スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の若さの泉はクラゲから。

Immortal' jellyfish swarming across the world
不死身のクラゲが世界中を泳ぎまわっている。


 London Telegraph ロンドンテレグラフより。
http://www.telegraph.co.uk/earth/wildlife/4357829/Immortal-jellyfish-swarming-across-the-world.html
Published on 01-30-2009
ロンドンテレグラフの記事の部分的な翻訳です。

An 'immortal' jellyfish is swarming through the world's oceans, according to scientists.
科学者によると不死身のクラゲが世界中の海で大繁殖していると言う事だ。
The Turritopsis Nutricula is able to revert back to a juvenile form once it mates after becoming sexually mature.
ツリトプシスヌツリクラと言うクラゲは生殖が可能な成体に達し生殖行為の後、再び若返る事が出来る。
Marine biologists say the jellyfish numbers are rocketing because they need not die.
このクラゲの個体数はロケットの打ち上げの様に増えている。なぜなら死ぬ必要が無いからだ。と科学者たちは言っている。
Dr Maria Miglietta of the Smithsonian Tropical Marine Institute said: "We are looking at a worldwide silent invasion."
我々は世界規模の沈黙の侵略を目撃している。とスミソニアン熱帯海洋研究所のマリアミグリエッタ博士は述べた。
The jellyfish are originally from the Caribbean but have spread all over the world.
このクラゲは元々カリブ海から来ているのだが世界中に広がっている。
Turritopsis Nutricula is technically known as a hydrozoan and is the only known animal that is capable of reverting completely to its younger self.
ツリトプシスヌツリクラは専門的にはヒドロ虫類として知られていて、完全に若返りの出来る唯一つの動物として知られている。

While most members of the jellyfish family usually die after propagating, the Turritopsis nutricula has developed the unique ability to return to a polyp state.
殆どのクラゲ類は繁殖行為の後普通は死んでしまう中で、このツリトプシスはポリプ形態(幼態)に戻る特別な能力を発達させたのだった。
Having stumbled upon the font of eternal youth, this tiny creature which is just 5mm long is the focus of many intricate studies by marine biologists and geneticists to see exactly how it manages to literally reverse its aging process.
永遠の若さの泉に遭遇した僅か5ミリの大きさのこの生物は老化現象を文字通りどの様に逆行させるのか正確に確認する為、海洋生物学者と遺伝学者の複雑な研究の対象となっている。

ejnews:若返りの秘密が解き明かされると人間は死ななくなるのでしょうね。何時までも若くいたいと言う欲望は人類の普遍的な欲望ですが、若しそうなると人口問題も在りますが、何百年も生き続ける事によって人間の進化も止まると言う事になり問題だと思いませんか?女性の若くいたいと言う欲望も理解できますが、運が悪いと嫁姑の問題も永遠に続くのですねえ!欲望と言えば仏教の重要な主題ですがリンクにあるブログ“住職のひとりごと”は親切に質問にも答えてくれます。興味があれば是非ヴィジットしてみて下さい。
 アメリカのニュースでは
46 Of 50 States Could File Bankruptcy In 2009-2010
50州の内46州が2009年~2010年に破産申告をする。とニュースがありました。其の他にも銀行支援には2~4兆ドルが必要だとかのニュースもあり暗いニュースが多いですねえ。

YouTubeではジミーカーター9/11の新しい調査をするアイデアについて『私には何もする事は出来ないが新しい9/11の新しい調査は良い事だと思う。』と言う様な事を言っているシーンが見えます。

Former President Jimmy Carter supports a New 9/11 Investigation
元大統領ジミーカーターは新しい9/11調査をサポートする。

http://www.youtube.com/watch?v=gO2UGVp--ak&eurl=http://www.prisonplanet.com/former-president-jimmy-carter-supports-call-for-new-911-investigation.html


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

マリワナ?パルプ,麻,資本家、銀行、政治家、企業???

DuPont, William Randolph Hearst, and hemp
デュポン、ウイリアム ランドルフ ハースト、とヘンプ(麻)

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディアより。

a.org/wiki/Legal_history_of_marijuana_in_the_United_States

The decision of the United States Congress to pass the Marihuana Tax Act of 1937 was based on hearings,[2] reports[22] and in part on testimony derived from articles in newspapers owned by William Randolph Hearst, who had significant financial interests in the timber industry, which manufactured his newsprint.[23]
米議会での1937年のマリワナ税条例可決は公聴会と報告、部分的に新聞紙を製造する木材業界にかなりの投資をしていた、ウイリアム ランドルフ ハーストの経営する新聞の記事を基にして決定された。

Cannabis activist Jack Herer has researched DuPont and in his 1985 book The Emperor Wears No Clothes, Herer concluded DuPont played a large role in the criminalization of cannabis. In 1938, DuPont patented the processes for creating plastics from coal and oil and a new process for creating paper from wood pulp. If hemp would have been largely exploited, Herer believes it would have likely been used to make paper and plastic (nylon), and may have hurt DuPont’s profits. Andrew Mellon of the Mellon Bank was DuPont's chief financial backer and was also the Secretary of Treasury under the Hoover administration. Mellon appointed Harry J. Anslinger, who later became his nephew-in-law, as the head of the Bureau of Narcotics and Dangerous Drugs (FBNDD) and the Federal Bureau of Narcotics (FBN), where Anslinger stayed until 1962.[24]
カナビス アクティヴィスト(麻類活動家)ジャック ハレアーはデュポンを調べそして1985年の彼の著書The Emperor Wears No Clothes,“皇帝は服を着ていない(裸の皇帝)”でハレアーはデュポンはカナビス(麻類)の違法化に大きな役割を果たしたと結論付けた。1938年デュポンは石炭と石油からプラスチックを製造する方法と木材パルプからの製紙法の特許権を得ていた。若し麻が大々的に活用されていたら製紙やプラスチック(ナイロン)の製造に使われていてデュポンの利益を損ねる事になっていただろうとハレアーは信じている。メロン銀行のアンドリュー メロンはデュポンの主要な経済的な後ろ盾でフーヴァー政権の財務長官でもあった。メロンは後に義理の甥になるハリー J アンスリンガーを彼が1962まで留まった麻薬劇薬局と連邦麻薬局の局長に任命した。

In 1916, United States Department of Agriculture (USDA) chief scientists Jason L. Merrill and Lyster H. Dewe created paper made from hemp pulp, which they concluded was "favorable in comparison with those used with pulp wood in USDA Bulletin No. 404." In his book Herer summarized the findings of Bulletin No. 404
Herer wrote:
1916年米合衆国農務省(USAD)の科学者主任ジェイソン L メリルとリスター H ディユは麻から紙を作り出し、彼等は木材パルプから作られた紙と比べて質が良いとUSDAの報告書No404で結論付けている。ハレアーは報告書No404の発見を手短に述べている。

USDA Bulletin No. 404, reported that one acre of hemp, in annual rotation over a 20-year period, would produce as much pulp for paper as 4.1 acres (17,000 m2) of trees being cut down over the same 20-year period. This process would use only 1/4 to 1/7 as much polluting sulfur-based acid chemicals to break down the glue-like lignin that binds the fibers of the pulp, or even none at all using soda ash. The problem of dioxin contamination of rivers is avoided in the hemp paper making process, which does not need to use chlorine bleach (as the wood pulp paper making process requires) but instead safely substitutes hydrogen peroxide in the bleaching process. ... If the new (1916) hemp pulp paper process were legal today, it would soon replace about 70% of all wood pulp paper, including computer printout paper, corrugated boxes and paper bags.
USDA報告書No404,毎年栽培される1エーカー(で収穫される)麻は20年間で同期間に4,1エーカー(17,000㎡)で伐採される木材から取れるパルプと同じ量である。この方法はパルプの繊維を結び合わせている糊の様なリグニンと言われる物質を分解する為の硫黄を基本にした酸の使用量を1/4ないし1/7までに引き下げる事が出来る。ソーダアッシに至っては全く使う必要がない。河川のダイオキシンによる汚染は漂白過程で塩素漂白剤を使わない、変わりに安全な過酸化水素で代用する麻製紙によって避ける事が出来る。---------若し新しい(1916年当時の)麻製紙が現在合法なら、直ぐに約70%の木材パルプに取って代る事が可能で、其れはコンピュータープリントペーパー、ダンボール箱、紙袋も含めていている。

Hemp was a relatively easy target because factories already had made large investments in equipment to handle cotton, wool, and linen, but there were relatively small investments in hemp production. Big technological improvements in the wood pulp industry were invented in the 1930s, for example the recovery boiler, and other improvements came later. So, there is a niche market for hemp paper, but the cost of hemp pulp is approximately six times that of wood pulp.[27] There was also a misconception hemp had an intoxicating effect because it has the same active substance, THC, which is in potent cannabis strains; however, hemp only has minimal amount of THC when compared to recreational cannabis strains.
工場が既に木綿、ウール、リネン、等を取り扱う為の設備に大きな投資をしていたので麻は比較的容易な素材であったが、麻に対しては投資額は比較的に少なかった。例えば、リカヴァリーボイラーの様な、木材パルプ業界の大きな技術革新には1930年代に投資が行われ、その他の技術革新も後に続いた。と言う事で麻で作られた紙には特殊な市場(niche marketニッシ マーケト)があるのではあるが、麻のパルプは木材パルプの約6倍の費用が必要なのである。其れに加えて、 強力な種類の麻(大麻)に含まれているTHC、と言う同じ物質が麻に含まれていて、麻には酔わせる様な効果と言う一つの誤解がある。然し、娯楽用の麻類(大麻、マリワナ)と比較すると麻には最小限のTHCしか含まれていないのです。

An alternative explanation for Anslinger's opinion's about hemp is that he believed that a tax on cannabis could be easier to supervise if it included hemp and that he had reports from experiments with mechanical harvesting of hemp reporting that the machines was no success and reports about cannabis farms.
それに対してアンスリンガーの麻について(反対の)代わりの意見は、麻をカナビス税に含めると管理が容易になると言う事だった。其れに彼は麻農園での麻の収穫機械は不成功だと言う収穫機械実験の報告を加えていた。

"The existence of the old 1934-1935 crop of harvested hemp on the fields of southern Minnesota is a menace to society in that it is being used by traffickers in marihuana as a source of supply."
『南ミネソタの畑での1934~1935年に収穫された麻の存在はマリワナ密売業者よってマリワナの原料として使われるので社会に対する脅威である。』

"they were able to cut only a part of the Tribune Farm crop by machine, two thirds of it they did by hand with a sharp hand cuttertuff".
『彼等はトリビューン農園の極僅かの麻を機械で切る事しか出来なかった、2分の3の麻は鋭いカッタータフを使い手で切らなければならなかった。』

An argument for the alternative theory is that hemp was not an alternative as material in the new commercial products from DuPont using oil or coal as raw material, the nylon-bristled toothbrush (1938) followed more famously by women's “nylons” stockings (1940). Nylon was intended to be a synthetic replacement for silk not hemp.
上記の説に対する議論は“麻は、石炭と石油が原料のデュポンのナイロンが使われている歯ブラシ(1938年)、もっと有名な女性のナイロン ストッキング(1940年)の様な、新しい商業製品代替原料ではなかった。ナイロンは絹の代わりになる人工の代替品と意図された。それは麻ではなかった。”と言う事である。

Andrew Mellon, Banker and Congressman.
アンドリュー メロン、銀行家そして議員。

Andrew William Mellon (March 24, 1855 — August 27, 1937) was an American banker, industrialist, philanthropist, art collector and Secretary of the Treasury from March 4, 1921 until February 12, 1932.

http://www.inya-face.com/hemp/Hemp_dirctry.htm
Hemp Downunderと言うオーストラリアのサイトの一部の翻訳です。


Andrew Mellon was, in his time, one of the richest men in America. He was owner of the Mellon Bank and was financial backer for petro-chemical giant DuPont Chemicals. He was also a Congressman and Secretary of the Treasury under President Hoover. This was power.
アンドリュー メロンは彼の生きた時代アメリカで最も裕福な人の一人であった。彼はメロン バンクの所有者で石油化学業界の巨人デュポン ケミカルの経済的支援者であった。そして彼は下院議員でフーヴァー大統領の財務長官であった。此れは権力だ!

