スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナのスカーフに似ているから広告に使えない。

Dunkin’ Donuts pulls Rachael Ray ad after complaints
ダンキンドーナッツ、苦情の後レイチェル レイの広告を中断。

By Associated Press アソシエテド プレス
Wednesday, May 28, 2008 - Updated 7h ago

BOSTON - Dunkin’ Donuts said today it stopped running an online advertisement featuring Rachael Ray after complaints that a fringed black-and-white scarf that the celebrity chef wore  in the ad offers symbolic support for Muslim extremism and terrorism.

 ボストン 広告でセレブ シェフ レイチェル レイの着けている黒と白の縁飾りのあるスカーフが、モスラム過激派やテロリズムに象徴的な支援与えるとの苦情を受けた後、ダンキンドーナッツはレイチェル レイの登場しているオンライン アドを中止すると今日発表した。

The coffee and baked goods chain said the ad that began appearing online May 7 was pulled over the past weekend because "the possibility of misperception detracted from its original intention to promote our iced coffee."

 コーヒーとベークド製品チェーン(会社)は5月7日から出始めた広告は“アイスコーヒーを宣伝すると言う元の意図から別の意味で捉えられる誤解の発生する可能性がある為先週末中止された”と発表した。

In the spot, Ray wears the scarf around her neck and holds an iced coffee while standing in front of trees with pink blossoms.

 レイはスカーフを首の周りに着け、アイスコーヒーを手に持ち、ピンクの花の咲いている木々の前に立っている。

Critics, including conservative commentator Michelle Malkin, complained that the scarf looked similar to the black-and-white checkered kaffiyeh, the traditional Palestinian scarf. Critics who fueled online complaints about the ad in blogs say such scarves have come to symbolize Muslim extremism and terrorism.

 保守的コメンテイター、ミッシェル マルキン等を含む批判者達は、スカーフは黒と白のチェックのパレスチナの伝統的スカーフ、カフィイェーに似ていると苦情を言っている。ブログを通じてオンラインで苦情を煽っている批判者達は、この様なスカーフはモスラム過激派とテロリズムを象徴する様になった。と言っている。

The kaffiyeh, Malkin wrote in a column posted online last Friday, "has come to symbolize murderous Palestinian jihad. Popularized by Yasser Arafat and a regular adornment of Muslim terrorists appearing in beheading and hostage-taking videos, the apparel has been mainstreamed by both ignorant (and not-so-ignorant) fashion designers, celebrities, and left-wing icons."

 “カフィイェーは血に飢えたパレスチナのジハードを象徴する様になった。ヤッサー アラファトによってポピュラーになり,断首や人質を拉致しているヴィデオのモスラム テロリストの普通の衣装は無知な(そしてそれ程無知でない)ファッションデザイナー、セレブ、左派アイコンによって一般的になった。”とマルキンは先週の金曜日に発表されたオンライン コラムに書いている

A statement issued by Canton, Mass.-based Dunkin’ Brands Inc., however, said the scarf had a paisley design, and was selected by a stylist for the advertising shoot.

 “然しながら、スカーフはペイズリー模様でスタイリストによって広告撮影の為に選ばれた。”とマサチューセッツに拠点を置くダンキンブランドInc.カントンによって声明が発表されている。

"Absolutely no symbolism was intended," the company said.

 “象徴は全く意図されていなかった。”と会社は述べている。

Dunkin’ spokeswoman Michelle King said the ad appeared on the chain’s Web site, as well as other commercial sites.

 ダンキンのスポークス ウーマンである ミッシェル キングは“広告はチェーンのウエッブサイトだけでなくほかの広告サイトに現れていた。”と言っている。

Malkin, in a posting following up on last week’s column, said of Dunkin’s decision to pull the ad, "It’s refreshing to see an American company show sensitivity to the concerns of Americans opposed to Islamic jihad and its apologists."

 ダンキンの広告中断決定に付いて“イスラムのジハードや其の弁護者達のアメリカ人の不安感に対してアメリカの会社が心配りを見せるのを見る事は新鮮な事だ。”とマルキンは先週のコラムに続けて述べている。

Ray, host of the Food Network television program "30 Minute Meals" as well as a syndicated daytime talk show, began appearing in ads for Dunkin’ Donuts in March 2007.

 フードネットワークテレビ番組“30分料理”、そして昼間のシンディケイト トーク ショー のホストであるレイは2007年にダンキンドーナッツの広告に出演しはじめた。

When Dunkin’ announced the partnership, it said Ray would be featured in TV, print, radio and online spots in a campaign running through 2010.

 ダンキンドーナッツがパートナーシップを発表した当時、“2010年まで使われるテレビ、印刷広告、オンライン スポットのキャンペーンにレイは主演している。”と述べている。

© Copyright 2008 Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten, or redistributed.

Ejnews: ミッシェル マルキンと言うコメンテイターはフィリピン人を両親に持つ極右翼、ネオコンのコメンテイターで、彼女は1970年生まれ。保守系ブロガーの中でも5本の指に入る人気者だそうです。私は読んだ事無いのです。フォックスのオライリーショー等(幾らアメリカのテレビが政府企業のフィフスコラムだと言っても彼女を招待する番組はフォックスチャンネル位しか無いのでしょう。フォックスは政府のプロパガンダ活動の一部なのです。)で時々見かけるのですがアメリカの共和党ネオコン、右翼は白人優越主義、企業独占主義、人種差別、キリスト教原理主義(無知過激)等の寄せ集めなのに、どうしてフィリピン系アメリカ人が彼らの太鼓持ちになるのか理解しかねます。
 如何してこの様な詰まらない記事を翻訳したかと言いますと、企業が右翼の言掛かりで広告を中断させられる程この国は変なのです。日本で大二次大戦中、西洋の文化、言語、音楽等、全てが否定された事と同じ様な事なのです。狂気だと思います。前に書いたフレンチ フライの話覚えていますか?
スカーフはペイズリー模様でアラファト議長の着けていたスカーフとは全く違う物ですが、マルキンはこんな事までして売名行為をしなければならない理由があるのでしょう。言掛かりも良い所だと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の1

"Doomsday Seed Vault" in the Arctic Bill Gates, Rockefeller and the GMO giants know something we don’t
北極圏にある最後の審判の為の種貯蔵庫。ビルゲイツ、ロックフェラー、GMO巨大企業等は私達(庶民)の知らない何かを知っている。其の1


by F. William Engdahl
 

One thing Microsoft founder Bill Gates can’t be accused of is sloth. He was already programming at 14, founded Microsoft at age 20 while still a student at Harvard. By 1995 he had been listed by Forbes as the world’s richest man from being the largest shareholder in his Microsoft, a company which his relentless drive built into a de facto monopoly in software めいるsystems for personal computers. In 2006 when most people in such a situation might think of retiring to a quiet Pacific island, Bill Gates decided to devote his energies to his Bill and Melinda Gates Foundation, the world’s largest ‘transparent’ private foundation as it says, with a whopping $34.6 billion endowment and a legal necessity to spend $1.5 billion a year on charitable projects around the world to maintain its tax free charitable status. A gift from friend and business associate, mega-investor Warren Buffett in 2006, of some $30 billion worth of shares in Buffet’s Berkshire Hathaway put the Gates’ foundation into the league where it spends almost the amount of the entire annual budget of the United Nations’ World Health Organization.

 マイクロソフトヲ設立したビルゲイツを非難できない事の一つに怠慢がある。14歳のから既にプログラミングを始め、ハーヴァードの学生の時代20歳でマイクロソフトを設立した。1995年になる頃は世界一の富豪、彼の執拗な意欲でパーソナル コンピューター ソフトウエアーの事実上独占をしているマイクロソフトの筆頭株主としてフォーヴス誌に取り上げられた。2006年、殆どの人はこの様な状況になると太平洋の静かな島での引退生活を考えるかもしれない。が然し、ビルゲイツは(財団よると)あっ!と驚く346億ドルの(ゲイツから財団へ)寄附金と課税免除の資格を守る法律上の必要性のある年間15億ドルの世界的な慈善事業への寄付をする、世界で一番大きい個人的transparent財団“ビル&メリンダゲイツ財団”に力を注ぐ事に決意した。2006年、友人でビジネス アソシエイトである巨額投資者ウォーレン バフェットからのギフト、300億ドルの価値のあるバフェットのバークシャー ハサウエーのシェアーでゲイツ財団は国際連合の殆ど同額の年間予算を運用出来るほどのリーグにまで押し上げた。

So when Bill Gates decides through the Gates Foundation to invest some $30 million of their hard earned money in a project, it is worth looking at.

 だからビルゲイツがゲイツ基金を通して一生懸命働いて稼いだ3千万ドルを何かのプロジェクトに投資すると決めた時は一瞥に値するのです。

No project is more interesting at the moment than a curious project in one of the world’s most remote spots, Svalbard. Bill Gates is investing millions in a seed bank on the Barents Sea near the Arctic Ocean, some 1,100 kilometers from the North Pole. Svalbard is a barren piece of rock claimed by Norway and ceded in 1925 by international treaty (see map).

 世界中で最も辺鄙な場所サヴァルボードでのプロジェクト以上に今興味深いプロジェクトは無い。北極点から1,100キロ程の北極海の近くバレント海に在る種銀行(Seed Bank)へビルゲイツは数百万ドルを投資している。サルヴォ-ドはノルゥエーによって領土と宣言され1925年に国際協定で割譲された不毛の岩(で出来た島)である。



On this God-forsaken island Bill Gates is investing tens of his millions along with the Rockefeller Foundation, Monsanto Corporation, Syngenta Foundation and the Government of Norway, among others, in what is called the ‘doomsday seed bank.’ Officially the project is named the Svalbard Global Seed Vault on the Norwegian island of Spitsbergen, part of the Svalbard island group.

 この神に見捨てられた島の“最後の審判の日の種銀行(ドュームズデイ シード バンク)”と呼ばれるプロジェクトに、ロックフェラー基金、モンサント株式会社、シンジェンタ基金、そしてノルェー政府と共にビルゲイツは数千万ドルを投資している。正式にはこのプロジェクトは“サルヴォード グローバ ルシード ヴァルト”と命名されていて、ノルェーのサルヴォード諸島の一部であるスピッツバーゲン島に存在する。

Doomsday Seed Vault
最後の審判の日の種貯蔵庫


The seed bank is being built inside a mountain on Spitsbergen Island near the small village of Longyearbyen. It’s almost ready for ‘business’ according to their releases. The bank will have dual blast-proof doors with motion sensors, two airlocks, and walls of steel-reinforced concrete one meter thick. It will contain up to three million different varieties of seeds from the entire world, ‘so that crop diversity can be conserved for the future,’ according to the Norwegian government. Seeds will be specially wrapped to exclude moisture. There will be no full-time staff, but the vault's relative inaccessibility will facilitate monitoring any possible human activity.

 種銀行はスピッツバーゲン島の小さな村、ロングヤービィエン村の近くの山の地下に構築されている。発表によると(この種貯蔵庫は)もう直ぐ使用可能だと言う事だ。銀行(種の貯蔵庫)はモーションセンサー付きの爆発に耐える二重のドア,二重のエアロック、1メートルの厚さの鉄筋コンクリートの壁で守られている。ノルェー政府によると、此処では将来の為、農業用植物の多様性が確保される様に、3百万種までが世界中から集められ保管される。種は水分を取り除く様に特別に包装される。此処では従業員は常時待機しないが殆ど人が近づけない事が周辺での人間の活動をモニターする事に役立つ事になる。

Did we miss something here? Their press release stated, ‘so that crop diversity can be conserved for the future.’ What future do the seed bank’s sponsors foresee, that would threaten the global availability of current seeds, almost all of which are already well protected in designated seed banks around the world?

 此処で我々は何か見逃したかな?彼らのプレス リリースによると“農業用植物の多様性が確保される様に”となっている。殆ど全ての種は既に世界各地の特定のシードバンクで十分に守られているのに、現在世界中で入手可能な種の将来を脅かす、どの様な未来を種銀行のスポンサー達は予見しているのだろうか?

Anytime Bill Gates, the Rockefeller Foundation, Monsanto and Syngenta get together on a common project, it’s worth digging a bit deeper behind the rocks on Spitsbergen. When we do we find some fascinating things.
 ビルゲイツ、ロックフェラー基金,モンサント,シンジェンタ,が共通のプロジェクトの為に寄り集まる時はスピッツバーゲンの岩の裏側をもう少し深く掘り起こす価値がある。掘り起こして見ると、何やら面白い事を見つけてしまった。


ejnews:この記事は面白いですよ。続きは又の機会に。



著者に付いて。

F. William Engdahl is the author of Seeds of Destruction, the Hidden Agenda of Genetic Manipulation just released by Global Research. He also the author of A Century of War: Anglo-American Oil Politics and the New World Order, Pluto Press Ltd.. To contact by e-mail: info@engdahl.oilgeopolitics.net.
F.ウイリアム、イングダルはグローバルリサーチから発行されたばかりの『破壊の種』“隠された遺伝子操作の目的”の著者で、プルートプレスLtd.から『戦争の世紀』“アングロアメリカン石油政治とワールドニューオーダー”の著作もある。
メイルでの連絡は:info@engdahl.oilgeopolitics.net.

William Engdahl is a Research Associate of the Centre for Research on Globalization (CRG). His writings can
be consulted on www.engdahl.oilgeopolitics.net and on Global Research.

この記事はGlobal Research.からの翻訳です。長いので続きは又の機会に!


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

カーギル:世界的食料危機のキープレイヤー。

Cargill: Key Player in Global Food Crisis
カーギル:世界的食料危機のキープレイヤー。

• Cargill: Key Player in Global Food Crisis
New Food & Water Watch Report Reveals the Damaging Impacts of Agribusiness Giant
Common Dreams, May 12, 2008

WASHINGTON, DC - May 12 - While millions of people around the world face severe hunger, the handful of agribusiness corporations that dominate the global agricultural market are seeing huge profits. One of the key players in the global food market, Cargill, is profiled in a new report released today by the national consumer group Food & Water Watch. The report, entitled Cargill: A Corporate Threat to Food and Farming, details Cargill's vast influence over international trade and how the company threatens consumers, family farmers, workers, the environment, and even  entire economies around the worl..

 ワシントンD.C.-5月12日-世界的に何百万人もの人々が過酷な飢餓に直面している間に、国際農産物市場を支配する極僅かな数の農業関連企業が利益を見ている。国際食料市場のキープレイヤーその中の一つのカーギルは、フード&ウオーターワッチ(食料と水の監視)と言う消費者グループの新しいリポートに今日、プロファイルが発表されている。カーギルと題されているリポートでは:食料と農業を脅かす企業とされ、カーギルの国際貿易に対する影響、どの様に消費者、農家、労働者、環境に対して脅威なのか詳細に示されている、そして世界経済全般に対しても……….

"Cargill is making enormous profit from the international trade system that is causing all this food instability around the world," stated Food & Water Watch Executive Director Wenonah Hauter. "This corporate behemoth is behind almost every aspect of the worldwide agricultural system with no accountability for consumer health, the environment or human rights."

 『カーギルは膨大な利益を国際貿易システムを通して得ているが其れは世界的な不安定な食料状態の原因となっている。』とフード&ウオーターワッチのエギュゼキュティヴダイレクターのエノーナ ハウターは述べている。続けて『この巨大怪物の企業は殆ど全ての国際農業システムの局面の背後に存在していながらも、消費者の健康、環境、若しくは人権に対して何も責任取る状態に無い。(取る意思が無い。)』

behemoth ビヒーモス、巨大怪物 no accountability 責任を全く取らない、

The name Cargill largely goes unnoticed by many consumers, yet their products appear on shelves in grocery stores and in menus at fast-food chains across the world. According to the report, Cargill has gained control over huge swaths of the world's agriculture processing, storage, transport and trade, operating numerous business sectors and divisions. Cargill produces and markets chicken and egg products to McDonald's in the United Kingdom and Western Europe, in addition to Pizza Hut, Burger King, and school cafeterias in the United States.

 カーギルと言う名前は多くの国で殆ど気付かれていない、然し、その製品は全世界の食料品店の棚、ファーストフードチェーン店のメニューに登場している。リポートによれば、カーギルは非常に幅広い、農産物加工会社、倉庫、輸送と貿易、数々のビジネスセクターと部門のオペレーション等の支配力を手に入れた。カーギルは鶏と卵の製品を、英国と西ヨーロッパのマクドナルドに生産販売sしている。其の上に、アメリカのピザハット、バーガーキングそして学校のカフェテリアにも販売している。

Cargill's meat and poultry divisions are just a fraction of the products they control. The company deals with oilseeds, wheat, corn, biofuels, oils, lubricants, salts, health and pharmaceutical products and animal feed and fertilizers -- products that have contributed to environmental degradation both in the United States and abroad.

 カーギルの食肉と鶏肉部門はこの会社がコントロールする製品のホンの一部に過ぎない。この会社は植物油用の種子、小麦、玉蜀黍、バイオフュール、オイル、潤滑油、塩、健康と医薬製品、動物用飼料、そして肥料等の製品、----それらはアメリカ国内に留まらず国外の環境破壊の要因となっている。

The report details the numerous threats Cargill's operations pose to air, water and rainforests. Cargill is responsible for spilling toxic chemicals into the San Francisco Bay, releasing hazardous compounds into the air, and clearing South American rainforests to expand its production of soy and palm oil.

