スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

May Day メーデーについて。

The Brief Origins of May Day
メーデーの起源についての短い説明。


http://www.iww.org/projects/mayday/origins.shtml

industrial workers of the world

インダストリアル ワーカーズ オブ ザ ワールド
国際工業労働者組合 のサイトより。

by Eric Chase  エリック チェイス著


Most people living in the United States know little about the International Workers' Day of May Day. For many others there is an assumption that it is a holiday celebrated in state communist countries like Cuba or the former Soviet Union. Most Americans don't realize that May Day has its origins here in this country and is as "American" as baseball and apple pie, and stemmed from the pre-Christian holiday of Beltane, a celebration of rebirth and fertility.

合衆国の住人の殆どはメーデーの国際労働者の日について少ししか知らないのです。其の他の多くの人々にとってはキューバや過去のソヴィエトユニオンの様な社会主義国家でお祝いされた祝日だと言う想像です。殆どのアメリカ人はメーデーの起源はこの国にあり野球やアップルパイと同じ様なアメリカ的な物だと言う事に気が付いていないのです。そして(メイデイは)元々キリスト教以前の再生と豊穣のお祝いであるべルティンの祝日に由来しているのです。

Beltane ベルティンのお祭りはアイルランド人やスコットランド人等が含まれるケルト人の夏の到来をお祝いする日、5月に行われた。

In the late nineteenth century, the working class was in constant struggle to gain the 8-hour work day. Working conditions were severe and it was quite common to work 10 to 16 hour days in unsafe conditions. Death and injury were commonplace at many work places and inspired such books as Upton Sinclair's The Jungle and Jack London's The Iron Heel. As early as the 1860's, working people agitated to shorten the workday without a cut in pay, but it wasn't until the late 1880's that organized labor was able to garner enough strength to declare the 8-hour workday. This proclamation was without consent of employers, yet demanded by many of the working class.

19世紀の末期、労働者階級は常に一日8時間労働を得る為格闘していました。労働条件は厳しく危険な条件で一日10~16時間労働は良くある事でした。死や怪我はどの職場でも普通の事でアップトン シンクレアーの“ジャングル”やジャック ロンドンの“ザアイアン ヒール“等の著書を発表させる原因となりました。早くは1860年代に労働者達は賃金の引き下げ無しに労働時間の短縮を要求し騒ぎ立てていましたが組合労働者達が一日8時間労働を宣言するだけの勢力を集結できたのは1880年代になってからでした。この声明は雇用主達の同意は得ていませんだしたが多くの労働者階級によって要求されました。

At this time, socialism was a new and attractive idea to working people, many of whom were drawn to its ideology of working class control over the production and distribution of all goods and services. Workers had seen first-hand that Capitalism benefited only their bosses, trading workers' lives for profit. Thousands of men, women and children were dying needlessly every year in the workplace, with life expectancy as low as their early twenties in some industries, and little hope but death of rising out of their destitution. Socialism offered another option.

この時点では社会主義は新しく労働者階級にとって魅力的なアイデアで、労働者階級の全商品の生産流通とサーヴィスの支配と言うアイディオロジー(イデオロギー、信条)によって多くの労働者達は惹きつけられました。労働者達は資本主義は労働者の命(生活、一生)と交換に彼等のボス達だけに恩恵を与えて来た事を直接目撃していました。何千人もの男女子供達が毎年無意味に職場で命を落として、或る業種では平均寿命は最低で20歳前半でした。そして将来への望みは殆ど無く彼等の困窮から逃れる方法は死ぬ事でした。社会主義は別の可能性を提供したのです。

A variety of socialist organizations sprung up throughout the later half of the 19th century, ranging from political parties to choir groups. In fact, many socialists were elected into governmental office by their constituency. But again, many of these socialists were ham-strung by the political process which was so evidently controlled by big business and the bi-partisan political machine. Tens of thousands of socialists broke ranks from their parties, rebuffed the entire political process, which was seen as nothing more than protection for the wealthy, and created anarchist groups throughout the country. Literally thousands of working people embraced the ideals of anarchism, which sought to put an end to all hierarchical structures (including government), emphasized worker controlled industry, and valued direct action over the bureaucratic political process. It is inaccurate to say that labor unions were "taken over" by anarchists and socialists, but rather anarchists and socialist made up the labor unions.