Part of his portfolio of political responsibilities was the Federal Bureau of Narcotics, to which he appointed his nephew-in-law, Harry Anslinger, as head. This was nepotism.
彼の政治的義務のポトフォリオの一部は連邦麻薬捜査局で、其処に彼は局長としてハリー アンスリンガー、義理の甥を指名したのだった。此れはネポティズムだ!

Nepotism 親戚や知人を官職に就ける等の優遇する行為。親族優遇。

The appointment of Ainslinger was to have important historical consequences for U.S. agriculture and Big Business, and indirectly have a huge impact on the global environment.
アインスリンガーの指名は重要なアメリカの農業と大企業に歴史的影響を与え、間接的に世界環境に大きな影響を与えたのだった。

In the late '30s hemp was shaping up to be 'the crop of the future' - and Mellon stood to lose millions because of his petro-chemical investments. With his powerful political and family connections he was in a strategic position to "look after" his business associates and frustrate their competitors.
1930年代後半“未来の農作物”として麻は成りつつあった。そしてメロンは石油化学業界への投資で何百万ドルも失う筈だった。政治的そして家族のコネクションで彼のビジネス アソシエイトの面倒を見競争相手の邪魔をする重要な地位に居たのだった。

Dupont : the Nylon King
デュポン:ナイロン王

Dupont Chemicals was, and still is, one of the largest petro-chemical manufacturers in America. It's multi-national tentacles stretch far. You can see advertisements for their products on government buses here in Australia.
デュポン ケミカルはアメリカで一番大きい石油化学製造会社の一つだッた。そして今もそうだ。其の多国籍企業としての触手は遠くまで延びている。此処オーストラリアでは、この企業の製品の広告は政府のバスでも見る事が出来る。

Around 1935 Dupont had patented a new synthetic fibre called Nylon, and a great deal of money was invested in an extensive campaign to market Nylon to the public. Hemp at this stage was still a legal crop, and though its natural attributes were many, it's labour intensive production process made it very expensive in comparison with cotton and the new, chemically-produced Nylon.
1935年頃デュポンはナイロンと言う人工繊維の特許を得ていた。そして多額の資金がナイロンを一般に売り込む為に投資されていた。ヘンプ(麻)は其の頃は未だ合法な農作物であった。麻の自然の素質は種々だが、製造過程で手間隙が掛かったため木綿や新しい化学的に製造されたナイロンと比べると非常に高価だった。

However, a machine which had been invented in the early 1900's and perfected around 1937 was set to revolutionize the Hemp industry. The decorticator would separate the herds from the stalks, leaving the long fibers ready to be put into bails. What the "cotton gin" did for the cotton industry, the decorticator was about to do for the manufacturing of a wide variety of hemp products, especially paper-making, rope-making and as a raw material for clothing manufacture. Dupont stood to lose millions.
然し、1900年代に発明され1937年ごろ完璧となった機械がヘンプ(麻)業界を革命的に変化させるはずであった。デコルティケイターは軸から(繊維の)束?を離し長い繊維を桶に入れる様に準備する。コットンジンが木綿工業にした(貢献)事をディコルティケイターは広範な種類の麻製品に、特に製紙、ロープ製造、布地を作る原料等に関してする筈だった。デュポンは何百万ドルをも失う事になる筈であった。

A cotton gin (short for cotton engine) is a machine that quickly and easily separates the cotton fibers from the seedpods and the sometimes sticky seeds, a job previously done by hand.
コットンジン(コットンエンジンの省略)はコットン繊維を種の殻と時々べたつく種から別ける、其れまで手作業だった仕事を素早く簡単にする機械。


Banker to the Dupont empire at this time was a certain Andrew Mellon, who also happened to be a Congressman and Secretary to the Treasury. Included in Mellon's portfolio was responsiblity for the Federal Bureau of Narcotics. Mellon appointed his nephew-in-law, Harry Anslinger to head the Bureau. Collusion cannot be proved, but Anslingers activities in this role had a huge indirect impact on American agricultural and manufacturing processes, and of course Mellon's business interests.
当時のデュポン帝国の銀行はアンドリューメロンでそして偶然にも彼は下院議員、又財務長官度もあった。彼のポトフォリオは連邦麻薬局についての責任も含んでいた。メロンは甥のハリー アンスリンガーを局長に任命した。共謀していたかどうかは証明できないが、然し、アンスリンガーのこの役割(連邦麻薬局長)での活動は間接的にアメリカ農業と其の製造過程に、そして勿論メロンのビジネスの利害に大きな影響を与えた。

In December 1937 Anslinger introduced the Marijuana Tax Bill, an event which proved to be the beginning of the era of Prohibition of Cannabis.
1937年12月アンスリンガーはマリワナ税条例を制定し、此れはカナビス(麻類)の使用販売禁止の始まりと後に理解される様になった。

Simultaneously, a fear campaign of anti-Marijuana propaganda was run as front page "news" stories by one of America's most powerful newspaper proprietors, Randolf Hearst. By coincidence Hearst had begun using wood-pulp for paper and invested heavily in its production. The chemicals used to make the wood-pulp suitable for news-print were supplied by Dupont Chemicals. Hemp's fate was sealed.
と同時に、ランドルフハーストによって所有されるアメリカで最も勢力のある新聞の第一面の記事で、市民を恐れさせる事が目的の反マリワナプロパガンダが行われた。偶然にもハーストは彼の新聞の為に木材パルプを使い始め、其れの生産に多大な投資をしていた。木材パルプを新聞紙として使える様にする為に使われた化学薬品はデュポンによって提供された。麻に最後の止めが刺された。

Few of the congressmen who voted in favour of this Bill realised that they were in effect making all strains of Hemp illegal, subsequently wiping out the industrial hemp industry. In an age when environmental awareness was still dismally limited, fewer of these law-makers could have imagined the future ramifications in terms of environmental degradation which would result from this conspiracy to remove hemp, the strongest, most ecologically sustainable and least pollutant of fibres, from the available range of raw materials suitable for manufacture of paper, rope and cloth fabric.
この条例の賛成票を投票した議員の中で事実上全ての麻類を違法にし結果的に麻工業を全滅させている事に気づいた議員は少なく、其の中でも、環境についての認識が情けないほど限られていた時代に、製紙、ロープ、布の為入手出来る原料の中で最も強く生態環境を支える事が出来、そして汚染が最も少ない繊維である麻を抹殺する陰謀が将来の環境劣化に及ぼす影響を想像出来た議員の数はもっと少なかった。


William Randolph Hearst,
ウイリアム ランドルフ ハースト

Newspaper & printmill baron
新聞&印刷業王


(baronバロンは男爵と言う意味ですが、軽蔑的な意味で~王、と言う場合アメリカ英語ではバロンが使われます。例えば、19世紀後半~20世紀初頭のアメリカの企業家、資本家達、カーネギー、ロックフェラー、メロン、モーガン、ヴァンダービルト、等はRobber baron泥棒男爵と呼ばれています。)

Randolph Hearst was, during his lifetime, proprietor of one of the largest and most powerful newspaper empires in the U.S.A.
ランドルフハーストは彼の生きた時代合衆国最大で最強の新聞帝国の所有者であった。

Through editorial sway over his print-media outlets, Hearst introduced to America and the rest of the world the Mexican slang term Marihuana. Anti-Marihuana proganda in headlines and front-page stories from Hearst Newspapers were used by Harry Anslinger, head of the Federal Bureau of Narcotics, for his famous Gore File and later as the main body of evidence to support and push through the Marihuana Tax Bill of 1937, the beginning of prohibition as we know it today. By subtly linking the Marihuana menace with racial overtones, Hearst and Anslinger cleverly played on American pre-war xenophobia and isolationism.
彼の出版物への編集上の影響力を利用してハーストはメキシコのスラングである“マリワナ”をアメリカやその他の諸国に紹介した。ハーストの新聞の反マリワナプロパガンダの見出しや第一面の記事は連邦麻薬局長のハリーアンスリンガーによって1937年のマリワナ税条例を議会で承認させる為、後に主な証拠となった彼の有名な“ゴア ファイル”として利用された。巧妙にマリワナの脅威を人種差別に絡め、ハーストとアンスリンガーは戦前のアメリカ人の外国嫌いや孤立主義を巧妙に利用していった。

This was beginning of the "smoke-screen" which uses the confusion between industrial hemp and "illicit psycho-stimulants" as a lever for eliminating the traditional use of hemp fibre from the Capitalist equation. This is still the problem to this day in gaining research funding for industrial use of the hemp.
これは工業用ヘンプ(麻)と違法精神刺激薬(マリワナカナビス)の混乱を利用して伝統的な麻繊維を資本家の領域から排除する手段としての“煙幕”の始まりであった。これは現在でも麻の工業的利用の研究費を獲得する為に障害になっている。

Was it coincidence that around the time of this wave of media hysteria, Hearst had tooled up his paper mills to use wood-pulp as the raw material for the large scale manufacture of paper, no doubt a substantial commitment and investment? It was clearly not in Hearst's interest to see the strongest traditional challenger as an alternative raw material for paper, hemp, suddenly become much cheaper. The chemicals, such as deadly chlorine bleaches, essential to the process of turning wood-pulp into acceptable paper (a use for which timber is not particularly well-suited) were developed and supplied by Dupont, who by co-incidence (?) also held the patent on hemp's new artificial rival, Nylon.
此れは偶然だったのだろうか?このメディアでのヒステリーの波が押し寄せている時期と同じ頃に、ハーストは彼の製糸工場を木材パルプを新しい原料として大規模な紙生産の為に使う様に設備の交換をしていたのだった。真剣な取り組みとかなりの額の投資があったのは疑い無いだろう。当然、麻と言う伝統的な強敵が紙の代替原料として突然もっと安価になるのはハーストにとっては利益になる事ではなっかった。木材パルプを使用可能な紙にする工程に必要な劇薬である塩酸漂白剤の様な化学物質(材木はこの使用には適していない)はデュポンによって開発され補給されていた。そして偶然?デュポンは又麻の新しいライヴァルであるナイロンの特許権を所有していた。

The consequences of America going down this road have been felt in rainforests the world over in succeeding decades. Australia, still in a phase of political and cultural insecurity, followed blindly on "the shirt-tails" of this immoral conspiracy by the leading capitalists of the pre-war era. Little, if any, research has been carried out into these issues "down under".
アメリカがこの道を選んだ事は其の後の何十年間、世界中の雨林に影響を与えた。未だに政治的文化的に自信の無いオーストラリアは盲目的に("the shirt-tails")ザシャツテイルの様な不道徳な戦前の支配的資本家の陰謀に追随した。オーストラリア"down under".ではこの問題については殆ど研究がなされていない。

the shirt-tails 19世紀、ニューヨーク、マンハッタンのFive Pointsファイヴポインツスのスラムを拠点としたギャンググループの名前。メンバーの印として、シャツをズボン中に入れず着用した事が名前の由来。

down under オーストラリアの別名。



ejnews:今日はアメリカとオーストラリアからの翻訳でした。一寸長い翻訳でしたがアメリカではこの記事の様に麻の栽培が禁じられていたのです。ここ10年程は実験農場等で実験栽培が多く行われ始め政府等からも援助があるとの話もありますが、私には麻栽培禁止がどれだけ変わって来たのか実際には分かりません。数々の州で麻の栽培を合法にする取り組みがされているようで北ダコタ州では法案が議会の賛成を得るのを待っている様です。
 記事にもある様に麻の繊維を分離する機械は既に1937年に完成していたのです。若し麻が紙の安価な主要原料となっていたとしたら世界中のジャングル、森林は現在ほど荒らされてはいず、河川の汚染も少なかったはずです。麻は元々雑草の様な植物ですから、除草剤も殆ど必要なく農薬の環境被害も最小限に引き留める事が出来た筈ですが、デュポンは石油化学企業ですから農薬製造にも関係しているので、その辺でも麻は石油化学業界の敵なのでしょう。又、ヘンプシード(麻の実)は非常に栄養価が高く、取れる油もフラックスシードオイルよりも安定していて家庭での保存が容易だそうです。
 処で、ヘンリー フォードは元々アルコールを燃料と考えていて、ディーゼルエンジンを開発したルドルフ ディーゼルも植物オイルを燃料に想定してディーゼルエンジンを開発、1900年のワールドフェアではピーナッツオイルを燃料にエンジンを始動させたのです。フォードは植物から作られるプラスチックで車体を作る事を最初から研究し、大豆からプラスチックを製造し、麻も繊維やオイル等がプラスチック、燃料の原料とされ1941年には植物プラスチックで車体が作られた自動車を完成したのですが、どう言う訳か突然植物から自動車を作り植物燃料を使う計画を放棄したそうです。理由は不明だそうです。
 YouTubeでヘンリーフォードの麻プラスチック自動車の映像を見る事が出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=bxlj6fgQ-ZU
          と言う cannabis hemp dot info episode #2 タイトルです。

 ルドルフディーゼルは1913年に乗っていた客船から行方不明となり10日後に水死体で発見されています。当時は電気自動車、アルコールを燃料とした自動車、ディーゼルの植物オイルエンジン、等どのエンジン、燃料が並存していて、どれが自動車の主流になるか不明な時代でディーゼルは石油業界の誰かに暗殺されたのではと言う憶測も在るようです。
 然し、若し本当にナイロンや木材パルプの利益を護る為マリワナを利用して麻栽培を非合法化したとすると、彼等資本家は我々庶民と違って精神的に異常者ですね!

