スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Latino neighborhood City of Bell ラテン系住民居住地域ベル市

 今日は2週間ほど前に行ったメキシコ料理のレストランの写真や、其のレストランのあるメキシコ系住人の住む地区ベル市のフェスティヴァルの写真です。ベル市はロスの南東に位置しサンタモニカやビバリーヒルズ辺りから車で40分位の所です。メキシコ系住民が殆どだと思いますがLatinoラティーノと言う言葉はラテン系の人々を意味する言葉で中南米系と言う事です。彼等はアメリカ先住民の血が濃くメキシコや中南米では白人が支配層の政府によって常に人種差別されグァテマラ、コロンビア、ペルー等では最近まで(現在でも)人種差別主義者の武装団体や政府によっての暴力の対象になって来ました。アメリカでも彼等の状況は同じで、当然、社会で虐げられ差別される少数民族社会では自己防衛や生存競争の為ギャング(ヤクザ)が発生する訳で、アメリカではイタリア系のマフィアだけでなく、黒人とメキシコ系ギャングは有名です。80年代後半からはカリフォルニアではヴェトナム系等のアジア系ギャングの勢力も強くなっています。
 此の日は偶然改造車のフェスティヴァルだったです。此処の写真にある素晴らしく改造された車の多くもギャングのメンバーの所有している車なのでしょうか?
 私達が行った此のLa Casita Mexicanaラ カシタ メキシカナ(メキシコ風の小さな家)と言うレストランはメキシコの家庭料理の店で、ロス等で気取ったレストランだとウエイターが生意気で食べる気がしない所も多いのですが、此処は庶民のレストランでウエイターは非常に親切真面目でオーナーシェフも気さくな人で、私達が一度に幾皿も注文して料理が冷めているのに気が付いたシェフは、台所から首を出して『其れ冷めているじゃない!もう一度温めて上げようか?』と気さくなものでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

此の写真、怖そうなお兄さん達が写っているでしょう。然し、私の此の日の経験では、気が付かないで私の前を横切ったお兄さん等は『Eexcuse me bro!(brotherの略)』エクスキューズ ミー ブロー!(すまねえな兄弟!)と私に言っていたので、ビバリーヒルズなんかでウロウロしている気取った人達よりもズット文明的な態度でした。
mexican festival2

mexican festival

彼等の先祖の伝統的衣装なのでしょうね。
mexican indian 2

mexican indian

mexican car 7

mexican car6

mexican car5

此の日、白人やアジア系は見ませんでした。
mexican

mexican car4

mexican car3

殆どの車がトランクに大きなスピーカーを設置していました。此の車は大きなテレビもありました!
mexican car2

mexican car

此のレストランです。
mexican restaurant 2

デザートでグワヴァフルーツを甘くコンデンスドミルクcondensed milkで煮たものでした。
dessert2

此れはchurrosチュロスと言うメキシコ風のドーナッツ。元々スペインのドーナッツです。此処ではキャラメルソースが中に餡子(filling フィリング)として詰まっていました。
dessert

................と言う事で、今日の話題はメキシコ料理やラティーノと言われる人々の住む地域の話でした。何時も歴史、政治、搾取、差別、アナキズム(リバタリアンソシャリズム)や革命思想の話をしている訳ではないのです。
 では又次回まで!
スポンサーサイト

悪いボスは首にしろ!これが民主主義!

The Cure for Layoffs: Fire the Boss!
解雇の治療法:ボスを首にしろ!


Published on Thursday, May 14, 2009 by CommonDreams.org

コモンドリームス.orgより。

http://www.commondreams.org/view/2009/05/14-13

by Naomi Klein & Avi Lewis
ナオミ クライン&アヴィ ルイス共著


In 2004, we made a documentary called The Take about Argentina's movement of worker-run businesses. In the wake of the country's dramatic economic collapse in 2001, thousands of workers walked into their shuttered factories and put them back into production as worker cooperatives. Abandoned by bosses and politicians, they regained unpaid wages and severance while re-claiming their jobs in the process.

2004年に私達はThe Take“ザテイク”と言うアルゼンチンの労働者がビジネスを経営する運動についてのドキュメンタリーフィルムを制作しました。2001年の劇的なアルゼンチン経済の崩壊の結果何千人もの労働者達が見捨てられ機能を停止している工場に侵入し労働者のコーポラティブとして工場での生産を再開しました。ボス達や政治家達に見捨てられた彼等は職場を取り戻す過程で未払いの賃金や解雇手当を手に入れました。

As we toured Europe and North America with the film, every Q&A ended up with the question, "that's all very well in Argentina, but could that ever happen here?"

此のドキュメンタリーフィルムと共にヨーロッパと北米を訪れている間に、全ての疑問とそれらに付いての答えは結局“アルゼンチンは其れで良いかも知れないが、その様な事は此処で一体起きるんだろうか?”と言う疑問となって終わる結果となりました。

Well, with the world economy now looking remarkably like Argentina's in 2001 (and for many of the same reasons) there is a new wave of direct action among workers in rich countries. Co-ops are once again emerging as a practical alternative to more lay-offs. Workers in the U.S. and Europe are beginning to ask the same questions as their Latin American counterparts: Why do we have to get fired? Why can't we fire the boss? Why is the bank allowed to drive our company under while getting billions of dollars of our money?

実は、世界経済が2001年のアルゼンチンに驚くほど似通って来ている事によって(そして多くの同じ理由で)裕福な国々の労働者達の間で直接行動と言う新しい波が起こっています。Co-opsコーワップスは再び多くの解雇に対する実用的な代替手段として現れて来ています。合衆国とヨーロッパの労働者達はラテンアメリカの同胞達同じ様な問い掛けを始めています。:如何して我々は解雇されなければならないのか?如何してボスを解雇出来ないのか?如何して銀行は何十億ドルもの我々のお金を受け取りながら我々の会社の倒産を許すのだろうか?

Tomorrow night (May 15) at Cooper Union in New York City, we're taking part in a panel that looks at this phenomenon, called Fire the Boss: The Worker Control Solution from Buenos Aires to Chicago.

明日の夜(5月15日)ニューヨーク市のクーパーユニオンで私達は“ボスを首にしろ!:ブエノスアイレスからシカゴまで労働者が解決策を左右する。”と呼ばれる現象について語るパネルディスカッションに参加します。

We'll be joined by people from the movement in Argentina as well as workers from the famous Republic Windows and Doors struggle in Chicago.

私達にはアルゼンチンの運動からと又有名なシカゴのリパブリックウインドウ&ドアーズの闘争からの人々の参加者があります。

It's a great way to hear directly from those who are trying to rebuild the economy from the ground up, and who need meaningful support from the public, as well as policy makers at all levels of government. For those who can't make it out to Cooper Union, here's a quick round up of recent developments in the world of worker control.

此れは経済を底辺から再構築し様としている、そして市民からだけでなく政府のあらゆるレベルの政治家からも意味のある支援を必要としている人々から意見を聞く素晴らしい方法です。クーパーユニオンに行けない人々にとって下記は最近の世界での労働者自身の経営参加についての手短な概要です。

Argentina
アルゼンチン


In Argentina, the direct inspiration for many current worker actions, there have been more takeovers in the last 4 months than the previous 4 years.

アルゼンチン、現在の多くの労働者の行動の直接的刺激でこの4ヶ月は最近の4年間よりももっと多くの労働者によるビジネスのテイクオーヴァー(乗っ取り、経営の引継ぎ)が起こっています。

One example: 一つの例

- Arrufat, a chocolate maker with a 50 year history, was abruptly closed late last year. 30 employees occupied the plant, and despite a huge utility debt left by the former owners, have been producing chocolates by the light of day, using generators.
With a loan of less than $5,000 from the The Working World, a capital fund/NGO started by a fan of The Take, they were able to produce 17,000 Easter eggs for their biggest weekend of the year. They made a profit of $75,000, taking home $1,000 each and saving the rest for future production.

