スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書からは習えない感謝祭の歴史。

Native Blood: The Myth of Thanksgiving
原住民の血:感謝祭の伝説

http://revcom.us/a/firstvol/883/thank.htm
Revolutionary Worker #883, November 24, 1996

Every schoolchild in the U.S. has been taught that the Pilgrims of the Plymouth Colony invited the local Indians to a major harvest feast after surviving their first bitter year in New England. But the real history of Thanksgiving is a story of the murder of indigenous people and the theft of their land by European colonialists--and of the ruthless ways of capitalism.

アメリカの全ての学校で子供達はニューイングランドでプリモス植民地のピルグリム達が最初の厳しい年を生き延びた後、近辺のインデアン達を大規模な御馳走に招待したと習ってきています。然し、感謝祭の本当の歴史は原住民の殺害やヨーロッパからの入植者による原住民の土地の奪取、そして冷酷な資本主義の物語なのです。
* * * * *
In mid-winter 1620 the English ship Mayflower landed on the North American coast, delivering 102 Puritan exiles. The original Native people of this stretch of shoreline had already been killed off. In 1614 a British expedition had landed there. When they left they took 24 Indians as slaves and left smallpox behind. Three years of plague wiped out between 90 and 96 percent of the inhabitants of the coast, destroying most villages completely.

1620年の冬の真っ只中102人のピューリタン亡命者を運んでいるイギリスの船メイフラワー号が北米海岸に着岸した。其処に広がる海岸線の元々の原住民は既に殲滅されていた。1614年にイギリスの探検隊が其処に上陸していた。彼等が其処を去った時24人のインデアンを奴隷として連れ去り天然痘を残して行った。3年間の疫病は其の海岸線の90%~96%の住民を抹殺し殆どの村完全に破壊した。

The Puritans landed and built their colony called "the Plymouth Plantation" near the deserted ruins of the Indian village of Pawtuxet. They ate from abandoned cornfields grown wild. Only one Pawtuxet named Squanto had survived--he had spent the last years as a slave to the English and Spanish in Europe. Squanto spoke the colonists' language and taught them how to plant corn and how to catch fish until the first harvest. Squanto also helped the colonists negotiate a peace treaty with the nearby Wampanoag tribe, led by the chief Massasoit.

ピューリタンは打ち捨てられたプワトセット族の村の廃墟の近くに上陸し植民地を建設し“プリモス農園”と名づけた。彼等は放棄されたトウモロコシ畑の玉蜀黍が野生化したものを食べた。唯一人セクワントと言う名のプワトセットが生き残り、彼は最後の日々を奴隷としてヨーロッパのイギリスとスペインに送られて過ごした。スクワントは植民者の言葉を喋り、玉蜀黍の栽培方法を彼等に教え次の収穫まで魚の取り方を教えた。スクワントは植民者のマサソワット酋長に率いられた近隣のワンパノワグ族との平和協定の協議を補佐した。

These were very lucky breaks for the colonists. The first Virginia settlement had been wiped out before they could establish themselves. Thanks to the good will of the Wampanoag, the Puritans not only survived their first year but had an alliance with the Wampanoags that would give them almost two decades of peace.

幸運な種類の植民者達が居た。最初のヴァージニア開拓地は彼等が成功を収める前に全滅してしまった。ワンパノワグ族の好意のお陰でピューリタン達は最初の冬を生き延びただけでなく、ワンパノワグ族と同盟を結び、其れは殆ど20年間の平和を彼等に与えたのであった。

John Winthrop, a founder of the Massahusetts Bay colony considered this wave of illness and death to be a divine miracle. He wrote to a friend in England, "But for the natives in these parts, God hath so pursued them, as for 300 miles space the greatest part of them are swept away by smallpox which still continues among them. So as God hath thereby cleared our title to this place, those who remain in these parts, being in all not 50, have put themselves under our protection."
The deadly impact of European diseases and the good will of the Wampanoag allowed the Puritans to survive their first year.
In celebration of their good fortune, the colony's governor, William Bradford, declared a three-day feast of thanksgiving after that first harvest of 1621.

