スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電の神話。

Blinded by Carbon:
6 Nuclear Energy Myths Exposed
炭素(二酸化炭素)によって目を眩まされる:
6つの原子力発電の神話が暴かれる。


By Karl Burkart カール バーカート著• November 30, 2008

http://greendig.net/nuclear-energy-scam/

We humans have a remarkable ability to rationalize our way into (or out of) anything, and the Nuclear Industry has certainly taken this skill to its highest and most ironic conclusion — the legitimation of nuclear energy as a viable alternative to fossil fuels. They have misappropriated the discourse around global warming by positioning nuclear as a somehow “clean” alternative to coal, one which is “carbon neutral” (not true), affordable (absolutely not true) and most unbelievable of all, “safe.”

我々人類は全ての事を始める(若しくは、止める)為に合理的に正当化する驚くべき能力を持っています。そして勿論、原子力発電業界は此の技能を最大限に利用し原子力発電を実用化出来る代替物として合法化すると言う皮肉な結果を引き出す為に利用しました。彼等は一つに、原子力発電は“炭素については中立(二酸化炭素を排出しない)”で(真実ではない)、“経済的”で(全く事実ではない)、そして最も信じられない事に“安全”として、何とか原子力発電は石炭が燃料の発電のクリーンな代替技術だと言う立場を取り地球温暖化の議論を悪用しました。

I will present the real facts about nuclear energy below as they are now so difficult to find, buried amidst a pile of canned pro-nuclear sentiments fed to both political leaders and journalists alike. Who’s behind it all? The masterfully spin-generating NEI, the Nuclear Energy Institute. After reading the April (anti-Earth Day) issue of Wired Magazine, bearing the headline “GO NUCLEAR,” I realized with horror that the NEI has succeeded in infiltrating even fairly liberal bastions of media. So it was not surprising to hear Obama give it lip service in his recent address to the Global Climate Summit. It seems the NEI has deep pockets and powerful friends.

肯定的感情を政治的指導者達、ジャーナリスト達両者に提供する為に準備された原子力発電についての情報の山の中で現在見つける事が非常に難しい原子力発電についての本当の事実を下記に示します。誰が黒幕なのか?其れは見事に情報を操っているNEI原子力発電インスティテュートなのです。4月1日号(反アースデイ)の“ゴー ニュークリアー!”と言う見出しの付いたワイヤードマガジンを読んだ後、私はNE1はメディアのかなりリベラルな拠点にまで浸透し影響を与えていると恐怖を感じながら実感したのです。だから最近の世界気候サミットの演説でオバマのリップサーヴィス(原子力発電に対して肯定的な意見)を聞く事も驚くにあたらないのです。NE1は懐が深く強力な支持者達を持っている様です。

Nuclear Energy Institute (NEI) ニュークリアー エナジー インスティテュート 原子力発電業界のロビー グループ(lobbying groupロビーイング グループ)。

The NEI, which Dr. Helen Caldicott calls the “propaganda wing” of the US nuclear industry, spends millions every year to engineer public opinion. The NEI shares the same PR firm representing Bechtel, making in my mind a fairly obvious connection between the weapons industry and the nuclear industry. They are notorious for ghost writing fake editorial pieces submitted to local newspapers across the country, and were even censured by the fairly conservative Council of Better Business Bureaus for their misleading advertising on nuclear energy as “carbon-free” and “clean.” Check out their header:

ヘレン カルディコット女史は(原子力についての)意見を捏造する為に毎年何百億ドルも使っているNE1を米原子力発電業界の“プロパガンダ機関”だと呼んでいます。NEIはベクテルの使っているパブリックリレーション会社を使っていて私には武器産業と原子力業界との関係(についての疑惑)をかなりハッキリさせてくれます。彼等はゴーストライターを使い偽の編集記事を全国各地の地域新聞に提供し、其れだけではなく、かなり保守的な団体であるコンシル オブ ベター ビジネス ビューローズによって彼等の(意図的に)誤解を招く“炭素を排出しない”とか“クリーン”の様な原子力発電についての宣伝が検閲されています。彼等の見出しを調べてみて下さい。

Bechtel ベクテル  アメリカで最大のエンジニアリングカンパニー。政府との繋がりが強く常に非難の対象になっている。1999年に始まったボリビアのコチャバンバの上水道の民営化で契約を取り、市の水道料の50%の引き上げの原因となった。コチャバンバの市民の反乱や国際的反グローバリゼーション、反資本主義運動での代表的な悪名の高い会社の一つになる。