アルンファットと言う50年の歴史のあるチョコレートメーカーは昨年の暮れ突然閉鎖しました。30人の従業員は工場を占拠し、元の経営者が残した巨額の電気、ガス、水道代にも拘らず発電機を使いながら日の光でチョコレートの生産をしています。“ザ テイク”のファンによって始められたNGO投資財団“ザ ワーキング ワールド”からの5千ドル以下の借金で彼等は1万7千個のイースター エッグスを一年中で最も大切な週末の為に生産する事が出来ました。彼等は7万5千ドルの利益を得一人当たり千ドルの収入を得残りを将来の生産の為に貯金しました。

UK  ユナイテド キングダム 連合王国(英国の事)

- Visteon is an auto parts manufacturer that was spun off from Ford in 2000. Hundreds of workers were given 6 minutes notice that their workplaces were closing. 200 workers in Belfast staged a sit-in on the roof of their factory, another 200 in Enfield followed suit the next day.

ヴィステオンは2000年にフォードから発生した自動車部品生産会社です。ヴィステオンの何百人もの労働者は彼等の職場の閉鎖のニュースを閉鎖6分前に通知された。ヴィステオンのベルファースト工場の2百人の労働者達は工場の床で座り込みを始め、エンフィールドの工場の他の2百人の労働者達は翌日同様の行動を取った。

Over the next few weeks, Visteon increased the severance package to up to 10 times their initial offer, but the company is refusing to put the money in the workers' bank accounts until they leave the plants, and they are refusing to leave until they see the money.
続く数週間ヴィステオンは元々提示していた解雇手当を最大10倍に増やしのだが、労働者達が工場を去るまで会社は労働者達の銀行口座にお金を振り込む事を拒否している。そして労働者達はお金を手に入れるまでは立ち去る事を拒否している。

Ireland アイルランド

- A factory where workers make legendary Waterford Crystal was occupied for 7 weeks earlier this year when parent company Waterford Wedgewood went into receivership after being taken over by a US private equity firm.

伝説的なウオーターフォードクリスタルを生産する工場の労働者達は親会社のウエッジウッドが米合衆国の非公開投資会社に合併され管財人管理下に置かれた今年の始めに7週間工場を占拠しました。

The US company has now put 10 million Euros in a severance fund, and negotiations are ongoing to keep some of the jobs.

此の米国の会社は今1千万ユーロを解雇手当の資金に準備し、元の幾つかの仕事を守る為の交渉が続けられています。

Canada カナダ

As the Big Three automakers collapse, there have been 4 occupations by Canadian Auto Workers so far this year. In each case, factories were closing and workers were not getting compensation that was owed to them. They occupied the factories to stop the machines from being removed, using that as leverage to force the companies back to the table - precisely the same dynamic that worker takeovers in Argentina have followed.

(自動車企業)オートメイカーのビッグスリーが崩壊している中で4件のカナダの自動車産業労働者の占領が今年現在まで起こっている。(4件)全ての場合、工場が閉鎖され労働者は彼等が受けるはずの補償を受けていない。彼等は会社を交渉のテーブルに戻す手段とする目的で工場の機械が移動されるのを防ぐ為に工場を占拠しました---------此れはアルゼンチンでの労働者の占拠が進行した全く同じ力関係です。

France フランス

In France, there's been a new wave of "Bossnappings" this year, in which angry employees have detained their bosses in factories that are facing closure. Companies targeted so far include Caterpillar, 3M, Sony, and Hewlett Packard.

フランスでは今年、閉鎖に直面している工場のボスを憤慨している労働者たちが抑留する新しい“ボスの誘拐”の波が起こっています。目標にされた会社は現在までキャタピラー、3M、ソニー、そしてヒューレットパッカードを含んでいます。

The 3M executive was brought a meal of moules et frites during his overnight ordeal.

3Mの幹部達は此の一夜の試練の間に(労働者達から)ルーム貝のワインバター蒸しの食事を提供されました。

ejnews:労働争議の真っ最中でも粋な計らいをするフランスらしいやり方でしょうか?日本だったら鰻重や寿司の出前が差し入れ?

A comedy hit in France this spring was a movie called "Louise-Michel," in which a group of women workers hires a hitman to kill their boss after he shuts down their factory with no warning.

此の春フランスのヒットコメディー映画は女性の労働者達のグループがボスが警告無しに工場を閉鎖した後ボスを殺す為に殺し屋を雇う“ルイーズミッシェル”と言う映画でした。

A French union official said in March, "those who sow misery reap fury. The violence is done by those who cut jobs, not by those who try to defend them."

3月に労働組合役員は『悲惨の種をまいた人は怒りを刈り取る。暴力は解雇をした人によって為された。(解雇から)自身を守ろうとした人によって為されたのではない。』と言った。

And this week, 1,000 Steelworkers disrupted the annual shareholders meeting of ArcelorMittal, the world's largest steel company. They stormed the company's headquarters in Luxembourg, smashing gates, breaking windows, and fighting with police.

そして今週千人のスチール(鉄鋼業)労働者が毎年行われる世界最大の鉄鋼会社アルセロールミタル社の株主会議を妨害しました。彼等は門を破壊し窓ガラスを割り警察と戦いルクセンブルグの本社になだれ込みました。

Poland ポーランド

Also this week, in Southern Poland, at the largest coal coking producer in Europe, thousands of workers bricked up the entrance to the company's headquarters, protesting wage cuts.

今週は又、南ポーランドでは、ヨーロッパ最大の石炭コーク生産企業で何千人もの労働者が賃金カットに反対し会社の入り口にレンガを積み重ね閉鎖しました。

US 米合衆国

And then there's the famous Republic Windows and Doors story: 260 workers occupied their plant for 6 world-shaking days in Chicago last December. With a savvy campaign against the company's biggest creditor, Bank of America ("You got bailed out, we got sold out!") and massive international solidarity, they won the severance they were owed. And more - the plant is re-opening under new ownership, making energy-efficient windows with all the workers hired back at their old wages.

そして今、有名なリパブリックウインドウズ&ドアズ社の話があります。昨年の12月に260人の労働者たちが世界を揺るがす6日間の間工場を占拠しました。会社の最大の債権銀行バンクオブアメリカに対しての(お前達銀行は政府から経済支援を受けたのに我々はオハライバコになった!)と言う巧みなキャンペーンと大規模な国際的連帯によって彼等は彼等に権利がある解雇手当を勝ち取りました。そして更に、工場は省エネウインドウを生産し、全ての労働者達は彼等の元の賃金で再雇用され、新しい所有者によって再開され様としています。

And this week, Chicago is making it a trend. Hartmarx is 122-year old company that makes business suits, including the navy blue number that Barack Obama wore on election night, and his inaugural tuxedo and topcoat.

そして今週、シカゴは流行を作っています。ハートマークスは122年の歴史を持つバラックオバマが選挙の夜着たネイビーブルーナンバーと彼の就任式のタキシードとトップコートを含めたビジネススーツを作る会社です。

The business is in bankruptcy. Its biggest creditor is Wells Fargo, recipient of 25 billion public dollars in bailout money. While there are 2 offers on the table to buy the company and keep it operating, Wells Fargo wants to liquidate it. On Monday, 650 workers voted to occupy their Chicago factory if the bank goes ahead with liquidation.

経営は破産していて、最大の債権銀行は250億ドルの市民からのドルの経済支援を受け取ったウエルスファーゴ銀行です。会社を買収すると言う2の提案が在りながらウエルスファーゴは事業の清算する意向でした。月曜日に650人の労働者たちは若し銀行が事業の清算を前進させるとシカゴ工場の占拠をする事に投票しました。

To be continued...   続く………….

