スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

May Day メーデーについて。

The Brief Origins of May Day
メーデーの起源についての短い説明。


http://www.iww.org/projects/mayday/origins.shtml

industrial workers of the world

インダストリアル ワーカーズ オブ ザ ワールド
国際工業労働者組合 のサイトより。

by Eric Chase  エリック チェイス著


Most people living in the United States know little about the International Workers' Day of May Day. For many others there is an assumption that it is a holiday celebrated in state communist countries like Cuba or the former Soviet Union. Most Americans don't realize that May Day has its origins here in this country and is as "American" as baseball and apple pie, and stemmed from the pre-Christian holiday of Beltane, a celebration of rebirth and fertility.

合衆国の住人の殆どはメーデーの国際労働者の日について少ししか知らないのです。其の他の多くの人々にとってはキューバや過去のソヴィエトユニオンの様な社会主義国家でお祝いされた祝日だと言う想像です。殆どのアメリカ人はメーデーの起源はこの国にあり野球やアップルパイと同じ様なアメリカ的な物だと言う事に気が付いていないのです。そして(メイデイは)元々キリスト教以前の再生と豊穣のお祝いであるべルティンの祝日に由来しているのです。

Beltane ベルティンのお祭りはアイルランド人やスコットランド人等が含まれるケルト人の夏の到来をお祝いする日、5月に行われた。

In the late nineteenth century, the working class was in constant struggle to gain the 8-hour work day. Working conditions were severe and it was quite common to work 10 to 16 hour days in unsafe conditions. Death and injury were commonplace at many work places and inspired such books as Upton Sinclair's The Jungle and Jack London's The Iron Heel. As early as the 1860's, working people agitated to shorten the workday without a cut in pay, but it wasn't until the late 1880's that organized labor was able to garner enough strength to declare the 8-hour workday. This proclamation was without consent of employers, yet demanded by many of the working class.

19世紀の末期、労働者階級は常に一日8時間労働を得る為格闘していました。労働条件は厳しく危険な条件で一日10~16時間労働は良くある事でした。死や怪我はどの職場でも普通の事でアップトン シンクレアーの“ジャングル”やジャック ロンドンの“ザアイアン ヒール“等の著書を発表させる原因となりました。早くは1860年代に労働者達は賃金の引き下げ無しに労働時間の短縮を要求し騒ぎ立てていましたが組合労働者達が一日8時間労働を宣言するだけの勢力を集結できたのは1880年代になってからでした。この声明は雇用主達の同意は得ていませんだしたが多くの労働者階級によって要求されました。

At this time, socialism was a new and attractive idea to working people, many of whom were drawn to its ideology of working class control over the production and distribution of all goods and services. Workers had seen first-hand that Capitalism benefited only their bosses, trading workers' lives for profit. Thousands of men, women and children were dying needlessly every year in the workplace, with life expectancy as low as their early twenties in some industries, and little hope but death of rising out of their destitution. Socialism offered another option.

この時点では社会主義は新しく労働者階級にとって魅力的なアイデアで、労働者階級の全商品の生産流通とサーヴィスの支配と言うアイディオロジー(イデオロギー、信条)によって多くの労働者達は惹きつけられました。労働者達は資本主義は労働者の命(生活、一生)と交換に彼等のボス達だけに恩恵を与えて来た事を直接目撃していました。何千人もの男女子供達が毎年無意味に職場で命を落として、或る業種では平均寿命は最低で20歳前半でした。そして将来への望みは殆ど無く彼等の困窮から逃れる方法は死ぬ事でした。社会主義は別の可能性を提供したのです。

A variety of socialist organizations sprung up throughout the later half of the 19th century, ranging from political parties to choir groups. In fact, many socialists were elected into governmental office by their constituency. But again, many of these socialists were ham-strung by the political process which was so evidently controlled by big business and the bi-partisan political machine. Tens of thousands of socialists broke ranks from their parties, rebuffed the entire political process, which was seen as nothing more than protection for the wealthy, and created anarchist groups throughout the country. Literally thousands of working people embraced the ideals of anarchism, which sought to put an end to all hierarchical structures (including government), emphasized worker controlled industry, and valued direct action over the bureaucratic political process. It is inaccurate to say that labor unions were "taken over" by anarchists and socialists, but rather anarchists and socialist made up the labor unions.

政党からコーラスグループに至る種々の社会主義組織が19世紀後半全般に亘り発生しました。事実、多くの社会主義者が有権者によって議員に選出されましたが然し、多くの新しく選出された社会主義者は大企業と両政党の政治的マシンによって支配されている議会政治過程で無力化されました。何万人もの社会主義者達は富裕層を保護する道具以外の何物でもないと受け止められた政治的過程を拒否し、彼等の政党から脱退し国内各地でアナキストグループを開設しました。文字通り何千人もの労働者達が階級的機構
(政府も含めて)の存在を終らせようとし工業の労働者支配を強調し官僚的政治過程に対し政治への直接参加に価値を置いたアナキズムのアイデアを喜んで受け入れました。労働組合がアナキストと社会主義者に乗っ取られたと言うと一寸不正確かもしれませんが、然しアナキスト達と社会主義者達が労働組合の構成員になった言う事なのでした。

At its national convention in Chicago, held in 1884, the Federation of Organized Trades and Labor Unions (which later became the American Federation of Labor), proclaimed that "eight hours shall constitute a legal day's labor from and after May 1, 1886." The following year, the FOTLU, backed by many Knights of Labor locals, reiterated their proclamation stating that it would be supported by strikes and demonstrations. At first, most radicals and anarchists regarded this demand as too reformist, failing to strike "at the root of the evil." A year before the Haymarket Massacre, Samuel Fielden pointed out in the anarchist newspaper, The Alarm, that "whether a man works eight hours a day or ten hours a day, he is still a slave."

1884年にシカゴで開催された全国大会で“組織化された職業と労働者組合連合”(後に米労働組合連合となる)は“一日8時間労働は1886年5月1日から合法となるべきだ!”と宣言しました。翌年、各地の会員制労働者グループによって支持されたFOTLU(組織化された職業と労働者組合連合)はストライクスやデモによって(一日8時間労働宣言は)支持されるだろうと述べ同じ宣言(1884年シカゴ)を繰り返しました。最初殆どの急進派とアナキスト達はこの(8時間労働)宣言を余りにもリフォーミスト(改革論者的----実際には無力な左派インタレクチュアル)と捉え“悪の根源”としてストライクを行う事を怠りました。ヘイマーケットの虐殺の前年サミュエル フィールデンは“警報”と言うアナキストの新聞で“人が一日8時間働こうとも10時間働こうとも彼は奴隷である(事に変わりは無い)!”と指摘しています。

Reformist リフォーミスト 改革論者は Eduard Bernstein エドワード バーンスタイン等が提唱した社会を徐々に改革していった方が結果的には革命的に社会を改革するよりも完全に出来るという思想。アナキズムやレーニンのボルシェビッキ的革命的社会主義と対立した。

Despite the misgivings of many of the anarchists, an estimated quarter million workers in the Chicago area became directly involved in the crusade to implement the eight hour work day, including the Trades and Labor Assembly, the Socialistic Labor Party and local Knights of Labor. As more and more of the workforce mobilized against the employers, these radicals conceded to fight for the 8-hour day, realizing that "the tide of opinion and determination of most wage-workers was set in this direction." With the involvement of the anarchists, there seemed to be an infusion of greater issues than the 8-hour day. There grew a sense of a greater social revolution beyond the more immediate gains of shortened hours, but a drastic change in the economic structure of capitalism.

多くのアナキスト達の懸念にも拘らず、労働組合の総会、社会主義的労働党、そして会員制の各地の労働者のグループ等を含めたシカゴ地区の25万人と見積もられた労働者達は一日8時間労働の実施に直接参加しました。雇用者達に対抗して次々と多くの労働者達が動員されるに従い殆どの賃金労働者達の決意と意見の潮流はこの方向に定着した“と実感したこれ等の急進派達も一日8時間労働の為に戦う事に譲歩同意しました。アナキスト達の参加によって“一日8時間”以上の主題の導入があった様で、目の前の労働時間短縮の獲得より資本主義の経済的骨組みの改革と言うもっと大きい社会的革命と言う意識が芽生えました。

proclamation printed just before May 1, 1886, one publisher appealed to working people with this plea:
1886年5月1日の直前に印刷された宣言、或る発行者はこの様な嘆願をアピールしています:

Workingmen to Arms!
労働者の武装!
War to the Palace, Peace to the Cottage, and Death to LUXURIOUS IDLENESS.
宮殿に対する戦い。小屋への平和。豪華な怠慢(富裕有閑族)に死を。
The wage system is the only cause of the World's misery. It is supported by the rich classes, and to destroy it, they must be either made to work or DIE.
賃金システムは世界の窮乏の唯一の根源で、其れは富裕層によって支持されていて、其れを廃止するには富裕層に労働を強制するか彼等が死ぬかどちらかである。
One pound of DYNAMITE is better than a bushel of BALLOTS!
1ポンドのダイナマイトは多くの投票よりも有効である。
MAKE YOUR DEMAND FOR EIGHT HOURS with weapons in your hands to meet the capitalistic bloodhounds, police, and militia in proper manner.
資本家の為に働く私服警察、警官、武装団体に対抗して其れに適当な手段として手に武器を持ち8時間労働を要求しよう。

Not surprisingly the entire city was prepared for mass bloodshed, reminiscent of the railroad strike a decade earlier when police and soldiers gunned down hundreds of striking workers. On May 1, 1886, more than 300,000 workers in 13,000 businesses across the United States walked off their jobs in the first May Day celebration in history. In Chicago, the epicenter for the 8-hour day agitators, 40,000 went out on strike with the anarchists in the forefront of the public's eye. With their fiery speeches and revolutionary ideology of direct action, anarchists and anarchism became respected and embraced by the working people and despised by the capitalists.

