スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリー クリスマス。I wish you a Merry Christmas !

THE CHRIST-MASS LIE ?
クリスマスの嘘?

How Did Christmas Come to Be...
どの様にクリスマスは形成されたのか?

こに記事は下記のサイトの記事の翻訳です。
http://www.liveleak.com/view?i=22f_1229043557

Christmas has always been a holiday celebrated carelessly. For millennia, pagans, Christians, and even Jews have been swept away in the season’s festivities, and very few people ever pause to consider the celebration’s intrinsic meaning, history, or origins.

クリスマス何時も深く考えられずにお祝いされてきて、千年もの長い間、異教徒、クリスチャン、そしてユダヤ教を信じる人々まで季節の御祭りに押し流されて来ました。そして極僅かの人達しかお祝いの真実の意味、歴史、起源を深く考えませんでした。

The word "Christmas" means "Mass of Christ," or, as it came to be shortened, "Christ-Mass." It came to non-Christians and Protestants from the Roman Catholic Church. And where did they get it? NOT from the New Testament - NOT from the Bible - NOT from the original apostles who were personally instructed by Christ - but it gravitated in the fourth century into the Roman Church from paganism.

クリスマスと言う言葉の意味は“キリストのミサの儀式”若しくは、短縮されて、ローマのカトリック教会から非キリスト教信者,プロテスタントまでクリスマスと呼ぶ様になったのです。そしてクリスマスの起源は何処にあるのでしょう?新約聖書からではありません。聖書からでもなく、キリストから直接指導を受けた元のキリストの使徒達でもなくて………………..其れは4世紀のローマ帝国教会の異教信仰に基づいている様です。

Roman pagans first introduced the holiday of Saturnalia, a week long period of lawlessness celebrated between December 17-25.The ancient Greek writer poet and historian Lucian (in his dialogue entitled Saturnalia) describes the festival’s observance in his time. "In addition to human sacrifice, he mentions these customs: widespread intoxication; going from house to house while singing naked; rape and other sexual license; and consuming human-shaped biscuits" (still produced in some English and most German bakeries during the Christmas season).

未だ異教徒だったローマ人が最初にサターナリアの祝日を始めた12月17日~25日までの間の一週間無法状態がお祝いされたのです。ギリシャ人の作家詩人歴史家のルキアン(サターナリアと題されている彼の対話)は彼が生きた当時のお祝いの習慣を説明しています。“人間の生贄の他に彼はこの様な習慣を述べています。大勢の酔っ払い、裸になって家から家へと訪れる、レイプや其の他の性行動の自由、そして人間の形をしたビスケットを食べる。”(この人の形のビスケットは今でも英国やドイツのパン屋さんでクリスマスの期間に作られています。)

440 AD POPE SIXTUS III establishes Roman Pontifical Authority as state law. Perpetual Virgin Mary declared Mother of God and modern Christ-Mass takes final form as mandatory state law.POPE SIXth III Created along with the Roman Ceasar Theodosius II, a CODEX which enforced the ROMAN CHRIST – MASS as STATE LAW. Dissenters were declared “legally Insane.

紀元後440年シクスタス教皇はローマの教皇権を国家の法として設立。永遠の処女マリーが神の母として宣言され、そして現在のクリスマスが最終的に国家の強制的な法律として制定された。シクスタス3世はローマのシーザー、シオドーシス(テシオドス)2世と共に法大全を制作し、其れはローマ式のクリスマスを国家の法律として実施している。反対者は法律で狂人と宣言された。

Christianity imported the Saturnalia festival (4th century CE) hoping to take the pagan masses in with it. Christian leaders succeeded in converting to Christianity large numbers of pagans by promising them that they could continue to celebrate the Saturnalia as Christians.

