スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をつけないと北朝鮮“窮鼠猫を噛む”なんて事も..................?

Ejnews: 未だ引越しの最中ですので記事の翻訳を完全にする時間が無いのですが、北朝鮮については余りに一方的なニュースが多いので、御存知の方も多いと思うですが念の為に過去の記事を御紹介してみます。下記の記事は北朝鮮の核兵器開発について誰が基本的に協力したかが理解出来る昔の記事の一部の訳です。
(完全な訳ではありません。大切な言葉だけ訳して此処で余り意味の無い部分は省略しています)


The two faces of Rumsfeld
ラムズフェルドの2つの顔


http://www.guardian.co.uk/world/2003/may/09/nuclear.northkorea

ガーディアン.co.ukより。
英国のガーディアン紙のインターネット版で、2003年の5月9日の記事です。

2000: director of a company which wins $200m contract to sell nuclear reactors to North Korea
2000年:北朝鮮に原子力発電機を売る2億ドルの契約を勝ち取ったある会社のダイレクター


2002: declares North Korea a terrorist state, part of the axis of evil and a target for regime change
2002年:北朝鮮をテロリスト国家と宣言し、悪の枢軸国の一国として政権変更の的とした。


Randeep Ramesh

The Guardian, Friday 9 May 2003 08.48 BST
Article history

Donald Rumsfeld, the US defence secretary, sat on the board of a company which three years ago sold two light water nuclear reactors to North Korea - a country he now regards as part of the "axis of evil" and which has been targeted for regime change by Washington because of its efforts to build nuclear weapons.
国防省長官ドナルド ラムズフェルドは3年前に彼が現在“悪の枢軸国”の一国として、そして核兵器を開発する試みの為ワシントンから政権変更の的にされている北朝鮮に軽水炉型原子力発電リアクターを売った会社の役員であった。

Mr Rumsfeld was a non-executive director of ABB, a European engineering giant based in Zurich, when it won a $200m (£125m) contract to provide the design and key components for the reactors. The current defence secretary sat on the board from 1990 to 2001, earning $190,000 a year. He left to join the Bush administration.
当時ラムズフェルドは1990年~2001年の間年俸19万ドルのABBと言うチューリッヒに拠点のある会社の役員で、ブッシュ政権に参加する為に此の会社を辞任。

The reactor deal was part of President Bill Clinton's policy of persuading the North Korean regime to positively engage with the west.
此の軽水炉の契約は北朝鮮政権を良い方向で西側と関係を持たせる為のビル クリントン大統領の政策の一環で

The sale of the nuclear technology was a high-profile contract. ABB's then chief executive, Goran Lindahl, visited North Korea in November 1999 to announce ABB's "wide-ranging, long-term cooperation agreement" with the communist government.
此の軽水炉の販売は非常に重要な契約でABB社の中心幹部ゴーラン リンダル氏が1999年11月に北朝鮮を訪問し此の共産主義政権との広い範囲の長期間協力関係の合意を発表した。

The company also opened an office in the country's capital, Pyongyang, and the deal was signed a year later in 2000. Despite this, Mr Rumsfeld's office said that the de fence secretary did not "recall it being brought before the board at any time".
ABB社はピョンヤンに事務所を開き2000年に此の契約の署名がされた。ラムズフェルド国防省長官は役員会議に此の契約についての議題は上がったと記憶に無いと言っている。

In a statement to the American magazine Newsweek, his spokeswoman Victoria Clarke said that there "was no vote on this". A spokesman for ABB told the Guardian yesterday that "board members were informed about the project which would deliver systems and equipment for light water reactors".
ラムズフェルドのスポークスマン、ヴィクトリア クラークは此の件についての(役員会での)投票は無かったと言っているが、ABB社のスポークスマンは昨日“役員会の委員達は軽水炉の部品とシステムを北朝鮮に送る事について報告を受けていた。”とガーディアンに言っている。

Just months after Mr Rumsfeld took office, President George Bush ended the policy of engagement and negotiation pursued by Mr Clinton, saying he did not trust North Korea, and pulled the plug on diplomacy. Pyongyang warned that it would respond by building nuclear missiles. A review of American policy was announced and the bilateral confidence building steps, key to Mr Clinton's policy of detente, halted.
ラムズフェルドが国防省長官になった一ヵ月後ジョージ ブッシュ大統領は北朝鮮は信じられないと言ってクリントンの交渉政策を打ち切った。北朝鮮は核ミサイルを開発する事によって対抗すると警告した…………………………………………….

