スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝祭と乳癌は全く関係ありません!

Safe Breast Self Exam by Young
Women vs. Dangers of Mammography
若い女性による安全な乳房自己検査VSマンモグラフィーの危険性。


此の記事の一部の翻訳です

Samuel S. EpsteinサミュエルS.エプスタイン

Cancer prevention expert, prof. emeritus at U. of IL School of Public Health, Chicago
癌予防の専門家、イリノイ大学公共保健衛生学部の名誉教授。

Posted: August 5, 2009 03:16 PM
http://www.huffingtonpost.com/samuel-s-epstein/safe-breast-self-exam-by_b_251944.html

The routine practice of taking two films of each breast annually over 10 years, results in approximately 0.5 rad (radiation absorbed dose) exposure. This is about 500 times greater than exposure from a single chest X-ray, broadly focused on the entire chest rather than narrowly on the breast. Moreover, the premenopausal breast is highly sensitive to radiation. Each rad exposure increases risks of breast cancer by about 1%, with a cumulative 5% increased risk for each breast over a decade's screening. So, a premenopausal woman having annual mammograms over 10 years is exposed to roughly 5 rads. This is the approximate level of radiation received by a Japanese woman a mile or so away from where the Hiroshima or Nagasaki atom bombs were exploded.
10年以上に亘って両方の乳房のママグラフィーのフィルムを2枚づつ取る習慣的行為は0,5ラッド(放射線が吸収された単位)の被爆と言う結果になる。此れは乳房に集中するママグラムと較べて胸中幅広くフォーカスされた1回の胸部レントゲン写真野500倍の被爆と言う事である。其れに加えて閉経前の乳房は放射線に対して非常に敏感である。1ラッドの被爆は乳癌の危険性を1%増加させ、各乳房の10年間のママグラム検診で累計的に5%の増加となる。と言う事は閉経前の女性が毎年ママグラムを10年間受ける事は約5ラッドの被爆となる。此れは広島と長崎の原子爆弾が爆発した地点から1マイルの地点にいた日本人女性が受けた略同量の放射線レヴェルである。

Mammography or mammogram: ママグラフィー若しくはマモグラフとは乳癌検診に使用される放射線を利用したレントゲンの様な技術若しくは機械です。
“Nemoは行くよ!”のNemoさんによるとマンモグラフィー、マンモグラフと日本で呼ばれているそうです。Nemoさん、有り難うございます。

Radiation risks are increased by fourfold for the 1% to 2% of women who may be unknowing and silent carriers of the A-T (ataxia-telangiectasia) gene, and thus highly sensitive to the carcinogenic effects of radiation. By some estimates, this accounts for up to 20% of all breast cancers diagnosed annually.
A-T(ataxia-telangiectasia)遺伝子を知らないで潜在的に受け継いでいる女性にとっては1%と2%の間では放射線の危険性は4倍で、此の理由によって(彼女達は)放射線の発癌性効果に非常に敏感である。或る見積では此れ(この様な女性達)は毎年診断される乳癌の20%になる計算である。

Of additional concern, missed cancers are common in premenopausal women due to the density of their breasts. Mammography also entails tight and often painful breast compression, particularly in premenopausal women. This may lead to the rupture of small blood vessels in or around small undetected breast cancers, and the lethal distant spread of malignant cells.
更なる懸念は、閉経前の女性の間では彼女達の乳房の密度が原因で見過ごされる乳癌は一般的である。ママグラフィーは又、強くそして多くの場合特に閉経前の女性に痛みを伴う乳房の圧縮を必要とする。此れは見過ごされている癌の内部若しくは周囲の小さな血管の破裂の原因となり、そして悪性の(癌)細胞を遠くまで広げる可能性がある。

That most breast cancers are first recognized by women themselves was even admitted as early as 1985 by the American Cancer Society (ACS), the world's largest "non-profit" organization. At least 90 percent of women who develop breast cancer discover the tumors themselves."
殆どの乳癌は先ず最初に女性自身によって気付かれる事は早くも1985年に世界最大のノンプロフィット団体であるアメリカン キャンサー ソサイティー米癌協会(ACS)によって認識されている。少なくとも90%の乳癌を発生した女性は彼女達自身で腫瘍を発見している。

-------------------the ACS is knee deep in conflicts of interest with the mammography industry. Five radiologists have served as ACS presidents and, in its every move, the ACS promotes the interests of the major manufacturers of mammogram machines and films, including Siemens, DuPont, General Electric, Eastman Kodak, and Piker. The mammography industry also conducts "research" for the ACS, to which it donates considerable funds. This blatant conflict of interest is hardly surprising. The Chronicle of Philanthropy, the world's leading charity watchdog, warned in 1993 that the ACS is "more interested in accumulating wealth than saving lives."
米癌協会ACSはママグラフィー業界と深い利害の矛盾関係にある。5人の放射線科医師が(現在まで)ACSの会長を務めていて(ACSの)全ての活動でACSはシーメンズ、デュポン、ジェネラルエレクトリック、イーストマンコダック、そしてパイカーを含むママグラムとフィルムの主要製造会社の利益を代表している。ママグラム業界は又かなりの資金をACSに寄付し、ACSの為に“調査研究”も行っている。此の露骨な利害の矛盾は全く驚くにはあたらない。主要国際的慈善団体監視機関である“慈善活動年代記”は1993年に“ACSは命を救うよりも富の蓄積に興味を持っている。”と警告している。

Not surprisingly, ACS promotion continues to lure women of all ages into mammography centers, leading them to believe that mammography is their best hope against breast cancer. An ACS communications director, questioned by journalist Kate Dempsey, admitted in an article published by the Massachusetts Women's Community's journal Cancer, "The ad isn't based on a study. When you make an advertisement, you just say what you can to get women in the door. You exaggerate a point . . . Mammography today is a lucrative [and] highly competitive business."
驚くにはあたらないが、ママグラムは乳癌に対する最良の希望であると女性達に信じ込ませ、全ての年齢の女性達をママグラフィーセンターに誘き寄せるACS米癌協会のプロモーションは続けられている。ACS米癌協会のコミュニケイションダイレクターはジャーナリストのケイトデンプシーの質問に『(今話題にしている)広告は研究調査に頼った物ではない。宣伝をする時には女性をドアの中に誘い込む事が出来る様に何でも言う物で、誇張する物だ---------今日ママグラフィーは利益の出るそして非常に競争的なビジネスである』と“マサチューセッツ女性地域ジャーナル癌”に発表された記事で白状している。

Furthermore, an analysis of several 1993 studies showed that women who regularly performed monthly breast self-examination (BSE) detected their cancers much earlier than those who failed to do so. However, the ACS and radiologists still claim that "no studies have clearly shown any benefit of BSE."
其の上、1993年の幾つかの研究は毎月の乳房自己検査(BSE)を定期的にしている女性達は自己検査を疎かにしている女性よりも遥かに早期に癌を探知している事を示している。然し、ACS米癌協会と放射線科医はいまだに『自己乳房検査(BSE)の利益を明確に表している研究は存在しない。』と主張している。

Apart from the importance of self-empowering women, the costs of BSE are trivial compared to the inflationary impact of mammography. The estimated annual costs for screening pre- and post-menopausal women are in excess of $10 billion, equivalent to about 14 percent of Medicare spending on prescription drugs. Costs of digital mammography, enthusiastically supported by radiologists and the radiology industry, are approximately four-fold greater, even in the absence of any evidence for its improved effectiveness.
女性自身に力を与えるだけでなく、ママグラフィーのインフレ的影響と比較すると乳房自己検査BSEの費用は極僅かである。閉経前後の女性達の年間費用の見積額は100億ドルを超えメディケアの処方箋薬の14%の費用と対応する額である。効果の改良の証拠が見られないにも拘らず放射線科医と放射線業界に熱狂的に支持されているデジタルママグラフィーの費用は約4倍である。

Medicareメディケア: アメリカの65歳以上に与えられている社会健康保険

Finally, and not surprisingly, premenopausal mammography is practiced by no nation other than the United States. ----------
最後に、そして又驚く事ではないのだが閉経前のママグラフィーは米合衆国以外の国では行われていない。-----------

ejnews: 今日は感謝祭でした。感謝祭とは英国からの企業による(英国で組織された営利目的の移民なのです)アメリカ移民達が食糧難に陥ったのを現地のアメリカ原住民に助けられ生き延びた事をお祝いする祝日ですが、原住民に助けられたにも拘らず彼等の土地を奪い虐殺し白人社会を拡大して行った米社会の始まりでもあり、感謝祭は白人国家としての米合衆国の其の後の行動の典型でもあるのです。感謝祭については2008年11月28日の“Thanksgiving感謝祭........................の歴史的事実。”と言うエントリーを参照してください。

