スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーベン、シラー、喜びの歌、第九シンフォニー、イルミナティ、フリーメイソン、?

Beethoven and the Illuminati
ベートーベンとイルミナティ

How the secret order influenced the great composer.
其の秘密結社はどの様に偉大な作曲家に影響を与えたか。

By Jan Swafford, Slate Magazine
http://www.informationliberation.com/?id=26277より。

In 1779, a composer, writer, teacher, and dreamer named Christian Neefe arrived in Bonn, Germany, to work for the Electoral Court. Neefe (pronounced nay-fuh) was the definition of what Germans call a Schw醇Brmer, a person swarming with rapturous enthusiasms. In particular, he was inflamed with visions of endless human potentials that the Scientific Revolution and the Enlightenment promised to unleash. Like many progressives of the time, Neefe believed that humanity was finally coming of age. So he had picked the right place to get a job. Bonn was one of the most cultured and enlightened cities in Germany; the court supported a splendid musical and theatrical establishment. Before long in his new post, Neefe found himself mentoring a genius. Meanwhile, in his spare time, he signed on with a plan to, as it were, rule the world.

1779年、作曲家、作家、教育者そして夢想家がElectoral Court(選挙公宮廷?)で働く為ドイツの都市ボンに到着した。彼の名はクリスチャン ネイファ。ネイファはドイツ人がSchw醇Brmerシャヴェルメール?と呼ぶ、はちきれんばかりの情熱で溢れている人の典型だった。特に、彼は科学的革命と啓蒙主義が解き放つ無限の人間の可能性と言うヴィジョンに興奮していた。当時の他の多くの進歩主義者と同様にネイファは人類は終に成人に達したと信じていた。と言う事で彼は仕事をする為に最適な場所を選んだのであった。ボンはドイツで最も文化的で啓蒙的な都市のひとつであった。宮廷は素晴らしいミュージカルや劇場を支援していた。其処でネイファはまもなく新しい仕事で、ある天才を指導する羽目になるのであった。其の傍ら暇な時間にある計画に志願したのである。其の計画とは世界を支配すると言う事であった。ジャジャーン!

One of Neefe's first students was a sullen, grubby, taciturn 10-year-old keyboard player named Ludwig van Beethoven. He was the son of an alcoholic singer who had more or less beat music into him. The kid seemed more like a charity case than a budding musician, but Neefe soon discovered that his talent could put him in the league of the musical phenomenon of the age, a child of freakish gifts named Mozart.

最初のネイフの生徒の一人は無愛想で、汚らしく、非社交的なルートヴィッヒ フォン ベートーベンと言う名前の10歳のキーボード演奏家だった。(ベートーベンは)彼に音楽を教えると言うよりは叩き込むと言った方が妥当なアルコール中毒の歌手である父親の息子だった。この子は音楽家の卵と言うよりはどちらかと言うとネイファにとっては(ベートーベンに教える事は)慈善行為の様な物だった。しかしネイファは直ぐにベートーベンのタレントは当時の音楽界での神童でモーツアルトと言う名前の異様な才能の持ち主と同じリーグの仲間入りをさせる事が出来る事に気が付いたのだった。

Ludwig was named for his grandfather, who had been Kapellmeister, head of the court musical establishment. Old Ludwig's son, Johann van Beethoven, was a tenor in the choir; when his father died, he had made a bid to become Kapellmeister. Everybody but Johann understood that was ludicrous: He was a competent singer and music teacher, otherwise hopelessly mediocre and a devotee of the bottle. As often happens, the full ferocity of the father's blighted ambition landed on the son. Johann van Beethoven intended to make his oldest child into another Mozart, or else.

ルートビッヒはカペルマイスター(指揮者)で宮廷歌劇の指導者であった彼の御祖父さんにちなんで名付けられていた。ルートヴィッヒ御祖父さんの息子、ヨハン フォン ベートーベンはコーラスのテナー歌手で彼の父が他界した時カペルマイスターになる挑戦をしたのだが、ヨハン以外は彼の挑戦は馬鹿げた行為と思っていた。彼は有能な歌手で先生だったが其れ以外は凡庸でアル中だった。良く聞く話だが、父親の成し遂げれなかった野望が息子にのしかかったのである。ヨハン フォン ベートーベンは彼の長男をもう一人のモーツアルトにする積りだった。さもないと…………………………。

Neighbors used to see tiny Ludwig standing on a bench to reach the keyboard, his father standing over him shouting and threatening, the boy weeping as he played. When Ludwig was 7, his father put him on display in a concert and for good measure advertised him as age 6, the same as Mozart when he became famous. Johann was hoping for a sensation, but nothing came of it (except that Beethoven was confused about his age for the rest of his life). At 7 he had been a terrifically precocious keyboard player, but he wasn't another Mozart, at least not yet.

彼の父が圧倒する様に立ち、叫び脅している傍ら小さなルートヴィックがキーボードに手が届く様にベンチの上に立ち泣きながらキーボードを演奏しているのを隣人たちはよく目撃した物だった。ルートヴィッヒが7歳の時、彼の父は演奏会でルートヴィッヒを披露し、おまけにモーツアルトが有名になったと同じ年齢の6歳だと宣伝したのだった。ヨハンは大評判を期待していたが、ベートーベンが一生彼の年齢で混乱する以外は何も起こらなかった。7歳としては彼は既に早咲きのキーボード演奏家であったが然し彼はもう一人のモーツアルトではなかった………………….少なくとも其の時は未だ…..。

By the time Christian Neefe arrived in Bonn and started teaching Beethoven organ and composition, the 10-year-old was as good a keyboard player as anybody in town. Soon Neefe got into print some variations Ludwig had written, one of his first pieces―slight and conventional, still not Mozart but impressive for his age. In a newspaper article, Neefe cited the variations and said the magic words: With proper nurturing, this boy will "surely become a second Wolfgang Amadeus Mozart."

クリスチャン ネイファがボンに到着しベートーベンにオルガンと作曲を教え始めていた時、この10歳の子供は町のどのキーボード演奏家達と同じほど良い演奏家となっていた。直ぐにネイファはルートヴィヒの作曲した幾つかの曲を出版し始めた.其の中の最初の一つはつまらない代わり映えのしない物で、未だモーツアルトと比べられる様な物でははなかったが、彼の年齢にしては印象的なものだった。新聞の記事でネイファはベートーベンの曲について引用した中で魔法の言葉を使っている。『適切な教育によってこの少年は確実に2番目のヴォルフガング アマデウス モーツアルトになる。』と。

By his midteens, Beethoven was a court musician in various capacities and making huge strides as a composer. His father had pulled him out of school after a few years so he could concentrate on music. (Beethoven learned to add and subtract but never learned to multiply. If he had to multiply 65 by 59, he wrote 65 in a column 59 times and added it up.) Meanwhile his father was promoting him relentlessly, mounting concerts in the house and taking him on tours around the Rhineland. By that point, there was little question in Ludwig's or anybody else's mind that he was headed for big things. One day when his landlord's daughter accosted him with, "How dirty you're looking again! You ought to keep yourself properly clean," he told her, "What's the difference? When I become a gentleman, nobody will care."

10代の中頃になった頃はルートヴィッヒ ベートーベンは種々の資格で宮廷音楽家として働きそして作曲家として大きな前進をしていた。彼の父は音楽に集中できる様にルートヴィッヒを数年で学校から退学させた。(ベートーベンは足し算と引き算を習ったが掛け算は全く習わなかった。若し65と59の掛け算をしなければならない時は,彼は65を縦に59回書いて足し合わせたのだった。)同時にコンサートを家で開催したり彼をラインランド至る所ツアーにつれ回し足りして、彼の父はルートヴィッヒを容赦なく売り込んでいた。この時点ではもう彼がデッカイ何かに向かっている事にルートヴィッヒや其の他の誰の心にも疑いはなかった。ある日彼の地主の娘が『貴方又なんて汚らしくしているの!チャント奇麗にしてなきゃ駄目じゃないの!』と語り掛けて来た時『そんな事どんな違いがある?私が紳士になったらそんな事誰も気になんかするもんか!』とルートヴィッヒは彼女に言ったのだった。

Which is to say that Beethoven was a prodigy and had the classic prodigy's trouble: He knew all about music, but he didn't know how to live. He had only a hazy sense of the reality of other people. Throughout Beethoven's youth, a row of mentors would attempt to civilize and socialize him, with mixed results.

と言うことはベートーベンは天才で典型的な天才に付き纏う問題を抱えていたと言うことだ。彼は音楽については全てを知り尽くしていた、然し如何生きて良いか知らなかった。彼は他人についてほんの僅かなボンヤリした現実の感覚しか持っていなかった。ベートーベンの青年時代数々の指導者が彼を洗練し社交的にしようと試みたのだが結果はそれ程でもなかった。

In those years, his first serious mentor, Neefe the Schw醇Brmer, was in an especially perfervid phase of his spiritual life. For some time he had been a Freemason, a group then in its first century as a progressive, international, secular, semisecret order open to men of all faiths. (As such, the Masons were loathed by churches and regimes alike.) But Neefe was tired of the Masons' endless chatter of liberty and morality. He wanted a more ambitious and active kind of brotherhood―say, a new world order. That took him to one of the more bizarre sideshows of the Enlightenment: the Bavarian Illuminati. A Bonn lodge of the Illuminati formed, and Beethoven's teacher became head of it.

其の当時、彼の最初の本格的な指導者“ネイファ ザ シュヴェーマー”は特に熱狂的な精神生活の局面に差し掛かっていた。既に彼は全ての宗教を信じる人間が受け入れられる国際的で、世俗的、半分秘密的な結社、当時進歩的なグループとして最初の世紀を迎えていたフリーメイソンの一員だった。(それだけで、メイソンは教会や政権等に同様に忌み嫌われていた。)然しネイファはメイソンの終わりの無い自由と道徳についての御喋りに嫌気がさしていた。彼はもっと野望的で活動的な仲間を欲していた………言ってみればニューワールドオーダーの様な……………..。其れはネイファを啓蒙主義運動の中のもっと変てこな余興の一つに結び付けたのだった。其れは“バヴァリアンイルミナティ”ボンのイルミナティ支部が結成されベートーベンの先生が其の支部の親分になったのである。

Founded in 1776 by a Bavarian professor named Adam Weishaupt, the Illuminati joined radical politics and Jesuit-style hierarchy to fanatical secrecy. The aims of the order were ambitious, all right: They intended to change the world and had a plan to do it. The means were not to be by violent revolutions. The idea was to form a cadre of enlightened men who would steathlily infiltrate governments everywhere and slowly bring them to a kind of secular-humanist Elysium under the guidance of a secret ruling body. Said Adam Weishaupt: "Princes and nations shall disappear from the face of the earth peacefully, mankind shall become one family, and the world shall become a haven of reasonable people. Morality shall achieve this transformation, alone and imperceptibly."
1776年バヴァリアのアダムヴェイスハウプトと言う名前の教授によって設立されたイルミナティは(カトリック修道会)イエズス会的な階級組織と狂信的な秘密主義で急進的な政治運動に参加して行った。結社の目的は充分野望的で、彼等は世界を変える事を意図していて其れを実行する計画も持っていた。手段は武力的な革命ではなかった。アイデアは政府内至る所に秘密裏に潜入し、指導的集団の指揮により政府を徐々に世俗的人道主義の極楽する啓蒙された人物達を組織する事であった。“王子達と国家は地上から静かに消え去り人類は一つの家族となり、そして世界は責任感のある人々の天国となるだろう。唯一道徳が静かに誰にも気付かれずこの変化を達成するはずである。”とアダムヴェイスハウプトは語っている。

For every Illuminatus, the perfection of society started with the perfection of one's own moral character. Aspiring members were given piles of text to read, required to write a rigorous self-examination and to undergo ritualized interrogations:

全てのイルミナティのメンバーにとって完成された社会は一個人自身の道徳的性格から始まっている。大望を抱いているメンバーは山の様な書物を読む様に与えられ、厳しい自己分析を要求され儀式化された尋問を経験する。

Where have you come from?/ From the world of the first chosen.
Whither do you want to go?/ To the inmost sanctum.
What do you seek there?/ He who is, who was, and who shall always be.
What inspires you?/ The light, which lives in me and is now ablaze in me.

汝は何処から来たのか?最初に選択された世界から来たのです。
汝は何処へ行きたいのか?最も深遠な聖なる所へです。
汝は其処で何を求めるのか?彼であり、であった、そして常にあるべき者をです。
汝を何が勇気づけ刺激するのか?私の内部に存在しそして今私の中で燃え立っている光です。

For all the moony mysticism, the Illuminati had a high-Enlightenment agenda, rational, humanistic, and universal. They published a monthly magazine, Contributions to the Spread of Useful Knowledge, which was partly Enlightenment cheerleading, partly practical items relating to husbandry, housekeeping, and the like. Duty was the essence of Illuminati teaching, but it was an Enlightenment kind of duty: duty not to God or to princes but to the order and to humanity.

この様な全ての変てこりんな気違い沙汰の神秘主義にも拘らず、イルミナティは論理的人道的、普遍的な崇高な啓蒙主義的目標を抱いていた。彼等は部分的に啓蒙的応援で部分的に実用的農業、家政等の様な物に関した利用価値のある知識を広める事に寄与する為月刊雑誌を発行した。義務はイルミナティの教えのエッセンスだったが其れは啓蒙的義務であった。其の義務とは神への為でも無く王子達の為でも無く、唯、組織と人道主義の為の物であった。

In practice, the Illuminati amounted to a kind of activist left wing of the Freemasons, from whom they drew most of their members. The numbers were never large, but they included people like Goethe (briefly) and Christian Koerner, a close friend and confidant of Friedrich Schiller. Koerner's influence seems to be why some Illuminati-tinged ideas―universal brotherhood and the triumph of happiness bringing humanity to Elysium―turned up in Schiller's famous poem Ode to Joy, which was often set to music and sung in Masonic and Illuminati circles. The poem would later enter history via the finale of Beethoven's Ninth Symphony.

現実には、イルミナティはフリーメイソンの左翼活動家の様な役割を果たし、其の殆どのメンバーはフリーメイソンから得たのであった。メンバーの数は決して多くは無かったがゲーテ(短期間)やフレデリック シラーの親友クリスチャン コーナーの様な人々が含まれていた。コーナーの影響で…….普遍の同士と幸福の勝利が人類に極楽をもたらすと言うアイデアが、曲や歌としてフリーメイソンやイルミナティの仲間達の間で取り上げられたシラーの有名な詩“喜びの頌歌”に表れている様に感じられる。この詩は後にベートーベンの第九シンフォニーのフィナーレとして歴史上に残るのである。

As an Illuminatus, an important part of Christian Neefe's duty was to covertly inculcate promising young people in the ideals of the order, then to recruit them when they came of age. Beethoven was as promising as young people get. So did Neefe inculcate this student? Surely he did. Was Beethoven recruited to the order? No―the Illuminati dissolved in 1785, when he was 14. There is also a question as to how inculcatable Beethoven was by anybody. Even in his teens, he was so fixed on his own tack that he only intermittently took notice of the rest of the world.

