スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザワクチンについて。

FLU VACCINES AND THE RISK OF
CANCER
インフルエンザワクチンと癌の危険性。


http://www.newswithviews.com/Tenpenny/sherri123.htm

Dr. Sherri Tenpenny, DO
September 4, 2009

Dr.Tenpenny.comより。

http://drtenpenny.com/default.aspx


NewsWithViews.com

Much concern has been generated over the upcoming new swine flu H1N1 vaccines that are being rushed to market. Clinical trials will be short – less than three weeks – and the potential for the addition of toxic oil-in-water adjuvants to be added at the last minute to stretch the vaccine supply is disconcerting. However, the problems with flu shots go beyond current concerns. The new manufacturing process for flu shots, called cell-line technologies, are little understood and have the potential for serious, long term consequences.
新しく登場するスワインH1N1フルーヴァクシーン(豚H1N1ワクチン)について多くの不安が発生している。(ワクチンの)臨床実験研究は3週間以内と短く、そして毒性のある水に混じっている油の様なワクチン効果補助剤がワクチン供給量を増加させる為最後の土壇場で添加される可能性があり非常に不安にさせる。然しインフルエンザ予防注射の問題は現在の関心事以上の問題である。予防注射のためのワクチンの新しい製造方----------セル ライン テクノロジー(細胞株技術)と呼ばれる---------は十分理解されていず種々の長期に亘る健康上の悪影響がある可能性がある。

Manufacturing the “regular,” annual flu shot
毎年やって来る普通のインフルエンザ予防注射ワクチンの製造。


Each year, between January and March, an FDA advisory panel selects the three influenza strains expected to be in circulation during the upcoming flu season. Admitting that the process is an “educated guess,” the CDC sends the selected seed virus to the FDA for approval prior. Seed virus is then distributed to manufacturers for production.
毎年、1月から3月にかけてFDA食品医薬品局諮問機関は次のインフルエンザの季節に流行すると想像される3種類のインフルエンザウイリスを選択する。どのウイリスを選択するかの過程は“勘に頼っている”と認めているのだが-----------CDCは選択された種子ウイリスを事前の承認の為にFDAに送る。其の後、種子ウイリスは製薬会社に生産の為に配られる。

The annual flu shot contains three viral strains: two type influenza A viruses and one type influenza B. Most commonly, two of the viruses are the same viruses included in the preceding year’s shot. The third virus is typically a new strain in circulation. This is the purported reason for giving the shot each year. The new strain is modified through a laboratory process called reassortment to ensure that it can readily grow in eggs. Once the modification is complete, all three viruses proceed through tricky manufacturing steps to create what goes in that vial.
普通の毎年生産されるインフルエンザ予防接種ワクチンには3種類のウイルスの系統が含まれている:2種類のインフルエンザAウイルスと1種類のインフルエンザBウイルス。極一般的には2種類のウイルスは昨年の予防接種に使われた同じウイルスで、第3のウイルスは一番新しく一般的に流行している型である。此れが毎年予防接種をする為に使われている理由である。此の新しい型のウイルスは鶏卵内で容易に培養出来る様に実験室での“リアソートメント”と呼ばれる方法で改質される。改質過程が終了すると3種類全てのウイルスはワクチンの小瓶に入る最終製品を作る為厄介な製造過程に進む。

The cumbersome flu shot production process utilizes up to 500,000 fertilized chicken eggs per day for up to eight months. Hundreds of millions of fertilized eggs become “mini-incubators” for cultured viruses. When the chick embryos are 11-days old, the amniotic membrane (the egg white) is manually injected with a drop of viral-containing . Several days later, the gooey viral suspension is centrifuged to remove as much chicken blood and tissue from the solution as possible. Residual egg protein remains within the final vaccine solution and is the reason why persons with an egg allergy are advised against receiving the flu shot.
厄介な(酷く複雑な)インフルエンザ予防注射ワクチン生産は1日に最大50万個までの受精鶏卵を最大期間8ヶ月間使用する。数百万の受精卵はウイルスを培養する“小型培養器”となる。受精卵胎芽が受精後11日目になると羊膜(卵白)に一滴のウイルスを含んでいる溶液を手作業で注入する。数日後ヌルヌルしたウイルスの含まれた懸濁液から出来るだけ多くの鶏の血液と組織を取り出す為に遠心分離される。残留している鶏卵蛋白質は最終的なワクチン溶剤に残り、此れが理由で卵にアレルギーの人はインフルエンザ予防注射を受けない様にアドヴァイスされるのです。

The entire process, from viral selection to viral harvest, can take up to nine months.[1] With the potential for a pandemic and the Director General of the WHO, Margaret Chan, requesting up to 4.9 billion of flu shots to vaccinate the world,[2] the slow lead time and labor-intensive production process cannot meet the demand for massive quantities of pandemic flu vaccine.
ウイルスの選択からウイルスの(鶏卵から)収穫までの全過程は長くて9ヶ月まで要する。パンデミックの可能性と国際的な予防接種の為のWHOの事務局長マーガレットチャンの49億人分のワクチンの要請、生産の速度が遅い事や労働集約的生産過程の為、パンデミックの為のインフルエンザワクチンの大量需要に追いつかない。

Enter Cell Line Technology
細胞株技術


Cell line technologies, the use of cells and tissues for growing viruses found in vaccines, have been used since the 1950s. Examples include calf lymph for smallpox vaccines; African green monkey cells (AGMK cells) for polio vaccines and mouse brain cells for the Japanese encephalitis vaccine. In the 1960s, cells from aborted human fetal tissue, called MRC-5 and WI-38 cells, were developed and are still used for the manufacture of rubella chickenpox, hepatitis A and shingles vaccines.
ワクチンに使われているウイルスを増殖する為細胞や組織を使う細胞株技術は1950年代から利用されている。例としては天然痘ワクチンの為の子牛のリンパ腺、小児麻痺ワクチンの為のアフリカのグリーンモンキーの細胞(AGMK細胞)、そして日本脳炎の為のネズミの脳細胞等が含まれる。1960年代にMRC-5そしてWI-38と呼ばれる妊娠中絶された人間の胎生組織が開発され風疹性水痘、A型肝炎、そして帯状疱疹のワクチン生産の為に未だに使用されている。

Since the early 2000s, dozens of human and animal tissues have been investigated for use in viral vaccines, especially for the production of influenza shots. Batches of vaccine can be produced in less than six weeks instead of just one crop per year with eggs, a particularly useful methodology for ramping up production of flu shots.While many of the new cell lines are still considered experimental, cell line techniques have attracted all the major players in the vaccine and biotech industry.
2000年以来、数ダースに及ぶ人と動物の組織がウイルスワクチンへの使用の為、特にインフルエンザ予防接種の為に研究されている。大量のワクチンが鶏卵での年一回だけの生産と比較して6週間以内に製造出来、特にインフルエンザ予防接種の生産急増の為のメソッドとして持って来いである。多くの新しい細胞株技術は実験的な段階と捉えられいるにも拘らず細胞株技術は全てのワクチンとバイオテクノロジー業界の注目を集めている。

Prior to 2007, cell lines were little used for flu shots, primarily for logistical reasons: Flu shots made from cells instead of eggs required a complete retooling of existing production facilities. None of the manufacturers were willing to invest the hundreds of millions of dollars and the five to seven years to construct new vaccine plants. But when the threat of the bird flu pandemic was hyped in 2006, the government opened is coffers and spilled billions of dollars into the pockets of the drug companies, giving them the capital to build new flu shot production facilities. By 2012, the first cell line factory will be completed in North Carolina. Vaccine giant, Novartis, will then have the capacity to produce 150 million flu shots per year, making it the number one commercial production plant for influenza vaccines and the adjuvant MF-59, in the world.
2007年以前には主にロジスティックな問題で細胞株はインフルエンザワクチンには使われていなかった。鶏卵に替わって細胞を使用して生産されるインフルエンザワクチンには其れまでの製造設備の完全な入れ替えが要求される。何千万ドル、そして新しいワクチン工場建設に必要な5年~7年の投資意欲のある製薬会社は全く無い。然し、2006年に鳥インフルエンザパンデミック(大流行)の危機が大騒ぎになると政府は金庫を開けて何十億ドルも撒き散らし製薬会社のポケットに入れてしまい、鳥インフルエンザワクチン製造施設建設の資金を与えてしまった。2012年までには最初の細胞株技術を使った施設がノースカロライナに完成する。其の時期にはワクチン生産では巨大企業のノヴァルティスは年間1億5千万人分のワクチン生産能力を持つ事になり、其れは世界一の商業用インフルエンザワクチンとMF-59と言うワクチン効果増強剤の生産施設と言う事になる。

Cell Cultures: The Next Frontier in Vaccine Production
細胞培養:ワクチン生産の次のフロンティア。


Several cell lines are currently under investigation. Novartis’ EU-approved flu shot, Optaflu, was produced using a cell line called Madin-Darby (MDCK), cells extracted from the kidneys of a female cocker spaniel. Dutch giant, Solvay Pharmaceuticals, has been working with MDCK cells since the early 1990s.
現在幾つかの細胞株技術は調査の対象となっている。ノヴァルティスのEUによって承認されたインフルエンザワクチン“オプタフル”はMadin-Darby (MDCK)と呼ばれるコッカースパニエル(犬)の腎臓から抽出された細胞株を使用して生産されている。オランダの巨大企業ソルヴェイ製薬は1990年代初頭からMDCK細胞株を使っている。

