スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンでもねー話だぜ!

Regulators Accepted Gifts From Oil Industry,
Report Says
当局の取締官達は石油業界から収賄を受けたと報告書は明らかにしている


http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704026204575266112115488640.html

WASHINGTON—Employees of a federal agency that regulates offshore drilling—including some whose duties included inspecting offshore oil rigs—accepted sporting-event tickets, meals, and other gifts from oil and natural-gas companies and used government computers to view pornography, according to a new report by the Interior Department's inspector general.
The report—published Tuesday on the inspector general's website—describes a culture in which inspectors assigned to the Lake Charles, La., office of the Minerals Management Service have moved with "ease" between jobs in industry and government, drawing on relationships that formed "well before they took their jobs" with the agency.
ワシントン-------米内務省の監察長官の新しい報告によると(原油の)海洋掘削を監視する連邦政府関係機関の監視員-----それらの幾つかは海洋油田掘削リグの検査が含まれる彼等の義務が含まれている--------はスポーツ観戦、食事、そして他の贈り物を石油、天然ガス企業から受け、又ポルノを見る為に政府のコンピューターを使用したとされる。
此の報告----監察長官のウエッブサイトに火曜日に発表された------は鉱物資源管理局のルイジアナ州レイクチャールズに配属された監視官達が彼等が鉱物資源管理局の職に付く遥か以前に作り出した関係の影響力を利用して企業と政府の職の間を“自由に”渡り歩いていた習慣を描写している。

Although the report says that "all of the conduct" examined in the report is "dated" and occurred prior to 2007, its publication comes at a sensitive time, with Interior Secretary Ken Salazar scheduled to testify before Congress Wednesday on his plan to restructure the agency following the April 20 explosion of the Deepwater Horizon oil rig. The accident led to the deaths of 11 workers and to the spillage of thousands of barrels of oil into the Gulf of Mexico each day.
此の報告で調べられている“これ等全ての行為”は“過去のもので”2007年以前に発生したものだが此の発表のタイミングは、内務省長官ケンサラザールがディープウオーターホライゾン(メキシコ湾のBP海底油田採掘リグ事故でリグをBPにリースしている会社)の石油掘削リグの4月20日の爆発を追って機関の再編成について彼の計画を水曜日に議会で証言する微妙な時期に成された。事故は11人の死亡者と、そして毎日何千バレルものオイルのメキシコ湾への流出の原因となった。

Mr. Salazar said he has asked the inspector general to expand her investigation to determine whether any of "this reprehensible behavior" persisted after the department implemented new ethics rules in 2009.
サラザー氏は監察長官に此の非難されるべき行為が鉱物資源管理局が2009年に新しい倫理規則を実施した後にも存続したのかどうか彼女(現在の監察長官は女性)の捜査を拡大する事を要請した。

The inspector general's report doesn't specify how many MMS staffers accepted gifts from the oil industry, but says "this behavior appears to have drastically declined" since a former MMS supervisor, Don Howard, was terminated from the agency in 2007.
監察長官の報告は何人の鉱物資源管理局員が石油企業から贈り物を受けたのか明快に述べてはいないが2007年に元鉱物資源管理局監督ドンハワードが局から解雇された後“此の行動は極端に減少した”と述べている。

Mr. Howard, the former regional supervisor of the Gulf of Mexico region for MMS, pled guilty and was sentenced to a year's probation in federal court in New Orleans last year for lying about receiving gifts from an offshore-drilling contractor.
昨年、鉱物資源管理局のメキシコ湾地方の元地域監督官ハワード氏は偽証と海底油田採掘コントラクターからの収賄で有罪を宣言し長期間の執行猶予をニューオーリンズの裁判所で宣告された。

Among other things, the report says that in 2005, 2006 and 2007, MMS employees attended a number of events either organized or partly funded by various offshore companies, including hunting and fishing trips and, golf tournaments. It quotes an industry official as describing how he arranged for two MMS inspectors to fly with him on a friend's plane to the 2005 Peach Bowl and to get tickets to the game.
其の他にも、鉱物資源管理事局の職員達は2005年、2006年そして2007年、種々の海底油田採掘企業により組織されたか若しくは一部資金が提供された狩猟、釣り旅行そしてゴルフトーナメントを含む多くのイベントに出席していた。2人の鉱物資源管理局監査官を友人の飛行機で2005年のピーチボール(フットボールの試合)に行き、そして入場券を買ったかを業界の役員が説明するのを(此の報告は)言及している。

The report also describes one MMS inspector as having admitted to using crystal methamphetamine, and says investigators found "numerous instances" of pornography and "other inappropriate material" on the email accounts of 13 MMS employees, six of whom have resigned.
此の報告は又鉱物資源管理局の監察官がクリスタルメスアンフェタミン(非合法薬物)の使用を認め、そして捜査官が“極めて多くの回数”のポルノと“他の不適切な物”を6人は辞職している13人の鉱物資源管理局職員のE-メイルで発見した事を説明している。

In a written statement Tuesday, Mr. Salazar said some of the employees referred to in the inspector general's report have resigned, been terminated, or referred for prosecution. He added that any remaining staffers accused in the report of questionable behavior will be placed on administrative leave pending the outcome of a personnel review.
此の観察長官の報告にある職員の中の数人は辞職、若しくは解雇、基礎処分されているとサラザール氏は火曜日、声明書で述べている。疑問のある行動を取ったと非難されている残りの職員は審理中の人事考課の結果まで休職処分にされるとサラザール氏は付け加えている。

In 2008, another report by the inspector general concluded that MMS employees assigned to a royalty-collection office in Colorado created a "culture of ethical failure" by accepting gifts from, and in some cases having sex with, industry representatives.
2008年の他の報告によると監察長官はコロラド州の鉱山使用料集金部門に配属された職員が贈り物を受けそして幾つかの場合には業界の代表者と性行為をして“倫理的な退廃の習慣”を作り出していたと結論付けていた。

Following the inspector general's report, the Interior Department took disciplinary action against more than a half dozen MMS workers, with punishments that ranged from a warning letter to termination.
監察長官の報告の後内務省は6人以上の鉱物資源管理局職員に対して警告書から解雇にいたる処罰の懲戒処分を行った。

The latest report does not attempt to link the alleged activities of MMS employees in the Lake Charles office to the accident involving the Deepwater Horizon oil rig. It does, however, say that an unnamed "confidential source" told investigators that some MMS inspectors had allowed petroleum company workers to fill out inspection forms in pencil.
最も最近の報告はレイクチャールズの鉱物資源管理局職員の疑惑を持たれている行動とディープホライゾンの石油掘削リグに関する事故とを結びつけ様とはしていない。然し、或る鉱物資源管理局の調査官達は石油会社の社員に(鉱物資源管理局の)調査書類へ鉛筆で書き込む事を許可していたと或る匿名の“信頼出来る秘密の情報提供者”は語っていたと此の報告書は述べている。

