スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が原子力発電の為に払うのか?

Who Pays for Nuclear Power?
誰が原子力発電の為に払うのか?

posted November 30, 2001 (web only) The Nation
2001年11月30日 ザ ネイション(ウエッブ オンリー)
Matt Bivens
ejnews: このザ ネイションのサイトの記事は随分古い記事ですが、日本の原子力発電が気になっているので日本の皆様にもアメリカの状態と比較して考えて頂きたいと思い記事を訳してみました。日本は地震が多く若し大規模の地震が起これば小さな国ですから放射能汚染が広がり、ロシアやアメリカの様に何処かに恒久的に避難と言うのもなかなか困難ではないかと心配しています。

If, God forbid, a nuclear power plant goes kaboom and you have to flee your home, then on top of all of the other problems you'll have, here are two more:
 若し原子力発電所が爆発して---本当に爆発しないで欲しいもんだけど---自宅から非難しなくてはいけないとすると、山積みの問題の上に今から説明する2つの問題に突き当たります。

Kaboom は爆発音を表します。ドカーン!ですね。
On top of ~の上に、~加えて、


1. Your homeowner's insurance will not reimburse you. This is because of the Price Anderson Act, which limits the liability of nuclear power plant operators to a tiny fraction of the potential costs of an accident--terrorist-sponsored or otherwise. The act prevents insurance companies from suing the nuclear power industry to recover damages--which is why they can't afford to include nuclear accidents in homeowner's coverage.

1 貴方の住宅総合保険は損害を保障しない。此れはプリンス-アンダーソン条令で原子力発電所経営者の支払う損害賠償の限度額が事故で起こると想定される被害額のほんの少しに定められているからです。其れは原因がテロリズムであろうと其れとも他の原因でもと言う事です。この条例は保険会社の損失の回収を目的とする原子力発電業界に対する訴訟を制限しているのです。この事が保険会社が住宅総合保険の補償内に原子力発電所の事故を入れられない理由です。

Reimburse  払い戻す、賠償する(保健などが費用を支払う事等)良く使われる単語です。
Operator ジャパングリッシュでオペレーターです。此処では経営者。
Power 電気   power generator.発電機
Afford ~の余裕がある、I can’t afford that kind of car.私はあんな車を持つ余裕がない。We can’t afford to lose this game.このゲームは落とせない。


2. You will, however, as a taxpayer be indirectly picking up the tab for the accident. Somebody has to--and the Price Anderson Act says it won't be the industry.

2. 然し、貴方は納税者として原発事故の付けを払っているのです。誰かが原発事故の後始末の費用を払わなければならないでしょう、然し、プライス-アンダーソン条令では後始末の費用を払うのは原発業界ではないと言う事です。

Tab 勘定書き、でpick up the tabは、皆の、誰かに代わって勘定を払うと言う意味。I ‘m gonna pick up the tab. Don’t worry.俺が払うよ、気にするな!となります。ところでI’m gonna はI am going toの日常会話形 です。

Price-Anderson, the nuclear power industry's 1950s-era insurance subsidy, is up for renewal, something that happens every fifteen years or so. And on a bleary, post-Thanksgiving Tuesday, November 27, the House Republicans sneaked it through. They did so under a format usually reserved for noncontroversial matters, like renaming post offices or court houses--"suspension of the rules"--which meant debates were limited to twenty minutes on each side, with no amendments and no record of the votes. Keith Ashdown, a spokesman for Taxpayers for Common Sense, called it "an abuse of the legislative process."

