スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンでもねー話はメキシコ湾だけじゃねーんだぜ!

Gasland: Dick Cheney poisons your drinking
water too
ガスランド:ディックチェイニーは貴方の飲料水も汚染する

記事の載っているサイト:http://www.politicususa.com/en/cheney-poison-water
Posted By Sarah Jones On 21 Jun 2010.

 若しディックチェイニーの環境破壊への責任が海洋石油掘削とメキシコ湾の原油流出に限られていると思っていたとしたら此処に第2のウオーターゲートを紹介しておくよ。然し今回に限っては文字通り水についてで、特にディックチェイニーとハリバートンがどの様に我々の飲料水を汚染したかと言う事なんだ。
 “ガスランド”ハリバートンの開発した天然ガス採掘技術“フラッキング”若しくは“水圧破砕”の隠れた危険性についてのドキュメンタリーフィルムは今夜HBO(映画を放送しているケーブルテレビ局)でデビューする。http://www.hbo.com/#/documentaries/gaslandフラッキングについて一寸詳しく見てみると規制排除(撤廃)が手が付けられない状態に陥った恐るべき又違った話を見る事になる。そして此の話の裏に誰が居るか分るかい?そうだよ、大当たり!ディックチェイニー、ジョージWブッシュ、そしてアメリカが大嫌いなハリバートン、皆此の話に登場するんだよ。
劇作家で今(此のフィルムで)ドキュメンタリー製作者となっちゃったジョシフォックスと彼の家族はデラウエアー河上流の盆地のニューヨークとペンシルヴァニアの境界にある彼等の土地で天然ガスを採掘する権利と引き換えの10万ドルに加え鉱山使用料の提供の申し入れを受けた。ガス会社(の説明)によると見かけでは何の問題もない様に見えたんだがフォックスは家族が19.5エーカーの土地の(ガス会社に)賃貸に同意する前に一寸リサーチをしたくなったんだ。
 フォックス氏はカメラを取り出し(彼等の住む)郡の天然ガス採掘に土地を貸し出した他の人々にインタヴューを始めたんだが、ジョシが理解した事は彼の躊躇いを充分に正当化する以上の物だったんだ。そして彼のインタヴューの結果がサンダンスフィルムフェスティヴァルで審査員賞を受賞し今夜9時HBOケーブルテレビ局で初演される“ガスランド”と言うドキュメンタリーなんだ。
 ガス会社はハリバートンの開発した莫大な量の------2百万ガロンから7百万ガロンの-------水を或る特定の岩盤層の亀裂に注入すると言う手段の水圧破砕技術を使いたかったんだ。ガス会社がフォックスにした説明によると充分安全の様に感じられたんだが-----------然し、フォックスは知らなかったんだがペンシルヴァニアと西バージニア地域で既に今月だけでもフラッキングに関係していて其の1件はかなり大規模な爆発を含む2件の大事故が起きていたんだ。
 誰もフォックスに言わなかった事は米環境保護局(EPA)は飲料水安全条令の下で破砕に使う溶剤の注入を法的に規制していないと言う事だった。石油とガス業界はEPAによって既知の危険物質-------検査されていない--------を直接若しくは地下の飲料水の源泉の近くに注入する事を許可されているアメリカで唯一の業界なんだ。一体如何してこんな事が可能なんだ?其れは2005年の連邦エネルギーポリシー条令は水圧破砕を飲料水安全条令から適用除外にしていたからなんだ。

アースワークの報告:
http://www.earthworksaction.org/halliburton.cfm

 此の飲料水安全条令の適用除外は“ハリバートンの抜け穴”として知られる様になった。何故なら其れは副大統領ディックチェイニーのエネルギーポリシー特別対策委員会による努力によって実現したと広く一般に捉えられているからなんだ。副大統領になる前チェイニーは1940年代に水圧破砕の特許権を得、未だに水圧破砕溶剤の3大製造会社の1社のハリバートンのCEOだった。ハリバートンの社員は2004年の米環境保護局による水圧破砕報告書の再検討に深く関わっていたんだ。
水圧破砕についての規制の歴史をアースワークは此処に示す:
 1997年、連邦巡回第11控訴裁判所アトランタは米環境保護局に水圧破砕を飲料水安全条令の元に取り締るように命じた。此の決定は1989年の土地所有者達が住宅地域の井戸水を汚染したと訴えたアラバマのCBM水圧破砕採掘事業事件を追っての物だった。
 2000年には1997年の裁判所の決定に応えて米環境保護局は石炭採掘における水圧破砕が原因のメタンガス発生の可能性による水源への脅威についての研究を開始した。此の研究の主要目的は水圧破砕技術による地下飲料用水源への汚染の可能性を評価するものだった。
 その間、2001年、水圧破砕技術を飲料水安全条令から適用除外する様に勧めたディックチェイニー副大統領によるエネルギーポリシー特別対策委員会が開催された。
オー!又ディック!?http://www.politicususa.com/en/deregulation-blame-cheneyブッシュ政権の2005年エネルギーポリシー条令の一部として明らかに答えはイエスだった!
 2009年、上院議員ケイシー(ペンシルヴァニア民主党)、シューマー(ニューヨーク民主党)、下院議員デガッティ(コロラド民主党)、ポリス(コロラド民主党)ハインチェイ(ニューヨーク民主党)は所謂“ハリバートンの抜け穴”を閉じる為のフラッキングについての責任と化学物質に対する認識条令(FRAC)議案を上下院議会に提出したが未だに討議中である。3月、米環境保護局はハインチェイ(ニューヨーク民主党)によって提案された水圧破砕の飲料水に対する影響についての研究開始を発表した。現在石油とガス業界だけが飲料水安全条令の適応除外をされている業界である。
 昨年、http://casey.senate.gov/newsroom/press/release/?id=3d78271c-e412-4b63-95b8-419e75ce2bb6エネルギーと商業委員会副委員長の下院議員デゲッティ議員は『我々の法案は非良心的な“ブッシュとチェイニーの抜け穴”を皆が守っている同じ法律を石油ガス企業にも単に義務付ける事によって閉じる事が出来る。』と述べた。『ディックチェイニーが我が国のエネルギーポリシーにこっそり付け加えた業界への条令適応除外によって無関係な市民が苦しんでいるのを傍観している事は無責任である。』とポリス議員は述べ『ブッシュ政権のエネルギーポリシーの不運な時代を修正し、エネルギー業界が膨大な量のベンゼン、トルエンの様な毒物を土中に注入し飲料水の質を危険に曝す事を可能にした“ハリバートンの抜け穴”を閉じる時がやって来た。』とハインチェイ議員は付け足した。
 米公共ラジオ放送のテリーグロスhttp://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=127593937とのインタヴューでガス会社はフォックスと彼の家族に採掘作業は彼等の土地にホンの僅かな影響しか及ぼさないと言い、ガス会社は『我々はガスが此処に存在するかどうかも知らない。採掘場所の中には消火栓が設置される----------------貴方の土地にはホンの僅かな影響しかない。貴方は我々が此処に居る事に殆ど気が付かないだろう。』と説明したとフォックスは伝えた。
然し、フォックスは彼のインタヴューを通し水が汚染された人々に会った。其の汚染された水には採掘に関係する天然ガスや重金属が混じり、病気になった人々やトラックの激しい交通量に伴い天然ガス井装置が点在する風景等--------------。

