スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーズヴェルトに対するクーデター未遂。

Business Plot ビジネス プロット

http://www.nationmaster.com/encyclopedia/Business-Plot
ネイションマスターと言うwikipediaの様なサイトより。

http://search.nationmaster.com/cgi-bin/search.cgi?query=Business+Plot&submit=+Search+%C2%BB+

The Business Plot, the Plot Against FDR, or the White House Putsch, was an uncovered conspiracy involving several wealthy businessmen to
overthrow the presidency of Franklin D. Roosevelt in 1933.
ザ ビジネス プロット、FDRに対する企み、若しくは、ザ ホワイト ハウス プッチ、は1933年に発覚したフランクリンDルーズヴェルトを大統領の座から放り出そうとした数人の裕福なビジネスマンを巻き込んだ陰謀。

Purported details of the matter came to light when retired Marine Corps Major General Smedley Butler testified before a Congressional committee that a group of men had attempted to recruit him to serve as the leader of a plot and to assume and wield power once the coup was successful. Butler testified before the McCormack-Dickstein Committee in 1934。In his testimony, Butler claimed that a group of several men had approached
him as part of a plot to overthrow Roosevelt in a military coup. One of
the alleged plotters, Gerald MacGuire, vehemently denied any such plot.
In their final report, the Congressional committee supported Butler's allegations on the existence of the plot,[2] but no prosecutions or further investigations followed, and the matter was mostly forgotten.
General Butler claimed that the American Liberty League was the primary means of funding the plot. The main backers were the Du Pont family, as well as leaders of U.S. Steel, General Motors, Standard Oil, Chase
National Bank, and Goodyear Tire and Rubber Company. A BBC documentary claims Prescott Bush, father and grandfather to the 41st and 43rd US Presidents respectively, was also connected.[3]Smedley Darlington Butler (July 30, 1881 – June 21, 1940),

主張されている事件の詳細は、退役海兵隊の将軍スメドレイバトラーがクーデターの成功の後権力を奪取し用いる計画の指揮者として、ある男達のグループが彼をリクルートし様としていたと議会の委員会で証言した事によって明るみに出た。バトラーは1934年マコーマックディックスタイン委員会の前で証言した。彼の証言で数人の男達のグループが軍事クーデターでルーズヴェルトを放り出す計画為の一部として彼に接近して来たとバトラーは主張している。其の中の陰謀者の一人ジェラルドマクガイアーは疎の様な計画を激しく否定した。彼等の最終的な報告は計画の存在についてのバトラーの非難を議会委員会は支持した。然し犯罪者の検挙や其の後の調査は行われずこの事は殆ど忘れ去られてしまった。

バトラー将軍はアメリカンリバティーリーグが計画に資金を出す手段として使われたと主張している。主だった支持者はデュポン家と共にUSスチール、ジェナラル モーターズ、スタンダード オイル、チェイス ナショナル バンク、そしてグッドイヤー タイヤ&ラバー カンパニーの指導者達だった。英国のBBCのドキュメンタリーは41代と43代大統領の父親と祖父だったプレスコット ブッシュも関係していたと主張している。

Smedley Darlington Butler (July 30, 1881 – June 21, 1940),
スメドレイ ダーリントン バトラー:生存中最も功績のあった海兵隊員。彼のWar Is a Racket(戦争は恐喝だ!or戦争はゆすりだ!)と言うスピーチと著書はビジネスがアメリカの軍事行動によって利益を得ている事を告発していて有名でA military-industrial complex (MIC)軍事産業複合体を始めて取り扱った著書の一つとしても有名。

