スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルシャワゲットー。ガザゲットー。

Warsaw Ghetto
ワルシャワ ゲットー

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、無料百科事典より。


The Warsaw Ghetto was the largest of the Jewish ghettos located in the territory of General Government during the Second World War. The
Warsaw Ghetto was established by the German Governor-General
Hans Frank on October 16, 1940. At this time, the population of the
Ghetto was estimated to be 440,000 people, about 38% of the
population of Warsaw. However, the size of the Ghetto was about 4.5% of the size of Warsaw. Nazis then closed the Warsaw Ghetto from the
outside world on November 16, 1940, building a wall with armed guards.

 ワルシャワゲットーは第二次大戦中独逸のポーランド支配総轄政府内に存在した最大のユダヤ人ゲットーだった。ワルシャワゲットーは独逸の知事ハンス フランクにより1940年19月16日に設立された。当時ゲットーの人口は440000人と見積もられワルシャワの人口の約33%であった。然し、ゲットーの面積はワルシャワの面積の約4,5%であった。ナチ政権は1940年11月16日、ゲットーを外界から封鎖し壁を建設し警備兵を配置した。
During the next year and a half, thousands of the Polish Jews as well as some Romani people from smaller cities and the countryside were brought into the Ghetto, while diseases (especially typhus) and starvation kept the inhabitants at about the same number. Average food rations in 1941 for Jews in Warsaw were limited to 184 kcal, compared to 669 kcal for gentile Poles and 2,614 kcal for Germans.

 続く1年半の間に、小都市や地方から何千人にも上るポーランドのユダヤ人そしてジプシーがこのゲットーに移動させられたが、疫病や飢餓(特にチフス)がゲットーの人口をゲットー開設時と同数に抑えていた。1941年の一般的なワルシャワのユダヤ人に対しての食糧配給はポーランド人669カロリー、ドイツ人2614カロリーに対して僅か184カロリーであった。

Unemployment was a major problem in the ghetto. Illegal workshops were created to manufacture goods to be sold illegally on the outside and raw goods were smuggled in often by children. Hundreds of four to five year old Jewish children went across en masse to the "Aryan side", sometimes several times a day, smuggling food into the ghettos, returning with goods that often weighed more than they did. Smuggling was often the only source of subsistence for Ghetto inhabitants, who would otherwise have died of starvation. Despite the grave hardships, life in the Warsaw Ghetto was rich with educational and cultural activities, conducted by its underground organizations. Hospitals, public soup kitchens, orphanages, refugee centers and recreation facilities were formed, as well as a school system. Some schools were illegal and operated under the guise of a soup kitchen. There were secret libraries, classes for the children and even a symphony orchestra. The life in the ghetto was chronicled by the Oyneg Shabbos group.

非雇用率はゲットーでの最大の問題だった。不法に外部に販売する製品を製造する非合法の工場が作られ原料は子供達によって密輸入された。毎日、時には一日数回も、何百人もの4歳~5歳のユダヤ人の子供達が迷宮のような迷路を通って“アーリアン(白人)側”に渡り食料をゲットー内に密輸し、多くの場合、彼等の体重よりも多い品物を持ち帰ったのだった。密輸は多くの場合、其れ無しには餓死してしまったゲットー住人の食料を得るの唯一つの方法であった。この様な信じられない様な困難にも拘らずワルシャワゲットーの生活は地下組織に主催された教育活動、文化活動で豊かであった。学校の他にも、病院、炊き出し(パブリックスープキッチン、)孤児院、避難民センター、レクリエーション設備等が設立された。或る学校は非合法であったがスープキッチンを装って経営されていた。秘密の図書館、子供達の為の教室、そして交響楽団まで存在していた。ゲットーでの生活はOyneg Shabbosグループによって年代的に記録されている。

