スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いボスは首にしろ!これが民主主義!

The Cure for Layoffs: Fire the Boss!
解雇の治療法:ボスを首にしろ!


Published on Thursday, May 14, 2009 by CommonDreams.org

コモンドリームス.orgより。

http://www.commondreams.org/view/2009/05/14-13

by Naomi Klein & Avi Lewis
ナオミ クライン&アヴィ ルイス共著


In 2004, we made a documentary called The Take about Argentina's movement of worker-run businesses. In the wake of the country's dramatic economic collapse in 2001, thousands of workers walked into their shuttered factories and put them back into production as worker cooperatives. Abandoned by bosses and politicians, they regained unpaid wages and severance while re-claiming their jobs in the process.

2004年に私達はThe Take“ザテイク”と言うアルゼンチンの労働者がビジネスを経営する運動についてのドキュメンタリーフィルムを制作しました。2001年の劇的なアルゼンチン経済の崩壊の結果何千人もの労働者達が見捨てられ機能を停止している工場に侵入し労働者のコーポラティブとして工場での生産を再開しました。ボス達や政治家達に見捨てられた彼等は職場を取り戻す過程で未払いの賃金や解雇手当を手に入れました。

As we toured Europe and North America with the film, every Q&A ended up with the question, "that's all very well in Argentina, but could that ever happen here?"

此のドキュメンタリーフィルムと共にヨーロッパと北米を訪れている間に、全ての疑問とそれらに付いての答えは結局“アルゼンチンは其れで良いかも知れないが、その様な事は此処で一体起きるんだろうか?”と言う疑問となって終わる結果となりました。

Well, with the world economy now looking remarkably like Argentina's in 2001 (and for many of the same reasons) there is a new wave of direct action among workers in rich countries. Co-ops are once again emerging as a practical alternative to more lay-offs. Workers in the U.S. and Europe are beginning to ask the same questions as their Latin American counterparts: Why do we have to get fired? Why can't we fire the boss? Why is the bank allowed to drive our company under while getting billions of dollars of our money?

実は、世界経済が2001年のアルゼンチンに驚くほど似通って来ている事によって(そして多くの同じ理由で)裕福な国々の労働者達の間で直接行動と言う新しい波が起こっています。Co-opsコーワップスは再び多くの解雇に対する実用的な代替手段として現れて来ています。合衆国とヨーロッパの労働者達はラテンアメリカの同胞達同じ様な問い掛けを始めています。:如何して我々は解雇されなければならないのか?如何してボスを解雇出来ないのか?如何して銀行は何十億ドルもの我々のお金を受け取りながら我々の会社の倒産を許すのだろうか?

Tomorrow night (May 15) at Cooper Union in New York City, we're taking part in a panel that looks at this phenomenon, called Fire the Boss: The Worker Control Solution from Buenos Aires to Chicago.

明日の夜(5月15日)ニューヨーク市のクーパーユニオンで私達は“ボスを首にしろ!:ブエノスアイレスからシカゴまで労働者が解決策を左右する。”と呼ばれる現象について語るパネルディスカッションに参加します。

We'll be joined by people from the movement in Argentina as well as workers from the famous Republic Windows and Doors struggle in Chicago.

私達にはアルゼンチンの運動からと又有名なシカゴのリパブリックウインドウ&ドアーズの闘争からの人々の参加者があります。

It's a great way to hear directly from those who are trying to rebuild the economy from the ground up, and who need meaningful support from the public, as well as policy makers at all levels of government. For those who can't make it out to Cooper Union, here's a quick round up of recent developments in the world of worker control.

此れは経済を底辺から再構築し様としている、そして市民からだけでなく政府のあらゆるレベルの政治家からも意味のある支援を必要としている人々から意見を聞く素晴らしい方法です。クーパーユニオンに行けない人々にとって下記は最近の世界での労働者自身の経営参加についての手短な概要です。

Argentina
アルゼンチン


In Argentina, the direct inspiration for many current worker actions, there have been more takeovers in the last 4 months than the previous 4 years.

アルゼンチン、現在の多くの労働者の行動の直接的刺激でこの4ヶ月は最近の4年間よりももっと多くの労働者によるビジネスのテイクオーヴァー(乗っ取り、経営の引継ぎ)が起こっています。

One example: 一つの例

- Arrufat, a chocolate maker with a 50 year history, was abruptly closed late last year. 30 employees occupied the plant, and despite a huge utility debt left by the former owners, have been producing chocolates by the light of day, using generators.
With a loan of less than $5,000 from the The Working World, a capital fund/NGO started by a fan of The Take, they were able to produce 17,000 Easter eggs for their biggest weekend of the year. They made a profit of $75,000, taking home $1,000 each and saving the rest for future production.