 今日の話題は乳癌検査の為にアメリカで使われているママグラムmammogram若しくはママグラフィーmammographyと言う技術についてです。日本ではマモグラムと発音されているかも知れません。この様な話題を取り上げた理由はですねえ-------オバマ政権が女性の乳癌検診についての方針を前政権の方針から変更したのですが、医療社会と女性達双方から『エー!どうなってんの!?』と言う喧々諤々の議論が持ち上がり乳癌検診等した事もない私までもニュースを読んでしまったからです。私も妻がいますし、男性乳癌も存在するのですから私も関係なくは無いのです。
日本でママグラムが使用されているかどうか分かりませんが、日本政府は米政府つまり米企業利権の言いなりになる事が多いのでママグラムを日本で使い始める様な事になる時はママグラムはレントゲンよりも放射線量が強くしかも乳房に集中される事を考慮に入れて置いて下さい。

 処で、2009年6月7日のエントリー“気をつけないと北朝鮮“窮鼠猫を噛む”なんて事も..................?”でついでに報告していた“ドゥバイとサウディアラビアから9月にやって来る新しい金融の嵐の予兆。”ニュースが2ヶ月遅れで本当になったようですねえ。円高は暫く続くのでしょうか?兎に角、もう暫くすると又株式市場の暴落があると言うニュースですから此のニュースも現実化する可能性が高いのかな--------------?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

財政赤字、学生プロテスト、イラショナリティー。

California students protest
university fee hike
加州大学生、大学の学費引き上げにプロテスト。


http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jEIwDer2BxXtFipmnIaOR43_RoUA
AFPニュースフィード

SAN FRANCISCO — Student protests spread at California state universities over a big tuition hike Friday, with protesters barricading themselves inside a building at the University of California, Berkeley.
サンフランシスコ----金曜日に発表された巨額な学費引き上げに対する学生のプロテストはカリフォルニア州立大学中に広がっている。学生プロテスター達はカリフォルニア大学バークリー校舎にバリケードを設置立て篭もっている。

Several students, their mouths covered with bandanas, used a bullhorn to rally hundreds of protesters standing in rain outside an English department building at Berkeley, a flashpoint for student protests in the 1960s.
口をバンダナで覆っている数人の学生達はラウドスピーカー(拡声器)を使い雨の降る中、1960年代の学生運動の発祥地である英語学部バークリー校舎の外に立っている何百人ものプロテスターを指揮している。

Police made three arrests and closed off the area, while university officials canceled classes in the building for the day.
大学側は同日、同校舎での授業をキャンセル、警察は3人を逮捕し同現場を立ち入り禁止とした。

The takeover of the building, which began before dawn and was continuing at midday, was the latest reaction to a vote Thursday by University of California regents to raise tuition by 32 percent.
夜明け前に始まり日中続行している同校舎の占拠は大学理事会が木曜日に投票した32%の授業料値上げに対する最も最近の反応である。

Regents said the move was unavoidable because of deep cuts in state aid to education, but it sparked angry protests at several campuses across the state.
大学理事会は州政府の教育に対する財政支援の大規模な削減により此の方針は避けられなかったと発表したが、然しカリフォルニア州内に広がる幾つかのキャンパスで怒りのプロテストを触発している。

In Los Angeles, where regents met to vote for the tuition increase, 2,000 students protested on Thursday, and police arrested more than 50 students and at least one professor Thursday night at the state university campus in Davis.
授業料値上げに投票する為理事会が集まったロサンジェルスでは2千人の学生が木曜日にプロテストし、デイヴィスの州立大学キャンパスでは警察は50人以上の学生と少なくとも1人の教授を木曜日の夜逮捕した。

About 200 students seized an administration building late Thursday on the campus in Santa Cruz, and remained in those offices on Friday.
サンタクルーズ州立大学キャンパスでは木曜日午後200人の学生が大学管理部ビルを占拠し金曜日も同事務所を占拠している。

The campus in Berkeley, located across the bay from San Francisco, is rated as one of the top research universities in the world.
サンフランシスコの湾岸部に位置するバークリーキャンパスは国際的にトップクラスの学術研究大学の1つに挙げられている。

Its faculty has won 21 Nobel prizes, and it attracts many top international students -- including a high percentage from Asia.
バークリーキャンパスの教授陣は21個のノーベル賞を受賞し高比率アジア人学生人口も含め多くのトップクラス学生を世界中から引き付けている。

It also was an epicenter of student protests in the 1960s against the Vietnam war and other social issues.
そしてバークリーキャンパスは1960年代のヴェトナム反戦運動や其の他の社会問題に対する学生プロテストの震源地であった。

The tuition increases, to begin in January, will raise the basic annual fees for most undergraduate students at California's state universities from 7,788 dollars to 10,302 dollars.
1月に始まる学費の値上げは殆どのカリフォルニア州立大学生の基本的年間授業料を7,788ドルから10,302ドルに値上げする。

The move comes as the state is facing massive budget deficits caused in large part by the US recession -- which also has led to 12.5 percent unemployment in California and high home foreclosures throughout the state.
米合衆国の不況が主な原因の財政赤字にカリフォルニア州政府が直面する事によりこの措置は採られ、この合衆国の不況は又、カリフォルニアの12,5%の失業率と全州に及ぶ住宅差し押さえの原因ともなっている。

State officials said earlier this week that California faces a projected budget deficit of nearly 21 billion dollars, just four months after legislators approved a fiscal plan to close a similar shortfall.
州議会が同様の赤字財政案議決を承認した僅か4ヵ月後の今週明け州政府当局は予想される殆ど210億ドルに及ぶ財政赤字にカリフォルニア州は直面していると述べた。

Legislators closed the earlier shortfall in part by making massive cuts to education and other state services.
州議会は教育費と他の州政府公共サーヴィスの大規模な削減によって当初の財政赤字の一部を埋めた。

Copyright © 2009 AFP. All rights reserved
コピーライト(著作権)はAFPによって所有されています。無断転載を禁ず。

ejnews:   と言うカリフォルニア州財政危機のニュースでした。加州だけでなく多くの州政府は財政赤字に陥っているのですが苦しむのは何時も庶民ばかりなのです。米市民は1929年の株暴落で始まった恐慌時の様な大々的な政府へのデモは未だしていないようです。今回の加州立大学の学費値上げは生活にゆとりの無い中産階級以下の家庭の学生が被害を受け教育は益々富裕層だけの特権となって行く様です。此処で問題は富裕階級は人口比率では少数派で中産階級以下が大多数ですから学費の値上がりは国民の大多数から教育を受ける機会を奪いかねない行為なのです。歴史的に多くの国々で女性への教育が認められていなかったのですが、どの国家でも女性は男性より長生きし人口多数派ですから、其の多数派から教育の機会を奪う事は国民の大半を無知に留め国家の発展を妨害する事であるとは誰が考えても理解出来ると思います。特定の社会的精神状態に陥った国家ではこの様な事が正常だと思われるようです。
 或る歴史家が『文明の衰退期には支配階級が利己的になり、其の社会では非論理的irrationalityな考え、行為等が広まり終焉へと向かっていく-------』と言う様な事を書いていましたが、アメリカは若しかすると彼の言った終焉に向かっているのでしょうか?

 irrationalityイラショナリティー非論理的と言えば、数日前テレビで見た話があります。ニュース番組でRachel Maddow Showレイチェル マドー ショーと言う番組があり、彼女の番組はアメリカのニュースショーでは最近ホンの少しだけ増えて来た(アメリカの基準で)進歩的番組ですが、彼女が数日前この様な事を言っていました(下記はセグメントの一部です)----------

And then, there‘s this biblical quote making the rounds in anti-Obama circles. As reported this week in the “Christian Science Monitor,” “Pray for President Obama, Psalm 109, verse eight.” What‘s psalm 109 version eight? Well, it reads, “Let his days be few; and let another take his office.” Let his days be few. It‘s followed immediately by another verse, “Let his children be fatherless, and his wife a widow.”
And don‘t forget, that sentiment is now being merchandised on bumper stickers, on mouse pads, on Teddy Bears on aprons, framed tiles—those are nice. Keepsake boxes, t-shirts? “Let his days be few”—cute on a Teddy Bear.
Has anybody else crept out by this?
(英文はalternet.orgより)

そして、此のアンチ-オバマの人々の間で広がっている聖書からの引用文があります。クリスチャンサイエンスモニター紙で今週報告されたオバマ大統領の為の祈り“詩篇109第8節”。詩篇109第8節とは何でしょう?開けて吃驚!其れは“彼の日々を少なくさせたまえ!そして彼の権力の座に誰か他の人を就けさせたまえ!”と書いてあるのです。“彼の日々を少なくさせたまえ!”の直ぐ後には“彼の子供達を父親のいない子供にさせたまえ!そして彼の妻を未亡人にさせたまえ!”と言う節が後を追うのです。
そして忘れないで下さい!其の言葉は今やバンパースティッカー、マウスパッド、エプロンをつけたテディーベア(小熊の縫い包み)、額に入ったタイル---これ等は素敵ですが、記念の品を入れておく小箱、Tシャツ?等に(印刷されて)商品化されているのです。“彼の日々を少なくさせたまえ!”はテディーベアには可愛いんじゃない!(当然皮肉)
此れを見て誰か他にゾットした人いない?

