スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの健康保険。

Americans struggle to pay for
healthcare: study
アメリカ人は医療費支払いに苦しんでいる。:調査。


Mon Jun 22, 2009 12:40am EDT
ロイターズより。
http://www.reuters.com/article/healthNews/idUSTRE55L0C120090622

By Maggie Fox, Health and Science Editor

WASHINGTON (Reuters) - Americans are struggling to pay for healthcare in the ongoing economic recession, with a quarter saying they have had trouble in the past 12 months, according to a survey released on Monday.
ワシントン(ロイターズ)-月曜日に発表された調査によると、経済的リセッションが継続している中、アメリカ人は医療費の支払いに苦しんでいる。(米人口の)4分の1が過去12ヶ月間に(医療費の支払いに)問題があったと言っている。

Baby boomers -- the generation born between 1946 and 1964 -- had the most trouble and were the most likely to put off medical treatments or services, said researchers at Center for Healthcare Improvement, part of the Healthcare business of Thomson Reuters.
ベイビー ブーマーズ---1946年と1964年の間に生まれた世代が最も問題が多く、そして治療や医療サーヴィスを先延ばしにする確率が最も高い、と医療ビジネスのトムソンロイターズの一部であるセンター フォー ヘルスケア インプルーヴメントの研究員達は述べている。

The study, available here, found that 17.4 percent of households reported postponing or delaying healthcare over the past year.
此処に見られる調査では昨年来17,4%の家庭が治療の先送りや治療を遅らせたと報告している。

The U.S. Congress is working on a way to cover more of the 46 million people who lack health insurance, lower costs and coordinate care better. President Barack Obama has made it one of his administration's top priorities.
米議会は医療費の低下や治療の連携の向上のなどの為4千6百万人以上の健康保険不所持者をカヴァー出来る様に努力を始めている。バラック オバマ大統領は其れを彼の政権の最も重要な事項としている。

Americans pay more per capita for healthcare than people in any other country, yet have high rates of infant mortality, diabetes, untreated heart disease and other conditions. Americans are often dissatisfied with their access to care.
Thomson Reuters -- the parent company of Reuters news agency -- used its annual Pulse survey that queries 100,000 households to get information about health behavior.
アメリカ人は一人当たり他のどの国民よりも医療費を多く支払っているにも拘らず、高い乳幼児死亡率、糖尿病、治療のされていない心臓病や他の病状に苦しんでいる。アメリカ人は多くの場合、彼等の医療へのアクセスに対して不満を抱いている。トムソン ロイターズ-----ロイターズ ニュース エイジェンシーの親会社-----は其の毎年行われる世情聞き取り調査を使い健康についての行動の情報を得る為10万の家庭に質問をした。

Gary Pickens, George Popa and colleagues at the Michigan-based center interviewed more than 6,000 people in March and April about job losses, what healthcare they had used and their plans for future treatment.
ミシガンが活動拠点のセンターのゲイリー ピケンズ、ジョージ ポパと同僚達は3月と4月に失業、どの健康保険を使用していたか、そして彼等の将来の治療プランについて6千人以上の人々にインタヴューした。

UNEMPLOYMENT FACTOR
失業ファクター(要因)


"April numbers showed a significant increase in the percentage of households in which a member had lost a job in the last three months (13.5 percent)," the researchers wrote. In March, 11 percent said they had lost jobs.
“4月の数字は最近の3ヶ月間(13.5%)に家族の誰かが失業した家族のパーセンテージがかなりの数増えている事を示している。”と研究者達は書いている。11%が失業したと述べている。

"The percentage of households that had difficulty in paying for care in the last year was statistically unchanged between March and April (about 25 percent)."
“医療費支払いの問題あった家庭のパーセンテージは去年の3月~4月間では統計的に変化は無かった。(約5%)”