Ralph Nader ラルフ ネイダー曰く

Many corporate officials share a common, perverse outlook. To them, the globe is viewed primarily as a common market and capital source. Governments, laws and democracy are inconvenient factors that restrict their exploitation and limit their profit. From their perspective, the goal is to eliminate market barriers on a global scale. From any other humane perspective, such barriers are seen as valued safeguards established to protect a nation's population ...
多くの企業の重役達は1つの共通の異常なな見解を共有している。彼等にとって地球は基本的に共有される市場で資本の源泉と見られている。政府、法律、そして民主主義は彼等にとって彼等の富の搾取を制限し利益を抑制する不便な要素なのである。彼等のパースペクティヴ(見地)によると、目標は世界的に市場の障害物を排除する事にある。然し、他の全ての人間的なパースペクティヴによると、其の同じ障害物は国民を保護する為に確立された安全措置として捉えられている。

ウイキペディア より。
the United States Government does not distinguish between marijuana and non-psychoactive Cannabis used for industrial and commercial purposes.
 米合衆国はマリワナと他の精神的作用の無いカナビス(麻類)を工業用、商業用の為に区別してない。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


オバマホワイトハウスのウエッブサイト。

オバマホワイトハウスは新しいウエッブサイトをランチング(launching website始め)しました。http://www.whitehouse.gov/です。ホームページ(最近はランディングページlanding pageと言います)の右上にE-mail(E-メイル) とZIP(ジップコード、郵便番号)を書き込む場所がありますが其処にメイルアドレスと郵便番号を書き入れるとホワイトハウスからアップデイトUpdate(近況報告)が送られてくるそうです。又、右下のCONTACTコンタクトをクリックするとオバマ大統領にメッセージが送れるそうです。
其処にはこう書いてあります。

1. CONTACT US コンタクト アス!私達に連絡して下さい!

President Obama is committed to creating the most open and accessible administration in American history. To send questions, comments, concerns, or well-wishes to the President or his staff, please use the form below:

オバマ大統領はアメリカ史上最も開放された近寄り易い政府を創り出す事に真剣です。大統領や彼のスタッフ達に、質問、コメント、心配事、若しくは祝辞を送るには下のフォームを使って下さい。


そして、其のフォームには赤い星印と一緒にこう書いています。

Only these fields are required. All other fields are optional.
(赤い星印のある)この書き込み爛だけに記入が必要です。他の欄は記入の必要はありません。


勿論、英語ですが世界平和の為に何か良いアイデアのある人は是非メッセージを送っては如何でしょうか?日本の米軍基地問題等色々あると思います。単に就任おめでとう!でも良いと思います。WHITEHOUSE.COMではありません。間違えない様に。http://www.whitehouse.gov/です。私も日本人同時に地球人として祝辞等を送るつもりです。

Obama Issues Directive to Shut Down Guantánamo
オバマ大統領ガンタナモ閉鎖指令を出す。
http://www.nytimes.com/2009/01/22/us/politics/22gitmo.html?partner=rss&emc=rss

WASHINGTON — President Obama signed executive orders Thursday directing the Central Intelligence Agency to shut what remains of its network of secret prisons and ordering the closing of the Guantánamo detention camp within a year, government officials said.
ワシントン-オバマ大統領は米中央情報局に対し残存している秘密収容所のネットワークとガンタナモ収容所の年内の閉鎖についての行政命令に署名したと政府関係者は述べた。


ejnews:アメリカのMSNBCテレビの人気番組にKeith Olbermannキースオルバーマン(元々野球実況中継のアナウンサー9/11テロのテレビ実況放送で人気が出Countdownのホストになる)がホストのCountdown カウントダウンと言う番組があります。反保守、ブッシュ政権批判が主題で面白おかしく重要な政治的話題を取り上げ批判する番組出すが、昨日National Security Agency(NSA)ナショナル セキュリティー エイジェンシー(主に外国から来る信号を解読する為にトルーマン大統領によって設立された政府の情報関係機関)で働いていた内部告発をした局員がゲストでした。この内部告発者(whistleblower“笛を吹く人”笛を吹いて人の注意を引くと言う事から“内部告発者”と言う意味で使われる)は数年前から内部告発を始めたのですが、今までメインストリームジャーナリズムでは殆ど取り上げられなかったのです。彼によるとNSAは違法盗聴(warrantless wiretapping)をしていて被害者はジャーナリストだそうです。アメリカのジャーナリスト全員の日常生活の電話、E-メイル、等を全て盗聴しているそうです。勿論全くの政府による犯罪です。然しジャーナリストだけではないと私は思うのです。ニクソンのウオーターゲイト事件の前例もある様に民主党議員も盗聴されている、若しくはされていたと考えるとブッシュ政権に対して民主党議員の多くが全く抵抗出来ないばかりでなく同調していた理由が説明出来るのではないでしょうか?民主党議員のだらしなさはリベラルなアメリカ人にとって非常に歯痒い思いをさせられる問題でした。日本の政府は盗聴はしてないんですか?
兎に角、この様な人々がテレビの人気番組に出て来る事が出来るのも、オバマが大統領になりもう“ビッグブラザー”をブッシュ時代ほど心配する必要がないと言う一般的な雰囲気が原因していると思います。

 アメリカの事なんて関係ねーやっ!自分の事の方がヨッポド問題だ~!と考えていられる方はリンクの “住職のひとりごと”をヴィジットして見て下さい。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

オバマ大統領誕生!

 オバマ大統領の就任式が無事に終わりました。キャピタルヒルからホワイトハウスまでのパレードで暗殺が心配され、オバマはリムジーンから出て歩かないのではないのかと言われていましたが、数回リムジーンから出て歩いていました。元々カーター大統領が始めた習慣ですがブッシュの時は野次罵倒が酷く諦めなければなりませんでした。就任式の後オバマ夫婦はホワイトハウス前でのブラスバンドパレードを数時間立ちっぱなしで見ていました。パレードはNASAのエレクトリックモビールが最後でしたが参加団体で面白かったのはレスビアン アンド ゲイ グループLesbian and Gay associationだったかな?でした。このグループの先頭を歩く指揮棒を持った小太りのゲイが本当に嬉しそうに意気揚々とグループの先頭を切って歩いているのを見るとブッシュ共和党政権下でキリスト教の見地から“異常者、神に対する罪を犯している”と言われ差別されてきた彼等にとっては政権の交代は天国と地獄の違いあるのでしょう。
 テレビを見ていて一つ頭にきた事はある実況中継番組のゲスト解説者が『虐げられた少数民族の子孫が大統領になれる様な国はアメリカだけだ!アメリカは本当に素晴らしい国だ!』等とヌカシテおるのです!一般的にアメリカ人は外国の事に無知なのです。メキシコは19世紀にもう現地人が大統領になっていて、(Benito Pablo Juárez García1806~1872ベニート パブロ フアレス ガルシア1858~1872年間に5期も大統領を務めメキシコ史上国民に最も愛されている大統領)スペイン系白人が裕福な支配層のヴェネズエラのウーゴチャべス現大統領(黒人系)やボリビアのエボモラレス現大統領(原住民のインディオ)の事を全く無視しているのです。
 然しブッシュは酷かったですねえ!本当に長い8年間でした。彼の態度はMy way or
the highway
(俺のやり方が嫌なら消えちまいな!)と言う様な態度で、テロリズムに対する政策でもEither you are with us, or you are with the terrorists. (我々の味方か、其れでなければテロリストの味方。.............我々の側につかないと御前達はテロリストの味方だと見なされる。)と言う事を平気で言っています。イタリアのファシスト独裁者ベニートムッソリーニがO con noi o contro di noi-------You're either with us or against us. (我々の味方でなければ敵と言う事だ!)と言っています。似てますねえ!インターネット、E-メイル、電話等のwiretappingワイアータッピング、(盗聴)等も違法に行い(恐らく米政府は昔からしているんでしょうけれど)ブログでもちょっと怖くって臆病な私は今まで話題や言葉を選んでいます。意見がや思想が違うとEither you are with us, or you are with the terrorists.ですから、全く恐怖政治ですね。下手をすると中央情報局に誘拐されてガンタナモベイ収容所とは言わないまでも、ブラックリストに載せられて飛行機に乗れないとかありますから。wiretapping盗聴とかterroristsテロリストなんかを英語で使うのはこのブログでは初めてなのです。control freakコントロールフリークと言う表現があります。他人を自分の思い通りにコントロールしたい人の事ですが(軽蔑的に使う言葉です)ブッシュ政権は正にこれでした。
 兎に角、何事もなく無事に就任式が終わりホッとしました。これから私も書きたい事が書けるかな?もうチョト様子を見ようかな?

So long, George ! ソー ロング ジョージ!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

仏教って本当は何なんだろう?人生何か物足りないと思っている人は是非リンクにある “住職のひとりごと” をヴィジットして見て下さい!

頭が2つの魚と有機リン系殺虫剤。

Two-Headed Fish Likely Caused By Toxic Water
双頭の魚は恐らく汚染された水が原因しているのだろう。

http://www.organicconsumers.org/articles/article_16494.cfm
オルガニックコンスーマーアソシエイションのサイトより。
• Contamination fears over two-headed Australian fish
• 双頭のオーストラリアの魚の汚染のについての恐れ。
AFP, via Yahoo!, January 13, 2009
• ヤフー経由のAFPニュース
• http://news.yahoo.com/s/afp/20090114/wl_asia_afp/environmentaustraliafish


