スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーチン首相ドルの処分について中国に協力をほのめかす?

PM Putin suggests Russia, China ditch dollar in trade deals
プーチン首相はロシアと中国はドルを処分してはどうかと貿易政策でほのめかす。

Published on 28-10-2008
Source: RIA Novosti
http://www.blacklistednews.com/news-2061-0-13-13--.html

MOSCOW - Russian Prime Minister Vladimir Putin proposed on Tuesday that Russia and China gradually switch over to national currency payments in bilateral trade, expected to total $50 billion in 2008.

モスコー: ロシアのブラディミールプーチン首相は火曜日、ロシアと中国は徐々に相互貿易で自国の貨幣に変更してはどうかと提案した。2008年の総額は5億ドルに達すると予想される。

"We should consider improving the payment system for bilateral trade, including by gradually adopting a broader use of national currencies," Putin told a bilateral economic forum.

“我々は相互貿易に於いて自国の通貨のより広範な利用を徐々に取り入れる事も含めて、支払方法の改革向上を考えなければならない。”とプーチン首相は相互経済フォーラムで発言した。

He admitted the task would be tough, but said it was necessary amid the current problems with the dollar-based global economy.

彼は任務は難しいだろうと認めながらも、ドルを基本とした国際経済の現在の問題を考えると(この改革は)必要だと述べた。

Chinese Prime Minister Wen Jiabao described strengthening bilateral relations as "strategic."

中国のウェンジアバオ首相は相互関係の強化は戦略だと説明した。

"Mutual investment by Russia and China has already exceeded $2 billion, this is a very good index," Jiabao said.

“ロシア中国間の相互投資は既に2千万ドルに達している。此れは非常に良い兆しだ”とジアバオ首相は述べた。

He praised the success of numerous projects, including additional construction of China's Tianwan nuclear power plant and the opening of a joint pharmaceuticals center in Moscow.

彼は中国のティアンワン原子力発電所の追加された建設工事や、モスクワでの医薬品センターの協力開設等を含めた数々のプロジェクトの成功を賞賛した。

A number of large Russian companies, including state-run oil producer Rosneft and aluminum champion RusAl, are seeking to develop investment projects in China, Jiabao said.

政府経営の石油企業“ロスネフト”とアルミ工業のチャンピオン“ルスアル”を含む数々の大規模なロシア企業は中国内での投資プロジェクトを発展させる様に求めているとジアバオ首相は述べた。

The Chinese premier said bilateral cooperation in the helicopter industry, mechanical engineering, the energy sector, timber production and innovation sector was also showing signs of progress.

ヘリコプター業界、機械技術、エネルギーセクター、木材セクター、最新技術のセクターで相互協力の進展の兆しが見えると中国の首相は述べた。

"China is a staunch supporter of Russia's accession to the WTO, but is categorically against politicizing the issue," Jiabao said.

“中国はロシアのWTOへの加盟についての最も頑固な支持者であるが、其れを政治問題にするには断固反対する。”とジアオバオ首相は述べた。

The Russian premier invited Chinese investors to join Russian timber projects.

ロシアの首相は中国の投資家をロシアの材木プロジェクトに参加する様に招待した。

"We welcome both domestic and foreign investment in Russia's timber sector," Putin said. "As one of the largest consumers of our products, China could be a source of such investment."

“我々はロシアの木材セクターへの国内外からの投資を歓迎する。我々の製品の最大の消費者である中国はその様な投資者になり得る。”とプーチン首相は述べた。

He also offered Beijing Russia's assistance in developing a large passenger plane on the basis of Russia's experience with its wide-bodied Il-96 aircraft.

プーチン首相は又、大型の旅客機開発の為にロシアの幅の広い機体のIl-96の開発の経験を元に中国に対しロシアの援助を申し出た。

Ejnews :本当にロシアと中国がドルを処分すると大変な事になるでしょうね。アメリカでは大統領選挙が最終段階に入りました。昨日は経済的に苦しんでいるミドルクラスの4家族を紹介したオバマ候補のインフォーマーシャルが放映され評判は良かったようです。アメリカには政治を左右するシンクタンクと言う組織が多く在り、殆どが保守的な存在ですがジョージ ソロスの支援で創設されたThe Center for American Progressザ センター フォー アメリカン プログレス(CAP)と言う未だ創設から数年しか経たないシンクタンクは既にオバマ氏が大統領になった時の就任式の演説の内容の制作、政権の政策指針をまとめた26ページのドキュメントをオバマ陣営に配布しているとの事です。CAPの多くのメンバーはビルクリントン政権で働いた人達だそうで組織の政策方針はクリントン政権と同じ傾向だと予想されます。オバマ氏が大統領になった場合の就任式の演説には"エネルギーの生産、消費。経済の活性化。他国との交流を含めた国家の安全保障。の3つの重要な政策変化が示されているとの事です。

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

ハロウィーン前夜。オチンチンの縮み上がる様な怖~い御話し。

Plastics ingredient linked to
smaller penises
プラスティックの原材料は小さい男性生殖器官に関連している。

http://www.informationliberation.com/?id=26025
informationliberation
インフォメーションリバレーション

The news you're not supposed to know...
“貴方の知る筈じゃないニュース”より。

MARTIN MITTELSTAEDT

Exposure of expectant mothers to phthalates, a common ingredient in many plastics, has been linked to smaller penis size and incomplete descent of testicles in their baby boys, according to a new research paper that found the chemical also appears to make the overall genital tracts of boys slightly more feminine.

新しい研究報告書によると一般的なプラスチックの原料フタル(ファサレイト)による妊婦の汚染は小さい男性生殖器官(ピニス、オチンチン)と睾丸の不完全な下降と関連付けられている。この化学物質は男子の生殖器官を少しだけ女性的にもしている様に見かけられる。

The findings are sure to add more controversy to phthalates, a chemical that is added to polyvinyl chloride plastic to make it less brittle, and to many types of personal care products including fragrances, hair sprays and nail polish.

この発見はポリ塩化ビニール(ポリビニール クロライド プラスチック)の脆さを矯正する為、そして芳香剤(香水、パフューム、コロン等)、ヘアースプレー、ネイルポーリッシュ等のパーソナルケア製品に添加されるフタル(ファサレイト)に今まで以上に論議を呼び起こす事は確かである。

The research was conducted on children from three different areas of the United States, and found a strong statistical correlation between expectant mothers who had above-average levels of the chemical in their urine while pregnant and the feminizing effect on their sons.

研究はアメリカの3箇所の違った地域に住む子供達を対象に行われ、妊娠中の尿に基準値以上の化学物質が発見された母親と女性化した彼女達の男子の間に強い統計的関連を見つけ出した。

Phthalates are "probably reproductive toxins and should be eliminated from products gradually because we don't need them," said Shanna Swan, director of the Center for Reproductive Epidemiology at the University of Rochester's school of medicine, who led the team of scientists who examined the boys.

ロチェスター大学の生殖伝染病学センターの主任で科学者チームを率いて男の子達を研究したシャナ スワン女史は“フタル(ファサレイト)は恐らく生殖に対する毒物で徐々に製品から排除されるべきでしょう。何故なら我々はそんな物必要ないからです.”と述べた。

The paper is published in the current issue of the journal Environmental Research.

この報告書は一番新しい“ジャーナル環境研究”に発表されている。

The Virginia-based American Chemistry Council, which represents the makers of the chemical (Exxon Mobil, BASF, Ferro Corp., and Eastman Chemical), issued a statement saying it "cautioned against over-interpreting any individual study."

ヴァージニアに拠点を置くこの化学物質を生産する企業(エクソン モビル、BASF,フェロ コー、イーストマン ケミカル)を代表するアメリカン ケミストリー コンシルは“特定の如何なる研究に対する過剰な解釈について警告する”と声明を発表している。

Scientists have been investigating the possible effects on boys of phthalates because rodent studies have shown the chemical has the peculiar ability to shorten the space between the anus and the genitalia in male mice exposed during fetal development. This space, known as anogenital distance or AGD, is normally about twice as long in young male mice than in females. For mice, AGD is considered a measure of masculinity and a way to determine the sex of the pups. Scientists are so confident of the effect that they've given the impact of the chemical on male rodents a name - phthalate syndrome.

鼠の研究によると、胎児としての発達期にこの物質に汚染されたオスの鼠の肛門と生殖器官の間の距離を短くする特殊な能力がある事が観察されたので、科学者達は男子に対するフタル(ファサレイト)の影響の可能性を調査していた。アノジェニタル ディスタンス(肛門生殖器間間隔)若しくはAGDとして知られているこの距離は若い雄の鼠では雌の鼠の2倍の間隔が普通ある。ADGは男性的である事を測る基準と認識されていて子鼠の性を確認する為の手段でもある。科学者達はこの化学物質が雄の鼠に与えるインパクトについて“フタル(ファサレイト)症候群”と言う名前を与える程(この研究を)確信している。

Surveys of children have also found that there is a marked sexual difference for this trait in humans, too, with the length in boys about 50 per cent more than in girls.

子供達の調査によって男の子では約50%女の子より大きいと言う事実で、この特徴について特筆できる性的違いが人間でも確認された。

Dr. Swan's research, conducted on 106 boys from Los Angeles, Columbus, Missouri and Minnesota, is among the first to raise the possibility that phthalate syndrome may also be at work in humans, because it found pregnant women with the highest amount of phthalates were markedly more likely to give birth to boys who had shorter anogenital distances.

ロスアンジェルス、コロンバス、ミズーリ、ミネソタに住む106人の男子について行われたドクタースワンの研究は、フタル(ファサレイト)に最も多く汚染された妊婦からは肛門性器間隔の短い男子が誕生していると言う事実により、フタル(ファサレイト)症候群は人類にも影響を与えていると言う可能性を初めて警告した研究の1つである。

When the boys were compared, none of the 29 with a shorter AGD were born to women who had low amounts of phthalates, while among the boys with a long space, only one was born to a mother with a high amount of the chemical.

男の子達が比較された時、29人のAGDが短い男子達の仲で誰一人としてフタル(ファサレイト)汚染が低い母親から生まれた男子は居なかった、しかし同時に、AGDが普通で長い男の子達の中で、唯一人だけこの化学物質が体内に多い母親から生まれていた。

The difference in the genital distance between the high-exposure and low-exposure boys was slight - around 3 to 4 per cent.

汚染の大きい男子と少ない男子の間での生殖器官の間隔の差は細微である。3~4%位である。

The paper also showed that incomplete descent of the testicles was "significantly" associated with mothers having more of the type of phthalate used in polyvinyl chloride plastic.

報告書は不完全な睾丸降下は母親がポリ塩化ビニール(ポリビニール クロライド プラスティク)に含まれる種類のフタル(ファサレイト)に最も多く汚染されていた。

This phthalate, known as DEHP, has been listed as a toxic substance in Canada, and Health Canada has proposed but not implemented a prohibition limiting the chemical to no more than 0.1 per cent of the weight of toys used by young children.

DEHPとして知られているこのフタル(ファサレイト)はカナダで毒物のリストに入れられていた。ヘルス カナダは子供用の玩具の重量の0.1%以上は使用禁止を提言していたが実行されなかった。

Phthalates may have adverse effects because they are able to reduce testosterone synthesis by interfering with an enzyme needed to produce the male hormone. This raises worries that they may alter any process dependent on the hormone that choreographs male development. Phthalates can easily leach out of products, enabling humans to absorb them through diet, skin and inhalation.

フタル(ファサレイト)は悪影響を与える可能性がある。何故なら、男性ホルモンを作る酵素に干渉して、テストステロンの合成作用を低下させる能力があるからだ。此れは危険である、何故ならフタル(ファサレイト)は男性発育を指揮するこのホルモンに頼っている如何なる過程でも変化させる可能性が在るからだ。フタル(ファサレイト)は容易に製品から溶出し食事、皮膚、呼吸を通して人体が吸収する事を可能にする。

Dr. Swan cautioned that the research was conducted on a relatively small number of boys, and the findings need to be independently verified by other investigators. It also isn't known what effect, if any, the chemical might have on the fertility of the boys, later in life, because the group would need to be followed into adulthood.

スワン女史は研究は比較的少人数の男子によって為されたので、この発見は他の独立した研究者によって確認されなければならないと注意している。そして若し在るとすれば、この男子達の将来の死亡率にどの様な影響があるのか不明である。何故ならその為にはこの男子達のグループは成人になるまで追跡調査されなければならないからだ。

Nonetheless, Dr. Swan said she believes labelling laws need to be strengthened to allow consumers to choose whether to buy products or packaging that contain phthalates.