How the Puritans Stole the Land
ピューリタンが土地を奪い取った方法は?


But the peace that produced the Thanksgiving Feast of 1621 meant that the Puritans would have 15 years to establish a firm foothold on the coast. Until 1629 there were no more than 300 Puritans in New England, scattered in small and isolated settlements. But their survival inspired a wave of Puritan invasion that soon established growing Massachusetts towns north of Plymouth: Boston and Salem. For 10 years, boatloads of new settlers came.
And as the number of Europeans increased, they proved not nearly so generous as the Wampanoags.

1621年の感謝祭の御馳走を作り出す原因となった平和は、海岸地方でピューリタンが確かな足場を作り出すのに15年費やす事が出来る事になった。1629年までにはニューイングランドには300人程のピューリタンしかいなかった。然し彼等の生存が波の様なピューリタンの侵略を誘発し、直ぐにプリモスの北マサチューセッツ、ボストン、サーレムの発展する町々を基礎付けた。10年間船に溢れ返る開拓者達がやって来た。

On arrival, the Puritans discussed "who legally owns all this land." They had to decide this, not just because of Anglo-Saxon traditions, but because their particular way of farming was based on individual--not communal or tribal--ownership. This debate over land ownership reveals that bourgeois "rule of law" does not mean "protect the rights of the masses of people."

到着と同時にピューリタン達は『誰が一体法的に土地を所有しているのか?』と話し始めた。彼等はこの事に付き決定しなければならなかった、何故なら其れはアングロサクソンの伝統からではなく、彼等の特別の農園経営は共同分配や部族分配ではなく、個人所有に基礎を置いていたからである。この土地所有権についての議論はブルジョワジーの“法の支配”は“庶民の権利の保護”を意味する物ではない事を露わにしている。

Some Puritans argued that the land belonged to the Indians. These forces were excommunicated and expelled. Massachusetts Governor Winthrop declared the Indians had not "subdued" the land, and therefore all uncultivated lands should, according to English Common Law, be considered "public domain." This meant they belonged to the king. In short, the colonists decided they did not need to consult the Indians when they seized new lands, they only had to consult the representative of the crown (meaning the local governor).

少数のピューリタンは土地はインデアンに所属すると議論したが、この勢力は破門され追放されてしまった。マサチューセッツの知事ウインスロップはインデアンは土地を“征服”しなかった、この事は開拓されていない土地は英国習慣法に基き公有地と見なされると宣言した。此れはそれらの土地は英国王に所有される事を意味する。手短に言うと、新しい土地を押収した時彼等はインデアンに相談する必要は無く、唯彼等は王冠の代表者(地方の知事と言う事になる)に相談すれば良いと言う事に植民者達は決定した。

The Puritans embraced a line from Psalms 2:8. "Ask of me, and I shall give thee, the heathen for thine inheritance, and the uttermost parts of the earth for thy possession." Since then, European settler states have similarly declared god their real estate agent: from the Boers seizing South Africa to the Zionists seizing Palestine.

ピューリタン達は神を讃える詩2:8“願いなさい、そうすれば私は貴方に与えるでしょう、異教徒達よ!貴方の所有物として、世界の果てまで貴方の所有に”其れ以降ヨーロッパの開拓者達は同様に神様を彼等の不動産業者だと宣言した。ボーア達の南アフリカの奪取からシオニストのパレスチナ奪取まで。

Boersボーア:南アフリカに移民したオランダ人、ボーア戦争でイギリスに敗戦する。
Zionists シオニスト:オーストラリアのユダヤ人によって提唱されたパレスチナにユダヤ教徒の為の国家を築く民族運動。第二次世界大戦後イスラエルを建国した。然し、伝統的なユダヤ教徒によるとイスラエル建国以前にメシヤが出現しなかったのでイスラエルは地上でのユダヤ教徒の国家ではないと言う。


The European immigrants took land and enslaved Indians to help them farm it. By 1637 there were about 2,000 British settlers. They pushed out from the coast and decided to remove the inhabitants.