Naomi Klein is an award-winning journalist and syndicated columnist and the author of the international and New York Times bestseller The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism, now out in paperback. Her earlier books include the international best-seller, No Logo: Taking Aim at the Brand Bullies; and the collection Fences and Windows: Dispatches from the Front Lines of the Globalization Debate (2002). To read all her latest writing visit www.naomiklein.org.

Avi Lewis Avi is a filmmaker, journalist, and the host of Fault Lines on Al Jazeera English.

ejnews:今日は不況が続く中、世界中の労働者達が工場の占拠と平等な職場作りとによって破産した事業を復興させ搾取の無い雇用を達成していると言うニュースでした。此の様な会社の労働者による平等な参加と経営は過去にはロバートオーエンRobert Owenやプルードン、クロポツキン等によっても提唱されていてオーエンのcooperative movementコワポラティヴムーブメント(協同組合、コープ運動)は有名ですね。
 アメリカでは明日、月曜日(何時も5月最後の月曜日)はMemorial Dayメモリアルデイと言って戦争で亡くなった兵士を追悼する日で休みです。戦争で無くなられた人々の事を思うと、この様な祝日を作る必要の無い社会を我々は如何して未だ作り出せないのか非常に残念に思います。
処で、日本の自民党のある委員会の議員が自衛行為として敵を先制攻撃pre-emptive strikes against enemy出来る様に提案していると言うニュースが伝わっていますが、トンでもない話です。戦争は常に自衛と言う言い訳で始められると言う歴史上の事実を絶対に忘れてはいけないと思います。
 アメリカのニュースでは、オバマ大統領が裁判にかけられないテロリストだと考えられる危険人物を裁判無しに拘留出来る様に法律を変更する準備をしていると言う話がニューヨークタイムズにあり、此れも民主主義国家の根底を覆すトンでもない話で、私は本当にショックを受けています。
もっと物騒な話は、或る退役陸軍将校がパルチザンメディア(反体制報道機関)を攻撃し殺すべきだと提案しているとのニュースがあります。確かにイラク戦争では189人のジャーナリストが殺されていて其、の中で少なくとも16人がアメリカ軍によって殺害されているそうです。中でも中近東でCNNやBBCと比較される報道機関アルジャジラはアフガニスタンとイラクで米軍の攻撃にあっています。大衆支配には先ず報道機関の支配と言う鉄則は圧政的中央集権国家の特徴ですから、貴方の国で報道機関が検閲されたり、何らかの形で脅迫されていたり、全ての報道機関が似たり寄ったりで面白くない場合等は危ないですよ。別に特定の国の事を言っている訳ではないのですが……………………………………。
兎にも角にも、此の様子では世界の終焉は本当に2012年にやって来るのではないでしょうか?
カリフォルニアでは州政策についての選挙があり州民は全ての増税に対し“ノー”の投票をし、6月に始まる新年度予算では240億ドルの赤字になるそうで此れは州の全税収の4分の1に当たる額だそうで種々の州のサーヴィスがカットされる様です。
では引越しの途中ですのでこの辺で。


Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

イチゴ類に含まれる抗酸化物質は皺を止める。

Antioxidant in Berries Stops
Wrinkles
イチゴ類に含まれる抗酸化物質は皺を止める。


Friday, April 24, 2009 by: Sherry Baker, Health Sciences Editor
http://www.naturalnews.com/026124.html

(NaturalNews) Data is mounting that phytochemicals found in a host of berries and other fruits can enhance health from the inside. Now comes research just presented at the Experimental Biology 2009 meeting being held in New Orleans that a specific type of antioxidant phytochemical called ellagic acid holds the promise of enhancing our bodies on the outside, too. In fact, it may hold the key to successfully slowing down or even stopping skin aging.

(ナチュラルニュース)多くのイチゴ類や他の果物で見つかっているphytochemicalsファイトケミカルズは健康を体内から強化すると言うデータが増えています。ニューオーリンズで開催された実験的生物学2009年会議で発表されたばかりの研究で特定のタイプの抗酸化物質のエラジック酸と呼ばれるファイトケミカルは我々の身体を外側からも強化すると期待されている。実は肌の老化を遅くする鍵を握っているかもしれないのです。

Researchers in the laboratory of Dr. Young-Hee Kang at Hallym University in the Republic of Korea have found topical application of ellagic acid markedly prevents the two major causes of wrinkles and aged-looking skin -- the destruction of collagen and inflammation. Their findings are based on studies in human skin cells as well as on experiments with mice exposed to UV-B light that mimics the sun's skin-damaging ultraviolet radioactive rays.

韓国のホーリム(?)大学実験室研究員ヤンヒーカン教授は皺と老化した様な肌の大きな2つの原因であるコラーゲンの破壊と炎症を顕著に予防するエラジック酸の皮膚への局所塗布方法を発見した。彼等の発見は人間の皮膚細胞での研究だけでなく紫外線による日焼での皮膚の破壊を真似た紫外線-Bを照射されたネズミでの実験に基づいています。

Ellagic acid is found in many fruits, vegetables and nuts but it is especially abundant in raspberries, strawberries, cranberries and pomegranates. Previous studies have suggested it has a photoprotective effect on the skin so the Korean scientists decided to try to find out the exact mechanism. They discovered that in human skin cells, ellagic acid worked to protect against UV damage by blocking production of matrix metalloproteinase (MMP), enzymes that break down collagen in damaged skin cells. It also reduced the expression of a molecule known as ICAM that is involved in inflammatory reactions.

エラジック酸は多くの果物、野菜、ナッツに含まれていますましが特にラズベリー、ストロベリー、クランベリー、そして石榴に豊富に含まれています。過去の研究で太陽光線に対する皮膚への防御効果が示唆されていた為韓国の研究者達は其の正確なメカニズムを解き明かす事に挑戦した。彼等はエラジック酸は皮膚細胞内でダメージを受けた皮膚細胞内のコラーゲンを破壊するmatrix metalloproteinase (MMP),と言う酵素の生産を抑止する事によって紫外線によるダメージから守ると言う事を発見しました。そして炎症作用に関係しているICAMとして知られている分子の活動を抑制します。

For their animal study, the researchers used 12 hairless mice genetically bred to be used in dermatology studies because of the physiological similarities of their skin to that of human skin. For about two months, the rodents were exposed to increasing ultraviolet radiation, beginning at a level that would normally cause redness or sunburn and increasing to an amount that would have definitely caused damage to a person's skin. Half the mice were given topical applications of ellagic acid but the other half didn't receive the antioxidant skin coating.

彼等による動物実験では研究者達は人間の皮膚に形態的に似通っていると言う理由で皮膚科の研究使用される様に遺伝的に繁殖された12匹の毛の無いネズミ使用しました。約2ヶ月間ネズミ達は徐々に強められる紫外線照射に曝され、最初は普通皮膚に赤みをさす位か日焼け程度のレベルで人間の皮膚に確実にダメージを与える量まで増やされました。半数のネズミはエラジック酸の塗布を皮膚に受け他の半数は抗酸化物質の皮膚へのコーティングを受けません出した。

The results? The mice exposed to UV radiation without the ellagic treatment developed wrinkles and thickening of the skin but the group that received a topical dose of ellagic acid showed reduced wrinkle formation. What's more, the ellagic acid tamed the inflammation response, kept collagen from degrading and prevented the skin from thickening. In a statement for media, the researchers concluded these results show that ellagic acid works to prevent wrinkle formation and photo-aging caused by UV destruction of collagen and inflammation.