イルミナティとしてクリスチャンネイファの重要な義務は、将来成功が約束されていると思われる若者に密に結社のアイデアを教育する事で、其の後彼等が成人した時に結社のメンバーとしてリクルートする事であった。ベートーベンは若者がそれ以上期待できない最高の才能を持っていた。それでネイファはこの生徒を教育したのかな?勿論、彼はそうしたのだった。其れでベートーベンは結社にリクルートされたのかな?残念ながら答えはノー。イルミナティはベートーベンが14歳の時、1785年に解散したのであった。其の上、ベートーベンはいったい誰によってどの様に教育される可能性があるのかと言う疑問があった。彼が十代の年齢の時でさえ彼は自分自身の人生の目標に釘付けされていてホンの時々だけ世間の動向に気が付くと言う有様だったのだ。

Not only Neefe, but then and later most of Beethoven's other friends and mentors and patrons were ex-Illuminati or Freemasons. Did those influences have an impact on his life and art? Among many other things, certainly. By the time Beethoven left Bonn, he was already planning to set Schiller's Ode to music, and he had a good idea what that poem was about, from its humanistic surface to its Masonic and Illuminati depths. By then Bonn had helped give him ideas and ideals about being a composer that no one ever had before. He wanted to be something more than an entertainer. He wanted to be part of history.

ネイファだけではなく、当時そして其の後もベートーベンの他の友達やパトロン、指導者達はイルミナティの元メンバーやフリーメイソン達であった。彼等の影響はベートーベンの人生や芸術に大きな跡を残したのだろうか?色々起こった中で勿論彼等の影響はあった。ベートーベンがボンを去る頃には彼は既にシラーの喜びの頌歌を音楽にする計画を立てていた。そして彼はこの詩が、人道主義的見掛けからフリーメイソンやイルミナティまで深く何であるのか良く理解していた。其の頃にはボン市はベートーベンに、其れ以前に誰も持たなかった様な作曲家としてのアイデアや理想について助け与えていた。彼はエンターテイナー以上の何かになりたかったのである。彼は歴史の一部となりたかったのである。

If Beethoven had come from anywhere but Bonn he still might have been a genius, but he would not have been the same man and composer. True, he was more self-made than anything else, could see the world only through his own lens. He was a legendarily recalcitrant student and claimed to have learned nothing from any of his teachers. His most celebrated teacher, Joseph Haydn, sardonically dubbed Beethoven die grosse Mogul―in today's terms, the big shot. Yet at the same time, Beethoven was by no means aloof. He soaked up every idea around him, read voluminously in classical and modern literature, studied the music of older masters and modeled what he did on them. His art drew from myriad sources, among them the extravagant humanistic ideals floating around Bonn in his youth. One of the things it all added up to was something like this: music as an esoteric language wielded by a few enlightened men for the benefit of the world. Beethoven was all about duty to the abstraction called humanity. That was what he was taught and what he lived and wrote for, through all the miseries of going deaf and a great deal of physical pain. It was people he didn't much care about. But in taking up Schiller's Ode for the Ninth Symphony, he proposed not just to preach a sermon about the brotherhood of humanity and the dream of Elysium. He wanted the Ninth to help bring those things to pass.

若しベートーベンがボンではなく他の所からやって来たとしても、やはり彼は天才だったかも知れない。然し、彼は同じ人間で同じ作曲家ではなかっただろう。確かに彼は世界を自分自身のレンズを通してしか見れない事により、何よりも自分自身の能力で成功している。彼は伝説的なほど強情な生徒で、彼のどの先生からも何も習わなかったと宣言している。彼の最も有名な先生、ヨゼフハイドンは嘲笑的にベートーベンをdie grosse Mogul―ディーグロスモグル今日の言葉で大物(big shot.)と呼んでいる。しかしながら同時にベートーベンは冷淡で無関心と言う訳ではなかった。彼は周りの全てのアイデアを吸収し、膨大な量の古典と近代文学を読み、昔の大作曲家を勉強し手本にして真似ていた。彼の芸術は無数の源泉から成り立っていて、彼が青年時代を過ごしたボンのとっぴな人道主義的理想も其の中の一つであった。其の様に出来上がった中の一つでこの様な物がある:秘密の言語で啓蒙された少数の人間によって世界の為に使用される。ベートーベンの人生は人道主義と言う抽象的な物への義務だった。聴覚を失う悲劇や肉体的な大きな痛みを通り越し、其れが彼が教えられた物であり、その為に生き、その為に作曲した。彼がそれほど好きじゃなかった物は人間だった。然し、シラーの“喜びの頌歌”を第九に取り上げる事によって、単に人類愛や楽園の夢について説教を説くだけでなく、それらを企てたのである。彼は第九がそれらが実現する手助けとなる様に望んだのである。

As for the Illuminati, call them one more example of the Enlightenment's excesses of hope for human perfectibility. Since Beethoven's day, the secrecy and world-ordering agenda of the Illuminati have made them a natural magnet for conspiracy freaks. Awww, how cute you are! - ILThe Illuminati actually existed only some nine years, but there are still lots of folks, including many on the American religious right and the John Birch Society, who believe the Illuminati are the mother of all conspiracies, a Jewish-dominated international cabal that has more or less run the world since they incited the French Revolution. My saying they were a short-lived and a bit pathetic phenomenon makes me, of course, part of the conspiracy―along with Beethoven. I'd like finally to meet some of my fellow conspirators. They seem like interesting people.

イルミナティについては、啓蒙主義の人間の完全性についての有り余る様な希望の一つの例だとしておこう。ベートーベンが生きた時代からイルミナティの秘密主義と世界支配の目的から彼等は陰謀論狂達の自然の磁石となってきてのだが、アウー!あなた方はなんとカワイ子ちゃんなんでしょう!イルミナティは実際にはホンの9年かそこらしか存在しなかったのです。其れにも拘らずアメリカの宗教的右翼やジョンバーチ協会の様な物を含めた、イルミナティはフランス革命に火をつけてから、裏で世界を支配しているユダヤ人が支配する国際的秘密結社で、陰謀の根源だと信じる多くの人達がいるのです。イルミナティは短期間しか存在せず一寸哀れな現象だったと私が言っている事自体が、勿論、私をベートーベンも含めた陰謀の一部に加える事になるのですが……………..。私は陰謀者仲間の誰かと何時かあって見てみたい物です。彼等(イルミナティのメンバー)は興味深い人達の様に思えるのです。

ejnews:当時の秘密結社イルミナティと関係していた人物の影響によって、シラーの詩をベートーベンが有名な第九に使用したのかも知れないと言う事を知っている人は少ないと思いますが、ある特定の人々にとってイルミナティと言う古めかしい秘密結社は現在でも影響力の在る団体の様に捉えられている事も又事実の様です。
 然し皆さんこの記事でも理解して頂ける様にイルミナティは当時の啓蒙運動の一つでした。唯、古い価値観に支配された社会を自由平等人間愛の新しい価値観による革命で変革すると言う野望を抱いた為、旧勢力から凶悪な秘密結社だと捉えられた様です。フランス革命時代、あるフランスのカトリックの坊さんがイギリスに亡命しイルミナティを悪魔の様な秘密結社だと言う本を出版した為、イルミナティは其の後誤解されたようです。然し、分り易く言うと“独立宣言”に最初に署名しアメリカ独立運動を起した人々も当時の英国政府からはテロリストだと理解されていました。何時も反動的で不平等、保守的な支配勢力は人類の平等を説く人々を犯罪者扱いして来たのです。
 兎に角、社会を操っている勢力は自民党、公明党、アメリカの共和党民主党、中国共産党、等の政権と欧米日中等の資本家達で、彼等の方が我々庶民の生活には影響力が強いのです。
 アメリカでは、今回の金融危機が原因の経済危機を通して、金融銀行セクターでは生き残る企業僅かな企業が将来の市場を独占するのではないかとの不安を表明している人々がいるようです。そうなると今回の様な金融危機は、独占状態のズサンな経営の為もっと短い周期でやって来る可能性があり、それにより資本の集中はもっと強まり最終的に被害を被るのは庶民だと言う事だそうです。其れに対抗する為に、選挙で企業、経済的支配層の太鼓持ちをしている政治家達をドンドン首にしましょう!我々が主権者なので政治家は公僕と言って我々に仕えているのです。
今年は此れが最後の翻訳です。良いお年を!来年は人類の為の素晴らしい未来の始まる年であります様に!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

ナザレスのヨシュア別名イエスとエジプトの神Horusホールス

エジプトの神HorusホールスとYeshua of Nazareth, a.k.a. Jesusナザレスのヨシュア別名イエスの類似点。
ejnews:今日は未だクリスマスの続きです。古代のアジアから中近東、エジプトの神々は御互いに非常に類似している場合が多く、キリスト教も、勿論キリスト自身がユダヤ教徒であった様に当然ユダヤ教の一派なのですが、それ以外にもペルシャで始まり現在のトルコで発展したといわれているミトラ教の影響も見られるそうで、キリストが実在したとするならキリストの死後当時未だ影響力が強く残っていた古代の神々の性質がキリストに付け加えられたのでしょう。と言う事で今日はエジプトの重要な神ホールス(ホールスはギリシャ語的発音で古代エジプトではヘル、ハルだそうです)とキリストの比較です。此れは“http://www.adam.com.au/bstett/BJesusandHorus74.htm”からの抜粋です。
Father:
父親

Horusホールス
Only begotten son of the God Osiris.
唯一人のオシリス神によってもうけられた息子
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus イエス
Only begotten son of Yehovah (in the form of the Holy Spirit).
唯一人のヤーウエによってもうけられた息子(聖なるスピリットと言う形)
Mother:
母親

Horusホールス
Meri
メリ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus イエス
Miriam (a.k.a. Mary).
マリアム。別名マリー,マリア
Foster father:
義父

Horus
Seb, (Jo-Seph)
セブ(ヨーセフ)
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Joseph
ヨセフ(ジョセフ)
Foster father's ancestry:
義父の先祖

両者とも........................Of royal descent.王族の子孫
Birth location
誕生の地

Horus
In a cave
洞窟
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
In a cave or stable
洞窟か馬小屋
Annunciation
受胎告知

Horus
By an angel to Isis, his mother
天使によって母親のイシスへ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
By an angel to Miriam, his mother
天使によって母親のマリアムへ
Birth heralded by
誕生の告知

Horus
The star Sirius, the morning star
シリウス星。明けの明星
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
An unidentified "star in the East."
確認されていない東方の星。
Birth date:
誕生日

Horus
Ancient Egyptians paraded a manger and child representing Horus through the streets at the time of the winter solstice (typically DEC-21).
古代エジプト人はまぐさ桶とホールスを表している子供を担いで冬至の時期(特に12月21日)に街をパレードした
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Celebrated on DEC-25. The date was chosen to occur on the same date as the birth of Mithra, Dionysus and the Sol Invictus (unconquerable Sun), etc.
12月25日に祝われた。日時はミトラ、ディオニソス、征服されない太陽、の祭り等と同じ日になる様に選ばれた。
Birth announcement:
誕生の報告

両者とも....................................By angels.天使によって
Birth witnesses:
誕生の目撃者

両者とも.................................Shepherds羊飼いによって
Later witnesses to birth:
次の目撃者

Horus
Three solar deities.
3人の太陽神。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Three wise men
3人の賢者。
Death threat during infancy:
幼児期の死の危険

Horus
Herut tried to have Horus murdered.
へルートはホールスが暗殺される様にした
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Herod tried to have Jesus murdered.
ユダヤ王ヘロデはイエス暗殺を試みた
Handling the threat:
どの様にこの危機に対応したか

Horus
The God That tells Horus' mother "Come, thou godess Isis, hide thyself with thy child."
神がホールスの母に『女神イシスよ来たれ!汝を汝の御子と共に隠せ!』と伝えた
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
An angel tells Jesus' father to: "Arise and take the young child and his mother and flee into Egypt."
天使がイエスの父に『起きなさい!そして貴方の子供と母親を連れてエジプトに逃げなさい!』と伝えた。
Rite of passage ritual:
成人式の儀式

Horus
Horus came of age with a special ritual, when his eye was restored.
ホーロスは彼の目が癒された時、特別の儀式で成人した。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Taken by parents to the temple for what is today called a bar mitzvah ritual.
両親によってお寺に連れられていって成人した。今日のバーミツヴァの儀式。
Age at the ritual:
儀式のあった年齢

両者とも..........................................................12歳
Break in life history
人生で不明の時期

両者とも
No data between ages of 12 & 30.
12歳から30歳までの記録が無い
Baptism location:
バプティズムの場所

Horus..............................................................In the river Eridanusエリダヌス河
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus.............In the river Jordan.ヨルダン河
Age at baptism:
バプティズムの年齢
.....................................両者とも30歳
Baptized by:
誰によってバプティズム(洗礼)を受けたか

Horus............................................................Anup the Baptiser. 洗礼者アヌプ
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus..........John the Baptist 洗礼者ジョン
Subsequent fate of the baptiser:
洗礼者の其の後の運命.
..............................両者ともBeheaded.斬首
Temptation:
誘惑

Horus
Taken from the desert of Amenta up a high mountain by his arch-rival Sut. Sut (a.k.a. Set) was a precursor for the Hebrew Satan.
好敵手のスツによってアメンタ砂漠から山の高みに連れて行かれた。(スツの別名セツはヘブライ語のサタンの前身)
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Taken from the desert in Palestine up a high mountain by his arch-rival Satan.
好敵手のサタンによって砂漠から山の高みに連れて行かれる。
Result of temptation:
誘惑の結果

Horus
Horus resists temptation.
ホールスは誘惑に抵抗する
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Jesus resists temptation.
イエスは誘惑に抵抗する
Activities:
行動

Horus
Walked on water, cast out demons, healed the sick, restored sight to the blind. He "stilled the sea by his power."
水面を歩く。悪魔を追い払う。病人を治療する。盲目を治す。彼は彼の能力で海を静めた
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Walked on water, cast out demons, healed the sick, restored sight to the blind. He ordered the sea with a "Peace, be still" command.
水面を歩く。悪魔を追い払う。病人を治療する。盲目を治す。彼は海に『静まれ!動くな!』と命令した。
Raising of the dead:
死人を蘇らせる