10年前の鉄道従業員のストライクで警察と兵士が何百人ものストライク中の労働者達を銃撃死傷させた記憶からシカゴ全市は当然の事ながら大流血を予期していました。1886年5月1日、合衆国全土で歴史上初のメイデイのお祝いの為30万人以上の労働者達が1万3千の職場で仕事から歩き去りました。一日8時間労働扇動者達の震源地シカゴではアナキスト達が衆目最前線に立ち4万人がストライク参加しました。彼等の炎の様なスピーチと直接行動と言う革命的なイデオロギーによって、アナキスト達とアナキズムは尊敬される様になり労働者達から大いに受け入れられ、そして資本家達から軽蔑されるようになったのです。

The names of many - Albert Parsons, Johann Most, August Spies and Louis Lingg - became household words in Chicago and throughout the country. Parades, bands and tens of thousands of demonstrators in the streets exemplified the workers' strength and unity, yet didn't become violent as the newspapers and authorities predicted.

アルバート パーソン、ジョン モスト、オーガスト スパイス、そしてルイス リグ等の多くの名前はシカゴとそして全国で御馴染みの言葉となったのです。パレード、バンド、街頭の何万人ものデモ参加者達は労働者の力と結束を代表し、しかも新聞や権威の予測とは反対に暴力的はなりませんでした。

More and more workers continued to walk off their jobs until the numbers swelled to nearly 100,000, yet peace prevailed. It was not until two days later, May 3, 1886, that violence broke out at the McCormick Reaper Works between police and strikers.

人数が殆ど10万人になるまで次々と労働者達が職場を放棄し(デモに参加)ましたが、それでも平静が保たれたのです。暴力沙汰が起こったのはは2日後の1886年5月3日、マコーミック胡椒工場で警察とストライクの参加者達の間での暴力行為でした。

For six months, armed Pinkerton agents and the police harassed and beat locked-out steelworkers as they picketed. Most of these workers belonged to the "anarchist-dominated" Metal Workers' Union. During a speech near the McCormick plant, some two hundred demonstrators joined the steelworkers on the picket line. Beatings with police clubs escalated into rock throwing by the strikers which the police responded to with gunfire. At least two strikers were killed and an unknown number were wounded.

工場をロックアウトで締め出されピケを張っている労働者達を6ヶ月間武装したピンカートン探偵事務所の探偵達や警察が苦しませました。この殆どの労働者達は“アナキストが勢力を持っている”金属工業労働組合に所属していました。マコーミックの工場の近くでの演説中に2百人ほどのデモ中の労働者達が金属工業労働者達のピケラインに参加しました。警察の棍棒での打撃はストライクをしている労働者達の投石にエスカレートし、其れに対し警察は銃撃で応酬しました。少なくとも2人の労働者が死亡し他の人数の判明しない労働者達が怪我をしました。

Pinkerton ピンカートン (Pinkerton National Detective Agency)俗にPinkertonsピンカートンズはピンカートン探偵事務所の事。合衆国の悪名高いセキュリティーガード会社、エイブラハムリンカーンのセキュリティーガードとしても有名。ピンカートンは最盛期米合衆国の軍隊よりも多くの傭兵を抱えていた。労働運動が盛んだった時期カーネギー等の資本家に雇われ労働者と対立した事で映画や小説では悪役として現れるのが普通。現在も存在する会社。
Full of rage, a public meeting was called by some of the anarchists for the following day in Haymarket Square to discuss the police brutality. Due to bad weather and short notice, only about 3000 of the tens of thousands of people showed up from the day before. This affair included families with children and the mayor of Chicago himself. Later, the mayor would testify that the crowd remained calm and orderly and that speaker August Spies made "no suggestion... for immediate use of force or violence toward any person..."

翌日、怒りに満ちた或るアナキスト達により警察の暴虐行為について話し合う為ヘイマーケット広場での集会が呼び掛けられました。悪天候と発表が短期間に成された為昨日の何万人ものデモ参加者の内たった3千人程が(広場に)現れました。この事件は子供達を連れた家族やシカゴの市長彼自身も含まれていました。後に市長は群衆は平穏で規律正しく、演説者のオーガストスパイスは“誰に対してもの即時の力の行使や暴力を全く示唆しなかった。”と証言する事になるのです。

As the speech wound down, two detectives rushed to the main body of police, reporting that a speaker was using inflammatory language, inciting the police to march on the speakers' wagon. As the police began to disperse the already thinning crowd, a bomb was thrown into the police ranks. No one knows who threw the bomb, but speculations varied from blaming any one of the anarchists, to an agent provocateur working for the police.

演説が終わりに近づいた頃2人の私服警察が警察の本隊に走りより演説者が挑発的な言葉を使っていると報告し警官隊は少しずつ演説者の乗っているワゴンに近づいていった。既に少なくなっている群集を警察が解散させようとしている時爆弾が警察の隊列に投げ込まれました。誰が爆弾を投げたのか誰も知らない。然し、憶測はアナキストなら誰でも非難する説から警察の為に働いているスパイと言う説まで幅が広いものでした。

Enraged, the police fired into the crowd. The exact number of civilians killed or wounded was never determined, but an estimated seven or eight civilians died, and up to forty were wounded. One officer died immediately and another seven died in the following weeks. Later evidence indicated that only one of the police deaths could be attributed to the bomb and that all the other police fatalities had or could have had been due to their own indiscriminate gun fire. Aside from the bomb thrower, who was never identified, it was the police, not the anarchists, who perpetrated the violence.

激怒した警察は群集に向かって銃撃をし、民間人の正確な死傷者数は明確にされませんでしが7~8人の民間人が死亡したと推定され、最大40人の怪我人が出ました。1人の警官が即死し翌週他の7人が死亡しました。後の証拠は唯1人の警察官の死が爆弾が原因とされ他の警察官の死亡は警察自身の無差別銃撃が原因か其の可能性があるとされた。身元不明の爆弾を投げた犯人の話は別にしても、暴力を実行したのはアナキストではなく警察でした。

Eight anarchists - Albert Parsons, August Spies, Samuel Fielden, Oscar Neebe, Michael Schwab, George Engel, Adolph Fischer and Louis Lingg - were arrested and convicted of murder, though only three were even present at Haymarket and those three were in full view of all when the bombing occurred. The jury in their trial was comprised of business leaders in a gross mockery of justice similar to the Sacco-Vanzetti case thirty years later, or the trials of AIM and Black Panther members in the seventies. The entire world watched as these eight organizers were convicted, not for their actions, of which all of were innocent, but for their political and social beliefs. On November 11, 1887, after many failed appeals, Parsons, Spies, Engel and Fisher were hung to death. Louis Lingg, in his final protest of the state's claim of authority and punishment, took his own life the night before with an explosive device in his mouth.

8人のアナキスト達---アルバート パーソンズ、オーガスト スパイス、サミュエル フィールデン、オスカー ニービ、マイケル シュワッブ、ジョージ エンゲル、エイドルフ フィシャー、そしてルイス リグ、は爆弾が爆破した時彼等の3人だけがヘイマーケットにいて其の3人は群集から完全に見える所に居たにも拘らず逮捕され殺人罪で有罪となりました。彼等の裁判の陪審員は30年後のサッコとヴァンゼッティの件、若しくは1970年代のAIMとブラックパンサーのメンバーの裁判と同じ様に、司法を甚だしく馬鹿にし、ビジネスの指導者達で構成されていました。この8人のオーガナイザーが彼等全員が無罪である彼等の行為の為ではなく、彼等の政治的そして社会的信条の為有罪判決を受けるのを全世界が見守っていました。1887年11月11日、何度もの不成功な上訴の後パーソンズ、スパイス、エンゲル、そしてフィシャーは絞首刑になりました。ルイスリグは政府の権威と刑罰に対する彼の最後の抗議として死刑の前夜口の中の爆発装置で自殺したのです。

AIM American Indian Movement (AIM),アメリカンインデアンムーブメント、合衆国のインデアンアクティビストの組織。

Black Panther  (Black Panther Party)ブラックパンサー合衆国の黒人の自己防衛組織。

The remaining organizers, Fielden, Neebe and Schwab, were pardoned six years later by Governor Altgeld, who publicly lambasted the judge on a travesty of justice. Immediately after the Haymarket Massacre, big business and government conducted what some say was the very first "Red Scare" in this country. Spun by mainstream media, anarchism became synonymous with bomb throwing and socialism became un-American. The common image of an anarchist became a bearded, eastern European immigrant with a bomb in one hand and a dagger in the other.

残りのオーガナイザー、フィールデン、ニービ、そしてシュワッブは6年後、裁判官を司法を茶番にしたと公に激しく非難したアルツゲルド州知事によって恩赦を受けました。
ヘイマーケットの虐殺の直後、大企業と政府は、ある人によればこの国で最初の“レッドスケアー”を実施したとの事です。
主要な新聞で話をデッチ上げられアナキズムは爆弾を投げる行為と同義語となり社会主義は非アメリカ的の物とされる様になりました。極一般のアナキストのイメージは鬚面の爆弾を片手に持ち、もう片方の手にナイフを握り締めている東欧人移民の姿となってしまいました。

"Red Scare" レッド スケアー。 “赤に対する恐怖”と言う意味で1917~1920年と1947~1957年代のアメリカで吹き荒れた日本で言われる“赤狩り”が有名。1917~1920年の“レッド スケアー”はロシアのボルシェビッキ革命により勇気づけられた社会改革運動に対するヒステリー的政府の反応。1947~1957年の“レッド スケアー”では当時特にハリウッドの映画監督、作家等は社会主義者、共産党員等が多く、彼等の多くが映画業界から追放処分を受けた。マッカシー議員により扇動されたが最終的には彼の没落によって終焉する。

Today we see tens of thousands of activists embracing the ideals of the Haymarket Martyrs and those who established May Day as an International Workers' Day. Ironically, May Day is an official holiday in 66 countries and unofficially celebrated in many more, but rarely is it recognized in this country where it began.