 このリポートはカーギルの企業経営が空気、水、そして雨林に対する脅威である事を詳細に報告している。カーガイルは毒性化学物質のサンフラシスコ湾放出汚染、空気中に危険な合成物質の放出、そして大豆、ヤシ油の生産の目的での南米雨林の完全な伐採に付いて責任がある。

And it is not just controversies over global trade or environmental impacts that surround the company. Cargill is also linked to questionable food technologies such as irradiation, genetically modified foods, and the use of carbon monoxide to artificially enhance the color of meat long past its expiration date.

 そして、単に国際貿易若しくは環境問題に付いての論争が会社(カーギル)の周りを取り巻いているだけでなく、カーギルはイラディエイション、遺伝子操作食物,そして,使用期限の切れた肉の色を人工的に強化する為に使う一酸化炭素の様な疑問のある食品技術に関係している。

 Irradiation イラディエーション。放射線で殺菌をする方法。アメリカでは食肉の殺菌等の為に企業側によって提案されています。日本でもジャガイモの芽が出ない様に一時使われていたと思いますが。

The report recommends action by Congress and regulators to rein in this agribusiness giant, as well as telling consumers how to opt out of Cargill's model of industrial meat production.

 リポートは議会とレギュレイター(政府の企業を監視する部門。)によるこの巨大農業関連企業をコントロールする何らかの行動を勧告している。と同時に、消費者に対してはどの様にしてカーギル型の工業的食肉製造を見極めて避けるかを説明している。

To view the report Cargill: A Corporate Threat to Food and Farming, visit:
カーギルに付いてのリポートを見るのには:企業の食品と農業に対する脅威。下記にサイトを訪れて下さい。
http://www.foodandwaterwatch.org/food/pubs/reports/cargill

CONTACT: Food & Water Watch Patty Lovera or Erin Greenfield (202) 683-2457

この記事は下記のサイトからの訳です。食品、環境、政治に付いてのサイトです。
Organic Consumers Association 
オーガニック コンスーマー アソシエーション

ejnews: 日本の皆さん!日本の農家を応援しましょう!少し高くっても有機農耕で貴方の住んでいる最も身近で収穫されている食品を使いましょう!洗濯はインドのソープナッツを使いましょう!私もカリフォルニアで使っています。洗剤は石油製品なので農家が使う河川の水を汚染するのです。貴方の行動を良く見極めましょう!シャンプー、洗顔は私はDr.Broonner's Magic Soapを使っています。アメリカでは他社の製品は殆どが石油化学物質の洗剤なのです。河川を汚染するだけでなく、皮膚を通して直接体内に吸収されるので非常に危険です。日本で植物油だけで石鹸、シャンプーを作っている会社があれば是非其の会社の製品を使いましょう!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

鎮痛剤アセタミノフェンacetaminophen、コーヒー、そしてアルコール飲料の同時服用は若しかすると貴方の肝臓に障害を与えているかも知れない?

Taking Common Painkiller (acetaminophen) with Coffee is Extremely Toxic to the Liver

一般的な鎮痛剤(acetaminophen)とコーヒーの服用は肝臓にとって毒性を持つ。


by David Gutierrez

(NaturalNews) Combining caffeine with the active ingredient in Tylenol (acetaminophen) may be extremely dangerous for the liver, according to new research conducted at the University of Washington and reported in the journal Chemical Research in Toxicology.

 (ナチュラルニュース) カフェインと、タイレノールの主要薬品(acetaminophen)を同時に服用する事は肝臓に非常に危険である可能性がある。とワシントン大学の研究をJounal Chemical Research in Toxicology 誌が発表した

Researchers performed the study on E. coli bacteria that had been genetically modified to produce a human liver enzyme that breaks down the pain killing chemical paracetamol, also known as acetaminophen. A toxic byproduct of this enzyme's activity is what leads to liver damage in cases of paracetamol overdose.

 研究者はE-コライ菌を使って研究をした。このE-コライ菌は遺伝子操作技術で鎮痛作用のある物質パラセタモルparacetamol,又はアセタミノフェンacetaminophenと言う名でも知られている化学物質を破壊する人間の酵素を生産出来る様にされている。この酵素の毒性のある副産物の活動がパラセタモルを過剰服用した時に肝臓障害へと導いたのである。

When the scientists expose the bacteria to a large combined dose of caffeine and paracetamol, production of the toxic byproduct tripled. According to researchers, this translates to three times the risk of permanent liver damage.

 科学者が多量のカフェインとパラセタモルを混合した物をバクテリアに投与したところ、毒性のある副産物の量は3倍となった。研究者によると、この実験の結果は永久的な肝臓障害の危険性が3倍になると同じ事だ。

According to British health expert Dr. Simon Thomas of the University of Newcastle, paracetamol is the culprit in 40 percents of drug overdoses in the United Kingdom, leading to 100 deaths or liver transplants yearly. But Thomas said that it would be hasty to draw too many conclusions about the human liver from a study conducted on bacteria.

 イギリスの健康の専門家、ニューキャッスル大学、シモントーマス医師に因るとパラセタモルはイギリスでの薬品過剰投与の原因のうち40%を占めていて、其れは毎年100人の死者、若しくは肝臓障害を出している。然し、バクテリアの実験の結果を人間に当てはめて色々と性急な結論を出すのは一寸急ぎ過ぎている。とトーマス言っている。


"There are a million miles between E. coli and humans in terms of how paracetamol and caffeine are metabolized," he said.

 “パラセタモルとカフェインがどの様に代謝されるかに付いては人間とE-コライの間では100万マイルもかけ離れている。”と彼は言っている。

Prior studies have shown that caffeine exacerbates paracetamol-induced liver damage in rats, and that mixing alcohol with the painkiller intensifies its effects on the liver. However, this is the first study to provide evidence that a mix of paracetamol and caffeine may be dangerous.

 過去の鼠を用いての研究では、カフェインはパラセタモルによる肝臓障害に悪影響を与え、そしてアルコールを鎮痛剤と服用する事はカフェインの肝臓への悪影響を増加させることになる。
然しながら、これはパラセタモルとカフェインの混合が危険であると言う証拠を初めて提供した研究である。

But the researchers noted that the doses they used in the study were enormous, and that there is as yet no evidence what dose would be required to be dangerous to humans. Because of this uncertainty, however, they advised caution in mixing the two drugs.

 然し、研究者達は研究に使用した量は膨大な量で、未だ人体に対して危険と言わなければならない量を設定する証拠は無い。この今だ事実が不確定だと言う理由で、研究者達はこの2つの薬品を混合使用するのを控える様に勧めている。

"The bottom line is that you don't have to stop taking acetaminophen or stop taking caffeine products, but you do need to monitor your intake more carefully when taking them together, especially if you drink alcohol," said researcher Sid Nelson.

 “最小限言える事は、アセタミノフェンとカフェインの服用を止める必要は無い、然しこの2つの薬品を同時に服用する時は気を付けて様子を見なければならない、特にアルコールを飲んだ時には。”と研究者のシド ネルソン氏は言っている。

NaturalNews.com この記事はこのサイトより。
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

今日のニュースの見出し。

 From Today’s Head Lines.  今日の(ニュースの)見出しから。


Cuba blames US for Internet restrictions
キューバはアメリカがインタネットアクセスを規制していると非難している。

Official: Cuba supports unrestricted Internet, but US embargo makes it impossible

キューバ政府関係者:キューバ政府は規制の無いインターネットをサポートしているがアメリカの対キューバ封鎖政策が其れを不可能にしている。

AP News
此れはAPニュースのヘッドラインです。詳細はAPで読んで下さい。
Associated Press (アソシエイテド プレス ) www.ap.org です。

May 18, 2008, 7:35AM

A SOLDIER'S TRAGIC TALE
兵士の悲劇的物語。
A victim of the war within
内なる戦争の犠牲者。


Suicides of Houston Army recruiter and his wife leave questions of struggle that endured after Iraq

ヒューストンの陸軍リクルーターと其の妻の自殺は、彼等のイラク従軍後の苦闘に付いて疑問を投げ掛けている。

By LINDSAY WISE

Copyright 2008 Houston Chronicle コピーライト2008.ヒューストン クロニクル。

Ejnews:日本でもニュースになっていると思いますが,イラク,アフガニスタンに従軍中、従軍後の兵士達の中では多くの自殺未遂、自殺者、自殺願望の症状で苦しむ兵士、ヴェテラン達が存在します。2008,2月のヴェテランズアフェアーdepartment of veterans affairs (VA)の内部のメイルによると月に千人の割合でヴェテランの間でsuicide attempts自殺未遂があるそうです。イラク、アフガニスタンには160万の兵士が展開されて其の中の18~20%(約30万のヴェテラン)がPTSDや鬱症状に悩んでいるそうです。VAが事実を隠そうとしているとの事です。
department of veterans affairs (VA) アメリカの軍人や其の家族の面倒を見る政府機関。
(Post-traumatic stress disorderは何か非常に酷い経験をした後で発生する精神的なリアクションで、第一次大戦時にshell shockシェルショックと呼ばれていました。シェルとは大砲の弾丸の事で、砲撃を受けて精神的にダメージを受けた兵士達が戦後も何かの音がきっかけで身体全体が震えだして止まらないとか、その他種々の精神症を被りました。)

Dealing with the School Bully Epidemic
学校のいじめっ子問題の処置。

By Corinne Gregory and Lisa Finan, Huffington Post. Posted May 19, 2008.


Let's ask ourselves the tough questions about why there's so much bullying in schools, and actually be willing to be honest with the answer.

我々自身に、どうしてそんなに虐め問題が学校で起こるのかと言う、辛い問い掛けをしてみよう。そして実際に自主的に正直に答えよう。

Alternet.org 此れはアルターネットからの記事の見出しです。詳細は Alternet.org まで。

Ejnews:いじめっ子問題は世界共通の問題です。



Democracy Now!, デモクラシーナウ!より。

www.democracynow.org  で番組の映像や音声、記事が読めます。英語の勉強と同時に本当のニュースが得られます。

Spies for Hire: Carlyle Group to Become Owner of “One of America’s Largest Private Intelligence Armies”
雇われスパイ:カーライルグループは“アメリカの最も大規模の情報を取り扱う私設軍事組織”の所有者となりつつある。

下記はこのインタヴューの一部です。

The secretive investment fund the Carlyle Group is in the process of buying part of Booz Allen Hamiliton, the major military and intelligence contractor. We speak with investigative journalist Tim Shorrock, author of the new book Spies for Hire: The Secret World of Intelligence Outsourcing. [includes rush transcript]

秘密の多い投資ファンドカーライルグループはBooz Allen Hamilton,大規模な軍事、情報コントラクターの一部の買収の過程にある。私達は新しく発行される本『Spies for Hire“情報捜査民営化の秘密”』の著者インヴェスティゲイティヴ ジャーナリストのTim Shorrockティム ショッロック氏と会談した。

May 19, 2008

Guest:ゲスト:ティムショロック

Tim Shorrock, investigative journalist and author of the new book Spies for Hire: The Secret World of Intelligence Outsourcing.


AMY GOODMAN: The Carlyle Group is one of the world’s largest and most secretive investment funds. Nicknamed the Ex-President’s Club, Carlyle’s employees have included both President Bush, H.W. and George W. Bush, former British Prime Minister John Major, former Secretary of State James Baker, and former Defense Secretary Frank Carlucci. Amidst growing public scrutiny over its dealings, the company has recently scaled back its holdings in military contractors and its links to controversial political figures.

エイミーグッドマン:カーライルグループは世界でも最も規模が大きく秘密の多い投資ファンドで、元大統領達のクラブと言うニックネームがあります。カーライルに雇われている人々は元大統領H.W.ブッシュとジョージW.ブッシュの両大統領。英国の元首相ジョン メイジャー、元米国務長官ジェイムス ベイカー、元国防省長官フランク カルーチ、等々。最近の表面化してきたカーライルに対する議会、ジャーナリズムの仔細に渡る問い合わせ、疑問、調査などの為、カーライルは軍事コントラクターの所有(子会社契約、株の所有等)、問題のある政治家達との関係等の規模を縮減してきましたが………….。

But that appears to be changing. On Friday, the intelligence firm Booz Allen Hamilton said it wo
uld sell its government-oriented unit to Carlyle Group for $2.5 billion. Booz Allen has been a major figure in the privatization of government intelligence. Current National Intelligence Director Mike McConnell was Booz Allen’s director of defense programs before his appointment last year. Booz Allen has been deeply involved in some of the Bush administration’s most controversial counterterror programs, including the infamous Total Information Awareness data-mining scheme. The Carlyle-Booz Allen deal awaits shareholder and regulator approval.

然し、其れは今変わっている様に見えますね。金曜日、情報を扱う会社Booz Allen Hamilton ブーズ アレン ハミルトンは、其の政府と関係のある部門をカーライルに25億ドルで売り渡すと発表しました。Booz Allenは政府の情報活動の民営化での大きな存在です。現在の国家情報部門のダイレクター、マイク マコーネルは彼がこのポジションに去年指名される前はBooz Allenの防衛部門のダイレクターでした。Booz Allenはブッシュ政権の最も問題視される悪名高きトータル インフォメーション アウエアネス データ マイニング スキームを含めた、対テロリズムプログラムと深い関係があります。カーライルとBooz Allenブーズ アレンの件は株主と政府規制機関の承認を待っている所です。

Total Information Awareness はレーガン政権当事のイランコントラ事件の主役の一人で、この陰謀の主要な計画者であったジョン ポインデクスターがボスのインフォメーション アウエアー オフィスと言う国防省の一部門で始められた情報収集プログラムで、e-メイル、ブログ、等のインターネットやクレディトカードのレコード等、全て得られる情報を収集すると言うジョージ オーエル1984のビッグブラザーも吃驚する市民をスパイするプログラムです。個人のプライバシーを侵害すると言う法律上の問題で禁止された筈ですが、色々なジャーナリストは違った名前で未だ行われていると言っています。

Ejnews :ブラックウォーターの様な軍事コントラクターだけでなく、情報収集活動が公的な機関では無く、利益追求が目的の企業に任せられるとはウーン………………….!怖いね!日本はどうなってる?

デモクラシーナウのもう1つの見出し。
下記はこのインタヴューの一部です。詳細はwww.democracynow.org でどうぞ。

Clive Stafford Smith: US Holding in Secret Overseas Prisons; Transporting Prisoners to Iraqi Jails to Avoid Media & Legal Scrutiny

クライヴスタッフォード:アメリカは2万7千人を海外の秘密刑務所に収容している。メディアと法律から逃れる為、捕虜、囚人をイラクの刑務所に送っている。

“There is a huge number of [secret prisoners] being held in Iraq, and one of the intriguing aspects of this that doesn’t get much reporting is that the US is bringing people into Iraq from elsewhere to hold them there, simply because that keeps [the media and lawyers] away from the prisoners so they can’t get any sort of legal rights,” reports British attorney Clive Stafford Smith. [includes rush transcript]

『物凄い数の秘密の捕虜、囚人がイラクに拘束されている。1つの興味深い点はアメリカでは殆ど報告されていないのだが、アメリカは色々な所から囚人をイラクに送り込んで収容していると言う事だ、唯単にメディアや法律から逃れる事が出来、囚人達には法律的権利を与える必要が無い為だ。』と英国の弁護士クライヴ スタッフォード スミス氏は報告している。

Guest:ゲスト

Clive Stafford Smith, British born lawyer for over fifty detainees in Guantanamo Bay. He is the legal director of the UK charity Reprieve and has defended prisoners on death row for over twenty years. He is the author of Eight O’Clock Ferry to the Windward Side: Seeking Justice in Guantanamo Bay.

クライヴ スタッフォード スミス、50人以上のガンタナモ ベイ捕虜の英国生まれの弁護士。彼は英国の刑の執行猶予の為の慈善団体のダイレクターで死刑囚の為の弁護を20年以上に渡って行っている。彼は『 Eight O’Clock Ferry to the Windward Side: Seeking Justice in Guantanamo Bay.』(風上に向かう8時発のフェリー:ガンタナモ ベイでの正義の要求)の著者。


CLIVE STAFFORD SMITH: —Sami Al-Haj, the Al Jazeera journalist, who was held for six years in Guantanamo Bay, most recently charged with being a terrorist because he had trained in the use of “the camera”—was the direct quote—by Al Jazeera. That was the allegation against him that was the main focus of the US intelligence in Guantanamo, and that’s because he was an Al Jazeera cameraman. He is now back with his family. So I’m glad he’s safe—

クライヴ:

…………………….サミ アル ハジ、彼はアル ジャジラ記者、6年間ガンタナモベイに収容されていた。彼に対する最も最近の彼がテロリストであると言う告発理由は、彼がカメラの使い方のトレイニングを受けたと言う理由だった。----此れはアルジャジラからの直接の引用。---其れが彼に対する告訴の理由だった。そして其れが米情報機関の主に集中している件であった。其の理由は彼がアルジャジラのカメラマンと言う理由からであった。………………………..


AMY GOODMAN: And the issue of Sami Al-Haj saying he was being repeatedly questioned about the leaders, about those who run Al Jazeera and about his colleagues at Al Jazeera?

エイミー:
サミアルハジの問題ですが、彼が言っている、彼がアルジャジラの経営陣や同僚の事に付いて何回も質問されたと言う事?