the American Liberty Leagueザ アメリカン リバティー リーグ
1934~1940民主党の保守グループ。


Background 背景

On July 17, 1932, thousands of World War I veterans converged on
Washington, D.C., set up tent camps, and demanded immediate payment of bonuses due them according to the Adjusted Service Certificate Law
of 1924. Called the Bonus Army, they were led by Walter W. Waters, a
former Army sergeant, and encouraged by an appearance from retired
Marine Corps Major General Smedley Butler, who had considerable
influence over the veterans, being one of the most popular military
figures of the time. A few days after Butler's appearance, President
Herbert Hoover ordered the marchers removed, and their camps were
destroyed by US Army cavalry troops under the command of General
Douglas MacArthur.
Butler, although a prominent Republican, responded by supporting
Roosevelt in that year's election.
1932年7月17日、1924年のアジャステド サーヴィス サテフィケイト条例で約束され支払期限の来ている従軍兵への即座の支払いを求め、何千人もの第一次大戦のヴェテランがワシントンDCに集合しテント村を設置した。其れはボーナスアーミーと呼ばれ、彼等は退役陸軍軍曹ウオルターWウオーターに率いられ、ヴェテラン達の間に大きな影響力を持ち、当時軍人として最も人気のあった一人の退役海兵隊将軍スメドレイバトラーの訪問で元気付けられた。バトラーの訪問の数日後ハーバートフーヴァー大統領は(ヴェテラン)のデモ行進の排除を命令し、彼等のテント村はダグラスマッカーサー将軍の指揮下の陸軍騎兵隊によって破壊された。
有名な共和党員でありながらもバトラーは、其の年の選挙でルーズヴェルトに投票する事によって(フーバーのヴェテランに対する行為に)反応した。

Adjusted Service Certificate Law of 1924.第一次大戦に従軍したヴェテランで国内で従軍した兵士は従軍期間一日1ドル、国外で従軍した兵士は一日1ドル25セントで計算されたボーナスを支給されると言う連邦法。

Clayton Cramer, in a 1995 History Today article, argued that the
devastation of the Great Depression had caused many Americans to
question the foundations of liberal democracy. "Many traditionalists, here and in Europe, toyed with the ideas of Fascism and National Socialism;
many liberals dallied with Socialism and Communism." Cramer argues that this explains why some American business leaders viewed fascism as a
viable system to both preserve their interests and end the economic
woes of the Depression.

クレイトン クラマーは1995年の“ヒストリーツディ”(今日の歴史)の記事でこう論じている。『世界大恐慌の破壊的影響が多くのアメリカ人が“自由民主主義”の基礎を疑う原因となった。多くの伝統主義者が此処とヨーロッパでファシズムと国家社会主義と言うアイデアを玩具の様に弄ぶ様になり、多くのリベラルは社会主義と共産主義を弄ぶ様になった。』クラマーは、この事が如何して或るアメリカのビジネスリーダー達がファシズムを彼等の利権を保護し恐慌の苦しみに終止符を打つ実行可能ななシステムとして捉える様になった原因だと議論している。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews:今日は1933年のビジネスプロットと言うフランクリンDルーズヴェルトに対するクーデター計画の話でした。この話は多くの有名な資本家達が民主党のアメリカン リバティー リーグと言うグループと共に共謀していたので、発覚後『都合の悪い話は絨毯の下に掃きこんで忘れた振りをしましょう!』と言う事になり歴史の表面から押やられてしまった様で、アメリカ人でも知っている人は少ないようです。
 如何してこの様な話題を選んだのかと言う理由は、1929年の株の暴落から始まったとされる世界大恐慌は株暴落の前に住宅価格の暴落があり、現在の金融危機と非常に似通っているからです。..............と言う事は各国で政治情勢が不安定になりアメリカでもオバマ政権に対するクーデターも可能性があるのではないかと思うからです。(勿論無ければよいのですが)実際、インターネットのニュースを見てみると、陸軍が主要都市の治安維持作戦を準備しているとか、陸軍軍事大学で学生が2012年の軍事クーデターについて論文を書いていたとかいないとか言うキナ臭い記事が時々目に付くのです。世界的にもパキスタン、メキシコ、ウクライナ、ロシア、そして中国まで不安定になり酷い場合は内戦になる可能性も在ると言う様なニュースもあるのです。
 日本もドサクサに紛れて憲法改正とか国防の為自衛隊法を改悪しようとする輩が徘徊している様ですから是非気をつけて下さい。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

核兵器削減の新条約 米露年内妥結を目指す

米露の戦略核、新条約で大幅削減も…年内妥結目指す 【ジュネーブ=本間圭一】クリントン米国務長官とラブロフ露外相は6日夜(日本時間7日未明)、ジュネーブで初めて会談し、今年12月に失効する第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継条約を巡る交渉に関して...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。