 プライス-アンダーソンこの1950年代の原子力業界への政府からの助成金制度は約50年毎にやって来る更新の時期に来ている。で、感謝祭の後の疲れ果て頭のボーットしている11月27日に下院共和党はこそ泥の様にこっそりとプライス-アンダーソン条令の無変更を決議してしまった。共和党は本来なら問題にならないと思われている議案の為に準備されている(例えば、郵便局、裁判所の名前の変更などの為の)簡略化された決議方法(suspension of the rulesルールを停止すると言う意味)を通して決議してしまった。議事は議論は対立する相互の議論時間を20分以内に限定する、条項の修正はない、投票の記録も取らない、と言う形で行われた。“常識を求めている納税者”Taxpayers for Common Senseと言う組織のスポークスマンのキース アッシダウン氏は『立法手続きの悪用だ!』と非難している。

Renewal 更新、期限の延長、日本では家の改装をする時にもリニューアルとジャパングリッシュにして使っている様ですが、この場合はremodelリモデル 型を直す、改装する、を使います。室内の飾り付けを変えるだけならredecorateリデコレイト。完全に建て直すならrebuild リビルド。

Considering that George W. Bush became President via the Supreme Court's equivalent of "suspension of the rules," it's unsurprising that the Administration was pleased. A White House statement praised the House vote, noting, "To assure the future of nuclear energy, liability coverage must continue for nuclear activities."

 ジョージ.W.ブッシュが最高裁判所のsuspension of the rules“ルールの停止”によって大統領に就任でできた事を考えると、ブッシュ政権がこの件に関して満足感を表明しているのは驚くに当たらない。ホワイトハウスは、下院の投票結果を賞賛し『原子力の将来を保障する為に損害補償適用条件の現状維持は堅持しなければならない』との声明を発表している。

So the White House--which launched the atomic "renaissance" now under way by talking up the virtues of nuclear power--makes the interesting admission that the nuclear industry could never survive in a free-market system.

 と言う事は、“原子力ルネッサンス”と言う政策とスローガンで原子力の価値宣伝しているホワイトハウスのプライス-アンダーソン条令を無理やりにでも堅持しなければならないと言う事実が、“原子力業界は自由市場では生存出来ない”と言う事を思いもよらない形で示した事になる。

For Price-Anderson to sail to the rescue of this poor widdle uncompetitive puddy-tat of an industry, the Democratic-controlled Senate also must agree. Majority leader Tom Daschle said on November 27 the topic might come up in January.

 プライス-アンダーソン条令が、この可愛そうな競争力の無い(原子力)業界の子猫ちゃんを救助出来る様に効果を発揮する為には、民主党主導の上院での賛成が不可欠である。多数派の議長トム ダッシェルは11月27日に『この事項は1月に議題の上って来るかも知れない。』と述べている。

Poor widdle puddy-tat 『可愛そうな子猫ちゃん』アメリカのワーナーブラザースアニメでツィーティーと言う名前の黄色いカナリアが言う台詞。
The little yellow canary bird that is the eternal target of Sylvester the Cat.
このちさい黄色のカナリアはシルヴェスターと言う猫の永遠のターゲットです。


Congress is pondering ways to shore up security and safety at the nation's nuclear power plants, from stockpiling medicines for radiation poisoning to expanding emergency evacuation plans. But the dark horse coming up fast is something else: an industry-favored piece of legislation that, in the unfortunate event of a nuclear catastrophe, makes damn sure that someone else foots the cost.

 議会は原子力発電所の安全保障について、放射線症薬の備蓄、緊急避難計画の拡大等の手段で強化する事を検討している。然し、それとは別に誰も予想していなかった何か悪い事が起ころうとしている。其れは原子力業界の大好きな立法懸案で、其れは“不幸にも原子力カタストロフィー(大規模事故)の起こった場合には絶対に業界では無い誰かが付けを払う”と言う条項です。
But the dark horse coming up fast is something else,のthe dark horse何か悪い事coming up fast気が付かないうちに。

When it comes to improving security, the industry's critics are active. Massachusetts Democrat Edward Markey has introduced a bill in the House to create potassium iodide stockpiles near nuclear power plants. Potassium iodide was administered in 1986 to Soviet children who were near the Chernobyl disaster, and is credited with preventing thousands of thyroid cancers among them. "Potassium iodide is to radiation exposure what Cipro is to anthrax," Markey said in a statement.