-------------と言う部分です。(私はキリスト教を批判しているのではありませんアメリカの特殊事情の説明です。キリスト教徒の方どうぞ気を悪くしないで下さい。私の妻はカトリックです。)レーガン大統領以降共和党はEvangelicalismイヴァンジェリカリズム“福音主義”と言うキリスト教の信者が支持層なのは日本でも有名だと思いますが(キリスト教原理主義とも言われて聖書に書かれている事を其のまま事実として信ずる宗派)アメリカのイヴァンジェリカルと言う宗派は日本では一寸考えられない宗派で“地球の歴史は6千年”だとか、“女性はアダムの脇腹の骨から造られた”とか信じている様なのです!当然ダーウィンの進化論は彼等は信じていないので学校でも生物の授業で問題になるのです!テキサス州や他の南部の州で進化論の代わりに天地創造説Creationismを教えるべきだとか良く問題にしているのです。そして彼等の間ではHome Schooling ホーム スクーリング(学校ではなく親が家庭で子供を教育する制度)をしている家庭も多いようです。
 兎に角、(彼等は聖書を良く読むのでこの様な聖書の詩篇の部分を知っているのでしょう。私は敵を呪うこの様な詩篇が聖書に存在する事も知らなかったのですが)旧約聖書の余り重要でない詩篇を悪用しオバマ暗殺を暗示している様にも取られる此の部分を商品化しているのですから現代アメリカの一部の右翼キリスト教、若しくはキリスト教原理主義者の人々にはレイチェル マドーが言った様に一寸ゾットさせられませんか-----------そして若し狂気で無ければ非合理的行動irrational behaviorだと思いませんか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

イエス!ウイ キャン!だけど-----しないよ。

Yes We Can (But We Won't)
イエス!ウイ キャン!(バッツ ウイ ウォンッ!)
私達は出来る!(だがしない。)


Obama, Hatoyama and Okinawa
オバマ、鳩山、そして沖縄。


By DOUGLAS LUMMIS ダグラス ラミスによる。
Naha, Okinawa那覇、沖縄。


“カウンターパンチ”と言うウエッブサイトの記事の翻訳。http://www.counterpunch.org/lummis11132009.html

Walking distance from the US Consulate in Okinawa is a Starbucks coffee shop. My wife and I sometimes go there, because they let you sit at the tables and work, so long as you sometimes order coffee. When Kevin Maher was US Consul, he also used to come in from time to time. Once, when he was sitting right next to us, we heard him apparently ingratiating himself with a young Okinawan girl, in his reasonably good (though somewhat whining) Japanese: “I have no friends at all here. People put up signs saying, ‘Maher go home’”. And the girl responding dutifully, “Oh, you poor thing!”
沖縄総領事館から歩いていける場所にスターボックスカフィーショップがある。時折コーヒーを頼んでいる限りテーブルに座って仕事をさせてくれるので妻と私は時々其処に行く。ケヴンマーが米総領事だった時、彼も時折此処にやって来たものだった。一度彼が私達の直ぐ横に座っていた時彼の結構いける日本語(何処と無く聞き苦しい愚痴をこぼしている様な日本語ではあるが)で沖縄の若い女の子の御機嫌取りをしている事を聞いた事がある。『此処では私は友達が全く居ないんだよ。皆“マー!ゴーホーム!”と書いているサインを立てているんだ。』そして其の女の子は義務的に『まあ!可哀想な人だこと!』と答えていた。

whining ワイニング whine ワイン グジュグジュ泣き言を言う。此の表現会話英語で良く使われます。アメリカ人はグジュグジュ泣き言を言う人が多いのかなあ?

reasonably good まあまあ良い。かなりいける。程好い。よく使われる言い回しです。



Maher was a Bush neocon appointee, well known for his arrogance and rudeness toward the Okinawan people. Last year when the US military insisted on its alleged right to land a shipload of GIs on the small Okinawan island of Ishigaki for “recreation”, Maher sailed in on the ship with them and made the local newspapers by shouting “Baka yaro!” (roughly, “you idiots!”) at the local demonstrators. This from a career diplomat. Not long after that he got into the papers again when, at the same Starbucks, an Okinawan customer walked up to his table and dumped a cup of hot coffee in his lap, shouting “Go Home! or words to that effect.
マーはブッシュネ オコン政権が(沖縄総領事職に)指名し、彼の沖縄の人々に対する傲慢さや失礼な態度は良く知られていた。此れはキャリアー外交官から聞いた事だが、昨年、米軍が沖縄諸島の小島、石垣島に船いっぱいの米兵を娯楽の為に上陸させる権利を主張していた時、マーは彼等と共に乗船し反対デモの住民に対し“馬鹿奴朗!”と叫んだ事で新聞記事になってしまった。この事件の後それ程時間の経たない内に此の同じスターボックスで沖縄県人の客が彼(マー)のテーブルに歩み寄り“ゴーホーム!”若しくは疎の様な意味の言葉を叫びながら彼の膝に熱いコーヒーをかけた事でマーは又新聞に載ってしまった。

dumped a cup of hot coffee一杯のコーヒーを捨てる。と言う意味ですがdumpを使うと1度にガバッと中身を空ける様に捨てる感じになりマーに対して嫌悪感を持っている沖縄県人がマーの膝の上にコーヒーをぶっ掛けた感じが出ます。

or words to that effect若しくは疎の様な意味の言葉。



In his election campaign Obama made no promises to the Okinawans (politicians don’t make promises to people with no vote), but many Okinawans, like many people all around the world, including in the US, allowed their hopes to be roused by that most-marvelously-ambivalent-of-all-possible-slogans, “change.” Very soon after the election the news came in that Maher, far from being canned or given a desk job, had been promoted to the position of Director of the State Department’s Office of Japan Affairs. So far as the Obama Administration is concerned, “Change” doesn’t apply to Okinawa. The face that Obama has turned toward Japan as a whole is that of Maher.
彼の大統領選挙キャンペーンでオバマは沖縄の人々に何の約束もしなかった(政治家は選挙権の無い人々には約束をしないものだ)が、多くの沖縄の人々の様に米合衆国も含めて世界中の多くの人々が全てのスローガンの中でも最も驚異的に意味の曖昧な“チェンジ”と言う言葉で希望を膨らませたのだった。選挙の直後マーにニュースが届いた。其れは何処か黴臭い部屋で時間を過ごしたり事務職(窓際族として扱われる事と)とは全く反対で連邦政府対日外交部門のボスへの昇進であった。オバマ政権に関する限り“チェンジ”は沖縄住民には適用されないと言う事だ。オバマが日本に向けている顔は全体としてマーの顔なのだ。

But if Obama made no promises to Okinawa, the Democratic Party of Japan (DPJ) did. In its recent campaign, one of its public promises was to put an end to the plan to build a new US Marine Corps heliport on the sea off the town of Henoko, in the northern part of Okinawa’s main island.
然し若しオバマが沖縄の人々に約束をしなかったとしても日本民主党(DPJ)は約束したのだった。最近の選挙キャンペーンの公約の一つが沖縄本島の北部の海岸の町辺野古に海兵隊の新しいヘリコプター発着場を建設する計画に決着をつける事であった。