政党からコーラスグループに至る種々の社会主義組織が19世紀後半全般に亘り発生しました。事実、多くの社会主義者が有権者によって議員に選出されましたが然し、多くの新しく選出された社会主義者は大企業と両政党の政治的マシンによって支配されている議会政治過程で無力化されました。何万人もの社会主義者達は富裕層を保護する道具以外の何物でもないと受け止められた政治的過程を拒否し、彼等の政党から脱退し国内各地でアナキストグループを開設しました。文字通り何千人もの労働者達が階級的機構
(政府も含めて)の存在を終らせようとし工業の労働者支配を強調し官僚的政治過程に対し政治への直接参加に価値を置いたアナキズムのアイデアを喜んで受け入れました。労働組合がアナキストと社会主義者に乗っ取られたと言うと一寸不正確かもしれませんが、然しアナキスト達と社会主義者達が労働組合の構成員になった言う事なのでした。

At its national convention in Chicago, held in 1884, the Federation of Organized Trades and Labor Unions (which later became the American Federation of Labor), proclaimed that "eight hours shall constitute a legal day's labor from and after May 1, 1886." The following year, the FOTLU, backed by many Knights of Labor locals, reiterated their proclamation stating that it would be supported by strikes and demonstrations. At first, most radicals and anarchists regarded this demand as too reformist, failing to strike "at the root of the evil." A year before the Haymarket Massacre, Samuel Fielden pointed out in the anarchist newspaper, The Alarm, that "whether a man works eight hours a day or ten hours a day, he is still a slave."

1884年にシカゴで開催された全国大会で“組織化された職業と労働者組合連合”(後に米労働組合連合となる)は“一日8時間労働は1886年5月1日から合法となるべきだ!”と宣言しました。翌年、各地の会員制労働者グループによって支持されたFOTLU(組織化された職業と労働者組合連合)はストライクスやデモによって(一日8時間労働宣言は)支持されるだろうと述べ同じ宣言(1884年シカゴ)を繰り返しました。最初殆どの急進派とアナキスト達はこの(8時間労働)宣言を余りにもリフォーミスト(改革論者的----実際には無力な左派インタレクチュアル)と捉え“悪の根源”としてストライクを行う事を怠りました。ヘイマーケットの虐殺の前年サミュエル フィールデンは“警報”と言うアナキストの新聞で“人が一日8時間働こうとも10時間働こうとも彼は奴隷である(事に変わりは無い)!”と指摘しています。

Reformist リフォーミスト 改革論者は Eduard Bernstein エドワード バーンスタイン等が提唱した社会を徐々に改革していった方が結果的には革命的に社会を改革するよりも完全に出来るという思想。アナキズムやレーニンのボルシェビッキ的革命的社会主義と対立した。

Despite the misgivings of many of the anarchists, an estimated quarter million workers in the Chicago area became directly involved in the crusade to implement the eight hour work day, including the Trades and Labor Assembly, the Socialistic Labor Party and local Knights of Labor. As more and more of the workforce mobilized against the employers, these radicals conceded to fight for the 8-hour day, realizing that "the tide of opinion and determination of most wage-workers was set in this direction." With the involvement of the anarchists, there seemed to be an infusion of greater issues than the 8-hour day. There grew a sense of a greater social revolution beyond the more immediate gains of shortened hours, but a drastic change in the economic structure of capitalism.

多くのアナキスト達の懸念にも拘らず、労働組合の総会、社会主義的労働党、そして会員制の各地の労働者のグループ等を含めたシカゴ地区の25万人と見積もられた労働者達は一日8時間労働の実施に直接参加しました。雇用者達に対抗して次々と多くの労働者達が動員されるに従い殆どの賃金労働者達の決意と意見の潮流はこの方向に定着した“と実感したこれ等の急進派達も一日8時間労働の為に戦う事に譲歩同意しました。アナキスト達の参加によって“一日8時間”以上の主題の導入があった様で、目の前の労働時間短縮の獲得より資本主義の経済的骨組みの改革と言うもっと大きい社会的革命と言う意識が芽生えました。

proclamation printed just before May 1, 1886, one publisher appealed to working people with this plea:
1886年5月1日の直前に印刷された宣言、或る発行者はこの様な嘆願をアピールしています:

Workingmen to Arms!
労働者の武装!
War to the Palace, Peace to the Cottage, and Death to LUXURIOUS IDLENESS.
宮殿に対する戦い。小屋への平和。豪華な怠慢(富裕有閑族)に死を。
The wage system is the only cause of the World's misery. It is supported by the rich classes, and to destroy it, they must be either made to work or DIE.
賃金システムは世界の窮乏の唯一の根源で、其れは富裕層によって支持されていて、其れを廃止するには富裕層に労働を強制するか彼等が死ぬかどちらかである。
One pound of DYNAMITE is better than a bushel of BALLOTS!
1ポンドのダイナマイトは多くの投票よりも有効である。
MAKE YOUR DEMAND FOR EIGHT HOURS with weapons in your hands to meet the capitalistic bloodhounds, police, and militia in proper manner.
資本家の為に働く私服警察、警官、武装団体に対抗して其れに適当な手段として手に武器を持ち8時間労働を要求しよう。

Not surprisingly the entire city was prepared for mass bloodshed, reminiscent of the railroad strike a decade earlier when police and soldiers gunned down hundreds of striking workers. On May 1, 1886, more than 300,000 workers in 13,000 businesses across the United States walked off their jobs in the first May Day celebration in history. In Chicago, the epicenter for the 8-hour day agitators, 40,000 went out on strike with the anarchists in the forefront of the public's eye. With their fiery speeches and revolutionary ideology of direct action, anarchists and anarchism became respected and embraced by the working people and despised by the capitalists.

10年前の鉄道従業員のストライクで警察と兵士が何百人ものストライク中の労働者達を銃撃死傷させた記憶からシカゴ全市は当然の事ながら大流血を予期していました。1886年5月1日、合衆国全土で歴史上初のメイデイのお祝いの為30万人以上の労働者達が1万3千の職場で仕事から歩き去りました。一日8時間労働扇動者達の震源地シカゴではアナキスト達が衆目最前線に立ち4万人がストライク参加しました。彼等の炎の様なスピーチと直接行動と言う革命的なイデオロギーによって、アナキスト達とアナキズムは尊敬される様になり労働者達から大いに受け入れられ、そして資本家達から軽蔑されるようになったのです。

The names of many - Albert Parsons, Johann Most, August Spies and Louis Lingg - became household words in Chicago and throughout the country. Parades, bands and tens of thousands of demonstrators in the streets exemplified the workers' strength and unity, yet didn't become violent as the newspapers and authorities predicted.

アルバート パーソン、ジョン モスト、オーガスト スパイス、そしてルイス リグ等の多くの名前はシカゴとそして全国で御馴染みの言葉となったのです。パレード、バンド、街頭の何万人ものデモ参加者達は労働者の力と結束を代表し、しかも新聞や権威の予測とは反対に暴力的はなりませんでした。

More and more workers continued to walk off their jobs until the numbers swelled to nearly 100,000, yet peace prevailed. It was not until two days later, May 3, 1886, that violence broke out at the McCormick Reaper Works between police and strikers.

人数が殆ど10万人になるまで次々と労働者達が職場を放棄し(デモに参加)ましたが、それでも平静が保たれたのです。暴力沙汰が起こったのはは2日後の1886年5月3日、マコーミック胡椒工場で警察とストライクの参加者達の間での暴力行為でした。

For six months, armed Pinkerton agents and the police harassed and beat locked-out steelworkers as they picketed. Most of these workers belonged to the "anarchist-dominated" Metal Workers' Union. During a speech near the McCormick plant, some two hundred demonstrators joined the steelworkers on the picket line. Beatings with police clubs escalated into rock throwing by the strikers which the police responded to with gunfire. At least two strikers were killed and an unknown number were wounded.