結果は?エラジックの処置を受けず紫外線に曝されたネズミ達は皺が出来皮膚が厚くなった。然し皮膚にエラジック酸の塗布を受けたグループは程度の少ない皺の発生があった。他にも、エラジック酸は炎症反応を抑制し、コラーゲンの劣化を抑え皮膚の厚くなる事を抑制した。メディアへの声明で研究者達はこれ等の結果はエラジック酸が皺の発生予防と紫外線によるコラーゲンの破壊と炎症予防に効果がある事を示していると結論付けています。

There's more good news about ellagic acid, too. Scientists from the University of Louisville and Fox Chase Cancer Center published research recently in the International Journal of Molecular Science which strongly suggests ellagic acid can reduce damage to DNA and, in fact, may help repair faulty DNA.

エラジック酸についてもっと良いニュースもあります。ルイスビル大学とフォックスチェイス癌センターの科学者達は最近分子科学国際ジャーナルにエラジック酸はDNAへのダメージを減少させ、それどころか欠陥の或るDNAを治す可能性がある事を強く示唆していると言う研究結果を発表しています。

For more information: 他の情報。
http://www.pubmedcentral.nih.gov/ar...
http://www.eurekalert.org/pub_relea...

Ejnews: 種々のイチゴ類には色々な健康に大切な物質が多く含まれている様です。エラジック酸なんて物は全く初耳でしたが、肌を若く保つ事が出来ると言う事で特に女性にとっては大切なニュースではないでしょうか?エラジック酸は胡桃とピーカンナッツにも多く含まれているとの事です。重要な事はパッケージに入っている調理済みの食品やインスタント食品は絶対に少なくとも合成保存料、酸化防止剤、等が含まれているので日常生活からなるべく排除し野菜、果物、ナッツ類、海藻類を多く食べると言う昔ながらの常識的食生活が一番健康的だと言う事の様です。特に合衆国と日本では医療に安心して頼る事が出来ないので、先ず健康な食生活で自分を守る事が此の経済的に不安定な時代を生き残る手段でもあるのです。
 経済的に不安定と言えば、話しは当然オバマ政権の経済政策の事になりますが、1929年の株の暴落で始まった世界恐慌時にルーズベルト大統領が金融業界を激しい言葉で非難した様な言動はオバマ大統領は取っていず進歩派、左翼からの非難を招いていますが、当時の1/3(3/4と書いていましたが間違いでした)の合衆国人口は農業人口で、其れに加え失業者人口が国民の25%程でルーズヴェルトは圧倒的な市民多数派の支持により安心して金融界に対するあの様な激しい非難や社会改革が可能だったそうです。
残念ながら現在の合衆国の職業人口比率は全く違っていて、オバマ大統領は政治的綱渡りを余儀なくされているとの事だそうです。其れに加えて、オバマ政権の金融政策担当者が殆ど金融業界のトップで占められていて市民の税金を湯水の様にゾンビー銀行と言われる様になった金融業界に注ぎ込む政策を重視しているのです。オバマ政権はアメリカの銀行の経営状態は健康であると言っていますが、実際には殆どの銀行は死んでしまっているのに動き回っているゾンビーの様な常態か瀕死の重傷と言った所だそうです。オバマ政権はこの様に時間稼ぎをし、その間に金融機関や銀行への投資家達による資金の流入を期待しているそうですが、此の期待は裏切られる可能性が高く今年の9月頃迄には再び政府の何十何百億ドルもの財政支援が必要になり、然も、時間稼ぎをしている間に経済状態はより悪化する可能性が高いそうです。
そうなると日本経済にも良い影響がある筈が無いので、なるべく節約し長期戦の心構えをした方がよさそうですね。


Good luck and sweet dreams !
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Racism  レイシズム (人種差別)

Racism
レイシズム(人種差別)


ejnews: 母の日は如何でしたか?Anna Marie Jarvisアナ マリー ジャーヴィスの運動によって始められた母の日はウッドロー ウイルソン大統領により祭日とされ国際的な祝日となりましたが、アナ マリー ジャーヴィスは後に商業的になり過ぎた母の日に反対する事に努力する一生を送ったと言う皮肉な結果になったと言う話は有名です。..............が、今日は人種差別についてお話します。最初の記事は昨年ペンシルヴァニア州の田舎町で殺害されたメキシコ系アメリカ人の話です………………….

Mexican Rights Group Wants Justice in Beating Death
メキシコ人人権団体は殴打死(殴り殺された同胞)の為に正義を要求する。

May. 4, 2009
By BET.com Staff

http://www.bet.com/News/NewsArticleTwoTeensClearedInBeatingDeathofImmigrant.htm?wbc_purpose=Basic&WBCMODE=PresentationUnpublished&Referrer=%7B0471DDF0-D0D8-48A8-9E30-ADD40CBE0269%7D

An immigrant-advocacy group says it will ask the Justice Department to file federal charges against two White teens acquitted Friday of beating to death a 25-year-old Mexican man in a small Pennsylvania mining town.
移民擁護団体はペンシルヴァニア州の小さな鉱山町での25歳のメキシコ人男性殴打死で金曜日に無罪となった2人のティーンエイジャーに対して連邦法での起訴を司法省に要求すると述べている。

The all-White jury of six men and six women in Shenandoah, Pa., agreed that 19-year-old Derrick Donchak and 17-year-old Brandon Piekarsky were not guilty of aggravated assault, reckless endangerment and ethnic intimidation for the death of Luis Ramirez, who had settled into the neighborhood a year earlier with his White wife and young children. Piekarsky was also acquitted of third-degree murder.
 ペンシルヴァニア州シェナンドーアの6人の男性と6人の女性の全員が白人の陪審員達は1年前に周辺地区に彼の白人の妻と幼児と共に住人となったルイス ラミレスの死に対して、19歳のデリック ドンチャックと17歳のブランドン パイカースキーを加重暴行罪、レックレス エンデンジャーメント(他人を無謀をに危険にさらす罪)、少数民族脅迫罪について無罪であると合意した。パイカースキーは第3級殺人罪についても無罪となった。

Ramirez died last summer from blunt-force injuries, just two days after Donchak and Piekarsky left him writhing in the street and foaming at the mouth. They reportedly yelled racial slurs at him as he lay there.
昨年の夏ドンチャックとパイカースキーが身悶えし口から泡を吹いているラミレスを道端に取り残して去った直後の2日後に彼は鈍的外傷で死亡した。彼等は道端に横たわっているラミレスに人種差別的中傷を叫んだと報告されている。

"The jurors here [are] sending the message that you can brutally beat a person, without regard to their life, and get away with it, continue with your life uninterrupted," Gladys Limon, a spokeswoman for the Mexican-American Legal Defense and Education Fund (MALDEF), told CNN. "In this case, the message is that a person who may not be popular in society based on their national origin or certain characteristic has less value in our society. The acts here were egregious in brutality, and it's just outrageous and very difficult to understand how any juror could have had reasonable doubt, especially as to the aggravated assault and the reckless endangerment charges."
“此処で陪審員達は、生死に関係なく人間を残酷に殴っても(若し貴方が誰かを殴り殺したとしても)罪に問われる事はなく普段の生活を妨げられる事無く続けられると言うメッセージを送っている。”グラディス リモン、メキシコ系アメリカ人法律的擁護と教育基金(MALDEF)のスポークスパーソンはCNNに“此の件でのメッセージは、どの国から来ているとか、我々の社会で価値が少ない特徴をを持っているとかの基準によって特定の個人は社会で人気が無いと言う事である。”此の行為は甚だしく獰猛で、そして全く言語道断で特に加重暴行罪とレックレス エンデンジャーメント(他人を無謀に危険にさらす罪)についての起訴で一体どの陪審員が論理的疑問を持てるか理解し難い。(陪審員が起訴されている被告の罪に対して論理的に有罪を認められないと言う事に対する驚き。別の言い方をすると、被告人は100%有罪の証拠が無いと有罪とは出来ないと言う法的理論を逆手にとって全員白人の陪審員が人種差別犯罪者を擁護している事が明白であると言う事。)“

