スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halloween ハロウィーン

Halloween
ハロウィーン

From Wikipedia, the free encyclopedia

Halloween, or Hallowe’en, is a holiday celebrated on the night of October 31. Halloween activities include trick-or-treating, ghost tours, bonfires, costume parties, visiting "haunted houses", carving Jack-o'-lanterns, reading scary stories and watching horror movies. Irish immigrants carried versions of the tradition to North America in the nineteenth century. Other western countries embraced the holiday in the late twentieth century. Halloween is celebrated in several countries of the Western world, most commonly in the United States, Canada, Ireland, Puerto Rico, Japan, New Zealand, and occasionally in parts of Australia and the United Kingdom, . In Sweden the All Saints' official holiday takes place on the first Saturday of November.

Halloween, 若しくは Hallowe’en10月31日のよる祝われる祝日です。ハロゥィーンの夜はトリック オア トリーティング、ゴーストツアー、ボーンファイアー、コスチュームパーティー、幽霊屋敷を訪れる、ジャックオーランタンを作る、怖い話をを読み、ホラームーヴィーを見る等します。19世紀にアイルランド移民は彼等のヴァージョンの伝統を北アメリカに伝えました。他の西側の国々も20世紀後半にこの祝日を受け入れました。ハロウィーンは他の幾つかの西側の国々でも祝われています。最も一般的なのは、アメリカ合衆国、カナダ、アイルランド、プエルトリコ、日本(日本!!!本当???)ニュージーランド、そして時々オーストラリアとイギリスで祝われます。スエーデンではオールセイントデイの国で定められた祝日は11月の一番最初の土曜日です。

ハロウィーンを祝う国の中に日本の名前がありますが、最近は日本でもハロウィーンをするんですか?

History

Halloween has its origins in the ancient Celtic festival known as Samhain (Irish pronunciation: [ˈsˠaunʲ]; from the Old Irish samain).[1] The festival of Samhain is a celebration of the end of the harvest season in Gaelic culture, and is sometimes [2] regarded as the "Celtic New Year".[3] Traditionally, the festival was a time used by the ancient pagans to take stock of supplies and slaughter livestock for winter stores. The ancient Gaels believed that on October 31, now known as Halloween, the boundary between the alive and the deceased dissolved, and the dead become dangerous for the living by causing problems such as sickness or damaged crops. The festivals would frequently involve bonfires, into which bones of slaughtered livestock were thrown. Costumes and masks were also worn at the festivals in an attempt to mimic the evil spirits or placate them.[4]

ハロウィーンの起源はSamhainソーインとして知られている古代のケルト人のお祭りです。Samhainのお祭りはケルト文化で収穫期の最後を祝うお祭りです。そして時々ケルトのお正月と受取られています。伝統的にはお祭りは古代異教徒によって冬季用に必要な物を保存し、家畜を屠殺為の時期として利用されていました。(キリスト教以前のヨーロッパ)古代ゴールは(フランスのケルト、シーザーと戦い征服された)今ハロウィーンとして知られている10月31日は生きている世界と死者の世界の境界が曖昧になり、そして死者は病気や収穫物に被害を与えるなどして問題を起こし、生きている人々に危険な存在となると信じていました。お祭りは頻繁にかがり火が使われ、其の中に殺された家畜の骨が投げ込まれました。お祭りでは、邪悪な魂を真似たり、宥める為コスチュームやマスクも着用されました。

Halloween history
ハロウィーン歴史
http://www.halloweenishere.com/history.html


The custom of trick or treating probably has several origins. During Samhain, the Druids believed that the dead would play tricks on mankind and cause panic and destruction. They had to be appeased, so country folk would give the Druids food as they visited their homes.

トリック オア トリーティングの風習のには恐らく幾つかの起源があります。ソーインのお祭りの期間中にドゥルーイッドは死者が人間に悪戯をしパニックや災害を引き起こすと信じていました。彼等は宥められなければなりません。だから、田舎の人々はドゥルーイッドが彼等の家を訪れた時食べ物を与えたのです。

Druidsドゥルーイッドはケルト人の知識、僧侶階級

An old Irish peasant practice called for going door to door to collect money, breadcake, cheese, eggs, butter, apples, etc., in preparation for the festival of St. Columb Kill.