如何なる場合でも、彼女は消費者がフタル(ファサレイト)を含んでいる製品やパッケージを買うかどうか選択出来る為の表示の法律が強化されなければならないと信じているとスワン女史は述べた。

Cosmetics often contain phthalates, but the chemical isn't specifically mentioned because it is included in other listed items, such as fragrances.

化粧品も多くの場合フタル(ファサレイト)を含んでいる。しかしこの化学物質は特に表示されていない、何故なら芳香剤の様な既に化粧品に表示されている原料に含まれているからだ。

Dr. Swan says she tries to buy phthalate-free cosmetics and doesn't store or microwave food in plastic containers, among other steps, to minimize her own exposure.

スワン女史は彼女はフタル(ファサレイト)汚染を避ける他の色々な方法の中で、フタル(ファサレイト)の含まれていない化粧品を買う様にしたり、食品をプラスティックの容器で保存しない様にしたり、又プラスティックの容器を使い電子レンジで加熱しない様に努めている。

Ejnews: 今日は下ネタ(vulgar subject)で申し訳ありません。でも如何しても逃せない駄洒落(bad joke or pun)の機会(opportunity or chance)でしたのでこの記事を翻訳してみました。如何でしたか?オチンチンの縮み上がる様な怖ーい御話しだったでしょう!
 EUでは色々な化学物質は製造販売禁止(prohibition名詞prohibit他動詞)になっていますが、アメリカでは特にブッシュ政権により規制緩和政策(Policy of deregulation or Deregulatory policy)が取られているので、EU各国もアメリカが将来、有毒化学物質(toxic chemical)の製造販売(manufacture and sales)の規制強化を始める前に既に製造されている有毒化学物質、又は有毒化学物質が含まれる製品を大量にアメリカ市場に輸出しているそうです。(ヨーロッパの製品だからと言って安心しないで下さい。若し日本の法律がEUの法律の様に厳しくなければEU各国はEU圏内では販売出来ない製品を日本に輸出する可能性が在るからです。)日本政府は当然規制強化するとアメリカとの輸出入が困難になるのでEUの有毒化学物質の規制には習わないでアメリカの規制緩和方針を真似ているか、環境ホルモンと呼ばれる石油化学物質は危険ではないと言うプロパガンダ行為をしている可能性が在ると私は思います。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。若し貴方がその様な場所、家、建物をご存知でしたら
モスカルのCS日記 http://rararabit.blog5.fc2.com/
まで連絡してあげて下さい。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Halloween ハロウィーン

Halloween
ハロウィーン

From Wikipedia, the free encyclopedia

Halloween, or Hallowe’en, is a holiday celebrated on the night of October 31. Halloween activities include trick-or-treating, ghost tours, bonfires, costume parties, visiting "haunted houses", carving Jack-o'-lanterns, reading scary stories and watching horror movies. Irish immigrants carried versions of the tradition to North America in the nineteenth century. Other western countries embraced the holiday in the late twentieth century. Halloween is celebrated in several countries of the Western world, most commonly in the United States, Canada, Ireland, Puerto Rico, Japan, New Zealand, and occasionally in parts of Australia and the United Kingdom, . In Sweden the All Saints' official holiday takes place on the first Saturday of November.

Halloween, 若しくは Hallowe’en10月31日のよる祝われる祝日です。ハロゥィーンの夜はトリック オア トリーティング、ゴーストツアー、ボーンファイアー、コスチュームパーティー、幽霊屋敷を訪れる、ジャックオーランタンを作る、怖い話をを読み、ホラームーヴィーを見る等します。19世紀にアイルランド移民は彼等のヴァージョンの伝統を北アメリカに伝えました。他の西側の国々も20世紀後半にこの祝日を受け入れました。ハロウィーンは他の幾つかの西側の国々でも祝われています。最も一般的なのは、アメリカ合衆国、カナダ、アイルランド、プエルトリコ、日本(日本!!!本当???)ニュージーランド、そして時々オーストラリアとイギリスで祝われます。スエーデンではオールセイントデイの国で定められた祝日は11月の一番最初の土曜日です。

ハロウィーンを祝う国の中に日本の名前がありますが、最近は日本でもハロウィーンをするんですか?

History

Halloween has its origins in the ancient Celtic festival known as Samhain (Irish pronunciation: [ˈsˠaunʲ]; from the Old Irish samain).[1] The festival of Samhain is a celebration of the end of the harvest season in Gaelic culture, and is sometimes [2] regarded as the "Celtic New Year".[3] Traditionally, the festival was a time used by the ancient pagans to take stock of supplies and slaughter livestock for winter stores. The ancient Gaels believed that on October 31, now known as Halloween, the boundary between the alive and the deceased dissolved, and the dead become dangerous for the living by causing problems such as sickness or damaged crops. The festivals would frequently involve bonfires, into which bones of slaughtered livestock were thrown. Costumes and masks were also worn at the festivals in an attempt to mimic the evil spirits or placate them.[4]

ハロウィーンの起源はSamhainソーインとして知られている古代のケルト人のお祭りです。Samhainのお祭りはケルト文化で収穫期の最後を祝うお祭りです。そして時々ケルトのお正月と受取られています。伝統的にはお祭りは古代異教徒によって冬季用に必要な物を保存し、家畜を屠殺為の時期として利用されていました。(キリスト教以前のヨーロッパ)古代ゴールは(フランスのケルト、シーザーと戦い征服された)今ハロウィーンとして知られている10月31日は生きている世界と死者の世界の境界が曖昧になり、そして死者は病気や収穫物に被害を与えるなどして問題を起こし、生きている人々に危険な存在となると信じていました。お祭りは頻繁にかがり火が使われ、其の中に殺された家畜の骨が投げ込まれました。お祭りでは、邪悪な魂を真似たり、宥める為コスチュームやマスクも着用されました。

Halloween history
ハロウィーン歴史
http://www.halloweenishere.com/history.html


The custom of trick or treating probably has several origins. During Samhain, the Druids believed that the dead would play tricks on mankind and cause panic and destruction. They had to be appeased, so country folk would give the Druids food as they visited their homes.

トリック オア トリーティングの風習のには恐らく幾つかの起源があります。ソーインのお祭りの期間中にドゥルーイッドは死者が人間に悪戯をしパニックや災害を引き起こすと信じていました。彼等は宥められなければなりません。だから、田舎の人々はドゥルーイッドが彼等の家を訪れた時食べ物を与えたのです。

Druidsドゥルーイッドはケルト人の知識、僧侶階級

An old Irish peasant practice called for going door to door to collect money, breadcake, cheese, eggs, butter, apples, etc., in preparation for the festival of St. Columb Kill.

昔のアイルランドの農民は家から家へと訪れお金、ブレッドケーク、チーズ、卵、バター、林檎等をセイント コルン キルのお祭りの準備の為集めました。

Also a ninth-century European custom called souling. On November 2, All Souls Day, early Christians would walk from village to village begging for "soul cakes" made out of square pieces of bread with currants. The more soul cakes the beggars would receive, the more prayers they would promise to say on behalf of the dead relatives of the donors. At the time, it was believed that the dead remained in limbo for a time after death, and that prayer, even by strangers, could expedite a soul's passage to heaven.
其れと、ソウリングと呼ばれる19世紀のヨーロッパの習慣で、11月2日、オールソウルスデイ、キリスト教徒は村から村へと四角いカラント入りのパンで作られたソウルケークを貰って歩きました。ソウルケークを貰う量が多いと其れに応じてソウルケークを与えた家の亡くなった家族のために祈りを揚げると約束しました。当時は、死者は死後地獄の辺土に留まるので、身しらずの他人の祈りでも死者の魂が地獄の辺土から天国へ行く事を早くしてくれると信じられていました。

Bobbing for Apples:
ポコポコ盥の中の水に浮いている林檎を手を使わないで口で取るハロウィーンのゲーム。

When the Celts were absorbed by the Roman Empire, many rituals of Roman origin began. Among them was the worship of Pomona, goddess of the harvest, often portrayed sitting on a basket of fruits and flowers. Apples were the sacred fruit of the goddess, and many games of divination involving them entered the Samhain customs.

ケルト人がローマ帝国に併合された時多くのローマが起源の宗教儀式が始まりました。其の中でも良く果物や花の入っているバスケットに座っている姿で表されている収穫の女神、ポモナ女神を祭る事で、林檎は女神の神聖な果物でした。そして、多くのポモナ女神に関わる占いが含まれたゲームがソーインの風習の中に入り込んでいきました。

The Witch's Broomstick:
魔女の箒の柄


The witch is a central symbol of Halloween. The name comes from the Saxon wica, meaning wise one. When setting out for a Sabbath, witches rubbed a sacred ointment onto their skin. This gave them a feeling of flying, and if they had been fasting they felt even giddier. Some witches rode on horseback, but poor witches went on foot and carried a broom or a pole to aid in vaulting over streams. In England when new witches were initiated they were often blindfolded, smeared with flying ointment and placed on a broomstick. The ointment would confuse the mind, speed up the pulse and numb the feet. When they were told "You are flying over land and sea," the witch took their word for it.

魔女はハロウィーンの中心的シンボルです。名前はサクソン語のウィカが起源で聡明な人と言う意味です。サバッス(安息日)の為に出かける時に魔女達は神聖なクリームを肌に擦り込みます。此れは魔女達に空を飛んでいる様な感じを与え、若し彼女達が断食していれば彼女達はもっとフワフワした感じになります。ある魔女達は馬に乗りましたが、貧乏な魔女達は小川を跳び越す助けに使う箒や棒を持って歩いて行きました。イングランドでは新しい魔女が仲間に入る時の儀式ではよく目隠しをされ、空を飛ぶクリームを擦り込まれ箒の柄に座らされました。クリームは精神を混乱させ、脈拍を早くさせ足を痺れさせ、彼女達が“貴方は陸と海の上を飛んでいます“と言われると魔女達は其の言葉を信じたのです。

Jack-O-Lanterns:
ジャック-オー-ランタンズ


Irish children used to carve out potatoes or turnips and light them for their Halloween gatherings. They commemorated Jack, a shifty Irish villain so wicked that neither God nor the Devil wanted him. Rejected by both the sacred and profane, he wandered the world endlessly looking for a place to rest, his only warmth a glittering candle in a rotten turnip. Read about Jack in the 'Legend of the Jack-O-Lantern' short story.

神も悪魔も引き取らない狡賢いアイルランドの悪役ジャックを記念して、アイルランドの子供達はハロウィーンの集まりの為ジャガイモやカブラに彫刻し其の中に灯を燈すことが習慣でした。聖なる者にも不敬な者にも拒否されジャックは安息の場所を探して世界中を彷徨い、彼の唯一つの暖かい場所はキラキラ光る腐ったカブラだったのです。ジャックについては短編“ジャック-オー-ランタンの伝説”を読んで下さい。

Did You Know...
知ってる?

• The Irish Potato Famine (1845-50) prompted over 700,000 people to immigrate to the Americas. These immigrants brought with them their traditions of Halloween and Jack o'Lanterns, but turnips were not as readily available as back home. They found the American pumpkin to be a more than an adequate replacement. Today, the carved pumpkin is perhaps the most famous icon of the holiday.

• アイルランドのジャガイモ飢饉(1845-50)は70万人以上のアイルランド人のアメリカへの移民を誘発しました。この移民達はハロウィーンとジャックオーランタンの伝統を(アメリカ)へ持ち込みましたがカブラは故郷での様に簡単に手に入りませんでした。彼等はアメリカのパンプキンが満足できる以上の代替物である事を発見しました。今ではレリーフされたパンプキンは最も有名な祝日のアイコン(イコン)になっています。

Ejnews: もういーくつねるーとハロウィーン~!其の4日後に大統領選挙。アメリカ経済はブッシュチェイニー政権の素晴らしい指導力が功を奏し、サブプライム住宅問題が発端の世界を巻き込んだ金融危機に陥り、其れに加えて金融機関だけで無くGM,クライスラー等の企業の経営難。ニュースを読むのが一寸厭になる此の頃です。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。

Global Research.ca
Centre for Research on Globalization
http://www.globalresearch.ca/
by F. William Engdahl
 

One thing Microsoft founder Bill Gates can’t be accused of is sloth. He was already programming at 14, founded Microsoft at age 20 while still a student at Harvard. By 1995 he had been listed by Forbes as the world’s richest man from being the largest shareholder in his Microsoft, a company which his relentless drive built into a de facto monopoly in software めいるsystems for personal computers. In 2006 when most people in such a situation might think of retiring to a quiet Pacific island, Bill Gates decided to devote his energies to his Bill and Melinda Gates Foundation, the world’s largest ‘transparent’ private foundation as it says, with a whopping $34.6 billion endowment and a legal necessity to spend $1.5 billion a year on charitable projects around the world to maintain its tax free charitable status. A gift from friend and business associate, mega-investor Warren Buffett in 2006, of some $30 billion worth of shares in Buffet’s Berkshire Hathaway put the Gates’ foundation into the league where it spends almost the amount of the entire annual budget of the United Nations’ World Health Organization.

