スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマリアの海賊とロビンフッド?

Is Toxic Waste Behind Somali
Piracy ?
ソマリ海賊行為の背景に有毒廃棄物?


Digital journal world
ディジタル ジャーナル ワールドより。
http://www.digitaljournal.com/article/261147 
    
Somali pirates are accusing European firms of dumping toxic waste off
the coast of Somalia and this is why they are holding a ship for ransom.
ソマリ海賊はヨーロッパの企業をソマリ沖での有毒廃棄物投棄で非難している。そして是が理由で彼らは船を抑留している。

European firms are being accused of dumping toxic waste off the Somali coast. This is the claim that the Somalia pirates, who are demanding an $8m ransom for the return of a Ukrainian ship, are making. The pirates
say the money will go towards cleaning up the waste.
ヨーロッパ企業はソマリ沖での有毒物投棄で非難されている。此れはウクライナの船と交換に8百万ドルを身代金として要求しているソマリアの海賊のクレイムだ。海賊はこのお金はゴミのクリーンアップに使われると言っている。


Januna Ali Jama is a spokesman for the pirates and he says the ransom
demand is a means of "reacting to the toxic waste that has been
continually dumped on the shores of our country for nearly 20 years".
海賊のスポークスマンであるジャヌア アリ ジャマは身代金要求の理由は“我が国の海岸に殆ど20年間に亘り連続的に捨てられている有毒廃棄物に対する反発である。”と表明している。

"The Somali coastline has been destroyed, and we believe this money is nothing compared to the devastation that we have seen on the seas."
he added.
The MV Faina, a Ukrainian ship carrying tanks and military hardware, off Somalia's northern coast is being held for ransom.
“ソマリ海岸線は破壊されていて、この金額は我々がこの海で目撃している荒廃と比べるとただも同然だ。”と彼は付け加えた。
ソマリアの北海岸で戦車と軍事物資を運んでいるウクライナ船籍のMV Fainaは身代金の為に抑留されている。

The International Maritime Bureau states 61 attacks by pirates have
been reported since the start of the year.
国際海運ビューロー(局?)は今年初頭より61件の海賊による攻撃が報告されていると述べている。

Money is the primary objective of the hijackings; however, claims of the continued environmental destruction off Somalia's coast have been
largely ignored by the region’s maritime authorities.
Ahmedou Ould-Abdallah, the UN envoy for Somalia said there is "reliable
information" that European and Asian companies are dumping toxic
waste, including nuclear waste, off the Somali coastline.
お金はハイジャッキングの目的ではあるがソマリア海岸の連続する環境破壊についてはこの区域の海事関係当局によって殆ど無視されている。ソマリアの国連特使、アフメド- オルド-アブダラーは“ヨーロッパとアジアの企業が放射線汚染されたゴミも含めた有毒廃棄物をソマリア海岸沖に投棄していると言う“信頼出来る情報”が存在すると述べている。

"I must stress however, that no government has endorsed this act, and
that private companies and individuals acting alone are responsible,"
he said
“私は強調しなければならないが、どの政府もこの行為を認めていない。そして其れは民間企業や個人的な行為のみに責任がある。”と彼は述べている。

Allegations of the dumping of toxic waste, as well as illegal fishing, have circulated since the early 1990s.
有毒廃棄物投棄、又違法漁業についての主張は1990年代初頭から取り沙汰されている。

The tsunami of 2004 literally dumped evidence of such on the beaches of northern Somalia.
2004年の津波はその様な廃棄物の証拠をソマリア北海岸に文字通り投げ出した。(津波が海底に沈んでいたゴミを海岸に打ち上げた。)

The UN Environment Programme (UNEP) reported the tsunami had washed up rusting containers of toxic waste on the shores of Puntland.
国連環境プログラム(UNEP)は“津波は有毒廃棄物の錆付いた容器をプントランドの海岸に打ち寄せた。”と報告している。

Nick Nuttall is a UNEP spokesman and has stated that when the barrels
were smashed open by the force of the waves, the containers exposed a "frightening activity" that has been going on for more than decade.
UNEPのスポークスマン、ニック ヌタルは“樽が波の力によって破壊され開封された時、この容器は10年以上続いている“この恐るべき行為”を露呈した。“と表明した。

"Somalia has been used as a dumping ground for hazardous waste
starting in the early 1990s, and continuing through the civil war there,"
he said.
“ソマリアは危険な廃棄物の投棄場として1990年代から使われていて内戦時代も続いていた”と彼は述べた。

