スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋環境保護は和食保護!

A Sea of Troubles
危機に瀕している海。


Man is assaulting the oceans. They will smite him if he does not
take care
人類は海を攻撃している。若し人類が海を護らないと海は人類を咎めるだろう。

The Economist, December 30, 2008

http://www.organicconsumers.org/articles/article_16311.cfm

NOT much is known about the sea, it is said; the surface of Mars is
better mapped. But 2,000 holes have now been drilled in the bottom,
100,000 photographs have been taken, satellites monitor the five oceans and everywhere floats fitted with instruments rise and fall like perpetual yo-yos. Quite a lot is known, and very little is reassuring.
 海については余り知られていないと言われている。火星の表面の方がより地理的に知られている。然し、2千の穴が海底に掘られ10万の写真が取られ人工衛星は5つの海を監視し観測機器が詰め込まれている観測用浮フロートが至る所でヨーヨーの様に浮き沈みしている。かなりの事が海については知られていて、そして其の知識によると安心する事はホンの少ししかないのです。

The worries begin at the surface, where an atmosphere newly laden with man-made carbon dioxide interacts with the briny. The sea has thus
become more acidic, making life difficult, if not impossible, for marine
organisms with calcium-carbonate shells or skeletons. These are not all
as familiar as shrimps and lobsters, yet species like krill, tiny shrimp-like
creatures, play a crucial part in the food chain: kill them off, and you
may kill off their predators, whose predators may be the ones you enjoy served fried, grilled or with sauce tartare. Worse, you may destabilise an entire ecosystem.
 この問題は以前には存在しなかった人工の二酸化炭素でいっぱいの空気が海水と反応し始めた時に、海の表面から始まったのです。海は酸化し炭酸カルシウムの殻若しくは骨組みを持つ生き物にとって不可能とは言え無いまでも海での生存は難しくなった。海老やロブスターの様に有名じゃないけれども、其れでもオキアミの様な小さな海老の様な種類は食物連鎖で重要な役割を果たしている。それらの生き物を根こそぎにし、貴方の好物かもしれないフライや焼き魚タルタルソースと一緒に出されるオキアミを捕食する動物を根こそぎにする事は、其れ以上に全ての環境を不安定にする可能性が在るのです。

That is also what acidification does to coral reefs, especially if they are already suffering from overfishing, overheating or pollution. Many are, and most are therefore gravely damaged. Some scientists believe that coral reefs, home to a quarter of all marine species, may virtually disappear within a few decades. That would be the end of the rainforests of the seas.
 特に珊瑚礁の漁場が既に捕り過ぎになっているとか、水温が高過ぎるとか若しくは汚染に苦しんで居る場合は酸化によって此れと同じ事は珊瑚礁にも起こるのです。と言う事で多くの場合、そして殆どの珊瑚礁は極めて危険な状態にあるのです。或る科学者達は4分の1の海生動物の住処である珊瑚礁は実質的に数十年無いに消滅してしまうと信じているのです。其れは海の中の雨林の最後と言う事になります。

Carbon dioxide affects the sea in other ways, too, notably through global warming. The oceans expand as they warm up. They are also swollen by melting glaciers, ice caps and ice sheets: Greenland's ice is on track to melt completely, which will eventually raise the sea level by about seven metres (23ft). Even by the end of this century, the level may well have risen by 80cm, perhaps by much more. For the 630m people who live within 10km (six miles) of the sea, this is serious. Countries like Bangladesh, with 150m inhabitants, will be inundated. Even people living far inland may be affected by the warming: droughts in the western United States seem to be caused by changing surface temperatures in the tropical Pacific.
 特に環境温暖化という現象で二酸化炭素は海に違った影響も与えるのです。温度の上昇に応じて(体積が増えるので)膨張するのです。其れだけでなく海は溶け出した氷河や山頂の氷や氷の層等でも水位が上昇します:グリーンランドの氷は完全に溶けてしまう方向に進んでいて、其れは終局的に海の水位を約7メートル(23フィート)上昇させるのです。今世紀の終りには水位は80センチ程上昇しているでしょう。若しかするともっと上昇しているかも知れません。6億3千万の人々が海岸から10キロメートル(6マイル)以内に住んでいて此れは大きな問題なのです。1億5千万人の居住者の居るバングラデッシュの様な国は水浸しになってしまいます。内陸に住んでいる人々も気候温暖化の影響を受けます。:米合衆国西部の旱魃は熱帯地域の太平洋表面の温度の上昇が原因している様に見えるのです。

