スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーベン、シラー、喜びの歌、第九シンフォニー、イルミナティ、フリーメイソン、?

Beethoven and the Illuminati
ベートーベンとイルミナティ

How the secret order influenced the great composer.
其の秘密結社はどの様に偉大な作曲家に影響を与えたか。

By Jan Swafford, Slate Magazine
http://www.informationliberation.com/?id=26277より。

In 1779, a composer, writer, teacher, and dreamer named Christian Neefe arrived in Bonn, Germany, to work for the Electoral Court. Neefe (pronounced nay-fuh) was the definition of what Germans call a Schw醇Brmer, a person swarming with rapturous enthusiasms. In particular, he was inflamed with visions of endless human potentials that the Scientific Revolution and the Enlightenment promised to unleash. Like many progressives of the time, Neefe believed that humanity was finally coming of age. So he had picked the right place to get a job. Bonn was one of the most cultured and enlightened cities in Germany; the court supported a splendid musical and theatrical establishment. Before long in his new post, Neefe found himself mentoring a genius. Meanwhile, in his spare time, he signed on with a plan to, as it were, rule the world.

1779年、作曲家、作家、教育者そして夢想家がElectoral Court(選挙公宮廷?)で働く為ドイツの都市ボンに到着した。彼の名はクリスチャン ネイファ。ネイファはドイツ人がSchw醇Brmerシャヴェルメール?と呼ぶ、はちきれんばかりの情熱で溢れている人の典型だった。特に、彼は科学的革命と啓蒙主義が解き放つ無限の人間の可能性と言うヴィジョンに興奮していた。当時の他の多くの進歩主義者と同様にネイファは人類は終に成人に達したと信じていた。と言う事で彼は仕事をする為に最適な場所を選んだのであった。ボンはドイツで最も文化的で啓蒙的な都市のひとつであった。宮廷は素晴らしいミュージカルや劇場を支援していた。其処でネイファはまもなく新しい仕事で、ある天才を指導する羽目になるのであった。其の傍ら暇な時間にある計画に志願したのである。其の計画とは世界を支配すると言う事であった。ジャジャーン!

One of Neefe's first students was a sullen, grubby, taciturn 10-year-old keyboard player named Ludwig van Beethoven. He was the son of an alcoholic singer who had more or less beat music into him. The kid seemed more like a charity case than a budding musician, but Neefe soon discovered that his talent could put him in the league of the musical phenomenon of the age, a child of freakish gifts named Mozart.

最初のネイフの生徒の一人は無愛想で、汚らしく、非社交的なルートヴィッヒ フォン ベートーベンと言う名前の10歳のキーボード演奏家だった。(ベートーベンは)彼に音楽を教えると言うよりは叩き込むと言った方が妥当なアルコール中毒の歌手である父親の息子だった。この子は音楽家の卵と言うよりはどちらかと言うとネイファにとっては(ベートーベンに教える事は)慈善行為の様な物だった。しかしネイファは直ぐにベートーベンのタレントは当時の音楽界での神童でモーツアルトと言う名前の異様な才能の持ち主と同じリーグの仲間入りをさせる事が出来る事に気が付いたのだった。

Ludwig was named for his grandfather, who had been Kapellmeister, head of the court musical establishment. Old Ludwig's son, Johann van Beethoven, was a tenor in the choir; when his father died, he had made a bid to become Kapellmeister. Everybody but Johann understood that was ludicrous: He was a competent singer and music teacher, otherwise hopelessly mediocre and a devotee of the bottle. As often happens, the full ferocity of the father's blighted ambition landed on the son. Johann van Beethoven intended to make his oldest child into another Mozart, or else.

ルートビッヒはカペルマイスター(指揮者)で宮廷歌劇の指導者であった彼の御祖父さんにちなんで名付けられていた。ルートヴィッヒ御祖父さんの息子、ヨハン フォン ベートーベンはコーラスのテナー歌手で彼の父が他界した時カペルマイスターになる挑戦をしたのだが、ヨハン以外は彼の挑戦は馬鹿げた行為と思っていた。彼は有能な歌手で先生だったが其れ以外は凡庸でアル中だった。良く聞く話だが、父親の成し遂げれなかった野望が息子にのしかかったのである。ヨハン フォン ベートーベンは彼の長男をもう一人のモーツアルトにする積りだった。さもないと…………………………。

Neighbors used to see tiny Ludwig standing on a bench to reach the keyboard, his father standing over him shouting and threatening, the boy weeping as he played. When Ludwig was 7, his father put him on display in a concert and for good measure advertised him as age 6, the same as Mozart when he became famous. Johann was hoping for a sensation, but nothing came of it (except that Beethoven was confused about his age for the rest of his life). At 7 he had been a terrifically precocious keyboard player, but he wasn't another Mozart, at least not yet.