Horus
Horus raised Osirus, his dead father, from the grave.
ホールスは彼の死んだ父親オシリスを墓場から蘇らせた。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Jesus raised Lazarus from the grave.
イエスはラザレスを墓場から蘇らせる。
Location where the resurrection miracle occurred:
復活の奇跡が起きた場所。

Horus
Anu, an Egyptian city where the rites of the death, burial and resurrection of Horus were enacted annually.
アヌ、エジプトの都市。其処ではホールスの死、埋葬、復活の儀式が毎年演じられていた。
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Hebrews added their prefix for house ('beth") to "Anu" to produce "Beth-Anu" or the "House of Anu." Since "u" and "y" were interchangeable in antiquity, "Bethanu" became "Bethany," the location mentioned in John 11.
ヘブライ人は接頭辞を家bethをAnuに付け加えてBeth-Anu“アヌの家”とし古代uとyは入れ替えられたので"Bethanu"はジョン11(ヨハネ11)に伝えられている場所"Bethany,"となった。
Origin of Lazarus' name in the Gospel of John:
ゴスペルヨハネの福音書のラザルスの名前の起源。
Asar was an alternative name for Osirus, Horus' father, who Horus raised from the dead. He was referred to as "the Asar," as a sign of respect. Translated into Hebrew, this is "El-Asar." The Romans added the prefix "us" to indicate a male name, producing "Elasarus." Over time, the "E" was dropped and "s" became "z," producing "Lazarus."
アサルはホールスが死から復活させたの父オシルスの別名で彼は敬意を表してアサルTHE ASARと呼ばれていた。ヘブライ語に翻訳されEl-Asarとなり、ローマ人が男性名詞を示す接頭辞USを加えてElasarusとし、長い間にEが落とされ、SがZに変わりLazarusとなった。
Transfigured:
変身

Horus..............................................................On a mountain.山頂
Yeshua of Nazareth, a.k.a.Jesus..............On a high mountain.山の高み。
Key address(es):
大切な演説

Horus
Sermon on the Mount.
山での説教
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Sermon on the Mount; Sermon on the Plain.
山と平原での説教
Method of death
死に方
...........................................両者ともBy crucifixion.十字架での死
Accompanied by:
一緒に死んだのは
......................両者ともTwo thieves.二人の泥棒
Burial
埋葬
................................................両者ともIn a tomb.墓場
Fate after death:
死後の運命

Horus
Descended into Hell; resurrected after three days.
地獄に落ち3日後に復活
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Descended into Hell; resurrected after about 30 to 38 hours (Friday PM to presumably some time in Sunday AM) covering parts of three days.
地獄に落ち、30~38時間後に復活(金曜日の午後から日曜の午前中の何時か)3日間をカヴァーする。
Resurrection announced by:
復活は誰によって報告されたか
.....................両者ともWomen.女性達によって
Future:
未来
..................................両者ともReign for 1,000 years in the Millennium.千年間の支配
Common portrayal:
一般的な描写

Horus
Virgin Isis holding the infant Horus.
処女イシスが幼児のホールスを抱いている
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Virgin Mary holding the infant Jesus.
処女マリアが幼児のイエスを抱いている。
Title:肩書き
Horus
KRST, the anointed one.
KRST油を塗って清められた人
Yeshua of Nazareth, a.k.a. Jesus
Christ, the anointed one.
Christ油を塗って清められた人
Other names:他の名前
両者とも
The good shepherd, the lamb of God, the bread of life, the son of man, the Word, the fisher, the winnower.
良き羊飼い。神の子羊。命のパン。人の子。神の言葉。漁師。選別者。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ










メリー クリスマス。I wish you a Merry Christmas !

THE CHRIST-MASS LIE ?
クリスマスの嘘?

How Did Christmas Come to Be...
どの様にクリスマスは形成されたのか?

こに記事は下記のサイトの記事の翻訳です。
http://www.liveleak.com/view?i=22f_1229043557

Christmas has always been a holiday celebrated carelessly. For millennia, pagans, Christians, and even Jews have been swept away in the season’s festivities, and very few people ever pause to consider the celebration’s intrinsic meaning, history, or origins.

クリスマス何時も深く考えられずにお祝いされてきて、千年もの長い間、異教徒、クリスチャン、そしてユダヤ教を信じる人々まで季節の御祭りに押し流されて来ました。そして極僅かの人達しかお祝いの真実の意味、歴史、起源を深く考えませんでした。

The word "Christmas" means "Mass of Christ," or, as it came to be shortened, "Christ-Mass." It came to non-Christians and Protestants from the Roman Catholic Church. And where did they get it? NOT from the New Testament - NOT from the Bible - NOT from the original apostles who were personally instructed by Christ - but it gravitated in the fourth century into the Roman Church from paganism.

クリスマスと言う言葉の意味は“キリストのミサの儀式”若しくは、短縮されて、ローマのカトリック教会から非キリスト教信者,プロテスタントまでクリスマスと呼ぶ様になったのです。そしてクリスマスの起源は何処にあるのでしょう?新約聖書からではありません。聖書からでもなく、キリストから直接指導を受けた元のキリストの使徒達でもなくて………………..其れは4世紀のローマ帝国教会の異教信仰に基づいている様です。

Roman pagans first introduced the holiday of Saturnalia, a week long period of lawlessness celebrated between December 17-25.The ancient Greek writer poet and historian Lucian (in his dialogue entitled Saturnalia) describes the festival’s observance in his time. "In addition to human sacrifice, he mentions these customs: widespread intoxication; going from house to house while singing naked; rape and other sexual license; and consuming human-shaped biscuits" (still produced in some English and most German bakeries during the Christmas season).

未だ異教徒だったローマ人が最初にサターナリアの祝日を始めた12月17日~25日までの間の一週間無法状態がお祝いされたのです。ギリシャ人の作家詩人歴史家のルキアン(サターナリアと題されている彼の対話)は彼が生きた当時のお祝いの習慣を説明しています。“人間の生贄の他に彼はこの様な習慣を述べています。大勢の酔っ払い、裸になって家から家へと訪れる、レイプや其の他の性行動の自由、そして人間の形をしたビスケットを食べる。”(この人の形のビスケットは今でも英国やドイツのパン屋さんでクリスマスの期間に作られています。)

440 AD POPE SIXTUS III establishes Roman Pontifical Authority as state law. Perpetual Virgin Mary declared Mother of God and modern Christ-Mass takes final form as mandatory state law.POPE SIXth III Created along with the Roman Ceasar Theodosius II, a CODEX which enforced the ROMAN CHRIST – MASS as STATE LAW. Dissenters were declared “legally Insane.

紀元後440年シクスタス教皇はローマの教皇権を国家の法として設立。永遠の処女マリーが神の母として宣言され、そして現在のクリスマスが最終的に国家の強制的な法律として制定された。シクスタス3世はローマのシーザー、シオドーシス(テシオドス)2世と共に法大全を制作し、其れはローマ式のクリスマスを国家の法律として実施している。反対者は法律で狂人と宣言された。

Christianity imported the Saturnalia festival (4th century CE) hoping to take the pagan masses in with it. Christian leaders succeeded in converting to Christianity large numbers of pagans by promising them that they could continue to celebrate the Saturnalia as Christians.

キリスト教は異教徒の民衆をキリスト教に改宗する事を期待してサターナリアの御祭りを取り込んだ。(4世紀CE)キリスト教の指導者達はサターナリアをクリスマスとして続けてお祝い出来ると約束して多くの異教徒をキリスト教に改宗する事に成功した。

The problem was that there was nothing intrinsically Christian about Saturnalia. To remedy this, these Christian leaders named Saturnalia’s concluding day, December 25th, to be Jesus’ birthday.Christians had little success, however, refining the practices of Saturnalia. As Stephen Nissenbaum, professor history at the University of Massachussetts, Amherst, writes, “In return for ensuring massive observance of the anniversary of the Savior’s birth by assigning it to this resonant date, the Church for its part tacitly agreed to allow the holiday to be celebrated more or less the way it had always been.” The earliest Christmas holidays were celebrated by drinking, sexual indulgence, singing naked in the streets etc.

問題はサターナリアにはキリスト教固有の物は何も無かったのである。この問題を解決する為にキリスト教の指導者達はサターナリアの最終日12月25日をイエスキリストの誕生日とした。キリスト教徒達はサターナリアの習慣を洗練する事には殆ど成功しなかった。マサチューセッツ大学の歴史学教授、ステファンニッセンバウムは『救世主の誕生をこの似かよった日にする事によって其の記念日を祝う大きな人口を獲得する代わりに、教会はサターナリアのお祭りを大体其れまで祝われていた様な形でお祝いする事に暗黙の承認をした。』最も初期のクリスマスは飲酒、性行為に耽る事、裸で街で歌う等の行為でお祝いされた。

The Reverend Increase Mather of Boston observed in 1687 that “the early Christians who first observed the Nativity on December 25 did not do so thinking that Christ was born in that Month, but because the Heathens’ Saturnalia was at that time kept in Rome, and they were willing to have those Pagan Holidays metamorphosed into Christian ones.” Because of its known pagan origin, Christmas was banned by the Puritans and its observance was illegal in Massachusetts between 1659 and 1681. However, Christmas was and still is celebrated by most Christians.

The Reverend Increase Mather of Bostonは1687年にこう書き留めている『12月25日に救世主の誕生を祝った初期のキリスト教徒はキリストが12月に生まれたと思ってした訳ではない、然し異教徒のサターナリアが当時のローマでは残っていて、異教徒の祝日がキリスト教の祝日に変質していく事を望んでいた。』この知られているクリスマスの異教の起源の為に清教徒の間ではクリスマスは禁止され其れを祝うことはマサチューセッツでは1659年~1681年の間違法であった。然しながらクリスマスは殆どのキリスト教徒によって祝われていて、今も祝われている。

Some of the most depraved customs of the Saturnalia carnival were intentionally revived by the Catholic Church in 1466 when Pope Paul II, for the amusement of his Roman citizens, forced Jews to race naked through the streets of the city. An eyewitness account reports, “Before they were to run, the Jews were richly fed, so as to make the race more difficult for them and at the same time more amusing for spectators. They ran… amid Rome’s taunting shrieks and peals of laughter, while the Holy Father stood upon a richly ornamented balcony and laughed heartily.”

最も邪悪なサターナリア カーニヴァルの習慣の一つは1466年にカトリック教会の教皇ポール2世によって意図的に復活された。其れはローマ市民の楽しみの為ユダヤ教信者を裸で街を走らせるという物だった。目撃者の報告によると『彼等が走り出す前に彼等が走り難くなる為と、観客を楽しませる為にユダヤ教徒は沢山食事を食べさせられた。そして彼等はローマ市民の嘲り、叫び、調子を合わせた笑いの中走っていった。その間教皇は豪華に飾り付けられたバルコニーに立ち盛んに笑っていた。』

The Origins of Christmas Customs.
クリスマスの起源


(Yule) - When the sun begins its northward trek in the sky, and days began to grow longer again, pagans celebrated the Winter Solstice by burning the Yule log. Since the sun had reversed itself and was now rising in the sky, pagans believed this was a sign that the human sacrifices carried out in Samhain (Halloween) had been accepted by the gods.

(ユール)-太陽が空の上で北に向かって動き始めた時、そして昼の時間が長くなり始めた時、異教徒達はユールのお祭り用の丸太に火をつけてお祝いしたのです。太陽が方向を転換して今空高く上っているので異教徒達はソーイン(ハロウィン)で行った人間の生贄が神々により受け入れられた印だと信じたのだった。

As the song: Deck the halls with boughs of holly … troll the ancient Yuletide carol … See the blazing Yule before us. Fa la la la la la la la. Song represent Pagan Traditions of the Holidays.

歌である様に、大広間をハリー(西洋ヒイラギ)の大枝で飾ろう...........古き昔のユールタイドのキャロルを輪唱し……….ユールが目の前で燃え盛っているいるのを見る。ファラララララララ。歌は異教徒の伝統的な神聖な日を描写しているのです。

Christmas Trees.クリスマスツリー
Just as early Christians recruited Roman pagans by associating Christmas with the Saturnalia, so too worshippers of the Asheira cult and its offshoots were recruited by the Church sanctioning “Christmas Trees”. Pagans had long worshipped trees in the forest, or brought them into their homes and decorated them, and this observance was adopted and painted with a Christian veneer by the Church.

丁度初期のキリスト教徒がクリスマスをサターナリアに関係させてローマの異教徒をリクルートした様に、常緑樹崇拝者達と其れから派生したグループは教会が認定する“クリスマスツリー”としてリクルートされたのです。この異教徒達は長い間森の木々を崇拝していて、若しくは彼等は木を家に持って帰り飾り付けをしていた。この習慣が教会に取り入れられ表面的にキリスト教を装う事になったのだった。

Mistletoeミスルトー(やどりぎ)
Norse mythology recounts how the god Balder was killed using a mistletoe arrow by his rival god Hoder while fighting for the female Nanna. Druid rituals use mistletoe to poison their human sacrificial victim. The Christian custom of “kissing under the mistletoe” is a later synthesis of the sexual license of Saturnalia with the Druidic sacrificial cult.

ノース伝説はナナと言う女性を巡って戦っている最中バルダー神が彼のライヴァル神ホダーにやどりぎの矢で殺された事を描写していて、ドゥルーイッド(主にアイルランドのケルトのシャーマン)の儀式ではやどりぎを人間の生贄に使う毒として使われた。クリスマスの習慣である“やどりぎの下でキスをする”事は後にローマ人のサターナリアのお祭りの自由な性行為とドゥルーイッドの生贄崇拝が結び付いた物である。

Christmas Presentsクリスマスプレゼント

In pre-Christian Rome, the emperors compelled their most despised citizens to bring offerings and gifts during the Saturnalia (in December) and Kalends (in January). Later, this ritual expanded to include gift-giving among the general populace. The Catholic Church gave this custom a Christian flavor by re-rooting it in the supposed gift-giving of Sain Nicholas

キリスト教以前のローマで皇帝達は彼等の政敵の市民に供え物や贈り物をサターナリア(12月)とカレンドゥス(1月)の期間に持って来る様に説得し、後にこの儀式は普通の市民の間での贈り物の交換に発展してていった。カトリック教会はこの習慣を聖ニコラスのプレゼントを与えたとされる行為に起源を入れ替える事によってキリスト教の香をつけたのだった。

Santa Claus サンタクロース
Nicholas was born in Parara, Turkey in 270 CE and later became Bishop of Myra. He died in 345 CE on December 6th. He was only named a saint in the 19th century.
Nicholas was among the most senior bishops who convened the Council of Nicaea in 325 CE and created the New Testament. The text they produced portrayed Jews as “the children of the devil" who sentenced Jesus to death.