MALDEF will press the Justice Department to file federal charges she said.
MALDEFは司法省に連邦法での起訴をする様に圧力をかけると彼女は言った。

"Luis Ramirez's family deserves vindication for his death," she said. "This incident has not only disrupted Luis Ramirez's family, but the entire community."
“ルイス ラミレスの家族は彼の死に対し公平な正義を得る資格がある。”と彼女は述べ“この事件はルイス ラミレスの家族の平穏な生活を中断しただけでなく彼等の住む居住地区全ての日常生活を中断した。”(と彼女は続けた)

The racially divisive case had been watched closely nationwide. "In my mind it was the lack of evidence to tie these kids to the serious charges that they brought," defense lawyer Frederick Fanelli told CNN.
人種を敵対させるこの事件は全国的に注目を集めた。“私の思う所によると此の子供達を彼等自身の行為である此の重大な罪で有罪にするには充分な証拠にかける。”と被告達の弁護士フレデリックファネリはCNNに述べた。

ejnews:................と言う事件でした。殺害されたラミレス氏の妻は白人で彼等の間には子供達もいます.............................................。此の裁判の被告側傍聴席には町の白人達が何百人も詰め掛け、ラミレス氏の家族の側の傍聴席には僅3人だけが傍聴したとの事です。此の町では白人失業率が高く新しく移住してきた多くが不法移民のヒスパニック移民は殆どが低賃金ながら喜んで働いていると言うコミュニティーでの人種間で異なった状況により摩擦が発生し人種差別の原因になっていると言う話です。此の町の雰囲気の中でメキシコ系の住人は裁判の傍聴には怖くて行けない状況にあったとの事です。
 次は随分前の話で私がアメリカに来る前に起こった話です。私がアメリカに流れ着いた頃にも未だ色々と話題になっていた事件で其の後どうなったのか気になっていた事件です。http://www.asianam.org/kaufman.htm の一部の翻訳です。


On June 19, 1982, Vincent Chin was beaten to death by two unemployed white auto workers who mistook him as Japanese.
1982年6月19日、ヴィンセント チンは無職の自動車工場労働者によって日本人と誤解され殴り殺された。

A 27-year-old Chinese-American, Chin was celebrating his last days of bachelorhood in a Detroit bar. An argument broke out between him and Ronald Ebens, a Chrysler Motors foreman. Ebens shouted ethnic insults, the fight moved outside, and before onlookers, Ebens bludgeoned Chin to death with a baseball bat while Michael Nitz, Ebens's stepson and a laid-off Chrysler assembly-line worker, held Chin down. Chin died on June 23, 1982.

27歳の中国人系アメリカ人、チンはデトロイトのバーで独身最後の日を祝っていた。チンとクライスラーモーターズの現場監督のロナルド エベンズの間に口論が起こった。エベンズは人種差別的中傷を叫び喧嘩はバーの外に移った。そして野次馬の見守る中クライスラーから一時解雇されたアッセンブリー労働者でエベンズの義理の息子マイケル ニッツがチンを地面に押し付けている間にエベンズが野球のバットでチンを強打し死亡させた。チンは1982年6月23日に死亡した。

In the ensuing trial, Ebens and Nitz were convicted of manslaughter, and Judge Kaufman sentenced both to three years probation and imposed a $3,780 fine. A U.S. Department of Justice civil rights prosecution was initially successful but was overturned, Ebens v. U.S., 800 F.2d 1422 (1986).
引き続く裁判でエベンズとニッツは殺人罪で有罪となったが裁判官カウフマンは両者に3年の執行猶予を宣告し3780ドルの罰金を課した。合衆国司法省の公民権での訴追は初期は成功していたが1986年のエベンズ対合衆国800F.2d1422の裁判で判決は覆された。

In 1987, a civil suit against Ebens and Nitz was settled for $1.5 million. Ebens' homeowners' policy paid about $20,000. Nitz has made regular payments. Ebens boasted that Chin's mother would never see the money. Ebens placed his assets in his wife's name and lives in Nevada. If you can assist in any way, contact
1987年エベンズとニッツに対する民事訴訟で彼等は150万ドルで示談にした。エベンズの住宅所有者保険が約2万ドル払った。ニッツは定期的に支払いをした。が然し、エベンズはチンの母親は賠償金は見ないだろうと自慢していた。エベンズは資産を彼の妻の名前に書き換えネヴァダ州に住んでいる(引っ越した)。
Lily Chin, Vincent Chin's mother, moved back to Canton Province, China, until she returned to the U.S. for medical treatment. She died on June 9, 2002, a few days before the 20th anniversary of her son's death.
ヴィンセント チンの母親リリー チンは医療の為に合衆国に帰るまで中国の広東州に戻り、其の後、彼女の息子の死の20年目の記念日の数日前の2002年6月9日に他界した。

http://www.asianam.org/kaufman.htm

ejnews: 此の裁判の裁判官チャールズ カウフマンも名前でお分かり頂けると思いますがドイツ系の名前でやはり白人、そして26年後のラミレス氏の裁判の12人の陪審員全てが白人と言う裁判だったようです。この様なあからさまに不公平な裁判は場所によっては日常茶飯事の様で被告が有色人種の場合この裁判とは当然逆の判決が出されることが多く、特に黒人やヒスパニックと呼ばれる中南米系アメリカ人は高い確率で何十年もそして一生刑務所で暮らさなければならない状況が続いているようです。高率の黒人受刑者数の原因は彼等が経済的差別下にあると言う理由以外、警察が黒人を選んで捜査検挙の目標にしているという事実が存在する他、裁判での経済的不公平(貧困な人々は公共の弁護人によって弁護されるのですが、多くの場合公共の弁護士は忙しすぎて一つの裁判に集中できないかそもそも真面目に弁護する気が無い。裕福な被告人は有能な弁護士を雇う事が出来軽い求刑、執行猶予、無罪になる可能性が高い。)があるからなのです。当然死刑も此の中には含まれているのです。
 話は元に戻り、此の事件で理解出来る事はヨーロッパ人(白人)から見ると中国人、日本人、韓国人、フィリピン人、ヴェトナム人等々は殆ど区別が付かないと言う事で、日本人で中国人や韓国人、フィリピン、インドネシア等々だけでなく他の有色人種を差別している人々は、我々日本人もアメリカやヨーロッパでは他の東洋人と同様に差別される可能性があると言う事、其れだけでなくもっと酷い事には朝鮮併合、中国への侵略、真珠湾等でアメリカでは他のアジア人の中でも日本人はあまり良く受けとられてい無い場合も多いのです。
 1919年のパリ講和会議で過半数の賛成票を得た日本代表の提案した人種差別撤廃条項を米大統領ウイルソンが大英帝国【当時はカナダ、オーストラリア、南アフリカ等が帝国に含まれていて特に白豪主義(White Australia policyホワイト オーストラリア ポリシー1975年まで存続)で悪名の高いオーストラリアが激しい反対をした。】の反対に同意し採用の否決を決定し、此の決定による日本の対米感情の悪化が真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争の精神的下地となった事を思い起こすと人種差別が如何に馬鹿馬鹿しい事であるかと言う事が誰にでも理解出来ると思います。(勿論、ウイルソン自身も人種差別で有名で、彼の政権が発足するまでは雇用されていた黒人は彼の政権下で連邦政府から殆ど追放され、其の上、KKK クー クラックス クランの様な団体も息を吹き返し"D. W." Griffith D.W.グリフィス監督のThe Birth of a Nation 国家の誕生(別名The Clansmanザ クランズマン)と言うKKKをヒーローとして取り扱った映画等を製作させる社会の雰囲気を醸し出した事でもウイルソンは非難されています。)
 兎に角、差別は人間の最も原始的な感情“自分の所属する集団とは違う者(異邦人、身体障害者、変わり者等)を軽蔑、憎む感情”で野生の動物に見られる行為でもあり、仏陀の様な人々に代表される様に我々が精神的な高みに到達出来る為の努力とは全く逆の何らかの個人的欲求不満の捌け口を自分とは違う(多くの場合少数民族や自分よりも劣っていると思われる)人々に求める卑怯な行動なのです。又、人種差別については将来の敵を作り出す原因にもなり、現在の日本人と中国、韓国、朝鮮との居心地の悪い関係を見ても解るように過去の日本人の行為が現在に影響を与えているのです。
 或る研究で研究参加者を2つのグループに分け競争させると言う実験が行われたそうですが、其の研究に参加するまでは全く他人同士だった人々がある特定のグループに別けられると自分の所属していないグループに所属するメンバーに自然に敵愾心を起こすと言う実験結果が出たそうです。単に別のグループに別けられ何かをする以外は何の指示も受けていない実験だったそうです。

