スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライムだけが金融危機じゃねえんだぜ!

House of Cards: You thought the housing crisis was bad? You ain't seen nothing yet.
カードで作られた家。貴方、住宅危機は酷いと思っていた?それじゃ貴方は未だ何にも見てないよ!

Smirkingchimp.comより。
Corporate America | Economic Policy
by Danny Schechter | October 30, 2008 - 9:31am
http://www.smirkingchimp.com/thread/18309

The Mess ザ メス(手のつけられない無茶苦茶な状態)


Nationwide, two million homes sit vacant. Home sales are at a nine-year low. Former Treasury Secretary Larry Summers says that housing finance has not been this bad since the Depression. We still don't know the full extent of the colossal subprime rip-off, but a recent Bank of America study did some guesstimating on the scale of the consequences of the "credit crisis." The meltdown in the U.S. subprime real estate market, the bank said, had led to a global loss of $7.7 trillion dollars in stock market value since October.

全国的に2百万軒の家が空き家として放置されている。住宅販売は過去9年最低の状態である。財務省長官ラリーサマーズは住宅金融は世界恐慌以来これ程悪かった事は無いと述べた.我々は未だ巨大なサブプライム詐欺の全容を理解していないが、バンクオブアメリカの調査はある程度のクレディット危機の結果の大きさの憶測見積もりを出している。アメリカのサブプライム土地住宅のメルトダウンは、10月から世界的に株の価値で7兆7千億ドルの損失を出す結果に導いたとこの銀行は述べた。

While many eyes are focusing on the housing meltdown and its hugely negative effect on an economy clearly moving into recession, few are paying attention to the next bubble expected to burst: credit cards. Combined with the subprime losses, such a credit card nightmare has the potential, experts say, of bringing down the entire financial system and global economy. You and your credit card have become key players in the highly unstable financial crunch. Mortgage lender cupidity and bank credit card greed wedded to financial institution deregulation supported by both political parties, have been made manifestly worse by Bush administration support-the-rich policies. It has brought us to a brink not seen since just before the Great Depression.

多くの人々は住宅メルトダウンと明らかにリセッションに向かっている経済に対する影響に注目しているが、僅かな人々しか次の予期されているバブルの崩壊に注意していない。其れはクレディットカード。サブプライムの損失と併合したこの様なクレディットカードの悪夢は全金融機構と国際経済を崩壊させる可能性があると専門家は述べている。貴方と貴方のクレディットカードは非常に不安定な経済的危機に置いて重要な役目を果す様になったのです。両政党に助けられた住宅ローン貸付金融機関の貪欲と銀行クレディットカードの貪欲は御互いに結び付いて経済状態の悪化を招き、其れはブッシュ政権の“金持ちを支持しろ!”と言う政策によって明白に悪化した。其れは我々を大恐慌前以来見た事のない崖っぷちに押し遣ったのである。

While campaigning in Edinburg, Texas, in February, Barack Obama met with students at the University of Texas-Pan American. "Just be careful about those credit cards, all right? Don't eat out as much," he said. After the foreclosure crisis, he warned, "the credit cards are next in line."

2月、テキサスのエディンボーグでキャンペーン中バラックオバマはパンアメリカンテキサス大学で学生と会い『其のクレディットカードには注意するんだよ!いいかい!?外食ばかりするんじゃないよ!』と彼は言っていた。(住宅の)抵当流れ危機foreclosure crisisの後彼は『クレディットカードが次に待っている』と警告した。

next in line “何かを待つ列の中で次の番に居る”と言う意味

The coupling of home equity debt and credit card debt has gone hand in glove for years. The homeowners at risk can no longer use their homes as ATM machines, thanks to their prior re-financings and equity loans, often used in the past to pay off their credit cards. Indeed, homeowners cashed out $1.2 trillion from their home equity from 2002 to 2007 to pay down credit card debts and to cover other costs of living, according to the public policy research organization Demos.

住宅物件純価負債とクレディットカード負債のカップルは何年もの間仲良くやってきた。過去にクレディットカードの借金を返済する為に良く利用された住宅を抵当に融資を受けている事や、住宅の純価格に対するローンを既に受けている事が原因で、危機に陥っている住宅所有者は彼等の住宅をもうキャッシュマシンの様に使えない。公共調査団体“デモス”によると、確かに、2002年~2007年の間に住宅保有者はクレディットカードの借金の返済や生活コストを捻出する為に1,2兆ドルを彼等の住宅純価格を抵当に借金している。

hand in glove 仲が良い、なあなあの仲、

To compound the problem, fewer people are paying their credit card bills on time. And, to flip the old paradigm, more are using high-interest credit card cash to pay at least part of their mortgages instead of the other way around.