According to the unnamed source, the forms would then be completed by MMS inspectors who would write on top of the pencil in ink. The report doesn't establish whether the allegation is true, saying that despite reviewing more than 550 files, investigators "could not discern if any fraudulent alterations were present."
匿名の情報提供者によれば、其の書類は(石油会社の社員が鉛筆で書き込んだ)後に鉱物資源管理局の調査員によって鉛筆の書き込みの上にペンで書き込んで完成されていた。此の(最近の監察長官の)報告は550以上のファイルを検討したにも拘らず調査官達は“不正な修正が存在したのかどうか判別する事が出来ない”と述べ、此の疑惑が真実かどうか確定はしていない。
Write to Stephen Power at stephen.power@wsj.com

ejnews:BPのメキシコ湾での海底油田事故は未だに解決出来ず、然も政府とBP等の石油企業との癒着等が公になり、自由市場経済主義(ネオリベラリズム)と言う企業に何の法的規制の無い経済政策は2008年に起こり現在まで続いている金融危機だけでなく、此のメキシコ湾の海底油田事故の様な環境破壊も引き起こしてしまう全く無責任で企業の重役や投資家だけが金銭的利益を受けると言う非常に馬鹿げた偽経済主義か詐欺と言う事が一般庶民にも現実問題として実感される様になってきました。
 現在の大企業若しくは多国籍企業は彼等は何処の地域の一員でもなく“彼等はエイリアンの様に空に舞い上がり其処から地上を眺め、あそこの私の石炭の上に住んでいる奴等は一体何をしているんだ?と言い出した”と アルンダッティ ロイがインドの少数民族の居住地域に埋蔵されている石炭等の地下資源について言った様に、彼等企業人は地球の資源を人間社会の共有物ではなく企業と株主の私有物として考えている様で、其の上環境汚染で何千何万の人々が居住地区を失い病気になり野生の動物達を絶滅の危機に追いやっても金銭的利益が出て入れさえすればどの様な犯罪行為を犯しても利益を追求する心算なのでしょう。
http://www.huffingtonpost.com/kevin-grandia/bp-ceo-hayward-we-had-too_b_585610.html
2009年7月のカリフォルニア州スタンフォードビジネススクールでの講義でBPのCEOトニーハワードはBPは彼がCEOの地位に就く前にはBPは間違った方向に向かっていた“何故なら多すぎる人員が地球を救う為に働いていたからだ。”(In July 2009, at a lecture to the Stanford Business School, the CEO of British Petroleum Tony Hayward explained to attendees that BP was going in the wrong direction before he took over as CEO because, "we had too many people that were working to save the world.")等と講演していたのが明らかになり、今回のメキシコ湾の海底油田事故はトニー ヘイワードに率いられたBPの企業の環境を無視する文化が原因になっているのでしょう。BPのトニー ヘイワードがメキシコ湾岸の汚染を視察に訪れた時のビデオを紹介しておきます。此処での原油汚染と戦っている人々やカメラマンへの彼の傲慢な態度を見るとやはりこんな事故を起こす企業のCEOだと思いませんか?
 その他のBP関係のニュースでは、流出している原油を処理する為に散布している薬品が非常に毒性が強く英国で使用禁止になっている薬品なのですがアメリカ政府が此の薬品使用の停止を要請してもBPは全く従う様子が無いとか、BPのメキシコ湾海底石油採掘リグ事故の海への影響が撮影されたビデオが少ないのはBPがジャーナリストやカメラマンを事故海域で自由に取材させない様に特別の団体を使って現場で取材の妨害をしている言うニュースもあります。
BPに関係する製品は全てボイコットしましょう。



そして今日のミュージックはAll of me(私の全て)ですYoutube見つかった一番古いAll of meはアメリカのスイートハートと呼ばれたRuth Ettingルースエティングでした。彼女は1920年~30年代の女優歌手で60曲にも及ぶヒット曲を出し映画、公演と活躍した人でしたが離婚と元夫による新しい夫の殺人未遂裁判が原因で彼女のキャリアは40年代で終わってしまうんですが彼女は1978年(80歳)まで長生きされたそうです。ちなみに1955年のジェームスキャグニーとドリスデイ主演の映画『Love Me Or Leave Me(ラヴ ミー オア リーヴ ミー)』はルース エティングの話だそうです。上からルース エティング、ビリー ホリディ、ダイナ ワシントン、エラ フィッツジェラルド、そしてサラ ヴォーンの順番です。

All Of Me
私の全て

Words and Music by Seymour Simons and Gerald Marks
Recorded by Ruth Etting in December, 1931

You took my kisses and all my love
You taught me how to care
Am I to be just remnant of a one side love affair
貴方は私の口づけと私の愛全てを盗んでしまった
貴方は私にどの様に人を気遣うかも教えてくれた
私は片思いの唯の面影になる筈

All you took
I gladly gave
There is nothing left for me to save
貴方の盗んだ物は
私は喜んで貴方に捧げた
もう何も守る物は私には残っていない

All of me
Why not take all of me
私の全て
如何して私の全てを盗んでしまわないの?
Can't you see
I'm no good without you
解からないの?
貴方無しに私は駄目なの。
Take my lips
I want to loose them
Take my arms
I'll never use them
私の唇を盗んで
私は其れを失いたいの
私の腕を盗んでしまって
私は二度と使わないから
Your goodbye left me with eyes that cry
貴方のさよならは私に泣くための目を残していった
How can I go on dear without you
如何して愛おしい貴方無しで行き続ける事ができるのでしょうか?
You took the part that once was my heart
So why not take all of me
貴方は昔私の心だった部分を盗んでしまった
だから私の全てを盗んでは如何?
(其れなのに如何して私の全てを盗んでくれないの?)

Ruth Etting - All of me (1931)


Billie Holiday - All Of Me (Extended Version) / The Man I Love


Dinah Washington - All of Me


1984 Ella Fitzgerald: All of Me (1)


sarah vaughan all of me


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

I remember you(貴方の事を覚えています)

I remember you
Johnny mercer (歌詞)ジョニー マーサー(演奏 ヴォーカル) チェトベイカー




I remember you
Johnny mercer

Was it in Tahiti?
Were we on the Nile?
Long, long ago,
Say an hour or so
I recall that I saw your smile.

I remember you-ooh
You're the one who made my dreams come true
A few kisses ago
あれはタヒチだった?
それともナイル河に私達はいたの?
とっても昔
1時間ほど前だったかな
貴方の微笑を見た事を覚えている。
貴方を覚えている
私の夢を現実にした人は貴方
数回のキスの過去に

I remember you-ooh
You're the one who said "I love you, too"
Yes, I do, didn'tcha know?
あなたを覚えている
私もあなたの事を愛してると言った人は貴方
勿論覚えている。知らなかった?

I remember, too, a distant bell and stars that fell
Like the rain out of the blue-ooh-ooh-ooh-hoo-hoo-hoo
遠くで聞こえる鐘の音や流れ星の事も覚えている
突然の雨の様に

When my life is through
And the angels ask me to recall
The thrill of it all
Then I will tell them I remember you-ooh
私の人生の終わりに
そして天使達が私に全てのスリルの中で何を覚えているかと聞いた時
私は貴方の事を覚えていると天使達に答えるだろう

I remember, too, a distant bell and stars that fell
Just like the rain out of the blue-ooh-ooh-ooh-hoo-hoo-hoo
遠くで聞こえる鐘の音や流れ星の事も覚えている
本当に突然の雨の様に


When my life is through
And the angels ask me to recall
The thrill of it all
Then I will tell them I remember, tell them I remember
Tell them I remember you
私の人生の終わりに
そして天使達が私に全てのスリルの中で何を覚えているかと聞いた時
私は貴方の事を覚えていると、覚えていると、覚えていると天使達に答えるだろう。

ejnews: 今週はつまらない野暮用で旅をしておりまする。ニュースの翻訳時間が無いので歌詞の翻訳で御茶を濁しています。アメリカのニュースについては悪い事続きで庶民にとっては相変らず良いニュースはありません。BPの海底油田事故が相変らず重要なニュースの一つです。オバマ政権は此の事故にも拘らずメキシコ湾での17箇所の石油採掘を許可していると言うニュースがあります。トンデモネエー話じゃねーかよー!(龍馬風に行くと“まっことしょう呆れて物が言えんぜよ!)となります。
I remember you(“貴方の事を覚えています”“貴方を覚えている”)はジョニーマーサーの有名な歌詞で多くの有名なシンガーによって歌われ続けている名曲で、私が好きなのはチェットベイカーとDinah Washingtonダイナワシントンのヴァージョンです。ジョニーマーサーjohnny mercerはアメリカの有名な作詞家で彼の詩は多くのシンガーによって歌い続けられています。
では、そう言う事で今日はこの辺で。日本の皆さん希望を失わないで職業、収入、人種等の違いを乗り越えた御互いに尊敬し合える社会を築く努力を続けましょう!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

環境汚染についての11の事実。

11 Facts about Pollution
環境汚染についての11の事実。


http://www.dosomething.org/tipsandtools/11-facts-about-pollution

40% of America’s rivers and 46% of America’s lakes are too polluted for fishing, swimming, or aquatic life.
40%の河川と46%の湖は釣り、水泳そして水生生態系にとっては汚染され過ぎている。

