スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリックの神父アマゾンで環境と住民の為に多国籍企業に立ち向かう!

Cargill and the Priest: Priest Stands Up Against BigAg and Deforestation
カーギルと神父:神父が巨大農業関連企業と森林破壊に対して立ちはだかる。


http://www.commondreams.org/headline/2009/06/19-4

In the Brazilian town of Santarem, one brave priest is the only thing standing between multi-national grain
trader Cargill and the rest of the Amazon
ブラジルのサンタレムと言う町で多国籍穀物貿易企業カーギルとアマゾン全体との間に立って居るのは一人の勇敢な神父だけだ。


by Polly Cook
Published on Friday, June 19, 2009 by The Ecologist

Father Edilberto Sena arrives at Rural Radio station and takes up his position behind the microphone. He reaches into his pocket and pulls out his script for today's show. One question is scribbled on it for the daily debate: ‘Why is this happening?'
エディルベルト セナ神父は田舎のラジオ局に現れ彼の主張についてマイクロフォンの後ろから活動する。彼はポケットに手を伸ばし彼の今日の番組のスクリプトを取り出す。今日の議論の一つの疑問が其れに書かれている。“如何してこの様な事が起こっているのか?”

Edilberto is a Roman Catholic priest and a follower of liberation theology - meaning not only does he believe in teaching the word of God, but believes that he has an absolute obligation to fight poverty and bring justice to the poor. So he takes up the microphone each week not to recite afternoon prayers to his 200,000 listeners, but to tell the people of Santarem, Northern Brazil, exactly why they are finding it so hard to grow crops and why the rainforest that once surrounded their city resembles a burnt desert.
エディルベルト神父はローマンカトリック教会の神父でリバレーション セオロジー(“解放の神学”若しくは“解放の教義”)に従う人である。リバレーション セオロジーとは神の言葉を教える事を信じているだけでなく、彼等は貧困と戦う事と貧困者に正義をもたらす事に絶対的な義務感を持っている。だから彼は毎週マクロフォンを取り20万人の彼の聴衆に午後の祈りを読誦するのではなく、北部ブラジルのサンタレムの町の人々に、彼等が農作物を育てるのに如何してそんなに苦労する様になったのか、そして一度は町を取り囲んでいた熱帯雨林が如何して焼け爛れた砂漠の様相を呈しているのか説明するのである。

Edilberto isn't just referring to climate change. The Amazon rainforest is being torn down by agribusinesses which use the land to farm soya and export to European livestock farmers, feeding the growing demand for cheap meat. For ten years Father Edilberto has stood at the heart of Santarem's campaign against the world's leader in this trade, Cargill.
エディルベルト神父は単に気候変化について言及している訳ではない。アマゾンの雨林は農業関連企業によって安価な食肉の需要拡大の飼料として欧州の家畜農家に輸出する大豆栽培の土地に使う為切り倒されている。10年間エディルベルト神父は此の業界の世界的な主導企業カーギルに対してサンタレムキャンペーンの中心に立ち続けている。

‘In Santarem people started to say, "why is it so much hotter?". I tell people this is not God's doing; this is happening because of the destruction of the rainforest.'
サンタレムの人々は『如何して(昔よりも)酷く暑くなったのだろう?』と言う言う様になった。私は人々に此れは神の仕業ではないと言った。この様な事は雨林の破壊によって起こっているのだ。

Cargill has US revenues of over $63 billion each year and is thought to be the largest privately owned firm in the world. It arrived in Santarem in 1999 with plans to expand the town's port to make it big enough to take advantage of the fast, cheap route from Northern Brazil to Europe. The company claimed it wanted to bring development and prosperity to the state of Para, but Edilberto and his fellow campaigners remained unconvinced.
カーギルは毎年米合衆国の利益の6百30億ドルを占め個人によって所有されている世界で最大の企業と考えられている。1999年カーギルは速くて安い北部ブラジルから欧州へのルートを利用出来るだけの大きさに町の港を拡大する計画を持ってサンタレムに現れた。カーギルは発展と繁栄をパラ州にもたらしたかったと主張していたが、然しエディルベルト神父と彼の同胞キャンペイナー達は説得させられなかった。

A 2006 report by Greenpeace shows that deforestation in those parts of the Amazon surrounding Santarem leaped from 15,000 hectares in 2002 to 28,000 hectares in 2004. The arrival of Cargill also seems to have encouraged increasing numbers of locals to make a living by grabbing land illegally and growing soya.
2006年のグリーンピースの報告によるとサンタレム付近のアマゾン地域の森林破壊は2002年の15,000ヘクタールから2004年の28,000ヘクタールにジャンプした。カーギルの到来も又不法土地占拠そして大豆栽培で生計を立てる地域住民の増加を促進したように見える。

Edilberto paints a particularly bleak picture of what Santarem looks like now. ‘If you fly over Santarem you can see what a desert it has become, you can see the damage of the pesticides and the lonely Brazil nut trees. Cargill has brought devastation to us; this is why we are fighting them.'
エディベルト神父は特に荒涼とした現在のサンタレムの様子を描いてみせる。『サンタレム上空を飛行するとトンでもない砂漠になった事が見える。殺虫剤(農薬)の被害、そしてポツンと立っているブラジルナッツの木を貴方は見ることが出来る。カーギルは我々に荒廃をもたらした。だから我々は戦っているのだ。』

However, Edilberto's case against Cargill is based on more than just a moral or religious aversion to agribusiness - he is adamant that what Cargill is doing is, in fact, illegal.
然し、エディベルト神父のカーギルに対する件は単にアグリビジネスに対する倫理的、宗教的な嫌悪からだけではない。彼はカーギルの行為は実は違法なのだと断言している。