ヨーロッパ移民達は土地を取り上げ農場労働を助ける為にインデアンを奴隷とした。1637年までには約2千人のイギリス人開拓者達がいた。彼等は海岸地帯から元の住人を押し出し、移動させる事に決めた。

The Birth of"The American Way of War"
“アメリカ風戦争”の誕生


In the Connecticut Valley, the powerful Pequot tribe had not entered an alliance with the British (as had the Narragansett, the Wampanoag, and the Massachusetts peoples). At first they were far from the centers of colonization. Then, in 1633, the British stole the land where the city of Hartford now sits--land which the Pequot had recently conquered from another tribe. That same year two British slave raiders were killed. The colonists demanded that the Indians who killed the slavers be turned over. The Pequot refused.

コネチカットヴァリーでは、強力なピコワット族はイギリスとの同盟には参加していなかった(ナラガンセット、ワンパノアグ、マサチューセッツ族の人々は同盟に参加していた)初期には彼等は植民地の中心から離れていた。然し、1633年イギリス人がピコワット族が其の頃他の部族から征服した土地を盗んでしまった。(現在ハートフォード市が位置している土地)同年イギリスの奴隷狩りの侵入者が殺害された。植民者達は奴隷狩り侵入者を殺したインデアンを出頭させる様に要求した。ピコワットは拒絶した。

The Puritan preachers said, from Romans 13:2, "Whosoever therefore resisteth the power, resisteth the ordinance of God: and they that resist shall receive to themselves damnation." The colonial governments gathered an armed force of 240 under the command of John Mason. They were joined by a thousand Narragansett warriors. The historian Francis Jennings writes: "Mason proposed to avoid attacking Pequot warriors which would have overtaxed his unseasoned, unreliable troops. Battle, as such, was not his purpose. Battle is only one of the ways to destroy an enemy's will to fight. Massacre can accomplish the same end with less risk, and Mason had determined that massacre would be his objective."

ピューリタン伝道師は聖書のローマン13:2から引用して言った『権力に抵抗する者は神の法に抵抗する者、故に抵抗する者は天罰を受ける』。植民地知事は武装した240人をジョンメイソンの指揮下に集めた。彼等には何千人ものナラガンセット族の闘士達が参加した。歴史家フランシスジェニングスは『メイソンは、彼の頼りにならない、経験の足りない部隊に必要以上の負担を課す恐れがあると、ピコワット族に対する攻撃を避ける提案をした。疎の様な戦いは彼の目的ではない。戦いは敵の戦意を削ぐ為の単なる方法の一つである。虐殺は同様の結果をリスクの少ない方法で達成できる。そしてメイソンは虐殺が彼の目標だと決意した。』と書いている。

The colonist army surrounded a fortified Pequot village on the Mystic River. At sunrise, as the inhabitants slept, the Puritan soldiers set the village on fire.

植民地軍はミスティック川の畔のピコワット族の村を包囲し、未だ村の住人が寝ている日の出にピューリタン兵は村に火を放った。

William Bradford, Governor of Plymouth, wrote: "Those that escaped the fire were slain with the sword; some hewed to pieces, others run through with their rapiers, so that they were quickly dispatched and very few escaped. It was conceived they thus destroyed about 400 at this time. It was a fearful sight to see them thus frying in the fire...horrible was the stink and scent thereof, but the victory seemed a sweet sacrifice, and they gave the prayers thereof to God, who had wrought so wonderfully for them."

プリモス知事ウイリアムブラッドフォードは『被害者が短時間で処分される様に、火から逃げ出した者は刀で殺害され、ある者は滅多切りにされ、又他の者はレピアーで串刺しにされた。極少数の者しか逃げ出せなかった。今回は400人を殺害したと考えられた。彼等が火に炙られるのを見る事は恐るべき光景だった。其れが放つ臭いも酷かった。だが勝利は甘い犠牲の様だ。そして彼等は素晴らしい働きを彼らの為にした神への祈りを捧げた。』

Mason himself wrote: "It may be demanded...Should not Christians have more mercy and compassion? But...sometimes the Scripture declareth women and children must perish with their parents.... We had sufficient light from the word of God for our proceedings."