  マイクロソフトを設立したビルゲイツを非難できない事の一つに怠慢がある。14歳のから既にプログラミングを始め、ハーヴァードの学生の時代20歳でマイ クロソフトを設立した。1995年になる頃は世界一の富豪、彼の執拗な意欲でパーソナル コンピューター ソフトウエアーの事実上独占をしているマイクロソフトの筆頭株主としてフォーヴス誌に取り上げられた。2006年、殆どの人はこの様な状況になると太平洋 の静かな島での引退生活を考えるかもしれない。が然し、ビルゲイツは(財団よると)あっ!と驚く346億ドルの(ゲイツから財団へ)寄附金と課税免除の資 格を守る法律上の必要性のある年間15億ドルの世界的な慈善事業への寄付をする、世界で一番大きい個人的transparent財団“ビル&メリンダゲイ ツ財団”に力を注ぐ事に決意した。2006年、友人でビジネス アソシエイトである巨額投資者ウォーレン バフェットからのギフト、300億ドルの価値のあるバフェットのバークシャー ハサウエーのシェアーでゲイツ財団は国際連合の殆ど同額の年間予算を運用出来るほどのリーグにまで押し上げた。

So when Bill Gates decides through the Gates Foundation to invest some $30 million of their hard earned money in a project, it is worth looking at.

 だからビルゲイツがゲイツ基金を通して一生懸命働いて稼いだ3千万ドルを何かのプロジェクトに投資すると決めた時は一瞥に値するのです。

No project is more interesting at the moment than a curious project in one of the world’s most remote spots, Svalbard. Bill Gates is investing millions in a seed bank on the Barents Sea near the Arctic Ocean, some 1,100 kilometers from the North Pole. Svalbard is a barren piece of rock claimed by Norway and ceded in 1925 by international treaty (see map).

 世界中で最も辺鄙な場所サヴァルボードでのプロジェクト以上に今興味深いプロジェクトは無い。北極点から1,100キロ 程の北極海の近くバレント海に在る種銀行(Seed Bank)へビルゲイツは数百万ドルを投資している。サルヴォ-ドはノルゥエーによって領土と宣言され1925年に国際協定で割譲された不毛の岩(で出来 た島)である。



On this God-forsaken island Bill Gates is investing tens of his millions along with the Rockefeller Foundation, Monsanto Corporation, Syngenta Foundation and the Government of Norway, among others, in what is called the ‘doomsday seed bank.’ Officially the project is named the Svalbard Global Seed Vault on the Norwegian island of Spitsbergen, part of the Svalbard island group.

 この神に 見捨てられた島の“最後の審判の日の種銀行(ドュームズデイ シード バンク)”と呼ばれるプロジェクトに、ロックフェラー基金、モンサント株式会社、シンジェンタ基金、そしてノルェー政府と共にビルゲイツは数千万ドルを投 資している。正式にはこのプロジェクトは“サルヴォード グローバ ルシード ヴァルト”と命名されていて、ノルェーのサルヴォード諸島の一部であるスピッツバーゲン島に存在する。

Doomsday Seed Vault
最後の審判の日の種貯蔵庫


The seed bank is being built inside a mountain on Spitsbergen Island near the small village of Longyearbyen. It’s almost ready for ‘business’ according to their releases. The bank will have dual blast-proof doors with motion sensors, two airlocks, and walls of steel-reinforced concrete one meter thick. It will contain up to three million different varieties of seeds from the entire world, ‘so that crop diversity can be conserved for the future,’ according to the Norwegian government. Seeds will be specially wrapped to exclude moisture. There will be no full-time staff, but the vault's relative inaccessibility will facilitate monitoring any possible human activity.

 種銀行はスピッツバーゲン島 の小さな村、ロングヤービィエン村の近くの山の地下に構築されている。発表によると(この種貯蔵庫は)もう直ぐ使用可能だと言う事だ。銀行(種の貯蔵庫) はモーションセンサー付きの爆発に耐える二重のドア,二重のエアロック、1メートルの厚さの鉄筋コンクリートの壁で守られている。ノルェー政府によると、 此処では将来の為、農業用植物の多様性が確保される様に、3百万種までが世界中から集められ保管される。種は水分を取り除く様に特別に包装される。此処で は従業員は常時待機しないが殆ど人が近づけない事が周辺での人間の活動をモニターする事に役立つ事になる。

Did we miss something here? Their press release stated, ‘so that crop diversity can be conserved for the future.’ What future do the seed bank’s sponsors foresee, that would threaten the global availability of current seeds, almost all of which are already well protected in designated seed banks around the world?

 此処で我々は何か見逃したかな?彼らのプレス リリースによると“農業用植物の多様性が確保される様に”となっている。殆ど全ての種は既に世界各地の特定のシードバンクで十分に守られているのに、現在 世界中で入手可能な種の将来を脅かす、どの様な未来を種銀行のスポンサー達は予見しているのだろうか?

Anytime Bill Gates, the Rockefeller Foundation, Monsanto and Syngenta get together on a common project, it’s worth digging a bit deeper behind the rocks on Spitsbergen. When we do we find some fascinating things.
 ビルゲイツ、ロックフェラー基金,モンサント,シンジェンタ,が共通のプロジェクトの為に寄り集まる時はスピッツバーゲンの岩の裏側をもう少し深く掘り起こす価値がある。掘り起こして見ると、何やら面白い事を見つけてしまった。

The first notable point is who is sponsoring the doomsday seed vault. Here joining the Norwegians are, as noted, the Bill & Melinda Gates Foundation; the US agribusiness giant DuPont/Pioneer Hi-Bred, one of the world’s largest owners of patented genetically-modified (GMO) plant seeds and related agrichemicals; Syngenta, the Swiss-based major GMO seed and agrichemicals company through its Syngenta Foundation; the Rockefeller Foundation, the private group who created the “gene revolution with over $100 million of seed money since the 1970’s; CGIAR, the global network created by the Rockefeller Foundation to promote its ideal of genetic purity through agriculture change.

  最初に書き留めておかなければならない事は、誰が最後の審判種貯蔵庫の為にスポンサーをしているかと言う事だ。ノルェー人に参加している人々は、ビル&メ リンダ ゲイツ財団。世界で最も大きい遺伝子組み換え植物種とそれに関係する農業用薬品のパテントの所有企業の一つ米巨大農業企業ドュポン/パイオニアーハイブ リッド。シンジェンタ、スイスに拠点を置く遺伝子組み換え種と農業用薬品の巨大企業はシンジェンタ基金を通して参加。ロックフェラー財団、1970年代か ら1億ドル以上の種の為の資金で“緑の革命”を創始したプライヴェートグループ、CGIAR,はロックフェラーの作り出した農業変革を通して種の純粋性を 推奨するグローバル ネットワーク。などが明記されている。

CGIAR and ‘The Project’
CGIARと“ザ プロジェクト”


As I detailed in the book, Seeds of Destruction, in 1960 the Rockefeller Foundation, John D. Rockefeller III’s Agriculture Development Council and the Ford Foundation joined forces to create the International Rice Research Institute (IRRI) in Los Ba醇oos, the Philippines.1 By 1971, the Rockefeller Foundation’s IRRI, along with their Mexico-based International Maize and Wheat Improvement Center and two other Rockefeller and Ford Foundation-created international research centers, the IITA for tropical agriculture, Nigeria, and IRRI for rice, Philippines, combined to form a global Consultative Group on International Agriculture Research (CGIAR).

 私が本“Seeds of Destruction”(破壊の種)で詳細に渡って説明した様に、1960年ジョンD.ロックフェラー3世の基のロックフェラー財団の農業開発評議会と フォード財団が手を組んでフィリピンのロスバニョスに国際米研究機関(IRRI)を創設した。1971年までにはロックフェラー財団のIRRIはメキシコ が拠点の国際玉蜀黍と小麦改善センターと他の二つのロックフェラーとフォード基金によって創設された機関、ニカラグアのIITAは熱帯農業、フィリピンの IRRIは米、この二つを統合して“Consultative Group on International Agriculture Reserch(CGIAR)”と言う国際的な機関にした。

CGIAR was shaped at a series of private conferences held at the Rockefeller Foundation’s conference center in Bellagio, Italy. Key participants at the Bellagio talks were the Rockefeller Foundation’s George Harrar, Ford Foundation’s Forrest Hill, Robert McNamara of the World Bank and Maurice Strong, the Rockefeller family’s international environmental organizer, who, as a Rockefeller Foundation Trustee, organized the UN Earth Summit in Stockholm in 1972. It was part of the foundation’s decades long focus to turn science to the service of eugenics, a hideous version of racial purity, what has been called The Project.

 CGIARはイタリアのべラジオにあるロック フェラー財団のコンファランスセンターでの連続的な私的な会合に因って形成され。べラジオ会合の中心的な参加者はロックフェラー財団のジョージハラー、 フォード財団のフォーレストヒル,ワールドバンクのロバートマクナマラとロックフェラー家の国際環境オーガナイザーで1972年ストックホルムでの国際連 合アースサミットをオーガナイズしたロックフェラー財団の責任者モーリスストロング。それはザプロジェクトと呼ばれた、ロックフェラー財団の数十年に及ぶ 科学をおぞましい種類の人種純粋化である優生学(ユージニック)の為に捧げる為の努力の一つであった。

To ensure maximum impact, CGIAR drew in the United Nations’ Food and Agriculture Organization, the UN Development Program and the World Bank. Thus, through a carefully-planned leverage of its initial funds, the Rockefeller Foundation by the beginning of the 1970’s was in a position to shape global agriculture policy. And shape it did.

 最大の効果を確実 にする為CGIARは国連の食料農業オーガニゼーション、国連開発プログラムとワールドバンクを巻き込んだ。注意深く計画された最初の基金による影響力で 1970年代の初期にはロックフェラー財団は世界的な農業の指針を形成する地位に立った。そしてそのとおりにした。

Financed by generous Rockefeller and Ford Foundation study grants, CGIAR saw to it that leading Third World agriculture scientists and agronomists were brought to the US to ‘master’ the concepts of modern agribusiness production, in order to carry it back to their homeland. In the process they created an invaluable network of influence for US agribusiness promotion in those countries, most especially promotion of the GMO ‘Gene Revolution’ in developing countries, all in the name of science and efficient, free market agriculture.

 ケチケチしないロックフェラーとフォード財団による 研究助成金によって融資されたCGIARは、発展途上国の農学者と農耕学者が現代的な農業企業経営を勉強し、母国に持ち帰る為、アメリカ合衆国に招待する 事を引き受けた。其の過程で彼らの母国でのアメリカ合衆国の農業企業の影響力のプロモーションの為の測り知れないほど価値の在るネットワークを作り出し た。特に発展途上国での“遺伝子革命”での遺伝子組み換え植物のプロモーションの為に、科学、効率、自由市場農業と言う大儀名目で行われた。

Genetically engineering a master race?

 遺伝子操作技術で支配的人種を作る?


Now the Svalbard Seed Bank begins to become interesting. But it gets better. ‘The Project’ I referred to is the project of the Rockefeller Foundation and powerful financial interests since the 1920’s to use eugenics, later renamed genetics, to justify creation of a genetically-engineered Master Race. Hitler and the Nazis called it the Ayran Master Race.