And then there are the red tides of algal blooms, the plagues of jellyfish and the dead zones where only simple organisms thrive. All of these are increasing in intensity, frequency and extent. All of these, too, seem to be associated with various stresses man inflicts on marine ecosystems: overfishing, global warming, fertilisers running from land into rivers and estuaries, often the whole lot in concatenation.
 其の上植物プランクトンの大発生による赤潮、クラゲの大発生、そして単純な生物しか繁栄出来ないデッドゾーン等これ等は徐々に周期が早くなり大規模になってきています。そして下記の全ての問題も人間が海洋環境に与えているストレスに関係している様に見えるのです。:漁場での乱獲、地球温暖化、川や河口の湿地帯に流れ込む多くの場合大量の高濃度の(化学)肥料。

Some of the worrying changes may not be entirely the work of man. But one that surely has no other cause is the dearth of fish in the sea: most of the big ones have now been hauled out, and the rest will be gone within decades if the pillage continues at current rates. Indeed, over three-quarters of all marine fish species are below, or on the brink of falling below, sustainable levels. Another change is the appearance of a mass of discarded plastic that swirls round in two clots in the Pacific, each as large as the United States. And the sea has plenty of other ills, as our special report this week explains.
 幾つかの問題の変化は全く人間の行為が原因している訳ではないのかも知れません。然し、唯1つ他に原因の無い問題は海の魚の死と言う事です。大型の種類は殆ど捕り尽くされ、若しこの略奪が現在の状態で続くと、残りも数十年内に絶滅してしまうでしょう。確かに4分の3以上の全ての海の魚類は種を保存出来るレベル以下か其のレベルにもう少しで陥ってしまう状態にあります。もう1つの変化は米合衆国と同じ広さの捨てられたプラスチック、ビニールのゴミが二つの塊となって太平洋で渦巻いているのです。そして海には私達のスペシャルリポートで説明している様にもっと沢山の他の問題があります。

全記事は下記のサイトで読んで下さい。
Full story: http://www.economist.com/opinion/displaystory.cfm?story_i...


THE IMPACT OF GLOBAL TRAWLING:
MAPPING OUR FOOTPRINT ON THE SEAFLOOR
世界的底引き網による影響:海底での我々の行為の地図化による追跡。

http://earthtrends.wri.org/features/view_feature.php?theme=1&fid=10
Source: Adapted from World Resources 2000-2001 and Pilot Analysis of Global Ecosystems: Coastal Ecosystems
Author: Y. Kura, L. Burke, D. McAllister, K. Kassem
Date: August 2000

The impact of trawling on marine ecosystems may be larger than we realize. Certainly, the footprint of global trawling is bigger than many people suspect, according to a recent analysis of the world's trawling grounds.
 海洋環境に与える底引き網漁のインパクトは我々が思っているよりも大きいのかもしれない。最近の世界的底引き網漁場の分析によると、確かに底引き網漁の残す痕は多くの人々が考えているよりも大規模なのです。

Trawling is the dragging of weighted nets across the sea floor to catch shrimp and bottom-dwelling fish such as flounder. Trawling grounds are areas of the ocean where commercial trawling—legal or illegal—is prevalent.
 底引き網漁とは錘を付けた網で海底を引きずって海底に住む海老や平目の様な魚を捕る為の漁法です。底引き網漁場は合法若しくは違法の商業底引き網漁が頻繁に行われている海域の事です。

As part of a global study of ecosystem conditions, researchers attempted to map the seafloor areas that trawlers sweep—a task made difficult by the fact that no global database for ocean trawling exists. Only 24 countries—representing some 40 percent of the world's continental shelf area—provided sufficient data to map trawling grounds in their waters. (See Figure 1.) The map analysis concluded that trawling grounds in these countries encompass 8.8 million km² (Burke et al. 2001:22-23). Extrapolating from these figures suggests that the world's trawling grounds could total approximately 20 million km², nearly two and one-half times the size of Brazil (UNDP, UNEP, WB, and WRI 2000:80).
 世界的な環境状態の研究の一部として研究者達は底引き網が一掃する海底の地図作りを試みましたが世界的な底引き網漁のデータが無い事がこの仕事を難しくしました。僅か24カ国……………全世界の大陸棚漁場の40%を代表する…………….が底引き網漁場の地図製作の為に充分な彼等の国の海域のデータを提供しました。(図1参照)地図の分析では底引き網漁場は8百80万平方キロメートルに達すると結論付けました。これ等の数字から推測すると世界的な底引き網漁場は約2千万平方キロメートルに達する事が示され、其れは殆どブラジルの2倍半のサイズなのです。