The Mississippi River – which drains the lands of nearly 40% of the continental United Sates – carries an estimated 1.5 million metric tons of nitrogen pollution into the Gulf of Mexico each year. The resulting dead zone in the Gulf each summer is about the size of Massachusetts.
アメリカ大陸の殆ど40%の排水を受け入れるミシシッピ河は約150万トンと見積もられているナイトロジン(窒素)汚染を毎年メキシコ湾に注ぎ込んでいる。其れは毎夏マサチューセッツ州と同じ広さの死の海域をメキシコ湾に作り出している。

1.2 trillion gallons of untreated sewage, storm water, and industrial waste are discharged into US waters annually.
1兆2千万ガロンの処理されていない下水、洪水用排水溝からの排水、工業排水が米国の河川、湖沼、海に排出されている。

Polluted drinking waters are a problem for about half of the world’s population. Each year there are about 250 million cases of water-based diseases, resulting in roughly 5 to 10 million deaths.
汚染された飲料水は世界の半分の人口の問題である。毎年結果として約5百万~1千万人が死亡する(汚染された)水が原因による2千5百万件の病気が発生している。

Vehicle exhaust contributes roughly 60% of all carbon monoxide emissions nationwide, and up to 95% in cities.
自動車の排気ガスは約60%の一酸化炭素総排出量に加担していて、其れは都市では95%にまでなる。

Large hog farms emit hydrogen sulfide, a gas that most often causes flu-like symptoms in humans, but at high concentrations can lead to brain damage.
大規模養豚場は人間にインフルエンザの様な症状を起こさせる硫化水素を発散させている。然し、高濃度の硫化水素は脳障害を起こす可能性がある。

Each year, U.S. factories spew 3 million tons of toxic chemicals into the air, land, and water.
毎年米国の工場は3百万トンの毒性化学物質を大気中に、土壌に、そして河川、湖沼、海に吐き出している。

In the U.S. 41% of all insecticides are used on corn. Of these, 80% are used to treat a pest that could be controlled simply by rotating a different crop for just one year.
米国では全ての殺虫剤の41%は玉蜀黍に使われている。其の中の80%は1年だけ(玉蜀黍ではない)別の農作物を栽培する事によって解決される害虫に使用されている。

Every year, one American produces over 3,285 pounds of hazardous waste.
毎年アメリカ人は一人当たり3285ポンドの危険な塵を作り出している。

Over 80% of items in landfills can be recycled, but they’re not.
全ての土中に埋められる塵の80%はリサイクリングが可能だがリサイクリングされていない。

Americans generate 30 billion foam cups, 220 million tires, and 1.8 billion disposable diapers every year.
アメリカ人は300億カップの発泡スチロールカップ、1億2千万のタイヤ、18億の使い捨てダイパー(オムツ)を毎年製造している。

ejnews: メキシコ湾のブリティッシュペトロリウム(BP)の海底油田からのオイルの流出は環境に大きな被害を及ぼし4月30日から現在までの期間に18匹の海豚、183匹の海亀の死体が発見されているとのことですが-----------海底油田の掘削装置をBPにリースしているTransocean Ltd(トランスオーシャンLtd) http://blog.al.com/live/2010/05/oil_spill_rig_owner_transocean.html は株主に10億ドルの配当金を支払うと言う事です。此の会社もドゥバイに本部を移したHalliburton(ハリバートン)の様に本部をアメリカから海外に移転した会社の一つでなのですが、如何して本部を海外に移転するのかと言う理由は米政府に税金を払う必要がないとか犯罪捜査等で米国での証言の義務がなくなるとか色々企業にとっては都合の良い事が多いからだそうです。
兎に角、此のBPの海底油田事故は大西洋まで原油が流れ込む恐れもあるそうで将来種々の魚が絶滅状態になるのでは無いかとも心配されています。
海の環境破壊は海底油田だけが原因ではなく
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-36.html での記事にもある様に使い捨てにされるプラスチックやビニール等も海洋環境破壊の大きな原因の一つです。
Charles Moore - the Great Pacific plastic trash island

此処では使い捨て文明による環境破壊と人間だけが有機的に分解出来ない塵を作り出しプラスチックやビーニールは其の典型でアメリカでは2百万本のプラスチックボトルが毎分間に製造されボトルはリサイクル可能だがボトルのキャップはプラスチックの成分の違いによりリサイクルされない。日本から流れ出したプラスチックの塵はミッドウエー島に20年後に流れ着きアホウドリが食べ物と間違えて飲み込み雛に与えミッドウエーではビデオにある様にプラスチックを食べた雛の死骸が至る所に見られる。特にボトルキャップは鳥の食物と間違えられる。アルミ缶を一纏めにしているプラスチックも問題で此処に見られる亀等の犠牲者が多い。カリフォルニアのロングビーチ市の或る海岸清掃の日にヴォランティアの子供達によって集められたボトルキャップが此のビデオで紹介されている。トロール網によって集められた海中の浮遊物の中にはプランクトンよりもプラスチックの破片が多くハワイの偽大統領である可能性の高いジョージブッシュの訪れた海岸もプラスチックだらけである。多くの魚はプラスチックの破片を食べ物と勘違いして飲み込み、3分の1以上の魚の胃にプラスチックの塵が見つかり、プラスチック塵が消化器官内で見つかった最高記録は2,5インチの魚の消化器官内に84個の細切れのプラスチック塵が飲み込まれていた。オルガニック野菜や食肉は買えるかもしれないがオルガニックの魚はもう存在しない。使い捨て文明を止めない以外我々の健康な地球環境は取り戻せない。

World biggest garbage dump - plastic in the Ocean

海豚は魚を食べ魚はプランクトンを食べて育つ。然し環境中で自然に分解しないプラスチックはビニールは単に粉砕されサイズが小さくなるだけで海中ではプランクトンと間違えられて魚や鳥に食べられてしまう。太平洋の海域でトロール網で集めたサンプルには1ポンドのプランクトンに対して6ポンドのプラスチックの微細な塵が含まれていた。どの海域の調査結果にも微細プラスチック塵が含まれている。今のところプラスチックが人工ホルモンとして海鳥や魚に与える影響を研究している科学者は居ない。此処ではプラスチックボトルの蓋を餌として間違えて飲み込み雛に与えた例が紹介されている。カリフォルリニアのサンゲイブリアル地域の大雨の後海水を調べるとやはりプラスチック塵の破片が大量に見つかるが褐色のプラスチック塵は非常に少ない。理由は褐色の微細プラスチック塵はオキアミとして勘違いされ鳥や魚等の海生動物に捕食されるからだ。又楕円形のプラスチック微細塵は魚等の卵と間違われて捕食される。又海中のプラスチック塵はPCBやDDE等の毒物を吸収し易くプラスチック塵の表面は海水と比較して100万倍の疎の様な人工的化学物質が濃縮されている。海は人工的な塵が毎日凝縮され続けている。

そして今日のミュージックはあの懐かしいルイ プリマ“ジャスト ア ジゴロ”



ルイ プリマと言っても馴染みの無い方には此れ
I wanna be like you - The Jungle Book


そして暇のある方は http://www.youtube.com/watch?v=rV8HrpOu1FA此れもどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

アリゾナ州政府による人種差別

Apartheid Hits Arizona
アパルトヘイト、アリゾナを襲う。


http://news.newamericamedia.org/news/view_article.html?article_id=47febd4805ce4d7a5fa35512682b9eb1

New America Media, Commentary, Roberto Dr. Cintli Rodriguez, Posted: May 06, 2010

TUCSON HIGH SCHOOL: As I prepare to speak to an innovative class here about indigenous philosophies, the students begin their class in the following manner:
ツーソン高校:私が此処の創造的クラスでの先住民族哲学についてのスピーチを準備している時生徒達は下記の様にクラスを始めていた。