In Brazil as elsewhere, large construction projects must complete an Environmental Impact Assessment (EIA) before ground is broken. Greenpeace discovered in 1999 that Cargill had filed no such assessment, even though the site was thought to be of indigenous archaeological interest. A high profile, multi-NGO campaign ensued, ultimately landing Cargill in court.
他の何処でも同様にブラジルでも大規模な工事建設プロジェクトは工事を開始する前に環境に対する影響の評価査定(EIA)を完了させなければならない。1999年にグリーンピースは其の現場が先住民族の考古学的に重要な場所であると考えられているにも拘らずカーギルがその様な評価査定を提出した事実のない事を発見した。多数の注目を浴びるNGOグループの(カーギルに対する)キャンペーンが巻き起こり最終的にカーギルを法廷に引き出した。

In June 1999 the Ministry of Public Prosecution won a c
ivil action to stop Cargill constructing the terminal unless the report was completed. While Santarem rejoiced, Cargill and the Port Authority appealed the court's decision. In 2003, Cargill again lost its appeal, but by this point the terminal was near completion - so big it had already destroyed the beach and the twenty-five family-run businesseses that depended on it. 630 Amazonians were made redundant leaving just 70 in work.
1999年6月、公訴省(検事局?)は若しカーギルが報告書を完成させなければターミナルの建設を中止させる事を民事訴訟で勝ち取った。サンタレムが喜んでいる間にカーギル社と港湾局は裁判所の判断に控訴した。2003年カーギル社は再び告訴に破れたが、此の時点でターミナルは殆ど完成していて---------其れは25家族が経営する商売の為に依存している海岸線を既に破壊するほど巨大だった。630人のアマゾン住人が過剰労働者となりたった70人だけが仕事に残る事ができた。

Cargill was eventually forced to carry out the EIA, but insisted it had followed correct procedures. This doesn't wash with Edilberto. ‘When I saw the completed report, I realised it was pure propaganda for Cargill!' he scoffs.
カーギル社は最終的には環境評価査定(EIA)を完成する様に強制されたが合法的な手続を踏んでいると言い張っている。此れはエディルベルト神父の容認出来ることではなく『私が完成した報告書を見た時、其れはカーギル社の全くのプロパガンダだった。』と彼は一蹴した。

He describes the report as ‘vague and untrustworthy' - saying it takes into account none of the evident damage to the environment, the use of pesticides poisoning drinking water or the fact it was built on a site of archaeological interest.
農薬に汚染された飲み水等の環境破壊や考古学的に重要な場所に建設されている事実を全く考慮に入ない事を例に挙げ、彼は此の報告書は“漠然としていて真実として受け入れられない”と表現している。

After years of tireless campaigning, there appeared to be a silver lining: Cargill agreed to stop buying soya from freshly deforested parts of the Amazon - but only on a short-term rolling agreement, which has recently been renewed. ‘Cargill wanted to show Europe they were concerned about the environment to improve business, so we asked them to agree to ten years. Of course, they didn't,' says Edilberto.
長年の疲れを知らないキャンペーンの後希望の兆しが出て来た様に見えてきた。カーギル社は森林が新たに破壊されたアマゾン地域からの大豆の購入停止に同意したのだったが------然し其れは最近更新された単なる短期的な継続的合意であった。『カーギル社はビジネスを拡大する為にカーギル社が環境に対して心配している事をヨーロッパに対し見せたいだけだったのである。だから我々は10年の合意期間を要求した。勿論彼等(カーギル)は合意しなかった。』とエディベルトは語った。

The Greenpeace report suggests that Cargill's intentions haven't changed despite Edilberto's efforts. In fact, that authors argue that Cargill is counting on increased deforestation in the Amazon to meet the huge export capacity of its port facility.
グリーンピースの報告はカーギル社の目的はエディベルト神父の努力に拘らず変わっていないことを示唆している。それどころか其の(報告書の)著者はカーギル社は新しい港湾施設の巨大な輸出能力に合わせるためアマゾンの拡大する森林破壊を当てにしていると論じている。

Soya can only make a profit when farmed on a large scale, so in order for Cargill to optimise production, deforestation and expansion are essential. This leads to displacement of rural farmers, particuarly locals who sell their land but lack the skills and education needed to work in Santarem. ‘Farmers used to grow mango, fruits, rice. Then they sold their land to Cargill and moved to the city but had no work, no skills and soon ran out of money,' Edilberto explains.
大豆は大規模に栽培された時だけ利益を出す事が出来る。よってカーギル社が生産を最大限にする為には森林破壊と(耕作地)拡大は必須である。此の事は農村部の農民の強制立ち退きを引き起こす。特に土地を売却する地元民でサンタレム市で働く技術も教育も持ち合わせていない人々はそうである。『農民はマンゴー、果物、米等を栽培していたが、彼等は土地をカーギルに売却し市内に移住した。然し、仕事は無く、手に職も無く、直ぐにお金も無くなってしまった。』とエディベルト神父は説明した。

Controversy surrounding this allegedly illegal use of the land in Santarem is still ongoing. Edilberto and the Community Action Group are convinced that the EIA gives an inaccurate assessment of the environmental impact of the terminal.
此のサントレム市の違法だと言われている土地使用を巡る論議は未だ継続している。エディベルト神父とコミュニティーアクショングループはEIAはターミナルの環境に与える影響について不正確な評価を出していると確信している。