彼の父が圧倒する様に立ち、叫び脅している傍ら小さなルートヴィックがキーボードに手が届く様にベンチの上に立ち泣きながらキーボードを演奏しているのを隣人たちはよく目撃した物だった。ルートヴィッヒが7歳の時、彼の父は演奏会でルートヴィッヒを披露し、おまけにモーツアルトが有名になったと同じ年齢の6歳だと宣伝したのだった。ヨハンは大評判を期待していたが、ベートーベンが一生彼の年齢で混乱する以外は何も起こらなかった。7歳としては彼は既に早咲きのキーボード演奏家であったが然し彼はもう一人のモーツアルトではなかった………………….少なくとも其の時は未だ…..。

By the time Christian Neefe arrived in Bonn and started teaching Beethoven organ and composition, the 10-year-old was as good a keyboard player as anybody in town. Soon Neefe got into print some variations Ludwig had written, one of his first pieces―slight and conventional, still not Mozart but impressive for his age. In a newspaper article, Neefe cited the variations and said the magic words: With proper nurturing, this boy will "surely become a second Wolfgang Amadeus Mozart."

クリスチャン ネイファがボンに到着しベートーベンにオルガンと作曲を教え始めていた時、この10歳の子供は町のどのキーボード演奏家達と同じほど良い演奏家となっていた。直ぐにネイファはルートヴィヒの作曲した幾つかの曲を出版し始めた.其の中の最初の一つはつまらない代わり映えのしない物で、未だモーツアルトと比べられる様な物でははなかったが、彼の年齢にしては印象的なものだった。新聞の記事でネイファはベートーベンの曲について引用した中で魔法の言葉を使っている。『適切な教育によってこの少年は確実に2番目のヴォルフガング アマデウス モーツアルトになる。』と。

By his midteens, Beethoven was a court musician in various capacities and making huge strides as a composer. His father had pulled him out of school after a few years so he could concentrate on music. (Beethoven learned to add and subtract but never learned to multiply. If he had to multiply 65 by 59, he wrote 65 in a column 59 times and added it up.) Meanwhile his father was promoting him relentlessly, mounting concerts in the house and taking him on tours around the Rhineland. By that point, there was little question in Ludwig's or anybody else's mind that he was headed for big things. One day when his landlord's daughter accosted him with, "How dirty you're looking again! You ought to keep yourself properly clean," he told her, "What's the difference? When I become a gentleman, nobody will care."

10代の中頃になった頃はルートヴィッヒ ベートーベンは種々の資格で宮廷音楽家として働きそして作曲家として大きな前進をしていた。彼の父は音楽に集中できる様にルートヴィッヒを数年で学校から退学させた。(ベートーベンは足し算と引き算を習ったが掛け算は全く習わなかった。若し65と59の掛け算をしなければならない時は,彼は65を縦に59回書いて足し合わせたのだった。)同時にコンサートを家で開催したり彼をラインランド至る所ツアーにつれ回し足りして、彼の父はルートヴィッヒを容赦なく売り込んでいた。この時点ではもう彼がデッカイ何かに向かっている事にルートヴィッヒや其の他の誰の心にも疑いはなかった。ある日彼の地主の娘が『貴方又なんて汚らしくしているの!チャント奇麗にしてなきゃ駄目じゃないの!』と語り掛けて来た時『そんな事どんな違いがある?私が紳士になったらそんな事誰も気になんかするもんか!』とルートヴィッヒは彼女に言ったのだった。

Which is to say that Beethoven was a prodigy and had the classic prodigy's trouble: He knew all about music, but he didn't know how to live. He had only a hazy sense of the reality of other people. Throughout Beethoven's youth, a row of mentors would attempt to civilize and socialize him, with mixed results.