キリスト教は異教徒の民衆をキリスト教に改宗する事を期待してサターナリアの御祭りを取り込んだ。(4世紀CE)キリスト教の指導者達はサターナリアをクリスマスとして続けてお祝い出来ると約束して多くの異教徒をキリスト教に改宗する事に成功した。

The problem was that there was nothing intrinsically Christian about Saturnalia. To remedy this, these Christian leaders named Saturnalia’s concluding day, December 25th, to be Jesus’ birthday.Christians had little success, however, refining the practices of Saturnalia. As Stephen Nissenbaum, professor history at the University of Massachussetts, Amherst, writes, “In return for ensuring massive observance of the anniversary of the Savior’s birth by assigning it to this resonant date, the Church for its part tacitly agreed to allow the holiday to be celebrated more or less the way it had always been.” The earliest Christmas holidays were celebrated by drinking, sexual indulgence, singing naked in the streets etc.

問題はサターナリアにはキリスト教固有の物は何も無かったのである。この問題を解決する為にキリスト教の指導者達はサターナリアの最終日12月25日をイエスキリストの誕生日とした。キリスト教徒達はサターナリアの習慣を洗練する事には殆ど成功しなかった。マサチューセッツ大学の歴史学教授、ステファンニッセンバウムは『救世主の誕生をこの似かよった日にする事によって其の記念日を祝う大きな人口を獲得する代わりに、教会はサターナリアのお祭りを大体其れまで祝われていた様な形でお祝いする事に暗黙の承認をした。』最も初期のクリスマスは飲酒、性行為に耽る事、裸で街で歌う等の行為でお祝いされた。

The Reverend Increase Mather of Boston observed in 1687 that “the early Christians who first observed the Nativity on December 25 did not do so thinking that Christ was born in that Month, but because the Heathens’ Saturnalia was at that time kept in Rome, and they were willing to have those Pagan Holidays metamorphosed into Christian ones.” Because of its known pagan origin, Christmas was banned by the Puritans and its observance was illegal in Massachusetts between 1659 and 1681. However, Christmas was and still is celebrated by most Christians.

The Reverend Increase Mather of Bostonは1687年にこう書き留めている『12月25日に救世主の誕生を祝った初期のキリスト教徒はキリストが12月に生まれたと思ってした訳ではない、然し異教徒のサターナリアが当時のローマでは残っていて、異教徒の祝日がキリスト教の祝日に変質していく事を望んでいた。』この知られているクリスマスの異教の起源の為に清教徒の間ではクリスマスは禁止され其れを祝うことはマサチューセッツでは1659年~1681年の間違法であった。然しながらクリスマスは殆どのキリスト教徒によって祝われていて、今も祝われている。

Some of the most depraved customs of the Saturnalia carnival were intentionally revived by the Catholic Church in 1466 when Pope Paul II, for the amusement of his Roman citizens, forced Jews to race naked through the streets of the city. An eyewitness account reports, “Before they were to run, the Jews were richly fed, so as to make the race more difficult for them and at the same time more amusing for spectators. They ran… amid Rome’s taunting shrieks and peals of laughter, while the Holy Father stood upon a richly ornamented balcony and laughed heartily.”

最も邪悪なサターナリア カーニヴァルの習慣の一つは1466年にカトリック教会の教皇ポール2世によって意図的に復活された。其れはローマ市民の楽しみの為ユダヤ教信者を裸で街を走らせるという物だった。目撃者の報告によると『彼等が走り出す前に彼等が走り難くなる為と、観客を楽しませる為にユダヤ教徒は沢山食事を食べさせられた。そして彼等はローマ市民の嘲り、叫び、調子を合わせた笑いの中走っていった。その間教皇は豪華に飾り付けられたバルコニーに立ち盛んに笑っていた。』

The Origins of Christmas Customs.
クリスマスの起源


(Yule) - When the sun begins its northward trek in the sky, and days began to grow longer again, pagans celebrated the Winter Solstice by burning the Yule log. Since the sun had reversed itself and was now rising in the sky, pagans believed this was a sign that the human sacrifices carried out in Samhain (Halloween) had been accepted by the gods.