Despite death threats, political pressure to leave the church and almost being forced to leave his radio station, Father Edilberto came to the UK to gather further support. ‘Your people have to join us and put pressure on these big projects that are coming to Amazonia. Help us save the world!' He says it with a smile on his face and lets out a little giggle, but it is said with conviction nonetheless. ‘We need you, we have to be more aware and confront them - because more destruction is coming.' What Cargill told us:
死の脅迫や教会からの離脱を要求する政治的圧力やラジオ局から身を引く事を殆ど強制されたにも拘らずエディベルト神父はもっと多くの支持を得る為英国を訪問した。『貴方達は私達に加わりこの様なアマゾニアにやって来る大規模なプロジェクトに圧力をかけなければならない。世界を救う為に我々を援助してください。』彼は笑顔を浮かべてこの様に語り悪戯っぽく笑ったが、然し信念を持って語ったと言われている。『我々は貴方達を必要としています。我々はもっと何が起こっているか知るべきで、そして彼等に真っ向から対抗しなければならない。----何故なら(アマゾンの環境やコミュニティーの)破壊はもっとやって来るからだ。』カーギル社が我々に言った事は---------

Cargill has complied with all the legal and environmental requirements at our grain terminal in Santarém since we were granted permission by the state government of Pará to construct it following a public tender process in 2000. This includes the completion of an environmental impact study (called a PCA) as part of the construction process and the completion of another environmental impact study (an EIA RIMA) in September 2008, which has been made available for consultation in advance of a public hearing to be scheduled by the Pará government.
-----カーギル社はサンタレムでの穀物ターミナルについては、建設の為2000年に公的な入札手続きに沿い、パラ州政府によって我々が許可を与えられてから全ての法的そして環境についての必要条件を順守している。此れは建設の一環として、環境への影響についての調査(PCAと呼ばれている)の完了と、2008年の他の環境への影響の調査(EIA RIMA)の完了が含まれていて、其れはパラ州政府の予定した公聴会に先立って協議の為に準備されていた。

Alongside other Brazilian soy processors and exporters, we have also committed not to purchase soybeans produced on land in the Amazon Biome deforested after July 2006. Since this agreement (The Soy Moratorium) we have been working with NGOs - including Greenpeace, The Nature Conservancy, Conservation International and WWF- to independently monitor soy production and sanction farmers deforesting in the Amazon Biome.
他のブラジルの大豆処理業者と輸出業者と共に、我々は2006年以降に森林破壊されたアマゾンの地域で生産された大豆の購入をしない様に尽力している。此の合意(大豆モラトリアム)以降我々はザネイチャーコンサーヴァンシー、コンサヴァイションインターナショナル、WWF、グリーンピースも含めたNGOと協力し独立的に大豆生産をモニターしアマゾン地域の森林破壊をする農家に制裁措置を取っている。

To help, you can start by getting involved in the Friends of the Earth campaign ‘Fix the food chain' by emailing your MP and adding your voice to Edilberto's.
(エディベルト神父の努力を)支援する為には、貴方のMPをE-メイルする事でエディベルトの声に貴方の声を加える行為で“地球の友達”と言う団体の“食物連鎖の改善”と言うキャンペインに参加する事によって始める事が出来ます。

The Friends of The Earth“地球の友達”のサイトは下記です。
http://www.foe.co.uk/campaigns/biodiversity/press_for_change/food_chain_19251.html

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews: 今日はアマゾンで世界最大の多国籍穀物食品貿易商社カーギルに対し、ジャングルと貧しい住民の為に一人で立ち向かうカトリック神父のニュースでした。翻訳するには一寸長い記事でしたが、この様な人の活躍は無視出来ませんよね!
 カーギル社は元々穀物を扱う商社でしたが食肉、鶏卵も扱っていて医薬品、金融サーヴィスも扱う巨大企業となりプライベートに経営されている企業では世界一の規模で通常の会社と比べると全米第10位の規模の会社と言う事です。全米穀物輸出の4分の1、全米国内食肉販売量22%、のアメリカのマクドナルドで使う鶏卵は全てカーギルから調達されているそうです。問題は此の会社農家や消費者にとっては余り良いニュースではなく、例えば米国内で2000年から現在までカーギルの扱う2千万ポンド以上の食肉がE-コライ大腸菌、リステリア菌等の汚染でリコールされたり、労働者の待遇(児童労働、児童奴隷等も含める)や此の記事の様に環境破壊等でも非難されています。
 処で、エディベルト神父の守っている教義liberation theology(リバレーション シオロジー “解放の教義”若しくは“解放の神学”)は1950年代後半に“搾取されている民衆を解放”と言うキリストの教えとマルキシズムの影響により南米で起こったカトリック教の教義です。1980年代に保守化したヴァチカン(ジョンポール2世)からは否定されたようですが南米では抑圧された民衆の為に多くのリバレーション シオロジーを教義として掲げる神父達の活躍が未だに続いているようです。そう言えば現在のパラグアイ大統領フェルナンド ルゴもリバレーション シオロジーに影響されたカトリックの司教でしたね。
スポンサーサイト

線維筋痛症についての新情報。

Fibromyalgia
ファイブロミヤルジア(線維筋痛症)


http://www.fmaware.org/site/PageServer?pagename=fibromyalgia_symptoms

Symptoms
症状


Chronic widespread body pain is the primary symptom of fibromyalgia.
Most people with fibromyalgia also experience moderate to extreme
fatigue, sleep disturbances, sensitivity to touch, light, and sound, and
cognitive difficulties. Many individuals also experience a number of other symptoms and overlapping conditions, such as irritable bowel syndrome,
lupus and arthritis.