Council of Better Business Bureaus コンシル オブ ベター ビジネス ビューローズ企業によって維持運営されている企業と消費者の関係を円滑にする目的で開設された団体Better Business Bureau (BBB)ベター ビジネス ビューローの一部門。企業による団体なので保守的。

Helen Caldicott ヘレン カルディコット1938年オーストラリア生まれの女性医師。反原子力発電、核兵器運動家として有名。1982年のアカデミー賞を受けたカナダで製作されたドキュメンタリー フィルムIf You Love This Planetイフ ユー ラヴ ジスプランネット(若し貴方が此の惑星を愛しているのなら)の主人公としても有名。此のドキュメンタリー フィルムはレーガン大統領時代の作品で当時米政府司法省から“外国からの政治的プロパガンダ”と判断され検閲された。英国では2008年まで放映されなかったと言う話。


I was happy to hear Al Gore, who previously held an open (if not friendly) stance towards nuclear, boldly and clearly reverse his position at this year’s Netroots Nation, and state in no uncertain terms that nuclear is NOT an option. I also discussed the issue with with Bill Corcoran, Director of Conservation at the Sierra Club, who provided me with the Club’s new Fact Sheet on nuclear energy. To get the other side, I also spoke with a well-known Nuclear scientist who explained some of the future possibilities for nuclear. So below I present the list of Nuclear myths and facts.

過去に原子力発電に付いて開放的な姿勢を示していたアル ゴアが原子力発電に可能性は無いとハッキリと不明確な言葉を使わないで発表し、大胆にそして明確に姿勢の転換を今年のNetroots Nationで見せた事を聞いて私は嬉しかった。そして私は原子力発電についてシエラ クラブの持っている新しい情報を与えてくれたシエラ クラブの(環境)保護局長のビル ココーランとも此の問題について話しをしました。(私達とは)反対の意見を持っている人々とも話す為或る種類の原子力の将来の可能性について説明してくれた有名な原子物理学者とも話をしました。-----と言う事で下記に原子力の神話と事実を提示してみます。

Sierra Club シエラクラブ アメリカの有名な環境保護団体。

Myth 1. Nuclear energy can solve the global warming crisis.

Even if Nuclear were really carbon-free (which it is not, see below) in order to play a significant role, 24 new plants per year would need to be brought online safely for the next 40 years (that’s about 960 new plants). In addition, at least 10 new storage facilities the size of Yucca Mountain (see below) would have to be brought online. This is a near impossibility given the high costs of commissioning a plant safely and the immense technological challenges associated with long-term waste storage. Compromising current safety standards would be necessary (MIT).

神話:其の1.原子力発電は地球温暖化を解決する事ができる。

原子力発電が本当に二酸化炭素を排出しないとしても(此れは事実ではないのだが、下記参照)重要な役割を果たす為には是から40年間、毎年24基の原子力発電所が安全に電送線に繋げられなければならない(其れは約960基の原子力発電所となる)。加えて、少なくとも10箇所のユカマウンテン規模の(汚染廃棄物、使用済み燃料棒等の)貯蔵庫が使用出来る様に構築整備されなければいけない。(下記参照)原子力発電所の安全な委託建設運転の為の高費用と長期に亘る廃棄物貯蔵庫の管理運用に関しての巨大な技術的困難を考慮すると此れは殆ど不可能な話であり、現行の安全規則の基準の低下が必要である。

Myth 2. Nuclear has lower CO2 emissions than fossil fuel plants.

If you go on the NEI website, you will read that a nuclear power plant produces 0 carbon emissions. Yes at the plant, zero CO2 is emitted, but what about the construction of the plant, the sourcing of uranium, and the transportation and long-term storage of its waste? If you factor these energy expenditures into the equation (including storage costs modestly estimated through 2070), a typical 1500 megawatt plant emits approximately 400g of CO2 per kWh, making it roughly equivalent to a natural gas plant (Oxford Research Group).

