スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー ワールド オーダー“新世界秩序”退屈な話?本当にそう思う?

Clinton, Quigley, and the New World Order
クリントン、クイグリー、そしてニュー ワールド オーダー。


Published on 02-23-2009
ブラックリステドニュースで読んだのですが
http://www.blacklistednews.com/news-3430-0-5-5--.html

Source: The End Runソースはザエンドランと言うブログでした。
http://theendrun.wordpress.com/2009/01/27/clinton-quigley-and-the-new-world-order/


I’ve been doing a lot of research lately, and I recently came across this
little-known quote while reading through Bill Clinton’s book My Life. In
Chapter 24, he writes:
私は最近かなりの調べ物をしていて、(其の調べ物の最中)ビルクリントンの著書“マイライフ”を読んでいる内に、最近余り知られていないこの引用に出くわしたって訳なんだが。チャプター24で彼はこう書いている。

“I ended 1987 with my third speech of the decade at the Florida
Democratic convention…
I told the Florida Democrats, “We have to do nothing less than create a new world economic order and secure the place of the American people within it.” The central arguments I made were “We’ve got to pay the
price today to secure tomorrow” and “We’re all in it together.”
In retrospect, my speeches in the late eighties seem interesting to me
because of their similarity to what I would say in 1992 and what I tried
to do as President.”

『私は1987年をフロリダ民主党集会の其の10年間での3回目のスピーチで締め括った………………….。
私はフロリダ民主党に“ニューワールドエコノミックオーダー(新国際経済秩序)を創造しアメリカ市民を其の中で安泰出来る場所を確実にする以外の事は何もしてはならない。”と言った。其処での私の中心になる議論は“我々は明日の為に今日犠牲を払わなければならない。”そして“我々全員は其の中に一緒にいる。“と言う事だった。
回想してみると、私の80年代後期のスピーチは私にとっては興味深く感じられる。何故なら1992年に私が言う事との類似性とそして大統領として私が行おうと努力していた事だ。』

Recall that Clinton was a Rhodes Scholar. Recall also that one of
Clinton’s professors at Georgetown was Carroll Quigley, and that he has quoted Quigley and payed homage to him as a mentor many times in his
speeches, including his 1992 nomination acceptance speech. In My Life
he discusses the “lasting impact” that Quigleys “insights” had on him. On page ix of The Anglo-American Establishment, Quigley writes:
クリントンはロードス スコアラーだったて事を思い起こしてくれよ!そしてクリントンのジョージタウン大学での教授の一人がキャロル クイグリーだったって事もな!それで、クリントンは彼の1992年の大統領候補受諾スピーチも含めて、数々のスピーチの中で何回もクイグリーを引用し、指導者として彼に敬意を表し、“マイ ライフ”の中で彼はクイグリーの“洞察力”が彼に与えた“深い影響”について語っているんだ。アングロ-アメリカン エスタブリッシュメントの第9ページにクイグリーはこう書いている。

“The Rhodes scholarship established by the terms of Cecil Rhodes’
seventh will are known to everyone. What is not so widely known is that Rhodes, in five previous wills, left his fortune to form a secret society,
which was to devote itself to the preservation and expansion of the
British Empire. And what does not seem to be known to anyone is that
this secret society … continues to exist to this day. To be sure, [it] is
not a childish thing like the Ku Klux Klan, and it does not have any secret robes, secret handclasps, or secret passwords. It does not need any of
these, since its members know each other intimately. It probably has no oaths of secrecy nor any formal procedure of initiation. It does, however, exist and holds secret meetings…. This Group is, as I shall show, one of
the most important historical facts of the twentieth century.”
『ロードス スコアラーシップが其れによって創設されたセシル ロードスの第7番目の遺書は誰もが知る事ではあるが、何が広く知られていないかと言うと、彼が秘密社会(結社)を創設する為に残したと言う資産についての5つの其れ以前の遺書で、其れは大英帝国の保存と拡大に捧げられている。そして、何が誰にも知られてない様に見えるかと言うと……………..其の秘密社会(結社)は今日も存続していると言う事である。此処で明確にしておくことは、この秘密社会(結社)はKKK(クーク ラックス クラン)の様なお飯事ではないと言う事だ、そして秘密のローブ(ゆったりとした外着)、秘密の握手、若しくは秘密の合言葉も彼らは持ってはいない。其の会員達は御互いに親密に知り合っているので彼等にはその様な物は必要ないのである。恐らく秘密の誓いも入会の儀式も無いだろう。然しながら、この秘密結社は存在し秘密会議を開いている…………………….このグループは私が示す様に20世紀の最も重要な歴史的事実の一つである。

Cecil John Rhodes DCL (5 July 1853 – 26 March 1902) セシル ジョン ローヅス
大英帝国の企業家、南アフリカの政治家、植民地主義、帝国主義の擁護者、ダイアモンドの独占で有名なDe Beers ディビアーズの創始者。後にザンビアとジンバブエとなった国ローデシアは彼の名前に因んだ物。Rhodes Scholarship ローヅス奨学金は彼の資産によって創設された。


And what were the goals of this “group”? According to Quigley (Tragedy and Hope, pg. 324):
そして何がこの“グループ”の目的だったのか?クイグリーによれば(トラジディー&ホープ悲劇と希望、ページ324)


“…nothing less than to create a world system of financial control in private hands able to dominate the political system of each country and the economy of the world as a whole. The system was to be controlled in a feudalist fashion by the central banks of the world acting in concert by secret agreements arrived at in frequent private meetings and conferences. The apex of the system was to be the Bank for International Settlements in Basil, Switzerland, a private bank owned and controlled by the world’s central banks which were themselves private corporations. Each central bank …sought to dominate its government by its ability to control Treasury loans, to manipulate foreign exchanges, to influence the level of economic activity in the country, and to influence cooperative politicians by subsequent economic rewards in the business world”
『……各国家の政治システムが民間の手によって支配可能になる経済的支配の世界的システムの創造、そして世界全体が一つの世界経済。このシステムは頻繁に開かれる秘密会合やコンファレンスによって到達した秘密の合意と同調した国際中央銀行により封建主義的に支配されなければならない。このシステムの頂点はそれ自身民間企業である世界中央銀行に所有され支配される民間銀行である銀行、ブラジルやスイスの国際的事業団の銀行である。各中央銀行は財務省公債の支配、外国為替の操作、其の国家内の経済活動水準に対する影響力、そして将来のビジネス界での経済的見返りによる協力的な政治家への影響等によって其の政府を支配する事を追及した。』

And how does he know that? Two pages later he writes:
それで如何して彼はこんな事知ってるんだろう?2ページ後に彼はこう書いている


“I know of the operation of this network because I have studied it for twenty years and was permitted for two years during the 1960’s to examine its papers and secret records. I have no aversion to it or to most of its aims and have for much of my life been close to it and to many of its instruments. In general my chief difference of opinion is that it wishes to remain unknown.”
『私はこのネットワークのオペレーションを知っている。何故なら私は其彼等を20年間調べ、1960年代に2年間其の書類や秘密の記録を調査する事が私に許可されたからだ。私は彼等について、若しくは彼等の目的について嫌悪感は持っていない。そして私は私の人生の殆どの時間彼等と彼等の機関の近くに生きていた。一般的に私と彼等との意見の相違は彼等は陰の存在でい続けたいと言う事だ。』

This is merely the tip of the iceberg. If you really want to understand the relevance of this quote by Clinton, I highly recommending reading the five part series entitled The Future Is Calling by G. Edward Griffin. All of these Quigley quotes can be found in part two, entitled Secret Societies and Hidden Agendas (though you will benefit greatly if you start with part one.)
此れは単なる氷山の一角なんだ。若し本当にクリントンのこの引用の関連を知りたかったら、私はG. Edward GriffinGエドワードグリフィンの5部からなる“The Future Is Calling未来が呼び掛けている”と題される著書を読むことを強く勧めるよ。これ等全てのクイグリーの引用は“秘密社会(結社)と隠された目的”と題された第2部に入れられている。(若し第1部から始めると非常に為になるんだけれども……..)

Also, read The Trilateral Commission: Usurping Sovereignty by Patrick Wood. Bill Clinton is a member of the Trilateral Commission, which — as you will learn if you don’t already know — was founded in 1973 by David Rockefeller and Zbigniew Brzezinski with the explicit goal of creating the “new world economic order” that Clinton is talking about. The creation of this new world order, according to the Trilateral Commission’s own writings, means “working against the best interest of the United States”[1] to accomplish an “end run around national sovereignty, eroding it piece by piece”[2], which will eventually give way to a one world collectivist government run by them from behind the scenes.

