スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べヴァリーヒルズの写真

Photos of Beverly Hills.
ベヴァリーヒルズの写真。


beverlyhills1.jpg

BH

BH5

Regent Beverly Wilshire Hotelリージェントベヴァリーウイルシャーホテル。映画の Pretty womanプリティーウーマンのロケーションだったそうです。
BH4

BH3

BH2

BEVERYHILLS2.JPG

BH6

ejnews:今日はべヴァリーヒルズの商店街の写真です。私の住んでいる所から歩いて5~10分程の所ですが、交通信号を無視する観光客が多いの(車で通り過ぎる時に危険なのです)で殆ど行かないのですが、ホールフードゥスと言うオルガニック食品を多く売っているスーパーマーケットがあるので如何しても通り過ぎ無いといけないのです。レストランも値段が高い割にはウエイター、ウエイトレスが生意気な所が多く料理もマアマアなのです。其れにグッチ、ティファニー等々大都市なら何処に行ってもある店ばかりで私には全く行く理由が無いのです。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Nemoさん、こんにちは。今住んでいる所は妻の仕事の都合と子供の学校区の為に渋々引っ越してきたのです。子供がこの学校区を卒業したら直ぐに引っ越す予定でしたが、今の所アメリカの経済状態が先行き真っ暗と言う状態なので様子を見ているのです。
 お金のある人はどんな時代になってもある様です。其れとアメリカはお金持ちは税金の率が低いのです。特にブッシュが大統領になってからお金持ち、企業の税率を随分下げたのです。しかし家賃のあれだけ高い所で良く小売店で採算が取れるなあ~!?と感心しています。
 それからべヴァリーヒルズの学校はホメイニ革命当時に逃げてきたイラン人の子供達が圧倒的に多く、イラン皇帝の取り巻きや資本家、地主等の裕福なイラン人家庭が多い様で、べヴァリーヒルズの学校に来ているイラン人の生徒達は一寸生意気なのが多い様です。私の子供たちも数回喧嘩に巻き込まれたようですが大事には至らなかったようです。

No title

ejnewsさん、こんにちは!
ビバリー・ヒルズから近いなんて、いい環境にお住まいなんですね。
("そんなことは関係ないよ”、とejnewsさんの声が聞こえてくるようですが。。。)

はるか昔、ツアーの中に組み込まれていて行きましたよ。
日本人観光客の散財ぶりが取り沙汰されていた頃です。
めぐりめぐって、昨今の金融不況の影響で、アメリカ人の財布の紐は
相当固くなっているそうですね。
この辺で買い物する人たちの懐には影響はないんでしょうか。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。