今日我々は何万人ものアクティヴィストがヘイマーケットの殉職者達とメーデーを国際的な労働者の日に造り上げた人々の理想を歓迎し受け入れるのを目撃します。
皮肉な事に、メーデーは66カ国で正式な祝日で非正式に他の多くの国々でお祝いされているのですが、其れが始まったこの国では殆ど認識されていないのです。

Over one hundred years have passed since that first May Day. In the earlier part of the 20th century, the US government tried to curb the celebration and further wipe it from the public's memory by establishing "Law and Order Day" on May 1. We can draw many parallels between the events of 1886 and today. We still have locked out steelworkers struggling for justice. We still have voices of freedom behind bars as in the cases of Mumia Abu Jamal and Leonard Peltier. We still had the ability to mobilize tens of thousands of people in the streets of a major city to proclaim "THIS IS WHAT DEMOCRACY LOOKS LIKE!" at the WTO and FTAA demonstrations.

最初のメーデーから100年以上が経ちました。20世紀の前半アメリカ合衆国政府はこの御祝いを制限し、そして其れ以上に“法律と秩序の日”を5月1日に制定し民衆のメーデーの記憶を消し去ろうと企みました。我々は1886年の事件と現在の事件の間に多くの類似点を見る事ができます。我々は未だに正義の為に戦うスティール工業労働者達を工場から締め出しています。我々は未だにムミア アブ ジャマルや レオナードペルティアーの例の様な鉄格子の内側からの自由の声の存在を知っています。我々は“此れが民主主義がどの様に見えるかと言う事だ!(此れが民主主義の姿だ!)』と宣言してWTOやFTAAに対してのデモで何万人もの人々を主要都市の街角に動員出来る能力を持っているのです。

Mumia Abu Jamal  ムミア アブ ジャマル  黒人のジャーナリスト。警官の殺人罪で死刑を宣告されたが不公平な裁判だった為彼の有罪は疑われている。刑務所よりラジオ番組を制作、其のLive from Death Row(ライヴ フロム デス ロー)はパシフィカレイディオでも放送されている。世界中で彼の死刑について反対運動が起こっている。

Leonard Peltier  レオナードペルティアー  AIMのメンバーだったアメリカインデアン、連邦警察官殺人で有罪判決を受けるが此れも不公平な裁判だった為彼の有罪判決についての反対運動が続けられてる。


Words stronger than any I could write are engraved on the Haymarket Monument:
私が書く事の出来る如何なる言葉よりも力強い言葉がヘイマーケットの記念碑に刻まれています。:

THE DAY WILL COME WHEN OUR SILENCE WILL BE MORE POWERFUL THAN THE VOICES YOU ARE THROTTLING TODAY.

我々の沈黙が貴方が今日抑圧している言葉よりもより強くなる日が何時かやって来る。


OUR SILENCE “我々の沈黙”政府によるテロで殉教した、若しくは無実の罪により絞首刑で沈黙させられたヘイマーケットのアナキスト達の存在、思想、祈り。

Truly, history has a lot to teach us about the roots of our radicalism. When we remember that people were shot so we could have the 8-hour day; if we acknowledge that homes with families in them were burned to the ground so we could have Saturday as part of the weekend; when we recall 8-year old victims of industrial accidents who marched in the streets protesting working conditions and child labor only to be beat down by the police and company thugs, we understand that our current condition cannot be taken for granted - people fought for the rights and dignities we enjoy today, and there is still a lot more to fight for. The sacrifices of so many people can not be forgotten or we'll end up fighting for those same gains all over again. This is why we celebrate May Day.

本当に歴史は我々に急進主義について多くの事を教えてくれます。一日8時間労働を享受出来る為銃撃された人々の事を我々が思い出す時;土曜日が週末の一部として享受出来る様に、ある家族の家が彼等と共に全焼した事を若し我々が認識するのなら;8歳の工場事故犠牲者が労働条件と児童労働に対してデモ行進に参加している時お返しに警察と会社の雇った暴力団によって唯殴り倒されただけと言う事を我々が思い出す時、我々(が享受している)の現在の条件を当たり前の事だと思ってはいけない事を理解するのです。------我々が現在享受している権利と人間としての威厳の為に人々が戦い、そして未だに戦う事が多くあります。多くの人々の払った犠牲は忘れる事は出来ないのです。若しそうなれば我々は今までに勝ち得た物の為又戦う事になるのです。

この様な理由で我々はメーデーをお祝いするのです。

ejnews: 今日はメーデー(メイデイの方が英語の発音に近い)のお話でした。翻訳した記事の或るサイトは日本でも有名なヘレン ケラーも組合員だったindustrial workers of the world(インダストリアル ワーカーズ オブ ザ ワールド国際工業労働者組合)と言う労働組合のサイトのメーデーについてでした。
 この組合は全ての労働者が職種に拘りなく協力して一つのゴールを目指すと言う考えにより他の組合の参加者もメンバーとして参加出来る国際的な組織です。現在では有名なノム チョムスキーが組合員カードを持っている或る特定の労働運動の反骨精神のシンボル的な存在ですが、労働運動を通して現在我々が享受している(派遣社員等の状況を考えると我々は彼等が戦い取った権利を資本家層に又手渡してしまった様ですが)権利だけでなく彼等の主張を通して現在の民主主義のスタンダードが確立されていった当時の重要な労働組合の一つなのです。
と言う事で、この記事にも充分説明されている様にメーデーに纏わる歴史は労働者だけでなく我々の民主主義に向かう変革の歴史で、我々は過去にはプロレタリアットとも言われた労働者達やアナキスト(非民主的政府や資本家のプロパガンダで無政府主義者と呼ばれ非難された)と俗に現在でも誤解されている人々の戦いの歴史を忘れてはいけないと思うのです。そうでないと“競争”“経済発展”とか“利益”と言う名の下に産業革命時代の労働条件に後戻りしてしまうのではないでしょうか?それとも、もう後戻りしてしまった……………?
処で、去年もメーデーについての翻訳をした事がありますので、興味のある方は2008年5月1日の過去記事を参照して下さい。


Aristotle アリストテレス曰く。

In a democracy the poor will have more power than the rich, because there are more of them, and the will of the majority is supreme.”

民主主義では貧困者が金持ちより力を持つ。何故なら彼等は(金持達ちより)もっといるのだから、そして多数者の意思は最高の物であるからだ。


http://thinkexist.com/quotations/democracy/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

Information is the currency of democracy.情報は民主主義の通貨だ。

Pacifica Radio Network
パシフィカ レイディオ ネットワーク


http://www.nationmaster.com/encyclopedia/Pacifica-Radio-Network
ネイションマスターによると

Pacifica Radio is a network of five independent, non-commercial, listener-supported radio stations in the United States that is known for its leftist and pacifist political views. Some 81 other U.S. community radio stations also carry some Pacifica programming. Pacifica was the first public radio network in the U.S. The network is run by the Pacifica Foundation (a.k.a. Pacifica Radio Foundation).
パシフィカレイディオは商業的でなく聴取者によって支えられている5局の独立したアメリカ合衆国のレイディオステーション(ラジオ放送局)で左翼的、平和主義的な政治視野で知られています。81局に及ぶ他のアメリカのコミュニティーレィディオステーションもパシフィカのプログラムを放送しています。パシフィカは合衆国で最初の公共レィディオネットワークです。パシフィカネットワークはパシフィカファウンデーション(パシフィカレィディオファウンデーションとしても知られている)によって運営されています。

Pacifica Radio's audio archive is the nation's oldest public radio archive,
documenting 50 years of grassroots political and performing arts history. The Pacifica Radio Archive houses original recordings of interviews with
John Coltrane, Lorraine Hansberry, and Langston Hughes, among many
others. John Coltrane John Coltrane (September 23, 1926 – July 17, 1967) was an American jazz saxophonist and composer. ...
パシフィカ レィディオ オーディオ アーカイヴ(パシフィカラジオ録音記録保管所)は国内で最も古いレィディオアーカイヴで50年間の草の根政治とパフォーミングアートの歴史を記録している。パシフィカレィディオアーカイヴは多くの中でもジョンコルトレーン、ロレインハンスベリー、ラングストンヒューズのインタヴューのオリジナルレコーディングを保管している。

History 歴史

Pacifica was founded in 1946 by pacifist Lewis Hill who was born in
Kansas City, Missouri in 1919. During the World War II he filed as a
conscientious objector. After the war he and a small group of ex-
conscientious objectors created the Pacifica Foundation. The
foundation's first project, KPFA in Berkeley, California, was inaugurated in 1949.
パシフィカは1919年ミズーリ州カンサス市に生まれた平和主義者ルイスヒルによって1946年に創設された。彼は第二次大戦中良心的徴兵拒否を申請した。戦後彼と少数の元良心的徴兵拒否者達がパシフィカファウンデーションを創始した。ファウンデーションの最初のプロジェクトであるカリフォルニア州バークレイの放送局KPFAは1949年に発足。