 安全保障の強化の話になると、業界の批判家達は活動的になりマサチューセッツの民主党エドワード マーケイはヨー化カリウムの原子力発電所周辺での備蓄の法案を上院に提出している。ヨー化カリウムはソ連時代の1986年チェルノビル事故で周辺の子供達に投与され数千の子供達を甲状腺癌から救った事が評価されている。『ヨー化カリウムの放射能症に対しての関係は、アンソラックスに対してシプロのと同じ様な物だ。』と声明は述べている。

Ciproシプロは生物兵器のアンソラックス菌に有効な抗生物質。

New York Senator Hillary Clinton also has called for potassium iodide stockpiles, along with a plan to evacuate New York City should anything--terrorist-sponsored or otherwise--go wrong at the Indian Point nuclear power plant, just 40 miles up the Hudson River from Manhattan. Clinton and her Democratic colleague from Nevada, Harry Reid, also favor legislation to federalize nuclear plant security, a la the airports.

 ニューヨークのヒラリー クリントン上院議員もマンハッタンからハドソン川の僅か40マイル上流のインディアン ポイント原子力発電所に、テロリズム若しくは他の原因で事故が起きた場合のニューヨークの避難計画と共にヨー化カリウムの備蓄を提唱している。クリントン議員と共にネヴァダ州の同僚ハリー リード民主党議員も原子力発電安全管理を空港の様に連邦政府の管轄下に置く事を立法化する事に賛成している。 
 
But talk is cheap, and the action will start Tuesday, November 27, on the House Floor. Louisiana Republican Billy Tauzin has scheduled a vote on HR 2983, a bill to renew the Price-Anderson Act, a 1950s-era insurance subsidy for the nuclear power industry that expires next summer. Tauzin's Commerce Committee tentatively approved the bill in a debate-free Halloween-day voice vote; on Tuesday, the bill will come before the full House for an up-down vote, under rules limiting debate and prohibiting amendments.

 然し、話すのは簡単、行動は議会で1月27日火曜日にはじまる。ルイジアナ共和党ビリー タウジンはこの夏に期限が切れる1950年代の原子力発電業界の保障為の補助金プライス-アンダーソン条令を更新するHR2983を投票かける様に予定している。タウジンの商業委員会はこの条例を議論なしでハローウィンの日にvoice voteで暫定的に承認した。この議案は議員全員の出席した議会で制限つきの討論と条例事項改正抜きで採決される。

Voice vote ヴォイス ヴォートとは議長が『この法案に反対の議員はイエスと言って下さい!』とかと言って票決する方法。誰が何に投票したか記録が残らない票決の方法でこの方法を取らなければいけない議会、委員会などの動機が怪しまれる方法だそうです。

Up-down vote アップ ダウン ヴォートとはclean voteクリーンヴォートとも呼ばれ議員は単にイエスかノーの投票をする。

"Well, now isn't this just like the nuclear industry and its allies, bringing us a real turkey for Thanksgiving?" complains a statement by Public Citizen, the consumer advocacy group. "Attaching a controversial piece of legislation to unrelated legislation, just after a major national holiday, without debate, about limiting industry liability on hundreds of nuclear reactors after the September 11th tragedy?"

 『う~ん!じゃあ、此れ、原子力業界とその仲間達が感謝祭に本物の七面鳥を俺達にプレゼントに持ってくるって事と同じ事?』と文句を言っているのはパブリック シティズン(公市民)消費者支持団体『9/11の悲劇の後に、数百に上る原子炉に付いての業界の義務を制限するこの問題のある法律を関係の無い法律にくっ付けて、議論なしに然も大きな祭日の直ぐ後に“こっそり議会を通過させようとしている。”』

パブリック シチズン(公?一般?市民)----消費者運動で有名なラルフネイダーの創始した団体。若しネイダーがいなかったらシートベルトを含めた自動車の安全性等をはじめ消費者の権利の確立などが非常に遅れることになったでしょう。彼は消費者保護運動だけでなく民主主義の偉大な支持、推進者です。

Insurers are pros at assessing risk; when the federal government started talking up civilian nuclear power plants in the 1950s, insurers assessed the risks and ran for cover. Enter the 1957 Price-Anderson act, which today limits the nuclear industry's collective liability for any mishaps to a ballpark of about $12 billion. For comparison, estimates of the costs of Chernobyl run to about thirty times that; while a 1982 study by the Sandia National Laboratories suggested the cost of a major US nuclear accident would run to more than forty times the industry's current liability cap (in today's dollars). That's to say nothing of the human costs in immediate deaths and long-term cancers.