それから、Patrick Wood パトリックウッドのThe Trilateral Commission: Usurping Sovereignty“トライラタラルコミッション:主権の侵害“も読むと良いよ!ビルクリントンはトライラタラルコミッションのメンバーで…………其れは若し未だ知らなかったらこの本で解る事なのだが…………トライラタラルコミッションは1973年に“新世界経済秩序”を創造すると言う明白な目的の為デイビッドロックフェラーとジブニューブレジンスキーによって設立された。そしてこの新世界経済秩序の事をクリントンは話しているのだ。この新世界秩序の創造はトライラタラルコミッション自身の説明によると、其の意味は“米合衆国の一番の利益に反する機能をしている” [1] “国家主権を出抜く”為一つずつ侵食し[2]最終的に全てを彼等によって裏側から操られている国際集団主義者政権に売り渡すことになるのだ。

Senator Barry Goldwater tried to warn us about this thirty years ago. In his book With No Apologies (1979), he wrote:
バリーゴールドウォーター議員は30年も前にこの事に着いて我々に警告しようとしていたんだよ。彼の1979年の著書“No Apologies弁明はしない”でこの様に書いている。

“Where I differ from [then Governor Nelson Rockefeller] is in the suggestion implicit throughout his [1962 lectures at Harvard University] that… the United States must submerge its national identity and surrender substantial matters of sovereignty to a new political order. The implications in Governor Rockefeller’s presentation have become concrete proposals advanced by David Rockefeller’s newest international cabal, the Trilateral Commission. Whereas the Council on Foreign Relations is distinctly national in membership, the Trilateral Commission is international… It is intended to be the vehicle for multinational consolidation of the commercial and banking interests by seizing control of the political government of the United States. Zbigniew Brzezinski and David Rockefeller screened and selected every individual who was invited to participate in shaping and administering the proposed new world order.” (pg 293)
『私と1962年の彼のハーヴァード大学での講演全体で暗示されているネルソンロックフェラー知事との相違点は………………(ロックフェラーの示唆している)米合衆国は其れ自身の独立国家としての独自性を新しい政治秩序の下に埋没させ、独立国家としての主権の大部分を新しい政治秩序に譲り渡すと言うことだ。ロックフェラー知事による講演で暗示された内容はデイヴィッドロックフェラーによって推進され最も新しい国際的秘密結社“トライラタラルコミッション”として具体化された。其処ではコンシルオブフォーリンリレイション(外交関係委員会)はメンバーとして(特別な)国家的存在で…………..。トライラタラルコミッションは国際的な組織なのだが…………..其れは商業利権と金融利権の相互合併による合衆国の政治的独自性を奪取する手段として意図されている。ズビグネフ・ブレジンスキーとデイヴィッドロックフェラーはこの新しく提案された新国際秩序を形成し管理した全ての招待され参加した個々のメンバーを身元調査し選別した。(ページ293)

“What the Trilaterals truly intend is the creation of a worldwide economic power superior to the political governments of the national-states involved… As managers and creators of the system they will rule the future.” ” (pg. 299)
『何をトライラタラルは本当に意図していたかと言うと、其れは政治的国家政府に勝る国際的経済勢力の創造であり………………………….其のシステムの管理者そして創造者として未来を支配すると言う事なのだ。』(ページ299)

See also: http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw
http://www.youtube.com/watch?v=pSQFySxzznw も見てください。

[1] Trilateral Commission founder David Rockefeller, in his book “Memoirs”, pg. 405. He also openly says that he is part of a “secret cabal” that is “conspiring with others around the world to build a more integrated global political and economic structure—one world, if you will”
[2] Trilateral Commissioner Richard Gardner, “The Hard Road to World Order”, Foreign Affairs, April 1974, pg. 558
[1]トライラタラルコミッション創設者デイヴィッドロックフェラーの著書“記憶?懐古?回想?”のページ405.彼は又『秘密結社のメンバーで、より良く統合された国際的政治経済機構を……所謂“一つの世界”を構築する為世界中の他の人々と共謀している。』と公然と言っている。
[2]トライラタラルコミッショナー リチャードガードナー“世界秩序への険しい道”フォーリンアフェアー1974、ページ558
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ejews:この記事での“秘密結社”や“秘密社会”記事を面白くする為のこの戯言です。単にグループとか人間集団と言う言葉に置き換えて理解してください。
 トライラタラル コミッションはディヴィッド ロックフェラーによって欧州の民間組織ビルダーバーグ会議に参加できない日本を国際金融システムに引き入れるように設立された組織だそうで1973年に設立され、第一回の会合は1973年東京で開催されています。
 アメリカのトライラタラルのメンバーの内かなりの数のメンバーがオバマ政権に参加しているようです。
 兎に角、この話を信じるか信じないかは別にして、今、世界は小さくなり、世界中の資本家支配層は種々のコンファレンス、会議、カントリークラブ等々で当然意見の交換はするでしょうから“陰謀”とか“秘密結社”と言うよりも資本主義社会の進化(変化)の当然の帰結だと私は思っています。唯、私は現在の形の資本主義社会を人類が幸福に住める社会だとは考えてないだけです。そして疎の様な理論を使って人間社会を説明する事も馬鹿ばかしい事だと思っています。(資本主義といっても私は現在の資本主義の事を言っているので、将来人間に優しい資本主義が出現する可能性もあるのです。)共産主義、マルクス主義、社会主義等々、種々の政治経済思想が現在まで考え出されてきました。其の殆どが“科学”(経済学)と言う資本主義社会の迷信を用い不可解な理論で社会経済を説明してきましたが、(例えば、ノーベル経済賞は元々存在せず、後に付け加えられたのですが現在でも経済賞の授賞式は別の場所で行われているのではないでしょうか?其れが意味する事は、経済学と言うものは数学の様な物ではなく欲望に基づいた人間の行動を意味づけしようとする行為ですから宗教や心理学の分野だと私は思っています。つまり数的な計算や科学では理解出来ない分野だと言う事ではないでしょうか?)私には非常に不可解に思えるのです。資本主義者達は決して社会主義者やマルキシスト達の理論で彼等の資本主義を説明しないのに(若しすれば当然彼等の主義に矛盾が出て来るからです)、社会主義者やマルキシスト達は資本主義の理論を用い労働、賃金、市場等の計算をしていたのではないでしょうか?然もマルキシスト達に及んでは一党独裁などと言う非民主的な戯言を持ち出す始末で、此れでは誰も資本主義の人間社会支配を留める事は出来なかったのも当然ですね。
 人間は社会生活をする動物で社会から離れた機能する人間は考えられないのです。社会が機能し人間が其の中で幸福でいられる為には自由が必要ですが、自由とは其処では個人が誰からも脅されないと言うことです。(~をすれば愛国者ではないとか、非国民だとか、ジャズを聴いている?とか色々な脅しの理由、方法がありますよね。日本の戦前の社会はその様な例ですが、現在日本やアメリカがそうではないと言えるのでしょうか?))経済的、思想的、全ての社会生活で何らかの脅しで行動を左右される社会は民主的な社会とは言えず、その様な社会では残忍な政治、経済権力が社会を支配する様になるのです。(例えば、集団全体と違った意見を述べると首になる恐れがあるとか、上からの命令があり其れにい素直に従わないとやはり問題だと言う集団では自由は萎縮し集団の進歩的な創造性は失われてしまい、集団自体が静止してしまうのです。)経済力が支配の道具になるのは当然の事で、人々が安楽で幸福な生活を求めて其の資本家の社会支配の道具である貨幣経済を信用し過ぎ、投資を手段とし、皆が資本家の様になろうとする社会は、資本家たちの思う壺ではないでしょうか?一体人々は何時になると“本当の幸福な生活が(自分自身だけでなく、家族、友人、将来も)出来る様になるには投資が必要だが。然し、其の投資は人々を犠牲にし利益を貪欲に追う企業の株を購入したりする投資ではなく、自分自身の生活する環境、社会、人間関係を美しく健康に保つと言う非金融的投資なのだ。”と言う事に気が付くのでしょうか?一体我々は何回リセッション、恐慌、ディプレッション、金融破綻、国家破産等々を経験すると真実を理解出来る様になるのでしょうか?
 現在の金融危機で資本社会で淘汰され生き残った少数の金融機関、企業が今までに無い集中された権力を身につける事になり、将来、現在の形の資本主義者の理論で生きる事は我々の自由を彼等に譲り渡す事になるのではないでしょうか?少なくともアメリカでは其の事が心配されている様です。



アルバート アインシュタインは精神異常について下記の様に述べたそうです。

Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.
精神異常:同じ事を何回も何回も繰り返し違った結果を期待する事。


トライラタラル コミッションのメンバー名簿は下記。
http://www.augustreview.com/knowledge_base/getting_started_with_globalism/trilateral_commission_membership_-_2008_20081010103/


スポンサーサイト

奈落の底に落ちて行く!

