スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー ワールド オーダー“新世界秩序”退屈な話?本当にそう思う?

Clinton, Quigley, and the New World Order
クリントン、クイグリー、そしてニュー ワールド オーダー。


Published on 02-23-2009
ブラックリステドニュースで読んだのですが
http://www.blacklistednews.com/news-3430-0-5-5--.html

Source: The End Runソースはザエンドランと言うブログでした。
http://theendrun.wordpress.com/2009/01/27/clinton-quigley-and-the-new-world-order/


I’ve been doing a lot of research lately, and I recently came across this
little-known quote while reading through Bill Clinton’s book My Life. In
Chapter 24, he writes:
私は最近かなりの調べ物をしていて、(其の調べ物の最中)ビルクリントンの著書“マイライフ”を読んでいる内に、最近余り知られていないこの引用に出くわしたって訳なんだが。チャプター24で彼はこう書いている。

“I ended 1987 with my third speech of the decade at the Florida
Democratic convention…
I told the Florida Democrats, “We have to do nothing less than create a new world economic order and secure the place of the American people within it.” The central arguments I made were “We’ve got to pay the
price today to secure tomorrow” and “We’re all in it together.”
In retrospect, my speeches in the late eighties seem interesting to me
because of their similarity to what I would say in 1992 and what I tried
to do as President.”

『私は1987年をフロリダ民主党集会の其の10年間での3回目のスピーチで締め括った………………….。
私はフロリダ民主党に“ニューワールドエコノミックオーダー(新国際経済秩序)を創造しアメリカ市民を其の中で安泰出来る場所を確実にする以外の事は何もしてはならない。”と言った。其処での私の中心になる議論は“我々は明日の為に今日犠牲を払わなければならない。”そして“我々全員は其の中に一緒にいる。“と言う事だった。
回想してみると、私の80年代後期のスピーチは私にとっては興味深く感じられる。何故なら1992年に私が言う事との類似性とそして大統領として私が行おうと努力していた事だ。』

Recall that Clinton was a Rhodes Scholar. Recall also that one of
Clinton’s professors at Georgetown was Carroll Quigley, and that he has quoted Quigley and payed homage to him as a mentor many times in his
speeches, including his 1992 nomination acceptance speech. In My Life
he discusses the “lasting impact” that Quigleys “insights” had on him. On page ix of The Anglo-American Establishment, Quigley writes:
クリントンはロードス スコアラーだったて事を思い起こしてくれよ!そしてクリントンのジョージタウン大学での教授の一人がキャロル クイグリーだったって事もな!それで、クリントンは彼の1992年の大統領候補受諾スピーチも含めて、数々のスピーチの中で何回もクイグリーを引用し、指導者として彼に敬意を表し、“マイ ライフ”の中で彼はクイグリーの“洞察力”が彼に与えた“深い影響”について語っているんだ。アングロ-アメリカン エスタブリッシュメントの第9ページにクイグリーはこう書いている。

“The Rhodes scholarship established by the terms of Cecil Rhodes’
seventh will are known to everyone. What is not so widely known is that Rhodes, in five previous wills, left his fortune to form a secret society,
which was to devote itself to the preservation and expansion of the
British Empire. And what does not seem to be known to anyone is that
this secret society … continues to exist to this day. To be sure, [it] is
not a childish thing like the Ku Klux Klan, and it does not have any secret robes, secret handclasps, or secret passwords. It does not need any of
these, since its members know each other intimately. It probably has no oaths of secrecy nor any formal procedure of initiation. It does, however, exist and holds secret meetings…. This Group is, as I shall show, one of
the most important historical facts of the twentieth century.”
『ロードス スコアラーシップが其れによって創設されたセシル ロードスの第7番目の遺書は誰もが知る事ではあるが、何が広く知られていないかと言うと、彼が秘密社会(結社)を創設する為に残したと言う資産についての5つの其れ以前の遺書で、其れは大英帝国の保存と拡大に捧げられている。そして、何が誰にも知られてない様に見えるかと言うと……………..其の秘密社会(結社)は今日も存続していると言う事である。此処で明確にしておくことは、この秘密社会(結社)はKKK(クーク ラックス クラン)の様なお飯事ではないと言う事だ、そして秘密のローブ(ゆったりとした外着)、秘密の握手、若しくは秘密の合言葉も彼らは持ってはいない。其の会員達は御互いに親密に知り合っているので彼等にはその様な物は必要ないのである。恐らく秘密の誓いも入会の儀式も無いだろう。然しながら、この秘密結社は存在し秘密会議を開いている…………………….このグループは私が示す様に20世紀の最も重要な歴史的事実の一つである。