工場をロックアウトで締め出されピケを張っている労働者達を6ヶ月間武装したピンカートン探偵事務所の探偵達や警察が苦しませました。この殆どの労働者達は“アナキストが勢力を持っている”金属工業労働組合に所属していました。マコーミックの工場の近くでの演説中に2百人ほどのデモ中の労働者達が金属工業労働者達のピケラインに参加しました。警察の棍棒での打撃はストライクをしている労働者達の投石にエスカレートし、其れに対し警察は銃撃で応酬しました。少なくとも2人の労働者が死亡し他の人数の判明しない労働者達が怪我をしました。

Pinkerton ピンカートン (Pinkerton National Detective Agency)俗にPinkertonsピンカートンズはピンカートン探偵事務所の事。合衆国の悪名高いセキュリティーガード会社、エイブラハムリンカーンのセキュリティーガードとしても有名。ピンカートンは最盛期米合衆国の軍隊よりも多くの傭兵を抱えていた。労働運動が盛んだった時期カーネギー等の資本家に雇われ労働者と対立した事で映画や小説では悪役として現れるのが普通。現在も存在する会社。
Full of rage, a public meeting was called by some of the anarchists for the following day in Haymarket Square to discuss the police brutality. Due to bad weather and short notice, only about 3000 of the tens of thousands of people showed up from the day before. This affair included families with children and the mayor of Chicago himself. Later, the mayor would testify that the crowd remained calm and orderly and that speaker August Spies made "no suggestion... for immediate use of force or violence toward any person..."

翌日、怒りに満ちた或るアナキスト達により警察の暴虐行為について話し合う為ヘイマーケット広場での集会が呼び掛けられました。悪天候と発表が短期間に成された為昨日の何万人ものデモ参加者の内たった3千人程が(広場に)現れました。この事件は子供達を連れた家族やシカゴの市長彼自身も含まれていました。後に市長は群衆は平穏で規律正しく、演説者のオーガストスパイスは“誰に対してもの即時の力の行使や暴力を全く示唆しなかった。”と証言する事になるのです。

As the speech wound down, two detectives rushed to the main body of police, reporting that a speaker was using inflammatory language, inciting the police to march on the speakers' wagon. As the police began to disperse the already thinning crowd, a bomb was thrown into the police ranks. No one knows who threw the bomb, but speculations varied from blaming any one of the anarchists, to an agent provocateur working for the police.

演説が終わりに近づいた頃2人の私服警察が警察の本隊に走りより演説者が挑発的な言葉を使っていると報告し警官隊は少しずつ演説者の乗っているワゴンに近づいていった。既に少なくなっている群集を警察が解散させようとしている時爆弾が警察の隊列に投げ込まれました。誰が爆弾を投げたのか誰も知らない。然し、憶測はアナキストなら誰でも非難する説から警察の為に働いているスパイと言う説まで幅が広いものでした。

Enraged, the police fired into the crowd. The exact number of civilians killed or wounded was never determined, but an estimated seven or eight civilians died, and up to forty were wounded. One officer died immediately and another seven died in the following weeks. Later evidence indicated that only one of the police deaths could be attributed to the bomb and that all the other police fatalities had or could have had been due to their own indiscriminate gun fire. Aside from the bomb thrower, who was never identified, it was the police, not the anarchists, who perpetrated the violence.

激怒した警察は群集に向かって銃撃をし、民間人の正確な死傷者数は明確にされませんでしが7~8人の民間人が死亡したと推定され、最大40人の怪我人が出ました。1人の警官が即死し翌週他の7人が死亡しました。後の証拠は唯1人の警察官の死が爆弾が原因とされ他の警察官の死亡は警察自身の無差別銃撃が原因か其の可能性があるとされた。身元不明の爆弾を投げた犯人の話は別にしても、暴力を実行したのはアナキストではなく警察でした。

Eight anarchists - Albert Parsons, August Spies, Samuel Fielden, Oscar Neebe, Michael Schwab, George Engel, Adolph Fischer and Louis Lingg - were arrested and convicted of murder, though only three were even present at Haymarket and those three were in full view of all when the bombing occurred. The jury in their trial was comprised of business leaders in a gross mockery of justice similar to the Sacco-Vanzetti case thirty years later, or the trials of AIM and Black Panther members in the seventies. The entire world watched as these eight organizers were convicted, not for their actions, of which all of were innocent, but for their political and social beliefs. On November 11, 1887, after many failed appeals, Parsons, Spies, Engel and Fisher were hung to death. Louis Lingg, in his final protest of the state's claim of authority and punishment, took his own life the night before with an explosive device in his mouth.