CLIVE STAFFORD SMITH: Well, that was the focus. I mean, and Sami actually had to ask the intelligence folk in Guantanamo—and I was very interested listening to the person you were talking to before, Tim, about the whole process, because of course it’s so true that the focus of a lot of these civilian folk who were doing the intelligence gathering, you know, I don’t know how they think they get paid, but apparently they get paid just by the word. And they interrogated Sami Al-Haj roughly 120 times about people working at Al Jazeera, trying to get him to say that Al Jazeera was an al-Qaeda front. And Sami said, “It’s just not true. I’m not going to say that.” But this went on and on. And finally Sami had to ask them to interrogate him about himself and whatever allegations they might have against him.

クライヴ:
そうですね。其れが焦点でした。....本当にサミは事実ガンタナモの情報部員に聞かなきゃならなかったんだ。そして私は貴方が私の前にインタヴューしていた方、ティムさん、の話を興味深く聞いていたのですが、過程全てに付いて。勿論如何してかと言うと民間人で情報収集をしている人達の焦点は、其れは全く事実だからです。貴方も知っている様に。私は彼等が彼等の報酬の貰い方をどの様に考えているかは知らない、然し、明らかに彼等は報酬を言葉(を囚人から)引き出す事で得ているのだ。そして彼等はサミアルハジにアルジャジラはアルケイダのフロント組織だと言わせる為に、アルジャジラで働いている人々に付いて約120回尋問した。そしてサミは『全く事実じゃない。私はそんな事は言わない!(アルケイダと関係していると言う言い掛かり)』と(彼らに)言った。然し(この尋問は)果てし無く続いた。そして最終的にサミは彼等に、どんな言い掛かりであろうとも、彼自身のことに付いて尋問してくれ!と頼まなければならなかった。

AMY GOODMAN: Very quickly, Clive, did you say that you—that the US is taking prisoners to Iraq?

エイミー:
(もう時間が無いので)本当に短い時間で答えて下さい。貴方は…….アメリカは捕虜囚人をイラクへ送っていると言っているのですか?

CLIVE STAFFORD SMITH: Oh, yes, they are. I mean, the US is taking an estimated forty to sixty, on average, prisoners a day around the world. And it doesn’t take a lot of arithmetic to tell you how many people that is each month. And people are being taken to Iraq to be held in Abu Ghraib, even today, and also in other camps in Iraq. And this is a big challenge for us as the lawyers to try to bring—you know, reunite them with their legal rights, because I, for one, am sort of forbidden by my wife from spending too much time going to Iraq and getting shot at.

クライヴ:
オーッ!はい。勿論だよ!私が言っている事は、概算して平均1日に付き40~60人の囚人を世界中で逮捕している。そして毎月どれだけの人数になるかは複雑な算数は必要ないよね。そして彼等はアブグレイブや他のイラクのキャンプで拘束される為にイラクに送られている。勿論今日もだよ。そして私達にとって弁護士として、彼等に法的権利を(アメリカの意向に反して)与えるのはとっても難しい問題なんだ。と言うのは、貴方も想像できると思いますが、私自身の事でもありますが、私は家内にイラクに行って狙撃される時間を余り持たない様に禁止されているのです。(この部分は、彼が違法に拘束されている捕虜達の為にイラクに何回も行く事が非常に危険で、妻が反対していると言う事を冗談半分に表現している。)

ejnews:彼は此処で誰から撃たれているか明確には言っていない。バグダッドの外国人ジャーナリストの宿泊しているホテルがアメリカ軍に銃撃されて死傷者が出る事件がありましたよね。アメリカ軍の情報解析担当の女性兵士があの事件は事故ではなく米軍の計画的な行為だったと告発してます。彼女によれば事前に彼女は攻撃地区の地図にあのホテルが入っていたと証言しています。

と言う事で今日は此れまで!

good luck and sweet dreams !

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ブログランキング




テーマ : 南米 - ジャンル : 海外情報

南米の小さな国エクアドルの大統領。良い男だね!

Ecuador wants military base in Miami
エクアドルは軍事基地をマイアミに欲しいと言っている。

Mon Oct 22, 2007 3:38pm BST


By Phil Stewart

NAPLES (Reuters) - Ecuador's leftist President Rafael Correa said Washington must let him  open a military base in Miami if the United States wants to keep using an air base on Ecuador's Pacific coast.

  NAPLES(ロイターズ)エクアドルの左翼派ラファエル コレア大統領は、若しアメリカがエクアドルの太平洋岸の空軍基地を引き続き利用したいなら、ワシントンは彼(コレア大統領)にマイアミに軍事基地を開設さ せなければならないと述べた。

Correa has refused to renew Washington's lease on the Manta air base, set to expire in 2009. U.S. officials say it is vital for counter-narcotics surveillance operations on Pacific drug-running routes.

 コレア大統領は、2009年に借地権の切れるマンタ空軍基地のワシントンによる更新を拒否した。アメリカの政府関係者によると(マンタ空軍基地は)太平洋岸の麻薬密貿易ルートの監視の為の対麻薬監視オペレーションにとって非常に重要であると述べた。

"We'll renew the base on one condition: that they let us put a base in Miami -- an Ecuadorean base," Correa said in an interview during a trip to Italy.

 『我々は彼等が我々にマイアミに基地を建設する事を許すと言う…….エクアドルの軍事基地だよ!.この一つ条件で基地の継続利用の更新をするだろう。』とコレア大統領はイタリア訪問中のインタヴューで述べた。

"If there's no problem having foreign soldiers on a country's soil, surely they'll let us have an Ecuadorean base in the United States."

 『もしどの国の土地にでも外国の兵士がいる事に問題が無いのなら、勿論、彼等は我々にエクアドルの軍事基地の建設を許すだろう。』

The U.S. embassy to Ecuador says on its Web site that anti-narcotics flights from Manta gathered information behind more than 60 percent of illegal drug seizures on the high seas of the Eastern Pacific last year.

 東太平洋国際海域での麻薬密貿易取締り成功例の60%の背景にはマンタ空軍基地からの反麻薬監視飛行で得た情報がある。とエクアドルのアメリカ大使館はウエッブサイトで説明している。

It offers a fact-sheet on the base
サイトは統計を発表している。

Anti-narcotics  対麻薬   flight  飛行 illegal drug 違法薬品(麻薬、覚醒剤)
High seas  公海、国際海域。
Fact-sheet factは事実 sheet薄い広いもので“紙”だから“事実、データ、が記載されている書類”等。


Correa, a popular leftist economist, had promised to cut off his arm before extending the lease that ends in 2009 and has called U.S. President George W. Bush a "dimwit".

 人気の有る左翼派経済学者であるコレア大統領は、2009年に期限が切れる基地借地権を延長する前に自分の腕を一本切り落とすと約束していた。そしてジョージ.W.ブッシュ大統領を“うすのろ”と呼んでいた。

Dim薄暗い、ボンヤリした、 wit 機知、機転、理知、でdimwitうすのろ。


But Correa, an ally of Venezuelan President Hugo Chavez, told Reuters he believed relations with the United States were "excellent" despite the base closing.

 然し、ヴェネズエラのウーゴチャヴェス大統領と同盟者であるコレア大統領は基地の閉鎖にもかかわらずアメリカとの関係は“非常に良い”とロイターズに語った。

He rejected the idea that the episode reflected on U.S. ties at all. 

 彼(コレア)はこのエピソードがアメリカとの関係に1つでも影響を与えたと言うアイデアを拒絶した。

"This is the only North American military base in South America," he said.

『これは(マンタ基地)南米に在る唯一つの北米軍事基地なんだよ。』と彼は言った。(そして)

"So, then the other South American countries don't have good relations with the United States because they don't have military bases? That doesn't make any sense."

『と言う事は、他の南米諸国が、軍事基地を持っていないと言う理由でアメリカと良い関係を保持してないと言う事になるだろうか?其れは全く論理的じゃないだろう!』

ejnews:前の記事の、米軍 アフリカン司令部本部を何処にするかと言う問題はアフリカ諸国の反対でアフリカには開設出来ないようです。エクアドルでもこの様な状況です。これ等の記事はオールドニュースですが、ヴェネズエラのウーゴ チャベス大統領、ボリビアのエボ モラレス大統領、と中南米の政治はもしかすると世界を少し良い方向に動かす力になるかも知れませんね。 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

米国軍アフリカン司令部?石油?天然資源?

AFRICOM: US Military Control of Africa’s Resources
アフリカン司令部:US軍部のアフリカ資源コントロール。


IN TOP 25 CENSORED STORIES FOR 2008
“2008年のトップ25の検閲されている記事”から。
Source: ソース
MoonofAlabama.org 2/21/2007
Title: “Understanding AFRICOM”
Author: Bryan Hunt ブライア ンハント著
 http://www.moonofalabama.org/2007/02/understanding_a_1.html
Student Researcher: Ioana Lupu 学生研究者イオアナ ルプ
Faculty Evaluator: Marco Calavita, Ph.D 評価する教師、マルコ カラヴィタ博士

In February 2007 the White House announced the formation of the US African Command (AFRICOM), a new unified Pentagon command center in Africa, to be established by September 2008. This military penetration of Africa is being presented as a humanitarian guard in the Global War on Terror. The real objective is, however, the procurement and control of Africa’s oil and its global delivery systems.

 2007年2月ホワイトハウスは、新しく統合されたペンタゴンの司令部で、2008年の9月に創設される予定の、アメリカ合衆国アフリカン司令部(AFRICOM)の創設を発表した。この軍事的アフリカへの侵入は世界的なテロリズムの恐怖に対する人道的警戒活動であると表面的には発表されている。然しながら、本当の理由はアフリカ原油の確保、そしてアフリカ原油と世界的な補給路システムの支配である。

The most significant and growing challenge to US dominance in Africa is China. An increase in Chinese trade and investment in Africa threatens to substantially reduce US political and economic leverage in that resource-rich continent. The political implication of an economically emerging Africa in close alliance with China is resulting in a new cold war in which AFRICOM will be tasked with achieving full-spectrum military dominance over Africa.

 アフリカで合衆国に対する最も重要で成長している挑戦(競争相手)は中国である。アフリカでの増え続ける中国の貿易や投資は、資源の豊かな大陸での合衆国の政治、経済的な影響力を大きく後退させる事になる。経済的に台頭しているアフリカと中国との同盟の国際政治への影響は、(この関係が)新しい“冷戦”の原因となっていると言う事で、その為にあらゆる面での軍事的優勢を達成する事がアフリカン司令部の任務とされている

AFRICOM will replace US military command posts in Africa, which were formerly under control of US European Command (EUCOM) and US Central Command (CENTCOM), with a more centralized and intensified US military presence.
A context for the pending strategic role of AFRICOM can be gained from observing CENTCOM in the Middle East. CENTCOM grew out of the Carter Doctrine of 1980 which described the oil flow from the Persian Gulf as a “vital interest” of the US, and affirmed that the US would employ “any means necessary, including military force” to overcome an attempt by hostile interests to block that flow.

 寄り中枢化され軍事的存在が集約強化されたアフリカン司令部は、従来欧州司令部と中央司令部指揮下に在った合衆国軍事司令部支部に取って代わる事になる。将来期待されるアフリカン司令部の戦略的役割はどの様な物かは中近東での中央司令部を観察する事によって導き得られる。中央司令部は1980年のカータードクトリンの“石油のペルシャ湾からの流れは合衆国の死活問題である。”に起源を持ち、合衆国は軍事力も含めて、必要とされる如何なる手段を使ってでも、石油の流れを阻止しようとする敵対者に勝利する。と宣言している。

It is in Western and Sub-Saharan Africa that the US military force is most rapidly increasing, as this area is projected to become as important a source of energy as the Middle East within the next decade. In this region, challenge to US domination and exploitation is coming from the people of Africa―most specifically in Nigeria, where seventy percent of Africa’s oil is contained.

 合衆国の軍事力が最も急速に増加している場所は西部アフリカとアフリカの準サハラ地帯である。この地域は中近東がそうである様に次の10年間に重要なエネルギー供給源となる事が予測されている。この地域で合衆国の支配と搾取に対して対抗行動はアフリカの人々、中でも、特に全アフリカの70%の原油埋蔵量の在るナイジェリアから出て来ている。

People native to the Niger Delta region have not benefited, but instead suffered, as a result of sitting on top of vast natural oil and natural gas deposits. Nigerian people’s movements are demanding self-determination and equitable sharing of oil-receipts. Environmental and human rights activists have, for years, documented atrocities on the part of oil companies and the military in this region. As the tactics of resistance groups have shifted from petition and protest to more proactive measures, attacks on pipelines and oil facilities have curtailed the flow of oil leaving the region. As a Convergent Interests report puts it, “Within the first six months of 2006, there were nineteen attacks on foreign oil operations and over $2.187 billion lost in oil revenues; the Department of Petroleum Resources claims this figure represents 32 percent of ‘the revenue the country [Nigeria] generated this year.’”

 ニジェールデルタ地域の住民は膨大な量の油田と天然ガスの上に座っている事での利益の恩恵には全く被っていない、それどころか、其れによって苦しんでいる。ナイジェリアの人々のムーヴメントは自治権と石油からの利益の公平な分割を要求している。環境、人権保護の活動家達は、この地域での軍部、石油会社の残虐行為を長期に渡り(何年間も)記録している。レジスタンスグループの戦法がプロテストや法的請求行為から、パイプライン、施設への攻撃の様なより積極的な方法に変わる事によりこの地方からのオイルの流れは縮小した。石油利権の報告によると“2006年上半期19件の海外石油施設への攻撃があり、21億8千7百万ドル以上の収益が失われた。石油資源局によれば、この数字はこの年のナイジェリアが生み出した国家収入の32%に当たるとの事である。

Oil companies and the Pentagon are attempting to link these resistance groups to international terror networks in order to legitimize the use of the US military to “stabilize” these areas and secure the energy flow. No evidence has been found however to link the Niger Delta resistance groups to international terror networks or jihadists. Instead the situation in the Niger Delta is that of ethnic-nationalist movements fighting, by any means necessary, toward the political objective of self-determination. The volatility surrounding oil installations in Nigeria and elsewhere in the continent is, however, used by the US security establishment to justify military “support” in African oil producing states, under the guise of helping Africans defend themselves against those who would hinder their engagement in “Free Trade.”

 石油企業とペンタゴンはこれ等の地域の安定化とエネルギーの流れ(原油の輸送ルート)を確実なものとする合衆国の軍事力行使を正当化する為、レジスタンスグループと国際テロリスト ネットワークを関係付け様としている。然し、ニジェール デルタ レジスタンス グループと国際テロリストグループやジハーディスト(イスラム聖戦闘争主義者)を結び付ける証拠は見つかっていない。この努力にも関わらず、ニジェールデルタの状況は自治権と言う政治的目的達成の為、あらゆる手段を使っての闘争と言う民族国家主義者のムーヴメントである。ナイジェリアや大陸の他の地域での油田施設周辺の一食触発の状況は、自由貿易を妨げる者からアフリカ人の自主防衛を援助すると言う口実として、合衆国の防衛保障の既成権力に産油国への軍事的補助の正当化の理由として使われている。

Free Trade自由貿易。自由貿易を護ると言う事を聞いた時は怪しいと思って良い。西欧先進諸国しかこの様な事を言わないと言う事は、自由貿易で彼等だけが利益を得ていると言う事。

The December 2006 invasion of Somalia was coordinated using US bases throughout the region. The arrival of AFRICOM will effectively reinforce efforts to replace the popular Islamic Courts Union of Somalia with the oil industry–friendly Transitional Federal Government. Meanwhile, the persistent Western calls for “humanitarian intervention” into the Darfur region of Sudan sets up another possibility for military engagement to deliver regime change in another Islamic state rich in oil reserves.

 2006年12月のソマリア侵略はこの地域の合衆国軍事基地を利用してコーディネイトされた。アフリカン司令部の到来は、実質的に石油業界と関係の深い(ソマリアの)臨時連邦政府によるイスラム法院人民連合に取って代わる努力の強化と言う事になる。その間、執拗な西欧各国は他の原油埋蔵量の多いイスラム国家、スーダンのダルファー地域で政権交代を生み出す軍事交戦を“人道的介入”の形で提唱している。

humanitarian intervention 人道的介入。この言葉を聴くと絶対裏に何かあると考えて良い。

Hunt warns that this sort of “support” is only bound to increase as rhetoric of stabilizing Africa makes the dailies, copied directly out of official AFRICOM press releases. Readers of the mainstream media can expect to encounter more frequent usage of terms like “genocide” and “misguided.” He notes that already corporate media decry China’s human rights record and support for Sudan and Zimbabwe while ignoring the ongoing violations of Western corporations engaged in the plunder of natural resources, the pollution other peoples’ homelands, and the “shoring up” of repressive regimes.
In FY 2005 the Trans-Sahara Counter Terrorism Initiative received $16 million; in FY 2006, nearly $31 million. A big increase is expected in 2008, with the administration pushing for $100 million each year for five years. With the passage of AFRICOM and continued promotion of the Global War on Terror, Congressional funding is likely to increase significantly.