Soros sees no bottom for world
financial "collapse
ジョージソロズには金融崩壊のドン底は未だ見えていない。

Sat Feb 21, 2009 4:19pm EST
Reuters ロイターズより。
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE51K0A920090221

NEW YORK (Reuters) - Renowned investor George Soros said on Friday
the world financial system has effectively disintegrated, adding that
there is yet no prospect of a near-term resolution to the crisis.
ニューヨーク(ロイターズ):有名な投資家ジョージソロズは金曜日に“国際金融システムは機能的には分解してしまった。其れに加えて近い将来でのこの危機の解決方法は見えていない。”と述べた。

Soros said the turbulence is actually more severe than during the Great
Depression, comparing the current situation to the demise of the Soviet Union.
この大騒動は(1929年に始まった)大恐慌よりも激しいと、現在の状況をソヴィエト連邦の運命と比較しながらソロズは述べている。

He said the bankruptcy of Lehman Brothers in September marked a
turning point in the functioning of the market system.
(昨年)9月のリーマンブラザーズの破産が機能している市場システムの転換点(ターニングポイント)だったと彼は述べた。

"We witnessed the collapse of the financial system," Soros said at a
Columbia University dinner. "It was placed on life support, and it's still on life support. There's no sign that we are anywhere near a bottom."
“我々は金融システムの崩壊を目撃した。其れ(金融システム)にはライフサポートが与えられた。そして未だライフサポートで支えられている。我々がドン底の何処かに近づいていると言う予兆は何処にもない。”とコロンビア大学の晩餐会でソロズは述べた。

life support ライフサポート:病院で自分で生存が難しい重症患者が酸素、液体栄養の静脈注射を与えられる事やそれらのシステム。

His comments echoed those made earlier at the same conference by Paul Volcker, a former Federal Reserve chairman who is now a top adviser to
President Barack Obama.
彼のコメントは同じコンファレンスで元連邦準備基金会長で現在バラックオバマ大統領の最も重要なアドヴァイザーのポールヴォルカーによって述べられたスピーチ等と共鳴している。

Volcker said industrial production around the world was declining even
more rapidly than in the United States, which is itself under severe
strain.
工業生産性は世界的に減少している。其れは厳しい状況下に或るアメリカの工業生産性よりももっと急激に減少している。とヴォルカーは述べている。

"I don't remember any time, maybe even in the Great Depression, when
things went down quite so fast, quite so uniformly around the world,"
Volcker said.
“私は全てがこんなに速く、世界的に全く同時に減退した事は恐らく大恐慌当時でも記憶にない。”とヴォルカーは述べていた。

(Reporting by Pedro Nicolaci da Costa and Juan Lagorio; Editing by Gary Hill)
(ペドロ ニコラシ ダ コスタとホアン ラゴリオによる報告グレイ ヒル編集。)

Ejnews:ジョージ ソロズGeorge Sorosを知らない人はいないと思います。彼については英語日本語ニュースでも何回か言及した事もありますが、彼とWarren Edward Buffettワォーレン バフェットは随分前から今の金融危機経済崩壊について警告していたのですが如何言う訳か誰も何もしなかった様です。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

其の外のニュースを見てみると..............................

Greenspan: Recession Will Be Worst Since 1930s
グリーンスパン:リセッションは1930年代以降最悪になるだろう。

Published on 02-20-2009
Greenspan: Recession Will Be Worst Since 1930s
Published on 02-20-2009
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE51H0OX20090218?sp=true
Source: Reuters
EJNEWS:当然だろう!この野郎!自分で原因を作っておいて!

UK "could experience a crash similar to
Iceland"
英国はアイスランドと同様の破産を経験するかもしれない。

Wed, 18 Feb 2009, 06:00
http://www.hedgeweek.com/articles/detail.jsp?content_id=294300

The global financial crisis could be entering a 'new and more treacherous phase', which could push international countries to the brink of failure
and further hinder the global economic recovery, according to Hennessee Group.
ヘネシーグループによると“国際金融危機は新しいそしてもっと激しい局面に突入しているかも知れない。此れは世界各国を破局の縁に追い遣り世界経済の復興をより以上邪魔する可能性がある。”

ejnews:この夏英政府は頻発する過激デモを予測しているようです。ギリシャのデモから始まりアイスランド、アイルランドのダブリン、ラトヴィア、ブルガリア、メキシコ、ボスニアと世界中で大規模な民衆のデモンストエーションが頻発しています。世界的に経済が停滞し貧富の差が広がっている現在世界中でこの傾向は強まっていく様です。

Report: Nearly 75% of ex-Bush
officials looking for jobs are
unemployed
報告:就職探しをしている殆ど75%の元ブッシュ政権で働いていた人々は失業中だ。

Stephen C. Webster
Published: Saturday February 21, 2009
http://rawstory.com/news/2008/For_exBush_officials_nearly_75_percent_0221.html

While the market for job-seekers in the United States might be sour, for most it isn't as impenetrable as it is for the nearly 3,000 former members of the Bush administration.
仕事を探しているアメリカ人にとって市場は厳しい状態にあるかも知れないが、大部分にとっては殆ど3千人に及ぶブッシュ政権のメンバーが面しているほど攻略が難しい訳ではない。

Between 70-75 percent who are looking for full-time work still haven't
found new jobs, according to a Saturday report by the Wall St. Journal.
ウォールストリートジャーナルの土曜日の報告によると、(元ブッシュ政権メンバーで)正規雇用を探している70~75%が未だ雇用先が見つかっていない。

"That 'is much, much worse' than when Ronald Reagan, George H.W.
Bush and Bill Clinton left the White House," Carlos M. Gutierrez, who
served as Bush's commerce secretary, told the paper.
“此れはロナルドレーガン、ジョージHWブッシュ、そしてビルクリントンがホワイトハウスを去った時よりももっと、もっと悪い状態だ。”とブッシュの通商長官を務めたカルロスMグチアレスはウォールストリートジャーナル紙に説明した。

For many, the traditional refuge of conservative think tanks in
Washington, D.C. has become a Fort Knox, with almost no positions
available, and certainly not for lower-rung Bush officials.
伝統的に、多くの人々にとってワシントンDCの保守派シンクタンクがノックス砦となっているが其処でのポジションは殆ど無い。当然ブッシュ政権の低地位で雇用されていた人々にとては尚更の事である。

Fort Knox ノックス砦、フォートノックス。映画ジェームスボンドのゴールドフィンガー等で有名になったアメリカ、ケンタッキー州ルイスヴィルの陸軍基地。1937年からアメリカ政府の金の貯蔵庫としても有名。此処では保守派の重要な頼りになる砦と言う比喩。

The think tanks "lack interest in hiring high-profile Republicans when
Democrats control the White House and Congress," said the Journal. "Mr. Bush's low approval ratings at the end of his term don't help, said
Leonard Pfeiffer IV, a Washington recruiter for nonprofits."
“シンクタンクは民主党がホワイトハウスと議会を支配している時、有名な共和党員を雇用する意思に欠けている。”と同紙は説明している。“ブッシュ氏の政権後期の支持率の低さも悪影響している。”とワシントンのノンプロフィットリクルーター、レオナード プファイファー-4世は言っている。

In the US at-large, 6.54 million are receiving unemployment benefits,
according to the Department of Labor.

労働局によれば、アメリカ合衆国全体では654万人が失業保険の支払いを受けている

"A handful of Bush cabinet officers have accepted academic
appointments," reported the paper. "Former Treasury Secretary Henry
Paulson joined Johns Hopkins University's Paul H. Nitze School of
Advanced International Studies as a fellow. Condoleezza Rice, previously secretary of state, resumed her Stanford University roles as a
political-science professor and senior fellow at its Hoover Institution think tank."
“極少数の政権担当者大学の教員の地位に落ち着いている。“と同紙は報告している。“元財務長官ヘンリーポールソンはジョン ホプキンス大学のポールHナイッツッェ-スクール-アドヴァンスド インターナショナル スタディーのフェローとして参加している。国務長官のコンデリッサ ライスはスタンフォード大学で政治科学教授に舞い戻りそしてフーヴァー インスティチューション シンクタンクの重要なフェローにもなっている。”

ejnews:このニュースは『ザマー見ろ!この野郎!思い知ったか!』と言う気分ですよねえ!これだけ世界中を掻き回した連中ですから。違法戦争、拷問、汚職、違法盗聴、経済危機、等々色々ありますからねえ。ブッシュ政権担当者達の犯罪追及も徐々に進んでいるようですが、オバマ政権は期待されているほど効果的なのでしょうか?

此れからはFrugal Lifestyle “節約生活スタイル”

"Worst Is Yet to Come:" Americans' Standard of Living Permanently
Changed
“最悪状態は此れからやって来る”:アメリカの生活水準は永久に変わる。


Posted Feb 17, 2009 12:53pm EST by Aaron Task
ヤフーニュースより。

http://finance.yahoo.com/tech-ticker/article/176478/%22Worst-Is-Yet-to-Come%22-Americans'-Standard-of-Living-Permanently-Changed?tickers

There's no question the American consumer is hurting in the face of a
burst housing bubble, financial market meltdown and rising
unemployment.
アメリカの消費者が住宅バブル、金融市場メルトダウン、失業人口の上昇に面して苦しんでいると言う事は疑いの無い事だ。

But "the worst is yet to come," according to Howard Davidowitz,
chairman of Davidowitz & Associates, who believes American's standard
of living is undergoing a "permanent change" - and not for the better as a result of:
然し、アメリカの生活基準は恒久的な変化を遂げていてその結果として良くはならないと考えている、ダヴィドウィッツ&アソシエイツの会長ハワードダヴィドウィッツ氏によると“最悪状態は此れからやって来る。”と言う事だ。

An $8 trillion negative wealth effect from declining home values.
A $10 trillion negative wealth effect from weakened capital
markets.
A $14 trillion consumer debt load amid "exploding unemployment", leading to "exploding bankruptcies."
8兆ドルの住宅価値を巡るマイナス資産。
10兆ドルの弱体化した資本市場を巡るマイナス資産。
14兆ドルの結果として爆発的破産件数の原因となる、爆発している失業人口の最中の消費者負債。


"The average American used to be able to borrow to buy a home, send
their kids to a good school [and] buy a car," Davidowitz says. "A lot of
that is gone."
“今迄は、普通のアメリカ人は住宅購入や子供達を良い学校に送る為や自動車の購入の為借金が出来たものだったが、其の殆どは過去の物となってしまった”とダヴィドウィッツ氏は述べた。