神話:其の2.原子力発電は化石燃料を使った発電所と比べると二酸化炭素の排気量が少ない。

若しあなたがNEI websiteのウエッブサイトを訪れると貴方は原子力発電所の二酸化炭素の排気量はゼロと書いてあるのに出くわします。然し、発電所で二酸化炭素の排気量がゼロと言う事を認めても、例えば発電所の建設中に排出される二酸化炭素は如何だろう?ウランの発掘時に排出される二酸化炭素は?輸送運搬や長期間の廃棄物貯蔵庫が排出する二酸化炭素は?若しこれ等のエネルギー使用量を方程式に入れて計算すれば(最低でも2070年までの倉庫の費用を含めて)極一般的な1500メガワットの原子力発電所は1キロワットに付き約400gの二酸化炭素を排出し、此れは天然ガスが燃料の発電所と大体同じ事になるのです。(オックスフォード リサーチ グループ)

Myth 3. Nuclear energy is safe.

OK, lets forget that Three Mile Island and Chernobyl ever happened, and lets just pretend that we didn’t know about the enormous and apocalyptic environmental impacts of a nuclear reactor gone wrong (the 30 km “Exclusion Zone” around Chernobyl will not be habitable for a century or more). Human error and the potential for earthquakes are a constant looming threat in the day-to-day operations of a nuclear plant. Just last year, a reactor in Tennessee leaked 9 gallons of highly enriched liquid Uranium, which could quite easily have triggered a spontaneous unprotected nuclear reaction of unprecedented proportions.

神話:其の3.原子力発電は安全である。

オーケー!それじゃーっと!スリーマイルアイランドやチェルノビルの事故を無視してみよう、そして全くイカレテしまった原子力発電所の環境に与えたアポカリプト(世界終末的)の様な巨大な問題を知らなかったとして見よう。(チェルノビル発電所から30キロメートル以内の“立ち入り禁止区域”は1世紀間そしてもっと長期間人間が住めない。)然し、人間の操作ミスや地震の可能性は原子力発電所の日常の運営に覆い被さっている危険性である。つい昨年、テネシーの原子力発電所は9ガロンの高濃縮液体ウランを漏らしてしまった。この漏れ出た液体ウランは過去に例を見ないほど大規模な防ぐ事の出来ない自然発生する核反応を容易に起こす事が出来るのである。

Myth 4. Nuclear waste is a manageable problem.

Currently nuclear waste is stored in 126 locations across the United States, including many unsecured nuclear power plants which are now forced to temporarily contain their waste in “dry casks,” or large metal tubes that encase the highly radioactive spent fuel in a layer of inert gas. Many of these facilities are far beyond capacity, and (way back in 1978) were promised a safe and secure storage facility by 1998. That deadline has long come and gone as the Yucca Mountain Deep Storage Facility continues to be beset with problems. The Yucca Mountain deadline has been extended to 2017, and optimistic estimates put the opening at 2020 after massive costs overruns and a wave of layoffs this year. Current estimates put the total cost of the facility at $96 billion (38% more than anticipated) and that does not include $11 billion in estimated liability of the DOE, which had promised the utility companies a safe storage facility (EE & E).

神話:其の4.核廃棄物は管理出来る問題である。

現在の所、核廃棄物は合衆国の各地の126箇所に保管されている。其れは大きな金属のチューブの中で幾層もの不活性ガスによって包まれた核反応の非常に強い使用済み燃料や、乾燥した容器の中で廃棄物を一時的に保管する様に強制されている安全性の確認されていない原子力発電所も含められている。 其の中の多くの施設は許容量を越えていて、そして(随分昔の1978年に)1998年までに安全で信頼性の或る施設を(与えられる事を)約束されていた。其の最終期限はユカマウンテンの地下深くの倉庫が引き続き此の問題の最良の解決策に留まる事によって随分前に過ぎ去ってしまった。ユカマウンテンの最終期限は2017年まで延長され、そして楽観的な予想は建設費の巨大な予算超過と今年の波のようにやって来る一時解雇を経て使用開始を2020年としている。最近の見積もりでは此の施設の全ての費用は960億ドル(予期されていたより36%多い)で、其れは米エネルギー局が安全な貯蔵庫の為に電力会社に約束した見積もられた将来の経費110億ドルは含まれていない。(EE&E)

Myth 5. Nuclear energy is affordable.