 私のブログに訪れて頂いている方々は私が人種差別について説明する必要の無い方々ばかりですが、日本人の中には未だに幻想以外の何物でもない国家政府と人々の集団を同じ者だと勘違いしている人々がいるようです。(例えば中国国家政府と中国人民、韓国国家政府と韓国人民、アメリカ合衆国政府とアメリカ市民等々。此れが如何して勘違いかと言う簡単な説明は、我々日本人が享受して来た民主主義、労働者の権利等は欧米の労働者達や思想家達の市民が国家政府と戦い勝ち取って来た権利である事を見ると国家政府と其の市民は敵対することはあっても同じ物として捉える事は大きな勘違いだと言う事なのです。)我々は此の錯誤を国家政府に利用され外国人を差別したり、特に戦争の為に利用され続けてきたのです。
支離滅裂になってきましたので今日はこの辺で…………


Good luck and sweet dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


原子力発電の神話。

Blinded by Carbon:
6 Nuclear Energy Myths Exposed
炭素(二酸化炭素)によって目を眩まされる:
6つの原子力発電の神話が暴かれる。


By Karl Burkart カール バーカート著• November 30, 2008

http://greendig.net/nuclear-energy-scam/

We humans have a remarkable ability to rationalize our way into (or out of) anything, and the Nuclear Industry has certainly taken this skill to its highest and most ironic conclusion — the legitimation of nuclear energy as a viable alternative to fossil fuels. They have misappropriated the discourse around global warming by positioning nuclear as a somehow “clean” alternative to coal, one which is “carbon neutral” (not true), affordable (absolutely not true) and most unbelievable of all, “safe.”

我々人類は全ての事を始める(若しくは、止める)為に合理的に正当化する驚くべき能力を持っています。そして勿論、原子力発電業界は此の技能を最大限に利用し原子力発電を実用化出来る代替物として合法化すると言う皮肉な結果を引き出す為に利用しました。彼等は一つに、原子力発電は“炭素については中立(二酸化炭素を排出しない)”で(真実ではない)、“経済的”で(全く事実ではない)、そして最も信じられない事に“安全”として、何とか原子力発電は石炭が燃料の発電のクリーンな代替技術だと言う立場を取り地球温暖化の議論を悪用しました。

I will present the real facts about nuclear energy below as they are now so difficult to find, buried amidst a pile of canned pro-nuclear sentiments fed to both political leaders and journalists alike. Who’s behind it all? The masterfully spin-generating NEI, the Nuclear Energy Institute. After reading the April (anti-Earth Day) issue of Wired Magazine, bearing the headline “GO NUCLEAR,” I realized with horror that the NEI has succeeded in infiltrating even fairly liberal bastions of media. So it was not surprising to hear Obama give it lip service in his recent address to the Global Climate Summit. It seems the NEI has deep pockets and powerful friends.

肯定的感情を政治的指導者達、ジャーナリスト達両者に提供する為に準備された原子力発電についての情報の山の中で現在見つける事が非常に難しい原子力発電についての本当の事実を下記に示します。誰が黒幕なのか?其れは見事に情報を操っているNEI原子力発電インスティテュートなのです。4月1日号(反アースデイ)の“ゴー ニュークリアー!”と言う見出しの付いたワイヤードマガジンを読んだ後、私はNE1はメディアのかなりリベラルな拠点にまで浸透し影響を与えていると恐怖を感じながら実感したのです。だから最近の世界気候サミットの演説でオバマのリップサーヴィス(原子力発電に対して肯定的な意見)を聞く事も驚くにあたらないのです。NE1は懐が深く強力な支持者達を持っている様です。

Nuclear Energy Institute (NEI) ニュークリアー エナジー インスティテュート 原子力発電業界のロビー グループ(lobbying groupロビーイング グループ)。

The NEI, which Dr. Helen Caldicott calls the “propaganda wing” of the US nuclear industry, spends millions every year to engineer public opinion. The NEI shares the same PR firm representing Bechtel, making in my mind a fairly obvious connection between the weapons industry and the nuclear industry. They are notorious for ghost writing fake editorial pieces submitted to local newspapers across the country, and were even censured by the fairly conservative Council of Better Business Bureaus for their misleading advertising on nuclear energy as “carbon-free” and “clean.” Check out their header:

ヘレン カルディコット女史は(原子力についての)意見を捏造する為に毎年何百億ドルも使っているNE1を米原子力発電業界の“プロパガンダ機関”だと呼んでいます。NEIはベクテルの使っているパブリックリレーション会社を使っていて私には武器産業と原子力業界との関係(についての疑惑)をかなりハッキリさせてくれます。彼等はゴーストライターを使い偽の編集記事を全国各地の地域新聞に提供し、其れだけではなく、かなり保守的な団体であるコンシル オブ ベター ビジネス ビューローズによって彼等の(意図的に)誤解を招く“炭素を排出しない”とか“クリーン”の様な原子力発電についての宣伝が検閲されています。彼等の見出しを調べてみて下さい。

Bechtel ベクテル  アメリカで最大のエンジニアリングカンパニー。政府との繋がりが強く常に非難の対象になっている。1999年に始まったボリビアのコチャバンバの上水道の民営化で契約を取り、市の水道料の50%の引き上げの原因となった。コチャバンバの市民の反乱や国際的反グローバリゼーション、反資本主義運動での代表的な悪名の高い会社の一つになる。

Council of Better Business Bureaus コンシル オブ ベター ビジネス ビューローズ企業によって維持運営されている企業と消費者の関係を円滑にする目的で開設された団体Better Business Bureau (BBB)ベター ビジネス ビューローの一部門。企業による団体なので保守的。

Helen Caldicott ヘレン カルディコット1938年オーストラリア生まれの女性医師。反原子力発電、核兵器運動家として有名。1982年のアカデミー賞を受けたカナダで製作されたドキュメンタリー フィルムIf You Love This Planetイフ ユー ラヴ ジスプランネット(若し貴方が此の惑星を愛しているのなら)の主人公としても有名。此のドキュメンタリー フィルムはレーガン大統領時代の作品で当時米政府司法省から“外国からの政治的プロパガンダ”と判断され検閲された。英国では2008年まで放映されなかったと言う話。


I was happy to hear Al Gore, who previously held an open (if not friendly) stance towards nuclear, boldly and clearly reverse his position at this year’s Netroots Nation, and state in no uncertain terms that nuclear is NOT an option. I also discussed the issue with with Bill Corcoran, Director of Conservation at the Sierra Club, who provided me with the Club’s new Fact Sheet on nuclear energy. To get the other side, I also spoke with a well-known Nuclear scientist who explained some of the future possibilities for nuclear. So below I present the list of Nuclear myths and facts.