 この様な“支援”がもたらす物は各新聞の紙面を飾る、公式アフリカン司令部のプレスリリースから其のまま書き写された、アフリカの安定化と言う美辞麗句である。一般の主流各メディアを読んでいる人は“計画的少数民族大量虐殺”や“思い違いをしている”などと言う語句の今迄よりもっと頻繁な使い方に出くわす事になる。企業メディア(企業によって経営されている利益追求が目的の報道機関。つまり殆どのラジオ、テレビニュース、新聞の事。)は既に中国の人道主義に対する記録、やスーダンとジンバブエに対する援助を非難している。一方で彼等は西欧企業の加担している今引き続き行われている天然資源略奪、人々の故郷の汚染、そして圧政的政府に“つっかい棒をする”(援助)等の、違法行為は無視している。財政年度2005年、トランスサハラ反テロリズムイニシアチブは1千6百万ドル支給され,財政年度2006年には3千百万ドルとなった。予算の大きな増加は2008年に期待されている、其れは政権が毎年1億万ドル5年間を支持しているからだ。アフリカン司令部の(議会での)通過と引き続き援助しているテロリズムに対する国際的戦争、議会の資金支出はかなりの額に増えるだろう。

In the end, regardless of whether it’s US or Chinese domination over Africa, the blood spilled will be African. Hunt concludes, “It does not require a crystal ball or great imagination to realize what the increased militarization of the continent through AFRICOM will bring to the peoples of Africa.”

 最終的に、合衆国、中国どちらの国が支配権を取ろうとも流される血はアフリカの人々の血だ。“アフリカン司令部を通しての大陸の軍事化がアフリカの人々に何をもたらすか気が付く為には、クリスタルボール(占いの水晶球)や素晴らしい想像力は必要ではない。”とハンッ氏は締め括った。

ejnews:下記はこの記事のソースインフォメーションです。プロジェクトセンサードと言うサイトです。
メインストリームメディアによって自主的に検閲されてニュースとして現れないニュースと言う事です。25種類のアメリカのニュースメディアで取り上げられない主題が取り上げられています。時間があればヴィジット(訪問)してみてください。此処に訳した部分は記事の前半で、後半は著者のアップデートです。時間があれば後で訳して此処に加えます。

© 2008 Project Censored - Sonoma State University
1801 East Cotati Ave., Rohnert Park, CA 94928 • (707) 664-2500 • censored@sonoma.edu
http://www.projectcensored.org/top-stories/category/y-2008/

ejnews: フィリピンも米軍基地を追い出したし,アフリカはこの記事の様に大反対しています。日本に多い米軍基地、貴方ならどう考えますか? 

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
ブログランキング

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

養鶏用飼料に砒素!発癌の可能性!?

Chicken feed additive may pose danger
養鶏用飼料添加物は危険かもしれない。

Thursday, February 07, 2008
By Don Hopey, Pittsburgh Post-Gazetteピッツバーグポスト-ガゼット


A chicken feed additive containing arsenic and used to produce pinker, healthier, bigger-breasted birds could cause human disease, according to a study headed by a Duquesne University researcher.

 デュケンスン大学の研究員の主導により行われた研究によると、より健康そうなピンク色の、そして大きな胸肉の鶏を育てるために使われている砒素を含む養鶏用飼料添加物は人間に病気を起こす可能性あると言う。

The study is the first to link a human health risk to the feed additive that has been widely used since the 1960s by commercial chicken producers to control intestinal parasites, reduce stress, stimulate growth and improve the color of chicken meat.

 これは初めて人間の健康への影響と、腸内の寄生虫駆除、ストレス解消、成長助長、鶏肉の色の改善などの為に1960年代から養鶏企業で広く使用されている飼料添加物の関連を示す研究となる。

Dr. Partha Basu, the study's lead author and associate professor in Duquesne's Department of Chemistry and Biochemistry, said laboratory analysis reveals that the antibiotic arsenic compound roxarsone, which promotes the growth of blood vessels in chickens to produce pinker meat, does the same in human cell lines -- a critical first step in many human diseases, including cancer.

 デュケスン大学、化学と生物化学部の助教授でこの研究の首席著者であるパルサバス博士は実験室での分析で 抗生物質砒素化合物roxarsoneは鶏の血管の成長を助けてピンク色の強い肉を造り出す.同じ事を人間の細胞でもする。癌も含めて重要な病気の始まる第一段階である。

"This is a significant finding as it relates to potential human health effects from roxarsone," said Dr. Basu, who worked on the study with scientists from Thermo Fisher Scientific laboratories and the University of Pittsburgh's Department of Environmental and Occupational Health.

 Thermo Fisherセルモ フィシャー科学研究所とピッツバーグ大学の環境学部と労働衛生学部の科学者達とこの研究に参加した、バス博士は『これはRoxasoneが人間の健康に影響を与える可能性があると言う事に関しての重要な発見だ。』と述べている。

"We wanted to test if roxarsone, which increases pigmentation by forming more blood vessels in chickens, does the same in humans and the answer is yes," Dr. Basu said. "It's a process called angiogenesis, a common growth process, but also one that occurs in many diseases and cancers."

 『我々は、鶏の血管を増やし体内の色素を増加させるRoxsoneが、人体にも同様の影響を及ぼすのかテストして見たかったのだ。そして、その答は“Yes”だった。』そして、バス博士は『その過程はAngiogenesisアンジオジェネシスと呼ばれる、普通の成長過程なのだが、然し、他の多くの病気や癌にも現れる。』と述べた。

Results of the study have been published in Environmental Health Perspectives, an online journal of the National Institute of Environmental Health Sciences, which supported the study.

 研究の結果は環境ヘルス パースペクティブ誌に発表された。この研究を援助したナショナル インスティテュート オブ 環境健康科学のオンラインジャーナルである。

Although the effect of roxarsone on those who eat chicken is still undetermined, Dr. Basu said, chicken-farm workers are likely at risk because they could inhale dust containing arsenic from feed and waste. In addition, those who work with or use commercial fertilizers containing waste from chickens that were fed the arsenic additive could also be exposed by breathing the dust.

 鶏肉を食べた人へのRoxarsoneの影響は未だ解明されていないもののバス博士は“養鶏場の従業者は飼料や排泄物からの砒素を呼吸する可能性があるので、彼等は恐らく危険な状態に置かれている。それに加えて、添加された砒素を与えられた鶏からの排泄物を含む肥料と働く人々や肥料を使う人達も粉塵を吸い込む事で危険な状態に曝されている。”と述べた。

The National Chicken Council, a Washington, D.C.-based trade organization for the poultry industry, wasn't aware of the study but maintained that roxarsone is safe and is approved by the Food and Drug Administration.

 The National Chicken Council,(全国養鶏評議会)ワシントンD.C.に拠点を置く養鶏業者のトレード オーガニゼーション。はこの研究に付いては気が付いていなかったが、Roxarsoneは安全で食品薬品局(FDA)から認可されていると主張していた。

"The study is based on lab tests. There's nothing epidemiological about it," said Richard Lobb, a spokesman for the council, who emphasized that the study is not based on reports of actual illnesses. "It will need to be repeated and confirmed by other researchers."

 “研究は実験室のテストに基づいている。全く疫学的(な研究)ではない。”と評議会のスポークスマン,リチャード ロブは述べている。彼はこの研究は実際の病気を基にした物ではないと強調している。そして“研究結果は他の研究者に繰り返され確認されなければならない。”と続けた。

Alpharma Inc., the global specialty pharmaceutical company that makes roxarsone, declined comment.

 Roxarsoneを製造する、国際的な特別な薬品を特色とする製薬会社、アルファーマ インクAlpharma Inc.はコメントを控えた。

U.S. chicken producers use a total of 2.2 million pounds of roxarsone each year. About 70 percent of the 9 billion fryer chickens grown annually nationwide eat feed containing the additive, which also is used in turkey and pig feed.

 米国の養鶏業者は毎年2百20万ポンドのRoxarsoneを使用する。90億羽のフライヤーチキンの約70%が、毎年全国で七面鳥や豚の飼料としても使われている(砒素)添加物を含んだ飼料を食べて育っている。

More than 95 percent of the roxarsone fed to chickens is excreted unchanged in chicken waste, which is regularly applied as fertilizer on surrounding farm fields or used in commercial fertilizers. The arsenic from those applications could leach into surface and ground water supplies.  
  
 鶏に与えられた95%以上のRoxarsoneは変化せず排泄物として排泄され、それは肥料として養鶏場を取り巻いている地域の農園に使用されている。若しくは肥料として販売されている。この様な(砒素の)応用からは砒素が地上、地下水に流入する可能性がある。

The new study is a follow-up to one released by Dr. Basu and other Duquesne University researchers last March that found the organic arsenic feed additive is chemically transformed into inorganic arsenic, a known carcinogen, much more quickly than previously thought.

 バス博士の発表した研究の後を追った、他のデュケンスン大学の研究者の新しい研究では去年の3月、飼料添加物の砒素は、過去に考えられていたよりももっと早く、化学的に発癌物質として知られている無機砒素に変化する事を発見した。

Arsenic occurs naturally in the environment, but industrial discharges by coal-burning power plants, industries and some mining operations are closely regulated. Its use in pesticides and as a wood preservative has been banned due to health concerns and the difficulty in removing it from the environment.

 砒素は環境に自然に発生するが、工場や石炭発電所の工業排出物、そして鉱山経営などは厳しく規制されている。砒素は殺虫剤、木材保存剤としては人体への影響に対する心配や環境からの除去の困難さが理由で使用禁止となっている。

Chronic exposure to inorganic arsenic is known to cause cancer and has been linked to heart disease, diabetes and declines in brain functions.

 無機砒素の人体への長期汚染は発癌の原因として知られていて、心臓病、糖尿病、脳機能の低下等とも関係付けられている。

Other studies have found the arsenic feed additive in dust inside rural homes near chicken farms and in ground water.

 他の研究では砒素飼料添加物は養鶏場の近くの田舎の家屋内部や地下水の中に含まれる事が発見されている。

The study doesn't focus on the risks of eating chickens that were fed roxarsone, but Dr. Basu said there are reasons to be cautious.

 研究はRoxarsoneを与えられた鶏を食べる事の危険について焦点を合わしてはいないが、バス博士は気をつける理由があると述べている。

"A 2006 University of Minnesota study bought fast food chicken in California and Minnesota and found high levels of arsenic," Dr. Basu said. "It's hard to say which chicken product might contain arsenic, but if it does, one should be careful. But not all of them do."

 “2006年ミネソタ大学の研究でカリフォルニアとミネソタで買われたファーストフードの鶏肉の中に大量の砒素が発見された。”とバス博士は述べ“どの鶏肉製品が砒素を含んでいる可能性があるのかに付いて言うのは難しいが、若し含んでいるのなら、気を付けなければならない。然し全ての鶏肉製品が砒素を含んでいる訳では無い。”

The European Union declared the use of roxarsone undesirable in 1999, and its members no longer use it.

 欧州共同体は1999年にRoxarsoneの使用は望ましくないと宣言し、加盟各国は既に使用を中止している。

Scott Sechler, Pennsylvania's biggest chicken producer, sells a million birds a week and doesn't use roxarsone or any other arsenic additive. He markets his birds under the Farmers Pride and Bell & Evans labels, carried in Western Pennsylvania by Whole Foods and Giant Eagle.

 スコット シーラー、ペンシルバニアの最も規模の大きい養鶏業者で毎週100万の鶏を販売している。彼はRoxarsoneを,若しくは他の砒素添加物を使わない。彼の鶏はファーマーズプライド若しくはベル&エバンズと言うレイベルで、西部ペンシルヴァニア州のホールフーヅスやジャイアントイーグルで販売されている。

Tyson Foods, the nation's second biggest chicken producer stopped using arsenic additives in July 2004, and Perdue Farms, the nation's fifth biggest, stopped in April 2007.

 タイソン フーヅス、国内2番目に大きい養鶏企業は2004年7月に砒素添加物の使用を中止している。国内5番目に大きいペルデゥー ファームスも2007年4月に使用中止にしている。

"We just found we didn't need to use it any more," said Julie DeYoung, a Perdue spokeswoman. "We're relying on improved management programs to keep our birds healthy."

 “ 我々はもうそれを使用する必要が無い。”ペルデゥー ファームスのスポークスマン、 ジュリー デヤングは述べ“我々は改善されたマネージメント プログラムで鶏を健康に保っている”と続けた。

Don Hopey can be reached at dhopey@post-gazette.com or 412-263-1983.
First published on February 7, 2008 at 12:00 am

Ejnews: GEシュガー、皮下に発生する化学繊維、砒素arsenic。楽しい話題が続きます。アメリカでチキンを食べるときはオーガニックを食べましょう。(チキン、ポーク、ビーフ全ての肉類は気をつけて下さい。もう一度2008,2月23日のアメリカの家畜飼料の記事読み返して下さい。)ところで、日本にはアメリカの鶏肉輸出されていますか?この記事に出てくるタイソンフーヅス(タイソン食品?と言う訳ですかね。)ですが余り評判の芳しくない企業なのです。色々とニュースで見かけます。だから彼らが砒素を使ってないと言っても、何か別の怪しげな事をしているのではないかと勘繰ってしまいます。アメリカでは鶏の胸肉はコレステロールが少ないと信じられて女性に盛んに食べられていますが、アメリカのオーガニックで無い鶏の胸肉は牛肉よりもコレステロールが多いそうです。余談ですが、コレステロールが多い食品を食べたからと言ってコレステロールの問題が起こる訳ではないそうです。殆どの方が御存知だと思いますが、俗に言われるコレステロールの問題はマーガリン、ショートニングを食べる事によっての危険性が遥かに大きいのです。未だマーガリン、ショートニングを使っている人は早速ゴミ箱に捨ててしまいましょう!若し長い時間を掛けて動脈硬化等で、自殺を計画しているのなら別の話ですが。
ところで、日本の養鶏用飼料にはまさか砒素は許可されていませんよね!?中国ではどうなっているのでしょう?

Good Luck and Sweet Dreams !
ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

皮下にプラスチック線維増殖!?GE食物!?Morgellons!?

Morgellons Disease May Be Linked to Genetically Modified Food
モゲロン病は遺伝子組み換え食物と関係があるかも知れない。


by Barbara L. Minton  バーバラ ミントン著 


(NaturalNews) The Centers for Disease Control (CDC) has given care giant Kaiser Permanente over $300,000 to test and interview 150 to 500 patients suffering from Morgellons Disease. The study will be done in northern California where many Morgellons patients live.

(ナチュラル ニュース)ザ センター フォー ディジーズ コントロール(CDC)(病気の流行などを抑制する事が目的のセンター)は巨大医療機関カイザーパーマネンテに150人~500人のモルジェロンズ病に苦しんでいる患者にインタヴューし研究調査する為に30万ドル補助した。研究はモゲロンズ患者の多い北カリフォルニアで実施される。

Prior to this news, people had written off the disease as a hoax or the result of hypochondria. But recent evidence suggests that the disease is indeed real, and may be related to genetically modified (GM) food.

 このニュース以前には,人々はこの病気を仮病とか異常な清潔癖の為だと科と言って無視して来た。然し、最近の証拠によると、病気は確かに存在し、遺伝子組み換え食物に関係がある可能性が示唆されている。

What is Morgellons Disease? モゲロンズ病とは何か?

On August 1, 2007, the CDC issued the following statement regarding Morgellons Disease: “Morgellons is an unexplained and debilitating condition that has emerged as a public health concern. Recently, the CDC has received an increased number of inquiries from the public, health care providers, public health officials, Congress, and the media regarding this condition. Persons who suffer from this condition report a range of coetaneous symptoms including crawling, biting and stinging sensations; granules, threads or black speck-like materials on or beneath the skin; and/or lesions (e.g., rashes or sores) and some sufferers also report systemic manifestations such as fatigue, mental confusion, short term memory loss, joint pain, and changes in vision. Moreover, some who suffer from this condition appear to have substantial morbidity and social dysfunction, which can include decreased work productivity or job loss, total disability, familial estrangement, divorce, loss of child custody, home abandonment, and suicidal ideation.”

2007年、8月1日、CDCはモゲロンズ病に関して以下の声明を発表した。:

 “モゲロンは説明不可能、症状は酷く公衆衛生の問題として問題となり始めた。最近、CDCは市民、医療機関、健康衛生関係の政府機関役員、議会、ニュースメディアよりこの病気に付いての増え続ける質問を受け続けている。この症状に悩む患者は、一様に種々の似通った症状を報告している。其れは、皮膚下に何か虫が這い回っている様な感覚、虫に噛まれている感覚,刺されている感覚、其の外に、何か粒状の物質、線維、黒い粒状の物質等が皮膚下に見出される。 そして、皮膚に現れる、傷、(発疹、触ると痛みを感じる部分)又、他の患者は疲労感、精神的混乱、一時的記憶喪失、関節痛、視覚の変化、等の人体の機能的症状。其の上に、この症状に苦しむ患者の中には高い死亡率や社会関係の困難が見られ、これ等は仕事上の非生産性や失業、完全な身体障害、家族からの疎遠、離婚、これ等の結果として親権を失う事や、(手入れが出来ないため)家の放棄、そして最後には自殺を考えるようになる。”

As of February, 2007, approximately 10,000 families had registered with the Morgellons Research Foundation (MRF) and felt they or a member of their family met criteria for Morgellons as defined by the MRF. Of the U.S. families in the MRF registry, 24% reside in California with geographic clustering in the San Francisco metropolitan areas.

