スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナリパブリック?服屋さんじゃないよ!

Experts On Third World Banana
Republics: The U.S. has Become a
Third World Banana Republic
第3世界バナナ リパブリックのエキスパート:アメリカ合衆国は第3世界のバナナ リパブリックになってしまった。

Published on 03-28-2009
http://www.blacklistednews.com/news-3755-0-13-13--.html
ブラックリステ ドニュース
Source: George Washington
http://www.georgewashington2.blogspot.com/2009/03/experts-on-third-world-banana-republics.html
ソースはジョージ ワシントンのブログ。


Who are the leading experts on third world banana republics?
誰が第3世界バナナ リパブリックスの有名なエキスパートなのだろう? 

Probably those at the International Monetary Fund with years of
experience lending money to corrupt regimes after their excess became
so out of hand that they needed emergency assistance.
Today, two top IMF officials said that the U.S. has become a third world banana republic.
First, Simon Johnson, former chief economist of the IMF, says recovery
will fail unless we break the financial oligarchy that is blocking essential
reform, and calls the U.S. a banana republic. In his essay "The Quiet
Coup" (which includes sections like "Becoming a Banana Republic"),
Johnson writes:
 恐らくインターナショナルモネタリーファンド(IMF)で腐敗した政権が彼等の過剰に集中した富が手に負えなくなり緊急に手助けが必要になった時、長年に亘って資金を貸し付けていた人々がそうなんだろう。今日IMFの2人の上級役員がアメリカ合衆国は第3世界のバナナリパブリックになってしまったと言っている。
先ずIMFの元主席エコノミスト、サイモン ジョンソンはアメリカ合衆国をバナナリパブリックと呼び、若し我々が最も重要な改正を邪魔している金融オリガーキーを取り締まらないと経済復興は失敗するだろうと言っている。彼のエッセイ“静かなクーデター”(其れは“バナナリパブリックになる事”等のセクションを含んでいる。)でジョンソンは書いている…………

Typically, these countries are in a desperate economic situation for one
simple reason—the powerful elites within them overreached in good times and took too many risks. Emerging-market governments and their
private-sector allies commonly form a tight-knit—and, most of the time, genteel—oligarchy, running the country rather like a profit-seeking
company in which they are the controlling shareholders. When a country like Indonesia or South Korea or Russia grows, so do the ambitions of its captains of industry. As masters of their mini-universe, these people
make some investments that clearly benefit the broader economy, but
they also start making bigger and riskier bets. They reckon—correctly, in most cases—that their political connections will allow them to push onto the government any substantial problems that arise. . . .
The downward spiral that follows is remarkably steep. Enormous
companies teeter on the brink of default, and the local banks that have
lent to them collapse....
 一般的にはこの様な国々は唯一つの理由から絶望的な経済状態に陥っている--------それらの国々の強力なエリート達が景気の良い時に貪欲になり危険な賭けをし過ぎたと言うことだ。新興市場の政府と其の民間セクターは連合し一般的に緻密に編まれた編み物の様な強い関係を結ぶ--------そして、殆どの時、やんわりとした----オリガーキーであり、国家を利益を追求する会社の様に経営する。そして彼等は(其の会社の様な国家の)株主である。インドネシア、韓国、ロシア等が(経済的に)発展すると、同時にそれらの国々の金融、商工業の指導者達の野望も大きくなる。小さな宇宙の主人としてこれ等の人々は其の国の経済全般に利益になる幾らかの投資をするが、然し彼等は同時にもっと大規模で危険な賭けを始める様になる。彼等は発生するかなりの規模の問題を政府に押し付ける事を彼等の政治的コネクションが許すであろう-----殆どの場合、間違いなく(コネが働くと言う彼等の計算は間違っていない)-----と計算する。………………
 渦巻に吸い込まれる様な経済の下降は驚くほど急速である。巨大な会社が責務不履行寸前の状態になり、疎の様な会社に貸付をしていた地方銀行は倒産する…………….

