スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ合衆国株式会社。

ejnews: 1月は色々な事が起こりましたが中でも最も重要な事件は12月27日に私のブログでも紹介した“Citizens United v. Federal Election Commissionシチズン ユナイテド対連邦選挙委員会”と言う最高裁での裁判です。元々ヒラリー クリントンについて右翼団体シチズン ユナイテドが作った偽ドキュメンタリーを選挙直前にテレビで放映しようとしたのを法律違反の可能性で放映が禁止された事によって起こった裁判なのです(シチズン ユナイテドはドキュメンタリー製作費用が何処から来ているのか公表を拒否した事で選挙法違反が疑われたそうです)が、最高裁判所が終に“企業の政党や政治家への選挙キャンペーン資金援助を合法”とする決定を下しまったのです。と言う事は資金援助を偽草の根運動に資金援助して嘘ばかり言っている共和党を助ける様なややこしい方法をとる必要が無く、直接企業は共和党や其の議員の選挙キャンペーンテレビ宣伝等に資金援助が出来ると言うことで、資金欲しさの為民主党も企業の為の政策を打ち出すと言う可能性が高く、両党間の政策が現在よりも企業よりの政策となり“政府と企業が同一機関”であるベニート ムッソリーニの始めたファシズム政権がアメリカでも大ぴらになると言う事なりそうなのです!米右翼資本層は米国のファシズム化を昔から計画している様で、フランクリン ルーズヴェルトが大統領だった1933年、民主党の政治家や資本家が集まりルーズヴェルトをクーデターで追い出しヒットラーやムッソリーニの様なファシズム政権を計画したThe Business Plotビジネス プロットと呼ばれる事件があったのですが、スメドリー バトラーと言う有名な海兵隊将軍の通報によって挫折したと言う歴史もあります。
The Business Plotビジネス プロットについて興味の有る方は下記で


http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-category-42.html

唯、オバマ大統領も2010 State of the Union Address(2010年一般教書演説)で此の最高裁の判断を非難し後に議会を通じて他の方法で此の反動的判決に対処して行く意向を示しています。此の最高裁の判断についてのインターネットでのニュースの見出し等は下記です。



Supreme Court rolls back campaign cash limits
Obama slams 'green light to a new stampede of
special interest money'
最高裁判所は選挙キャンペーン資金規制法を逆行させる。
特別利益団体資金の暴走への青信号をオバマは非難する。

http://www.msnbc.msn.com/id/34822247/ns/politics-supreme_court/
NBC News and news services
updated 10:43 a.m. PT, Thurs., Jan. 21, 2010

WASHINGTON - In a landmark ruling, the U.S. Supreme Court on Thursday struck down laws that banned corporations from using their own money to support or oppose candidates for public office.
最高裁判所は木曜日に企業が其の資金を使い公職の候補者を支持、若しくは対抗する事を禁じる法律を違法とした。

By 5-4 vote, the court overturned federal laws, in effect for decades, that prevented corporations from using their profits to buy political campaign ads.
5対4の投票で最高裁判所は事実上何十年も企業が彼等の利益を使い政治キャンペーン宣伝を買う事を禁じていた此の連邦法を書き変えた。

In a statement, President Barack Obama said that the decision gives 'a green light to a new stampede of special interest money in our politics.' The president pledged to work with Congress to 'develop a forceful response' to the court's ruling.
オバマ大統領は声明で“此の決定は我々の政治で特別利益団体資金の新しい暴走に青信号を示す事だ。”と語った。大統領は議会と共に此の司法決定に対抗する強力な対応策を造り出すと宣言した。

とか---------------

By Greg Palast | Updated from the original report for AlterNet

In today's Supreme Court decision in Citizens United v. Federal Election Commission, the Court ruled that corporations should be treated the same as "natural persons", i.e. humans. Well, in that case, expect the Supreme Court to next rule that Wal-Mart can run for President.
今日の最高裁のシチズン ユナイテッド対連邦選挙委員会についての判断は“企業は自然の個人”つまり“人間”として取り扱われるべきだと言う事だ。O.K.若しそうだったら我々は最高裁は次にウォール マートが大統領候補として立候補出来ると判断する事を予期しなけらばならない。

The ruling, which junks federal laws that now bar corporations from stuffing campaign coffers, will not, as progressives fear, cause an avalanche of corporate cash into politics. Sadly, that's already happened: we have been snowed under by tens of millions of dollars given through corporate PACs and "bundling" of individual contributions from corporate pay-rollers.
此の判断は進歩派が不安に思っている様に企業が選挙資金へ大金を注ぎ込む事を禁止している連邦法をゴミ箱に投げ込み、企業の資金が政治に雪崩れ込む事の原因にはならない。悲しい事に、それは既に起こっているからだ。我々はPACを通して、企業人等の個別の寄付を纏めて一つの寄付とした何百万何千万ドルの寄付に圧迫されている。

The Court's decision is far, far more dangerous to U.S. democracy. Think: Manchurian candidates.
此の最高裁の判断は民主主義にとって非常に危険である。マンチュリアン カンディデットを思い起こしてみよう。

PAC( Political Action Committee) 政治活動委員会:企業や組合が政治家に直接資金援助できない為造られた団体。PACは政党や政治家への寄付金額上限が法律によって決められている。

とか-------------------------------

Citizens United Is a Radical Rewriting of the
Constitution by Pro-Corporate Supreme Court
シチズン ユナイテドは企業の為に働く連邦最高裁判所の過激な憲法変更。


Submitted by Lisa Graves on January 21, 2010 - 9:54am.
http://www.prwatch.org/CitizensUnitedWronglyDecided

Five Republican appointees to the U.S. Supreme Court just struck down critically important laws regulating corporations' influence on election and public policy. The Center for Media and Democracy strongly opposes this radical decision by a bare majority of the Supreme Court to rewrite the First Amendment and give corporations even greater influence in elections and public policy. With this decision, huge corporations like Goldman Sachs and AIG will be able to use their enormous wealth to run campaigns against the president or any person who might oppose their agenda.
共和党によって指名された5人の最高裁判所裁判官達は企業の選挙や政府の政策に対する影響を規制していた法律をつい最近廃除した。連邦最高裁判所の最小限の多数派(たった1票の差)による憲法修正第一項の書き換えと企業による選挙と政策に対するより増大する影響についての過激な決定にセンター フォー メディア デモクラシーは反対する。此の決定によりゴールドマン サックスやAIGの様な巨大企業がそれらの巨大な富を用い大統領や其の他の誰でも企業の利益に対抗する可能性する個人に対してキャンペーンを行う事が可能になった。

とか-------------------------そして
http://www.blacklistednews.com/news-7144-0-5-5--.html
では下記の人々の言葉を引用して最高裁の判断を非難しています。

"The price of apathy towards public affairs is to be ruled by evil men."
Plato, ancient Greek philosopher
『(市民の)政治への無関心の代償は悪人によって支配されると言う事だ。』

プラトン(米英語で“プレィトー”):古代ギリシャの哲学者

...“The 20th century has been characterized by three developments of great political importance: The growth of democracy, the growth of corporate power, and the growth of corporate propaganda as a means of protecting corporate power against democracy.”
Alex Carey, Australian social scientist
『20世紀は重要な政治的3つの発展段階によって説明することが出来る。其れは、先ず民主主義の発展、次は企業勢力の発展、そして最後に企業勢力を保護する手段としての民主主義に対抗する企業のプロパガンダの発達と言う此の3つである。』

アレックス ケリー:オーストラリアの社会学者

“The most effective way to restrict democracy is to transfer decision-making from the public arena to unaccountable institutions: kings and princes, priestly castes, military juntas, party dictatorships, or modern corporations.”
- Noam Chomsky, M.I.T. emeritus Professor of Linguistics.

『民主主義を制限する最も効果的な方法は王や王子、聖職者、軍事独裁集団、独裁的政党、若しくは現代的企業に政治政策の決定機能を譲り渡す事である。』

ノム チョムスキー曰く。

 他には残念な報告ですがA People's History of the United States(民衆のアメリカ史)著作で有名なハワード ジン教授がサンタモニカ市で心臓発作の為他界されました。ハワード ジン教授はCivil Rights movement公民権運動時代黒人女子大学Spelman Collegeスペルマン カレッジで学生側を支援し(当時学生だったThe Color Purple カラーパープルで有名なAlice Malsenior Walkerアリスウォーカー等もハワード ジンの影響を受けているそうです。)首になったり、ヴェトナム戦争時代にはハノイを訪問し米兵捕虜の釈放に寄与、反ベトナム戦争運動に大きな影響を与えたDaniel Ellsberg,ダニエル エルズバーグのThe Pentagon Papers,(ペンタゴン ペーパー)発表にノム チョムスキーと関わる等常に民主主義を守る為に努力を続けて来た最も尊敬されている歴史家でした。私もハワードジンの講演には2回ほど行く機会がありサインを貰っています。A People's History of the United States(民衆のアメリカ史)は1980年に5千冊が宣伝も無く販売努力も出版社からされず出版されたのですが、口伝えで此の本の素晴らしさが広がり何時の間にか百万部を突破した名著として知られるようになった本なのです。是非読んでみて下さい。