Some background: in 1995 three US GIs kidnapped and gang raped an elementary school girl here. This event triggered an explosion of pent-up resentment against the US military bases in Okinawa. An all-Okinawa rally was held that drew some 60,000 people, a significant percentage of the prefecture’s 1.2 million population. The US and Japan decided they needed to do something, and what they came up with was to promise to shut down the US Marine Air Station at Futenma, which is located smack in the middle of heavily populated Ginowan City, on the condition that it would be relocated offshore from the less-populated town of Henoko in the north.
背景:此処で1995年3人の米兵が小学生を誘拐しギャングレイプした。此の事件は沖縄の米軍基地に対する鬱積した怒りを爆発させる引き金となった。全ての沖縄で行われた集会は6万人程を集め、其れは120万人の県人口のかなりのパーセンテージであった。日米は何かをしなければならないと決定し、考え出されたアイデアは北部の人口の少ない辺野古沖に移動させると言う条件で人口の多い宜野湾市のど真ん中にある普天間米海兵隊飛行場を閉鎖する事であった。

This launched a powerful opposition struggle that continues today. Residents of Henoko oppose the new base because it will destroy the sea that has always been their livelihood. Especially old folks remember that it was the sea that kept them alive, gave them food, during the Battle of Okinawa and after. Ecologists point out that the planned location of the heliport is right in the middle of the northernmost habitat of the rare sea mammal, the dugong, and that construction will probably contribute to that animal’s extinction. Women from Ginowan, where the base is now, have traveled to Henoko and gone door to door, not to try to persuade people there to accept the base, but to warn them of its dangers: explosive aircraft noise, accidents, pollution, crimes by GIs, etc. – all the things they have been bearing in Ginowan for so long. And most Okinawans, including those directly affected neither by the removal of the old base nor by the construction of the new one, are enraged by the idea that the US and Japan think they can pacify them by simply moving a base from one part of Okinawa to another.
此れ(辺野古への移動と言うアイデア)は現在まで続いている強力な反対闘争を引き起こした。辺野古住民は常に彼等の生活基盤であった海を新しい基地は破壊すると言う理由で反対している。特に老人達は沖縄での戦闘中そして其の後、食料を提供し彼等を生存させたのは海だと言う事を記憶しているのだ。計画されているヘリコプター発着場の位置はジュゴンと言う珍しい海生哺乳動物の最北生息地のど真ん中にあり、基地の建設は恐らく此の哺乳動物の絶滅に加担するだろうと生態学者達は指摘している。現在基地のある宜野湾の女性達は基地を受け入れる様に説得するのではなく各戸口を回り辺野古住民に基地の危険性を伝える為に辺野古に訪れた。危険性とは:爆発的航空機の騒音、事故、汚染、米兵による犯罪、等々。これ等全ては彼等が実に長期に亘り宜野湾で耐えて来たことである。そして古い基地の移転や新しい基地の建設によって直接影響を受けていない人々も含めて殆どの沖縄の人々は、日米政府が単に基地を沖縄の或る地区から別の地区に移転する事によって沖縄の人々をなだめると事が出来ると考えている疎のアイデアによって激怒している。

Protest has been fierce and sustained. People from Henoko have been holding a daily sit-in at the Henoko fishing port; recently they celebrated their 2000th day of consecutive sit-in. Under the leadership of Henoko resident Higashionna Takuma, a team of sea kayakers was trained that has been nonviolently harassing the construction surveyors who come in the measure and test the sea bottom, and have delayed the project by many months and possibly years (and possibly forever). A court case was filed in San Francisco (Okinawa Dugong et. al. vs. Rumsfeld) arguing that the construction plan violates US laws requiring the protection of cultural properties in US construction projects overseas; in 2005 the judge handed down a favorable decision, but there has been no hint that this has affected US policy. In election results, in referenda, in opinion poll after opinion poll, Okinawans have made clear that they want this base out of their territory entirely.
抗議は激しく長期に亘っている。辺野古の住民は辺野古漁港での座り込みを毎日続けていて、最近連続2000日目の座り込みをお祝いした。辺野古住民東恩納琢磨氏の指導の下シーカヤックのチームが訓練され測量と海底のテストに来ている建設測量士達を非暴力的に悩ませていて、計画を何ヶ月も、恐らく何年も(そして恐らく永遠に)遅らせている。海外での建設計画には文化的資産保護が米法によって必要とされていると論議する訴訟がサンフランシスコで起こされている。(ジュゴンと他の物対ラムズフェルドと言う訴訟)2005年裁判官は訴訟に好意的判決を下したが、然し此れが米政府の政策に影響を与えたと言う兆しは無い。選挙結果、住民投票、全ての世論調査で沖縄の人々は米軍基地を彼等の領域から完全に排除したいと明確に表している。

It is true that the movement is divided on how to put their demand. The anti-war purists insist that the movement should make no statement whatsoever as to where the base should go: they say that it is wrong to relieve their suffering by imposing it on someone else, and that anyway as pacifists they should demand the base should not be moved, but abolished. A second group sees the issue not only as one of peace, but also of anti-colonialism. They point out that the bases are in Japan because of the Japan-US Mutual Security Treaty, which was negotiated in Tokyo without consulting Okinawa (when it was first signed Okinawa was still under US military rule). Most Japanese today seem comfortable with that treaty (the movement against it, once strong, has dwindled to almost nothing), and their comfort is made possible largely by the fact that 75 per cent of the US bases authorized under that treaty are located in tiny Okinawa, which comprises a mere 0.6 per cent of Japanese territory. They argue, if the Japanese people want US bases in their land, as their lack of opposition to the Security Treaty seems to indicate, isn’t it fair to locate those bases near the homes of the people who want them, rather than the homes of those who don’t’? (Imagine, if you can, the US government making a treaty with some foreign government to allow their bases on American soil, and then putting 75 per cent of those bases in Puerto Rico.) Another option that is talked about is Guam, which is, at least formally, US territory. But Okinawans who see themselves as a colonized people see Guam’s Chamorros as another colonized people, and argue that it would be far better to send the base to Okinawa’s colonizer, Japan.
此の運動は彼等の要求の表現方法について分裂している事は確かである。純粋な反戦主義者達は此の運動は基地の移転地に付いて一言も述べるべきでないと主張している。彼等自身の苦悩を他人に押し付ける事によって取り除く事は間違いである。そして、どの様な方法でも平和主義者として基地の移転を拒否し、其れに代わり閉鎖を要求するべきであると彼等は言っている。沖縄に相談無く東京で交渉された日米相互安全保障条約により日本に基地がある事を彼等は指し示している。(最初に此の条約が署名された時は沖縄は未だ米軍事管理下にあった。)現在殆どの日本人は此の条約に違和感を感じていない様で(此の条約に反対する運動は一時期勢力を持っていたが先細りし殆ど存在しなくなっている)日本の領土の僅か0,6%しか占めない沖縄に此の条約で公認されている75%の米軍基地が存在する事が主に此の違和感を感じさせない原因となっている。安保条約に対する反対意見の欠如が示す様に、若し日本人が彼等の土地に米軍基地を欲しいのなら基地を欲しくない人々の家の近くに配置するよりも、基地を欲しがっている人々の家の近くに配備する事が平等と言うものではないのか?と彼等は議論している。(若し出来るなら想像してごらん!若しアメリカ政府が或る外国政府と条約を結びアメリカ国土に彼等の軍事基地を許可し、その上75%の基地をプエルトリコに配置するとしたら。)他の意見は少なくとも合衆国の領土であるグアムについて語っている。然し、自身を征服植民地化された民族と捉えている沖縄の人々はグアムのチャモロを他の征服植民地化された民族と捉えていて、沖縄の征服者日本に基地を移転させる方が較べられないほど良いと議論している。

Until a few years ago the option to move the base to Japan was almost a taboo subject, mainly because mentioning it would make mainland Japanese upset and angry, and saying that one opposed it would elicit from them warm praises for one’s generosity. But more recently the taboo has been breached, and the option has become part of the public debate. And once the taboo was lifted, it turned out to have very wide support among Okinawans. So in the recent national election, the DSP made the removal of Futenma base some site outside of Okinawa, either to the mainland or outside of Japan altogether, and the cancellation of the Henoko project, a campaign promise. In return for this they got electoral support from Okinawa that was crucial to their takeover of the national government.
数年前まで基地の日本移転と言う意見は、主にこの事を口に出す事は本土の日本人を動揺させ憤慨させると言う理由で殆どタブーの主題で、其れに(基地の日本本土への移転に)ついて反対の意見を述べる事は其の気前の良い行為によって暖かい賞賛を(日本本土人から)引き出すと言う事であった。然し極最近タブーは破られ、此のオプションは国民的議論の一部となった。そして一度タブーが破られ取り除かれると沖縄の人々の間で非常に幅広い支持が存在する事が明らかになった。----と言う事で最近の全国選挙でDSP(DSPは民社等ですからDPJの間違いだと思います?)は普天間基地の県外への、本土へか若しくは根本的に日本以外への基地移転と辺野古計画の無効を選挙キャンペーン公約とした。此の見返りに彼等は日本政府の政権の座を取る為に重要だった沖縄からの指示を選挙で得た。

