スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思ったよりも危険な殺虫剤。

Pesticides More Dangerous Than
Thought

思ったよりも危険な殺虫剤。

• UPI, November 13, 2008
http://www.organicconsumers.org/articles/article_15608.cfm

PITTSBURGH, Nov. 13 (UPI) -- U.S. scientists studying 10 of the world's most popular approved pesticides say, when combined, the chemicals caused 99 percent mortality in tadpoles.

ピッツバーグ、11月13日、2008ねん。(UPI)世界中で最も人気のある10種類の殺虫剤を研究している米国の科学者によると(この10種類の殺虫剤の)これ等の化学物質は混合されるとオタマジャクシの99%を死亡させると言うことだ。

University of Pittsburgh researchers said the U.S. Environmental Protection Agency-approved pesticides, when mixed together, can decimate amphibian populations even if the concentration of the individual chemicals is within limits considered safe.

米環境保護局によって許可されている殺虫剤は,一緒に混ぜられると個々の化学物質の濃度が安全と認識されている許容内でも両生類の数を激減させるとピッツバーグ大学の研究者は述べた。

Decimate 殲滅する、大量に殺す,
decimal十進法の、少数 (decemラテン語で10)


Such "cocktails of contaminants" are frequently detected in nature, the scientists said, noting their findings offer the first illustration of how a large mixture of pesticides can adversely impact the environment.

大量の混合された殺虫剤がどの様に環境に衝撃を与えるかを描き出した初めての発見を示しながら、その様な汚染物のカクテルは頻繁に自然界で探知されると其の科学者は述べた。

Associate Professor Rick Relyea, the study's lead author, exposed gray tree frog and leopard frog tadpoles to small amounts of the 10 pesticides -- insecticides carbaryl, chlorpyrifos, diazinon, endosulfan, and malathion, as well as five herbicides: acetochlor, atrazine, glyphosate, metolachlor, and 2,4-D.

この研究の主要な著者であるリックレルヤ助教授はグレイツリーフロッグ(灰色木蛙)とレパードフロッグ(豹蛙)のオタマジャクシを少量の10種類の殺虫剤で汚染させた-----殺虫剤カーバーリル、クロピリフォス、ディアジノン、エンドソルファン、そしてマラサイオン、其れと、5種類の除草剤、アセトクロール、アトラジン、グリフォセット、メトラクロール、そして2,4-D。

He used each of the pesticides alone, the insecticides combined, a mix of the five herbicides, or all 10 of the poisons.

彼は個々の殺虫剤を単独、混合し、5種類の除草剤を混ぜ、そして10種類全ての毒物の混合物を使用した。

Relyea found a mixture of all 10 chemicals killed 99 percent of leopard frog tadpoles, as did the insecticide-only mixture.

10種類全ての化学物質を混合した場合、殺虫剤だけの混合物の場合と同様に99%のレパードフロッグのオタマジャクシを殺したと(言う事実を)レリェヤ助教授は発見した。

The study is detailed in the online edition of the journal Oecologia.

この研究はOecologia.ジャーナルのオンラインエディションで詳しく述べられている。

ejnews:此れじゃあ川や池、湖の生物が居なくなるのも当然ですね。オタマジャクシが99%死ぬんだったら人間もかなりヤバイですね!これ等の農薬は日本でも使用されているはずですから。

Cheney, Gonzales indicted
チェイニー、ゴンザレス起訴される。

RAW STORY
Published: Tuesday November 18, 2008
http://rawstory.com/news/2008/Cheney_Gonzales_indicted_1118.html

A Texas grand jury has indicted outgoing Vice President Dick Cheney and former Attorney General Alberto Gonzales on charges related to alleged abuse of prisoners in Willacy County federal detention facilities, CNN reported.

テキサスの大陪審は任期修了の迫っている副大統領ディックチェイニーと、前司法長官アルベルトゴンザレスをウィラシー郡連邦刑務所施設での囚人虐待の嫌疑で起訴された。CNNの発表。

"The vice president has not received an indictment," Cheney spokeswoman Megan Mitchell countered to CNN.

副大統領は起訴状は受け取ってはいない。とチェイニーのスポークスマンメイガンミッチェルはCNNに反論した。

Cheney's stake in the Vanguard Group, which holds interests in the private prison companies that run the detention centers, was cited in the indictment. Cheney is accused of a conflict of interest and "at least misdemeanor assaults" on detainees through his ownership interest.

チェイニーの、留置センターを経営する民営刑務所会社の株を保有しているヴァンガードグループと言う投資マネージメント会社への投資が、告訴状に言及されていた。チェイニーは利害の矛盾と株の保有を通して留置者に対する“少なくとも暴行と言う軽犯罪”で非難(告訴)されている。

conflict of interest コンフリクト オブ インタレスト、利害の抵触、利害の矛盾、利害の衝突、(例えば、兵器企業の社長とか、株主で大統領を兼ねると兵器を売る為に戦争をするかも知れない。この様な状態がconflict of interest です。)

Gonzales is accused of using his position during his time as Attorney General to block an investigation into abuses at the detention centers, located in south Texas.

ゴンザレスは司法長官当時、彼のポジションを利用し南テキサスに在る留置センターでの虐待の捜査を妨害した事で非難されている(告訴されている)。

ejnews:副大統領と前司法長官の告訴!どうなるのでしょう?有罪になっても、大統領が恩赦を与えるのが普通ですね!

記事には全く関係ないけどアメリカで食べている有機蕎麦。カナダ製と言うことです。

new17
オレガノとフレンチタイムの鉢植え。然し其の下を良く見ると............

oregano
黒いブツブツがいっぱい落ちています。此れは青虫の糞ですが見つからないのです。春になればモンシロ蝶になる筈です。
unko




この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




スポンサーサイト

COMMENTS

No title

杏ママさんのブログを見ると何時も田舎が懐かしくなります。
 処で、農薬は特に遺伝子操作された植物が農業用に使われ始めてから農薬の残留性が何倍にも高くなり、日本でGMOの農業用利用は禁止されているかも知れませんが60%の食品を輸入に頼る日本では食品の安全性は中国、インド、アメリカの状態と変わりないと想像します。
 確かに歴史的に見るとローマ帝国時代、既に農業用殺虫剤は使われていましたが自然の植物や鉱物でした。現在の石油化学物質の農薬とは全く違った農薬でした。
 兎に角、最近の研究では農薬の人体汚染は遺伝子を変化させる可能性が在るので子供にも影響を与えるそうです。妊娠中のツワリは体内の赤ちゃんを自然の食べ物に含まれている毒物から守る為に毒性の無い食べ物だけを食べる為の自然のメカニズムだと言う説明もあります。子孫の為にも石油化学物質の使用は極力排除しましょう。

No title

モスカルさんのブログを知ってから、殺虫剤も恐くなりあまり使わなくなりました。
一撃で虫が死んでしまうと言うことは、人間やペットに影響しないわけがありませんものね。
田舎暮らしも7年経過すると、だんだん虫がいても平気になってきましたよ(笑い)。
ティッシュでつまんで外にポイ!しています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。