 もう一人私の年代でアメリカ文学を若い頃読んでいた日本人には懐かしいジェローム・デイヴィッド・サリンジャー氏(Jerome David Salinger)も他界されました。The Catcher in the Rye、(ライ麦畑で捕まえて) Nine Stories、(ナインストーリーズ)Franny and Zooey(フラーニーとゾーイ)等も翻訳されていて英文で読んでも簡単で読みやすい本です。
 此の2人のニュースは何だか私の知っていた世界が少しずつ失われていく様で寂しい気持ちもするニュースでした。

では又!Ciao !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

スポンサーサイト

自由民主党と米中央情報局の歴史

C.I.A. Spent Millions to Support
Japanese Right in 50's and 60's
米中央情報局は1950年~1960年代に何百万ドルも日本の右翼を支援する為に費やした。


http://www.nytimes.com/1994/10/09/world/cia-spent-millions-to-support-japanese-right-in-50-s-and-60-s.html?pagewanted=1
By TIM WEINER,

Published: October 9, 1994
ニューヨークタイムズ1994年10月9日


WASHINGTON, Oct. 8— In a major covert operation of the cold war, the Central Intelligence Agency spent millions of dollars to support the conservative party that dominated Japan's politics for a generation.
ワシントン、1994年10月9日-----冷戦時代の大規模な隠密作戦により日本の政治を何世代にも亘って支配した保守政党を支持する為米中央情報局は何百万ドルもの資金を費やした。

The C.I.A. gave money to the Liberal Democratic Party and its members in the 1950's and the 1960's, to gather intelligence on Japan, make the country a bulwark against Communism in Asia and undermine the Japanese left, said retired intelligence officials and former diplomats. Since then, the C.I.A. has dropped its covert financial aid and focused instead on gathering inside information on Japan's party politics and positions in trade and treaty talks, retired intelligence officers said.
『1950~1960年代に米中央情報局は日本の情報を収集する為、日本をアジアでの共産主義に対する防波堤にする為、そして日本の左翼をサボタージュする為自民党と其の党員に資金を支払った。』と元諜報員だった引退した外交官は語った。『其の後の米情報局は隠密の資金援助を中断し替わりに日本の政党政治情報と貿易政策そして条約協定についての情報収集に集中した。』と引退した諜報員は語った。

The Liberal Democrats' 38 years of one-party governance ended last year when they fell from power after a series of corruption cases -- many involving secret cash contributions. Still the largest party in Japan's parliament, they formed an awkward coalition in June with their old cold war enemies, the Socialists -- the party that the C.I.A.'s aid aimed in part to undermine.
自由民主党の38年間に亘る一党政権支配は連続する汚職事件----多くの場合秘密の現金寄付が絡んでいた------の後権力の座から転落した昨年終焉した。現在でも日本議会最大の政党で、米中央情報局の資金援助が一つの目的として弱体化させようと狙っていた日本社会党と6月にぎこちない同盟を結んだ。

Though the C.I.A.'s financial role in Japanese politics has long been suspected by historians and journalists, the Liberal Democrats have always denied it existed, and the breadth and depth of the support has never been detailed publicly. Disclosure of the covert aid could open old wounds and harm the Liberal Democrats' credibility as an independent voice for Japanese interests. The subject of spying between allies has always been sensitive.
日本の政治に米中央情報局の資金的が果たした役割は歴史家達やジャーナリスト達によって存在すると考えられていたものの自由民主党は常に其の存在を否定していた。そして、其の支援の幅の広さと深さは克明に公表された事がなかった。隠密の支援の公表は古傷を切り開き日本の利益の為の独立した声と言う自由民主党の信用性を傷付ける可能性があった。同盟国間のスパイ行為と言う主題は常に繊細な問題であった。

The C.I.A. did not respond to an inquiry. In Tokyo, Katsuya Muraguchi, director of the Liberal Democratic Party's management bureau, said he had never heard of any payments.
米中央情報局は問い合わせには答えなかった。Muraguchi Katsuya(村口かつや?此の人は特定できませんでした)、自民党の党管理部長は支払いについて聞いた事は全く無かったと語っている。

"This story reveals the intimate role that Americans at official and private levels played in promoting structured corruption and one-party conservative democracy in post-war Japan, and that's new," said John Dower, a leading Japan scholar at the Massachusetts Institute of Technology. "We look at the L.D.P. and say it's corrupt and it's unfortunate to have a one-party democracy. But we have played a role in creating that misshapen structure."
『此の話はアメリカ人が公的そして私的に組織化された汚職と戦後の日本の保守的な単一政党民主主義を促進する密接な役割を果たした事を示している。そして、其れは新しい出来事であった。』とMIT(マサチューセッツ工科大)の日本学の権威は語っている。『我々は日本自由民主党を見て堕落していて単一政党民主主義でなければならない状態は不運な事だと言う。然し我々(米国)が此の間違った機構の創造に役割を演じたのだ。』

Bits and pieces of the story are revealed in United States Government records slowly being declassified. A State Department document in the National Archives describes a secret meeting in a Tokyo hotel at which Eisaku Sato, a former Prime Minister of Japan, sought under-the-table contributions from the United States for the 1958 parliamentary election. A newly declassified C.I.A. history also discusses covert support sent that year.
徐々に発表される米合衆国の記録によって少しずつ(米中央情報局の日本での活動の)此の話は明らかにされている。国家記録の或る政府機関ドキュメントは元首相の佐藤栄作が1958年の国会議員選挙の為に米政府からの内密の資金援助を要請した東京のホテルでの隠密会合の事が説明されている。新しく機密解除された米中央情報局の歴史もまた其の年(1958年)に秘密の支援が送られた事を書き残している。

But the full story remains hidden. It was pieced together through interviews with surviving participants, many well past 80 years old, and Government officials who described still-classified State Department documents explicitly confirming the Kennedy Administration's secret aid to the Liberal Democrats in the early 1960's.
然し全体の話は未だに隠されている。其れは多くは80歳をとっくにこしているはいるが生き残っている(日本での隠密活動)参加者に、そして明確にケネディー政権による1960年代初期の自由民主党への秘密支援について確認している未だに機密である政府機関ドキュメントを説明した政府役員等による個々の情報を繋げて解かるようになった。

The law requires the Government to publish, after 30 years, "all records needed to provide a comprehensive documentation of major foreign policy decisions and actions." Some State Department and C.I.A. officials say the Kennedy-era documents should stay secret forever, for fear they might disrupt Japan's coalition government or embarrass the United States. Other State Department officials say the law demands that the documents be unsealed.
“重要な外交政策決定と其の実施について理解する事が出来る全ての記録”の公表を30年後にする様に政府に義務付けている。或る政府役員と米中央情報局員達は日本の連立政府を揺るがす恐れや米政府に恥をかかす恐れがあるとしてケネディー時代の記録は永遠に秘密とされるべきだと語っている。又他の政府役員は法律は記録が公開されることを要求していると語っている。

A Secret Operation That Succeeded
成功した隠密作戦。


The C.I.A.'s help for Japanese conservatives resembled other cold war operations, like secret support for Italy's Christian Democrats. But it remained secret -- in part, because it succeeded. The Liberal Democrats thwarted their Socialist opponents, maintained their one-party rule, forged close ties with Washington and fought off public opposition to the United States' maintaining military bases throughout Japan.
米中央情報局の日本の保守派への支援はイタリアのキリスト教民主党への秘密の支援等の他の冷戦時代の作戦行動に似通っている。然し其れは秘密として留められている----------一つの理由は其れは成功したからだ。自由民主党は敵対していた社会主義者を挫折させ、単一政党ルールを維持し、ワシントンとの絆を強め米国が維持している日本中に存在する米軍基地に対する日本民衆の反対意見を寄せ付けなかったからだ。

One retired C.I.A. official involved in the payments said, "That is the heart of darkness and I'm not comfortable talking about it, because it worked." Others confirmed the covert support.
『其れが闇に隠されている理由の最大の理由で私は其れについて語る事については不安を感じる。何故なら其れは成功したからだ。』と日本自由民主党への資金援助に関わった或る元米中央情報局員は語っている。他の元米中央情報局員は秘密の資金援助が存在していた事を認めている。

"We financed them," said Alfred C. Ulmer Jr., who ran the C.I.A.'s Far East operations from 1955 to 1958. "We depended on the L.D.P. for information." He said the C.I.A. had used the payments both to support the party and to recruit informers within it from its earliest days.
1955年~1958年間の米中央情報局極東作戦を指揮したアルフレッドC.ウルマーJr氏 は『我々は自由民主党に資金的援助した。(自民党に資金を与えた。)我々は情報を自由民主党に頼っていた。』と語った。米中央情報局は自由民主党の創成期から自由民主党支援と自由民主党内での情報提供者をリクルートする為に使用したと彼は語った。

By the early 1960's, the payments to the party and its politicians were "so established and so routine" that they were a fundamental, if highly secret, part of American foreign policy toward Japan, said Roger Hilsman, head of the State Department's intelligence bureau in the Kennedy Administration.
『1960年代初期になった頃は自由民主党と其の政治家への資金援助は完全に確立されていて又常に行われていた。其れは最も重要で非常に隠密で日本に対する米国の対外政策の一部であった。』とケネディー政権の政府情報部の部長だったロジャー ヒルズマン氏は語った。

"The principle was certainly acceptable to me," said U. Alexis Johnson, United States Ambassador to Japan from 1966 to 1969. "We were financing a party on our side." He said the payments continued after he left Japan in 1969 to become a senior State Department official.
『自由民主党への秘密資金援助と言う基本政策は勿論私にとっては受け入れられる。』と1966年~1969年間の駐日米大使だったU.アレクシス ジョーンズ氏は語った。『我々は政党を我々の側につく様に資金援助していた。』彼が連邦政府要員になる為日本を離れた1969年以降も自由民主党への資金援助は続いていたと彼は語った。