The question now is whether they will have the backbone to keep this promise.
今の問題は彼等が此の約束を守るだけの気骨を持っているかどうかと言う事だ。

From even before the DPJ’s election victory, the US has been putting pressure on it to break that promise. Before the election, when the DPJ victory was seen to be a sure thing, Secretary of State Clinton came to Japan and with the lame-duck reactionary prime minister Aso Taro signed something called the Guam Agreement, a redundant instrument that was aimed at binding the incoming Japanese Government to the policies decided by the outgoing one: the Futenma base would be moved to Henoko, some troops would be moved to Guam, the Japanese Government would pay for the move, etc.; all stuff already decided. Then when Secretary of Defense Gates came to Tokyo in October, after the Hatoyama government came to power, he was pointedly rude, violating rules of diplomatic protocol (refusing to go to a dinner party held in his honor, etc.) and made as clear as he could that the Obama Administration will accept “no change” in it Okinawa policy. Either the Marine Air Station is moved to Henoko, or else it stays in Futenma, and that’s it.
既に日本民主党の選挙勝利以前から合衆国政府は選挙公約を破るように民主党に圧力をかけていた。日本民主党の勝利が確実と見られていた選挙の前、国務長官ヒラリークリントンが日本を訪れ、形だけ首相で実質的首相としての機能を失った反動保守派麻生太郎首相と何やらグアム合意と呼ばれる様な物に署名をした。此のグアム合意は不必要な重複する法的書類だが、其れは新しく組閣される日本の政府を引退する古い政府の政策に縛り付ける事が目的とされていた。:其れは、普天間基地は辺野古に移転、或る人数の部隊はグアムに移転、そして移転費用は日本政府が負担、等々。これ等は既に決定されていた事なのだ。然し其の後、鳩山内閣が政権に就いた後、米国防省長官ゲイツが10月に東京に訪れた。ゲイツは外交儀礼の規則を無視する等してあからさまに傲慢無礼で(彼に敬意を表して開かれた晩餐会参加を拒否!)そしてオバマ政権は其の沖縄政策について如何なる“チェンジ”も受け付けない事を彼は出来る限り明快にさせた。海兵隊の飛行場が辺野古に移転するか、さもなければ普天間に留まる。唯それだけだ。

lame-duck 言葉が意味する様に“びっこの鴨”ですが、現在は能力を失った政治家、政権、議会と言う意味に使われます。例えば、次期の新しい大統領や首相が既に決まっている場合、現職の首相、大統領の言う事は誰も聞かなくなるので此の時期の政権や首相、大統領等は効率良く政治が出来なくなるのでレイムダックと呼ばれます。レイムダックは元々ロンドン株市場で使われ始めた言葉が何時の間にか政治用語になったとの事です。

With this, the Hatoyama Government has started to waffle. Defense Secretary Okada has begun explaining that there is a difference between a “public promise” and “what one says during an election campaign,” and people are beginning to wonder if the metamorphosis if the DPJ into an ordinary establishment party has already begun. After the election, Under Secretary of State for Asian Affairs Kurt Campbell said at a symposium (one can imagine the benevolent smile on his face) that the US will not be much harmed by the new Japanese Government, and that “a certain degree of independence” on the part of Japan should be welcomed. A useful slip: it means that in his view the previous Japanese Governments had not even that much. We’ll soon see if the new administration can do any better. As I write this, Obama is on his way to Tokyo. For the last three days one of the local Okinawan papers has had an English language page filled with appeals to Obama to understand Okinawa’s very special situation, and to give up the Henoko base plan. It would be wise for him to do so. For whether or not the US puts on a tough performance, or whether or not the Japanese government waffles, the Henoko residents will fight against the base as long as it takes.
この様な事情で鳩山政権は口を濁す様になって来た。岡田防衛大臣(防衛大臣とありますが外相の間違い)は“公約”と“選挙中に言う事”との間には違いがあると言い始め、そして人々は日本民主党の平凡な支配政党への変態(メタモーフィーシス)が既に開始したのではないかと疑い始めている。選挙の後、国務省アジア外交のカートキャンベルは或るシンポジウムで(彼の顔の慈悲深い笑顔が目に浮かぶだろう!)『合衆国は日本の新政府により被害を被ると言う事は殆ど無いだろう。そして日本の“或る程度のまでの独立性”は歓迎されるべき物だ。役に立つ船として------その意味は彼の視点では日本の前政権もそれ程ではなかった--------我々は新しい日本の政権はもっと効果的かどうか直ぐに分かるだろう。』と語った。
 私が此の記事を書いている今オバマは東京に向かっている。最近の3日間、沖縄の地方新聞の一つが英語のページで沖縄の特殊事情と辺野古計画を放棄する様にオバマに訴える記事を満載していた。オバマにとって其れをする事(辺野古計画放棄)は賢い事だろう。米政府が強攻策をるか如何か、日本政府が腰砕けになるかどちらにしても辺野古の住民は基地に対する反対闘争を時間の要求する限り続けていくだろう。

Douglas Lummis is a political scientist living in Okinawa and the author of Radical Democracy. Lummis can be reached at ideaspeddler@gmail.com
ダグラスラミス氏は沖縄に住んでいる政治学者で“ラディカルデモクラシー”と言う本の著者である。ラミス氏にはideaspeddler@gmail.comで連絡を取ることが出来る。

ejnews: 此の記事はオバマ大統領訪日の直前に沖縄に住む米国人政治学者によって書かれた記事です。賞味期間が過ぎる前に翻訳した方が良いと思い急いで翻訳しましたので若しかすると一寸した誤訳が有るかも知れませんがラミス氏が記事全般で表現したかった事は忠実に翻訳したつもりです。
 日本の右翼左翼の日米安保条約等についての意見の違いはあると思いますが、沖縄の人々に日本の平和の為に米軍基地の75%以上を押し付けるのは余りにも日本人は身勝手ではないでしょうか?
 然し、オバマ政権のリストを見た時一寸余りにも保守的で、ブッシュ政権に関係の深い人物、金融企業関係の人物、(確かモンサントに関係の深い人物も含まれていると思いますが)等が多くショックを受けたのですが、オバマ程の人物だから何とか騙し騙しコントロール出来るのだろうと私も含めた多くのアメリカに住む(脳が正常に機能している)人々は期待した物ですが-----------------------何と無くオバマが“ダークサイド”に影響されている様に見えませんか?
アー!ルーク!ルーク スカイワォーカー!ダーク サイド オブ ザ フォースに気をつけろー!オバマー!
Stay away from the dark side of the force! Luke Skywalker! I mean Obama!  アーーーーッ!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

米大統領訪日。でもクリントンの話。

Clinton didn’t want to go to Japan.
クリントンは日本に行きたくなかった。


Taylor Branch “the Clinton tapes”
タイラー ブランチ著 “クリントンテープ”

http://newsbusters.org/blogs/tim-graham/2009/09/27/spin-year-time-touts-bill-clinton-more-devoted-chelsea-power

If you don't believe it, consider the fight Branch describes between Clinton and Al Gore in November 1995. Gore told Clinton the President needed to visit Japan to heal a rift caused when Clinton failed to attend an APEC economic summit. Looking over Clinton's calendar, Gore noticed three light days in January. No, Clinton said, he needed to be home for Chelsea, who'd be taking her junior-year midterms. Gore was dumbstruck. "Al," Clinton said, "I am not going to Japan and leave Chelsea by herself to take these exams." A new rift opened — between Clinton and Gore. Branch describes Clinton as wrestling with the problem "like a medieval scholastic. It was a choice between public duty on a vast scale, and the most personal devotion." The Tokyo trip was set for April.