Another independent company, Protein Sciences Corporation, has been working on a patented influenza vaccine produced from caterpillar eggs. This vaccine strategy, known commercially as FluBlok, isolates a purified concentration of (H) antigen on the surface of an influenza virus and inserts the antigen into a second virus called a baculovirus. The (H)-containing baculovirus is then inserted into insect cells growing in culture. Several clinical trials involving the bug-created vaccine have shown that the antigens elicit a strong antibody response in humans.[3] The vaccine, no doubt, contains snips of insect DNA. This technology is being tested in Europe and is not yet approved for use in the US.
他の独立した会社“蛋白質科学コーポレーション”は特許権を得ている毛虫の卵から作られたインフルエンザワクチンを使用している。此のワクチンはインフルエンザウイルス表面の精製濃縮された(H)抗原を分離し、其の抗原を2番目のbaculovirusと呼ばれるウイリスに挿入する方法で商業的にFluBlokとして知られていている。baculovirusを含んでいる(H)抗原は其の後培養装置の中で育っている昆虫の細胞に挿入される。幾つかの昆虫によって造り出されたワクチンを使った臨床実験では此の抗原は人体の強い抗体反応を引き出す事が示されている。此のワクチンは疑い無く少量の昆虫遺伝子を含んでいる。此の技術はヨーロッパでテストされていて未だ米国内使用の許可は出ていない。

A third type of cell line, called PER.C6 cells, is derived from retinal cells of aborted fetal tissues. The fetal cells are transformed by infecting them with an adenovirus, turning them into “immortalized” cells and the capability to replicate endlessly. By their very nature, these cells are neoplastic (cancer-causing); researchers refer to them as “oncogenic” cells. If tumors are formed when the cells are injected into experimental animals, the cell lines are beyond oncogenic; they are tumorigenic.
3つ目のタイプの細胞株技術はPER.C6細胞と呼ばれ、妊娠中絶された胎児の網膜細胞から得られている。胎児の細胞はアデノウイルスに感染させられる事によって変性され不死身の細胞となり、そして果てしなく増殖する能力を持つ事になる。正にこれ等自身の特徴によりこれ等の細胞はネオプラスティック(発癌性)で研究者達は腫瘍形成性細胞と呼んでいる。実験動物に此の細胞が注入された時腫瘍が発生するとすれば此の細胞株は腫瘍形成性以上の物で、それらは発癌性である。

A serious concern about whole, live PER.C6 cells is that they are capable of causing tumors when transplanted into the skin of mice. The FDA requires a filtration method to be used during vaccine production that is designed to removes all cells before the final product is packaged. Even though several studies have been conducted to assure vaccine developers that PER.C6 cells do not cause cancer and do not contain stray tumor causing viruses,[4] the risk of the cells making their way into the final vaccine products remain.
生きたPER.C6細胞全てについての深刻な不安は、其れが鼠の皮膚に植え付けられると腫瘍を発生させる事が出来ると言う事である。米食品医薬品局はワクチン製造過程で最終的製品が箱詰めされる前に全ての細胞を取り除くフィルターを使う方法を義務付けている。PER.C6細胞は癌発生の原因ではなく腫瘍を発生させる迷子のウイリスを含んでいないとワクチン開発業者を安心させる為の幾つかの研究が実施されたにも拘らず、PER.C6細胞が最終的ワクチン製品に含まれる危険性が残っている。

The risks of residual retinal DNA and stray viral contaminants from the animal tissues getting into flu shots are real. DNA snips are classified as either “infectious” or “oncogenic” by researchers who worry that the stray DNA is being incorporated into the recipient’s DNA, even thought FDA regulations insist on the “importance of minimizing the risk of oncogenesis in vaccine recipients.” Manufacturers have been instructed to ensure the final vaccine contains less than 1 million residual animal cells and the amount of stray DNA is less than 10 ng. per vaccine.[5] These regulations admit that animal DNA is injected into human babies and adults with every shot.
残留している網膜の遺伝子と動物の組織からの紛れ込んでいるウイルスの汚染物質が予防接種ワクチンに紛れ込む危険性は現実問題である。米食品医薬品局の規制は“ワクチン受容者の癌発生の危険性を最小限にする事の重要性”を主張している物の、細切れの遺伝子は其れがワクチン予防接種受容者の遺伝子に合併させられる事を心配する研究者によって“感染性”か“腫瘍形成性(発癌性)”と分類されている。製薬会社は最終的製品としてのワクチンは100万以下の残留動物細胞か、紛れ込んでいる遺伝子の量は一人分のワクチンに対し10 ng以下にする事を確実にする様に指示されている。これ等の規則は予防接種の度に動物の遺伝子を幼児と成人に注入している事実を認めている。

Is every lot tested for purity and these parameters? No. Spot-checked lots are sent to the FDA and the FDA trusts the word of vaccine manufacturers that these standards have been met.
純粋さや上記の条件等で全ての発注されたワクチンはテストされているのだろうか?ノー。発注を受けたワクチンの抜き取り検査の結果は米食品薬品局に送られ米食品薬品局は製薬会社の基準は全て満たされていると言う言葉を信用している。

Tumorigenic Cells: The Risks Are Known
発癌性細胞:危険性は知られている。


Since 1998, the FDA and its subdivision, the Centers for Biological Evaluation and Research (CBER), have been drafting regulations to allow use of both oncogenic and tumorigenic cell lines to be used in vaccine production. The FDA is fully aware that the new cell lines, especially the PER.C6 cells, have substantial risks, including the risk of potentially deadly adventitious [stray, outside] viruses making their way into shots. For example, the FDA acknowledges that the SV 40 virus (simian virus 40 from monkey kidney cells) was in the early polio vaccines and acknowledges the risks:
1998年以来米食品薬品局と其の部局、“生物的審査と研究センター”(CBER)は腫瘍形成性細胞株と発癌性細胞株両方をワクチン製造に許可する為に規則を作成している。米食品薬品局は新しい細胞株は、特にPER.C6細胞は、非常に危険な可能性のある付随的(中に紛れ込んだり外部に付着していたり)ウイルスが予防接種用ワクチン内に入り込む事を含むかなりな危険性があることを十分に承知している。例えば、米食品薬品局はSV 40ウイルス(猿ウイリス40は猿の腎臓細胞から来ている)は初期の小児麻痺ワクチンを汚染していた事を認めていて危険性も認めている。

“The experience in the early 1960s with SV40 contamination of poliovirus and adenovirus vaccines and the continuing questions regarding whether SV40 could be responsible for some human neoplasms [cancers] underscores the importance of keeping viral vaccines free of adventitious agents [viral contaminants].
1960年代初頭のSV40による小児麻痺ワクチンの汚染の経験とアデノウイリスワクチンとSV40ウイルスがある人間のネオプラズム(癌、腫瘍)の原因である可能性ではないかと言う現在も続いている疑問はウイルスワクチンから付随的病原体(ウイルス汚染)排除する事の重要性を強調している。

This is particularly important when there is a theoretical potential for contamination of a vaccine with viruses that might be associated with neoplasia [cancer]…It is unclear whether cell substrates have a greater or lower risk [of contamination] than other types of cells…However, if their growth in tissue culture is not well controlled, there may be additional opportunities for contamination…”[6]

And it gets worse.
そして話はもっと酷くなる


The same FDA memo goes on to say:
此の同じ米食品薬品局の書類は続けて----------

“In addition to the possibility of contamination of cell substrates with adventitious viruses…the use of immortalized, neoplastic human cells to develop [vaccines] raises theoretical concerns with regard to possible contamination with TSE/BSE agents.”[7]
cell substrates細胞基盤(?)のadventitious viruses外部からのウイルス(?)による汚染の可能性に加えて-------(永遠に細胞分裂し)死なない発癌性人細胞をワクチン製造に使う事はTSE/BSE(狂牛病の原因になる)因子による汚染の理論的危険性を提起している。

TSE is Transmissible Spongiform Encephalopathy, a condition that includes a group of rare degenerative brain disorders characterized by tiny holes in the brain tissues, giving a “spongy” appearance when viewed under a microscope. When this condition occurs in cows, it is called Bovine Spongiform Encephalopathy, commonly known as “mad cow disease.” In a study published in 2004, researchers found that any cell line could potentially support the propagation of TSE agents.[8]
TSEとはTransmissible Spongiform Encephalopathy感染性海綿状脳症で脳組織に発生する小さな穴が特徴の稀な脳障害で顕微鏡で見るとスポンジの様に見える。此の症状が牛に起きると牛海綿状脳症と呼ばれ、普通狂牛病“マッドカウディジーズ”として知られている。2004年に発表された研究では、研究者はどの様な細胞株でも感染性海綿状脳症因子繁殖を支える可能性がある事を発見している。

Clearly, CBER is aware and disquieted over the carcinogenic potential of animal cells in vaccines because they require manufacturers to take “every available precautionary step” to eliminate the suspicious cells from the vaccine final product. The FDA also admits concerns about cancer-causing possibility from all types of cell lines. The question begging to be answered is, knowing the potential risks of using cell lines to create vaccines, why is research using cell line technologies allowed to be used at all?
明らかにCBERは発癌性の可能性のあるワクチンに含まれる動物細胞について認識し心配している。何故なら彼等は製薬会社に可能な限りの予防手段を講じて最終的ワクチン製品から疑いのある細胞を排除する様に義務付けているからだ。米食品医薬品局も全ての細胞株による発癌の可能性の危険を認めている。此処で問われている問題は細胞株技術によるワクチン製造の危険性を承知しながら、一体全体如何して細胞株技術を使用した研究が許可されているのだろうか?