問題を複雑にさせる事には、クレディットカードの支払いを遅れないで払っている人口は減少している。そして、今まで常識だったパラダイムをアベコベにすることには、住宅ローンを借りてクレディトカード負債を払うのではなく反対に、高利のクレディットカードキャッシュを使って少なくとも住宅ローンの一部を払う人々が増加している。

How bad is it?其れはどれだけ悪化してる?

* Financial analysts say that in the U.S. alone more than $850 billion in unpaid credit card balances is at stake and fast approaching $1 trillion, roughly the same amount as in the subprime market.

経済アナリストはアメリカだけでも8500億ドル以上の未払いのクレディットバランスが問題で、其れは刻々と1兆ドルに近づいている。概算でサブプライム市場と同じ大きさである。

* CNN reports that worldwide, consumers have racked up more than $2.2 trillion in purchases and cash advances on major credit cards in just the last year.

CNNの報告によると、昨年だけでも世界的に消費者は有名なクレディットカード会社のクレディットとキャッシュアドヴァンスによって2,2兆ドルの購入をしたと記録されている。

* The unpaid debt portion of this is continuing to pile up, with U.S. consumers last year adding $68 billion against their credit lines, boosting credit card debt by 7.8 percent, the largest increase in seven years, just when the last recession was beginning.

この購買の未払いの部分は継続的に積み重なっていて、アメリカの消費者のクレディットラインに対して680億ドルの負担となってクレディットカードの負債を7,8%押し上げている。此れは、今このリセッションが始まろうとしている同じ時期の、この7年間で一番大きい増加である。

* Even as they spent, consumers have been going into default at a stunning rate. The percentage of people delinquent on their credit cards is soaring, and credit card companies are now writing off somewhere near 5 percent of payments.

消費者はクレディットカードを利用すると同時に驚くべき率で債務不履行に陥っている。クレディットカードの責務不履行に陥る人々の率は上昇していて,現在クレディトカード会社は5%に近い返済を諦めている。

* By last fall, the major banks were setting aside billions for loan-loss reserves while anticipating an increase of 20 percent in non-payments over the next two to four quarters.

昨年の秋までに、次の2の四半期の不履行の20%増加を予期し、大銀行は何十億ドルもの資金を債務不履行の対策に特別に準備している。

* Capital One, one of the biggest credit card banks, was forced to write off $1.9 billion in bad debt just in the last quarter of 2007.

2007年の最後の四半期だけでも、キャピタルワン、最も大きなクレディットカード銀行は19億ドルを焦げ付きとして諦めざるおえない状態になっている。

*By October, according to a survey of only the leading credit card banks by the Associated Press, the value of credit card accounts at least 30 days late was up 26% from the previous year, to $17.3 billion. Serious delinquencies among some of the biggest lenders rose by 50 percent or more in the value of accounts that were at least 90 days delinquent.

アソシエイトプレスによる主要クレディットカード会社の調査によると、10月までに、クレディットカードの支払いが30日遅れている口座は前年同時期と比較して26%増加していて173億ドルとなっている。最大のクレディット銀行の幾つかの最悪の責務不履行口座で、少なくとも90日支払いの遅れている口座の価値は50%若しくはそれ以上失われる。

Making matters worse, or more widespread throughout the economy, just as with mortgage debt, credit card debt is put into pools that are then resold to investment houses, other banks and institutional investors. About 45 percent of the nation's $900-plus billion in credit card debt has been packaged into these pools, and so many companies, not just a few, are at risk of being forced out of business by credit card debt write-offs.

状態をもっと悪くする、若しくは(悪条件を)経済にもっと広げている事は、住宅ローンと全く同じで、クレディットカード負債はプール(他の金融商品と混ぜられて)されて他の投資会社、銀行、公共投資機関等に再販売されると言う事だ。今まで全国9千億ドル以上のクレディットカード負債の約45%はこの様な金融商品としてパッケージされている。幾つかの会社だけで無く、そして本当に多くの会社はクレディットカードの貸付金が取り戻せない事が原因で事業から撤退させられる危機に立っている。
write-offs 減価見積もり。貸した金額が戻ってこないので損失とする事。

What this adds up to, and what Obama didn't say, is that we are actually face to face with the results of the most massive failure of our political and economic system since the Depression. Since Ronald Reagan, we have been living in an era in which neither the meltdown of the savings and loan banks in the 1980s nor the Enron-like scandals of the Bush years has stopped the relentless advancement and protection by both parties of the ability of financial institutions to make a buck at any cost to the social good and economic fabric. Which is what you get, of course, when both parties are so dependent on massive financial contributions to get their candidates into office and when the corporate media, heavy with advertising from the FIRE sector - Finance, Insurance and Real Estate - doesn't warn the public or investigate the egregious fudging, misrepresentation and outright fraud that underpins the subprime and looming credit card crisis.

