スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットの糸でぶら下がっている世界経済

World Economies hang by an Internet thread
インターネットの糸でぶら下がっている世界経済

February 6th, 2008     2月6日 2008


By now, any news junkie is probably aware there was a mysterious set of events that all but brought Internet access in some countries to a halt. You can breathe a sigh of relief if you live in North America, Australia, UK, Israel, Iraq and most English speaking countries you are untouched. The brunt of the virtual shutdown slowed Internet access in large areas of Asia, the Middle East and North Africa. Egypt, Saudi Arabia, Qatar, the United Arab Emirates, Kuwait, Bahrain, Pakistan and India. Many of these countries were able to redirect their Internet traffic through alternative routes.


 強度のニュース中毒患者でも軽度でも、とりあえずニュース中毒症を患っている人なら、一続きの事件が幾つかの国のインターネットの利用をもう一寸で全て止めるまでいっていたのを既に気が付いている事でしょう。若し北アメリカ、オーストラリア、イギリス、イスラエル、イラク、それから殆どの英語を喋っている国に住んでいるのならこの事件に関係ないので一安心です。この実質的な全面停止の打撃は広範なアジア地域、中近東、北アフリカ、エジプト、サウディアラビア、カタール、アラブ首長国連邦,クエイト,バハレイン、パキスタン、そしてインド、まで広がり、インターネット アクセスに障害与えました。これ等の多くの被害を受けた国々はインターネット通信を代替ルートに迂回させる事に成功させました。


Although one country is publicly announcing they are having no problems and “everything is fine”, 3rd party reports show quite a different story. The Iranian embassy in Abu Dhabi told ArabianBusiness.com that “everything is fine”, but Internet connectivity reports on the web, citing a router in Tehran, appear to indicate that there is currently no connection to the outside world. You can view the 3rd party Internet traffic report here for Iran, Asia and the world.


 一国だけ『全て異常なし!』と公表してはいるものの、第三者の報告では事情は異なるようです。。アブダビのイラン大使館はアラビアン ビジネス ドット コムに『全く問題なし!』と発表しているものの、ウエッブのインターネット コネクティヴィティ(インターネット接続)に関する報告では、テヘランのラウターについてイラン国外への接続は不可能の様だと報告しています。
 イラン、アジア、そして世界各地の第三者インターネット交通報告(インターネットがどれだけ利用されているかと言う報告)が此処で確かめられます。

訳者:元のインターネットでの記事ではIran,Asia, world,をクリックするとインターネット トラフィック リポートが見られます。


While conspiracy theories are spinning around the Internet that this is a planned strike by Israel and the US to break Iran off from the world, we’re not looking to get into that mess. What is very interesting to take a close look at is how closely our world is tied to the Internet for our business and personal lives. Financial transactions from bank transfers to stock trades are transmitted through these intercontinental cables connecting our countries.


 インターネットではイスラエルとアメリカが共謀してイランを世界から封鎖する為に仕掛けた陰謀だと言う説が流行っている様ですが、我々はその様な混乱した話には関わりたくは無いのですが………。良く調べててみて興味深い事は、どれだけ我々の商業活動や個人的な暮らしが密接にインターネットにつながっているかと言う事実です。金融取引から銀行振り込み、株の売買まで経済的取引は国家間を繋げているこれ等の大陸間ケーブルを通して送信されています。


Most of the countries effected by the most recent Internet blackout were only effected for around a 24 hour period. Smart engineers were able to reroute Internet traffic to other parts of the countries and the only result was heavy traffic on certain intercontinental cables. This produced slow access for most, putting countries like India at 60% of capacity. In particular, Delhi which is the second largest city in India with 11.5 million people has had an almost complete shutdown. While the reports state the city is at 50% capacity, users at Internet cafes are telling others they’re having no luck getting access. ”We are unable to access any website. Customers are disappointed by this. The Internet is really very slow,” said Sahil, a Net user in Delhi.


 この一番最近のインターネットのブラックアウト(通信途絶)を被った殆どの国々は24時間位しか問題は続きませんでした。有能なエンジニアー達は、インターネット送信のルートを他の国々へ迂回さることが出来結果として唯ある幾つかの国際ケーブルが忙しくなったのです。然しこの非常措置はアクセスに時間がかかると言う結果を招きました。インド等は効率能力の60%と言う状態に陥りました。特に、インド第2の都市、人口一千百五十万人のデリーでは殆ど完全停止状態でした。報告は能力の50%と報告しているものの、インターネットカフェの利用客はアクセスの成功率については全く不可能と述べています。『ウエッブ アクセスは全く駄目、利用者は失望している。インターネットは本当にとっても遅いよ!』とデリーのインターネット利用者のサヒル氏は述べています。


At this point in time only four intercontinental cables were cut within a few days period of time. Reports were first released that it was likely ships anchors had cut the cables. On February 3rd, 2008 Egypt’s Ministry of Communications said no ships were present when the two cables were present. “A marine transport committee investigated the traffic of ships in the area, 12 hours before and after the malfunction, where the cables are located to figure out the possibility of being cut by a passing vessel and found out there were no passing ships at that time,” said the statement. More information the Ministry’s report can be found here. If these cables were not cut by ship’s anchors then it’s easy to conclude that someone cut the cables with intent.