(ユール)-太陽が空の上で北に向かって動き始めた時、そして昼の時間が長くなり始めた時、異教徒達はユールのお祭り用の丸太に火をつけてお祝いしたのです。太陽が方向を転換して今空高く上っているので異教徒達はソーイン(ハロウィン)で行った人間の生贄が神々により受け入れられた印だと信じたのだった。

As the song: Deck the halls with boughs of holly … troll the ancient Yuletide carol … See the blazing Yule before us. Fa la la la la la la la. Song represent Pagan Traditions of the Holidays.

歌である様に、大広間をハリー(西洋ヒイラギ)の大枝で飾ろう...........古き昔のユールタイドのキャロルを輪唱し……….ユールが目の前で燃え盛っているいるのを見る。ファラララララララ。歌は異教徒の伝統的な神聖な日を描写しているのです。

Christmas Trees.クリスマスツリー
Just as early Christians recruited Roman pagans by associating Christmas with the Saturnalia, so too worshippers of the Asheira cult and its offshoots were recruited by the Church sanctioning “Christmas Trees”. Pagans had long worshipped trees in the forest, or brought them into their homes and decorated them, and this observance was adopted and painted with a Christian veneer by the Church.

丁度初期のキリスト教徒がクリスマスをサターナリアに関係させてローマの異教徒をリクルートした様に、常緑樹崇拝者達と其れから派生したグループは教会が認定する“クリスマスツリー”としてリクルートされたのです。この異教徒達は長い間森の木々を崇拝していて、若しくは彼等は木を家に持って帰り飾り付けをしていた。この習慣が教会に取り入れられ表面的にキリスト教を装う事になったのだった。

Mistletoeミスルトー(やどりぎ)
Norse mythology recounts how the god Balder was killed using a mistletoe arrow by his rival god Hoder while fighting for the female Nanna. Druid rituals use mistletoe to poison their human sacrificial victim. The Christian custom of “kissing under the mistletoe” is a later synthesis of the sexual license of Saturnalia with the Druidic sacrificial cult.

ノース伝説はナナと言う女性を巡って戦っている最中バルダー神が彼のライヴァル神ホダーにやどりぎの矢で殺された事を描写していて、ドゥルーイッド(主にアイルランドのケルトのシャーマン)の儀式ではやどりぎを人間の生贄に使う毒として使われた。クリスマスの習慣である“やどりぎの下でキスをする”事は後にローマ人のサターナリアのお祭りの自由な性行為とドゥルーイッドの生贄崇拝が結び付いた物である。

Christmas Presentsクリスマスプレゼント

In pre-Christian Rome, the emperors compelled their most despised citizens to bring offerings and gifts during the Saturnalia (in December) and Kalends (in January). Later, this ritual expanded to include gift-giving among the general populace. The Catholic Church gave this custom a Christian flavor by re-rooting it in the supposed gift-giving of Sain Nicholas

キリスト教以前のローマで皇帝達は彼等の政敵の市民に供え物や贈り物をサターナリア(12月)とカレンドゥス(1月)の期間に持って来る様に説得し、後にこの儀式は普通の市民の間での贈り物の交換に発展してていった。カトリック教会はこの習慣を聖ニコラスのプレゼントを与えたとされる行為に起源を入れ替える事によってキリスト教の香をつけたのだった。

Santa Claus サンタクロース
Nicholas was born in Parara, Turkey in 270 CE and later became Bishop of Myra. He died in 345 CE on December 6th. He was only named a saint in the 19th century.
Nicholas was among the most senior bishops who convened the Council of Nicaea in 325 CE and created the New Testament. The text they produced portrayed Jews as “the children of the devil" who sentenced Jesus to death.

ニコラスはトルコのパララで270年CEに生まれ後にマイラのビショップとなった。彼は345年CE12月6日に亡くなった。彼は19世紀にセイントになったばかりである。ニコラスは325年CEでニカエア評議会を開催したビショップの中で最も先輩格で新約聖書を作った。彼等が作ったテキストではユダヤ教徒は“悪魔の子供達”と描写されていて彼等はユダヤ教徒に死刑の宣告をした。

In 1087, a group of sailors who idolized Nicholas moved his bones from Turkey to a sanctuary in Bari, Italy. There Nicholas supplanted a female boon-giving deity called The Grandmother, or Pasqua Epiphania, who used to fill the children's stockings with her gifts. The Grandmother was ousted from her shrine at Bari, which became the center of the Nicholas cult. Members of this group gave each other gifts during a pageant they conducted annually on the anniversary of Nicholas’ death, December 6.