一体此れはどうなるのか、そしてオバマが言及していない事は、其れは我々は世界恐慌以来最大の政治的経済的大失敗と向き合っていると言う事である。ロナルドレーガン時代から我々は、1980年代のセーヴィング&ローン銀行のメルトダウンやブッシュ時代のエンロンの様なスキャンダルでも、如何なる社会的機能や経済的な社会の繋がりを犠牲にしてまで、両政党からの保護による金融機関のドルを稼ぐ能力の飽くなき発展を阻止出来ない時代に暮らしている。勿論、この様な時代は、両政党が其の議員を事務所に送り込む為、巨額の経済的寄付に頼っている時、企業メディア(マスコミ)FIREセクター(ファイナンス、保険業界、不動産業界等)の広告収入で肥え太っていて、サブプライムや今起ころうとしているクレディットカード危機の原因となっている言語道断な不正、偽った宣伝や正真正銘の詐欺等について市民に警告しないし調査報道もしない時にやって来るのである。

Priceless!プライスレス!
pricelessは価値が無いが直訳ですが、金銭的価値で置き換えられない価値と言う意味です。

The credit card industry (Visa, MasterCard, American Express, etc.) and the 10 banks that dominate the industry as the primary card issuers spend an estimated $2 billion a year in endless marketing worldwide. We are all bombarded with their solicitations and sales tie-ins and gimmicks. They know that they might only have a 2-3 percent return rate, but that more than pays the enormous costs. They have thus succeeded in supplying 1.5 billion cards to 158 million U.S. card holders. That averages to 10 cards per person. In the last few years, retailers, banks, a wide range of companies, sports teams, unions and even universities have launched specialized card programs. Like the car companies that discovered that they made more money on car loans than automobiles, the benefits of what's been called "financialization" is obvious to more business sectors.

クレディットカード業界と業界を支配し有名なカードを提供している10行の銀行は終わる事を知らないマーケッティングに年間約20億ドル使っている................................................................................................

ejnews:延々とこの記事は続きますが翻訳の時間が無いのでこの辺で日本でもアメリカの金融危機は毎日報道されていて、私の出る幕でも無いのですが、余にも金融機関の行動が犯罪的、詐欺的で何か翻訳して気晴らしにしています。

What will happen when they do have to pay it back includes nonstop calls to them and their parents. Credit card collection agencies know how to harass, threaten and then sweet-talk cardholders who are late. They even have a term for people squeezed by debt: "sweatbox." They also know that the longer the debt goes unpaid, the larger the potential profit for companies, as interest builds up at rates of up to 30 percent. Credit card promoters call people who only pay minimums "revolvers." Those of us who pay our bills in full? "Deadbeats."

返済の時期になると電話が引っ切り無しに借りた学生と彼等の両親にもかかって来る。クレディットカード負債集金代行者は嫌がらせ、脅しをし、そして甘い言葉を支払いの遅れているカードの持ち主かける方法を心得ている。彼等は負債で圧迫されている人々について“スエットボックス”と言う特別の呼び名を作っている。彼等は又、利潤が30%まで上げられるので、負債の返済が遅れれば遅れる程会社の利益の可能性は大きくなると言う事を承知している。クレディットカードプロモーターはカードの返済額の最低限だけを払っている人を“回転する物”と呼んでいる。返済を真面目にする我々の様な人を彼等は“デッドビート”と呼ぶ。

ejnews:上記のSmirkingchimp.comの記事の続きの一部です。アメリカでは大学生が学費の為にスチューデントローンと言う借金をするのですが、卒業後其の返済に追われる人が多いのです。
“スエットボックス” "sweatbox."汗の箱と言う意味ですが、脅して冷や汗をかかして思い通りに扱うと言う表現なのでしょう。"revolvers."リヴォルヴァーは回転する物と言う意味ですが拳銃で回転式の弾倉がリヴォルヴァーと呼ばれています。"Deadbeats." “デッドビート”は“どうしようもない奴”と言う訳がぴったりする言葉ですが真面目に返済期限までに返済するクレディットカードの利用者からは高率の利子が取れないので彼等は“デッドビート”と呼ぶのです。此れが資本主義ですから我々はもう少し人間的なシステムを考え出す事が必要なのではないでしょうか?少なくとも市民が資本層、資本主義機構を見張る事の出来るシステムが必要です。