メイソン自身も『其れは要求されていた………………キリスト教信者はもっと慈悲と哀れみを持つべきではないのか?しかし……….時々聖書は女子供は両親と一緒に死ぬべきだと宣言する…………我々は我々の行為の為に神の言葉からの充分な光を受けている。』

Three hundred and fifty years later the Puritan phrase "a shining city on the hill" became a favorite quote of Ronald Reagan's speechwriters.

350年後ピューリタンの言葉『丘の上の輝く都市』はロナルドレーガン大統領の演説を書く作家の一番好きな引用となったのです。

Discovering theProfits of Slavery
奴隷制度からの利益の発見


This so-called "Pequot war" was a one-sided murder and slaving expedition. Over 180 captives were taken. After consulting the bible again, in Leviticus 24:44, the colonial authorities found justification to kill most of the Pequot men and enslave the captured women and their children. Only 500 Pequot remained alive and free. In 1975 the official number of Pequot living in Connecticut was 21.

所謂“ピコワット戦争”と呼ばれる戦いは一方的な殺人と奴隷獲得の探検行為だった。180人以上が奴隷として連れ去られた。又しても聖書のレビ記22:44に相談した後に植民地の権威者はピコワット族の男と捕らわれ奴隷にされた女達と彼女達の子供達を殺す言い訳を見つけ出した。ほんの500人のピクワット族が自由の身で生き延びた。1975年、コネチカットで住んでいるピクワット族の公式な人口は21人である。

Some of the war captives were given to the Narragansett and Massachusetts allies of the British. Even before the arrival of Europeans, Native peoples of North America had widely practiced taking war captives from other tribes as hostages and slaves.

戦争の捕虜の一部はイギリスと同盟していたナラガンセット族とマサチューセッツ族に与えられた。ヨーロッパ人の到来以前から北アメリカの原住民の間では人質や奴隷の為の戦争捕虜を他の部族から取る事が広く行われていた。

The remaining captives were sold to British plantation colonies in the West Indies to be worked to death in a new form of slavery that served the emerging capitalist world market. And with that, the merchants of Boston made a historic discovery: the profits they made from the sale of human beings virtually paid for the cost of seizing them.

残された捕虜は新しく現れた資本家の世界市場としての役目を果す新しい種類の奴隷として、西インド諸島のイギリスの植民地農園に死ぬまで働く為に売られた。其の事実によってボストンの商人達は歴史的発見をしたのだった。其れは人間を売る事によって得た利益は実質的に彼等を捕らえる為に費やした費用を贖うものであると言う事だ。

One account says that enslaving Indians quickly became a "mania with speculators." These early merchant capitalists of Massachusetts started to make genocide pay for itself. The slave trade, first in captured Indians and soon in kidnapped Africans, quickly became a backbone of New England merchant capitalism.

『奴隷となったインデアンは投機家達の熱狂の的となった』と証言は述べている。これ等のマサチューセッツの初期の商人資本家達は民族大量殺戮をそれ自身採算が取れる物とし始めて行った。捕虜となったインデアンからまり直ぐにアフリカ人を誘拐する事に到った奴隷貿易は素早くニューイングランドの商人資本主義の最も重要な商売となっていった。

Thanksgiving in theManhattan Colony
マンハッタン植民地での感謝祭。


In 1641 the Dutch governor Kieft of Manhattan offered the first "scalp bounty"--his government paid money for the scalp of each Indian brought to them. A couple years later, Kieft ordered the massacre of the Wappingers, a friendly tribe. Eighty were killed and their severed heads were kicked like soccer balls down the streets of Manhattan. One captive was castrated, skinned alive and forced to eat his own flesh while the Dutch governor watched and laughed. Then Kieft hired the notorious Underhill who had commanded in the Pequot war to carry out a similar massacre near Stamford, Connecticut. The village was set fire, and 500 Indian residents were put to the sword.