 2007年2月時点では、約1万の家族がモゲロン研究法人(MRF)に登録した、そして彼等、若しくは彼等の家族の誰かがMRFによって示されたモゲロン症の基準に到達していると感じている。(モゲロン症として)MRFに登録しているアメリカの家族の24%はカリフォルニアのサンフランシスコメトロポリタン地域に地理的に集中している。

In New Science magazine, Sept. 15-21 edition, Daniel Elkan describes a patient who for years has been “finding tiny blue, red and black fibers growing from intensely itchy lesions on his skin.” These fibers appear like pliable plastic and can be several millimeters long. Some appear in a zig-zag pattern. These fibers can be as fine as spider silk, yet they are strong enough to distend the skin when pulled.

 ニュー サイエンス マガジン、9月、15-21編集号、ダニエルエルキン に拠ると、患者は長期間に及び小さな青、赤、黒の線維が、耐えられない程の痒さのある傷口に成長している事がが発見されている。そして、この物質は柔軟性のあるプラスチックで数ミリメーターの長さである。幾つかはジグザグのパターンの様に見える。この線維は蜘蛛の糸ほどの直径であるにも拘らず、この線維は引き抜こうとする時皮膚をひっぱて引き伸ばす程強い。

A May 18, 2006 story carried by KGW, a local news channel in Oregon, recounts the story of a family practice doctor experiencing the disease. She reported feeling like bugs were crawling under her skin. “If I fully tell people what has gone on with me medically, they think they’re in the twilight zone,” said Dr. Drottar who woke up with the feeling that fluid was flowing just below her skin. When black or blue hair-like fibers protruded from her skin, she reported thinking she had been exposed to asbestos. “I thought I was having asbestos fibers come out of my skin. I was pulling long, thin, small hair-like fibers that were extremely sharp that could literally pierce through my finger nail.”  

 2006年5月18日、KGWによって報道された、オレゴン州地方ニュースはファミリープラクティス医師の経験したモゲロン症を語っていた。彼女は虫が皮膚の下を這いまわっている感覚を報告している。“若し私が医学的に私に何が起こったかすべて話してしまうと、人々はトワイライトゾーンに迷い込んだ洋に思う事でしょう。”とドロッター医師は語る。彼女は皮膚の直ぐ下を液体が流れている感覚で睡眠から目覚めたのであった。皮膚から黒や青の髪の毛の様な線維が突き出ていた時、彼女は石綿公害を被ったのだと思い報告した。“私は石綿の繊維が皮膚を突き抜けているのだと思った。私は、爪も突き抜けるような長く鋭い細い髪の毛の様な線維を引っ張ていた。”

twilight zone トワイライトゾーン60年代のアメリカのテレビ番組。サイファイと呼ばれる種類の番組。

According to Dr. Drottar, these symptoms were accompanied by severe depression, chronic fatigue and a weakened immune system. This debilitating condition forced her to give up her medical practice.

 ドロッター医師によると、この症状は重度の鬱症状、常習的倦怠感、そして弱まった抗体と共に症状として表れる。この重度の症状は彼女が医師として働く事を諦めさせた。

Effective treatment for Morgellons suffers has been elusive. Doctors have claimed that this type of disease must be caused by a parasite, but even the strongest anti-parasitic medications have not helped. In the past, psychologists have insisted that this was a new version of delusional parasitosis, a form of psychosis in which suffers hold a delusional belief that they are infected by parasites.

 効果的なモゲロン症の治療は未だ見つかっていない。過去に、精神科医はこれは新しい型の寄生虫病妄想だと断言していた。この精神病の患者は彼等が寄生虫に寄生されているとの妄想を信じている。

The Morgellons, GM Link モゲロン、と遺伝子組み換えの関係。

According to the CDC statement, the etiology of Morgellons is unknown, and the medical community has insufficient information to determine whether persons who identify themselves as having the disease have a common cause for their symptoms. In April, 2006, the CDC recommended an epidemiological investigation. It was not until January 16, 2008 that the care grant to Kaiser Permanente was announced.

 CDCの声明によると、モルゲン病の起源は不明、そして医療機関、医学会はモルジェランに罹っていると訴えている患者が何か一般的な病気から原因しているのか見極めるには極僅かの情報量しか持っていない。2006年4月、CDCは伝染病(流行病)の調査を勧告した。然し、(モゲロン医療研究)補助金がカイザーパーマネンテに与えられるのは2008年1月16日まで待たなくてはならなかった。

In the meantime, a research team from Oklahoma State University lead by Dr. Randy Wymore, studied some of the fibers sent to them by Morgellons patients. They discovered that fibers from different people looked remarkably similar to each other and yet seemed to match no common environmental fibers. 

 その間、ランディー ワイモア医師に率いられたオクラホマ州立大学の研究チームは患者から送られた繊維を研究していた。彼等は異なる人々からの線維は驚くほど似通っているが、然し普通の自然の線維とは一致しない事実を発見した。

Ahmed Kilani, a specialist in infectious disease detection, claimed to have broken down two fiber samples and extracted their DNA. He found that they belonged to a fungus.

 アフメッド キラニ、伝染病探知の専門家、彼は2つの線維のサンプルを解析し遺伝子(DNA)を抽出したと宣言している。彼によるとこの遺伝子は茸、菌類に属するとの事である。

In an even more provocative finding, Vitaly Citovsky, Professor of Biochemistry and Cell Biology at Stony Brook University in New York, discovered that the fibers contained the substance Agrobacterium, a genus of gram-negative bacteria capable of genetically transforming not only plants, but also other eukaryotic species, including human cells.

 もっと刺激的な発見はニューヨークのストーニー ブルーク大学の、生物化学、細胞生物学の教授、ビッタリー シトフスキーの発見である。其れによると、この線維は農業用のバクテリアの物質を含んでいて、其れは、遺伝子的に他の植物に変化出来るばかりでなく、人間を含めた他の真核生物種に変化できる、グラム陰性の種に属するバクテリアであると言う発見である。

Anonymous samples were provided to Professor Citovsky by the Morgellons Research Foundation to use in investigating the potential presence of Agrobacterium in biopsies from Morgellons patients. Control reactions included samples provided by healthy donors. Only Morgellons, not healthy subjects, tested positive in these studies.

 モゲロン患者の生体組織検査サンプルの中に農業用バクテリアの存在を調査する為に、匿名のサンプルがモゲロン研究財団より、シトフスキー教授に与えられた。反応検査では正常な個人のサンプルも含まれていた。この反応検査では健康な個人ではなく、モゲロン患者だけが陽性と認知された。

According to a statement issued by Professor Citovsky, this observation does not imply that Agrobacterium causes Morgellons or that Morgellons is indeed an infectious disease. However, it does encourage future studies to determine (1) statistical significance of data, (2) whether Agrobacterium is not only present extracellularly, but also causes genetic transformation of the infected tissues, and (3) whether infection of laboratory animals with Agrobacterium can recreate symptoms of Morgellons.

 シトフスキー教授の声明によれば、この観察は農業用バクテリアがモゲロン病の原因であるとか、モゲロン病は伝染病であるとかは示唆していない。然しながら将来の研究を勧告している。其の勧告とは(1)データの統計上の重要性。(2)農業用バクテリアは細胞外だけに存在しているか如何か。其れだけでなく、感染した細胞組織が遺伝子的変化を起すかどうか。(3)農業用バクテリアに感染した生体実験用の動物がモゲロン病の症状を起すかどうか。この3つである。


Sources: 以下はこの記事のソース。

“Background information on the involvement of the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) in the investigation of Morgellons disease in the U.S.", published by the CDC.

“Skin Disease May Be Linked to GM Food”, Whitley Strieber’s Unknown Country, Oct. 12, 2007.

“Serious Study of Mystery Disease” Whitney Strieber’s Unknown Country, Jan. 31, 2008.

“GMO Disease Epidemics: (10) Bt-cotton Fiber Disease”, Myron Stagman, Ph.D., Portland independent media center

Morgellons Watch, "Clarification from Vitaly Citovsky"
About the author 著者に付いて。
Barbara is a school psychologist, a published author in the area of personal finance, a breast cancer survivor using "alternative" treatments, a born existentialist, and a student of nature and all things natural.

 バーバラは教育精神科医で、個人的ファイナンスについての著書を発表している。乳癌を西洋医学以外の方法で克服し、生まれながらの実存主義者で、そして自然と自然なる物全てから習い続ける個人である。

alternative  既成ではない別の方法。Alternative Medicine オルタネティヴ メディスン  は西洋医学ではない、例えば、漢方、アメリカインディアンの医学、等の事を指すことになります。

existentialist  実存主義者。若者達!知っているかい!サルトル。ハイデッガー。カミュ。!?

Morgellons モゲロン、モジェロン、モーゲロンとか発音されていています。



Ejnews: 母の日は楽しく過ごされましたか? 今日もUP Liftingな話題でした。ハハハ!(up liftingアップリフティン精神を高揚する、)
しかしサン フランシスコは変な事が多いので長く住むのには如何でしょうかねえ?北方のマリン カウンティー(郡)は乳癌の患者が異常に多いとか、(どうして乳癌がマリンカウンティーに集中しているのか、原因は解っていないそうです。)数ヶ月前の事ですが、蚊の発生を抑止する為とか言う理由で殺虫剤を飛行機で散布するとかしないとかしていましたが、サンフランシスコを含めた広い地域です。子供や病人が外に居る訳ですよね!インターネットで全く別の事を調べていて、この事実に遭遇したのです。早速サンフランシスコの知人などにメイルしたところ、返事が『ああ!そう言えば、モントレーとサンフランシスコ間はもう散布してたよ、夏までに何回か散布するんだって。』と言うのです。『政府がする事だから止める訳にもいかないし………….』と言う様な返事でした。そもそも如何して蚊が大発生するのかと言うと、蝙蝠を皆殺しにした事が原因だそうです。(人伝えなので本当かどうか疑問ではありますが。)一時、蝙蝠は狂犬病の菌を持っていると言われていたので、其れが理由だと思いますが。確かに狂犬病は野生の動物には付き物ですが、それでも皆殺しにすると言う所が何とも言えず狂気染みていますよね。
 其の他にも、Contrailコントレイル(Condensation Trailコンデンセイショントレイルの略。)と言って、政府が化学物質を飛行機で散布して人体実験、天気のコントーロール等を秘密裏に行っているのでは無いかと言う噂が絶えません。此れはサンフランシスコに限った訳ではありませんが、兎に角、サンフランシスコは色々ある所です。
 若し、contrailコントレイル 若しくはChemical trailケミカル トレイルに興味が有る御方は
www.carnicom.com/contrail.htmでグーグルしてみて下さい。Aerosol Operation Crimes &Cover-Up.というサイトです。
此れはコンスパイラシー セオリーconspiracy theoryの域を出ていない感じですがアメリカは中央情報局、軍部、ホームランドセキュリティー、過去に遡ればトスキギ梅毒人体実験(Tuskegee Syphilis Experiment)、プロジェクトMKウルトラProject MKULTRA、等々と秘密の多い国ですから,        フーム!?………………………?と言った感じです。 では!

Good Luck and Sweet Dreams !


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!

ALERT: Genetically Engineered Candy for Mothers Day
警告:遺伝子組み換えキャンディーを母の日に!


This Mothers Day may be the last time you can buy mainstream candy for Mom on Mothers Day that isn't made from genetically engineered (GE) sugar.

(scroll to the bottom of this page to take action)

 今回の母の日が、遺伝子組み換え砂糖を使ったキャンディーではない普通のキャンディーを、お母さんに買う最後の母の日になるかもしれない。

(このページの一番下までスクロールして、行動しよう!)
意味はこのページの下までスクロール(巻くと言う意味)すると反対運動に参加出来る欄があるという事です。此処では省きました。

Genetically engineered “遺伝子的に技術処理された”と言う様な直訳になりますが、遺伝子組み換えの事です。略してGE。

Background Information:

American Crystal, a large Wyoming-based sugar company and several other leading U.S. sugar providers have announced they will be sourcing their sugar from genetically engineered (GE) sugar beets beginning this year and arriving in stores in 2008. Like GE corn and GE soy, products containing GE sugar will not be labeled as such.

バック グラウンド インフォメーション:

 アメリカのワイオミングに拠点を持つ大砂糖会社“クリスタル”を含む幾つかの主要砂糖供給会社は『今年から遺伝子組み換えシュガービーツを砂糖の供給源にし始め、製品は2008年に店頭に並ぶ。』と発表した。GEコーンやGE大豆の様に、GEシュガーを含む製品には(GE植物が使用されていると)その様にラベルに表示される事は無い。

Since half of the granulated sugar in the U.S. comes from sugar beets, a move towards biotech beets marks a dramatic alteration of the U.S. food supply. These sugars, along with GE corn and soy, are found in many conventional food products, so consumers will be exposed to genetically engineered ingredients in just about every non-organic multiple-ingredient product they purchase.

 合衆国のグラニュー糖の半分がシュガービーツが原料と言う訳だから、バイオテックビーツに向けての転換は合衆国の食品供給に劇的な変更を示す事になる。これ等の砂糖は、GEコーン、大豆と同様一般の食品の中に見出される。とっ言う事で、消費者は殆ど全部のノン オーガニックで、複数の原材料で製造されている製品に使用されている、遺伝子組み換えで作られた材料に曝されると言う事になる。

The GE sugar beet is designed to withstand strong doses of Monsanto's controversial broad spectrum Roundup herbicide. Studies indicate farmers planting "Roundup Ready" corn and soy spray large amounts of the herbicide, contaminating both soil and water. Farmers planting GE sugar beets are told they may be able to apply the herbicide up to five times per year. Sugar beets are grown on 1.4 million acres by 12,000 farmers in the U.S. from Oregon to Minnesota.

 GEシュガービーツは、多種多様の議論の種になっているラウンドアップと言う除草剤の、大量散布に耐え凌げる様にデザインされて作られている。調査研究によると“ラウンドアップレディー”コーン、大豆を栽培している農家は大量の除草剤(ラウンドアップ)を散布し、土壌と水を汚染していると言う事だ。GEビーツを栽培している農家は年間5回まで除草剤(ラウンドアップ)を散布する事が出来るだろうと指導されている。シュガービーツはオレゴンからミネソタまで1万2千の農家によって1千4百万エーカー栽培されている。

Meanwhile candy companies like Hershey's are urging farmers not to plant GE sugar beets, noting that consumer surveys suggest resistance to the product. In addition the European Union has not approved GE sugar beets for human consumption.

 一方、ハーシーの様な菓子会社は、消費者調査の結果として消費者の製品の対する抵抗を理由に、GEビーツを栽培しない様にと農家に勧めている。それに加えて、ヨーロピア ンユニオンは人間に対するGEビーツの使用を承認していない。

Organic Consumers Associationオーガニック コンスーマーズ アソシエーションのサイトの記事より。


Ejnews: アメリカでは有機農耕で真面目にヒッピーの時代から頑張っていられる人々や、有機農耕を大規模に経営している農家と様々です。オーガニックの消費は増加していて、あのウォールマートでもオーガニックの食品を売っている位です。(勿論、私はウォールマートなんか行く事もないし、あそこのオーガニックは全くの眉唾物だと思います。)問題はモンサントMONSANTOの様なアグロビジネスが政府に影響力を持ち過ぎていて問題です。モンサントは日本でも悪名が高いと思いますが、又、何時かモンサントの記事を訳してみます。甘味料のサッカリン、ニュートラ スイート、ヴェトナム戦争時代に使われた枯葉剤エージェント オレンジ(Agent Orange) ,PCB, 人工牛成長ホルモンBST、遺伝子組み換え農作物、そして、其の遺伝子組み換え農作物に使う除草剤ラウンドアップ(Roundup) etc,一寸恐ろしい企業です。
 問題は砂糖ですから色んな物に添加されているでしょう!本当に気を配ってショッピングしないといけない世の中になりました。
 ではそう言う事で、母の日、お母さんに遺伝子組み換えの御菓子プレゼントしない様に!

Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
ブログランキング

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

太平洋で我々が捨てた大量のプラスチック塵が渦巻いている!

3.5 Million Tons of Plastic Debris Now Floating in the Pacific
現在3百50万トンプのラスチックの塵が太平洋に浮いている。


by David Gutierrez  デイヴィッド グチアレスによる記事。

(NaturalNews) A mass of plastic debris twice the size of Texas is still growing in the Pacific Ocean, fueled primarily by plastic trash generated on the land. The Great Pacific Garbage Patch consists of 3.5 million tons of trash, 80 percent of it plastic, floating in a rarely-traveled portion of the Pacific Ocean between Hawaii and San Francisco.

元々陸地で発生した主にプラスチック塵が、テキサス州の2倍の広さのプラスチック塵の塊になって太平洋で未だに大きくなっている。80%がプラスチックの3百50万トンに及ぶ偉大なる太平洋のゴミ捨て場は、殆ど船の航行の無いハワイとサンフランシスコの間の太平洋に浮かんでいる。


"With the winds blowing in and the currents in the gyre going circular, it's the perfect environment for trapping," said Marcus Eriksen, director of research and education at the Algalita Marine Research Foundation in Long Beach, Calif. "There's nothing we can do about it now, except do no more harm."