1089年、ニコラスに心酔する船乗りの集団が彼の骨をトルコからイタリアのバリに移した。其処でニコラスは頼み事を叶え子供達のストッキングをプレゼントでいっぱいにする、パスクア エピファニアか御祖母さんと呼ばれる女神に取って代わった。御祖母さんはバリの神社から追い出されてしまい、其処はニコラス崇拝の中心になった。この集団のメンバーは12月6日のニコラスの死んだ日を記念した年に一回のページェントの間に御互いにプレゼント交換した。

The Nicholas cult spread north until it was adopted by German and Celtic pagans. These groups worshipped a pantheon led by Woden –their chief god and the father of Thor, Balder, and Tiw. Woden had a long, white beard and rode a horse through the heavens one evening each Autumn. When Nicholas merged with Woden, he shed his Mediterranean appearance, grew a beard, mounted a flying horse, rescheduled his flight for December, and donned heavy winter clothing.

ニコラス崇拝はドイツ人やケルト人の異教徒に受け入れられるまで北方に広がった。これ等の集団はトール(ソール)、バルダー、ティウ、の父で集団の長であるワォーデンに率いられた神の集団を拝んでいた。ワォーデンは長く白い髭を持ち毎年秋一晩馬に乗って天国を駆け抜けるのだった。ニコラスがワォーデンと合体した時ニコラスは地中海の容貌を脱ぎ捨て髭を生やし空を飛ぶ馬に乗り、そして彼の飛行を12月に予定換えし分厚い冬用の服を纏い始めた。

In a bid for pagan adherents in Northern Europe, the Catholic Church adopted the Nicholas cult and taught that he did (and they should) distribute gifts on December 25th instead of December 6th.

異教に固執する北ヨーロッパの人々を改宗する為にカトリック教会はニコラス崇拝を取り入れてニコラスは12月6日ではなく、12月25日に贈り物をした、そして彼らもそうするべきだと教えた。

In 1931, the Coca Cola Corporation contracted the Swedish commercial artist Haddon Sundblom to create a coke-drinking Santa. Sundblom modeled his Santa on his friend Lou Prentice, chosen for his cheerful, chubby face. The corporation insisted that Santa’s fur-trimmed suit be bright, Coca Cola red. And Santa was born – a blend of Christian crusader, pagan god, and commercial idol.

1931年、コカ.コーラ社はスエーデンのコマーシャル アーティスト、ハドン サンドボルムと契約しコカコーラを飲んでいるサンタを作り出した。サンドボルムは彼のサンタのモデルに友達のルー プレンティスを彼の陽気でポチャポチャした顔の為に選んだ。コカコーラはサンタの刈り込まれた毛皮のコートは鮮鋭なコカ.コーラの赤にするべきだと固執した。この様にキリスト教十字軍(此処ではアグレッシヴな改宗、布教活動の意味?)、異教徒の神、そして商業活動の偶像が混じり合ってサンタは誕生したのだった。

Many of the most popular Christmas customs – including Christmas trees, mistletoe, Christmas presents, and Santa Claus – are modern incarnations of pagan rituals.
Many are excitedly preparing for their Christmas celebrations and would prefer not knowing about the holiday’s real significance. If they do know the history, they often feel that their celebration has nothing to do with the holiday’s history and meaning.. and say... “We are just having fun enjoying our pretty Ashteroth tree and the lovely presents therein.

