スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミントは古代の癒しの食べ物。

Mint is an Ancient Healing Food
ミントは古代の癒しの食べ物。

Wednesday, March 11, 2009 by: Sheryl Walters, citizen journalist
http://www.naturalnews.com/025823.html
Key concepts: Mint, Foods and New York

(NaturalNews) The story of mint begins with an ancient Greek myth. When Pluto began showering a wood nymph named Minthe with his affections, Persephone, Pluto's wife, became enraged. She cast a spell on Minthe and turned her into a garden plant. Pluto could not undo the spell. The best he was able to come up with was a pleasant aroma, so that Minthe would always be noticed. A charming story that factually tells us mint has been used by humans since ancient times.
(ナチュラルニュース)ミントの話は古代ギリシャの伝説に始まります。プルートー(ハデス)がミンテーと言う名の木の妖精に愛を注ぎ始めた時、プルートーの妻ペルセポネは激怒しミンテーに呪文をかけ庭の草にしてしまいました。プルートーは呪文を解く事が出来ず一番良い思いつきはミンテーが何時も気付かれる為の良い香りでした。チャーミングなお話は実際にミントが古代から人間によって使われている事を私たちに告げているのです。

ejnews: プルートーはローマの神話でのハデスの名前。ギリシャ神話とローマ神話がよくごちゃ混ぜになる事が良くあるのです。

Mint has always been used as an aromatic. People rubbed it on their dining tables, spread it on the floor, burned it for incense, added it to their baths and served it in tea. The two primary types of mint include peppermint and spearmint, although orange, apple, water, curly, cat and Corsican also exist. All told, there are at least 25 different kinds of mint. Both peppermint and spearmint taste like a cross between pepper and chlorophyll, but spearmint is said to have a cooler, more subtle flavor.
ミントは何時も芳香剤として使われてきました。人々はミントをダイニングテーブルに擦り付けたり床に広げたり御香として焚いたりお風呂に入れたりそしてお茶に入れて提供して来ました。オレンジミント、アップルミント、ウオーターミント、カリーミント、キャッツミント、そしてコルシカンミント等の種類があるのですが、二つの主な種類のミントはペパーミントとスペアミントを含んでいます。全部で少なくとも25種類の違った種類のミントが存在しています。ペパーミントとスペアーミント両者ともペッパーとクロロフィルの混じった様な味がするのですがスペアミントの方がより清涼感がありより微妙な香りがすると言われています。

Oil of peppermint has been proven to hinder growth of the stomach ulcer bacteria, heliobacter pylori. It helps control colon spasms as well. It can stop the growth of MRSA ([gram-negative] methicillin resistant staff aureus.) In animal trials, peppermint has been shown to inhibit pancreatic cancer and may lower the risk of colon cancer. Mint is beneficial for asthmatics because it blocks production of chemicals called leukotrienes, one of the major factors in upper respiratory allergies.
ペパーミントオイルは胃潰瘍の原因となるバクテリア、ヘリオバクターピロリの繁殖を妨害する事が実証されています。動物実験でMRSA ([gram-negative] methicillin resistant staff aureus.)の繁殖を止め、胆嚢癌を抑制する事が示されていて大腸癌になる危険性を低くする可能性もあります。ミントは喘息に有効です。何故ならミントは上部呼吸器官のアレルギーの大きな要因の一つであるleukotrienesと呼ばれる化学物質の生産を抑制するからです。

Considered nutrient-dense, mint contains good amounts of fiber, iron, copper, calcium, folic acid, omega-3 concentrates, and it is low in calories. It is also known as a good source of ascorbic acid, potassium and manganese.
栄養が詰まっていると考えられていているミントは十分な量の繊維、鉄、銅、カルシウム、フォーリック酸、凝縮されたオメガ―3、を含んでいて低カロリーでもあるのです。そしてアスコルビック酸、ポタシウム(カリウム)、マンガニーズ、を多く含んでいる事でも知られています。