若し貴方が信用しないのならブランチ氏の記述している1995年11月のクリントンとアルゴアの間の諍いを考えて下さい。クリントンが参加出来なかったAPEC経済サミットによって発生した(日米間の)溝を埋める為大統領は日本を訪問するべきだとゴアはクリントンに話した。クリントンの(スケジュール)カレンダーを見ながらゴアは1月に予定の軽い3日間がある事に気が付いた。(然し)クリントンは“ノー!“と言った。彼は中学三年生の中間テストを受けているはずの娘チェルシーの為に家に居なくてはいけないからだ。ゴアは唖然としてしまった。『アル!俺はチェルシーを一人残してテストを受けさせ日本に行く様な事はしないぞ!』とクリントンは言った。クリントンとゴアの間に新しい溝が出来てしまった。“中世のスコラ哲学者達の様に広大な公務と最も個人的な献身的愛情との間の選択”と言う問題と格闘しているクリントンをブランチ氏は記述している。(と言う事で)東京行きは4月に予定された。

ejnews: オバマ大統領が日本を訪問していると言う事ですが、今後の日米関係はどうなるのでしょうねえ?恐らく何も変わらない様な気がしているのですが----------。特に米軍基地問題については。
 今日は米大統領訪日でもクリントン大統領訪日についての裏話でした。タイラー ブランチ著の“クリントンテープ”と言う本の一部の記述です。こんな事があったとは全く知りませんでした。結局米政府にとって日本はそんなに丁重な礼儀に従った御互いを尊敬しあう外交手段を執らなくても簡単にコントロール出来る国だと思われているのでしょうね。


最近撮ったUCLA大学付近の写真です。Westwoodウエストウッドと言う地区です。

ucla1

ucla2

ucla3


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コケイン、モンサント、米帝国、支配。

When Cocaine and Monsanto's Roundup Collide, War on Drugs Becomes a Genetically-Modified War on Science
コケインとモンサントのラウンドアップ除草剤が衝突する時、麻薬に対する戦いは科学に対する遺伝子操作の戦いとなる。


http://blog.buzzflash.com/analysis/894

Submitted by meg on Mon, 08/31/2009 - 1:40pm.

BUZZFLASH NEWS ANALYSIS
by Meg White

At the intersection of cocaine and Roundup in rural South America, Monsanto and the U.S. government are struggling to keep up appearances. That's becoming more and more difficult as the unanticipated hazards of genetic modification become clearer.
南アメリカの田舎でコケインとラウンドアップ(モンサントの除草剤)が交差する時モンサントと米政府は表面を取り繕うのに苦労している。そして其れは予期していなかった遺伝子変性がより明らかになると共にもっと難しくなっている。

Back in April, Argentinean embryologist Andrés Carrasco gave an interview with a Buenos Aires newspaper describing his recent findings suggesting the chemical glyphosate, a chemical herbicide widely used in agriculture as well as in U.S. anti-narcotic efforts, could cause defects in fetuses in much smaller doses than those to which peasants and farmers in his country were already being exposed. Loud calls for a ban on the substance were issued by Argentinean environmental lawyers, and the country's Ministry of Defense banned the planting of glyphosate-resistant soya crops in its fields.
4月に遡り、アルゼンチンの胎生学者アンドレス カラスコは広く農業に使用され同時に米政府の対麻薬措置にも使用されている化学除草剤グリフォサートと言う化学薬品は彼の母国の小作人や農民が既に曝されている量よりも遥かに少ない量で胎児に異常を起こさせる可能性を示す最近の彼の発見についてブエノスアイレスの新聞のインタヴューに答えた。此の物質の(使用販売)禁止がアルゼンチン環境専門弁護士達により大々的に発表され、アルゼンチン国防省はグリフォサートに抵抗力を持つ大豆の栽培を禁止した。

Then came the backlash. An article in an Argentinean paper recently reported that Carrasco was assaulted in a way he described as "violent" by four men associated with agricultural interests:
其の後反発がやって来た。アルゼンチンの新聞に載せられた最近の記事によると、カラスコは----彼の説明によると“乱暴に”農業関連利権に関係する4人の男に暴行を受けたと報道している。:

Two of the men were said to be members of an agrochemical industry body but refused to give their names. The other two claimed to be a lawyer and notary. They apparently interrogated Dr. Carrasco and demanded to see details of the experiments. They left a card Basílico, Andrada & Santurio, attorneys on behalf of Felipe Alejandro Noël.
其の内の2人は農業化学企業団体のメンバーだと言われているが名前を明かす事は拒否している。他の2人は弁護士と公証人だと主張している。彼等はカラスコ博士を尋問し彼の実験の仔細を見せる様に要求したと言う事だ。彼等はフィリペ アレハンド ロノエルを代理するバシリコ、アンドラダ&サンツリオ弁護士(法定代理人)と言う名刺を残していった。

It's still unclear who these people are. But the interest in keeping such information quiet or discrediting Carrasco and his findings are strongest with Monsanto, the agricultural company who first patented a glyphosate product (sold as Roundup) and also created genetically-modified crops specifically to resist the herbicide.
彼等が誰なのか未だにハッキリしていない。この様な情報を隠したりカラスコ博士の信用や発見を傷つけたりする事によって受ける利益はモンサントが1番大きい。モンサントは(除草剤ラウンドアップとして販売されている)グリフォサート製品を最初に特許取得し、又、特に此の除草剤(ラウンドアップ)に抵抗力の有る遺伝子組み換え農作物を造り出した農業関連企業である。

GRAIN, an international non-profit supporting small-scale farmers and biodiversity in community agriculture, originally reported the story, evidently before the reports of threats against Carrasco were known. GRAIN has also done extensive reporting on Monsanto's genetically-modified soya crops in Argentina (which, according to the group, have increased five-fold since their introduction there, and have taken over more than half of Argentina's farmland) as well as on the use of glyphosate (which has increased fourteen-fold since its introduction, contrary to Monsanto's promises that its crop would decrease pesticide use). The so-called "Roundup Ready" crops have interbred with other plants, creating "superweeds" which in turn necessitate the use of other poisonous herbicides such as atrazine.
国際的に農業コミュニティーで小規模農家と生物学的多様性をサポートしている団体GRAINが元々此の記事を報告した。此のカラスコに対する脅しの記事の報告の前に此の事実は知られていた様だ。GRAINは又膨大な量のアルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培に付いて報告している。(GRAINによると、アルゼンチンでのモンサントの遺伝子組み換え大豆栽培量は栽培が始まってから5倍増加し、同国の農作地の半分以上を占めている。)同様にグリフォサートの使用量も増え(遺伝子組み換え農作物は農薬の使用量を減らすと言うモンサントの約束とは反対に使用され始めてから14倍の使用量になった。)所謂“ラウンドアップレディー”農作物は他の植物と交配し“スーパーウイード(超雑草)”を造り出し“アトラジン”の様な毒性の有る除草剤の使用を必要とさせる。

The dangers of glyphosate are hotly debated. The U.S. Environmental Protection Agency does regulate the allowable amount in drinking water, but the data it has on the dangers of the chemical are all nearly two decades old, and many studies were sponsored by Monsanto. But rural agricultural workers across South America have been protesting the spraying for well over a decade, pointing to increases in local cancer rates and birth defects as proof.
グリフォサートの危険性は激しく議論されている。米環境保護局は飲み水に含まれる許可量を規制しているが危険な化学物質のデータは殆ど20年前の古いデータであり、多くの研究はモンサントがスポンサーとなっている。然し南アメリカ全土の地方の農業労働者は地方の癌や先天性欠損症の発生率を証拠と指し示しグリフォサートの噴霧に既に10年以上抗議している。

The Transnational Institute (TNI), a nonpartisan international group of scholars, has drawn attention to the inconsistencies and basic errors in studies refuting the dangers of glyphosate. This should come as no surprise, since Monsanto has been involved in several known cases of scientific fraud regarding the same chemical, wherein the EPA found multiple instances in which labs were paid to falsify preferred results for the company. Monsanto has also been charged in multiple jurisdictions for disseminating misleading information about its Roundup products.
ザ トランス ナショナル インスティチュート(TNI)と言う派閥的でない科学者の国際的グループはグリフォサートの危険性についてのチグハグナ研究と基本的な誤りについて人々の注意を促した。此の事は驚くにはあたらない、何故なら此の同じ化学薬品(グリフォサート)についてモンサントは幾つかの公になっている科学的不正行為に関係しているからだ。此の不正行為は複数の研究結果をモンサントに有利になる様に結果を偽る様に研究機関が金銭的支払いを受けている事をEPA(環境保護局)は突き止めたのだった。モンサントは又、ラウンドアップ製品の紛らわしい情報を流布している事で数件裁判に訴えられている。