Going forward, the veteran retail industry consultant foresees higher
savings rate and people trading down in both the goods and services
they buy - as well as their aspirations.
前進するために、人々は高い貯蓄率と購入する消費物資やサーヴィスを安価な物に交換すると、あるヴェテラン小売業界コンサルタントは予測している。

The end of rampant consumerism is ultimately a good thing, he says, but the unraveling of an economy built on debt-fueled spending will be painful for years to come.
抑制の効かない消費主義の結果は最終的には良い事だが、負債を燃料にした消費によって築かれた経済の崩壊は将来長期間に及び苦痛を伴う事になるだろう。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
Ejnews ;厳しいニュースです。私の住むカリフォルニア州財政についても州政府で合意が成り立ったそうですが当然物凄い赤字財政で州の公立学校は先生の解雇により一クラスに付き生徒数の増加、州立大学の授業料の9%の値上げ、税の引き上げ、等々此れから州民にとっては苦しい生活が続くようです。現在も増え続けている失業人口は此処1~2年に再就職の可能性は少なく、州や連邦政府の税収入の減少に繋がり本当のアメリカの経済危機は此れから始まるようです。と言う事は日本の対米輸出も期待出来ないと言う事ですから、日本の皆さん後数年は何とかFrugal Lifestyle “節約生活スタイル”で頑張りましょう!私もパン、パスタ、ピザ、等家庭で作れる物は全て作る様にしています。人工添加物も入ってないので肝臓の負担も少なく健康的でも在ります。日本人は年間2~3キロの人工添加物を摂取していると何処かで読みましたが毒物は肝臓で濾過されるそうで健康に良くないですよ。病気になるとお金も掛かるし仕事も休まなければならなくなる可能性もあり自炊は自己防衛手段でもあるのです。
他のニュースを見てみると…………………………。

Sirens go off in Israel for war on
Iran
対イラン戦争のサイレンがイスラエルで鳴り響く。


Mon, 16 Feb 2009 19:18:56 GMT
http://www.presstv.com/detail.aspx?id=85854§ionid=351020202

An Israeli defense strategy report for 2009 has tasked the military with
making preliminary preparations for launching a war against Iran.
2009年イスラエル防衛戦略報告書は対イラン戦争開始の予備的準備を軍部に課した。

Ejnews:此処でのサイレンが鳴り響くは比喩です。このニュースによるとイスラエルは無人攻撃用飛行機や情報伝達網の強化、防衛軍の地上部隊の訓練の強化等が示されていて、其れには3億3千万ドルの費用が足りず他の政府機関の経費を防衛軍に廻すという計画だそうです。イスラエルはブッシュ大統領時代にイラク上空の飛行許可、バンカーバスターと言う爆弾の供給等を依頼したがブッシュは拒否、代わりに対イランサボタージュを許可したとブッシュが発表していたとか。イスラエルは中近東で唯一の核兵器保有国なのだがイランが核兵器保有国になることには非常な警戒心を持っていてイランの原子力発電所攻撃の噂は絶えません。
この動きに対してイランはロシアとの軍事同盟の協議の為防衛大臣をロシアに送り対空ミサイルS-300nイランへの供給が協議されるているのではないかと言う事だそうです。若しS-300対空ミサイルをイランが手に入れるとイスラエルの対イラン政策に大きな影響が出るので今後どうなります事やら。



China is right to have doubts about who will buy all America's debt
誰がアメリカの負債を買うのか?と言う疑問を中国が抱く事は正しい事だ。


Chinese doubts about the value of US Treasury bonds highlight a crucial question: who will buy the estimated $2.7 trillion (£1.9 trillion) to $4.2
trillion of debt expected to be issued over the next two years?
アメリカの国債の価値についての中国の疑問は重要な疑問を浮き彫りにする:今後の2年間に発行が予想され、2,7兆ドル(1,9兆ポンド)~4,2兆ドルに及ぶと見積もられている負債は誰が買うのか?

By Martin Hutchinson
Last Updated: 12:14PM GMT 13 Feb 2009

http://www.telegraph.co.uk/finance/breakingviewscom/4611408/China-is-right-to-have-doubts-about-who-will-buy-all-Americas-debt.html

Ejnews:このニュースも現在のアメリカの経済状態ですから、国債を買う方にとっては当然の疑問ですよね。日本と中国はアメリカの借金を肩代わりしている2大国家ですから。


Oil falls below $35, and a bottom is nowhere in sight
オイル(バレル)35ドル以下に下がる、そして底値は視界の何処にも見当たらない!


Ejnews:もっと下がると言う事ですがロスではガソリンがジリジリ値上がりしているぞ!如何なってんだ!

ソマリアの海賊とロビンフッド?

Is Toxic Waste Behind Somali
Piracy ?
ソマリ海賊行為の背景に有毒廃棄物?


Digital journal world
ディジタル ジャーナル ワールドより。
http://www.digitaljournal.com/article/261147 
    
Somali pirates are accusing European firms of dumping toxic waste off
the coast of Somalia and this is why they are holding a ship for ransom.
ソマリ海賊はヨーロッパの企業をソマリ沖での有毒廃棄物投棄で非難している。そして是が理由で彼らは船を抑留している。

European firms are being accused of dumping toxic waste off the Somali coast. This is the claim that the Somalia pirates, who are demanding an $8m ransom for the return of a Ukrainian ship, are making. The pirates
say the money will go towards cleaning up the waste.
ヨーロッパ企業はソマリ沖での有毒物投棄で非難されている。此れはウクライナの船と交換に8百万ドルを身代金として要求しているソマリアの海賊のクレイムだ。海賊はこのお金はゴミのクリーンアップに使われると言っている。


Januna Ali Jama is a spokesman for the pirates and he says the ransom
demand is a means of "reacting to the toxic waste that has been
continually dumped on the shores of our country for nearly 20 years".
海賊のスポークスマンであるジャヌア アリ ジャマは身代金要求の理由は“我が国の海岸に殆ど20年間に亘り連続的に捨てられている有毒廃棄物に対する反発である。”と表明している。

"The Somali coastline has been destroyed, and we believe this money is nothing compared to the devastation that we have seen on the seas."
he added.
The MV Faina, a Ukrainian ship carrying tanks and military hardware, off Somalia's northern coast is being held for ransom.
“ソマリ海岸線は破壊されていて、この金額は我々がこの海で目撃している荒廃と比べるとただも同然だ。”と彼は付け加えた。
ソマリアの北海岸で戦車と軍事物資を運んでいるウクライナ船籍のMV Fainaは身代金の為に抑留されている。

The International Maritime Bureau states 61 attacks by pirates have
been reported since the start of the year.
国際海運ビューロー(局?)は今年初頭より61件の海賊による攻撃が報告されていると述べている。

Money is the primary objective of the hijackings; however, claims of the continued environmental destruction off Somalia's coast have been
largely ignored by the region’s maritime authorities.
Ahmedou Ould-Abdallah, the UN envoy for Somalia said there is "reliable
information" that European and Asian companies are dumping toxic
waste, including nuclear waste, off the Somali coastline.
お金はハイジャッキングの目的ではあるがソマリア海岸の連続する環境破壊についてはこの区域の海事関係当局によって殆ど無視されている。ソマリアの国連特使、アフメド- オルド-アブダラーは“ヨーロッパとアジアの企業が放射線汚染されたゴミも含めた有毒廃棄物をソマリア海岸沖に投棄していると言う“信頼出来る情報”が存在すると述べている。

"I must stress however, that no government has endorsed this act, and
that private companies and individuals acting alone are responsible,"
he said
“私は強調しなければならないが、どの政府もこの行為を認めていない。そして其れは民間企業や個人的な行為のみに責任がある。”と彼は述べている。

Allegations of the dumping of toxic waste, as well as illegal fishing, have circulated since the early 1990s.
有毒廃棄物投棄、又違法漁業についての主張は1990年代初頭から取り沙汰されている。

The tsunami of 2004 literally dumped evidence of such on the beaches of northern Somalia.
2004年の津波はその様な廃棄物の証拠をソマリア北海岸に文字通り投げ出した。(津波が海底に沈んでいたゴミを海岸に打ち上げた。)

The UN Environment Programme (UNEP) reported the tsunami had washed up rusting containers of toxic waste on the shores of Puntland.
国連環境プログラム(UNEP)は“津波は有毒廃棄物の錆付いた容器をプントランドの海岸に打ち寄せた。”と報告している。

Nick Nuttall is a UNEP spokesman and has stated that when the barrels
were smashed open by the force of the waves, the containers exposed a "frightening activity" that has been going on for more than decade.
UNEPのスポークスマン、ニック ヌタルは“樽が波の力によって破壊され開封された時、この容器は10年以上続いている“この恐るべき行為”を露呈した。“と表明した。

"Somalia has been used as a dumping ground for hazardous waste
starting in the early 1990s, and continuing through the civil war there,"
he said.
“ソマリアは危険な廃棄物の投棄場として1990年代から使われていて内戦時代も続いていた”と彼は述べた。

"European companies found it to be very cheap to get rid of the waste,
costing as little as $2.50 a tonne, where waste disposal costs in Europe are something like $1000 a tonne.
ヨーロッパの企業は廃棄物を捨てるのに非常に低価格である事に気がついた、1トンのゴミにつき2ドル50セントなのだ。ヨーロッパで1トンのゴミの処分には1000ドルの費用が掛かるのである。