Cecil John Rhodes DCL (5 July 1853 – 26 March 1902) セシル ジョン ローヅス
大英帝国の企業家、南アフリカの政治家、植民地主義、帝国主義の擁護者、ダイアモンドの独占で有名なDe Beers ディビアーズの創始者。後にザンビアとジンバブエとなった国ローデシアは彼の名前に因んだ物。Rhodes Scholarship ローヅス奨学金は彼の資産によって創設された。


And what were the goals of this “group”? According to Quigley (Tragedy and Hope, pg. 324):
そして何がこの“グループ”の目的だったのか?クイグリーによれば(トラジディー&ホープ悲劇と希望、ページ324)


“…nothing less than to create a world system of financial control in private hands able to dominate the political system of each country and the economy of the world as a whole. The system was to be controlled in a feudalist fashion by the central banks of the world acting in concert by secret agreements arrived at in frequent private meetings and conferences. The apex of the system was to be the Bank for International Settlements in Basil, Switzerland, a private bank owned and controlled by the world’s central banks which were themselves private corporations. Each central bank …sought to dominate its government by its ability to control Treasury loans, to manipulate foreign exchanges, to influence the level of economic activity in the country, and to influence cooperative politicians by subsequent economic rewards in the business world”
『……各国家の政治システムが民間の手によって支配可能になる経済的支配の世界的システムの創造、そして世界全体が一つの世界経済。このシステムは頻繁に開かれる秘密会合やコンファレンスによって到達した秘密の合意と同調した国際中央銀行により封建主義的に支配されなければならない。このシステムの頂点はそれ自身民間企業である世界中央銀行に所有され支配される民間銀行である銀行、ブラジルやスイスの国際的事業団の銀行である。各中央銀行は財務省公債の支配、外国為替の操作、其の国家内の経済活動水準に対する影響力、そして将来のビジネス界での経済的見返りによる協力的な政治家への影響等によって其の政府を支配する事を追及した。』

And how does he know that? Two pages later he writes:
それで如何して彼はこんな事知ってるんだろう?2ページ後に彼はこう書いている


“I know of the operation of this network because I have studied it for twenty years and was permitted for two years during the 1960’s to examine its papers and secret records. I have no aversion to it or to most of its aims and have for much of my life been close to it and to many of its instruments. In general my chief difference of opinion is that it wishes to remain unknown.”
『私はこのネットワークのオペレーションを知っている。何故なら私は其彼等を20年間調べ、1960年代に2年間其の書類や秘密の記録を調査する事が私に許可されたからだ。私は彼等について、若しくは彼等の目的について嫌悪感は持っていない。そして私は私の人生の殆どの時間彼等と彼等の機関の近くに生きていた。一般的に私と彼等との意見の相違は彼等は陰の存在でい続けたいと言う事だ。』

This is merely the tip of the iceberg. If you really want to understand the relevance of this quote by Clinton, I highly recommending reading the five part series entitled The Future Is Calling by G. Edward Griffin. All of these Quigley quotes can be found in part two, entitled Secret Societies and Hidden Agendas (though you will benefit greatly if you start with part one.)
此れは単なる氷山の一角なんだ。若し本当にクリントンのこの引用の関連を知りたかったら、私はG. Edward GriffinGエドワードグリフィンの5部からなる“The Future Is Calling未来が呼び掛けている”と題される著書を読むことを強く勧めるよ。これ等全てのクイグリーの引用は“秘密社会(結社)と隠された目的”と題された第2部に入れられている。(若し第1部から始めると非常に為になるんだけれども……..)