Yet, glyphosate is still the top-selling herbicide around the world. And it's not just used to kill weeds, either. The U.S. military sprays glyphosate from airplanes onto drug crops as part of its worldwide anti-narcotic strategy. The best known example of such an effort was named Plan Colombia by the Clinton Administration and persists today.
然し,グリフォサートは未だに世界一売れている除草剤であり、そして其れは単に雑草を枯らすだけでもない。米軍は世界的な対麻薬戦略の一環として麻薬栽培の為の作物に飛行機からグリフォサートを噴霧している。其の努力の一番の好例はクリントン政権によるプランコロンビアと呼ばれ現在も続行されている。

But punishment is meted out unequally. Because glyphosate is an herbicide and is not specifically targeted to work against drug crops (as is easily deduced by the fact that it's used against coca and poppy plants as well as against household weeds in the U.S.), the spray kills legitimate crops, too.
然し刑罰は不平等に与えられている。何故ならグリフォサートは除草剤で特に麻薬作物を対象に働く事が目的とされていないので(事実で容易に推論出来る様に其れはコカや芥子と同様にアメリカでは家庭の雑草に使用されている)此の除草剤の散布は合法的農作物も殺して(枯らして)しまう。

*此処での≪然し刑罰は不平等に与えられている。≫はグリフォサートが麻薬栽培に対して噴霧されているが貧しい一般農民の農作物に被害を与える事をさしている。

That is, unless you're growing Monsanto's specially-formulated "Roundup Ready" crops. The you can spray nearly unlimited amounts of the stuff, which is what it seems farmers (as well as the U.S. military) are doing.
モンサントの特別に計画され造られた“ラウンドアップレディー”農作物を栽培している場合は、殆ど無制限に此の代物(グリフォサート若しくはラウンドアップ)を散布する事が出来、其と同じ事をアメリカの農家(アメリカ軍も)がしている様に見える。

It seems that the whole operation may have backfired though, at least from the perspective of the governments that are promoting such a strategy. The effort has lead to coca growers cutting down national forests -- where such spraying is often against the law -- to produce their illicit crops. But Mother Nature may be rebelling against drug policy as well. coca plants appear to be either evolving on their own (or with the help of coca farmers' active selection) -- or they are possibly crossing with Roundup Ready crops already on the ground -- to produce a glyphosate-resistant crop known as Boliviana negra.
少なくともこの様な戦略を勧めている政府の視点に立ってみると此の作戦全体がバックファイヤー(逆効果)している様だ。此の作戦の努力はコカ栽培者を非合法農作物を栽培する為国営森林伐採に駆り立てる。(国営森林は多くの場合農薬散布が禁止されているから)然し、母なる自然も同様に麻薬政策に反抗しているのかも知れない。コカの木は其れ自身で進化しているか(若しくはコカ農家の積極的な選択による≪除草剤に抵抗力の有る木を選ぶ事≫助けで)------若しくは農地に栽培されているラウンドアップレディー農作物との交配している可能性も有る--------グリフォサートに抵抗力のあるボリヴィアネグラとして知られている種類を作り出している。

One TNI study looked at the political and commercial motives for continuing to spray the chemical on drug crops in South America regardless of findings that the effort is counterproductive at best:
この努力(グリフォサート散布)が良く見ても反効果的であるにも拘らず南米で麻薬作物に化学物資を散布し続ける政治的そして商業的動機を或るTNIの研究は調べている:

It is true that the United States is behind fumigation, backed by the economic interests of companies such as Monsanto and DynCorp, who share in this lucrative business -– which is one of the reasons it meets with opposition. But it is also true that the disastrous consequences of the current anti-drug policy, of which fumigation is but one component, are a reality that surpasses ideologies, and the nations that suffer its consequences firsthand must find a solution instead of becoming polarised...
儲けの多い商売を分け合うモンサントやダインクロップ等の企業の経済的利権によってバックアップされた合衆国が除草剤散布の陰に居る事は事実である----そして其の事が理由1つとして反対されるのである。然し又現在の除草剤散布が其の一部である反麻薬政策の生み出す破壊的な結果は現実であって、其れは主義(の違いを)を越えていて、其れにより先ず被害を被る国家は二極に分裂する代わりの解決策を見つけなければならない--------

Colombia would not fumigate if it weren’t for pressure from the US. It would be implementing other forms of eradication or offering alternative development programmes that provide income to the population.
コロンビアは若し米国の圧力が無ければ除草剤の散布はしない。(米の圧力が無ければ)コロンビア政府は他の方法のコカ撲滅を実施しているか若しくは住民に収入を与える代替の開発プログラムを提供しているだろう。

The group suggested that South American countries band together to refuse U.S. anti-narcotic spraying on environmental and human safety grounds, as has been done in Afghanistan.
此のグループはアフガニスタンで行われた様に、南米諸国が団結し環境と人間への安全と言う見地で米合衆国の反麻薬除草剤散布を拒否する事を示唆している。

In 2004, Joshua Davis had the Boliviana negra plant tested to determine its provenance for Wired Magazine. He concludes that the glyphosate-resistant coca plant he found in Colombia was most likely developed in the fields by farmers grafting on chance genetic mutations.
2004年、ジョシュア デイヴィスはワイアード誌の為にボリヴィア ネグラ種の起源を解明するテストをした。コロンビアで彼の発見したグリフォサートに抵抗力の或るコカの木は恐らく農園で農家によって遺伝的突然変異を期待した接木によって開発された物だと彼は結論付けている。

But the resulting article is perhaps most interesting for the taciturn response on all sides of the issue. Davis suggests that South American authorities don't want to talk about the situation because the revelation might cost countries that receive a large amount of U.S. aid to combat drug traffickers. The U.S. government doesn't want coca farmers who don't already know to find out about the new strain, because it can still eradicate old strains with glyphosate. And drug growers who do have the new strain certainly don't want the status quo to end, because currently the U.S. government is doing their weeding for free.
然し此の記事の結果として恐らく最も興味深い事は此の問題の全ての関係者の不機嫌な反応である。麻薬密輸業者と戦う為に巨額の支援を米国から受けている南米の権威者(政府)は現状態について話したくない。何故なら此の事実の発覚は国家にとって損失が高くつくかもしれないからだ(米からの支援が排除される可能性がある)。米国政府は新種のコカについて未だ知識の無い農家に知って欲しくない。何故ならグリフォサートで未だ在来種を撲滅する可能性があるからだ。そして新種の(グリフォサートに抵抗力の有る)コカの品種を所有している麻薬作物栽培者は現在の状態が終わって欲しくない。何故なら現在米政府が彼等の除草作業を無料でやってくれているからだ。(麻薬栽培者はグリフォーサートに抵抗力の或る新品種を栽培しているので、グリフォサートを使った除草剤を米政府の資金で散布されることはコカ畑に生える雑草を無料で退治してくれる事になる。)

*つまり、コケインと言う麻薬の使用はグリフォサートに抵抗力を持つコカの新品種が造られた事により非常に危険になったと言う事です。何故なら従来の農作物は除草剤を直接散布すると枯れるので農家は除草剤は農作物に直接使用しなかったのですが、ラウンドアップレディー品種等のラウンドアップに抵抗力の或る農作物は直接ラウンドアップ除草剤を散布されても枯れないので(農作物を避けてラウンドアップ除草剤を散布する作業をする必要がないので農作物に直接散布される)グリフォサートを吸収しながら成長するのですから!!!