The C.I.A. supported the party and established relations with many promising young men in the Japanese Government in the 1950's and 1960's. Some are today among the elder statesmen of Japanese politics.
1950年代から1960年代にかけて米中央情報局は自由民主党を支援し日本政府内での将来が見込まれる自由民主党の若い政治家達との関係を確立した。其の中の或る人々は今日日本の政治界の重鎮(長老達)である。

Masaru Gotoda, a respected Liberal Democratic Party leader who entered parliament in the 1970's and who recently served as Justice Minister, acknowledged these contacts.
1970年代に国会議員となり又最近法務大臣となった尊敬されている自由民主党の指導者Masaru Gotouda(時代的に見て後藤田正晴だと思います)はこれ等の米中央情報局との接触を認めている。

"I had a deep relationship with the C.I.A.," he said in an interview, referring to his years as a senior official in intelligence activities in the 1950's and 1960's. "I went to their headquarters. But there was nobody in an authentic Government organization who received financial aid." He would not be more explicit.
『私は米中央情報局と深い繋がりを持っていた。』と彼は1950年代~1960年代の情報活動について彼が指導的地位にいた当時の事に関して語った。『私は米中央情報局の本部に行った。然し其処には本物の政府機関に所属し資金援助を受けた人物はいなかった。』彼はこれ以上の詳細については説明しなかった。

"Those C.I.A. people who were stationed in the embassy with legitimate status were fine," he said. "But there were also covert people. We did not really know all the activities they were conducting. Because they were from a friendly nation, we did not investigate deeply." Recruitment Was 'Sophisticated'
『大使館に駐在していた正規のポジションに就いていた米中央情報局員は質が良かった。然し同時に秘密工作員もいた。彼等の行っていた活動については我々は良く知識が無かった。何故なら彼等は同盟国から来ていて我々は彼等を深く調査しなかった。』と彼は語った。(彼等の)リクルート活動は洗練されていた。

The recruitment of Japanese conservatives in the 1950's and 1960's was "a pretty sophisticated business," said one C.I.A. officer. "Quite a number of our officers were in touch with the L.D.P. This was done on a seat-by-seat basis" in the Japanese parliament. A second C.I.A. officer said the agency's contacts had included members of the Japanese cabinet.
『1950年代と1960年代の日本の保守派に対するリクルートは非常に洗練されたやり方であった。』と或る米中央情報局員は語った。かなり多くの米中央情報局員達が日本自由民主党と接触を持っていて、其れは国会議員一人一人個別に行われていた。米中央情報局の接触は日本政府の閣僚も含みめていたと他の米中央情報局員は語った。

As the C.I.A. supported the Liberal Democrats, it undermined their opponents. It infiltrated the Japan Socialist Party, which it suspected was receiving secret financial support from Moscow, and placed agents in youth groups, student groups and labor groups, former C.I.A. officers said.
米中央情報局による自由民主党支援は自由民主党の政敵を妨害した。米中央情報局はモスクワから支援されていると疑われていた日本社会党に潜入し、青年によって構成されている団体、学生団体、労働団体等に諜報員を潜入させたと元米中央情報局員は語った。

Obstructing the Japanese opposition "was the most important thing we could do," one said.
日本の反体制派を妨害する事は我々に可能な事の中で“最も重要な事であった”と或る人物は語った。

The covert aid apparently ended in the early 1970's, when growing frictions over trade began to strain relations between the United States and Japan, and the growing wealth of Japan made the agency question the point of supporting politicians.
貿易問題が日米関係に軋轢を起こし始め、日本の増加する富が米中央情報局に日本の政治家援助の利益について疑問を抱かせた1970年代に秘密裏の支援は終わったとされている。

"By that time, they were self-financing," a former senior intelligence official said. But the agency used its longstanding relationships to establish a more traditional espionage operation in Japan.
其の頃には彼等(自由民主党)は経済的に自立していたと元米中央情報局の幹部の一人は語った。然し、米中央情報局は長期間に亘って築き上げた関係を伝統的な諜報作戦を確立する為に利用した。

"We had penetrations of all the cabinet agencies," said a C.I.A. officer based in Tokyo in the late 1970's and early 1980's. He said the agency also recruited a close aide to a prime minister and had such good contacts in the agriculture ministry that it knew beforehand what Japan would say in trade talks. "We knew the fallback positions" in talks over beef and citrus imports, he said. "We knew when the Japanese delegation would walk out."
『我々は全ての政府閣僚の関係する機関に潜入していた。』と或る1970年代~1980年代初期東京を本拠地としていた米中央情報局員は語った。『其の他にも米中央情報局は首相の私設秘書もリクルートしそして農林省にも素晴らしい接触があり貿易交渉で日本側が何を言うのか事前に察知していた。牛肉と柑橘類の交渉において我々は代替交渉作を知っていた。』と彼は語った。『そして我々は日本交渉団が交渉を中止する事を事前に知っていた。』

Useful though it may have been, the inside information rarely gave American trade negotiators the upper hand with the Japanese.
有効だったにも拘らず内部情報は米政府側貿易交渉団に日本に対し有利な立場を与えなかった。

The Reverse Course' Of American Policy
米政府政策の逆転。


The support for the Liberal Democrats had its origins in what some historians call "the reverse course" of American policy toward Japan after World War II.
自由民主党への支援は第二次大戦以降の米政府の日本ポリーシーの“政策の逆転”と歴史家が呼ぶ物に由来している。

From 1945 to 1948, the American forces who occupied Japan purged the Government of the right-wing militarists who had led Japan into war. But by 1949, things had changed. China went Communist. The Soviet Union exploded its first atomic bomb. Washington was fighting Communism, not ferreting out rightists.
1945年~1948年間に米占領軍は日本を戦争に導いた日本の右翼軍国主義者を政府から一掃した。然し1949年になった頃には情勢は変化していた。中国は共産国家となり、ソヴィエト連邦は最初の原子爆弾を炸裂させた。ワシントンは右翼狩りをしていたのではなく共産主義と戦っていた。

The American occupation forces freed accused war criminals like Nobusuke Kishi, later Japan's Prime Minister. Some of the rehabilitated politicians had close contacts with organized crime groups, known as yakuza. So did Yoshio Kodama, a political fixer and later a major C.I.A. contact in Japan who worked behind the scenes to finance the conservatives.
日本での米占領軍は後に首相になった岸信介の様な戦争犯罪人として非難された人々を釈放した。評判を回復した政治家の中にはヤクザとして知られる犯罪組織と密接な関係を持っていた。政界の黒幕で後に米中央情報局の最も信頼出来る接触となり陰で保守派に資金援助した児玉誉士夫も其の一人であった。

These politicians also drew support from a group of retired diplomats, businessmen and veterans of the Office of Strategic Services, the World War II precursor of the C.I.A. The group's leader was Eugene Dooman, an old Japan hand who quit the State Department in 1945 to promote "the reverse course."
この様な政治家達は引退した外交官、ビジネスマン、そして後に米中央情報局となる第二次大戦中の先駆団体OSSの古参諜報員からも支援を引き出した。此のグループの指導者は古参の日本対策専門家で1945年に“政策の逆転”をプロモートする為に国務省を辞職したユージーン ドゥーマンだった。

During the Korean War, the Dooman group pulled off an audacious covert operation, bankrolled by the C.I.A.
朝鮮動乱期にはドゥーマン グループは米中央情報局資金援助による大胆な秘密作戦を決行した。

Japanese conservatives needed money. The American military needed tungsten, a scarce strategic metal used for hardening missiles. "Somebody had the idea: Let's kill two birds with one stone," said John Howley, a New York lawyer and O.S.S. veteran who helped arrange the transaction but said he was unaware of the C.I.A.'s role in it.
日本の保守派は資金が必要で米軍は希少な戦略的に重要なミサイルを強化するタングステンが必要だった。『誰かが考え付いたアイデア:一石二鳥!』とジョン ハウリーは言った。彼はニューヨークの弁護士、OSSの元部員(ヴェテラン)で此の商談を御膳立てしたが米中央情報局の関与については知らなかったと言っている。

So the Dooman group smuggled tons of tungsten from Japanese military officers' caches into the United States and sold it to the Pentagon for $10 million. The smugglers included Mr. Kodama and Kay Sugahara, a Japanese-American recruited by the O.S.S. from a internment camp in California during World War II.
と言う事で、ドゥーマン グループは旧日本軍将校の武器貯蔵庫から何トンものタングステンを米国に密輸し米国防省に1千万ドルで売りつけた。此の密売人には児玉と第二次大戦中にカリフォルニア州の日本人収容所からOSSにリクルートされた日系米国人ケイ菅原が含まれていた。

The files of the late Mr. Sugahara -- researched by the late Howard Schonberger, a University of Maine professor writing a book nearly completed when he died in 1991 -- described the operation in detail. They say the C.I.A. provided $2.8 million in financing for the tungsten operation, which reaped more than $2 million in profits for the Dooman group.
メイン大学の教授ハワード ショーンバーガー氏が1991年に亡くなる前に殆ど完成させていた著書の故ケイ菅原氏の記録は其の作戦を仔細に渡って書き残している。米中央情報局は2百8十万ドル(当時の円ドル換算)をタングステン密輸作戦に注ぎ込み、此の支出は2百万ドル以上の利益をドゥーマン グループにもたらしたと彼等(ショーンバーガー教授とケイ菅原氏)は語っている。