アルンファットと言う50年の歴史のあるチョコレートメーカーは昨年の暮れ突然閉鎖しました。30人の従業員は工場を占拠し、元の経営者が残した巨額の電気、ガス、水道代にも拘らず発電機を使いながら日の光でチョコレートの生産をしています。“ザ テイク”のファンによって始められたNGO投資財団“ザ ワーキング ワールド”からの5千ドル以下の借金で彼等は1万7千個のイースター エッグスを一年中で最も大切な週末の為に生産する事が出来ました。彼等は7万5千ドルの利益を得一人当たり千ドルの収入を得残りを将来の生産の為に貯金しました。

UK  ユナイテド キングダム 連合王国(英国の事)

- Visteon is an auto parts manufacturer that was spun off from Ford in 2000. Hundreds of workers were given 6 minutes notice that their workplaces were closing. 200 workers in Belfast staged a sit-in on the roof of their factory, another 200 in Enfield followed suit the next day.

ヴィステオンは2000年にフォードから発生した自動車部品生産会社です。ヴィステオンの何百人もの労働者は彼等の職場の閉鎖のニュースを閉鎖6分前に通知された。ヴィステオンのベルファースト工場の2百人の労働者達は工場の床で座り込みを始め、エンフィールドの工場の他の2百人の労働者達は翌日同様の行動を取った。

Over the next few weeks, Visteon increased the severance package to up to 10 times their initial offer, but the company is refusing to put the money in the workers' bank accounts until they leave the plants, and they are refusing to leave until they see the money.
続く数週間ヴィステオンは元々提示していた解雇手当を最大10倍に増やしのだが、労働者達が工場を去るまで会社は労働者達の銀行口座にお金を振り込む事を拒否している。そして労働者達はお金を手に入れるまでは立ち去る事を拒否している。

Ireland アイルランド

- A factory where workers make legendary Waterford Crystal was occupied for 7 weeks earlier this year when parent company Waterford Wedgewood went into receivership after being taken over by a US private equity firm.

伝説的なウオーターフォードクリスタルを生産する工場の労働者達は親会社のウエッジウッドが米合衆国の非公開投資会社に合併され管財人管理下に置かれた今年の始めに7週間工場を占拠しました。

The US company has now put 10 million Euros in a severance fund, and negotiations are ongoing to keep some of the jobs.

此の米国の会社は今1千万ユーロを解雇手当の資金に準備し、元の幾つかの仕事を守る為の交渉が続けられています。

Canada カナダ

As the Big Three automakers collapse, there have been 4 occupations by Canadian Auto Workers so far this year. In each case, factories were closing and workers were not getting compensation that was owed to them. They occupied the factories to stop the machines from being removed, using that as leverage to force the companies back to the table - precisely the same dynamic that worker takeovers in Argentina have followed.

(自動車企業)オートメイカーのビッグスリーが崩壊している中で4件のカナダの自動車産業労働者の占領が今年現在まで起こっている。(4件)全ての場合、工場が閉鎖され労働者は彼等が受けるはずの補償を受けていない。彼等は会社を交渉のテーブルに戻す手段とする目的で工場の機械が移動されるのを防ぐ為に工場を占拠しました---------此れはアルゼンチンでの労働者の占拠が進行した全く同じ力関係です。

France フランス

In France, there's been a new wave of "Bossnappings" this year, in which angry employees have detained their bosses in factories that are facing closure. Companies targeted so far include Caterpillar, 3M, Sony, and Hewlett Packard.

フランスでは今年、閉鎖に直面している工場のボスを憤慨している労働者たちが抑留する新しい“ボスの誘拐”の波が起こっています。目標にされた会社は現在までキャタピラー、3M、ソニー、そしてヒューレットパッカードを含んでいます。

The 3M executive was brought a meal of moules et frites during his overnight ordeal.

3Mの幹部達は此の一夜の試練の間に(労働者達から)ルーム貝のワインバター蒸しの食事を提供されました。

ejnews:労働争議の真っ最中でも粋な計らいをするフランスらしいやり方でしょうか?日本だったら鰻重や寿司の出前が差し入れ?