In Lak Ech – Tu eres mi otro yo – You are my other self. I am you and you are me. If I hurt you, I hurt myself. If I hate you, I hate myself. If I love and respect you, I love and respect myself.
イン ラック エック--‐ツ エレス ミ オートロ ヨ-----貴方は別の私自身です。私は貴方そして貴方は私。若し私が貴方を傷つけたら私は私自身を傷付ける。若し私が貴方を憎むなら私は私自身を憎む。若し私が貴方を愛し尊敬すれば私は私自身を愛し尊敬する。

Students here, part of the Tucson Unified School District’s highly successful Mexican American Studies (MAS) K-12 program, the largest in the nation, are taught this and other indigenous concepts, including how to measure time by the Aztec and Mayan calendars. Not coincidentally, academically, MAS students -– many of whom were doing poorly prior to entering this program -– consistently outperform their peers. It is virtually a college-bound factory.
此処の生徒達は全国で最大のツーソン統一学校区の非常に成功しているメキシコ系アメリカ研究(MAS)K-12プログラムに属していて、彼等はアズッテックとマヤの暦での時間の計り方を含め、そして上記や他の先住民族のコンセプト(概念)を習っている。MASの生徒達は偶然ではなく------------多くは此のプログラムに参加前は他の生徒達と比べると成績で劣っていた----------他の同年代の生徒達を成績で上回っている。其れ(MAS)は実質的に大学生を作り出す工場である。

But in the state capital, Phoenix: Arizona’s state superintendent of schools Tom Horne has just engineered the passage of a new draconian state law, HB 2281, that would eliminate all funding for ethnic studies programs.
然し州都フェニックス市ではアリゾナ州教育最高責任者トムホーンが全ての民族研究プログラムの資金を廃除してしまう必要以上に厳しい法HB2281の法化をでっち上げた。

Five hundred and eighteen years after Columbus initiated the theft of a continent, Horne, the state's would-be governor, is using the passage of HB 2281, to perpetuate the notion that indigenous peoples and indigenous knowledge remain outside of western civilization.
コロンバス(コロンブス)が大陸を盗み取る行為を始めた518年後、州知事になる願望を抱いているホーンはHB2281の法化を利用し、先住民族と先住民族の知識が西欧文明の外部に留まるという概念を永続化している。

This is the same state that recently passed the racial profiling SB 1070 law; the primary targets would be Mexicans and Central Americans with indigenous features, suspected of being “illegal aliens.”
此れは最近人種プロファイリングSB1070法を法化した同じ州である。此の基本的な目標は非合法異邦人と疑われる先住民族の容姿のメキシコ人と中米人である。

racial profiling レイシャル プロファイリング:人種的外見に頼って判断する行為。此処では先住民族の血の濃い様な容姿の人はアメリカ国籍を持っていないと判断する行為。アメリカ南西部諸州はアングロサクソンやアイルランド、スコットランド、系が移民し合衆国に併合される以前にはメキシコ領でスペイン人とアメリカ先住民族の混血が併合以前から多いにも拘らず肌の色や容姿でアメリカ人ではないと判断する差別。米合衆国ではracial profilingは違法なのですが--------。

Despite the success of the MAS program, Horne has long expressed the view that the only things that should be taught in Arizona schools are lessons that originate in western or Greco-Roman civilization. While his bill affects the whole state, his primary target has long been Tucson’s program.
MASプログラムの成功にも拘らずホーンはアリゾナの学校で教えられる物事は西欧かグレコローマン文明に起源を持つ授業で無ければならないと言う視点を長く表明して来た。彼の法案は州全体に影響するのではあるが彼の第一の目標は昔からツーソンのプログラムであった。

Through the bill, Horne mischaracterizes the program by claiming that its teachers preach hate, segregation, anti-Americanism and the violent overthrow of the government. The bill sets up an inquisitorial mechanism that will monitor books and curricula. Horne has been especially critical of Rudy Acuña’s "Occupied America: A History of Chicanos" and Paolo Freire’s "Pedagogy of the Oppressed."
此の法案を通し、ホーンは先生達は憎しみ、人種分離、反アメリカそして暴力による政府転覆を説いていると主張し此のMASプログラムについて故意に間違った説明をしている。此の法案は教科書とカリキュラムをモニターすると言う調査的機能を造り上げる。ホーンは特にルディークーニャの著書『占領されているアメリカ:チカノ達の歴史』とパオロフライアーの著書『抑圧されている者の教育学』に批判的である。

This is not the only effort to punish indigenous peoples in Arizona's educational system. Separately, the Arizona Department of Education has banned teachers with heavy accents from teaching English classes.
此れはアリゾナ州の教育システムに属している先住民族を罰しようとする努力だけではない。此れとは別にアリゾナ州教育部門は強い訛のある先生を英語のクラスから締め出している。

Welcome to Apartheid Arizona.
アパルトヘイト化されたアリゾナへようこそ。


Tucson federal courthouse: Like clockwork, at 1:30 p.m., 70 short, brown men (and sometimes a few women) occupy the left side of the courtroom, shackled at the ankles, the waist, and the wrists. Within one hour, they are charged, tried and convicted en masse of being illegally present in the United States. After being dehumanized, they are then paraded out of the courtroom. Most have either served or are sentenced to the private detention facility, operated by the Correctional Corporation of America (CCA). This drama unfolds every day here except Saturday and Sunday, every week of the year.
ツーソンの裁判所、時計仕掛けの様に午後1時30分に70人の背の低い褐色の男達(時には女達も)足首、腰、手首に枷をかけられ裁判室の左側を占めている。1時間以内に彼等は集団で告訴され裁判にかけられ違法に合衆国に居ると言う事で有罪の判決を受ける。非人間的な扱いを受けた後彼等は裁判室から列を作って見世物の様に送り出される。彼等の殆どはコレクショナルコーポレイションオブアメリカ(CCA)の民営の拘置所へ入所もしなければ拘置の判決も受けない。此のドラマは年間を通して毎週土曜日曜を除いて毎日繰り広げられている。

Welcome to Operation Streamline. Its goal is to criminalize every migrant that steps into this kangaroo court, while enriching CCA to the tune of $15 million per month.
ストリームライン作戦へようこそ。此のゴールはCCAに毎月1500万ドルと言う利益を上げさせていると同時に、此のカンガルーコートに入って来る移民を全て犯罪者にしてしまう事である。

Southside Tucson: Several days before the state legislature passes SB 1070, a massive raid involving 800 military-clad U.S. federal agents swoops into this primarily Mexican-indigenous community, occupying and terrorizing its residents, all for the purpose of arresting 48 suspects in a human smuggling operation.
ツーソンの南部:州議会が此のSB1070を通過させる数日前、800人の軍服姿の連邦調査員を動員した大規模な捜査が主にメキシコ系先住民族の居住地で占領し住人達を恐怖に陥れて行われた。此の全ては密入国行為(人間の密貿易)の48人の容疑者逮捕が目的であった。

Maricopa County: While Sheriff Joe Arpaio denies a racial motivation, over the weekend, he showcases his 15th major “crime sweep” since early 2008 in Phoenix. The sweeps -– which target Mexican-indigenous communities -– may have actually backfired. They provide a glimpse to the world of how the entire state and nation could look like if SB 1070 is affirmed. To conduct these sweeps, Arpaio utilizes the state’s anti-human smuggling law, accusing migrants of being accomplices in their own smuggling. Such a use of the law smacks of official kidnapping and terror.
マリコパ郡:ジョーアルパイオ保安官は人種的な動機は否定していはいるが、週末2008年初頭より彼の15番目の犯罪一掃を紹介した。此の一掃はメキシコ系先住民族を目標にしてはいるが実際には裏目に出てしまったかもしれない。それらは若しSB1070法案が承認されると州全域と全米がどの様になるかを垣間見る機会を与えた。アルパイオ保安官はこれ等の(違法移民の)一掃を行う為対密入国(人間密貿易)法を利用し移民達自身を人間の密貿易の共謀者として告発した。疎の様な法の利用の仕方は本当の誘拐と恐怖を小ばかにする物である。