ニコラスはトルコのパララで270年CEに生まれ後にマイラのビショップとなった。彼は345年CE12月6日に亡くなった。彼は19世紀にセイントになったばかりである。ニコラスは325年CEでニカエア評議会を開催したビショップの中で最も先輩格で新約聖書を作った。彼等が作ったテキストではユダヤ教徒は“悪魔の子供達”と描写されていて彼等はユダヤ教徒に死刑の宣告をした。

In 1087, a group of sailors who idolized Nicholas moved his bones from Turkey to a sanctuary in Bari, Italy. There Nicholas supplanted a female boon-giving deity called The Grandmother, or Pasqua Epiphania, who used to fill the children's stockings with her gifts. The Grandmother was ousted from her shrine at Bari, which became the center of the Nicholas cult. Members of this group gave each other gifts during a pageant they conducted annually on the anniversary of Nicholas’ death, December 6.

1089年、ニコラスに心酔する船乗りの集団が彼の骨をトルコからイタリアのバリに移した。其処でニコラスは頼み事を叶え子供達のストッキングをプレゼントでいっぱいにする、パスクア エピファニアか御祖母さんと呼ばれる女神に取って代わった。御祖母さんはバリの神社から追い出されてしまい、其処はニコラス崇拝の中心になった。この集団のメンバーは12月6日のニコラスの死んだ日を記念した年に一回のページェントの間に御互いにプレゼント交換した。

The Nicholas cult spread north until it was adopted by German and Celtic pagans. These groups worshipped a pantheon led by Woden –their chief god and the father of Thor, Balder, and Tiw. Woden had a long, white beard and rode a horse through the heavens one evening each Autumn. When Nicholas merged with Woden, he shed his Mediterranean appearance, grew a beard, mounted a flying horse, rescheduled his flight for December, and donned heavy winter clothing.

ニコラス崇拝はドイツ人やケルト人の異教徒に受け入れられるまで北方に広がった。これ等の集団はトール(ソール)、バルダー、ティウ、の父で集団の長であるワォーデンに率いられた神の集団を拝んでいた。ワォーデンは長く白い髭を持ち毎年秋一晩馬に乗って天国を駆け抜けるのだった。ニコラスがワォーデンと合体した時ニコラスは地中海の容貌を脱ぎ捨て髭を生やし空を飛ぶ馬に乗り、そして彼の飛行を12月に予定換えし分厚い冬用の服を纏い始めた。

In a bid for pagan adherents in Northern Europe, the Catholic Church adopted the Nicholas cult and taught that he did (and they should) distribute gifts on December 25th instead of December 6th.

異教に固執する北ヨーロッパの人々を改宗する為にカトリック教会はニコラス崇拝を取り入れてニコラスは12月6日ではなく、12月25日に贈り物をした、そして彼らもそうするべきだと教えた。

In 1931, the Coca Cola Corporation contracted the Swedish commercial artist Haddon Sundblom to create a coke-drinking Santa. Sundblom modeled his Santa on his friend Lou Prentice, chosen for his cheerful, chubby face. The corporation insisted that Santa’s fur-trimmed suit be bright, Coca Cola red. And Santa was born – a blend of Christian crusader, pagan god, and commercial idol.

1931年、コカ.コーラ社はスエーデンのコマーシャル アーティスト、ハドン サンドボルムと契約しコカコーラを飲んでいるサンタを作り出した。サンドボルムは彼のサンタのモデルに友達のルー プレンティスを彼の陽気でポチャポチャした顔の為に選んだ。コカコーラはサンタの刈り込まれた毛皮のコートは鮮鋭なコカ.コーラの赤にするべきだと固執した。この様にキリスト教十字軍(此処ではアグレッシヴな改宗、布教活動の意味?)、異教徒の神、そして商業活動の偶像が混じり合ってサンタは誕生したのだった。

Many of the most popular Christmas customs – including Christmas trees, mistletoe, Christmas presents, and Santa Claus – are modern incarnations of pagan rituals.
Many are excitedly preparing for their Christmas celebrations and would prefer not knowing about the holiday’s real significance. If they do know the history, they often feel that their celebration has nothing to do with the holiday’s history and meaning.. and say... “We are just having fun enjoying our pretty Ashteroth tree and the lovely presents therein.

多くの最も人気のあるクリスマスの習慣………クリスマス ツリー、ミスルトー(やどりぎ)、クリスマスプレゼント、そしてサンタクロースを含めた……….は異教の宗教儀式の現代での具現化です。多くの人々は興奮してクリスマスの御祝いを準備していて、この祝日の本当の意味を知らない事を選んでいるかも知れない。若し彼等がこの歴史を知ってしまうと彼等は多くの場合このお祝いがこの祝日の歴史や意味と何の関係も無いと感じてしまうのだ。そして『私達は唯、奇麗な常緑樹と此処にある愛らしいプレゼントを楽しんでいるだけだよ!』と言うのだ。

WikipediaウィキペディアによるとChristmasクリスマスは........

Christmas (IPA: /krɪsməs/), also referred to as Christmas Day or Christmastide, is an annual holiday celebrated on December 25 that marks and honors the birth of Jesus of Nazareth.[2][3] The birth of Jesus, which is the basis for the anno Domini system of dating, is thought to have occurred between 7 and 2 BC.[4] December 25 is not thought to be Jesus' actual date of birth, and the date may have been chosen to correspond with either a Roman festival,[5] or with the winter solstice.[6]

クリスマスはクリスマスデイ、若しくはクリスマスタイドと呼ばれている12月25日にお祝いされるナザレスのジーザスの誕生日を記念し褒め称える為の念に1回の祝日です。アノドミニ方式の日付に基いているジーザスの誕生日は紀元前7年~2年だったとされ12月25日はジーザスの本当の誕生日だとは考えられてはいなかった。12月25日はローマ帝国の御祝い若しくは冬至に対応させて決められた可能性が在る。


Modern customs of the holiday include gift-giving, church celebrations, and the display of various decorations―including the Christmas tree, lights, mistletoe, nativity scenes and holly. Santa Claus (also referred to as Father Christmas, although the two figures have different origins) is a popular mythological figure often associated with bringing gifts at Christmas. Santa is generally believed to be the result of a syncretization between St. Nicholas of Myra and elements from pagan Nordic and Christian mythology, and his modern appearance is believed to have originated in 19th century media.

現代のこの祝日の習慣は、プレゼントの交換、教会での御祝い、そしてクリスマスツリー、ライト、ミスルトー(やどりぎ)キリスト誕生の光景、ホリー(西洋ひいらぎ)等を含んだ色々な種類の飾りつけや、サンタクロース(ファーザークリスマスとも呼ばれているがこの2つの人物は違った起源が在る)が頻繁にクリスマスの日にプレゼント持って来る事と関連されている人気のある伝説的な人物などがあります。サンタは通常マイラのセイントニコラスとスカンディナヴィアの異教徒とクリスマスの伝説が融合した物だと考えられていて、サンタの現代の姿は19世紀のメディアが起源だと信じられています。

Christmas is celebrated throughout the Christian population, but is also celebrated by many non-Christians as a secular, cultural festival. The holiday is celebrated around the world. Because gift-giving and several other aspects of the holiday involve heightened economic activity among both Christians and non-Christians, Christmas has become a major event for many retailers.

クリスマスはキリスト教徒の間でお祝いされていますが、異教徒の間でも世俗的で文化的な御祝いとしてお祝いされています。この祝日は世界中で祝福され、贈り物の交換等やこの祝日が含んでいるの其の他の面がキリスト教徒、非キリスト教徒の経済活動を活発にさせる為、クリスマスは多くの小売業界で大きなイヴェントとなっているのです。

ejnews:現在日本ではクリスマスやサンタの起源は良く知られていると思いますが、私がブログを始めて初めてのクリスマスですので、やはりクリスマスについて無視は出来ませんでした。どの宗教も国家と結び付くと変てこな事を始める様ですね。日本の景気は如何ですか?アメリカが風邪を引くと日本は肺炎になる?と言われていましたが状況は変わったのでしょうか?処で、米共和党のカールローブと深い繋がりのあるマイク コネルと言うコンピューター コンサルタントが自家用機の事故で亡くなりました。彼はこの8年間ほどアメリカではコンピューター関係の票の数の操作で強く疑われていて、4年前の大統領選挙時オハイオ州でのコンピューター投票違反を指揮していた中心人物として最近法廷か議会で証言するはずでしたが、此れでブッシュ政権は選挙違反については一安心と言う所です。非常に都合の良い事故ですね!警察からも飛行機がサボタージュされる可能性があるので飛行は当分止めた方が良いとの警告が彼に出ていたそうです。このニュース日本で報道されていますか?次回はイエスキリストと他の中近東の神様との比較の記事の翻訳を計画しています。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

泥棒、詐欺師、狂牛病,ビッグスリー,ディープスロート。

Goldman Sachs cuts taxes to one percent by moving profits offshore
ゴールドマン サックス利益をオフショア(海外)に移動し税金を1%にする。

Published on 12-18-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2676-0-24-24--.html
Source: Raw Story

Bank takes $10 billion bailout, then cuts tax rate 33 percent
この銀行100億ドルの支援金を受け取り、それから税金の支払いを33%カットする。

Say you got a ten billion dollar loan to shore up your finances, and you paid your employees $10.9 billion, and you raked in $2.3 billion for the year.
自分の経済を強化する為100億ドルのローンを受け取り、そして従業員に109億ドル払い、それから23億ドルのボロ儲けをするとしたら貴方なら…………….?

What would you say you owed in taxes? One percent?
税金として貴方は幾ら払わなければならない?1%?

That’s what you’d pay if you were Goldman Sachs, Inc. The high-flying brokerage ― and former home of Bush Treasury Secretary Henry Paulson ― has announced it’s paying just $14 million in taxes this year.
貴方がゴールドマンサックスなら其れが貴方の払う税金です。ブッシュの国務長官ヘンリーポールソンが以前に働いていた野望の強い証券会社ゴールドマンサックスは,今年の税金として千4百万ドルだけ払うと発表した。

Last year, their tax bill was $6 billion, or 34.1 percent. That represents a year-over-year drop of 33.1 percent.
去年の税金は60億ドル、若しくは34,1%。此れは1年間で33,1%の減少を意味する。

省略

Tax accounting advisor Robert Willens told Bloomberg News the rate drop seems “a little extreme.”
税金会計のアドヴァイザー.ロバート ウイレンスはブルーンバーグニュースに“この減少率は一寸過激だ”と語った。

省略

Texas Democrat Rep. Lloyd Doggett, who serves on the House Ways and Means Committee, said Goldman, like other banks, shifted income to countries with lower taxes to reduce its tax burden.
House Ways and Means委員会の一員、テキサス民主党下院議員ロイドドジェットは、ゴールドマンやその様な他の銀行は税金支払い責任を少なくする為に利益を税金の少ない国に移動したと語った。

“This problem is larger than Goldman Sachs,” Doggett told Bloomberg. “With the right hand out begging for bailout money, the left is hiding it offshore.”
“この問題はゴールドマン サックスだけに止まらない。支援金を乞う為に右手を出し左手で海外に其れを隠している。”とドジェット議員はブルーンバーグニュースに語った。

Paulson was CEO of Goldman Sachs until mid-2006, and earned $35 million at the firm in 2005. He drew a $16.4 million salary in 2006 ― even though he served as chief executive for just half the year.
ヘンリー ポールソンは2006年中旬までゴールドマン サックスのCEOで、2005年に3千5百万ドルをこの会社で稼ぎ、2006年にはCEOとして半年しか働かなかったにも拘らず千6百40万ドルをサラリーとして受け取った。

Ejnews: 信じられるこんな話!金融業界は詐欺師、泥棒の集まりだね!此れじゃあ経済が崩壊するのも無理ないですね!


Doctors warn new 'mad cow' strain could kill 350 Britons
新しい型の狂牛病は350人の英国人を死亡させる可能性が在ると医師は警告する。


By Daniel Bates
Last updated at 10:57 PM on 18th December 2008
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1097105/Doctors-warn-new-mad-cow-strain-kill-350-Britons.html?ITO=1490

Scientists fear a new wave of the human form of mad cow disease could claim hundreds more lives.
人間の狂牛病の新しい波が何百人もの人を犠牲にするかもしれないと科学者達は恐れている。

A victim of variant Creutzfeldt-Jakob Disease appears to have a different gene type from previous cases.
変種クレツフェルド-ヤコブ病の犠牲者達の遺伝子は過去のケースと比べると違っている様に見える。

The Government's chief adviser on vCJD, Professor Chris Higgins, said the case, if confirmed, could mark the start of a second wave of deaths - up to 350.
政府のCJDの主任アドヴァイザー.クリス ヒギンズ教授は“このケースが確認されると350人に及ぶ新しい死の波の始まりを示すかもしれない。”と語った。

The number of Britons diagnosed so far with vCJD totals 167 since 1990. Experts believe it was transmitted from cattle infected with BSE.
1990年以降CJDと診断された英国人は167人で専門家はBSEに感染した家畜から(人間に)感染したと信じている。

All the victims belonged to a genetic type known as MM which is thought to be more vulnerable to the disease.
全ての犠牲者は狂牛病に感染しやすいと考えられている遺伝子タイプMMとして知られている遺伝子タイプに属している。

Roughly half of Britons have two M genes. The rest have one M and one V gene and thought to be more resistant.
約半分の英国人はM遺伝子を持っていて、残りの英国人は1つのMと1つのVを持っていて其れは狂牛病に対してもっと抵抗力があると考えられている。

However, tests suggest the new patient has an MV gene type. This has raised concerns that other MV victims may soon start to fall ill.
A new strain of the human form of 'mad cow disease' could kill more than twice as many people as its predecessor, it has been claimed.
然しながら、検査は新しい患者はMV遺伝子タイプだと暗示している。此れはMV遺伝子タイプの犠牲者が直ぐに発病し始める可能性を心配させている。
新しい型の人間型狂牛病は以前の型の狂牛病の犠牲者の2倍以上を死亡させる可能性が在る。

The government's chief advisor on variant CJD warned that up to 350 people could be affected by the strain.
政府の変種CJD主席アドヴァイザーは350人に及ぶ人々がこの型の狂牛病に感染する可能性が在ると警告している。

That would be more than double the 164 people who have already died of vCJD, which came from cows infected with BSE.
此れはBSEに感染した牛によって感染したCJDで既に死亡している164人の2倍以上になる。