"European companies found it to be very cheap to get rid of the waste,
costing as little as $2.50 a tonne, where waste disposal costs in Europe are something like $1000 a tonne.
ヨーロッパの企業は廃棄物を捨てるのに非常に低価格である事に気がついた、1トンのゴミにつき2ドル50セントなのだ。ヨーロッパで1トンのゴミの処分には1000ドルの費用が掛かるのである。

"And the waste is many different kinds. There is uranium radioactive
waste. There is lead, and heavy metals like cadmium and mercury. There is also industrial waste, and there are hospital wastes, chemical wastes – you name it."
“そして種々の違ったゴミ、ウラニウム放射線廃棄物があり、鉛があり、カドミウムや水銀の様な重金属もある。そして工業廃棄物、医療廃棄物、化学廃棄物等の他に想像の付く物は何でもある。”

Since the containers came ashore, hundreds of residents have fallen ill,
suffering from mouth and abdominal bleeding, skin infections and other
ailments.
廃棄物の容器が海岸に打ち寄せられた事により何百人もの住人が病気になり、口、腹部の出血や皮膚の感染症や他の病気に苦しんでいる。“

"We [the UNEP] had planned to do a proper, in-depth scientific
assessment on the magnitude of the problem. But because of the high
levels of insecurity onshore and off the Somali coast, we are unable to
carry out an accurate assessment of the extent of the problem," he said.
“我々(UNEP)は問題の大きさの適切で詳しい科学的評価を計画したが、ソマリ海岸や海岸沖での高い不安定性の為、我々は正確な問題の広がりの評価が遂行出来なかった。”と彼は述べた。

Ould-Abdallah claims the practice still continues. "What is most alarming here is that nuclear waste is being dumped. Radioactive uranium waste
that is potentially killing Somalis and completely destroying the ocean,"
he said.
オウルド-アブダラーは海賊行為はまだ続いているとクレイムしている。“最も憂慮すべき事は放射線汚染物質が投棄されていると言う事だ。放射性ウラニウム廃棄物はソマリア人を殺し海を完全に破壊する可能性がある。”と彼は述べている。

There are apparently legal reasons for not naming the companies involved in waste dumping.The practice helps fuel the 18-year-old civil war in
Somalia as companies are paying Somali government ministers to dump
their waste, or to secure licenses and contracts.
廃棄物投棄に関係している企業の名前を明らかいしない法的理由が明らかに存在する様だ。この行為は企業がソマリ政府の閣僚に廃棄物投棄や免許、契約の為に賄賂を贈ることによって、ソマリアの18年に亘る内戦の火に油を注ぐ助けをしている。

"There is no government control ... and there are few people with high
moral ground ... [and] yes, people in high positions are being paid off,
but because of the fragility of the TFG [Transitional Federal Government], some of these companies now no longer ask the authorities – they
simply dump their waste and leave."
“政府の統治力は無い、そして高い道徳心を持った人々もホンの僅かしか居なく………そうなのです、政府高官には賄賂が贈られているのです、然しTFG(過渡期的連邦政府)の弱さによって幾つかのこれ等の企業はもう既に政府当局に許可を求めず唯廃棄物を投棄し去って行くのです。

There are ethical questions to be considered because the companies are negotiating contracts with a government that is largely divided along
tribal lines.
此処には問われるべき倫理的問題がある。何故ならこれ等の企業は部族間に沿って分裂しているソマリア政府と契約を交渉しているからです。

"How can you negotiate these dealings with a country at war and with a government struggling to remain relevant?"
“如何してこの様な契約を内戦中の未だ存在価値がある様に苦しんでいる国家と交渉出来るというのでしょうか?”

In 1992, a contract to secure the dumping of toxic waste was made by
Swiss and Italian shipping firms Achair Partners and Progresso, with Nur
Elmi Osman, a former official appointed to the government of Ali Mahdi
Mohamed, one of many militia leaders involved in the ousting of Mohamed Siad Barre, Somalia's former president.
1992年、有毒廃棄物の投棄を確保そる契約はスイスとイタリアの海運企業Achair Partners と Progressoの2社と、元アリ-マーディ-モハメド政府の高官でソマリアの元大統領追放に関わった多くの民兵隊の一つの指導者ヌル-エルミ-オスマンとの間で結ばれた。

The UNEP investigated the matter at the request of the Swiss and Italian governments.
UNEPはスイスとイタリア政府の要請でこの件を調査した。

Both firms had denied entering into any agreement with militia leaders at the beginning of the Somali civil war.
両企業はソマリア内戦初期に民兵隊の指導者とどの様な契約同意の事実も否定した。