SYDNEY (AFP) - Toxic chemical contamination was the likely cause of
fatal fish mutations in northern Australia in which thousands of bass
larvae spawned with two heads, an expert said Wednesday.
シドニー(AFP)恐らく、毒性のある化学物質による汚染が、北部オーストラリアで数千匹の頭が2つある状態で生まれたスズキの稚魚の死に至る突然変異の原因だろうと専門家は水曜日に述べた。
Matt Landos, an aquatic animal specialist and member of the Australian
College of Veterinarian Scientists, said the mutant larvae at a Noosa
River fish farm survived just 48 hours and were dying en masse.
ヌーサ川養魚場のミュータント(当然変異)稚魚は僅か48時間生き延びて大量にしに始めた。とオーストラリアの動物医療科学者協会の一員で水棲動物の専門家であるマットランドスは述べた。
"When we used the water on-site or have taken bass from the Noosa
River those fish appear to have been contaminated and they give rise to deformed or convulsing larvae," he told AFP.
『現場の水を使うか、(現場の水で魚を育てる)若しくはヌーサ川から獲れたスズキは汚染されているように見え、そして其の魚達は突然変異か痙攣している稚魚を産む。』と彼はAFPに語った。
"I have been working in aquaculture for 10 years and this is the first time I have ever seen anything like it."
『私は水産養殖で10年間働いているがこの様な事を見たのは初めてだ!』
Tests had excluded the presence of a virus or bacteria, leading Landos
to suspect that pesticides from a neighbouring macadamia nut farm were to blame.
検査によってウイリス若しくはバクテリアの存在が否定された事がランドスを近所のマカデミアナッツ農園からの殺虫剤の責任を疑わせる様になった。
"It leaves us sitting with toxic chemical contamination as a likely cause," he said. "I believe that it's some of these chemicals at very low levels
that are impacting on the breeding ability of these fish."
『其れは有毒化学物質汚染が原因の可能性である事を我々に受け入れさせる事となった。私はこれ等の或る化学物質が非常に低濃度でこれ等の魚の繁殖能力にインパクトを与えていると信じている。』と彼は述べた。
Deformities in the fish had increased as the neighbouring macadamia nut plantation had expanded in the past two years to virtually border the
hatchery on three sides, said Landos.
魚の奇形は近くのマカデミアナッツのプランテーションが過去2年間稚魚の孵化場の3方と隣り合わせになるまで拡大する事に合わせて増加していった。とランドスは述べた。
Rapidly developing pest-control technology also meant smaller particles
of pesticide could travel further.
急速に進歩している害虫駆除技術は、又より小さな殺虫剤の粒子が寄り遠くまで届くと言う事を意味する。
Chickens, horses and sheep at the hatchery were also experiencing birth defects and foetal deaths at abnormally high rates, he said.
稚魚孵化場の鶏、馬、羊等も又奇形や死産の率が高くなっていると彼は述べた。
The organophosphates in question -- carbendazim and endosulfan -- had been recognised as potentially dangerous and even banned in some
countries, but were still recommended for use in Australia, said Landos.
問題の有機燐酸系殺虫剤------カーベンダイジムそして、エンドーサルファン------は危険性があると認識されていて、其れだけでなく幾つかの国々では販売使用が禁止されているが、然しオーストラリアでは今でも使用が勧められていると、ランドスは述べた。
The Queensland state government said tests gave no indication that the macadamia farm was using the chemicals against the manufacturers'
instructions.
クイーンズランド州政府はテストの結果マカデミアナッツ農園が化学薬品を製造元の使用法に反し使用した形跡は無いと述べている。
The local fisheries department is investigating, and expects to receive
results from tests of dead fish specimens next month.
州政府の漁業課は調査を進めていて、死んだ魚のテスト結果は来月に受け取られる予定である。

Ejnews: 今日はオーストラリアからのニュースでした。確か昨年問題になった中国製のギョーザに付着していた農薬も有機リン系農薬ではなかったでしょうか?(農薬、食品添加物,プラスティク、多くのビタミン剤などは石油化学物質です。極微量で人体のホルモン分泌や細胞の機能を狂わせる可能性があり特に子供達は影響を受けやすいので注意して下さい。この事についてはリンクにある“モスカルのCS日記”をヴィジットして下さい。)
このブログでも農薬については何回か取り上げましたが、有機リン系農薬だけでなく、例えばモンサントのラウンドアップの様な除草剤は、同社のラウンドアップレディーGM農作物に使われ、このGM種はラウンドアップを散布されても枯れない様に遺伝子操作されているので、収穫されたこの種類のGM農作物は残留除草剤を多く含む結果となり非常に危険だと言う事です。
兎に角、人体の機能は極微量の人工化学物質によって影響されるそうですから農薬の様な残留人工化学物質には注意しましょう。
処で、もう直ぐオバマ大統領が就任します。(火曜日。もうお祝いはワシントンで始まっています。リンカーンメモリアルで今日はコンサートがありU2等の有名なミュージッシャンが演奏していましたが,ななな何と"Pete"Seegerピートシーガーが演奏していました。彼は1930年代から演奏活動をしているフォークミュージッシャンでWoody Guthrieウディーガスリー等とも演奏した人です。

)政権受け継ぎの準備は充分に進められているようですが、ブッシュ政権の後片付けは経済的な面だけ見ても3世代は充分必用だと言われています。其の他にも、テロリストの容疑者達に対する拷問問題を上手く政治的に処理できるかどうかが国内、国際的にも大きな問題になると思います。拷問の方法で話題になっているのは“水責め”(他にももっと酷い拷問をしているのですが)でスペインカトリック教会の宗教裁判、第二次大戦中日本軍の水責め拷問は戦争犯罪として捉えられているので、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドまで責任が追求される可能性があるのです。
然し、アメリカには大統領の任期の終わりに犯罪者に対する大統領特赦が出されますが(此れはアメリカが民主主義でないもう一つの例です。有力者、金持ち、コネクションの或る犯罪者は罪が免除されるのです!!!!)ブッシュが自分自身も含めて政権のメンバー殆どを特赦するのかどうか冗談半分に取り沙汰されています。唯、イラク侵略の理由となった核兵器の原料のイエローケークのアフリカからの密輸のでっち上げの件、サダムフセインは大量殺戮兵器を破棄していたにも拘らずブッシュ政権は其れを利用し侵略戦争を開始した件、等が問題になっていて政権の各メンバーを一つの条件(拷問、電話、E-メイルなどの違法盗聴、等々この政権の犯罪は多いのです)で特赦出来ないだろうとリベラル反ブッシュ派のラジオトークショーホスト達はハシャイデいます。1949年に第二次大戦中の徴兵拒否をした平和主義者達によって開設されたPacificaパシフィカNPOラジオネットワークに加えて、この8年間ブッシュ政権の行動が余にも酷いので“エアーアメリカ”(此れは営利ラジオ局)等のリベラルラジオ局が開設されたりしたのです。其れまで本当のニュースや議論を聴くのにはパシフィカネットワークしかなかったので、リベラルなニュース番組やネットワークが誕生したのはブッシュ政権8年間で唯一つ良いニュースでした。日本にもありますか?反保守ラジオ局?
興味の或る方は以下です。
http://www.pacifica.org/  此れはPacifica Radioパシフィカファウンデーションのサイト。

西海岸のパシフィカネットワークの放送局では
ロスのKPFKと言う局があり、http://www.kpfk.org/ が其のサイト。
サンフランシスコはバークレーの http://www.kpfa.org/ です。
エアーアメリカは  http://airamerica.com/ です。

最後に、この前のイスラエルハマス紛争の私見でガザ沖の天然ガス田がイスラエル自衛軍のガザ侵攻の様に受け止められる箇所がありましたが、イスラエルのガザ侵攻はあくまでも迫っているイスラエル国内の選挙で与党がパレスチナ人に対して厳格な態度を取り、ベンヤミンタニャフにの人気の上昇を抑える目的である事に変わりはないのだそうです。説明不足をお詫びします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

人生で悩みのある方、仏教を勉強してみたい方、リンクにある“住職のひとりごと”をヴィジットしてみてください。

GMO玉蜀黍を食べるとコンドームは必用なくなる???

No need for condoms – GE corn can do
the job
コンドームなんて必要ない!GE遺伝子操作玉蜀黍が代わりにやってくれるから!????

Published on 01-13-2009

http://www.greenpeace.org/india/news/no-need-for-condoms-ge-corn
グリーンピースのウエッブサイトから。

India ― New research from Austria shows that a commercial strain of Monsanto-made GE corn causes mice to have fewer and weaker babies. What is this doing to human fertility?
インド-オーストリアでの新しい研究は、商業用のモンサントのGEコーンは鼠が数が少なく虚弱な子鼠を産む原因となっている事を示している。此れは人間の生殖にはどの様な影響を与えているのだろう?

Regulators around the world said Monsanto’s GE corn was as safe as non-GE strains.
国際的に法の管理人達はモンサントのGEコーンは普通のコーンと同様安全だと言っていた。

It has been approved in many countries and regions including the US, the EU, Argentina, Japan, Philippines and South Africa.
モンサントのGEコーンは米合衆国、英国、アルゼンチン、日本、フィリピン、南アフリカ等の国々や地域で使用が許可されている。

China approved the GE corn for animal feed back in 2005.
中華人民共和国はモンサントのGEコーンを2005年に家畜飼料用に許可した。

Until this research, under the Austrian Ministries for Agriculture and Health, none of the regulators had seriously questioned the safety of Monsanto's GE corn.
この研究までオーストリア農業保健省の役人達は誰もモンサントのGMコーンの安全性について真面目に疑問を持つ事は無かった。

The biotech industry is playing a game of genetic roulette with our food and with our health.
有機生物科学業界は我々の食料と健康で遺伝的博打であるルーレットをしている。

The GE corn research遺伝子操作コーン研究。


Austrian scientists fed mice over a course of 20 weeks a mixture of 33 percent Monsanto GE corn (NK 603 x MON 810) and non-GE corn.
オーストリアの科学者達は33%のモンサントのGMコーン(NK 603 x MON 810)と非GMコーンの混合飼料を20週間鼠に与えた。

These mice gave birth to less babies and lighter babies in their third and fourth litters. Mice fed on non-GE corn had babies as normal.
これ等の鼠は3回目4回目の出産で数の少なく体重の軽い子鼠を出産した。非GMコーンを与えられた鼠の子供達は普通であった。

These differences are statistically significant.
この違いは統計的に重要である。

India and GE food インドと遺伝子操作食品。

The GEAC(Genetic Engineering Approval Committee), a government body, has approved large scale field trials for BT corn in three agricultural universities in India. This corn is the same corn that according to a study by the Austrian government leads to infertility in the females of the rats that it was tested upon.
GEAC(遺伝技術許可委員会)と言う政府機関はインドの3つの大学でBTコーンの農地での大規模試験を許可した。このコーンはオーストリア政府主催の研究が雌鼠の生殖問題に繋がると言うテストをされた同じコーンである。

In the light of this latest research, Greenpeace India is urging the government to put the brakes on GE food.
この一番最近の研究によってインドのグリーンピースは政府にGE食品の使用についてブレーキをかける様に要求している。

"Genetic Engineering as a technology cannot be taken as safe without adequate safety tests" said Dr. Sujatha Byravan, Molecular biologist and former President of The Council for Responsible Genetics.
『技術としての遺伝子技術は安全性の充分なテスト無しに安全であると考える事は出来ない。』と“責任の或る遺伝学評議会”元会長で分子生物学者スジャタビラバン教授は述べてる。

GE Brinjal is also in the pipeline, and being considered for approval.
GEブリンジャルも許可される様に待機している。


Monsanto’s GE corn hurts mouse reproduction. So what is it doing to human reproduction?
モンサントのGEコーンは鼠の生殖を害する。と言う事は此れは人間の生殖に何をしているのだろう?

Considering the severity of the potential threat, Greenpeace is demanding a recall of genetically-engineered food and crops from the global market.
予想される危険性を考慮に入れてグリーンピースは遺伝子操作された食品と農作物の世界市場からのリコールを要求している。

Ejnews:又、モンサントのGMO関係の話です。遺伝子操作、組み換え技術で創られた農作物は最初ッから危険だと言われ種々の研究結果が発表されていますが、中国も大きな費用をかけてGMO実験耕作を大々的にするそうですが、実験とか調査と言う名前さえ付ければどれだけ規模が大きくても、我々民衆は何と無く安心して『じゃあ未だ実験段階だからそんなに市場の食品に影響は無いだろう。まだまだ安心。』とでも思っているのでしょうか?確かアルゼンチンだったと思いますが当時アルゼンチンはGM大豆の国内での栽培を許可していなかったそうですが、いつの間にかGM大豆が国内で見られるようになり、気が付いてみるとGM大豆の遺伝子の無い大豆を栽培する事は不可能になっていて(花粉は風に乗って何処へでも飛んで行きますので)GM大豆栽培制限の為の法律は無いも同然の状態になり現在はGM大豆が大々的に栽培されているそうです。誰がGM農作物を違法に国内に持ち込むのでしょうねえ?ふ~ん。コーンの野生種を今の農作物であるコーンにしたメキシコでも野生種に近い種々の農作物用コーンがGM遺伝子汚染に脅かされているそうです。問題はGMOを開発販売している企業なのですが彼等は利益さえ上がれば彼等の子供達の健康も犠牲にする人達の様ですから………………………..。


Ralph Nader ラルフ ネイダー曰く

Many corporate officials share a common, perverse outlook. To them, the globe is viewed primarily as a common market and capital source. Governments, laws and democracy are inconvenient factors that restrict their exploitation and limit their profit. From their perspective, the goal is to eliminate market barriers on a global scale. From any other humane perspective, such barriers are seen as valued safeguards established to protect a nation's population ...
多くの企業の重役達は1つの共通の異常なな見解を共有している。彼等にとって地球は基本的に共有される市場で資本の源泉と見られている。政府、法律、そして民主主義は彼等にとって彼等の富の搾取を制限し利益を抑制する不便な要素なのである。彼等のパースペクティヴ(見地)によると、目標は世界的に市場の障害物を排除する事にある。然し、他の全ての人間的なパースペクティヴによると、其の同じ障害物は国民を保護する為に確立された安全措置として捉えられている。


Ralph Naderラルフネイダーは消費者運動の生みの親と言うべき人でGMの欠陥車問題を取り扱い有名になった弁護しですが、当時GMは売春婦をラルフネイダーの行きつけのスーパーマーケット等に送りネイダーを誘惑しスキャンダルを起こそうと企んだり、ありとあらゆる手段でネイダーの評判を傷付けようと企んだ事は議会の公聴会で公になり、当時のGMの社長がネイダーに公に謝る羽目になった事は有名です。Public Citizenパブリックシチズンと言うNPOを創設し、民主主義を護る政治活動では60年代以降アメリカで、国際的にも最も重要な人物の一人です。彼の出現で震え上がった資本層、保守勢力が彼に対抗する為にシンクタンクを創設し始めたそうで、現在の有力なシンクタンクは保守的思想に基づいたシンクタンクが殆どだそうです。

Howard Zinn, ハワード ジン曰く
(アメリカで最も尊敬されている歴史家)

Our most deadly enemies are not in caves and compounds abroad but in the corporate boardrooms and governmental offices where decisions are made that consign millions to death and misery—not deliberately, but as the collateral damage of the lust for profit and power.

