スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米、グルジア、ロシア、NATO,ポーランド、イラン、キューバ

Dutch withdraw spy from Iran because of 'impending
US attack'
“米国の差し迫った攻撃”を理由にオランダはスパイをイランから引き揚げる。


The Dutch intelligence service has pulled an agent out of an "ultra-secret operation" spying on Iran's military industry because spymasters in Netherlands believe a United States air attack was imminent.

オランダ情報局は、オランダのスパイマスターが米国の空爆が差し迫っていると信じている事により、イランの軍事工業をスパイしている“極秘作戦”から情報部員を引き揚げた。


http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/netherlands/2656680/Dutch-withdraw-spy-from-Iran-because-of-impending-US-attack.html

By Bruno Waterfield in Brussels
Last Updated: 9:24AM BST 01 Sep 2008

According to reports in the newspaper De Telegraaf, the country's intelligence service, the AIVD, has stopped an espionage operation aimed at infiltration and sabotage of the weapons industry in Iran.

De Telegraaf デ テレグラフ紙の報告によると、オランダの情報局AIVDはイランの兵器工業への潜入、サボタージュを目的としている作戦を中止した。

"The operation, described as extremely successful, was halted recently in connection with plans for an impending US air attack on Iran," said the report.

“非常に成功していると説明されている作戦は差し迫っているイランに対する米国の空爆の関係で最近中断された。”と報告は述べている。

"Targets would also be bombed which were connected with the Dutch espionage action."

“オランダの情報活動に関係のある場所も目標として爆撃されるかも知れない。”

"Well placed" sources told the paper that a top agent had been recalled recently "because the US was thought to be making a decision within weeks to attack Iran with unmanned aircraft".

“確かな情報を手に入れられる地位に居る”情報提供者はデテレグラフ紙に“米国がイランに対して無人飛行機からイランを攻撃する決定を此処数週間内にする事が考えられるという理由”で最近諜報員が引き揚げられたと言っている。

"Information from the AIVD operation has in recent years been shared with the American CIA secret service."

“AIVDの諜報活動からの情報は此処数年米国中央情報局シークレットサーヴィスに報告されている”

Brig Gen Seyyed Massoud Jazayeri, deputy chief of the Iranian armed forces, warned at the weekend that military attacks against Iran would trigger a Third World War.

Seyyed Massoud Jazayeri,セイード マソウド ジャザエリ准将、イラン軍の副司令官はイランに対する軍事攻撃は第三次世界大戦を引き起こすだろうと週末に警告した。

問題になる表現がありますので一部省略

The US has refused to rule out a military attack against Iran if its government continues to enrich uranium as part of its civilian nuclear programme, which the West suspects has the clandestine objective of developing atomic weapons.

アメリカはイラン政府が欧米が秘密裏の核兵器開発と怪しんでいる民間の原子力プログラムの一環であるウラン濃縮を継続するとすれば、イランに対する攻撃の可能性を否定していない。

Iran has warned it would close the strategic Strait of Hormuz, the entrance to the Gulf and a major oil shipping route, if it is attacked.

イランは、若し攻撃されたらペルシャ湾の入り口で主要石油運搬ルートである戦略的(に重要な)ホルムズ海峡を閉鎖すると警告している。

On Friday, the Israel newspaper Ma'ariv reported that Israel has stepped up preparations for a contingency plan to attack Iran, should diplomatic efforts, via the United Nations, fail to derail Tehran's suspected nuclear weapons programme.

金曜日に、若し国連を通してのテヘランの核兵器開発と疑われているプログラムを変更させる外交努力が失敗した場合に備えて、代替のプランとしてイスラエルはイランを攻撃する計画を即急に進めているとイスラエルの新聞“Ma'ariv”は報告している。

Russia may eventually retrieve its military presence in Cuba and Vietnam
ロシアは最終的にはキューバとヴェトナムでの軍事的存在を回復するかもしれない。


RIA Novostiより
http://english.pravda.ru/russia/politics/05-08-2008/105998-russia_cuba-0

Russian army bases in Cuba may still become a reality. Colonel-General Leonid Ivashov, the president of the Academy of Geopolitical Sciences, stated Monday that the retrieval of the Russian military presence in Cuba may become a real response to the ongoing increase of the US military and political pressure on Russia.

キューバのロシア陸軍軍事基地は未だ現実になる可能性がある。連隊を指揮する将軍レオニードイヴァショフ、地政学アカデミーの会長は現在も起こりつつあるアメリカのロシアに対する軍事的、政治的圧力に対する現実的な反応としてキューバでのロシアの軍事的存在の回復が現実になる可能性があると月曜日に述べた。
“It is an open secret that the West has been establishing a buffer zone around Russia during the recent years, getting European, Baltic states, Ukraine and the Caucasus involved in the process. The expansion of the Russian military presence abroad, particularly in Cuba, could become a response to US-led activities,” RIA Novosti quoted Ivashov as saying.

“欧州、バルト海沿岸諸国、ウクライナ、とコーカサスを巻き込んで、西側がロシアを取り巻く緩衝地帯を確立しようとしている事は公然の秘密である。ロシア軍の存在の海外への拡張、特にキューバへの拡張は米国主導の活動に対する応酬となる可能性がある。”とイヴァショフが述べたとRIA Novostiは引用している。

以下省略

ejnews:福田総理の辞任で日本の政界も揺れている様ですが、アメリカでもブッシュチェイニー政権は一体何を考えているか理解出来ないのです。アメリカのジャーナリスト、シーモア ハーシ氏が警告し続けてきた様に、やはりイラン空爆はあるのでしょうか?この記事ではオランダ政府はそう考えている様です。其れと、アメリカの支援で南オセティアに侵入したグルジアの軍事行動は世界中に波紋を広げている様です。
 アメリカでは共和党全国大会が引き続きミネソタ州で開かれています。共和党の大きな支持基盤であるキリスト教はevangelistic Christianエヴァンジェリスティック クリスチャンとアメリカで言われている種類のキリスト教で、彼等の信じる所によると、女性は男性に仕える物とされていて、性教育、避妊行為、妊娠中絶、婚前性交渉、は悪とされているのです。其の上彼等にとってはProselytism教義の伝道が大切とされていていると言うことです。女性であるアラスカ州知事もその様な保守的キリスト教を信じているようですが、彼女の家族の問題が共和党の信じている(はずの)キリスト教と余りにもいけ離れている事や、州政府自治体での役員の違法解雇等の問題が徐々に表面化し始め、保守派のジャーナリスト、評論家も彼女の選択はミステイクだと思っているとテレビ放送の後で話していた事が漏洩したと言うヴィデオがインターネットで流れています。興味のある人は下記のYoutubeで
Noonan, Murphy trash Palin on hot mike: 'It's over'
 兎に角、アメリカの様に宗教が政治に拘って来ると論理的議論が出来なくなるので先ず良い方向には普通は向かわないのです。日本も神風だとか言っていた時代がありましたよね。

処で、前回紹介したYoutubeで見られるエイミーグッドマンの逮捕のシーンは今日Youtubuで一番良く見られたヴィデオだそうです。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。