と言うことはベートーベンは天才で典型的な天才に付き纏う問題を抱えていたと言うことだ。彼は音楽については全てを知り尽くしていた、然し如何生きて良いか知らなかった。彼は他人についてほんの僅かなボンヤリした現実の感覚しか持っていなかった。ベートーベンの青年時代数々の指導者が彼を洗練し社交的にしようと試みたのだが結果はそれ程でもなかった。

In those years, his first serious mentor, Neefe the Schw醇Brmer, was in an especially perfervid phase of his spiritual life. For some time he had been a Freemason, a group then in its first century as a progressive, international, secular, semisecret order open to men of all faiths. (As such, the Masons were loathed by churches and regimes alike.) But Neefe was tired of the Masons' endless chatter of liberty and morality. He wanted a more ambitious and active kind of brotherhood―say, a new world order. That took him to one of the more bizarre sideshows of the Enlightenment: the Bavarian Illuminati. A Bonn lodge of the Illuminati formed, and Beethoven's teacher became head of it.

其の当時、彼の最初の本格的な指導者“ネイファ ザ シュヴェーマー”は特に熱狂的な精神生活の局面に差し掛かっていた。既に彼は全ての宗教を信じる人間が受け入れられる国際的で、世俗的、半分秘密的な結社、当時進歩的なグループとして最初の世紀を迎えていたフリーメイソンの一員だった。(それだけで、メイソンは教会や政権等に同様に忌み嫌われていた。)然しネイファはメイソンの終わりの無い自由と道徳についての御喋りに嫌気がさしていた。彼はもっと野望的で活動的な仲間を欲していた………言ってみればニューワールドオーダーの様な……………..。其れはネイファを啓蒙主義運動の中のもっと変てこな余興の一つに結び付けたのだった。其れは“バヴァリアンイルミナティ”ボンのイルミナティ支部が結成されベートーベンの先生が其の支部の親分になったのである。

Founded in 1776 by a Bavarian professor named Adam Weishaupt, the Illuminati joined radical politics and Jesuit-style hierarchy to fanatical secrecy. The aims of the order were ambitious, all right: They intended to change the world and had a plan to do it. The means were not to be by violent revolutions. The idea was to form a cadre of enlightened men who would steathlily infiltrate governments everywhere and slowly bring them to a kind of secular-humanist Elysium under the guidance of a secret ruling body. Said Adam Weishaupt: "Princes and nations shall disappear from the face of the earth peacefully, mankind shall become one family, and the world shall become a haven of reasonable people. Morality shall achieve this transformation, alone and imperceptibly."
1776年バヴァリアのアダムヴェイスハウプトと言う名前の教授によって設立されたイルミナティは(カトリック修道会)イエズス会的な階級組織と狂信的な秘密主義で急進的な政治運動に参加して行った。結社の目的は充分野望的で、彼等は世界を変える事を意図していて其れを実行する計画も持っていた。手段は武力的な革命ではなかった。アイデアは政府内至る所に秘密裏に潜入し、指導的集団の指揮により政府を徐々に世俗的人道主義の極楽する啓蒙された人物達を組織する事であった。“王子達と国家は地上から静かに消え去り人類は一つの家族となり、そして世界は責任感のある人々の天国となるだろう。唯一道徳が静かに誰にも気付かれずこの変化を達成するはずである。”とアダムヴェイスハウプトは語っている。

For every Illuminatus, the perfection of society started with the perfection of one's own moral character. Aspiring members were given piles of text to read, required to write a rigorous self-examination and to undergo ritualized interrogations:

全てのイルミナティのメンバーにとって完成された社会は一個人自身の道徳的性格から始まっている。大望を抱いているメンバーは山の様な書物を読む様に与えられ、厳しい自己分析を要求され儀式化された尋問を経験する。

Where have you come from?/ From the world of the first chosen.
Whither do you want to go?/ To the inmost sanctum.
What do you seek there?/ He who is, who was, and who shall always be.
What inspires you?/ The light, which lives in me and is now ablaze in me.

汝は何処から来たのか?最初に選択された世界から来たのです。
汝は何処へ行きたいのか?最も深遠な聖なる所へです。
汝は其処で何を求めるのか?彼であり、であった、そして常にあるべき者をです。
汝を何が勇気づけ刺激するのか?私の内部に存在しそして今私の中で燃え立っている光です。

For all the moony mysticism, the Illuminati had a high-Enlightenment agenda, rational, humanistic, and universal. They published a monthly magazine, Contributions to the Spread of Useful Knowledge, which was partly Enlightenment cheerleading, partly practical items relating to husbandry, housekeeping, and the like. Duty was the essence of Illuminati teaching, but it was an Enlightenment kind of duty: duty not to God or to princes but to the order and to humanity.