多くの最も人気のあるクリスマスの習慣………クリスマス ツリー、ミスルトー(やどりぎ)、クリスマスプレゼント、そしてサンタクロースを含めた……….は異教の宗教儀式の現代での具現化です。多くの人々は興奮してクリスマスの御祝いを準備していて、この祝日の本当の意味を知らない事を選んでいるかも知れない。若し彼等がこの歴史を知ってしまうと彼等は多くの場合このお祝いがこの祝日の歴史や意味と何の関係も無いと感じてしまうのだ。そして『私達は唯、奇麗な常緑樹と此処にある愛らしいプレゼントを楽しんでいるだけだよ!』と言うのだ。

WikipediaウィキペディアによるとChristmasクリスマスは........

Christmas (IPA: /krɪsməs/), also referred to as Christmas Day or Christmastide, is an annual holiday celebrated on December 25 that marks and honors the birth of Jesus of Nazareth.[2][3] The birth of Jesus, which is the basis for the anno Domini system of dating, is thought to have occurred between 7 and 2 BC.[4] December 25 is not thought to be Jesus' actual date of birth, and the date may have been chosen to correspond with either a Roman festival,[5] or with the winter solstice.[6]

クリスマスはクリスマスデイ、若しくはクリスマスタイドと呼ばれている12月25日にお祝いされるナザレスのジーザスの誕生日を記念し褒め称える為の念に1回の祝日です。アノドミニ方式の日付に基いているジーザスの誕生日は紀元前7年~2年だったとされ12月25日はジーザスの本当の誕生日だとは考えられてはいなかった。12月25日はローマ帝国の御祝い若しくは冬至に対応させて決められた可能性が在る。


Modern customs of the holiday include gift-giving, church celebrations, and the display of various decorations―including the Christmas tree, lights, mistletoe, nativity scenes and holly. Santa Claus (also referred to as Father Christmas, although the two figures have different origins) is a popular mythological figure often associated with bringing gifts at Christmas. Santa is generally believed to be the result of a syncretization between St. Nicholas of Myra and elements from pagan Nordic and Christian mythology, and his modern appearance is believed to have originated in 19th century media.

現代のこの祝日の習慣は、プレゼントの交換、教会での御祝い、そしてクリスマスツリー、ライト、ミスルトー(やどりぎ)キリスト誕生の光景、ホリー(西洋ひいらぎ)等を含んだ色々な種類の飾りつけや、サンタクロース(ファーザークリスマスとも呼ばれているがこの2つの人物は違った起源が在る)が頻繁にクリスマスの日にプレゼント持って来る事と関連されている人気のある伝説的な人物などがあります。サンタは通常マイラのセイントニコラスとスカンディナヴィアの異教徒とクリスマスの伝説が融合した物だと考えられていて、サンタの現代の姿は19世紀のメディアが起源だと信じられています。

Christmas is celebrated throughout the Christian population, but is also celebrated by many non-Christians as a secular, cultural festival. The holiday is celebrated around the world. Because gift-giving and several other aspects of the holiday involve heightened economic activity among both Christians and non-Christians, Christmas has become a major event for many retailers.

クリスマスはキリスト教徒の間でお祝いされていますが、異教徒の間でも世俗的で文化的な御祝いとしてお祝いされています。この祝日は世界中で祝福され、贈り物の交換等やこの祝日が含んでいるの其の他の面がキリスト教徒、非キリスト教徒の経済活動を活発にさせる為、クリスマスは多くの小売業界で大きなイヴェントとなっているのです。

ejnews:現在日本ではクリスマスやサンタの起源は良く知られていると思いますが、私がブログを始めて初めてのクリスマスですので、やはりクリスマスについて無視は出来ませんでした。どの宗教も国家と結び付くと変てこな事を始める様ですね。日本の景気は如何ですか?アメリカが風邪を引くと日本は肺炎になる?と言われていましたが状況は変わったのでしょうか?処で、米共和党のカールローブと深い繋がりのあるマイク コネルと言うコンピューター コンサルタントが自家用機の事故で亡くなりました。彼はこの8年間ほどアメリカではコンピューター関係の票の数の操作で強く疑われていて、4年前の大統領選挙時オハイオ州でのコンピューター投票違反を指揮していた中心人物として最近法廷か議会で証言するはずでしたが、此れでブッシュ政権は選挙違反については一安心と言う所です。非常に都合の良い事故ですね!警察からも飛行機がサボタージュされる可能性があるので飛行は当分止めた方が良いとの警告が彼に出ていたそうです。このニュース日本で報道されていますか?次回はイエスキリストと他の中近東の神様との比較の記事の翻訳を計画しています。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カカセオさん、如何もありがとうございます。メリークリスマス!世界中景気は滅茶苦茶ですが日本も大変みたいですね。来年は景気についてはもっと悪くなるそうですが、皆が平等に精神的に幸福なれる来年にしたいですね。

