without adequate testing, and issue a liability shield for those involved in the process.

2006年に遡り、鳥インフルエンザが人から人に感染する能力を持つ様に突然変異すると言う場合の鳥インフルエンザパンデミックの恐怖の中でPREPAが署名され合法化された理由を考慮する事は重要である:鳥インフルエンザは当時70%の死亡率であった。この様な破壊的な病気の可能性に直面し、十分なテスト無しに急速なワクチンや薬品の配備を許可する法律を作り、その過程に関わった人々に賠償責任回避能力を与える事は恐らく理に適った事であったのだろう。

But the H1N1 flu has only caused 302 US deaths though CDC over one million Americans had been infected. Instead of 70%, H1N1's death rate is under 0.03%. Therefore, this virus in no way justifies the risks the population is being asked to take: receiving vaccines, and perhaps experimental adjuvants, which their manufacturers have been encouraged not to test, with no prospect of compensation for illness or death that might result.

然し、H1N1インフルエンザはDCDの見積では百万人以上が感染したとされながらも、米国内で僅か302人の犠牲者を出しただけであル。70%の死亡率の代わりにH1N1インフルエンザの死亡率は0.03%以下である。因って結果として起こる障害や死について賠償される可能性の無い、製造業者がテストをしない様に勧められた、そして恐らく実験的な添加剤を含んだであろうワクチンの投与によって市民が要求されている危険性を此のウイルスは正当化する事が出来ない(H1N1は市民が副作用で苦しむ可能性のあるワクチン接種を要求される程危険ではない)

Posted by Meryl Nass, M.D. at 11:43 AM

ejnews: 最近一寸色々ありましてニュースの翻訳をする時間が取れなくなっています。私がアメリカに漂着したのはコロンブスが新大陸を発見したと主張した数年後でありまして..............................冗談です。
 でも、もう随分前の事になりました。実は日本で食い詰めて、旅行気分でアメリカにやって来たのですが……….何時の間にやら日本に帰れなくなりズルズルとアメリカ生活が長くなり現在に至っています。アメリカに来たときは英語は全く喋れませんでした。気が付くと英語を聞いたり読んだりして意味は理解出来る物の、日本語に訳すとなると丁度良い表現や単語の選択に困っています。(英語も若い時は自分で真面目に勉強しチャンとした文法に気を使いながら喋っていた物ですが最近は面倒臭くなり意味が伝われば“良いや!”と言う図々しい意態度になっています。)と言う事で今日は全て的確に翻訳できず私が大切だと思った所だけ訳しました。

 前置きが長くなりましたがH1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)が北半球で今年の冬猛威を振るうかもしれないと心配されている様でワクチンが話題になっていますが、此の豚インフルエンザのワクチンについての記事の翻訳でした。別のタイプの豚インフルエンザは1976年にもアメリカで問題になった事があるそうで、その時はワクチンの市民に対する投与を急いだ政府が嘘の宣伝をしたりワクチンの副作用を受けた人々が損害賠償の裁判を起こしたりで大変な問題になったようです。
 今回は米政府は1976年の苦い経験や数年前の鳥インフルエンザの緊急事態からワクチンの副作用問題に対して事前の法的処置をとった様だと言う記事でした。此の記事のよると製薬会社がワクチンの安全性についてテストを十分にしていない、若しくは、テストをしない方が裁判になった時に副作用について知らなかった“被害を意図的にに与える心算が無買った”と言う言い訳が法的に成立する状態になっていると言う恐ろしい記事でした。
貴方H1N1インフルエンザのワクチン投与受けますか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

和久希世コメント有難うございます。
アメリカは未だワクチンの義務化はされていないと思いますがニュージーランドでは今冬でH1N1が蔓延しているそうです。北半球が冬になるころはH1N1は突然変異をしてもっと危険なインフルエンザになっている可能性があると言っている人も居る様ですから秋頃には事情が変わっているかも知れません。
 1976年のアメリカの豚インフルエンザでは死亡率が非常に低いにも拘らず政府がワクチン投与を急ぎ多くの人々が副作用で苦しんだと言う事です。(1976年の豚インフルエンザワクチン問題の古いニュース番組がユーチューブで見えます。http://www.youtube.com/watch?v=S_9I1L_P370  
 http://www.youtube.com/watch?v=jPVsZEPfo7Q&feature=related
4千6百万人がワクチン投与を受け4千人程が副作用の被害を受けたと裁判に訴えたそうです。本当の人数はもっと多いのではないかと私は思っています。
 今回のH1N1インフルエンザワクチンの問題は米政府が製薬会社が故意に人に被害を与えようと言う明確な証拠を被害者が提示出来ないと、被害者は裁判を受ける権利も剥奪されていると言う事が一つの問題で、もう一つは製薬会社が真面目にテストをして一寸した問題を事前に知っていたとすると、法廷では副作用を知りながら製造販売したと判断され、此れは故意に人を傷つけると言う事になるので当然製薬会社はテストの回数等を少なくして副作用については何も知らない様に努力をし、問題が起こった時は『副作用については知らなかった。』と言う言い訳をすると言う可能性が十分考えられる訳です。
 インフルエンザワクチンの世界的販売から得られる利益は莫大だそうで、鳥インフルエンザの時のタミフルーを製造販売した会社の元会長は悪名高いブッシュ政権のドナルドラムズフェルドでタミフルーが製造販売された当時はラムズフェルドは此の会社の会長ではなかった様ですが持ち株の値段が上がり其れを売った時に5百万ドル以上の利益を得たそうです。(ラムズフェルドと言う人はイランに原子炉を売ったりサダムフセインと取引をしたりニュートラスイートの様な人口甘味料をコネを使って米政府から製造許可を引き出したり自分が利益を得れば何でもするタイプの様ですね。)

アメリカでは義務化されてはいないのですか?

イギリスでは義務化されていると言う情報を見て、アメリカも義務化されているのかなと、思い違いしていました。
それにしてもまだ試験していないワクチンの、副作用があっても責任は問わないと言う約束が何をもたらすか・・・・・怖いですね。

「明日遅刻しても全然怒こらないよ。」と先生に言われて、まじめに時間を守って学校に行く生徒も、大勢いるかもしれませんが、かなりの数の遅刻する生徒が出るのではないでしょうか。

アメリカの製薬会社は、どちらのタイプでしょうね。
合理主義から行ったら、会社の利益や損失に関係ないことに費やす費用など、株主は認めないかもしれませんね。
副作用が無い事は必要事項に入らず、只単にそのインフルエンザウイルスを抑えることに成功さえすれば、製薬会社としての義務は果たしたことになる。
その副作用が、そのインフルエンザの被害の何十倍になろうと・・・・なんて薬を強制的にうたれるとしたら、かないいませんよね!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。