1641年にオランダの知事キーフオブマンハッタンが始めての“頭皮賞金”を提供した。彼の政府は持ち込まれた個々のインデアンの頭皮に賞金を払ったのだ。2年程後キーフ知事は友好的な部族ワピンガー族の虐殺を命令した。80人が殺害され、切り落とされた頭はサッカーボールの様にマンハッタンの通りで蹴られた。一人の捕虜はオランダ人知事が笑いなが謁見している前で、去勢され生きながら皮を剥がれ自分自身の肉を食べる事を強制された。キーフはコネチカットのスタムフォードの近くで同様の虐殺をピクワット戦争で指揮をした悪評高いアンダーヒルを雇用した。其の村は放火され500人のインデアンが刀で殺害された。

A day of thanksgiving was proclaimed in the churches of Manhattan. As we will see, the European colonists declared Thanksgiving Days to celebrate mass murder more often than they did for harvest and friendship.

そして、マンハッタンの教会によって感謝祭の日が宣言された。この様にヨーロッパからの植民者達は収穫や友好を祝うよりも多くの場合虐殺を祝う為に感謝祭を宣言した。

The Conquest of New England
ニューイングランドの征服。

By the 1670s there were about 30,000 to 40,000 white inhabitants in the United New England Colonies--6,000 to 8,000 able to bear arms. With the Pequot destroyed, the Massachusetts and Plymouth colonists turned on the Wampanoag, the tribe that had saved them in 1620 and probably joined them for the original Thanksgiving Day.
1670年代迄には約3~4万人の白人がニューイングランド植民地に住むようになっていた、其の内6千~8千人が武装可能だった。ピコワット族が殲滅された事によってマサチューセッツとプリモスの植民者達は1620年植民者達を救い恐らく最初の感謝祭に参加したワンパノアグ族に狙いを定める様になった。

In 1675 a Christian Wampanoag was killed while spying for the Puritans. The Plymouth authorities arrested and executed three Wampanoag without consulting the tribal chief, King Philip.

1675年キリスト教徒のワンパノアグ族がピューリタンの為にスパイ行為をしている時に殺害された。プリモスの支配権力は部族の酋長キングフィリップに相談することなく3人のワンパノアグ族を死刑にしてしまった。

As Mao Tsetung says: "Where there is oppression there is resistance." The Wampanoag went to war.

毛沢東が『圧政のある所には反抗がある』と言った様にワンパノアグ族は戦いを始めた。

The Indians applied some military lessons they had learned: they waged a guerrilla war which overran isolated European settlements and were often able to inflict casualties on the Puritan soldiers. The colonists again attacked and massacred the main Indian populations.

インデアン達は彼等が習得した軍事教育を実戦に使用した。インデアン達はゲリラ戦を戦い辺鄙な所に在るヨーロッパ人開拓地を圧倒し多々ピューリタン兵に損害を与えることが出来た。殖民者達はインデアンの本拠地を襲撃し虐殺を繰り返した。

When this war ended, 600 European men, one-eleventh of the adult men of the New England Colonies, had been killed in battle. Hundreds of homes and 13 settlements had been wiped out. But the colonists won.

戦いが終わった時ニューイングランドの成人の11分の1に相当する600人のヨーロッパ人が戦いで命を落とし、数百の家々が失われ13の開拓地が壊滅した。然し植民者達は戦いに勝利したのだった。

In their victory, the settlers launched an all-out genocide against the remaining Native people. The Massachusetts government offered 20 shillings bounty for every Indian scalp, and 40 shillings for every prisoner who could be sold into slavery. Soldiers were allowed to enslave any Indian woman or child under 14 they could capture. The "Praying Indians" who had converted to Christianity and fought on the side of the European troops were accused of shooting into the treetops during battles with "hostiles." They were enslaved or killed. Other "peaceful" Indians of Dartmouth and Dover were invited to negotiate or seek refuge at trading posts--and were sold onto slave ships.