我々の最も危険な敵は海外の洞窟や地下要塞なんかには居ない。然し、何百万人もの人間に死や苦悩を与える決定が下される企業の重役会や政府内に居る………………この決定は意図的に為されている訳ではない、然しこの何百万人に及ぶ犠牲者達は利益や権力に対する欲望の副産物なのだ。


イスラエル、ガザ関係のニュースでは……………………。


Israel Accused of Testing Experimental Weapons in Gaza
イスラエルはガザでの実験的兵器の使用を非難されている。

http://www.democracynow.org/
http://www.democracynow.org/2009/1/14/white_phosphorous_and_dense_inert_metal
エイミーグッドマンのデモクラシーナウ!より。

Two Norwegian doctors who have just returned from Gaza have accused Israel of testing a new experimental weapon known as Dense Inert Metal Explosives, or DIME. The weapon causes the tissue to be torn from the flesh. Dr. Mads Gilbert said, “We have seen a number of very brutal amputations…without shrapnel injuries, which we strongly suspect must have been caused by the DIME weapons.” Dr. Erik Fosse said, “I have seen and treated a lot of different injuries for the last thirty years in different war zones, and this looks completely different.”
ガザから帰還したばかりの2人のノルエー人医師はイスラエルがデンス イナート メタル エクスプローシヴス若しくはDIMEとして知られている、新しい実験的兵器のガザでの実験使用を非難している。この兵器は細胞組織を肉から引き裂く効果がある。マドスギルバート医師は『我々は多くの惨酷な手足の切断を目撃した………………此れは砲弾の金属破片が原因している訳ではない。我々はDIME兵器が原因であると強く疑っている。』と述べ。エリックフォス医師は『私はこの30年間異なった紛争地域で種々の怪我を目撃し治療して来たが、今回は全く違っている様に見える』と述べている。

Ejnews:Wikipediaによると、デンス イナート メタル エクスプローシヴス(高比重不活性金属爆発物?)若しくはDIMEは実験的な種類の爆発物で比較的に爆発効果距離の小さい然し効果的な爆発物だと言う事で、タングステンの様な化学的に不活性な微片と単一の爆発物を混ぜて製造されています。攻撃目的ではない非戦闘員の被害を減少させる為に生産されているのですが、このタングステンの様な微片による人体への影響が非難されるようになっています。タングステンは発癌物質で最近の鼠等での実験では、タングステンアロイを使用した爆発物の微細破片は短期間に細胞異常により癌を発生させる事が確認されていると言う事です。
 其の他にもこのデンス イナート メタル エクスプローシヴスと言う爆発物は、未だアメリカの実験的兵器で、米軍事企業若しくは米軍の許可なしにイスラエルは使用できないと言う事だそうです。
 イスラエルは其の他にもホワイトフォスフォラス(白燐弾)と言う過激に反応する物質を使用した焼夷弾の様な兵器をガザで使用していると非難されています。この白燐弾といわれる弾薬は過激に反応し被害者に大火傷を負わせるそうですがこの兵器の惨酷な所は水によってもっと反応する事だそうです。(或るラジオ番組による)被害者が身体に付着し過熱している白燐弾を水で消し止めようとするともっと加熱して被害を大きくすると言う事です。このこの兵器は1980年、国連の“ある種の通常兵器についてのプロトコル項目3”で非戦闘員に対する使用が禁止されているのです。勿論イスラエルは白燐弾については未だ何も発表していないとの事です。
 処で、イスラエル海域には天然ガス田が発見されているのですが、其の60%がガザ沖に存在し、イスラエルと英国のブリティッシュガスとの間で交渉が行われていたようですが2007年にブリティッシュガスは交渉を中断したそうです。ガザ沖のガス田の所有権がハッキリしないそうで、イスラエル政府はガザのハマスにはこの天然ガス田の利益は渡したくないと言う事だそうです。Michel Chossudovskyマイケルチョスドフスキーhttp://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=11680によるとイスラエルのガザ侵略はこの天然ガス田の支配が目的の可能性があるとの事です。ヤッパリ経済的な隠れた動機があるんだ………………….。資源獲得の為の戦争はジュネーヴ協定違反ですから他の理由が必要なのですよねえ。カチューシャロケット攻撃を防ぐとか……………….。
 面白い話があります、『ブランドなんか、いらない――搾取で巨大化する大企業の非情』『The Shock Doctrine』で有名なナオミクライン女史と言う評論家,ジャーナリストが元連邦準備制度理事会議長のアラン グリーンスパンとラジオ討論していた時グリーンスパンが『勿論アメリカのイラク戦争の意図は石油獲得だよ!言わないが皆其れが理由だと知っている。』と言ったのです。ラジオでですよ!!!ナオミクラインは『一寸失礼!資源獲得の戦争はジュネーヴ協定で戦争犯罪なのよ!知ってるでしょう!』グリーンスパン『あ~……………う~………………..なんとかかんとか~う~、なんとかかんとか~。』とお茶を濁していました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

政治家は何時の時代も嘘つきだ!

Secret of the Lusitania: Arms find challenges Allied claims it was solely a passenger ship
ルシタニア号の秘密:発見された武器の存在はルシタニア号は唯の客船だったと言う連合国の主張に挑戦する。

By Sam Greenhill
Last updated at 1:16 AM on 20th December 2008
イギリスのデイリーメイルより。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1098904/Secret-Lusitania-Arms-challenges-Allied-claims-solely-passenger-ship.html?ITO=1490#

Her sinking with the loss of almost 1,200 lives caused such outrage that it propelled the U.S. into the First World War.

千2百人の犠牲者とのルシタニア号の沈没は米合衆国を第一次大戦に突入させた程の怒りを呼んだのだった。

But now divers have revealed a dark secret about the cargo carried by the Lusitania on its final journey in May 1915.

然し今、ダイヴァー達はルシタニア号の1915年5月の最後の航海の貨物についての秘められた秘密を明かしたのだった。

Munitions they found in the hold suggest that the Germans had been right all along in claiming the ship was carrying war materials and was a legitimate military target.

彼等が発見した貨物の弾薬は“ルシタニア号は戦争の為の物資を運んでいて合法な標的だった。”と主張していたドイツの言い分は初めから正しかったと言う事である。

The Cunard vessel, steaming from New York to Liverpool, was sunk eight miles off the Irish coast by a U-boat.

ニューヨークからリヴァプールへ向かって航行していた客船ルシタニはアイルランドの海岸線から8マイル沖でU-ボートによって沈没させられた。

Maintaining that the Lusitania was solely a passenger vessel, the British quickly accused the 'Pirate Hun' of slaughtering civilians.

ルシタニア号は単なる客船だと言い張って英国は即座に“フンの海賊”の非武装民間人の虐殺を非難した。

'Pirate Hun' フン族の海賊: 英国、フランス、米国などでは特に第一次大戦当時、歴史的にドイツはフン族のアッチラに征服された事から蛮行を行うフン族として形容された。敵国民を非人間化し戦争での殺人行為を正当化する手段。日本でも太平洋戦争中“鬼畜米英”と言う言葉がありましたよね!外国人の事を軽蔑非難する政治家は絶対信用しない様に!

The disaster was used to whip up anti-German anger, especially in the U.S., where 128 of the 1,198 victims came from.

この惨事は特に1198人の犠牲者の内128人が含まれていたアメリカで反ドイツ感情を掻き立たせる為に利用されたのだった。

A hundred of the dead were children, many of them under two.

100人の犠牲者は子供達で多くは2歳以下であった。

Robert Lansing, the U.S. secretary of state, later wrote that the sinking gave him the 'conviction we would ultimately become the ally of Britain'.

米国務長官ロバートランシングは、この沈没が彼に最終的に英国の同盟国となる確信を与えたと後に書き残している。

Americans were even told, falsely, that German children were given a day off school to celebrate the sinking of the Lusitania.

其の上“ドイツの子供達はルシタニアの沈没を祝う為の学校の休日が与えられた。”と嘘がアメリカ人に伝えられた。

The disaster inspired a multitude of recruitment posters demanding vengeance for the victims.

この惨事は犠牲者の為の復讐を要求する多くの徴兵用のポスターの発想の元となった。

One, famously showing a young mother slipping below the waves with her baby, carried the simple slogan 'Enlist'.

これ等の中の一つで若い母親が彼女の赤ん坊と共に波間に消えていく有名なポスターは単純なスローガン“入隊しろ!”を掲げている。

Two years later, the Americans joined the Allies as an associated power - a decision that turned the war decisively against Germany.

其れから二年後アメリカは連合国にアソシエイトパワーとして参加、この決定は戦いをドイツ不利に向かわせていった。

The diving team estimates that around four million rounds of U.S.-manufactured Remington .303 bullets lie in the Lusitania's hold at a depth of 300ft.

ダイヴァー達は、米合衆国製造の4兆発のレミントン303弾丸が水深300フィートに沈んでいるルシタニアの貨物庫に横たわっていると見積もっている。

The Germans had insisted the Lusitania - the fastest liner in the North Atlantic - was being used as a weapons ship to break the blockade Berlin had been trying to impose around Britain since the outbreak of hostilities in August 1914.

北大西洋で最も速い客船ルシタニア号は、敵対関係が始まった1914年8月からベルリン政府が英国に対して実施しを試みていた海上封鎖を破る為に、武器運搬船として利用されていたと、ドイツ政府は主張していた。

Winston Churchill, who was first Lord of the Admiralty and has long been suspected of knowing more about the circumstances of the attack than he let on in public, wrote in a confidential letter shortly before the sinking that some German submarine attacks were to be welcomed.

この攻撃について彼が一般に漏らしていた以上の事を知っていたと長い間疑われていた海軍大臣であったウインストン チャーチルは、この沈没事件直前に個人的な手紙に、ドイツの潜水艦による攻撃は歓迎できる事だと書き残していた。

He said: 'It is most important to attract neutral shipping to our shores, in the hope especially of embroiling the U.S. with Germany.

彼は“特に合衆国とドイツを敵対させる事を望むには、中立国の船舶を我々(英国)の海岸線に引き込む事が最も重要だ。”と言っていた。

'For our part we want the traffic - the more the better and if some of it gets into trouble, better still.'

我々にとって船舶の行き来が必要だ……………..多ければ多いほど良い、其の中の一つが問題に引き込まれるともっと良い。

Hampton Sides, a writer with Men's Vogue in the U.S., witnessed the divers' discovery.

メンズヴォーグ誌の記者ハンプトン サイヅスはダイヴァー達の発見を目撃した。

He said: 'They are bullets that were expressly manufactured to kill Germans in World War I - bullets that British officials in Whitehall, and American officials in Washington, have long denied were aboard the Lusitania.'