"And the waste is many different kinds. There is uranium radioactive
waste. There is lead, and heavy metals like cadmium and mercury. There is also industrial waste, and there are hospital wastes, chemical wastes – you name it."
“そして種々の違ったゴミ、ウラニウム放射線廃棄物があり、鉛があり、カドミウムや水銀の様な重金属もある。そして工業廃棄物、医療廃棄物、化学廃棄物等の他に想像の付く物は何でもある。”

Since the containers came ashore, hundreds of residents have fallen ill,
suffering from mouth and abdominal bleeding, skin infections and other
ailments.
廃棄物の容器が海岸に打ち寄せられた事により何百人もの住人が病気になり、口、腹部の出血や皮膚の感染症や他の病気に苦しんでいる。“

"We [the UNEP] had planned to do a proper, in-depth scientific
assessment on the magnitude of the problem. But because of the high
levels of insecurity onshore and off the Somali coast, we are unable to
carry out an accurate assessment of the extent of the problem," he said.
“我々(UNEP)は問題の大きさの適切で詳しい科学的評価を計画したが、ソマリ海岸や海岸沖での高い不安定性の為、我々は正確な問題の広がりの評価が遂行出来なかった。”と彼は述べた。

Ould-Abdallah claims the practice still continues. "What is most alarming here is that nuclear waste is being dumped. Radioactive uranium waste
that is potentially killing Somalis and completely destroying the ocean,"
he said.
オウルド-アブダラーは海賊行為はまだ続いているとクレイムしている。“最も憂慮すべき事は放射線汚染物質が投棄されていると言う事だ。放射性ウラニウム廃棄物はソマリア人を殺し海を完全に破壊する可能性がある。”と彼は述べている。

There are apparently legal reasons for not naming the companies involved in waste dumping.The practice helps fuel the 18-year-old civil war in
Somalia as companies are paying Somali government ministers to dump
their waste, or to secure licenses and contracts.
廃棄物投棄に関係している企業の名前を明らかいしない法的理由が明らかに存在する様だ。この行為は企業がソマリ政府の閣僚に廃棄物投棄や免許、契約の為に賄賂を贈ることによって、ソマリアの18年に亘る内戦の火に油を注ぐ助けをしている。

"There is no government control ... and there are few people with high
moral ground ... [and] yes, people in high positions are being paid off,
but because of the fragility of the TFG [Transitional Federal Government], some of these companies now no longer ask the authorities – they
simply dump their waste and leave."
“政府の統治力は無い、そして高い道徳心を持った人々もホンの僅かしか居なく………そうなのです、政府高官には賄賂が贈られているのです、然しTFG(過渡期的連邦政府)の弱さによって幾つかのこれ等の企業はもう既に政府当局に許可を求めず唯廃棄物を投棄し去って行くのです。

There are ethical questions to be considered because the companies are negotiating contracts with a government that is largely divided along
tribal lines.
此処には問われるべき倫理的問題がある。何故ならこれ等の企業は部族間に沿って分裂しているソマリア政府と契約を交渉しているからです。

"How can you negotiate these dealings with a country at war and with a government struggling to remain relevant?"
“如何してこの様な契約を内戦中の未だ存在価値がある様に苦しんでいる国家と交渉出来るというのでしょうか?”

In 1992, a contract to secure the dumping of toxic waste was made by
Swiss and Italian shipping firms Achair Partners and Progresso, with Nur
Elmi Osman, a former official appointed to the government of Ali Mahdi
Mohamed, one of many militia leaders involved in the ousting of Mohamed Siad Barre, Somalia's former president.
1992年、有毒廃棄物の投棄を確保そる契約はスイスとイタリアの海運企業Achair Partners と Progressoの2社と、元アリ-マーディ-モハメド政府の高官でソマリアの元大統領追放に関わった多くの民兵隊の一つの指導者ヌル-エルミ-オスマンとの間で結ばれた。

The UNEP investigated the matter at the request of the Swiss and Italian governments.
UNEPはスイスとイタリア政府の要請でこの件を調査した。

Both firms had denied entering into any agreement with militia leaders at the beginning of the Somali civil war.
両企業はソマリア内戦初期に民兵隊の指導者とどの様な契約同意の事実も否定した。

"At the time, it felt like we were dealing with the Mafia, or some sort of
organised crime group, possibly working with these industrial firms," Mustafa Tolba, the former UNEP executive director said.
“当時、我々はマフィアと、若しくは、恐らくこの様な業界と仕事をしているその様な組織犯罪グループと交渉している様に感じられた。”と元UNEP実行委員長ムスタファ-トルバは言った。

"It was very shady, and quite underground, and I would agree with Ould-Abdallah’s claims that it is still going on... Unfortunately the war has not allowed environmental groups to investigate this fully."
“其れは非常に胡散臭く、非常に秘密的で、そして私はオルド-アブダラーの其れは未だ引き続き行われていると言うにクレイムに同意する............残念ながら戦争が環境団体のこの事に付いて完全な調査を阻んでいる。”

"If these acts are continuing, then surely they must have been seen by
someone involved in maritime operations," Abdi Ismail Samataris a professor of Geography at the University of Minnesota said.
“若しこれ等の行為が続行しているのなら、勿論、海運事業に関係している誰かに調査されなければならない。”ミネソタ大学地理学教授のアブディ-イスマイル-サマタリスは述べた。

"Is the cargo aimed at a certain destination more important than
monitoring illegal activities in the region? Piracy is not the only problem
for Somalia, and I think it's irresponsible on the part of the authorities to overlook this issue."
“ある特定の区域が目的地とされている貨物が区域での違法行為を監視するより重要だと言うのか?海賊行為だけがソマリアでの唯一つの問題と言う訳ではない。そして此れは部分的に関係機関の無責任だと私は考える。”

Mohammed Gure, chairman of the Somalia Concern Group, said "The
Somali coastline used to sustain hundreds of thousands of people, as a
source of food and livelihoods. Now much of it is almost destroyed,
primarily at the hands of these so-called ministers that have sold their
nation to fill their own pockets."
ソマリアを心配する団体の委員長モハメッドグルは『過去にソマリアの海岸線は食料と生活の源として何百何千もの人々を養っていた。然し今其の殆どは破壊されてしまった。其の一番の原因は所謂“大臣”と呼ばれる者によって彼らのポケットを膨らませる為国を売る事で成されたのである。』と述べた。

Ould-Abdallah said. “The intentions of these pirates are not concerned
with protecting their environment. What is ultimately needed is a
functioning, effective government that will get its act together and take control of its affairs."
『これ等の海賊の意図は彼らの環境保護に関した事ではない。何が最終的に必要かと言うと、機能し、効果的で確りした政府で国政を支配出来ると言う事である。』とオルド-アブダラーは述べた。

Ejnews:ソマリアの海賊は世界的に話題になっているようですが、ソマリア人の立場に立っての報道は余りない様です。と言う事で、私は自由平等、相互扶助と常にほざいておりますので、此処で非難される側の立場も理解しないと“見掛け倒し”との評判が立ちかねないのでソマリアの海賊の意見を取り上げているニュースを探してみました。
 貴方がソマリアの貧しい漁師なら如何しますか?空腹の妻や子供達、年老いた両親、如何しますか?若し先進国が支援もしない、理解もしない、ただ先進国に利用されるだけだとしたら?彼等ソマリアの海賊はあの有名なイギリスの義賊“ロビンフッド”と同じ様な事をしているのかな?
 日本は太平洋戦争前欧米からembargo通商停止措置を取られパールハーバー奇襲を断行した歴史がありますよね。欧米諸国が植民地支配をしているのだから日本だって良いじゃないか!と言う事で中国に侵略した事がそもそも通商停止措置の言い訳に使われたのですが.................理由は兎も角その様な歴史がありながらホイホイと欧米の太鼓持ちを今でも続けているなんて悲しいじゃないの!桜!(何時の間にか虎さんになっている)
 私は問題の原因を解決する事が海軍を送り何時解決するか分からない、然も危険な、高価に付くかも知れない方法よりも経済、技術、食料支援の方が余程人道的で安上がりだと思います。若し自衛隊の目前で他国籍の船舶が攻撃され自衛隊が何も対応出来ない状況になると憲法の改正だとかの言い訳に絶対利用されますよ!そうは思いませんか?

この事についてはアル-ジャジラも報道しています。


'Toxic waste' behind Somali piracy
ソマリ海賊行為の背景に“有毒廃棄物”

By Najad Abdullahi
http://english.aljazeera.net/news/africa/2008/10/2008109174223218644.html

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




進化論とアナキズム。

Descent of Man [ 1871 ]  人類の進化
Charles Darwin [ 1809 - 1882 ] 
チャールズ ダーウィン


2月12日はダーウィンの200回目の誕生日でした。(Lincoln's Birthday is
also February 12, 1809 )チャールズダーウィンと言うと"Survival of the
fittest" “一番環境に適応したものが生き残る”と言う言葉を思い起こしますが、彼の“Descent of Man”と言う著作に下記の様な部分があります。


………………………..and sympathy is much strengthened by habit. In however complex a manner this feeling may have originated, as it
is one of high importance to all those animals which aid and defend one another, it will have been increased through natural selection; for those communities, which included the greatest number of the most sympathetic members, would flourish best, and rear the
greatest number of offspring.