 その時点で唯4つの大陸間ケーブルが数日中に切られていました。最初に発表された報告では船の錨が恐らくケーブルを切ったのだろうとの事でした。2月3日2008年エジプト報道通信省は問題のケーブルが切断された時一隻の船も航海していなかったとして『海上輸送委員会による問題のエリアの船舶航行の調査によると、ケーブルが設置されている海域で航行中の船舶の錨によって切断されたとする可能性について、機能停止前後の12時間内には航行中の船舶は確認されなかった。』と以上のように発表しています。(報道通信省の報告の詳細は此処から。)若しこれ等のケーブルが船の錨によって切断されなかったとしたら誰かが故意に切断したと言う結論に達するのは簡単でしょう。


訳者から:此れはインターネットの記事ですので元の記事ではreport can be found hereのhereを押せばエジプト報道通信省の報告が読めるという事です。

With a small number of four cables being cut, it was easy for the world’s telecommunications engineers to reroute Internet traffic and recover some access, albeit Iran’s reported consistent blackout. With the world’s business communications and transactions becoming almost dependent on these cables, we need to find alternative solutions to grow the ability to reroute our data whether it be through more redundant Internet sea cables or by satellite. If a clandestine operation were to target these cables in great numbers it could bring the entire world economy to a standstill for weeks. Financial kickbacks could be established easily by shorting the markets and knowing certain sectors would take quite a hit. Hopefully our government is hard at work preparing for a possible attack on our communications that lie outside of our country. Since we all participate in a worldwide economy which has been more apparent with the recent sub-prime crisis, it’s of a serious consequence that we protect others access to the Internet as much as ours. How long will we let the world’s economies hang by an Internet thread?


 報告されているイランの徹底したブラックアウト(送信途絶)にもかかわらず、世界の電信電話通信技術者にとってインターネット通信ルートを迂回させ、4つ位の少数のケーブルの切断で失った幾つかのアクセスを取り戻す事は簡単な事でした。世界的な経済通信、取引がケーブルに殆ど依存している状態の中で、我々は 其れが余分の海底インターネットケーブルであろうとも、人工衛星であろうとも、データを別のルートに迂回させる代替の解決法を作り上げる必要に迫られている。若し秘密の作戦行動が多数のケーブルを攻撃目標にするとすれば、其れは世界経済を何週間も停滞状態に陥れる。ある特定のセクターがかなりの打撃を受ける事前の情報を持つ事により、経済的キックバック(リベート)は簡単にから売り市場操作(shorting the markets)で可能になる。幸運な事に我々の政府は我々の国外に設置されている通信ケーブルなどへの予測される攻撃に対する予防に熱心である。最近のサブプライム危機の重大な結果で明白なように、我々は世界規模の経済活動に参加しているので、他国のインターネットアクセスを我々のアクセスを保護すると同様に保護しなければ重大な結果を引き起こす事になるだろう。今後、我々は何時まで世界経済をインターネットの糸で吊るしたままにして置くのだろうか?


We want to know what you think about the Internet blackout. Do you think this was planned or just a coincidence that 4 major intercontinental cables were cut within days of each other? Talk back with us through comments or at or form if you want to be on the radio show.


 我々はあなた方がインタネットブラックアウトについてどの様に考えているのか知りたいのです。この事故は計画的だと思いますか?其れとも唯の偶然で4つの大陸間ケーブルが数日の内に何かの事故で切れたのでしょうか?貴方の考えをコメントを通して聞かせてください。若しラジオ番組にでたければここ。


訳者から: ここで訳された記事はインターネット上のニュースの訳です。英語日本語ニュースでラジオ番組の放送をしている訳ではありません。

URL
Posted by CRIMES AND CORRUPTION OF THE NEW WORLD ORDER NEWS mparent7777 Marc Parent CCNWON at 1:47 PM
Labels: economy, internet


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
スポンサーサイト

テーマ : 世界のイベント - ジャンル : 海外情報

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。