A comedy hit in France this spring was a movie called "Louise-Michel," in which a group of women workers hires a hitman to kill their boss after he shuts down their factory with no warning.

此の春フランスのヒットコメディー映画は女性の労働者達のグループがボスが警告無しに工場を閉鎖した後ボスを殺す為に殺し屋を雇う“ルイーズミッシェル”と言う映画でした。

A French union official said in March, "those who sow misery reap fury. The violence is done by those who cut jobs, not by those who try to defend them."

3月に労働組合役員は『悲惨の種をまいた人は怒りを刈り取る。暴力は解雇をした人によって為された。(解雇から)自身を守ろうとした人によって為されたのではない。』と言った。

And this week, 1,000 Steelworkers disrupted the annual shareholders meeting of ArcelorMittal, the world's largest steel company. They stormed the company's headquarters in Luxembourg, smashing gates, breaking windows, and fighting with police.

そして今週千人のスチール(鉄鋼業)労働者が毎年行われる世界最大の鉄鋼会社アルセロールミタル社の株主会議を妨害しました。彼等は門を破壊し窓ガラスを割り警察と戦いルクセンブルグの本社になだれ込みました。

Poland ポーランド

Also this week, in Southern Poland, at the largest coal coking producer in Europe, thousands of workers bricked up the entrance to the company's headquarters, protesting wage cuts.

今週は又、南ポーランドでは、ヨーロッパ最大の石炭コーク生産企業で何千人もの労働者が賃金カットに反対し会社の入り口にレンガを積み重ね閉鎖しました。

US 米合衆国

And then there's the famous Republic Windows and Doors story: 260 workers occupied their plant for 6 world-shaking days in Chicago last December. With a savvy campaign against the company's biggest creditor, Bank of America ("You got bailed out, we got sold out!") and massive international solidarity, they won the severance they were owed. And more - the plant is re-opening under new ownership, making energy-efficient windows with all the workers hired back at their old wages.

そして今、有名なリパブリックウインドウズ&ドアズ社の話があります。昨年の12月に260人の労働者たちが世界を揺るがす6日間の間工場を占拠しました。会社の最大の債権銀行バンクオブアメリカに対しての(お前達銀行は政府から経済支援を受けたのに我々はオハライバコになった!)と言う巧みなキャンペーンと大規模な国際的連帯によって彼等は彼等に権利がある解雇手当を勝ち取りました。そして更に、工場は省エネウインドウを生産し、全ての労働者達は彼等の元の賃金で再雇用され、新しい所有者によって再開され様としています。

And this week, Chicago is making it a trend. Hartmarx is 122-year old company that makes business suits, including the navy blue number that Barack Obama wore on election night, and his inaugural tuxedo and topcoat.

そして今週、シカゴは流行を作っています。ハートマークスは122年の歴史を持つバラックオバマが選挙の夜着たネイビーブルーナンバーと彼の就任式のタキシードとトップコートを含めたビジネススーツを作る会社です。

The business is in bankruptcy. Its biggest creditor is Wells Fargo, recipient of 25 billion public dollars in bailout money. While there are 2 offers on the table to buy the company and keep it operating, Wells Fargo wants to liquidate it. On Monday, 650 workers voted to occupy their Chicago factory if the bank goes ahead with liquidation.

経営は破産していて、最大の債権銀行は250億ドルの市民からのドルの経済支援を受け取ったウエルスファーゴ銀行です。会社を買収すると言う2の提案が在りながらウエルスファーゴは事業の清算する意向でした。月曜日に650人の労働者たちは若し銀行が事業の清算を前進させるとシカゴ工場の占拠をする事に投票しました。

To be continued...   続く………….

Naomi Klein is an award-winning journalist and syndicated columnist and the author of the international and New York Times bestseller The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism, now out in paperback. Her earlier books include the international best-seller, No Logo: Taking Aim at the Brand Bullies; and the collection Fences and Windows: Dispatches from the Front Lines of the Globalization Debate (2002). To read all her latest writing visit www.naomiklein.org.