Ejnews:狂牛病は過去の病気ではないのです。輸入肉、食肉製品には気をつけて下さい。ゼラチンは家畜の骨等から抽出されているので非常に危険です。ゼラチンを含んでいる食品は絶対に避けましょう


GM Is Likely to File for Bankruptcy, Report Says
報告によるとGMは恐らく破産宣言をするだろう。

By Caroline Salas
Bloomberg News
Wednesday, December 17, 2008; Page D04
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/16/AR2008121602675.html

'Deep Throat' Mark Felt Dies at 95
“ディープ スロート”マーク フェルト他界。95歳。


ejnews:ロバート レッドフォード、ダスティン ホフマン主演の映画All the President's Men (1976)にもなった話で有名です。ウオーターゲート事件当時、彼は連邦警察のアソシエイト ダイレクターで“ディープ スロート”としてワシントンポスト紙の記者ボブ ウッドワードとカール バーンスタイン記者を秘密裏に誘導し,ニクソン大統領のウオーターゲート事件への関係を示し最終的にニクソン辞任に発展させた人物です。


Paulson: 'Orderly' auto bankruptcy might be best
ポールソン:整然とした自動車業界の破産が最善策ではないのか。

By DEB RIECHMANN – 1 hour ago
WASHINGTON (AP) ― The Bush administration is convinced the ailing economy could not withstand the demise of Detroit's Big Three and is looking at "orderly" bankruptcy to keep the automakers from collapsing.
ブッシュ政権は疲弊している経済はデトロイトのビッグスリーの消滅に耐えられないと確信していて“整然とした”破産を可能性として考えている。

Ejnews:マタマタ景気の悪い話ばかりになりました。然し現実ですから仕方ないですね。ロスはこの所寒くて雨が降っています。我が家でも終に耐えられず暖房を使い始めました。午後の4時頃で7度℃位になっていますから夜はもっと寒くなるのです。この不況はプロフェッショナルスポーツにも影響しているそうですが、この前紹介した“元ナズダックの会長のポンジー詐欺”の被害はあのエンロンの被害と同じ大きさだそうです。ノンプロフィット団体等も影響を受けていて経営費用の財源が減少しているそうです。踏んだり蹴ったりと言う状態でしょうか?其の外にはラムズフェルドやチェイニーが9・11テロ時にペンタゴンに緊急避難を指示しなかったとして裁判に訴えられています。色々な罪でブッシュ政権関係者を起訴しようとする動きが活発になってきています。
日本は如何ですか?皆さん暮れで忙しくブログどころの騒ぎじゃないよ!と言うところでしょうか?

追加:  今朝ブッシュがGMとクライスラーに$13.4 billion134億ドルの緊急ローンをする事を許可したとのニュースがありました。此れは金融機関を支援する為の7千億ドルから出されるとの事で、2月には40億ドルの追加があるそうです。1週間前に上院の南部共和党議員に拒否されたのですがやはり放置して置けないのでしょう。2週間以内に議会の反対がなければ緊急ローンは決定されるとの事です。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

最近金融業界の人間は皆詐欺師に見えてきた。

Fed Refuses to Disclose Recipients of $2 Trillion
連邦準備銀行はどの金融機関が2兆ドルの受領者か発表を拒否。

Published on 12-12-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2605-0-13-13--.html
Source: Bloomberg

The Federal Reserve refused a request by Bloomberg News to disclose the recipients of more than $2 trillion of emergency loans from U.S. taxpayers and the assets the central bank is accepting as collateral.
ブルーンバーグニュースによって公表を要求されている合衆国納税者からの2兆ドル以上に上る緊急ローンの受領者と、担保として中央銀行が受け取っている資産について、連邦準備銀行は拒否している。

Bloomberg filed suit Nov. 7 under the U.S. Freedom of Information Act requesting details about the terms of 11 Fed lending programs, most created during the deepest financial crisis since the Great Depression.
ブルーンバーグは合衆国情報の自由条令に基いた11月7日の提訴で、殆どが世界大恐慌以来最も大きい金融危機の間に作り出された11件の連邦政府の貸付プログラムの条件の詳細について要求している。

The Fed responded Dec. 8, saying it’s allowed to withhold internal memos as well as information about trade secrets and commercial information.
連邦準備銀行は12月8日其れに答えて、内部情報のメモや企業秘密、営業活動情報等を発表しない事を許可すると言った。

Ejnews:政府は金融機関には甘い態度と感じられるでしょう?処が連邦準備銀行は民間企業なのです。不思議でしょう?

Jim Rogers calls most big U.S. banks "bankrupt"
ジム ロジャーズは殆どの合衆国の大銀行は“破産”していると宣言している。

http://www.reuters.com/article/InvestmentOutlook09/idUSTRE4BA5CO20081211

Source: Reuters - Jonathan Stempel

NEW YORK - Jim Rogers, one of the world's most prominent international investors, on Thursday called most of the largest U.S. banks "totally bankrupt," and said government efforts to fix the sector are wrongheaded.
ニューヨーク:世界的に最も有名な投資家の一人であるジムロジャーズは木曜日、殆どの合衆国大銀行は“完全に破産”していると宣言し、政府の金融セクターを回復させる努力は間違った判断だと言っている。

Speaking by teleconference at the Reuters Investment Outlook 2009 Summit, the co-founder with George Soros of the Quantum Fund, said the government's $700 billion rescue package for the sector doesn't address how banks manage their balance sheets, and instead rewards weaker lenders with new capital.
ロイターズ投資アウトルック2009サミット テレコンファレンスでクオンタム ファンドの共同設立者ジョージ ソロズと共に発言した。政府の金融セクターに対する7千億ドルの援助パッケージは銀行がバランス シート(貸借対照表)をどの様に処理しているかについて注意を向けず、その代わりに脆弱な貸主を新しいキャピタルで報いている。

Dozens of banks have won infusions from the Troubled Asset Relief Program created in early October, just after the Sept 15 bankruptcy filing by Lehman Brothers Holdings Inc (LEHMQ.PK: Quote, Profile, Research, Stock Buzz). Some of the funds are being used for acquisitions.
Dozens of banks何ダースもの銀行(Dozens ofは多くの~と言う意味で良く使われる表現)
9月15日のリーマンブラザースホールディングIncの破産申告直後、10月上旬に開設されたトラブルドアセットリリーフプログラムにより多くの銀行が資金の注入を勝ち取った。其の資金のある部分は買収に使われた。

"Without giving specific names, most of the significant American banks, the larger banks, are bankrupt, totally bankrupt," said Rogers, who is now a private investor.
特定の名前は避けながら“殆どの最も重要なアメリカの銀行や大きな銀行は破産している。完全に破産している。”と現在は個人投資家であるロジャーズは語った。

"What is outrageous economically and is outrageous morally is that normally in times like this, people who are competent and who saw it coming and who kept their powder dry go and take over the assets from the incompetent," he said. "What's happening this time is that the government is taking the assets from the competent people and giving them to the incompetent people and saying, now you can compete with the competent people. It is horrible economics."
何が経済的に言語道断かそして道徳的に言語道断かと言うと、普通ならこの様な時は有能な人、問題が起こり始めている事を見抜いていた人、火薬を乾燥させていた人(慎重に行動し資金を保持していた)等が無能な人の資産を乗っ取るのだが、今何が起こっているかと言うと政府が有能な人から資産を取り上げ其れを無能な人に与えて“さあ!此れで有能な人と競争が出来るよ!”と言っているのだ。恐るべき経済!

Obama Adviser Robert Rubin Sued For Citi Ponzi Scheme
オバマのアドヴァイザーの ロバート ルービンはシティ グループ ポンジー詐欺で訴えられる。

Published on 12-11-2008
Source: NY Post
http://www.blacklistednews.com/news-2601-0-24-24--.html

A new Citigroup scandal is engulfing Robert Rubin and his former disciple Chuck Prince for their roles in an alleged Ponzi-style scheme that's now choking world banking.
新しいシティグループのスキャンダルは、現在の銀行ビジネスを窒息させているポンジースタイルのたくらみで果した役割についてロバートルービンと彼の弟子チャックプリンスを巻き込んでいる。

Ponzi-style scheme ポンジースタイルのたくらみ。利殖性の高い投資対象をでっち上げ,其れに最初に投資した人々が後から投資した人々の投資金を配当金として得る詐欺。Charles A.Ponziチャールズポンジーに由来する。

Director Rubin and ousted CEO Prince - and their lieutenants over the past five years - are named in a federal lawsuit for an alleged complex cover-up of toxic securities that spread across the globe, wiping out trillions of dollars in their destructive paths.
ダイレクター ルービンと追い出されたCEOだったプリンス、其れと過去5年間の彼等の手下達が、世界中に広がり、其の過程で何兆ドルもの損害を出した害悪な有価証券の複雑な隠蔽工作をしたと言われている連邦裁判所の起訴状で名前を上げられている。

Investor-plaintiffs in the suit accuse Citi management of overseeing the repackaging of unmarketable collateralized debt obligations (CDOs) that no one wanted - and then reselling them to Citi and hiding the poisonous exposure off the books in shell entities.
告訴をしている投資家達はこの件でシティーグループ経営陣を買い取り先の無い市場で販売出来ないCDO(責務抵当証書担保証券?)をリパッケージし其れをシティーグループに再び販売し其の被害の露呈を避ける為幽霊会社の帳簿に隠す作業を監督したと告訴している。

The lawsuit said that when the bottom fell out of the shaky assets in the past year, Citi's stock collapsed, wiping out more than $122 billion of shareholder value.
この告訴では昨年この不確実な資産が破綻した時シティーグループの株式が崩壊し株主の1220億ドル以上を失ったと述べている。

However, Rubin and other top insiders were able to keep Citi shares afloat until they could cash out more than $150 million for themselves in "suspicious" stock sales "calculated to maximize the personal benefits from undisclosed inside information," the lawsuit said.
然しながら、ルービンと他内部の重役達はシティーグループの株を“未発表の内部情報により個人的利益を最大限にする画策”による“疑わしい”株の販売で1億5千万ドル以上の利益で売り払うまで価値を維持させる事が出来たと起訴状は述べている。

Rubin cleared $30.6 million on his stock sales, while Prince got $26.5 million, former COO Robert Druskin got nearly $32 million and former Global Wealth Management unit chief Todd Thomson got $25.7 million, the suit said.
ルービンは彼の株の売り上げで3千60万ドル、プリンスは2千6百50万ドル、元最高業務執行責任者ロバートドラスキンは殆ど3千2百万ドル、そしてグローバルウエルスマネージメントユニットの責任者トッドトムソンは2千5百70万ドルの利益を得たと告訴状は述べている。

Citi denied the allegations and said it "will defend against it vigorously."
シティーグループは“起訴に対して精力的に弁護する”と起訴状を否定している。

Former Nasdaq chairman arrested for fraud
元ナズダックの会長詐欺罪で逮捕。


Published on 12-11-2008
http://www.blacklistednews.com/news-2600-0-13-13--.html
Source: MSNBC

Bernard Madoff, a longtime fixture on Wall Street, was arrested and charged on Thursday with allegedly running a $50 billion Ponzi scheme, U.S. authorities said.
木曜日、長年ワォールスとリートの顔だったバーナード マドフは500億ドルのポンジー詐欺をしていたとして逮捕告訴されたと合衆国の関係当局は語った。

The former chairman of the Nasdaq Stock Market who remains a member of Nasdaq OMX Group Inc's nominating committee, is best known as the founder of Bernard L. Madoff Investment Securities LLC, the closely-held market-making firm he founded in 1960.
ナズダックOMXグループIncの指名委員会のメンバーとして留まっていた元ナズダック株式市場の会長で、1960年に彼が創設した内容は余公表されていないマーケットメイカー会社バーナードL.マドフインヴェスティメントセキュリティーLLCの創設者として最も良く知られている。

But the alleged fraud involved a hedge fund he ran from a separate floor of the building where his brokerage is based.
然し、訴えられている詐欺は彼の証券会社の在るビルの別の階でヘッジファンドを利用して行われていた。

Madoff told senior employees of his firm on Wednesday that "it's all just one big lie" and that it was "basically, a giant Ponzi scheme," with estimated investor losses of about $50 billion, according to a criminal complaint against him.
水曜日、マドフは彼の長年の部下に“其れは全くのイカサマだよ”そして“基本的にポンジースタイルの詐欺だよ”と語っている。彼への犯罪告訴によると投資者の損失額は約500億ドルに上ると試算されている。

A Ponzi scheme is a pyramid-type swindle in which very high returns are promised to early investors, who are paid off with money put up by later investors.
ポンジースキームは、後から参加した投資者が投資した資金を使い初期の投資者に高率の利益が約束されるピラミッド型の詐欺。

Prosecutors charged Madoff, 70, with a single count of securities fraud. They said he faces up to 5 years in prison and a fine of up to $5 million.
検事は有価証券詐欺の一件で70歳のマドフを告訴している。マドフは最高5年間の投獄と5百万ドルまでの罰金刑に直面していると言う事だ。

Ejnews:金融機関のニュースは詐欺の様な話ばかりです。本当は“詐欺”なのですが.........................。米自動車業界に資金の貸し出しをするかどうかもめていますが上院で救済案が否定されたそうです。南部の共和党議員が反対しているそうですが、理由は米3大自動車会社は労働組合の存在が強く、共和党は其の労働組合を助けたくないと言う事が一つの理由だと囁かれています。金融機関救助の為には規制も何も設けずサッサト7000億ドルも“ハイよ!”と言って出したくせに、自動車業界には何だかんだと言って支援を遅らしているのです。GMは20箇所の工場を一時的に操業停止にするとの計画を発表しています。問題は部品を収めている会社、ディーラー、等に影響するので米経済に与える影響は大きいのです。
 処で、オバマ大統領の就任式にはビックリする様な数の人々がワシントンに集まるそうですが、就任式会場には142の移動式仮設トイレが配備されるそうです。142と言うと“マアマアの数だな”と思うでしょう?処が、この配備される仮設トイレは6千人に1台と言う比率になるそうです。オバマ大統領就任式に参加し様と計画している人は数日前から断食しトイレを使わない様に準備しておいた方が良いと思いますよ。


以下はサンフランシスコの最近の写真。
フィルモア通りの日曜日ジャズグループが演奏しています。

musician_convert_20081209155723.jpg
以下はユニオンスクエアーでの写真。花嫁が通りを走っていました。
bride

union3

unionsquare

unionsquare2

uniontraffic

xmastree

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




不況。不況。不況!

