スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭が2つの魚と有機リン系殺虫剤。

Two-Headed Fish Likely Caused By Toxic Water
双頭の魚は恐らく汚染された水が原因しているのだろう。

http://www.organicconsumers.org/articles/article_16494.cfm
オルガニックコンスーマーアソシエイションのサイトより。
• Contamination fears over two-headed Australian fish
• 双頭のオーストラリアの魚の汚染のについての恐れ。
AFP, via Yahoo!, January 13, 2009
• ヤフー経由のAFPニュース
• http://news.yahoo.com/s/afp/20090114/wl_asia_afp/environmentaustraliafish


SYDNEY (AFP) - Toxic chemical contamination was the likely cause of
fatal fish mutations in northern Australia in which thousands of bass
larvae spawned with two heads, an expert said Wednesday.
シドニー(AFP)恐らく、毒性のある化学物質による汚染が、北部オーストラリアで数千匹の頭が2つある状態で生まれたスズキの稚魚の死に至る突然変異の原因だろうと専門家は水曜日に述べた。
Matt Landos, an aquatic animal specialist and member of the Australian
College of Veterinarian Scientists, said the mutant larvae at a Noosa
River fish farm survived just 48 hours and were dying en masse.
ヌーサ川養魚場のミュータント(当然変異)稚魚は僅か48時間生き延びて大量にしに始めた。とオーストラリアの動物医療科学者協会の一員で水棲動物の専門家であるマットランドスは述べた。
"When we used the water on-site or have taken bass from the Noosa
River those fish appear to have been contaminated and they give rise to deformed or convulsing larvae," he told AFP.
『現場の水を使うか、(現場の水で魚を育てる)若しくはヌーサ川から獲れたスズキは汚染されているように見え、そして其の魚達は突然変異か痙攣している稚魚を産む。』と彼はAFPに語った。
"I have been working in aquaculture for 10 years and this is the first time I have ever seen anything like it."
『私は水産養殖で10年間働いているがこの様な事を見たのは初めてだ!』
Tests had excluded the presence of a virus or bacteria, leading Landos
to suspect that pesticides from a neighbouring macadamia nut farm were to blame.
検査によってウイリス若しくはバクテリアの存在が否定された事がランドスを近所のマカデミアナッツ農園からの殺虫剤の責任を疑わせる様になった。
"It leaves us sitting with toxic chemical contamination as a likely cause," he said. "I believe that it's some of these chemicals at very low levels
that are impacting on the breeding ability of these fish."
『其れは有毒化学物質汚染が原因の可能性である事を我々に受け入れさせる事となった。私はこれ等の或る化学物質が非常に低濃度でこれ等の魚の繁殖能力にインパクトを与えていると信じている。』と彼は述べた。
Deformities in the fish had increased as the neighbouring macadamia nut plantation had expanded in the past two years to virtually border the
hatchery on three sides, said Landos.
魚の奇形は近くのマカデミアナッツのプランテーションが過去2年間稚魚の孵化場の3方と隣り合わせになるまで拡大する事に合わせて増加していった。とランドスは述べた。
Rapidly developing pest-control technology also meant smaller particles
of pesticide could travel further.
急速に進歩している害虫駆除技術は、又より小さな殺虫剤の粒子が寄り遠くまで届くと言う事を意味する。
Chickens, horses and sheep at the hatchery were also experiencing birth defects and foetal deaths at abnormally high rates, he said.
稚魚孵化場の鶏、馬、羊等も又奇形や死産の率が高くなっていると彼は述べた。
The organophosphates in question -- carbendazim and endosulfan -- had been recognised as potentially dangerous and even banned in some
countries, but were still recommended for use in Australia, said Landos.
問題の有機燐酸系殺虫剤------カーベンダイジムそして、エンドーサルファン------は危険性があると認識されていて、其れだけでなく幾つかの国々では販売使用が禁止されているが、然しオーストラリアでは今でも使用が勧められていると、ランドスは述べた。
The Queensland state government said tests gave no indication that the macadamia farm was using the chemicals against the manufacturers'
instructions.
クイーンズランド州政府はテストの結果マカデミアナッツ農園が化学薬品を製造元の使用法に反し使用した形跡は無いと述べている。
The local fisheries department is investigating, and expects to receive
results from tests of dead fish specimens next month.
州政府の漁業課は調査を進めていて、死んだ魚のテスト結果は来月に受け取られる予定である。