Also, read The Trilateral Commission: Usurping Sovereignty by Patrick Wood. Bill Clinton is a member of the Trilateral Commission, which — as you will learn if you don’t already know — was founded in 1973 by David Rockefeller and Zbigniew Brzezinski with the explicit goal of creating the “new world economic order” that Clinton is talking about. The creation of this new world order, according to the Trilateral Commission’s own writings, means “working against the best interest of the United States”[1] to accomplish an “end run around national sovereignty, eroding it piece by piece”[2], which will eventually give way to a one world collectivist government run by them from behind the scenes.

それから、Patrick Wood パトリックウッドのThe Trilateral Commission: Usurping Sovereignty“トライラタラルコミッション:主権の侵害“も読むと良いよ!ビルクリントンはトライラタラルコミッションのメンバーで…………其れは若し未だ知らなかったらこの本で解る事なのだが…………トライラタラルコミッションは1973年に“新世界経済秩序”を創造すると言う明白な目的の為デイビッドロックフェラーとジブニューブレジンスキーによって設立された。そしてこの新世界経済秩序の事をクリントンは話しているのだ。この新世界秩序の創造はトライラタラルコミッション自身の説明によると、其の意味は“米合衆国の一番の利益に反する機能をしている” [1] “国家主権を出抜く”為一つずつ侵食し[2]最終的に全てを彼等によって裏側から操られている国際集団主義者政権に売り渡すことになるのだ。

Senator Barry Goldwater tried to warn us about this thirty years ago. In his book With No Apologies (1979), he wrote:
バリーゴールドウォーター議員は30年も前にこの事に着いて我々に警告しようとしていたんだよ。彼の1979年の著書“No Apologies弁明はしない”でこの様に書いている。

“Where I differ from [then Governor Nelson Rockefeller] is in the suggestion implicit throughout his [1962 lectures at Harvard University] that… the United States must submerge its national identity and surrender substantial matters of sovereignty to a new political order. The implications in Governor Rockefeller’s presentation have become concrete proposals advanced by David Rockefeller’s newest international cabal, the Trilateral Commission. Whereas the Council on Foreign Relations is distinctly national in membership, the Trilateral Commission is international… It is intended to be the vehicle for multinational consolidation of the commercial and banking interests by seizing control of the political government of the United States. Zbigniew Brzezinski and David Rockefeller screened and selected every individual who was invited to participate in shaping and administering the proposed new world order.” (pg 293)
『私と1962年の彼のハーヴァード大学での講演全体で暗示されているネルソンロックフェラー知事との相違点は………………(ロックフェラーの示唆している)米合衆国は其れ自身の独立国家としての独自性を新しい政治秩序の下に埋没させ、独立国家としての主権の大部分を新しい政治秩序に譲り渡すと言うことだ。ロックフェラー知事による講演で暗示された内容はデイヴィッドロックフェラーによって推進され最も新しい国際的秘密結社“トライラタラルコミッション”として具体化された。其処ではコンシルオブフォーリンリレイション(外交関係委員会)はメンバーとして(特別な)国家的存在で…………..。トライラタラルコミッションは国際的な組織なのだが…………..其れは商業利権と金融利権の相互合併による合衆国の政治的独自性を奪取する手段として意図されている。ズビグネフ・ブレジンスキーとデイヴィッドロックフェラーはこの新しく提案された新国際秩序を形成し管理した全ての招待され参加した個々のメンバーを身元調査し選別した。(ページ293)

“What the Trilaterals truly intend is the creation of a worldwide economic power superior to the political governments of the national-states involved… As managers and creators of the system they will rule the future.” ” (pg. 299)
『何をトライラタラルは本当に意図していたかと言うと、其れは政治的国家政府に勝る国際的経済勢力の創造であり………………………….其のシステムの管理者そして創造者として未来を支配すると言う事なのだ。』(ページ299)

See also: http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw
http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw も見てください。

