スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド ソシアル フォーラム

World Social Forum ends in Brazil
ブラジルでのワールドソシアルフォーラム閉会。

http://www.newkerala.com/topstory-fullnews-85630.html より。

Belem (Brazil), Feb 2 : The World Social Forum, which was attended by
about 100,000 people from around the world, concluded in this Brazilian
city with some South American leaders protesting against the global
capitalist system, Cuban news agency Prensa Latina has reported.
べレム(ブラジル)、2月2日:世界中から10万人の人々が参加したワールドソシアルフォーラムは、このブラジルの都市で幾人かの南米の指導者達の国際資本主義システムに対するプロテストで締め括られたとキューバのニュースエイジェンシー“プレンサラティナ”は報告した。

The six-day anti-globalisation forum was organised to coincide with the World Economic Forum in Davos, Switzerland.
6日間にわたる反グローバリゼーションフォーラムはスイス-ダヴォスのワールドエコノミックフォーラムと同時に開催されるように組織されている。

The Brazilian event that ended here Sunday attracted a record number
of leaders who held the capitalist system responsible for the current
global economic crisis.
このブラジルでのイヴェントは現在起こっている経済危機は資本主義システムに責任があると考える記録的な人数の指導者達を引き付けて(の参加で)日曜日に閉会した。

Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva's government spent about $50 million for organising the forum which was attended by four Latin
American presidents - Hugo Chavez of Venezuela, Evo Morales of Bolivia, Rafael Correa of Ecuador and Paraguay's Fernando Lugo.
ブラジル大統領ルイス-イナシオ-ルラ-デ-シルヴァの政府はヴェネズエラのウーゴ-チャヴェス、ボリヴィアのエヴォ-モラレス、エクアドルのラファエル-コレア、パラグアイのフェルナンド-ルゴの様なラテンアメリカの大統領達によって参加されたこのイヴェントを組織する為約5千万ドルを費やした。

Representatives of nearly 5,000 social movements were present.
殆ど5千団体に及ぶ社会運動の代表者たちが出席していた。

Chavez, who blamed the capitalistic system of the world for being the
reason behind the current economic crisis, said: "The forum must be
ready to go over to the offensive."
世界の資本主義システムを現在の経済危機の裏にある原因だと追及しているチャヴェス大統領は『このフォーラムは主導的立場に立つ準備をしなければならない!』と述べた。

"It is time for us to see what we can do, so that we can make a reality
the slogan - 'A Better World is Possible'," said Emir Sader, a Brazilian
intellectual.
『現実をスローガンに出来る様に我々に何が可能なのか試す時が来た。-より良い世界は(実現)可能なのだ!』とブラジルのインタレクチュアル、エミール-サダールは述べた。

"Through the years, the movement has been forced to respond to
realities that go beyond their initial proposals, hence the new challenges they have ahead," he noted.
『長年の間このムーヴメント(フォーラム)は(このフォーラムの)当初の提案の範囲外に達する現実に対して対応する様に強いられて来た。したがって新しいチャレンジが待っている!』と言及した。

Besides the economic crisis, the participants also discussed issues of
terrorism, environment, world peace and the problems of women, landless and indigenous people.
経済危機の他に参加者はテロリズム、環境、世界平和、女性問題、土地所有不能問題(土地の無い人々)そしてインディジネスの人々について話し合った。

indigenous 辞書では土着民、原住民。日本語で土着民、原住民と言うと何と無く蔑視している様に聞こえませんか?

処でワールド ソシアル フォーラムとは一体何なんだ!


World Social Forum
ワールド ソシアル フォーラム

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディアでの説明。


The World Social Forum (WSF) is an annual meeting held by members of
the anti-globalization (using the term globalization in a doctrinal sense not a literal one) or alter-globalization movement to coordinate world campaigns, share and refine organizing strategies, and inform each other about movements from around the world and their issues. It tends to meet in January when its "great capitalist rival", the World Economic Forum is meeting in Davos, Switzerland. The date was chosen because of the logistical difficulty of organizing a mass protest in Davos and to try to overshadow the coverage of the World Economic Forum in the news media.
ワールド ソシアル フォーラムは国際的なキャンペーンをコーディネイトし、組織化の戦略を共有、洗練し、御互いに世界中の動きと問題点について情報を伝え合う反グローバリゼイション(グローバリゼイションをドクトリン、教義、主義の様な感じで使っている。文字通りでは無い。)若しくは代替グローバリゼイション運動のメンバーによる毎年開かれる会合で、偉大なる資本主義者ライヴァル“ワールドエコノミックフォーラム”がスイスのダヴォスで開催されている1月に開催される傾向がある。この開催期日は大規模なプロテストをダヴォスで組織する事についてのロジスティカルディフィカルティー(兵站術的障害)とワールド エコノミック フォーラムについてのニュース メディアの報道から注意を逸らす意図が理由で決められている。

logistical 兵站術的、 logistic 兵站術(学)
ここではダヴォスと言う都市で大勢の人間の収容施設、交通手段等、そして警察の問題の事。
overshadow 影で覆う。見劣りさせる。