The group pumped the proceeds into the campaigns of conservatives during Japan's first post-occupation elections in 1953, Mr. Howley said in an interview. "We had learned in O.S.S., to accomplish a purpose, you had to put the right money in the right hands."
ドゥーマン グループはタングステン密輸の利益を1953年の米占領終了直後の選挙に投入したとハウリー氏はインタヴューで語った。『我々は目的を達成する為には充分な資金を目的に適った人物や団体に渡さなければならないとO.S.S.で学んだ。』

By 1953, with the American occupation over and the reverse course well under way, the C.I.A. began working with warring conservative factions in Japan. In 1955, these factions merged to form the Liberal Democratic Party.
The fact that money was available from the United States soon was known at the highest levels of the Japanese Government.
1953年までには米政府による日本占領は終わり“政策の逆転”は確実に進められていて、米中央情報局は日本の互いにいがみ合っている保守派団体と協力をし始めていた。1955年にこれ等の保守派団体は合併し自由民主党を結成した。米合衆国からの資金が存在する事実は直ぐに日本政府の上層部に知られていた。

On July 29, 1958, Douglas MacArthur 2d, the general's nephew, who was then United States Ambassador in Tokyo, wrote to the State Department that Eisaku Sato, the Finance Minister, had asked the United States Embassy for money. Mr. Sato was Prime Minister of Japan from 1964 to 1972 and received the Nobel Peace Prize in 1974.
1958年、7月29日、ダグラス マッカーサー2世、米占領軍の将軍マッカーサーの甥で東京駐在の対日米大使は財務大臣の佐藤栄作が米大使館に資金援助を要請したと国務省宛の手紙に書き残している。佐藤栄作は1964年~1972年間日本の首相で1974年にはノーベル平和賞を受賞している。

Ambassador MacArthur wrote that such requests from the Government of Prime Minister Nobusuke Kishi were nothing new. "Eisaku Sato, Kishi's brother, has tried to put the bite on us for financial help in fighting Communism," his letter said. "This did not come as a surprise to us, since he suggested the same general idea last year."
この様な要請は岸信介首相政権からは別に珍しいものではなかったとマッカーサー大使は書き残している。佐藤栄作と岸信介兄弟は共産主義に対する戦いを支援する資金援助と言う餌を米政府に与えようと試みたと大使は手紙で書き残している。『此れは驚きではなかった。何故なら彼(栄作)は昨年同じアイデアをちらつかせていたからだ。』

Mr. Sato was worried, an accompanying memo explained, because a secret slush fund established by Japanese companies to aid the L.D.P. was drained.
佐藤栄作は自由民主党を支援する目的で日本の企業によって設立された裏金が底を尽いて来たと心配していると同封されたメモによって説明されている。

"Mr. Sato asked if it would not be possible for the United States to supply financial funds to aid the conservative forces in this constant struggle against Communism," the memo said. While it is unclear whether Mr. Sato's request was granted directly, a decision to finance the 1958 election campaign was discussed and approved by senior national security officials, according to recently declassified C.I.A. documents and former intelligence officers.
『佐藤栄作は共産主義に対する終わりの無い戦いに米合衆国が保守派陣営を支援する為経済的資金を供給出来ないかと要求していた。』と此のメモでは書かれている。最近機密解除された米中央情報局の記録と元諜報員によると、佐藤栄作の要請が直接叶えられたかどうかは不明だが1958年の選挙戦の資金援助は国家機密保全庁の高官達によって協議され認可されたとされている。

In an interview, Mr. MacArthur said the Socialists in Japan had their own secret funds from Moscow, a charge the left denied.
日本の社会主義者は、左翼は存在を否定しているモスクワからの秘密の資金を持っているとマッカーサー大使はインタヴューで述べている。

"The Socialist Party in Japan was a direct satellite of Moscow" in those years, he said. "If Japan went Communist it was difficult to see how the rest of Asia would not follow suit. Japan assumed an importance of extraordinary magnitude because there was no other place in Asia from which to project American power."
『当時の日本社会党はモスクワの直接の衛星だった。』と彼は語り『若し日本が共産化していたら、他のアジア諸国がどの様にして日本の共産化を真似ないでいられたかを想像する事は困難である。アジアで米合衆国が其の影響力を行使できる国は日本以外に存在しない事によって日本は極めて大きな重要性を担っていた。』

A Close Call In 1976
1976年の危機


In 1976, the secret payments were almost uncovered.
1976年に秘密資金援助は暴露されそうになった。

A United States Senate subcommittee discovered that Lockheed Corp., seeking lucrative aircraft contracts, had paid $12 million in bribes to Prime Minister Kakuei Tanaka and the Liberal Democrats. The conduit was Mr. Kodama -- political fixer, tungsten smuggler and C.I.A. contact.
ロッキード社が利益の高い契約を結ぶ為田中角栄首相と自由民主党に1千2百万ドルの賄賂を送った事を米合衆国上院小委員会が発見した。取次ぎ役は政界の黒幕、タングステン密輸業者そして米中央情報局の接触、児玉誉士夫だった。

Then a retired C.I.A. officer living in Hawaii phoned in a startling tip.
其処へ、ハワイで引退生活をしていた元米中央情報局員が電話で驚く様な内部情報をもたらして来た。

"It's much, much deeper than just Lockheed," Jerome Levinson, the panel's staff director, recalls the C.I.A. man saying. "If you really want to understand Japan, you have to go back to the formation of the L.D.P. and our involvement in it."
『この事件はロッキードよりもズットズット奥が深い。』と此の元米中央情報局員は語ったと、小委員会の事務員長ジェローム レヴィンソン氏は回想している。『若し本当に日本を理解したいなら自由民主党の結党とそして我々(米政府と米中央情報局)の自民党結党時の関与にまで遡ら無ければならない。』

Mr. Levinson said in an interview that his superiors rejected his request to pursue the matter.
レヴィンソン氏は彼の上司が其の件についてそれ以上の調査を拒否したとインタヴューで語っている。

"This was one of the most profound secrets of our foreign policy," he said. "This was the one aspect of our investigation that was put on hold. We got to Japan, and it really all just shut down."
『此の事実は我々米国の外交政策の中で最も重大な秘密の1つである。』と彼は語り『此れは中断された我々の捜査の一面だった。我々が日本に行った後全てが中断された。』と語った。

ejnews: 此の記事は1994年のニューヨーク タイムズに掲載されたもので、かなり古い記事で、日本でも良く知られている事実と思います。此の記事で御分かり頂けると思いますが自由民主党はこの様な過去(現在も続いている可能性も充分考えられると思いませんか?)の有る政党ですから最近の民主党議員に対する検察庁の態度等も自民党との関係を考えると何と無く怪しいと思いませんか?米中央情報局は自民党、社会党だけでなく日本社会の至る所にスパイを潜入させ、又個人や団体への資金援助によって日本政府の政策が米政府の利益に繋がるように操っていた(いる?)のでしょうね。そう言えばナンとかカンとか民営化とか言う米政府(米金融資本!?)の利益になりそうな政策を推進した何か変テコな首相もいましたねえ!?
兎に角、御金や権力の為に他国政府の為に御金と交換に秘密裏に働く事は日本語で何と言いましたっけ?売国奴?非国民?裏切り者?スパイ?あんまり良い単語は思い付きませんねえ。
では今日は此れまで。
   Ciao !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

階級闘争は終焉した。労働者は敗北した。

Kucinich: 'Class War Is Over,
Working People Lost'
クセネッジ:階級闘争は終わった。労働者は敗北した。


By Sahil Kapur, Raw Story. Posted December 17, 2009.
http://www.alternet.org/workplace/144650/kucinich%3A_%27class_war_is_over%2C_working_people_lost%27

"The separation between the finance economy and the real economy is real. This is not some fake idea. You can’t call that class warfare. That’s a fact."
『金融経済と本当の経済との間の遊離(相違)は事実である。此れは偽のアイデアではない。此れを階級闘争とは呼べない。此れは事実(現実)である。』


WASHINGTON -- Reflecting on the growing divide between Wall Street and Main Street, Rep. Dennis Kucinich (D-OH) on Wednesday offered a powerful critique on the state of the economy in an open committee hearing.
ワシントン-----ウォールストリート(金融資本層)とメインストリート(現実に何かを生産する経済)の間の拡大する分裂について考察しデニスクセネッジ(民主党オハイオ州)議員は水曜日に(米)経済状態について強烈な批判を公開委員会集会で披露した。

"The class warfare is over -- we lost," Kucinich said before the Committee on Oversight and Government Reform. "I want to make that announcement today. Working people lost. The middle class lost."
『階級闘争は終焉した-------我々は敗北した。』と監督と政府改革の為の評議会の前にクセネッジ氏は述べた。『私は今日労働者は敗北し中産階級は敗北したと言う発表をしたい。』

The harrowing comments from Kucinich, who is Chairman of the Domestic Policy Subcommittee, come amidst a national unemployment rate of 10 percent, one year and several months after the economic collapse of 2008 has marred the livelihoods of many.
民主党政策小委員会の委員長クセネッジの悲惨な言葉は2008年の経済破綻が多くの人々の生活を台無しにした1年数ヶ月後の国内の失業率10%の真っ只中に発表された。