Over 100,000 of the Ghetto's residents died due to rampant disease or starvation, as well as random killings, even before the Nazis began massive deportations of the inhabitants from the Ghetto's Umschlagplatz to the Treblinka extermination camp during the Gross-aktion Warschau, part of the countrywide Operation Reinhard. Between Tisha B'Av (July 23) and Yom Kippur (September 21) of 1942, about 254,000 Ghetto residents (or at least 300,000 by different accounts)[1] were sent to Treblinka and murdered there.[2] In 1942 Polish resistance officer Jan Karski reported to the Western governments on the situation in the Ghetto and on the extermination camps. By the end of 1942, it was clear that the deportations were to their deaths, and many of the remaining Jews decided to fight.[1]

全国規模のライハルト作戦の一部としてのGross-aktion Warschauの期間、ナチ政権がゲットーのUmschlagplatzからトレブリンカ大量殺戮強制収容所に住人の大量移住を開始する前に、既に十万人以上のゲットー住人が意味無く起こる殺人や頻発する疫病や飢餓で死亡していた。1942年Tisha B'Avティシャバヴ (July 23)7月23日 からYom Kippur ヤムキプアー(September 21)9月21日 の間に約25万4千人のゲットー住人(他の記録では30万人)がトレブリンカ収容所に移され殺害された。1942年ポーランドレジスタンスの上層部の一員ヤンカルシキは西側の政府にゲットーの状況と大量殺戮収容所について報告している。1942年末までには(トレブリンカ等への)移住は死を意味している事が明白になり、多くのゲットーに残っている住人は戦う事を決意した。

Warsaw Ghetto Uprising and destruction of the Ghetto
ワルシャワゲットーの叛乱と破壊

On January 18, 1943, the first instance of armed resistance occurred when the Germans started the final expulsion of the remaining Jews. The Jewish fighters had some success: the expulsion stopped after four days and the ŻOB and ŻZW resistance organizations took control of the Ghetto, building shelters and fighting posts and operating against Jewish collaborators. During the next three months, all inhabitants of the Ghetto prepared for what they realized would be a final struggle.

1943年1月18日、独逸が最後のユダヤ人ゲットー住民の追放を開始し始めた時最初のレジスタンスが始まった。ユダヤ人戦闘員は幾らかの成功を収め、強制移住は4日間でストップしZOBとZZWレジスタンス組織はゲットーを支配た。避難所、砦の設置、そしてユダヤ人の裏切り者に対しての行動を起こした。続く3ヶ月の間ゲットー住人は最後の戦いになると理解した戦いに向けて準備をしたのだった。

The final battle started on the eve of Passover, April 19, 1943, when the large Nazi force entered the ghetto. After initial setbacks, the Germans under the field command of Jürgen Stroop systematically burned and blew up the ghetto buildings, block by block, rounding up or murdering anybody they could capture. Significant resistance ended on April 23, 1943, and the Nazi operation officially ended in mid-May, symbolically culminated with the demolition of the Great Synagogue of Warsaw on May 16, 1943. According to the official report, at least 56,065 people were killed on the spot or deported to German Nazi concentration and death camps, most to Treblinka.

最終戦はナチ軍の大部隊がゲットーに侵入した、1943年4月19日のパスオーヴァー(過ぎ越しの御祭り)に開始された。初期の失敗の後ドイツ軍司令官ユルゲンスツループは出来る者は全て捕虜にするか、若しくは殺害し、組織的に区域毎にゲットーの建物を焼き払い爆破して行った。大規模なレジスタンスは1943年4月23日に終了し、ナチのこの作戦は1943年5月16日のワルシャワのユダヤ教会大寺院破壊を象徴的に最後として5月中旬に正式に終了した。正式な報告によると、少なくとも5万6千65人がゲットーで殺害されるか、ドイツナチ収容所や死のキャンプ、殆どがトレブリンカに送られて死亡した。