 此処でスヴァルヴォード シード バンクは面白くなってくるが、一寸待て!もっと凄くなる。私が話している“ザ プロジェクト”は1920年代からロックフェラー財団や他の経済界の大物達が(financial interests)優生学を、後の遺伝学を使い、遺伝子操作でマスター レースを創り出す事を正当化する事である。ヒットラーとナチスは“アーリアン マスター レース”と呼んだ。

The eugenics of Hitler were financed to a major extent by the same Rockefeller Foundation which today is building a doomsday seed vault to preserve samples of every seed on our planet. Now this is getting really intriguing. The same Rockefeller Foundation created the pseudo-science discipline of molecular biology in their relentless pursuit of reducing human life down to the ‘defining gene sequence’ which, they hoped, could then be modified in order to change human traits at will. Hitler’s eugenics scientists, many of whom were quietly brought to the United States after the War to continue their biological eugenics research, laid much of the groundwork of genetic engineering of various life forms, much of it supported openly until well into the Third Reich by Rockefeller Foundation generous grants.2

  我々の惑星の全ての種を保存する為、現在最後の審判種保管所を建築している同じロックフェラー財団によってヒットラーの優生学はかなりの部分まで、融資さ れていた。話は本当に面白くなって来た。この同じロックフェラー財団は当時,人間の生を最小限の遺伝子配列に還元するると言う飽くなき追及の為に分子生物 学と言うイカサマ科学を創造した。それは当時人類の性質を思った様に作り変える事が出来ると期待された。ヒットラーの多くの優生学者は彼等の生物優生学の 研究を続ける為、戦後密かにアメリカに移された。種々の生物の遺伝子組み換え技術の基礎研究の多くは密かに第三帝国を通して(政権の犯罪性が露呈された後 の)かなりの時期までロックフェラー財団の気前の良い助成金によって融資された。

The same Rockefeller Foundation created the so-called Green Revolution, out of a trip to Mexico in 1946 by Nelson Rockefeller and former New Deal Secretary of Agriculture and founder of the Pioneer Hi-Bred Seed Company, Henry Wallace.

 1946年のネルソン ロックフェラーと元ニュー ディール農業部門長官でパイオニア ハイ ブリッド シード会社の創始者ヘンリー ウォーレスのメキシコ旅行の際、この同じロックフェラー財団が所謂“緑の革命”を創始nした。

The Green Revolution purported to solve the world hunger problem to a major degree in Mexico, India and other select countries where Rockefeller worked. Rockefeller Foundation agronomist, Norman Borlaug, won a Nobel Peace Prize for his work, hardly something to boast about with the likes of Henry Kissinger sharing the same.

 緑の革命はメキシコ、インドや他のロックフェ ラーが仕事をした国々で国際的飢饉を大幅に軽減する事が可能だと言う歌い文句だった。ロックフェラー財団の農政学者ノーマン ボーログは彼の実績でノーベル賞を授与されたが、ヘンリー キッシンジャーの様な輩が同じ賞を分かち合っているので別に自慢の種に出来る物では無いのだが。

In reality, as it years later emerged, the Green Revolution was a brilliant Rockefeller family scheme to develop a globalized agribusiness which they then could monopolize just as they had done in the world oil industry beginning a half century before. As Henry Kissinger declared in the 1970’s, ‘If you control the oil you control the country; if you control food, you control the population.’

 現実には緑の革命は後に明確になった様に、先ず国際的な農 業ビジネスを構築し、その後で独占すると言う、ロックフェラー家が半世紀前に石油業界で始めたと同様の素晴らしい企みであった。ヘンリー キッシンジャーが1970年代に“石油を支配すると国家を支配する。食料を支配すると人口を支配する。”と宣言した様に。

you control the population. 此処でのyouは日本語では勿論訳す必要はありませんね。population人口ですが、人類、世界中の人々、と言う意味で しょう。キッシンジャーらしい“ドクターストレンジラブ’見たいな発言だと思いませんか?

Agribusiness and the Rockefeller Green Revolution went hand-in-hand. They were part of a grand strategy which included Rockefeller Foundation financing of research for the development of genetic engineering of plants and animals a few years later.

 農業ビジネス(農業関連産業?)とロックフェラーの“緑の革命”は仲良く手を繋いでやって来た。この二つは数年後のロックフェラー財団が融資し植物と動物の遺伝子技術を開発する事を含む壮大な戦略の一部であった。

John H. Davis had been Assistant Agriculture Secretary under President Dwight Eisenhower in the early 1950’s. He left Washington in 1955 and went to the Harvard Graduate School of Business, an unusual place for an agriculture expert in those days. He had a clear strategy. In 1956, Davis wrote an article in the Harvard Business Review in which he declared that “the only way to solve the so-called farm problem once and for all, and avoid cumbersome government programs, is to progress from agriculture to agribusiness.” He knew precisely what he had in mind, though few others had a clue back then--- a revolution in agriculture production that would concentrate control of the food chain in corporate multinational hands, away from the traditional family farmer.3

ジョンH.デイヴィスは1950年代初期、アイゼンハゥアー大統領の元で農務省議長補佐だった。彼は1955年にワ シントンを去りハーヴァード大学院経済学部に移った。当時農業の専門家にとっては(大学院経済学部は)一寸変わった場所であった。彼にはハッキリした戦略 があった。1956年にハーヴァードビジネスリヴューに“所謂農園問題言われる問題を終局的に解決し、然も政府の煩わしいプログラムを避ける唯一つの方法 は農業から農業ビジネスへの進化だ。”とデイヴィスは記事を書いている。その当時ホンの少数の人間しか理解して無かった事なのだが、彼は何をなすべきかハッキリと理解していた。農業生産革命は伝統的な農家に取って代わり、食物連鎖の支配を多国籍企業が握るだろうと言う事であった。

A crucial aspect driving the interest of the Rockefeller Foundation and US agribusiness companies was the fact that the Green Revolution was based on proliferation of new hybrid seeds in developing markets. One vital aspect of hybrid seeds was their lack of reproductive capacity. Hybrids had a built in protection against multiplication. Unlike normal open pollinated species whose seed gave yields similar to its parents, the yield of the seed borne by hybrid plants was significantly lower than that of the first generation.

ロックフェラー財団とアメリカの農業関連産業を駆り立てている重要な点は、ハイブリッド農業用植物の種販売を発展途上国の市場に広げる事が真の“緑の革命”を創始すると言う
基 本的目的であった。極めて重要なハイブリッドの種の一面は繁殖能力に欠けていると言う事である。このハイブリッドは反繁殖機能が組み込まれている。毎年収 穫された種から同じ量の収穫量が期待できる自然に受粉する従来の種とは違い、ハイブリッドから収穫された種の翌年の収穫量は極端に減少する。(この事実は 農民が収穫された米、麦、豆、etc,の一部を翌年の作付けに使用できないということだ。)

That declining yield characteristic of hybrids meant farmers must normally buy seed every year in order to obtain high yields. Moreover, the lower yield of the second generation eliminated the trade in seed that was often done by seed producers without the breeder’s authorization. It prevented the redistribution of the commercial crop seed by middlemen. If the largemultinational seed companies were able to control the parental seed lines in house, no competitor or farmer would be able to produce the hybrid. The global concentration of hybrid seed patents into a handful of giant seed companies, led by DuPont’s Pioneer Hi-Bred and Monsanto’s Dekalb laid the ground for the later GMO seed revolution.4

ハイブリッド特有の毎年減少する収穫量は一般的に農民が毎年収穫量を維持する為に種を買わなければならないと言う事だ。そ れに加えて二世代目の収穫量減少は、品種改良育種業社の許可なしに種製造業者による繁殖取引を排除すると言う事である。それは販売目的の種の仲介業による 再販売を防ぐ事になる。若し巨大多国籍種販売企業が親種を社内で保持出来るなら、他の競合企業、農家がハイブリッドを創り出す事が出来なくなる。ドュポン のPioneer Hi-BredとモンサントのDekalbにより率いられて始まった世界的な少数の巨大種企業に集中されるハイブリッド種パテントは、後に遺伝子組み換え種革命の下地を準備したのである。

In effect, the introduction of modern American agricultural technology, chemical fertilizers and commercial hybrid seeds all made local farmers in developing countries, particularly the larger more established ones, dependent on foreign, mostly US agribusiness and petro-chemical company inputs. It was a first step in what was to be a decades-long, carefully planned process.

結果として、発展途上国の農家に特に、大農場経営農家に、アメリカの農業技術、化 学肥料、利害追求の為に開発されたハイブッリッドの種を紹介する事は外国の、特にアメリカの農業関連企業、石油化学企業の供給に対して発展途上国の農業が 頼らざるを得ない状況を作り出したと言える。これは注意深く計画された、其の後数十年続く、プランの第一歩だったと言える。

Under the Green Revolution Agribusiness was making major inroads into markets which were previously of limited access to US exporters. The trend was later dubbed “market-oriented agriculture.” In reality it was agribusiness-controlled agriculture.

緑の革命と言う名の下で農業関連業界はそれまでアメリカの業界にとって輸出量の限界があった市場に大量の販売地盤を作り出したことになる。これは後に“市場中心の農業”と意図的に呼ばれる様になった。現実には農業関連企業に支配された農業であった。

Through the Green Revolution, the Rockefeller Foundation and later Ford Foundation worked hand-in-hand shaping and supporting the foreign policy goals of the United States Agency for International Development (USAID) and of the CIA.

緑の革命を通してロックフェラー財団,後にフォード財団も含めて、は手に手を取って、アメリカ合衆国国際開発局と中央情報局の海外政策を形作り援助した。

One major effect of the Green Revolution was to depopulate the countryside of peasants who were forced to flee into shantytown slums around the cities in desperate search for work. That was no accident; it was part of the plan to create cheap labor pools for forthcoming US multinational manufactures, the ‘globalization’ of recent years.

緑 の革命の一つの大きな影響は、仕事を探す為都市外に掘っ立て小屋の立ち並ぶスラムに住居を求め、絶望的な状態に追いやられた、農民の減少による地方の過疎 化と言う事だった。それは偶然起こった事ではない。近くやって来るアメリカの多国籍製造企業の為に安価な労働力を準備する為の計画の一部であった。それは 近年の“グローバリゼーション”である。

When the self-promotion around the Green Revolution died down, the results were quite different from what had been promised. Problems had arisen from indiscriminate use of the new chemical pesticides, often with serious health consequences. The mono-culture cultivation of new hybrid seed varieties decreased soil fertility and yields over time. The first results were impressive: double or even triple yields for some crops such as wheat and later corn in Mexico. That soon faded.

緑の革命を巡る自己宣伝が落ち着いてきた頃、革 命の結果は約束されたものとは非常に異なる物であった。無差別な化学殺虫剤の使用による問題が発生した、多くの場合重大な健康問題であった。新しいハイ ブッリド種の単一種農耕は時間の経過と共に、土壌の生産性と収穫量を減少させていった。最初の収穫は印象的であった。穀物によっては2倍、3倍の収穫量 で、麦等の穀物続いてメキシコの玉蜀黍であったが、直ぐに収穫量は減少して行った。

The Green Revolution was typically accompanied by large irrigation projects which often included World Bank loans to construct huge new dams, and flood previously settled areas and fertile farmland in the process. Also, super-wheat produced greater yields by saturating the soil with huge amounts of fertilizer per acre, the fertilizer being the product of nitrates and petroleum, commodities controlled by the Rockefeller-dominated Seven Sisters major oil companies.

緑 の革命は殆んど言って良いほど、ワールドバンクのローンによるダムの建設と言う大規模な灌漑事業と共になされ、それまで人口居住地域や豊かな農耕地が水没 した。然も、スーパー麦は各エーカーに付き膨大な量の肥料を使用し大きな収穫量上げた。その肥料とは窒素と、ロックフェラーの支配する7姉妹大石油会社の 商品である石油で作られた製品であった。

Huge quantities of herbicides and pesticides were also used, creating additional markets for the oil and chemical giants. As one analyst put it, in effect, the Green Revolution was merely a chemical revolution. At no point could developing nations pay for the huge amounts of chemical fertilizers and pesticides. They would get the credit courtesy of the World Bank and special loans by Chase Bank and other large New York banks, backed by US Government guarantees. 

大量の除草剤、殺虫剤も使用され、附属的市場を巨大石油、石油化学企業の為に作り出した。結局 は緑の革命は単なる化学物質革命だと或る批評家は表現している。どの時点に置いても発展途上国が大量の化学肥料や殺虫剤の為の支払いが出来る訳ではない。 発展途上国は信用借りをワールドバンクの優遇措置として、そして、合衆国政府から補償されているチェイス銀行やニューヨークの他の大規模銀行から特別ロー ンる事になる。

Applied in a large number of developing countries, those loans went mostly to the large landowners. For the smaller peasants the situation worked differently. Small peasant farmers could not afford the chemical and other modern inputs and had to borrow money.