"Don't tell me about class warfare," he continued. "Come to my neighborhoods in Cleveland. I will show you class warfare. I’ll show you hollowed out areas. I’ll show you businesses that went down because they don’t have access to capital. And on Wall Street it is fat city. Don’t tell me about class warfare."
『階級闘争について私に説明する必要は無い!』と続けた。『クリーヴランド市の私の住んでいる近所に来てみたまえ!階級闘争を貴方方に御見せしよう!資金が得られなかった為破産したビジネス(中小企業、個人経営の商店等)を御見せしましょう!そしてウォールストリートは肥え太った街だ!(だから)私に階級闘争について説明する必要は無い!』
Kucinich, a former presidential candidate who is viewed across the nation as a progressive champion on many issues, said that despite the recent uptick in economic figures, many regular Americans continue to struggle.
全国的に種々の問題について進歩派のチャンピオンとして捉えられている元大統領候補のクセネッジ氏は最近の経済的指数の向上にも拘らず多くの米庶民は経済的に苦しんでいると語った。

"All across this country people are starved for capital," Kucinich said. "Small businesses are failing, you have shopping centers that are becoming vacant because people can’t afford the rents anymore because the people who own the malls the developers are getting cash calls and credit is tightening."
『全国的に人々は資金難に苦しんでいる。』とクセネッジ氏は述べ『小規模経営のビジネスは破綻し貴方の行くショッピングセンターは空き家になっている。何故なら人々は賃貸料を払う事が出来ずショッピングモールの経営者は投資者や銀行への支払いを迫られクレディットは厳しくなっている』

"The separation between the finance economy and the real economy is real. This is not some fake idea. You can’t call that class warfare. That’s a fact."
『金融経済と実質的な経済の遊離は真実で、此れは何かに偽のアイデアでは無い。此れを階級闘争と呼ぶ事は出来ない。其れは事実である。』

Kucinich, who voted against the Emergency Economic Stabilization Act of 2008 (also known as the Wall Street bailout), lamented it as a catalyzing force for the rising inequality of income in the United States.
2008年緊急経済安定化条令(別名ウォールストリート救済)に反対投票をしたクセネッジ議員は其れ(緊急経済安定化条令)は拡大している米国内での収入の不平等化の触媒としての効力を果たしていると嘆いている。』

"The wealth of this nation is being accelerated upward," Kucinich said. "That’s one of the problems that I had with the bailout."
『国家の富は上層階級へ向かって急上昇している。其れは私が(ウォールストリート)救済に抱いている問題の一つだ。』とクセネッジ議員は述べた。

"You could say that it helped stabilize the American economy, but what I see is the separation between the real economy and Wall Street. Wall Street is stabilizing, markets are a lot better, banks are doing well -- they parked their money at the Fed for a while so they could get higher interest rates."
『其れは(ウォールストリート救済)は米国経済を安定化させたと言えるかも知れない。然し、私が見るものは(何かを実際に生産する)本当の経済と(実質的に何も生産しない)ウォールストリートの遊離である。ウォールストリートは安定し始め、市場は大きく改善し、銀行は経営が順調である----------彼等は資金を一時的に連邦準備銀行に預け効率の利子を儲けている。』

ejnews:  此のデニス クセネッジ議員の発表は米経済が徐々に回復しているとの企業メディアでのニュースが伝えられていた昨年暮れの話ですが、今年に入ってからの企業メディアニュースでも失業率は又増加したとか景気は思ったほど改善していないだとかと報道しなければならない程庶民にとって状況は悪化しているようです。東インド会社等のイギリス独占企業に対抗する為アメリカに基盤を持つ英国系資本家によっての建国当時からアメリカでは政府と資本との間に境が無く、経済ニュースでは不況期に真実のニュースを流す事は市民の恐怖感を煽り景気をもっと悪化させる原因と資本的支配階級によって解されていているとの事で、企業メディアでの経済観測ニュースは(不況時には特に)故意に現状よりも良い統計や調査結果が報道されると言う事で企業メディアは常に疑ってかかった方がよい様です。
 デニス クセネッジ議員は殆どホームレスの様な生活も経験した事のある貧しい家庭に育ち、政治家としては1977年、31才で財政難で市の公共電力会社(Muny Light)の民営化を迫られていたクリーブランドの市長にになり、選挙公約の市営公共電力会社の民営化反対を貫き暗殺者によって命まで狙われ、挙句の果てに市民は公共電力会社維持の価値が理解出来ず再選挙で落選と言う困難な出発をした熱血漢です。後の1998年になってクリーブランド市はクセネッジ元市長の政策(公共電力会社の保護)が多くの労働組合員の職を守り1985年から1995年間に約200億ドルを市の為に節約した事(其れとは反対に、あの悪名高きエンロンによって電力配送操作がされカリフォルニアでは一時巨額の電気代を払わなければならなくなり、其れを悪用してアーノルド ショヴァルツネガーが当時のグレイ デイヴィス知事リコール運動を起こし州知事の座をグレイデイヴィス知事から奪った事は有名な話です。ネオコンやネオリベラル経済資本主義者の為に働いているアーノルドは結果的にカリフォルニア州財政を破綻させる事になり、我々は今年も逼迫したカリフォルニア州財政を予期しています。)に感謝し1977年から1979年までの市長時代の彼に対しての悪評を取り消し、1990年にはオハイオ州選出の下院議員に当選、ブッシュ政権時代にはイラク侵略に反対、社会健康保険改革でも最も進歩的改革案の一つを提案、経済政策等でもラルフ ネイダーによって最も進歩的な政治家だと批評されている政治家です。
 デニス クセネッジ議員が此処で嘆いている様にアメリカでは労働者は完全に階級闘争に敗北したと言って良いと私も感じています。私のブログでも紹介した事がある様に、労働の日“メイデー”はアメリカで1日8時間労働を巡ってのシカゴでの労働運動を記念して始まり、アメリカの労働組合運動は世界中の労働者の権利を高める事に貢献した時代があったのですが、自由市場経済資本主義(経済ネオリベラリズム)と言うVoodooヴードゥー経済主義(1980年、共和党大統領候補を争っていた当時、元々ブッシュ“父”大統領候補がレーガン大統領候補の経済政策を批判した言葉を借用しています)により経済活動特に金融経済への規制が取り払われ、昔なら犯罪行為と捉えられた経済活動が合法となり、同時に利益追求と言う名の下に産業基盤を海外に移し米国内での産業活動が低下し、現在失われている職はアメリカ人労働者の為にはもう帰って来ないだろうと言われています。
 ネオリベラル経済主義者の経済活動に対する規制撤廃と言う主張について私が理解に苦しむ問題点は、人間の社会活動全てには法が定められているのですが、(例えば医師には医師の従わなければならない法律があり、若し無ければ恐らく多くの患者が何らかの医療ミスの犠牲者になる可能性が高く、車を運転するには種々の交通規則があり、レストラン経営には経営者の守らなければならない法律があり、等々)如何して彼等は経済活動には法的規制が必要ないと考える事が出来るのでしょうか?ネオリベラル経済資本主義者と共和党に席を置いているロンポール等に代表される“リバタリアン”の主張では“藪医者は治療が上手く出来ないので自然に患者数が減少し自然淘汰される。”と言う事だそうですが其れまで一体何人の犠牲者を出さなければならないのでしょうか??????
 現在は米国のサブプライム問題が経済崩壊の引き金になった金融危機の御蔭でネオリベラル経済主義はやっと疑いの目で見られる様になったのですが、(現在でもネオコンと言われる共和党派やリバタリアン等はネオリベラル経済資本主義を信奉している)アメリカ人は歴史に興味の無い市民が多く何時か近い将来ネオリベラル経済資本主義が又経済主義の表舞台に返り咲く可能性が大いにあるのです。日本でも“小泉ちゃん”とか言う人が首相になって何でもかんでも民営化する政策を採用した時代がありましたがアメリカでレーガン時代を経験していた私には日本にはレーガン政権の非民主的で企業や富裕層の為の政治と言うニュースが伝わっていなかったのかと不思議に感じた事を覚えています。

と言う事で今日の政治英単語は----------


Corporatocracy コーポラトクラシー

Corporatocracy or Corpocracy is a form of government where a corporation, a group of corporations, or government entities with private components, control the direction and governance of a country.
コーポラトクラシー若しくはコーポクラシーはある種の政権形態で、其処では一企業、企業のグループ若しくは民間団体を其の一部とする政府が特定の国家の政府と政策をコントロールする。

This belief is reinforced by two factors. First, corporations give to competing political parties and major political party candidates. This is seen as a corporation hedging their bets on the outcome of an election, and trying to get on the good side of whichever candidate is elected into office. Some say this is one of the hallmarks of a corporatocracy.
此の様に信じられている理由は2つの事実により裏付けられている。最初に、企業は競争している複数の政党と主要な政党の候補達に資金援助する。此れは企業が(複数の政党や候補者を同時に支持することによって)ヘッジングと言う方法で選挙結果に賭けをしていて、どちらの候補が選ばれても有利な方に加担出来る様に試みている様に見える。或る人々は此れはコーポレートクラシーの一つの顕著な特徴であると言う。