 保険業者は危険性を査定する事につけてはプロである。1950年代、連邦政府が民間(企業の)原子力発電の事を熱心に話し始めた時、保険業者は危険性の査定をしそしてとっとと逃げ去ってしまった。1957年プライス-アンダーソン条令が定められ、其れによると現在如何なる事故に付いての業界の集団責務の上限を約120億ドルと定めている。比較すると、見積もりされたチェルノビルのコストはプライス-アンダーソンの業界の責務の訳30倍、1982年のサンディア国家研究所の研究では、合衆国での大きな原子力発電に関係した事故のコストは現在の業界の責務の上限の40倍以上になるとの事である。其れは事故直後の死傷者、長期的な癌患者の事など人間への被害を考慮しないでの見積もりである。

What happens if HR 2983 is voted down, and Price-Anderson not renewed? Most likely, no new nuclear power plants would be built. As even Vice President Dick Cheney has conceded, without Price-Anderson's security, "Nobody's going to invest in nuclear power." Voting down HR 2983 would in particular drive a stake through the heart of projects like the new-fangled Pebble Bed Modular Reactor--a most terrorist-friendly power plant, because its designs don't include a concrete containment building around the reactor.

 若しHR2983が否決されプライスアンダーソン条令が更新されないと何が起こるのだろう?恐らく新しい原子力発電所は一基も建設されないだろう。副大統領ディックチェイニーでさえプライスアンダーソンと言う保障なくしては誰も原子力発電に投資しないだろう”と認めている。HR2983の否決は、特に新しい今流行のぺブル.ベッド.モヂュラー.リアクターの様なテロリストに親切なプロジェクトの心臓に杭を打ち込む事になるだろう、なぜならこのデザイン(設計図)はリアクターを覆う拡散防止の為のコンクリートの建物が含まれてないからだ。

Pebble Bed Modular Reactor (PBMR)ドイツで開発されたTHTRと言うリアクターから発展した水を使わないリアクター。

But with or without HR 2983, existing nuclear plants keep their insurance breaks--and, no doubt, industry spokespeople will continue to boast that taxpayer-subsidized nuclear power is "cheap." Congress could, of course, revoke those protections, and force the industry to buy its own insurance--i.e., to pay its own way. But no one in Congress is seriously discussing such radical free-market shock therapy.

 しかしHR2983を考慮に入れなくても、今存在している原子力発電所は事故災害のための保険を軽減され続け、そして疑いなく業界を擁護している人達は納税者によって補助されている原子力発電は安いと言い自慢し続けるだろう。議会はもちろん補助を無効にし、そして業界に彼ら自身で保険を購入させる事も出来る。他の言い方をすると、自分のことは自分で払うと言う事。しかし議会の誰もその様な過激な自由市場ショック セラピーの事を真剣には議論していない。

ejnews:この記事は皮肉な書き方をしているので、原子力発電業界を国民からの税金を使って保護している政府は当然企業が従わなければならない自分の経営費用(この場合は損害賠償の費用)は自分で払うと言う資本主義自由市場ルールを原子力業界には当てはめない事に対して、普通の自由市場のルールも業界や政治家達には“過激な自由市場ショックセラピー”と受け止められていると皮肉な言い方で表現している。

The Price-Anderson Act from Wikipedia
ザ プライス-アンダーソン条令についてウィキペディアより。


The Price-Anderson Nuclear Industries Indemnity Act (commonly called the Price-Anderson Act) is a United States federal law, first passed in 1957 and since renewed several times, which governs liability-related issues for all non-military nuclear facilities constructed in the United States before 2026. The main purpose of the Act is to partially indemnify the nuclear industry against liability claims arising from nuclear incidents while still ensuring compensation coverage for the general public. The Act establishes a no fault insurance-type system in which the first $10 billion is industry-funded as described in the Act (any claims above the $10 billion would be covered by the federal government). At the time of the Act's passing, it was considered necessary as an incentive for the private production of nuclear power — this was because investors were unwilling to accept the then-unquantified risks of nuclear energy without some limitation on their liability.

