スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Crushing Potential of Financial Derivatives

The Crushing Potential of Financial Derivatives
金融派生商品の潜在的急落可能性。

http://www.marketoracle.co.uk/Article6756.html

Stock-Markets / Derivatives Oct 12, 2008 - 01:12 PM
By: David_Haas

The market Oracle.co.uk

George Soros, one of the world's foremost investor-speculators, has said many times that he stays away from financial derivatives because “no one understands them”. In the world of finance, derivatives might be comparable to the theoretical study of linear particle acceleration in nuclear physics. Such theories appear to be “understood” mainly based on current assumptions accepted in academic circles, often with little provable working knowledge of how such currently-held theories might ultimately manifest themselves over the long run in the real world. The problem with assumptions is that they generally change…often sooner than we think.

ジョージ ソロス、世界で最も有名な投資家投機家は何度もデリヴァティヴ(金融派生商品)には手を出さないと言っていた。何故なら“誰も其れを理解出来ないからだ!”金融界ではデリヴァティヴは原子物理学での--素粒子の線的加速--?の研究と同じ様なものかもしれない。その様な理論は主に学会で受け入れられている現在の仮定によって理解されているように見える、其れは、長い目で見た場合、現在信じられている理論が最終的に現実の世界にどの様に現れるかの知識が無い。仮定の問題は、普通仮定は変わって行き-----------多くの場合我々が考えているよりも早く変わるのである。

Some might consider financial derivatives to be a form of “Russian Roulette” that's played for fun and extreme levels of short-run profit by a very small number of financial elites and academics. As you'll see, these high-stakes games are played at the potential risk of total destruction of all the functioning financial systems on Earth. Perhaps this is why Warren Buffett repeatedly calls them “financial weapons of mass destruction” or something similar.

ある人々は金融派生商品は、少数の経済的エリートと経済専門家によって楽しみの為と極めて短期間に利益を得るために為される“ロシアンルーレット”だと考える。直ぐ理解できるように、この危険なゲームは地球上の機能している全ての経済的システムを破壊する可能性を孕みながら行われる。恐らくこの事が理由でウォーレン バフェットは其れを“経済的多量破壊兵器”と執拗に何回も呼んだのであろう。

Ejnews: 金融危機のニュースは無視できないのでインターネットに目を通してみると上記の様な記事が目に入りました。記事のホンの冒頭の翻訳ですが、此れだけ見てもジョージ ソロスの様な投機投資の神様はやはり、デリヴァティヴはヤバイと知っていたのですね。
 次はもう一人の金融界の神様ワォーレン バフェットの記事です。記事の日付に注目して下さい2003年です。もうこの頃から彼等は金融危機について予測していたという事です。私もこの頃から金を買った方が良いと聞く様になりましたが、金を買う様な余裕が出ませんでした。残念


Buffett warns on investment 'time bomb'
バフェット氏は投資の時限爆弾を警告する。


http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/2817995.stm

Last Updated: Tuesday, 4 March, 2003, 13:32 GMT

The rapidly growing trade in derivatives poses a "mega-catastrophic risk" for the economy and most shares are still "too expensive", legendary investor Warren Buffett has warned.
急速に増加している金融派生商品の取引は大規模なカタストロフィーの様なリスクを含んでいる。と伝説的な投資家ワォーレンバフェットは警告した。
The world's second-richest man made the comments in his famous and plain-spoken "annual letter to shareholders", excerpts of which have been published by Fortune magazine.
The derivatives market has exploded in recent years, with investment banks selling billions of dollars worth of these investments to clients as a way to off-load or manage market risk.
But Mr Buffett argues that such highly complex financial instruments are time bombs and "financial weapons of mass destruction" that could harm not only their buyers and sellers, but the whole economic system.

Contracts devised by 'madmen'
狂人によって作られた契約。

Derivatives are financial instruments that allow investors to speculate on the future price of, for example, commodities or shares - without buying the underlying investment.