[1] Trilateral Commission founder David Rockefeller, in his book “Memoirs”, pg. 405. He also openly says that he is part of a “secret cabal” that is “conspiring with others around the world to build a more integrated global political and economic structure—one world, if you will”
[2] Trilateral Commissioner Richard Gardner, “The Hard Road to World Order”, Foreign Affairs, April 1974, pg. 558
[1]トライラタラルコミッション創設者デイヴィッドロックフェラーの著書“記憶?懐古?回想?”のページ405.彼は又『秘密結社のメンバーで、より良く統合された国際的政治経済機構を……所謂“一つの世界”を構築する為世界中の他の人々と共謀している。』と公然と言っている。
[2]トライラタラルコミッショナー リチャードガードナー“世界秩序への険しい道”フォーリンアフェアー1974、ページ558
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ejews:この記事での“秘密結社”や“秘密社会”記事を面白くする為のこの戯言です。単にグループとか人間集団と言う言葉に置き換えて理解してください。
 トライラタラル コミッションはディヴィッド ロックフェラーによって欧州の民間組織ビルダーバーグ会議に参加できない日本を国際金融システムに引き入れるように設立された組織だそうで1973年に設立され、第一回の会合は1973年東京で開催されています。
 アメリカのトライラタラルのメンバーの内かなりの数のメンバーがオバマ政権に参加しているようです。
 兎に角、この話を信じるか信じないかは別にして、今、世界は小さくなり、世界中の資本家支配層は種々のコンファレンス、会議、カントリークラブ等々で当然意見の交換はするでしょうから“陰謀”とか“秘密結社”と言うよりも資本主義社会の進化(変化)の当然の帰結だと私は思っています。唯、私は現在の形の資本主義社会を人類が幸福に住める社会だとは考えてないだけです。そして疎の様な理論を使って人間社会を説明する事も馬鹿ばかしい事だと思っています。(資本主義といっても私は現在の資本主義の事を言っているので、将来人間に優しい資本主義が出現する可能性もあるのです。)共産主義、マルクス主義、社会主義等々、種々の政治経済思想が現在まで考え出されてきました。其の殆どが“科学”(経済学)と言う資本主義社会の迷信を用い不可解な理論で社会経済を説明してきましたが、(例えば、ノーベル経済賞は元々存在せず、後に付け加えられたのですが現在でも経済賞の授賞式は別の場所で行われているのではないでしょうか?其れが意味する事は、経済学と言うものは数学の様な物ではなく欲望に基づいた人間の行動を意味づけしようとする行為ですから宗教や心理学の分野だと私は思っています。つまり数的な計算や科学では理解出来ない分野だと言う事ではないでしょうか?)私には非常に不可解に思えるのです。資本主義者達は決して社会主義者やマルキシスト達の理論で彼等の資本主義を説明しないのに(若しすれば当然彼等の主義に矛盾が出て来るからです)、社会主義者やマルキシスト達は資本主義の理論を用い労働、賃金、市場等の計算をしていたのではないでしょうか?然もマルキシスト達に及んでは一党独裁などと言う非民主的な戯言を持ち出す始末で、此れでは誰も資本主義の人間社会支配を留める事は出来なかったのも当然ですね。
 人間は社会生活をする動物で社会から離れた機能する人間は考えられないのです。社会が機能し人間が其の中で幸福でいられる為には自由が必要ですが、自由とは其処では個人が誰からも脅されないと言うことです。(~をすれば愛国者ではないとか、非国民だとか、ジャズを聴いている?とか色々な脅しの理由、方法がありますよね。日本の戦前の社会はその様な例ですが、現在日本やアメリカがそうではないと言えるのでしょうか?))経済的、思想的、全ての社会生活で何らかの脅しで行動を左右される社会は民主的な社会とは言えず、その様な社会では残忍な政治、経済権力が社会を支配する様になるのです。(例えば、集団全体と違った意見を述べると首になる恐れがあるとか、上からの命令があり其れにい素直に従わないとやはり問題だと言う集団では自由は萎縮し集団の進歩的な創造性は失われてしまい、集団自体が静止してしまうのです。)経済力が支配の道具になるのは当然の事で、人々が安楽で幸福な生活を求めて其の資本家の社会支配の道具である貨幣経済を信用し過ぎ、投資を手段とし、皆が資本家の様になろうとする社会は、資本家たちの思う壺ではないでしょうか?一体人々は何時になると“本当の幸福な生活が(自分自身だけでなく、家族、友人、将来も)出来る様になるには投資が必要だが。然し、其の投資は人々を犠牲にし利益を貪欲に追う企業の株を購入したりする投資ではなく、自分自身の生活する環境、社会、人間関係を美しく健康に保つと言う非金融的投資なのだ。”と言う事に気が付くのでしょうか?一体我々は何回リセッション、恐慌、ディプレッション、金融破綻、国家破産等々を経験すると真実を理解出来る様になるのでしょうか?
 現在の金融危機で資本社会で淘汰され生き残った少数の金融機関、企業が今までに無い集中された権力を身につける事になり、将来、現在の形の資本主義者の理論で生きる事は我々の自由を彼等に譲り渡す事になるのではないでしょうか?少なくともアメリカでは其の事が心配されている様です。