Despite substantial evidence—and even admissions of concern—the FDA appears to be flagrantly ignoring the potential for harm caused by this new cell line technology. The U.S. government have poured billions of dollars into flu shot development and is recklessly approving the use of cell lines for products that have a questionable necessary pandemic vaccine. Let the buyer beware.
かなりの量の証拠がありながらも--------そして不安が存在する事を認めている--------米食品医薬品局は此の細胞株技術による被害の可能性を大っぴらに無視している様に見受けられる。米政府は何十億ドルもインフルエンザワクチン開発に注ぎ込み無謀にも必要性に疑問のあるインフルエンザ大流行の為のワクチン製品に細胞株技術の使用を承認している。購買者に此の事実を気付かせよう。

Footnotes: フットノート
1, “WHO manual on animal influenza diagnosis and surveillance,” World Health Organization, 1 September 2004.
2, Reuters May 19, 2009.
3, “Influenza Vaccines under development,” Protein Sciences Corporation.
4, Ledwith, BJ, et al. “Tumorigenicity assessments of Per.C6 cells and of an Ad5-vectored HIV-1 vaccine produced on this continuous cell line.” Dev Biol (Basel). 2006;123:251-63; discussion 265-6.
5, FDA: Use of MDCK Cells for Manufacture of Inactivated Influenza vaccines.
6, "Designer Cells as Substrates for the Manufacture of Viral Vaccines,” FDA.
7, FDA. Ibid MDCK cells
8, Vorberg, I., Raines, A., Story, B., Priola, S. A. “Susceptibility of common fibroblast cell lines to transmissible spongiform encephalopathy agents,” Journal of Infectious Diseases189 (2004): 431–439. PMID: 14745700.

© 2009 - Sherri Tenpenny - All Rights Reserve

ejnews: と言う怖いお話でした。現在までのワクチン製造技術で使っていた卵にアレルギーの人はワクチンを使った予防接種は出来なかった事で理解される様にワクチン製造で使用される素材が人体に影響を及ぼす事は皆御存知の事実ですが、此の報告に有る新しいタイプの素材がワクチン製造に使用され始めると一体どんな問題が起きるのでしょうか?科学者と製薬会社の倫理観に頼るしかないのでしょうねー-------------。
処で、ワクチンワクチンと何時も大騒ぎをしていますが、基本的に最近の鳥インフルエンザavian fluや豚インフルエンザswine fluは工業蓄農Factory farmingによる抗生物質の乱用が原因しているのですから(West Nile virus,西ナイルウイルスfoot and mouth disease口蹄疫等も含まれる)我々は自分たち自身の食生活をもっと伝統的な菜食主義中心に変換する事がインフルエンザの様な感染症の最も効果的な予防策なのですが-------------。
H1N1インフルエンザについてはカテゴリーにH1N1(豚)インフルエンザがありますから参考にして下さい。では!
Good Night and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

H1N1インフルエンザから身を守る知識。

Swine Flu Pandemic? Five
(Avoidable) Things That Can Get
You Killed
豚インフルエンザ大流行?貴方を死に追いやるかも知れない(避けられる)5つの事。


Friday, June 05, 2009 by: Mike Adams, the Health Ranger, NaturalNews Editor

http://www.naturalnews.com/026393_pandemic_NaturalNews_influenza.html

Avoiding these five things may literally save your life. As H1N1 influenza continues to spread (it's in all fifty states now and is sweeping through the prison system), making sure you don't fall victim to one of these five mistakes may be hugely important to your health and safety.
これ等の五つの事を避けることによって文字通り貴方の命を救う事になる。H1N1インフルエンザが引き続き広がる中で(50州全てに広がっていて今刑務所に素早く広がっている)此の五つの中の一つの犠牲者に絶対ならない様にする事は貴方の健康と安全の為非常に重要です。

#1 Thing that can get you killed in a pandemic: Arsenic
#1大流行中貴方の命を奪う物:砒素。


As revealed in a recent story on NaturalNews (http://www.naturalnews.com/026307.html), drinking well water contaminated with arsenic greatly increases susceptibility to H1N1 influenza infections. Arsenic is present in the water supply of tens of millions of people across the United States right now (now to mention the citizens of Canada, the UK, Australia and other countries). Low levels of arsenic are even "approved" by the EPA!
最近のナチュラルニュースの記事で報道された様に(http://www.naturalnews.com/026307.html)砒素によって汚染された井戸水を飲む事はH1N1インフルエンザ感染を容易にする状況を非常に高くする。砒素は1千万を超えるアメリカ人の水源に存在している(例を挙げるとカナダ、英国、オーストラリアや他の国の市民も)。低水準の砒素はEPA環境保護局によって許可されている!

Check with your local water company to find out the arsenic levels in your water, and if you do find arsenic in your water, make sure you use a water filter (Aquasana is a good brand I recommend) to remove the arsenic.
貴方の地域の水道局に問い合わせ貴方の水の砒素レヴェルを調べて、若し貴方の水の中に砒素を見つけたらワォーターフィルターを使って砒素を取り除く事を絶対にして下さい。

#2 Thing that can get you killed in a pandemic: Antibiotics
#2大流行中貴方の命を奪う物:抗生物質。


Taking antibiotics before a swine flu infection greatly increases your risk of being killed by swine flu. How do we know that? Because antibiotics wipe out the friendly flora that have been scientifically proven to boost the body's defenses against influenza (http://www.naturalnews.com/026265.html).
抗生物質を豚インフルエンザ感染以前に服用する事は豚インフルエンザによって貴方が死ぬ危険性を非常に高める。如何して知ってるかって?如何してかと言うと、抗生物質はインフルエンザに対抗する身体の守りを高める事が科学的に実証されている無害なフローラを取り去ってしまうからだ。(http://www.naturalnews.com/026265.html

This is why, during any pandemic, doctors must exercise extreme caution when handing out antibiotics. While antibiotics can be extremely helpful during the pneumonia phase of a viral infection (when bacteria invade the lungs), they can be deadly if given to patients too soon (during the pre-pneumonia phase).
この事が理由でどの大流行の最中にでも抗生物質を手渡す事について医師は細心の注意を払わなければならない。抗生物質はウイルス感染の肺炎段階(バクテリアが肺に侵入した時)では非常に効果的ではある物の、抗生物質は患者に時期尚早に(肺炎に感染する前)与えられると非常に危険である。

In addition, there's the whole concern over antibiotics abuse creating yet more dangerous superbugs in hospitals. Imagine the combination assault of a deadly new strain of the H1N1 influenza virus plus an antibiotic-resistant superbug sweeping through the hospitals of the world... That's a very dangerous combination indeed!
加えて、抗生物質の使い過ぎは又病院でより危険なスーパーバグ(抗生物質に抵抗力の有る突然変異バクテリア等)を作り出してしまうと言う事について大きな不安が存在する。新しい種類の危険なH1N1インフルエンザウイルスと其れに加えて抗生物質に抵抗力の有るスーパーバグのコンビネーションによる攻撃が世界中の病院に急速に広がる事を想像して見て下さい-------------其れは本当に非常に危険なコンビネーションです!

#3 Thing that can get you killed in a pandemic: Lack of sleep
#3大流行中貴方の命を奪う物:睡眠不足


Getting fewer than six hours of sleep each night increases your risk of contracting colds (such as influenza) by a whopping 300 percent! Read more in this NaturalNews article: http://www.naturalnews.com/News_000...
毎晩6時間以下しか睡眠を取らない事は貴方の風邪(例えばインフルエンザ)に感染する危険性を、とてつもない300%も引き上げる。此れについてはナチュラルニュースの記事http://www.naturalnews.com/News_000...を読んで下さい。

As you read that, keep in mind that there is technically no difference between a "cold" and a "flu." They are two different words describing the same thing.
其れを読んでいる時に、学術専門的には(普通の)“風邪”と“インフルエンザ”の間に何の違いも無い事を覚えていて下さい。此の二つは同一の物を表現している2つの違った言葉なのです。

Eight hours of sleep each night will substantially boost your immune function, giving you the metabolic tools you need to fight off potentially deadly influenza infections.
毎晩8時間の睡眠は致死的な可能性の有るインフルエンザ感染から戦い守る新陳代謝機能を貴方に与える事によって貴方の抵抗力機能を大幅に増加します。

#4 Thing that can get you killed in a pandemic: Lack of vitamin D
#4大流行中貴方の命を奪う物:ビタミンD欠乏症。


Virtually everyone living in the U.S., Canada and the U.K. is chronically deficient in Vitamin D. Those living in Australia are usually better off, as there's more of a sunshine culture there, but even Aussies can find themselves vitamin D deficient if they live their lives indoors and don't venture into the real world to catch some healthy rays.
事実上、米合衆国、カナダ、英国に住む全ての人々はビタミンDの慢性欠乏なのです。オーストラリアに住む人々は他の地域と比べてもっと太陽に親しい文化が有るので通常比較的に良い状態に有るのですが、然しながらオージーズ(オーストラリア人のニックネーム)でも、若し彼等の生活を屋内で過ごし戸外に冒険し或る健康な日光に当たらないとビタミンD欠乏になる可能性があるのです。

Vitamin D deficiency is, without question, one of the primary causes of influenza susceptibility (http://www.naturalnews.com/021229.html). Having sufficient vitamin D circulating in your blood is one of the best defenses against infection (http://www.naturalnews.com/024982.html).
ビタミンD欠乏は疑い無くインフルエンザ感染になり易い状態の主要な原因の一つです。(http://www.naturalnews.com/021229.html)。十分なビタミンDが貴方の血液内ね循環している事はインフルエンザ感染に対する最良の防御なのです(http://www.naturalnews.com/024982.html).。

Health authorities in the U.S. and other western nations are currently engaged in a campaign to keep the population vitamin D deficient. This is achieved by brainwashing people into thinking sunlight alone causes skin cancer. That's a big medical lie, of course. Even the Journal of the National Cancer Institute has published scientific research showing that sunlight exposure reduces the risk of skin cancer (http://www.naturalnews.com/007632.html).
現在、米国や他の西洋諸国の保健衛生の権威はそれらの国民をビタミンD 欠乏に留めて置くキャンペーンに取り組んでいます。此れは日光だけが皮膚癌の原因だと人々を洗脳する事で成し遂げられるのです。其れは勿論、医学的大嘘です。ジャーナル オブ ザ ナショナル キャンサー インスティチュート(国民癌協会誌)さえでも日光浴は皮膚癌の危険性を減少させる事を示した研究を発表している。(http://www.naturalnews.com/007632.html).