While there were undoubtedly many Arpaios in South Africa during the apartheid era, there were no Operation Streamlines there. Kangaroo courts yes, but not daily one-hour mass-show trials.
疑いなく多くのアルパイオ保安官(の様な警察官)がアパルトヘイト時代の南アフリカには存在したのだがストリームライン作戦は其処には存在しなかった。カンガルー裁判(イカサマ裁判)は確かに存在したが毎日1時間の集団の見世物裁判は存在しなかった。

The Arizona-Mexico border: In the realm of violence, Arizona is no South Africa, but we do have our own killing fields. For the past dozen years, some 5,000 migrants have been found dead in the inhospitable desert; medical reports confirm that many have died due to violence, including blunt trauma to the head. That many thousands of migrants are funneled through the desert annually has long been official policy of U.S. immigration officials. Under international law, at best, this could be construed as negligent homicide.
アリゾナとメキシコの国境:暴力についてはアリゾナは南アフリカではない(暴力は殆ど存在しない)然し我々は自身の戦場がある。過去20数年間約5千人の移民が死体として荒涼とした砂漠で発見され、医師の報告は頭部への鈍器による衝撃を含め多くが暴力によって死亡していると確認している。何千人もの移民が毎年砂漠を通過し入国させられるのは長い間米合衆国の移民当局の公式のポリシーである。国際法では此れは良く見ても過失致死罪と判断される可能性がある。

Washington, D.C.: Ironically, in response to these draconian laws and measures, even Democrats have been cowed into pushing for more apartheid measures --walls, more agents and the further militarization of the border -- as a solution.
ワシントン,D.C.:皮肉な事に、この様な過酷な法と手段への反応として民主党でさえ解決策として-----------壁、もっと多くのエイジェント(国境警備員、移民捜査官、警察等)国境の軍事化の拡大等の-------------もっと多くのアパルトヘイト手段を指示する様に脅されている。

Just solutions for the problems listed here require calling for international agreements that place human beings at the center, without losing their citizenship, culture, rights or their humanity.
此処に挙げられている問題の公平な解決法は国籍、文化、権利、若しくは人間性を失う事無く、人間を中心に置く国際的合意を要求する事が必要とされている。


Rodriguez, an assistant professor at the University of Arizona, can be reached at: XColumn@gmail.com

ejnews: 日本で報道されているのか如何か分かりませんが、アメリカではアリゾナ州の共和党知事が『違法移民と思われる人間には警察官は身元証明の提示を要求しなければならない!』と言う人種差別丸出しの法律を制定してしまい、アリゾナ州はアメリカ全国から非難されています。若し特定の警察官がこの法を無視すれば市民がこの法を無視した警察官を裁判に訴える事が出来ると言うトンでもない法律なのです。結果として幾つかの都市がアリゾナをボイコットし始め多くの団体がアリゾナでの旅行やコンベンションをキャンセルし、終に共和党までも2012年の共和党全国委員会コンベンション予定をアリゾナ州のフェニックス市からフロリダ州タンパ市に移動させたのだそうです。此れでだけでアリゾナ州は2億ドルの収入を失う事になるそうです。
 然しこんな事はヘッチャラでアリゾナ州は此の記事にもあるように肌の色の違う先住民族の文化についての教育も廃除しようと企んでいるのです。問題はアメリカの西南部諸州は元々メキシコ領でアメリカ建国以前からスペイン人と先住民族との混血である現在チカノと呼ばれている人々が住んでいて白人よりも長く此の土地に住む正真正銘のアメリカ人なのです。カリフォルニア、アリゾナニューメキシコ等の諸州では彼等の人口は人種別では最も多く若し警察が身元証明の提示を本気で要求し始めると先ず其れだけで時間が取られ本当の犯罪に対処出来ない可能性があるのではないかと思われるのです。
 其れに加え、アメリカでは庭師、メイド、ベイビーシッター、清掃業、農業労働、土木建築の労働力、食肉産業、レストラン、等々普通のアメリカ人のしたくない仕事を中南米からの違法移民が引き受けていて米社会は主にメキシコからの中南米不法移民労働力無くしては社会が機能しないのです。然し彼等は入国の為メキシコから砂漠を通過し多くの犠牲者を出さなければならないだけでなく、違法入国者ですから常に国外退去を恐れ無くてはならず、米国に定住後も時には人種差別が原因で殺される事もあるのです。
 時々諸州で不法移民摘発が行われるのですが、其の結果として常に農作物の収穫が不可能になり野菜や果物が畑で腐り始めると言う事になるのです。
 不法移民がアメリカ人の職を奪っていると言う議論に対し、或るカリフォルニアの教授が白人の若者を農業労働者とし雇用したところ、御昼の休み時間までに全ての白人労働者は農作物の収穫を放棄して居なくなったと言う実験があったそうです。
 兎に角、保守や右翼は人種差別をするので気をつけましょう。
処で5月16日ば有名なフランスのジャズギタリスト、ジャンゴラインハルトの亡くなった日です。1953年でした。火事で左手の2本の指が不自由だったにも拘らずジャズギターの草分けとなった人です。彼は人種差別されていたジプシーだったのですが第二次大戦中ドイツに占領されたパリも自由に演奏出来ただけでなくドイツ占領下諸国での演奏旅行も自由に出来たそうです。バイオリニストのStéphane Grappelliステファングラッペリと1934年に結成したQuintette du Hot Club de France(キンテット ドゥ ホット クラブ デ フランス)は有名なジャズグループでした。

Django Reinhardt - Swing Night (Hague, 1937)



Django Reinhardt - J'attendrai Swing 1939



Django Reinhardt - Honeysuckle Rose



Django Reinhardt Video Quintette du Hot Club de France



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Lena Horne Dies at 92 リナ ホーン死去、92歳

Lena Horne Dies at 92
リナホーン死去、92歳


http://www.shockya.com/news/2010/05/11/lena-horne-dies-at-92/

Jazz singer, actress and political activist Lena Horne died on May 9 at New York-Presbyterian Hospital, her son-in-law Kevin Buckley has announced. Hospital spokeswoman Gloria Chin confirmed the news, but would not give further details, Popeater.com is reporting.
ジャズシンガー、女優そして政治活動家リナホーンは5月9日ニューヨーク、プレスビタリアン病院で死去と彼女の義理の息子ケヴィン バックレイ氏は発表した。病院のスポークスマン グロリア チンはニュースを確認したが其れ以上の仔細については言及しなかったとPopeater.comは報じている。

The 92-year-old started her career as nightclub performer before launching careers in movies, television and theater. Horne’s most famous films include the MGM musicals ‘Cabin in the Sky’ and ‘Stormy Weather.’ But being a spokesperson for civil rights throughout her life, her films were touched by racism and were often censored in Southern states.
92歳だったホーンは映画でのキャリアを始める前、彼女のキャリアをナイトクラブパフォーマーとして始めた。ホーンの最も有名な映画はMGMのミュージカル“キャビン イン ザ スカイ”と“ストーミー ウエザー(嵐の様な天候)”を含めていたが一生を通じて公民権運動のスポークスマンだった事により彼女の映画は人種差別によって影響を受け南部の各州で頻繁に検閲を受けた。

According to PEOPLE, Horne became bitter with Hollywood in the late 1940s. She secretly married composer and musical director Lennie Hayton in Paris, as interracial marriages were illegal in California at the time. She later became one of the most visible celebrities during the civil rights movement in the 1960s. Horne joined the 1963 march in Washington, D.C. when Martin Luther Knig,Jr., gave his ‘I Have a Dream’ speech.
ピープルによればホーンは1940年代後半ハリウッドに失望した。当時異人種間結婚はカリフォルニア州で違法だった為彼女は指揮者で音楽監督だったレニー ヘイトンとパリで結婚。彼女は後に1960年代の公民権運動期最も有名なセレブリティー(セレブ)の一人となる。マーチン ルーサー キングJrが“私には夢がある”の演説をした時の1963年のワシントンD.C.での行進にホーンは参加していた。

Horne later became an icon on Broadway, having starred in a one-woman show in 1981. The show,“Lena Horne: The Lady and Her Music” won a Tony Award.
ホーンは後に1981年のワンウーマンショーに主演しブロードウエイのアイコンとなる。其のショー“リナ ホーン:ザ レイディー&ハー ミュージック”はトニー賞受賞。

Written by: Karen Benardello

ejnews: Lena Horneリナ ホーン、彼女は1930年代からアクトレス、シンガーとして活躍しただけでなく第二次大戦中はUSO(United Service Organizations Inc.エンターテイナーが戦時中の軍人を慰問するための団体)で人種によって座る場所が定められているショーを拒否、“赤狩り”で有名な50年代は政治思想が原因でブラックリストに載せられ、公民権運動の為の活動、等美人で歌が上手いだけでなく自由平等の為に戦う活動家でもあったのです。アメリカのアクター、ミュージッシャンの中には民主主義を擁護発展させる為に活動する人が多いですね。

Lena Horne - Unlucky Woman


Lena Horne - Stormy Weather (1943)


LENA HORNE sings "You'd Better Love Me" 1967


Sesame Street: Lena Teaches Grover To Say "How Do You Do?"