多くの発展途上国ローンからの資金は大部分大規模土地所有者に流れていった。小規模農家に対しては状況は違った方向に働いていた。小規模小作農家は農薬やその他の現代的な農業に必要な農機具その他の付随品を購入する経済的余裕が無く借金をしなくてはいけなかった。

Initially various government programs tried to provide some loans to farmers so th
at they could purchase seeds and fertilizers. Farmers who could not participate in this kind of program had to borrow from the private sector. Because of the exorbitant interest rates for informal loans, many small farmers did not even get the benefits of the initial higher yields. After harvest, they had to sell most if not all of their produce to pay off loans and interest. They became dependent on money-lenders and traders and often lost their land. Even with soft loans from government agencies, growing subsistence crops gave way to the production of cash crops.5

初期には政府の強力なプログラムは種と肥料の購買の為のある程度の ローンを農家に与えようと努力した。この様なポログラムに参加できない農家は民間セクターから謝金しなくてはならなかった。最初のローンの法外な利子の為 多くの農家は最初の高収穫の恵みを享受する事が出来なかった。収穫後、農民達はローンや利子の返還の為、収穫物の殆どを売り払わなければならなかった。彼 等は金貸し業者や農作物取引業者に依存する様になり多くの場合土地を失ってしまった。政府機関の低金利ローン(を借りている農家)でさえも自給用の農作物 栽培は経済的利益目的(麦、コーン、サトウキビ、大豆、コーヒー、綿、等国際市場で企業が高利益を得られる作物)の農業にとって換わられた。

Since decades the same interests including the Rockefeller Foundation which backed the initial Green Revolution, have worked to promote a second ‘Gene Revolution’ as Rockefeller Foundation President Gordon Conway termed it several years ago, the spread of industrial agriculture and commercial inputs including GMO patented seeds.

何十年もの間、最初の緑の革命を 後押ししたロックフェラー財団を含めた、其の同じ関係機関は、“第二の緑の革命”をロックフェラー財団の会長ゴードンコーンウエイが言う様に、現代的農業 と著作権取得済み品種を含めた経済的利益の追求の拡大、拡散を推進する為に努力している。

Gates, Rockefeller and a Green Revolution in Africa
ゲイツ、ロックフェラー,そしてアフリカでの緑の革命。


With the true background of the 1950’s Rockefeller Foundation Green Revolution clear in mind, it becomes especially curious that the same Rockefeller Foundation along with the Gates Foundation which are now investing millions of dollars in preserving every seed against a possible “doomsday” scenario are also investing millions in a project called The Alliance for a Green Revolution in Africa.

1950年代、ロックフェラー財団の“緑の革命”の背景を明確に頭の中に置いて見ると、同じロックフェラー財団がゲイツ財団と共に可能性の有る限りの最後の審判のシナリオに対してあらゆる種を保存する為に何百万ドルも、そして、“アフリカに置いての緑の革命同盟”と呼ばれるプロジェクトに何百万ドルも投資している事実は特に興味深くなってくる。

AGRA, as it calls itself, is an alliance again with the same Rockefeller Foundation which created the “Gene Revolution.” A look at the AGRA Board of Directors confirms this.

AGRAとそれ自身は呼んでいる、は又同じ“緑の革命”を創造したロックフェラー財団と同盟している。AGRAの取締役会員名簿を一見すると其れが確認出来る。

It includes none other than former UN Secretary General Kofi Annan as chairman. In his acceptance speech in a World Economic Forum event in Cape Town South Africa in June 2007, Kofi Annan stated, ‘I accept this challenge with gratitude to the Rockefeller Foundation, the Bill & Melinda Gates Foundation, and all others who support our African campaign.’

其れは、他に誰でもない元国際連合事務総長コフィーアナンを含んでいる。2007年7月、南アフリカ、ケープタウン、世界経済フォーラムのイヴェントでの彼の受諾スピーチで“私はこの挑戦を、ロックフェラーやビル&メリンダゲイツ財団、その他の我々のアフリカキャンペーンを支持して頂いている方々に、感謝の念を持って受諾いたします。”と切り出している。

In addition the AGRA board numbers a South African, Strive Masiyiwa who is a Trustee of the Rockefeller Foundation. It includes Sylvia M. Mathews of the Bill & Melinda Gates Foundation; Mamphela Ramphele, former Managing Director of the World Bank (2000 – 2006); Rajiv J. Shah of the Gates Foundation; Nadya K. Shmavonian of the Rockefeller Foundation; Roy Steiner of the Gates Foundation. In addition, an Alliance for AGRA includes Gary Toenniessen the Managing Director of the Rockefeller Foundation and Akinwumi Adesina, Associate Director, Rockefeller Foundation.

AGRA取締役会員、南アフリカ人Strive Masiyiwaロックフェラー財団のトラスティー(理事)に加えて、ビル&メリンダゲイツ財団のシルヴィアMマシュー、世界銀行の元マネージングダイレクターの(2000~2006)マンペラランピリ、ゲイツ財団のラジブJシャー、ロックフェラー財団のナディアKシャンボニアン、ゲイツ財団のロイシュタイナー、其れに加えて、AGRAの同盟はロックフェラー財団のマネージングダイレクターのゲイリートナイセン、とロックフェラー財団のアソシエイトダイレクターのアキンウミアデシナ

To fill out the lineup, the Programmes for AGRA includes Peter Matlon, Managing Director, Rockefeller Foundation; Joseph De Vries, Director of the Programme for Africa’s Seed Systems and Associate Director, Rockefeller foundation; Akinwumi Adesina, Associate Director, Rockefeller Foundation. Like the old failed Green Revolution in India and Mexico, the new Africa Green Revolution is clearly a high priority of the Rockefeller Foundation.

ラインアプ(顔ぶれ)を埋める為、AGRAのプログラムはロックフェラー財団のマネージングダイレクターのピーターマトロン、アフリカ シード システム プログラムのダイレクターとロックフェラー財団のアソシエイト-ダイレクターを兼任するジョセフ- デ -ヴリース、ロックフェラー財団のアソシエイトダイレクター、アキンウミ-アデシナ。失敗した昔のインドとメキシコの緑の革命と同様に、新しいアフリカの緑の革命は明らかにロックフェラー財団の重要な優先事項である。

While to date they are keeping a low profile, Monsanto and the major GMO agribusiness giants are believed at the heart of using Kofi Annan’s AGRA to spread their patented GMO seeds across Africa under the deceptive label, ‘bio-technology,’ the new euphemism for genetically engineered patented seeds. To date South Africa is the only African country permitting legal planting of GMO crops. In 2003 Burkina Faso authorized GMO trials. In 2005 Kofi Annan’s Ghana drafted bio-safety legislation and key officials expressed their intentions to pursue research into GMO crops.

今日現在までは目立たない様にしてきたモンサントと他のGMO農業関連大企業は、コフィーアナンのAGRAを利用し特許権を所有しているGMO品種を新しい聞こえの良い名前の“バイオテクノロジー”と言う惑わす様な表示でアフリカ全土に広げる考えがあると憶測されている。今までの所GMO作物の合法的栽培を許可している国はアフリカでは南アフリカだけである。2003年ブルキナファソがGMOの実験栽培を許可している。2005年コフィーアナンのガーナは生物安全法案の草案を製作し、其の中心的な役員はGMO作物研究を追求する意向を表明している。

Africa is the next target in the US-government campaign to spread GMO worldwide. Its rich soils make it an ideal candidate. Not surprisingly many African governments suspect the worst from the GMO sponsors as a multitude of genetic engineering and biosafety projects have been initiated in Africa, with the aim of introducing GMOs into Africa’s agricultural systems. These include sponsorships offered by the US government to train African scientists in genetic engineering in the US, biosafety projects funded by the United States Agency for International Development (USAID) and the World Bank; GMO research involving African indigenous food crops.

アフリカは合衆国政府のGMOを世界中に拡散させる為のキャンペーンの次のターゲットである。其の豊かな土壌が理想的な候補なのである。多くのアフリカ諸国は、数々の遺伝子操作技術、生物安全プロジェクトがアフリカで始められた事で、GMOをアフリカの農業システムに組み入れる事を目的としたGMOのスポンサーから最悪の結果を予想した事は驚くに当たらなかった。これ等は、合衆国政府からアフリカの科学者を合衆国でトレイニングするスポンサーシップからの招待、合衆国政府国際開発機関(USAID)やワールドバンクからの資金で始められた生物安全プロジェクト、アフリカ原種の食用農作物を含めたGMO研究等を含んでいる。

The Rockefeller Foundation has been working for years to promote, largely without success, projects to introduce GMOs into the fields of Africa. They have backed research that supports the applicability of GMO cotton in the Makhathini Flats in South Africa.

ロックフェラー財団はGMOをアフリカの農地に導入するプロジェクトの宣伝売り込みに成果を上げる事無く長年努力している。彼等は南アフリカのマカシニ平原でのGMOコットンの適応性の研究を支援している。

Monsanto, who has a strong foothold in South Africa’s seed industry, both GMO and hybrid, has conceived of an ingenious smallholders’ programme known as the ‘Seeds of Hope’ Campaign, which is introducing a green revolution package to small scale poor farmers, followed, of course, by Monsanto’s patented GMO seeds. 6

南アフリカでGMOとハイブリッド両分野の品種業界に強力な足場のあるモンサントは天才的な小さな呼び名のプログラムで知られている“希望の種”と言うキャンペーンを着想した。其れは、“緑の革命”を小規模な貧しい農民に導入し、其の後、勿論、モンサントの特許権のあるGMOの種で面倒を見ると言う方法である。

Syngenta AG of Switzerland, one of the ‘Four Horsemen of the GMO Apocalypse’ is pouring millions of dollars into a new greenhouse facility in Nairobi, to develop GMO insect resistant maize. Syngenta is a part of CGIAR as well.7

GMO黙示録の4騎士の1人であるスイスのシンジェンタAGは昆虫に対する抵抗力を持つGMO玉蜀黍を開発する為に、何百万ドルもの資金をナイロビのグリーンハウスに注ぎ込んでいる。シンジェンタはCGARにも所属している。

続く。to be continued

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.

F. William Engdahlはグローバルリーサーチにより出版されたばかりの Seeds of Destruction“破壊の種。遺伝子操作の隠された目的”の著者で、其の他にも彼は“戦争の世紀。アングロアメリカン石油政治とニューワールドオーダー”プルートープレスLtd.
連絡はinfo@engdahl.oilgeopolitics.net. まで。

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.


ejnews: 金融危機は此れからももっと酷い状態に陥ってゆく様ですが日本の状態は如何ですか?アイスランドが国家として破産状態にあると言うニュースも大きく取り上げられていると思いますが、其の原因は報道されているのでしょうか?私も別に経済のニュースばかり読んでいられないので知らなかったのですが、アイスランドは他の北欧諸国の北欧社会主義から1991年に離脱し、右翼保守の政党がミルトン フリードマンのシカゴスクール経済学を取り入れたからだそうです。ミルトンフリードマンの経済学は簡単に説明すると“市場は自然に機能するので政府の規制は極力排除するべきだ”と言う信条が基本になっているようです。このミルトン フリードマンの経済主義は70~80年代に南米諸国の右翼軍事政権により取り入れられ、結果として南米諸国を経済破綻に導いたと言う歴史的事実があるのです。中南米諸国の場合は其の後、ヴェネズエラでウーゴ チャべスが大統領選ばれ、反米姿勢が他の南米諸国にも広がり、現在殆どの中南米諸国は社会主義政策を取り入れた民主主義を国家政治の指針にしています。又中南米国家間での結び付きも強くなって来ているようです。
 今日の記事は随分前から時間のある時に訳している記事ですが、国際的な巨大資本、資本家、そして彼等の所属しているグループ間には我々庶民の知らない、世界の食料を独占する為、そしてそれにより世界を一握りの資本家達の利益のためにコントロールする為の情報交換が為されているのでは?だから、スカンジナビア沖の凍り付いた孤島で、世界中のGMOに汚染されていない全ての種類の種を保存する事業に大資本を投入しているのでは?詰まり、地球の植物環境は資本家達も心配しなければならないほどGMOにより汚染されているのか?彼等は少なくとも大資金を投入しても利益が生まれるだけ世界中の植物環境は危機に陥っていると考えているのでしょうか?
 このグローバルリサーチと言うサイトは興味深い記事ばかりで私も良く読んでいますhttp://www.globalresearch.ca/


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

The Crushing Potential of Financial Derivatives

The Crushing Potential of Financial Derivatives
金融派生商品の潜在的急落可能性。

http://www.marketoracle.co.uk/Article6756.html

Stock-Markets / Derivatives Oct 12, 2008 - 01:12 PM
By: David_Haas

The market Oracle.co.uk

George Soros, one of the world's foremost investor-speculators, has said many times that he stays away from financial derivatives because “no one understands them”. In the world of finance, derivatives might be comparable to the theoretical study of linear particle acceleration in nuclear physics. Such theories appear to be “understood” mainly based on current assumptions accepted in academic circles, often with little provable working knowledge of how such currently-held theories might ultimately manifest themselves over the long run in the real world. The problem with assumptions is that they generally change…often sooner than we think.