慢性の身体中に感じる痛みが線維筋痛症の主な症状です。殆どの線維筋痛症を患っている人々は軽症から極度の疲労感、睡眠障害、接触、光、音に対する過敏症、そして認識的困難を経験します。多くの人々は神経性胃腸機能不全、ルーパス、リューマチの様な数多くの他の症状と重複する状態を経験します。

Ejnews: 上記は線維筋痛症の簡単な説明です。ブログで妻の手術の事について語る心算は無かったのですが、若しかすると日本で同じ症状で苦しんでいられる人々の手助けになる可能性もあるので此処で妻の症状について説明させていただきます。
 Fibromyalgiaファイブロミヤルジア(線維筋痛症)は日本でもあるテレビアナウンサーが此の病気を苦に自殺した事で広く知られるようになったと聞いています。私の妻は10年以上前、線維筋痛症と診断され種々の薬や治療法、食生活をオルガニックフードにする等全ての手段を講じて対処して来ました。然し症状は悪化するばかりで車椅子を使う事も余儀なくされるような状態になり、然も癲癇の様な症状まで出始め非常に緊張した状態が続いていました。此処では経過全てを説明すると話が長くなるので要点だけを言うと、或る時或る医者が『貴方の症状は殆ど首の関節の問題から来ている。』と診断したのです。私達は普通に言われている線維筋痛症の悪化を避ける事に集中していたので驚きでした。然し首や脊椎、神経の専門医に見てもらうと、やはり首の関節の劣化により神経が圧迫されて起こる症状で、私の妻の場合手術を長引かせると命に関わると言われ今回の手術となった訳です。5の首の骨の間にある4の関節の手術で手術をした医師の説明では『非常に難しく、症状がかなり悪化していたので身体の機能が元通りになるとは約束出来ない。』と言う事でしたが、手術後は医師も驚く様な回復を見せています。ただ『3歩進んで2歩下がる』と言う様な回復で時間がかかりそうです。
 彼女のgeneral practitioner or GPジェネラルプラクティショナー若しくはGPと呼ばれる医者(日本では一般開業医でしょうか?身体に変調をきたした時先ず最初に行く医者で、此の医者の判断でどの専門医に行くのか指示されるのです。)によると彼の線維筋痛症と診断されている患者の中で多くの人が実は首の関節に問題があり線維筋痛症と同じ様な、症状を見せていたとの事でした。

 “英語日本語ニュース”の読者の皆様で若し線維筋痛症と診断された方は是非一度首の検査をお勧めします。そして線維筋痛症と診断された人を御存知の方は是非首の検査をする様に勧めてあげてください。


勿論、全ての線維筋痛症と診断された人々が私の妻と同じ首の問題を抱えていると言っている訳ではありません。

線維筋痛症については日本でも色々なサイトがインターネットで見る事が出来ます。

 前回、応援のコメントを残してくれた皆さん有難うございます。日本で得られない情報を日本の皆さんに知って頂ける様に今後もブログを現在までのフォーマットで続けさせて頂きます。応援有難うございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

放射線照射食品について

Cat-food irradiation banned as pet
theory proved
ペット説が証明され猫用のペットフードへの放射線照射禁止。

Cat-Food Irradiation Banned After
Cats Die
猫の死により猫用のペットフード放射線照射禁止。


http://www.smh.com.au/national/catfood-irradiation-banned-as-pet-theory-proved-20090529-bq8h.html

http://www.organicconsumers.org/articles/article_18750.cfm


Kelly Burke Consumer Affairs Reporter
May 30, 2009

A SERIES of mysterious cat deaths was caused by the government-mandated practice of irradiating imported pet food.
連続する猫の死は政府によって義務付けされている輸入ペットフードへの放射線照射が原因である。

~be caused by~ ~は~が原因している。
~practice of~ ~と言う習慣的行為~、


The Agriculture Minister, Tony Burke, has ordered the controversial sterilisation process, which has been in place for more than a decade, to cease immediately, following compelling overseas evidence that some cats can suffer fatal neurological damage after eating irradiated dry food.
特定数の猫が放射線照射された乾燥食品を食べた後致死的神経障害を受けたと言う信用に値する海外での証拠により農務大臣トニーバークは10年以上継続している論議の的の殺菌過程の即座中止を命令した。

controversial 世間の論議の的、問題のある、賛否両論の、世間が騒いでいる。
be in place for ~間の間実施されている。
compelling 納得させる
Dogs do not appear to be affected by similarly treated food.
犬は同様に処置された食品によって影響を受けたようには見えない。
appear to be ~の様だ、~の様に見える。


About 90 cats fell ill last year and 30 died before a Sydney vet, Georgina Child, made the link in November between the mystery illness and a brand of Canadian gourmet pet food called Orijen.
11月にシドニーの獣医ジョージナチャイルドが原因不明の病気と販売禁止された“オリジェン”と言う名のカナダ製グルメペットフードを関連付ける前、約90匹の猫が病気になり其の内30匹が昨年死亡した。

make the link in~and~ ~と~を関連付ける。~と~を結びつける。

The manufacturer, Champion Petfoods, blamed the contaminated food on Australian quarantine regulations, which demand that pet food not cooked over a specified temperature undergo irradiation of 50 kiloGrays upon arrival in the country. Of the 60 countries Champion Petfoods exports to, only Australia makes irradiation compulsory.
此のペットフードの製造会社“チャンピオンペットフード”は汚染されたペットフードについて特定の規定された温度以上で料理されていないペットフードはオーストラリアに着き次第50キログレイズの放射線照射処理をする事を要求しているオーストラリア検疫規則を非難している。チャンピオンペットフードが輸出している60カ国の中でオーストラリアだけが放射線照射を義務付けている。