Second, in many cases former corporate executives serve as powerful decision makers within government institutions often charged with the regulation of their former employers. Meanwhile, former government employees often accept high ranking positions within corporations thereby providing their new employers with access to governmental decision makers. This serves to create the appearance of a revolving door between corporations and the institutions established to regulate their behavior.
2番目。多くの場合元企業重役が(彼や彼女の)元の雇用企業に対する法的規制を取り扱う政府組織内の決定権を握る重要な地位に就く。その間(同時に)に元政府で働いていた人物が企業で重要な地位に就く事によって彼の新しい雇用者(企業)が政府の決定権を握る人物にコネを得る事が出来る。上記の事は企業と企業の行動を監視する為に設立された機関との間の回転ドアの様に見られる外観を作り出している。

(日本では天下りと言う言葉で表現されている元官僚が企業に就職する現象が問題なのですが、上記の説明の様にアメリカは元政治家がロービーイストとなったり企業の重役や企業に雇用されていた弁護士等が政府機関で地位を得彼等の元雇用者(企業)の為に便宜を図ると言う事は日常的に行われているのです。だからモンサントの様な企業の非常に危険な製品が米政府によって製造販売が許可されるのです。)

ejnews: と言う事でした。コーポラトクラシーはneologism(新造語)です。

では次回まで!Ciao!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ハイチの地震について------。

Pat Robertson: Haiti "Cursed" After "Pact to the Devil"
パット ロバートソン:ハイチは“悪魔との同盟の後呪われている”


http://www.cbsnews.com/blogs/2010/01/13/crimesider/entry6092717.shtml

NEW YORK (CBS) Pat Robertson, the American Christian televangelist and host of "The 700 Club," said that Haitians need to have a "great turning to god" while he was reporting on the devastating 7.0 earthquake that shook the island nation — the most powerful to hit the country in a century.
 ニューヨーク(CBS)パット ロバートソン、アメリカのキリスト教テレビ宣教家で“700クラブ”キリスト教番組の司会者はハイチでの今世紀最大の7,0の破壊的地震が島国を揺るがした事について報告している最中に『ハイチ人は“神への偉大な信仰と言う変換”が必要だ。』と述べた。


As Haitian Prime Minister Jean-Max Bellerive said "well over" 100,000 people may have died in the national disaster, Robertson took to the airwaves Wednesday on his show and said that the country has been "cursed by one thing after another" since they "swore a pact to the devil."
ハイチ首相ジョン マックス べラリーヴが10万人以上を“遥かに超える”人々が死亡した可能性があると述べている間にロバートソンは水曜日に彼の番組で此の国(ハイチ)は“悪魔との同盟を誓って”から“次から次へと呪われている”と語った。

"Something happened a long time ago in Haiti and people might not want to talk about," Robertson said Tuesday.

『随分昔にハイチでは何かが起こった可能性があり人々はその事について話したくないかも知れない。』とロバートソンは火曜日に語った。

"They were under the heel of the French, you know Napoleon the third and whatever. And they got together and swore a pact to the devil. They said 'We will serve you if you will get us free from the prince.' True story. And so the devil said, 'Ok it’s a deal.' And they kicked the French out. The Haitians revolted and got something themselves free. But ever since they have been cursed by one thing after another," Robertson said.

『彼等はフランス人の踵に踏みつけられていた。知ってるだろう?ナポレオン3世とか何とかって奴を。それで彼等は寄り集まって悪魔との同盟を誓ったのだ。“若し貴方がフランスの王子から我々を解放してくれるなら我々は貴方の為に仕える。”ホントの話だよ。それで悪魔は“OK!商談成立!”と言い、彼等はフランス人を蹴り出した。ハイチ人は反乱を起こし自由の様な物を勝ち得た。然し其れからと言う物彼等は次から次と呪われている。』とロバートソンは語った。
This is not the first time the former Republican presidential candidate has made controversial comments in the wake of national disasters.
此れは此の元共和党大統領候補(ロバートソン)が国家的大災害の直後に物議を醸し出すコメントを語った初めての例ではない。

He has linked Hurricane Katrina and terrorist attacks to legalized abortion.
彼はハリケーンカタリナ、テロリスト攻撃から合法的人工中絶にまで関連付けられている。(色々な機会に信じられない様な事ばかり口走っている)

"I was reading, yesterday, a book that was very interesting about what God has to say in the Old Testament about those who shed innocent blood…But have we found we are unable somehow to defend ourselves against some of the attacks that are coming against us, either by terrorists or now by natural disaster? Could they be connected in some way?" Robertson said in a September 12, 2005 broadcast of "The 700 Club."
『清廉潔白な人々の血を流す人々に関して神が非常に興味深い事を語っている旧約聖書一章を私は昨日読んでいた。然しテロリストであるか今回の様な自然災害?であるかに拘らず我々に向かって攻撃してくる物に対して何故か我々を守れない事を我々は理解した。これ等の事は如何言う訳か御互いに関係し合っているのだろうか?』とローバートソンは2005年9月12日に“700クラブ”の放送中に語った。
(ニューオーリンズを襲ったハリケーンカタリナの被害者について語っている)

パット ロバートソンのハイチ地震についてのコメントはYoutubeで見ることが出来ます。興味のある人はですが-------------。下記

http://www.youtube.com/watch?v=S5nraknWoes

ejnews: ハイチの地震についてのニュースは日本にも伝えられていると思います。この大規模な地震は本当に悲惨な災害ですが、ブッシュ政権のハリーケーンカタリナやインドネシアの津波被害者に対する救済活動の不手際と違いオバマ政権は素早い対応をしているようです。処が、此の地震で大勢のハイチ人が死亡し苦しんでいるにも拘らずアメリカの極右翼キリスト教牧師(ordained minister)パット ロバートソンは『ハイチ人は悪魔との同盟をしたから呪われていている。』と言う様な事を自身のテレビ番組で放送してしまったのです。パット ロバートソンは共和党を支持してきた重要な人物の一人で、この様な日本では一寸考えられない様な事ばかり言っている事で悪名の高い人です。“700クラブ”と言うテレビ番組を通した無知な人々への彼の影響力は非常に強いのです。彼のこの様なコメントの例は2003年保守派の裁判官をブッシュ大統領が選べる様に『我々は神に奇跡をお願いする。3人の米最高裁の裁判官は一人は83歳、一人は癌患者、そしてもう一人は心臓疾患を患っている。神が此の3人を引退させる事は可能かもしれない。』とか、2002年の『回教徒のユダヤ人に対しての行いはヒットラーよりも悪質だ。』とか、2005年にはヴェネズエラのウーゴチャヴェス大統領に関して『我々は彼を取り除く能力を持っている。そして其の時は来た。其の為に2000億ドルの戦争をする必要は無い。密かに彼を暗殺し事を終わらしてしまう方が遥かに簡単だ!』此の発言は外国の政治家暗殺を提案しているのです!!!!
其の他にアメリカにはRush Limbaughラッシリンボーと言う共和党を支持し共和党のシンボルの一人でもあるラジオトークショーホストがいるのですが、彼は2008年には(2016年までの契約)史上最高の4億ドルの契約書にサインしたと報じられた全米で最も人気のあるトークショーホストなのです。彼もパットロバートソンと同様色々普通ではない発言で有名な人で、今回も自身のパーソナリティーに忠実なリンボー氏は全米市民の期待を裏切る様なことはせず、オバマ政府のハイチ援助努力について『ホワイトハウスのウエッブサイトで紹介されている援助団体に援助金を送る必要は無い!(ホワイトハウスに紹介されている団体に送っても)実際ハイチに着くかどうか解からない。其の上(米市民は)税金を払う事によって既に援助をしているからだ!』等と彼のトークショーで発言したのです。
ホワイトハウスのスポークスマンはパット ロバートソンとラッシ リンボーの発言に対して下記の様な感想を漏らしています。

"It never ceases to amaze that in times of amazing human suffering somebody says something that could be so utterly stupid, but it like clockwork happens with some regularity."
『人間が苦境に立っている時に誰かがこの様な全く馬鹿な事を言う現象は人々を驚嘆させる事を止めない。然し此の現象は時計仕掛けの様に定期的に起こる。』(この様な発言が何かが起こるたびに誰かによって為され、余りの完全な馬鹿馬鹿しさの為驚きっぱなしである。然し、この様な馬鹿馬鹿しい発言は何か起こる度に時計仕掛けの様に定期的に誰かによって為さる。)と言う意味。

"Again, I think in times of great crisis there are always people that say really stupid things ... I don't know how anybody could sit where he does, having enjoyed the success that he has, and not feel some measure of sorrow for what has happened in Haiti. I think to use the power of your pulpit to try to convince those not to help their brothers and sisters is sad."
『又同じ事だが、私の意見ではこの様な大危機の時、常に本当に馬鹿な事を言う人がいるものだ-------彼がしている様に誰か(ラジオの放送局に)座って彼が経験している自身のキャリアの成功を楽しみながらハイチで起こった事に幾許かの悲しみを感じないなんて一体誰が出来るのか理解に苦しむ。説教壇の影響力を利用し彼等の兄弟姉妹を援助しない様に説得する事は悲しい事だと私は思う。』(“彼等の兄弟姉妹”は当然ハイチ国民の事。)


http://content.usatoday.com/communities/theoval/post/2010/01/obama-spokesman-calls-robertson-limbaugh-stupid-over-haiti/1より