They found 40 percent of all households planned to postpone care in the coming three months, with about 15 percent planning to put off routine doctor visits.
彼等は全体の40%の家庭が次の3ヶ月間治療を先送りにし、そして15%が日常的定期的検診を遅らせる事を計画していると言う事を発見した。

People born before 1946 were the least likely to delay care, probably because most can take part in Medicare, the federal health insurance plan for the elderly, the researchers found.
1946年以前に生まれた人々は治療を遅らせる事が最も少ない。其れは恐らく彼等の多くが連邦政府の老人用健康保険である“メディケア”を利用出来るからだろうと言う事を研究者達は見出した。
Medicare( メディケア)1965年に成立した米合衆国の65歳以上の老人用健康保険。ジョンソン大統領時代に成立し最初に適用を受けた人物は元大統領トルーマン。

Baby Boomers were four times more likely than seniors to have trouble paying for healthcare, according to the report.
報告書によるとベイビー ブーマーズ達は高齢者と比較して医療費支払いについて4倍多く問題があると言う事である。

People born after 1984 were also unlikely to put off care, probably because they are too young to need much medical attention, the researchers said.
1984年以降に生まれた人々は治療を遅らせる可能性が少ない。恐らく彼等は医療を必要とするには若過ぎる事が原因しているからだろうと研究者達は述べている。

Income was also a big factor -- homes where people made less than $50,000 a year were three times as likely to say they had trouble paying for medical bills as homes with combined incomes of $100,000 or more.
収入も大きな要因である------年間収入5万ドル以下の家庭は家族全体の収入が10万ドルかそれ以上の家庭と比べると3倍医療費の支払いに問題がある。
"It is important for healthcare providers, employers and policymakers to consider how the economy and healthcare policies affect demographic segments differently," Pickens said in a statement.
“健康保険提供者(保険会社)、雇用者、政治家達は経済と健康保険が種々の家庭環境に違った形で影響する事を考慮する事が重要であるとピケンズは声明で述べている。

