スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Noam Chomsky ノーム チョムスキー

ejnews:今回も少々退屈な話題です。しかしある程度年をとって政治に興味が無いと言う事は自分の人生を他人に支配させていると言う事で、年金が無くなっても、医療保険が完全に民営化されても、税金が貴方の生活の為や家族の幸福度に貢献する事に使われずミサイルや戦車、劣化ウラン弾等に使われても貴方は文句を言う権利は無いのです。無関心と言う行為で貴方自身を他人に売り渡してまっているからです。
 それではノーム チョムスキーとはどの様な人なのでしょうか?ウイキペディアの一部の翻訳を紹介してみます...........................................。


Noam Chomsky
ノームチョムスキー

From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Noam_Chomsky

Avram Noam Chomsky (pronounced /no?m ?t??mski/; born December 7, 1928) is an American linguist, philosopher,[2][3][4] cognitive scientist, political activist, author, and lecturer. He is an Institute Professor emeritus and professor emeritus of linguistics at the Massachusetts Institute of Technology.[5] Chomsky is well known in the academic and scientific community as the father of modern linguistics.[6][7] Since the 1960s, he has become known more widely as a political dissident, an anarchist,[8] and a libertarian socialist intellectual.
(アヴラム ノーム チョムスキー:1928年12月7日生まれ)はアメリカの言語学者、哲学者、cognitive scientist,(コグニティヴサイエンティスト、認識について研究する科学者)、政治活動家、作家、そして講演家。彼はマサチューセッツ インスティチュート オブ テクノロジー(MIT)のInstitute Professor emeritus(最も尊敬されるMITの元教授)で言語学の元教授。チョムスキーは教育社会、科学社会で“現代言語学の父”として有名。1960年以降彼は政治的反体制派、アナキスト、そしてリバタリアン-ソシャリスト-インタレクチュアルとして広く知られている。

Political views政治的視点
Chomsky has stated that his "personal visions are fairly traditional anarchist ones, with origins in The Enlightenment and classical liberalism"[46] and he has praised libertarian socialism.[47] He is a sympathizer of anarcho-syndicalism[48] and a member of the IWW union.[49] He has published a book on anarchism titled, "Chomsky on Anarchism", which was published by the anarchist book collective, AK Press, in 2006.
チョムスキーは彼の個人的見解は啓蒙主義と古典的自由主義に源流を持つ結構伝統的なアナキストの物だと言っている。そして彼はリバタリアンソシャリズムを賞賛している。彼はアナコ-シンディカリズムに共鳴していてIWW協同組合のメンバーでもある。彼は“チョムスキーオンアナキズム”と言うアナキズムについての本を出版している。その本は2006年にアナキスト出版コレクティヴ、AKプレスによって出版されている。

IWW:Industrial Workers of the World (known as the IWW or the Wobblies)
国際工業労働者組合:IWW若しくはワァブリーズとして知られている。職業の区別無く参加できる組合。ヘレンケラーも組合員だった。草の根民主主義や賃金システムの廃棄を目指している事で有名。現在は会員数は少ないがチョムスキー等の存在で労働運動のシンボル的存在となっている


Power, unless justified, is inherently illegitimate. The burden of proof is on those in authority to demonstrate why their elevated position is justified. If this burden can't be met, the authority in question should be dismantled. Authority for its own sake is inherently unjustified. An example of a legitimate authority is that exerted by an adult to prevent a young child from wandering into traffic.
正当化されない権力は本質的に非合法だ。彼等の特権が正当化かされるかどうかの立証責任は権力の座にいる者の責任だ。若し正当化できなければ其の問題の権力(政権)は取り除かれなければならない。権力自身の為に存在する権力は本質的に正当化出来ない。正当な権威の例は、子供が(交通事故に遭わない様に)道に迷い出無い様に大人によって行使される物だ。