Ejews : イスラエルとガザの問題は多くの人々がブログで意見を述べているでしょから今まで避けて来たのですが、今日は第二次大戦中のユダヤ人のワルシャワゲットーについてウキペディアから翻訳してみました。
 この叛乱は1961年のLeon Urisレオンウリスの小説“5月18日”や1986年の映画“ハイランダー”や、Aleksander Fordアレクサンダーフォードの1948年の映画“Border Streetボーダーストリート”、1955年のAndrzej Wajdaアンジェイワイダの“ A Generationジェネレーション(世代)”、2001年の“Uprisingアップライジング(叛乱)”、2002年のRoman Polanskiロマンポランスキーの“The Pianistピアニスト”で主題として取り上げられています。
 Andrzej Wajda(アンジェイ ワイダ)はポーランド人のワルシャワ叛乱を取り扱った1957年の映画“地下水道” Kanalカナル(ポーランド語で下水)等で有名で皆さんも御存知だと思います。
 ヨーロッパではカトリックキリスト教会のお墨付きの政策で、ユダヤ教徒差別は第二次大戦まで非常に強く、デンマーク等の数少ない例外を除いて(デンマークではナチによって全ユダヤ教徒はダビデの星のマークを胸につけなければならないと言う命令が出された後、多くのキリスト教デンマーク人がダビデの星を胸につけて現れ、反ナチ意思表示をしたそうです。)ヨーロッパ人の反ユダヤ感情が無ければナチ独逸のユダヤ教徒に対する残酷な政策も成功しなかったであろうと言われています。
 ワルシャワゲットーを計画し責任者であった、ドイツのポーランド支配総轄政府知事Hans Frankハンスフランクは戦後ワルシャワゲットーについて責任を問われ戦争犯罪人としてニュールンベルグ裁判で有罪となり、絞首刑になりました。........ふ~ん??????
 パレスチナ人はワルシャワゲットーのユダヤ人レジスタンスと同じ事をしているのではないでしょうか?

毛沢東曰く『圧政(弾圧)のある所には反抗がある!』 


新しくリンクさせて頂いたブログがあります。 住職のひとりごと と言うブログです。この方は私の様な趣味の暇つぶしで仏教を勉強しているのではなく、正真正銘の御坊さんです。私も読ませて頂いたのですが素晴らしいブログです。仏教の事、社会の事、人生の事、etc,是非“住職のひとりごと”をヴィジットして下さい。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 和久希世さん、私はイスラエル問題は恐らく何世紀も解決出来ないだろうと思います。私は普通のアメリカのコンピューターを使っていて田中宇さんのブログは文字化けして読めませんでした。すみません。(殆どのサイトは読めるのですが。)
 イスラエル建国の精神的理念は“シオニズム’と言う民族の故郷に帰りユダヤ教徒だけの国家を再興するという考えです。19世紀末のオース トリアのTheodor Herzlシオドア ハーツルと言うユダヤ教徒によって提唱されたのです。“シオンの丘”はジェルサレム郊外の丘ですがユダヤ教徒にとっては故国を意味する 様になっています。古代のユダヤ国家が崩壊してから17~18世紀後に突然パレスチナは我々の国家だ!なんて言い出したものですから当時オットマントルコ 帝国の領地だったパレスチナの人々は『ジョーダンは止してよ!』と言う感じではなかったでしょうか。元々日本の天皇家や多くの日本人の先祖は朝鮮半島から 来ているので朝鮮半島は日本の一部だと言っている事と似ているのではないでしょうか?其れとユダヤ教徒と言ってもヨーロッパ人ですからパレスチナ人にとっ ては侵略行為としか映らない訳です。
 問題は複雑ですが、第一次大戦当時ユダヤ教徒の資本力が戦争続行に不可欠な為、ユダヤ教徒の大銀行家ロスチャイルド卿 にイスラエル建国をパレスチナに提案する様な手紙が英国の外交官から送られ、其れがヨーロッパのユダヤ教徒のイスラエル建国の直接的なアイデアになってい るそうです。(このロスチャイルド家は当時最大規模の銀行家で、日露戦争当時、英国政府が日本の国債を買い取る事についてOKを出し、それにより日本が日露戦争を続行出来たと言う 日本の歴史にも大きな影響を与えた銀行家家族でもあるのです)問題の根本はヨーロッパキリスト教徒のユダヤ教徒迫害にあるので、イスラエルの行動について はヨーロッパ各国はユダヤ問題がヨーロッパで起こらなくなったのでホットしていると言う感じもあると思います。
唯、伝統的スユダヤ教に言わせると、現 在のイスラエルは建国前に救世主(メシア)が表れなかったので本当のユダヤ教徒の国家ではないとされています。
 イスラエル政府は『イスラエルは中近東で唯 一の民主主義国家だ。選挙は平等でイスラエル人なら誰でも投票できる。』と言っています。とするとイスラエル建国当時から現在までの政策はイスラエル人の 総意だという事になります。確かにイスラエル国内でもイスラエル政府に対す反対の声もあるのですが、殆どの場合イスラエル人の総意はパレスチナ人に故郷を 変換する事には反対しているようです。イスラエル自衛軍(イスラエルの軍隊は日本と同じ“自衛”と言う名前を使っています)や警察、移民官のアラブ,パレスチナ人に対する行動(特に小学生以上の若い女性達を裸して検査し、長時間意味無く放置したりするのを見るとイスラエルではパレスチナ人に対する憎しみが国を挙げて教えられているのではないかとも思います。実際、アメリカで“パレスチナ人は悪魔の様な連中だ”と言っているユダヤ教徒は多いのです。此処ロサンジェルスはユダヤ教徒が多いのですが、平気でそんな事を言っているユダヤ教徒に会う事が多いのです。勿論、そうでないユダヤ教徒も多いのですが...............................)を見るとやはり人種差別が原因だと思います。未だにアメリカからの移民がイスラエルに移住し非合法の植民地を設立し、彼等はパレスチナ人のオリーブ農園の木を根 こそぎにし、自衛団を組織しパレスチナ人を難癖をつけて射殺する事件が相次いでいます。
 イスラエル建国時、第二次大戦当時ユダヤ教徒が故郷を追われた様に、 故郷を追われたパレスチナ人の多くが、未だにもう帰る事の出来なくなった失った彼等の故郷の家の鍵を持ち続けているそうです。
 欧米の対外政策は“分断し仲違いをさせ支配する”と言う方 法で世界中をコントロールしています。石油資源の多いイスラム世界である中近東に敵対関係にあるユダヤ国家が存在し続ける事は欧米諸国にとっては好都合な のでしょう。其の上、日本も頼っている、世界中で使われている兵器は欧米諸国の重要な輸出品ですから。
 この様に、イスラエル問題は本が書けるほど色々あるので私は今まで控えていたのですよ。
 兎に角、どの国でも、プラトン曰く『善良な市民の政治についての無関心の支払う代償は悪人によって支配されると言う事だ。』だと思います。