ejnews: やっと引越しが終わりましたが此処は1~2年の短期滞在になりそです。
処で、日本でもイランの選挙問題が話題になっていると思います。米合衆国もオバマになり大統領がやっとイランのモハメッド モザデク政権を1953年に米中央情報局クーデターで倒した事を認めたのですが、其のクーデターの名前は“オペレーション エイジャックス”と言う名前でシオドア ルーズヴェルトの孫カーミット ルーズヴェルト ジュニアが指揮を取った事で有名です。殆ど同時期のガテマラのハコボ アルベンツ政権に対するクーデター、70年代のチリのサルヴァドール アイェンデ政権に対するピノチェットの軍事クーデターを画策し成功させたプロジェクト フューベルト(若しくはトラック ツー)等と同様、米中央情報局のクーデターの御手本で、又この様な米政府の都合で外国の政権をクーデターで替える最初の例だったのです。
 モザデク首相は民主主義者で有名だっ政治家ですが、イランの石油を英国のアングロ-イラニアン オイルから取り戻し国営化した事で英国が当時の米トルーマン大統領に対モザデククーデターを打診しトルーマンは拒否、アイゼンハウアー政権時にクーデターを実行。然しイランの石油は英国には戻らずモザデク失脚後支配の座に返り咲いたシャーパーレビ皇帝により石油は米国に流れ出し米国的生活の基準を石油がバックアップし米帝国の石油支配による繁栄が後のホメイニ イスラム革命まで続いたと言う事が歴史でありますが、其の米国も全ての帝国の運命である一部の帝国市民への富の集中の後の急速な国力の衰え、衰退と言う過程を追っている様です。上記の記事の様に大帝国の繁栄の陰には国家に取り残された多くの市民の苦しみが付き物の様で、この様な国家では経済的に衰退し始めて始めて市民の救済を政府が真剣に考えだすようです。大英帝国も極端な経済的衰退時の第二次世界大戦直後に社会主義的政策を多く実施し始め鉄道、水道、電力発電、石炭、等の公共的サーヴィスの国営化を図り、其の社会主義的政策をモザデク首相も民主主義国家の典型的政策として取り入れ石油の国営化政策を決定したのですが、英国や米合衆国にとっては石油がイラン人によってイラン人の為に使われる国営化は都合の悪い事だったようです……………………………。
 唯、此のモザデク政権に対するクーデターは当時民主主義が根付こうとしていた中近東の政治環境が全く違った方向に向かう原因となり、現在の世界平和に非常に大きな悪影響を与えた原因の一つであると多くの歴史家達は考えているようです。
 兎に角、現在アメリカは人口1人当たり一番高額の医療費を払っている国なのですが、国家の市民に提供する健康保険が存在しない為、不況になると民間の健康保険が高額すぎて持てない人口が増大し大きな社会問題になるのです。クリントン大統領時代にもヒラリークリントンがヨーロッパ諸国の様に政府の提供する健康保険の実施を(資本家達にとっては事実上の国営化)計画していましたが、共和党、資本家層の大反対を受けクリントン政権も政治的に大きな打撃を受けたと言う歴史もあります。
 機能する健康保険システムの無い国では病気になっても早期に治療を受けられないか、全く受けられない人口が多く、種々の病気が国全体の人口に伝染し易い環境を作っているわけなのですが、(特に結核等は気が付かないうちに蔓延し、然も経済的理由で治療を途中で打ち切る人が多く、その事により薬に抵抗力を持つ結核菌の発生を加速する原因にもなっているそうです)金銭的利益の追求が目的の資本主義社会では市民の幸福よりも金銭的利益の方が大切だと言う事だと思います............................................。日本の健康保険システムもヨーロッパの健康保険と比べると非常に不公平なシステムだそうです。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさん,どうも有り難うございます。引越しは終わったのですが今段ボール箱の山の間で生活しています。当分片付けが続くと思います。
 健康保険は殆どの国で問題になっている様ですね。薬漬けと言えばアメリカの場合はテレビ等で薬の宣伝が出来るのですが、製薬会社が利益を上げる為、今までは誰も薬が必要な程の問題ではないと思って無視していた様な症状を、テレビコマーシャルで大々的に取り上げ、其の症状の為の薬を売ると言う事が行われています。殆どの薬は石油製品で副作用が多いのです。だからテレビコマーシャルでは特定の薬がどんな副作用を持っているか説明しなくてはいけないのですが、治療の為の薬が使われる病気よりも薬の副作用の方が酷い場合が多い様に思われます。
 兎に角、日本でもアメリカでも野菜果物を中心とした食事で健康な身体を維持する事が我々に残された生き残りの為の手段のようですね。

遅ればせながら

ejnewsさん、ご挨拶が遅れてしまい恐縮ですが、お引っ越しお疲れ様でした!

医療費に関してはアメリカと日本では性質の異なる問題があるようですね。
日本の場合、確かに国民皆保険制度のおかけで診察料は安く済みますが、その反面医師や看護師不足といった問題はアメリカ以上に深刻で、どうしても粗雑な診察が多くなってしまうのだと思います。
ただ、保険のおかげで薬が安く買える事は確かにメリットだと思いますが。
以前テレビで、一般のアメリカ人が一錠の風邪薬を半分に割って飲んでいる姿が映っていましたが日本では考えられない状況ですよね。
しかし、日本のように何でもすぐ薬漬けにするやり方が良いとは私も思えません。
日本の医療費が対GDP費に占める割合は約8パーセントと先進国中では最下位だそうですが、そのために医療機関に勤務する医師や看護師達の待遇は相当悲惨な状況で、現代の大きな社会問題になっていますね。
それなのに日本政府は医療費の削減することしか考えていないのですから、今後の日本医療は益々国民からみて不満の多いものになっていくのでしょうね。
なんかどこの国でも貧乏人に産まれるものではないですね......