Trawling is a major source of pressure on the biodiversity of coastal ecosystems. Modern techniques are capable not only of rapidly depleting targeted fish stocks, but also of damaging or destroying nontarget species, including corals and sponges, that may take years to recolonize. The thick natural carpet of bottom-dwelling plants and animals is important for the survival of the fry of groundfish such as cod, which find protection there. Thus, destruction of seafloor habitats is one of the principal factors in the decline of fishing stocks in heavily trawled areas (Engel and Kvitek 1998:1204-1205). In fact, some marine ecologists have compared the effects of trawling on the biology of the seafloor to the effects of clearcutting on forest ecosystems (Watling and Norse 1998:1180-1194).
 底引き網漁は沿岸環境の種の多様性に対する最も大きなプレッシャーの原因なのです。現代的技術は目的の魚類の集団を素早く根こそぎにするだけでなく繁殖するのに何年も必要とする珊瑚やスポンジの様な漁の目的では無い種類を傷つけ破壊する能力があるのです。分厚い海底の自然の絨毯である海草や動物は海底に住む鱈等の稚魚が隠れ家を探す為に必要なのです。だから底引き網漁が集中する地域での海底の生息地の破壊は最も大きな魚群の減少の原因の1つなのです。
実の所、或る海洋生態系学者が底引き網漁法の海底に与える影響と何も残さない完全な伐採の森林生態系に与える影響を比較しているのです。
Fryには油で揚げると言う意味の他に魚の稚魚と言う意味があるのです。

Increasing use of new deep-water trawling equipment means that damage is no longer restricted to shallow shelf areas. More and more, fishers are trawling beyond the continental shelf, expanding into areas that previously were not regularly swept by trawlers. Harvesters are trawling at depths up to 400 m and, in some places, more than 1,500 m (Burke et al. 2001:23). Because deep-living species tend to grow more slowly than shallow-water species, the long-term impact of trawling is magnified as trawl depths increase (Watling and Norse 1998:1190).
 使用の拡大する深海底引き網の道具の意味する事は、既に破壊は大陸棚の浅い海域に限定されていると言う事ではないと言う事なのです。より多くの漁船が大陸棚を越えて過去に底引き網漁が為されていなかった地域に漁場を広げ底引き網漁を行っています。漁船は400メートルまでの深さの海底で網を引きずっていますが、場所に寄れば1500メートル以上の深さまで達します。深い海底で生息している生き物は一般に成長が遅いので底引き網漁の深度が深くなるほど将来への底引き網漁の(環境への)インパクトは大きくなるのです。

Ejnews:日本人の食事は海産物に多くの部分頼っているので今日は人間の海に対するインパクトについての英文の翻訳でした。日本人は海洋の環境破壊については私が翻訳するまでも無く御存知の方が多いと思いますが、アメリカ人との会話で和食の話になる事もあるかと思いますので、その時の為にこの記事も参考にして下さい。
 海と言えばソマリア沖の海賊の話が最近話題になっていますが、問題の原因は、そもそもイタリアの廃棄物処理会社がソマリア沖で核廃棄物を含む塵を違法に投棄し始め、多くのソマリア人が放射能汚染され(多くが死亡したと聞きます)其の上、アジア等の国の魚船団が漁場を侵略しソマリアの貧しい漁民達は生活の基盤を失い海賊行為だけが生き残る手段となったそうです。この様な理由でソマリアでは70%以上の人口が海賊を支持しているそうです。
処で、イスラエルのガザに対する軍事行動に対して世界中の大都市で大反対のデモ行進が行われていますが、日本ではパレスチナ-イスラエル問題はどの様に報道されていますか?本当に大変な問題です。
元々聖書でも御馴染みの様に、ユダヤ教徒は現在イスラエルと呼ばれている土地を神が約束した土地としてカナン人の王国を武力攻撃で征服して建国して筈ですよね?(旧約聖書ヨシュア記のヨルダン川を渡りエリコ若しくはジェリコとの戦いに始まるカナン征服の話し)然しローマ帝国に徹底的に破壊されその後千8百年ほどパレスチナとして知られていた土地なのですが、スペインのユダヤ人迫害で最初の大規模なユダヤ教徒のパレスチナへの移民が始まったそうです。元々ユダヤ教徒はヨーロッパでは差別されていて特に東欧、ロシアでは迫害が強くスペインからのユダヤ教徒のパレスチナ移民以降何回にも亘る東欧、ロシアからのユダヤ教徒のパレスチナへの移民の波が続き、第一次大戦時にユダヤ教徒の資金力なしに戦えなかった英国が彼等の資金力の援助を得る為と言われている、パレスチナでユダヤ教徒の国家を建設する事を仄めかした“バルファー宣言”と言う手紙をアーサーJバルファー伯爵がユダヤ教徒のロスチャイルド卿(あのヨーロッパで当時最大の銀行家ファミリーのイギリス分家)に送り、このバルファー宣言が現在の1948年に独立宣言をしたイスラエル誕生の発端とされています。第二次大戦終了時にはパレスチナのユダヤ教徒は人口の33%に達していたと言う事です。(1922年当時のパレスチナのユダヤ教徒の人工比率は11%)
と言う事でパレスチナ問題と言う問題はヨーロッパが原因の問題なのです。ルワンダのフツによるツッチー虐殺事件も植民地支配をしていたベルギーの分断して支配する政策が元々フツとツチー間の問題を作り上げ、虐殺当時はフランス政府がフツ政権側を保護した為混乱がより大きくなり戦争も長引く事になった事等、現在の国際問題の殆どの原因は時代を遡ると西洋国家の植民地支配政策が影響している様です。