That there isn't much difference between slavery, and renting one's self to an owner, or "wage slavery." He feels that it is an attack on personal integrity that destroys and undermines our freedoms. He holds workers should own and control their own workplace, a view held (as he notes) by the Lowell Mill Girls.
奴隷制と自身を雇用主に貸し出す事、若しくは“賃金奴隷制”の間には殆ど違いが無い。チョムスキーは賃金奴隷制は我々の自由を破壊し弱化させる個人の人格の完全性に対する攻撃だと感じている。チョムスキーは労働者は職場を所有しコントロールするべきだと考えている。此れは彼も言及しているようにLowell Mill Girls(ローウェル ミル ガールズ)による見解でもある。

the Lowell Mill Girlsは1834~36年のストライキで有名なマサチューセッツ州のローウェル紡績工場の女性労働者の労働運動に参加した女性達の団体。

He has argued that the mass media in the United States largely serve as a propaganda arm and "bought priesthood"[53] of the U.S. government and U.S. corporations, with the three parties all largely intertwined through common interests. In a famous reference to Walter Lippmann, Chomsky along with his coauthor, Edward S. Herman has written that the American media manufactures consent among the public.
チョムスキーは合衆国ではマスメディアは米政府と米企業の“プロパガンダ部門”と“買収された僧侶階級”だと主張している。この3つ(マスメディア、政府、企業)は同じ一つの目的の為入組んで関係しあっている。ウオルター リップマンについての有名な引用の中でチョムスキーは共同著者エドワードSハーマンと共に、市民生活の中でのアメリカのマスメディアが人為的なな同意を造り上げていると表している。

"bought priesthood" “買収された僧侶階級”とはチョムスキーは此処でフランス等の革命前のAncien Régimeアンシャンレイジームと言われ英語では"Old Rule,"古い支配 "Old Order," 古い秩序or simply "Old (or Ancient) Regime".古い政権と呼ばれるようになった貴族の支配する政治形態で何も生産しない保守的な過去の秩序の象徴となった“第一階級”のClergy若しくはpriesthood僧侶 階級と現在の政権の太鼓持ちに成り下ったマスメディアを重ね合わせて皮肉っている。
 First Estate (clergy);第一階級は僧侶階級Second Estate (nobility);第二階級は貴族Third Estate (commoners).第三階級は庶民、平民。国王は階級の外の存在だった。



Critical of the American capitalist system and big business, he describes himself as a libertarian socialist who sympathizes with anarcho-syndicalism and is also critical of Leninist branches of socialism. He also believes that libertarian socialist values exemplify the rational and morally consistent extension of original unreconstructed classical liberal and radical humanist ideas to an industrial context. Specifically he believes that society should be highly organized and based on democratic control of communities and work places. He believes that the radical humanist ideas of his two major influences, Bertrand Russell and John Dewey, were "rooted in the Enlightenment and classical liberalism, and retain their revolutionary character."
チョムスキーはアメリカの資本主義システムと大企業に批判的で、彼自身の事をアナコ-シンディカリズムに共鳴しているリバタリアン-ソシャリストと説明している。彼はレーニスト派(レーニン主義派)のソシャリズムにも批判的である。そしてチョムスキーはリバタリアン-ソシャリストの価値観は近代工業社会と言うコンテキストで論理的、倫理的に元来の古典的リベラル、急進的人道主義者のアイデアの延長と等しいと信じている。彼は特に社会は民主的にコントロールされた職場や共同体社会を通して良く組織されなければならないと信じている。チョムスキーに影響を与えたバートランド ラッセルとジョン デューイの二人の過激人道主義者のアイデアは啓蒙主義とクラシカル リベラリズム(古典自由主義)に源流を持っている。そして革命的性格も保持している。

anarcho-syndicalism アナコ-シンディカリズムとはアナキズムの一種で労働運動に焦点を合わせた思想。労働者が生産手段の管理をし民主的に生産物からの利益(金銭的利益ではなく集団全体の善なる利益)を分かち合えば、社会全体が階級の無い個人の尊厳を保てる民主的な社会を造り出せるという思想。スペイン内戦時代合法的政権であった共和国派政府の大きな勢力であった事でも有名。