It’s an astounding feat that the Nuclear industry was somehow been able to pass the burden of waste storage onto taxpayers, considering those costs are so enormous. But even if you do factor out these waste costs, the economics of nuclear still do not add up. A typical plant is usually estimated at $4 billion per plant, or $30 per mWh (roughly equivalent to Coal). Many point to Europe for examples of cost-effective nuclear implementation, but if you look at actual numbers a plant (like Finland’s new EPR) can cost up to $6.5 billion to safely bring online. And then there are the annual desalting procedures, in which the plant continues to operate at great costs without producing energy. It’s thus not surprising that the CBO (Congressional Budget Office) stated that US loan guarantees of nuclear power have a 50% chance of default. Banking institutions (including Credit Suisse and Goldman Sachs) have told the DOE that private capital would not be available for nuclear investment unless US taxpayers backed 100% of debt incurred. Clearly, not a sound business proposition (via Greenpeace).

神話:其の5.原子力発電は手頃な値段である。

原子力発電業界が廃棄物保管庫の費用負担を如何言う訳か納税者に肩代わりさせた事は其の巨大な費用を考えると驚くべき妙技である。然し、廃棄物に対する費用を計算に入れないにしたとしても原子力発電の経済性はアヤフヤなのです。最も一般的な原子力発電所の建設費用は一基に付き40億ドルで1時間に発電される1メガワット(mWh)に付き30ドルです。(石炭を燃料にした発電所と殆ど同じ)欧州の経済的原子力発電所の実用化については多くの優れた点があります、然し、良く実際の数字を見てみると原子力発電所(フィンランドの新しいEPRの様な)は安全に起動させる為には65億ドルまで費用が掛かるのです。そして、其の外に毎年脱塩措置と言う手続きがあり、其の期間中原子力発電所は発電をしないにも拘らず大きな費用を使いながら運転を続けなければならないのです。と言う訳で、CBO(連邦議会財務局)が原子力発電所への合衆国融資保障は50%の債務不履行の可能性があると述べている事は驚くべき事にあたらないのです。金融機関(クレディットスイスやゴールドマンサックスを含めた)は米エネルギー局に対して発生した負債を納税者が100%バックアップしない限り民間の資本は原子力発電への投資には利用出来ないと言い渡している。明らかに実行可能な事業案ではないと言う事なのです。(グリーンピースより)

Myth 6. Nuclear energy won’t affect our national security.

According to an MIT study, just 1 percent of global uranium enrichment capacity can produce 200 nuclear weapons per year. North Korea received all of its depleted uranium from commercial nuclear power plants. It is impossible to imagine that expanded nuclear energy production would not result in the expanded proliferation of nuclear weapons. In addition, the Dept. of Homeland Security has acknowledged that nuclear power plants are themselves prime terrorist targets and that 911 architect Khalid Sheikh Mohammed had originally planned to fly a plane into a nuclear facility in New Jersey. The Congressional Research Service has shown that current construction standards are not in any way designed to withstand an airline attack. In recent simulations, terrorists “reached and simulated destruction of safety systems that in real attacks could have caused severe core damage, meltdown and catastrophic radioactive releases.”

神話:其の6.原子力発電は国家安全保障に影響しない。

MITの研究によると、たった1%の世界中のウラン濃縮能力は毎年200発の核兵器を生産出来る。北朝鮮は手に入れた全ての劣化ウランの全てを商業用原子力発電所から入手しています。増加した原子力発電量が核兵器の拡散と言う結果にならないとは想像出来ないのです。其れに加えてホームランドセキュリティー局は原子力発電所其の物がテロリストのターゲットであると認めていて9/11の計画者カリーッド シーク モハメッドは元々ニュージャージー州の原子力発電所に飛行機を突撃させる計画だったのです。連邦議会リサーチサーヴィスは現在の原子力発電所の基準は商業エアラインの飛行機の攻撃に耐えられる様には全くデザインされてはいないと示しています。最近の模擬実験ではテロリスト達は安全システムの模擬的破壊に成功し、其れは実際の攻撃では原子力発電所の中心部への打撃、メルトダウン、破壊的な放射線の放出の原因となる可能性があるのです。