By January 2002, the Bush administration had placed North Korea in the "axis of evil" alongside Iraq and Iran. If there was any doubt about how the White House felt about North Korea this was dispelled by Mr Bush, who told the Washington Post last year: "I loathe [North Korea's leader] Kim Jong-il."
2002年ブッシュ政権は北朝鮮をイラとイランと共にク悪の枢軸国だと発表し、若しホワイトハウスがどの様に北朝鮮を考えているかについて疑いが少しでもあるのならブッシュがワシントン ポストに語った『私は北朝鮮の指導者キム ジョン イルを嫌悪している。』と言う発言が全てをハッキリさせている。

The success of campaigns in Afghanistan and Iraq have enhanced the status of Mr Rumsfeld in Washington. Two years after leaving ABB, Mr Rumsfeld now considers North Korea a "terrorist regime _ teetering on the verge of collapse" and which is on the verge of becoming a proliferator of nuclear weapons. During a bout of diplomatic activity over Christmas he warned that the US could fight two wars at once - a reference to the forthcoming conflict with Iraq. After Baghdad fell, Mr Rumsfeld said Pyongyang should draw the "appropriate lesson".
アフガニスタンとイラクでのキャンペーンの成功がラムズフェルドのワシントンでのステイタスを増強し。ABBを離れた2年後、ラムズフェルドは北朝鮮をテロリスト政権、又、崩壊寸前で核兵器の拡散を始める寸前であると認識している。クリスマス中の外交交渉でラムズフェルドは始められるであろう対イラク紛争を意味し、米国は2の違った戦争を同時に出来ると警告している。バグダッドの陥落後ラムズフェルドはピョンヤンは“適切な教育”を受け取るべきだと述べている。(“北朝鮮はバグダッドの陥落で米国の軍事力を認識し米国に反抗しないことだ!”と言う意味。)

Critics of the administration's bellicose language on North Korea say that the problem was not that Mr Rumsfeld supported the Clinton-inspired diplomacy and the ABB deal but that he did not "speak up against it". "One could draw the conclusion that economic and personal interests took precedent over non-proliferation," said Steve LaMontagne, an analyst with the Centre for Arms Control and Non-Proliferation in Washington.
ブッシュ政権の北朝鮮に対する好戦的な言葉使いに批判的な人々は問題はラムズフェルドがクリントンが引き起こした外交政策やABBの契約を支持した事ではなく、彼がそれらに対して“反対の意見を表明しなかった”事であると言っている。『核拡散について特定の誰かが経済的で私的な利益を得たと言う事実が過去に存在したと結論を出す事が出来る。』とワシントンの武器と核拡散についてのアナリスト、スティーヴ ラモンターニュは述べている。

Many members of the Bush administration are on record as opposing Mr Clinton's plans, saying that weapons-grade nuclear material could be extracted from the type of light water reactors that ABB sold. Mr Rumsfeld's deputy, Paul Wolfowitz, and the state department's number two diplomat, Richard Armitage, both opposed the deal as did the Republican presidential candidate, Bob Dole, whose campaign Mr Rumsfeld ran and where he also acted as defence adviser.
(此の部分はポール ワォルフォイッツやリチャード アーミテッジ等のブッシュ政権のメンバーも当時此の契約に反対意見を表明していた。と言う部分。)

One unnamed ABB board director told Fortune magazine that Mr Rumsfeld was involved in lobbying his hawkish friends on behalf of ABB.
ABBのある役員はフォーチュン マガジンに対して、ラムズフェルド氏は彼の鷹派の友人達とABBの為のロビー活動に関わっていたと話している。

The Clinton package sought to defuse tensions on the Ko rean peninsula by offering supplies of oil and new light water nuclear reactors in return for access by inspectors to Pyongyang's atomic facilities and a dismantling of its heavy water reactors which produce weapons grade plutonium. Light water reactors are known as "proliferation-resistant" but, in the words of one expert, they are not "proliferation-proof".
クリントンの対北朝鮮外交政策全体は石油と軽水炉原子力発電基と交換にピョンヤンに原子力関係施設にインスペクターを送り核兵器に使われるプルトニウムを製造できる北朝鮮の重水炉型原子力発電基を取り壊し朝鮮半島の緊張を解消する事にあった。軽水炉は核拡散について心配する必要がないと認識されているが、ある専門家は其れに反対の意見を持っている。

The type of reactors involved in the ABB deal produce plutonium which needs refining before it can be weaponised. One US congressman and critic of the North Korean regime described the reactors as "nuclear bomb factories".
ABBが北朝鮮に売った此のタイプの軽水炉は濃縮すると核兵器に使えるプルトニウムを製造出来る。米議員や北朝鮮政府に反対する評論家達は此の軽水炉を“核爆弾工場”だと説明している。