米公共ラジオ放送の報告の続き:
フォックス氏は新しく開発された天然ガス掘削技術について説明する--------------天然ガスを得る為に鉱山会社によって使われている技術----------------そしてフォックス氏が引き続き不安の種だと考えている理由。
例えば、フォックス氏がインタヴューした或る住宅所有者達は水道の水の色が変わったとか水がソーダ水の様に泡立ち始めた事に気がついた。そして或る地域では------天然ガス掘削で使われる化学物質が水道水に混じり始めたと言う理由で------水道から流れ出す水に火をつける事が出来る等である。
 『僕は自分自身で試してみたんだよ!』とフォックス氏は語った。『其れは(僕のドキュメンタリーフィルムの中で)最も劇的でアッと言う様な光景の一つなんだよ。水道の蛇口を開けてタバコのライターを蛇口の下に持って行くと炎が爆発させるなんて全く天地が引っ繰り返る様な事なんだ。』



ロイターはガス業界の反論を報道している:
http://in.reuters.com/article/idINIndia-49395920100617?feedType=RSS&feedName=everything&virtualBrandChannel=11709
 『ガス業界はフォックス氏がドキュメンタリーフィルム制作で発見した事について、例えばメタンガスが水道水に混じり込み火がつく事は自然に起こる事である等と言って反論している。此のフィルム製作者(フォックス氏の事)は正義心から此のドキュメンタリーを制作し注目の的になってはいるのだが彼は此の件に関しての権威の資格を満たしているとは言いがたい。』とニューヨークのガス業界のインデペンデント石油&ガス連盟のスポークスマンであるジムスミス氏は語っている。
 フォックス氏は専門家ではなく彼の発見は科学的でもないのだが此処で疑問の余地の無い事実は石油とガス業界は現在クリーンウオーター規制から免除されていると言う事だ。我々が問う事の出来る最も論理的な疑問は若しガス業界が水に何もしていないのなら如何して業界は規制から免除されているのかと言う事だ。又してもアメリカ市民を健康と我々の天然資源を危機に曝す原因となっている引き続く規制排除の背景にディックチェイニーとハリバートンが潜んでいる新たな例を見つけたのだ。
 正確に一体何が無責任な規制撤廃と言うディックチェイニーの遺産から此の国を護る事が出来るのだろか?何処を見てみても、未だに唯一つの動機は元副大統領チェイニーの個人的経済的利益であると見受けられる巨大で無責任な特定の利権の為の規制撤廃と言う津波の結果的に大惨事になる様な問題を我々は背負い込んでいる。
Gasland: Dick Cheney poisons your drinking
water too

Just in case you thought Dick Cheney’s culpability for environmental destruction was limited to offshore drilling and the Gulf oil spill, here is Watergate II. Only this time, it’s literally about water, specifically how Dick Cheney and Halliburton poisoned our drinking water.
Gasland, a documentary about the hidden dangers of the Halliburton-developed drilling technology of “fracking” or hydraulic fracturing for natural gas, debuts tonight on HBO. Taking a deeper look into fracking, we see another terrifying story of deregulation gone wrong. And guess who is behind it? Yeah, you guessed it. Dick Cheney, George W Bush, and America-hating Halliburton all make an appearance in this story.
Playwright and now documentarian Josh Fox and his family were offered 100,000 dollars plus royalties in exchange for the right to mine for natural gas on their land on the border of New York and Pennsylvania, on the Upper Delaware River Basin. It seemed harmless enough, according to the gas company, but Fox wanted to do some research before the family agreed to leasing their 19.5 acres.
Fox took his camera and started interviewing other people around the country who had leased their land for natural gas drilling, and the things he learned more than justified his reticence. The result is Gasland, a documentary film that won the jury prize at Sundance this year and premieres on HBO tonight at 9PM.
The gas company wanted to use the Halliburton–developed technology of hydraulic fracturing, which is a process of injecting a huge volume of water — they use between 2 and 7 million gallons of water per frack to fracture the rock formation. It seemed safe enough, as the gas company told Fox he wouldn’t even know they were there…. However, there’ve been two major accidents in the Pennsylvania-West Virginia region this month alone involving “fracking”, one of which involved a well explosion.
What no one told Fox is that the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) does not regulate the injection of fracturing fluids under the Safe Drinking Water Act. The oil and gas industry is the only industry in America that is allowed by EPA to inject known hazardous materials — unchecked — directly into or adjacent to underground drinking water supplies. How is this possible? The federal Energy Policy Act of 2005 exempted hydraulic fracturing from regulation under the Safe Drinking Water Act.
Earthworks reports:
“This exemption from the SDWA has become known as the “Halliburton loophole” because it is widely perceived to have come about as a result of the efforts of Vice President Dick Cheney’s Energy Task Force. Before taking office, Cheney was CEO of Halliburton — which patented hydraulic fracturing in the 1940s, and remains one of the three largest manufacturers of fracturing fluids. Halliburton staff were actively involved in review of the 2004 EPA report on hydraulic fracturing.”
Earthworks lays out the regulation history of hydraulic fracturing:
“In 1997, the U.S. Court of Appeals for the 11th Circuit (Atlanta) ordered the EPA to regulate hydraulic fracturing under the Safe Drinking Water Act. This decision followed a 1989 CBM fracturing operation in Alabama that landowners say contaminated a residential water well.
In 2000, in response to the 1997 court decision, the EPA initiated a study of the threats to water supplies associated with the fracturing of coal seams for methane production. The primary goal of the study was to assess the potential for fracturing to contaminate underground drinking water supplies.
Meanwhile, in 2001, a special task force on energy policy convened by Vice President Dick Cheney recommended that Congress exempt hydraulic fracturing from the Safe Drinking Water Act.”
Oh, Dick. Again? Apparently, yes, as it passed as part of the Bush Administration’s Energy Policy Act of 2005.
In 2009, Senators Casey (D-PA) and Schumer (D-NY), and Representatives DeGette (D-CO), Polis (D-CO) and Hinchey (D-NY) introduced bills in the Senate and House to close the so-called “Halliburton Loophole”, the Fracking Responsibility and Awareness of Chemicals (FRAC) Act which is STILL pending. In March, the U.S. Environmental Protection Agency (EPA) announced the commencement of the Hinchey Study, an investigation into the impact of hydraulic fracturing on drinking water. Currently, the oil and gas industry is the only industry exempt from the Safe Drinking Water Act.
Last year, U.S. Rep. DeGette, Vice Chair of the Committee on Energy and Commerce said, “Our bill simply closes an unconscionable Bush-Cheney loophole by requiring the oil and gas industry to follow the same rules as everyone else.” Rep. Polis said, “It is irresponsible to stand by while innocent people are getting sick because of an industry exemption that Dick Cheney snuck in to our nation’s energy policy.” Rep. Hinchey added, “It’s time to fix an unfortunate chapter in the Bush administration’s energy policy and close the ‘Halliburton loophole’ that has enabled energy companies to pump enormous amounts of toxins, such as benzene and toluene, into the ground that then jeopardize the quality of our drinking water.”
In an interview with NPR’s Terry Gross, Fox relates that the gas company told Fox and his family that the drilling would have very little impact on their land, “’We don’t even know if there’s gas here. It’s going to be a fire hydrant in the middle of a field — very little impact to your land. You won’t hardly know we’re here.”
However, in his interviewing process, Fox met with people whose water was poisoned — water with natural gas and heavy metals in water (associated with drilling), sick people, and landscape dotted with gas well pads, along with heavy truck traffic.
NPR further reports:
“Fox explains the process of unconventional gas drilling — the technique used by mining companies to obtain natural gas — as well as why he believes there is continued cause for concern.
For example, some homeowners he spoke to noticed that their water had been discolored or was starting to bubble. And in some communities, people were able to light the water coming out of their faucets on fire — because chemicals from the natural gas drilling process had seeped into the water.
“I did it myself,” he says. “That’s one of the most dramatic and spectacular things in the film. It just turns your whole world upside down when you can turn the faucet on and stick a cigarette lighter under it and you get this explosion of flame.””