Derivates like futures, options and swaps were developed to allow investors hedge risks in financial markets - in effect buy insurance against market movements -, but have quickly become a means of investment in their own right.
Outstanding derivatives contracts - excluding those traded on exchanges such as the International Petroleum Exchange - are worth close to $85 trillion, according to the International Swaps and Derivatives Association.
Some derivatives contracts, Mr Buffett says, appear to have been devised by "madmen".
He warns that derivatives can push companies onto a "spiral that can lead to a corporate meltdown", like the demise of the notorious hedge fund Long-Term Capital Management in 1998.

Derivatives are like 'hell'
デリヴァティヴは地獄の様な物だ。

Derivatives also pose a dangerous incentive for false accounting, Mr Buffett says.
デリヴァティヴは虚偽の会計を誘発するとバフェット氏は述べている。
The profits and losses from derivates deals are booked straight away, even though no actual money changes hand. In many cases the real costs hit companies only many years later.
デリヴァティヴの利益と損失は現金が実際に動いてないにも拘らず記録としてそのまま書き込まれる。多くの場合真実の損失は何年も経た後企業に襲い掛かる。
This can result in nasty accounting errors. Some of them spring from "honest" optimism. But others are the result of "huge-scale fraud", and Mr Buffett points to the US energy market, which relied for most of its deals on derivatives trading and resulted in the collapse of Enron.
Berkshire Hathaway, the investment group led by Mr Buffett, is pulling out of the market, closing down the derivatives trading subsidiary it bought as part of a huge reinsurance company a few years ago.
In his letter Mr Buffett compares the derivatives business to "hell... easy to enter and almost impossible to exit", and predicts that it will take years to unwind the complex deals struck by its subsidiary General Re Securities.
Warren Buffett, dubbed "the sage of Omaha", from where he controls Berkshire Hathaway, is well-known for both his blunt assessments of the markets and the high returns he delivers to shareholders.
This year, he remains cool towards further share investments, despite the sharp correction in stock market values. Mr Buffett says this "dismal fact is testimony to the insanity of valuations reached during The Great Bubble".
Berkshire backyard barbecues
A good friend of Bill Gates, he famously refused to invest in technology shares during the boom years that came to a sudden end in March 2000. As a result, Berkshire was sitting pretty after the technology bubble burst.
In marked contrast to the hubris of former managers at fallen firms like Enron and WorldCom, Mr Buffett is known for his down-to-earth style, summoning shareholders not to glitzy hotels but "Berkshire backyard barbecues" and baseball games in out-of-the-way Omaha, Nebraska.
But his strategy of identifying undervalued companies with good management in unfashionable retail sectors or the insurance industry and investing in them for the long-term has produced spectacular returns.
During the past 37 years, the company has delivered an average annual return of 22.6%. Since 1965 the company's book value has gone up by 194,936%.
However in 2001, the last year for which detailed numbers are available, heavy losses in the insurance industry worldwide resulted in a $3.77bn loss at Berkshire Hathaway - the first loss in the firm's history under Warren Buffett.

Derivatives generate reported earnings that are often wildly overstated and based on estimates whose inaccuracy may not be exposed for many years
デリヴァティヴが作り出したと報告されている利益は多くの場合気違い的に多く見積もられていて、其れの基準になっている見積もりの不正確さは何年も表沙汰にならない。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰く。

Large amounts of risk have become concentrated in the hands of relatively few derivatives dealers ... which can trigger serious systemic problems
大きなリスクが比較的少数のデリヴァティヴディーラーの手に集中----其れは深刻な組織的な問題を引き起こす引き金になる可能性がある。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰。

Ejnews:この記事時間が無くて殆ど翻訳していませんが、又時間が出来たら翻訳試みます。最近は食品と健康に関しての記事の翻訳が多かったので今回は金融危機の記事でした。そう言えばCNNで数日前ジョージ ソロスのインタヴューをやっていましたが、彼は“米政府の金融危機対策は後手後手に回っていて如何も成功の可能性は少ない。”と言う様な事を言っていました。彼等金融専門家や政治評論家達は、此れからアメリカの購買力の低下は著しく、米政府の影響力は急速に低下し、今までアメリカが政治経済の中心地であった状態は急速に変化し、これからは多極化に向かうだろうと言う意見のようです。
 処で、最後のオバマ対マケインの大統領候補討論も終りオバマ優勢で選挙機関は後ホンの少しとなっていますが、カール ローヴが後ろで糸を引いているとの事で、前回2回の大統領選挙の様に共和党画種々の違法行為で選挙を盗んでしまう可能性が在りますから油断は出来ません。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