過去に原子力発電に付いて開放的な姿勢を示していたアル ゴアが原子力発電に可能性は無いとハッキリと不明確な言葉を使わないで発表し、大胆にそして明確に姿勢の転換を今年のNetroots Nationで見せた事を聞いて私は嬉しかった。そして私は原子力発電についてシエラ クラブの持っている新しい情報を与えてくれたシエラ クラブの(環境)保護局長のビル ココーランとも此の問題について話しをしました。(私達とは)反対の意見を持っている人々とも話す為或る種類の原子力の将来の可能性について説明してくれた有名な原子物理学者とも話をしました。-----と言う事で下記に原子力の神話と事実を提示してみます。

Sierra Club シエラクラブ アメリカの有名な環境保護団体。

Myth 1. Nuclear energy can solve the global warming crisis.

Even if Nuclear were really carbon-free (which it is not, see below) in order to play a significant role, 24 new plants per year would need to be brought online safely for the next 40 years (that’s about 960 new plants). In addition, at least 10 new storage facilities the size of Yucca Mountain (see below) would have to be brought online. This is a near impossibility given the high costs of commissioning a plant safely and the immense technological challenges associated with long-term waste storage. Compromising current safety standards would be necessary (MIT).

神話:其の1.原子力発電は地球温暖化を解決する事ができる。

原子力発電が本当に二酸化炭素を排出しないとしても(此れは事実ではないのだが、下記参照)重要な役割を果たす為には是から40年間、毎年24基の原子力発電所が安全に電送線に繋げられなければならない(其れは約960基の原子力発電所となる)。加えて、少なくとも10箇所のユカマウンテン規模の(汚染廃棄物、使用済み燃料棒等の)貯蔵庫が使用出来る様に構築整備されなければいけない。(下記参照)原子力発電所の安全な委託建設運転の為の高費用と長期に亘る廃棄物貯蔵庫の管理運用に関しての巨大な技術的困難を考慮すると此れは殆ど不可能な話であり、現行の安全規則の基準の低下が必要である。

Myth 2. Nuclear has lower CO2 emissions than fossil fuel plants.

If you go on the NEI website, you will read that a nuclear power plant produces 0 carbon emissions. Yes at the plant, zero CO2 is emitted, but what about the construction of the plant, the sourcing of uranium, and the transportation and long-term storage of its waste? If you factor these energy expenditures into the equation (including storage costs modestly estimated through 2070), a typical 1500 megawatt plant emits approximately 400g of CO2 per kWh, making it roughly equivalent to a natural gas plant (Oxford Research Group).

神話:其の2.原子力発電は化石燃料を使った発電所と比べると二酸化炭素の排気量が少ない。

若しあなたがNEI websiteのウエッブサイトを訪れると貴方は原子力発電所の二酸化炭素の排気量はゼロと書いてあるのに出くわします。然し、発電所で二酸化炭素の排気量がゼロと言う事を認めても、例えば発電所の建設中に排出される二酸化炭素は如何だろう?ウランの発掘時に排出される二酸化炭素は?輸送運搬や長期間の廃棄物貯蔵庫が排出する二酸化炭素は?若しこれ等のエネルギー使用量を方程式に入れて計算すれば(最低でも2070年までの倉庫の費用を含めて)極一般的な1500メガワットの原子力発電所は1キロワットに付き約400gの二酸化炭素を排出し、此れは天然ガスが燃料の発電所と大体同じ事になるのです。(オックスフォード リサーチ グループ)

Myth 3. Nuclear energy is safe.

OK, lets forget that Three Mile Island and Chernobyl ever happened, and lets just pretend that we didn’t know about the enormous and apocalyptic environmental impacts of a nuclear reactor gone wrong (the 30 km “Exclusion Zone” around Chernobyl will not be habitable for a century or more). Human error and the potential for earthquakes are a constant looming threat in the day-to-day operations of a nuclear plant. Just last year, a reactor in Tennessee leaked 9 gallons of highly enriched liquid Uranium, which could quite easily have triggered a spontaneous unprotected nuclear reaction of unprecedented proportions.

神話:其の3.原子力発電は安全である。

オーケー!それじゃーっと!スリーマイルアイランドやチェルノビルの事故を無視してみよう、そして全くイカレテしまった原子力発電所の環境に与えたアポカリプト(世界終末的)の様な巨大な問題を知らなかったとして見よう。(チェルノビル発電所から30キロメートル以内の“立ち入り禁止区域”は1世紀間そしてもっと長期間人間が住めない。)然し、人間の操作ミスや地震の可能性は原子力発電所の日常の運営に覆い被さっている危険性である。つい昨年、テネシーの原子力発電所は9ガロンの高濃縮液体ウランを漏らしてしまった。この漏れ出た液体ウランは過去に例を見ないほど大規模な防ぐ事の出来ない自然発生する核反応を容易に起こす事が出来るのである。

Myth 4. Nuclear waste is a manageable problem.

Currently nuclear waste is stored in 126 locations across the United States, including many unsecured nuclear power plants which are now forced to temporarily contain their waste in “dry casks,” or large metal tubes that encase the highly radioactive spent fuel in a layer of inert gas. Many of these facilities are far beyond capacity, and (way back in 1978) were promised a safe and secure storage facility by 1998. That deadline has long come and gone as the Yucca Mountain Deep Storage Facility continues to be beset with problems. The Yucca Mountain deadline has been extended to 2017, and optimistic estimates put the opening at 2020 after massive costs overruns and a wave of layoffs this year. Current estimates put the total cost of the facility at $96 billion (38% more than anticipated) and that does not include $11 billion in estimated liability of the DOE, which had promised the utility companies a safe storage facility (EE & E).

神話:其の4.核廃棄物は管理出来る問題である。

現在の所、核廃棄物は合衆国の各地の126箇所に保管されている。其れは大きな金属のチューブの中で幾層もの不活性ガスによって包まれた核反応の非常に強い使用済み燃料や、乾燥した容器の中で廃棄物を一時的に保管する様に強制されている安全性の確認されていない原子力発電所も含められている。 其の中の多くの施設は許容量を越えていて、そして(随分昔の1978年に)1998年までに安全で信頼性の或る施設を(与えられる事を)約束されていた。其の最終期限はユカマウンテンの地下深くの倉庫が引き続き此の問題の最良の解決策に留まる事によって随分前に過ぎ去ってしまった。ユカマウンテンの最終期限は2017年まで延長され、そして楽観的な予想は建設費の巨大な予算超過と今年の波のようにやって来る一時解雇を経て使用開始を2020年としている。最近の見積もりでは此の施設の全ての費用は960億ドル(予期されていたより36%多い)で、其れは米エネルギー局が安全な貯蔵庫の為に電力会社に約束した見積もられた将来の経費110億ドルは含まれていない。(EE&E)

Myth 5. Nuclear energy is affordable.

It’s an astounding feat that the Nuclear industry was somehow been able to pass the burden of waste storage onto taxpayers, considering those costs are so enormous. But even if you do factor out these waste costs, the economics of nuclear still do not add up. A typical plant is usually estimated at $4 billion per plant, or $30 per mWh (roughly equivalent to Coal). Many point to Europe for examples of cost-effective nuclear implementation, but if you look at actual numbers a plant (like Finland’s new EPR) can cost up to $6.5 billion to safely bring online. And then there are the annual desalting procedures, in which the plant continues to operate at great costs without producing energy. It’s thus not surprising that the CBO (Congressional Budget Office) stated that US loan guarantees of nuclear power have a 50% chance of default. Banking institutions (including Credit Suisse and Goldman Sachs) have told the DOE that private capital would not be available for nuclear investment unless US taxpayers backed 100% of debt incurred. Clearly, not a sound business proposition (via Greenpeace).