アルバート アインシュタインは精神異常について下記の様に述べたそうです。

Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.
精神異常:同じ事を何回も何回も繰り返し違った結果を期待する事。


トライラタラル コミッションのメンバー名簿は下記。
http://www.augustreview.com/knowledge_base/getting_started_with_globalism/trilateral_commission_membership_-_2008_20081010103/


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさん、何時も興味深いコメントありがとうございます。
 仰ると通りローヅス ミルナー ラウンド テーブル グループは存在していたようですね。クイグリーの“悲劇と希望”にも其の事に言及した部分があるそうです。元々“ソサエティー オブ エレクト” "Society of the Elect"と言うグループが1891年に結成され、其の補助組織として“アソシエイション オブ ヘルパーズ” 'Association of Helpers'"が結成されたそうですね。其れとthe Institute of Pacific Relations (IPR),インスティチュートオブパシフィックリレーション“と言うグループも同時期にスタートしているようです。
 クイグリーによればFSRはJPモーガンのフロントオーガニゼーションだったそうです。
唯、時代が変わりメンバーが替わるとグループが働きかけるアソシエイションも変わって来るので(例えばアメリカの政治史で共和党と民主党の社会での役割が時代によって全く逆になっている事などリンカーンの時代の共和党と現在の共和党、南北戦争後の南部人種差別主義者の政党になっていた民主党がフランクリンルーズヴェルト以降社会主義の色濃い庶民の政党に変身)現在、当事の名前で活動しているグループでも全く違った目的を持っている可能性もあり良く調べないと単なる“陰謀論主義者”として非難される可能性もありますよね。(だから私はこの様な話題には慎重なのですが)Round Tableは現在も存在しているようですが何だか“奥羽越列藩同盟記念同好会”の様な組織になっているのではないですか?
 兎に角、又話が逸れましたがTCは国際金融内でのロックフェラー勢力の下克上若しくはクーデターの様な気もします。1953年のイギリスが元々アメリカに要請したイランのモハメドモザデク政権に対する中央情報局のクーデターで、アメリカが其れまでイギリスのアングロ イラニアン オイルの支配下だったイランの原油をアメリカの支配下に置いた事もアメリカ金融勢力が世界制覇を確実にした歴史的瞬間の一つではないでしょうか?其の後大英帝国の燃料庫を失ったイギリスは急速に国際関係での影響力を失っていくのですが………。..

No title

そうですか、カリフォルニアの失業率10パーセント超とは凄い状況ですね。
日本でも雇用状況の悪化は進む一方で、特に製造業は悲惨そのものです。
最近、ワークシェアリングなどと言うものが流行っていて、要は一人当たりの労働時間を減らしてその分より多くの人を働かせようとする企業が増えています。