Ejnews: 今日はオーストラリアからのニュースでした。確か昨年問題になった中国製のギョーザに付着していた農薬も有機リン系農薬ではなかったでしょうか?(農薬、食品添加物,プラスティク、多くのビタミン剤などは石油化学物質です。極微量で人体のホルモン分泌や細胞の機能を狂わせる可能性があり特に子供達は影響を受けやすいので注意して下さい。この事についてはリンクにある“モスカルのCS日記”をヴィジットして下さい。)
このブログでも農薬については何回か取り上げましたが、有機リン系農薬だけでなく、例えばモンサントのラウンドアップの様な除草剤は、同社のラウンドアップレディーGM農作物に使われ、このGM種はラウンドアップを散布されても枯れない様に遺伝子操作されているので、収穫されたこの種類のGM農作物は残留除草剤を多く含む結果となり非常に危険だと言う事です。
兎に角、人体の機能は極微量の人工化学物質によって影響されるそうですから農薬の様な残留人工化学物質には注意しましょう。
処で、もう直ぐオバマ大統領が就任します。(火曜日。もうお祝いはワシントンで始まっています。リンカーンメモリアルで今日はコンサートがありU2等の有名なミュージッシャンが演奏していましたが,ななな何と"Pete"Seegerピートシーガーが演奏していました。彼は1930年代から演奏活動をしているフォークミュージッシャンでWoody Guthrieウディーガスリー等とも演奏した人です。

)政権受け継ぎの準備は充分に進められているようですが、ブッシュ政権の後片付けは経済的な面だけ見ても3世代は充分必用だと言われています。其の他にも、テロリストの容疑者達に対する拷問問題を上手く政治的に処理できるかどうかが国内、国際的にも大きな問題になると思います。拷問の方法で話題になっているのは“水責め”(他にももっと酷い拷問をしているのですが)でスペインカトリック教会の宗教裁判、第二次大戦中日本軍の水責め拷問は戦争犯罪として捉えられているので、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドまで責任が追求される可能性があるのです。
然し、アメリカには大統領の任期の終わりに犯罪者に対する大統領特赦が出されますが(此れはアメリカが民主主義でないもう一つの例です。有力者、金持ち、コネクションの或る犯罪者は罪が免除されるのです!!!!)ブッシュが自分自身も含めて政権のメンバー殆どを特赦するのかどうか冗談半分に取り沙汰されています。唯、イラク侵略の理由となった核兵器の原料のイエローケークのアフリカからの密輸のでっち上げの件、サダムフセインは大量殺戮兵器を破棄していたにも拘らずブッシュ政権は其れを利用し侵略戦争を開始した件、等が問題になっていて政権の各メンバーを一つの条件(拷問、電話、E-メイルなどの違法盗聴、等々この政権の犯罪は多いのです)で特赦出来ないだろうとリベラル反ブッシュ派のラジオトークショーホスト達はハシャイデいます。1949年に第二次大戦中の徴兵拒否をした平和主義者達によって開設されたPacificaパシフィカNPOラジオネットワークに加えて、この8年間ブッシュ政権の行動が余にも酷いので“エアーアメリカ”(此れは営利ラジオ局)等のリベラルラジオ局が開設されたりしたのです。其れまで本当のニュースや議論を聴くのにはパシフィカネットワークしかなかったので、リベラルなニュース番組やネットワークが誕生したのはブッシュ政権8年間で唯一つ良いニュースでした。日本にもありますか?反保守ラジオ局?
興味の或る方は以下です。
http://www.pacifica.org/  此れはPacifica Radioパシフィカファウンデーションのサイト。