Reuters reported the industry’s rebuttal:
“The gas industry disputes the film’s findings, saying for example that methane migration that allows water to catch fire can occur naturally. This filmmaker, while well-intentioned, is getting a lot of attention but he’s not qualified at all to be an authority on this issue,” said Jim Smith, a spokesman for the Independent Oil and Gas Association in New York, an industry group.”
While Fox is not an expert, and his findings are not scientific, what is not up for debate is the fact that the oil and gas industry is currently exempt from clean water regulations. The most logical question one can pose is if they aren’t doing anything to the water, why are they exempt from regulations? Once again, we find another example of Dick Cheney and Halliburton lurking behind more deregulation that poses a health risk to the American people and endangers our natural resources.
What exactly will it take to protect this nation from the legacy of Dick Cheney’s irresponsible deregulation? Everywhere we turn, we’re saddled with the potentially disastrous consequences of Cheney’s tsunami of massive and reckless special interest deregulation, whose sole motivation still appears to be the enrichment of the former vice president’s personal financial interests.


若しBPのメキシコ湾での原油流出事故のニュースを見たければ此処で。
最初にコマーシャルがあります。其の後で原油流出のニュースヴィデオが始まります。
Countdown with Keith Olbermann

此のブログは上記のキースオルバーマンのニュース番組に出演していたジョンワーセン氏の関係しているブログです。
BP Slick


ejnews: 日本でもブッシュ政権時代にディックチェイニーがエネルギーポリシー特別委員会を設立し業界の主要人物や代表者達を密かに招き政権下でのエネルギー政策を討議した話は伝わっていると思うのじゃが、結果としてメキシコ湾の原油流出や種々の環境破壊が起こっているのです。問題は環境破壊だけではないのでありまする。大量破壊兵器をサダムフセインが隠し持っていると言う口実で始められたブッシュチェイニー政権のイラク侵略戦争の動機は当然石油だと高名なアラングリーンスパンも言っておるのです。オーッ!其れとヴェトナム侵略戦争よりも長期化してしもうたアフガン侵略もアフガニスタンを横切る可能性の或る石油パイプライン原因じゃったとか----------。
 我々は日本に居てもアメリカに居ても資本家によって操られている政治家に良い様にされている訳ですから我々自身の生活を守る為に企業と政治家には常に監視の目を弛めない様にしないとトンでもない災難が起こった後ではメキシコ湾やアメリカの地下水の様に後の祭りと言う事に絶対なるのでありまする。
 日本での一番良い例は非科学的に推進されている原子力発電所問題なのでありまする。例えば面積が殆ど日本と同じそして地震が日本と同様に多いカリフォルニア州でも僅か2箇所の原子力発電所しか運転していないのでございますよ!若しカリフォルニアで原子力発電所を増やすと言う話になると州民は黙って見過ごす事は幾らなんでもしないと思いますよ。原爆を落とした国の一州が此れだけ核アレルギーなのに日本人は原爆の被害者でありながら意外と放射能汚染問題には鈍感だと思いませんか?????日本では大地震が起きた時に原子力発電所は全く無傷で放射能や放射線物質が外部に漏れ出さんさ無いと確信している様にカリフォルニアからは見受けれれるのですが、一体何基の原子力発電所を建設すれば充分なのでしょうかね?
 話は一寸違った方向に進んだのですが、兎に角、資本家と政治家は或る意味で精神に問題があり自己の利益しか考えられない様な行動を取る人々が多いようですから我々庶民は好い加減に眼を覚まし真剣に我々自身の生活を守るあらゆる手段を講じませう!
処でアメリカを飛行機で横断するとアメリカの至る所で特にロッキー山脈周辺や乾燥地帯に網の目の様に規則正しい道とガス井が上空から見る事が出来るのですゾットしますよ。

http://coloradoindependent.com/24667/oil-giants-have-cornered-the-market-on-western-slope-water-rights-study-says
アメリカのガス採掘地図とジョシフォックス氏のインタヴューが此の記事で見る事が出来ます。
http://www.examiner.com/x-2903-Energy-Examiner~y2010m3d28-Must-See-TV-PBS-highlights-hydraulic-fracturing


其れで今日のミュージックはGreen Eyes (Aquellos Ojos Verdes)“其の緑の瞳”でござります。マタマタ年配の人しか知らない曲でありまする。

Aquellos Ojos Verdes - Green Eyes (1930) Adolfo Utrera, Nilo Menendez, Ernesto Lecuona
アドルフォ ウトレナ・ニロ メネンデス・エルネスト レクオナ



Los Panchos "Aquellos Ojos Verdes"
トリオ ロス パンチョス



Nat King Cole - Aquellos Ojos Verdes
ナット キング コール



Green Eyes (Aquellos Ojos Verdes)
スペイン語歌詞
Aquellos ojos verdes
de mirada serena,
dejaron en mi alma
eterna sed de amar.
Anhelos de caricias,
de besos y ternuras.
De todas las dulzuras
que sabían brindar.
Aquellos ojos verdes,
serenos como un lago,
en cuyas quietas aguas
un día me miré.
No saben las tristezas
que en mi alma han dejado
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca besaré.
No saben las tristezas
que en mi alma han dejado
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca olvidaré.
Aquellos ojos verdes,
que yo nunca olvidaré.
Aquellos ojos verdes
serenos como un lago
en cuyas quietas aguas
un día me miré,
no saben las tristezas
que a mi alma le dejaron
aquellos ojos verdes
que ya nunca besaré


English Translation 英訳
Those green eyes
其の緑の瞳
with their serene gaze,
其の穏やかな眼差しで
they left in my soul
其の瞳は私の心に
eternal thirst to love.
愛への永遠の渇きを残していった。
yearning for caresses,
愛撫への切なる思い
for kisses and tenderness.
くちづけと優しさ(への切なる思い)
for all the sweetness
全ての愛らしさを与える事を
that they knew how to offer.
其の瞳は知っていた。
Those green eyes,
其の緑色の瞳
serene like a lake,
湖の様に穏やかで
in whose calm waters
其の穏やかな水の中に
one day i saw myself
ある日私は自分自身を見た
They do not know the sadness
其の緑の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
その事をその緑色の瞳は私の心に残していった
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will kiss.
私は其の瞳に口づけが二度と出来ない
They do not know the sadness
其の緑の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
其の事をその緑の瞳は私の心に残していった
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will forget.
其れを私は二度と忘れない
Those green eyes,
其の緑色の瞳
that I never will forget.
私は二度と忘れない
Those green eyes,
其の緑色の瞳
serene like a lake,
湖の様に穏やかで
in whose calm waters
其の穏やかな水の中に
one day i saw myself
ある日私は私自身を見つけた
They do not know the sadness
其の緑色の瞳は悲しさを知らない
that in my soul they have left
其の事を其の緑色の瞳は私の心に残していった
those green eyes
其の緑色の瞳
that I never will kiss
私は二度とくちづけする事が無いだろう

此の歌詞はウキペディアより。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



スポンサーサイト

政府は企業に仕えている!

Why Was BP Drilling in 5,000 Feet
of Water Anyway?
BPは一体如何して5千フィートの深海で原油採掘をしていたのか?