Lena Horne on To Basie With Love TV, 1982



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Time after Time タイム アフター タイム

ejnews: メキシコ湾で油田事故があり、ギリシャでは市民に死傷者の出るデモが起こり、アメリカのイラクやアフガニスタンの軍事支配は続き、国家財政の50%以上がペンタゴンの軍事費に費やされる-----------詰まり米庶民の税金の半分以上が爆弾や人殺しの鉄の塊、ブラックウオーターに様な傭兵会社に吸い取られているのです。
 もう2年一寸ニュースの翻訳をブログで紹介しているのですが、最近特に人間社会は将来にあんまり希望が持てる状態ではないようだと改めて感じています。

 処で、問題のメキシコ湾の油田事故の責任者であるBP(ブリティッシュペトロリウム)は昔から大きな問題を起こす事で悪名が高く、古くはThe Anglo-Persian Oil Company (APOC)アングロペルシアンオイルカンパニーと呼ばれ民主主義国家の道を歩んでいたイランの歴史を全く違った方向に転換させた事は欧米の資源目的の違法政治介入の典型の一つとして有名です。(イランの石油をイギリスが支配していた頃の話です。イランは当時ペルシャと呼ばれ1936年国名がイランと改名され会社名もAnglo Iranian Oil Company (AIOC)アングロイラニアンオイルカンパニーとなる。イランは利益の16%しか受け取れなかった。1954年にBPブリティッシュペトロリウムに改名。1951年に民主的に選ばれたモハマドモサデクがイラン首相になり石油の国営化を実行しイギリスを追い出した事でイギリスのチャーチルとアメリカの国務長官と中央情報局長官のドュラス兄弟が影響力を持つ米国との間でモサデク首相に対する(Operation Ajax)エイジャックス作戦と言うクーデターが計画実行され、皇帝パーレビを傀儡として国家元首の座につける事に成功し、パーレビの圧政は反米感情事になりだけでなく後のホメイニ革命も引き起こす。此の英米のイランの石油支配の為のクーデターは後の中近東の民主主義を徹底的に破壊した大きな原因である事は多くの歴史家によって説明されている。)
 1989年エクソンヴァルデスと言うタンカーがアラスカ州のプリンスウイリアムズ海岸で座礁し大規模な原油漏れが起こった事故の清掃の責任もBPブリティッシュペトロリウムにあったのですが、環境汚染が大規模になった理由はBPは事故の際の準備は出来ていると大嘘をついていて実際にエクソンヴァルデスが座礁した時海面に浮遊する原油の撤去が出来ずプリンスウイリアムズの海岸を原油が汚染してしまったのです。漁業は壊滅し清掃の為に雇用された地域の人々は原油の揮発性物質が原因の障害を起し現在でも環境汚染は続いています。
 2005年にはテキサスのBPの石油精製所の爆発事故、2006年にはアラスカのプルドー湾での100万リットル以上の錆付いたオイルパイプライン漏れ事故、等が続き今年のメキシコ湾の事故の原因もBPの利益の追及の為に安全は無視する姿勢が原因とされているようです。関係記事の一つの例は此処
 http://www.truthout.org/slick-operator-the-bp-ive-known-too-well59178

 そして今日のミュージックはチェト ベイカーChet Bakerによる、フランク シナトラによって初めて歌われてから多くの歌手によって歌われているジャズの古典『タイムアフタータイム』日本語の歌詞にするには一寸難しいので意味だけを訳しておきます。後は自分なりの歌詞にして聞いて下さい。

Time after time



最も一般的に知られているチェット ベイカーの『タイム アフター タイム』




Time after time
I tell myself that I’m
so lucky to be loving you
so lucky to be
the one you run to see
in the evening when the day is through
貴方を愛していて本当に幸運だと自分自身に何時も言っている。
一日の終わりの夕暮れに貴方が急いで会いに来るのは私だと言う事が本当に幸運なのです。

I only know what I know
the passing years will show
you’ve kept my love so young, so new
貴方が私の愛をとても若々しくとても新しく保ってくれた事を過ぎ去っている年月が教えてくれると言う事を知っている。唯其れだけを私は知っている。

And time after time
You’ll hear me say that I’m
so lucky to be loving you.
そして、貴方を愛していて私は本当に幸運だと貴方に言う事を貴方は何時も聞くだろう。

[horn solo] トランペットソロ

I only know what I know
the passing years will show
you’ve kept my love so young, so new

And time after time
You’ll hear me say that I’m
so lucky to be loving you.
貴方が私の愛をとても若々しくとても新しく保ってくれた事を過ぎ去っている年月が教えてくれると言う事を知っている。唯其れだけを私は知っている。
そして、貴方を愛していて私は本当に幸運だと貴方に言う事を貴方は何時も聞くだろう。

と言う事でした。ではCiao!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

California Dreamin' カリフォルニアドリーミング

California Dreamin'
The mamas and the papas



All the leaves are brown
(All the leaves are brown)

And the sky is gray.
(And the sky is gray).

I've been for a walk
(I've been for a walk)
On a winter's day.
(On a winter's day).

I'd be safe and warm
(I'd be safe and warm)
if I was in L.A.
(If I was in L.A.)
California dreamin'
(California dreamin') on such a winter's day.
全ての木の葉は茶色
そして空は灰色
或る冬の日に私は散歩をしていた
若しL.A.に居たら安全で温かいだろう
カリフォルニアドリーミング
そんな冬の日には

Stopped in to a church I passed along the way.
Well I got down on my knees
(got down on my knees)
And I pretend to pray.
(I pretend to pray).
You know the preacher likes the cold.
(preacher likes the cold).
He knows I'm gonna stay.
(knows I'm gonna stay).
California dreamin'
(California dreamin') on such a winter's day.
途中で行きかかった教会に入り
そして跪き祈る振りをした
牧師は寒いのを好きだと言う事を知ってるだろう
彼は私が留まる事をしっている
カリフォルニアドリーミング
そんな冬の日には



All the leaves are brown
(All the leaves are brown)
And the sky is gray.
(And the sky is gray).
I've been for a walk
(I've been for a walk)
On a winter's day.
(On a winter's day).
全ての木の葉は茶色
そして空は灰色
或る冬の日に私は散歩をしていた
冬の日に

If I didn't tell her
(If I didn't tell her)
I could leave today.
(I could leave today).
California dreamin' (California dreamin')on such a winter's day,
California dreamin' on such a winter's day,
California dreamin' on such a winter's day.
若し彼女に言わなければ
今日発つことが出来るだろう
カリフォルニアドリーミング
そんな冬の日には
カリフォルニアドリーミング
そんな冬の日には
カリフォルニアドリーミング
そんな冬の日には

ejnews: 最近一寸野暮用で忙しく記事の翻訳が出来ないので昔懐かしい“ザ ママズ アンド ザ パパス” The mamas and the papasの『カリフォルニア ドリーミング』等を訳してお茶を濁して居ます。現実のカリフォルニアはアーノルドが無能でカリフォルニア ドリーミングどころの御話しではないのですが11月の選挙で若しかするとマリファナが合法になるかも知れないとの話もあります。
 若い日本人の方は知らないと思うけど此の歌当時物凄くヒットしたんだから!
では、Ciao!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Avatar(アヴァター)