Squeezing the oligarchs, though, is seldom the strategy of choice among emerging-market governments. Quite the contrary: at the outset of the crisis, the oligarchs are usually among the first to get extra help from the government, such as preferential access to foreign currency, or maybe a nice tax break, or—here’s a classic Kremlin bailout technique—the
assumption of private debt obligations by the government. Under duress, generosity toward old friends takes many innovative forms. Meanwhile,
needing to squeeze someone, most emerging-market governments look
first to ordinary working folk—at least until the riots grow too large. . . .
 オリガーキーに圧力をかける事は、新興市場の政府では此れは殆ど戦略として採用されず、其れとは全く反対に:危機の始まりにオリガーキーは、優先的な海外の通貨へのアクセス、とか恐らく気前の良い税金の免除だとか、若しくは------嗚呼!そうだ!クレムリンの古典的な救済方法------政府による民間の債務肩代わりの様な特別の援助を受ける中でも最初のグループである。強制されているので古い友達への気前の良さは発明的な形を取る様になる。その間、誰かを圧迫する必要から新興市場の政府は普通の労働者達に注目する様になる。少なくとも暴動が大きくなり過ぎるまで……………..

In its depth and suddenness, the U.S. economic and financial crisis is
shockingly reminiscent of moments we have recently seen in emerging
markets (and only in emerging markets): South Korea (1997), Malaysia (1998), Russia and Argentina (time and again). . . .But there’s a deeper
and more disturbing similarity: elite business interests—financiers, in the case of the U.S.—played a central role in creating the crisis, making
ever-larger gambles, with the implicit backing of the government, until
the inevitable collapse. More alarming, they are now using their influence to prevent precisely the sorts of reforms that are needed, and fast, to
pull the economy out of its nosedive. The government seems helpless, or unwilling, to act against them.
 根深く悲しいアメリカ合衆国の経済的金融的危機は我々が近年目撃した新興市場(そして新興市場だけで起こる)での一時期をショックを受けるほど思い起こさせる。:韓国1997年、マレーシア1998年、ロシアとアルゼンチン(何回も繰り返される).........然し、もっと根深くもっとギョッとさせる類似点がある。ビジネス利権のエリート達-----投資家達、アメリカの場合は---------は政府の暗黙の支持を得て次々と大きくなるギャンブルと言う行為で、避ける事の出来ない崩壊まで危機を発生させる重要な役割を果たしたのだ。もっとギョッとする事は、彼等は今影響力を行使して素早く経済を鼻先から落ちて行く急降下から引き上げる為に本当に必要な正に疎の様な種類の改革を阻止しているのだ。政府は彼等に対抗するには無力、若しくは其の気がない様に見える。

Second, Desmond Lachman - a long-time official with the IMF and former chief strategist for emerging markets at Salomon Smith Barney - agrees, writing in an essay entitled "Welcome to America, the World's Scariest
Emerging Market":
The parallels between U.S. policymaking and what we see in emerging
markets are clearest in how we've mishandled the banking crisis. We
delude ourselves that our banks face liquidity problems, rather than
deeper solvency problems, and we try to fix it all on the cheap just like
any run-of-the-mill emerging market economy would try to do. And after years of lecturing Asian and Latin American leaders about the importance of consistency and transparency in sorting out financial crises, we fail on both counts....

 2人目はIMFで長期間役員を務めソロモン バーニー スミス新興市場最高戦略責任者だったデズモンド ライクマンで、彼は“アメリカへようこそ!世界で一番恐ろしい新興市場。”と言う題のエッセイを著して同意している。:
 アメリカの政策決定と新興市場で見られる現象の類似性は我々がどの様に銀行危機の取り扱いに失敗したかに明確に現れている。我々の銀行の問題はもっと重大な支払い能力ではなく流動性資産の問題に直面していると我々自身を誤魔化し、何処の新興市場でもやりそうな在り来たりの方法で全てを安く片付け様とした。何年もの間アジアとラテンアメリカの指導者達に金融危機の処理には一貫性と透明性の重要性を説教して置きながら、我々はこの2つについて失敗してしまったのである……………………………..