勝利の後、殖民者達は原住民に対して抑制を知らない大量虐殺を始めた。マサチューセッツ植民地政府はインデアンの頭皮一枚に20シリングを、奴隷として売り飛ばせる捕虜には40シリングを提供した。捕虜に出来るインデアンの女性や14歳以下の子供達を奴隷とする事が兵士達には許されていた。“祈りをするインデアン”と呼ばれたキリスト教に改宗しヨーロッパ植民地軍と共に戦ったインデアン達は戦闘の最中に木々の梢を狙って撃っていると非難され“敵対的”として奴隷にされるか殺害された。ダートマスやっドーヴァーの他の“平和的”インデアン達は協定を結ぶ為に招待されるか若しくは交易地に避難を許され後に奴隷船に売り飛ばされた。

It is not known how many Indians were sold into slavery, but in this campaign, 500 enslaved Indians were shipped from Plymouth alone. Of the 12,000 Indians in the surrounding tribes, probably about half died from battle, massacre and starvation.

奴隷として売り飛ばされたインデアンの人口は不明ではあるがこの戦いでプリモスだけでも500人の奴隷にされたインデアンが船で送り出された。この周辺の1万2千人のインデアン部族の内恐らく半数が戦闘や虐殺そして飢餓で死んでしまった。

After King Philip's War, there were almost no Indians left free in the northern British colonies. A colonist wrote from Manhattan's New York colony: "There is now but few Indians upon the island and those few no ways hurtful. It is to be admired how strangely they have decreased by the hand of God, since the English first settled in these parts."

キングフィリップス戦争の後北部のイギリス植民地では自由なインデアンは殆ど一人も居なくなってしまった。『この島ではやっとインデアンがいなくなった居たとしても極少数になってしまった。そして彼等はもう我々に危害を与える存在ではなくなった。そしてこの地域に始めてイギリス人が定住してから、不可思議にも神の手によってインデアンの人口が減少したことは驚嘆に値する。』と或る殖民者はニューヨーク植民地のマンハッタンから手紙を書いている。

In Massachusetts, the colonists declared a "day of public thanksgiving" in 1676, saying, "there now scarce remains a name or family of them [the Indians] but are either slain, captivated or fled."

1676年、マサチューセッツで『今、インデアンと言う名や種類の恐怖は殆ど残っていない、インデアンは殺されたか、捕らわれたか若しくは逃走してしまった。』と言って植民者達は公式の感謝祭を宣言した。

Fifty-five years after the original Thanksgiving Day, the Puritans had destroyed the generous Wampanoag and all other neighboring tribes. The Wampanoag chief King Philip was beheaded. His head was stuck on a pole in Plymouth, where the skull still hung on display 24 years later.

初めての感謝祭から55年後ピューリタンは気前の良いワンパノアグ族や周辺の全ての部族を殲滅してしまった。ワンパノアグ族の酋長キングフィリップの首は切り落とされ、彼の切り落とされた頭はプリモスで串刺しにされ見世物になり、其の頭蓋骨は其のまま同じ場所で24年後まで見世物にされ続けた。

The descendants of these Native peoples are found wherever the Puritan merchant capitalists found markets for slaves: the West Indies, the Azures, Algiers, Spain and England. The grandson of Massasoit, the Pilgrim's original protector, was sold into slavery in Bermuda.

Runaways and Rebels
逃亡者と反抗者


But even the destruction of Indian tribal life and the enslavement of survivors brought no peace. Indians continued to resist in every available way. Their oppressors lived in terror of a revolt. And they searched for ways to end the resistance. The historian MacLeod writes: "The first `reservations' were designed for the `wild' Irish of Ulster in 1609. And the first Indian reservation agent in America, Gookin of Massachusetts, like many other American immigrants had seen service in Ireland under Cromwell."

