スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の工場環境汚染物を宝に変える。

Chinese Factory Turns Environmental Bane into Boon
中国の工場環境汚染物を宝に変える。


From: , Worldwatch Institute, More from this Affiliate
Published February 1, 2008 08:27 AM

China is beginning to take advantage of an unusual energy source: cow gas.

 中国は一寸風変わりなエネルギー源“牛ガス”の利用を始めている。


Take advantage of は、例)They took advantage of his lack of knowledge 
彼等は彼の知識の足りなさを利用した。

Cows emit a significant amount of methane, a powerful greenhouse gas, when they belch and flatulate. According to People’s Daily, the world’s largest cow-dung methane power plant started operation on January 21 in China’s Inner Mongolia region.

 牛はかなりの量のメタンガス“パワフル グリーンガス”をゲップをしたりオナラをする度に放出している。人民日報によると、1月21日から中国の内モンゴル地区で世界最大の牛糞メタンガス発電所による発電が始まりました。

 Belch げっぷ flatulate オナラをするflatulent オナラよく出ると言う意味の形容詞。
I am very flatulent today. 今日はよくオナラが出る。と言う意味。
でも使う機会のあまり無い文章!?それとも貴方……….?

 この文章では最初にオナラ、ゲップか らメタンが発生するかのような表現になっているが、御存知のように牛の糞尿からメタンは発生するし、オナラとゲップを集めるのも大変な事でしょう。続く文章でcow-dung methane power plantと言う部分があるように記者が注意を怠ったのでしょう。

Cow-dung 牛の糞


With an investment of 45 million RMB (roughly $US5.7 million) from the country’s largest milk producer, Mengniu Dairy, the plant is able to supply 10 million kilowatt-hours of electricity to the national power grid.

 酪農製品では国内最大のMengniu Dairy(蒙牛乳業)からの4千5百万元RMB(約5百70万米ドル)の投資で、この発電所は時間1千万キロワットの電力供給が国内電力供給網に可能です。 
Power plant 電力power grid電力供給網

Using equipment and technology from Germany, the plant processes the dung, urine, and waste water from some 10,000 cows on Mengniu’s farm. The facility is able to produce 12,000 cubic meters of methane and generate 30,000 kilowatt-hours of electricity daily.

 ドイツからの設備と技術を用い、蒙牛乳業農場の1万頭の牛の糞尿と汚水から1万2千立方メーターのメタンガスを製造し1時間3万キロワットの電力を毎日発電可能です

The heat derived from the power generation will be used for daily heating at the farm, and the water will be recycled for irrigation. The facility also produces 200,000 tons of organic fertilizers a year, a practice that will save 5,000 tons of coal annually.

 発電の過程で発生する熱は農場の暖房のために利用され水は灌漑のためにリサイクルされます。この設備は年間20万トンの有機肥料を製造し、この方法で年間5千トンの石炭の節約をする事になります。

Methane gas is the second-largest contributor to greenhouse gas emissions worldwide after carbon dioxide. An adult cow emits 80 to 110 kilograms of the gas over its lifetime.

 メタンガスは世界的に二酸化炭素についで2番目に排出されている大きなグリーンハウスガスです。成牛はその一生で80~110キログラムのメタンガスを排出するのです。

Worldwide, 1.2 billion large ruminants, including cows, produce an estimated 80 million tons of methane annually, accounting for some 28 percent of global methane emissions from human-related activities, according to the U.S. Environmental Protection Agency. In total, the livestock sector is responsible for 18 percent of global greenhouse gas emissions, according to the United Nations Food and Agriculture Organization.

 世界中で牛も含めて12億頭の大形反芻動物が年間8千万トンのメタンガスを排出しています。米環境保護局によると全世界メタン排出量の28パーセントは人間の活動から発生しています。国際連合の食料農業機関によると全世界の牧畜分野からのグリーンガス排出量は全世界的に全体の18パーセントだそうです。

The practice of methane capture has caught the attention of international carbon traders. Under the Kyoto Protocol, the international agreement to reduce greenhouse gas emissions, companies can trade so-called “carbon credits” to help them meet their allowances of greenhouse gas emissions.

 環境に放出されていたメタンガス利用は国際炭素貿易業者の注目を集めるようになりました。グリーンガス排出規制のための国際的合意、京都議定書によると、企業は所謂”カーボンクレディット“と言われる物を各企業に与えられたグリーンガス排気の規制量上限を守るために売買する事が出来ます。

(京都議定書によると企業は規制量を超えた企業と、規制量を下まわりクリアーした企業の間で、グリーンガス排気制限割り当て量を調整するため“炭素クレディット”と言う形で売買できるそうです。)

China has become a major destination for European carbon buyers due to its low prices for the credits. The country also benefits from the financial resources and technologies transferred as a result of those trades.

 中国は安値のクレディットのためヨーロッパからの炭素クレディットを買う業者の目的地となり、又この商業活動から受ける資本と技術の移入の恩恵を受けています。

Mengniu has reached preliminary agreement with a carbon-trading company based in the Netherlands. The Mengniu facility is the first such methane-capture plant in China’s dairy industry. Other Chinese dairy producers, including Yili Group, have similar projects on their agendas.

 蒙牛はオランダに本拠を置く炭素貿易会社と基本的な合意が成り立ち、蒙牛の施設は中国の乳製品の業界では始めてのメタンガスを捕らえ利用する施設です。伊利グループも含めてその他の中国の乳製品企業も同様のプロジェクトを計画しています。

While reducing pollution and saving energy, the Mengniu plant also contributes to diversifying the power-generation portfolio of the region. Inner Mongolia is now China’s top coal-rich region, a distinction it captured from neighboring Shanxi province in August 2007. It plays a critical role in supplying coal-fired power to North China’s industrial bases and energy-hungry metropolises like Beijing and Tianjin.

 環境汚染物質の排出を低く抑えると共にエネルギー節約をする他に、蒙牛の施設はこの地方の発電の多様化(多角化)にも貢献している。内モンゴルは今中国で最も石炭生産の多い地域として2007年8月隣の山西Shanxi地区に取って代わるようになりました。内モンゴルは石炭を燃料とした火力発電で得られた電力を、北部中国の工業地帯や電力を常に必要としている北京や天津のようなメトロポリスに供給する重要な役割を演じています。

スポンサーサイト

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。