Chomsky is scathing in his opposition to the view that anarchism is inconsistent with support for 'welfare state' measures, stating in part that
チョムスキーは彼のアナキズム的考えと福祉国家的政策への支持は矛盾するとの批判について以下の様に痛烈に批判している。

One can, of course, take the position that we don't care about the problems people face today, and want to think about a possible tomorrow. OK, but then don't pretend to have any interest in human beings and their fate, and stay in the seminar room and intellectual coffee house with other privileged people. Or one can take a much more humane position: I want to work, today, to build a better society for tomorrow -- the classical anarchist position, quite different from the slogans in the question. That's exactly right, and it leads directly to support for the people facing problems today: for enforcement of health and safety regulation, provision of national health insurance, support systems for people who need them, etc. That is not a sufficient condition for organizing for a different and better future, but it is a necessary condition. Anything else will receive the well-merited contempt of who do not have the luxury to disregard the circumstances in which they live, and try to survive.
勿論、人は現在他人が直面している問題について関心を払わないと言う立場を取る事が出来、そして可能性のある明日を考える欲望を持つ事が出来る。其れでも良いだろう!然し(そう言う立場を取るのなら)人類と其の運命について関心のある様な振りをしないでくれ! 他の経済的に恵まれた人々と一緒にセミナーが行われる会場やインタレクチュアル カフィー ハウスにでも出入りしていれば良い!
其れとは反対に、人はもっと人道的な立場を取る事が出来る:今日、私は明日の為により良い社会を構築する為に働きたい--------と言う古典的アナキストの立場だ。此れは問題になっているスローガン①とは大きく違う様だね。全く其の通りだね。そして其れは直接今日問題に直面している人々の支援に直結している:健康保険や安全についての法律、社会健康保険、それらを必要としている人々へのサポート システム等々。其れは今迄とは違うより良い未来を組織する為には十分ではないが然し其れは必要なコンディションなのだ。其れ以外の物は、生き残ろうとしている状況に無関心でいられる余裕の無い人々からは、其れに見合った軽蔑を受けるだろう。

①アナキズムやリバタリアンの思想は中央集権政府に反対していると一般に考えられていると言う事実と福祉国家は矛盾すると言う批判について述べている。此処ではチョムスキーはイデオロギーに固執しているよりも実際に困窮している人々をサポートする方法を考え出す事や支援行動をする事が倫理的道徳的アナキストの生き方だと反論している。

According to Chomsky: "I'm a boring speaker and I like it that way…. I doubt that people are attracted to whatever the persona is…. People are interested in the issues, and they're interested in the issues because they are important." "We don't want to be swayed by superficial eloquence, by emotion and so on."
チョムスキーによれば『私は退屈な話し方をする人間だが、其れで良いと思っている--------私はどんな人かと言う事で人々が興味を引かれるのと言う事は疑っている---------人々は社会問題に関心がある、社会問題は重要だから人々は其れに関心がある。我々は薄っぺらな雄弁や感情等々で考えを左右されたくは無いんだよ!』

He has a broad view of free-speech rights, especially in the mass media; he opposes censorship and refuses to take legal action against those who may have libeled him.
彼は幅の広い言論の自由の立場を取っている。特にマスメディアでは。彼はどの様な形の検閲に反対し、そしてその理由で(マスメディアで)彼を誹謗中傷した者への法的行動(裁判に訴える等 )を拒否している。

若しノームチョムスキーについて知りたい方は下記のサイトがあります。


http://www.chomsky.info/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英語でサーチ/I have a book/「I have a book」:最新情報

「英語でサーチ」では、あなたが入力したキーワード「I have a book」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「I have a book」:最新情報 「I have a book」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bi...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。