ejnews: 
Swine influenzaスワイン インフルエンザ略してSwine fluスワイン フルーと呼ばれる豚インフルエンザも普通のインフルエンザよりも弱いと言う話で今の所ホッとしていますが、元々アメリカの巨大養豚企業がメキシコで経営している巨大養豚工場から此のインフルエンザが発生している可能性があり、今年の豚インフルエンザは弱くても来年も同じと言う事は期待できず、其れとは反対に病原菌はmutationミューテイション(突然変異)が速く来年からもっと強力な豚インフルエンザを心配する必要があります。豚インフルエンザも利益のみを追求する資本主義の副産物と言う事なのです。
処で今日は地球温暖化議論の二酸化炭素問題を悪用して怪しい情報操作が原子力発電業界によって行われていると言う御話でした。民意の操作は昔から存在するのですが(Vance Packard ヴァンス パッカードの The Hidden Persuadersザ ヒデン パースエイダー やEDWARD L. BERNAYSエドワード バーネイの PROPAGANDAプロパガンダは民衆の意見の操作について有名な著作です)原子力発電はクリーンで経済的、然も安全だと言う神話を今世界的に売り込んでいる人々の集団が存在する様です。 
アメリカでは原子力発電は保険会社が納税者からの経済的保証が無いと保険を拒否している他に(2008年3月5日の過去記事“Who Pays for Nuclear Power?誰が原子力発電の為に払うのか?”を参照)、2008年のウォールストリートジャーナルによると新いタイプの原子力発電所の建設費用は見積よりも2~4倍程になる(50億ドル~120億ドル)と言う話で、其の上にDecommissioning Costsディコミッショニング コスト(発電所の寿命が尽きた後、閉鎖管理する費用)が一基最高18億ドル程かかるそうで、どの様に考えても原子力発電は狂気の沙汰の様に思えるのです。
 フランスは原子力発電の比率が最も高い国として有名ですが仏政府は放射能による環境汚染、癌等の人間に与える健康上の被害の研究結果は発表を避けているとの事ですから、地震の無いフランスでも原子力発電所からの放射線、核廃棄物による問題は存在するようです。
 地震を心配する必要の無いフランスですらこの様な状態ですから地震国日本で原子力発電所を増やし続ける政府の政策は如何な物でしょうか?
 問題は原子力発電所から漏れ出す放射能や核廃棄物だけでなく燃料になるウランの採掘現場でも問題があるのです。アメリカではウラン鉱山はアメリカ原住民(インデアン)の自治国内や其の近くにあることが多く彼等はウラン鉱山の公害によって癌等に悩まされ続けています。
 アメリカ、カナダ、オーストラリア等が原住民と言われる国家を持たない民族の権利を国連等で認めたがらないのもウラン、鉄、石炭、等を含む多くの地下資源は各国の原住民の住む地域に埋蔵量が多く、若し彼等の権利を国連等で認めてしまうと採掘権、採掘料、だけでなく、若しかすると採掘が拒否される可能性があり、その様な事もアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア等のアングロ-サクソン先進諸国が先住民族や原住民と呼ばれる国家を持たない民族の権利を認めたがらない理由なのでしょうか???????フ~ム...............!
 
原子力発電については2008年2月21日の“Child cancer risk higher near nuclear plants: study  原子力発電所の近くに住んでいる子供達の発癌率は高い。”と3月5日の“Who Pays for Nuclear Power?  誰が原子力発電の為に払うのか?”の過去記事も是非参照して下さい。


 話変わってブッシュ政権時の中央情報局の行った水責め拷問が国際的な問題になっていますが、元国務長官コンデリッサ ライス女史がスタンフォード大学の学生に彼女が署名したかも知れない拷問命令について質問をされたヴィデオが話題になっています。
彼女の第二次大戦時の歴史の説明も此れで政治の歴史が専門の教授なのかと呆れさせられる答えですが、拷問の指令を彼女は-----“大統領から伝達しただけだ!”-----と言っているところがあり、此の発言はブッシュ大統領自ら拷問の指示を出したという証言なので今後拷問についての国際裁判で問題になりそうです。興味のある方は下記で見てください。

Condoleezza Rice meets with some students
http://www.youtube.com/watch?v=ijEED_iviTA

Condoleezza Rice at Stanford talks Torture
http://www.youtube.com/watch?v=yfMk8aU-v2A&feature=related

Stanford Student Assails Rice On Torture CBS News- crimes against humans .
http://www.youtube.com/watch?v=5kn1rcXPY_I&feature=related


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Nemoさん、日本は如何ですか?此方の火事はサンタバーバラと言う車で1時間半ほど海岸線を北上した町の火事です。此処は去年も大火事が発生したばかりで大変な事になっているようです。南カリフォルニアは水不足が酷くロスは6月から節水令が出されるそうです。普段は火事は8月頃から始まると思いますが気候が完全に異状になっていてロスも既に真夏日が続く事が多くなっています。御心配おかけしました。
 人間のする事は完全な事は何も無いと言う事は常識だと思いますが、原子力発電の様な危険な技術を日本の様な小さな地震国で利用するのは本当に狂気の沙汰以外何物でもないと私は思うのです。
 処で私、最近引越しも含めた(今新しいネグラを探している所です)野暮用が多くなり、他の皆様のブログにコメントする機会が少なくなっていますがチャント訪問し読ませていただいています。
 アット!其れと若し世界中の原子力発電所が何処にあるか地図で解るサイトがあります。興味があればどうぞ。
http://www.insc.anl.gov/pwrmaps/   です。