North Korea expelled the inspectors last year and withdrew from the nuclear non-proliferation treaty in January at about the same time that the Bush administration authorised $3.5m to keep ABB's reactor project going.
North Korea is thought to have offered to scrap its nuclear facilities and missile pro gramme and to allow international nuclear inspectors into the country. But Pyongyang demanded that security guarantees and aid from the US must come first.
Mr Bush now insists that he will only negotiate a new deal with Pyongyang after the nuclear programme is scrapped. Washington believes that offering inducements would reward Pyongyang's "blackmail" and encourage other "rogue" states to develop weapons of mass destruction.


………………………と言う記事です。当時国防省長官だったラムズフェルドは後にアフガン、イラク紛争が泥沼化した責任を取り辞任しましたが(ある情報ではラムズフェルドはアフガン、イラク紛争や拷問問題に対して疑問を持ち始めた為、つまり一寸人間らしい考え方をし始めたため辞任に追い込まれたと言う話もあります)ラムズフェルドは人工甘味料ニュートラスイート、アスパータム(aspartame)を彼の人脈を使い政府に製造販売の認可を出させた事でも有名で、又、イランイラク戦争当時にはご存知の様にレーガン大統領の特使として後に米軍により捉えられ死刑になったイラク大統領サダム フセインにレーガンの手紙を届けた事でも有名です。(レーガン時代にはガス兵器をクルドやイラン軍に対して使っているにも拘らずフセイン大統領はアメリカから種々の支援を受けていたのは皆さんも記憶されていると思います。)
話をもっと進めると、クリントンやレーガン、ラムズフェルドも誰かの意向を受けてこの様な事をしていたとも考えられるのですが(其の話は又別の機会に、)兎に角、事情が変わる度に友好国となったり敵対国としてのレッテルを貼られる様では長期間の友好関係を築くのは誰が考えても不可能で、北朝鮮ばかりを非難する事は余りにも非論理的ではないかと思うのです。日本も北朝鮮が米国に翻弄されている様に、米国の太鼓持ちばかりしていると何時か米国の事情が変わると使い捨てにされる事も予想されるのではないでしょうか?そう言えば、パナマの独裁者マヌエル ノリエガも米中央情報局との関係もあり米国との関係の強い事で知られていましたが、最終的にはジョージHWブッシュ大統領時代に米軍の侵略を受け捕虜になり、麻薬密輸罪で有罪になり投獄され現在も獄中生活をしているそうです。

今日の他の話は.................................................................下記の様な世界経済についてのニュースもあります。


http://www.asianews.it/index.php?l=en&art=15402&size=A

06/01/2009 19:03
DUBAI

Signs of a new financial storm for September coming from Dubai and Saudi Arabia
ドゥバイとサウディアラビアから9月にやって来る新しい金融の嵐の予兆。


此の記事ではドゥバイの土地住宅価格は国際金融危機以前と比べて50%減となっていて

by Maurizio d'Orlando
Dubai calls on the Rothschild bank for help, perhaps out of desperation. In Saudi Arabia a Saad Group company defaults. US, European and Asian banks are struggling. The end of Ramadan in September might mark the start of an economic depression worse than that of the 1930s.
Milan (AsiaNews) – Rothschild’s Dubai office has been retained by Dubai’s Department of Finance for advice on the US$ 10 billion financial support fund (FSF) the emirate raised on the bond markets.
ドゥバイはロスチャイルドに助けを請っている。多分やけくそになっての事なのだろう。サウディアラビアではサアドグループカンパニーが破産している。アメリカ、欧州、アジアの銀行は苦闘している。9月のラマダンの終わりに1930年代よりも酷い経済恐慌が始まるかもしれない。ミラン(アジアニュース)---ロスチャイルドのドゥバイ事務所は首長国がボンド市場で得た利益100億ドルの経済支援ファンド(FSF)についてのアドヴァイスの為ドゥバイ財務省に組み込まれている。

As in the spring of 2008 when the first signs of the coming September financial storm were visible, today’s signs, albeit not front page news, might herald another major storm this fall.
2008年の春の段階での最初の9月にやって来る経済の嵐の最初の予兆は明らかであった。現在の予兆は新聞の一面記事ではないにも拘らず此の秋のもう一つの大きな嵐の到来を告げているかもしれない。