然し、インデアンの部族生活の破壊も生存者の奴隷化も平和をもたらさなかった。インデアンは引き続き可能な限り抵抗を続け、彼等の圧政者は叛乱の恐怖に慄きながら暮らし続けた。そして彼等は抵抗を阻止する方法を探した。歴史家マクラウドは『最初の居留地は1609年にアイルランドのアルスター地方の手におえない“ワイルド”アイルランド人の為に計画された。そして、アメリカで最初のインデアン居留地の責任者、マサチューセッツのグーキンは他のアメリカへの移民がそうであった様にアイルランドでクロムェルの下で従軍の経験があった。』と書いている。

Ejnews:クロムエルのアイルランドでのキャンペーンは其の残虐性が有名で,幾つかの都市では何千人もの英国王党派兵、アイルランド兵、市民等を何千人も殺害し、又何千人ものアイルランド人が奴隷として売られたと言う事です。

The enslaved Indians refused to work and ran away. The Massachusetts government tried to control runaways by marking enslaved Indians: brands were burnt into their skin, and symbols were tattooed into their foreheads and cheeks.

奴隷とされたインデアンは労働を拒否し逃亡した。マサチューセッツ政府はインデアンの皮膚に烙印を押したりシンボルを額や頬に刺青にしたりしてインデアンの逃亡をコントロールし様とした。

A Massachusetts law of 1695 gave colonists permission to kill Indians at will, declaring it was "lawful for any person, whether English or Indian, that shall find any Indians traveling or skulking in any of the towns or roads (within specified limits), to command them under their guard and examination, or to kill them as they may or can."

1695年のマサチューセッツの法律は“イギリス人でもインデアンでも誰にとっても合法であると宣言して植民者に自由にインデアンを殺す事を許可している。若し、旅をしているインデアンや全ての町や道路でこそこそ隠れているインデアンを見つけると、警戒を解くように命令し検査するか彼等を殺傷する事が許される。”

ejnews:数年前の話だったと思います。何時ものようにラジオをつけっ放しにしていたら、ニュースで『“2人の(兵士か)警察官の同行無しにアメリカインデアンがボストン市領域内に入る事は許可されない”とした法律は今年ボストン市議会によって無効とされた!!!!!?????』と言っているではありませんか!勿論、実際にこの法律が適用されたのは昔の事と思いますが、第二次世界大戦中に日系アメリカ人がアメリカインデアンと同じ扱いを受けていますから、意外とこの法律最近まで使われていた可能性もあるのかなあ?と疑ってしまいます。

The northern colonists enacted more and more laws for controlling the people. A law in Albany forbade any African or Indian slave from driving a cart within the city. Curfews were set up; Africans and Indians were forbidden to have evening get-togethers. On Block Island, Indians were given 10 lashes for being out after nine o'clock. In 1692 Massachusetts made it a serious crime for any white person to marry an African, an Indian or a mulatto. In 1706 they tried to stop the importation of Indian slaves from other colonies, fearing a slave revolt.

北方の植民地の住人は人民を支配する為に次から次へと法律を増やしていった。アルバニーの法律はアフリカ系住民やインデアンが市内で馬車を運転する事を禁じていた。門限が決められ、アフリカ系住民やインデアンは夕刻の集会が禁じられた。ブロックアイランドではインデアンが午後9時以降外出していると10回の鞭打ち刑が科せられた。1692年、マサチューセッツは白人のアフリカ系住民、インデアン、混血との結婚を重罪とした。叛乱を恐れて1706年、彼等はインデアン奴隷の他の植民地からの輸入を禁止した。

Celebrate?
お祝いする?


Looking at this history raises a question: Why should anyone celebrate the survival of the earliest Puritans with a Thanksgiving Day? Certainly the Native peoples of those times had no reason to celebrate.

この歴史を見ていると一つの疑問が浮かび上がってくる:一体全体誰が最初のピューリタンの生存を感謝祭で祝わなければならないのか?確かに当時の原住民にとっては祝う理由は無い。

A little known fact: Squanto, the so-called "hero" of the original Thanksgiving Day, was executed by the Indians for his treacheries.