History 歴史
Originated by Oded Grajew, the first WSF was held from 25 January to 30 January 2001 in Porto Alegre, Brazil, organized by many groups involved in the alternative globalization movement, (more recently known as the global justice movement) including the French Association for the Taxation of Financial Transactions for the Aid of Citizens (ATTAC). The WSF was sponsored, in part, by the Porto Alegre government, led by the Brazilian Worker's Party (PT). The town was experimenting with an innovative model for local government which combined the traditional representative institutions with the participation of open assemblies of the people. 12,000 people attended from around the world. At the time, Brasil was also in a moment of transformation that later would lead to the electoral victory of the PT candidate Luiz Inácio Lula da Silva.
The second WSF, also held in Porto Alegre from 31 January to 5 February 2002, had over 12,000 official delegates representing people from 123 countries, 60,000 attendees, 652 workshops, and 27 talks.
Oded Grajewオデッド グラジュー氏によって始められ最初のWSFは“フランス市民支援の為の金融取引に対する課税協会”(ATTAC)等の代替グローバリゼイション運動に参加している多くのグループ(近年グローバルジャスティスムーヴメントとして知られている)によって組織され2001年1月25日~1月30日にブラジルのポルト アレグレで開催された。WSFは一部ポートアレグレ市政府によって後援されてブラジル労働者党(PT)によって指揮されている。この町は地方政府の在り方について、伝統的議会制機関と市民の参加による開放された集会を併合した創造的モデルを実験している。フォーラムには1万2千人が世界中から参加した。当時ブラジルは変革の最中で、この変革は後にPTの候補者ルイス-イナシオ-ルラ-デ-シルヴァの選挙勝利を導き出す事になった。第2回WSFは引き続きポルトアレグレで2002年1月31日~2月5日に123カ国から1万2千人以上の代表者と6万人の参加者、652のワークショップ、27の講演によって開催された。

Oded Grajew オデッド グラジュー:英語の発音で何とか切り抜けていますが、この人の名前ポルトガル語の発音知っている人教えて下さい!

The third WSF was again held in Porto Alegre, in January 2003. There were many parallel workshops, including, for example the Life After Capitalism workshop, which proposed focused discussion on non-communist, non-capitalist, participative possibilities for different aspects of social, political, economic, communication structures . Among the speakers was American linguist and political activist Noam Chomsky.
第3回WSFは2003年1月、又ポルト アレグレで開催され、非共産主義、非資本主義、で異なったアスペクトの社会的、政治的、経済的、コミュニケーション ストラクチャー等の直接参加可能性を取り上げた討論を提案した“資本主義の後にやって来る世界”の様な多くの同時進行のワークショップが開催された。アメリカの言語学者で政治活動家のノーム チョムスキーは講演者一人であった。
participatory 直接参加の

第4回はインドのムンバイで開催され重要な講演者の一人はジョセフ スティグリッツだった。
第5回はポルト アレグレ。
第6回は3箇所に分かれて開催。ヴェネズエラのカラカス。マリのバマコ。パキスタンのカラチ。
第7回はケニアのナイロビで開催。6万6千人の参加者110カ国から千4百の団体が参加、最も国際的なWSFであったがNGOフェアーとして批判され、ケニアと南アフリカの貧困者対策団体からは一部のWSF参加NGOがプロテストを受けた。
第8回は1箇所で開催されず世界中で何千もの独立した活動が行われ“Global Call for Action行動を世界的に呼び起こす”として知られている。

と言う事でした。国際的にコンヴェンショナルな資本主義機構よりもっと人間性のある社会を作り出す努力が続けられています。日本からはどの団体が参加しているか知っている人います?

カリフォルニアに目を移すと.......................!


California goes broke, halts $3.5 billion
in payments
カリフォルニアは破産する、35億ドルの支払い滞る。

Stephen C. Webster
Published: Monday February 2, 2009

http://rawstory.com/news/2008/California_goes_broke_halts_3.5_billion_0202.html

California, the eighth largest economy in the world, is broke.
カリフォルニア州、世界第8番目の経済は破産している。


"People are going to be hurt starting today," said Hallye Jordan, speaking on behalf of the state Controller. "There's no money."
『市民は被害を被る。其れは今日から始まる。』とハーリェジョルダンは州経理官の代理で述べた。『お金は無い。(財源は無くなった。)』

Since state legislators failed to meet an end of January deadline on an agreement to make up for California's $40 billion budget gap, residents won't be getting their state tax rebates, scholarships to Cal Grant college will go unpaid, vendors invoices will remain uncollected and county social services will cease.
1月末に州議員が400億ドルの財政ギャップを改善する最終期限に会合出来なかった為州市民は税金払い戻しが受けれず、カリフォルニア州カレッジの奨学金は未払いとなり、ヴェンダーインヴォイス(販売インヴォイス)は収集されず、郡の社会福祉事業は停止する。
以下省略
ejnews:等と怖いニュースが在ります。アメリカ全州でもカリフォルニアは最も経済的に窮地に立たされているとの事です。州知事が本当に州民の生活を考えてくれている人?なので我々は本当に安心して暮らせます!?!?!?一体何処の阿呆が今の州知事に投票したのでしょう!?選挙前からエンロンのケン-レイやジョージ-ブッシュとの深い関係がニュースでも流れていたのに。本当に皆一体何を考えているのか理解に苦しみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさん、日本の新聞では報道されてない可能性もありますね。アメリカでもメインストリームメディアでは殆ど報道されていないのです。当然ですよね!ノームチョムスキーが演説したり、社会主義的政策を執るチャヴェス、モラレス、コレア、ルゴ大統領達が参加する様なフォーラムですから。

こんばんは!

お恥ずかしながら、ワールドソシアルフォーラムってこの記事で初めて知りました(汗)
やはり新聞読んでいないとダメですね~
反グローバル化を主張しているのですか?
なんとなくビルダーバーグに対立する為の集会みたいに思えますね。
すみません、現時点では何も知識がないのでこんなコメントしかできません。
携わる日本企業等の情報など何か分かりましたらまた報告させていただきますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。