By Justin Rohrlich Jun 11, 2010 10:20 am
原文:http://www.minyanville.com/businessmarkets/articles/bp-halliburt-transocean-deepwater-horizon-cameron/6/11/2010/id/28712

何千フィートもの深海で採掘する事は費用がかかり危険である----------そして其処にオイルは存在する。然し、深海(油田)探査と原油採掘の裏にある本当の話はそう簡単に割り切れる話ではない。
『深海原油採掘は新しいフロンティアである。』と米石油協会の上級経済顧問ロヨラ ドーハー氏はミニアンヴィル紙のインタヴューで説明した。『過去に石油会社は大陸棚の外の深海地域へのアクセスを拒否されていた。石油会社は探査を許されていなかった。だから石油会社は今其処に居るのだ。』
 米グリーンピースの研究主任カート デイヴィス氏は其れに(上記に)異議を唱えている。海岸の近くでの採掘を環境保護団体が阻んでいたからBPは1マイルの深海で採掘しているのではない。その理由は15年前大陸棚の外での原油採掘は連邦政府海域での原油採掘で石油会社が12%の鉱山使用料を払う事を免除した深海鉱山使用料除去条例が連邦議会によって承認された時事実上納税者によっての政府助成事業となったからである。
1995年、原油販売価格はバレル16ドルであった。何千フィートもの深海採掘に興味を持つ者は誰も居なかった。そして石油会社は海外に焦点を合わせ始めていた。
 米鉱物資源管理部の報告によると当時まではメキシコ湾での原油採掘は主に650フィートの深さか其れより浅い海域で行われていた。鉱山使用料免除以降石油会社は其れまで費用がかかり過ぎ困難だと捉えていた深海採掘に突然非常に興味を抱く様になった。然し何マイルも離れた沿岸には膨大な量の石油とガスが存在している。深海での特筆に価する数の深海土地使用リース契約行為が1995年に始まり、特に鉱山使用料免除額が最も高率の800メートル(2625フィート)以上の深海での1996年から1998年間に特筆すべき増大が見られると米鉱物資源管理部の報告は記録している。同時期深度の浅い海域の深海土地使用リースの頻度は低下している。
 一瞬の内に石油業界其れまで流出事故や爆発を扱った経験の無い深海での原油掘削の動機が業界に与えられた。『“我々は安全ではないとしても其処に行かなければならない。”と石油業界が言うのを我々は聞いている。』とデイヴィスは指摘している。『同時に彼等は反対の方向に向かって“深海原油掘削に対しモラトリアムを実施してはいけない-------------其れは全く安全だ”と言う。一体どっちなんだ!?』
 鉱山使用料免除はバレル40ドルになった時に終わる筈であったとデイヴィスは書き示している。然しながら書類整理エラーが原因で鉱山使用量免除は終わらなかった。其の上2004年内務省長官ゲイルノートンは石油企業に対してのより多くの経済的補助措置を採った。
 此のポリシーはブッシュ大統領の下でも継続し、2005年ブッシュは採掘業者に対する26億ドルの新しい税金免除と鉱山使用料免除の拡大を含むエネルギー条例に署名をした。
 『其処には信じられない程の量の石油存在する。』とデイヴィスは語っている。『巨額の金が絡んでいる。未探査地域での採掘には大惨事になる可能性を秘めているが成功した時の見返りは数十億ドルになる可能性がある。現在メキシコ湾にはBPがトランスオーシャン(RIG)カメロン(CAM)そしてハリバートン(HAL)と共に操業している(BPの爆破した)ディープ ホライゾンよりも大きな油田を含めて30箇所の深海油田が存在する。BPは6、250フィートの海底にあるBPのサンダーホース掘削設備(リグ)での原油生産を増加している。此れは偶々2005年7月のハリケーン“デニス”によって転覆したプラットフォーム(海底油田掘削設備の海上に浮かんでいる部分)である。何が其れをもっと言語道断な話にしているのかと言うと大陸棚の外側全ての可能な限りの海域を虱潰しに掘削したとしても国内石油消費について言えば爪の様な少量の価値の違いも作り出さないと言う事である。』

ejnews: 此の記事で御分かりいただけるように15年前と言うと民主党のクリントン政権下で、其れまでに石油業界も安全性に確信が持てず手を出さなかった深海油田掘削が米政府の鉱山使用料免除と言う言ってみれば国民が企業から受け取る筈の使用料を免除をしてまで奨励されたと言う事です。結果として今回のメキシコ湾でのBPの事故にまで発展していく訳ですが、この様な無謀な深海原油掘削を一体如何言う理由で民主党政府は奨励したのでしょうか?
実はクリントン政権はナフタ(NAFTA)北米自由貿易協定を結び結果としてメキシコ経済、特に小規模農家(原住民や原住民の血の濃い混血の農民が多い)に大打撃を与え、土地を失ったメキシコ農民が不法移民としてアメリカに雪崩れ込む原因を作ったり、グラス・スティーガル条例(Glass-Steagall Act、1933年)を廃止し現在我々が苦しんでいる世界経済リセッションの原因を作ったりした事で悪名が高いのですが、クリントンが大統領になった当時は民主党の若い大統領でケネディーの再来の様に考えられていた面もあり米国民はクリントン政権の行動についてはそんなに詳細まで警戒してなかったのです。若し同じ事を共和党政権がやろうものなら少数の進歩派メディアだけでなくメインストリームメディアまでも黙って見逃す事はなかったでしょう。
この様に過去を振り返って見ると、つまり、ノム チョムスキーや故ハワード ジンだけでなく多くの進歩派が言っている様に共和党、民主党と言う2つ政党は米国民を騙し操る資本層や富裕層の歌舞伎芝居であると言う事がハッキリ見えて来ると思いませんか?
日本でも民主党が政権を取ったものの何だか自民公明政権の延長の様な感じがしていませんか?

処で今日のミュージックは又60年代の懐メロであのザ タートルズのハッピー ツゲザー(一緒に居て幸せ)です。覚えているかな!?




The Turtles - Happy Together

Imagine me and you, I do
I think about you day and night, it's only right
To think about the girl you love and hold her tight
So happy together
僕と君の事を想像して下さい。僕は想像します。
僕は君の事を昼も夜も考えています。其れは単なる正しい事
愛する女の子の事を思いそして彼女を強く抱きしめる
一緒に居てとても幸せだ

If I should call you up, invest a dime
And you say you belong to me and ease my mind
Imagine how the world could be, so very fine
So happy together
10セントを投資して君に電話して
そして君が僕の彼女だと言う。それは僕の心を安心させる。
世界がとても素晴らしい状態を想像して下さい
一緒に居てとても幸せだ

I can't see me lovin' nobody but you
For all my life
When you're with me, baby the skies'll be blue
For all my life
僕の一生で君以外誰をも愛することは僕は想像出来ない
君が僕と居る時、ベイビー!何時も空は晴れている

Me and you and you and me
No matter how they toss the dice, it has to be
The only one for me is you, and you for me
So happy together
僕と君、そして君と僕
どんなにサイコロを投げたとしても
僕にとって唯一人の人は君だ。そして君にとっては僕だ
一緒に居てとても幸せだ

I can't see me lovin' nobody but you
For all my life
When you're with me, baby the skies'll be blue
For all my life
僕の一生で君以外誰をも愛することは僕は想像出来ない
君が僕と居る時、ベイビー!何時も空は晴れている

Me and you and you and me
No matter how they toss the dice, it has to be
The only one for me is you, and you for me
So happy together
僕と君、そして君と僕
どんなにサイコロを投げたとしても
僕にとって唯一人の人は君だ。そして君にとっては僕だ
一緒に居てとても幸せだ
ババババ-------------------

Me and you and you and me
No matter how they toss the dice, it has to be
The only one for me is you, and you for me
So happy together
僕と君、そして君と僕
どんなにサイコロを投げたとしても
僕にとって唯一人の人は君だ。そして君にとっては僕だ
一緒に居てとても幸せだ

So happy together
How is the weather
So happy together
We're happy together
So happy together
Happy together
So happy together
So happy together
一緒に居てとても幸せだ
天気はどうだい?
一緒に居てとても幸せだ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

BPのニュースやヘレントーマスの事件等

Spill Workers Get Sick, Chemicals
Get a Pass

原油流出の清掃作業をしている作業員が病気になる一方、(新しい)多くの化学物質は合法化される。

— By Emily Loftis
Wed Jun. 2, 2010 2:53 PM PDT
http://motherjones.com/blue-marble/2010/06/chemical-regulation-gulf-workers-sickness