No title

杏ママさん。メリークリスマス!お元気ですか?キリスト教の歴史はアジア、アフリカ、ヨーロッパの歴史が積み重なっていますので調べると面白いのです。

メリークリスマス!

メリークリスマス!ejnewsさん!!
すみません、時間がないので記事の方はまた後日じっくり読ませて頂きます。
ただ、一言クリスマスの挨拶だけしたかったものですから.......
ではまた!

No title

12月25日ってキリストが生まれた日ではないとは知りませんでした。
サターナリアの行事(?)は一般的に知られるキリストの教えとは相反するように思われますね。

No title

和久希世さん、宗教も人間のする事ですから良い事も悪い事も在るようです。天皇家の歴史も食うか食われるかの戦いの歴史を生き残ってきた家系ですから、キリスト教の歴史と同様、色々な事が美化されているのでしょうね。
日本人は神道の様に森羅万象全て神が宿る多神教や、禅仏教の様に神様なんて事を考える事より、人間としてもっと大切な事が在ると言う様な環境で育つと、キリスト教もイスラムも又別の神様の一つの様に考えられるのでしょうかね?
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は一神教で神については非常に堅苦しく考える人が日本人より多い様に思えます。だから一般的に言って教会に行く信者はクリスマスについても余史実を調べると言う事はせず、歴史には興味がない様です。
 実在したと思われているキリストは現在のキリスト教会を見ると自分の始めた宗教とは考えないと思います。キリストは当時のユダヤ教のお寺が銀行商売の場になっていたりして、余にも世俗的になっているのを非常に怒り、お寺で大暴れをしたりしている人ですから、今の殆どの教会の様なお布施集めの様な商売になっている教会を見ると又暴れるのじゃないかと思います。特にクリスマスには驚くでしょうね。

No title

Nemoさんとこのお正月も、内と余変わらないんですね。ユックリ出来る時はユックリして未来に備えましょう!
お母さんの事大変ですね。私は妹に任しっきりです。私の両親ももう年ですが何とか2人で未だやっていますが、母は首、肩、膝が悪くなっているようです。
 アメリカには色んな宗教があります。面白いのはペンタコスタルと言うキリスト教の一派で偽の言語を突然喋りだすのです。この一派だと思いますが、あの猛毒で有名なガラガラ蛇を手で操る宗派もあります。
そうですね、来年はもっと良意年になって欲しいですね。

No title

ejnewsさん今日は。
こちらは今日も晴れています。気温は午後2時前で、10℃です。
最近の冬の気温としては、普通なのでしょうか。

日本人はお正月には神道の信者になり、お盆には仏教とになり、クリスマスにはクリスチャンになると言われて、キリスト教徒でもないのに、キリストの誕生日を祝っており、しかもそのクリスマスというのが、ほとんど宗教色のない、只のお祭り騒ぎなので、キリスト教徒にしたら不真面目極まりないと思われるのかな~と思っていたのですが、
クリスマスの起源をうかがって、日本人のクリスマスの捉え方は、むしろ本来的なものだったのだと知りました。
聖夜とは程遠いものだったのですね。
面白いお話を有難うございました。

こんにちは!