Ouch: Harvard endowment loses $8 billion
痛い!ハーヴァード大学、寄付金で形成された基本財産から80億ドル失う。

John Byrne
Published: Thursday December 4, 2008

http://rawstory.com/news/2008/Ouch_Harvard_endowment_loses_8_billion_1204.html

If you think your 401(k) is suffering, try losing $8,000,0000,000.
若し貴方の401Kが問題になっていると思っているんだったら、80億ドル無くしてみたら如何だろう?
401K:退職後の為に職場を通して行う投資。


Harvard University's endowment plunged $8 billion, according to figures released in today's Wall Street Journal.
今日のワォールストリートジャーナルに報告された数字によるとハーヴァード大学の基本財産は80億ドル激減した。

The loss itself -- representing a decline of 22 percent of the university's $36.9 billion endowment -- is more than the entire endowments of all but six colleges in the United States.
損失自体は……..369億ドルの大学の基本財産の22%を失った事になり……….(もっとも裕福な)6大学を除くアメリカの全大学の基本財産総額より以上の額である。

Harvard told the paper the actual loss could be even higher, once real estate and private equity are factored in.
ハーヴァード大学は実際の損失は不動産や個人資産を計算に入れるともっと多いだろうとワォールストリート紙に述べた。

The sinking value of college endowments is a one-two punch for soon-to-be college students and the institutions themselves. Colleges generally rely on their endowments to meet some of their annual operating expenses, and when endowments decline at the same time they need to be tapped for annual budgets, the drop accelerates. In good times, the endowment's gain can be used to pay expenses without a loss of principal funds.
減額している基本財産はもう直ぐ学生になる生徒達と大学自体にとってワンツーパンチである。大学は通常年間経営費用の一部を基本財産に頼っている。基本財産が減少している時、同時に年間経費を基本財産から使うと、財産の減少は加速する。
以下省略。

Job losses could hit 3 million soon, index indicates
直ぐに失業者数300万に達するかもしれないとインデックスは示している。


By Rex Nutting
Last update: 10:12 a.m. EST Dec. 8, 2008

http://www.marketwatch.com/news/story/Job-losses-could-hit-3/story.aspx?guid={1D2CC32B-D1D7-4398-A980-3776F46F73EE}

WASHINGTON (MarketWatch) -- Job losses in the United States could easily reach 3 million by the middle of next year, said Gad Levanon, a senior economist for the Conference Board. The private research group said Monday that its employment trends index fell 1.6% in November and is down 13% in the past year. The index looks at eight labor market indicators to judge the path of employment. Since the recession began a year ago, the economy has lost 1.9 million jobs, including 533,000 in November alone. "The continued deterioration in the labor market will exert significant downward pressure on wages," Levanon said.
ワシントン( マーケットワッチ)コンファレンス ボードのシニア エコノミストである ガッド レヴァノン氏は来年中期までに米国失業者数は容易に300万人達するかもしれないと言った。この民間調査機関は月曜日“雇用傾向はインデックス11月に1,6%下降、過去1年13%減少した。”と発表した。このインデックスは8つの労働市場指標を調べ雇用の行方を判断している。1年前景気後退が始まってから経済は11月だけでも533,000人を含めて、160万人の雇用を失った。“労働市場の継続する悪化は賃金に対して減少的圧力として大きく影響するだろう。”とレヴァノン氏は語った。


Desperate NY Times Mortgages Building
絶体絶命のニューヨークタイムズ自社ビルを抵当に入れる。


Monday, December 8, 2008 8:46 PM Article Font Size

http://www.newsmax.com/insidecover/ny_times_mortgage/2008/12/08/159648.html
WASHINGTON ― The New York Times said Monday it will borrow as much as $225 million against its new headquarters building due to tightening credit and dwindling profits.
ワシントン-ニューヨークタイムズは月曜日“苦しいクレディットと減少する利益が原因で新しい本社ビルを抵当に最高2臆2千5百万ドルを借りると発表した。

The Times owns 58 percent of the glistening 52-story tower on Eighth Avenue in Manhattan designed by architect Renzo Piano, with the rest owned by developer Forest City Ratner. The Times' portion of the building is not presently mortgaged.
ニューヨークタイムズは建築家レンゾピアノによるデザインの8番街にある煌く階建てのビルの58%を所有している、残りは開発業者フォーレストシティーラトナーによって所有されている。タイムズの所有している部分は現在抵当されていない。

The media company has retained real estate firm Cushman & Wakefield to act as agent to secure financing, the newspaper reported, citing its chief financial officer James Follo.
このメディアカンパニー(ニューヨークタイムズ)は資金調達を確実にするため不動産企業クッシマン&ウエイクを傘下に保持している。と経理担当ジェイムズフォロを引用して新聞(タイムズ)は伝えている。
中略
Times Company stock has lost more than half its value this year.
今年タイムズ社の株は価値の半分を失った。

Ejnews:アメリカではと言う様な厭な話ばかりです。来年にはアメリカでは幾つかの新聞社が倒産する可能性があるそうです。ロスのLAタイムズも危ないとの事です。経済のニュースはもっとありますがウンザリするのでこの3つだけです。米自動車業界も経済支援を受けられる様ですが実際の費用は1千臆ドルを越すだろうとの事です。来年一体どうなるのでしょうか?

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

遺伝子組み換え(操作、挿入)技術の悲劇。

The GM Genocide: Thousands of Indian Farmers are Committing Suicide After Using Genetically Modified Crops
遺伝子操作での虐殺:遺伝子操作された農作物を使った後何千人ものインドの農民が自殺をしている。


オルガニック コンスーマー アソシエイション
• By ANDREW MALONE
The Daily Mail, UK, November 3, 2008
ザデイリーメイルUK,11月3日

When Prince Charles claimed thousands of Indian farmers were killing themselves after using GM crops, he was branded a scaremonger. In fact, as this chilling dispatch reveals, it's even WORSE than he feared.

プリンスチャールズが遺伝子組み換え農作物を使った後何千人ものインドの農民が自殺をしていると主張した時、彼は人騒がせな奴と言う烙印を押されてしまった。この死亡率はゾッとするのだが事実は彼が恐れたよりもっと酷いのである。

The children were inconsolable. Mute with shock and fighting back tears, they huddled beside their mother as friends and neighbours prepared their father's body for cremation on a blazing bonfire built on the cracked, barren fields near their home.

子供達は宥められないほど悲しみ、ショックで口が効けなくなり泣かない様に努めていた。友人達や隣人達が父親の屍骸を火葬にする為の燃え盛るかがり火を家の近くの干割れた不毛の畑に準備している間に,子供達は母親にすがり付いていた。

As flames consumed the corpse, Ganjanan, 12, and Kalpana, 14, faced a grim future. While Shankara Mandaukar had hoped his son and daughter would have a better life under India's economic boom, they now face working as slave labour for a few pence a day. Landless and homeless, they will be the lowest of the low. Shankara, respected farmer, loving husband and father, had taken his own life. Less than 24 hours earlier, facing the loss of his land due to debt, he drank a cupful of chemical insecticide.

火葬の火が屍を焼き尽くしている間に12歳のガンジャナンと14歳のカルパナは冷酷な未来に直面していた。父親のシャンカラマンダウカルはインドの経済好景気で彼の娘と息子がより良い人生を送れる様に願っていたのだが、今ガンジャナンとカルパナは一日2~3ペンスの奴隷の様な労働者として働かなければならなくなってしまった。土地所有者でもなくホームレスになってしまった彼等は下層階級の中でも最も下層階級に属する事になってしまった。

Unable to pay back the equivalent of two years' earnings, he was in despair. He could see no way out.

2年間の収入と同額の借金が返済出来ず彼(父親のシャンカラマンダウカル)は絶望していた。逃げ道が彼には見つけられなかった。

There were still marks in the dust where he had writhed in agony. Other villagers looked on - they knew from experience that any intervention was pointless - as he lay doubled up on the ground, crying out in pain and vomiting.

砂埃の上には父親が死ぬ間際に苦しんでのたうち回った跡が今でも残っている。父親が地面の上で苦しみに身体を捻じ曲げて苦しみに泣きながら嘔吐している姿を村人達は見ていた。彼等は経験からどの様な救済も無意味な事を心得ていた。

Moaning, he crawled on to a bench outside his simple home 100 miles from Nagpur in central India. An hour later, he stopped making any noise. Then he stopped breathing. At 5pm on Sunday, the life of Shankara Mandaukar came to an end.

彼は、中央インド、ナグプールから100マイルの距離にある簡素な家の外にあるベンチに呻きながら蹲った。1時間後彼は何の音も出さなくなり、そして呼吸をしなくなった。日曜日の午後5時シャンカラマンダウカルの一生は終わってしまった。

As neighbours gathered to pray outside the family home, Nirmala Mandaukar, 50, told how she rushed back from the fields to find her husband dead. 'He was a loving and caring man,' she said, weeping quietly.

近所の人々が祈りを捧げる為に一家の家の外に集まって来た。ミルマラマンダウカール50歳、彼女は畑から大急ぎで帰ってきたが死んだ彼女の夫を見つけるだけであった。『彼(私の夫)は愛情的で優しい人だった。』と涙を流しながら彼女は語った。

'But he couldn't take any more. The mental anguish was too much. We have lost everything.'

彼はもうこれ以上耐えられなかった。精神的苦悩は大きすぎた。私達は全てを失った。

Shankara's crop had failed - twice. Of course, famine and pestilence are part of India's ancient story.

シャンカラの作物は収穫できなかった……………2回も。飢饉や伝染病は古くからのインド(について)のお話(生活)の一部である。

But the death of this respected farmer has been blamed on something far more modern and sinister: genetically modified crops.

然し、この敬愛されていた農民の死のは何かもっと現代的で邪悪な物が原因だと非難されている。……………….遺伝子操作農作物。GMO!

Shankara, like millions of other Indian farmers, had been promised previously unheard of harvests and income if he switched from farming with traditional seeds to planting GM seeds instead.

シャンカラは、他の何百万人ものインドの農民と同様に、若し伝統的な種を植える換わりにGMの種に換えると其れまでには聞いた事も無いような収穫量と収入を約束されていた。

Distressed: Prince Charles has set up charity Bhumi Vardaan Foundation to address the plight of suicide farmers

悩んだプリンス チャールズは自殺した農民の苦境に対してブフミ バルダン財団を設立した。

Beguiled by the promise of future riches, he borrowed money in order to buy the GM seeds. But when the harvests failed, he was left with spiralling debts - and no income.

将来の富と言う約束に騙されて、彼(シャンカラ)はGMの種を買う為に借金をした。然し、収穫が出来なかった時彼には渦巻きに吸い込まれていくような借金だけが残った。………………そして、無収入。

So Shankara became one of an estimated 125,000 farmers to take their own life as a result of the ruthless drive to use India as a testing ground for genetically modified crops.

と言う事でシャンカラは、インドを遺伝子操作された作物の実験場として使う為の冷酷無情な駆り立てられるような動きの結果として自殺する他の125,000人のインドの農民の一人となってしまった。

The crisis, branded the 'GM Genocide' by campaigners, was highlighted recently when Prince Charles claimed that the issue of GM had become a 'global moral question' - and the time had come to end its unstoppable march.

キャンペイナーによって“GM民族大虐殺”と名前がつけられたこの危機は、プリンスチャールズが最近『このGM問題は“国際的倫理問題”となった、そしてこの止める事のできないマーチを止めさせる時に来ている。』と宣言した時に注目された。

全記事は下記のサイトで。
Full Story:   http://www.mailonsunday.co.uk/news/worldnews/article-1082...

Ejnews:遺伝子組み換えとか挿入技術で作られた作物は其れを食べる消費者が犠牲者になるだけでなく農民や自然も犠牲になるのです。自然や農民を守る為に我々消費者が出来る事はGMOで出来た食品を買わないと言う事です。


他のニュースを見てみると...................................。

Isikoff: Rove may testify in prosecutor's Attorneygate probe
イシコフ氏(ワシントンポストの記者:検事の検事事件に付いての事前調査で(カール)ローブは証言する可能性がある。

David Edwards and Nick Juliano
Published: Thursday December 4, 2008
http://rawstory.com/news/2008/Isikoff_White_House_may_not_prevent_1204.html

One of the biggest blockades to potential revelations regarding the Bush administration's politicization of the Justice Department has been the refusal of officials like Karl Rove and Harriet Miers to testify before Congressional committees investigating the matter.

ブッシュ政権の米司法省政治化の真実公開の可能性に対して、カールローブやハリエット マイヤー等の政府役員の議会委員会の調査に対する拒否が最も大きな障害になっている事の一つになっていた。

That stonewalling may soon end, now that an independent federal prosecutor is probing the dismissal of nine US Attorneys, among other facets of the Justice Department scandal.

今政治的に独立した連邦検事が、他に数々ある司法省のスキャンダルの中で9人の合衆国検事解雇について事前調査を始めた事により、この妨害は直ぐに終わる可能性が有る。

Ejnews:現在色々な人々によってブッシュ政権の犯罪の追及が行われていますが、此れも其の一つで若しローブ達が証言すると政権を法的に起訴する糸口になりますから此れは大きいですね。

Blackwater Plans Effort Against Piracy
ブラックウオーター対海賊策計画する。

By AUGUST COLE
http://online.wsj.com/article/SB122826117332273945.html

Private security firm Blackwater Worldwide began holding meetings in London on Tuesday with potential clients for a new business venture -- protection from pirates.

民間セキュリティー企業ブラックウオーターワールドワイドは新しいビジネスベンチャー……….海賊に対する警備の為の可能性のあるクライアントと火曜日にロンドンで会議を開いた。

Ejnews:イラク紛争で悪名の高い“ブラックウオーターワールドワイド”、一般に“ブラックウオーター”と呼ばれている庸兵派遣会社を御存知の方も多いと思いますが,このブラックウオーター、新しく出来るイラク米間の取り決めで現在までしてきた無法行為が犯罪として取り扱いされる可能性が高くなって来たので、新しい市場を求めて頻発する海賊問題に対する船団護衛ビジネスに触手を伸ばす努力を始めたようです。然し、船上に武装した庸兵を見た海賊が今までとは違い最初から武器で攻撃してくる可能性があり、此れは損害を高め同時に保険料も高額になるとの予測がありどれだけクライアントが集まるかは不明だそうです。
 しかし!もう12月!アー!この1年は何処に消えてしまったのだろ~?又1年が過ぎ去ってしまう~!




この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

教科書からは習えない感謝祭の歴史。

Native Blood: The Myth of Thanksgiving
原住民の血:感謝祭の伝説

http://revcom.us/a/firstvol/883/thank.htm
Revolutionary Worker #883, November 24, 1996

Every schoolchild in the U.S. has been taught that the Pilgrims of the Plymouth Colony invited the local Indians to a major harvest feast after surviving their first bitter year in New England. But the real history of Thanksgiving is a story of the murder of indigenous people and the theft of their land by European colonialists--and of the ruthless ways of capitalism.