この様な全ての変てこりんな気違い沙汰の神秘主義にも拘らず、イルミナティは論理的人道的、普遍的な崇高な啓蒙主義的目標を抱いていた。彼等は部分的に啓蒙的応援で部分的に実用的農業、家政等の様な物に関した利用価値のある知識を広める事に寄与する為月刊雑誌を発行した。義務はイルミナティの教えのエッセンスだったが其れは啓蒙的義務であった。其の義務とは神への為でも無く王子達の為でも無く、唯、組織と人道主義の為の物であった。

In practice, the Illuminati amounted to a kind of activist left wing of the Freemasons, from whom they drew most of their members. The numbers were never large, but they included people like Goethe (briefly) and Christian Koerner, a close friend and confidant of Friedrich Schiller. Koerner's influence seems to be why some Illuminati-tinged ideas―universal brotherhood and the triumph of happiness bringing humanity to Elysium―turned up in Schiller's famous poem Ode to Joy, which was often set to music and sung in Masonic and Illuminati circles. The poem would later enter history via the finale of Beethoven's Ninth Symphony.

現実には、イルミナティはフリーメイソンの左翼活動家の様な役割を果たし、其の殆どのメンバーはフリーメイソンから得たのであった。メンバーの数は決して多くは無かったがゲーテ(短期間)やフレデリック シラーの親友クリスチャン コーナーの様な人々が含まれていた。コーナーの影響で…….普遍の同士と幸福の勝利が人類に極楽をもたらすと言うアイデアが、曲や歌としてフリーメイソンやイルミナティの仲間達の間で取り上げられたシラーの有名な詩“喜びの頌歌”に表れている様に感じられる。この詩は後にベートーベンの第九シンフォニーのフィナーレとして歴史上に残るのである。

As an Illuminatus, an important part of Christian Neefe's duty was to covertly inculcate promising young people in the ideals of the order, then to recruit them when they came of age. Beethoven was as promising as young people get. So did Neefe inculcate this student? Surely he did. Was Beethoven recruited to the order? No―the Illuminati dissolved in 1785, when he was 14. There is also a question as to how inculcatable Beethoven was by anybody. Even in his teens, he was so fixed on his own tack that he only intermittently took notice of the rest of the world.

イルミナティとしてクリスチャンネイファの重要な義務は、将来成功が約束されていると思われる若者に密に結社のアイデアを教育する事で、其の後彼等が成人した時に結社のメンバーとしてリクルートする事であった。ベートーベンは若者がそれ以上期待できない最高の才能を持っていた。それでネイファはこの生徒を教育したのかな?勿論、彼はそうしたのだった。其れでベートーベンは結社にリクルートされたのかな?残念ながら答えはノー。イルミナティはベートーベンが14歳の時、1785年に解散したのであった。其の上、ベートーベンはいったい誰によってどの様に教育される可能性があるのかと言う疑問があった。彼が十代の年齢の時でさえ彼は自分自身の人生の目標に釘付けされていてホンの時々だけ世間の動向に気が付くと言う有様だったのだ。

Not only Neefe, but then and later most of Beethoven's other friends and mentors and patrons were ex-Illuminati or Freemasons. Did those influences have an impact on his life and art? Among many other things, certainly. By the time Beethoven left Bonn, he was already planning to set Schiller's Ode to music, and he had a good idea what that poem was about, from its humanistic surface to its Masonic and Illuminati depths. By then Bonn had helped give him ideas and ideals about being a composer that no one ever had before. He wanted to be something more than an entertainer. He wanted to be part of history.

ネイファだけではなく、当時そして其の後もベートーベンの他の友達やパトロン、指導者達はイルミナティの元メンバーやフリーメイソン達であった。彼等の影響はベートーベンの人生や芸術に大きな跡を残したのだろうか?色々起こった中で勿論彼等の影響はあった。ベートーベンがボンを去る頃には彼は既にシラーの喜びの頌歌を音楽にする計画を立てていた。そして彼はこの詩が、人道主義的見掛けからフリーメイソンやイルミナティまで深く何であるのか良く理解していた。其の頃にはボン市はベートーベンに、其れ以前に誰も持たなかった様な作曲家としてのアイデアや理想について助け与えていた。彼はエンターテイナー以上の何かになりたかったのである。彼は歴史の一部となりたかったのである。