"At the time, it felt like we were dealing with the Mafia, or some sort of
organised crime group, possibly working with these industrial firms," Mustafa Tolba, the former UNEP executive director said.
“当時、我々はマフィアと、若しくは、恐らくこの様な業界と仕事をしているその様な組織犯罪グループと交渉している様に感じられた。”と元UNEP実行委員長ムスタファ-トルバは言った。

"It was very shady, and quite underground, and I would agree with Ould-Abdallah’s claims that it is still going on... Unfortunately the war has not allowed environmental groups to investigate this fully."
“其れは非常に胡散臭く、非常に秘密的で、そして私はオルド-アブダラーの其れは未だ引き続き行われていると言うにクレイムに同意する............残念ながら戦争が環境団体のこの事に付いて完全な調査を阻んでいる。”

"If these acts are continuing, then surely they must have been seen by
someone involved in maritime operations," Abdi Ismail Samataris a professor of Geography at the University of Minnesota said.
“若しこれ等の行為が続行しているのなら、勿論、海運事業に関係している誰かに調査されなければならない。”ミネソタ大学地理学教授のアブディ-イスマイル-サマタリスは述べた。

"Is the cargo aimed at a certain destination more important than
monitoring illegal activities in the region? Piracy is not the only problem
for Somalia, and I think it's irresponsible on the part of the authorities to overlook this issue."
“ある特定の区域が目的地とされている貨物が区域での違法行為を監視するより重要だと言うのか?海賊行為だけがソマリアでの唯一つの問題と言う訳ではない。そして此れは部分的に関係機関の無責任だと私は考える。”

Mohammed Gure, chairman of the Somalia Concern Group, said "The
Somali coastline used to sustain hundreds of thousands of people, as a
source of food and livelihoods. Now much of it is almost destroyed,
primarily at the hands of these so-called ministers that have sold their
nation to fill their own pockets."
ソマリアを心配する団体の委員長モハメッドグルは『過去にソマリアの海岸線は食料と生活の源として何百何千もの人々を養っていた。然し今其の殆どは破壊されてしまった。其の一番の原因は所謂“大臣”と呼ばれる者によって彼らのポケットを膨らませる為国を売る事で成されたのである。』と述べた。

Ould-Abdallah said. “The intentions of these pirates are not concerned
with protecting their environment. What is ultimately needed is a
functioning, effective government that will get its act together and take control of its affairs."
『これ等の海賊の意図は彼らの環境保護に関した事ではない。何が最終的に必要かと言うと、機能し、効果的で確りした政府で国政を支配出来ると言う事である。』とオルド-アブダラーは述べた。

Ejnews:ソマリアの海賊は世界的に話題になっているようですが、ソマリア人の立場に立っての報道は余りない様です。と言う事で、私は自由平等、相互扶助と常にほざいておりますので、此処で非難される側の立場も理解しないと“見掛け倒し”との評判が立ちかねないのでソマリアの海賊の意見を取り上げているニュースを探してみました。
 貴方がソマリアの貧しい漁師なら如何しますか?空腹の妻や子供達、年老いた両親、如何しますか?若し先進国が支援もしない、理解もしない、ただ先進国に利用されるだけだとしたら?彼等ソマリアの海賊はあの有名なイギリスの義賊“ロビンフッド”と同じ様な事をしているのかな?
 日本は太平洋戦争前欧米からembargo通商停止措置を取られパールハーバー奇襲を断行した歴史がありますよね。欧米諸国が植民地支配をしているのだから日本だって良いじゃないか!と言う事で中国に侵略した事がそもそも通商停止措置の言い訳に使われたのですが.................理由は兎も角その様な歴史がありながらホイホイと欧米の太鼓持ちを今でも続けているなんて悲しいじゃないの!桜!(何時の間にか虎さんになっている)
 私は問題の原因を解決する事が海軍を送り何時解決するか分からない、然も危険な、高価に付くかも知れない方法よりも経済、技術、食料支援の方が余程人道的で安上がりだと思います。若し自衛隊の目前で他国籍の船舶が攻撃され自衛隊が何も対応出来ない状況になると憲法の改正だとかの言い訳に絶対利用されますよ!そうは思いませんか?