The American Cancer Society, of course, spreads extremely dangerous disinformation about sunlight exposure, seeking to make sure that no ray of sun ever touches the skin of any person. This "darkness" campaign will soon be exposed as a death sentence for the People as the next pandemic takes the lives of those stupid enough to believe that moderate sunlight exposure is bad for their health.
ジ アメリカン キャンサー ソサエティーは、勿論、どの太陽光線もどの人間の皮膚にも触れ無い事を確実にする事を目指した、太陽光線について極端に危険な偽情報を流しています。此の“暗黒”のキャンペーンは控え目な日光浴が健康を害すると信じる程十分馬鹿な人々を次の大流行で殺し始めた時其の人々にとって死刑の宣告である事を近々暴露するでしょう。

#5 Thing that can get you killed in a pandemic: Antacid prescription drugs
#5大流行中貴方の命を奪う物:酸中和(胃の制酸薬)処方薬


In a pandemic, use of popular antacid drugs can actually increase your risk of death. How? A study published in the Journal of the American Medical Association (JAMA) concludes that these PPI drugs significantly increase the risk of deadly pneumonia.
大流行中に人気のある酸中和剤(制酸薬)を使う事は実は死の危険性を増加させるのです。どの様に?米医療連盟誌(JAMA)で報告された研究によると、この様なPPI薬剤は恐ろしい肺炎感染の危険性を大幅に増加させると結論している。

Read the full story here: http://www.naturalnews.com/026361_d...
全記事は此処で:http://www.naturalnews.com/026361_d...

These acid-suppressing medications, it turns out, are linked to a 30 percent increase in the risk of acquired pneumonia. And if you're suffering from something like the swine flu, pneumonia is the most common cause of death. It's the secondary bacterial infections, after all, that killed most people in 1918, and that's what's likely to cause the greatest number of fatalities in the next great pandemic as well.
この様な酸を抑制する薬剤は実は感染性肺炎の30%増加に関連している。若し貴方が豚インフルエンザか何かで苦しんでいるとすると肺炎は一般的な死因なのです。其の2次的バクテリア感染症が結果的に1918年に殆どの患者を死に追いやったのです。そして其れは次にやって来る大流行でも恐らく膨大な数の死因になる事でしょう。

If you want to protect yourself from influenza, avoid taking antacid drugs (including over-the-counter antacids).
若し貴方が貴方自身をインフルエンザから守りたいのなら(制酸薬)酸中和剤の服用は避けましょう。

ejnews:  此の翻訳はナチュラルニュースの記事の抜粋でした。ワクチンが何と無く信用出来ないので、良く休み栄養のある物を良く食べて自己防衛するしかないですかな?アメリカでは看護婦等医療関係者の中でワクチンを拒否している人々もかなりいるそうで私の妻の(私の妻は背骨の関節の手術があり今日退院したのですが)病室の看護婦さんもフルーの予防接種はしたくないと言っていました。其れと最近、アメリカでは豚H1N1インフルエンザの義務的予防接種を中止するとのニュースがありました。忙しくて理由は今の所聞き逃しましたが恐らくワクチンの量が足りないのだろうと思います。
 処で、南半球ではもう風邪の季節冬も終わっているのではないでしょうか?--------とすると、オーストラリア、ニュージーランド、南米、南アフリカ等でH1N1が大流行していたにも拘らず死亡者数が多かったと言うニュースは聞かなかったので恐らく此れから風邪の季節に突入する北半球でもそれ程心配する必要は無いのかな?
 兎に角、健康な食事を取り十分睡眠を取る事は豚インフルエンザに拘らず色々な病気に対する基本的予防手段なのでしょう。
 話し変わって、アメリカではオバマ大統領は政府が資金援助した企業の最も給料の多い25人の重役の給料を90%下げるとか息巻いているそうです。民主党は腰砕け政党で有名ですからどうなります事やら!?
 後は----株価の暴落が此処6ヶ月~1年以内に起こるとか、アメリカの経済は政府の財政赤字、雇用の海外流出、海外からの低賃金労働者流入、そして富の集中と景気回復にとっては何やら暗い話ばかりでありまする。
 最後に、アメリカでは社会健康保険設立で議論が続いておりまするが、“America’s Health Insurance Plans (AHIP)米健康保険プラン”と呼ばれる健康保険企業団体が存在し、此の団体は如何に病人の医療措置を拒否して御金儲けをしようかと相談しておる厭らしい団体でありますが、此れ又、如何にもアメリカ的でありまするが“Billionaires for Wealthcareビリオネアー フォー ウエルスケア10億万長者の為の富の世話”(healthcare(ヘルスケア) 健康管理とか言う意味でwealthcare(ウエルスケア)は富wealthとcare手入れ、看護等と言う意味の言葉を組み合わせた語呂合わせ。)と言う健康保険企業に反対し奇妙なデモンストレーションをするグループが存在するのであります。
 此のヴィデオはAHIPの会合に紛れ込んだBillionaires for Wealthcareビリオネアー フォー ウエルスケアのメンバーが会合の最中に突然歌で抗議を表明すると言う如何にもアメリカ的な抗議運動でありまする。興味の有る方はYoutubeで
『Public Option Annie - with lyrics (guerrilla musical at AHIP conference)』

http://www.youtube.com/watch?v=q2QX9sMV5xI を見て下さい。

では今日は此れまで。Good Night, and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

役員報酬は社員の死によって増加する!

Dead Peasant Insurance - You're
worth more to your company dead
死んだ貧農(小作人)生命保険-----貴方を雇用している会社にとって貴方が生きているよりも死んだ方が価値がある。


http://www.democraticunderground.com/discuss/duboard.php?az=view_all&address=132x8677479

At least once a week I buy my lunch from Au Bon Pain. It never occurred to me that its employees are subject to what I consider a screaming unethical conduct.
少なくとも週に一回は私は昼食をAu Bon Pain(オー ボン パン)で買う。然しAu Bon Painの従業員が途轍もない非倫理的な待遇を受けているとは一度も思わなかった。

In the year that just ended, the company that owns these food outlets, Panera, made $3 million by pocketing the death benefits after several of its employees died --- without giving their families a red penny.
つい昨年の話だがAu Bon Pain(オー ボン パン)チェーン レストランの親会社パネラは数人の従業員の死の後彼等の家族には1セントも渡さず死亡保障金を受け取り3百万ドルの利益を得た。

And Panera is hardly the only American corporation that fattens its bottom line in this ghoulish manner. Take CM Holdings Inc. When one of its employees, Felipe M. Tillman, died, the company received life insurance benefits amounting to $339,302; his family received a big, fat nothing.
そして、パネラは此の残忍な手段で利益を増やしているただ一つのアメリカ企業と言う事からは程遠い。例えばCM Holdings IncCMホールディングインコーポレイテドは従業員Felipe M. TillmanフェリペMティルマンが亡くなった時会社は$339,302に及ぶ生命保険補償を受け取り彼の家族は一銭も受け取らなかった。

The Wall Street Journal, which reported Tillman's fate, found that numerous corporations purchase corporate-owned life insurance (COLI) policies on millions of employees, typically without their knowledge.
ティルマンの運命を報じたワォールストリートジャーナルは多くの企業が何百万人もの従業員に企業によって契約されている生命保険(COLI)を掛けている事を調べ出した。そして通常従業員に知らされないで行われる。

corporate-owned life insurance (COLI)
企業が所有している生命保険


Among the corporations that have bought such insurance, nicknamed "janitors' " or "dead peasants' " insurance, are AT&T, Dow Chemical, Nestle USA, Procter & Gamble, Walt Disney and Wal-Mart.
この様な“清掃作業員(用務員)ジェニター”若しくは“死んだ小作人”と言うニックネームのある保健を買った企業の中にはAT&T、ダウケミカル、ネッスルUSA、プロクター&ギャンブル、ウォルトディズニーそしてワォールマート等が含まれている。

janitors 日本では“掃除夫、用務員”にあたると思います。
peasants 小作人、貧農

この様に或る特定の職業を軽んじて軽蔑用語として使う習慣を見るとアメリカの社会が如何に精神的に病んだ社会か良く理解して頂けると思います。


Corporations gain not merely from the tax-free life insurance benefits they receive when current or former employees die but also can borrow money against these policies. Many companies even deducted the interest on these loans from their taxes.
企業は現在雇用されている従業員、若しくは過去に雇用されていた従業員が死亡した時課税されない保険金で利益を得るばかりでなく企業は此の保健を担保にして融資を受ける事が出来るのである。多くの企業は此の融資の利子を税金から控除する事までするのである。

In 1996 Congress moved to limit such deductions, and the IRS has sued some 80 corporations, including Winn-Dixie and American Electric Power, to collect back taxes on such loans.
1996年議会はその様な控除の規制に動き米税務局はその様な融資に対しての未払いの税を取り立てる為ウインディキシー スーパー マーケット チェーン店とアメリカン エレクトリック パワーを含む80社程の企業を起訴した。

Still, companies benefit. They are not taxed on gains within a life insurance policy; in effect, these policies amount to tax-free investments for businesses.
其れでも企業は利益を得る。企業は生命保険からの利益に課税されていない。実際にはこの様な保険はビジネスにとって課税されない投資と言う事になるのである。

Critics have compared these life insurance policies to those purchased by some American slaveholders on the lives of their slaves, who also were unaware of such policies held by their owners.
批評家はこの様な生命保険契約とアメリカの奴隷所有者が同様に彼等(奴隷達自身)の命に保険が掛かっている事を知らなかった奴隷達の命に掛けた保険を比較してみた。

The business of selling COLI policies is thriving, with premiums growing from $1.5 billion in 2000 to $2.8 billion in 2001. Insurance executives maintain that such policies are "perfectly legal."
COLI保険販売のビジネスは掛け金総額が2000年から2001年間に15億ドルから28億ドルと拡大し繁栄している。保険会社の経営者達はこの様な保険は“全く合法”であると主張している。