The Australian Quarantine and Inspection Service and the company that carries out the process, Steritech, insisted at the time the irradiation process was harmless. A limited range of imported human foods, including dried herbs and some tropical fruits, are also irradiated before landing on store shelves, but at much lower levels than that mandated for pet food.
オーストラリア政府の検疫検査サーヴィスと放射線照射処理を行った会社“スターリテック”は当時放射線照射処理法は無害だと断言していた。乾燥ハーブや幾種類かのトロピカルフルーツの様な限定された種類の人間用輸入食品も店の棚に着く前に放射線照射処理がされているがペットフードに義務付けられているレベルと比べると非常に低いレベルで行われている。

Mr Burke said the inspection service decided to act in response to international reports his department received only late last week. Work was being done in state and federal governments to see how safety standards for pet food could be improved.
バーク氏は検査サーヴィス局は彼の働く局が先週受け取っただけの国際的報告に対応し行動する事を決定したと語った。任務は州規模と連邦政府規模とでペットフードの安全基準の改善がどの様に行われるかを確かめる為に行われた。

"People expect that any treatments conducted on imported pet food will result in food that is still safe for pets," he said.
『人々は輸入ペットフードに為されたどの様な処置でも結果はペットにとって安全である事を期待している。』と彼は述べた。

Dr Child said the move was welcome but did not go far enough. The irradiation ban is not being extended to imported dog food, leaving cats with access to such food still at risk.
チャイルド獣医は『此の行動は歓迎出来るが十分とは言えない。放射線照射禁止はドッグフードにまで拡張されてはいず猫がその様な未だ危険性のあるペットフードを食べる可能性を残している。』と述べている。

did not go far enough 満足出来るまで(十分と言えるほど)徹底されていない。

leaving cats with access to such food “猫をその様な食品に近づける状態に留めておく”と言うのが直訳

"We still don't know why this problem is unique to cats, and we're still not certain why some brands of pet food are affected by irradiation and not others," she said. "What this does show is that all food that has been irradiated needs to be labelled, which isn't the case at the moment."
『如何して此の問題が猫にだけ起こるのか我々には理解出来ていない。そして、あるブランドのペットフードは放射線照射によって影響を受け他のブランドは受けないのか明確ではない。』と彼女は述べている。『此れは何を示しているかと言うと放射線照射された全ての食品はその様に表示される必要があると言う事だが現段階ではそうではない。(表示されていない。)』

unique to cats 特別に猫にだけ

Sarah Oddy, of Dundas, who lost two cats after they were fed the Orijen pet food, said the ban was great news.
オリジェン社のペットフードを与えられ2匹の猫を失ったドンダスに住むサラオディーは(此のペットフードの販売)禁止は素晴らしいニュースだと語った。

Champion Petfoods has set up a fund to disperse compensation for veterinary bills for all affected Australian cat owners.
チャンピオンペットフード社は此の件で被害を受けたオーストラリアのペットの持ち主全員の獣医費用補償支払い為の基金を準備した。

disperse 分散する。此処では獣医の費用を全員に分配すると言う意味。
affected 被害を受けた、影響された。


Ejnews:英語日本語ニュースを読んで下さっている方にお願いがあります。若し此のブログが今後も継続した方が良いと思われる方は是非下の------何て言いますか?ボタンを押して置いて下さい。お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews:イラディエイション(食品への放射線照射)は日本でもジャガイモの発芽を抑制する為に行われていると(た?)思いますが、アメリカでは乾燥香辛料や農作物食肉への放射線照射が合法化されているようです。問題は農作物等への放射線照射レベルは全てのバクテリア等を殺傷する能力に欠け短期間で放射能に抵抗力のある“スーパーバグsuperbug”(一般には抗生物質に抵抗力を持つ微生物の事ですが放射能に抵抗力を持つ微生物にも適用されるようです)と呼ばれるバクテリア等を生み出す可能性が多く非常に危険だとされています。其の他にも放射線照射に頼る事で食肉関連企業や食品製造関連企業が食品安全管理に怠慢になる可能性が多く(経費削減等が理由)消費者にとっては非常に危険だとされているようです。他にも放射線照射による栄養素の破壊若しくは変化も心配されていて消費者にとっては“害あって益なし”の食品安全対策だと言う事です。因みに私はオルガニック食品を扱っている店や農家の市場で買い物をするので放射線照射された農作物や食品を心配する必要は余り無いのですが、イラディエイションされていない生のアーモンドだけは法律で禁止され買えなくなってしまいました。
日本では此の食品に対する放射線照射はどの様になっているのでしょうか?此の記事では50キログレイズの放射線照射を受けたペットフードで猫が死んだとされていますが、アメリカの人間用の食品では物によれば70キログレイズの強さまで照射される事もあるそうです。
兎に角、政府のする事には注意しましょう。水俣病等野公害も政府は被害者が裁判に訴えるまで無視していたのですから。

スパイ行為の疑いでマードックの傘下子会社が当局の捜査に直面。

Murdoch Subsidiary Faces
Investigation Over Spying Claims
スパイ行為の疑いでマードックの傘下子会社が当局の捜査に直面。


http://www.prwatch.org/node/8456
Source: Guardian (UK), July 8, 2009


Nick Davies reports that a UK subsidiary of Rupert Murdoch's News Corporation "has paid out more than £1m to settle legal cases that threatened to reveal evidence of his journalists' repeated involvement in the use of criminal methods to get stories."
英国のルーパート マードックのニュース コーポレイションの子会社が、彼のジャーナリスト達の記事を得る為の犯罪的方法への度重なる関係を明にすると懸念される訴訟に対し百万ポンド以上を示談の為に支払ったとニック デイヴィスは報告している。