『…………………………..そして思いやり(同情)は習慣によってより強化される。どの様に複雑な形でこの感情が発生したとしても、相互に助け合いそして保護し合う全ての動物に取って其れは一つの非常に重要な事として自然淘汰によって強化されて来た。最も思いやりの強いメンバーを最も多く含んでいる、疎の様な集団は最も繁栄し、最も多くの子孫を育成する。』


……………………と!つまり彼は“環境に適応し生き残るには集団内で優しい思いやりを持つメンバーが多ければ多いほど其の集団は繁栄する。”と言っているのです。優しさ、思いやり、同胞と助け合う事、つまり平等で、差別の無い、階級の無い社会が繁栄すると言っているのです!!!!!!
------------まるで今の日本の事を言っているみたいですねえ!日本には派遣制度とか言う労働者に2つの階級を作り差別することもないし。失業保険はフランスや北欧諸国の様に完備しているし、国家の機能を民営化とか言って資本家に安売りなんかしないし、低所得の人々には政府が“思いやりのある”政策を採用するし!---------日本の自慢はこの辺で止めておいて------------皮肉です。
 ダーウィンの"Survival of the fittest"“(サヴァイヴァル オブ ザ フィッテスト)と言う有名な言葉は後にHerbert Spencerハーヴァートスペンサーと言う英国の哲学者が社会学に取り入れSocial Darwinismソシアル ダーウィニズム(ダーウィンの進化論を生物学以外に適用し、単純に強い者が生き残ると言う様な思想に変更)を作り出す原因となり、後のEugenicsユージニックス(優生学:ヒットラーのナチ政権がこれを理由に身体障害者、知能障害者、異民族を殺害した。)等へと向かうことになるのですが、ダーウィン自身はnatural selection.(自然に適応したものが生き残る。自然が選ぶ。)と併用していて現在ではこのナチュラルセレクションで統一されているようです。一般のアメリカ人の間ではこのSurvival of the fittest が未だに間違った意味で頻繁に使用されています。(この様な言葉の誤用をしている人は保守的な妄想に取り付かれている人々で、アメリカでは共和党員と呼ばれています。)

 思いやり、相互扶助、自由平等、等が思想の中心のアナキズムの思想家たちの中でも重要な一人で、プリンスと呼ばれたPeter Kropotkinピーター クロポツキン(ピョートル クロポトキン)はMutual Aid: A Factor of Evolution相互扶助論:進化の条件。と言う本で『ダーウィンは遅蒔きながらではあるが思いやりの大切さを説明した』と言う様な事を述べています。彼は軍人時代に満州やシベリアの測量探検等で自然に親しんでいて『西洋の学者はロシア人の様に自然に親しんでいないから"Survival of the fittest"の様な事を言い出すのだ。若し本当に自然を知っているのなら動物のグループ内で自然淘汰と同様に相互扶助が重要だと言う事を知っていた筈だ!』と批判しています。クロポツキンは皇帝の血筋を引く家系に生まれたので“プリンス”と呼ばれていますが平等な社会を作る活動の為一生を捧げた思想家です。彼のMutual Aid: A Factor of Evolution相互扶助論:進化の条件。等は現在資本主義が行き詰まりを見せている中もう一度読み返す価値のある本だと思います。
 現代のアナキストとして最も有名な人はアメリカのノームチョムスキーだと思いますが、William Godwinウィリアムゴッドウィンから始まりプルードン、バクーニン、クロポツキン、マラテッサそしてチョムスキーまでのアナキズムについては又別の機会にお話します。
処で、日本の戦前ではクロポツキン等に影響された幸徳秋水等の日本人は帝國政府によって処刑、投獄、虐殺されていますから気をつけて下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

9/11の亡霊。北京のスカイスクレイパーとビルディングWTC-7。

Fire Consumes WTC 7-Size Skyscraper, Building Does Not Collapse
WTC -7と同様の規模のスカイスクレイパーが火災で焼き尽くされる。然しビルディングは崩壊しなかった。


prisonplanet.com プリズンプランネットより。

http://www.prisonplanet.com/fire-consumes-wtc-7-size-skyscraper-building-does-not-collapse.html

Giant flames engulf every floor of 44-story building and it remains standing, yet limited fires across just 8 floors of WTC 7 brought down building within 7 seconds on 9/11. How can NIST’s “new phenomenon” explain this one?
巨大な炎は44階建てのビルディングの全ての階を呑み込んだがビルは(崩壊しないで)立っている。然し、9/11で火災が僅か8つの階に限られたWTC 7ビルディングは7秒間で倒れてしまった。NISTの新しい現象はこの問題をどの様に説明できるのだろうか?

A fierce fire consumed all 44 floors of a skyscraper in Beijing today, shooting 30 foot flames into the air, but unlike the similarly-sized 47-story WTC 7, which suffered limited fires across just eight floors, the building in China did not collapse.
30フィートもある炎を空に吹き上げる猛烈な火事は北京のビルディングの44階全てを焼き尽くしてしまった。然し、同様の大きさの火災が8つの階に限定された47階建てのWTC 7ビルディングとは違ってこの中国のビルディングは崩壊しなかった。

“The fire was burning from the ground floor to the top floor of the large building, the flames reflecting in the glass facade of the main CCTV tower next to the hotel and cultural center,” reports the New York Times.
“火事はこの大きなビルの一階から最階上まで燃えて、炎はこのホテルの隣のメインCCTVタワーのガラスファサード(玄関、建物の前壁)に反射していた。”とニューヨークタイムズは伝えた。

“The 241-room Mandarin Oriental hotel in the building was due to open this year. Flames were spotted around 7:45 p.m. and within 20 minutes the fire had spread throughout the building, dominating that part of the city.”
このビルの241室のマンダリンオリエンタルホテルは今年オープンするはずであった。炎は7時45分頃目撃され20分以内に火事は市のこの地域で有名なこのビル全体に広がった。

“Hundreds of firefighting vehicles and police blocked off all approaches to the building - which was also set to house a luxury hotel due to be opened in 2009 - with flames appearing to leap 20 to 30 feet into the air,” adds The London Times.
“何百台もの消防車や警察が炎が空中に20~30フィートも飛び上がる様に見えるこのビルディングへの接近路を遮断した。又、このビルは2009年にオープンする筈だった豪華ホテルをテナントにしていた。

Compare images of WTC 7 with those of the skyscraper fire in Beijing. Note that the Beijing skyscraper appears to be leaning due to the unorthodox design of the building - it did not suffer any kind of collapse.
WTC-7の映像とこの北京のスカイスクレパーの火事を比較すると、--------これに注目しよう--------この北京のスカイスクレイパーは伝統的ななデザインでは無い為傾いている様に見える。然し(このスカイスクレイパーは)どの様な崩壊も被らなかった。

To any sane and rational observer, which of these buildings would have been the most likely to collapse? And yet it was WTC 7 which collapsed within 7 seconds into its own footprint on 9/11. The Beijing skyscraper, though gutted by fire damage, remains standing.
正気で論理的な観衆は誰でも、どちらのビルが崩壊する可能性が高い様に思われたのだろう?然し7秒間で自身の足元に崩壊したのはWTC-7だった。この北京のスカイスクレイパーは火事による損害で内側は完全に焼き尽くされたのだったが未だに立ち続けている。

How do the debunkers explain away this one? How come NIST’s newly invented “phenomenon” of “thermal expansion” didn’t put paid to the skyscraper in Beijing? Does fire have different properties in China compared to the U.S.? Does it behave in different ways depending on what country it’s in?
これをdebunkersディバンカー達は如何説明すると言うのだろう?如何してNISTの“温度による膨張”と言う新しくでっち上げられた“現象”は北京のスカイスクレイパーでは働かなかったのか?アメリカと比べると中国では火は違った性質を持っているのだろうか?火は国によって違った行動をするのだろうか?

Debunker は Debunk(~の正体を暴く)と言う動詞から出来る名詞で“暴き出す人”と言う意味。此処では、9/11でのビルの倒壊は人為的に計画されたものだったと言う説を種々の説明で単なる“陰謀論”として説明しようとする人々の事を“ディバンカー”と呼んでいる。

NISTとはthe National Institute of Standards and Technologyザ ナショナル インスティチュート オブ スタンダード&テクノロジーと言う団体。(技術と其の基準の国家研究所?と訳す?計量、科学、技術、基準を通して科学の発展、米産業の競争力を援助する米政府機関)


Remember that WTC 7 was structurally reinforced and suffered limited fires across just 8 floors.
“WTC-7は構造強化されていて,そして8つの階だけに限られた火事の被害しか受けていなかった。”と言う事を忘れない様に!