Facing congressional curbs, the insurance lobby has placed ads in Capitol Hill newspapers extolling the importance of COLI, calling it "business life insurance" on the grounds that such coverage is essential for the well-being of the corporations involved.
議会による規制に直面し保険ロビーはキャピタルヒル(ワシントン、首都)の新聞にCOLI保険の重要性を褒め称える広告を掲載した。此の広告はこの様な保険の補償は保険を掛けている企業の経営的健全性にとって必須の物であると言う事を理由にCOLIを“ビジネス生命保険”と呼んでいる。

Herb Perone of the American Council of Life Insurers told the San Francisco Chronicle: "Nobody gets upset when a company insures its plant or its fleet of cars or land or any other business asset. To think that your labor force is not a business asset is extremely shortsighted."
アメリカ生命保険評議会のハーブ ペロンはサンフランシスコ クロニクルに『会社が工場や土地や所有自動車や他の資産に保険を掛けても誰も憤慨しない。其れを思うと従業員が資産でないと考える事は非常に近視眼的である。』と語っている。

Mark Elam, the acting president of the American Council of Life Insurers, wrote to The Wall Street Journal that corporations use the benefits they gain from the employee's death to help finance health care for retirees. He cited no evidence to this effect.
アメリカ生命保険評議会の会長代行マーク エルマンはワォールストリートに企業は従業員の死による利益を元従業員の医療の為に使っていると書いているが、彼は此の事についての証拠は引用していない。

In fact, in the case of Felipe Tillman, as well as many others, The Wall Street Journal reports that death benefits were used to fatten executive compensation.
実際には、フィリップ ティルマンや他の多くの場合と同様に保険の死亡補償金は会社の役員報酬を増やす為に使われているとワォール ストリート ジャヤーナルは報告している。

In response, U.S. Rep. Gene Green (D-Texas) introduced a bill that merely called for notifying employees when companies purchase COLI policies on them, and not for changing this obnoxious practice. But he was not even able to get a hearing on his bill in the House.
此れに対して米下院議員ジェン グリーン(民主党-テキサス)は此の不愉快な習慣を変えるのではなく企業がCOLI生命保険を契約した場合単に其の従業員に連絡する事だけを要求した法案を議会に提出した。然し彼は下院で公聴会も開けなかった。

Whether you call it dead peasants' insurance or use the less stigmatizing term COLI, the ghoulish practice would make a fine case study for the budding ethics programs that are being rushed into the curriculum of business schools since Enron.
“死んだ小作人保険”と呼ぶか若しくは社会的に不名誉でない“COLI”と呼ぶかに関係なく、此の残忍な習慣はエンロン以後始まったばかりの倫理プログラムの良い事例研究としてビジネススクールのカリキュラムに急遽取り入れられている。

Enronエンロン基本的に会計詐欺で2001年に破産したテキサスに本拠地を置いていた電力会社。22,000人の社員の殆どがエンロンの株を年金として所有させられていて、エンロン破産時に彼等は年金の殆ど全てを失うと言う悲劇を味わう事になったのです。会長のケンレイKenneth Layはブッシュの友人として当時知られていて、ブッシュ政権の財務長官になるのかも?とも囁かれておりました。ブッシュの御友達には人格者が多いのであります。

Even Scrooge would have second thoughts about fattening corporate coffers and executives' benefits while widows and orphans are left to fend without a dime, even for funeral costs.
企業の重役達と役員報酬を太らせて未亡人と孤児達は文無しさせ葬儀費用も渡さない様な事はあのスクルージでも二の足を踏んでしまうだろう。

Scroogeスクルージ あの有名なチャールズ ディケンズのお話し“クリスマス キャロル”のけちん坊な主人公。

Amitai Etzioni is a professor at George Washington University and author of "The Moral Dimension: Toward a New Economics.
http://www.gwu.edu/~ccps/etzioni/B413.html

ejnews:  如何でござりしたか?ギョッとする様な話だと思いませんか?まさか日本の企業は社員の命を利益獲得の手段にはしていないでしょうね????この様な生命保険は過去にはkey person life Insurance(キーパーソン生命保険)といって企業の重要な役職についている人に何か災いが起きたとき企業の損失を補償する為の物でしたが、然し、この様な生命保険を全ての従業員に掛け補償金は全て企業が受け取ると言う事は誰が如何見ても倫理観を疑われると思うのでありまするが!?資本主義の目的は利益ですから法を犯さなければどんな事をしても利益さえ出れば良いと言う事なのでしょう、恐らく--------。或る石油会社(シェヴロンCheveronの話)は例えばエクアドルの広大なジャングルの環境破壊をし、その地に住む原住民が種々の癌や他の病気で苦しみ死んでいても法的に罰せらないので悪事を働いているとは考えられていない。-----とか—米議員ジョンマーサによるとアフガニスタンのアメリカ軍は1ガロン400ドル!!!!でガソリンを買っているのでありまするが(其れは米国民の税金で当然支払われている、例えば米陸軍のジープに替わって登場したHamveeハンヴィーの25ガロンのガソリンタンクを満タンにするには1万ドルが必要!!!!)未だ誰も訴えられていないので犯罪ではない。-----とか-----重役や自社の弁護士を政府の要員として送り込み危険な自社の製品を合法化する(遺伝子組み換え農作物、人口甘味料、牛がミルクを多量に生産する為の人口ホルモン等、Monsantoモンサントの話)-------とか------この様な圧倒的な資金力と影響力で利益だけを追求する企業の行動を見ていると、民主主義は資本主義から守られなければならず、其の上御互いに相容れない物ではないのかと考えるようになってきました。軍隊と企業は上からの命令に従わなければならないカスト社会で、民主主義は社会の構成員が全て平等でなければ民主主義とは呼ぶことが出来ないのですから当然の事かもしれないのですが------------。
 兎に角、今アメリカではジョージ ブッシュ政権で代表されるネオコン共和党が余りに評判が悪いので“リバタリアン”と言う“ソシアル ダーウイニズム”に影響された政党が若者の間で人気が出ている様でありますが(ノム チョムスキー等で代表されるリバタリアン ソシャリズムではない。リバタリアンと言う言葉は元々19世紀後期フランスのコミュニスト左派のJoseph Déjacqueジョセフ デジャックによって使われ始めた言葉ですが、アメリカではネオコンと同じフリーマーケット経済主義free market economyを主張する資本家グループによって操られている右翼思想運動。)リバタリアンの馬鹿馬鹿しい主張の一つは“政府は企業の活動に対しての規制を最小限にするべきだ”なのです。ya-ya-ya-ヤーヤーヤー。規制を無くすと企業は公害の垂れ流しを止め、医薬品の安全性を時間と資金を使って確認し、加工食品には危険な添加物使用を止め、金融機関は非倫理的な利益の追求を止めるのでありますよねえ!?クリントン大統領政権下でinvestment bank投資銀行commercial bankビジネスバンク(我々庶民が口座を持っているタイプの銀行) insurance company保険会社、此の3つのタイプの金融企業を同時に兼ね備える事を禁じていたGlass-Steagall Actグラス-スティーガル条例が廃止され、其の事が現在の金融危機が原因の世界的なリセッションの原因になった事等はキャピタリズムは規制が必要と言う良い例だと言われているのではありまするが、然し、ロン ポールRon Paulと言うリバタリアン主義で有名な共和党議員の主張を日本に紹介している日本人も居るようです。彼等は富める者の社会地位の現状維持(preserving the status quo)か企業、資本家の権力拡大にしか興味が無いので御注意、御注意!
其れから、此の翻訳した記事には“死んだ小作人生命保険”で利益を上げている企業の名前が挙げられています。興味の有る方は  http://www.democraticunderground.com/discuss/duboard.php?az=view_all&address=132x8677479  です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

英王室御用達雑貨屋さんもフォックスニュースとは御友達と見られたくない?

Cheerio! Queen’s grocer yanks
advertisements from all Fox News
shows
チリオ!女王の食品雑貨店は全てのフォックスニュースショーでの宣伝を中止する。


By John Byrne
Monday, October 5th, 2009 -- 8:13 am

http://rawstory.com/2009/10/queens-grocer-yanks-advertisements-from-all-fox-news-shows/

The upscale British grocery store which has a Royal Warrant to provide foodstuffs to the Queen of England says it's done with Fox News for good.
英国の女王に食品を調達する王室御用達の英国の高級食品雑貨店は“フォックスニュースとの関係はもう終わっちゃた”と発表した。

The Waitrose grocery store chain, which has roughly 200 stores across the United Kingdom, has announced that it will suspend advertising anywhere on the Rupert Murdoch-owned cable network after customers complained about their brand's placement during a segment of The Glenn Beck Show. According to a British newspaper, a shopper who emailed management expressing outrage that they were "associated with this particular form of rightwing cant" received a humbled reply.
連合王国全国に200店舗を展開する“ザ ウエイト ローズ ストアー チェーン”はグレン ベック ショーの一部でのチェーン ストアーのブランド プレイスメントについてチェーンストアーの顧客の文句の後、ルーパート マードックに所有されるケーブル ネットワークでの宣伝を完全に中止する事を発表した。英国の新聞によるとチェーンの管理部に“此の特別な種類の右翼の詐欺師と関係”している事への激怒を表現したE-メイルを送った買い物客は謙虚な返答を受け取った。