8人のアナキスト達---アルバート パーソンズ、オーガスト スパイス、サミュエル フィールデン、オスカー ニービ、マイケル シュワッブ、ジョージ エンゲル、エイドルフ フィシャー、そしてルイス リグ、は爆弾が爆破した時彼等の3人だけがヘイマーケットにいて其の3人は群集から完全に見える所に居たにも拘らず逮捕され殺人罪で有罪となりました。彼等の裁判の陪審員は30年後のサッコとヴァンゼッティの件、若しくは1970年代のAIMとブラックパンサーのメンバーの裁判と同じ様に、司法を甚だしく馬鹿にし、ビジネスの指導者達で構成されていました。この8人のオーガナイザーが彼等全員が無罪である彼等の行為の為ではなく、彼等の政治的そして社会的信条の為有罪判決を受けるのを全世界が見守っていました。1887年11月11日、何度もの不成功な上訴の後パーソンズ、スパイス、エンゲル、そしてフィシャーは絞首刑になりました。ルイスリグは政府の権威と刑罰に対する彼の最後の抗議として死刑の前夜口の中の爆発装置で自殺したのです。

AIM American Indian Movement (AIM),アメリカンインデアンムーブメント、合衆国のインデアンアクティビストの組織。

Black Panther  (Black Panther Party)ブラックパンサー合衆国の黒人の自己防衛組織。

The remaining organizers, Fielden, Neebe and Schwab, were pardoned six years later by Governor Altgeld, who publicly lambasted the judge on a travesty of justice. Immediately after the Haymarket Massacre, big business and government conducted what some say was the very first "Red Scare" in this country. Spun by mainstream media, anarchism became synonymous with bomb throwing and socialism became un-American. The common image of an anarchist became a bearded, eastern European immigrant with a bomb in one hand and a dagger in the other.

残りのオーガナイザー、フィールデン、ニービ、そしてシュワッブは6年後、裁判官を司法を茶番にしたと公に激しく非難したアルツゲルド州知事によって恩赦を受けました。
ヘイマーケットの虐殺の直後、大企業と政府は、ある人によればこの国で最初の“レッドスケアー”を実施したとの事です。
主要な新聞で話をデッチ上げられアナキズムは爆弾を投げる行為と同義語となり社会主義は非アメリカ的の物とされる様になりました。極一般のアナキストのイメージは鬚面の爆弾を片手に持ち、もう片方の手にナイフを握り締めている東欧人移民の姿となってしまいました。

"Red Scare" レッド スケアー。 “赤に対する恐怖”と言う意味で1917~1920年と1947~1957年代のアメリカで吹き荒れた日本で言われる“赤狩り”が有名。1917~1920年の“レッド スケアー”はロシアのボルシェビッキ革命により勇気づけられた社会改革運動に対するヒステリー的政府の反応。1947~1957年の“レッド スケアー”では当時特にハリウッドの映画監督、作家等は社会主義者、共産党員等が多く、彼等の多くが映画業界から追放処分を受けた。マッカシー議員により扇動されたが最終的には彼の没落によって終焉する。

Today we see tens of thousands of activists embracing the ideals of the Haymarket Martyrs and those who established May Day as an International Workers' Day. Ironically, May Day is an official holiday in 66 countries and unofficially celebrated in many more, but rarely is it recognized in this country where it began.

今日我々は何万人ものアクティヴィストがヘイマーケットの殉職者達とメーデーを国際的な労働者の日に造り上げた人々の理想を歓迎し受け入れるのを目撃します。
皮肉な事に、メーデーは66カ国で正式な祝日で非正式に他の多くの国々でお祝いされているのですが、其れが始まったこの国では殆ど認識されていないのです。

Over one hundred years have passed since that first May Day. In the earlier part of the 20th century, the US government tried to curb the celebration and further wipe it from the public's memory by establishing "Law and Order Day" on May 1. We can draw many parallels between the events of 1886 and today. We still have locked out steelworkers struggling for justice. We still have voices of freedom behind bars as in the cases of Mumia Abu Jamal and Leonard Peltier. We still had the ability to mobilize tens of thousands of people in the streets of a major city to proclaim "THIS IS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE!" at the WTO and FTAA demonstrations.