 ハイチはヨーロッパ諸国の植民地の中で黒人奴隷が史上始めて反乱を起こし独立を勝ち得た国ですが、フランスへの損害賠償金支払いを強制され経済的困難を独立時から抱えて始まった国です。ハイチは歴史的にも重要な役割をしている国で、南米のスペインからの独立戦争時に独立戦争の指導者シモン ボリバルはハイチのアレクサンドル ぺティオン大統領から独立後はボリバルの支配する南米では奴隷解放を実施すると言う約束で経済的、軍事的援助を受け最終的にスペインからの独立を勝ち得た話とか、ハイチ自身がフランスからの独立戦争を戦っている当時、ナポレオンの送ったフランス軍配下のポーランド義勇軍の兵士達がハイチ独立軍に同情しフランス軍から離脱しハイチ独立の為に戦ったとか色々興味深い国なのです。
 最近のハイチはアメリカの保守勢力による軍事クーデター(スクール オブ アメリカで教育を受けた人々がクーデターの指導的地位にいるようです。此の中南米の軍人を教育しているアメリカの軍事学校については機会のある時に説明させて頂きます。)が続き、クリントン大統領時代に関税を取り払う条約が結ばれた結果ハイチの農業の崩壊があり、其の後、終にアメリカが支持する軍事クーデターが成功し現在はアメリカの狙ったネオリベラル経済資本主義によって経済的には惨憺たる状況です。
欧米諸国がハイチの国家としての成功をサボタージュした理由は最近まで続いた欧米諸国の有色人種の住む地域を植民地化した政策にとって困った問題だったからなのです。例えば、米合衆国等は奴隷制が違法となった後でも、1960年代中期までジム クロー法(Jim Crow Laws)で黒人の社会参加を禁じていたのでハイチの元黒人奴隷政権は有色人種で然も奴隷だった人々が責任ある政権を維持出来ると言う例は極めて迷惑な話だったのです。日本政府が1919年、第一次大戦後のパリ平和会議で国際連盟の憲章に“全ての民族が平等である”と言う条項を加えようとした企てが英国、カナダ、米、オーストラリア(オーストラリアは最近まで白豪主義で有名でしたがアジア諸国の経済的発展が始まると“我々は白い肌の東洋人だ!”といって白豪主義を撤廃したのです!)等の反対によって阻止され、大日本帝国政府の反欧米感情を増大させ第二次世界大戦の原因の一つを作ったのは有名な話ですが、当時の有色人種植民地を支配する欧米諸国にとっても日本の“全ての民族、人種が平等である”と言う提案は迷惑な話だったのです。

 
Jim Crow Laws ジム クロー法  南北戦争後南部の白人支配層は黒人の社会、政治参加を阻止する為に種々の法律を定め、それらの法律がジムクローと呼ばれ1965年まで続いた。白人と黒人の使うトイレが違っているとか公共交通機関で白人の座席と黒人の座席が違った場所にあるとか------------。
特に有名な一例は、黒人は白人によって故意に文盲状態されていたので(文字が読めると種々の本を読み不公平な米白人社会に対して組織的な反乱が起こる可能性がある)字の読めない人が多く選挙時に字が読めるかどうかのテストをされ、字が読めないと選挙権が与えられなかった。此れだけでも殆どの黒人を当時は選挙から排除出来た。ジムクロー法は1965年まで続いた。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

民主主義と支配。

ejnews: アメリカではオバマ政権の社会健康保険設立の企ても健康保険業界にとってもっと利益の出る改悪の様な状態になっていて一般庶民(飽く迄も一般庶民にとってです。富裕層は別の話です)にとっては余り芳しくない状態が続いています。アメリカでの社会政治評論を読んでいるとアメリカと言う国家は全ての産業、資本活動で独占化が進み(金融業界での例は、少数の金融企業による市場の独占で企業が巨大化し経営破綻しても破産させると社会に与える影響が大き過ぎ政府が国民の税金を使って援助しなければならないと言う意味のtoo big to failと言うフレーズが生まれました。御存知の様に此のtoo big to failと言う言い訳でアメリカの金融企業を救う為に7000億ドルもの税金が使用されたのは記憶に新しい事です。此処での問題はレーガン政権時代より始まった保守勢力によって掲げられた“政府は企業の経済活動に口出しするべきではない”と言う自由市場経済主義とかネオリベラリズム経済主義と呼ばれる主義による経済活動に対する規制排除により現在の世界的なリセッションが発生したのですが“政府は企業の経済活動に口出しするべきではない”と言う思想にも拘らず彼等は経営破綻すると政府に経済的援助を求めるのです!!!政府による企業の経済活動への介入はネオリベラル経済主義の正反対の行動なのですが企業が巨額の国民の税金を受け取る場合はネオリベラル経済主義者は主義の矛盾を感じないようです)過去に数多かった企業の数が少なくなり少数の巨大企業が特定の産業を支配する事になり、同時に資本の集中が進み其の膨大な集中された資本がアメリカの政治を支配しているとの事の様です。と言う事で誰もが感じているように支配的資本層は当然オバマ政権でさえも操っていると言う事なのでしょう。然し集中した資本が政治を操る以外に他の問題も多く、例えば19世紀末期~20世紀初頭の西洋的政治概念で捉えられた右翼、左翼、保守、革新、保守派、進歩派等どの様な派閥が政権を支配しても、左翼政権は左翼政権が、そして右翼政権は右翼政権で彼等が政権を維持出来る環境を保持し様と当然務めるのです。其の行動は別の言い方をすれば或る意味で保守的行為なのです。だから何か別のもっと有効な新しい政治理念が現れた場合現時点で左翼と呼ばれている政権でも簡単には彼等の支配権を新しい思想等に譲り渡さないと言う事です。この様な理由で同じ政権が長期間政権を維持するとどの様な政権でも保守硬直化してしまうと言う説明です。(当然の話ですが-------)つまりある特定の支配層が長期間政治を支配する事は避けた方が国家の健康な機能にとっては良いと言う事なのです。アメリカでは2大政党制(共和党と民主党は同じ政党でどちらの政党が政権についても本質的に保守資本の召使であると言う認識)と言う詐欺で保守資本層の国家支配が続いているようです。其処で今日の政治英単語はOligarchyです。

Oligarchy オリガーキー

Oligarchy (Greek Ὀλιγαρχία, Oligarkhía) is a form of government where political power effectively rests with a small elite segment of society distinguished by royalty, wealth, family, military powers or occult spiritual hegemony. The word oligarchy is from the Greek words for "few" (ὀλίγον olígon) and "rule" (ἄρχω arkho). Such states are often controlled by politically powerful families whose children were heavily conditioned and mentored to be heirs of the power of the oligarchy. This type of power by it's very nature may not be exercised openly; the oligarchs preferring to remain "the power behind the throne", exerting control through economic means. Oligarchies have been tyrannical throughout history, being completely reliant on public servitude to exist. Although Aristotle pioneered the use of the term as a synonym for rule by the rich, for which the exact term is plutocracy, oligarchy is not always a rule by wealth, as oligarchs can simply be a privileged group.

オリガーキーは王権、富、家族、軍部権力、若しくはオカルト精神的支配権等の社会的少数エリートグループに実質的に政治権力が所有された型の政府の事。オリガーキーはギリシャ語の“少ない(ὀλίγον olígon)”と“支配(ἄρχω arkho)”から来ている。疎の様な国家は多くの場合政治的支配力のある家族にコントロールされ、それらの家族の子供達はオリガーキー権力の後継者として徹底的に訓練を受け指導される。此のタイプの権力は其れ自身の性格から公には行使されず、オリガーキーは“王座の影の力”に留まる事を好み経済的手段で支配力を行使する。歴史を通じてオリガーキーは専制的で、存続の為には市民の完全な隷属状態に頼っている。“富裕層による支配”の同義語として此の言葉はアリストテレスによって使い始められたのだが、彼の意味した物はプルトクラシーだった。オリガーキーを構成しているグループは単に特権階級と言う可能性があるのでオリガーキーは常に富による支配と言う訳ではない。

------------と言う事でした。
処で、アメリカでは昨年クリスマスにアメリカのノースウエストの旅客機を爆破し様とした23歳のナイジェリア人の話が話題になっていますが、此の事件に関しての記事を読んでいると何だか陰謀論者と言う人々の意見も理解出来る様に感じます。と言うのは--------


① 彼はナイジェリアの要人の息子で彼の父親が2009年の11月に既にナイジェリアの米大使館で米中央情報局に『息子は過激イスラム教の影響を受けていて息子の行動を心配している。』と報告している!!!!!

②彼はユニバーシティーカレッジロンドンと言う大学に留学していた当時既にイスラム社会連盟と言う団体のプレジデントを務めていて、過激イスラム思想による講演等を主催していた。

③彼の英国滞在時の行動によって英国情報機関は彼を危険人物と捉え、大学を卒業後のイギリス出国時に英国への以後の入国を拒否されていた。当然此の情報はアメリカ当局へ通知されていた。(ワシントンポストによると米国のテロリズムデータベースに彼の名前が含まれていた)彼は国際テロリズム警戒人物にとしてブラックリストに載っていたにも拘らずノーフライリスト(旅客機に乗るには危険な人物とされるリスト。昨年他界したエドワードケネディーもノーフライリストの名前が載っていて旅客機での旅行の度に空港で厳重にチェックされ旅行が非常に困難だった。)ケネディーが危険人物として載っている程の此のリストに如何して此の23歳のナイジェリア人の名前が無かったのか?