Arundhhati Roy’s version of disaster in this “year of India”
アルンダッティ ロイによる此の"インドの年"の大災難について。


http://www.radioopensource.org/arundhati-roys-version-of-disaster-in-this-year-of-india-7/

Arundhati Roy is giving us “the other side of the story” in this “Year of India” at Brown University and elsewhere. Media consumers in the US don’t get it all in the TED talks, or in Nandan Nilekani’s success epic, much less in Tom Friedman’s relentless celebrations of the Bangalore boom in the New York Times. I sat with Ms. Roy for an hour and a half near MIT last Friday — first time since her book tour in another life, with the Booker Prize novel, The God of Small Things in 1998. This time she was just off a remarkable journalistic coup for Outlook India — an “embedded” report from the so-called “Maoist” uprising in the Northeastern states of India, the rebellion that Prime Minister Manmohan Singh has called India’s greatest security threat and Arundhati Roy calls a battle for India’s soul.
アルンダッティロイはブラウン大学や他の場所で、此の記事“インドの年”の“別の角度から見た話”を私達に話してくれる。TEDトークス、若しくはナンダンニレカニの成功(叙事詩)話、ましてや、ニューヨークタイムズでのトムフリードマンの止む事を知らないバンガロール(インドの地名)への賞賛等によっては米国でのメディアの消費者(ニュースを読んでいる人々はインドの実情について)は理解が出来ていない。私はロイ嬢と此の前の金曜日にMITの近くで1時間半一緒に座っていた(インタヴューの為)--------昔前のブッカープライズを得た小説1998年の『小さな物達の神』の為の彼女のブックツアー(本の宣伝の為にアメリカ中の書店を訪れ講演等をするアメリカの習慣)以来始めての事であった。今回彼女はアウトルックインディア紙の為のマンモハンシン首相がインドの安全保障の最も危険な脅威と呼ぶ、そしてアルンダッティロイはインドの魂を巡る戦いと呼んでいる北部インド諸州の所謂マオイスト(毛沢東主義者)の反乱についての“エンべデッド”ジャーナリストとして素晴らしい報告の直ぐ後だった。

TED (short for Technology, Entertainment, Design)TEDはテクノロジー、エンターテイメント、デザイン、の頭文字。ノンプロフィット団体。TEDは其のコンファレンスで有名。

“embedded” エンべデッドとは軍隊と同行し軍事行動を報道すると言う意味。通常軍隊から見た戦況を報告する傾向があり、客観性に欠けるという批判が有る。最近のアメリカのイラク、アフガニスタン侵略戦争での企業メディア報道は専ら此の“embedded” reportエンべデッドリポートである。


AR: What does the boom do? It created a huge middle class — because India is a huge country, even a small percentage is a huge number of people — and it is completely invested in this process. So it did lift a large number of people into a different economic bracket altogether — now more billionaires in India than in China, and so on. But it created a far larger underclass being pushed into oblivion. India is home to the largest number of malnourished children in the world. You have 180,000 small farmers who’ve drunk pesticide and committed suicide because they’ve been caught in the death trap. You have a kind of ecocide where huge infrastructural projects are causing a drop in the water table. No single river now flows to the sea. There is a disaster in the making.
アルンダッティロイ:
好景気によって何が起こるのか?好景気は巨大な中産階級を作り出し-------インドは広大な国だから小さなパーセンテージでも巨大な人数の人々になり---------此の中産階級は此の景気を作り出した過程に完全に全てを継ぎ込んでいるんです。だから好景気は多くの人々全てを違った階層に押し上げて今インドには中国よりももっと多くの億万長者が存在しているとか何とかとか--------。然し好景気はもっと多くの下層階級を作り出し彼等は忘れ去られてしまっている。インドは世界最大の栄養失調の子供達の人口が存在する国で、18万人の小規模の農民が死の罠に捕らえられた事によって農薬を飲み自殺している。(インドでは)巨大な基幹施設工事が行われる地域では地下水の減少等のある種の環境殺し(環境破壊)が起こっている。海に流れ込む河は(今では)一つも無く、大惨事が起こりつつある。

The way I see it, we had a feudal society decaying under the weight of its caste system, and so on. It was put into a machine and churned and some of the old discriminations were recalibrated. But what happened was that the whole separated into a thin layer of thick cream, and the rest of it is water. The cream is India’s market, which consists of many millions of people who buy cellphones and televisions and cars and Valentine’s Day cards; and the water is superfluous people who are non-consumers and just pawns who need to be drained away.
私の意見ではカストシステムによって腐敗崩壊している封建社会とか何とか疎の様な物だと言う事です。其れは機械の様な過程に投げ込まれ過去の幾つかの差別は別の形に再標準化された。然し何が起こったかと言うと全体は高濃度の薄いクリームの膜にと分離してしまい、残りは水になってしまった。クリームはインドの市場で、其れは携帯電話や車、バレンタインデイカード等を買う何百万ものインド人で、水は消費しない人々で単なる排水されなければならない使い捨ての道具なのです。

Those people are now rising up and fighting the system in a whole variety of ways. There’s what I call a bio-diversity of resistance. There are Gandhians on the road, and there are Maoists in the forests. But all of them have the same idea: that this development model is only working for some and not for others.
それらの人々は今、立ち上がり色々な手段でシステムに対して戦っているのです。私は其れを“抵抗の生物環境的幅の広さ”と呼んでいます。巷にはガンジー主義者が存在し、森林には毛沢東主義者達が居るのです。然し全てのこの様な抵抗をしている人々は同じ考えを持っています。其れは此の開発形態は或る特定の人々の為に機能し他の人々の為には機能しないと言う事です。

CL: How do we Americans listen for a true Indian identity in this period of fantastic growth and, as you say, fantastic suffering?
CL:素晴らしい発展期の若しくは貴方の言う素晴らしい苦しみと言うインドの真実の固有性をアメリカ人はどの様に理解すれば良いのでしょうか?

AR: You know, I have stopped being able to think of things like Americans and Indians and Chinese and Africans. I don’t know what those words mean anymore. Because in America, as in India and in China, what has happened is that the elites of these countries and the corporations that support their wealth and generate it form tham have seceded into outer space. They live somewhere in the sky, and they are their own country. And they look down on the bauxite in Orissa and the iron ore in Chhattisgarh and they say: ‘what is our bauxite doing in their mountains?’ They then justify to themselves the reasons for these wars.
アルンダッティロイ:そうねえ、私はアメリカ人や、インド人、中国人、そしてアフリカ人等と物事を考える能力を放棄してしまったのです。私は疎の様な言葉がどんな意味を成すのかもう解からなくなったのです。何故ならインドや中国でそうである様に、アメリカでは何が起こったかと言うと、それらの国々のエリート達と企業が彼等の富の援助をし富を作り出す国家の枠外へ逃れる事に成功したのです。彼等は空の何処かに住み又彼等は彼等自身の国家なのです。そして彼等はオリッサのボーキサイトやチャスティガーの鉄鉱石を空から見下ろしこう言うのです。我々のボーキサイトは彼等(住民)の山の中で何をやっているんだ?そして彼等(資本家)は彼等の始める戦争について彼等自信を正当化するのです。