ジョージ ソロス、世界で最も有名な投資家投機家は何度もデリヴァティヴ(金融派生商品)には手を出さないと言っていた。何故なら“誰も其れを理解出来ないからだ!”金融界ではデリヴァティヴは原子物理学での--素粒子の線的加速--?の研究と同じ様なものかもしれない。その様な理論は主に学会で受け入れられている現在の仮定によって理解されているように見える、其れは、長い目で見た場合、現在信じられている理論が最終的に現実の世界にどの様に現れるかの知識が無い。仮定の問題は、普通仮定は変わって行き-----------多くの場合我々が考えているよりも早く変わるのである。

Some might consider financial derivatives to be a form of “Russian Roulette” that's played for fun and extreme levels of short-run profit by a very small number of financial elites and academics. As you'll see, these high-stakes games are played at the potential risk of total destruction of all the functioning financial systems on Earth. Perhaps this is why Warren Buffett repeatedly calls them “financial weapons of mass destruction” or something similar.

ある人々は金融派生商品は、少数の経済的エリートと経済専門家によって楽しみの為と極めて短期間に利益を得るために為される“ロシアンルーレット”だと考える。直ぐ理解できるように、この危険なゲームは地球上の機能している全ての経済的システムを破壊する可能性を孕みながら行われる。恐らくこの事が理由でウォーレン バフェットは其れを“経済的多量破壊兵器”と執拗に何回も呼んだのであろう。

Ejnews: 金融危機のニュースは無視できないのでインターネットに目を通してみると上記の様な記事が目に入りました。記事のホンの冒頭の翻訳ですが、此れだけ見てもジョージ ソロスの様な投機投資の神様はやはり、デリヴァティヴはヤバイと知っていたのですね。
 次はもう一人の金融界の神様ワォーレン バフェットの記事です。記事の日付に注目して下さい2003年です。もうこの頃から彼等は金融危機について予測していたという事です。私もこの頃から金を買った方が良いと聞く様になりましたが、金を買う様な余裕が出ませんでした。残念


Buffett warns on investment 'time bomb'
バフェット氏は投資の時限爆弾を警告する。


http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/2817995.stm

Last Updated: Tuesday, 4 March, 2003, 13:32 GMT

The rapidly growing trade in derivatives poses a "mega-catastrophic risk" for the economy and most shares are still "too expensive", legendary investor Warren Buffett has warned.
急速に増加している金融派生商品の取引は大規模なカタストロフィーの様なリスクを含んでいる。と伝説的な投資家ワォーレンバフェットは警告した。
The world's second-richest man made the comments in his famous and plain-spoken "annual letter to shareholders", excerpts of which have been published by Fortune magazine.
The derivatives market has exploded in recent years, with investment banks selling billions of dollars worth of these investments to clients as a way to off-load or manage market risk.
But Mr Buffett argues that such highly complex financial instruments are time bombs and "financial weapons of mass destruction" that could harm not only their buyers and sellers, but the whole economic system.

Contracts devised by 'madmen'
狂人によって作られた契約。

Derivatives are financial instruments that allow investors to speculate on the future price of, for example, commodities or shares - without buying the underlying investment.


Derivates like futures, options and swaps were developed to allow investors hedge risks in financial markets - in effect buy insurance against market movements -, but have quickly become a means of investment in their own right.
Outstanding derivatives contracts - excluding those traded on exchanges such as the International Petroleum Exchange - are worth close to $85 trillion, according to the International Swaps and Derivatives Association.
Some derivatives contracts, Mr Buffett says, appear to have been devised by "madmen".
He warns that derivatives can push companies onto a "spiral that can lead to a corporate meltdown", like the demise of the notorious hedge fund Long-Term Capital Management in 1998.

Derivatives are like 'hell'
デリヴァティヴは地獄の様な物だ。

Derivatives also pose a dangerous incentive for false accounting, Mr Buffett says.
デリヴァティヴは虚偽の会計を誘発するとバフェット氏は述べている。
The profits and losses from derivates deals are booked straight away, even though no actual money changes hand. In many cases the real costs hit companies only many years later.
デリヴァティヴの利益と損失は現金が実際に動いてないにも拘らず記録としてそのまま書き込まれる。多くの場合真実の損失は何年も経た後企業に襲い掛かる。
This can result in nasty accounting errors. Some of them spring from "honest" optimism. But others are the result of "huge-scale fraud", and Mr Buffett points to the US energy market, which relied for most of its deals on derivatives trading and resulted in the collapse of Enron.
Berkshire Hathaway, the investment group led by Mr Buffett, is pulling out of the market, closing down the derivatives trading subsidiary it bought as part of a huge reinsurance company a few years ago.
In his letter Mr Buffett compares the derivatives business to "hell... easy to enter and almost impossible to exit", and predicts that it will take years to unwind the complex deals struck by its subsidiary General Re Securities.
Warren Buffett, dubbed "the sage of Omaha", from where he controls Berkshire Hathaway, is well-known for both his blunt assessments of the markets and the high returns he delivers to shareholders.
This year, he remains cool towards further share investments, despite the sharp correction in stock market values. Mr Buffett says this "dismal fact is testimony to the insanity of valuations reached during The Great Bubble".
Berkshire backyard barbecues
A good friend of Bill Gates, he famously refused to invest in technology shares during the boom years that came to a sudden end in March 2000. As a result, Berkshire was sitting pretty after the technology bubble burst.
In marked contrast to the hubris of former managers at fallen firms like Enron and WorldCom, Mr Buffett is known for his down-to-earth style, summoning shareholders not to glitzy hotels but "Berkshire backyard barbecues" and baseball games in out-of-the-way Omaha, Nebraska.
But his strategy of identifying undervalued companies with good management in unfashionable retail sectors or the insurance industry and investing in them for the long-term has produced spectacular returns.
During the past 37 years, the company has delivered an average annual return of 22.6%. Since 1965 the company's book value has gone up by 194,936%.
However in 2001, the last year for which detailed numbers are available, heavy losses in the insurance industry worldwide resulted in a $3.77bn loss at Berkshire Hathaway - the first loss in the firm's history under Warren Buffett.

Derivatives generate reported earnings that are often wildly overstated and based on estimates whose inaccuracy may not be exposed for many years
デリヴァティヴが作り出したと報告されている利益は多くの場合気違い的に多く見積もられていて、其れの基準になっている見積もりの不正確さは何年も表沙汰にならない。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰く。

Large amounts of risk have become concentrated in the hands of relatively few derivatives dealers ... which can trigger serious systemic problems
大きなリスクが比較的少数のデリヴァティヴディーラーの手に集中----其れは深刻な組織的な問題を引き起こす引き金になる可能性がある。
Warren Buffett ワォーレン バフェット曰。

Ejnews:この記事時間が無くて殆ど翻訳していませんが、又時間が出来たら翻訳試みます。最近は食品と健康に関しての記事の翻訳が多かったので今回は金融危機の記事でした。そう言えばCNNで数日前ジョージ ソロスのインタヴューをやっていましたが、彼は“米政府の金融危機対策は後手後手に回っていて如何も成功の可能性は少ない。”と言う様な事を言っていました。彼等金融専門家や政治評論家達は、此れからアメリカの購買力の低下は著しく、米政府の影響力は急速に低下し、今までアメリカが政治経済の中心地であった状態は急速に変化し、これからは多極化に向かうだろうと言う意見のようです。
 処で、最後のオバマ対マケインの大統領候補討論も終りオバマ優勢で選挙機関は後ホンの少しとなっていますが、カール ローヴが後ろで糸を引いているとの事で、前回2回の大統領選挙の様に共和党画種々の違法行為で選挙を盗んでしまう可能性が在りますから油断は出来ません。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

 其れと、彼女達は安全に住める家を探しているそうです。化学物質の余使われていない家なら多少不便な地域でも良いそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

レッドワインは肺癌になるリスクを低下させるかも知れない。

Red wine may reduce lung cancer risk
レッドワインは肺癌になるリスクを低下させるかも知れない。


Food Democracyより

http://fooddemocracy.wordpress.com/

October 13, 2008

Drinking red wine not only reduces your risk for cardiovascular disease, but it may also reduce your risk for lung cancer ? especially if you are a current or ex-smoker, Reuters reported Thursday.

レッドワインを飲む事は血液循環関係のリスクを低くするだけでなく、若しかすると肺癌のリスクを下げるかも知れないのです。若し貴方が今喫煙者か過去に喫煙者であった場合は特に。とロイターズは木曜日に報告した。

People who do or have smoked and drink at least one glass of wine each day are 60 percent less likely to develop lung cancer than those who have smoked and don’t drink red wine, said Dr. Chun Chao, of the Kaiser Permanente Southern California in Pasadena.

喫煙しているか、過去に喫煙した人で少なくともグラス1杯のワインを毎日飲む人は、喫煙する人でレッドワインを飲まない人と比べると肺癌を発症する可能性が60%少ない。と南カルフォルニア、パサディナ市のカイザー-パーマネンテ医療グループのチュン-チャオ医師は言った。

Chao said it’s the resveratrol and flavonoids in red wine that are protective ? something white wine does not have.

ホワイトワインには無く、レッドワインの中のResveratrol レズヴァラトロールとflavonoidsフラヴァノイドが保護的な(働きをする物質)です。とチャオ医師は言った。

SOURCE: Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention, October 2008, http://www.dailymail.co.uk/news/article-1076275/Red-wine-reduces-lung-cancer-risk-smokers-study-finds.html, http://www.webmd.com/lung-cancer/news/20081007/red-wine-may-cut-risk-of-lung-cancer?src=RSS_PUBLIC

Ejnews: 葡萄の皮に含まれる resveratrol レスヴァラトールと言う物質は種々の癌の治療に役立つ他、人体の細胞の老化も防ぐそうです。フランス人があれだけバターとかコレステロールの多い食生活をしながらアメリカ人の様に老化せず、癌等の報告が少ない理由はレッドワインが理由では無いのかと言う事です。葡萄の皮を食べるとかジュースでも良いのですが、レッドワインには特に多く含まれているそうです。理由は葡萄の皮がワイン製造過程でストレスを受ける時この resveratrol レスヴァラトールがもっと生産されるのではないのかと言う事だそうです。勿論、アルコールが飲めない人は葡萄を食べたりジュースを飲んだりする他に、ワインのエクストラクトもサプリメントとして販売されています。ホワイトワインの殆どは製造過程初期に皮が取り除かれているのでresveratrol レスヴァラトールは含まれていないので resveratrol レスヴァラトールの効果を期待してワインを飲むときはレッドワインを飲んで下さい。其れと、日本で作られているワインの中には外国がら濃縮ジュースを輸入して作られている物もあるとの事で、買う時には良く選んでください。外国のワインでも酷いワインがありますが、最近はワイン生産過剰になっているので、比較的買い易い値段で質の良い外国産ワインが日本でも手に入るのではないのかと思います?違う?

 

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コーヒーを飲むと肝臓癌になり難い?

Higher Coffee Consumption Associated With Lower Liver Cancer Risk
コーヒーを多く飲む事と肝臓癌の危険性の低下には関連がある。


Science Daily サイエンスデイリーより。


ScienceDaily (June 27, 2008) ― A new large, prospective population-based study confirms an inverse relationship between coffee consumption and liver cancer risk. The study also found that higher levels of gamma-glutamyltransferase (GGT) in the blood were associated with an increased risk of developing the disease.

サイエンス デイリー(6月27日2008)新しく大規模な人口による検査でコーヒーの消費と肝臓癌の危険性について反比例の関係が確認された。研究は又、血中の高いレベルのガマ-グルタミルトランスファーラス(GGT)は高率の発病率と関連している事が発見された。

Researchers led by Gang Hu at the University of Helsinki set out to examine the associations between coffee consumption and serum GGT with the risk of liver cancer in a large prospective cohort. Residents of Finland drink more coffee per capita than the Japanese, Americans, Italians, and other Europeans, so Hu and colleagues studied 60,323 Finnish participants ages 25 to 74 who were cancer-free at baseline. The Finns were included in seven independent cross-sectional population surveys conducted between 1972 and 2002 and followed up through June 2006.