 其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Nemoさん、日本の株はそんなに駄目になっているのですか?アメリカの原因になっている住宅価格は来年ももっと下がると言う事ですから、世界恐慌の様な状態にならないとも限りません。アメリカの都市にはショッピングモールと言う小売店、レストラン、映画館等の入っているビルディングが都市の彼方此方にありますが、其のショッピングモールで空き店舗が目立っているそうです。ホームレスの人口も急激に増えているようです。
 オバマが恐らく大統領になると思いますが、アメリカと言う政治と企業の複合組織は大統領が変わったぐらいでは政策変換はなかなか難しいと思います。

こんにちは

レバレッジを効かせた金融システムは崩壊するべくして崩壊してしまったんですね~~。

バフェットさーん!!
お願いです~。日本株買って下さいー!
もう、こんなにたたき売られて、不憫で不憫で。。。
アメリカがそれどころじゃないですね。GMは大丈夫なんでしょうか。

パウエル元国務長官がオバマ氏支持を表明したそうですね。
党派を超えて、しかも影響力の大きい人だけに、
マケイン陣営に与える影響は計り知れないですね。

No title

御久しぶりですね!元気でやっていますか?金融危機の話ですが、色々経済ニュースを読んでいるとデリヴァティヴで作られた価値が全世界の総生産額の10倍位で、このデリヴァティヴで作り出された利益は見かけの価値で、イズレは崩壊する運命だったのだそうです。なんだか私にはネズミ講の様なトンでもないイカサマの様に見えます。兎に角、実際の経済規模の10倍の価値が手品の様に作り出されて、今其れがイカサマだったとバレタ訳ですから、如何考えても余り良いニュースとは受け取れませんよね。銀行は勿論其れを知っている訳ですから他の銀行に御金を貸すなんて事は怖くて出来ないのです。結局政府が我々の税金を使って金融機関を助けると言う事になる訳ですが、つまり此れは政府が銀行の株主になる事ですよね?と言う事は社会主義ですね!でもこの社会主義は人民や労働者の社会主義ではなく、企業の経営者の為の社会主義で、我々庶民には余り利益にならない社会主義モドキなのです。
 1929年に始まった世界恐慌でもアメリカ住宅価格の暴落から始まり、時の共和党政権は今の政府と同様の金融機関に経済支援をする政策を取ったそうです。しかし住宅ローンを払えなくなった市民には何の援助も無く彼等は住宅を手放さなくてはならなくなり、其の為、結局銀行も利益を失い、銀行の大量経営破綻を阻止する事は出来なかったと言う歴史だそうです。今回はEU政府も本気に取り組んでいる様ですから、若しかしたら一寸はマシナ結果になるかも知れませんね。1929年に始まった恐慌は世界経済のブロック化を招き第二次世界大戦の下地を作ったのですが、今回はそんな馬鹿な話にはならないと思います。と言っても慰めにもなりませんよね。

お久しぶりです♪

ejnewsさん、ご無沙汰しております♪
しかしこの所の金融不安は本当不気味ですね~
ブッシュも緊急の金融サミット開くとか言っていますけど、とにかく今は翌日の株価がどうなるのか皆目検討すらつかない状況ですね。

やはりあまりにも経済格差の開いた社会は結局脆いんですよね。
上が崩れたらそれで全ておしまいなのですから。
かつての日本経済が強かったのは層の厚い中間層がしっかりしていたからですし.....
世界的大恐慌がやってきそうな気配ですね~

No title

にらたまさん、お元気ですか?私は経済については専門的な知識が無い為正確に訳す為結構時間がかかるのです。普段は避けている種類の記事ですが、最近はやはり一寸訳さないと駄目なのかと思い訳しています。だから時間が有れば努力してみます。一寸遅くなるかも知れませんが何とか時間を見つけてみます。では!

No title

おはようございます。にらたまです♪
リンクありがとうございます!
それとこの記事、ぜひ翻訳をお願いします^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。