For most of its history, Pacifica gave each of its stations independent
control of programming. Then during the 1990s, the national Pacifica
board attempted to centralize control of content, in order to increase
listenership. The board also proposed changing the network's funding
model away from reliance on listener donations and toward corporate
foundation funding. This led to years of conflict, including court cases, firings and strikes of station staff, and public demonstrations. Many listeners to the individual stations—especially KPFA in Berkeley, California and WBAI in New York City—objected to what they saw as an attempt to tone down the overtly political content on Pacifica stations. The controversy included highly publicized disputes between listener organizations and Mary Frances Berry, the radio network's chairman.
過去の歴史中で殆どの場合パシフィカは其の個々のステーションに番組作りの自由を与えていました。然し、1990年代に聴取者人口を増やす為、中央パシフィカ委員会は番組内容のコントロールを中央集権化し様とし、又委員会はネットワークの運営費調達の仕方を聴取者からの寄付から企業財団からの財源調達に変更する事を提案しました。此の事は訴訟問題、ステーションスタッフの解雇や彼等のストライク、市民のデモも含めた何年もの紛争を引き起こしました。個々のステーションの聴取者達の多くは--------特にカリフォルニア州バークレイのKPFA 、そしてニューヨーク市 のWBAI---------彼等が目撃しているのはパシフィカステーションの政治的過ぎる番組内容を弱める試みだと受け取りました。この問題は広く報道された聴取者の団体と(パシフィカ)レィディオネットワーク委員会会長のマリーフランシスベリーとの間の論争も含んでいます。

The board eventually backed down, was formally censured, and dismissed. Pacifica National News Director Dan Coughlin was voted Interim Executive Director of the network in 2002. But the years of internal legal battles and financial mismanagement had taken a toll. As of late 2003, the network was still on shaky financial ground.
(パシフィカの)委員会は最終的には計画を断念し、彼等は正式に譴責、解任されました。2002年、パシフィカ国内ニュース ダイレクター のダン コフリンは中継ぎのエギュゼキュティヴ ダイレクター(事務局長?)に選挙されましたが、長年の法的内部抗争と経済運営の失策が大きな打撃を与えて2003年後期の段階では未だ経済的に不安定な状態でした。



Stations ステーション

KPFA  94.1 FM in Berkeley, California  バークレイ、カリフォルニア州
http://www.kpfa.org/home

KPFK   90.7 FM in Los Angeles, California  ロサンジェルス、カリフォルニア州
http://www.kpfk.org/

KPFT   90.1 FM in Houston, Texas  ヒューストン、テキサス州
http://www.kpft.org/index.php

WBAI   99.5 FM in New York, New York  ニューヨーク、ニューヨーク州
http://www.wbai.org/

WPFW  89.3 FM in Washington DC  ワシントンDC
http://www.wpfw.org/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

消費者運動の生みの親Ralph Naderラルフネイダーは合衆国のテレビ、ラジオ放送の問題点についてこの様に語っています。

Ralph Naderラルフネイダーの1992年の大統領候補としてのスピーチの一部

The problem is in our minds -- you see? It starts in our minds. We grow up corporate. We grow up accepting the corporate assumptions of the way we look at products, the way we look at environments, the way we look at government, and the way we look at what we own. Yeah there are exceptions and probably a lot of them are in this auditorium. But I'm talking about the general percentages here. And maybe you're not an exception.
問題は我々の頭の中にある---解るかい?其れは我々の頭の中で始まるんだよ。我々は企業として大人になる。我々は我々が製品を見る見方について、環境についての意見、政府についての意見、我々が保持している物について企業の仮定(仮説)を受け入れて大人になる。勿論、例外(である人)もいるよ!恐らく(其の例外の)多くがこの会場に集まっているんだろうけど、然し、私が此処で話しているのは一般的なパーセンテージの事なんだ。そしてあなた方は例外じゃないかもしれない。

For instance someone says to you, We live in a free country -- you're watching a TV program. If you don't like it -- what are you free to do? Turn it off right? -- or switch to another channel. You don't like any programs? -- you close your TV down, you jump up and down and say, `ahhhhh! -- what freedom!' How many of us grow up to realize that under federal law -- under FEDERAL LAW -- we own the public airways? We are the landlords of the public airways. The radio and TV stations are our tenants. Our real estate agent is the Federal Communications Commission -- what a real estate agent! The radio and TV stations pay zero for their license to make money -- you pay more for your auto license. They decide who says what on TV and who doesn't, who says what on radio and who doesn't. In effect they're saying if we don't like the way they're using our property, we can get out -- turn it off. As a result what do we have? Radio and TV: 90% entertainment and ads, 10% redundant news, and 0% mobilization.
例えば誰かが貴方に『我々は自由な国に住んでいる--------貴方はテレビ番組を見ている。』と言う。 若し気に入らなかったら------何が貴方に自由に出来るのだろうか?テレビを消す?それとも別のチャンネルに変える?貴方はどの番組も好きじゃない?-------貴方はテレビを消して、(苛々しながら)上下にジャンプしながら----アーッ!何が自由なんだ!と言う。------我々の中で何人が連邦法では-------連邦法では-------我々(市民)が空中を飛び交う電波の為の空間の所有者だと言う事を大人になって気が付くようになるのだろう?我々が電波が飛び交う空間の大家なんだよ。ラジオ局とテレビ局は我々の借家人なのだ。そして、我々の不動産業者は連邦コミュニケーション委員会なのだ。全く何と言う不動産業者なんだろう!ラジオとテレビ局は利益を得る為のライセンス(市民の所有物である空間を電波を使って営利目的に使うライセンス)に何も払っていない。あなた方は運転免許書の為にもっとお金を払っているんだよ!彼等はテレビで誰が何を発言できるか、誰が出来ないか、ラジオで誰が何を発言できるのか、誰が出来ないのかを決定する。結果として彼等は若し我々が我々の不動産について彼等の使い方が気に入らない場合、我々は見ないでいられる-------つまりラジオテレビを消すという事が出来ると言っているのだよ。その結果として我々は何を手に入れたのだろう?ラジオとテレビでは90%が娯楽番組とコマーシャル。10%が不必要に重複するニュース。そして0%が市民の動員の為に配分されている。

Now how many of you have thought we should have our own audience TV and radio network? ----------------They've kept us from becoming electronically literate. And we grow up in effect saying, Well you've got a lot of channels, you got a lot of "choice." Yeah you got a lot of choice -- you've got the Playboy channel, the entertainment channel, the gaming channel, the game show channel, the movie channel and on and on. It's all sugar my friends. Very little nutrition. Why don't we have a 24-hour citizen action channel on cable, so we learn what other people are doing?
さて!あなた方の中で何人が我々は我々自身が聴衆のテレビとラジオのネットワークを持つべきだと考えた事がありますか?----------------彼等は我々を電波的に文盲に留めてきたんだよ。それで結果として我々は大人になって『でもあなた方は多くのチャンネルを見る事が出来じゃない?貴方は多くの選択肢があるじゃない?』と言うようになったんだよ。そうだよね!確かに多くの選択肢があるよね------プレイボーイチャンネル、娯楽チャンネル、ゲームチャンネル、ゲームショーチャンネル、映画チャンネルとか何とかあなた方は見る事ができるよね!諸君これ等全ては(頭脳にとって甘いだけの)砂糖なんだよ!栄養なんか殆ど無いんだよ!如何して我々は同胞市民間のコミュニケーションが出来る為に24時間の市民の為のアクションチャンネルがケーブルテレビに無いんだろう?

So if someone's solving a problem in Kansas City that we've got here in San Francisco, we can learn -- get the addresses right on the TV, the phone numbers. A citizen action channel, so we don't take twenty-five years to learn that someone solved the problem this way -- and we're just trying to find out how to deal with it now.
と言う事は、我々がサンフランシスコでもある問題を誰かがカンサス市で解決しているのなら------我々は直接テレビから住所、電話番号を調べ(解決法を)習う事が出来る。市民の為の行動的チャンネル----------誰かが問題をこの方法で解決したと言う事を我々が25年間かけて気付く事がない様に-------そして、我々はこの問題についてどの様に対処して良いかの方法を理解しようとしている。
http://www.ratical.org/co-globalize/RalphNader/RN05.09.92.html

ネイダーは此処で公共の物である空間を営利目的に使っているテレビ局ラジオ局が、家主であるはずの市民に使用料も払わず、然も番組は市民生活には殆ど利益がないばかりでなく商品を市民に売り込む事や民意の扇動の様なニュースばかり放送している企業を非難している。そして家主(主権者)としての権利に気が付かない市民に市民自身が運営に参加出来る市民生活に役立つ放送局の重要性を説いている。