全くですね。

イスラエルはこんな事ばかりしていたら、どういうことになるか想像できないわけでもないのでしょうが、(だから必死で、パレスティナ全滅を企てているのでしょうか?)

イスラエルの歴史を見ると、哀れにも思えます。
何度もパレスティナと和解を試みていたのに、アメリカやイギリスが邪魔して、結果イスラエルの好戦的な人が国を牛耳って、50年戦争をして、悪名を定着させられる事になったと言う歴史を田中宇さんが嘗て検証しておられましたが(http://tanakanews.com/080909israel.htm)、そういう事情が有っても、やってしまったことは取り返しがつかず、責任はイスラエル人皆にかけられる事でしょう。

日本がもし中国か韓国と戦闘状態になって、アメリカの応援で戦争推進派が牛耳る戦争をしたとし、アメリカやイギリスその他の国々の軍事産業を儲けさせ続ける為に、泥沼の戦争となり、止めたくても色々な手を遣ってやめさせてもらえないようになっていたとしたらどんなかと想像するだに恐ろしい気がします。
イスラエルの普通の国民も、アメリカの一般の国民と同じように、
又被害者なのではないでしょうか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『善良な市民の政治についての無関心の支払う代償は悪人によって支配されると言う事だ。』プラトン

マスコミに載らない海外記事さんの「ガザ危機についてのブッシュへの手紙」に次のような一節が有ります。 このガザ破壊に反対のデモをした、予備兵も含む、何千人ものイスラエル人は、明らかにレビー氏に同意しています。しかしながら、彼らの勇気あせる態度は、イスラエ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。