No title

ejnewsさん、こんにちは!
ご無沙汰していますが、お変わりないでしょうか? 
カリフォルニアで山火事発生というニュースを耳にしましたが、
お住まいの方には影響がないですか?

毎回、詳しい解説をありがとうございます。
中越地震でストップしていた日本の柏崎原発も再開するそうです。
ejnewsさんの記事を思い出して、何となく心配になります。
まだ、別の活断層がある可能性もあるそうですが、決断を迫られた
新潟県知事には様々な方面から圧力がかけられたということです。

No title

和久希世さん、コメントありがとうございます。
 原子力発電の問題の中では地震や事故が一番大きな直接我々に被害を与える問題ですが、核廃棄物の貯蔵問題は何千年も安全に保管しなければならないのに一体どの様にそんなに長い間安全に保管出来ると保障出来るのでしょうか?原子力発電賛成派の人々は彼等の子供達や何代にも及ぶ未来の子孫の事等全く考えら得ない“馬鹿”だと断言出来ると思います。こんな問題を子孫に残す位なら現在多少不便な暮らしをし風力、太陽発電、地熱発電等を発展させた方が雇用の促進と言う点でも合理的だと思うのですが.........................。
 ゴアのお父さんも議員だった人で、オキシデンタル オイルと言う石油会社の為に働いた人でした。ゴアの資産は彼の父親の石油関係への投資や株が基本になっていたと思います。然し彼の環境問題への態度の変化を見ていると彼は投資の対象をグリーンテクノロジー分野に変えたのではないかと思わせますね。
 豚インフルエンザではアメリカの企業がメキシコで経営している巨大養豚場の付近の住民がインフルエンザにかかったとの報告がニュースが伝えられ始めた随分前に地方政府にされたとの話ですが、地方政府は此の報告をメキシコの中央政府に伝えなかったそうです。
 問題は一種類の動物を利益のために大量に飼育すると如何しても病気になるので家畜工場と呼ばれるこの様な経営方法を規制する事が必要なのですが、どの国でも殆どの政治家はお金のために働いているのでこの状態は人類が防ぐ事の出来ないミュータント病原菌が発生するまで続くのでしょうね。
 現在では御存知の様に病気を防ぐ為に抗生物質を常に飼料に混ぜて不必要に与え続けているのです。これがミュータント病原菌を発生させる原因でアメリカでは抗生物質に抵抗力を持ったE-コライ菌、サルモネラ菌等で多くの犠牲者が出ています。アメリカ人の中には肉の食べ過ぎで病気になっても抗生物質の効果が無く(肉に含まれている残留抗生物質が原因で)死んでしまった人も居たというニュースも随分前に聞きました。
 兎に角、最近の食肉は狂牛病等も含めて問題が多すぎるので私は有機農法で栽培された飼料だけで育てられている家畜の肉しか食べないようにし、レストランでは肉や卵は食べないようにしています。

No title

原子力発電はこんなにも負の部分が多いと言うのに、どうして何時までも造り続けようとするのでしょうね。
ゴア元副大統領は、原発推進派かと思っていたのですが、そうではなかったのですね。
失礼を謝らなければなりませんね。
(温暖化問題を楯にとって、原発を推進しようとしている人の代表のように思っていたのでした。)

豚インフルエンザも、メキシコが発生源だとか、そうでないとか諸説あるようですが、95万頭もの豚を処分する事になっては大変と、メキシコ政府に働きかけて、メキシコ人の患者の多数を、豚インフルエンザではなかったと、大幅に修正したのではないかとの疑いが残りますね。

今の世界、目先の儲けの為には何でも犠牲にできる人が、なんと多い事でしょう!
これで人類が滅亡してしまったら元も子もないでしょうに。

大欲は無欲に似たりと言いますが、今の経済界を牛耳っている人たちは、逆説的に言えば、欲が小さすぎるのかもしれませんね。
目先の利益しか見えない人だらけで。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。