ejnews:市民が正確な情報を得られない国家は民主主義が機能せず、選挙はあっても政府が市民の為の政治を行わない民主主義の形式だけを残したPlutocracyプルトクラシーや Oligarchyオリガーキー、最近はCorporatocracyコーポレイトクラシーの様な外見だけ民主主義の様に見える政治形態になってしまう事になると言う事です。(何処かの国のようですね)
4月15日はパシフィカレィデイオネットワークと言う市民の寄付で運営されているラジオ局ネットワークの60歳の誕生日でした。このブログでもパシフィカのプログラム“デモクラシーナウ!”の翻訳も取り上げた事がありますが、このパシフィカネットワークは日本語で表現すると左派、進歩的、リベラル的な放送局のネットワークであるだけでなく、市民の寄付金によって運営されていて、日本のNHKの様に政府との関係も全く無く、コマーシャルからの利益で経営される民放と違い企業の悪事を徹底的に報道する事が出来、政府に鎖で首を繋がれてもいないので政治家には厄介な目の上のタン瘤の様な存在なのです。事実連邦警察からステーションを捜査されるなどの嫌がらせも過去にはあったようです。パシフィカをまねた日本のNHKにあたるナショナルパブリックレィディオNational Public Radio(NPR)及びテレビのナショナルブロードカスティングサーヴィスPublic Broadcasting Service (PBS)が1970年に開設ですからパシフィカを開設したルイスヒル氏が如何に独創的で、信念を持った人物であったかが伺えます。
勿論、パシフィカはニュースや政治経済の番組ではアメリカでは一番信頼出来る放送局ですが、音楽、文学、哲学(仏教や老荘思想も含めて)、医療、等でも内容の充実し、然も民放やNPRでは聞く事の出来ない主題、話題、人物等が登場します。
民主主義が機能する為には司法、立法、行政の他に健康なジャーナリズムが必要ですが、パシフィカネットワークは1949年から民主主義の重要な役割の一部を果たし続けているのです。世界的に有名なアメリカ人の反戦運動、哲学者、言語学者のノムチョムスキー、反戦運動、公民権運動、歴史学者として有名なハワードジン等多くの良心的反戦運動家、反体制思想家達は、良くパシフィカの番組に登場するのですが、彼等は民放,NPR,PBSからインタヴューされる事は全くと言って良いほど無いのです。(彼等の様に真実を語る人々の意見が市民に知られると政府、資本家に取っては非常に都合の悪い事なので)この事はマスメディアが政府企業資本の支配を受けている明白な証拠で民放、NPR,PBSの“ニュース”は確かに“ニュース”なのでしょうが“事実”ではないと言う事になのだと思います。
私はロスのパシフィカネットワーク放送局KPFKに何度か行った事があるのですがハリウッドヒルの北側、ユニヴァーサルステュディオの直ぐ近くの目に付かないパッとしない小さなビルで多くの市民ヴォランティアの協力で運営されています。当然の事ながら何時も経済的に苦しい様で、特に最近の不況で運営費の調達が難しくなっているようです。
若しパシフィカのプログラムに興味のある方は日本でもエイミーグッドマンのDemocracy Now!デモクラシーナウ!(英語の分かる方はこのサイトをヴィジットして下さい。http://www.democracynow.org/ )の翻訳を聞く事が出来るウエッブサイト( http://democracynow.jp/ )がありますから其処をヴィジットしてみて下さい。


処で民主主義と情報についてはどの様な言葉が残されているのでしょうか?

George Orwell ジョージ オーウェル曰く。
In a time of universal deceit, telling the truth becomes a revolutionary
act.
世の中が虚構欺瞞に満ちている時、真実を語る事が革命行為になる。
http://www.wisdomquotes.com/cat_democracy.html

Thomas Jefferson トーマス ジェファーソン曰く。
Information is the currency of democracy.
情報は民主主義の通貨だ。
http://www.openthegovernment.org/

James Madison ジェームス マディスン曰く( 1822 )
"A popular government without popular information, or the means of
acquiring it, is but a Prologue to a Farce or a tragedy or perhaps both.
Knowledge will forever govern ignorance; and the people who mean to be their own governors must arm themselves with the power, which
knowledge gives."
人民の為の情報の無い、若しくは(情報を)得る手段の無い人民の為の政府は茶番劇か悲劇のプロローグ、若しくは其の両者以外の何物でもない。知識(知る事、情報を持つ事)は永遠に無知を支配する。そして自分自身の政府になろうとしている者は知識が与える力によって武装しなければならない。
http://www.openthegovernment.org/

我々は自分自身を本当に愛しているのか?

Anarchism  アナキズム

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウイキペディアによると………………………….


Anarchism is a political philosophy encompassing theories and attitudes
which consider the state, as compulsory government, to be unnecessary, harmful, and/or undesirable.[1][2] Specific anarchists may have
additional criteria for what constitutes anarchism, and they often
disagree with each other on what these criteria are. According to The
Oxford Companion to Philosophy, "there is no single defining position that all anarchists hold, and those considered anarchists at best share a
certain family resemblance."[3]
アナキズムは強制的な(中央集権)政府を不必要で害を与え、望ましくないと考える理論と態度、姿勢に及ぶ政治哲学である。個々のアナキズムは何がアナキズムを構成するのかについて上記以上の基準があり頻繁に其の基準について御互いに意見の相違がある。オックスフォード コンパニヨン フィロソフィーによると『全てのアナキズムが持つ一つの決定的なポジションは無く、アナキストと言っている人々は最善でも系統的な類似点を共有しているだけだ。』

There are many types and traditions of anarchism, not all of which are
mutually exclusive.[4][5][6] Anarchism is usually considered to be a
radical left-wing ideology,[7] and much of anarchist economics and
anarchist legal philosophy reflect anti-authoritarian interpretations of
communism, collectivism, syndicalism or participatory economics;………………
多くの種類のアナキズムの伝統があるが全てが御互いに相容れない訳ではない。アナキズムは通常急進的な左派思想と考えられていて、殆どのアナキスト経済、アナキスト立法哲学は共産主義、集産主義、協同組合主義、若しくはパティシパトリーエコノミックス(社会の構成員全員が生産消費の計画に参加する経済)について反体制的解釈の反映を示している………………………..

Anarchist Writersアナキストライターズの
http://anarchism.pageabode.com/
An Anarchist FAQ WebpageアナキストFAQ(Frequently asked questions)良く聞かれる質問ウエッブページによると……………………
Anarchishttp://anarchism.pageabode.com/afaq/index.html

What does "anarchy" mean?
“アナナキー”って如何言う意味?


The word "anarchy" is from the Greek, prefix an (or a), meaning "not,"
"the want of," "the absence of," or "the lack of", plus archos, meaning
"a ruler," "director", "chief," "person in charge," or "authority." Or, as
Peter Kropotkin put it, Anarchy comes from the Greek words meaning
"contrary to authority." [Anarchism, p. 284]
"anarchy"アナキーと言う言葉はギリシャ語が語源でprefix an (or a),接頭辞“アン”若しくは“ア”は“~ではない”“~から~が欠けている”“~の存在しない”若しくは“~の不足している”と言う意味の言葉にarchos支配者、指揮者、首長、責任者、若しくは権威者と言う意味の言葉を加えた言葉、若しくはピータークロポツキンが言った様にアナキーは“権威とは反対の”と言う意味のギリシャ語に由来している、

What is anarchism?
アナキズムとは何か?

Anarchism is a political theory which aims to create anarchy, "the
absence of a master, of a sovereign." [P-J Proudhon, What is Property , p. 264] In other words, anarchism is a political theory which aims to
create a society within which individuals freely co-operate together as
equals. As such anarchism opposes all forms of hierarchical control - be
that control by the state or a capitalist - as harmful to the individual and their individuality as well as unnecessary.
アナキズムはアナキーを創造する“統治に支配者のいない”(“プルードンの資産とは何か?”からの引用)と言う政治理論で、他の言葉では、アナキズムは個人が自由に平等な立場で協力し合う社会を創造する事を目的としている政治理論です。

In the words of anarchist L. Susan Brown:
アナキスト L.スーザン ブラウンの言葉によると:

"While the popular understanding of anarchism is of a violent, anti-State movement, anarchism is a much more subtle and nuanced tradition then a simple opposition to government power. Anarchists oppose the idea
that power and domination are necessary for society, and instead
advocate more co-operative, anti-hierarchical forms of social, political
and economic organisation." [The Politics of Individualism, p. 106]
『一般的なアナキズムについての理解は暴力的な反政府運動と言う事ですが、然しアナキズムは単純な政権の権力に対する反対(と言う解釈)と比べてもっと微妙でニュアンスのある伝統なのです。アナキスト達は権力と支配は社会にとって必要だと言う考えに反対しているのです。其れに替わって、より多くの相互協力や社会、政治、経済組織の反階級制を主張しているのです。』(“個人主義的政治”の106ページより)

What does "anarchism" mean?
“アナキズム”とは如何言う意味か?


To quote Peter Kropotkin, Anarchism is "the no-government system of socialism." [Anarchism, p. 46] In other words, "the abolition of exploitation and oppression of man by man, that is the abolition of private property [i.e. capitalism] and government." [Errico Malatesta, Towards Anarchism,", p. 75]
Anarchism, therefore, is a political theory that aims to create a society which is without political, economic or social hierarchies. Anarchists maintain that anarchy, the absence of rulers, is a viable form of social system and so work for the maximisation of individual liberty and social equality. They see the goals of liberty and equality as mutually self-supporting. Or, in Bakunin's famous dictum:
"We are convinced that freedom without Socialism is privilege and injustice, and that Socialism without freedom is slavery and brutality." [The Political Philosophy of Bakunin, p. 269]
ピータークロポツキンを引用するとアナキズムは“非政府的システムの社会主義”と表現されていて、別の言い方をすると(マラテスタによると)“人間による人間に対する搾取と圧制(圧政)を排除する事で、其れは私有財産と政府の排除と言う事だ。”
と言う事で、アナキズムは政治的、経済的、社会的な上下階級の無い社会を構築する事を目的とする政治理論です。アナキスト達は支配の存在しないアナキーは実現可能な社会システムで個人の自由と平等な社会を最も拡大を主張している。彼等は自由と平等の最終目的は御互いに自立すると言う事と見ていて、バクーニンの有名な声明によれば:
『社会主義の無い自由は特権と無正義で、自由の無い社会主義は奴隷制と暴虐だと我々は確信している。』

The history of human society proves this point. Liberty without equality is only liberty for the powerful, and equality without liberty is impossible and a justification for slavery.
人間社会の歴史はこの点を証明していて、平等の無い自由は単なる強者の自由で自由の無い平等は不可能で奴隷制の為の言訳である。

ejnews:では如何してアナキズムは誤解されているのでしょうか?