"We take the placement of our ads in individual programmes very seriously, ensuring the content of these programmes is deemed appropriate for a brand with our values," a customer service spokesman is said to have written in reply. "Since being notified of our presence within the Glenn Beck programme, we have withdrawn all Waitrose advertising from the Fox News channel with immediate effect and for all future TV advertising campaigns."
『番組の内容が我々のブランドの価値と比較して適切だと言う事を確認する為、個々の番組での我々のコマーシャルプレイスメントについては非常に真剣に受け取っている。』とカスタマーサーヴィスの広報担当者はE-メイルの返信に書いている言われている。『グレンベックの番組での我々の存在を知らされた事により(ウエイトローズはフォックスとスポンサー契約をしていたのだがベックの番組でコマーシャルが流されていることはフォックスから通知されていなかった)我々は全てのウエイトローズのコマーシャル、そして将来の全てのテレビ広告活動をフォックスニュースチャンネルから即座に撤退させる。』

A spokesman for the supermarket wouldn't comment on how many complaints the store had received, saying only, "We believe it was the right thing to do" and "we take the views of our customers seriously."
此のスーパーマーケットの広報担当者はどれだけ苦情を受け取ったかについては言及していない。唯『其れは(コマーシャルをフォックスニュースで中止する事)正しい事だと我々は信じている。』そして『我々は御客様の視点を真剣に受け止めている。』と語っている。

Waitrose was the first grocery store chain in England to be awarded a Royal Warrant by the Queen in 2002. The marks are awarded to firms that have supplied the royal family for at least five years, and are used in marketing.
ウエイトローズは英国で2002年に史上初の王室御用達の栄誉を受けた食品雑貨店チェーンで、王室御用達のマークはウエストローズに過去5年間王家より供給されウエイトローズの宣伝広告に使われている。

Nearly two dozen companies have abandoned Beck's program after comments he made in July when he accused President Barack Obama of being a racist.
7月にバラックオバマを人種差別主義者と非難したコメントを口走った後、殆ど24企業がグレンベックの番組を見限った。

Beck said Obama held a "deep-seated hatred for white people or the white culture" after the president said a police officer had "acted stupidly" in arresting Harvard Professor Henry Louis Gates.
或る警察官がハーヴァード大学の教授ヘンリールイスゲイツを逮捕した事に関して大統領が警察官は“馬鹿馬鹿しい行動を取った”と語った後、ベックは“(オバマは)白人への若しくは白人文化への根深い憎しみ”を持っていると言った。

"I'm not saying that he doesn't like white people," Beck remarked. "I'm saying that he has a problem. This guy is, I believe, a racist."
『彼(オバマ)が白人を嫌いだと私は言っている訳ではない。』とベックは強調し『彼は(オバマ)は問題がある。此の男(オバマ)は人種差別主義者だと私は信じている。』

Among those who quit Beck's show included big-box juggernaut Wal-Mart and consumer products behemoth Procter & Gamble, as well as Travelocity and Best Buy.
ベックの番組にコマーシャルを出す事を止めた企業の中には大規模小売店ワォールマートと消費生活用製品の巨大企業プロクター&ギャンブル、同じくトラヴェロシティーとベストバイが含まれている。

Waitrose's announcement, however, doesn't mean the chain won't simply stop advertising on Beck's show; it means they won't be advertising on Fox News Channel entirely. Waitrose advertises on the channel carried by Sky in the United Kingdom, the Guardian says.
然しながらウエイトローズの発表は必ずしもチェーンストアーが単にベックの番組でコマーシャルを止める事を意味している訳ではない。其れはフォックスチャンネル全てで宣伝をしないと言う事だ。
ウエイトローズは連合王国でスカイで放送されているチャンネルで宣伝をしているとザガーディアン紙は報道している。

cheerio チリオは英国で使われていた言葉で“じゃマタ!”とか何かの祝い事で上げる気勢にも使われていた言葉ですが現在は恐らく使っている英国人はいないと思います。昔英国のコメディー番組の“Monty Pythonモンティーパイソン”等でパロディー等に使われていたと思います。此処では冗談で使われています。勿論、今も冗談で使う人も居ると思いますよ。

Wal-Mart ワォールマート 御存知アメリカの巨大ディスカウントストアーで、米国内で生産された製品を販売していると宣伝し店舗数を拡大し実は中国製品を大量に輸入し米国内の製造業を徹底的に破壊し、又ワォールマートの進出した地域では値下げ競争に負けた小売店の破産でワォールマートの市場独占が保証され商品の値段はワォールマート進出以前よりも高くなると言う独占市場特有の現象が起こりアメリカの健康な社会を破壊している大原因の一つだと非難されている企業。話しは其れだけではなく、此の会社は男女間の差別が激しく、不法移民を雇用し、社員の労働組合結成を阻み良い所の全く無い会社として悪名が高いのです。

Procter & Gambleプロクター&ギャンブル 元々石鹸と蝋燭の会社で1930年代にラジオのメロドラマ(日本で言う昼メロ)のスポンサーになり、其の事が“ソープオペラSoap Operas”と言う言葉の語源になった。クリスコショートニング、マックスファクター、オールドスパイス、フォージャーコーヒー、ジレット、等々を含む巨大企業。

Travelocityトラヴェロシティー  オンライン旅行代理店

Best Buyベストバイ 家電製品home electric appliancesの大規模小売店

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ejnews: オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞したニュースは世間を一寸戸惑わせる出来事でオバマ自身も驚いていたようですが、キッシンジャーや人種差別主義者としてや“軍事介入好き”で悪名の高い戦争好きのウッドローウイルソン大統領が平和賞をもらっているのですからノーベル平和賞は時代の政治背景が大きく絡んでいるのでしょうねエ?!?!?!
 兎に角、今回のオバマ受賞は回教徒諸国を悪人に仕立て上げ、然も国連までも役に立たない無用の長物の様に形容していたブッシュ偽大統領とは全く反対に、回教徒諸国を訪問し国際関係を築き直そうとしている努力が評価され今後にも“期待しま賞”と言う事なのでしょうねえ。
 話は翻訳した記事に戻りますが、Glenn Beckグレンベックは米国の右翼テレビラジオ番組ホスト。テレビではFox news channel フォックスニュースチャンネルでグレンベックと言う番組のホストをしていて、此の記事にある“オバマ人種差別主義者”の発言で彼の番組はスポンサーの殆どを失うのであります。然し、フォックスニュースは現在でも番組を継続しているのです!フォックスニュースは24時間ケーブルテレビニュース局ではアメリカで最も人気のある放送局で企業利権や極右翼的視点に立った報道で有名で(若しくは悪名が高く)ブッシュ政権時代には政権のプロパガンダマシンとして機能していましが、現在はオバマ民主党のする事には何でも批判する放送局になっています。フォックスの番組のホスト達の中では、Bill O'ReillyビルオライリーSean Hannityショーンハニティー等が非常に人気が有り彼等の番組では嘘が非常に多いのでありますが、何と!彼等自身は彼等の番組をニュースショーとは呼ばずエンターテイメントと呼んでいるのです。何故ならニュース番組と呼んでしまうと嘘がばれた時に大きな問題に発展する可能性があるのですがエンターテイメント番組としておくと嘘がばれても無視していられるのです。私のブログでも時々フォックスニュースについては書いた事がありますが、此れだけ大っぴらに右翼傾向や白人優越主義の傾向が見えると返ってハッキリしていて、CNN等の様な他の企業メディアの様にコッソリと隠密に右翼や人種差別思想を吹き込まれるよりも潔いかも知れません。(恐らくアメリカに住まれている)日本人のでフォックスニュースの報道を真実と捉えて記事として取り上げているブログが時々目に付きますが、英国王家御用達と言ったリベラルと呼ぶには余りにも保守的なスーパーマーケットチェーンがコマーシャルを中止するほどのフォックスニュースチャンネルのニュースや番組を如何して信用の出来る情報源として扱っているのか私には理解が出来ないのでありまする-----------------。
 では今日は此れまで。Cheerio!

帝国の終焉とGracias a la vidaグラシアス ア ラ ビダ (人生にありがとう)

U.S. Suffering Permanent
Destruction of Jobs
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


Monday, October 5, 2009
washingtonsblog.comより。
http://www.washingtonsblog.com/2009/10/us-suffering-permanent-destruction-of.html

America is suffering a permanent destruction of jobs.
合衆国は永続的な雇用喪失に悩んでいる。


JPMorgan Chase’s Chief Economist Bruce Kasman told Bloomberg:
JPモーガン チェイスの主席経済担当者ブルース カスマンはブルームバーグにこう語った:

[We've had a] permanent destruction of hundreds of thousands of jobs in industries from housing to finance.
(我々は)住宅業界から金融業界まで何千にも及ぶ永続的な雇用喪失を被っている。

The chief economists for Wells Fargo Securities, John Silvia, says:
ウエルス ファーゴ セキュリティーの主席経済担当者ジョン シルヴィアはこう語っている:

Companies “really have diminished their willingness to hire labor for any production level,” Silvia said. “It’s really a strategic change,” where companies will be keeping fewer employees for any particular level of sales, in good times and bad, he said.
企業は“全ての製造段階で本当に労働者雇用の意欲を減少させている”とシルヴィアは語った。“実は此れは戦略の変更だ。”(其の新しい戦略では)企業は景気の良い時も悪い時も全ての個々の販売レベルで現在よりも少ない従業員を雇用する

And David Rosenberg writes:
そしてデイヴィッド ローゼンバーグはこう書いている:

The number of people not on temporary layoff surged 220,000 in August and the level continues to reach new highs, now at 8.1 million. This accounts for 53.9% of the unemployed — again a record high — and this is a proxy for permanent job loss, in other words, these jobs are not coming back. Against that backdrop, the number of people who have been looking for a job for at least six months with no success rose a further half-percent in August, to stand at 5 million — the long-term unemployed now represent a record 33% of the total pool of joblessness.