ヘルシンキ大学のガン フー氏に率いられた研究者達はコーヒーの消費と大勢の人々の血清GGTの関連を調査した。フィンランドの住人は日本人、アメリカ人、イタリア人や其の他のヨーロッパ人よりも1人当たり多くのコーヒーを飲む、それで、フー氏と彼の同僚は基本的に癌を発症していない25歳~74歳の60323人のフィンランド人の参加者を調査した。(参加した)フィンランド人は、1972年と2002年の間と2006年6までフォローアップされた間に行われた7つの独立した全ての年齢層を含む調査に参加しいていた。

The participants completed a mail-in questionnaire about their medical history, socioeconomic factors and dietary and lifestyle habits. For a subset of participants, clinical data was available, including serum levels of GGT. Data on subsequent cancer diagnoses was collected from the country-wide Finnish Cancer Registry.

参加者は郵送アンケートで彼等の病歴、社会的収入的な条件、食生活、生活習慣について答える事で(この調査への参加を)終らせた。後に癌の診断がされた一部の参加者の血清GGTレベルを含む医療データはフィンランド全国規模の癌登録から入手された。

Based on their answers to the question: “How many cups of coffee do you drink daily?” the participants were divided into five categories: 0-1 cup, 2-3 cups, 4-5 cups, 6-7 cups, and 8 or more cups per day. After a median follow-up period of 19.3 years, 128 participants were diagnosed with liver cancer.

“毎日何杯のコーヒーを飲みますか?”と言う質問に対する彼等の回答に基づき参加者は1日に0~1杯、2~3杯、4~5杯、6~7杯、そして、8杯以上の5つのカテゴリーに分けられた。19.3年後の中間期フォローアップ調査で128人の参加者が肝臓癌と診断された。

The researchers noted a significant inverse association between coffee drinking and the risk of primary liver cancer. They found that the multivariable hazards ratio of liver cancer dropped for each group that drank more coffee. It fell from 1.00, to .66, to .44, to .38 to .32 respectively. “The biological mechanisms behind the association of coffee consumption with the risk of liver cancer are not known,” the authors point out.

研究者達はコーヒーを飲む事と初期肝臓癌発症の間には重要な反比例した関連があると書き留めている。彼等は肝臓癌の多様性のある危険率はコーヒーを多く飲むグループ毎に低下する事を発見した。其れは1.00 から0.66へ、そして 0.44 、0.38 と(コーヒーを飲む量に)対応して低下した。“コーヒーを飲む事と肝臓癌発症リスクの関連の背後にある生物的機能は解明されていない。”と(研究の)著者は指摘している。

They also found that high levels of serum GGT were associated with an increased risk of liver cancer. The hazard ratio of liver cancer for the highest vs. lowest quartile of serum GGT was 3.13. “Nevertheless,” they report, “the inverse association between coffee consumption and the risk of liver cancer was consistent in the subjects at any level of serum GGT.”

彼等は又高いレベルの血清GGTは高率の肝臓癌リスクと関連があることも発見した。肝臓癌の発症危険率の一番高い4分の1と一番低い4分の1の人口の血清GGTは3.13だった、“然しながら”彼等は“コーヒー消費と肝臓癌発症リスクの反比例は研究対象内での如何なるレベルの血清GGTに置いては一定していて矛盾していなかった。”と報告している。

An accompanying editorial by Carlo La Vecchia of Milan says that Hu’s new study solidly confirms the inverse relationship between coffee drinking and liver cancer risk, though we still don’t know if it is causal. “Furthermore, the study by Hu et al. provides original and important quantitative evidence that the levels of GGT are related to subsequent incidence of liver cancer, with an overall relative risk of 2.3,” he says.

同時に記載されているミラノのカルロ ラ ベッキアの論説で彼はフー氏の新しい研究はコーヒーを飲む事と肝臓癌発症リスクの反比例の関係を確実に確認しているが、其れが原因しているかどうかは確認されていないと述べ、“さらに、フー氏と同僚の研究はGGTのレベルが、全般的に2.3のリスクで、その結果としての肝臓癌に関係している事のオリジナルで重要な量的証拠を提供している。”と述べている。

La Vecchia notes, however, that, “It remains difficult, however, to translate the inverse relation between coffee drinking and liver cancer risk observed in epidemiological studies into potential implications for prevention of liver cancer by increasing coffee consumption.”

然しながら、ラ ベッキア氏は“疫学的研究でのコーヒーを飲む事と肝臓癌の反比例の関係を、コーヒー消費を増やす事の結果としての肝臓癌の予防に結び付ける(翻訳する)事は困難な状態に留まっている。”と書いている。

http://www.sciencedaily.com/releases/2008/06/080626150926.htm

Ejnewsからの御詫び:
私はオッチョコチョイで時々普通のコメントを間違って削除してしまう事があります。若し貴方のコメントの書き込みが削除されていたらごめんなさい。懲りないでコメントして下さい。


How to drink a cup of coffee.

先ず、生の豆(グリーンビーンズと言う)を厚手の鍋に入れる。
coffee
中火で焙煎。
coffee2
パチパチと弾け色よくなると焙煎終了。
coffee3
写真の様な台所用具でコーヒー豆の薄皮を取り除く、2つの網目のある半球状の中に焙煎の終った豆をいれ、閉じ揺すると、薄皮が穴や隙間から振るい落とされる。
coffee4
コーヒー豆を自分の好きな大きさに挽く。
coffee5
ドリップの中に挽いたコーヒー豆をいれ、沸騰したお湯を注いで出来上がり。焙煎したばかりの香ばしい香が非常に新鮮で、焙煎したばかりのコーヒーには抗酸化物質が多く健康にも良いそうです。
coffee6

ejnews: 世界中は金融危機で大騒ぎですが金融危機のニュースは日本でも充分報道されていると思いますので、私の所では今日は扱いません。株の下落が始まった時に(1週間ほど前)一社だけ株の値段が上がった在ったそうで話題になっていました。其の会社は“キャンベルスープ”だったそうです。安くて長時間保管が出来、緊急の時は調理なしで食べられるので光熱費の節約にもなると言う事で、景気後退期の優等生企業?と言う事なのでしょう。アメリカでは製造業が少なくなりサーヴィス業が増えてきたのですが、この金融危機がアメリカ人の購買能力を低下させるだけでなく、サーヴィス業は一般的に賃金が低く、此処数年はアメリカへの輸出は期待出来ないのではないかと思っています。兎に角、1929に始まった恐慌の様には成らないで欲しい物ですが。


この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ




The Foods That Are Most Affected by Pesticides

The Foods That Are Most Affected by Pesticides
殺虫剤に最も影響されている食品。


Natural news.comの記事の翻訳
Monday, October 06, 2008 by: Sheryl Walters

http://www.naturalnews.com/024404.html

(NaturalNews) By now most of us know that buying organic is absolutely essential if we want to put the best food possible into our bodies. It is just plain and simply better for our health and better for the environment, which are inextricably linked anyway.s

若し可能な限り最上の食べ物を食べたいなら、オルガニックを買う事が絶対的に必要である事は殆どの人々が既にしっていることである。
其れは、本当に議論の余地無く、そして単純に我々の健康と環境に良い事で、この2つの事は複雑に関係しあっているのです。

Study after study show that organic food has a higher nutritional content than conventionally raised food. A study published in the Journal of Agricultural Food Chemistry, for example, found that organic foods are more likely to help you fight cancer. And another study found that rats that ate organic food had far better health compared to rats on non organic food, including:

オルガニック食品の方が普通に栽培された食品よりも栄養価が高い事は、多くの研究に続く研究がが示しています。
例えば、農業食品化学誌に発表された研究ではオルガニック食品は(普通の食品と)比較すると癌に貴方が対抗する様に助けると言う事を発見したとし、そして他の研究ではオルガニック食品を食べた鼠は、オルガニックではない食品を食べた鼠と比べると比較にならないほど健康で、其の他にも、

* Improved immune system
身体の抵抗力を強め

* Better sleeping habits
より良い睡眠週間を持ち

* Less weight and were slimmer than rats fed other diets
他のダイエットの鼠と比べると体重が軽くもっとスリムで

* Higher vitamin E content in their blood (for organically fed rats)
オルガニック食品を与えられた鼠の血液中には(他の鼠より)多いビタミンEがふくまれている。

But then there is the common argument that organic food is more expensive. Of course to me the best investment that any of us can possibly make is in our health and wellbeing since without our health we can't optimally do all of the other things that we want to do in our life. Who cares about a financial investment in the stock market if you won't feel good enough to enjoy it?

しかしオルガニック食品は高価であると言う一般的な議論がある。健康で無いと我々は生涯でしたいことを最上の状態で出来ないので、私にとっては(高価なオルガニックを買う事は)誰でも出来る当然の健康と人間として良い状態であることへの投資です。株に投資する事なんか誰が気にするのでしょう?若し其れを楽しむだけ健康で無いとしたら?

Okay, but I will be realistic for a minute. Sometimes organic food is just crazy expensive, and to buy every single item organic is just not possible. Fortunately, new studies show that some foods are less affected by pesticides and herbicides than others.

OK!此処で一寸だけ現実的になってみよう。時々オルガニック食品は気違い的に高い時がある。そして毎回オルガニックを買う事は単純に不可能だ。幸運な事に新しい研究は、ある種の食品は他の食品と比べると余り殺虫剤や除草剤に影響されないと言う事を示している。

The Environmental Working Group is a nonprofit organization that advocates for policies that protect global and individual health. They currently tested 43 different fruits and vegetables, and found that these 12 carried the least amount of pesticides when grown conventionally.

地球規模、そして個人的健康のポリシーを提唱する、ノンプロフィット団体のエンヴァロンメンタルワーキンググループは43種類の果物と野菜をテストし、下記の12種類の食品は、通常の方法で栽培された時最少量の農薬を含んでいる事を発見した。

* Broccoli  ブロッコリー

* Eggplant  エッグプラント(茄子)

* Cabbage  キャベッジ(キャベツ)

* Banana  バナナ

* Kiwi  キウイ

* Asparagus  アスパラガス

* Sweet peas (frozen)  スイートピース フローズン(冷凍)

* Mango  マンゴー

* Pineapple  パインナップル

* Sweet corn (frozen)  スイートコーン(冷凍)

* Avocado  アヴォカド

* Onion  オニオン

Of the 43 different fruits and vegetables tested, the following 12 carried the highest amount of pesticides when grown conventionally, and are therefore the most important to buy organic.

テストされた43種類の種々の果物、野菜の中で次の12種類は普通に栽培された時最大量の農薬を含んでいる。だからこれ等の食品はオルガニックを買う事が重要です。

* Peaches  ピーチス

* Apples  アップルス

* Sweet bell peppers  スイートベルペッパーズ(ピーマン)

* Celery  セロリ

* Nectarines  ネクタリンズ

* Strawberries  ストロベリーズ

* Cherries  チェリーズ

* Lettuce  レタス

* Grapes (imported)  グレイプス(輸入)

* Pears  ペアーズ(梨)

* Spinach  スピナッチ(ホウレン草)

* Potatoes  ポテトス(ジャガイモ)

So there you have it... if you aren't going to go 100% organic so that you can save a few pennies, you now know which fruits and vegetables to make absolute sure are organic, and which ones you can save a little on when necessary.

さあ此れで如何?数ペニーを節約するのに若し100%オルガニックで行かないのなら、どの果物と野菜を絶対にオルガニックにしなければならないのか、どれを買うと節約できるのか貴方は今知っているのです。


About the author 著者について。
by: Sheryl Walters

Sheryl is a kinesiologist, nutritionist and holistic practitioner.
Her website www.younglivingguide.com provides the latest research on preventing disease, looking naturally gorgeous, and feeling emotionally and physically fabulous.
And her latest website www.raiselibido.com offers a vast quantity of information on how to increase sex drive and enjoy a vibrant sex life.