“風が吹き込んでいて、還流する海流が渦巻いている。罠の為に完璧な条件だ”とカリフォルニア州、ロングビーチのアルガリタ海洋研究所、研究教育部のダイレクターのマーカスエリクセン氏は言う。“これ以上汚染を広げない様にする努力以外、今はもう改善の為の何の手段も無い。”と彼は続けた。

According to Chris Parry, public education program manager for the California Coastal Commission in San Francisco, the garbage patch has been growing tenfold every decade since the 1950s. This corresponds with an equivalent increase in worldwide ocean debris.

クリスパリーの報告では、サンフランシスコのカリフォルニア沿岸機構の公共教育プログラムマネージャーの情報によると、太平洋のゴミ捨て場は1950年代から、10年毎に10倍になっているとの事だ。この情報は世界規模で増え続ける海洋塵との情報と一致している。

The debris is highly dangerous to ocean life. Birds and marine animals may injure themselves by swallowing hard, indigestible shards of plastic. Animals like sea turtles, which mistake plastic bags for jellyfish, may also eat plastic that is less immediately harmful but just as fatal in the long term.

この塵は海洋生物にとって非常に危険である。鳥や海洋性哺乳動物は硬質の消化できないプラスチックの破片を呑み込んで彼等自身を傷つけるかもしれない。海亀の様な生物はプラスチックバッグ(ビニール袋)を水母と勘違いし食べてしまうかもしれない。此れは直ぐに害になる訳ではないが長期的には同じ様に致死的である。

"These animals die because the plastic eventually fills their stomachs," said Warner Chabot, vice president of the Ocean Conservancy. "It doesn't pass, and they literally starve to death."

“これ等の(ビニールを食べた)動物はビニールでお腹が一杯になって結局は死んでしまう。”と海洋保護機関の副主席であるワーナーチャボトは言う。“(プラスチックバッグは)消化器官を通り過ぎる事が出来ないので(動物達は)文字通り餓死するのです。”

Plastic, which is synthesized from petroleum, can persist for decades before beginning to degrade, making it nearly impossible to get rid of once it is produced.

プラスチック、其れは原油から人工的に製造され、劣化する前に何十年も環境に存在し浮遊する。一度製造されると(環境からの)除去は殆ど不可能である。

Parry and Chabot agree that the best way to keep the Great Pacific Garbage Patch from growing is to reduce production of plastic waste and use fewer plastic products at the consumer level as well.

パリーとチャボットは太平洋の塵畑が大きくなるのを防ぐには、プラスチックの製造を縮小し、消費者段階でプラスチックの消費を縮減する事だと同意している。

"What we can do is ban plastic fast food packaging," Chabot said, "or require the substitution of biodegradable materials, increase recycling programs and improve enforcement of litter laws."

チャボットは“我々の出来る事はファースト フードのプラスチックパックを禁止する事だ。”そして“若しくは、代替素材としてバイオディグレイタブルな素材使用を義務付ける事、リサイクリングプログラムの拡大、そして塵廃棄に付いての法律(街角、海岸などでのポイ捨ての事)の強化だ”と述べた。

litter laws ポイ捨て法律  アメリカでは至る所でこの法律があります。若し見つかると罰金刑です。でも罰金を払うのが嫌だからではなく、この地球と言う惑星で共同生活する他の仲間達の事を考えてポイ捨ては止めましょう!そして買い物に行く時は自分のショッピングバッグを持っていきましょう!私は何時もそうしています。レジスターで良く“有難う”と言われます。

NaturalNews.com  このサイトからの記事、英語が読める人はこのサイトを見て下さい。色々な環境、健康に付いてのニュースが読めます。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

若しアメリカに長期滞在、赴任、留学等の羽目に陥った時に、絶対知っていなくてはならない事。その1:

若しアメリカに長期滞在、赴任、留学等の羽目に陥った時に、絶対知っていなくてはならない事。その1:
今日は忙しくって翻訳する時間が無かったので申し訳ありません。

 日本でお馴染みではないかも知れませんが、アメリカの水道水は絶対に飲料水、炊事には使わない事。理由は、フッ素(Fluoride)が添加されているからです。フッ素は元々原子爆弾製造過程の副産物で、猛毒物質です。マンハッタン プロジェクト聞いた事があるでしょう!そうです、第二次世界大戦中原子爆弾を開発する為に国家総力を挙げて進めたプロジェクトです。其の、最初の犠牲者が、日本の広島、長崎の住民でした。でもそれ以前に、原子爆弾開発の犠牲になっていた人々がいるのです。其れは、マンハッタン プロジェクトの為に働いた工場労働者達でした。ウラニウムの抽出には大量のフッ素が必要で其の為に当事、世界で一番大きい工業建築物を建造しフッ素を生産したのですが、問題は工業フッ素は肺、リンパ腺に多大な悪影響を与えるのです。この工場で働いた労働者は勿論、公害を被った訳ですが、米政府は、研究の結果を握り潰してしまったのです。公害訴訟の賠償金が莫大な金額に上るからです。其の上、若し問題が明るみに出た場合に備えてフッ素を“子供の歯の健康の為だと偽って水道水に添加すると言う企みでした。(fluoridation“フッ素添加”この単語を見ると恐怖心を憶えて下さい!)健康に良いのなら批判的な意見も押し留められると言う計算です。成功したかって!?勿論、しました。今アメリカの殆どの水道水はフッ素が添加されています。最近のニュースでは,老人の骨折の原因は水道水に添加されているフッ素が原因の可能性がある。とか、その他の癌の原因だとか色々です。そもそも、この工業副産物であるフッ素は鼠を殺す劇薬としてしか認められていなかったのです。現在のフッ素はアルミの生産過程での副産物です。アメリカでも50年代からフッ素の水道水添加反対運動があるのですが、政府のプロパガンダマシーンに対してなかなか効果的ではないようです。然し、少ないながらも幾つかの地方政府がフッ素の水道水添加を中止しているそうです。兎に角、フッ素は猛毒です。フッ素入り練り歯磨き等は絶対に使用しない様に!
 アメリカでの水道水利用の原則は信用出来る会社のフィルターを使って水道水を濾過して使う事です。

 以下は、アメリカでも最も尊敬されているジャーナリストの一人、AMY GOODMAN:エイミー グッドマンのDemocracy Now “デモクラシーナウ”フッ素に付いてのCHRISTOPHER BRYSON クリストファー ブリソンとのインタヴューです。
 Democracy Nowデモクラシー ナウはラジオ、テレビニュース番組でインターネットでも聞けます。世界の民主主義を、そして平和を守る為にもDemocracy Nowを聞いて下さい!
 彼女、エイミーグッドマンは何冊か本も書いています。(日本語に翻訳されているのかな?)
 Christopher Bryson は“The fluoride Deception ”(フッ素の嘘)の著者です。

The Fluoride Deception: How a Nuclear Waste Byproduct Made Its Way Into the Nation’s Drinking Water

Journalist Christopher Bryson claims in his new book “The Fluoride Deception” that the post-war campaign to fluoridate drinking water was less a public health innovation than a public relations ploy sponsored by industrial users of fluoride–including the government’s nuclear weapons program
Hailed as a harmless chemical that would prevent tooth decay, new evidence shows how fluoride could be linked to serious health problems.
Fluoridation was first advanced in the US at the end of the second World War. Proponents argued that fluoride in water and toothpaste would help to protect teeth and prevent decay. Over the following decades, fluoride was added to public water supplies across the country.
While the benefits of fluoridation have been held to be unquestionable, accumulating evidence points to a frightening prospect: that fluoride may have serious adverse health effects, including infant mortality, congenital defects and IQ.
Now a new book, titled “The Fluoride Deception” by Christopher Bryson examines the background of the fluoridation debate. According to Bryson, research challenging fluoride’s safety was either suppressed or not conducted in the first place. He says fluoridation is a triumph not of medical science but of US government spin.
· Christopher Bryson, has reported science news stories for many media outlets including the BBC, Christian Science Monitor and the Discovery Channel. He was part of an investigative team at Public Television that won a George Polk Award for “The Kwitny Report.”
AMY GOODMAN: Today we will talk about this new book “The Fluoride Deception” by Christopher Bryson. It looks at the background of the fluoride debate. According to Chris, research search changing fluoride safety was either suppressed or not conducted in the first place. He says it is a triumph not of medical science, but of U.S. Government spin. He joins us in the studio. Welcome to Democracy Now!
CHRISTOPHER BRYSON: Thank you for having me.
AMY GOODMAN: Can you just give us the history? Is it all over this country and why is it there?
CHRISTOPHER BRYSON: It’s in about two thirds of the water supply in the united states. However, the united states is virtually alone in the addition of fluoride to its water supplies and 98% of western Europe, for example, don’t add fluoride to the water supplies in many communities. Country there is who have fluoride in the water have taken it out. The theory behind fluoride is that the addition of fluorides to water supplies will give you less cavities in your mouth. And that’s been the prevailing wisdom of the public health establishment since 1950 when they signed off on that. My book “The Fluoride Deception,” challenges you or requires you to think of fluoride differently. The book under the secret history of this book is premised on 10 years of investigative work going into the archives of the United States Manhattan Project, going into—
AMY GOODMAN: The making of the atomic bomb.
CHRISTOPHER BRYSON: Yes, the Manhattan Project with the World War II, very secret project to make the atomic bomb. I went to industry archives, a very large, significant industry archive out at the University of Cincinnati and found that the very same health researcher , Dr. Robert Kehoe who headed up the laboratory at the University Of Cincinnati, he spent his entire career telling the United States ‘S public health community that adding lead to gasoline was safe. That’s now being discredited. He was also one of two leading public health scientists saying that adding fluoride to water was safe and good for children. So, that’s the—some of the material that this book gets into.
JUAN GONZALEZ: The common understanding that many of us have in this country is that there’s been sort of a persistent, anti-fluoridation move independent this country, but it has been considered like the fringes of American society. Could you talk a little bit about how the development of the atomic bomb would involve in the whole fluoride campaign?
CHRISTOPHER BRYSON: Absolutely. Yeah. I mean, that’s—it’s a media swirl, Juan, as the grassroots citizen movement against water fluoridation of t hat fact came into being almost immediately …. the public health service had been against adding fluoride to water for years. In 1950, they did a complete about-face, a flip flop. And the citizens across the country were outraged that this rat poison was going to be added to the water supplies. Today the fluorides that goes in our drinking water is almost exclusively raw industrial pollution from the Florida Phosphate Industry. It’s a waste that’s scrubbed from the smokestacks and trucked in tankers and dumped into reservoirs. That is a raw industrial poison.
AMY GOODMAN: Wait a second. Rat poison?
CHRISTOPHER BRYSON: Yes. Sodium fluoride is used as a rat poison for a long time.
JUAN GONZALEZ: But, again, the connection to the atom bomb.
CHRISTOPHER BRYSON: Sure. Atom bomb. Yeah. Sure. Let me get back to the—in fact, the movement against fluoridation is a precursor to the movement of today. It has many political hues, many different groups, conservatives, liberals, republicans across the board and it was led not by nut cases, but by scientists and doctors with long-established pedigrees safe guarding public health . The leading scientist opposing water fluoridation was a man by the name of Dr. George Waldbott. He warned the United States about the dangers of cigarette smoking and the allergic reaction to penicillin. This is the background. It is not a fringe movement. It is being marginalized by the media and hasn’t been well reported on. My book attempts to address that. The Manhattan Project, I mentioned one leading fluoride researcher, scientist, Robert Kehoe, the second was the name, a fellow a scientist by the name of Dr. Harold Hodge. For most of the Cold War , Dr. Hodge was the leading scientist assuring the nation of the safety and effectiveness of adding fluoride e to water supplies. Dr. Hodge had his public hat, he had his private hat. He was the senior toxicologist for the Manhattan Project to build the world’s first atomic bomb. Fluoride is a key ingredient in industry used for making aluminum. It’s used for making steel. It is used for producing high-octane gasoline, to name a few industries the dental story is a minor story. The real issue is pollution outside these industrial plants and pollution inside the plants. Industries are on the hook for millions and millions of dollars for potential damage for injuries to workers. There’s a medical study commissioned by industry at the University Of Cincinnati . In the 1950’s which shows that fluoride is profoundly injurious to lungs and lymph nodes in experimental animals. That study was buried. The significance of that study, had it been shown to the standard setters, the fluoride that men and women workers in these industrial plants breathe, the threshold levels would have been set much lower. That is a crime. What that means is that tens of thousands of workers in factories have been injured as a result of this suppression of this medical information. Anyway, to return to your question. The Manhattan Project needed fluoride to enrich uranium . That’s how they did it. The biggest industrial building in the world, for a time, was the fluoride gaseous diffusion plant in Tennessee the Manhattan Project and Dr. Hodge as the senior toxicologist for the Manhattan Project, were scared stiff less that workers would realize that the fluoride they were going to be breathing inside these plants was going to injury them and that the Manhattan Project, the key—the key of U.S. Strategic power in the Cold War Era, would be jeopardized because the Manhattan Project and the industrial contractors making the atomic bomb would be facing all these l lawsuits from workers, all these lawsuits from farmers living around these industrial plants and so Harold Hodge assures us that fluoride is safe and good for children. Very hard to get a public doctor, an expert witness in a court to say if it’s good for children. How can it be harmful for workers?
JUAN GONZALEZ: In essence, the uranium and fluoride that was necessary for enriching of the uranium and produced this by-product and obviously this waste of fluoride in my mind it sounds very similar to the issue of depleted uranium , again, being a by-product of the nuclear industry and the need then to sanitize these waste products from our nuclear industry, for the public to get rid of them in other words , right? So, it’s—could you talk a little bit about the role of Edward Bernays, ,the father of propaganda or public relations in America in convincing the public about this?
CHRISTOPHER BRYSON: Yeah. Edward Bernays is a legendary figure in the 20th century. He was Sigmund Freud’s nephew and Bernays, he was married to a feminist and he was very attune to the liberal currents in the 20th century and he was a Machiavellian genius. He is the father of public relations. He understood that you could harness that liberal sentiment for commercial gain and he had women march in 1916, he had Suffragettes march in The 1916 Easter Parade In New York City holding cigarettes as torches of liberty. He was working for the American Tobacco Company and George Hill. He was—so, my book “The Fluoride Deception,” uncovers for the first time correspondence between Bernays and the New York City Health Commissioner, Dr. Leona Baumgartner in which he says that helping out on the fluoride campaign in New York in the early 1960’s interested him because it related to problems of engineering consent. So he was the Wizards of Oz behind the curtain.
AMY GOODMAN: We only have a minute to go. I wanted to ask how fluorides ended up in the water of each community where did the decision get made and how did those debates play out?
CHRISTOPHER BRYSON: The public health service endorsed it in 1950 and by and large, it is not given over to referendum. This is a democracy issue. When it is submitted to the votes, far more often than not, voters give it the thumbs down. Mostly it is by fiat or dictate. In New York City, for example r it was the board of estimates that signed up for it, that gave it the green light. So, that’s—
AMY GOODMAN: Where does it come from?
CHRISTOPHER BRYSON: Fluoride?
AMY GOODMAN: Where do they ship it in from? Do they have to dump it on a regular basis in the reservoirs?
CHRISTOPHER BRYSON: Yeah the fluoride comes up—we were talking about 9/11. Since 9/11, there has been a lot of concern about the safety of these fluoride tankers. So toxic are the contents of the fluoride tankers coming from the Florida Phosphate Industry to New York City or all over the country that there is a fear that the tankers high jacked.
AMY GOODMAN: Christopher Bryson, we have to leave it there. Author of “The Fluoride Deception.” This is Democracy Now!


 英語日本語ニュースにコメントされた方,又訪問して下さった方有難うございます。御存知の様にこのブログは情報拡散の為のブログで経済的利益は皆無です。唯、日本人で何も知らずにアメリカに長期滞在される方々や、政治的に日本はアメリカからそれ程影響を受けていないと思っていられる方、アメリカの輸入品を日本で購買される方にはとてもinformativeなブログです。今後とも宜しく御願いします。そして、若しこのブログの情報が誰かの為になるのなら、是非"日本語英語ニュース”を訪れるように勧めて下さい。では今日は此れで。
Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

女性の皆さん!殺虫剤、化学物質、は乳癌に関係しているよ!

Wake-up call: pesticides, chemicals linked to breast cancer
ウエイク-アップ コール!殺虫剤、化学物質、は乳癌に関係している!

April 2, 2008

The rising toll of breast cancer can only be cut by reducing exposure to hormone-disrupting man-made chemicals, a new report warns.
  
 “増加している乳癌の犠牲者を減少させるには、内分泌機能に障害を与える人工化学物質汚染を減少させるしか方法は無い”と新しいリポートは警告している。

Toll 料金、代価、犠牲 Reduce 減少させる、少なくする 
Disrupt 邪魔をする、 Man-made 人工の   warn 警告する


The incidence of the disease has dramatically risen across Europe in the last 20 years - by more than 50% in some countries and even doubling in others, according to recent World Health Organisation figures. About one in 10 women will develop the disease.

 世界健康機構の計算によると、ヨーロッパ全土で、乳癌の患者数はこの20年間驚くべき程増加している。ある国では50%以上の増加、又別の国では倍加してもいる。約10人に1人の割で乳癌を発病する訳である。

figure数字、形、


The head of toxicology at the University of London’s School of Pharmacy, Professor Andreas Kortenkamp, says one answer is to cut the use of a range of chemicals which can interfere with the human hormone system.