「TCはロックフェラー家が国際金融支配権を欧州中心から米金融中心に切り替える為の組織なのでは?」
これは鋭いご指摘だと思います。
そもそもTCやCFRは19世紀末期にイギリスで誕生した「ミルナー・サークル」あるいはそれの発展組織である王立国際問題研究所(RIIA)の流れを汲む組織で、その生みの親ともいえるのが「ローズ奨学金」で有名なセシル・ローズですね(クリントンもローズ奨学金を受けています)。
もともと、19世紀後半すでに帝国主義に陰りを見せていた当時のイギリスにおいて、ローズはかつての植民地アメリカをもう一度自国に取り戻す構想を本気で考えていたようです。
ロース奨学金も穿った見方をすれば、各国の優秀な若者を自国に都合の良い手下に仕立てるためのエサに過ぎないともとれますね。
ローズはロスチャイルド家と共に、南アフリカのダイアモンド鉱山を支配したことで有名ですが、面白いのは最近これらがロックフェラー家に乗っ取られてしまったという事でこの場面でもロスチャイルドvsロックフェラーの略図が見えるのですね。
いずれにせよ、セシル・ローズの意図した大英帝国による覇権構想は本人が意図した方向とは全く違う方へ向かってしまったようです。

No title

愚樵 さん、コメントありがとうございます。
 そうですねこの様な話は日本ではどうも『陰謀論』の部類に入れられてしまうようですね。アメリカでも一般の人々にとっては状況は同じです。メディアが政府、企業に支配されているのでテレビや新聞、ラジオ、だけでニュースを得ている人々にとってはこの様な事は余り知られていないのです。然しインターネットの時代になり今の所この様な情報は誰でも入手出来る様になりました。勿論、其れに対し企業、そのために働く政治家達はインターネットをコントロールすり様に法律改正の努力をしています。インターネットニュートラリティー法でインターネットの平等は今の所守られているのですが、其れを種々の使用料等を課してで機能しない法律に変えようと言う努力です。
科学と言う名で数学公式等を使った人間の行動様式を理解し様と言う努力ですが、問題は自然や動物を数字に置き換えると自然や動物、人間の“生きている”と言う不可解な部分の説明が出来ないのです。此れは経済学の始まった当時の欧州の宇宙の捉え方が機械的な宇宙“メカニカルユニヴァース”だった事に起因すると思っています。未だ科学的な理解力が十分でない時代に其の当時の人間の知識で全てを理解出来ると考えた事がソモソモ問題なのです。例えば、ロシアのアナキストだったバクーニンやクロポツキンは疎の様な考え方をするマルキシスト達を批判し、よりも包容力の有る思想を展開し始め、特にクロポツキンはシベリアや満州での測量探検体験等で動物は競争よりも助け合うことで進化して来たと言う確信に到達し、機械的な人間社会の理解の仕方を批判し『相互扶助論』と言う人間社会をエコロジーの一部であると理解し、個々の社会の多様性を発展させ、人間社会が全て競争ではなく、助け合うと言うことにより幸福な発展を遂げると言うアナキズムの理論を展開したのですが、愚樵 さんの言うと通り独裁的マルキシズムが主流だった当事、社会主義、保守右翼両勢力から“科学的でない”と攻撃され、余り重要でない思想の様に受け止められた様です。
経済学ですがCMの様に感じられるのは、経済学の理論を唱える学者達のソモソモの自身の考えを正当化しようとする欲望が経済理論であるという事が一つ、二つ目は常に経済学が時代の政治をコントロールする為に利用されたからではないでしょうか?
貨幣についてもプルードンやクロポツキン達は労働力の交換方法としての理論を展開していますが其の話は長くなりますので又の機会に。
合理的、理論的、科学的と言う言葉も良く支配の為に利用されますね。70年代に精神科医の間で精神状態を調べる“チェックリスト”が考案され、其のリストの問いにイエスかノーで答える事で個人の精神状態を判断する方法です。其のチェックリストによるとアメリカ人の50%以上が精神に何らかの病を持っていると判断され、結果的にパクシル、プロザック等のSSRIと呼ばれる精神安定剤の爆発的な需要が創造されたのですが、このチェックリストの考案は偶然だったのでしょうか?兎に角、此処での問題は“チェックリスト”の質問の答えには人間として当然の感情、怒り、悲しみ等がネガティヴな答えとして分類されていたのです。この様な人間の感情を量的な数字に置き換え計算することよって起こった悲劇ですが、この背景には機械的な宇宙観が見え隠れしていて正常な人間の姿と言うものを仮定しているのです。其の正常な型に嵌らないと貴方は異常者とされるのです。
現在の社会はジョージオウエルの1984のビッグブラザーの支配する世界に近づいているようですね。此れもアナキスト達が嫌った中央集権国家の恐怖なのですが、個々の集団が御互いの独自性を尊敬しながら連合し、サステイナブルな環境を守り社会を構成すると言うのクロポツキンから発展した現在エコロジカルアナキズムと呼ばれる思想等の影響で新しい人間社会への模索もされている様です。
 環境保護運動の語彙が殆ど英語であるのも、この様な新しい英米のアナキズムが環境運動に影響したたからだと思います。