シェリルはキネシオロジスト(身体の筋肉の運動についての専門家)栄養学者、ホリスティックプラクティショナーです。彼女のウエッブサイトはwww.younglivingguide.comで病気の予防、自然にゴージャスに見え、精神的に肉体的にも素晴らしい状態でいられるかについての最も最近の研究結果を提供しています。
 そして彼女の最も最近のウエッブサイトはwww.raiselibido.comで、膨大な量の性的精力の向上、活気に満ちた性生活を楽しむ為の情報を提供しています。


この写真はドジャーズ球場の東にある地域で北を向かって取った写真です。ある人の家の裏庭です。
silverlake3

silverlake4

silverlake5

sawtelleと言う地域で日本人の多い所です。
sawtelle
この秀寿司さんは良く行く寿司屋さんですが昼と夕食時は長い列が出来るので客の居ない時間に行くようにしています。
sawtelle2


ejnews:アメリカで始まった金融危機は世界中に広がっている様ですが、1929年に始まった世界恐慌の時も住宅価格の下落から始まり、当時米政府は同様に金融機関だけに資金支援をしたそうですが(当時も共和党政下でした)12ヵ月後には結局多くの金融機関が経営破綻と言う結果になったそうで、金融機関の政府による資金的支援は効果が無いと言う歴史的教訓だそうですが、今回はどうなるのでしょうか?

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

べヴァリーヒルズの写真

Photos of Beverly Hills.
ベヴァリーヒルズの写真。


beverlyhills1.jpg

BH

BH5

Regent Beverly Wilshire Hotelリージェントベヴァリーウイルシャーホテル。映画の Pretty womanプリティーウーマンのロケーションだったそうです。
BH4

BH3

BH2

BEVERYHILLS2.JPG

BH6

ejnews:今日はべヴァリーヒルズの商店街の写真です。私の住んでいる所から歩いて5~10分程の所ですが、交通信号を無視する観光客が多いの(車で通り過ぎる時に危険なのです)で殆ど行かないのですが、ホールフードゥスと言うオルガニック食品を多く売っているスーパーマーケットがあるので如何しても通り過ぎ無いといけないのです。レストランも値段が高い割にはウエイター、ウエイトレスが生意気な所が多く料理もマアマアなのです。其れにグッチ、ティファニー等々大都市なら何処に行ってもある店ばかりで私には全く行く理由が無いのです。



この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

トマトは自然の日焼け止め、皮膚老化防止剤。

Tomato Paste Found to Function as Internal Sunscreen, Blocking UV Rays and Protecting Skin Health
トマトペーストは紫外線を防ぎ皮膚の健康を護り、体内でサンスクリーンの役割をする事が解明。


NaturalNews.com
http://www.naturalnews.com/024298.html
by David Gutierrez

(NaturalNews) Foods rich in cooked tomatoes may boost your body's ability to ward off skin damage from the sun's ultraviolet (UV) rays and stave off the effects of aging, according to a study conducted by researchers from the universities of Manchester and Newcastle, England, and presented to the British Society for Investigative Dermatology.

(ナチュラルニュース)イングランドのマンチェスター大学とニューキャッスル大学の研究者によって為され、ブリティッシュ ソサイティー フォー インヴェスティゲイティヴ ダーマトロジー(英国調査的皮膚科学会)に提出された研究によると、トマトが多く含まれている食品は太陽の紫外線からの皮膚に対するダメージを押し止める能力を高め老化を押し止める可能性がある。

Researchers fed 10 volunteers a daily supplement of 10 grams of olive oil and 55 grams of standard tomato paste, while another 10 were given only the olive oil. After three months, the researchers analyzed skin samples from all 20 participants.

研究者は10人のヴォランティアーに10gのオリーヴオイルと55gの極普通のトマトペーストのサプリメントを毎日与え、同時に他の10人はオリーヴオイルしか与えられなかった。3ヵ月後研究者は20人の参加者全員の皮膚のサンプルを分析した。

They found that volunteers who had eaten the tomatoes exhibited 33 percent more protection against sunburn than those who had taken olive oil alone. They also had higher levels of procollagen, a protein that plays a crucial role in preserving skin structure.

トマトを食べたヴォランティアーは日焼けに対する保護がオリーヴオイルだけ与えられたヴォランティアより33%高い事を彼等は発見した。彼等(トマトを与えられたヴォランティア)は高レベルの皮膚の組織を保存する役割をする蛋白質、プロコラーゲンを持っていた。

"The tomato diet boosted the level of procollagen in the skin significantly. These increasing levels suggest potential reversal of the skin aging process," researcher Lesley Rhodes said.

『トマトダイエットは皮膚中のプロコラーゲンのレベルをかなりの量押し上げ、この増えた量は皮膚の老化の過程を逆戻しにする可能性を示唆している。』と研究者レスリーロードスは述べている。

"These weren't huge amounts of tomato we were feeding the group. It was the sort of quantity you would easily manage if you were eating a lot of tomato-based meals."

『グループに与えているトマトの量は多量と言うわけではない。若し貴方が多くのトマトを主体とした食事をしているならある程度簡単に摂取出来る様な量である。』

Researchers believe that the protective benefit observed came from an antioxidant that naturally occurs in tomatoes, known as lycopene. Because lycopene in raw tomatoes is bound in a form that is difficult for the body to use, cooking dramatically increases the bioavailability of the chemical. This is why the researchers used tomato paste for the study.

研究者は観察された保護的な有益性はトマトに自然に発生するライコペンとして知られているアンティオキシダント(抗酸化物質)に由来すると考えている。ライコペンは生のトマトでは人体が吸収利用するのに難しい状態に組み込まれているので、料理することがこの化学物質の生物的有用性を劇的に高める。この理由で研究者は(生のトマトでなく)トマトペーストを研究に使ったのです。

The scientists believe that lycopene neutralizes free radicals that are formed when UV radiation strikes the skin. These free radicals have been linked to cancer and the effects of aging.
ライコペンは紫外線が皮膚に当たった時に発生するフリーラディカルを中和すると科学者達は考えている。これ等のフリーラディカルは癌と老化の現われに関係付けられている。

The researchers warned that the sun protection acquired from the tomatoes was equivalent only to that provided by a low-grade sunscreen and should be used as a "helpful addition," rather than a replacement.

トマトから得られる太陽に対するプロテクションは質の劣るサンスクリーン(日焼け止め)から得られる程度の物であり、日よけ止めの代替方法ではなく、補助的な追加しとして使用されるべきだと研究者は警告している。

Ejnews:今日は副大統領候補の討論があります。アメリカで面白いのは、キリスト教と国の歴史が短い事が理由なのと思いますが、御祭りの種類が少なく、其れが1つの大きな理由なのと私は考えていますが、選挙が御祭りの役割を果たしているのではないかと思われるほど盛り上がるのです。しかも日本とは違い政治を扱うコメディアンが多くジョン スチュアートJon Stewartのザ デイリー ショーThe Daily Show スティーヴ コルベアーStephen Colbertのザ コルベアー リポートThe Colbert Report ビルマーBill Maherのリアル タイム ウイズ ビルマーReal Time With Bill Maher等のテレビ番組が人気を集めています。実を言うとメインストリームのテレビ、ラジオのニュースよりもこれ等の風刺番組(Satirical Television Program)の方が正確な事実を説明している事が人気の1つの理由なのです。話は討論に戻りますが、共和党副大統領候補サラ ペイリンSarah Palin女史はテレビでインタヴュアーの質問に全く答えられない朝のテレビ番組が放送され、ジョー バイデンとの討論は若しかしたらテレビの諷刺番組より面白く、若しこの討論を見逃すと、又諷刺番組が楽しめないので多くの冗談の判るアメリカ人はポップコーンを用意してテレビの前で今日の討論を待っているのです。ジョージ ブッシュよりも無知で超保守的な世界観を持つサラペイリン女史ですから、キッと我々の期待に答えてくれると私は信じています。唯、問題は女史は余りにも無知で、3歳の子供が経験の豊富なジョーバイデンに対抗している様な状況ですから、言葉を話しただけで『イェーイ!喋った!凄い!なかなかやるじゃないか!』と言う評価を受け女史にとって良い評価がされるのでは無いかと言う心配があるそうです。そう言えば最近、ペイリン女史が彼女のキリスト教会での悪魔祓いの儀式に参加しているビデオが放映されていましたが、正気の人間にとっては『こんな人が若し何かの間違いで大統領になったら如何しよう!』(大統領に何か起こると副大統領が大統領を勤める訳ですから、特にマケイン氏は高齢で長年癌との闘病生活をしていると言う事実もありますから、可能性は大きいのです。)と戦慄を覚えるビデオでした。政治に宗教が混じり込むと『お前はantichistアンチクライストだ!(キリストに対立する者、と言う意味だったのねですが、現在のアメリカ人はこのアンチクライスト------------アメリカではエンタイクライストと発音する人が多いようです------------と悪魔の間に区別があるのかどうか知らない様で両者は同じ意味で使われている様です。)』等と言われて政界から追われる政治家が出て来たりする可能性があるのです。映画等でも良く見られると思いますが聖書に片手を置いて誓いを立てると言う行為が裁判等のシーンにあるでしょう、この聖書に疑問を持てない精神性は終局的には民主主義と相反する精神性なので一般のアメリカ人の民主主義は実は民主主義とは程遠い物なのだと私は感じています。勿論正気のアメリカ人も多いのですが……………………..。

副大統領候補の討論が今終わりました。

ペイリン女史は合宿の成果があったのか大失敗はしませんでした。問題のひとつには、ジョン バイデンは典型的な民主党員で、デニス クセネッジ民主党員の様な潔癖の典型が服を着て歩いているような議員では無いので、討論の主題によると余り詳細な所まで突っ込めない弱点もあると思います。デニス クセネッジ議員の様に汚点の無い過去を持っている訳ではないのです。其れと、一般のアメリカ人でまだ誰に投票するか決めて無い、選挙結果に影響を与える人々の殆どは政策の内容、知識、正直さで判断を下すことはせず、パーソナリティー、見掛けで誰に投票するか決める人が多いそうで、余り正確な政策議論を討論で展開する事はプラスにならないと言う評論家の意見もある様です。其れとマケインの過去の政治活動を説明しても理解できないアメリカ人が多い事も余りマケインの政策を非難しすぎる事は余りポジティヴにアメリカ人の目に映らないと言う恐れも考慮に入れなくてはならなかったのでしょう。昨夜のジョン スチュアートのザ デイリー ショーでスチュアートがペイレン女史の『地球温暖化の原因は如何でも良い、起こっている事は疑い無い事実だから解決策を探す事が大切だ。』と言う発言について『え~え!一寸待って~よ!原因が分らなくって解決策が~……………..!!!!!!???フーム?』と言う批判をやっていましたが、ペイレン女史今日の討論の地球温暖化で同じ発言をし、バイデンに『原因が分らないでどうやって解決策を探す事が出来るんだ?』と反論される場面がありましたが、オバマ、バイデン陣営は昨日のザ デイリー ショーを見ていたのかも……….。この様な諷刺番組(Satirical Television Program)は非常に人気があるので政治家は人気を上げる為にこの様なショーにゲストとして良く出演し、この様な番組を見て人気を上げる為の対策を立てたりするのでしょう。
後日本で政治討論の議題にはならないだろうと思われるもので、同性愛同士の結婚についての討論がありました。其れについては法律的に認めないが、資産の相続、病院への面会(重症、死に面したような場合の事だと思いますが)等は普通の結婚と同じ様に認めると言う点については同意見でした。(私は同性愛の結婚を法律的に認めない事は人権問題ではないのかと思われるのですが………….まあ、討論の議題に上るだけでもこの点では日本よりは進んでいるのかもしれません?)
其れと、ペイリン女史はロナルドレーガン大統領を引用していましたが、レーガンは現在のアメリカの問題の根源(民営化、企業に対する規制排除、Trickle-down economicsトリクルダウンエコノミー(企業、富裕階級の税率を極端に下げるか出来れば排除し、其処から少しずつ富が一般大衆に水が容器の縁を伝って少しずつ溢れ出す様に広まると言うイカサマ理論。富の集中を促進させ、税収の低下を招き、病院、学校、道路、公共放送、等の全ての健全な社会を支える為に必要な組織に壊滅的な打撃を与えた。)を作り出した人なのですが、(この事実を理解しているアメリカ人はもっと多くても良いと思うなですが)この様な幻影を未だに抱いている共和党を支持する、主に白人有権者の意見を変えることは非常に難しいのです。
と言う事が私のこの討論についての感想です。日本のテレビ、ラジオ新聞、インターネットのニュースでこの討論が如何解説されているか興味がありますね。では、今日は此れまで!又直ぐに!Hasta Pronto!





この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。


モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/


今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。