他の見出しに目を通してみると............................................
US May Lose Its 'AAA' Rating
米合衆国はトリプルAレイティングを失う可能性がある。

Published on 11-11-2008
http://www.cnbc.com/id/27641538
Source: CNBC
The United States may be on course to lose its 'AAA' rating due to the large amount of debt it has accumulated, according to Martin Hennecke, senior manager of private clients at Tyche.
Tycheの個人顧客のシニア マネージャー マーティン へネック氏によると
“米合衆国は大きすぎる抱えた負債が原因でトリプルAレイティングを失う方向に向かっているかもしれない”

Starbucks 4Q profit drops 97 pct on closure costs
スターボックス第四四半期の利益大規模閉店で97%減。

Monday November 10, 6:15 pm ET
By Lauren Shepherd, AP Business Writer

Starbucks 4th-quarter profit falls 97 percent on costs for closing stores, slow US sales

GM, Ford climb as bailout talk gains momentum
政府からの支援についての協議がモメンタムを得ると同時にGM,フォードの株価上昇。

By Russ Britt, MarketWatch
Last update: 4:50 p.m. EST Nov. 12, 2008
http://www.marketwatch.com/news/story/GM-Ford-climb-bailout-talk/story.aspx?guid={9BA2E077-E367-47FD-8FB9-6BB85148F270}

Morgan Stanley to cut more jobs, launch retail bank
モーガンスタンリー解雇を進め、同時にリーテルバンクを始める。

By Jessica Papini

The firm has already cut about 10% of its workforce overall this year. These cuts are in addition to those, Kelleher said.
モーガンスタンリーは今年既に約10%の社員を解雇したが、新しい解雇は其れに加えて新しい解雇である。
The bank is taking steps to improve its asset management business
モーガンスタンリーはアセットマネージメントビジネス(資産管理業)を向上する方向に向かっている。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

杏ままさん、そうです!このクレディットカード問題はサブプライム問題と同じ規模だそうですから問題です。住宅価格は来年もっと下がるそうですし、軍事費にはどれだけ使っているのか良く分からないし。此れで自動車業界の破産となると、業界に部品を納めているコンピューター企業も含めた企業がドミノ倒しの様に倒産し始めると言う可能性が在るそうです。
 金を買うのには市場から金が消えうせているので買えないし、金への投資は詐欺師に御金をプレゼントしているのと同じだし、兎に角、此処数年何とか乗り切る用意をして置いた方が良さそうです。

No title

サブプライムローンの次はクレジットカード危機ですか!
アメリカ経済はまさに危機的状態ですね。
新大統領オバマは茨の道を歩くことになりそうですね。
日本でも、デパートの売り上げが下降しているようです。
不況感が富裕層まで及んでいるということですね。

No title

にらたまさん、そうですか日本では余ニュースになってないのですか?アメリカでも未だそれ程大々的には扱われてはない様です。この記事は信頼の置けるSmirkingchimp.comと言うブログニュースからの記事です。
然し、インターネットは便利ですね自分の部屋で世界中の新聞、ブログ、等の情報が読めるのですから。インターネットが出来る前はニューススタンドへ行って世界中の新聞を買うか、図書館へ行くしか世界中からのニュースは一度に読めなかったですからね。私の問題は皆と同じで、趣味なので翻訳の時間が足りなく、翻訳したいのに諦めなければいけないニュースが多いと言う事です。特に経済のニュースは得意ではないので、翻訳に間違いが無い様気をつけなといけないので大変です。ジャ又!