④2004~2005年彼はイエメンに滞在、アルカエダのイエメン地域のコマンダーとの関係が知られている。
⑤旅客機への搭乗券を購入した時現金を使い2週間アメリカに滞在の予定にも拘らず搭乗時には荷物を持っていなかった。普通航空券を現金で購入し然も2週間の海外滞在で荷物が無い場合は何か変だと普通思うのが普通でしょう!

⑥そしてhttp://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2010/01/02/group_slams_chertoff_on_scanner_promotion/   によると米政府機関ホームランドセキュリティーの元ボスだったマイケルチャートフはチャートフグループと言うコンサルタント会社を経営、其のクライアントの中に空港で使う新型のbody scannerボディースキャナー(衣服に覆われた人体が透視出来る)の製造会社がありクリスマスのデトロイトでの旅客機テロの結果150台の新しいスキャナーをTSAが購入決定。国際的にも此のスキャナーの販売数の上昇が見込まれている。9/11テロ以降アメリカが国際旅客安全に費やした費用は400億ドル以上に上り殆ど全てがテロ関係企業の利益となっていると言う事です。つまり成功しない小さなテロ事件が起こるたびに米政府はテロ対策強化と言う理由で政府要人にコネのある会社の高価なスキャナー等を世界中の空港にプロモート出来、又テロ対策と言う名の下で市民のプライヴァシーまで奪ってしまう事ができるのです。


Transportation Security Administration (TSA)は2001年ジョージブッシュ政権によって設立された公共交通の安全を管理する機関。2002年マイケルチャートフのホームランドセキュリティーの一部となる。

ニュースソース

http://www.nydailynews.com/news/national/2010/01/03/2010-01-03_plane_questions_dont_fly_right_warning_signs_were_evident_yet_bomb_suspect_still.html

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/5217186/US-authorites-divert-Air-France-flight-carrying-no-fly-journalist-to-Mexico.html

http://www.newint.org/features/2009/10/01/blowback-extended-version/

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/12/25/AR2009122501355.html

其の他にも最近はイエメンでのアルカイダ活動が急遽注目されているのも何だか胡散臭く、此のナイジェリア人のイエメンでのブッシュ政権時代に2007年にガンタナモ収容所から釈放されたアルカイダ主要メンバーとの接触(http://abcnews.go.com/Blotter/northwest-flight-253-al-qaeda-leaders-terror-plot/story?id=9434065)等もテロ対策と言う名の地下資源支配にはもってこいの言い訳になる様な気がしませんか?(此のアルカイダメンバーの釈放もガンタナモ収容所の80%が無実と言われている事を考慮すると不可思議な釈放と言えると思います。)と言うのは2007年に現在の国防省長官ロバートゲイツ(元空軍将校、米情報局26年在籍、ブッシュ父政権時代の中央情報局長官、イラクスタディーグループのメンバー等)によって設立された米軍のアフリカ司令部(本部はアフリカ諸国に由って拒否されたのでドイツのシュツッツガルトに存在する)の米軍基地“キャンプレイニアー”がアフリカの小国ドゥジブティDjibouti ((エチオピアの隣、紅海のイエメンの対岸)に存在しているのですが、米軍のアフリカ司令部はアフリカの地下資源を主に中国の支配から守る為に設立されたようです。反テロ対策(テロリズムに対する戦い)は特別な敵が特定出来ないので世界中で起こるテロが米軍介入の言い訳となり、デトロイトでのクリスマスのノースウエスト旅客機テロは米政府のアフリカや中近東軍事支配を前進させる絶好の機会の様に見受けられるのですが-----------私の考え過ぎでしょうか?
米軍アフリカ司令部については私のブログの翻訳記事である下記を参照して下さい。
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-40.html


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

明けましておめでとうございます!

ejnews:  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
 皆さん御正月は如何でしたか?私はノンビリと何もしない寝正月を楽しんでいます。新年に入ってもアメリカでは昨年の続きで特に“此れは民主主義が機能し始めている!“と言う様なニュースは未だ見られないようです。
 処で、クリスマスの前に久しぶりに3人の子供達(子供達と言っても22歳~20歳)とAvatarアヴァターと言う映画を見ました。此の3D CGI映画は“若しアメリカの原住民アメリカインデアンの文明が西洋の資本主義文明に征服されなかったら”と言う世界をScience fictionサイエンス フィクション(Sci Fi サイファイ)で描いた映画で、1960年代に発表された地球(地球自体を含めた地球に住む全ての生物や環境)は一つの巨大な生命であると言う英国の科学者James Ephraim Lovelock ジェームス ラブロックの“Gaia hypothesisガイア仮説”と全く同じ世界観である日本のアイヌ、オーストラリアのアボリジニ、アメリカインデアン等の世界観を新しい世界文明の指針にする事以外地球が生き残る方法が無いのではないかと言う子供達にとって非常に大切なメッセージを送っています。余談ですが、御存知のようにAVATARはインドのヒンドゥー教でAvatar若しくはAvataraと言われるdeities(神々)の現世界でのmanifestation(人間に見える様に現れた形態)と言う意味で特にVishnuヴィシュヌのアヴァターは有名です。

 では早速新年早々私のrant diatribe  pontification(此の3つの言葉は私のブログでの意見の自虐的表現です)を始めさせて頂きます。


rant 激しい口調で語る事。
diatribe 厳しい辛辣な口調の批判、攻撃、等々。
pontification 意見や批評を教理的(ドグマ的)に述べる行為。


 最近(世界的金融危機の後特に)欧米ではマルクスの著書が多く読まれていますがマルキシストの単純な階級闘争は余りに単純な人間社会の理解の仕方で、21世紀の人間でマルキシズムを其のまま受け入れている人はいないと思います。現在のアメリカの状況を見ていると支配階級によって劣悪化された教育によって殆ど無知にされた米市民の多くは政治機構が支配的資本層によってコントロールされている事に殆ど気がついていない様で、又、多くの米市民は選挙で投票する事が民主主義と勘違いしていて、投票以前に投票決定した自身の思考過程を全く批判的に考える能力を失っている米市民が多い様に感じられます。
 では米市民がボンヤリと感じている米合衆国の民主主義政治形態はとは一体どの様な形態だと考えられるのでしょうか?
 先ず最初にPlutocracyプルトクラシーと言うアメリカで政治関係のニュースや書物を読む時に絶対行き当たる英単語を下記で紹介させて頂きます。


Plutocracy プルトクラシー (From Wikipedia)

Plutocracy is rule by the wealthy, or power provided by wealth. In a plutocracy, the degree of economic inequality is high while the level of social mobility is low. This can apply to a multitude of government systems, as the key elements of plutocracy transcend and often occur concurrently with the features of those systems. The word plutocracy (Modern Greek: πλουτοκρατία - ploutokratia) is derived from the ancient Greek root ploutos, meaning wealth and kratein, meaning to rule or to govern.
プルトクラシーは富による支配と言う意味、若しくは富によって提供された権力と言う意味。プルトクラシーでは経済的不平等の率は高く社会階級的移動の率は低い。此れは種々の政府形態に当て嵌められ、プルトクラシーの基本的な要素は(政治形態の)枠を超えていてしばしば同時にこの様な政治形態の特徴として現れる。此の言葉プルトクラシーは古代ギリシャ語のploutos意味は“富”とkratein意味は“支配若しくは治める”と言う意味の言葉に根を持っている。

The term plutocracy is generally used to describe two distinct concepts: one of a historical nature and one of a modern political nature. The former indicates the political control of the state by an oligarchy of the wealthy. Examples of such plutocracies include some city-states in Ancient Greece, the civilization of Carthage, the Italian merchant republics of Venice and Florence, and Genoa.
プルトクラシーと言う表現は通常2つの際立った概念を説明する為に使われる。:
1つは歴史的性質でもう1つは現代政治の性質である。前者は富裕層のオリガーキーによる国家の政治的支配である。この様なプルトクラシーの例は古代ギリシャの都市国家、カルタゴ文明、イタリアの商業都市共和国のヴェニス、フィレンッツェ,ジェノアを含んでいる。

Kevin Phillips, author and political strategist to U.S. President Richard Nixon, argues that the United States is a plutocracy in which there is a "fusion of money and government." [1].
大統領リチャード ニクソンの政治戦略家、著作家のケヴンフィリップスは米合衆国は“資本(金銭)と政府”の合体したプルトクラシーだと主張している。

----------と言う説明です。此の“資本(金銭)と政府の合体したプルトクラシー”はファシズムに近く、ある辞書でのファシズムの説明は“支配的資本と好戦的愛国主義と右翼政権が合体した政治形態”だと説明されているようです。何だか現在の何処かの国の事のようですね!民主主義の基本的原理は平等ですから特定の民主主義国家内で家系、民族、資産等によって待遇が違うと言う事は基本的に民主主義に反する現象で、例えば資本の政治介入を抑制する事等が民主主義が機能するかどうかの鍵になるのですが、どの社会でも時代によって資本層や軍部等が政治を独占する不幸な時代が見られるようです。皆さんも御存知の様に最近のアメリカではレーゼーフェア自由市場経済資本主義(ネオリベラリズム)と言うスローガンによって特にレーガン政権以降経済活動に対する規制が徐々に削減され(企業や富裕層への税金も大幅に削減され)現在の経済的に不平等なアメリカ社会を作り出し、又企業(特に金融企業)の暴走を許し現在の世界金融危機の原因となっているのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。