Last week, seven oil-spill clean-up workers were hospitalized after reporting nausea, headaches, dizziness, and chest pains. Doctors said the symptoms could have been caused by airborne chemical exposure while cleaning up oil slicks. The workers' families have blamed chemicals in the dispersants being used to break up the oil. However, BP has said that air quality tests done at the clean-up sites before the workers fell ill found nothing unusual; it first blamed the workers' condition on fatigue and sun exposure. BP CEO Tony Hayward has since chalked up the workers’ conditions to food poisoning: "I am sure they were genuinely ill, but whether it was anything to do with dispersants and oil, whether it was food poisoning or some other reason for them being ill, you know, there's a—food poisoning is surely a big issue when you've got a concentration of this number of people in temporary camps, temporary accommodations."
先週7人の原油流出事故清掃作業員が嘔吐感、頭痛、眩暈、胸部の痛みを報告した後入院した。此の症状は原油スリックの清掃中に空気中に漂っている化学物質へ曝された事が原因している可能性があると医師達は述べている。作業員の家族は原油を分解するために使用されたディスパーサントに含まれている化学物質を非難している。然しながら、作業員が病気になる前の清掃作業地域でのテストされた空気の質は普通と変わっていなかったとBPは述べ、BPは最初に作業員の疲労や太陽光線(の長時間の)照射等の状況が原因であるとしていた。BPのCEOトニー ヘイワードは其の後『確かに作業員達は本当に病気だろう。然し其れは(漏れ出した原油に使っている)分散剤や原油とは何の関係もない事なのだ。其れは食中毒か若しくは他の理由が病気の原因となっている。仮設キャンプや仮設宿泊所に過密の人口が集まった時食中毒は大きな問題になるのは良く知っているだろう。』 と食中毒を作業員の状態のせいにした。

The possibility that the clean-up workers’ were suffering from chemical exposure is a reminder of just how weak our chemical regulations are. Last month, the President’s Cancer Panel reported that more than 80,000 industrial chemicals are used in the United States and about 700 new ones are introduced annually—yet very few are tested for potential health or environmental impacts before they hit the market. The panel found that those most vulnerable to chemical exposure are migrant workers, children, and blue collar workers—like those cleaning up BP’s mess in the Gulf.
化学物質に曝される事によって清掃作業員達が苦しんでいると言う可能性は化学物質に対する規制が如何に脆弱であるかと言う事実を呼び起こさせるヒントである。『米合衆国では8万種類以上の個別の化学物質が使用されていて毎年700種類の新しい化学物質が市場に導入されているにも拘らず少数の化学物質しか市場に導入される前に健康と環境への影響について検査されていない。』と先月、大統領の癌委員会は報告している。化学物質に曝される事で最も影響を受ける人々は、移民労働者、子供達、BPのメキシコ湾での惨事を清掃している作業員の様な肉体労働者である事実を委員会は発見した。

The panel suggested that the US adopt a precautionary approach similar to the one employed by the European Union, which tries to screen out dangerous chemicals before they hit the market. Under our current system, chemicals are considered innocent until proven guilty. Laws protecting trade secrets prevent access to important information that might determine if a chemical is harmful. And if a chemical does appear to pose a risk, the burden of proof is on the EPA, which often has its hands tied. In April, Senator Frank Lautenberg (D-N.J.) introduced a bill that would amend the archaic Toxic Substance Control Act of 1976 to be more precautionary than reactionary. "America's system for regulating industrial chemicals is broken," he said. The bill is hanging out in the Committee on Environment and Public Works, awaiting further action.
大統領癌委員会は危険な化学物質が市場に導入される前に見つけ出す努力をすると言うEUによって使われている手段と同じ予防手段を採用する事を推薦している。現在のシステムでは化学物質は有罪であると立証されない以上は無害であると捉えられている。法律が企業秘密を守る事によって化学物質が有毒の可能性があると言う重要な情報へのアクセスを妨害している。そして若し化学物質が危険である様な状況になった時、立証責任は手枷足枷で自由に捜査の出来ない米環境保護局にある。4月、ニュージャージー民主党上院議員フランク ローテンバーグは1978年発効の有毒物質規制条例を保守的よりももっと予防的にする改正案を提出した。『アメリカの工業化学物質を規制するシステムは機能していない。』と彼は語っている。彼の提出した条例改正案は現在改正案を討議する活動を待って環境と公共活動委員会で宙ぶらりんになっている。

ejnews : 『8万種類の化学物質が使用され毎年700種類の新しい化学物質が何のテストもされず市場に導入されている!』狂気の沙汰だと思いませんか!?こんな状態ですから癌や子供の注意欠陥・多動性障害(ADHD)等も含めた病気が増えるのも不思議ではないと思いませんか!? 
 そして
BP paying out $2.63B in dividends on June 21『BPは6月21日に20億6千3百万ドルの配当金を払うだろう』http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iqqAzEvHDc6gKKeKx5CpKMblXX4wD9G7AFH80
と言うニュースがありました。メキシコ湾岸を環境テロリズムで汚染しているブリティッシュ ペトロリウムが経済的理由で一度掘り当てた油田を石油が値上がりするまで再密閉し様とした事から始まった此の事故の後で図々しくも株主達に配当金を支払うと言うトンでもねーニュースでした。株主に配当金を支払う余裕があるのなら此の事故で職や経済基盤を失った漁師や観光業界を経済的に補償すべきだと普通の人間は考えませんか?
現在、米下院議長ナンシー ペローシ等が“株主に配当金を払う前に漁師や環境汚染への賠償をするべきだ”と発言していますが、BPはこれ等の批判については沈黙しているようです。
 此の事実でも理解して頂ける様に若し企業が犯罪を犯すと株主にも何らかの法的経済的罰則が与えられない限り犯罪企業は何時まで経っても存在し続け、其の巨大な資金力により政治家を買収し国家や国際社会をコントロールし続けるのです。
そして

Thomas tells Jews to go back to Germany
ユダヤ人にドイツに帰る様にトーマスは言った。


此のビデオはユダヤ教の或るラビ(ラバイ)によってホワイトハウスのユダヤ文化を記念したパーティーで録られたものです。

此のビデオに録られているヘレン トーマス女史が述べている事はイスラエルのユダヤ人は元々ヨーロッパから移民しパレスチナを占領している人々だからパレスチナの平和の為にヨーロッパに戻るべきだと言っているのです。特に最近のイスラエルの行為を考えると彼女の発言の裏にある感情は誰にでも理解出来るものだとは思いますが、この様な意見は右翼や保守派でないアメリカ人が発言してしまうと命取りになる発言なのです。右翼や保守派はFox news等ではトーマス女史の発言なんて子供騙しの様な事が頻繁に喋られているのです。此れはメディアは大企業と言う資本に所有されていて資本層は基本的に保守派や右翼思想を持つ人間集団によって構成され、彼等の意向に背く発言をしたものは干されてしまうと言う事なのです。
ヘレントーマスは1960年にUPIの為に大統領選挙に当選したジョンFケネディーの報道を始め、其の後57年間ホワイトハウスの報道陣として活躍し、女性記者の代表者として活躍し、ジョージ ブッシュ以外の(ブッシュ政権当時ホワイトハウスでの記者会見でホワイトハウス報道官やブッシュとの激しいやり取りの結果トーマスは殆ど質問が許されなかった)全ての大統領から政治思想の相違を超えて一目置かれていた名物小母さんだったのですが、ホワイトハウスでのユダヤ文化を記念するパーティーで或るラビ(ユダヤ教の坊さん)にイスラエルの事を問われ此のビデオに録られている様な発言をしてしまったのです。彼女はメイン ストリームメディアで働き続ける為にはイスラレルとユダヤ人についての批判をする事は自殺行為だと当然理解していたと思うのですが、トーマス女史ももう90歳ですから好い加減にイスラエルの犯罪行為について沈黙している事に嫌気がさしたのだろうと私は想像しています。
 兎に角、此のビデオが原因でアメリカの保守派や右翼ユダヤ人団体からのトーマス女史への非難が巻き起こり終に彼女はサッサと新聞社(Hearst Newspapersハースト ニュースペーパーズ------彼女はUPIの記者だったのですが2000年に世界基督教統一心霊教会のニュー ワールド コミュニケーションによって買収された時にUPIを辞任しハースト ニュースペーパーズに移っていたのです。)を辞職してしまいました。彼女をコラムニストとして雇用している新聞社も彼女の弁護はしなかったと言う話で如何にアメリカのメディアでイスラエルと特定のユダヤ人と呼ばれている人々についての発言がタブーなのか、そしてアメリカのメディアにどの団体や集団が影響力を持っているのか良く分かる事件でした。