殆ど知られていない事実:所謂最初の感謝祭の“ヒーロー”と呼ばれているスクワントは他のインデアンに裏切り者として処刑されている。

But the ruling powers of the United States organized people to celebrate Thanksgiving Day because it is in their interest. That's why they created it. The first national celebration of Thanksgiving was called for by George Washington. And the celebration was made a regular legal holiday later by Abraham Lincoln during the civil war (right as he sent troops to suppress the Sioux of Minnesota).

然し、合衆国の支配者達は彼等の利益になるので人々を組織して感謝祭を祝っている。だから彼等は感謝祭をでっち上げたのだ。最初の国家の祝日としての感謝祭はジョージワシントンによって行われ、そしてこのお祝いは後にエイブラハムリンカーンによって南北戦争の最中に正規の合法の祝日とされた。(彼が部隊をミネソタのスー族制圧に送っている時)

Washington and Lincoln were two presidents deeply involved in trying to forge a unified bourgeois nation-state out of the European settlers in the United States. And the Thanksgiving story was a useful myth in their efforts at U.S. nation-building. It celebrates the "bounty of the American way of life," while covering up the brutal nature of this society.

ワシントンとリンカーンは合衆国でヨーロッパからの開拓者の中から統一したブルジョワ国家体制をでっち上げようとした努力に深く関わった2人の大統領である。それには感謝祭の伝説は彼等の合衆国国家建設の努力に利用価値があったからである。この祝日は“気前の良いアメリカ風の社会”を祝いつつ、この社会の惨酷な性質を隠している。
________________________________________
This article is posted in English and Spanish on Revolutionary Worker Online
この記事は英語とスペイン語で“革命的労働者オンライン”にポスティングされています。
http://www.mcs.net/~rwor

ejnews:この感謝祭についての記事は“革命的労働者オンライン”と言うサイトの記事です。ejnewsの感謝祭の歴史観と上記の記事の歴史観が同一と言う事でははありません。然し.....................................“歴史は勝者が書く”と言うのは有名な言葉ですが、George Orwell ジョージオーウェルはこう言い残しています。
Who controls the past controls the future. Who controls the present controls the past.
“過去を支配する者は未来を支配し、現在を支配する者は過去を支配する。”
 日本でも第二次大戦前後で学校で教える歴史観が支配階級の主義の変化に応じて変わったと言う良い例がありますよね。





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Neomさん、御元気ですか?感謝祭の様な史実の隠されたお祝いは世界各国にあると思います、国家が形成される過程で少数民族とか原住民が犠牲になり近代国家が出来ているのだと思います。日本でもアイヌ民族はアメリカの原住民インデアンと同じ経験をしていますね。だから我々は子供達に二度と同じ様な被害者を出さない様に本当の歴史を教える事が大切だと思います。最近日本の航空自衛隊の幹部が変な事言ったとか聞きましたが、歴史の書き変えは将来子供達の世代が絶対問題を起こす原因になります。
 七面鳥は私は余り好きじゃないんです。唯ミートローフ。ミートボール等にするとアーブやスパイスなんかで香り、味を付け加える事が出来ますので七面鳥を食べるときは何時も挽肉を使っています。今年は妻の家族が集まらなかったのでハムにしました。七面鳥の丸焼きは美味しくないんです。でも感謝祭にアメリカ全土で何羽の七面鳥が殺されるのかと思うと一寸食欲も減退しますね。

こんにちは!

ejnewsさん、2回にわたる連載記事、拝見させていただきました。
ブログ記事にしておくのはもったいないくらい、1冊の本になりそうな力作ですね。

ただ、感謝祭に込められた先住民の史実などつゆ知らず、
日々の収穫に感謝する祭日だとばかり思っていました。
ejnewsさんのお宅では七面鳥を焼くのですか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

farm+mania-でつながるブログリング

farm+maniaに関するブログをまとめています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。