彼は“第一次大戦で特にドイツ人を殺す為に製造されていた弾丸…….ホワイトホールの英国高官達とホワイトハウスのアメリカの高官達が長い間存在を否定していたそれらの弾丸は、ルシタニア号に荷積みされていたのだった。”と述べた。

The discovery may help explain why the 787ft Lusitania sank within 18 minutes of a single German torpedo slamming into its hull.

この発見は787フィートのルシタニア号が船体に当たった唯一発のドイツの魚雷で如何して18分以内に沈没してしまったのかを説明の鍵になるのかもしれない。

Some of the 764 survivors reported a second explosion which might have been munitions going off.

764人の生存者の何人かは弾薬が発しているかも知れない第二の爆発を報告していた。

Gregg Bemis, an American businessman who owns the rights to the wreck and is funding its exploration, said: 'Those four million rounds of .303s were not just some private hunter's stash.

アメリカ人のビジネスマンでこの難破船の所有権を保有し、この探求調査の資金を出している、グレッグべミスは“これ等の4兆発のレミントン303は単なる個人的なハンターの弾薬箱じゃないだろうな!”と言っている。

'Now that we've found it, the British can't deny any more that there was ammunition on board. That raises the question of what else was on board.

“我々が其れを発見した今英国は弾薬が船積みされていた事を否定できなくなったが、この事は他に何が船積みされていたのかと言う疑問が浮かび上がってくる。”

'There were literally tons and tons of stuff stored in unrefrigerated cargo holds that were dubiously marked cheese, butter and oysters.

文字通り何トンもの何かの代物が非冷蔵貨物倉庫に納められていて、それらはチーズ、バター、そして牡蠣と胡散臭く記されていた。

'I've always felt there were some significant high explosives in the holds - shells, powder, gun cotton - that were set off by the torpedo and the inflow of water. That's what sank the ship.'

私は常にかなりの量の高性能爆発物が貨物にあると感じていた……..砲弾、火薬、ガンコットン(ニトロセルローズ)…….それらが魚雷で爆発しそして水の流入がルシタニア号を沈ませたのだった。

Mr Bemis is planning to commission further dives next year in a full-scale forensic examination of the wreck off County Cork.

べミス氏は来年引き続きコーク郡沖の沈没船の大規模な法的調査潜水依頼を計画している。

Ejnews: ルシタニア号の沈没はこの様にウインストンチャーチルによって仕組まれた罠だったようです。当時チャーチルは海軍大臣でトルコ領域のダルダネル海峡を英仏露同盟国側の安全なロシアへの補給路とする為英国でダルダネル作戦、オーストラリア、ニュージーランド、カナダではガリポリ作戦として知られているガリポリ半島上陸作戦を実施したのですが、オットマントルコ軍指揮官Mustafa Kemal Atatürkムスタファケマルアタチュルク後のトルコ共和国の建国の父の奮闘もあり4万人以上の死者、殆ど10万人に近い負傷者を出し大失敗。この責任を取りチャーチルは海軍大臣を辞任しなくてはならなくなったのですが、彼の軍歴を見ると有能な軍人としての評判は何だかアヤフヤで、1889年の現在のパキスタンのマルカンドのマムンド渓谷での部族パシツーンに対する作戦では負傷した将校を置き去りにして撤退を余儀なくされ、其の将校達はチャーチルの目前でナイフで切り刻まれ死んでしまったと言う事です。えっ?如何してそんな事知られてるんだって!?チャーチルは従軍中に種々の英国新聞雑誌に記事を書き原稿料を貰っていた様で、このパシツーン相手の戦闘もThe Story of the Malakand Field Force.と言う本に書いていて600ポンドの原稿料を貰っているのです。
 チャーチルは第二次大戦中にもドイツ陸軍降伏3ヶ月前の2万4千人~4万人の非戦闘員死者を出した、1945年2月13日~15日間のドイツの大都市ドレスデンへの無差別爆撃でも責任者として非難されています。
彼は1953年のイランのモハマッド モザデク首相に対するクーデターの最初の原因を作った張本人として非難されています。
モハマッドモザデク首相は米合衆国を手本としていた民主主義者でしたが、其れまでアングロ-イラニアン-オイル(現在の石油会社ブリティッシュ-ペトロリウム、所謂、BP)と言う英国企業に吸い取られていた石油利益をイラン国民に平等に分配する為、アングロ-イラニアン オイルを国有化する政策を決定したのです。其れまで英国はアングロ-イラニアン オイルからの石油に頼っていたのですから大慌て!然し、当時既に英国にはイランに軍隊を送るだけの力は無く、仕方なくアメリカに援助(対モザデククーデター)を頼んだのです、然しトルーマン大統領はアメリカ人の中近東情勢についての無知を理由に拒否したのですが、次の大統領アイゼンハウアーになって中央情報局のエイジャックス作戦(この作戦をイランで指揮した米中央情報局員はシオドア ルーズヴェルト大統領の孫、カーミットルーズヴェルトで、この事については又の機会で取り上げてみたいと思います)でクーデターを成功させ、リザ シャーパーレヴィ皇帝の政権を作り出すことになったのです。このリザ シャーパーレヴィ皇帝はサヴァックと言う残忍な国家秘密警察を使い圧政を布き1979年のホメイニ革命を招く原因となったのです。若しモザデク首相のクーデターが無かったら現在中近東諸国は民主化した国々になっていた可能性があり9/11テロも無かった可能性があるのです。
原因不明の船の沈没がアメリカの参戦に使われた例は、スペインアメリカ戦争の発端となった戦艦USSメインのキューバのハバナ湾での爆破沈没があります。  当時米政府はスペイン海軍の機雷によって戦艦メインは沈没したとしてスペインに宣戦布告、老いて衰弱していた老帝国スペインには勝ち目は無くキューバ,フィリピン、プエルトリコ、グアム、等をアメリカに手放すと言うことになったのですが(この話も別の機会に)最近の潜水調査では船の内部から爆発が起こっていて米政府の機雷説は如何もでっち上げの様な感じになっています。当然、戦艦メインの沈没事件は大々的に対スペイン宣戦布告に利用されました。興味深い話ですが、当時米海軍副長官シオドアルーズヴェルト(後の大統領)は『メインの沈没の原因については我々は将来も確定出来ないだろう』と言う発言をしています。如何言う意味だったでしょうね?????
兎に角、政治家と言うものはどの国でも信用してはいけません。裏で何を企んでいるのか分らないのです。政治家と比べると秘密結社なんてオママゴトなのです。特にチャーチルの様な先祖代々の貴族の家系では貧乏人の生活なんて全く理解出来ないし、する気も無い可能性が強いのです。彼も『私の目の前で大英帝国を瓦解させる訳には行かない。』述べていますが、此れは英国人民を犠牲にしても帝国の面子は守ると受け留めても良いのでは?何だか太平洋戦争前の大日本帝国軍人や右翼政治家みたいだと思いませんか?現在でも、お坊ちゃん、お嬢さん政治家がゴロゴロしている国、貴方知っていませんか?



今日の格言。

Aristotle アリストテレス
"The real difference between democracy and oligarchy is poverty and wealth. Wherever men rule by reason of their wealth, whether they be few or many, that is an oligarchy, and where the poor rule, that is democracy".

民主主義と寡頭政治のハッキリした違いは貧乏と金持ちと言う事です。彼等の富と言う論理で政治を行う場合は何時も、其れが少数者によって行われるか大勢で行われるかに拘らず其れは寡頭政治なのです。そして貧乏人が政治を行うと其れは民主主義なのです。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

ワルシャワゲットー。ガザゲットー。

Warsaw Ghetto
ワルシャワ ゲットー

From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、無料百科事典より。


The Warsaw Ghetto was the largest of the Jewish ghettos located in the territory of General Government during the Second World War. The
Warsaw Ghetto was established by the German Governor-General
Hans Frank on October 16, 1940. At this time, the population of the
Ghetto was estimated to be 440,000 people, about 38% of the
population of Warsaw. However, the size of the Ghetto was about 4.5% of the size of Warsaw. Nazis then closed the Warsaw Ghetto from the
outside world on November 16, 1940, building a wall with armed guards.

 ワルシャワゲットーは第二次大戦中独逸のポーランド支配総轄政府内に存在した最大のユダヤ人ゲットーだった。ワルシャワゲットーは独逸の知事ハンス フランクにより1940年19月16日に設立された。当時ゲットーの人口は440000人と見積もられワルシャワの人口の約33%であった。然し、ゲットーの面積はワルシャワの面積の約4,5%であった。ナチ政権は1940年11月16日、ゲットーを外界から封鎖し壁を建設し警備兵を配置した。
During the next year and a half, thousands of the Polish Jews as well as some Romani people from smaller cities and the countryside were brought into the Ghetto, while diseases (especially typhus) and starvation kept the inhabitants at about the same number. Average food rations in 1941 for Jews in Warsaw were limited to 184 kcal, compared to 669 kcal for gentile Poles and 2,614 kcal for Germans.

 続く1年半の間に、小都市や地方から何千人にも上るポーランドのユダヤ人そしてジプシーがこのゲットーに移動させられたが、疫病や飢餓(特にチフス)がゲットーの人口をゲットー開設時と同数に抑えていた。1941年の一般的なワルシャワのユダヤ人に対しての食糧配給はポーランド人669カロリー、ドイツ人2614カロリーに対して僅か184カロリーであった。

Unemployment was a major problem in the ghetto. Illegal workshops were created to manufacture goods to be sold illegally on the outside and raw goods were smuggled in often by children. Hundreds of four to five year old Jewish children went across en masse to the "Aryan side", sometimes several times a day, smuggling food into the ghettos, returning with goods that often weighed more than they did. Smuggling was often the only source of subsistence for Ghetto inhabitants, who would otherwise have died of starvation. Despite the grave hardships, life in the Warsaw Ghetto was rich with educational and cultural activities, conducted by its underground organizations. Hospitals, public soup kitchens, orphanages, refugee centers and recreation facilities were formed, as well as a school system. Some schools were illegal and operated under the guise of a soup kitchen. There were secret libraries, classes for the children and even a symphony orchestra. The life in the ghetto was chronicled by the Oyneg Shabbos group.

非雇用率はゲットーでの最大の問題だった。不法に外部に販売する製品を製造する非合法の工場が作られ原料は子供達によって密輸入された。毎日、時には一日数回も、何百人もの4歳~5歳のユダヤ人の子供達が迷宮のような迷路を通って“アーリアン(白人)側”に渡り食料をゲットー内に密輸し、多くの場合、彼等の体重よりも多い品物を持ち帰ったのだった。密輸は多くの場合、其れ無しには餓死してしまったゲットー住人の食料を得るの唯一つの方法であった。この様な信じられない様な困難にも拘らずワルシャワゲットーの生活は地下組織に主催された教育活動、文化活動で豊かであった。学校の他にも、病院、炊き出し(パブリックスープキッチン、)孤児院、避難民センター、レクリエーション設備等が設立された。或る学校は非合法であったがスープキッチンを装って経営されていた。秘密の図書館、子供達の為の教室、そして交響楽団まで存在していた。ゲットーでの生活はOyneg Shabbosグループによって年代的に記録されている。

Over 100,000 of the Ghetto's residents died due to rampant disease or starvation, as well as random killings, even before the Nazis began massive deportations of the inhabitants from the Ghetto's Umschlagplatz to the Treblinka extermination camp during the Gross-aktion Warschau, part of the countrywide Operation Reinhard. Between Tisha B'Av (July 23) and Yom Kippur (September 21) of 1942, about 254,000 Ghetto residents (or at least 300,000 by different accounts)[1] were sent to Treblinka and murdered there.[2] In 1942 Polish resistance officer Jan Karski reported to the Western governments on the situation in the Ghetto and on the extermination camps. By the end of 1942, it was clear that the deportations were to their deaths, and many of the remaining Jews decided to fight.[1]

全国規模のライハルト作戦の一部としてのGross-aktion Warschauの期間、ナチ政権がゲットーのUmschlagplatzからトレブリンカ大量殺戮強制収容所に住人の大量移住を開始する前に、既に十万人以上のゲットー住人が意味無く起こる殺人や頻発する疫病や飢餓で死亡していた。1942年Tisha B'Avティシャバヴ (July 23)7月23日 からYom Kippur ヤムキプアー(September 21)9月21日 の間に約25万4千人のゲットー住人(他の記録では30万人)がトレブリンカ収容所に移され殺害された。1942年ポーランドレジスタンスの上層部の一員ヤンカルシキは西側の政府にゲットーの状況と大量殺戮収容所について報告している。1942年末までには(トレブリンカ等への)移住は死を意味している事が明白になり、多くのゲットーに残っている住人は戦う事を決意した。

Warsaw Ghetto Uprising and destruction of the Ghetto
ワルシャワゲットーの叛乱と破壊

On January 18, 1943, the first instance of armed resistance occurred when the Germans started the final expulsion of the remaining Jews. The Jewish fighters had some success: the expulsion stopped after four days and the ŻOB and ŻZW resistance organizations took control of the Ghetto, building shelters and fighting posts and operating against Jewish collaborators. During the next three months, all inhabitants of the Ghetto prepared for what they realized would be a final struggle.