一時解雇ではなく職を失った人口は8月に22万人に急増し、其のレヴェルは記録を更新しようとし、現在8百10万人となっている。これは非雇用人口の53.9%で又記録的に高い数字であり、永遠に雇用が消え去ってしまうと言う代用の表現であり、別の言い方をすればこれ等の職はもう戻って来ないと言う事なのである。此の事実を背景に、最近の6ヶ月間に求職をしながらも職を見つけられない人口は8月に0.5%増加し5百万人となり長期の失職人口は今失業人口全体の33%と言う事を意味する。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

ejnews: ------------と言う御話でした。1930年代の恐慌時にはアメリカは世界第一の工業国で、第二次大戦後は暫くの間日本とヨーロッパの工場地帯の破壊で競争相手が存在せず世界の市場を支配していたのですが、其の後、特に1980年代から米資本支配層が競争力と言う理由で工場を発展途上国に移し(中国、インドネシア、ヴェトナム等から輸入したほうが国内で労働力を確保し生産するよりも安価で利益率が高い)現在失われている職はもうアメリカ国内に戻って来ないと言う様な状態になっています。帝国の終焉の始まりでしょうか?『海外侵略で領土を広げたりする強国や帝国は既に内部で解決できない問題を抱えている。その事が理由で武力で海外侵略を引き起こし国内の問題を解決しようとする事が有る。だから侵略を始める事は終焉の始まりである。』と言う様な事をアーノルド トインビーは彼の有名な“歴史の研究”と言う著書で書いていたと思います。(不確か)ブッシュ親子政権のイラン、アフガン軍事侵略は帝国の“最後の悪あがき”なのでしょうか?????
 処でアルゼンチンの反体制運動家ミュージッシャン、又ユニセフへの大使でもあったMercedes Sosaメルセデス ソサが74歳で他界されたそうです。彼女はニックネームで彼女の黒髪からLa Negraラ ネグラ(スペイン語で黒と言う意味の名詞の女性形)と親しまれていて、又voice of the voiceless ones(声無き者達の声)として知られていました。共産党員だった彼女はアルゼンチンが軍事独裁政権に支配されていた1979年から1982年まで海外追放となりましたが海外で音楽活動を続け、後にラテングラミー賞をMisa Criollaで2000年Acústicoで2003Corazón Libreで年2006年に受賞した他、多くの国際的な賞を受賞しています。彼女はチリの音楽家ビオレタ パラの詩を歌い、ブラジルのミルトン ナシメントやキューバのパブロ ミラネスの歌を有名にし中南米で最も尊敬されるミュージッシャンの一人でした。以下はAPの彼女の死についての記事です。


Thousands bid farewell to Argentine singer Sosa
何千人もの人々がアルゼンチンの歌手ソサに別れを告げる。


http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jlvVXzCU006t3qt6XA_tIr3TTJ5QD9B54MUG0


By VANESSA HAND ORELLANA (AP) – 7 hours ago

BUENOS AIRES, Argentina — Argentines bid farewell to folk singer and human rights activist Mercedes Sosa with flowers and cheers Monday as her body was taken from Congress to the capital's Chacarita cemetery.
ブエノスアイレス、アルゼンチン -----------月曜日、アルゼンチンの国民はフォークシンガーで人権運動の活動家メルセデスソサの遺骸が議会から首都のチャカリタ墓地に運ばれる中、アルゼンチンの国民は花と喝采で彼女に別れを告げた。

The ashes of the singer, who died Sunday at 74, will be scattered in Argentina's capital as well as the provinces of Mendoza and her birthplace Tucuman in accordance with her wishes.
日曜日に74歳で他界した歌手の灰は彼女の遺言に従いアルゼンチンの首都とメンドサ州と彼女の出身地ツクマンに振りまかれる予定である。

Argentina's president accompanied Sosa's family in paying homage to the singer as she lay in state at Congress. Singer Argentino Luna played her songs as weeping fans sang along and left flowers on her coffin.
議会で弔問客の為横たわっている歌手に敬意を捧げる為アルゼンチンの大統領はソサの家族に同行した。歌手アルヘンティノルナは彼女の歌を歌い、ファンは泣きながら彼と歌い花を彼女の御棺に捧げていった。

Other celebrities sent their eulogies from afar — like Colombia's Shakira, who sings on Sosa's last, Grammy-nominated album. "We are all better for having known her — she showed us that a song can teach us so much," Shakira said.
ソサの最後のグラミー賞にノミネートされたアルバムで歌ったコロンビアのシャキーラの様に、他の有名人は遠方より追悼の言葉を送った。『私達は彼女を知った事によって皆前よりも向上しました------彼女は歌が私達の心に本当に深く触れる物だと言う事を見せてくれました。』とシャキーラは述べている。

The leftist Sosa was forced into exile by Argentina's military dictatorship of the 1970s but never backed down, lending her voice to inspire many who suffered. In the years since democracy returned to her country, she continued singing at political rallies and taking up causes even when they were unpopular.
70年代のアルゼンチンの軍事独裁政権によって強制国外退去になった左翼のソサは立場を翻す事は無く、彼女の声を苦しんでいる人々を鼓舞する為に使った。民主主義が彼女の故国に取り戻されてからも彼女は政治集会で歌い続け、そして少数派であっても政治的主張の為に活動した。

"I could never afford to see her in concert, but I met her today and said goodbye," said Dora Mabel Parra, one of many weeping fans.
『私は経済的に彼女をコンサートで見る事が出来なかった。でも今日彼女に会いさよならを言った。』と多くの泣いているファンの一人、マベルパラは語った。

A large crowd also gathered at the cemetery, crying, praying, singing and dancing — and vowing to keep her memory alive.
大きな群集は墓地にも集まり、泣き、祈り、歌い、そして踊り--------彼女の記憶を守り続ける事を誓った。

Copyright © 2009 The Associated Press. All rights reserved.

ejnews: メルセデス ソサが中南米で不滅の歌にしたVioleta Parraビオレッタ パラのGracias a la Vidaグラシア ア ラ ビダ“ありがとう人生よ”の歌詞を載せておきます。
ビオレッタ パラはチリの音楽家でNueva Canciónヌエバ カンシオン(新しい歌)と言う音楽運動を始めた人です。此の歌は恋人との別離の悲しみを書いた詩だと言う事で、此の後に彼女は自殺しています。其の後に起こった米中央情報局が協力したチリのピノチェットによるアイェンデ政権に対する軍事クーデターや、メルセデス ソサも被害者となり戦ったアルゼンチン軍事独裁政権等、南米の人民は暗く圧迫された“オペレーションコンドアー(コンドル)時代”に入っていくのです---------


Gracias a la vida
グラシアス ア ラ ビダ(人生にありがとう)


Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me dió dos luceros, que cuando los abro.
Perfecto distingo lo negro del blanco
Y en el alto cielo su fondo estrellado,
Y en las multitudes
El hombre que yo amo.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el oìdo que en todo su ancho
Graba noche y dìa grillos y canarios
Martillos, turbinas, ladrillos, chubascos
Y la voz tan tierna de mi bien amado.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado el sonido y el abecedario.
Con él las palabras que pienso y declaro,
“Madre,” “amigo,” “hermano,” y luz alumbrando
La ruta del alma del que estoy amando.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la marcha de mis pies cansados.
Con ellos anduve ciudades y charcos,
Valles y desiertos, montañas y llanos,
Y la casa tuya, tu calle y tu patio.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me diò el corazòn que agita su marco.
Cuando miro el fruto del cerebro humano,
Cuando miro al bueno tan lejos del malo.
Cuando miro el fondo de tus ojos claros.

Gracias a la vida, que me ha dado tanto.
Me ha dado la risa, me ha dado el llanto.
Asì yo distingo dicha de quebranto,
Los dos materiales que forman mi canto,
Y el canto de ustedes que es el mismo canto
Y el canto de todos que es mi propio canto.


Thank you to life
人生にありがとう


Thank you to life, which has given me so much.
It gave me two beams of light, that when opened,
Can perfectly distinguish black from white
And in the sky above, her starry backdrop,
And from within the multitude
The one that I love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
二つの光を与えてくれて其れが開いた時
黒と白をハッキリ見極める事が出来た。
空高く其の星空のバックドロップで
其の多くの中で
其の中で其れが私の愛する物。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me an ear that, in all of its width
Records—night and day—crickets and canaries,
Hammers and turbines and bricks and storms,
And the tender voice of my beloved.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に耳を与えてくれた。其の広がりの中で
記録する-----夜と昼--------蟋蟀とカナリヤ
金槌とタービンそして煉瓦と嵐
それから私の愛する人の優しい声。

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me sounds and the alphabet.
With them the words that I think and declare:
“Mother,” “Friend,” “Brother” and the light shining.
The route of the soul from which comes love.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
私に音とアルファベットを与えてくれた
其の中で言葉。それで私は考えて宣言する
“お母さん”“友人”“兄弟”そして輝いている光
魂の道、それから生まれる愛

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me the ability to walk with my tired feet.
With them I have traversed cities and puddles
Valleys and deserts, mountains and plains
And your house, your street and your patio.
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
疲れた私の足で歩く力を与えてくれた
其の足で私は市(まち)や水溜りを
谷間や砂漠、山々や草原を旅して来た
貴方の住む家、貴方の住む街、そして貴方のいる中庭

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me a heart, that causes my frame to shudder.
When I see the fruit of the human brain,
When I see good so far from bad,
When I see within the clarity of your eyes…
ありがとう人生に。私にこんなにも多くの物を与えてくれた人生に
心を与えてくれた。其れは私の身体を震わせる
私が人間の脳の作り出した果物(結果)を見る時に
私が善を悪から離して見る時に
私が明白に貴方の瞳を見る時に

Thank you to life, which has given me so much.
It gave me laughter and it gave me longing.
With them I distinguish happiness and pain—
The two materials from which my songs are formed,
And your song, as well, which is the same song.
And everyone’s song, which is my very song.
ありがとう人生に。私にこんなに多くの物を与えてくれた人生に
私に笑いを与えてくれた。そして貴方を恋する心も
其の中で私は喜びと苦悩を見極める
二つの物-------(其れから)私の歌が生まれてくる
そして貴方の歌も------其れは同じ歌。
そして皆の歌、其れは私自身の歌。


英訳は下記のブログからです。

MUSIC IN THE UNCONSCIOUS STATE

http://tracycharles.blogspot.com/2007/01/violeta-parra-concept-of-cultural.html


Youtubeでメルセデスソサが“人生にありがとう”をスペイン語歌っているのは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=DPLUSH9xwzA

Youtubeでビオレッタパラの“人生にありがとう”のオリジナルは下記。

http://www.youtube.com/watch?v=UW3IgDs-NnA



他のメルセデスソサの歌も興味のある方はYoutubeでどうぞ。下記です。

http://www.youtube.com/watch?v=icrCSlBGkl0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=4CAesBCjk20

http://www.youtube.com/watch?v=g8VqIFSrFUU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=-18W35iHaqE

では又!Adios ! Hasta pronto!