The core of NIST’s explanation, that an “extraordinary event” called “thermal expansion” was to blame for the sudden total collapse of WTC 7 is of course on the face of it a fraud when one considers the innumerable number of buildings that have suffered roaring fires across the majority of their floors and remained standing, whereas WTC 7 suffered limited fire damage across a handful of floors.
NISTの説明の一つでWTC-7ビルの突然の崩壊の原因とされている“温度による膨張”と言う“異常な事件”は、WTC-7ビルが少数の階が最小限の火事による被害を受けた事に比べて、殆どの階が燃え盛る火事によって損害を受けながら建ち続けていた数え切れないビルの事を考慮すると、勿論、一見しただけで詐欺と言う事だ。

The Beijing skyscraper fire provides yet more comparable evidence to illustrate the monolithic hoax that fire damage alone can cause buildings to collapse implosion style, adding more weight to the argument that both WTC 7 and the twin towers were destroyed by explosives that were seen and heard by dozens of eyewitnesses who were at ground zero.
北京のこのスカイスクレイパーの火事は、火事の損害だけがビルの内側に向かうスタイルの崩壊の原因になると言う事を単純な作り話だと説明するもう一つの比較の対象になる証拠を提供する。

Take another example - the Windsor building in Madrid, a 32 story skyscraper which was a raging inferno for no less than 24 hours before fire crews were able to put out the flames. Despite the building being constructed of columns a fraction as thick as those used in the WTC twin towers, as well as a total lack of fireproofing, the building’s top section only partially collapsed while the integrity of the whole structure remained firmly intact.
The skyscraper fire in Beijing offers another stark and bold reminder that when one eliminates the dodgy, agenda-driven, and incomprehensible delusions of NIST, one fact remains abundantly clear;
もう一つの例を挙げると------マドリッドのウインザービルディング------32階建てのスカイスクレイパーは消防士が消火出来るまで少なくとも24時間以上燃え盛る灼熱地獄だった。このビルはWTC の双子ビルのの柱と比べると非常に軽量の柱で建設され、そして、耐火構造の完全な欠如にも拘らず、ビルの最階上部分だけが部分的に崩れビル全体の構造の完全性は全く無傷であった。北京のスカイスクレイパーの火事は、又、別のはっきりした大胆な注意事項を提供する。其れはNISTの 巧妙で何かの意図が裏にある理解する事の出来ない妄想を取り除くと、一つの事実が疑いの無いほど明らかになって来る。其れは……………….

Office fires - even the flame shooting towering inferno variety - cannot cause modern buildings to implode in on themselves and collapse. Only deliberately placed explosives can achieve this end. The Windsor fire, the Beijing skyscraper fire and many more yet to come painfully underscore the awful truth that the only way WTC 7 and the twin towers could have collapsed in the manner that they did was by means of controlled demolition.
Research related articles:
オフィスの火事は-----其れが炎を吹き上げる巨大な灼熱地獄の様な種類の奴でも現代的なビルディングを内側に向かって崩壊させる様な原因にはならないと言う事だ。唯、意図的に置かれた爆発物だけがこの様な結果を達成できる。ウインザービルディングの火事、北京のスカイスクレイパーに火事、又其れに続くだろう火事はWTC-7とトレードセンター双子ビルがした様な崩壊の仕方はコントロールドデモリッションと言う方法だけで可能だと言う残酷な事実を痛いほど強調すると言う事だ。

controlled demolition コントロールドデモリッション(爆発物を使いビルディングが安全に内側に向かって崩壊する様にする建築物取り壊し工事方法)

Research related articles: 関連記事
1. Leaked NIST Docs: “Unusual” Event Before Collapse Of WTC 7
2. “Unusual Magnetic Forces” Should Not Have Caused the Twin Towers to Collapse
3. Shyam Sunder’s Sham: NIST’s Final Report on the Collapse of Building 7
4. No BBC, WTC 7 Did Not Collapse “Due To Fire” & The Final 9/11 Mystery Is Not Solved
5. Scientists: “Unusual Magnetic Forces” Caused Twin Towers Collapse
6. WTC 7 Emergency Head Was Building Collapse Specialist
7. The Phantom USA Today Building Fire and the Evacuation of Arlington’s ‘Twin Towers’ on 9/11
8. The failure of the NIST WTC 7 report to address concerns raised in Appendix C of the 2002 FEMA Building Performance Study
9. NIST: “Then a Miracle Occurs”
10. BBC Article: “9/11 Third Tower Mystery ‘Solved’”
11. NIST Concludes “Fire” Caused WTC 7 “Collapse” when FEMA Report Concluded Fuel Tank Explosion had “low probability” of Knocking Down Tower
12. NIST’s WTC7 collapse models: some observations

ejnews: 北京のスカイスクレイパー火災は日本でもニュースになったと思います。9/11は随分前の出来事の様に感じられる様になって来ました。これについては日本でも種々の情報が入手出来ると言う事と、ブッシュ政権の嫌がらせにでも会うと面倒なので私は避けて来た主題ですが、オバマ政権が成立しもうソロソロ安全かな?と思いこの様な記事を紹介して見ました。問題のWTC-7ビルは国防省、中央情報局、米税務局、その他の重要な金融機関のオフィスがテナントとして入っていたのは有名な話で当時エンロンの調査書類もこのビルにあったとか色々な話がありました。又、英国のBBC放送のニュースがWTC-7崩壊何分か前にまだビルが崩壊せず見える処で女性アナウンサーがビルの崩壊を伝えるニュースを放送した為“何かの間違いで事前に計画が漏れたのだ。”との憶測がインターネットで飛び交っていた物でした。

 若し興味のある方はWTC-7の倒壊との比較がYoutubeで見る事ができます。

WTC-7 Any Questions
http://www.youtube.com/watch?v=GEPjOi2dQSM

有名な“WTC-7ビル倒壊前にビルが倒壊した。”と伝えたBBCニュースは下記で見る事が出来ます。
New NEWS - BBC Video - WTC 7 - Prior Knowledge
http://www.youtube.com/watch?v=PNK1V6S2cbo


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


英国政府のXファイル !?

The British Government's UFO Hunt
英国政府のUFO狩り。

By Ring of Fire
アメリカのair americaエアー アメリカと言うリベラル ラジオ放送局の番組リング オフ ファイアーより。


http://airamerica.com/ringoffire/blog/2009/feb/06/british-governments-ufo-hunt

The British government recently revealed that they have been
firing at UFOs (yes, UFOs) for almost 3 decades. Now, let's just
assume for a minute that these things are real, and then we're
forced to ask "Why the hell would they want to shoot one down?"
That question is why the British government is GoLeft TV's Moron of the Week.

英国政府は最近UFOを(そうです、UFOです)殆ど30年の間撃ち落そうとしていると発表した。そこで、暫くの間、今話している事が本当だとしてみよう。すると我々は『一体こったい如何言う訳で(UFOを)撃ち落さなきゃいけねーんだ!』と訊かざるを得なくなる。この疑問が英国政府がゴー レフトTVのモーロン オブ ザ ウイーク(この一週間の阿呆の代表)になった理由なのだ。


.........................と言う見出しがロバート F ケネディー Jr(ジョン F ケネディーの弟,ロバート F ケネディーの3男でリベラルな政治活動,特に環境問題についての活動は有名)のRing of Fireリング オブ ファイアーと言うラジオ番組( http://airamerica.com/ringoffire/ )のサイトであったのでストリーミング ヴィデオを見てみたらサタイアSatireだったのですが、サタイアには元のネタになる話があるので一体如何言う事なんだ!とインターネットを探して見ると.................................. 。驚き驚き!

(Satire サタイア 政治等をヒューモアで批判する行為。アメリカではJon StewartのThe Daily Show 、 Stephen ColbertのThe Colbert Report 等のテレビ番組がサタイアの例。)


http://ufos.nationalarchives.gov.uk/

と言う英国政府のサイトに出くわしました。

Newly released UFO files - October 2008
新しく発表されたUFOファイル 2008年10月


The files contain a wide range of UFO-related documents covering
the years 1986–1992. If you want to find out more about close
encounters over Gatwick Airport, alien abductions, stray satellites - and what the UK Government thought of it all - then this is the
place to be. The files are in PDF format.

このファイルは1986~1992年間の広い範囲のUFO関係のドキュメントが含まれている。若し貴方がガットウイック空港上空でのUFOとの近距離遭遇、宇宙人による誘拐、軌道を逸れた衛星----そして,それらについて英政府が何を考えているか-------についてもっと知りたければ,ここが其の為の適切な場所です。このファイルはPDFフォーマットです。


ejnews:と言う事です。これホントの英国政府のサイトみたいですねえ。興味のある方は調べてみて下さい。私はもっと大切なしなければいけない事があるので....................。ええ?何かって?エーと。例えば“戦争の原因である国家等と言う幻影を取り除く”とか、“社会を平等にする為アフリカのボノボ(チンパンジーの一種で群れの平和を非常に平等な方法で解決する事で知られている。エッ?どんな方法かって?其れは一寸ここでは.....................................自分で調べて下さい。)を指導者に迎える計画を立てる”とか..............明日の為のコーヒーをローストするとか...........色々あるのです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


ワールド ソシアル フォーラム

World Social Forum ends in Brazil
ブラジルでのワールドソシアルフォーラム閉会。

http://www.newkerala.com/topstory-fullnews-85630.html より。

Belem (Brazil), Feb 2 : The World Social Forum, which was attended by
about 100,000 people from around the world, concluded in this Brazilian
city with some South American leaders protesting against the global
capitalist system, Cuban news agency Prensa Latina has reported.
べレム(ブラジル)、2月2日:世界中から10万人の人々が参加したワールドソシアルフォーラムは、このブラジルの都市で幾人かの南米の指導者達の国際資本主義システムに対するプロテストで締め括られたとキューバのニュースエイジェンシー“プレンサラティナ”は報告した。

The six-day anti-globalisation forum was organised to coincide with the World Economic Forum in Davos, Switzerland.
6日間にわたる反グローバリゼーションフォーラムはスイス-ダヴォスのワールドエコノミックフォーラムと同時に開催されるように組織されている。