 ザ プライス-アンダーソン原子力業界補償条令(一般にはザ プライス-アンダーソン条令と呼ばれている。)は米合衆国連邦法、2026年以前に合衆国内に建設された軍事関係以外の全ての原子力関係の設備に関する補償賠償問題を取り扱う。1957年に始めて条例となり、その後数回更新される。条令の主な目的は原子力業界を原子力事故から生ずる賠償責任を部分的に免除する事し、同時に一般国民に対する補償、賠償を保障する事である。条令は無過失損害賠償タイプのシステムで条令に示されている様に100億ドルは業界が支払い資金を供給し(100億ドルを越す賠償は連邦政府が供給する)。条令が議会で審議されていた当時は、民間の原子力発電の奨励策として必要だと考えられていた。-----その理由は、投資家は当時原子力発電に関する数字的、量的、予想が不可能だった危険度の賠償負担に何等かの制限無しに受け入れる事を拒んだ為である。

The Act has been criticized by a number of groups, including many consumer protection groups. In 1978, the Act survived a constitutional challenge in the Supreme Court case Duke Power Co. v. Carolina Environmental Study Group (see below). The Act was last renewed in 2005 for a 20-year period.

 この条令は消費者擁護団体を含めた数々のグループに批判されている。1978年、最高裁での憲法上の異議、無効議論(Duke Power Co. v. Carolina Environmental Study Group デューク パウアー コーポレーション対カロライナ環境研究グループ)を経て生き残り、2005年に20年間の更新が決まった。

ejnews: 

1:つまりアメリカでは原子力発電は事故が起こった時の賠償額が巨額すぎて保険会社が保証しないと言う事。

2:だから業界が賠償の為に資金を出ししかも当然100億ドルでは少な過ぎるので税金を賠償の為に使うと言う事。

3:原子力発電所の事故は住宅保険では補償対象になっていない!?と言う事。??????

 日本ではどうなっていますか?これれじゃなんだかアメリカでは企業の言い成りになっているみたいですね。それに私の読んだ記事時によると、若し石油、石炭が無くなって原子力発電に頼らなければならないとしても、ウラニウムなどは希少鉱物で世界中で争奪戦になり結局従来の発電方法に取って代わる事は出来ないと言う事だそうです。しかも原子力発電とは原子力の御鍋でお湯を沸かしその蒸気でタービンを回して発電しているのですから、唯の発電としてはリスクが異常に大きいと言うか、馬鹿馬鹿しいと言うか唖然とする様な発電方法なのです。しかも、ウラニウムなどを抽出精製するのに莫大なエネルギーを使うので効率と言う面、環境汚染と言う面からもからも馬鹿馬鹿しい方法だそうです。此れは数年前にラジオで聞いたニュースでしたが、アメリカでは原子力発電所で使われていた被爆汚染された金属を中国に屑鉄等として売っているそうです。中国ではそれでフォーク,スプーンを含めて色々な製品を製造しているとの事でした。勿論、他の材料に混ぜるので放射線放出量は少ないとの説明でした!?!?!?!?。其の他にも、使用後の核燃料の保管所に決められていたユカ山の地下保管所も予想されていたよりも不安定で、然も全国から使用済み燃料をトラックや列車で運んで来る訳ですから当然事故が考えられます。他にも、ネヴァダ州民は原子力発電の恩恵を余り受けてないのでアメリカ全体の犠牲にはなりたくないと言った事などでもめている様です。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。