Choose fresh mint over dried whenever possible. Fresh mint has a much better flavor and contains all the nutrients mint can offer. Fresh mint needs to be stored in the refrigerator, loosely wrapped in a wet paper towel and placed in a plastic bag. It will keep for five to seven days. If you do buy dried mint, be sure it is organically grown. Organic mint is not irradiated.
出来れば何時でも乾燥ミントよりフレッシュミントを選んで下さい。フレッシュミントはより良い香りと全ての栄養を提供できます。フラッシュミントは湿らせたペーパータオルに緩く包んでプラスティックバッグに入れて冷蔵庫で貯蔵する事が必要でス。5~7日間貯蔵出来ます。若し乾燥されたミントを買う場合はオルガニックである事を確かめて下さい。オルガニックミントは放射線で処理されていません。

Two tablespoons of fresh mint contains about one calorie. Added to fruit salad or tomato-based soups, it provides a bright, new flavor experience. You can use peppermint oil in the bath for a calming soak. A cup of mint tea at the end of a meal is a good digestive aid. Just be sure to keep the tea covered while it steeps, to retain the oils.
テーブルスプーン2杯のミントは約カロリーの熱量を持っていて、果物やトマトを基調としたスープに入れるとパッとする様な新しい香りを提供します。落ち着かせる為の入浴の為にペパーミントオイルをお風呂に入れることが出来ます。一杯のミントティーは食後の消化の助けにもなります。ミントオイルを逃がさない為、お茶を煎じている間は必ず覆って置く様にして下さい。

Mint is easy to grow at home. In fact, it will soon take over your garden if not properly managed. It spreads by runners, so cutting three inches off a clean coffee can and planting that two inches into the earth around the plants will make it easy to keep the runners trim. Mint is delightful in the outdoor garden. Crushing a few leaves as you work in the garden will promote a pungent but pleasant fragrance for you to enjoy. Mint is a perennial, so it will return year after year. It can be grown indoors in a pot on a moderately sunny windowsill and you can enjoy its benefits year-round.
ミントは家庭で簡単に育てる事が出来ます。実際の所ミントは適切に扱われて無いと直ぐに貴方の庭を占領してしまうのです。ミントは匍匐枝で繁殖するので、清潔なコーヒー缶を3インチ切り取り、其れをミントを取り巻くように2インチ地面の中に押し込むと走出枝を切り離す事が簡単に出来ます。ミントは戸外の庭にとって楽しい物です。貴方が庭を歩いている間に何枚かの葉を磨り潰す事は刺激的な然し気持ちの良い香りを作り出します。ミントは多年生なので毎年帰って来ます。ミントは控えめに日のあたる屋内でポットでも育てる事が出来一年中ミントのもたらす利益を楽しむ事が出来ます。
ejnews:ミントを庭で育てる時は雑草の様に庭に蔓延ってしまうので気をつけて下さい。私も一度庭がミントに占領され経験があります。

Sources:
Edris AE, Farrag ES. Antifungal activity of peppermint and sweet basil essential oils and their major aroma constituents on some plant pathogenic fungi from the vapor phase. Nahrung 2003 Apr; 47(2):117-21 2003.

Fortin, Francois, Editorial Director. The Visual Foods Encyclopedia. Macmillan, New York 1996.

Wood, Rebecca. The Whole Foods Encyclopedia. New York, NY: Prentice-Hall Press; 1988. PMID:15220.
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