No title

荒野鷹虎さん、態々連絡有り難うございます。此方こそ何時も有り難うございます。又これからも宜しくお願いします。
 処で、故障が直って良かったですね。コンピューターについては私も全く無知で妻に何時も教えてもらっていますが、もう此の歳になるとなかなか新しい事は記憶に残らないので、同じ事を何回も妻に聞いて嫌がられています。
 

No title

しばらくご無沙汰しました。PC故障で、訪問も出来ず、すみませんでした。今夜から、復帰できました。いつもお世話になり感謝の、気持ちを、お返しいたしたく思います。よろしくお願いいたします。☆

No title

zen9youさん、教えるなんてトンでもない!私は誰でもアクセス出来る情報を日本語に訳しているだけです。誰かの為になれば嬉しく思っています。
 処で、マイケル ムーアと言うドキュメンタリーフィルムの監督製作者御存知ですか?彼のドキュメンタリーでアメリカの医療を扱った“Sicko"(シコー)と言うのがありましたが、其のドキュメンタリーでのフランスの医療を説明した部分で、癌になった男性が3ヶ月間医療休暇を取り給料は支給され、医療費用は全て保険によって支払われたとか、フランスには病院に行けない人の為医者が患者の自宅を訪問する24時間のサーヴィスがあるとか、出産後半年仕事に行かなくても給料が給付され、政府が子供に関する洗濯も含めた全ての事を助ける人員を家庭に送るとかあり、フランスの健康保険と比べると日本の健康保険は詐欺の様に感じる部分がありました。
 フランスは歴史的に革命で国王をギロチンに送ってから社会主義的政策を政府が実施している伝統がありますので、(現在のサルコジ政権の様に保守派の返り咲きの時期も多いのですが)若し政府が市民の利益に反する政策を実施すると市民がデモなどで盛んに政府反対行動をとる伝統があるようですから、一般的に他の国々と比較するとフランス政府は市民によりコントロールされている様です。
 私は市民がデモ等で政府に圧力をかけない国は資本家層等の権力層によって市民の為の政治をしない政府が作られるのだと思います。健康保険も政治の一部だと思います。

脳死移植法

逝きし世の面影さん、コメント有り難うございます。アメリカの3大自動車会社は実はカーター大統領時代の石油危機で日本の自動車の経済性に圧倒され実は倒産しそうになっていたのですが、政府間の交渉で日本車の米国内での販売価格をアメリカ車並に上げることで倒産の危機を乗り越えたのです。
 今回の米3大自動車会社の問題も当時と同じ問題で、アメリカの自動車に太刀打ち出来る外国の自動車はないと言う思い上がりがガソリンを大量に消費する自動車を作り続ける原因になり、然も“国際自由市場”と言う政策では労働賃金の安い外国の自動車会社と競争しなければならない事になり、現在の金融危機で健康保険問題も含めた、過去から引き摺って来た問題が経済的に終に処理出来なくなったと言う事が3大自動車会社の問題の概要だと思います。
 脳死については良く知らないのですが、1960年代からの医療技術の進歩によって脳が機能しなくなった人でも機械に繋げると身体は生き続けると言う事態が発生し、医療保険、患者の家族の経済的負担、病院のベッド数の問題、臓器移植の進歩による新鮮な臓器の提供源としての法的問題等を解決する必要に迫られ1980年代初期(1981年の大統領コミッションによって)には脳死は法的に人間の死を意味する様になったそうです。脳死を法的に人間の死と認めた国はフィンランドで1971年だそうです。
 脳死を人間の死と認めたがらない動きは宗教団体から多い様ですがローマのカトリック教会も脳死を人間の死と認めているようです。
 アメリカでは日本語で“キリスト教原理主義”と言われている共和党保守派の支持母体が脳死を人間の死として認めていないようです。
 国際的には臓器移植の法的問題を排除する為脳死は人間の法的死とされているようです。
脳死のついては深く考えた事が無く答えが不完全だと思いますので、又御質問ありましたら是非コメントして下さい。
 