"The payments," he reports, "secured secrecy over out-of-court settlements in three cases that threatened to expose evidence of Murdoch journalists using private investigators who illegally hacked into the mobile phone messages of numerous public ¬figures to gain unlawful access to confidential personal data, including tax records, social security files, bank statements and itemised phone bills.
支払金はマードックのジャーナリスト達が雇った私立探偵が納税記録、ソシアル セキュリティー ファイル(社会保障記録)、銀行からの報告そして項目別電話料を含む個人的データを得る為に違法アクセスし、違法に多くの有名人の携帯電話の個人的メッセージを盗聴した証拠を公表する懸念のある3件を確実に秘密にする為の裁判所外での示談だあったと彼は報告している。

Cabinet ministers, MPs, actors and sports stars were all targets of the private investigators." One police officer told Davies that "thousands" of mobile phones were hacked into. In January 2007, a News of the World reporter, Clive Goodman, was jailed for hacking into the mobile phones of three royal staff. At the time, members of parliament were reassured by executives from News International, the main UK subsidiary of News Corporation, that the Goodman case was a one-off instance. Murdoch told Bloomberg that he had no knowledge of the payments. "If that had happened I would know about it," he said. Police have announced that they will investigate the matter.
大臣、議会のメンバー、俳優そしてスポーツスター等は皆此の私立探偵のターゲットだった。何千もの携帯電話がハッキングされたとデイヴィスにある警察官は言った。2007年1月、ニュースオブザワールドリポーターのクライヴグッドマンは3人の王室スタッフの携帯電話をハッキングした罪で刑務所送りになった。当時、議会のメンバーは英国でのニュースコーポレイションの一番重要な子会社ニュースインターナショナルの経営陣からグッドマンの件は全くの例外だと保証されていた。マードックはブルーンバーグ紙に支払いについては全く知らないと語っている。若し其れが事実だとしたら私が知っている筈だ。と述べている。警察は此の件について捜査すると発表している。

ejnews: 英語でコメディーが理解出来る様になるには先ず英語がある程度理解出来る事が先ず一つ、次は住んでいる国の歴史文化を知り理解している事、そして最後に何が起こっているのかニュースを通して理解している事が必要になります。特にアメリカではテレビでPolitical Comedy Showsポリティカル コメディー ショー(政治を題材にしているコメディー番組)に人気があり
(Jon Stewartジョン スチュアートのザ デイリー ショーThe Daily show http://www.thedailyshow.com/
スティーヴン コルベアー Stephen Colbert のColbert Nation コルベアー ナイションhttp://www.colbertnation.com/home、此の二つが人気があり彼等の皮肉やジョークは日本と違い政治家達にとってはかなり辛辣ですが人気のある番組なので政治家達はゲストとして招待されるとからかわれる事を覚悟で出演するのです。)
此れ等のコメディー ショーで常に馬鹿にされている人々はFox Newsフォックス ニュースのニュース キャスターや番組のホスト達です。(つい最近もあるFox Newsの女性キャスターが大成功しているオバマ政権の古い車を新しい燃費の良い車に買い替える人に3千5百ドル(?)の補助金をを出すプログラムに付いて“コロラドでは唯2人だけが此のプログラムから補助金を得ている。”と言っていたのですが、2は正しいのですが実は2%なのです。2%は2百人かも知れないし、2千人かも知れないし、2万人かも知れないのです。彼等の常套手段ですが嘘を追及された時“%を読み落としていた。不注意だった。意図的な読み違いではない。”と言う様な回答が返ってくるのです。)
 News Corporation ニュース コーポレイション(News Corp).の会長でマネージング ダイレクターの(global media mogul)グローバル メディア モグル(国際メディアの大御所)と言われるルーパート マードックの傘下にFox Newsフォックス ニュース チャンネルがあるのです。此の24時間ニュース チャンネルは視聴率は高いのですが極右翼保守の放送局で、ブッシュ政権時代は政権の宣伝部門の様な役割を果たしていました。現在は勿論オバマ批判が彼等の仕事で--------CNNも勿論企業コマーシャルからの収益で経営しているのでCNNは重要なニュースは殆ど無視するか巧妙に事実の様に見せかけながらアメリカの資本保守支配層から嫌われない様なプロパガンダになっているのです------此の様に此れだけハッキリ目的意識を持ってくれると見る方もDaily Show Colbert Nationのジョークやサタイアを理解する為に見るエンターテイメントと捉える事が出来るのです。
--------と言う事で正常な脳機能を持っている人は先ずFox Newsは見ないのですが此のチャンネル24時間ケーブル テレビ ニュースでは一番視聴率が高いのですから一部の一般的アメリカ人の水準が理解して頂けると思います。
 この様な事等からイギリスでマードックが経営しているメディア会社が此の記事の様な犯罪行為を犯しても不思議ではないと私は思うのですが-------時々Fox Newsのニュースを本気に聞いている日本人も見かけるのです。
 彼等はアメリカでの滞在期間が短いのだと思うのですが、何と言って説明して良いのか困惑し普通は何も言わずにいるのです。

日本には幾等なんでもこんなケーブル ニュース チャンネルは無いでしょうね?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

H1N1豚インフルエンザワクチンは安全性のテストが十分されていない?