If Beethoven had come from anywhere but Bonn he still might have been a genius, but he would not have been the same man and composer. True, he was more self-made than anything else, could see the world only through his own lens. He was a legendarily recalcitrant student and claimed to have learned nothing from any of his teachers. His most celebrated teacher, Joseph Haydn, sardonically dubbed Beethoven die grosse Mogul―in today's terms, the big shot. Yet at the same time, Beethoven was by no means aloof. He soaked up every idea around him, read voluminously in classical and modern literature, studied the music of older masters and modeled what he did on them. His art drew from myriad sources, among them the extravagant humanistic ideals floating around Bonn in his youth. One of the things it all added up to was something like this: music as an esoteric language wielded by a few enlightened men for the benefit of the world. Beethoven was all about duty to the abstraction called humanity. That was what he was taught and what he lived and wrote for, through all the miseries of going deaf and a great deal of physical pain. It was people he didn't much care about. But in taking up Schiller's Ode for the Ninth Symphony, he proposed not just to preach a sermon about the brotherhood of humanity and the dream of Elysium. He wanted the Ninth to help bring those things to pass.

若しベートーベンがボンではなく他の所からやって来たとしても、やはり彼は天才だったかも知れない。然し、彼は同じ人間で同じ作曲家ではなかっただろう。確かに彼は世界を自分自身のレンズを通してしか見れない事により、何よりも自分自身の能力で成功している。彼は伝説的なほど強情な生徒で、彼のどの先生からも何も習わなかったと宣言している。彼の最も有名な先生、ヨゼフハイドンは嘲笑的にベートーベンをdie grosse Mogul―ディーグロスモグル今日の言葉で大物(big shot.)と呼んでいる。しかしながら同時にベートーベンは冷淡で無関心と言う訳ではなかった。彼は周りの全てのアイデアを吸収し、膨大な量の古典と近代文学を読み、昔の大作曲家を勉強し手本にして真似ていた。彼の芸術は無数の源泉から成り立っていて、彼が青年時代を過ごしたボンのとっぴな人道主義的理想も其の中の一つであった。其の様に出来上がった中の一つでこの様な物がある:秘密の言語で啓蒙された少数の人間によって世界の為に使用される。ベートーベンの人生は人道主義と言う抽象的な物への義務だった。聴覚を失う悲劇や肉体的な大きな痛みを通り越し、其れが彼が教えられた物であり、その為に生き、その為に作曲した。彼がそれほど好きじゃなかった物は人間だった。然し、シラーの“喜びの頌歌”を第九に取り上げる事によって、単に人類愛や楽園の夢について説教を説くだけでなく、それらを企てたのである。彼は第九がそれらが実現する手助けとなる様に望んだのである。

As for the Illuminati, call them one more example of the Enlightenment's excesses of hope for human perfectibility. Since Beethoven's day, the secrecy and world-ordering agenda of the Illuminati have made them a natural magnet for conspiracy freaks. Awww, how cute you are! - ILThe Illuminati actually existed only some nine years, but there are still lots of folks, including many on the American religious right and the John Birch Society, who believe the Illuminati are the mother of all conspiracies, a Jewish-dominated international cabal that has more or less run the world since they incited the French Revolution. My saying they were a short-lived and a bit pathetic phenomenon makes me, of course, part of the conspiracy―along with Beethoven. I'd like finally to meet some of my fellow conspirators. They seem like interesting people.

イルミナティについては、啓蒙主義の人間の完全性についての有り余る様な希望の一つの例だとしておこう。ベートーベンが生きた時代からイルミナティの秘密主義と世界支配の目的から彼等は陰謀論狂達の自然の磁石となってきてのだが、アウー!あなた方はなんとカワイ子ちゃんなんでしょう!イルミナティは実際にはホンの9年かそこらしか存在しなかったのです。其れにも拘らずアメリカの宗教的右翼やジョンバーチ協会の様な物を含めた、イルミナティはフランス革命に火をつけてから、裏で世界を支配しているユダヤ人が支配する国際的秘密結社で、陰謀の根源だと信じる多くの人達がいるのです。イルミナティは短期間しか存在せず一寸哀れな現象だったと私が言っている事自体が、勿論、私をベートーベンも含めた陰謀の一部に加える事になるのですが……………..。私は陰謀者仲間の誰かと何時かあって見てみたい物です。彼等(イルミナティのメンバー)は興味深い人達の様に思えるのです。