1943年1月18日、独逸が最後のユダヤ人ゲットー住民の追放を開始し始めた時最初のレジスタンスが始まった。ユダヤ人戦闘員は幾らかの成功を収め、強制移住は4日間でストップしZOBとZZWレジスタンス組織はゲットーを支配た。避難所、砦の設置、そしてユダヤ人の裏切り者に対しての行動を起こした。続く3ヶ月の間ゲットー住人は最後の戦いになると理解した戦いに向けて準備をしたのだった。

The final battle started on the eve of Passover, April 19, 1943, when the large Nazi force entered the ghetto. After initial setbacks, the Germans under the field command of Jürgen Stroop systematically burned and blew up the ghetto buildings, block by block, rounding up or murdering anybody they could capture. Significant resistance ended on April 23, 1943, and the Nazi operation officially ended in mid-May, symbolically culminated with the demolition of the Great Synagogue of Warsaw on May 16, 1943. According to the official report, at least 56,065 people were killed on the spot or deported to German Nazi concentration and death camps, most to Treblinka.

最終戦はナチ軍の大部隊がゲットーに侵入した、1943年4月19日のパスオーヴァー(過ぎ越しの御祭り)に開始された。初期の失敗の後ドイツ軍司令官ユルゲンスツループは出来る者は全て捕虜にするか、若しくは殺害し、組織的に区域毎にゲットーの建物を焼き払い爆破して行った。大規模なレジスタンスは1943年4月23日に終了し、ナチのこの作戦は1943年5月16日のワルシャワのユダヤ教会大寺院破壊を象徴的に最後として5月中旬に正式に終了した。正式な報告によると、少なくとも5万6千65人がゲットーで殺害されるか、ドイツナチ収容所や死のキャンプ、殆どがトレブリンカに送られて死亡した。

Ejews : イスラエルとガザの問題は多くの人々がブログで意見を述べているでしょから今まで避けて来たのですが、今日は第二次大戦中のユダヤ人のワルシャワゲットーについてウキペディアから翻訳してみました。
 この叛乱は1961年のLeon Urisレオンウリスの小説“5月18日”や1986年の映画“ハイランダー”や、Aleksander Fordアレクサンダーフォードの1948年の映画“Border Streetボーダーストリート”、1955年のAndrzej Wajdaアンジェイワイダの“ A Generationジェネレーション(世代)”、2001年の“Uprisingアップライジング(叛乱)”、2002年のRoman Polanskiロマンポランスキーの“The Pianistピアニスト”で主題として取り上げられています。
 Andrzej Wajda(アンジェイ ワイダ)はポーランド人のワルシャワ叛乱を取り扱った1957年の映画“地下水道” Kanalカナル(ポーランド語で下水)等で有名で皆さんも御存知だと思います。
 ヨーロッパではカトリックキリスト教会のお墨付きの政策で、ユダヤ教徒差別は第二次大戦まで非常に強く、デンマーク等の数少ない例外を除いて(デンマークではナチによって全ユダヤ教徒はダビデの星のマークを胸につけなければならないと言う命令が出された後、多くのキリスト教デンマーク人がダビデの星を胸につけて現れ、反ナチ意思表示をしたそうです。)ヨーロッパ人の反ユダヤ感情が無ければナチ独逸のユダヤ教徒に対する残酷な政策も成功しなかったであろうと言われています。
 ワルシャワゲットーを計画し責任者であった、ドイツのポーランド支配総轄政府知事Hans Frankハンスフランクは戦後ワルシャワゲットーについて責任を問われ戦争犯罪人としてニュールンベルグ裁判で有罪となり、絞首刑になりました。........ふ~ん??????
 パレスチナ人はワルシャワゲットーのユダヤ人レジスタンスと同じ事をしているのではないでしょうか?

毛沢東曰く『圧政(弾圧)のある所には反抗がある!』 


新しくリンクさせて頂いたブログがあります。 住職のひとりごと と言うブログです。この方は私の様な趣味の暇つぶしで仏教を勉強しているのではなく、正真正銘の御坊さんです。私も読ませて頂いたのですが素晴らしいブログです。仏教の事、社会の事、人生の事、etc,是非“住職のひとりごと”をヴィジットして下さい。

 
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

海洋環境保護は和食保護!

A Sea of Troubles
危機に瀕している海。


Man is assaulting the oceans. They will smite him if he does not
take care
人類は海を攻撃している。若し人類が海を護らないと海は人類を咎めるだろう。

The Economist, December 30, 2008

http://www.organicconsumers.org/articles/article_16311.cfm

NOT much is known about the sea, it is said; the surface of Mars is
better mapped. But 2,000 holes have now been drilled in the bottom,
100,000 photographs have been taken, satellites monitor the five oceans and everywhere floats fitted with instruments rise and fall like perpetual yo-yos. Quite a lot is known, and very little is reassuring.
 海については余り知られていないと言われている。火星の表面の方がより地理的に知られている。然し、2千の穴が海底に掘られ10万の写真が取られ人工衛星は5つの海を監視し観測機器が詰め込まれている観測用浮フロートが至る所でヨーヨーの様に浮き沈みしている。かなりの事が海については知られていて、そして其の知識によると安心する事はホンの少ししかないのです。

The worries begin at the surface, where an atmosphere newly laden with man-made carbon dioxide interacts with the briny. The sea has thus
become more acidic, making life difficult, if not impossible, for marine
organisms with calcium-carbonate shells or skeletons. These are not all
as familiar as shrimps and lobsters, yet species like krill, tiny shrimp-like
creatures, play a crucial part in the food chain: kill them off, and you
may kill off their predators, whose predators may be the ones you enjoy served fried, grilled or with sauce tartare. Worse, you may destabilise an entire ecosystem.
 この問題は以前には存在しなかった人工の二酸化炭素でいっぱいの空気が海水と反応し始めた時に、海の表面から始まったのです。海は酸化し炭酸カルシウムの殻若しくは骨組みを持つ生き物にとって不可能とは言え無いまでも海での生存は難しくなった。海老やロブスターの様に有名じゃないけれども、其れでもオキアミの様な小さな海老の様な種類は食物連鎖で重要な役割を果たしている。それらの生き物を根こそぎにし、貴方の好物かもしれないフライや焼き魚タルタルソースと一緒に出されるオキアミを捕食する動物を根こそぎにする事は、其れ以上に全ての環境を不安定にする可能性が在るのです。

That is also what acidification does to coral reefs, especially if they are already suffering from overfishing, overheating or pollution. Many are, and most are therefore gravely damaged. Some scientists believe that coral reefs, home to a quarter of all marine species, may virtually disappear within a few decades. That would be the end of the rainforests of the seas.
 特に珊瑚礁の漁場が既に捕り過ぎになっているとか、水温が高過ぎるとか若しくは汚染に苦しんで居る場合は酸化によって此れと同じ事は珊瑚礁にも起こるのです。と言う事で多くの場合、そして殆どの珊瑚礁は極めて危険な状態にあるのです。或る科学者達は4分の1の海生動物の住処である珊瑚礁は実質的に数十年無いに消滅してしまうと信じているのです。其れは海の中の雨林の最後と言う事になります。

Carbon dioxide affects the sea in other ways, too, notably through global warming. The oceans expand as they warm up. They are also swollen by melting glaciers, ice caps and ice sheets: Greenland's ice is on track to melt completely, which will eventually raise the sea level by about seven metres (23ft). Even by the end of this century, the level may well have risen by 80cm, perhaps by much more. For the 630m people who live within 10km (six miles) of the sea, this is serious. Countries like Bangladesh, with 150m inhabitants, will be inundated. Even people living far inland may be affected by the warming: droughts in the western United States seem to be caused by changing surface temperatures in the tropical Pacific.
 特に環境温暖化という現象で二酸化炭素は海に違った影響も与えるのです。温度の上昇に応じて(体積が増えるので)膨張するのです。其れだけでなく海は溶け出した氷河や山頂の氷や氷の層等でも水位が上昇します:グリーンランドの氷は完全に溶けてしまう方向に進んでいて、其れは終局的に海の水位を約7メートル(23フィート)上昇させるのです。今世紀の終りには水位は80センチ程上昇しているでしょう。若しかするともっと上昇しているかも知れません。6億3千万の人々が海岸から10キロメートル(6マイル)以内に住んでいて此れは大きな問題なのです。1億5千万人の居住者の居るバングラデッシュの様な国は水浸しになってしまいます。内陸に住んでいる人々も気候温暖化の影響を受けます。:米合衆国西部の旱魃は熱帯地域の太平洋表面の温度の上昇が原因している様に見えるのです。

And then there are the red tides of algal blooms, the plagues of jellyfish and the dead zones where only simple organisms thrive. All of these are increasing in intensity, frequency and extent. All of these, too, seem to be associated with various stresses man inflicts on marine ecosystems: overfishing, global warming, fertilisers running from land into rivers and estuaries, often the whole lot in concatenation.
 其の上植物プランクトンの大発生による赤潮、クラゲの大発生、そして単純な生物しか繁栄出来ないデッドゾーン等これ等は徐々に周期が早くなり大規模になってきています。そして下記の全ての問題も人間が海洋環境に与えているストレスに関係している様に見えるのです。:漁場での乱獲、地球温暖化、川や河口の湿地帯に流れ込む多くの場合大量の高濃度の(化学)肥料。

Some of the worrying changes may not be entirely the work of man. But one that surely has no other cause is the dearth of fish in the sea: most of the big ones have now been hauled out, and the rest will be gone within decades if the pillage continues at current rates. Indeed, over three-quarters of all marine fish species are below, or on the brink of falling below, sustainable levels. Another change is the appearance of a mass of discarded plastic that swirls round in two clots in the Pacific, each as large as the United States. And the sea has plenty of other ills, as our special report this week explains.
 幾つかの問題の変化は全く人間の行為が原因している訳ではないのかも知れません。然し、唯1つ他に原因の無い問題は海の魚の死と言う事です。大型の種類は殆ど捕り尽くされ、若しこの略奪が現在の状態で続くと、残りも数十年内に絶滅してしまうでしょう。確かに4分の3以上の全ての海の魚類は種を保存出来るレベル以下か其のレベルにもう少しで陥ってしまう状態にあります。もう1つの変化は米合衆国と同じ広さの捨てられたプラスチック、ビニールのゴミが二つの塊となって太平洋で渦巻いているのです。そして海には私達のスペシャルリポートで説明している様にもっと沢山の他の問題があります。

全記事は下記のサイトで読んで下さい。
Full story: http://www.economist.com/opinion/displaystory.cfm?story_i...