神話:其の5.原子力発電は手頃な値段である。

原子力発電業界が廃棄物保管庫の費用負担を如何言う訳か納税者に肩代わりさせた事は其の巨大な費用を考えると驚くべき妙技である。然し、廃棄物に対する費用を計算に入れないにしたとしても原子力発電の経済性はアヤフヤなのです。最も一般的な原子力発電所の建設費用は一基に付き40億ドルで1時間に発電される1メガワット(mWh)に付き30ドルです。(石炭を燃料にした発電所と殆ど同じ)欧州の経済的原子力発電所の実用化については多くの優れた点があります、然し、良く実際の数字を見てみると原子力発電所(フィンランドの新しいEPRの様な)は安全に起動させる為には65億ドルまで費用が掛かるのです。そして、其の外に毎年脱塩措置と言う手続きがあり、其の期間中原子力発電所は発電をしないにも拘らず大きな費用を使いながら運転を続けなければならないのです。と言う訳で、CBO(連邦議会財務局)が原子力発電所への合衆国融資保障は50%の債務不履行の可能性があると述べている事は驚くべき事にあたらないのです。金融機関(クレディットスイスやゴールドマンサックスを含めた)は米エネルギー局に対して発生した負債を納税者が100%バックアップしない限り民間の資本は原子力発電への投資には利用出来ないと言い渡している。明らかに実行可能な事業案ではないと言う事なのです。(グリーンピースより)

Myth 6. Nuclear energy won’t affect our national security.

According to an MIT study, just 1 percent of global uranium enrichment capacity can produce 200 nuclear weapons per year. North Korea received all of its depleted uranium from commercial nuclear power plants. It is impossible to imagine that expanded nuclear energy production would not result in the expanded proliferation of nuclear weapons. In addition, the Dept. of Homeland Security has acknowledged that nuclear power plants are themselves prime terrorist targets and that 911 architect Khalid Sheikh Mohammed had originally planned to fly a plane into a nuclear facility in New Jersey. The Congressional Research Service has shown that current construction standards are not in any way designed to withstand an airline attack. In recent simulations, terrorists “reached and simulated destruction of safety systems that in real attacks could have caused severe core damage, meltdown and catastrophic radioactive releases.”

神話:其の6.原子力発電は国家安全保障に影響しない。

MITの研究によると、たった1%の世界中のウラン濃縮能力は毎年200発の核兵器を生産出来る。北朝鮮は手に入れた全ての劣化ウランの全てを商業用原子力発電所から入手しています。増加した原子力発電量が核兵器の拡散と言う結果にならないとは想像出来ないのです。其れに加えてホームランドセキュリティー局は原子力発電所其の物がテロリストのターゲットであると認めていて9/11の計画者カリーッド シーク モハメッドは元々ニュージャージー州の原子力発電所に飛行機を突撃させる計画だったのです。連邦議会リサーチサーヴィスは現在の原子力発電所の基準は商業エアラインの飛行機の攻撃に耐えられる様には全くデザインされてはいないと示しています。最近の模擬実験ではテロリスト達は安全システムの模擬的破壊に成功し、其れは実際の攻撃では原子力発電所の中心部への打撃、メルトダウン、破壊的な放射線の放出の原因となる可能性があるのです。

ejnews: 
Swine influenzaスワイン インフルエンザ略してSwine fluスワイン フルーと呼ばれる豚インフルエンザも普通のインフルエンザよりも弱いと言う話で今の所ホッとしていますが、元々アメリカの巨大養豚企業がメキシコで経営している巨大養豚工場から此のインフルエンザが発生している可能性があり、今年の豚インフルエンザは弱くても来年も同じと言う事は期待できず、其れとは反対に病原菌はmutationミューテイション(突然変異)が速く来年からもっと強力な豚インフルエンザを心配する必要があります。豚インフルエンザも利益のみを追求する資本主義の副産物と言う事なのです。
処で今日は地球温暖化議論の二酸化炭素問題を悪用して怪しい情報操作が原子力発電業界によって行われていると言う御話でした。民意の操作は昔から存在するのですが(Vance Packard ヴァンス パッカードの The Hidden Persuadersザ ヒデン パースエイダー やEDWARD L. BERNAYSエドワード バーネイの PROPAGANDAプロパガンダは民衆の意見の操作について有名な著作です)原子力発電はクリーンで経済的、然も安全だと言う神話を今世界的に売り込んでいる人々の集団が存在する様です。 
アメリカでは原子力発電は保険会社が納税者からの経済的保証が無いと保険を拒否している他に(2008年3月5日の過去記事“Who Pays for Nuclear Power?誰が原子力発電の為に払うのか?”を参照)、2008年のウォールストリートジャーナルによると新いタイプの原子力発電所の建設費用は見積よりも2~4倍程になる(50億ドル~120億ドル)と言う話で、其の上にDecommissioning Costsディコミッショニング コスト(発電所の寿命が尽きた後、閉鎖管理する費用)が一基最高18億ドル程かかるそうで、どの様に考えても原子力発電は狂気の沙汰の様に思えるのです。
 フランスは原子力発電の比率が最も高い国として有名ですが仏政府は放射能による環境汚染、癌等の人間に与える健康上の被害の研究結果は発表を避けているとの事ですから、地震の無いフランスでも原子力発電所からの放射線、核廃棄物による問題は存在するようです。
 地震を心配する必要の無いフランスですらこの様な状態ですから地震国日本で原子力発電所を増やし続ける政府の政策は如何な物でしょうか?
 問題は原子力発電所から漏れ出す放射能や核廃棄物だけでなく燃料になるウランの採掘現場でも問題があるのです。アメリカではウラン鉱山はアメリカ原住民(インデアン)の自治国内や其の近くにあることが多く彼等はウラン鉱山の公害によって癌等に悩まされ続けています。
 アメリカ、カナダ、オーストラリア等が原住民と言われる国家を持たない民族の権利を国連等で認めたがらないのもウラン、鉄、石炭、等を含む多くの地下資源は各国の原住民の住む地域に埋蔵量が多く、若し彼等の権利を国連等で認めてしまうと採掘権、採掘料、だけでなく、若しかすると採掘が拒否される可能性があり、その様な事もアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア等のアングロ-サクソン先進諸国が先住民族や原住民と呼ばれる国家を持たない民族の権利を認めたがらない理由なのでしょうか???????フ~ム...............!
 
原子力発電については2008年2月21日の“Child cancer risk higher near nuclear plants: study  原子力発電所の近くに住んでいる子供達の発癌率は高い。”と3月5日の“Who Pays for Nuclear Power?  誰が原子力発電の為に払うのか?”の過去記事も是非参照して下さい。


 話変わってブッシュ政権時の中央情報局の行った水責め拷問が国際的な問題になっていますが、元国務長官コンデリッサ ライス女史がスタンフォード大学の学生に彼女が署名したかも知れない拷問命令について質問をされたヴィデオが話題になっています。
彼女の第二次大戦時の歴史の説明も此れで政治の歴史が専門の教授なのかと呆れさせられる答えですが、拷問の指令を彼女は-----“大統領から伝達しただけだ!”-----と言っているところがあり、此の発言はブッシュ大統領自ら拷問の指示を出したという証言なので今後拷問についての国際裁判で問題になりそうです。興味のある方は下記で見てください。

Condoleezza Rice meets with some students
http://www.youtube.com/watch?v=ijEED_iviTA

Condoleezza Rice at Stanford talks Torture
http://www.youtube.com/watch?v=yfMk8aU-v2A&feature=related

Stanford Student Assails Rice On Torture CBS News- crimes against humans .
http://www.youtube.com/watch?v=5kn1rcXPY_I&feature=related


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。