西海岸のパシフィカネットワークの放送局では
ロスのKPFKと言う局があり、http://www.kpfk.org/ が其のサイト。
サンフランシスコはバークレーの http://www.kpfa.org/ です。
エアーアメリカは  http://airamerica.com/ です。

最後に、この前のイスラエルハマス紛争の私見でガザ沖の天然ガス田がイスラエル自衛軍のガザ侵攻の様に受け止められる箇所がありましたが、イスラエルのガザ侵攻はあくまでも迫っているイスラエル国内の選挙で与党がパレスチナ人に対して厳格な態度を取り、ベンヤミンタニャフにの人気の上昇を抑える目的である事に変わりはないのだそうです。説明不足をお詫びします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

人生で悩みのある方、仏教を勉強してみたい方、リンクにある“住職のひとりごと”をヴィジットしてみてください。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

zen9you さん「仏教を学ぶ人のためのナマステ・ブッダ」も読まさせてもらっています。私は良い物に巡り合うと社会で共有しなければならないと言うアナキストに近い考えを持っていますので"住職のひとりごと”も社会にもっとエクスポージャーがあるべきだと思っています。
 世界中の農薬の使用量は信じられない位多いのです。アメリカでは知能に障害のある子供達が毎年増え続けています。環境に増え続ける石油化学物質が原因だと言われています。

No title

こんにちは。

ブログご推薦、恐縮です。皆様のご参考になりますれば有り難いことです。

今後とも宜しくお願いします。


オーストラリアでの自然汚染。対岸の火事とも言えない内容ですね。不況になれば余計にこのようなことを安易にしかねない時代。消費者自らが気をつけねばいけません。

No title

和久希世お元気ですか?DDTは分解しないそうですね。だから自然界に蓄積するそうですね。色々な農薬の分解が企業の説明よりも長い期間かかるそうです。ベトナムの枯葉剤は“エイジェント オレンジ”と呼ばれていて遺伝子組み換え農作物で有名なアメリカのモンサントとダウケミカルの製品でした。
 モンサントの製品ははサッカリン、ラウンドアップ除草剤、DDT,PCB,アスパータム(ニュートラスイート)等です。全て石油化学物質です。
 農薬は最終的に海に流れ込むのですが、海流の作用で北大西洋に多く蓄積される様で、魚や水生哺乳類を食べるグリーンランドのエスキモーの体内には水銀も含めて、ありとあらゆる人工化学物質が蓄積されていると言う事です。科学者たちはエスキモーの子供達の脳の正常な成長を心配しているようです。最近俳優のジョントラボルタのお子さんが癲癇の発作で亡くなられましたが、彼も子供の時に化学物質が原因の重症の化学物質過敏症になり結果として癲癇になっていたそうです。
 怖いですね。

蓄積される化学物質の怖さ

殺虫剤とか、除草剤とかはそれだけをとったら大変便利なものですが、大変な負の面も持っているのですね。
虫も雑草も、人間と同じく生物だから、魚にだって人間にだって害になると言うことなのでしょう。
戦後間もなくの小学校で、占領軍に(蚤しらみが増えているので)、頭からDDTをかけられた子供が大勢有りましたが、DDTの被害に会ったという話しは聞いたことがありませんでした。
それが最近DDTの被害が問題になっているらしいですね。

生物に害のあるものをあまりに、気楽に使い過ぎて来た為、ついに海水を汚染し魚の遺伝子にまで影響を与えるまでになってしまった。
そして積み重ねられた害毒は、人体にも影響が出るまでになったと言うことなのでしょうね。

もう何十年も前になりますが、ベトナムの畸形の双子べとちゃんどくちゃんのことを思い出させられます。
あの時は米軍によって大量の枯葉剤がまかれたのが原因だろうと言われていましたが、
ベトナムでは一気に大量に撒かれたから、すぐに被害が出ましたが、
年月をかけて蓄積されても、同様の結果を齎すもののようですね。
何とかこの辺でストップされると良いのですが・・・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。