Avi Lewis Avi is a filmmaker, journalist, and the host of Fault Lines on Al Jazeera English.

ejnews:今日は不況が続く中、世界中の労働者達が工場の占拠と平等な職場作りとによって破産した事業を復興させ搾取の無い雇用を達成していると言うニュースでした。此の様な会社の労働者による平等な参加と経営は過去にはロバートオーエンRobert Owenやプルードン、クロポツキン等によっても提唱されていてオーエンのcooperative movementコワポラティヴムーブメント(協同組合、コープ運動)は有名ですね。
 アメリカでは明日、月曜日(何時も5月最後の月曜日)はMemorial Dayメモリアルデイと言って戦争で亡くなった兵士を追悼する日で休みです。戦争で無くなられた人々の事を思うと、この様な祝日を作る必要の無い社会を我々は如何して未だ作り出せないのか非常に残念に思います。
処で、日本の自民党のある委員会の議員が自衛行為として敵を先制攻撃pre-emptive strikes against enemy出来る様に提案していると言うニュースが伝わっていますが、トンでもない話です。戦争は常に自衛と言う言い訳で始められると言う歴史上の事実を絶対に忘れてはいけないと思います。
 アメリカのニュースでは、オバマ大統領が裁判にかけられないテロリストだと考えられる危険人物を裁判無しに拘留出来る様に法律を変更する準備をしていると言う話がニューヨークタイムズにあり、此れも民主主義国家の根底を覆すトンでもない話で、私は本当にショックを受けています。
もっと物騒な話は、或る退役陸軍将校がパルチザンメディア(反体制報道機関)を攻撃し殺すべきだと提案しているとのニュースがあります。確かにイラク戦争では189人のジャーナリストが殺されていて其、の中で少なくとも16人がアメリカ軍によって殺害されているそうです。中でも中近東でCNNやBBCと比較される報道機関アルジャジラはアフガニスタンとイラクで米軍の攻撃にあっています。大衆支配には先ず報道機関の支配と言う鉄則は圧政的中央集権国家の特徴ですから、貴方の国で報道機関が検閲されたり、何らかの形で脅迫されていたり、全ての報道機関が似たり寄ったりで面白くない場合等は危ないですよ。別に特定の国の事を言っている訳ではないのですが……………………………………。
兎にも角にも、此の様子では世界の終焉は本当に2012年にやって来るのではないでしょうか?
カリフォルニアでは州政策についての選挙があり州民は全ての増税に対し“ノー”の投票をし、6月に始まる新年度予算では240億ドルの赤字になるそうで此れは州の全税収の4分の1に当たる額だそうで種々の州のサーヴィスがカットされる様です。
では引越しの途中ですのでこの辺で。


Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

和久希世さん、コメントありがとうございます。此の記事を書いたナオミ クラインは“ザ ショック ドクトリン”と言うネオリベラル資本主義を批判したベストセラーの著書ですが、彼女の“ザ テイク”と言うアルゼンチンの労働者達が破産した工場を自分達の経営する工場として変えていくドキュメンタリー映画では、工場で働く労働者皆が過去にアナキスト達が提唱した平等で同じ賃金を得る支配者のいない共同体システムで、政府から国民の税金を幾ら注ぎ込まれても資本家の経営では大赤字を出し続けて破産した会社を経営者無しで成功させると言う話でした。或る女性の労働者が『ボスがいなくなると皆平等な賃金を貰い赤字も出ず工場を外国に移転する人用も無い、同じ方法で国の政治も出来るると思うよ。』と言っていました。アルゼンチンでは最近200社が労働者によって支配者のいない経営をし成功しているとの事です。ソ連やキューバ型の中央集権社会主義では無く、この様にコワップ型の労働者による経営で所有者のいない平等な、底辺から上に向かっていく様な、そして個々の共同体が横のつながりで結びつき大きな社会を有機的に組織すると言う社会が今までの国際金融資本機関独裁社会に変る社会の可能性が在ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

世界には勇ましい人達も、大勢あるのですね。
でも大部分の人達は、黙って耐え忍んでおられるのでしょうが。

日本の右翼、多分煽られた思慮の足りない人なのでしょうけれど、物凄い事を言っています。(TBさせて頂きます)
世の中、今過渡期の最中なのでしょうね。
これ以上惨たらしいことは起こさないで、新しい経済体制に移行する道は無いのでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憲法改変は絶対に受け入れてはならない

先日憲法改正を主張しているブログのコメント欄に書きました事を、このブログにもコピーしましたが、あのコメント欄は、コメントの応酬がいまだに続いており、年がいもなく私も、いまだに反論を繰り返してきています。 双方とも、最後に残ったコメントが一番印象深くなる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。