アナキズムが如何して誤解されているかと言う理由についてソースワッチはこの様に説明しています。

Anarchism is a philosophy advocating the abolition of all forms of hierarchical authority, including capitalism and the state. Anarchists advocate the organization of society by voluntary non-hierarchical associations instead of hierarchical organizations such as corporations and the state. A constructive definition could be: voluntary cooperation for the good, with the right to secession. Anti-anarchist propaganda has succeeded in equating anarchism with chaos, violence and bomb-throwing in the public mind but this is a misrepresentation of anarchism - an example of a highly successful smear campaign based on libel and slander.
Some piggyback on these smears and attempt to discredit other ideas and movements by describing them as anarchist. It is sometimes used as a simple smear term, as part of libel and slander efforts against groups that have other goals.
アナキズムは資本主義や国家政府を含む全ての階級的権力の排除を提唱する哲学です。アナキスト達は企業や国家政府の様な階級的組織に替わって個人的自由意志の非階級的団体で組織された社会を提唱しているのです。構築的な定義は:“正しく良い事の為の自由意志での協力”と言えるかもしれない。アンチ-アナキスト プロパガンダがアナキズムをケオス(混沌)、暴力、爆弾を投げる事(様なテロ行為をする思想)等と同様の物だと民衆に思い込ませる事に成功したのです。然し其れはアナキズムを偽って説明している物で、其れは誹謗中傷に基づいた非常に成功している誹謗妨害なのです。
ある人々や団体はこの誹謗中傷妨害行為に同乗し他のアイデアや思想運動を無価値な物とする為にそれらの事をアナキズムだと説明しています。其れは時々、関係の無い目的を持つグループを誹謗中傷する行為の一部として単純な誹謗の為の言葉として使われています。

ejnews:今アメリカでは金融危機が原因のリセッション(或いはディプレッションだと言っている人も多い様です)によりホームレス人口は増大し、銃砲火器を使った自暴自棄の殺人、将来に希望を失った為の自殺、一家心中を考える人が増えていているようです。此れは金融資本中心の資本主義社会では避けられない悲劇で、今後生き残る金融企業の数が少なくなれば独占が拡大し、好景気、景気崩壊のサイクルは短くなり、其の度に社会の底辺から上部の富裕層への富の移動集中が強まると予想されています。残念ながらある特定の短絡的な思考しか出来ない人々の中には資本主義が機能しないのは企業が法律に縛られて自由競争が出来ないからだと主張し、政府が全ての悪の根源で全ての政府の機能は民間企業に売り払うべきだと言うアメリカのロン ポールに代表されるリバタリアンの様な強者中心思想(ソシアル ダーウィニスト)を支持する人々も多くなっているようです。彼等は政府を必要としないと言う主張ではアナキスト(リバタリアン-ソシャリスト)と類似していると受け止める人も居るようですが実際には全く違った思想で、アナキストは中央集権的政府は全ての地域集団、共同体に当て嵌める事は出来ないと考える思想で、簡単に言うと地域環境、経済的歴史的発展状況に応じた肌理の細かな地方自治が必要だと言う事が特徴です。アナキズムでは人間は皆平等で、中央集権政府は人間を軍隊の様な権威的社会に閉じ込め、階級社会を作り出すと言う理由でアナキスト達は反対しているのです。資本主義社会では企業は上下関係がハッキリした軍隊と同じ階級社会を形成する利益を追う事だけが目的の集団で、彼等の利益追求行動により現在の経済破綻の様な社会悪を起こす原因だと考えられています。アナキスト達はこの様な階級的形態の企業にも反対しています。人間の必要とする製品製造をする会社は必要ですが、会社で働く全ての人が平等に経営に参加出来る集団でなくてはならないとされています。(例えば病院で掃除を担当する人が医者と同じ平等な立場であれば彼等は熱心に掃除をし病院は清潔になり院内感染の様な事は起こり難いと考えられます。如何なる差別も差別であれば社会機能を害するのです。)
 
人間は太古の原始時代から現在のスーパーキャピタリズムの時代まで社会システムを変化させながら生存して来ました。石器時代の人間は鉄器時代の人間とは全く違った社会機構の基で生きていました。中世の人間の生きていた社会は近代の人間が生きていた社会全く違った物でした。現在は資本主義の価値観が人類社会の基準となっている社会に我々は住んでいるのです。人類は我々の住む社会を常に変えながら生きて来たと言う事なのです。つまり若し社会に改善の余地があるのなら我々は社会を改善する能力を持っていると言う事なのです。我々が幸福になれる社会を造る能力を我々は持ち合わせていると言う事なのです。

マハトマ ガンジー 曰く

As human beings, our greatness lies not so much in being able to remake the world - that is the myth of the atomic age - as in being able to remake ourselves.

『人間としての我々の偉大さは、原子力時代の伝説である“人類は世界を変革する事が出来ると言う能力”によっているのではなく、“我々自身を変革する能力”によっているのです。』


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

オメガ-3オイルで健康に!

Omega-3 Kills Cancer Cells
オメガ-3(オイル、酸)は癌細胞を殺す。


サイエンスデイリーより。
http://www.sciencedaily.com/releases/2009/04/090401200441.htm

ScienceDaily (Apr. 5, 2009) — Docosahexanoic acid (DHA), an omega-3
fatty acid found in fish oils, has been shown to reduce the size of
tumours and enhance the positive effects of the chemotherapy drug
cisplatin, while limiting its harmful side effects. The rat experiments
provide some support for the plethora of health benefits often ascribed
to omega-3 acids.
サイエンスデイリー(4月5日、2009年)ドコサヘクサノイック酸(DHA)、魚の油の中に見出されるオメガ-3脂肪酸は腫瘍の大きさを小さくし化学薬品治療の薬シスプレイティンの悪い副作用を抑える傍ら、効果を高める事が知られてる。ネズミの実験ではオメガ3酸が原因だとされる種々の健康への効用への証拠なにる可能性が見出されている。

Professor A. M. El-Mowafy led a team of researchers from Mansoura
University, Egypt, who studied DHA's effects on solid tumours growing in mice, as well as investigating how this fatty acid interacts with cisplatin, a chemotherapy drug that is known to cause kidney damage. El-Mowafy said, "DHA elicited prominent chemopreventive effects on its own, and
appreciably augmented those of cisplatin as well. Furthermore, this study is the first to reveal that DHA can obliterate lethal cisplatin-induced
nephrotoxicity and renal tissue injury."
A.M.El-Mowafyエル-モワフィー教授はエジプトのマンソウラ大学の研究者チームを率いて、ネズミに発生する腫瘍塊に対するDHAの効果、及びこの脂肪酸がどの様に腎臓に害を与える事が知られている化学薬品治療薬シスプレイティンと反応するかを研究した。エル-モワフィー教授は『DHAは広く知られている其れ自身の科学的抑制作用を引き出し、又、認識出来るほどシスプレイティンの効果を補助増強した。更に、この研究はDHAがシスプラティンが原因の腎臓毒性と腎臓組織への被害を取り除く事が出来ると言う事を明らかにした最初の研究である。』と語った。

DHA is an omega-3 fatty acid that is commonly found in cold-water fish
oil, and some vegetable oils. It is a major component of brain gray matter and of the retina in most mammalian species and is considered essential
for normal neurological and cellular developments. According to the
authors, "While DHA has been tentatively linked with protection against
cardiovascular, neurological and neoplastic diseases, there exists a
paucity of research information, in particular regarding its interactions
with existing chemotherapy drugs". The researchers found that, at the
molecular level, DHA acts by reducing leukocytosis (white blood cell
accumulation), systemic inflammation, and oxidative stress – all
processes that have been linked with tumour growth.
El-Mowafy and his colleagues have called for greater deployment of
omega-3 in the fight against cancer. They write, "Our results suggest a
new, fruitful drug regimen in the management of solid tumors based on
combining cisplatin, and possibly other chemotherapeutics, with DHA".
DHAは一般的に冷水域に生息する魚と、ある種の植物油に見出されるオメガ-3脂肪酸であり、其れは殆どの哺乳動物種の脳の灰白質と網膜の主要な構成物質で、神経と細胞の正常な成長にとって必須であると理解されています。(研究論文の)著者によると“DHAは心臓血管疾患、神経疾患、neoplastic diseases腫瘍性の病気に対する予防に関係している可能性がある反面、研究の情報が不足していて、特にDHAと化学薬品療法の薬との相互作用について(研究情報が不足している)。”DHAは分子レベルではルーコサイトーティック(白血球の増加)、全身の炎症、酸化によるストレス---これ等全ての過程は腫瘍成長と関連している---を減少させる事を研究者達は発見した。エル-モワフィー教授と彼の同僚達は癌に対する戦いにオメガ-3のより多い配備を呼びかけている。『我々の研究の結果はシスプレイティン服用を基本とし、そして恐らく他の科学薬物治療法とHDAを服用した腫瘍塊の処置の為のより実りの多い薬剤投与処方を示唆している。』と彼等は書いている。

deploymentは普通軍隊等の“配備”と言う意味ですが、“fight against cancer癌に対する戦い”に対しての武器として使うと言う意味でdeploymentを洒落て使ったと思われます。

ejnews:皆さんオメガ-3オイル足りてますか?日本でも炎症、関節の痛み、皮膚、爪、髪の健康、糖尿病、心臓の健康、癌、脳の正常な発育、鬱症、集中力、等々オメガ-3オイルの持つ健康への効用は良く知られていると思いますが、最近は以前にも増して健康への種々の重要性が報告される様になっているようです。天然の鮭、鯖、ニシン、鰯、等に多く含まれているのですが(養殖魚にはオメガ3が殆ど含まれてない他に残留抗生物質等が含まれている可能性あるそうです。)最近の魚は水銀や農薬、薬品、化学物質等に汚染されているので、胡桃、大豆、フラックスシードオイル、キウイフルーツ(キウイフルーツの種にはオメガ-3が多く良く噛んで食べましょう)、等には非常に多く、其の他にもカリフラワー、ブロッコリー、ほうれん草、紫蘇油(Perillaと言う名前ですが紫蘇油もオメガ-3が豊富だそうです。)等の植物にも含まれていて、これ等の植物から基本的に摂取した方が安全かもしれません。
 アメリカの経済ニュースでは相変らずオバマ政権の金融危機政策は金融資本の言いなりになっていると言う批判が多く、その様な批判によると、オバマ政権の金融機関援助によって庶民から金融資本家に向かう富の再配分が起こっていて、市民の税金を使った金融機関援助は成功すれば経営者や株主等が利益を得、失敗すれば赤字の穴埋めの付けが市民に回ってくると言うどちらに転んでも市民が損をすると言うトンでもない話だそうですがこの話は又別の機会に。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

バナナリパブリック?服屋さんじゃないよ!