In visits to Asian capitals during the region's financial crisis in the late 1990s, I often heard Asian reformers such as Singapore's Lee Kuan Yew or
Japan's Eisuke Sakakibara complain about how the incestuous relationship between governments and large Asian corporate conglomerates stymied
real economic change. How fortunate, I thought then, that the United
States was not similarly plagued by crony capitalism! However, watching Goldman Sachs's seeming lock on high-level U.S. Treasury jobs as well as the way that Republicans and Democrats alike tiptoed around reforming
Freddie Mac and Fannie Mae -- among the largest campaign contributors to Congress -- made me wonder if the differences between the United
States and the Asian economies were only a matter of degree....
 1990年代のアジア諸国の首都を訪問中、私は頻繁にシンガポールのリー クアン ユーや日本の榊原英輔の様な改革派の言う、政府とアジアの大規模企業集合体の癒着関係が真の経済的革新を妨害しているとの不満を聞いた。何と幸運な事だろう!アメリカ合衆国は同じ様に(アジア各国の様に)縁故資本主義によって苦しめられていない!と当時私は思った物だった。然しながらゴールドマン サックスの米財務省のハイレヴェル ポジションへの密着と同時に、共和党も民主党も両者同様にフレディー マックとファニー メイの改革に爪先立って問題を避けて歩く様な態度------この二つの金融機関は議会への最も大きな選挙キャンペーンへの献金団体------はアメリカ合衆国とアジアの経済の相違は単なる程度の差ではないのかと私に疑わさせる様になった……………..

If we insist on ... not facing our real problems, we might soon lose our
status as a country to be emulated and join the ranks of those nations
we have patronized for so long.
While such statements are generally taboo among officials or bankers in
the U.S., even the former Vice President of the Dallas Federal Reserve
agrees:
Gerald O'Driscoll, a former vice president at the Federal Reserve Bank of Dallas and a senior fellow at the Cato Institute, a libertarian think tank,
said he worried that the failure of the government to provide more information about its rescue spending could signal corruption.

"Nontransparency in government programs is always associated with
corruption in other countries, so I don't see why it wouldn't be here," he said.
 若し我々が拘って真の問題に真っ向から取り組まないとしたら我々は見習うべき国家としてのステイタスを近い将来失うかも知れず、そして我々が長い間見下してきたそれらの国々の仲間入りをするだろう。
 この様な発言は政権関係者や銀行の役員の間では普通タブーではあるのだが元ダラス フェデラル リザーヴの副社長は同意している。:
 元ダラス フェデラル リザーヴ銀行の副社長そしてリバタリアンシ ンクタンクのケイトー インスティテュートの上級研究員であるジェラルド オドリスコールは政府が支援資金のより多くの情報公開が出来ないと言う事は汚職示しているかもしれないと彼は心配していると述べている。
『政府のプログラムの不透明さは他の国々では常に汚職(政治的腐敗)と関連している。だから私はこの国で起こらない訳がない理由が見つからない。』と彼は述べている。

Banana Republic
バナナ リパブリック

Nation Master.comによると.............