No title

お忙しいところ詳しく教えて下さって恐縮です。社会保険でも国民健康保険でも年間30万円ほども払わされているのに、それだけの元が取れたようには実感していません。とても高い金額を払っているのに、費用対効果も考えないで払ってしまっています。おおかたの人たちがそうなのでしょう。何に使われているか。大病したり大けがをしたようなときにどれだけ保険がきくものかもあまり考えたこともありません。しっかりとチェックしていかねばならないと思います。益々これから何もかも値上げしようと考えていることでしょうから。ありがとうございました。

脳死移植法

世界最大の企業であるGMの自主再建が躓いたのは医療保険問題だと報道されています。
全てが民間の営利医療保険に頼っているアメリカらしい話ですね。
企業退職後も一生GMが面倒をみるとの労組の条件は、最初聞いた時は『なんとも無茶な』と思ったが、よく考えると労組(労働者側)の主張の方が当たり前で常識的です。
退職した高齢者は退職前の企業が面度を見ない限り無保険で医者にかかれない。
労働者側の要求は最低限の要求だったのですね。
それにしても世界最大の製造業を潰したのが医療保険だったとは、絶句です。
グロバルスタンダードの名目で日本で欧米並みの脳死移植を推進する臓器移植法が衆議院で可決されたが、アメリカの医療費の高さの原因の一つが移植のようなトンデモナク金のかかる高度医療。
私は脳死移植は、民主主義にも市場主義にも反する欠陥医療で反対ですが、脳死移植に賛成の人も少なくない。

この問題ですが、アメリカでは『脳死は人の死』は市民の間に定着している(そんな事を今頃議論している日本は遅れている)とする説と、その正反対で,『脳死』問題に対して市民は何も知らない(医者任せ)でまったく知らない(スルーしている)との説がある。
どちらの方が正しいのでしょうか。?
脳死問題は遺伝子組み換え穀物や狂牛病と同じで、、『議論して賛成』(容認)したのではなく、『現実のアメリカでは議論さえしていない』で流通しているのでしょうか。?

No title

和久希世さん、コメント有り難うございます。コメントに対するお答えが遅くなってすみません。最近色々ありまして一寸忙しいのでお許しください。
 日本の銀行が90年代に破綻し其れを国民の税金で援助したのに日本の銀行は国営化、つまり、国民の物にならなかったでしょう?アメリカ政府、金融資本層は其れを覚えていて、好い加減な経営をし、其の上国民の税金を経営支援に搾り出し濡れ手に粟のボロ儲けを企んじゃないのかと疑いたくなりますね。確かに金融資本層に今回の危機で又資本の集中が起こりましたから計画的かもしれませんね。
アメリカは今でも世界最大の経済大国だと思いますが、人口のほんの一部に富が集中してしまっていて、然も富裕階級は殆ど税金を払っていないと思います。企業も税金を余り払って無いのです。だから人口の多数者である中産階級以下の階層が貧困にあえぐと言う状態に陥っているのです。
処で、カリフォルニアをオバマ連邦政府が経済支援するかしないかが問題となっているようですが、アーノルド知事はデイヴィス民主党知事をリコール選挙で蹴落とし卑怯な手段で知事にのし上がった典型的現代共和党、若しくは保守派の代表者ですから、民主党政権オバマ連邦政府はそう簡単にアーノルド知事を助けるような事はしないと思いますが、70年代に共和党フォード大統領がニューユーヨークが経済危機に陥った時支援拒否をし、次の選挙で民主党カーターにニューヨークの票を奪われカーターが大統領に選出された一因になった過去がありますから(特にカリフォルニア州の様な巨大経済地域を見捨てるとアメリカ全州の財政に影響を与える可能性が非常に大きいので)色々な理由でカリフォルニアは最終的に連邦政府から支援が得られると思います。と言う事で私は大丈夫だと思いますが、素人判断ですから………………………………。