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)の効用。

Baking Soda Found To Help People with Chronic Kidney Disease
ベーキングソーダは慢性の腎臓病患者を助ける事が発見された。


Wednesday, August 26, 2009 by: S. L. Baker, features writer

http://www.naturalnews.com/026920_soda_disease_baking_soda.html

(NaturalNews) Chronic kidney disease (CKD) is a serious condition marked by the permanent loss of kidney function. When the kidneys are damaged, the organs can't remove wastes and extra water from the blood as well as they should and the result can be a host of serious and even deadly health consequences. But now researchers in the United Kingdom have made a breakthrough in the treatment of advanced CKD -- and it doesn't involve a new drug or high tech surgery. Instead, it's simply a daily dose of sodium bicarbonate or, as it is more commonly called, baking soda.
慢性腎臓病(CKD)は不治の腎臓機能喪失で特徴付けられる重大な疾患です。腎臓が傷ついた時、血液から汚物や余分の水分を取り除く事が普通に出来ない為傷ついた腎臓の持ち主の重大なそして致死的にもなる健康問題を引き起こす事になる。然し今英国の研究者が症状の重くなった慢性腎臓疾患の治療について突破口を切り開いた。-----------そして其れは新しい薬やハイテックな手術を必要としている訳ではない。その代わりに(此の新しい治療法は)毎日のソディウムバイカーボネイト(重曹、重炭酸ナトリウム)、若しくは、其れがもっと一般的に呼ばれている“ベイキングソーダ”なのです。

Used for everything from baking cookies and non-toxic cleaning to relieving indigestion and sunburn, now baking soda has been shown to slow the decline of kidney function in CKD, according to a study set for publication in the Journal of the American Society of Nephrology (JASN). "This cheap and simple strategy also improves patients' nutritional status, and has the potential of translating into significant economic, quality of life, and clinical outcome benefits," researcher Magdi Yaqoob, MD, of the Royal London Hospital, said in a statement to the media.
クッキーを焼く事や無毒のクリーニング(台所や洗濯の為)から消化不良や日焼けの治療まで全てに使われているベーキングソーダは今、米腎臓病学会誌(JASN)に掲載の為の研究によると、慢性腎臓疾患での腎機能の低下を遅らせるが観察されているとの事である。『此の安価で単純な戦略は又患者の栄養状態を向上させ、結果として著しく経済的、生活の質、医療的、利益になる可能性がある。』とロイヤルロンドン病院の研究員マグディヤクーブ医学博士はメディアに向けての声明で語っている。

This is an enormously important finding because CKD is a growing health problem, both in the UK and the US. According to the National Institutes of Health (NIH), between1990 and 2000, the number of people with kidney failure requiring dialysis or transplantation in the US virtually doubled to 380,000. If this trend continues, around 700,000 people will have serious kidney failure by 2010.
此れは非常に重要な発見である。何故ならCDKは英国と合衆国で増大している健康問題だからである。国立衛生研究所によると1990年~2000年の間に合衆国では腎臓透析若しくは腎臓移植の必要な腎臓疾患の患者は事実上二倍の38万人になった。若し此の傾向が続くと2010年までには重症の腎臓病に罹っている人は70万人となる。

Dr. Yaqoob studied 134 patients with advanced CKD and low bicarbonate levels, a condition known as metabolic acidosis. One group of these patients was treated with a small daily dose of sodium bicarbonate in tablet form, in addition to their usual care. The results? The rate of decline in kidney function was dramatically reduced in these patients. Overall, the decline was about two-thirds slower than in patients not given sodium bicarbonate. "In fact, in patients taking sodium bicarbonate, the rate of decline in kidney function was similar to the normal age-related decline," Dr. Yaqoob stated.
ヤクーブ医師は134人の進行したCKD患者と代謝性酸血症(代謝性アシドーシス)と言うコンディションで知られているバイカーボネイト値の低さについて研究した。これ等の患者達の一つのグループは通常の治療に加えタブレット型の重炭酸ナトリウムによって治療された。結果は?これ等の患者の腎臓機能低下率は劇的に改善されたのである。全般的に腎臓機能低下率は重炭酸ナトリウムを与えられない患者と比べて2/3の速さなのである。『実の所重炭酸ナトリウムを服用している患者の腎臓機能低下は普通の年齢による低下と似通っている。』とヤクーブ医師は述べている。

The patients taking sodium bicarbonate were also less likely to develop end-stage renal disease (ESRD) which causes people with CKD to undergo regular dialysis. In addition, those taking sodium bicarbonate also had improvement in several measures of nutrition. And, even though their levels of sodium went up, they did not experience increased blood pressure.

又、重炭酸ナトリウムを服用している患者は慢性腎臓病(CKD)の患者を定期的に腎臓透析をしなければならない状態に追い遣る重症腎臓疾患(ESRD)を引き起こす可能性が少ない。其れに加えて、重炭酸ナトリウムを服用している人はある種類の栄養値の改善が見られる。又、ナトリウムレヴェルは増加した物の彼等は血圧の上昇を経験しなかった。

Low bicarbonate levels are common in patients with CKD and can lead to a wide range of other problems. "This is the first controlled study of its kind," says Yaqoob. "A simple remedy like sodium bicarbonate (baking soda), when used appropriately, can be very effective."
低レヴェルの重炭酸塩は慢性腎臓病患者の間では良く見られ、其れは広い範囲の他の問題に繋がる。『此れはこの様な種類の初めての無作為に選ばれた比較対照研究である。』とヤクーブ医師は述べた。『重炭酸ナトリウム(ベーキングソーダ)の様な簡単な治療法は適切に使用されると非常に有効な事がある。』

The NIH estimates that 20 million Americans have significantly reduced kidney function, and even a small decline in kidney function can double a person's risk of developing cardiovascular disease. Many people will experience heart attacks or strokes before they are even aware they have kidney disease. Fortunately, there are many natural strategies that can help prevent, fight and heal kidney disease
国立衛生研究所は2千万のアメリカ人が非常に低下した腎臓機能を持っていると見積もっていて、極僅かな腎臓機能低下でも循環器疾患を引き起こす危険性が2倍になる可能性がある。多くの人が彼等が腎臓疾患を患っている事に気が付かないまま心臓発作や脳卒中を経験する。幸運な事に、予防の助けになり病気と闘いそして腎臓病を癒す自然な治療法が多く存在している。

(http://www.healingfoodreference.com...). For example, avoiding soda pop can lower the odds of developing CKD in the first place
例えば、そもそも炭酸飲料を控える事で慢性腎臓病発病の確立を低くする事が出来る。
(http://www.naturalnews.com/025582_s...). And, as reported earlier in NaturalNews, eating fish a couple of times a week has been shown to help prevent kidney disease in
diabetics(http://www.naturalnews.com/News_000...).
そして、ナチュラルニュースで以前報告した様に週に数回魚を食べる事は糖尿病患者の間で腎臓病予防に役立つ事が示されている。

For more information:他の情報
http://jasn.asnjournals.org/
http://kidney.niddk.nih.gov/Kudisea...

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ

Ejnews:-----------と言う話でした。アメリカでは肉食や麦等の穀物が多い食生活やジャンクフードと呼ばれる御菓子やスナック、ソーダ等によって体が酸性化し種々の疾患の原因になっていると言う説明があり、健康を取り戻すには菜食を多くしベーキングソーダ(重曹、重炭酸ナトリウム)を毎日少量服用する事が効果的だと説いている医師や専門家の話を良く耳にします。
若し此の話に興味のある方は絶対医師に相談して下さい。個々の健康状態によっては害になる事もあるかと思いますので。
 病気と言えば------------------
アメリカでは健康保険について議会での議論が続いていますが、議論に影響を与えている議員の殆どが健康保険会社、薬品会社から多額の政治献金を受けていると言う新しい事実がサンライトファウンデーションと言う団体によって新しく発表されました。此の調査報告を見るとアメリカの政治は完全に企業に買収されていて米国民による圧倒的な意思表示(デモンストレイション等)以外は正常な医療保険改革は不可能な様に思えます。
 話は変わり--------------
アメリカにはThe Family(ザ ファミリー)と呼ばれている種々のグループが緩く連結したキリスト教原理主義団体が存在し(1930年代から存在するそうです)ワシントンには此のグループに所属する政治家がワシントン滞在中アパートメントとして利用しているC-Street(Cストリート)と言う建物があり、其処を利用している数名の政治家のセックススキャンダルが表沙汰となっています。此のザファミリーと言う団体は秘密をモットーとしウエッブサイト等はモッテノホカと言う人々の集まりなのですが、此のグループに潜入していたジャーナリストが最近本を出版し話題になっています。この本はアメリカの政治がキリスト教原理主義派(キリストの名を使う金と権力の亡者)によって如何にコントロールされて来たかと言う本だそうです。此れはまるで現実に存在する秘密結社みたいですね!興味のある方は
“The Family: The Secret Fundamentalism at the Heart of American Power” Jeff Sharlet著です。
 
では又!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。