 そして、今日のミュージックは昔懐かしいトリオ ロス パンチョスの“セ テ オルビダ”(貴方は忘れている)ですが----------------若い人の為にルイス ミゲルの“セ テ オルビダ”もオマケに付けておきます。私はパンチョスの歌い方の方が好きですけど--------------。



LOS PANCHOS se te olvida


Luis Miguel - Se te olvida



se te olvida セ テ オルビダ

Se te olvida(上がスペイン語)
You forget(下が英語)
貴方は忘れている
que me quieres a pesar de lo que dices
that you love me IN spite what you say
貴方が何を言ったとしても貴方は私を愛していると言う事を
pues llevamos en el alma cicatrices
as we carry scars in our souls
私達が心に傷を持つ様に
imposibles de borrar
Impossible to erase
其れは消す事が出来ない
Se te olvida
You forget
貴方は忘れている
que hasta puedo hacerte mal si me decido
that I even can hurt you if I decide to
私でも若しそう決めたなら貴方を傷付ける事が出来る事を
pues tu amor lo tengo muy comprometido
as I have your love very committed (I am sure that you love me)
私が貴方の事を真剣に愛している様に(勿論貴方も私を愛していると思う)
pero a fuerza no será
But it wont be by force (I wont force you to love me)
然し其れは強いられた訳ではない(私を愛する様に強いはしない)
Y hoy resulta
And today it turns out
そして今日
que no soy de la estatura de tu vida
that I am not of the height of your life that (I am not good enough for your life)
私は貴方の人生で重要ではない(私は貴方の為に充分ではない)と言う事が解かった
y que al dejarme casi, casi, se te olvida
and when leaving me you almost, almost forget
そして私から別れた時に貴方はもう少しで、もう少しで忘れてしまった
que hay un pacto entre los dos
that there is a pact between the both of us
私達二人の間に絆のある事を
Por mi parte
On my side
私にとっては
te devuelvo tu promesa de adorarme,
I give you back your promise to adore me
貴方が私を愛すると言う約束を貴方に返します
ni si quiera sientas pena por dejarme
do not even feel sorry for laving me
私から別れてしまう事について貴方は気遣う必要は全く無い
que ese pacto no es con Dios
that this pact is not with God
其れは神様との絆ではないのだから

Spain, Spanish, Songs, Lyrics translated into English
http://learningbysingingspanish.blogspot.com/search/label/*MEXICO
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

BPのトニーヘイワードをテロリズム容疑者として逮捕しろ!

Arrest Terror Suspect Tony Hayward - No Miranda Rights
テロリズム容疑者トニー ヘイワードを逮捕しろ------ミランダ権利は与えられるべきでない。

http://www.legitgov.org/Arrest-Terror-Suspect-Tony-Hayward-No-Miranda-Rights


Arrest Terror Suspect Tony Hayward - No Miranda Rights By Lori Price, http://www.legitgov.org/ 26 May 2010
テロリズム容疑者トニー ヘイワードを逮捕しろ------ミランダ権利は与えられるべきでない。ローリー プライス著http://www.legitgov.org/26 May 2010
BP Chief Executive Officer Tony Hayward is the lead suspect in eleven homicides and the suspected architect of the largest act of terrorism on US land and sea. Since Republicans and the Obama Administration want to deny Miranda rights to terror suspects captured on US soil, Hayward should not have Miranda rights read to him. After his arrest, the US needs to invoke the 'public safety' exception. Therefore, Hayward will not be allowed access to an attorney and his arraignment will be delayed, until he details his full complicity with al-CITIduh (2000 - 2003) and the Bilderberg Group.

ブリティッシュペトロリウムのCEOトニー ヘイワードは11人の殺人罪と米国の陸と海域で最大規模のテロリズムを企てた中心人物としての容疑者である。共和党とオバマ政権が米国内で逮捕されたテロリズム容疑者に対してミランダ権利を与える事を拒否している事からヘイワードにはミランダ権利を読んでやる必要は無い。彼の逮捕後合衆国は“公共安全”の為の例外を適用すべきである。此れによってヘイワードは弁護士と接触する事が許可されず、2000年~2003年間のアル-シティーダal-CITIduh (2000 - 2003)とビルダーバーグとの関係を詳細に白状するまで彼の罪状認否手続は遅延される。

Miranda rightsミランダ権利とは警察が容疑者を逮捕した時に逮捕されている容疑者に与えられている権利(黙秘権、弁護士が付けられる権利、等)警察官はこれ等の権利を逮捕時に容疑者に伝えなければならない。

'public safety' exception“公共安全”の為の例外。容疑者が多くの一般市民を巻き込む犯罪の鍵を握っている時等は此のミランダ権利が適応されない時がある。

al-CITIduhアル-シティーダ 金融危機の原因となったアメリカの銀行の一つシティーグループをビンラデンのテログループ“アルカイダ”にモジッテ言ったもの。


Tony Hayward has long-term ties to the most dangerous terrorist groups in the US. Hayward served as member of the Advisory Board of Citibank from 2000 to 2003. According to Wikipedia,'Tony Hayward is an active member of the Bilderberg Group.'
トニーヘイワードは合衆国で最も危険なテロリストグループと長期に亘って関係を持っている。ヘイワードは2000年~2003年にシティーバンクの顧問理事委員として務めていた。ウィキペディアによるとヘイワードはビルダーバーグの活動しているメンバーである(名簿に載っているだけでなく実際に活動している)。

BP Used Riskier Method to Seal Oil Well Before Blast 26 May 2010
Several days before the explosion on the Deepwater Horizon oil rig, BP officials chose, partly for financial reasons, to use a type of casing for the well that the company knew was the riskier of two options, according to a BP document. The concern with the method BP chose, the document said, was that if the cement around the casing pipe did not seal properly, gases could leak all the way to the wellhead, where only a single seal would serve as a barrier... Workers from the rig and company officials have said that hours before the explosion, gases were leaking through the cement, which had been set in place by the oil services contractor, Halliburton. Investigators have said these leaks were the likely cause of the explosion.
爆発事故の前にブリティッシュペトロリウムは原油の流出を防ぐ為危険な手段を利用した。2010年5月26日
http://www.nytimes.com/2010/05/27/us/27rig.html
ブリティッシュペトロリウムの記録によると、ディープウオーターホライゾン海底油田リグの爆発の数日前ブリティッシュペトロリウムの重役達は部分的に経済的理由で会社は2つの選択の内で危険であると承知していながら油田に蓋いをかぶせる為或るタイプのケイシングを使用した。ブリティッシュペトロリウムの選んだ手段についての不安は若しケイシングの周りのセメントが確実に密閉する事が出来なければ唯一つのシールがバリヤーとして機能しているガスが油井(リグ)の天辺まで漏れ出すことであるとBPの記録は説明している。海底油田採掘リグの作業員達と会社の役員達はオイル サーヴィス コントラクター“ハリバートン”によって設置されたセメントを通して爆発の何時間も前からガス漏れがしていたと語っている。捜査官達は此のガス漏れが恐らく爆発の原因だったのだろうと語っている。