No title

アメリカは長い間世界1の豊かな国と思われていましたのに、最近の情報を見ると、家を追い出されてテント生活をせざるを得ない人が大勢あるし、医療を受ける事もできない人が多数有るということが、知られるようになりました。

アメリカの後を追っている様な国日本も、このままで行ったらああなってしまうのかなと、
昔は憧れの国だったはずの国が、今はそうなって欲しくない事で例に出されるような国になってしまったことに、時の流れを感じさせられます。

日本でも一昔前には老人医療無料で、老人が医院の待合室をサロン代わりに使っていると噂されたくらいに、大した病気でなくても医院に行く人が多かった時代がありました。
そんな行き届いた福祉を謳歌していた日本に引き換え、今は後期高齢者医療制度という、
75歳以上になった老人には、普通以上にきつい保険料の支払い義務を突きつける制度が導入されるまでになっています。

福祉を削りまくっている一方、軍事予算を増やそうと、やたらと危機を煽っている処が有るように見受けられます。
そのくせ国民の安全など完全に無視しているとしか思えない原発の濫造。
原発をこの狭い日本に数十基も造っていて平気で、
その上、もっと危険と言われているモス燃料迄輸入して、原発を運転し続けようとしているのですから、政府が国民の安全を考えているとは、とても思えないことを平気でやっています。

軍備は国民の安全の為の軍備ではなく、別の目的の為の軍備拡大であり軍事予算拡大なのではないかという気がします。

ところで、カリホルニア州の債券が今月破綻する事が決まって、大変なことが起こるかもしれないという話を聞いたのですが、これは単なるデマでしょうか?

No title

zen9youさん、コメントと引越しについての親切なお言葉ありがとうございます。
健康保険については深くは知らないのですが、例えばフランスの場合は病院で患者が払う費用は1ドル45セント程で医者に処方される1箱の薬が80セント程、入院費は1日20~25ドル程、フランスシステムの場合は病状が重ければ重いほど患者の負担が軽くなり重症患者や長期間慢性病を患っている患者等は全ての費用が保険で払われるのだそうです。イギリスのシステムは税金から払われているので特に保険料としての負担感が無いのだそうですが、イギリスの場合はイングランド、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドに分かれていて地域によって多少の違いがあるそうです。フィンランドの特徴は年間の医療費590ユーロ以上は無料になると言うことだそうです。ニュージーランドは医療費は税金でまかなわれる為無料。日本の健康保険の問題は日本のGDPランキングが常に世界第2位の経済大国にも拘らず市民の医療に対する満足感や信頼感がかなり低く、又、企業に勤める人とそうでない人(国民健康保険)で違ったシステムになっていて基本的に市民を2種類に別けていて資金的に問題だけでなく私は市民の平等と言う観点から問題があるのではないかと思っています。WHOワールドヘルスオーガニゼーションのランキングによると日本の医療(健康保険の話だけではなく医療システム等を含めたランキング)は第10位だそうです。1位はフランス(GDP5位)、2位はイタリー(GDP7位)、3位サンマリノ、4位アンドラ、5位マルタ(GDP128位)、6位シンガポール(GDP44位)、7位スペイン(GDP9位)、8位オーマン(GDP70位)、9位オーストリア(GDP25位)、だそうです。アメリカは37位(GDP1位)で世界を牛耳っている国にしてはお粗末な話です。

No title

お忙しい中申し訳ないのですが、ヨーロッパに比べ日本の健康保険システムが不公平というのはどのような点でしょうか。世界に冠たる保険制度などと日本では言われていますが。そうでもないということなのでしょうか。

毎年医療費が増え続け、薬ばかり出される医療にも疑問を感じますが。お年寄りなど薬漬けでかえっておかしな事になっているようにも思えます。薬の害、薬業界のための社会保障という感じも否めませんね。

お引っ越しご苦労様でした。ぼちぼちとおやり下さいませ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。