THE IMPACT OF GLOBAL TRAWLING:
MAPPING OUR FOOTPRINT ON THE SEAFLOOR
世界的底引き網による影響:海底での我々の行為の地図化による追跡。

http://earthtrends.wri.org/features/view_feature.php?theme=1&fid=10
Source: Adapted from World Resources 2000-2001 and Pilot Analysis of Global Ecosystems: Coastal Ecosystems
Author: Y. Kura, L. Burke, D. McAllister, K. Kassem
Date: August 2000

The impact of trawling on marine ecosystems may be larger than we realize. Certainly, the footprint of global trawling is bigger than many people suspect, according to a recent analysis of the world's trawling grounds.
 海洋環境に与える底引き網漁のインパクトは我々が思っているよりも大きいのかもしれない。最近の世界的底引き網漁場の分析によると、確かに底引き網漁の残す痕は多くの人々が考えているよりも大規模なのです。

Trawling is the dragging of weighted nets across the sea floor to catch shrimp and bottom-dwelling fish such as flounder. Trawling grounds are areas of the ocean where commercial trawling—legal or illegal—is prevalent.
 底引き網漁とは錘を付けた網で海底を引きずって海底に住む海老や平目の様な魚を捕る為の漁法です。底引き網漁場は合法若しくは違法の商業底引き網漁が頻繁に行われている海域の事です。

As part of a global study of ecosystem conditions, researchers attempted to map the seafloor areas that trawlers sweep—a task made difficult by the fact that no global database for ocean trawling exists. Only 24 countries—representing some 40 percent of the world's continental shelf area—provided sufficient data to map trawling grounds in their waters. (See Figure 1.) The map analysis concluded that trawling grounds in these countries encompass 8.8 million km² (Burke et al. 2001:22-23). Extrapolating from these figures suggests that the world's trawling grounds could total approximately 20 million km², nearly two and one-half times the size of Brazil (UNDP, UNEP, WB, and WRI 2000:80).
 世界的な環境状態の研究の一部として研究者達は底引き網が一掃する海底の地図作りを試みましたが世界的な底引き網漁のデータが無い事がこの仕事を難しくしました。僅か24カ国……………全世界の大陸棚漁場の40%を代表する…………….が底引き網漁場の地図製作の為に充分な彼等の国の海域のデータを提供しました。(図1参照)地図の分析では底引き網漁場は8百80万平方キロメートルに達すると結論付けました。これ等の数字から推測すると世界的な底引き網漁場は約2千万平方キロメートルに達する事が示され、其れは殆どブラジルの2倍半のサイズなのです。

Trawling is a major source of pressure on the biodiversity of coastal ecosystems. Modern techniques are capable not only of rapidly depleting targeted fish stocks, but also of damaging or destroying nontarget species, including corals and sponges, that may take years to recolonize. The thick natural carpet of bottom-dwelling plants and animals is important for the survival of the fry of groundfish such as cod, which find protection there. Thus, destruction of seafloor habitats is one of the principal factors in the decline of fishing stocks in heavily trawled areas (Engel and Kvitek 1998:1204-1205). In fact, some marine ecologists have compared the effects of trawling on the biology of the seafloor to the effects of clearcutting on forest ecosystems (Watling and Norse 1998:1180-1194).
 底引き網漁は沿岸環境の種の多様性に対する最も大きなプレッシャーの原因なのです。現代的技術は目的の魚類の集団を素早く根こそぎにするだけでなく繁殖するのに何年も必要とする珊瑚やスポンジの様な漁の目的では無い種類を傷つけ破壊する能力があるのです。分厚い海底の自然の絨毯である海草や動物は海底に住む鱈等の稚魚が隠れ家を探す為に必要なのです。だから底引き網漁が集中する地域での海底の生息地の破壊は最も大きな魚群の減少の原因の1つなのです。
実の所、或る海洋生態系学者が底引き網漁法の海底に与える影響と何も残さない完全な伐採の森林生態系に与える影響を比較しているのです。
Fryには油で揚げると言う意味の他に魚の稚魚と言う意味があるのです。

Increasing use of new deep-water trawling equipment means that damage is no longer restricted to shallow shelf areas. More and more, fishers are trawling beyond the continental shelf, expanding into areas that previously were not regularly swept by trawlers. Harvesters are trawling at depths up to 400 m and, in some places, more than 1,500 m (Burke et al. 2001:23). Because deep-living species tend to grow more slowly than shallow-water species, the long-term impact of trawling is magnified as trawl depths increase (Watling and Norse 1998:1190).
 使用の拡大する深海底引き網の道具の意味する事は、既に破壊は大陸棚の浅い海域に限定されていると言う事ではないと言う事なのです。より多くの漁船が大陸棚を越えて過去に底引き網漁が為されていなかった地域に漁場を広げ底引き網漁を行っています。漁船は400メートルまでの深さの海底で網を引きずっていますが、場所に寄れば1500メートル以上の深さまで達します。深い海底で生息している生き物は一般に成長が遅いので底引き網漁の深度が深くなるほど将来への底引き網漁の(環境への)インパクトは大きくなるのです。

Ejnews:日本人の食事は海産物に多くの部分頼っているので今日は人間の海に対するインパクトについての英文の翻訳でした。日本人は海洋の環境破壊については私が翻訳するまでも無く御存知の方が多いと思いますが、アメリカ人との会話で和食の話になる事もあるかと思いますので、その時の為にこの記事も参考にして下さい。
 海と言えばソマリア沖の海賊の話が最近話題になっていますが、問題の原因は、そもそもイタリアの廃棄物処理会社がソマリア沖で核廃棄物を含む塵を違法に投棄し始め、多くのソマリア人が放射能汚染され(多くが死亡したと聞きます)其の上、アジア等の国の魚船団が漁場を侵略しソマリアの貧しい漁民達は生活の基盤を失い海賊行為だけが生き残る手段となったそうです。この様な理由でソマリアでは70%以上の人口が海賊を支持しているそうです。
処で、イスラエルのガザに対する軍事行動に対して世界中の大都市で大反対のデモ行進が行われていますが、日本ではパレスチナ-イスラエル問題はどの様に報道されていますか?本当に大変な問題です。
元々聖書でも御馴染みの様に、ユダヤ教徒は現在イスラエルと呼ばれている土地を神が約束した土地としてカナン人の王国を武力攻撃で征服して建国して筈ですよね?(旧約聖書ヨシュア記のヨルダン川を渡りエリコ若しくはジェリコとの戦いに始まるカナン征服の話し)然しローマ帝国に徹底的に破壊されその後千8百年ほどパレスチナとして知られていた土地なのですが、スペインのユダヤ人迫害で最初の大規模なユダヤ教徒のパレスチナへの移民が始まったそうです。元々ユダヤ教徒はヨーロッパでは差別されていて特に東欧、ロシアでは迫害が強くスペインからのユダヤ教徒のパレスチナ移民以降何回にも亘る東欧、ロシアからのユダヤ教徒のパレスチナへの移民の波が続き、第一次大戦時にユダヤ教徒の資金力なしに戦えなかった英国が彼等の資金力の援助を得る為と言われている、パレスチナでユダヤ教徒の国家を建設する事を仄めかした“バルファー宣言”と言う手紙をアーサーJバルファー伯爵がユダヤ教徒のロスチャイルド卿(あのヨーロッパで当時最大の銀行家ファミリーのイギリス分家)に送り、このバルファー宣言が現在の1948年に独立宣言をしたイスラエル誕生の発端とされています。第二次大戦終了時にはパレスチナのユダヤ教徒は人口の33%に達していたと言う事です。(1922年当時のパレスチナのユダヤ教徒の人工比率は11%)
と言う事でパレスチナ問題と言う問題はヨーロッパが原因の問題なのです。ルワンダのフツによるツッチー虐殺事件も植民地支配をしていたベルギーの分断して支配する政策が元々フツとツチー間の問題を作り上げ、虐殺当時はフランス政府がフツ政権側を保護した為混乱がより大きくなり戦争も長引く事になった事等、現在の国際問題の殆どの原因は時代を遡ると西洋国家の植民地支配政策が影響している様です。

 新しくリンクさせて頂いたブログがあります。 住職のひとりごと と言うブログです。この方は私の様な趣味の暇つぶしで仏教を勉強しているのではなく、正真正銘の御坊さんです。私も読ませて頂いたのですが素晴らしいブログです。仏教の事、社会の事、人生の事、etc,是非“住職のひとりごと”をヴィジットして下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Happy New Year!明けましておめでとうございます。

Happy New Year !
謹賀新年!


皆さん明けましておめでとうございます。

皆さんは新年は如何迎えられましたか?私は寝クリスマスに始まって寝正月で締めくくっています。
 処で、私の様な世俗社会で堕落した生活を送る人間は時々心を清める為に何かしないといけないので、新しい年をより良く過ごせる様に、一年の初めに仏陀の言葉を読み返して見てはと、ふと思いつき訳してみました。清く正しい生活をされていられる方は英語の練習の心算でお付き合い下さい。


Buddha 仏陀、お釈迦様、ゴータマシダールタ

However many holy words you read, however many you speak, what good will they do you if you do not act on upon them?
どれだけ聖なる文を読んだとしても、どれだけ喋ったとしても、それらがなんの役に立つと言うのだろう……………….若し貴方がそれらの事を実行しないとしたら?

In the sky, there is no distinction of east and west; people create distinctions out of their own minds and then beleive them to be true.
空には東西の違いは無い。其れは人間が考えて創り出した物だが、(其の違いを)人間は真実だと信じている。

It is better to travel well than to arrive.
良く旅する事が(唯何処かに)到着する事よりも良い事である。
(旅と言う行為が唯目的地に到着すると言う事よりも大切である。人生の事ですね。)

Just as a candle cannot burn without fire, men cannot live without a spiritual life.
蝋燭が炎無しに燃える事が出来ない様に、人間は精神生活無しに生きる事は出来ない。
spiritual life精神生活(正しい心のあり方を追い求める生き方、努力)

The foot feels the foot when it feels the ground.
足は地面を感じた時に足自身の存在を感じるのである。


The mind is everything. What you think you become.
貴方の心が全てである。貴方の考えがが貴方という人間を創り出す。

Your work is to discover your world and then with all your heart give yourself to it.
貴方の使命は貴方の住む世界を発見し其の中に真心を込めて貴方自身を投じる事である。

You, yourself, as much as anybody in the entire universe, deserve your love and affection.
貴方、貴方自身この全宇宙に住む誰とも同等に、貴方の愛と愛情を受けるに値するのです。

Work out your own salvation. Do not depend on others.
貴方自身への救済を考え出しなさい。人に頼ってはいけません。

A dog is not considered a good dog because he is a good barker. A man is not considered a good man because he is a good talker.
犬は良く吼えるから良い犬だと理解されるのではない様に、人は雄弁だからと言って良い人だと理解される訳ではない。

(雄弁術はギリシャ、ローマでは支配階級、貴族の大切な教養の一つでしたが、仏陀はそうは考えていなかった様で正しい考え、会話、行動の方が大切だと説いていました。)

All wrong-doing arises because of mind. If mind is transformed can wrong-doing remain?
全ての悪い行為は心が原因しているのです。若し心が改善されると悪い行為は存在し続けるのでしょうか?

Believe nothing, no matter where you read it, or who said it, no matter if I have said it, unless it agrees with your own reason and your own common sense.
貴方の論理とコモンセンスに一致しなければ、何処で読んだとしても、誰が言ったとしても、若し私(仏陀)が言ったとしても何も信じてもいけません。
(人の言った事を其のまま信じるのではなく自分で考えて理解しなさい。)

Do not dwell in the past, do not dream of the future, concentrate the mind on the present moment.
過去についてクヨクヨしないように。未来について夢を見ないように。貴方の心を今この瞬間に集中させなさい。

Hatred does not cease by hatred, but only by love; this is the eternal rule.
憎しみは憎しみによって打ち消す事は出来ない。然し唯、愛によってだけ打ち消されるのです。此れは永遠の真実です。

Have compassion for all beings, rich and poor alike; each has their suffering. Some suffer too much, others too little.
皆、其々苦悩しているのです。だから、裕福な人へも貧しい人へも同様に人間誰にでも慈悲の心を向けなさい。在る人は多過ぎる位い苦悩し、ある人は苦悩が足りないのですが。

He is able who thinks he is able.
私には出来ると思っている人が出来るのです。

Ejnews:日本人なら仏陀の言葉には馴染みが多いので仏陀の言葉は英語でこの様に表現されているのだと比較も出来ると思います。暇があれば学者によってどの様にパーリー、サンスクリット、中国語などから翻訳されているか日本語の仏教の本で調べてみて下さい。

おまけ

Plato プラトン

確か紀元前5~4世紀に生きたギリシャの哲学者。

The price good people pay for their indifference to public affairs is to be ruled by evil men.
善良な市民の政治についての無関心の支払う代償は悪人によって支配されると言う事だ。

(若し、Ejnewsが小泉とか麻生とか小沢とか自民党とか公明党とか民主党の事を、当て擦りにこのプラトンの言葉を引用していると想像されている方が居るかも知れませんので、念のた為に明言しておきます。プラトンはその様な小泉等々の名前は書き残していません!……..??????)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。