アメリカの全ての学校で子供達はニューイングランドでプリモス植民地のピルグリム達が最初の厳しい年を生き延びた後、近辺のインデアン達を大規模な御馳走に招待したと習ってきています。然し、感謝祭の本当の歴史は原住民の殺害やヨーロッパからの入植者による原住民の土地の奪取、そして冷酷な資本主義の物語なのです。
* * * * *
In mid-winter 1620 the English ship Mayflower landed on the North American coast, delivering 102 Puritan exiles. The original Native people of this stretch of shoreline had already been killed off. In 1614 a British expedition had landed there. When they left they took 24 Indians as slaves and left smallpox behind. Three years of plague wiped out between 90 and 96 percent of the inhabitants of the coast, destroying most villages completely.

1620年の冬の真っ只中102人のピューリタン亡命者を運んでいるイギリスの船メイフラワー号が北米海岸に着岸した。其処に広がる海岸線の元々の原住民は既に殲滅されていた。1614年にイギリスの探検隊が其処に上陸していた。彼等が其処を去った時24人のインデアンを奴隷として連れ去り天然痘を残して行った。3年間の疫病は其の海岸線の90%~96%の住民を抹殺し殆どの村完全に破壊した。

The Puritans landed and built their colony called "the Plymouth Plantation" near the deserted ruins of the Indian village of Pawtuxet. They ate from abandoned cornfields grown wild. Only one Pawtuxet named Squanto had survived--he had spent the last years as a slave to the English and Spanish in Europe. Squanto spoke the colonists' language and taught them how to plant corn and how to catch fish until the first harvest. Squanto also helped the colonists negotiate a peace treaty with the nearby Wampanoag tribe, led by the chief Massasoit.

ピューリタンは打ち捨てられたプワトセット族の村の廃墟の近くに上陸し植民地を建設し“プリモス農園”と名づけた。彼等は放棄されたトウモロコシ畑の玉蜀黍が野生化したものを食べた。唯一人セクワントと言う名のプワトセットが生き残り、彼は最後の日々を奴隷としてヨーロッパのイギリスとスペインに送られて過ごした。スクワントは植民者の言葉を喋り、玉蜀黍の栽培方法を彼等に教え次の収穫まで魚の取り方を教えた。スクワントは植民者のマサソワット酋長に率いられた近隣のワンパノワグ族との平和協定の協議を補佐した。

These were very lucky breaks for the colonists. The first Virginia settlement had been wiped out before they could establish themselves. Thanks to the good will of the Wampanoag, the Puritans not only survived their first year but had an alliance with the Wampanoags that would give them almost two decades of peace.

幸運な種類の植民者達が居た。最初のヴァージニア開拓地は彼等が成功を収める前に全滅してしまった。ワンパノワグ族の好意のお陰でピューリタン達は最初の冬を生き延びただけでなく、ワンパノワグ族と同盟を結び、其れは殆ど20年間の平和を彼等に与えたのであった。

John Winthrop, a founder of the Massahusetts Bay colony considered this wave of illness and death to be a divine miracle. He wrote to a friend in England, "But for the natives in these parts, God hath so pursued them, as for 300 miles space the greatest part of them are swept away by smallpox which still continues among them. So as God hath thereby cleared our title to this place, those who remain in these parts, being in all not 50, have put themselves under our protection."
The deadly impact of European diseases and the good will of the Wampanoag allowed the Puritans to survive their first year.
In celebration of their good fortune, the colony's governor, William Bradford, declared a three-day feast of thanksgiving after that first harvest of 1621.

How the Puritans Stole the Land
ピューリタンが土地を奪い取った方法は?


But the peace that produced the Thanksgiving Feast of 1621 meant that the Puritans would have 15 years to establish a firm foothold on the coast. Until 1629 there were no more than 300 Puritans in New England, scattered in small and isolated settlements. But their survival inspired a wave of Puritan invasion that soon established growing Massachusetts towns north of Plymouth: Boston and Salem. For 10 years, boatloads of new settlers came.
And as the number of Europeans increased, they proved not nearly so generous as the Wampanoags.

1621年の感謝祭の御馳走を作り出す原因となった平和は、海岸地方でピューリタンが確かな足場を作り出すのに15年費やす事が出来る事になった。1629年までにはニューイングランドには300人程のピューリタンしかいなかった。然し彼等の生存が波の様なピューリタンの侵略を誘発し、直ぐにプリモスの北マサチューセッツ、ボストン、サーレムの発展する町々を基礎付けた。10年間船に溢れ返る開拓者達がやって来た。

On arrival, the Puritans discussed "who legally owns all this land." They had to decide this, not just because of Anglo-Saxon traditions, but because their particular way of farming was based on individual--not communal or tribal--ownership. This debate over land ownership reveals that bourgeois "rule of law" does not mean "protect the rights of the masses of people."

到着と同時にピューリタン達は『誰が一体法的に土地を所有しているのか?』と話し始めた。彼等はこの事に付き決定しなければならなかった、何故なら其れはアングロサクソンの伝統からではなく、彼等の特別の農園経営は共同分配や部族分配ではなく、個人所有に基礎を置いていたからである。この土地所有権についての議論はブルジョワジーの“法の支配”は“庶民の権利の保護”を意味する物ではない事を露わにしている。

Some Puritans argued that the land belonged to the Indians. These forces were excommunicated and expelled. Massachusetts Governor Winthrop declared the Indians had not "subdued" the land, and therefore all uncultivated lands should, according to English Common Law, be considered "public domain." This meant they belonged to the king. In short, the colonists decided they did not need to consult the Indians when they seized new lands, they only had to consult the representative of the crown (meaning the local governor).

少数のピューリタンは土地はインデアンに所属すると議論したが、この勢力は破門され追放されてしまった。マサチューセッツの知事ウインスロップはインデアンは土地を“征服”しなかった、この事は開拓されていない土地は英国習慣法に基き公有地と見なされると宣言した。此れはそれらの土地は英国王に所有される事を意味する。手短に言うと、新しい土地を押収した時彼等はインデアンに相談する必要は無く、唯彼等は王冠の代表者(地方の知事と言う事になる)に相談すれば良いと言う事に植民者達は決定した。

The Puritans embraced a line from Psalms 2:8. "Ask of me, and I shall give thee, the heathen for thine inheritance, and the uttermost parts of the earth for thy possession." Since then, European settler states have similarly declared god their real estate agent: from the Boers seizing South Africa to the Zionists seizing Palestine.

ピューリタン達は神を讃える詩2:8“願いなさい、そうすれば私は貴方に与えるでしょう、異教徒達よ!貴方の所有物として、世界の果てまで貴方の所有に”其れ以降ヨーロッパの開拓者達は同様に神様を彼等の不動産業者だと宣言した。ボーア達の南アフリカの奪取からシオニストのパレスチナ奪取まで。

Boersボーア:南アフリカに移民したオランダ人、ボーア戦争でイギリスに敗戦する。
Zionists シオニスト:オーストラリアのユダヤ人によって提唱されたパレスチナにユダヤ教徒の為の国家を築く民族運動。第二次世界大戦後イスラエルを建国した。然し、伝統的なユダヤ教徒によるとイスラエル建国以前にメシヤが出現しなかったのでイスラエルは地上でのユダヤ教徒の国家ではないと言う。


The European immigrants took land and enslaved Indians to help them farm it. By 1637 there were about 2,000 British settlers. They pushed out from the coast and decided to remove the inhabitants.

ヨーロッパ移民達は土地を取り上げ農場労働を助ける為にインデアンを奴隷とした。1637年までには約2千人のイギリス人開拓者達がいた。彼等は海岸地帯から元の住人を押し出し、移動させる事に決めた。

The Birth of"The American Way of War"
“アメリカ風戦争”の誕生


In the Connecticut Valley, the powerful Pequot tribe had not entered an alliance with the British (as had the Narragansett, the Wampanoag, and the Massachusetts peoples). At first they were far from the centers of colonization. Then, in 1633, the British stole the land where the city of Hartford now sits--land which the Pequot had recently conquered from another tribe. That same year two British slave raiders were killed. The colonists demanded that the Indians who killed the slavers be turned over. The Pequot refused.

コネチカットヴァリーでは、強力なピコワット族はイギリスとの同盟には参加していなかった(ナラガンセット、ワンパノアグ、マサチューセッツ族の人々は同盟に参加していた)初期には彼等は植民地の中心から離れていた。然し、1633年イギリス人がピコワット族が其の頃他の部族から征服した土地を盗んでしまった。(現在ハートフォード市が位置している土地)同年イギリスの奴隷狩りの侵入者が殺害された。植民者達は奴隷狩り侵入者を殺したインデアンを出頭させる様に要求した。ピコワットは拒絶した。

The Puritan preachers said, from Romans 13:2, "Whosoever therefore resisteth the power, resisteth the ordinance of God: and they that resist shall receive to themselves damnation." The colonial governments gathered an armed force of 240 under the command of John Mason. They were joined by a thousand Narragansett warriors. The historian Francis Jennings writes: "Mason proposed to avoid attacking Pequot warriors which would have overtaxed his unseasoned, unreliable troops. Battle, as such, was not his purpose. Battle is only one of the ways to destroy an enemy's will to fight. Massacre can accomplish the same end with less risk, and Mason had determined that massacre would be his objective."

ピューリタン伝道師は聖書のローマン13:2から引用して言った『権力に抵抗する者は神の法に抵抗する者、故に抵抗する者は天罰を受ける』。植民地知事は武装した240人をジョンメイソンの指揮下に集めた。彼等には何千人ものナラガンセット族の闘士達が参加した。歴史家フランシスジェニングスは『メイソンは、彼の頼りにならない、経験の足りない部隊に必要以上の負担を課す恐れがあると、ピコワット族に対する攻撃を避ける提案をした。疎の様な戦いは彼の目的ではない。戦いは敵の戦意を削ぐ為の単なる方法の一つである。虐殺は同様の結果をリスクの少ない方法で達成できる。そしてメイソンは虐殺が彼の目標だと決意した。』と書いている。

The colonist army surrounded a fortified Pequot village on the Mystic River. At sunrise, as the inhabitants slept, the Puritan soldiers set the village on fire.

植民地軍はミスティック川の畔のピコワット族の村を包囲し、未だ村の住人が寝ている日の出にピューリタン兵は村に火を放った。

William Bradford, Governor of Plymouth, wrote: "Those that escaped the fire were slain with the sword; some hewed to pieces, others run through with their rapiers, so that they were quickly dispatched and very few escaped. It was conceived they thus destroyed about 400 at this time. It was a fearful sight to see them thus frying in the fire...horrible was the stink and scent thereof, but the victory seemed a sweet sacrifice, and they gave the prayers thereof to God, who had wrought so wonderfully for them."

プリモス知事ウイリアムブラッドフォードは『被害者が短時間で処分される様に、火から逃げ出した者は刀で殺害され、ある者は滅多切りにされ、又他の者はレピアーで串刺しにされた。極少数の者しか逃げ出せなかった。今回は400人を殺害したと考えられた。彼等が火に炙られるのを見る事は恐るべき光景だった。其れが放つ臭いも酷かった。だが勝利は甘い犠牲の様だ。そして彼等は素晴らしい働きを彼らの為にした神への祈りを捧げた。』

Mason himself wrote: "It may be demanded...Should not Christians have more mercy and compassion? But...sometimes the Scripture declareth women and children must perish with their parents.... We had sufficient light from the word of God for our proceedings."

メイソン自身も『其れは要求されていた………………キリスト教信者はもっと慈悲と哀れみを持つべきではないのか?しかし……….時々聖書は女子供は両親と一緒に死ぬべきだと宣言する…………我々は我々の行為の為に神の言葉からの充分な光を受けている。』

Three hundred and fifty years later the Puritan phrase "a shining city on the hill" became a favorite quote of Ronald Reagan's speechwriters.

350年後ピューリタンの言葉『丘の上の輝く都市』はロナルドレーガン大統領の演説を書く作家の一番好きな引用となったのです。

Discovering theProfits of Slavery
奴隷制度からの利益の発見


This so-called "Pequot war" was a one-sided murder and slaving expedition. Over 180 captives were taken. After consulting the bible again, in Leviticus 24:44, the colonial authorities found justification to kill most of the Pequot men and enslave the captured women and their children. Only 500 Pequot remained alive and free. In 1975 the official number of Pequot living in Connecticut was 21.

所謂“ピコワット戦争”と呼ばれる戦いは一方的な殺人と奴隷獲得の探検行為だった。180人以上が奴隷として連れ去られた。又しても聖書のレビ記22:44に相談した後に植民地の権威者はピコワット族の男と捕らわれ奴隷にされた女達と彼女達の子供達を殺す言い訳を見つけ出した。ほんの500人のピクワット族が自由の身で生き延びた。1975年、コネチカットで住んでいるピクワット族の公式な人口は21人である。

Some of the war captives were given to the Narragansett and Massachusetts allies of the British. Even before the arrival of Europeans, Native peoples of North America had widely practiced taking war captives from other tribes as hostages and slaves.

戦争の捕虜の一部はイギリスと同盟していたナラガンセット族とマサチューセッツ族に与えられた。ヨーロッパ人の到来以前から北アメリカの原住民の間では人質や奴隷の為の戦争捕虜を他の部族から取る事が広く行われていた。

The remaining captives were sold to British plantation colonies in the West Indies to be worked to death in a new form of slavery that served the emerging capitalist world market. And with that, the merchants of Boston made a historic discovery: the profits they made from the sale of human beings virtually paid for the cost of seizing them.

残された捕虜は新しく現れた資本家の世界市場としての役目を果す新しい種類の奴隷として、西インド諸島のイギリスの植民地農園に死ぬまで働く為に売られた。其の事実によってボストンの商人達は歴史的発見をしたのだった。其れは人間を売る事によって得た利益は実質的に彼等を捕らえる為に費やした費用を贖うものであると言う事だ。

One account says that enslaving Indians quickly became a "mania with speculators." These early merchant capitalists of Massachusetts started to make genocide pay for itself. The slave trade, first in captured Indians and soon in kidnapped Africans, quickly became a backbone of New England merchant capitalism.