moma10.jpg
Fountain by Marcel Duchamp
泉 マルセル デュシャン作

From Wikipedia, the free encyclopedia

Fountain is a 1917 work by Marcel Duchamp. It is one of the pieces which he called readymades (also known as found art), because he made use of an already existing object—in this case a urinal, which he titled Fountain and signed "R. Mutt". The art show to which Duchamp submitted the piece stated that all works would be accepted, but Fountain was not actually displayed, and the original has been lost. The work is regarded by some as a major landmark in 20th century art. [2] Replicas commissioned by Duchamp in the 1960s are now on display in museums.
ファウンテン(泉)は1917年のマルセルデュシャンの作品です。彼がレディーメイド“既製品”(若しくはファウンドアート“拾い出だされたアート(ゴミ捨て場等日常の生活で見つけられたと言う意味)”として知られている)と言うのは彼は既に存在しているオブジェクトを利用したからだ-------この場合は男性用小便器で彼は“泉”と名付け“R.Mutt”と署名した。デュシャンが作品を提出した展覧会は全ての作品が受け入れられると発表していたが、実は“泉”は展示されなかった、そしてオリジナルは失われてしまった。この作品はある人々によっては20世紀芸術の歴史的そして画期的な出来事と理解されている。1960年代にデュシャンによって委託製作された複製品は現在数々の美術館に陳列されている。
ejnews:マルセルデュシャン等が始めたダダイズムと言う芸術運動は、第一次大戦中に欧米で発生し、資本主義ブルジョアジーに対する反抗と其れまでの資本主義ブルジョアジーの社会機構のシンボルを破壊する為の芸術的反抗。この“泉”と言う作品はアートの歴史を変えた作品と言われていて今日のConceptual artコンセプチュアルアート(概念芸術)の始まりとされています。サンフランシスコ現代美術館での写真です。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさん、全く其の通りですね!意外意外!
 チコリはヨーロッパでコーヒーに混ぜられて飲まれていますね。昔は輸入されたコーヒーが高かった為混ぜ物に使われたのでしょうか?タンポポの根っこも乾燥した物をローストするとコーヒーに似た味になるのです。タンポポの乾燥した根っこは此方では薬草として簡単に手にいるので私も良く飲んでいます。
 レモンバームは此方でも良く料理に使いますよ。カリフォルニアは20年程前から東南アジアのレストランに一般のアメリカ人も行く様になり、東南アジア料理のハーブも種類は少ないですが手に入る様になっています。昔はタイ人、ベトナム人地区のマーケットで無いと手に入らなかったのですが。

No title

そうなんです、私は凝り性なので一時期ハーブにも凝っていたんです。
メリッサというのは「レモンバーム」というハーブと同一のものだったと記憶しています。
チコリはタンポポの仲間ですね。
根っこの部分を乾燥させて、炒ってから使うんですが、コーヒーのような香りがしてとても美味しいんです。
ハーブの話題でこんなに盛り上がるとは思いませんでしたね!

No title

和久希世さん、コメントありがとうございます。ミントの種は此方では一袋2ドル位で買えるのですよ。日本でも安いと思いますよ。種から簡単に育てる事が出来、鉢植えでもドンドン育ちます。新鮮なミントは紅茶に入れてお砂糖で甘くして北アフリカ風にして飲むのも良いものです。花の咲く時期には小さなピンクの花が蝶や蜜蜂を誘い都会の生活にホッとすする一息を与えてくれます。

No title

カカセオさん、コメントありがとうございます。
 カカセオさんも意外とコマ目に色々やるのですねえ!私はメリッサは初耳ですよ。調べておきます。チコリは菊の様な青い花が咲く奴でしたか?私はお酒が好きで肝臓を守る為にターメリックを良く使う様にしています。ローズマリーも老人ボケに良いそうですね。私もローズマリーを頻繁に料理に使う様にした方が良い歳に近づいてきました。

No title

私もミントと思しき、薄荷の香りのするハーブを庭に植えた(何かに混じりこんでいて生えた)事があるのですが、
あまりには蔓延るので往生し、必死になって手当たり次第に引っこ抜いていった記憶があります。
あれがハーブのミントで、そんなに良いものなのだったら、もっと大事にしておけばよかったと、今になって後悔しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お詫び

すみません、キーの打ち間違えでコメントの一部がおかしな日本語になってしまっています。ご容赦下さいませ!

No title

私も以前庭でミントを育てていた事がありますよ。
一時期ハーブティーに凝ってメリッサやチコリなど沢山の種類を栽培しては積み立てのハーブでお茶を入れるのが楽しみでした。
最近はものぐさになってしまったので市販のダージリンを飲むだけになってしまてちますが......
そういえば、中世にヨーロッパでペストが流行した際に、常に沢山のハーブを身につけてペストの感染を防御していた盗賊がいたそうです。
ハーブの力は凄いですね~

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。