 ロンドン大学薬学部毒学科の主任、アンドレス コルテンカンプ教授は“答の一つは、人間のホルモン システムに影響を与える種々の化学物質の使用を抑える事だ。”と言っている。

Pharmacy 薬局、薬学

After years of research analysis, aided by nearly £15 million of EU funding, he concludes: “Good laboratory and epidemiological evidence exists suggesting that man-made chemicals which mimic oestrogen contribute to breast cancer. We will not be able to reduce the risk of breast cancer without addressing preventable causes, particularly exposure to chemicals.”

 EUからの1千5百万ポンドにも及ぶ援助による、長年の研究分析の結果、彼は結論を出した。“人間のエストロゲンの働きを真似する人工化学物質が、乳癌の誘引となっていると言う証拠の存在を、素晴らしい研究所と疫学は示唆している。”

Contribute 寄付する、~協力する、力を貸す。
Preventable 防ぐ事が出来る、prevent防ぐ prevention防止、予防、


Prof Kortenkamp is one of about 200 international scientists who have signed the Prague Declaration, which set out concerns in 2005 about the health risks posed by everyday chemicals, including some pesticides, flame retardants, cosmetic ingredients, pharmaceuticals and natural products such as plant-derived oestrogen’s.

 コルテンカンプ教授は、2005年に殺虫剤、難燃剤、化粧品原材料、医薬品、そして植物性エストロゲン等の自然から作られている商品を含む、日常的な化学物質によって起こされている、健康に対する影響に関しての懸念を表明した“プラグ声明”に署名した約200人の国際的な科学者の一人である。

Ingredient 材料     Pharmaceutical 薬の、


Now his latest assessment - “Breast cancer and exposure to hormonally active chemicals: an appraisal of the scientific evidence” - is being studied by MEPs in Brussels to see how EU legislation can help improve breast cancer prevention.

 今、教授の最新の研究報告---“乳癌、ホルモンに影響を与える化学物質、化学的証拠の評価”----はブリュッセルのMEPによってEUの法律が如何に乳癌を防ぐ事が出来るのか研究されている。

Assessment 評価、    Appraisal 評価,見積もり
Evidence 証拠      Legislation  立法、法律


UK charity CHEM Trust, which jointly commissioned the review, said the report’s publication came at a time when breast cancer was reaching “epidemic” proportions.

 共同で評価の依頼をした英国の慈善団体CHEM Trustケム トラストは、リポートの発表は乳癌が伝染病の流行の様な状態に達しようとしている同時期に当たった。と述べている。

CHEM Trust director Elizabeth Salter Green said: “There is a misconception that breast cancer is an inherited disease and therefore inevitable. This is a quite simply a myth: most cases of breast cancer are acquired over a woman’s lifetime, and so most are preventable.”

 CHEM Trustケム トラスト の理事長エリザベスサルターグリーン女史は『乳癌は遺伝病だから避けられないとの誤解が存在する。これは全くの伝説である。殆どの乳癌は女性の一生の間に得られた物である。と言う事は予防可能と言う事なのです。』と言う。

Misconception 誤解    Inherit 相続する、受け継ぐ、
Inevitable 避けられない、不可避の   Myth 神話
Acquire 手に入れる、獲得する


But she said the evidence of scores of scientific experts about the link between the disease and exposure to chemicals had not yet been taken up in Europe and turned into effective action. She urged MEPs to “wake up to what needs to be done”.

 然し、乳癌と化学物質の人体への影響を関係付ける、数々の科学的専門家による証拠は欧州では未だ採用されていず、効果的な対策に利用されていない。と女史は述べている。女史はMEPsに対して“ボーっとしてないで、成されるべき事について目覚めなければならない。”と勧告している。

Urge (動詞)駆り立てる、しきりに勧める。
    (名詞)衝動。


Genon Jensen, executive director of the Health and Environment Alliance (HEAL), also urged MEPs to tighten existing EU chemical safety regulations, including tougher controls on pesticides and cosmetics ingredients.

 健康と環境同盟(Health Environment Alliance –HEAL--)のエギュゼキュウティヴ ダイレクター。 グリーン ジェンセン氏も、殺虫剤のコントロール、そして化粧品の材料も含めて、EUの化学物質安全の法律を厳しくしないといけない。と薦めている。

Food Democracy  フード デモクラシーと言うニュースサイトより

Ejnews: 残留農薬はパーキンソンも発病させる可能性があるそうです。除草剤、殺虫剤、だけでなく食品の合成着色料、保存料、香料、etc,……..は全て石油から作られていて、これ等の化学物質はやはり体内に入れない方が安全みたいですね。ニュースによれば、特にモンサントのラウンドアップと言う除草剤は遺伝子組み換え農作物に大量に散布されていて、色々な人体への影響が報告されています。現在遺伝子組み換え作物が栽培されていない大陸はアフリカだけで、インド、中国、南米は遺伝子組み換え作物が広範に栽培されていると言う事で、遺伝子組み換え自体からの人体への影響の他に、残留農薬も心配しなければならないので、やはり遺伝子組み換え作物から製造された食品には手をつけない方が安全なのではないでしょうか。アメリカでは政府の食品医薬品局(省?)FDAが企業の太鼓持ちになっていますので、殆ど何も政府の発表する事は信じる事が出来ません。この国では“自分の食べるものは自分で台所でオーガニックの材料で作る。”が一番安全な様です。
 ところで、最近遺伝子組み換え農作物を食べた事が原因ではないかと言う症状の報告が増えてきています。一寸吃驚する様な症状なので,もう少し確かめてニュースを訳してみます。では!今日はこれで!

P.S.英語日本語ニュースを訪れてくださった方々、コメントをして下さった方々ありがとうございます。今後も宜しく御願いします。
 では!
 
Good Luck and Sweet Dreams !

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ
読み終わった後此処をクリックして下さい。宜しく御願いします!

ブログランキング

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

Chet Baker Let's Get Lost! チェット ベイカー レツス ゲツ ロスツ!

Chet Baker - Let's Get Lost lyrics
チェット ベイカー ----レッツス ゲッツ ロスツ。歌詞 

          
"Let’s get lost, lost in each other’s arms
Let’s get lost, let them send out alarms
And though they’ll think us rather rude
Let’s tell the world we’re in that crazy mood.
Let’s defrost in a romantic mist
Let’s get crossed off everybody’s list
To celebrate this night we found each other, mmm, let’s get lost

消えて居なくなろうよ!御互いの腕の中に。
消えて居なくなろうよ!皆に警告しよう、
そして 皆、僕達が少し失礼だって思うかも知れないけど、
世界中に僕達はクレイジー ムードだって!
融けてしまおうよ!ロマンチックな霞の中で。
僕達の名前をの皆のリストから消してしまおう、
僕達が巡り会ったこの夜をお祝いする為に。Mmm、消えて居なくなろうよ!

[horn solo]トランペットソロ [piano solo] ピアノソロ

Let’s defrost in a romantic mist
Let’s get crossed off everybody’s list
To celebrate this night we found each other, mm, let’s get lost
oh oh, let’s get lost"

融けてしまおうよ!ロマンチックな霞の中で。
僕達の名前をの皆のリストから消してしまおう、
僕達が巡り会ったこの夜をお祝いする為に。Mmm、消えて居なくなろうよ!




部分的説明:
2人っきりで御互いが巡り会った事を今夜お祝いする為に、僕達の名前を友達のリストから消してしまおう。(どうやってするかは、“皆にクレイジームードだと警告して”と言うリリックから想像して下さい。例えば一日中公衆の面前でベタベタして顰蹙を買う。とか)
人に夕食、映画等に招待されて2人っきりでいる事を邪魔されない様に”と言う様な意味。
defrostディフロストはジャパングリッシュになっているのかな?冷蔵庫の霜取りにDefrostってあるでしょう。だからLet's defrost in a romantic mistは“ロマンチックな霞の中で抱き合って融け合おう”と言う様な感じです。

ejnews:今日は気が向いたのでチェットベイカーのLet's Get Lost !の歌詞を訳して見ました。詩ですからこの訳し方が正しいと言うのは無いのですが、一応こんな感じです。
 チェット ベイカーと言っても若い人は知らないかなあ?私がアメリカに来た頃は此処でもジャズ好きの人しか知らなかったなあ。 80年代の終りに誰かチェット ベイカーの映画作ってたけど、日本でも公開されたかな?唯、あの悪名高きコーヒーの様な飲み物を売っている“STARBUCKS”と言う所で、チェットベイカーのCDを昔売っていたから、知っている人も多くなったかな?
 聞いた事が無い人は騙されたと思って一度是非聞いて下さい!チェットが歌っている曲じゃないと駄目ですよ!
 しかし、STARBUCKSのコーヒーは不味いね!アメリカ人は此処半世紀以上、本当のコーヒー飲んだ事が無いそうだから、あんな不味い物をコーヒーと思うのは仕方ないのかも知れないけど。アメリカでどうして本当のコーヒーが暫くの間無くなったのかは又別の機会に説明します。
   では!Good Luck and Sweet Dreams !

日本では端午の節句、カリフォルニアではシンコ デ マヨ。

Cinco de Mayo シンコ デ マヨ 5月5日
シンコ デ マヨはスペイン語で"5月5日"と言う意味です。

Cinco de Mayo is a date of great importance for the Mexican and Chicano communities. It marks the victory of the Mexican Army over the French at the Battle of Puebla. Although the Mexican army was eventually defeated, the "Batalla de Puebla" came to represent a symbol of Mexican unity and patriotism. With this victory, Mexico demonstrated to the world that Mexico and all of Latin America were willing to defend themselves of any foreign intervention. Especially those from imperialist states bent on world conquest.

 シンコ デ マヨCinco de mayoはメキシコ人社会とチカノ社会では重要な意味を持つ日です。此れはメキシコ軍がフランス軍をプエブラの戦いで破った日なのです。最終的にはメキシコ軍は敗れたのですが、Batalla de Pueblaはメキシコの統一と愛国心の象徴を代表する物となったのです。
この勝利でメキシコは、メキシコと全てのラテンアメリカは世界制覇の傾向を見せる、特に海外の帝国主義国家に対して自己防衛のために戦う意思表示をして見せたのでした。

chicano チカノ メキシコ系アメリカ人

Cinco de Mayo's history has its roots in the French Occupation of Mexico. The French occupation took shape in the aftermath of the Mexican-American War of 1846-48. With this war, Mexico entered a period of national crisis during the 1850's. Years of not only fighting the Americans but also a Civil War, had left Mexico devastated and bankrupt. On July 17, 1861, President Benito Juarez issued a moratorium in which all foreign debt payments would be suspended for a brief period of two years, with the promise that after this period, payments would resume.

 シンコデマヨの歴史はフランスによるメキシコ支配に起源を持ちます。フランスのメキシコ支配
は1846~1848年のメキシコ-アメリカ戦争の後始まりまり、メキシコは1850年代国家危機の状態に陥りました。この時期はアメリカに対して戦うだけでなく、内乱もメキシコを破壊し破産させてしまい、1861年7月17日、ベニトフアレス大統領は、2年後に支払いは再開されるという約束で、全ての外国に対する責務に付いて2年間の支払猶予期間を発表しました。

The English, Spanish and French refused to allow president Juarez to do this, and instead decided to invade Mexico and get payments by whatever means necessary. The Spanish and English eventually withdrew, but the French refused to leave. Their intention was to create an Empire in Mexico under Napoleon III. Some have argue that the true French occupation was a response to growing American power and to the Monroe Doctrine (America for the Americans). Napoleon III believed that if the United States was allowed to prosper indiscriminately, it would eventually become a power in and of itself.

 英国、スペイン、そしてフランスはフアレス大統領の決定を拒否し、その代わりにメキシコに侵略しどの様な手段を用いても支払いをさせる決断を下しました。スペインと英国は最終的に撤退しましたが、フランスは撤退を拒否しました。フランスの意図はナポレオン3世の下でメキシコの帝国を建国する事でした。ある人々は、フランス統治はアメリカの拡大する勢力、そしてモンロー宣言(アメリカはアメリカの為)に対する反応であると議論していましたが、ナポレオン3世は若しアメリカが制限なしに発展する事を許されたなら、最終的にそれ自身、強力な盛力になると信じていたのです。

In 1862, the French army began its advance. Under General Ignacio Zaragoza, 5,000 ill-equipped Mestizo and Zapotec Indians defeated the French army in what came to be known as the "Batalla de Puebla" on the fifth of May.

 1862年、フランス軍は進軍を始め、5月5日、イグナシオ ザラゴサ将軍以下5000人の兵器もろくに持たないメスティソそして ザポテック インデアン達が、現在“バタリャ デ プエブラ”として知られている戦いで勝利を収めたのです。

Batalla dePuebla バタリャ デ プエブラ  “プエブラの戦い”英語でBattle of Puebla.プエブラ市で戦われたのでこの名が付いた。

In the United States, the "Batalla de Puebla" came to be known as simply "5 de Mayo" and unfortunately, many people wrongly equate it with Mexican Independence which was on September 16, 1810, nearly a fifty year difference. Over, the years Cinco de Mayo has become very commercialized and many people see this holiday as a time for fun and dance. Oddly enough, Cinco de Mayo has become more of Chicano holiday than a Mexican one. Cinco de Mayo is celebrated on a much larger scale here in the United States than it is in Mexico. People of Mexican descent in the United States celebrate this significant day by having parades, mariachi music, folklorico dancing and other types of festive activities.

 アメリカ合衆国では“バタリャ デ プエブラ”は唯、単に“シンコ デ マヨ”として知られるようになりましたが、残念ながら多くの人々は殆ど50年も離れている、1810年9月16日のメキシコ独立記念日と同じだと理解している様です。月日が経つうちにシンコ デ マヨはコマーシャル化され、多くの人々はこの祝日をダンスと楽しく過ごす日と見る様うになりました。不思議な事にシンコデマヨはメキシコの祝日と言うよりもチカノの祝日になってきました。シンコデマヨはアメリカ合衆国での方が本国メキシコよりも大々的にお祝いされています。メキシコ人の子孫達はパレード、マリアッチ音楽、民族ダンスや他の陽気な行事でこの重要な日をお祝いします。


ejnews: と言う事です。 ¡VIva Mexico! ビバ メヒコ!Long live Mexico!メキシコ万歳!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
読んだ後で此処をクリックして下さい。宜しく!

平和に付いて、モンテスキュー

·Charles de Montesquieu
チャールス デ モンテスキュー

私は英語圏に居るので チャールス デ モンテスキューですがフランス語の発音ではシャルル ドゥ モンテスキューがフランス語に近いそうです。


If I knew of something that could serve my nation but would ruin another, I would not propose it to my prince, for I am first a man and only then a Frenchman...because I am necessarily a man, and only accidentally am I French.

· 若し私が我が国を救う何かを知っていたとして、其れが他国を破滅させる様な物なら、私は其れを私の王子には進言しないだろう。第一に人間として唯其の後でフランス人として……….何故なら、私は必然的に人間であって、唯、偶然にフランス人として生まれただけだからだ。

· You have to study a great deal to know a little.
· たったホンの少しの事を知る為に物凄く勉強しなければならない。

Pensées et Fragments Inédits de Montesquieu (1899)

Charles de Montesquieu
チャールス デ モンテスキュー
Charles de Secondat, Baron de Montesquieu (1689-01-18 - 1755-02-10),

known also as Charles de Montesquieu, was a French political thinker who lived during the Enlightenment and is famous for his articulation of the theory of separation of powers.

“権力の分離”と言う思想で有名な、啓蒙時代に生きたフランスの政治思想家、チャールス デ モンテスキューと言う名前で知られている。

Ejnews: 今日は何時もと何の違いも感じられないスモッグで霞んだロスの土曜日、週末だから空気は幾分綺麗だ。久しぶりにジャズでも聞く気になって調べてみると、あの懐かしいリー コニッツLee Konitzがジャズ ベーカリーJazz bakeryで演奏していると言う事ではないか!と言う事で早速聞きに言ってきました。81歳位だと思いますが、何の何の未だ十分サキソフォーン吹けるでは無いですか!然も、あの年季を経た渋い言動、演奏のスタイル、観客との会話もリラックスして、過ぎ去った時代を思い起こさせてくれた貴重な時間でした。ジャズベーカリーは小さな会場で多くても500人位しか入れないんじゃないかと思います。目の前で演奏が見えるのです。35ドルは絶対に安い!(と言っても、彼は年を取っても次々と新しい事にチャレンジし続けていて、素晴らしいミュージシャンです。過ぎ去った時代と言うのは私が若かった頃の思い出の事です。)
 若し、ロスに来られることがあればインターネットで“Jazz Bakery”をgoogleグーグルして下さい。良く有名なジャズ ミュージシャンが演奏しています。Culver Cityコルヴァーシティーにあり、隣にはFather’s Officeファーザーズオフィスと言うビールで有名なレストランもあります。寿司屋も近辺にあるそうです。別に、宣伝料もらっている訳じゃないけどロスは詰まらない所でしょう?だから若し此処に来ないといけない羽目になったらこんな所がありますよ!と言う話です。

にほんブログ村 英語ブログへ
楽しんで頂けましたら此処をクリックして下さい。宜しく!

ビスフェノール-A以外にも問題のあるプラスチックの添加物はあるんだぜ!

Other Problem Plastics: Bisphenol A Isn't the Only Concern
他の問題のプラスティック:ビスフェノール-Aだけが問題じゃねえんだぜ!