最初のメーデーから100年以上が経ちました。20世紀の前半アメリカ合衆国政府はこの御祝いを制限し、そして其れ以上に“法律と秩序の日”を5月1日に制定し民衆のメーデーの記憶を消し去ろうと企みました。我々は1886年の事件と現在の事件の間に多くの類似点を見る事ができます。我々は未だに正義の為に戦うスティール工業労働者達を工場から締め出しています。我々は未だにムミア アブ ジャマルや レオナードペルティアーの例の様な鉄格子の内側からの自由の声の存在を知っています。我々は“此れが民主主義がどの様に見えるかと言う事だ!(此れが民主主義の姿だ!)』と宣言してWTOやFTAAに対してのデモで何万人もの人々を主要都市の街角に動員出来る能力を持っているのです。

Mumia Abu Jamal  ムミア アブ ジャマル  黒人のジャーナリスト。警官の殺人罪で死刑を宣告されたが不公平な裁判だった為彼の有罪は疑われている。刑務所よりラジオ番組を制作、其のLive from Death Row(ライヴ フロム デス ロー)はパシフィカレイディオでも放送されている。世界中で彼の死刑について反対運動が起こっている。

Leonard Peltier  レオナードペルティアー  AIMのメンバーだったアメリカインデアン、連邦警察官殺人で有罪判決を受けるが此れも不公平な裁判だった為彼の有罪判決についての反対運動が続けられてる。


Words stronger than any I could write are engraved on the Haymarket Monument:
私が書く事の出来る如何なる言葉よりも力強い言葉がヘイマーケットの記念碑に刻まれています。:

THE DAY WILL COME WHEN OUR SILENCE WILL BE MORE POWERFUL THAN THE VOICES YOU ARE THROTTLING TODAY.

我々の沈黙が貴方が今日抑圧している言葉よりもより強くなる日が何時かやって来る。


OUR SILENCE “我々の沈黙”政府によるテロで殉教した、若しくは無実の罪により絞首刑で沈黙させられたヘイマーケットのアナキスト達の存在、思想、祈り。

Truly, history has a lot to teach us about the roots of our radicalism. When we remember that people were shot so we could have the 8-hour day; if we acknowledge that homes with families in them were burned to the ground so we could have Saturday as part of the weekend; when we recall 8-year old victims of industrial accidents who marched in the streets protesting working conditions and child labor only to be beat down by the police and company thugs, we understand that our current condition cannot be taken for granted - people fought for the rights and dignities we enjoy today, and there is still a lot more to fight for. The sacrifices of so many people can not be forgotten or we'll end up fighting for those same gains all over again. This is why we celebrate May Day.

本当に歴史は我々に急進主義について多くの事を教えてくれます。一日8時間労働を享受出来る為銃撃された人々の事を我々が思い出す時;土曜日が週末の一部として享受出来る様に、ある家族の家が彼等と共に全焼した事を若し我々が認識するのなら;8歳の工場事故犠牲者が労働条件と児童労働に対してデモ行進に参加している時お返しに警察と会社の雇った暴力団によって唯殴り倒されただけと言う事を我々が思い出す時、我々(が享受している)の現在の条件を当たり前の事だと思ってはいけない事を理解するのです。------我々が現在享受している権利と人間としての威厳の為に人々が戦い、そして未だに戦う事が多くあります。多くの人々の払った犠牲は忘れる事は出来ないのです。若しそうなれば我々は今までに勝ち得た物の為又戦う事になるのです。