The Brazilian event that ended here Sunday attracted a record number
of leaders who held the capitalist system responsible for the current
global economic crisis.
このブラジルでのイヴェントは現在起こっている経済危機は資本主義システムに責任があると考える記録的な人数の指導者達を引き付けて(の参加で)日曜日に閉会した。

Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva's government spent about $50 million for organising the forum which was attended by four Latin
American presidents - Hugo Chavez of Venezuela, Evo Morales of Bolivia, Rafael Correa of Ecuador and Paraguay's Fernando Lugo.
ブラジル大統領ルイス-イナシオ-ルラ-デ-シルヴァの政府はヴェネズエラのウーゴ-チャヴェス、ボリヴィアのエヴォ-モラレス、エクアドルのラファエル-コレア、パラグアイのフェルナンド-ルゴの様なラテンアメリカの大統領達によって参加されたこのイヴェントを組織する為約5千万ドルを費やした。

Representatives of nearly 5,000 social movements were present.
殆ど5千団体に及ぶ社会運動の代表者たちが出席していた。

Chavez, who blamed the capitalistic system of the world for being the
reason behind the current economic crisis, said: "The forum must be
ready to go over to the offensive."
世界の資本主義システムを現在の経済危機の裏にある原因だと追及しているチャヴェス大統領は『このフォーラムは主導的立場に立つ準備をしなければならない!』と述べた。

"It is time for us to see what we can do, so that we can make a reality
the slogan - 'A Better World is Possible'," said Emir Sader, a Brazilian
intellectual.
『現実をスローガンに出来る様に我々に何が可能なのか試す時が来た。-より良い世界は(実現)可能なのだ!』とブラジルのインタレクチュアル、エミール-サダールは述べた。

"Through the years, the movement has been forced to respond to
realities that go beyond their initial proposals, hence the new challenges they have ahead," he noted.
『長年の間このムーヴメント(フォーラム)は(このフォーラムの)当初の提案の範囲外に達する現実に対して対応する様に強いられて来た。したがって新しいチャレンジが待っている!』と言及した。

Besides the economic crisis, the participants also discussed issues of
terrorism, environment, world peace and the problems of women, landless and indigenous people.
経済危機の他に参加者はテロリズム、環境、世界平和、女性問題、土地所有不能問題(土地の無い人々)そしてインディジネスの人々について話し合った。

indigenous 辞書では土着民、原住民。日本語で土着民、原住民と言うと何と無く蔑視している様に聞こえませんか?

処でワールド ソシアル フォーラムとは一体何なんだ!


World Social Forum
ワールド ソシアル フォーラム

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディアでの説明。


The World Social Forum (WSF) is an annual meeting held by members of
the anti-globalization (using the term globalization in a doctrinal sense not a literal one) or alter-globalization movement to coordinate world campaigns, share and refine organizing strategies, and inform each other about movements from around the world and their issues. It tends to meet in January when its "great capitalist rival", the World Economic Forum is meeting in Davos, Switzerland. The date was chosen because of the logistical difficulty of organizing a mass protest in Davos and to try to overshadow the coverage of the World Economic Forum in the news media.
ワールド ソシアル フォーラムは国際的なキャンペーンをコーディネイトし、組織化の戦略を共有、洗練し、御互いに世界中の動きと問題点について情報を伝え合う反グローバリゼイション(グローバリゼイションをドクトリン、教義、主義の様な感じで使っている。文字通りでは無い。)若しくは代替グローバリゼイション運動のメンバーによる毎年開かれる会合で、偉大なる資本主義者ライヴァル“ワールドエコノミックフォーラム”がスイスのダヴォスで開催されている1月に開催される傾向がある。この開催期日は大規模なプロテストをダヴォスで組織する事についてのロジスティカルディフィカルティー(兵站術的障害)とワールド エコノミック フォーラムについてのニュース メディアの報道から注意を逸らす意図が理由で決められている。

logistical 兵站術的、 logistic 兵站術(学)
ここではダヴォスと言う都市で大勢の人間の収容施設、交通手段等、そして警察の問題の事。
overshadow 影で覆う。見劣りさせる。


History 歴史
Originated by Oded Grajew, the first WSF was held from 25 January to 30 January 2001 in Porto Alegre, Brazil, organized by many groups involved in the alternative globalization movement, (more recently known as the global justice movement) including the French Association for the Taxation of Financial Transactions for the Aid of Citizens (ATTAC). The WSF was sponsored, in part, by the Porto Alegre government, led by the Brazilian Worker's Party (PT). The town was experimenting with an innovative model for local government which combined the traditional representative institutions with the participation of open assemblies of the people. 12,000 people attended from around the world. At the time, Brasil was also in a moment of transformation that later would lead to the electoral victory of the PT candidate Luiz Inácio Lula da Silva.
The second WSF, also held in Porto Alegre from 31 January to 5 February 2002, had over 12,000 official delegates representing people from 123 countries, 60,000 attendees, 652 workshops, and 27 talks.
Oded Grajewオデッド グラジュー氏によって始められ最初のWSFは“フランス市民支援の為の金融取引に対する課税協会”(ATTAC)等の代替グローバリゼイション運動に参加している多くのグループ(近年グローバルジャスティスムーヴメントとして知られている)によって組織され2001年1月25日~1月30日にブラジルのポルト アレグレで開催された。WSFは一部ポートアレグレ市政府によって後援されてブラジル労働者党(PT)によって指揮されている。この町は地方政府の在り方について、伝統的議会制機関と市民の参加による開放された集会を併合した創造的モデルを実験している。フォーラムには1万2千人が世界中から参加した。当時ブラジルは変革の最中で、この変革は後にPTの候補者ルイス-イナシオ-ルラ-デ-シルヴァの選挙勝利を導き出す事になった。第2回WSFは引き続きポルトアレグレで2002年1月31日~2月5日に123カ国から1万2千人以上の代表者と6万人の参加者、652のワークショップ、27の講演によって開催された。

Oded Grajew オデッド グラジュー:英語の発音で何とか切り抜けていますが、この人の名前ポルトガル語の発音知っている人教えて下さい!

The third WSF was again held in Porto Alegre, in January 2003. There were many parallel workshops, including, for example the Life After Capitalism workshop, which proposed focused discussion on non-communist, non-capitalist, participative possibilities for different aspects of social, political, economic, communication structures . Among the speakers was American linguist and political activist Noam Chomsky.
第3回WSFは2003年1月、又ポルト アレグレで開催され、非共産主義、非資本主義、で異なったアスペクトの社会的、政治的、経済的、コミュニケーション ストラクチャー等の直接参加可能性を取り上げた討論を提案した“資本主義の後にやって来る世界”の様な多くの同時進行のワークショップが開催された。アメリカの言語学者で政治活動家のノーム チョムスキーは講演者一人であった。
participatory 直接参加の

第4回はインドのムンバイで開催され重要な講演者の一人はジョセフ スティグリッツだった。
第5回はポルト アレグレ。
第6回は3箇所に分かれて開催。ヴェネズエラのカラカス。マリのバマコ。パキスタンのカラチ。
第7回はケニアのナイロビで開催。6万6千人の参加者110カ国から千4百の団体が参加、最も国際的なWSFであったがNGOフェアーとして批判され、ケニアと南アフリカの貧困者対策団体からは一部のWSF参加NGOがプロテストを受けた。
第8回は1箇所で開催されず世界中で何千もの独立した活動が行われ“Global Call for Action行動を世界的に呼び起こす”として知られている。

と言う事でした。国際的にコンヴェンショナルな資本主義機構よりもっと人間性のある社会を作り出す努力が続けられています。日本からはどの団体が参加しているか知っている人います?

カリフォルニアに目を移すと.......................!


California goes broke, halts $3.5 billion
in payments
カリフォルニアは破産する、35億ドルの支払い滞る。

Stephen C. Webster
Published: Monday February 2, 2009

http://rawstory.com/news/2008/California_goes_broke_halts_3.5_billion_0202.html

California, the eighth largest economy in the world, is broke.
カリフォルニア州、世界第8番目の経済は破産している。


"People are going to be hurt starting today," said Hallye Jordan, speaking on behalf of the state Controller. "There's no money."
『市民は被害を被る。其れは今日から始まる。』とハーリェジョルダンは州経理官の代理で述べた。『お金は無い。(財源は無くなった。)』

Since state legislators failed to meet an end of January deadline on an agreement to make up for California's $40 billion budget gap, residents won't be getting their state tax rebates, scholarships to Cal Grant college will go unpaid, vendors invoices will remain uncollected and county social services will cease.
1月末に州議員が400億ドルの財政ギャップを改善する最終期限に会合出来なかった為州市民は税金払い戻しが受けれず、カリフォルニア州カレッジの奨学金は未払いとなり、ヴェンダーインヴォイス(販売インヴォイス)は収集されず、郡の社会福祉事業は停止する。
以下省略
ejnews:等と怖いニュースが在ります。アメリカ全州でもカリフォルニアは最も経済的に窮地に立たされているとの事です。州知事が本当に州民の生活を考えてくれている人?なので我々は本当に安心して暮らせます!?!?!?一体何処の阿呆が今の州知事に投票したのでしょう!?選挙前からエンロンのケン-レイやジョージ-ブッシュとの深い関係がニュースでも流れていたのに。本当に皆一体何を考えているのか理解に苦しみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。