No title

カカセオさん、日本の状態は如何ですか?アメリカは本当に酷い事になっています。カリフォルニアは失業率が10%を越えてしまいました。
 ニクソンはネルソンロックフェラーの食客だった様でケネディーに敗れた後もカリフォルニアでネルソンの命で勝つ見込みも無い知事選に立候補したり、其の後ニューヨークのネルソンが住む同じビルに移り住み殆ど仕事をしないのに何十万ドルもの収入が在り5年間将来の選挙の為アメリカ中を巡回し名前をメディアで宣伝していた様です。問題はキッシンジャーとヘイグもネルソンの食客で、元々大統領になる事が目的だったネルソンの為に働いていたそうですね。
 ニクソンが大統領になった時にニクソンの忠実な仲間だけを取り巻きに起用したそうですがキッシンジャーとヘイグだけは拒否出来なかったのでしょうね。ウオーターゲートはカカセオさんが言うと通り、ネルソンが大統領になる為ニクソンを排除しフォードの副大統領、そして将来の大統領と言う計画だったらしいですね。
 TCは日本の資金を取り込むためにディヴィッドロックフェラーによって考えられたそうですが、其の前に確かディヴィッドはビルダーバーグに日本の参加を提案したが拒否されたとの話を何処かで読みました。若し其れが事実だったとしたら、日本は黄色人種の国だった為か?当時は未だ植民地を失った原因が日本の太平洋戦争とか大東亜共栄圏と怨んでいるが欧州人が多かった為か?理由は如何なんでしょうねえ?
 TCは若しかするとロックフェラー家が国際金融支配権を欧州中心から米金融中心に切り替える為の組織だと思いませんか?
 若し世界中がTCの考えている様な国際金融支配下に入ると、人口の1%に過ぎない富豪や富裕層を除き、皆今アメリカ人が生活している様な生活を強いられる様になると思います。借金で一生を過ごす事です。家を買っても銀行に借金を何十年も払い、車も同じ事、自分の全ての所有物が借金で購入している為返済を怠ると借金の利子が吊り上げられ、払えなくなると、路上に叩き出されホームレスになる。其の上、政府の健康保険は無く、公立の病院、教育制度は企業の利益にならないので政府から見放され.............。あんまり今の日本やアメリカと変ってない様ですから、そんなに心配する必要も無いかも!


 

おじゃまします

ejnewsさん、こんにちは。こちらにお邪魔するのははじめてかな?

紹介されているのは、日本では一般に「陰謀論」と認識されるものですね。

この「陰謀論」というレッテルは厄介なもので、このようにレッテルを貼られてしまうと単なる「仮説」としても受け付けてもらえなくなる。こちらで紹介されているような事柄は、人間世界のさまざまな現象を説明する「仮説」として実に有効なものだと思うのですが。

>其の殆どが“科学”(経済学)と言う資本主義社会の迷信を用い不可解な理論で社会経済を説明してきました

この手の理論の厄介なところは、その理論を信じる人間が多ければ多いほど、その理論の実証性がましてしまうところにあると考えています。経済学は人間が合理的に振る舞うことが前提にされていますが、そもそも人間は合理的な存在でない。前提そのものが誤っているのですが、にもかかわらず、実効性のある体系としても持ち上げられますね。考えてみれば、これは実に不思議な現象です。