この様な理由で我々はメーデーをお祝いするのです。

ejnews: 今日はメーデー(メイデイの方が英語の発音に近い)のお話でした。翻訳した記事の或るサイトは日本でも有名なヘレン ケラーも組合員だったindustrial workers of the world(インダストリアル ワーカーズ オブ ザ ワールド国際工業労働者組合)と言う労働組合のサイトのメーデーについてでした。
 この組合は全ての労働者が職種に拘りなく協力して一つのゴールを目指すと言う考えにより他の組合の参加者もメンバーとして参加出来る国際的な組織です。現在では有名なノム チョムスキーが組合員カードを持っている或る特定の労働運動の反骨精神のシンボル的な存在ですが、労働運動を通して現在我々が享受している(派遣社員等の状況を考えると我々は彼等が戦い取った権利を資本家層に又手渡してしまった様ですが)権利だけでなく彼等の主張を通して現在の民主主義のスタンダードが確立されていった当時の重要な労働組合の一つなのです。
と言う事で、この記事にも充分説明されている様にメーデーに纏わる歴史は労働者だけでなく我々の民主主義に向かう変革の歴史で、我々は過去にはプロレタリアットとも言われた労働者達やアナキスト(非民主的政府や資本家のプロパガンダで無政府主義者と呼ばれ非難された)と俗に現在でも誤解されている人々の戦いの歴史を忘れてはいけないと思うのです。そうでないと“競争”“経済発展”とか“利益”と言う名の下に産業革命時代の労働条件に後戻りしてしまうのではないでしょうか?それとも、もう後戻りしてしまった……………?
処で、去年もメーデーについての翻訳をした事がありますので、興味のある方は2008年5月1日の過去記事を参照して下さい。


Aristotle アリストテレス曰く。

In a democracy the poor will have more power than the rich, because there are more of them, and the will of the majority is supreme.”

民主主義では貧困者が金持ちより力を持つ。何故なら彼等は(金持達ちより)もっといるのだから、そして多数者の意思は最高の物であるからだ。


http://thinkexist.com/quotations/democracy/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

和久希世さん、コメントありがとうございます。日本とアメリカの近年の政治情勢や労働条件の悪化を見ているとジェームス マディソンの言った『自殺しない民主主義は無い!』と言うのは本当のようですね。
 結局民主主義と言う物は単なる“三権分立”とか“投票権”等の様な外見的形式の他に、市民の心の中に我々自身が社会の主人であると言う自覚が必要なのだと思います。皆が本当に平等であり、常に政治家、警察や資本家に警戒の目を向けている様な社会でないと民主主義の維持は難しいのでしょうね。
 9/11の後テロと言う言葉を頻繁に聞く様になりましたが、メーデーの起源になったシカゴの労働者達のデモがあった19世紀から20世紀前半は政府の弾圧行為での死傷者や犠牲者の方が少数の過激派のテロの犠牲者と比べると遥かに多く、国家がテロの犯罪者であると認識されていました。
 日本で職を失っている派遣社員と呼ばれる人々で代表される市民も国家や政権、政府と呼ばれる支配者の利用する機関の犠牲者ではないのでしょうか?

No title

今年もメーデーが間近になってきましたね。
日本のメーデーはなぜか、最近4月中に行うようになっていて、
家の主人などはそれが不満のようです。

ところで私はメーデーにそんなお話が有ったという事を全然知りませんでした。
労働条件を改善する為には、文字通り命がけの戦いが有ったのですね。

労働者の権利のようなものも、富とか信用と同じで、
手に入れるには大変な努力を要するけれど、
失くすのは簡単で、
私たちが小泉純一郎という政治家を、理由もなく信頼して、その改革なるものにフリーパスを与えてしまった所為なのでした。

先輩たちが命がけで手に入れた、労働者の権利が、
派遣法というもののためにどれだけ傷つけられたか、失って悔やんでも後の祭り。
悔やんでも後の祭りということが、この世にはなんと多い事でしょう。

こうやって人間は,すべてを白紙に戻す事によって、
何代でも修行ができる場を提供されてきたということなのかもしれませんが・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平等思想とエコノミックアニマル化との相関関係

先日ejnewsさんが「官僚が悪いのは政治家の怠慢が原因なのではないだろうか」に下さったコメントに触発されて、下記のようなコメントを書いたのですが、お目に触れにくいコメント欄ですので、ちょっと表に出したくなりました。 日本人がエコノミックアニマルと言われるよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。