Legal immunity set for swine flu
vaccine makers: What are the
implications?
法的に保護されているワクチンメイカー:その影響は?



http://anthraxvaccine.blogspot.com/2009/07/legal-immunity-set-for-swine-flu.html

AP Medical Writer Mike Stobbe got a swine flu vaccine scoop--yet the news is four weeks old. It turns out that DHHS Secretary Sibelius has not only given immunity to the makers of Tamiflu and Relenza for injuries stemming from their use against swine flu. She also granted immunity to future swine flu vaccines and "any associated adjuvants," which was published in the June 25, 2009 Federal Register. Here is the start of his story:

The last time the government embarked on a major vaccine campaign against a new swine flu, thousands filed claims contending they suffered side effects from the shots. This time, the government has already taken steps to head that off.

新しい豚インフルエンザ(1976年の豚インフルエンザの事)に対して最後に政府が大規模なワクチンキャンペーンを行った時は何千人もの人々がワクチン注射の副作用を被ったと主張し提訴した。今回政府は既に其れについて一歩先んじた措置を取っている。

Vaccine makers and federal officials will be immune from lawsuits that result from any new swine flu vaccine, under a document signed by Secretary of Health and Human Services Kathleen Sebelius, government health officials said Friday.

ワクチンの製薬会社と連邦政府当局役員は保険社会福祉省局長キャサリーンシベリウスによって署名された公文書によって、新しい豚ワクチンが原因の訴訟から保護されていると金曜日に政府の保険局の役員は語った。

Since the 1980s, the government has protected vaccine makers against lawsuits over the use of childhood vaccines. Instead, a federal court handles claims and decides who will be paid from a special fund.

The document signed by Sebelius last month grants immunity to those making a swine flu vaccine, under the provisions of a 2006 law for public health emergencies.
先月シベリウスによって署名された公文書は2006年公共保健緊急事態法の条項によって、豚インフルエンザのワクチンを生産する製薬会社にイミュニティー(訴訟から、法律的に守られている事)を与えている。

It allows for a compensation fund, if needed...
However, the compensation issue is more difficult than portrayed by Stobbe. The special vaccine court to which Stobbe refers applies only to specially designated vaccines, excludes most adult vaccines, and swine flu is not a designated vaccine for which compensation can be paid.


The 2006 Public Readiness and Emergency Preparedness Act (PREPA) allows the DHHS Secretary to invoke almost complete immunity from liability for manufacturers of vaccines and drugs used to combat a declared public health emergency. PREPA removes the right to a jury trial for persons injured by a covered vaccine, unless a plaintiff can provide clear evidence of willful misconduct that resulted in death or serious physical injury, and gets permission to sue from the DHHS Secretary. There has been no government funding of its potential compensation mechanism, to date. Furthermore, a PREPA declaration explicitly shields "government program planners" who arranged for the liability waiver.

2006年パブリック レディーネス アンド イマジンシー プリペアードネス条例(2006年度公共危機管理、危機対応準備条例。略してPREPA)は保健社会福祉省局長が市民の健康に対する危機と宣言された病気に対して使われるワクチンや薬を生産した製薬会社に対する殆ど完全な法的責任の免除を与える事を許している。PREPAは原告が意図的違法行為が死亡や重症の原因となり、そして訴訟を起こす許可を保健社会福祉省長官から得ると言う確かな証拠の提出が出来なければ、ワクチンによる被害者から陪審員の参加している裁判を受ける権利を剥奪している。現在に至るまで予想される政府の払う賠償金制度は準備されていない。其れに加えてPREPAの宣言書は此の支払い責任削除を仕組んだ政府のプログラム制作者を明確に保護している。

Pharmaceutical companies making swine flu vaccine today may have demanded immunity from liability before agreeing to begin a crash program to manufacture H1N1 vaccine for the government. According to a 1978 report by the National Academy of Sciences, something similar happened with the 1976 swine flu program:

現在豚インフルエンザワクチンを作る製薬会社はH1N1ワクチンを政府の為に製造する緊急プログラムに同意する前に賠償責任からの保護を要求したのかも知れない。1978年のナショナル アカデミー オブ サイエンスの報告によると1976年の豚インフルエンザワクチン プログラムに起こった同様な事が起こったと言う事である。
... all manufacturers made plain that they would not insure themselves, not even temporarily. Instead they put off plans to bottle their vaccine; pending legislation they would keep the stuff in bulk. Each week’s delay in moving from bulk to bottles assured at least as much delay in starting inoculations. Thus ended hopes of immunizing anybody in July or even August...

Behind Merrell’s firmness, there almost certainly was fear of the intentions of the casualty insurers. In May it was no secret that at least some major firms wanted to steer clear of swine vaccine. As early as April 8 Merck had been warned by its primary insurer that coverage for swine vaccine was “considered” not “feasible … at virtually any price.” So Merck's President had written Mathews and everyone else in sight.

Merrell, then about to switch insurers (for unrelated reasons) is reported to have been told by its new one something of the same sort at about the same time. We do not know precisely what was made of this, where in Merrell’s management. We do know that the issue was reviewed again, in June, by the insurer with the same result, a “no.” But we assume that Merrell’s counsel knew in May what the insurer had already warned in April. However that may be, it shortly would turn out that all insurers saw the swine flu program much alike: not for them.

Here is the problem: once the PREP Act is invoked to shield manufacturers from liability, the pharmaceutical firms have no financial incentive to make the safest product, and have a negative incentive to test it for safety. As long as they do not deliberately harm consumers of the product, they will not be liable for damages.

此処で問題が発生する:PREP条例が製薬会社を賠償支払い責任から保護してしまうと製薬会社は安全な製品を確実な物にする経済的動機を失い、安全性のテストに関して反対の動機を与えてしまうのである。意識的にワクチン消費者に被害を与えない限り製薬会社は賠償支払い責任から解放されているのである。

Are you following this argument closely? In order to avoid having prior knowledge of possible harm to users of the product, for which they could be found liable, it is in the manufacturers' best interest to know as little as possible about adverse reactions caused by their product.