 新しくリンクさせて頂いたブログがあります。 住職のひとりごと と言うブログです。この方は私の様な趣味の暇つぶしで仏教を勉強しているのではなく、正真正銘の御坊さんです。私も読ませて頂いたのですが素晴らしいブログです。仏教の事、社会の事、人生の事、etc,是非“住職のひとりごと”をヴィジットして下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

kanpaci さん

私は今イギリスの海洋学者の書いた本で『アンナチュラル ヒストリー オブ ザ シー(不自然な海の歴史)』を読んでいるのですが、15~16世紀頃のオランダかデンマーク辺りの記録にはニシンの産卵期には海がニシンの群れでいっぱいになり斧を投げ入れても斧が海の表面に立ったまま沈まなかったとか、英国人が北アメリカ大陸に移住し始めた頃ハドソン湾の鯨群れは驚くほど多く岸辺から鯨の息の臭いが嗅げたとか(20世紀初頭までの漁港の記録、船乗りの航海日記や探検家の記録を紹介している本ですが)書いてあり非常に悲観的になる本です。彼によると今、世界的に人類が数年漁業を中止すると多くの魚類が健康な数に戻る事が色々な例で確かめられているとのことですが商業漁業と言う資本主義が其れだけの自制が出来るかどうかが問題になるとの事です。
 私の過去の記事にコメントして頂き有り難うございます。過去記事には色々な重要なテーマのニュースの翻訳がありますので誰かが読んで下さる事をうれしく思っています。
此れからもよろしくお願いします。

東京湾

東京湾のことですが、私は14年前からですが頻繁に(年間35週の土日)東京湾で釣りをしています。
1996年夏(6-8月)中の瀬地域では、とても海の色とは思えない腐った色でした。臭いもひどくとてもそこに住む魚などは食べる気がしませんでした。しかし、年々綺麗になっていくではありませんか・・!!そして魚が美味しいのです。 横浜沖、根岸湾沖、金沢八景沖などここ数年はとても綺麗です。 時々根岸湾国際埠頭辺りでブリの子供イナダ(ハマチの手前)が入れ食い。しかしながら、海が綺麗になっていくのに反比例して魚が減少していっているような感じです。 特にここ4年間は生態系に変化があるような気がいたします。 毎日漁に出る漁師が一番変化に気が付いていると思いますが・・。 底引き慮船週に6日間縦横無尽に引っ張り、底から根こそぎ荒らしていき魚の住処を破壊していきます。
つい最近は相模湾小網代にクジラ、館山海岸でクジラ打ち上げ・、そろそろ館山海岸に珊瑚礁が定着ですか・・?。