私は経済学は、むしろCMではないかと思ったりもします。人間に合理的に行動しろよ、というCMです。そして、そのCMを信じて合理的に行動する人間が増え、社会の制度が合理性になればなるほど、経済学は実証性・実効性を増します。そして、そうなるほどに利益を得る人達がいる。それは、経済学の基準になる貨幣=通貨を支配している人達です。人間が貨幣という基準に従って合理的に行動すればするほど、彼らの支配力は高まる。

私は、今の社会はどうもそのような構造になっているような気がしかたがないのですね。そして、その「構造」と陰謀論仮説は極めて親和性が高いのです。

No title

こんばんはejnewsさん!

Tragedy and Hopeにまつわる記事を載せて頂きありがとうございます!
ビルダーバーグや三極委員会(トライラタラルコミッション=TC)に関しては日本のメディアには殆ど登場することはなく、名前すら聞いたことのない人が殆どだと思います。
クリントンをはじめ、カーター、ニクソンなど過去に多くの大統領がビルダーバーグに操られていたとも噂されていますね。

ウォーターゲート事件なども、一説によると、CFRに加入してロックフェラー家に近づきその後ろ盾によって大統領になったニクソンが、ロックフェラーを裏切った為に失脚させられたのだ!とも言われています(なんでもキッシンジャーがスパイだったとか)。つまり、ニクソンの掲げたニュー・エコノミック・ポリシー(NEP)政策をロックフェラーが潰したという事です。

ビルダーバーグの下位組織であるTCは本当に訳の分からない組織だと思いますが、どうやらベトナム戦争を契機に内部分裂したCFRに代わるものとして組織されたようです。つまり、一旦分裂しかかった支配層を再び統制させたかったのでしょう。
最終的には米国の統治権を廃止し、全世界を支配するグローバル経済システムを構築しこれを牛耳ることを目的としているらしいですが、支配される多くの一般人は奴隷のように扱われるのでしょうか?

No title

zen9youさん、コメント何時もありがとうございます。興味深いブログの記事だと思い翻訳してみました。実は私のブログのリンクに有るA VIDA EM ROSAのカカセオさんがキャロルクイグリーの著書“悲劇と希望”についてコメントされていたのですが私は保守的な思想に無関心な物ですからクイグリーについては知らなかったのです。偶々国際金融システムとトライラタラルコミッションの関係をインターネットで調べている内にこのブログの記事に行き当たったのです。
 ビルがデイヴィッドの甥だとは知りませんでした。ビルクリントンは貧乏な母子家庭の子供でしたから疎の様な事は思っても見ませんでした。ヒラリーは裕福なコネクションの有る家庭で生まれたので其の関係の方が強いと思っていました。
 唯、彼等が若かった頃1972年未だイエール大学の学生の頃民主党大統領候補ジョージマクガヴァンのキャンペーンの為テキサスでヴォランティアをしていた時色々な民主党内でのコネクションを作った事が彼の政治的将来に非常なプラスとなったと言う事です。日本で知られているかどうか分かりませんが、其の時テキサスのテレビ局の無名のディレクターとも協力した事が彼の運命を決める重要な出来事だったそうです。其の無名のテレビ局のディレクターの名前は“スティーヴン スピルバーグ”だそうです。

No title

おはようございます。難解な文章の翻訳ご苦労様です。ヒラリーが日本ではとても落ち着いた帝国の使者然とした振る舞いをしたような報道ばかりでしたが。中国での国家主席との席では全く顔が違った。そのような写真が新聞に掲載されていました。恐怖に顔を引きつらせたように見えました。

ところでビルは、デビットの甥に当たるそうですね。でなくてはあれだけ出世は出来ない。すべてはお膳立てされている。資本主義も社会主義もすべては彼らの利潤のためにあった。リーズン、レイシオという言葉は、理性であり、一番効率よく稼ぐ方法選択を指すそうです。その世界はそう簡単には終わらないのではないでしょうか。少なくとも外に出かけて行って儲けようという国にとっては。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。