昔のアイルランドの農民は家から家へと訪れお金、ブレッドケーク、チーズ、卵、バター、林檎等をセイント コルン キルのお祭りの準備の為集めました。

Also a ninth-century European custom called souling. On November 2, All Souls Day, early Christians would walk from village to village begging for "soul cakes" made out of square pieces of bread with currants. The more soul cakes the beggars would receive, the more prayers they would promise to say on behalf of the dead relatives of the donors. At the time, it was believed that the dead remained in limbo for a time after death, and that prayer, even by strangers, could expedite a soul's passage to heaven.
其れと、ソウリングと呼ばれる19世紀のヨーロッパの習慣で、11月2日、オールソウルスデイ、キリスト教徒は村から村へと四角いカラント入りのパンで作られたソウルケークを貰って歩きました。ソウルケークを貰う量が多いと其れに応じてソウルケークを与えた家の亡くなった家族のために祈りを揚げると約束しました。当時は、死者は死後地獄の辺土に留まるので、身しらずの他人の祈りでも死者の魂が地獄の辺土から天国へ行く事を早くしてくれると信じられていました。

Bobbing for Apples:
ポコポコ盥の中の水に浮いている林檎を手を使わないで口で取るハロウィーンのゲーム。

When the Celts were absorbed by the Roman Empire, many rituals of Roman origin began. Among them was the worship of Pomona, goddess of the harvest, often portrayed sitting on a basket of fruits and flowers. Apples were the sacred fruit of the goddess, and many games of divination involving them entered the Samhain customs.

ケルト人がローマ帝国に併合された時多くのローマが起源の宗教儀式が始まりました。其の中でも良く果物や花の入っているバスケットに座っている姿で表されている収穫の女神、ポモナ女神を祭る事で、林檎は女神の神聖な果物でした。そして、多くのポモナ女神に関わる占いが含まれたゲームがソーインの風習の中に入り込んでいきました。

The Witch's Broomstick:
魔女の箒の柄


The witch is a central symbol of Halloween. The name comes from the Saxon wica, meaning wise one. When setting out for a Sabbath, witches rubbed a sacred ointment onto their skin. This gave them a feeling of flying, and if they had been fasting they felt even giddier. Some witches rode on horseback, but poor witches went on foot and carried a broom or a pole to aid in vaulting over streams. In England when new witches were initiated they were often blindfolded, smeared with flying ointment and placed on a broomstick. The ointment would confuse the mind, speed up the pulse and numb the feet. When they were told "You are flying over land and sea," the witch took their word for it.

魔女はハロウィーンの中心的シンボルです。名前はサクソン語のウィカが起源で聡明な人と言う意味です。サバッス(安息日)の為に出かける時に魔女達は神聖なクリームを肌に擦り込みます。此れは魔女達に空を飛んでいる様な感じを与え、若し彼女達が断食していれば彼女達はもっとフワフワした感じになります。ある魔女達は馬に乗りましたが、貧乏な魔女達は小川を跳び越す助けに使う箒や棒を持って歩いて行きました。イングランドでは新しい魔女が仲間に入る時の儀式ではよく目隠しをされ、空を飛ぶクリームを擦り込まれ箒の柄に座らされました。クリームは精神を混乱させ、脈拍を早くさせ足を痺れさせ、彼女達が“貴方は陸と海の上を飛んでいます“と言われると魔女達は其の言葉を信じたのです。

Jack-O-Lanterns:
ジャック-オー-ランタンズ


Irish children used to carve out potatoes or turnips and light them for their Halloween gatherings. They commemorated Jack, a shifty Irish villain so wicked that neither God nor the Devil wanted him. Rejected by both the sacred and profane, he wandered the world endlessly looking for a place to rest, his only warmth a glittering candle in a rotten turnip. Read about Jack in the 'Legend of the Jack-O-Lantern' short story.

神も悪魔も引き取らない狡賢いアイルランドの悪役ジャックを記念して、アイルランドの子供達はハロウィーンの集まりの為ジャガイモやカブラに彫刻し其の中に灯を燈すことが習慣でした。聖なる者にも不敬な者にも拒否されジャックは安息の場所を探して世界中を彷徨い、彼の唯一つの暖かい場所はキラキラ光る腐ったカブラだったのです。ジャックについては短編“ジャック-オー-ランタンの伝説”を読んで下さい。

Did You Know...
知ってる?

• The Irish Potato Famine (1845-50) prompted over 700,000 people to immigrate to the Americas. These immigrants brought with them their traditions of Halloween and Jack o'Lanterns, but turnips were not as readily available as back home. They found the American pumpkin to be a more than an adequate replacement. Today, the carved pumpkin is perhaps the most famous icon of the holiday.

• アイルランドのジャガイモ飢饉(1845-50)は70万人以上のアイルランド人のアメリカへの移民を誘発しました。この移民達はハロウィーンとジャックオーランタンの伝統を(アメリカ)へ持ち込みましたがカブラは故郷での様に簡単に手に入りませんでした。彼等はアメリカのパンプキンが満足できる以上の代替物である事を発見しました。今ではレリーフされたパンプキンは最も有名な祝日のアイコン(イコン)になっています。

Ejnews: もういーくつねるーとハロウィーン~!其の4日後に大統領選挙。アメリカ経済はブッシュチェイニー政権の素晴らしい指導力が功を奏し、サブプライム住宅問題が発端の世界を巻き込んだ金融危機に陥り、其れに加えて金融機関だけで無くGM,クライスラー等の企業の経営難。ニュースを読むのが一寸厭になる此の頃です。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