Experts On Third World Banana
Republics: The U.S. has Become a
Third World Banana Republic
第3世界バナナ リパブリックのエキスパート:アメリカ合衆国は第3世界のバナナ リパブリックになってしまった。

Published on 03-28-2009
http://www.blacklistednews.com/news-3755-0-13-13--.html
ブラックリステ ドニュース
Source: George Washington
http://www.georgewashington2.blogspot.com/2009/03/experts-on-third-world-banana-republics.html
ソースはジョージ ワシントンのブログ。


Who are the leading experts on third world banana republics?
誰が第3世界バナナ リパブリックスの有名なエキスパートなのだろう? 

Probably those at the International Monetary Fund with years of
experience lending money to corrupt regimes after their excess became
so out of hand that they needed emergency assistance.
Today, two top IMF officials said that the U.S. has become a third world banana republic.
First, Simon Johnson, former chief economist of the IMF, says recovery
will fail unless we break the financial oligarchy that is blocking essential
reform, and calls the U.S. a banana republic. In his essay "The Quiet
Coup" (which includes sections like "Becoming a Banana Republic"),
Johnson writes:
 恐らくインターナショナルモネタリーファンド(IMF)で腐敗した政権が彼等の過剰に集中した富が手に負えなくなり緊急に手助けが必要になった時、長年に亘って資金を貸し付けていた人々がそうなんだろう。今日IMFの2人の上級役員がアメリカ合衆国は第3世界のバナナリパブリックになってしまったと言っている。
先ずIMFの元主席エコノミスト、サイモン ジョンソンはアメリカ合衆国をバナナリパブリックと呼び、若し我々が最も重要な改正を邪魔している金融オリガーキーを取り締まらないと経済復興は失敗するだろうと言っている。彼のエッセイ“静かなクーデター”(其れは“バナナリパブリックになる事”等のセクションを含んでいる。)でジョンソンは書いている…………

Typically, these countries are in a desperate economic situation for one
simple reason—the powerful elites within them overreached in good times and took too many risks. Emerging-market governments and their
private-sector allies commonly form a tight-knit—and, most of the time, genteel—oligarchy, running the country rather like a profit-seeking
company in which they are the controlling shareholders. When a country like Indonesia or South Korea or Russia grows, so do the ambitions of its captains of industry. As masters of their mini-universe, these people
make some investments that clearly benefit the broader economy, but
they also start making bigger and riskier bets. They reckon—correctly, in most cases—that their political connections will allow them to push onto the government any substantial problems that arise. . . .
The downward spiral that follows is remarkably steep. Enormous
companies teeter on the brink of default, and the local banks that have
lent to them collapse....
 一般的にはこの様な国々は唯一つの理由から絶望的な経済状態に陥っている--------それらの国々の強力なエリート達が景気の良い時に貪欲になり危険な賭けをし過ぎたと言うことだ。新興市場の政府と其の民間セクターは連合し一般的に緻密に編まれた編み物の様な強い関係を結ぶ--------そして、殆どの時、やんわりとした----オリガーキーであり、国家を利益を追求する会社の様に経営する。そして彼等は(其の会社の様な国家の)株主である。インドネシア、韓国、ロシア等が(経済的に)発展すると、同時にそれらの国々の金融、商工業の指導者達の野望も大きくなる。小さな宇宙の主人としてこれ等の人々は其の国の経済全般に利益になる幾らかの投資をするが、然し彼等は同時にもっと大規模で危険な賭けを始める様になる。彼等は発生するかなりの規模の問題を政府に押し付ける事を彼等の政治的コネクションが許すであろう-----殆どの場合、間違いなく(コネが働くと言う彼等の計算は間違っていない)-----と計算する。………………
 渦巻に吸い込まれる様な経済の下降は驚くほど急速である。巨大な会社が責務不履行寸前の状態になり、疎の様な会社に貸付をしていた地方銀行は倒産する…………….

Squeezing the oligarchs, though, is seldom the strategy of choice among emerging-market governments. Quite the contrary: at the outset of the crisis, the oligarchs are usually among the first to get extra help from the government, such as preferential access to foreign currency, or maybe a nice tax break, or—here’s a classic Kremlin bailout technique—the
assumption of private debt obligations by the government. Under duress, generosity toward old friends takes many innovative forms. Meanwhile,
needing to squeeze someone, most emerging-market governments look
first to ordinary working folk—at least until the riots grow too large. . . .
 オリガーキーに圧力をかける事は、新興市場の政府では此れは殆ど戦略として採用されず、其れとは全く反対に:危機の始まりにオリガーキーは、優先的な海外の通貨へのアクセス、とか恐らく気前の良い税金の免除だとか、若しくは------嗚呼!そうだ!クレムリンの古典的な救済方法------政府による民間の債務肩代わりの様な特別の援助を受ける中でも最初のグループである。強制されているので古い友達への気前の良さは発明的な形を取る様になる。その間、誰かを圧迫する必要から新興市場の政府は普通の労働者達に注目する様になる。少なくとも暴動が大きくなり過ぎるまで……………..

In its depth and suddenness, the U.S. economic and financial crisis is
shockingly reminiscent of moments we have recently seen in emerging
markets (and only in emerging markets): South Korea (1997), Malaysia (1998), Russia and Argentina (time and again). . . .But there’s a deeper
and more disturbing similarity: elite business interests—financiers, in the case of the U.S.—played a central role in creating the crisis, making
ever-larger gambles, with the implicit backing of the government, until
the inevitable collapse. More alarming, they are now using their influence to prevent precisely the sorts of reforms that are needed, and fast, to
pull the economy out of its nosedive. The government seems helpless, or unwilling, to act against them.
 根深く悲しいアメリカ合衆国の経済的金融的危機は我々が近年目撃した新興市場(そして新興市場だけで起こる)での一時期をショックを受けるほど思い起こさせる。:韓国1997年、マレーシア1998年、ロシアとアルゼンチン(何回も繰り返される).........然し、もっと根深くもっとギョッとさせる類似点がある。ビジネス利権のエリート達-----投資家達、アメリカの場合は---------は政府の暗黙の支持を得て次々と大きくなるギャンブルと言う行為で、避ける事の出来ない崩壊まで危機を発生させる重要な役割を果たしたのだ。もっとギョッとする事は、彼等は今影響力を行使して素早く経済を鼻先から落ちて行く急降下から引き上げる為に本当に必要な正に疎の様な種類の改革を阻止しているのだ。政府は彼等に対抗するには無力、若しくは其の気がない様に見える。

Second, Desmond Lachman - a long-time official with the IMF and former chief strategist for emerging markets at Salomon Smith Barney - agrees, writing in an essay entitled "Welcome to America, the World's Scariest
Emerging Market":
The parallels between U.S. policymaking and what we see in emerging
markets are clearest in how we've mishandled the banking crisis. We
delude ourselves that our banks face liquidity problems, rather than
deeper solvency problems, and we try to fix it all on the cheap just like
any run-of-the-mill emerging market economy would try to do. And after years of lecturing Asian and Latin American leaders about the importance of consistency and transparency in sorting out financial crises, we fail on both counts....

 2人目はIMFで長期間役員を務めソロモン バーニー スミス新興市場最高戦略責任者だったデズモンド ライクマンで、彼は“アメリカへようこそ!世界で一番恐ろしい新興市場。”と言う題のエッセイを著して同意している。:
 アメリカの政策決定と新興市場で見られる現象の類似性は我々がどの様に銀行危機の取り扱いに失敗したかに明確に現れている。我々の銀行の問題はもっと重大な支払い能力ではなく流動性資産の問題に直面していると我々自身を誤魔化し、何処の新興市場でもやりそうな在り来たりの方法で全てを安く片付け様とした。何年もの間アジアとラテンアメリカの指導者達に金融危機の処理には一貫性と透明性の重要性を説教して置きながら、我々はこの2つについて失敗してしまったのである……………………………..

In visits to Asian capitals during the region's financial crisis in the late 1990s, I often heard Asian reformers such as Singapore's Lee Kuan Yew or
Japan's Eisuke Sakakibara complain about how the incestuous relationship between governments and large Asian corporate conglomerates stymied
real economic change. How fortunate, I thought then, that the United
States was not similarly plagued by crony capitalism! However, watching Goldman Sachs's seeming lock on high-level U.S. Treasury jobs as well as the way that Republicans and Democrats alike tiptoed around reforming
Freddie Mac and Fannie Mae -- among the largest campaign contributors to Congress -- made me wonder if the differences between the United
States and the Asian economies were only a matter of degree....
 1990年代のアジア諸国の首都を訪問中、私は頻繁にシンガポールのリー クアン ユーや日本の榊原英輔の様な改革派の言う、政府とアジアの大規模企業集合体の癒着関係が真の経済的革新を妨害しているとの不満を聞いた。何と幸運な事だろう!アメリカ合衆国は同じ様に(アジア各国の様に)縁故資本主義によって苦しめられていない!と当時私は思った物だった。然しながらゴールドマン サックスの米財務省のハイレヴェル ポジションへの密着と同時に、共和党も民主党も両者同様にフレディー マックとファニー メイの改革に爪先立って問題を避けて歩く様な態度------この二つの金融機関は議会への最も大きな選挙キャンペーンへの献金団体------はアメリカ合衆国とアジアの経済の相違は単なる程度の差ではないのかと私に疑わさせる様になった……………..