この事についてはアル-ジャジラも報道しています。


'Toxic waste' behind Somali piracy
ソマリ海賊行為の背景に“有毒廃棄物”

By Najad Abdullahi
http://english.aljazeera.net/news/africa/2008/10/2008109174223218644.html

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




スポンサーサイト

COMMENTS

No title

jojoさん、コメントありがとうございます。
 日本から貴方の様に真実を知ろうと努力されている方からコメントを頂くと私の様な人気の無いブログでも存在価値があるのだと勇気付けられます。
 日本のメディアでは本当に重要な真実がニュースとして国民に提供されてない事が問題のようですね。私にはソマリアへの海上自衛隊派遣は政府が自衛隊法の改悪を画策しているのではないかと怪しんでいます。日本のジャーナリスト達は仕事を唯の就職口だと考えている人が多すぎるのかな?其れとも本当の事を記事にしようとすると首になったり暗殺される心配があるのかな?
 兎に角、世界は国際資本家層によってコントロールされている様で地球市民が協力してソマリア問題、アフガン問題、コンゴの資源を巡る武力紛争、等が起こらないよう御互いを尊重しあう国際社会の構築をする努力が大切ですね。
 処で、去年日本でのデモクラシーナウを翻訳しているサイトがある事に気が付いたのですが、全ての記事を日本語の翻訳しているのですか?宜しかったら又コメント残して下さい。私の次回のエントリーはデモクラシーナウ!が番組として放送されているパシフィカネットワークと言うラジオ放送局ネットワーク等についてです。情報は民主主義を機能させる為に重要ですから。
 貴方のサイトにも訪問させていただきました。

DN!

ejnewsさん、はじめまして。
4月14日のDN!で、ソマリアの不法な大量漁業と有毒廃棄物の投機のことを知り、
そんなワードで検索をしていて、こちらに流れ着きました。

たいへん参考になる記事を紹介してくださって、ありがとうございます。
英語が得意でないものとしては、このように海外のニュースを
紹介してくれる方が存在することが、とても嬉しいです。v-90

私はDN!で、はじめてこのことを知ったので、日本の主要メディアでは
ほとんどとりあげられていないように思います。(東京新聞が書いていた・・
ようなことをどこかでチラっと読みました)

国境なき医師団などのサイトも見てみたのですが、(ソマリアは詳しそうなので)
この件に関しては何も報告がなかったようです。(残念)

エイミーが、ケニアの方とのインタビューの最後に、
サマーズ長官のメモのことをほのめかしていましたが、
サマーズ長官の議論を呼んだメモ(有害ゴミを貧しい国に移動するのが、
経済的にはイイ・・と言う内容の)が、1991年で、ソマリア沖の不法投棄が
はじまったのが、1992年というのは、やはりつながりが深そうですね。
さらに、その人が今オバマ政権の経済をコントロールしているなんて!!

No title

ノンスモーカーさん、コメントありがとうございます。然しこの記事は大麻合法化の記事ではなく医療用大麻合法化の記事ですので、失礼ですが貴方のコメントは削除させて頂きました。御理解ください。

No title

荒野鷹虎さん、コメントありがとうございます。ビルクリントンが大統領だった時、日本を跳び越して中国に行った事があり、今回は外交儀礼で日本をスキップせずアジアを廻るようです。アメリカにとって日本と中国はアメリカの国債を買ってくれる2の大国ですから日中両国の機嫌をうまくとる必要が在るのでしょう。唯、中国はアメリカの経済状態の報告を米国政府に要求しているようです。当然ですよね!と言う事で、日本だけみたいですね、何時もアメリカの言う事に文句も言わずお金を貢いでいるのは。
 外交と言うのは何時も汚い物ですが、此れも国家政府と言う物が存在するからなのでしょうか?若し国家政府と言う概念が無ければ国家間の種々の軋轢も消えてなくなると思うのですが。例えば、北海道の日本人が九州の日本人と戦争をしたりしない様に。

No title

ヒラリーさんが来たのも、自衛隊のアフガン、ソマリアへの派兵問題があると疑われます。いまや世界有数の軍隊ですから、・・・
自民党は、その気になっていますよ。怖いぃこれが、日米同盟の痛さですねー。☆

No title

荒野鷹虎 さん、コメントありがとうございます。日本の政治家は何時までたっても欧米諸国の利害に引きずり回されている様に見えますね。事情を知らないのか欧米の“太鼓持ち”かどちらにしても日本人の税金を使って自衛隊を派遣するのですからもう少し論理的な政策を採用してほしいものですねえ。処でソマリア援助を提案している政治家はいるのでしょうか?余り欧米の真似ばかりしていていると欧米からは馬鹿にされ欧米以外の諸国からは嫌われかねないと思いませんか?