Origin 起源

The original 'banana republic' was Honduras, where the United Fruit and
Standard Fruit companies dominated the country's key banana export
sector and support sectors such as railways. The United Fruit Company was nicknamed 'The Octopus', for its willingness to involve itself in
politics, sometimes violently. For example, in 1910 the company hired a
gang of armed thugs from New Orleans to install a new president when
the incumbent failed to grant the company tax breaks. The newly
installed Honduran president waived the company's taxes for the next 25 years. The company's dominance in Honduras, as well as other Central
American countries like Guatemala, led Pablo Neruda, to write a poem
titled "La United Fruit Co." in Spanish.
 元々の“バナナリパブリック”はホンジュラスで、ユナイテッドフルーツとスタンダードフルーツカンパニーが圧倒的に其の国の重要なバナナ輸出セクターと鉄道の様な其の補助セクターを支配した。ユナイテッドフルーツは時々暴力的になる意欲的な政治へ関わりの為“蛸”と言うニックネームだ呼ばれた。例えば、1910年この会社は現職の大統領が会社への新しい税免除許可を与えられなかった為新しい大統領を就任させる為ニューオーリンズの武装暴力団を雇った。新しく就任したホンジュラスの大統領は其の後25年間の会社の税金を免除した。会社のホンジュラスと同様にガテマラ、の様な中央アメリカの国々への覇権はパブロネルダに“ラ ユナイテッド フルーツ コー”と言う詩をスペイン語で書かせる原因となった。

Modern usage 現在の使用法
In modern usage the term has come to be used to describe a generally
unstable or "backward" dictatorial regime, especially one where elections are often fraudulent and corruption is rife. The foreign influence may well be more political (for example through corruption in the elite, or military
support for a dictator) than economic dominance of key sectors. The
term no longer implies that the foreign influence is a corporation; it could well be a foreign government, in which case the relationship can
resemble a colonial one.
 この表現の現在の使用法は一般的に不安定で発展の遅れた独裁的な政権で特に選挙が頻繁に不正で腐敗が蔓延している政権を説明する為に使われるようになった。海外からの影響は経済的な重要なセクターの支配よりもより政治的だろう。(例えばエリートの腐敗で、若しくは軍部の独裁者に対する支持の為)この表現は既にもう外国の影響とは企業だと言う含みはもうない。その様なケースでは国家間の関係は植民地主義に似た様な物になる可能性がある。

By extension, the word is occasionally applied to governments where a
strong leader hands out appointments, advantages, etc. to friends and
supporters, without much consideration for the law.
 その意味が拡大されて、この言葉は時折強力な指導者が法律にお構いなく友人達や指示者達に政府のポジションや利益等を与える政府に使われる。

Oligarchy オリガーキー
wikipediaによると.............
Oligarchy (Greek Ὀλιγαρχία, Oligarkhía) is a form of government where
political power effectively rests with a small elite segment of society
distinguished by royalty, wealth, family, military powers or occult spiritual hegemony. The word oligarchy is from the Greek words for "few" (ὀλίγον olígon) and "rule" (ἄρχω arkho). Such states are often controlled by
politically powerful families whose children were heavily conditioned and mentored to be heirs of the power of the oligarchy. This type of power
by it's very nature may not be exercised openly; the oligarchs preferring to remain "the power behind the throne", exerting control through
economic means. Oligarchies have been tyrannical throughout history,
being completely reliant on public servitude to exist. Although Aristotle
pioneered the use of the term as a synonym for rule by the rich, for
which the exact term is plutocracy, oligarchy is not always a rule by
wealth, as oligarchs can simply be a privileged group.

 オリガーキー(ギリシャ語でὈλιγαρχία, Oligarkhíaオリガルキア)は政府形態の一つで、政治的権力が事実上、王権や富、血族、軍事力若しくはオカルトスピリチュアル覇権で区別される社会の少数のエリートに委ねられている。オリガーキーと言う言葉はギリシャ語で“少数”と言う意味(ὀλίγον olígon)のオリゴンと“支配” (ἄρχω arkho)アルコーから出来ている。その様な国家では多くの場合政治的に強力な家族によって支配されていて、支配階級の子供達はオリガーキー権力の相続者として強く条件付けられ、そして指導されている。この様な種類の権力は其れ自身の性格から公に行使される事は無いかも知れない。オリガーキーは“権力の座の影の権力”に留まる事を好み経済的な手段で権力を行使する。オリガーキーは歴史を通して専制的で其の存在は完全に市民の服従状態に頼っている。アリストテレスが富裕層による支配と言う同義語としての意味としての使い方を始めたのだが、その意味の正確な言葉使いはプルトクラシーである。オリガーキーは単に特権階級と言う事で、常に富裕階級によって支配されている訳ではない。