April 18, 2008 05:07 PM ET | Ben Harder | Permanent Link

Bisphenol A, a major ingredient in polycarbonate plastic that's also used to preserve canned foods, is getting lots of bad publicity this week. But polycarbonate isn't the only kind of plastic that has health experts concerned; plasticizers called phthalates make some of them nervous, too.

 一番大切なポリカーボネイトプラスティックの原料で、又、缶詰食品を保護する為にも使われているビスフェノール-A、は今週、悪い評判ばかり立てられている。が然し、ポリカーボネイトばかりが健康衛生の専門家が心配しているプラスティックではないのです。Phthalatesと呼ばれるプラスティサイザー(プラスティックに柔軟性を与える物質)が幾人かの専門家を神経質にさせているのです。

Some scientists and parents have been worried for years about these chemicals (pronounced THAL-ates), which make certain plastics like vinyl pliable and are also used as solvents in cosmetic products. Groups like Greenpeace have been calling for bans of vinyl pacifiers and toys for at least a decade. (And here I thought toxic toys were the recent problem!)

 幾人かの科学者と親達は、ヴィニールの様なプラスチックを柔軟にさせたり、化粧品の溶剤に使用されている化学物質(サルェイテスと発音する)の事に付いて何年も心配している。グリーンピースの様なグループはヴィニールのおしゃぶり、や玩具を製造販売する様に少なくとも10年要求し続けている。(其れに比べて私は毒性のある玩具は最近の問題と思っていた!なんてこった!ワオーッ!)

The case against phthalates is hardly incontrovertible, as the American Chemistry Council, an industry group, has repeatedly emphasized on the site phthalates.org. Nevertheless, study after recent study has produced disconcerting evidence that these chemicals, which act like the hormone estrogen once inside the body, may alter childhood development and perhaps raise the risk of cancer, diabetes, obesity, and other ills.
No wonder Congress has been working on legislation to ban phthalates from children's products.

 Phthalates(ファサレィツス)に付いての否定的な見解に付いては全く議論が無い訳ではないと、業界の組織である米化学評議会は、其のウエッブサイトphthalates.org(ホームページ?)で執拗に強調している。然し、次から次へと発表される不安を感じさせる調査研究結果は、この化学物質が人体に入るとホルモンのエストロジンの様に働き、子供達の発育に影響を与えたり、恐らく発癌を高める可能性、糖尿病、肥満、そしてその他の病気を発病する事も考えられる。
道理で議会がphthalatesフィサレィツスの子供の為の製品に付いて使用禁止の条例を作ろうとしている訳だ! 
  
U.S.Newsより。

ejnews:
 メーデーで一寸労働運動とか、社会改革等の話題が続きましたので、今日は未来の地球を健康にする人々、言い換えれば子供達の健康を脅かすプラスチックの記事です。
 我々の世代は経済発展、クールであること、(そうです、Miles Davisのクールの誕生Birth of The Coolのクールです)企業専制社会で生き延びる事が大切な世代のホンの少し後の世代でした。勿論、ヒッピー等、反体制的なファッション(音楽、思想、宗教、哲学)で自分を誤魔化している(誤魔化しているのではなく、そうしたいのだが、する勇気が無い、と言う事です。私も其の一人です。)人々も我々は観察していました。
 そして、数十年経た後、あのヒッピー世代は、そして後に続いた我々は貴方達に何か良い生き方の指針の様な物を,言葉ではなく,仏陀が見せてくれたように行動で示す事が出来たでしょうか......?私には疑問に思えます。
 今、私はChet Bakerを聞きながら書いています。私が若かった頃、日本で聞いていたジャズトランペッター、シンガーです。Chet Baker!未だ日本で聞いている人居ますか?アメリカでは80年代にゲイの間で一番人気のあったミュージシャンの一人でした。何?私はゲイかって?残念ながら、私は浮気心が強くって1つの関係に定住できないのであります。
 今日は此れで!Good Luck and Sweet Dreams!

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
読んだ後で此処をクリックして下さい。宜しく!

ロスの幻の市電、GM、スタンダードオイル、企業専制主義。

企業専制主義の恐怖。#1
Terror of Corporatocracy.


The Great American Streetcar Scandal

ザ グレート アメリカン ストリートカー スキャンダル

Corporatocracy コーポラトクラシーは corporation コーポレーションと -cracy クラシー支配で作られた単語。(例: demo-cracyデモクラシー民主主義 )

 これは又wikipediaのThe Great American Streetcar Scandalの一部の翻訳です。

The Great American Streetcar Scandal, also known as the General Motors streetcar conspiracy or the National City Lines conspiracy, was the sequence of events in which General Motors, Firestone Tire, Standard Oil of California and Phillips Petroleum formed the National City Lines (NCL) holding company, which acquired most streetcar systems throughout the United States, dismantled them, and replaced them with buses in the early 20th century. It is alleged[who?] that NCL's companies had an ulterior motive to forcibly gain mass use of the automobile among the U.S. population by buying up easy-to-use mass light rail transportation countrywide and dismantling it, leaving populations with little choice but to drive.

When the scandal was brought to court, GM was fined $5,000 and each executive was ordered to pay a fine of $1 for a conspiracy to force the streetcar systems to buy GM buses instead of other buses (but not for dismantling the streetcar systems, which were also being dismantled by non-NCL owned systems).

 偉大なるアメリカの市外電車スキャンダル、はジェネラルモーターズ市外電車陰謀、若しくは、ナショナルシティーライン陰謀、として知られている。これは、ジェネラル モーターズ、ファイアーストーン タイヤ、スタンダード オイル カリフォルニア、そしてフィリップス ペトロリウムがナショナル シティー ライン(NCL)と言う親会社を設立し、それにより、合衆国の殆どの市外電車システムを買い取り、設備を取り壊し、20世紀初頭にバスに代えてしまったと言う連続的に発生した出来事です。これはNCLが、全国の便利なライトレイルを買取リ、設備を取り壊し、結果として市民に車を運転する以外の選択の余地を与えない様にする事により、強制的に国民による自動車の大量使用を勝ち取る、と言う隠された意図があったと疑われている。  

 このスキャンダルが法廷に持ち出された時、ジェネラルモーターズは5000ドルの罰金刑、各経営陣は一人当たり1ドルの罰金刑、これは、ナショナル シティー ラインにジェネラル モーターズ以外のバスを購入させなかった罪で、市外電車システムを破壊した事ででは無い。市外電車はNCLに所有されていないシステムでも取り壊されている。

Between 1936 and 1950, National City Lines bought out more than 100 electric surface-traction systems in 45 cities, including Detroit, New York, Oakland, Philadelphia, St. Louis, Salt Lake City, Tulsa, Baltimore, Minneapolis, Seattle and Los Angeles, and replaced them with GM buses. The scandal is rehashed in books like Fast Food Nation and the film Who Framed Roger Rabbit; testimony by Government Attorney Bradford Snell to a United States Senate inquiry in 1974 gave the scandal its current prevalence and weight in U.S. popular culture.

 1936~1950年の間に、NCA(ナショナル シティーラ イン)は100社以上の市外電車システムをデトロイト、ニューヨーク、オークランド、フィラデルフィア、セント ルイス、ソルト レイク シティー、トルサ、バルティモア、ミネアポリス、シアトル、そして、ロスを含む45の都市で買収し、GMのバスと取り替えてしまった。このスキャンダルはファースト フード ネイションの様な本,フー フレイムド ロジャー ラビットの様な映画で再び語られ、1974年の検事ブラッドフォード スネルの合衆国上院の審理に対する証言により、アメリカ ポピュラー カルチャーに浸透し注目されるようになりました。

~gave the scandal its current prevalence and weight in U.S. popular culture.
~アメリカのポピュラーカルチャーの中で、スキャンダルに現在の普及と重さを与えた。と言うのが直訳です。


Ejnews: 日本の皆さん、メーデーは如何でしたか?色々な所で集会(rally)が行われたようですね。
 所で、これはWikipediaのこの事件に関する記述の一部ですが、有名な話でドキュメンタリーも作られています。これが事実か何処まで正確かは別にして、其の後、アメリカではレールを使った公共交通機関は開発されなくなり、鉄道は大量輸送の手段として政府から支持されなくなりました。問題はピークオイルの時代以降オイルは高価になる一方で、一般の市民は車以外の交通手段を求めていますが、新たに鉄道網、地下鉄、市外電車を設置するのには天文学的な資金が必要なので、どれだけの都市がこの時代の変化に対応出来るのでしょうか?それに、車が増えれば増えるほど渋滞が酷くなり、毎日何時間も車の中にいると言う状態で、非常に非生産的unproductiveなのです。ロサンジェルスからサンフランシスコに行くのに車で行くと少なくても6時間位かかります。若し新幹線の様な鉄道網が存在すれば半分の時間で行けるのでは?(今、ブリット トレインを創れと言う運動が起こっています。が費用と時間が問題です)このスキャンダルではジェネラル モーターズ、は確か独占法違反で告発されたはずですが、たった5000ドル、各自1ドルの罰金では、独占法違反での告発は成功しなかったと同じ事ですね。今アメリカでは外国の企業にフリーウェーの建設営業を任せる事が始まっていますが、有料道路なのです。民営化ですね。反対が多い様で何処まで広がるか分りませんが、他の交通手段が無いと言っても良い状態ですから、有料道路が増えると庶民には大変な事になります。
私が言いたいのはアメリカの様に自由市場と言う名の下で、何でもかんでも公共の事業をPrivatization(民有化)したりし、deregulationディレギュレイション等と言って企業の利益の為に環境保護、安全性確保等の法律を削減したりすると。結果的に一般市民が選択の余地を失ってしまうと言う事です。

After all, The People who suffer by unrestrained privatization will be us. Comrades!

最終的に、無制限の民有化で苦難するのは我々なんですよ。同志達!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

May Day メーデー(メイ デー)

May Day メーデー (メイ デー)

From Wikipedia,  ウィキペディアから

この訳文はウィキペディアのメーデーに付いてのホンの一部分の翻訳です。 

May Day occurs on May 1 and refers to any of several public holidays in many countries.[1] May Day is cynonymous with International Workers' Day, or Labour Day, which celebrates the social and economic achievements of the labor movement. As a day of celebration, however, the holiday has ancient origins and can relate to many customs that have survived into modern times. Many of these customs are due to May Day being a cross-quarter day, meaning that it falls approximately halfway between a solstice and an equinox.

 メーデーは5月1日に当たり、各国では種々の公共の祝日とされています。メーデーは労働運動が社会的、経済的に達成した成果を祝うInternational Workers' Day, “国際労働者の日”若しくは、Labour Day,“労働の日”と同義語です。祝日としては起源が古く、現代まで生き残った多くの風習と関係があります。この様な多くの風習はメーデーがcross-quarter day,クロス クォター デーと言う、夏冬至(この場合夏至)と秋春分の日(此処では春分の日)の約中間に当たる日に由来しています。

Synonymous 同義語
The summer solstice 夏至
The winter solstice 冬至
Autumnal equinox 春分の日
Vernal(spring) equinox 秋分の日
approximately 約



International Workers' Day 国際労働者の日

May Day also refers to various labor celebrations conducted on May 1 that commemorate the fight for the eight hour day. May Day in this regard is called International Workers' Day, or Labour Day, and the choice of the 1st of May is a commemoration by the Second International for the working Americans involved in the 1886 Haymarket affair in Chicago, Illinois. As the culmination of three days of labor unrest in the United States, the Haymarket incident was a source of outrage and admiration from people around the globe. In countries other than the United States and Canada, residents sought to make May Day an official holiday and their efforts largely succeeded. For this reason, in most of the world today, May Day has become an international celebration of the social and economic achievements of the labor movement. In some European countries, working people continue to use May Day parades as an opportunity to show disapproval with the government or to protest cuts in social programs. Although May Day had its origins in the United States, the U.S. Congress designated May 1 as Loyalty Day in 1958 due to the day's appropriation by the Soviet Union.[4] Alternatively, Labor Day traditionally occurs sometime in September in the United States. However some conservative countries like Kuwait do not celebrate May day

 メーデーは又、1日8時間(労働時間)を巡っての戦いを記念して5月1日に行われる種々の労働の御祝いを示してています。この意味でメーデーは“国際労働者の日”若しくは“労働の日”と呼ばれていて、最初のメーデーが5月1日がメーデーに選ばれた理由は、第2回インターナショナルで、1886年のアメリカ、イリノイ州、シカゴのヘイマーケットアフェアーに参加した労働者を祝った事によるものです。アメリカでの3日間の労働争議の頂点として、ヘイマーケット事件は全世界の人々の怒りと賞賛の的となっています。アメリカ、カナダ以外の国々では、国民のメーデーを国家の祭日にする努力は、大部分の国々で成功しています。この理由で大部分の国際社会ではメーデーは労働運動の社会的、経済的達成を祝う日となっています。幾つかのヨーロッパの国々では、労働者によって、メーデーパレードは今でも政府に対する反対の意思表示、又、国家のサーヴィスの削減に対する反対の意思表示の為の手段になっています。メーデーの起源はアメリカにありながらも、メーデーのソ連による専有が原因で、米議会により1958年に5月1日はLoyalty Day“忠誠の日”と制定されています。代わってアメリカでは伝統的に“労働の日”は9月のある日に行われます。然しながら、クエートの様な保守的な国ではメーデーは祝われていません。

commemorate 記念する、祭る、祝う、
culmination 頂点

outrage  怒り

admiration 賞賛



ejnews: アメリカはソ連が大々的にメーデーを祝い、世界的にソ連のメーデーは有名になったので、冷戦下で、共産主義国家のボスであったソ連と同じ祝日を同じ日に祝いたくなかったのでしょう。(アメリカの支配階級は社会主義、共産主義、アナキズム、の様な社会を平等にしようと言う思想はお好きじゃないみたいです。でも道教Taoismは名前も知らないので安全です。支配階級の話です。)ブッシュ政権下でフランス政府がイラク戦争に反対していた時、共和党がフレンチ フライズFrench friesをフリーダム フライズFreedom fries(フライドポテトの事ですが、 fried potatosは和製英語)と名前を変えて呼ぼうとしたり、国の大きさにしては小さい事が気になる御国柄の様です。
 所で、私がメーデーを記事として取り上げたり、資本主義に懐疑的な事を書いているからと言って、社会主義者、とか共産主義者、アナキストと言う訳ではありません。その様な古いヨーロッパに起源を持つ政治哲学ではなく、私の思想はどちらかと言うと“Taoist”(道教を信奉する人)に近い物です。(もっと古いか)“竹林で7人のお友達とお酒を飲んでいい加減な事を話している人達”の事です。人間社会は堅苦しく古臭いヨーロッパ型の考え方では捉えきれないのです。
 だから花見に一杯、月見に一杯と心を自由にして仲良くしましょう!人生はダンスの様な物なのです。ダンスではA地点からB地点までどれだけ早く到着するかと言う競争ではなく、A地点からB地点までダンスをしている間、全てを楽しむ事が目的でしょう?誰か、よーいどん!でなるだけ早くダンスを終わらそうとしている人、見た事ありますか?居たら滑稽ですよね。まあ、そう言う人も其れなりに楽しんでいるとは思いますが..................................。

頑張れ!Comrades ! 同志達! ところで、同志達コメントあればして下さるか!
今まで訪問して頂いた方々コメントして戴いた方々真に有難うござりまする。

インターナショナルの歌詞

Debout, les damnés de la terre
Debout, les forçats de la faim!
La raison tonne en son cratère
C'est l'éruption de la fin.
Du passé faisons table rase
Foules, esclaves, debout, debout
Le monde va changer de base
Nous ne sommes rien, soyons tout!

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Il n'est pas de sauveurs suprêmes
Ni Dieu, ni César, ni tribun,
Producteurs, sauvons-nous nous-mêmes
Décrétons le salut commun
Pour que le voleur rende gorge
Pour tirer l'esprit du cachot
Soufflons nous-mêmes notre forge
Battons le fer quand il est chaud.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

L'état comprime et la loi triche
L'impôt saigne le malheureux
Nul devoir ne s'impose au riche
Le droit du pauvre est un mot creux
C'est assez, languir en tutelle
L'égalité veut d'autres lois
Pas de droits sans devoirs dit-elle
Egaux, pas de devoirs sans droits.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Hideux dans leur apothéose
Les rois de la mine et du rail
Ont-ils jamais fait autre chose
Que dévaliser le travail
Dans les coffres-forts de la bande
Ce qu'il a crée s'est fondu
En décrétant qu'on le lui rende
Le peuple ne veut que son dû.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Les rois nous saoulaient de fumées
Paix entre nous, guerre aux tyrans
Appliquons la grève aux armées
Crosse en l'air, et rompons les rangs
S'ils s'obstinent, ces cannibales
A faire de nous des héros
Ils sauront bientôt que nos balles
Sont pour nos propres généraux.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain

Ouvriers, paysans, nous sommes
Le grand parti des travailleurs
La terre n'appartient qu'aux hommes
L'oisif ira loger ailleurs
Combien, de nos chairs se repaissent
Mais si les corbeaux, les vautours
Un de ces matins disparaissent
Le soleil brillera toujours.

C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
C'est la lutte finale
Groupons-nous, et demain
L'Internationale
Sera le genre humain
(Contributed by Riccardo Venturi)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。