No title

カカセオさん、元気でしたか?息をしているのかなあと心配していましたよ!
この記事は去年の暮の記事ですが日本では報道されていないのでしょうか?此処では記事が長過ぎたので翻訳していないのですが、アルジャジラはCNNよりも信頼出来るニュースの多い報道機関なので日本でも紹介されていると思いましたが。
 このソマリ海賊問題を見ると日本の政治家は欧米の“太鼓持ち”か“阿呆”のどちらかの様に見えますね。其れとも此れまでしないと日本の製品は欧米の市場から締め出されてしまう様な恐れでも在るのでしょうか?日本の政治家の行動は不思議な事が多いですねえ!
 

No title

私たちは、知らない事が、たくさんありますねー。大国は、私利私欲で。汚い正義ですね。日本の派兵は明らかに改正しない限りは、違反だと思うのですが、死傷者が、でないと目が覚めないのでしょう。普遍の「正義」はいまやないのでしょうかねー。怖い!!

こんにちは!

なるほど、こういった側面はメジャーなメディアでは殆ど取り上げられる事がありませんが、非常に大きな問題ですね。
もちろん、海賊が身代金を実際に環境保全に使うとはとても信じられませんが、それでも例えばアメリカが「世界の警察」を自負するのであれば、順序としてはまずはこの汚染ゴミ不当投棄の事実確認を調査し、事実であったならこれをすぐさま各国の企業に是正させる呼びかけをするべきですよね?
あるいは、もし日本が本当の独立国家であればそれこそ自衛隊など送らずに環境問題として世界中にアナウンスして解決を呼びかけられる筈です。
いわゆる京都議定書&環境サミットでEU側に一方的な論理を押しつけられ、結局日本は馬鹿馬鹿しいCO2排出権取引の餌食にされただけで終わりましたが、今回のソマリアでの海賊対策でたどり着く結末も推して知るべしでしょうね。

ともかく、海賊が出て困るからこれを退治に行こう!
という単純馬鹿な発想で解決出来るほど簡単な問題ではないのは確かですよね。

No title

和久希世さん、コメントありがとうございます。今まで欧米の支配地域であるアフリカに中国の進出が際立っていて石油を含めた資源獲得競争が激化しています。中国は米政府と違い資源供給国に資本支援と交換に特定の政策の強制をしないそうで、欧米にとって非常な脅威になっているとの事です。米アフリカ軍事作戦中央本部もアフリカ諸国から拒否されシュツッツガルトに置かなければならない状態だそうですから、米のアフリカへの支配力強化為、何かの理由で自衛隊ソマリア派遣はアメリカから要請が在ったのではと疑いたくなります。

No title

zen9youさん、コメントありがとうございます。私は日本のジャーナリズムが健康かどうかはもう判断できませんが、アメリカではテレビ、新聞、ラジオのニュースは一方的、歪められている、全くの嘘、ニュースによっては全くの沈黙等で余り当てにならないのです。ラジオでpacificaと言う全くの寄付だけで活動している放送ネットワークが在りますが、それだけですね信じられるニュースがラジオで聞かれるのは、後はインターネットに頼っています。
 アメリカではインターネットもコントロールし様という支配層の動きが在り、今年の後期にインターネットの民主制を保護している“ネットニューラリティーロー”の存続を問う投票が議会で再び行われるそうです。
 ソマリアに対する自衛隊派遣は意味が無いので私は反対しています。何だか隠された別の意図が在るのでは?鉛が血管を流れている様な頭の回転の悪い人でもソマリア問題は原因をなくさないと、何時までたっても軍事力をソマリアに置かなけらばならないのが理解できると思います。
 アメリカがアフリカ軍事中央司令部をアフリカの何処かの国に設置しようとしているのですが、今までの所、引き受け先が無くドイツのシュツッツガルトに置いてあるのです。今アフリカでは石油を含めた資源奪取競争が欧米と中国間で戦われているので、日本もソマリアなんかに自衛隊を送るのも其の関係で米政府から御達しが在ったのですかね?

お兄ちゃん 桜もそう思う

同じ金額の支出で、土地の人は救われ、事態も解決するだろうと思われるというのに、どうして憲法違反まで犯して、日本は自衛隊をソマリヤに送らねばならないのだろうかと思います。

No title

そうですね、おっしゃる通りかと思います。核廃棄物のことはどこかで見たような気がしますが、ここに書かれているような具体的な指摘はありませんでした。

世界の報道機関が双方の正確な状況をきちんと知らしめる義務を怠っているところに問題を拡大し結局は人々がひどく苦しめられることにいたる。時代は繰り返すと言いますが、阻止しなくてはいけませんね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。