Ejnews: 北朝鮮のロケットについて日米が何時もと同様必要以上に大騒ぎしているようですが、あるアメリカのラジオ局のあるオピニオンで『日本の過去の侵略戦争やアメリカの現在も続く中央情報局による特定の外国政府に対するクーデターや戦争犯罪を全く無視し、北朝鮮は人工衛星を所有する開発努力は出来ないと如何して日本やアメリカに言える権利があるのか?』と言うのがありました。全く正論!
 別の話では、ロンドンのG20会議のニュースが日本でも伝えられていると思いますが、変な話しはロンドンのセキュリティーカメラがG20の会議中使用が停止されているようです。(イギリスは世界で一番警察のセキュリティーカメラの多い国として有名です。)カメラの画像精度が法律の基準に達していないとか何とか変な理由ですが、本当の理由は警察がデモンストレイターに違法暴力を振るったとしても証拠が残らないからではないのかと疑いたくなる様なニュースでした。
 最後に、今日は政権の陰に隠れて政府を操っている人々が作るオリガーキーと呼ばれる政府形態と、その結果として疲弊していく国家の事をアメリカではバナナ リパブリック(服屋さんではありません。)と言う。そしてもうアメリカはバナナ リパブリックになっているのでは?と言う記事の翻訳でした。アメリカは産業革命後の産業主導資本主義形態から現在の金融主導資本主義に移行し金融資本がオリガーキーを形成していると言う事で、元ゴールドマンサックスの会長CEO、元米財務長官、IMFメンバー、ニクソン政権時代から政府と金融業界を言ったり来たりしているヘンリーポールソンHenry Paulson等は現代アメリカの金融オリガーキーの代表なのでしょう。そしてこの記事の言う様にアメリカが既にオリガーキーによって支配されるバナナリパブリックになっているとすると、アメリカが直面している金融危機に対するオバマ大統領の対策は金融オリガーキーによってサボタージュされ失敗すると言う事なのでしょうか?若しそうだとすると日本や中国はアメリカを過去にあった様な輸出用大規模市場として当分の間期待出来ないと言う事になるのでしょうね。
 処で、日本ももうトックの昔にオリガーキーの支配するバナナリパブリックになっているんじゃないのでしょうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

和久希世 さん、コメントありがとうございます。
どの国でも程度の差はあるのですが市民が資本家や政治家の行動に気をつけていないと政府が種々のオリガーキー形態になってしまうのでしょうね。
アメリカの場合は王家や貴族のいない階級社会ではない本当の民主主義だと言う自負から来る市民の精神的怠慢。日本やイギリスの場合は民主主義と言いながら王家、貴族や天皇家等と言う階級的な権威が市民に“民主主義と言うのは単なる見せ掛けだよ!”と言う潜在的なニヒリズムを持たせ真面目に選挙や市民主権を受け取る事を難しくさせていると思います。特に資本家には富が集中して社会に対する影響力が大きいので市民は常に資本家の行動に目を光らせていないと何時の間にか自国がバナナリパブリックになっていたと言う事になるのでしょうね。

No title

日本もこのバナナパブリックになっていると思えますね。
輸出立国と称して、輸出企業を応援していたのも、本当に日本の為だったのかどうか疑問に思えてきています。
派遣労働者を大幅に認めて、馘首の自由を与えたり、
輸出企業は消費税を払わず、戻し税が受け取れる仕組みにしたり・・・・
(この為コマーシャルの提供者の代弁者であるマスコミは、消費税増税支援にまっしぐらです。)

政府はトヨタ等の、バナナパブリックになっていたのかもしれないな~と・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。