スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Latino neighborhood City of Bell ラテン系住民居住地域ベル市

 今日は2週間ほど前に行ったメキシコ料理のレストランの写真や、其のレストランのあるメキシコ系住人の住む地区ベル市のフェスティヴァルの写真です。ベル市はロスの南東に位置しサンタモニカやビバリーヒルズ辺りから車で40分位の所です。メキシコ系住民が殆どだと思いますがLatinoラティーノと言う言葉はラテン系の人々を意味する言葉で中南米系と言う事です。彼等はアメリカ先住民の血が濃くメキシコや中南米では白人が支配層の政府によって常に人種差別されグァテマラ、コロンビア、ペルー等では最近まで(現在でも)人種差別主義者の武装団体や政府によっての暴力の対象になって来ました。アメリカでも彼等の状況は同じで、当然、社会で虐げられ差別される少数民族社会では自己防衛や生存競争の為ギャング(ヤクザ)が発生する訳で、アメリカではイタリア系のマフィアだけでなく、黒人とメキシコ系ギャングは有名です。80年代後半からはカリフォルニアではヴェトナム系等のアジア系ギャングの勢力も強くなっています。
 此の日は偶然改造車のフェスティヴァルだったです。此処の写真にある素晴らしく改造された車の多くもギャングのメンバーの所有している車なのでしょうか?
 私達が行った此のLa Casita Mexicanaラ カシタ メキシカナ(メキシコ風の小さな家)と言うレストランはメキシコの家庭料理の店で、ロス等で気取ったレストランだとウエイターが生意気で食べる気がしない所も多いのですが、此処は庶民のレストランでウエイターは非常に親切真面目でオーナーシェフも気さくな人で、私達が一度に幾皿も注文して料理が冷めているのに気が付いたシェフは、台所から首を出して『其れ冷めているじゃない!もう一度温めて上げようか?』と気さくなものでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

此の写真、怖そうなお兄さん達が写っているでしょう。然し、私の此の日の経験では、気が付かないで私の前を横切ったお兄さん等は『Eexcuse me bro!(brotherの略)』エクスキューズ ミー ブロー!(すまねえな兄弟!)と私に言っていたので、ビバリーヒルズなんかでウロウロしている気取った人達よりもズット文明的な態度でした。
mexican festival2

mexican festival

彼等の先祖の伝統的衣装なのでしょうね。
mexican indian 2

mexican indian

mexican car 7

mexican car6

mexican car5

此の日、白人やアジア系は見ませんでした。
mexican

mexican car4

mexican car3

殆どの車がトランクに大きなスピーカーを設置していました。此の車は大きなテレビもありました!
mexican car2

mexican car

此のレストランです。
mexican restaurant 2

デザートでグワヴァフルーツを甘くコンデンスドミルクcondensed milkで煮たものでした。
dessert2

此れはchurrosチュロスと言うメキシコ風のドーナッツ。元々スペインのドーナッツです。此処ではキャラメルソースが中に餡子(filling フィリング)として詰まっていました。
dessert

................と言う事で、今日の話題はメキシコ料理やラティーノと言われる人々の住む地域の話でした。何時も歴史、政治、搾取、差別、アナキズム(リバタリアンソシャリズム)や革命思想の話をしている訳ではないのです。
 では又次回まで!
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさんは恐らく仕事が忙しいのだろうなと想像していました。
私は時々歌詞の翻訳をブログに載せたりするのです。然し、今は引越しの途中で翻訳の時間が無いのでこの様な記事で何とかやり過ごしています。
 フロリダや西部アメリカは元々スペイン帝国領地だったのでヒスパニックやラティーノと呼ばれる混血の人口が多いのです。だからテキサスやカリフォルニア州ではメキシコとの人の行き来が多く国境で別けるのも不自然な様な気がします。
 そうですねアメリカで仕事をする為の不法移民が多かったのですが、此処1年ほど不況の為中南米に帰っていく人々も多いようです。
 GMはチャプター11と言う破産申告をしたようですが、此れで国民の税金によりGMの60%が国家の所有になるそうです。金融機関も既に同じ事になっていて酷い場合では、ある金融機関は80%以上を国が所有しているのだそうです。進歩派の批評家は資本家の為の社会主義だと酷評しています。
 問題は非常に多くのGMのディーラーが閉鎖される事になり、経済への悪影響が心配されています。
(歴史的に考えるとGMはナチスドイツとの関係が深かったり、スペイン内乱ではフランコ側にトラックを供給し、燃料を供給したスタンダードオイルと並んでフランコファシスト軍の勝利の一番重要な原因となったとされていて、戦後にフランコが『GMのトラック無しには兵員の移動が不可能でGMのトラックで戦争に勝った。』と言ったと言われていたり、60年代には欠陥車の販売で多くの犠牲者を出しラルフネイダーに裁判に訴えられたり、つい最近は(7~10年前)自社の電気自動車を借り手から回収し、殆ど全て破壊したりしてGMを結構嫌っている人もおいのですが............................................。

こんばんは!

ejnewsさん、お久しぶりです!
ちょっと数日間家を留守にしておりまして、私のブログのコメントが遅くなり大変失礼いたしました。
いつもとはまたガラリと雰囲気の違う記事ですね。
アメリカも年々スペイン語話者の割合が増えているようで、今では人口の2~3割くらいいるのでしょうか?

日本の若者はここ数年の不景気の影響もあってすっかり車離れが進んでいます。
車と言えば以前は若者のステイタスでしたが、最近では車を趣味とする人は少なく、維持費の安い大衆車や軽自動車で済ませる人が多いですね。
GMの破産が報じられたばかりですが、トヨタの大幅減収など時代の変化を感じさせますね~

No title

Nemoさん、御元気ですか?日本は如何ですか?
 此の車全部チャンと道路を走れますよ。彼等は随分お金を頃間に注ぎ込んでいるようです。タフな世界のステイタスシンボルなのだと思いますよ。処で、ブログには書き忘れたのですが、私が駐車場に行っている間にナイフを使った喧嘩がレストランの前であったそうです。
 日本でもチュロスはあるのですか!チュロスはホットチョコレートやココア、コーヒーと一緒に食べるとで糖尿病になりそうになるまで止められませんよね!私が日本を離れた頃はユダヤ人のパン、ベグルも日本に未だ無かったんですよ。
 このグアバフルーツはコンデンスドミルクをお湯で薄めて煮詰めていった物だと思うのです。甘いのですが甘過ぎると言う感覚ではありませんだした。唯、私の好物の一つは御羊羹なので私はかなり甘口ではありますが..........................。
 タコスも日本にあるのですか!20数年も経つと世界は小さくなりますね。

No title

“このコメントは管理人のみ閲覧できます” さん訪問ありがとうございます。翻訳している英文の記事は御存知の様に記事を書いた人や載せているサイトにコピーライトがありますので商業用には使えませんが、写真は私の取った物ですからコピーライトの問題はありませんが、唯、何に使われるのか良ければ又連絡下さい。余程の事が無い限り私は大丈夫ですよ。

No title

ejnewsさん、こんにちは!
お祭りの様子を拝見させていただきました。
随分ど派手な改造車もありましたが、街を走れるんですか?

チュロスは日本でも馴染みですが、
グワヴァをコンデンスミルクで煮るとどんな味になるんでしょう?
相当甘そうですね。
タコスが食べたくなりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

携帯電話・・GPSで盗聴器になることの恐さ!

これは、少しまえに気になっていたこと。 国民背番号制・・・。 GPS・・・etc。 わたしは、こういうことがけっこう 心配事項のTOP...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。