『奴隷となったインデアンは投機家達の熱狂の的となった』と証言は述べている。これ等のマサチューセッツの初期の商人資本家達は民族大量殺戮をそれ自身採算が取れる物とし始めて行った。捕虜となったインデアンからまり直ぐにアフリカ人を誘拐する事に到った奴隷貿易は素早くニューイングランドの商人資本主義の最も重要な商売となっていった。

Thanksgiving in theManhattan Colony
マンハッタン植民地での感謝祭。


In 1641 the Dutch governor Kieft of Manhattan offered the first "scalp bounty"--his government paid money for the scalp of each Indian brought to them. A couple years later, Kieft ordered the massacre of the Wappingers, a friendly tribe. Eighty were killed and their severed heads were kicked like soccer balls down the streets of Manhattan. One captive was castrated, skinned alive and forced to eat his own flesh while the Dutch governor watched and laughed. Then Kieft hired the notorious Underhill who had commanded in the Pequot war to carry out a similar massacre near Stamford, Connecticut. The village was set fire, and 500 Indian residents were put to the sword.

1641年にオランダの知事キーフオブマンハッタンが始めての“頭皮賞金”を提供した。彼の政府は持ち込まれた個々のインデアンの頭皮に賞金を払ったのだ。2年程後キーフ知事は友好的な部族ワピンガー族の虐殺を命令した。80人が殺害され、切り落とされた頭はサッカーボールの様にマンハッタンの通りで蹴られた。一人の捕虜はオランダ人知事が笑いなが謁見している前で、去勢され生きながら皮を剥がれ自分自身の肉を食べる事を強制された。キーフはコネチカットのスタムフォードの近くで同様の虐殺をピクワット戦争で指揮をした悪評高いアンダーヒルを雇用した。其の村は放火され500人のインデアンが刀で殺害された。

A day of thanksgiving was proclaimed in the churches of Manhattan. As we will see, the European colonists declared Thanksgiving Days to celebrate mass murder more often than they did for harvest and friendship.

そして、マンハッタンの教会によって感謝祭の日が宣言された。この様にヨーロッパからの植民者達は収穫や友好を祝うよりも多くの場合虐殺を祝う為に感謝祭を宣言した。

The Conquest of New England
ニューイングランドの征服。

By the 1670s there were about 30,000 to 40,000 white inhabitants in the United New England Colonies--6,000 to 8,000 able to bear arms. With the Pequot destroyed, the Massachusetts and Plymouth colonists turned on the Wampanoag, the tribe that had saved them in 1620 and probably joined them for the original Thanksgiving Day.
1670年代迄には約3~4万人の白人がニューイングランド植民地に住むようになっていた、其の内6千~8千人が武装可能だった。ピコワット族が殲滅された事によってマサチューセッツとプリモスの植民者達は1620年植民者達を救い恐らく最初の感謝祭に参加したワンパノアグ族に狙いを定める様になった。

In 1675 a Christian Wampanoag was killed while spying for the Puritans. The Plymouth authorities arrested and executed three Wampanoag without consulting the tribal chief, King Philip.

1675年キリスト教徒のワンパノアグ族がピューリタンの為にスパイ行為をしている時に殺害された。プリモスの支配権力は部族の酋長キングフィリップに相談することなく3人のワンパノアグ族を死刑にしてしまった。

As Mao Tsetung says: "Where there is oppression there is resistance." The Wampanoag went to war.

毛沢東が『圧政のある所には反抗がある』と言った様にワンパノアグ族は戦いを始めた。

The Indians applied some military lessons they had learned: they waged a guerrilla war which overran isolated European settlements and were often able to inflict casualties on the Puritan soldiers. The colonists again attacked and massacred the main Indian populations.

インデアン達は彼等が習得した軍事教育を実戦に使用した。インデアン達はゲリラ戦を戦い辺鄙な所に在るヨーロッパ人開拓地を圧倒し多々ピューリタン兵に損害を与えることが出来た。殖民者達はインデアンの本拠地を襲撃し虐殺を繰り返した。

When this war ended, 600 European men, one-eleventh of the adult men of the New England Colonies, had been killed in battle. Hundreds of homes and 13 settlements had been wiped out. But the colonists won.

戦いが終わった時ニューイングランドの成人の11分の1に相当する600人のヨーロッパ人が戦いで命を落とし、数百の家々が失われ13の開拓地が壊滅した。然し植民者達は戦いに勝利したのだった。

In their victory, the settlers launched an all-out genocide against the remaining Native people. The Massachusetts government offered 20 shillings bounty for every Indian scalp, and 40 shillings for every prisoner who could be sold into slavery. Soldiers were allowed to enslave any Indian woman or child under 14 they could capture. The "Praying Indians" who had converted to Christianity and fought on the side of the European troops were accused of shooting into the treetops during battles with "hostiles." They were enslaved or killed. Other "peaceful" Indians of Dartmouth and Dover were invited to negotiate or seek refuge at trading posts--and were sold onto slave ships.

勝利の後、殖民者達は原住民に対して抑制を知らない大量虐殺を始めた。マサチューセッツ植民地政府はインデアンの頭皮一枚に20シリングを、奴隷として売り飛ばせる捕虜には40シリングを提供した。捕虜に出来るインデアンの女性や14歳以下の子供達を奴隷とする事が兵士達には許されていた。“祈りをするインデアン”と呼ばれたキリスト教に改宗しヨーロッパ植民地軍と共に戦ったインデアン達は戦闘の最中に木々の梢を狙って撃っていると非難され“敵対的”として奴隷にされるか殺害された。ダートマスやっドーヴァーの他の“平和的”インデアン達は協定を結ぶ為に招待されるか若しくは交易地に避難を許され後に奴隷船に売り飛ばされた。

It is not known how many Indians were sold into slavery, but in this campaign, 500 enslaved Indians were shipped from Plymouth alone. Of the 12,000 Indians in the surrounding tribes, probably about half died from battle, massacre and starvation.

奴隷として売り飛ばされたインデアンの人口は不明ではあるがこの戦いでプリモスだけでも500人の奴隷にされたインデアンが船で送り出された。この周辺の1万2千人のインデアン部族の内恐らく半数が戦闘や虐殺そして飢餓で死んでしまった。

After King Philip's War, there were almost no Indians left free in the northern British colonies. A colonist wrote from Manhattan's New York colony: "There is now but few Indians upon the island and those few no ways hurtful. It is to be admired how strangely they have decreased by the hand of God, since the English first settled in these parts."

キングフィリップス戦争の後北部のイギリス植民地では自由なインデアンは殆ど一人も居なくなってしまった。『この島ではやっとインデアンがいなくなった居たとしても極少数になってしまった。そして彼等はもう我々に危害を与える存在ではなくなった。そしてこの地域に始めてイギリス人が定住してから、不可思議にも神の手によってインデアンの人口が減少したことは驚嘆に値する。』と或る殖民者はニューヨーク植民地のマンハッタンから手紙を書いている。

In Massachusetts, the colonists declared a "day of public thanksgiving" in 1676, saying, "there now scarce remains a name or family of them [the Indians] but are either slain, captivated or fled."

1676年、マサチューセッツで『今、インデアンと言う名や種類の恐怖は殆ど残っていない、インデアンは殺されたか、捕らわれたか若しくは逃走してしまった。』と言って植民者達は公式の感謝祭を宣言した。

Fifty-five years after the original Thanksgiving Day, the Puritans had destroyed the generous Wampanoag and all other neighboring tribes. The Wampanoag chief King Philip was beheaded. His head was stuck on a pole in Plymouth, where the skull still hung on display 24 years later.

初めての感謝祭から55年後ピューリタンは気前の良いワンパノアグ族や周辺の全ての部族を殲滅してしまった。ワンパノアグ族の酋長キングフィリップの首は切り落とされ、彼の切り落とされた頭はプリモスで串刺しにされ見世物になり、其の頭蓋骨は其のまま同じ場所で24年後まで見世物にされ続けた。

The descendants of these Native peoples are found wherever the Puritan merchant capitalists found markets for slaves: the West Indies, the Azures, Algiers, Spain and England. The grandson of Massasoit, the Pilgrim's original protector, was sold into slavery in Bermuda.

Runaways and Rebels
逃亡者と反抗者


But even the destruction of Indian tribal life and the enslavement of survivors brought no peace. Indians continued to resist in every available way. Their oppressors lived in terror of a revolt. And they searched for ways to end the resistance. The historian MacLeod writes: "The first `reservations' were designed for the `wild' Irish of Ulster in 1609. And the first Indian reservation agent in America, Gookin of Massachusetts, like many other American immigrants had seen service in Ireland under Cromwell."

然し、インデアンの部族生活の破壊も生存者の奴隷化も平和をもたらさなかった。インデアンは引き続き可能な限り抵抗を続け、彼等の圧政者は叛乱の恐怖に慄きながら暮らし続けた。そして彼等は抵抗を阻止する方法を探した。歴史家マクラウドは『最初の居留地は1609年にアイルランドのアルスター地方の手におえない“ワイルド”アイルランド人の為に計画された。そして、アメリカで最初のインデアン居留地の責任者、マサチューセッツのグーキンは他のアメリカへの移民がそうであった様にアイルランドでクロムェルの下で従軍の経験があった。』と書いている。

Ejnews:クロムエルのアイルランドでのキャンペーンは其の残虐性が有名で,幾つかの都市では何千人もの英国王党派兵、アイルランド兵、市民等を何千人も殺害し、又何千人ものアイルランド人が奴隷として売られたと言う事です。

The enslaved Indians refused to work and ran away. The Massachusetts government tried to control runaways by marking enslaved Indians: brands were burnt into their skin, and symbols were tattooed into their foreheads and cheeks.

奴隷とされたインデアンは労働を拒否し逃亡した。マサチューセッツ政府はインデアンの皮膚に烙印を押したりシンボルを額や頬に刺青にしたりしてインデアンの逃亡をコントロールし様とした。

A Massachusetts law of 1695 gave colonists permission to kill Indians at will, declaring it was "lawful for any person, whether English or Indian, that shall find any Indians traveling or skulking in any of the towns or roads (within specified limits), to command them under their guard and examination, or to kill them as they may or can."

1695年のマサチューセッツの法律は“イギリス人でもインデアンでも誰にとっても合法であると宣言して植民者に自由にインデアンを殺す事を許可している。若し、旅をしているインデアンや全ての町や道路でこそこそ隠れているインデアンを見つけると、警戒を解くように命令し検査するか彼等を殺傷する事が許される。”

ejnews:数年前の話だったと思います。何時ものようにラジオをつけっ放しにしていたら、ニュースで『“2人の(兵士か)警察官の同行無しにアメリカインデアンがボストン市領域内に入る事は許可されない”とした法律は今年ボストン市議会によって無効とされた!!!!!?????』と言っているではありませんか!勿論、実際にこの法律が適用されたのは昔の事と思いますが、第二次世界大戦中に日系アメリカ人がアメリカインデアンと同じ扱いを受けていますから、意外とこの法律最近まで使われていた可能性もあるのかなあ?と疑ってしまいます。

The northern colonists enacted more and more laws for controlling the people. A law in Albany forbade any African or Indian slave from driving a cart within the city. Curfews were set up; Africans and Indians were forbidden to have evening get-togethers. On Block Island, Indians were given 10 lashes for being out after nine o'clock. In 1692 Massachusetts made it a serious crime for any white person to marry an African, an Indian or a mulatto. In 1706 they tried to stop the importation of Indian slaves from other colonies, fearing a slave revolt.

北方の植民地の住人は人民を支配する為に次から次へと法律を増やしていった。アルバニーの法律はアフリカ系住民やインデアンが市内で馬車を運転する事を禁じていた。門限が決められ、アフリカ系住民やインデアンは夕刻の集会が禁じられた。ブロックアイランドではインデアンが午後9時以降外出していると10回の鞭打ち刑が科せられた。1692年、マサチューセッツは白人のアフリカ系住民、インデアン、混血との結婚を重罪とした。叛乱を恐れて1706年、彼等はインデアン奴隷の他の植民地からの輸入を禁止した。

Celebrate?
お祝いする?


Looking at this history raises a question: Why should anyone celebrate the survival of the earliest Puritans with a Thanksgiving Day? Certainly the Native peoples of those times had no reason to celebrate.

この歴史を見ていると一つの疑問が浮かび上がってくる:一体全体誰が最初のピューリタンの生存を感謝祭で祝わなければならないのか?確かに当時の原住民にとっては祝う理由は無い。

A little known fact: Squanto, the so-called "hero" of the original Thanksgiving Day, was executed by the Indians for his treacheries.

殆ど知られていない事実:所謂最初の感謝祭の“ヒーロー”と呼ばれているスクワントは他のインデアンに裏切り者として処刑されている。

But the ruling powers of the United States organized people to celebrate Thanksgiving Day because it is in their interest. That's why they created it. The first national celebration of Thanksgiving was called for by George Washington. And the celebration was made a regular legal holiday later by Abraham Lincoln during the civil war (right as he sent troops to suppress the Sioux of Minnesota).

然し、合衆国の支配者達は彼等の利益になるので人々を組織して感謝祭を祝っている。だから彼等は感謝祭をでっち上げたのだ。最初の国家の祝日としての感謝祭はジョージワシントンによって行われ、そしてこのお祝いは後にエイブラハムリンカーンによって南北戦争の最中に正規の合法の祝日とされた。(彼が部隊をミネソタのスー族制圧に送っている時)

Washington and Lincoln were two presidents deeply involved in trying to forge a unified bourgeois nation-state out of the European settlers in the United States. And the Thanksgiving story was a useful myth in their efforts at U.S. nation-building. It celebrates the "bounty of the American way of life," while covering up the brutal nature of this society.

ワシントンとリンカーンは合衆国でヨーロッパからの開拓者の中から統一したブルジョワ国家体制をでっち上げようとした努力に深く関わった2人の大統領である。それには感謝祭の伝説は彼等の合衆国国家建設の努力に利用価値があったからである。この祝日は“気前の良いアメリカ風の社会”を祝いつつ、この社会の惨酷な性質を隠している。
________________________________________
This article is posted in English and Spanish on Revolutionary Worker Online
この記事は英語とスペイン語で“革命的労働者オンライン”にポスティングされています。
http://www.mcs.net/~rwor

ejnews:この感謝祭についての記事は“革命的労働者オンライン”と言うサイトの記事です。ejnewsの感謝祭の歴史観と上記の記事の歴史観が同一と言う事でははありません。然し.....................................“歴史は勝者が書く”と言うのは有名な言葉ですが、George Orwell ジョージオーウェルはこう言い残しています。
Who controls the past controls the future. Who controls the present controls the past.
“過去を支配する者は未来を支配し、現在を支配する者は過去を支配する。”
 日本でも第二次大戦前後で学校で教える歴史観が支配階級の主義の変化に応じて変わったと言う良い例がありますよね。





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。