If you look at what is going on now in that part of the world, from Afghanistan to the northeast frontiers of Pakistan, to Waziristan, to this so-called “red corridor” in India, what you’re seeing is a tribal uprising. And it’s taking the form of radical Islam in Afghanistan. It’s taking the form of radical Communism in India. It’s taking the form of struggles for self-determination in the northeastern states. But it’s a tribal uprising, and the assault on them is coming from the same place. It’s coming from free-market capitalism’s desire to capture and control what it thinks of as resources. I think ‘resources’ is a problematic word because these things cannot be replenished once they are looted. But that is really the thing. And the people who are able to fight are those who are outside of the bar-coded, cellphone-networked, electronic age — who cannot be tracked and who can barely be understood.
アフガニスタンからパキスタンの北東部のフロンティアそしてワジリスタンまでのインドで所謂“赤の回廊”と呼ばれる地域で何が起こっているか見てみると貴方が見つけるものは部族による抵抗抗争なのです。そして其れはアフガニスタンではイスラム過激派と言う形態をとっていて、インドでは過激派共産主義と言う形を取り、北東部州では自治と言う形を取っているのです。然し、其れは部族による反抗で、彼等に対する攻撃は同じ所に起因しているのです。其れは自由市場経済資本主義による彼等の所有物と考えている資源の確保とコントロールに対する欲望に起因しているのです。資源とは問題の多い言葉だと私は考えるのです。何故なら其れは一度取り去られると二度と元に戻すことが出来ないからです。然し其れが真実なのです。そして戦う事が可能な人々はバーコードや携帯電話ネットワーク等のエレクトロニックの時代の外に住んでいる追跡把握出来ない、そして殆ど理解されていない人々なのです。

It’s a clash of civilizations, but not in the way that (Samuel P.) Huntington meant, you know. It’s an inability to understand that the world has to change, or there will be — I mean, as we know, capitalism contains within itself the idea of a protracted war. But in that war… either you learn to keep the bauxite in the mountains, or you’re not going to benefit from preaching morality to the victims of this war. A victory for this sort of establishment and its army and its nuclear weapons will never be a victory. Because your victory is your defeat, you know?
其れは文明間の激突なのですが御存知の様に(サミュエルP)ハンティントンの意味した様な物ではないのです。其れは世界は変化しなければならないと言う事を理解する事が出来ないと言う事か、そうでなければ、詰まり--------若しくは、私達が知っている様に資本主義は其れ自身に長期戦と言うアイデアを含んでいると言う事なのです。然し其の戦いではボーキサイトを山に留めて置く方法を習う事や此の戦いの犠牲者の道徳を説き教えるによる利益について習う事は無いのです。この様な既成勢力の勝利と其の軍隊と核兵器は真実の勝利にはなる事が無いのです。何故なら御存知の様に貴方の勝利は貴方の敗北なのだからです。

ejnews: 一寸前にインドで対テロリズム警備隊がインドの毛沢東主義共産党過激派(マオイスト)によって攻撃され大勢の死傷者を出したというニュースが報道されたのを覚えていられる方も多いと思います。私はインドでは専らコカコーラやモンサントのGMOコットンによる被害者である農民のニュースばかり追っていましたのでインドで共産党ゲリラ戦!と驚いてしまったのです。そこで早速インドと言えばアルンダッティ ロイと言う事で彼女の名前をグーグルしてみると案の定彼女はマオイストゲリラと呼ばれる人々の間で共に暮らし取材していたのです!一寸長いエッセイですが詳しくは此処Walking With The Comrades 彼女によると、此のマオイスト共産主義ゲリラと呼ばれる人々はインド独立以来西欧的中央集権国家政府の犠牲になり続けたインド各地の貧しい部族達による先祖から受け継いできた居住地域、歴史、習慣、伝統的生活を守り、独立後都市と地域住人の間の収入の格差等の不平等に対する戦いだと言うことだそうです。此の反乱はネクサライトの反乱と呼ばれ西ベンガルのネクサルバリ村Naxalbariから始まったマオイスト(毛沢東主義)の反乱の為“ネクサライト反乱”と呼ばれているそうです。彼等は灌漑と言う巨大土木事業により土地や生活基盤を失ったり、此の記事にもあるボーキサイトや鉄鉱石採掘による環境破壊で伝統的歴史的居住地を追われたりした人々で、独立以後歴史的不平等なカスト社会への共産主義による批判等と合体し長年に亘るゲリラ戦を戦っていると言う事です。此れは全く最近人気の高かった映画『アヴァター』ではありませんか!アヴァターはヒンドゥー教の神が人間界に現れる時に人間に見える形態を“アヴァターラ”Avataraと言い英語ではappearance出現、姿、外見 manifestation明示、現れの様な言葉に近いそうで、映画『アヴァター』は其の英語訳で映画『アヴァター』の戦いが語源のインドで戦われているのも興味深い話ですが、此のアヴァターの戦いはインドだけでなく西欧型資本主義の侵略している地域では何処でも見られる戦いで中南米でのキューバの米帝国からの独立戦争、米中央情報局のクーデターにより挫折させられたガテマラのハコボ アルベンツ大統領の改革や、南米アマゾン流域の原住民の欧米石油企業の環境犯罪に対する戦い、そしてボリビアのエボモラレス大統領による欧米資本に対する戦いも正にアヴァターの戦い以外何物でもないのです。そして多国籍企業による地下資源採掘で犠牲になっている世界中の貧しい部族達にとっては現代生活を享受している我々は間接的な加害者でも有るのです。

Maoists being forced into violence: Arundhati
マオイスト達は暴力に頼らなければならない状態に強いられた:アルンダティ ロイ。




此処ではアルンダティロイは非暴力による抵抗は地方の密林での抵抗では効果的ではないと議論している。何故なら非暴力抵抗には観衆が必要で街頭で非暴力デモ等はテレビ等のメディアを等して大勢の人々に影響を与える事が出来るが、森林の中で飢餓状態に追い込まれている無力な部族にとっては武力蜂起以外には虐殺や故郷を追われ惨めな運命に陥る事から逃れる効果的な手段は悲しい事に無いのではないか,警察や軍隊に包囲されレイプされ殺される運命から逃れる為には16歳の部族の少女にとっては武装蜂起が悲しい事ながら論理的選択ではないのかとアルンダティロイは論議している。インドは資本とヒンドゥーのオリガーキーに支配されている国家で民主主義は見せかけだとアルンダティロイは議論している。マオイストの99%は貧しい部族の人々で小さな国の人口よりも彼等の人口は多いからインドでのマオイストの反乱は無視出来ないインドの国家問題である。

Arundhati Roy DroppingKnowledge.org
アルンダティ ロイDroppingKnowledge.org(ドロッピングノウレッジ.org)



アルンダティロイはパレスチナ、イラク、インド等世界中で非暴力抵抗から武装蜂起も含めた抵抗が繰り広げられていているがこれ等の抵抗の殆どは中央政府の武力によって徹底的に弾圧されている。圧迫されている弱者にとって正当であり弱者の権利が認められる為の抵抗手段とは何なのか?それについて考えている時間が多いと彼女は言っている。

40 Years of Naxalbari Uprising - Maoist Naxalite India
40年間のネクサルバリ反乱------毛沢東主義ネクサライトのインド。






Failed State, INDIA, will soon FALL to NAXALITE Insurgents - India is DOOMED!
機能していない国家インドは直ぐにナクサライト反乱に敗北する-------------インドはの運命は絶望的である!



アルンダティロイが冒頭にインドの富裕層は低所得層から遊離してしまい、恰も欧米人が見るように、そして異なる言語を話している様にインド低所得層の実情が理解出来ない様になっていると説明している。地図の赤い部分が“レッドコリドアー赤い回廊”と呼ばれるマオイストゲリラの支配地域です。インド政府はマオイスト対策の為しばしば村全体を強制移住させ住民に武器を与え不十分な訓練の後自警団を組織させマオイストに対して戦う様に操っている。此の政策にはSalwa Judumと言う住民組織に資金援助し、其の中からSPO(スペシャルポリースオアフィサーズ)と言う警察組織を構成させマオイストに対抗させる事が含まれている。此れによって地域部族間での抗争がより悪化してしまった。アルンダティロイは問題の根本はインド富裕層が恰も空に舞い上がりインド民衆から遊離してしまいエイリアンとなり地上に有る地下資源を彼等の所有物として捉えていると非難している。Ajai Sahni氏は此のビデオの後半にインドは世界で最大規模の民主主義国家であると主張しているが現実は100人以上の政治家が凶悪犯罪で非難されていて、疎の様な状態はインド庶民によって改革不可能な事からインドが民主主義国家である事は全くの嘘であると語っている。アルンダティロイも最後にインドが民主主義であると言う主張は21世紀最大のPR詐欺だと締め括っている。

The REAL "Avatar!" (full movie)
現実の“アヴァター!”(全編)




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。