貴方は此の論理をチャンと理解していますか?製薬会社に賠償責任があると言う理由になる、ワクチンの消費者に対する被害の可能性を事前に知る事を避ける為には、ワクチンによって引き起こされる副作用について可能な限り最小限の知識を持つ事が製薬会社の最大関心事となるのである。

Thus manufacturers can be expected to perform minimal testing, as they have been incentivized by PREPA to avoid learning of potential harms related to their product. The rush to manufacture and administer new vaccines serves two purposes: it provides an excuse to avoid adequate testing, as well as providing rapid vaccine availability. For example, see this Bloomberg article, "Glaxo to Limit Tests of Flu Vaccine, Citing Urgency."

だから彼等の製品に関する被害の可能性についての知識を避ける事をPREPAによって動機付けられた製薬会社は最小限のテストを行うことが予想される。新しいワクチンを急いで製造し投与することには2の目的がある。一つは十分なテストを回避する口実を与えると言う事と又即急にワクチンの在庫を生産出来ると言うことである。例えば此のブルーンバーグの記事“Glaxoは緊急事態を理由にインフルエンザワクチンのテストを制限する”に注意。

On the other hand, France, which has ordered vaccines from Sanofi, Glaxo and Novartis AG, sees no reason at this point to ask vaccine makers to shorten or skip clinical trials, Health Minister Roselyne Bachelot-Narquin said at a news conference.

一方でSanofi, Glaxo Novartis AG,等にワクチンを注文したフランスでは、現時点でワクチン製造業者に臨床実験を短縮したり排除したりする根拠は見当たらないと健康保健省大臣ロザリン バシェロ-ナルキンはニュースコンファレンスで述べている。

It is worthwhile to go back and consider the reason for passing PREPA in 2006: fear of an avian flu pandemic, in the event the avian flu virus mutated to enable person-to-person spread. Avian flu then had a 70% death rate. Faced with such a potentially devastating disease, it perhaps made sense to create legislation to permit rapid deployment of drugs and vaccines without adequate testing, and issue a liability shield for those involved in the process.

2006年に遡り、鳥インフルエンザが人から人に感染する能力を持つ様に突然変異すると言う場合の鳥インフルエンザパンデミックの恐怖の中でPREPAが署名され合法化された理由を考慮する事は重要である:鳥インフルエンザは当時70%の死亡率であった。この様な破壊的な病気の可能性に直面し、十分なテスト無しに急速なワクチンや薬品の配備を許可する法律を作り、その過程に関わった人々に賠償責任回避能力を与える事は恐らく理に適った事であったのだろう。

But the H1N1 flu has only caused 302 US deaths though CDC over one million Americans had been infected. Instead of 70%, H1N1's death rate is under 0.03%. Therefore, this virus in no way justifies the risks the population is being asked to take: receiving vaccines, and perhaps experimental adjuvants, which their manufacturers have been encouraged not to test, with no prospect of compensation for illness or death that might result.

然し、H1N1インフルエンザはDCDの見積では百万人以上が感染したとされながらも、米国内で僅か302人の犠牲者を出しただけであル。70%の死亡率の代わりにH1N1インフルエンザの死亡率は0.03%以下である。因って結果として起こる障害や死について賠償される可能性の無い、製造業者がテストをしない様に勧められた、そして恐らく実験的な添加剤を含んだであろうワクチンの投与によって市民が要求されている危険性を此のウイルスは正当化する事が出来ない(H1N1は市民が副作用で苦しむ可能性のあるワクチン接種を要求される程危険ではない)

Posted by Meryl Nass, M.D. at 11:43 AM

ejnews: 最近一寸色々ありましてニュースの翻訳をする時間が取れなくなっています。私がアメリカに漂着したのはコロンブスが新大陸を発見したと主張した数年後でありまして..............................冗談です。
 でも、もう随分前の事になりました。実は日本で食い詰めて、旅行気分でアメリカにやって来たのですが……….何時の間にやら日本に帰れなくなりズルズルとアメリカ生活が長くなり現在に至っています。アメリカに来たときは英語は全く喋れませんでした。気が付くと英語を聞いたり読んだりして意味は理解出来る物の、日本語に訳すとなると丁度良い表現や単語の選択に困っています。(英語も若い時は自分で真面目に勉強しチャンとした文法に気を使いながら喋っていた物ですが最近は面倒臭くなり意味が伝われば“良いや!”と言う図々しい意態度になっています。)と言う事で今日は全て的確に翻訳できず私が大切だと思った所だけ訳しました。

 前置きが長くなりましたがH1N1インフルエンザ(豚インフルエンザ)が北半球で今年の冬猛威を振るうかもしれないと心配されている様でワクチンが話題になっていますが、此の豚インフルエンザのワクチンについての記事の翻訳でした。別のタイプの豚インフルエンザは1976年にもアメリカで問題になった事があるそうで、その時はワクチンの市民に対する投与を急いだ政府が嘘の宣伝をしたりワクチンの副作用を受けた人々が損害賠償の裁判を起こしたりで大変な問題になったようです。
 今回は米政府は1976年の苦い経験や数年前の鳥インフルエンザの緊急事態からワクチンの副作用問題に対して事前の法的処置をとった様だと言う記事でした。此の記事のよると製薬会社がワクチンの安全性についてテストを十分にしていない、若しくは、テストをしない方が裁判になった時に副作用について知らなかった“被害を意図的にに与える心算が無買った”と言う言い訳が法的に成立する状態になっていると言う恐ろしい記事でした。
貴方H1N1インフルエンザのワクチン投与受けますか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。