No title

和久希世さん、アメリカでは(日本もそうだと思いますが)養殖魚と天然魚は別非表示して売らなければならないので私は何時も天然魚を買うようにしています。アメリカでも養殖魚は中国からの輸入も多いそうで悪名の高いメラミンが養殖用飼料に使用されている可能性が在り危険ではないのかと言う心配をしているNPO等の声があります。アメリカでは食肉も非常に危険で私は殆ど菜食主義者の様な食生活をしています。
 アメリカでは信頼のできる団体(環境保護、食品の安全、消費者運動等々)の非常にに多くのサイトがインターネットで読むことが出来それらのニュースや記事に私は頼っています。
 唯問題は環境破壊汚染が進んでいるので有機農耕で作られた作物でも安心とは言えないようです。
 例えばカリフォルニアはロケット産業で有名ですが、ロケット用燃料が河川地下水を汚染していて胎児の遺伝子等に与える影響や、大人への癌も含めた健康被害が報告されています。
 カリフォルニアの野菜や果物は全米の大部分の生産量を占めますから、全アメリカ人がロケット燃料で汚染されている事になります。
 解決方法は“企業に対する規制の強化”です。簡単なことですがどの国の政府もする気が無いようです。子供には『暴力はいけない。』と言っておいて自衛隊とか言う武装集団を平気で認めている世の中ですから、食の安全を護る事は容易ではないようです。

東京湾は綺麗になっているそうです。

一時は酷い状態になっていた東京湾も、様々な公害対策によって、かなり綺麗になって、魚が沢山すむようになっているという報道が、数年前になされていました。
そして昨日の、養殖魚が死んだ報道でした。
東京湾で魚の養殖までしているとは知らなかったのですが・・・・・

アメリカの鮭、アラスカ産だとばかり思っていたのですが、そんな養殖ものも有るのですか?
色々と危険が溢れかえっているのですね。
懐とも相談せねばなりませんし、何としたものか・・・・

No title

和久希世さん、東京湾!養殖出来るようなきれいな所がまだ在ったのですか?
 アメリカでのニュースですが養殖用飼料には抗生物質以外にも値段を下げる為色々危険な物(中国からの化学物質原料、狂牛病に感染した動物の死骸、等々)が使われている可能性が在るので養殖魚は食べない方が安全だと言う事です。
 それと鮭では遺伝子操作された自然の鮭より成長の2倍早い大きさも2倍になる鮭が養殖され始めたそうです。この様な動物は食用にして安全かどうかの検査が充分されて無いので食べない方が安全だそうです。
 海を護る為には私は合成洗剤を使わない様にしています。洗濯用の洗剤、液体石鹸、シャンプー、食器用洗剤は殆ど石油化学物質の合成洗剤ですから海の環境を破壊する大きな原因の1つなのです。シャンプーも全て植物油から作られている製品を使っています。先ず石油から作られているシャンプーなどは皮膚から吸収されるので子供達の健康には特に良く無いようです。
 洗濯も植物油から出来た洗剤を使っていますが、油汚れの無いものはインドから輸入されている“ソープナッツ”と言う木の実の表皮を水に浸して使っています。物凄く泡立つのですが油汚れを落とす力は弱いようです。日本でもインターネットで販売していると思います。
 あまり何でも垂れ流すと魚だけでなく海苔の様な海藻も食べれなくなりますから日本の食文化には大打撃ですよね。

ejnews様今晩は

今日のニュースで、東京湾で養殖しているはまちが、大量に死んだそうです。
赤潮は寒い頃には、来ないはずなので、どうした事かと調べた所、
赤潮にも関係する或る毒性の強いプランクトン(名前は忘れたのですが)が関係しているのだそうです。
海産物が取れなくなったら、日本人の食べるものは、半減してしまいます。
何とかその前に、海産資源を守りたいものですね。

No title

リンク有難うございます。そうですね、ソマリアの海賊の事私もニュースで聞くまで『如何してソマリアで海賊?!』と言う疑問がありました。普通の新聞やテレビのニュースでは隠されている事実の方が多い様です。
 二酸化炭素については意見は分かれる様ですが、アメリカでは此処8年間ブッシュ政権がNASA米宇宙局に圧力をかけて真実の調査結果を発表させないようにしていたと多くのNASAの科学者が発言しています。中には裁判に訴えている科学者も居るようです。他にも現在、地球は本当なら氷河期の周期にあるそうですが、氷河期になっていないのは二酸化炭素が原因しているのではないのか?と言う考えもあるそうです。1つの大きな問題は此処で翻訳した記事にもありますように海水が酸化し貝、海老類が殻を作れなる事だそうです。兎に角、二酸化炭素だけではなく人間の行為は問題が有り過ぎるようです。

No title

リンクさせていただきました。ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

ソマリア沖に多国籍の軍艦が集結していると聞きました。背景が分かりませんでしたが、核廃棄物の不法投棄とは。

海洋の現在については知らないことだらけですが、現在喧伝されている環境問題、特にCO2による温暖化には、疑問符が付くというのが良識ある人々の見方かと思います。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。