But on the larger cost-benefit analysis, the biggest winner is Monsanto. The more Roundup Ready crops there are out there, the more Roundup farmers need to get rid of the weeds, as is evidenced by the GRAIN research in Argentina. The real foe of Monsanto is not drug cartels or government entities. It's scientists.
然しもっと大きな目で見た費用と利益の分析では最も利益を得ている勝者はモンサントだ。より多くのラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物が南米で栽培される事は、アルゼンチンのGRAIN研究所による証拠で見られる様に、より多くのラウンドアップを農民が除草の為に必要とする。モンサントの本当の敵は麻薬密売組織や政府ではなく、其れは科学者なのだ。

When you put together the studies referenced above, which show that spraying glyphosate is harmful to humans and the environment and that it does not hamper the production of coca or weeds, the answer to almost everyone's problems is eliminating Monsanto.
若し貴方が上記で示されたグリフォサート散布は人体と環境に有害である事を示し、そしてコカ生産量や雑草を削減しないと言う研究調査を総合しすると、殆ど皆の問題の答えはモンサントを取り除くと言う事である。

So while there's no solid proof that the men threatening Andrés Carrasco belong to the same corporation that falsified lab results on the harm caused by glyphosate or the group that told lies about Roundup, there's no doubt in my mind that they belong in the same sick club.
アンドレ カラスコを脅迫している奴等がグリフォサートが原因の被害についての試験研究の結果を偽造している、若しくはラウンドアップについて嘘をついているグループと同じ企業に所属していると言う確実な証拠が無いにも拘らず、私の考えでは奴らは疑いなく精神病の同じ穴の狢なのだ。

ejnews: モンサントについては私のブログで特別に“モンサント”と言うカテゴリーを設けなければならない程危険な企業なのです。モンサントは1901年に設立され、最初の製品があの昔懐かしい“サッカリン”で1940年代には全米10位に入る化学薬品企業となりプラスティクや化学繊維、DDT,原爆開発のマンハッタン計画ではDayton Project デイトンプロジェクト等に参加(中でもモンサントによるフロライドの生産は原爆用のウラニウム、プルトニウム生産に必須化学物質で当時からフロライドの毒性は知られていて後に有り余る猛毒のフロライドの処理の為アメリカでは虫歯予防の為と偽り水道水にフロライドを添加し始めたのです。)ナチによるユダヤ人大量虐殺で悪名の高い毒ガス(ザイクロン-B)Zyklon-Bの生産企業IG Farbenの化学者達は戦後モンサントに目出度く就職、ヴェトナム戦争で悪名の高い除草剤2,4,5-T Agent Orange(エイジェントオレンジ)や殺虫剤DDT、最近では人工甘味料ニュートラスイート、recombinant bovine growth hormone (rBGH), と言う人工牛成長ホルモン(此の為にアメリカでは牛肉を食べるのは非常に危険な事なのです)recombinant bovine somatotropin (rBST),と言う人工ミルク生産増強ホルモン(現在はアメリカでは使用禁止)そして現在最も大きな問題の“遺伝子組み換え農作物”(Terminator seedターミネイターシード“収穫された種は翌年発芽しない技術”、ラウンドアップ“グリフォサートと言う毒性の強い化学物質が安全性を十分テストされないまま許可されている”と言う除草剤や其れに抵抗力の有るラウンドアップレディー遺伝子組み換え農作物)---------
 もっと例はあるのですが、兎に角、凄い企業でしょう!コロンビアではコカを枯らす為ラウンドアップを米政府の協力でヘリコプターから無差別散布し環境破壊、地方に住む住民への(癌や皮膚病等の)健康被害問題が続いているようです。ボリヴィアは原住民族のエボモラレス氏が大統領となり対米強行外交を進めているようですが、コロンビアは未だに親米政権が続いていてコロンビアの国民の中でも農民である原住民は特に苦しい状況の中で生活する事を強いられているようです。
 其の他にも最近のReutersのニュースによりますとモンサント、ダウケミカル、デュポンの3社がメキシコ政府に遺伝子組み換えコーンの実験栽培許可を要請しているとの事で若し許可されるとコーンの原産地メキシコで遺伝子汚染が起こるのは火を見るよりも明らかで、此れはGM農作物の特許権を所有している企業がメキシコでコーンの遺伝子汚染を起こし国際的に遺伝子組み換えコーンについての規制を無意味にする陰謀なのでしょう。アルゼンチンで過去に大豆で同じ事があり(政府のGM大豆規制にも拘らずいつの間にかGMコーンの遺伝子がアルゼンチン中に広がりGM大豆を規制している法律が事実上無意味となり、アルゼンチンの耕作面積の半分程がGMコーンで占められると言う状態に陥った)ましたが、大豆はアルゼンチンにとって文化的重要性は無かったのですが、メキシコにとってコーンは日本人にとっての米と同じ歴史的、文化的重要性を持っているのですからコーンの遺伝子汚染はアメリカによる文化侵略にもなるのです。稲米についても現在“ゴールデンライス”と言うバクテリアの遺伝子を挿入した稲の新種の開発実験が行われていますが中国で児童を使ったゴールデンライスの臨床事件が発覚し中国政府が実験中止を命令したと言う事です。環境、食の安全に付いては鈍感な中国政府が中止命令を出すほどですから本当に危険なのでしょうね。此のゴールデンライスが東南アジア等で栽培許可されると日本の米に遺伝子汚染が起こるのは時間の問題ではないでしょうか?食料の60%を輸入している日本人としても此のゴールデンライスについては騒ぎ喚き反対の意思表示をするべきでしょうね。

長くなりましたので今日は此れまで。Good Night and Good luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

H1N1インフルエンザのいい加減な統計。

ejnews: 又もやH1N1の話ですが、アメリカのテレビ局CBSのニュース番組『Unplugged Washington 』と言う番組でH1N1統計は正確に調べられていず、H1N1感染率は非常に低いと言うセグメント(Segment)があったようです。此の3ヶ月に亘るCBSテレビ局の調査によると米連邦政府の一部門の米疾患対策予防センターCenters for Disease Control and Prevention (CDC)は7月後期に各州政府に対し患者がH1N1に陰性か陽性か検査しない様に勧め、そして患者数の統計を取らない様にも勧めた(advised)と言う驚くべきニュースです。
 CDCによる統計を取らない説明は"So far, most flu is 2009 H1N1 flu (sometimes called "swine flu")."『今までの所殆どのインフルエンザはH1N1(時々“豚インフルエンザ”と呼ばれている)だ。』と言う事です。
 Youtubeで見ることが出来ます。2009年10月21日とありますから最近のニュースだと思います。


興味のある方はURLは-----------------

http://www.youtube.com/watch?v=Q9_H2VN5KBY&feature=PlayList&p=EC7CBBFC1E8294D9&playnext=1&playnext_from=PL&index=3

名前は------

Unplugged: H1N1 Cases Overestimated?

-----------です。

CBS Unplugged Washington より。
Unplugged: H1N1 Cases Overestimated?
『アンプラグド:H1N1の件は多く見積もられ過ぎている?』


此のニュースで紹介された統計は

California 13,704 specimensカリフォルニア州では調査対象の13,704人の中で
296(2%) H1N1 296人(2%)がH1N1で
12% other flu 12%が他の種類のインフルエンザ
86% negative for flu 86%がインフルエンザには陰性。

Florida 8853 specimens フロリダ州では8853人の調査対象人口中
1575 (17%) H1N1 1575人(17%)がH1N1
83% negative or other flu 他の83%はH1N1陰性か他のインフルエンザ

Alaska 722 specimens アラスカ州の722人の調査対象人口中
11(1%) H1N1 11人(1%)がH1N1 陽性。
5% seasonal flu 5%が普通の季節的なインフルエンザ
675(93%) negative  675人(93%)675人(93%)は陰性。

Georgia 3117 specimens ジョージア州の3117人の調査対象人口中
74(2,4%) H1N1 74人(2,4%)がH1N1陽性。
97% negative for H1N1 97%はH1N1陰性。


-----------------------------この様に圧倒的に陰性(Overwhelmingly Negative)だそうです。

と言う事でした。下記のサイトではもっと詳しく述べられています。URLは-------

http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2009/10/24/CBS-Reveals-that-Swine-Flu-Cases-Seriously-Overestimated.aspx

 此のサイトでによると、米疾患対策予防センター(CDC)によると毎年発生するインフルエンザの様な症状を起こす病気の内20%程がインフルエンザで、実際には17%少ない場合は3%と言う事だそうで、殆どの場合他のバクテリアやウイリスによって起こる風邪やインフルエンザに似通った症状を起こす疾患の可能性が高いと言う事です。
 では実際にはH1N1インフルエンザの感染率は低いにも拘らず如何して予防接種を勧めているかと言う問いには、政府と製薬会社、医療機関の癒着が原因ではないかと言う事で、例えばある小児科病院の医師はワクチン販売で2千9百万ドルの利益を上げ、しかも彼は米疾患対策予防センターの元顧問で彼の販売したワクチンの開発許可に関係していたとか、米疾患対策予防センターの顧問委員会の会長は或るワクチン製造に関係している製薬会社の株主であるとか、他にもこの様な(conflict of interest)利害の矛盾はゴロゴロしているようです。
 日本ではH1N1感染者統計は本当に科学的に検査されているのでしょうか?それともアメリカの様に『今年のインフルエンザは殆ど豚インフルエンザだから真面目に調べる必要は無いよ!』と言う丼勘定を真似ているのでしょうか?

では今日は此れまで!Good Night and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。