我が家のお正月はゴロゴロ食べてばかりで、のんびり箱根駅伝を楽しむのですよ~。
(不健康この上ないっ!)
お正月早々、鍛え上げた選手の走りを寝ころびながら見るという御法度をしつつ、
自分の運動不足をかみしめて1年のスタートを切るのが習わしです。

本当はお正月くらい、母を家に迎えたいと思うのですが、
住宅事情がですね。。。母を負ぶって玄関の階段を上がらなければならず、
ためらっておるのですよ。
その代わり、母の所には詣でていきます。

ejnewsさん!すべての宗教を信じてしまおう!という崇高な精神!
素晴らしいですね!
日本には怪しげな新興宗教等がありますが、アメリカにも以前お話ししてもらった
“何とか教”などあるのでしょう?

ハヌカ、よく聞きますね。
1週間もプレゼントが続くなんて、子どもたちにはたまらないですね!

来年は、もっといい年にしたいですね!

No title

Nemoさん、こんにちは。アメリカの中東部は寒波で大変の様です。ロスは冬が雨季で冬に雨が少ないと其の1年節水等に悩まされる事になるのです。此処数日一寸気温は上がりましたがこの週末は又気温が下がりあめが3日程続くとの天気予報でした。
 トヨタのニュースはアメリカでも『エー!あのトヨタが!』と言う感じで伝えられています。でもジョージソロズやワォーレンバフェットなんかは少なくとも数年前から(私が知っているニュースでは2003年にバフェットがサブプライムが隠されている金融商品が原因で金融危機がやってくると言っていました)金融危機がやってくると言っていたのに如何して殆ど誰も準備が出来たいなかったのでしょうね?金融投資の世界では、この二人の言葉は神様の言葉と同じ様に捉えられているのですが。不思議ですね。
『The governor of the Bank of Spainスペイン銀行総裁と言ったところでしょうか、この人がthe world faced a "total" financial meltdown unseen since the Great Depression世界は世界大恐慌以来の徹底的な経済崩壊に直面している。』と日曜日に言ったのスペインからのニュースがありました。この様な立場の人は世間の動揺を誘発しない為普通はこんな事は言わないでしょう?
 アメリカのクリスマス商戦は普段ならクリスマスの後にするクリスマスセールをクリスマス前にして、クリスマスの後全品80%引きとかのセールをして在庫をなるべく無くす様な商戦だそうです。今年の第4四半期の全米小売結果 は酷く悪い様で店じまいや倒産がクリスマスの後多くなりそうです。
私の妻はカトリック(教会に行かないクリスマスカトリックだと私は思っています)なのでクリスマスツリー等は飾りますが、子供の小さな時と比べるとプレゼントの数などは少なくなりました。
 ロスはユダヤ教信者の最も多い都市の一つでユダヤ教徒はハヌカHanukkah”光の御祭り”をクリスマス頃にお祝いします。1週間続いて子供達は1週間の間毎日プレゼントがもらえるという事ですが?このハヌカ、元々は大きな御祭りではなかったそうですが、アメリカでクリスマスが盛大になり其れに対抗する為にハヌカも盛大にしたとの話です。
 一般のアメリカ人にとってはクリスマスは日本のお正月と同じ様な物ですからやはり一番大切なお祭りですね。
処でアフリカ人を先祖に持つアメリカ人の間ではKwanzaa クワンザと言うお祭りもクリスマスに対抗して存在します。
私は差別が大嫌いで全部の宗教を信じていますので出来る限り全ての御祭りをしたいと思っていますがそんな事を言うと、どうも本気に取ってもらえないのです。
 Nemoさんとこはお正月は如何するのですか?私は何処にも行かずワインを飲みながらの寝正月を計画しています。

こんにちは、ejnewsさん

先週の雪嵐はラスベガスにも雪を降らせていたんですね。
天候は落ち着きましたか?

日本も悲惨です。天下のトヨタが通期赤字となって、不況が一段と深刻さを増しております。
社長一人の経営責任でもないと思いますが、社長が創業者のお孫さんに交代です。
やはり世界経済は、アメリカが元気になってもらわないと、にっちもさっちも行かないようです。

クリスマス商戦も、今年は心なしか、大人し目に感じます。
“あれ、もうイブじゃない?”という感じです。(クリスマスに縁のない私だけかな?)
ejnewsさんのお宅は準備が整いましたか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。