If we insist on ... not facing our real problems, we might soon lose our
status as a country to be emulated and join the ranks of those nations
we have patronized for so long.
While such statements are generally taboo among officials or bankers in
the U.S., even the former Vice President of the Dallas Federal Reserve
agrees:
Gerald O'Driscoll, a former vice president at the Federal Reserve Bank of Dallas and a senior fellow at the Cato Institute, a libertarian think tank,
said he worried that the failure of the government to provide more information about its rescue spending could signal corruption.

"Nontransparency in government programs is always associated with
corruption in other countries, so I don't see why it wouldn't be here," he said.
 若し我々が拘って真の問題に真っ向から取り組まないとしたら我々は見習うべき国家としてのステイタスを近い将来失うかも知れず、そして我々が長い間見下してきたそれらの国々の仲間入りをするだろう。
 この様な発言は政権関係者や銀行の役員の間では普通タブーではあるのだが元ダラス フェデラル リザーヴの副社長は同意している。:
 元ダラス フェデラル リザーヴ銀行の副社長そしてリバタリアンシ ンクタンクのケイトー インスティテュートの上級研究員であるジェラルド オドリスコールは政府が支援資金のより多くの情報公開が出来ないと言う事は汚職示しているかもしれないと彼は心配していると述べている。
『政府のプログラムの不透明さは他の国々では常に汚職(政治的腐敗)と関連している。だから私はこの国で起こらない訳がない理由が見つからない。』と彼は述べている。

Banana Republic
バナナ リパブリック

Nation Master.comによると.............

Origin 起源

The original 'banana republic' was Honduras, where the United Fruit and
Standard Fruit companies dominated the country's key banana export
sector and support sectors such as railways. The United Fruit Company was nicknamed 'The Octopus', for its willingness to involve itself in
politics, sometimes violently. For example, in 1910 the company hired a
gang of armed thugs from New Orleans to install a new president when
the incumbent failed to grant the company tax breaks. The newly
installed Honduran president waived the company's taxes for the next 25 years. The company's dominance in Honduras, as well as other Central
American countries like Guatemala, led Pablo Neruda, to write a poem
titled "La United Fruit Co." in Spanish.
 元々の“バナナリパブリック”はホンジュラスで、ユナイテッドフルーツとスタンダードフルーツカンパニーが圧倒的に其の国の重要なバナナ輸出セクターと鉄道の様な其の補助セクターを支配した。ユナイテッドフルーツは時々暴力的になる意欲的な政治へ関わりの為“蛸”と言うニックネームだ呼ばれた。例えば、1910年この会社は現職の大統領が会社への新しい税免除許可を与えられなかった為新しい大統領を就任させる為ニューオーリンズの武装暴力団を雇った。新しく就任したホンジュラスの大統領は其の後25年間の会社の税金を免除した。会社のホンジュラスと同様にガテマラ、の様な中央アメリカの国々への覇権はパブロネルダに“ラ ユナイテッド フルーツ コー”と言う詩をスペイン語で書かせる原因となった。

Modern usage 現在の使用法
In modern usage the term has come to be used to describe a generally
unstable or "backward" dictatorial regime, especially one where elections are often fraudulent and corruption is rife. The foreign influence may well be more political (for example through corruption in the elite, or military
support for a dictator) than economic dominance of key sectors. The
term no longer implies that the foreign influence is a corporation; it could well be a foreign government, in which case the relationship can
resemble a colonial one.
 この表現の現在の使用法は一般的に不安定で発展の遅れた独裁的な政権で特に選挙が頻繁に不正で腐敗が蔓延している政権を説明する為に使われるようになった。海外からの影響は経済的な重要なセクターの支配よりもより政治的だろう。(例えばエリートの腐敗で、若しくは軍部の独裁者に対する支持の為)この表現は既にもう外国の影響とは企業だと言う含みはもうない。その様なケースでは国家間の関係は植民地主義に似た様な物になる可能性がある。

By extension, the word is occasionally applied to governments where a
strong leader hands out appointments, advantages, etc. to friends and
supporters, without much consideration for the law.
 その意味が拡大されて、この言葉は時折強力な指導者が法律にお構いなく友人達や指示者達に政府のポジションや利益等を与える政府に使われる。

Oligarchy オリガーキー
wikipediaによると.............
Oligarchy (Greek Ὀλιγαρχία, Oligarkhía) is a form of government where
political power effectively rests with a small elite segment of society
distinguished by royalty, wealth, family, military powers or occult spiritual hegemony. The word oligarchy is from the Greek words for "few" (ὀλίγον olígon) and "rule" (ἄρχω arkho). Such states are often controlled by
politically powerful families whose children were heavily conditioned and mentored to be heirs of the power of the oligarchy. This type of power
by it's very nature may not be exercised openly; the oligarchs preferring to remain "the power behind the throne", exerting control through
economic means. Oligarchies have been tyrannical throughout history,
being completely reliant on public servitude to exist. Although Aristotle
pioneered the use of the term as a synonym for rule by the rich, for
which the exact term is plutocracy, oligarchy is not always a rule by
wealth, as oligarchs can simply be a privileged group.

 オリガーキー(ギリシャ語でὈλιγαρχία, Oligarkhíaオリガルキア)は政府形態の一つで、政治的権力が事実上、王権や富、血族、軍事力若しくはオカルトスピリチュアル覇権で区別される社会の少数のエリートに委ねられている。オリガーキーと言う言葉はギリシャ語で“少数”と言う意味(ὀλίγον olígon)のオリゴンと“支配” (ἄρχω arkho)アルコーから出来ている。その様な国家では多くの場合政治的に強力な家族によって支配されていて、支配階級の子供達はオリガーキー権力の相続者として強く条件付けられ、そして指導されている。この様な種類の権力は其れ自身の性格から公に行使される事は無いかも知れない。オリガーキーは“権力の座の影の権力”に留まる事を好み経済的な手段で権力を行使する。オリガーキーは歴史を通して専制的で其の存在は完全に市民の服従状態に頼っている。アリストテレスが富裕層による支配と言う同義語としての意味としての使い方を始めたのだが、その意味の正確な言葉使いはプルトクラシーである。オリガーキーは単に特権階級と言う事で、常に富裕階級によって支配されている訳ではない。

Ejnews: 北朝鮮のロケットについて日米が何時もと同様必要以上に大騒ぎしているようですが、あるアメリカのラジオ局のあるオピニオンで『日本の過去の侵略戦争やアメリカの現在も続く中央情報局による特定の外国政府に対するクーデターや戦争犯罪を全く無視し、北朝鮮は人工衛星を所有する開発努力は出来ないと如何して日本やアメリカに言える権利があるのか?』と言うのがありました。全く正論!
 別の話では、ロンドンのG20会議のニュースが日本でも伝えられていると思いますが、変な話しはロンドンのセキュリティーカメラがG20の会議中使用が停止されているようです。(イギリスは世界で一番警察のセキュリティーカメラの多い国として有名です。)カメラの画像精度が法律の基準に達していないとか何とか変な理由ですが、本当の理由は警察がデモンストレイターに違法暴力を振るったとしても証拠が残らないからではないのかと疑いたくなる様なニュースでした。
 最後に、今日は政権の陰に隠れて政府を操っている人々が作るオリガーキーと呼ばれる政府形態と、その結果として疲弊していく国家の事をアメリカではバナナ リパブリック(服屋さんではありません。)と言う。そしてもうアメリカはバナナ リパブリックになっているのでは?と言う記事の翻訳でした。アメリカは産業革命後の産業主導資本主義形態から現在の金融主導資本主義に移行し金融資本がオリガーキーを形成していると言う事で、元ゴールドマンサックスの会長CEO、元米財務長官、IMFメンバー、ニクソン政権時代から政府と金融業界を言ったり来たりしているヘンリーポールソンHenry Paulson等は現代アメリカの金融オリガーキーの代表なのでしょう。そしてこの記事の言う様にアメリカが既にオリガーキーによって支配されるバナナリパブリックになっているとすると、アメリカが直面している金融危機に対するオバマ大統領の対策は金融オリガーキーによってサボタージュされ失敗すると言う事なのでしょうか?若しそうだとすると日本や中国はアメリカを過去にあった様な輸出用大規模市場として当分の間期待出来ないと言う事になるのでしょうね。
 処で、日本ももうトックの昔にオリガーキーの支配するバナナリパブリックになっているんじゃないのでしょうか?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

4月1日?

April 1, 2009. Washington, DC In a special announcement today
from the a White House, the office of the Secretary of State
outlined a special program to be at the top of the American Military Strategy for the Pacific Rim corps, and includes all branches of the American military. According to Secretary Clinton, “Within 12
months, all personnel will be redeployed to Afghanistan.” This
historic diplomatic action will leave the Japanese defensive force
to really be tested to defend its own nation without America’s
armed forces assistance and support for the first time in over a half century.

4月1日、2009年。ワシントンDC----ホワイトハウスの今日の特別発表によると、国務省は陸海空全ての軍部門を含む環太平洋師団の主要米国軍戦略についての概要を発表した。ヒラリークリントン国務長官によると“今後12ヶ月内に全ての駐日米軍関係者はアフガニスタンに移動させる。”この歴史的外交行動は日本自衛隊が米軍支援と補助なしに自国を防衛する事が出来るかどうかこの半世紀間始めて試される事になる。









にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
EJNEWS : I wish that this is true – unfortunately it’s just an APRIL
FOOL’S joke.、
ejnews:此れが本当だったら良いのになあ------残念ながら此れは唯のエイプリルフールの冗談です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。