440 birds, 393 of them dead --Oil spill's BP's animal victims struggle as experts fear a mounting toll 27 May 2010
In the Louisiana marsh, oil-coated pelicans flap their wings in a futile attempt to dry them. A shorebird repeatedly dunks its face in a puddle, unable to wash off. Lines of dead jellyfish float in the gulf, traces of oil visible in their clear "bells." Now that oil from the Gulf of Mexico's vast spill has come ashore -- in some places, as thick as soft fudge -- it is causing serious damage in one of the country's great natural nurseries. In nature, oil is a versatile killer. It smothers the tiny animals that make up a coral reef. It suffocates blades of marsh grass, cutting them off from air and sunlight. It clumps up a bird's feathers, leaving it unable to fly; then, trying to remove the oil, birds swallow it.
440羽中393羽が死ぬ。原油流出のBPの被害にあった動物の犠牲者が苦しんでいる中で専門家達は犠牲者の数が増加する事を恐れている。2010年5月27日
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/05/26/AR2010052602509.html
ルイジアナの湿地帯原油に塗れたペリカンは羽を羽ばたき乾燥させる無駄な努力をしている。岸辺の鳥達は顔を何回も続けて水溜りに潜らせるが(原油を)洗い流す事は出来ない。心だクラゲが列になってメキシコ湾に浮かんでいる。原油の痕跡がクラゲの胴体の中に見える。そして今メキシコ湾の大規模な流出した原油は岸辺に到達した。或る地域では(漂流している原油は)柔らかいファッジ(お菓子)の様に分厚く、其れは国内の素晴らしい自然の命の温床(nursery園芸店、保育園の事)の一つに大打撃を及ぼしている。自然界では原油は多彩な能力を持つ殺し屋である。其れはサンゴ礁を形成する小さな生き物を多い窒息させる。其れは湿地帯の草の葉から空気と太陽光線を遮って窒息状態にする。其れは鳥の羽毛を塊りにし飛べない状態にする。鳥は原油を取り除こうとして其れを飲み込んでしまう。

Toxic Oil Spill Rains Warned Could Destroy North America 24 May 2010
A dire report prepared for President Medvedev by Russia’s Ministry of Natural Resources is warning today that the British Petroleum (BP) oil and gas leak in the Gulf of Mexico is about to become the worst environmental catastrophe in all of human history threatening the entire eastern half of the North American continent with "total destruction". Russian scientists are basing their apocalyptic destruction assessment due to BP’s use of millions of gallons of the chemical dispersal agent known as Corexit 9500 which is being pumped directly into the leak of this wellhead over a mile under the Gulf of Mexico waters and designed, this report says, to keep hidden from the American public the full, and tragic, extent of this leak that is now estimated to be over 2.9 million gallons a day.
雨あられと降る様な毒性の原油漏れは北アメリカを破壊するかもしれないと警告する。(?此の部分の原文は英文になっていません?)2010年5月24日
http://www.eutimes.net/2010/05/toxic-oil-spill-rains-warned-could-destroy-north-america/
天然資源省によってメドヴェージェフ大統領の為に準備された報告書はメキシコ湾でのBPの原油とガスの流出は人類の歴史上最悪の環境カタストロフィーになりつつあり北アメリカ大陸の東半分を完璧な破壊の危機で脅かしていると今日警告している。ロシアの科学者達は彼らの黙示録的破滅の評価をメキシコ湾の海面下1マイルの油井の最上部で原油漏れに直接吹き込まれているBPの何百万ガロンに及ぶCorexit9500として知られている原油を拡散させる化学物質である媒介の使用を基にしている。此れは現在原油流出の見積量は毎日2百90万ガロン以上と見積もられている悲劇的な其のハッキリした規模をアメリカ公衆から秘密にされる様に計画されたと此の報告が述べている。


'Insurgents' at BP's HQ 24 May 2010
BP-Halliburton has executed a large-scale act of terror on US land and sea. Where are the 'insurgents' when you need them? They obviously should be at BP's HQ until there is no more BP HQ. (Facebook group)
BPの本部での反乱者達2010年5月24日
BPとハリバートンは大規模のテロリズム活動を合衆国内と海域で実行した。反乱者達は貴方が見つけたい時には何処に居る?彼等は勿論BPとハリバートンが存在しなくなる時までBPの本部に居る。

ejnews:  今日の記事の冒頭にある様にBPのメキシコ湾での原油漏れ事故は事故と言うよりも利益の為に安全を犠牲にした為に起こった事件で、自己の利益の為に環境や多くの人間の命や健康を奪うと言う大量破壊殺戮行為なので当然BPのCEOのトニー ヘイワードはテロリストとして逮捕状が出されるべきだと考えているアメリカ人も多いようです。アメリカには市民による犯罪者の逮捕と言う習慣があり、此れは連邦政府や州政府が犯罪者として追及しない市民の敵である悪人を地域住民が逮捕すると発表する象徴的な行為です。数年前ディックチェイニー元副大統領に対しても何処かの地方都市が市民による逮捕状を発表していました。其れとメキシコ湾岸の原油除去作業をしている作業員達が原油の揮発物によって次々と病気になっているそうですが、BPのCEOトニー ヘイワードは作業員の食べている食事が原因の食中毒の可能性があるといっておるのです!1989年のタンカー“エクソンヴァルデス号”事故での原油除去の為に働いていた人々が原油が原因で癌を含めた病気になった事実があるのですが(あの事故での清掃義務はBPに義務があったのです!)此のトニー ヘイワードと言う人は本当にpsychopath サイコパス(精神異常者)だ~!

 今日のミュージックは昔懐かしい(私の紹介する曲は何時も昔懐かしいのですが)ザ フィフス ディメンションの“アクエリアス/レッツ ザ サンシャイン イン”です。此の曲を懐かしいと思う人はかなりの歳だぞー!1969年だからね!
然し”ザ フィフス ディメンション”と言えばおいちゃんの若かった頃はオメ~!スゲー人気だったんだぞ!

The 5th Dimension - Aquarius/Let the Sunshine In


THE 5TH DIMENSION
ザ フィフス ディメンション


Aquarius / Let The Sun Shine In
アクエリアス/レッツ ザ サン シャイン イン


When the moon is in the Seventh House
And Jupiter aligns with Mars
Then peace will guide the planets
And love will steer the stars
This is the dawning of the age of Aquarius
Age of Aquarius
Aquarius!
Aquarius!
月が第7室に入った時
そして木星(ジュピター)が火星(マース)と一直線に一致する時
平和が地球を導く
そして愛が星を操る
此れは水瓶座(アクエリアス)の時代の夜明け
水瓶座の時代
アクエリアス
アクエリアス

Harmony and understanding
Sympathy and trust abounding
No more falsehoods or derisions
Golden living dreams of visions
Mystic crystal revelation
And the mind's true liberation
Aquarius!
Aquarius!
調和と理解
共感と信頼が溢れ
偽りと嘲りはもう存在しない
黄金の社会、夢の様に素晴らしい展望
神秘的クリスタルの黙示
そして心の本当の解放
アクエリアス
アクエリアス
When the moon is in the Seventh House
And Jupiter aligns with Mars
Then peace will guide the planets
And love will steer the stars
This is the dawning of the age of Aquarius
Age of Aquarius
Aquarius!
Aquarius!
Aquarius!
Aquarius!
月が第7室に入った時
そして木星(ジュピター)が火星(マース)と一直線に一致する時
平和が地球を導く
そして愛が星を操る
此れは水瓶座(アクエリアス)の時代の夜明け
水瓶座の時代
アクエリアス
アクエリアス
アクエリアス