No title

カカセオさん、あのボクシングの番組何処の番組だったか調べておきます。  処で、アメリカ人の消費癖ですが、元々ヘンリーフォードが自分の会社の社員が自社の車を買える様にローンを提供したのが始まりだと何処かで聞きました。クレディットカードの始まりは60年代?のダイナーズクラブと言うレストランで使うカードがクレディットカードの始まりだそうです。問題は憲法で命、自由、幸福の追求が最も大切な事とされている位でショッピングで幸福になる人も多いのでは?冗談ですが。
 国が市民の消費を煽る様な政策を続けてきた事が一番の原因だと思います。9/11直後のブッシュの声明でも『テロに対して市民の出来る事はショッピングだ!ショッピングは愛国的行為だ!』と言う様な事を言っていました。
 第二次大戦後長い間世界中の生産基盤が破壊され、米国の産業だけ無傷で残ったため、市場で競争の必要が無く、商売は米国ビジネスマンにとって簡単過ぎる時代が続いたのも現在のダラシナイと思われるほどのアメリカ気質の原因にもなっているのでは?
 アメリカの実質賃金はインフレ率を考慮すると70年代の後半から増加していないだけでなく、減少しているので(仕事が海外に流出し続けているのも大きな問題です)実質的に減少し続ける給料で子供を大学に送ったり、自動車の保険、健康保険(政府の交付する保険は無く保険会社と契約しなくてはいけないので高価です)家賃、衣服、食費、暖房、等々アメリカの生活は大変で、中流階級でも仕事を2つ掛け持ちと言う人々も多いのですが、それでもクレディットカードに頼らないと生活が難しい家庭が多い様です。
 資本家層が政府をコントロールしているので人口の1%は物凄い富豪ですが大部分の米市民の生活は70年代後半から悪化の一途をたどっています。
 今回のオバマ旋風は若者の大多数がオバマに投票した事でも分る様に,今までの政府の様な政策ではアメリカの若者には未来が無いので、殆ど革命とも思える様なオバマ支持が若者の間で起こったのです。若し金融危機が無ければ(ブッシュ政権になってから特に大学を卒業しても仕事に就けない若者が増加し、今卒業し様としている大学生は説明の必要が無いでしょう)其れと、日本と同じだと思いますが本当の歴史を学校で習えないので米市民は歴史から何かを習う言う事が出来ないのも大きな問題の原因になっているのでは?

初めて知りました!

クレジットの未払い率がこんなにも高いなんて・・・
初めて知りました。

そして、アメリカで多くのクレジット会社が破綻しているということは
日本ではあまり記事になっていないですね^^;

貴重な情報をありがとうございます。
ポチッ☆

No title

こんばんは~(そちらでは「おはようございます」ですね~)

アメリカは先進国では唯一(?)人口が増加している国ですし、加えてあのたぐいまれな消費意欲満々の国民性ですから、今回の金融危機についてもまだまだ楽観視し過ぎている経済専門かも多いと聞きます。
ですが、この記事を読むかぎり全然楽観視出来る状況ではないようですね。
今度はクレジット債権までバルクですか.........
今回のサブプライムで、もちろん金融資本家達に直接の原因があるとは思いますが、アメリカ一般国民の消費癖についてもこの際は「大きな欠点」と言えますね。
とにかく不動産は値上がり続けるという神話を盲目なまでに信じつづけ、支払い能力を無視したローン設定。加えてクレジットカードまで発行されて5万ドルまでは自由に使い放題!なんてメチャクチャな事をやっていたのですから、いつかはツケが回って当然の話だったのですね。
もちろん、その前提には手数料の事しか頭にない住宅ローン販売員(銀行員)の巧みな勧誘があったわけですが.....

ただ、スチューデントローンで苦しんでいる人達は本当気の毒だと思います。
私も苦学生でしたのでこういう真面目に勉強してきた人たちにはもっと報いのある社会になってほしいものですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Nemoさん、そうですね、金融機関、銀行の経営陣は何だか『もう駄目だ!』と知っているので今の内に出来るだけお金をかっぱらっておこうとしている様に見えてしかたありません。解雇人口も凄いそうです。
 スターボックスのコーヒーなんかに如何してあんな高い値段を払って飲むのかなーと思っていたので、スターボックスのお客が減った事は不思議じゃないのですが...........................................アメリカの車もそう言えば、ガソリンはヒシャクですくって捨てる様に使うし、直ぐ壊れるしで、経営難は当然ですね。良い話は少ないですね。

冷え冷えしてきました~!!

ejnewsさん、すごい力作ですね~。記事の内容にも圧倒されてしまいました。
クレディットカードが次なる崩壊の矛先ですか。
空恐ろしいです。
家電量販店2位の会社も倒産したようですし、
クリスマス商戦どころではないですね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャッシング:お金を借りた経験から...

キャッシングには、緩いところと厳しいところがあります。経験からすると、大手よりも準大手の会社の方が甘いみたいです。まあ緩いということは、危ない人にも融資しているということなので、利率が高くなってしまうので、ぎりぎりで通るところにするのがべストです。ちょ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。