But this year’s crisis could be worse than last year’s because of the multiple points of origin. In addition to the weak situation of the US Federal Reserve, whose financial commitments in support of the US banking system are equal to the total US GDP, European banks could go in tilt because of their exposure to emerging markets whilst those of Asia (especially Japan’s and China’s) could suffer because of Asian economies’ heavy reliance on now declining exports.
然し、今年の危機は幾つかの違った場所が原因となっている為に去年の危機よりも酷いかもしれない。総額が米GDPに匹敵する米国銀行システムを支援すると言う義務を持つ米連邦準備銀行の弱体化した状況に加えて、経済が減少している輸出に大きく頼っていると言う理由で困難な状態になるかもしれない発展段階にあるアジア市場への関わりから欧州の銀行も傾くかもしれない。(特に日本と中国)

此の記事によるとロスチャイルドは米連邦準備銀行(FRBNY)にも強い影響力があるようです。兎に角、ロスチャイルド家の世界金融に関する話とかがあって……………………………

As for Dubai real estate values in the city-emirate have dropped by 50 per cent since before the crisis[i]; insolvencies here and across the Gulf region are rising.
ドゥバイ、都市首長国の不動産価格は金融危機以前より50%下がっている。此処と湾岸諸国では破産が増えている。

At the same time two contradictory trends appear to be coming together. On the one hand, we see that “creata ex nihilo”[ii] e-money might lead to hyper-inflation; on the other, collapsing prices in real goods could lead to deflation and an economic depression worse than that of the 1930s.
同時に2つの矛盾した傾向が現れている様に見える。一つは“無から価値を生み出す”e-マニー(貨幣)はハイパーインフレーションを引き起こす可能性があると言う事を我々は見、同時に現実の物価価格の崩壊はデフレーションを引き起こし、経済的減退(恐慌)は1930年代よりも酷くなる。
Indeed in Dubai many expect the next storm to hit at the end of Ramadan, 21 September.
確かにドゥバイの住人の多くはラマダンの終わり9月21日に次の嵐が襲ってくる事を予期している。

ejnews: と言う話です。アメリカも9月頃に金融機関への政府からの資金援助が必要だとされているらしいので此れは大変な話に発展する可能性も.....................ですね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

アングロカラーからのお知らせ

突然の投稿失礼致します。

当方はアングロカラー[ http://www.anglo-color.net/ ]
というアングロ(カナダ・アメリカ・メキシコ)在住の日本人ブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキングサイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.anglo-color.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

greensmoothieさん、コメントありがとうございます。私が引越しで忙しい間にイランの選挙問題が国際的な注目を引く様になり、メディアの間では北朝鮮問題は一寸お預けと言うところでしょうか?日本も原子力発電所が多いので、国際情勢が変わると核兵器製造能力を疑われてフセインのイラクや北朝鮮の様に扱われる可能性も無いとは言えないと言う事なのでしょうねエ。

不思議です

北朝鮮において、日本人拉致事件が進行をみせぬままのとき、アメリカでもタレントの姉とアメリカンチャイニーズの女性2人が拉致。今後の進展が興味深い私です。

No title

Nemoさん、コメントありがとうございます。引越しは未だダラダラと続いています。
北朝鮮に逮捕された2人の女の子ジャーナリストは元副大統領アルゴアが2005年に始めたテレビ局Current TVのジャーナリストだそうで、北朝鮮にとっては交渉の手段に持って来いだと言う事だったのでしょうね。(Current TVは18歳~39歳を対象に番組が制作されているのでリポーター等、皆若いのです。)
 クリントンの時は原子炉等もアメリカの有力政治家が関係している会社から輸入する事が出来たのに、ブッシュになると核、原子力開発プログラムを放棄しないと敵国と見なすなんて、北朝鮮にとって見れば『そんなにコロコロ変られたら堪りません!』と言う様な感じでしょうか?
 アメリカでは9月に新たな金融機関への資金援助が必要だと言う噂があり、日本や中国の輸出に頼っている極東経済も不安定だし、其れに加えて中近東の経済的中心地が破産すると........................若しかすると大変な事になるのかも知れませんねエ。

ejnewsさん、こんにちは!

引越のお忙しい最中にも、記事の更新ありがとうございます。

アメリカ人記者に実刑判決を下して、アメリカに揺さぶりをかけていますね。
核実験に対する国連の制裁決議も、すぐ採択しなければ意味が薄れるというのに
中国が合意しないのを見越しているんでしょうね。(怒)

また、新たな嵐の予兆ですか~!
今、少しずつ経済が持ち直しかけている(ように見える)のに、
9月に勃発が予想されるなんて恐ろしいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEF徒然草 6

今回からは、NEFメンバーがお勧めする英語上達法を3回シリーズでご紹介します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。