にらたまさん、何時もコメント有難うございます。
 ヨーロッパはキリスト教の為にそれ以前の文化が殆ど抹殺された様に見えますが、このハロウィーンの習慣の様にキリスト教ヨーロッパ以前の習慣が良く見ると残っているようです。フランス、イギリス、アイルランドは元々ケルト人の住んでいた所でそれらの国々の民話、習慣はケルト人の文化の名残である事が多いそうです。又、時々ヨーロッパの地方によっては数は少ないのですが、侵入したフン族の風習が未だ根強く残っている地域もあるようで、その様な地域は地方の村々に見られ、それら村等の住民の遺伝子を調べるとモンゴル系の遺伝子が多く見られるそうです。歴史って面白いですね。

わこさん、こんにちは。御元気ですか?貴方のブログ何時も興味深く読まさせて頂ています。
 世界中の習慣や宗教の話を読んでいると、人間は何処に住んでいても、太陽と地球の動きから起こる四季の遷り変わりを宗教行事で祝っていて様ですね。例えば春分秋分夏至冬至の日等は、世界中で色々な宗教儀式の日になっていた様です。其れと人間の死者の魂についても同じ様な考え方をしていて、ハロウィーンなんかも日本の御盆ですね。
 日本の葬式仏教の事ですが、中世仏教が日本で国家の宗教にされた当時は天皇や貴族の為の宗教で、死人を扱う葬式は穢れた行為なので、天皇に仕える仏教では御坊さんが葬式に参加するのは余り積極的ではなかったそうです。しかし国家に使える官僧とは違う“遁世僧教団”が穢れた行為であると嫌われた死者の弔いをする様になり、其の仏教の宗派が民間仏教として精力を拡大したとの話を昔読んだ事があります。だから其の宗派の御坊さんは天皇貴族等の国家権力に使える宗派の煌びやかな衣を着た御坊さん達とは違い、黒の質素な衣だけを身につけていたそうです。だから、元々は葬式仏教は庶民と一体になった宗教改革派の仏教だったと言う事だです。東大寺等は国家に使える官僧の伝統を引き継いでいたので第二次大戦後まで葬式をしなかったそうです。
 日本の文化は、多神教、だとか、原始宗教だとかと言われて、ユダヤ、キリスト、イスラム系の一神教文化からは軽蔑されている自然を大切にする文化なので、神道でも、仏教でも、道教でも、差別せずに1つの文化の中に受け入れる事が出来たのだと思います。私は非常に日本的で良い事だと思っています。どうせ日本的と言われる物でも元々は中国や朝鮮半島から伝来した物ばかりなのですから。日本人は伝来文化、技術を日本人好みに勝手に変えて我々の物にすると言う才能があるのです。だからハロウィーンも若しもっとポピュラーになると日本的な祝日になるかも知れませんね。
 例えば、60年代にクリスマスと言えば、サラリーマンが酔っ払って紙のトンガリ帽子をかぶりヨタヨタしながらクリスマスケーキを片手にぶら下げて.............と言うイメージが我々の世代の日本人の当時の一般的なクリスマスの映像記憶だと思いますが、其れも随分昔の事になりましたね。

No title

近年ハロウィーンと言う言葉はしばしば耳にしますし、かぼちゃを刳り貫いたお化けのような提灯の写真も、しばしばテレビ等で目にしますが、実際に身近に見たことも、増してや作ったことも(私の場合は)有りません。
やっぱり日本ではまだ七夕飾りの方が、作られることが多いかと思います。
尤も私の年齢的なこともあるし、住んでいる滋賀県では見かけないというだけかもしれませんが・・・・・

今日主人の母の月命日で、お寺さんに来てもらいました。
私の親の世代に、その親の月命日にお寺さんに来てもらうのが習慣になっていましたので、お位牌を守る立場になったときから、当然の事として続けています。
今の私の形としての宗教活動(?)はそんな事だけです。

今若い世代では、その習慣は受け継がれているのかどうかは良く知りません。
日本の仏教は葬式仏教と言われていましたが、文字通りお葬式の時だけの仏教になっているのかもしれません。

私の知らない所で世の中は変わってしまっているのかもしれませんので、私のご報告は今の日本の事を正確にお伝えするものではないかも知れません。

日本人はお正月には神道の信者になり、お葬式には仏教徒になるという事は、
恐らくejnewsさんが日本を離れられた頃にも言われていたのではありませんか?

しかし一口に日本と言っても、今は幾つもの日本と言うものが有るような気もします。

No title

そうか・・・もうハロウィンの時期ですね。
日本でも最近イベントが開催されていますよ^^

でも、この記事見るまでハロウィンを忘れていました(笑)
10月31日は特別な日と、改めて認識できました!ありがとうございます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。