Let the sunshine, let the sunshine in, the sunshine in
Let the sunshine, let the sunshine in, the sunshine in
Let the sunshine, let the sunshine in, the sunshine in
レッツ ザ サンシャイン、レッツ ザ サンシャイン イン、レッツ ザ サンシャイン イン

Oh, let it shine, c'mon
オー、太陽を輝かせよう、カムオン
Now everybody just sing along
さあ一緒に皆歌って!
Let the sun shine in
太陽の光を内に入れ
Open up your heart and let it shine on in
貴方の心を開き太陽の光を当てよう
When you are lonely, let it shine on
貴方が独りぼっちの時、太陽を輝かせよう
Got to open up your heart and let it shine on in
貴方の心を開かなければならない、そして太陽の光を当てよう
And when you feel like you've been mistreated
そして貴方が不公平に取り扱われていると感じた時
And your friends turn away
そして貴方の友達が貴方に背を向けた時
Just open your heart, and shine it on in
貴方の心を開き、太陽の光を当てよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

環境汚染は地球を滅ぼす。

Trash Found Belly of Beached Whale
海岸に打ち上げられた鯨のお腹の中に塵が見つかる。




It is a disturbing discovery on this Earth Day. Scientists examining a whale that died near Seattle found its stomach was filled with trash. The 33-foot long gray whale died a week ago in the Puget Sound, cause of death unknown. But in its stomach, scientists found towels, sweat pants, plastic bags, surgical gloves, even a golf ball.
今回のアースデイにはギョッとさせる発見です。シアトルの近くで死んだ鯨を調べていた科学者が其の鯨の胃は塵でいっぱいになっているのを発見したのです。此の33フィートのコク鯨は1週間前ピュージット湾(入り江)で死んだのですが死因は不明です。然し其の(鯨の)胃の中にはタオル、スエットパンツ、ビニール袋、手術用手袋、そしてゴルフボールまでも科学者達は見つけたのです。

ejnews: 此の前は海水に存在するビニールやプラスチック塵の小動物への影響のビデオを紹介しましたが今日は鯨です。

BP's CEO Tony Hayward: 'We had too many people that were working to save the world'
BPのCEOトニーヘイワード:我々の会社には世界を救う為に働いていた人々が多すぎた“



ejnews: 彼は『BPには地球を救う為に働いている人が多過ぎた。重要な目的は株主の為に利益を出す事で、其の為には世界の面倒を見なければならないが重要な目的は地球を救う事ではない。』と言っています。そうですね。本当に利益の為には地球を救う気持ちはない様です。それどころか歴史を振り返ると地球を破壊してまで利益を追求する企業がBPのようです。
 日本でもニュースになったと思いますがオバマ政権がBPの犯罪捜査をする事に決めたそうで其の為BPの株値が暴落したと言う話です。其れと、トニーヘイワードはマタマタ失言?本音?をラジオのインタヴューで言ってしまい被害を受け居ている地域のアメリカ人はもうカンカンに怒っています。彼は『私以上に此れが終わって欲しいと望んでいる人間は居ない。私は(私の平常な)生活を取り戻したいよ!』等とホザイタのです。メキシコ湾岸の漁師達は彼等の生活の基盤を完全に失い、清掃活動に従事している漁師達は原油からの揮発性毒物の為病気になり、多くの生物が絶滅の危機に追い込まれ、湾岸の環境は破壊されているにも拘らず此のトニーヘイワードは“自分の平和な生活を取り戻したい”等と本当に利己的な性格丸出しの発言を平気でしているのです。

 人類が化学物質や石油から作られるプラスチックやビニールの完全なリサイクルを達成しない限り地球には人間の住める環境が無くなってしまうのではないでしょうか?

 今日のミュージックはホセ フェリシアーノのウステ(貴方)です。フェリシアーノはListen To The Falling Rain(“降っている雨に耳を傾ける”日本では単に“雨Rain”と言う名前で紹介されていたと思いますが?)と言うヒット曲が私の中学時代の頃日本でも有名になりましたが今日は“ウステ(貴方)”です。


Jose Feliciano - Usted
ホセ フェリシアーノ----貴女


Jose Feliciano - Usted
スペイン語
Usted es la culpable
De todas mis angustias, y todos mis quebrantos
Usted lleno mi vida
De dulces inquietudes, y amargos desencantos

Su amor es como un grito
Que llevo aquí en mi alma y aquí en mi corazón
Y soy aunque no quiera
Esclavo de sus ojos, juguete de su amor

No juegue con mis penas, ni con mis sentimientos
Que es lo único que tengo
Usted es mi esperanza, mi ultima esperanza
Comprenda de una vez

Usted me desespera
Me mata, me enloquece
Y hasta la vida diera por vencer el miedo
De besarla a usted

Su amor es como un grito
Que llevo aquí en mi alma y aquí en mi corazón
Y soy aunque no quiera
Esclavo de sus ojos, juguete de su amor

No juegue con mis penas, ni con mis sentimientos
Que es lo único que tengo
Usted es mi esperanza, mi ultima esperanza
Comprenda de una vez

Usted me desespera
Me mata, me enloquece
Y hasta la vida diera por vencer el miedo
De besarla a usted

Usted me desespera
Me mata, me enloquece
Y hasta la vida diera por vencer el miedo
De besarla a usted

英語訳
You are the guilty one
Of all my anguishes, and all my damages
You filled my life
with sweet anxieties, and bitter disenchantments(disappointment)
貴方のせいだ
私の全ての不安と全ての傷
貴方は私の人生を
甘い不安と苦い失望で満たした

Your love is like a cry
That I carry here in my soul and here in my heart
And although I do not want
I am a slave to your eyes, a toy of your love
貴方の愛は叫びの様だ
そして貴方の愛は私の魂と心の中に今も在る
そして私の意志に拘らず
私は貴方の瞳の奴隷で貴方の愛の玩具なのです

Don't play with my pain, or my feelings, which is the only things I have
You are my hope, my last hope
Please understand
私の心の苦痛や感傷を弄ばないで下さい。其れだけが私の物なのですから。
貴方は私の希望、最後の希望
どうぞ分かって下さい。

you make me despair, kill me, make me crazy
and until giving life to overcome fear
to kiss you
貴方は私を失望させる。私を徹底的にガッカリさせる。私を狂人の様に苦しめる。
そして貴方へ口づけをする為に恐れを克服する勇気が得られるまで。

your love is like a cry
That I carry here in my soul and here in my heart
and although I do not want
I am a slave to your eyes, a toy of your love
貴方の愛は叫びの様だ
そして貴方の愛は私の魂と心の中に今も在る
そして私の意志に拘らず
私は貴方の瞳の奴隷で貴方の愛の玩具なのです

Do not play with my sorrows, nor with my feelings
That is all I have
You are my hope, my last hope
Please understand
私の心の苦痛や感傷を弄ばないで下さい。其れだけが私の物なのですから。
貴方は私の希望、最後の希望
どうぞ分かって下さい。

you make me despair, kill me, make me crazy
and until giving life to overcome fear
to kiss you
貴方は私を失望させる。私を徹底的にガッカリさせる。私を狂人の様に苦しめる。
そして貴方へ口づけをする為に恐れを克服する勇気が得られるまで。

you make me despair, kill me, make me crazy
and until giving life to overcome fear
to kiss you
貴方は私を失望させる。私を徹底的にガッカリさせる。私を狂人の様に苦しめる。
そして貴方へ口づけをする為に恐れを克服する勇気が得られるまで。

スペイン語から英語に訳して日本語に訳しているので意味が合っているのかどうか自信がありませんがスペイン語が堪能な方のコメント期待しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。