ejnews:当時の秘密結社イルミナティと関係していた人物の影響によって、シラーの詩をベートーベンが有名な第九に使用したのかも知れないと言う事を知っている人は少ないと思いますが、ある特定の人々にとってイルミナティと言う古めかしい秘密結社は現在でも影響力の在る団体の様に捉えられている事も又事実の様です。
 然し皆さんこの記事でも理解して頂ける様にイルミナティは当時の啓蒙運動の一つでした。唯、古い価値観に支配された社会を自由平等人間愛の新しい価値観による革命で変革すると言う野望を抱いた為、旧勢力から凶悪な秘密結社だと捉えられた様です。フランス革命時代、あるフランスのカトリックの坊さんがイギリスに亡命しイルミナティを悪魔の様な秘密結社だと言う本を出版した為、イルミナティは其の後誤解されたようです。然し、分り易く言うと“独立宣言”に最初に署名しアメリカ独立運動を起した人々も当時の英国政府からはテロリストだと理解されていました。何時も反動的で不平等、保守的な支配勢力は人類の平等を説く人々を犯罪者扱いして来たのです。
 兎に角、社会を操っている勢力は自民党、公明党、アメリカの共和党民主党、中国共産党、等の政権と欧米日中等の資本家達で、彼等の方が我々庶民の生活には影響力が強いのです。
 アメリカでは、今回の金融危機が原因の経済危機を通して、金融銀行セクターでは生き残る企業僅かな企業が将来の市場を独占するのではないかとの不安を表明している人々がいるようです。そうなると今回の様な金融危機は、独占状態のズサンな経営の為もっと短い周期でやって来る可能性があり、それにより資本の集中はもっと強まり最終的に被害を被るのは庶民だと言う事だそうです。其れに対抗する為に、選挙で企業、経済的支配層の太鼓持ちをしている政治家達をドンドン首にしましょう!我々が主権者なので政治家は公僕と言って我々に仕えているのです。
今年は此れが最後の翻訳です。良いお年を!来年は人類の為の素晴らしい未来の始まる年であります様に!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

和久希世さん、アメリカでは第九を年末に聞く事は習慣ではないと思います。私の周りだけかも知れませんが........................。日本で何時如何して年末に第九になったのでしょうね?
 和久希世さんも、良いお年を!

No title

ベートーベンの第9を、年末に聞く事になっているのは、世界的なものなのでしょうか?
毎年年末には思い出される、ベートーベンですが、こんな少年時代を過ごしたと言う事は、全然知りませんでした。
どなたかも仰っていましたが、色々面白いお話を有難うございました。
来年も宜しくお願いします。
どうか良いお年を!!

No title

Nemoさん、ありがとうございます。私は唯面白そうな記事を翻訳しているだけですが良い勉強になっています。在る話題が見つかると本当かどうか、全くのデッチ上げなのか少し調べてから翻訳の口調を調整して、真面目な記事だとか、半分冗談だとか、風刺だとか伝える必用がある記事もありますから翻訳とは思ったよりも難しいですね。普通はなるべく誰でも英語の文章の単語が追える様に翻訳するように努めています。
 私もアインシュタインがこんな事を言ったとは知らなかったのですが、私の聞いているPacificaと言うラジオ局で、オバマに投票するキャンペーンで聞きました。良い言葉でしょう!
 と言う事で、来年も宜しくお願いします!

No title

ejnewsさん、第九を聞かないと年は越せないですが、
ベートーベンと秘密結社のつながりなど存じませんでした。
今年は、ブログを開設したおかげで、
縁あってejnewsさんの幅広い分野にわたる知識をお分けいただきました。
来年もまた、いろいろ教えてください。
日々、未知との遭遇です。

荒野さんのお返事に引用されたアインシュタインの言葉にギクリとしてしまいましたよ~。
それでも、私のような愚か者は分かってても繰り返しちゃうんですよね~。
肝に銘じねば!

それでは、よいお年をお迎えください~♪

No title

荒野鷹虎さん、長い記事を読んでくださってありがとうございます。そうです、イルミナティのメンバーが夢見た人類愛、平等の社会を築く為、反動的な政治家はドンドン首にし、若し良い政治家が見つからない場合は意思表示の為、共産党等に投票しましょう。
 アインシュタインの言葉で『何回も失敗し間違っている事が分っている同じ方法を、次は成功するんじゃないのかと期待しながら繰り返すのは精神異常の第一の症状である。』と言うのがあります。
 もう自民党、公明党等のやる気の無い党に投票するのは止めましょう。我々は狂人ではないのですから。
 と言う事で、荒野鷹虎さんも良い御歳を。お迎え下さい。では又来年!

No title

ベートーヴェンにこんな逸話があるとは・・
今年一年を締めくくるにふさわしい、翻訳大変ご苦労さんでした、!公僕が、お上となる社会を、「変革」しなければならないですね。よい歳をお迎えください。!☆

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。