スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスサイコロジーと教育: 科学の社会に与える影響

Mass Psychology and Education The Impact of Science on Society Part 4
マスサイコロジーと教育: 科学の社会に与える影響

Brent Jessop - Knowledge Driven Revolution.com February 4, 2008
知識で動かされる革命.com

"For some reason which I have failed to understand, many people like the system [scientific totalitarianism] when it is Russian but disliked the very same system when it was German. I am compelled to think that this is due to the power of labels; these people like whatever is labelled 'Left' without examining whether the label has any justification."- Bertrand Russell, 1952 (p56)

 私の解らない何かの理由で人々はロシア人が信じているシステム(科学全体主義)を好んでいる様だ。然し全く同じシステムをドイツ人が信じると人々は其れを嫌う。私はこの現象をラベル、レッテル、(表示)の魔力(力)だと考えさせられる様になった。この様な人々はそのレッテルが真実を反映しているかどうか調べないで、いかなる物でも“左翼”とレッテルを貼られると好きになる。

What exactly is the purpose of education? Does the government want to teach young people how to think and reason for themselves or is it a form of mass psychology aimed at propagandising the young? These questions are examined through Bertrand Russell's 1952 book entitled The Impact of Science on Society*.

 教育の本当の目的は正確に言うと何だろう?政府は若者達に彼等自身で考えて理論的に論議が出来る様に教育したいのだろうか、其れとも若者達をプロパガンダで洗脳するある形式のマスサイコロジーなのだろうか?この様な疑問はバートランドラッセルの1952年出版のThe Impact of Science on Society“科学の社会に与える影響”と言う題の著書で問いただされている。

Bertrand Arthur William Russell, 3rd Earl Russell (1872-1970) was a renowned British philosopher and mathematician who was an adamant internationalist and worked extensively on the education of young children. He was the founder of the Pugwash movement which used the spectre of Cold War nuclear annihilation to push for world government. Among many other prizes, Russell was awarded the Nobel Prize in Literature in 1950 and UNESCO’s (United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization) Kalinga prize in 1957.

 バートランド アーサー ウイリアム ラッセル, ラッセル家第3代伯爵(1872~1970)彼は高名な英国の哲学者、数学者、頑固なインターナショナリストで広範囲に亘って子供達の教育の為に努力を尽くした。彼は冷戦下での核兵器地球破壊の地獄の様なイメージを訴えて世界的に各国政府に働きかけたパグワッシ運動の創始者でもある。数々の受賞の中に1950年ノーベル文学賞、1957年ユネスコカリンガ賞も含まれている。

Part 1 of this series examines the impact of “scientific technique” on society. The second part explores Bertrand Russell’s views on the stability of a worldwide scientific society. Part 3 deals with population control and the scientific breeding of humans.

 この研究のパート1は“科学的方法、手段”の社会に与える影響を問いただし、パート2はバートランドラッセルの安定した世界科学界付いての見解、パート3は人口増大の制御と人類の科学的品種改良(繁殖)。について述べられている。Education, a Modern Method of Propaganda 教育、プロパガンダの現代的な方法。From Bertrand Russell's The Impact of Science on Society:
バートランドラッセル著“科学の社会に与える影響”より。

"I think the subject which will be of most importance politically is mass psychology. Mass psychology is, scientifically speaking, not a very advanced study... This study is immensely useful to practical men, whether they wish to become rich or to acquire the government. It is, of course, as a science, founded upon individual psychology, but hitherto it has employed rule-of-thumb methods which were based upon a kind of intuitive common sense. Its importance has been enormously increased by the growth of modern methods of propaganda. Of these the most influential is what is called 'education'. Religion plays a part, though a diminishing one; the Press, the cinema and the radio play an increasing part.

 政治的に最も重要なこれからの主題は集団心理学だと思う。集団心理学科学的に言って、それほど進化した学問ではない…………..この学問は金持ちになりたいとか政府を我が物にしたいとかの、実践的な人にとっては非常に有用である。勿論、 個人の心理学に基づいた科学であるが今迄の所直感的常識とでも言う様なものに基づいた目分量で測る様なやり方を活用している。その重要性は現代のプロパガンダ方式の成長により非常に増大した。これ等の中で最も影響力のあるのは“教育”と呼ばれている。宗教の役割は減少しているとはいえこの一部であり、報道機関、映画、ラジオ等の役割は増大している。



What is essential in mass psychology is the art of persuasion. If you compare a speech of Hitler's with a speech of (say) Edmund Burke, you will see what strides have been made in the art since the eighteenth century. What went wrong formerly was that people had read in books that man is a rational animal, and framed their arguments on this このhypothesis. We now know that limelight and a brass band do more to persuade than can be done by the most elegant train of syllogisms. It may be hoped that in time anybody will be able to persuade anybody of anything if he can catch the patient young and is provided by the State with money and equipment

 何が集団心理学の真髄かと言うとそれは説得と言う芸である。若しヒットラーの演説と(例えば)エドモンド ブルックの演説を比較すると、18世紀以降どの様な進歩がこの芸になされたか見ることが出来る。以前に何が問題だったかと言うと、人間は論理的な動物だと言う事を人々は本で読み、この仮説を元に意見、論議を組み立てていったと言う事である。ライムライトやブラスバンドの方が最も優雅な一続きの演繹法よりも説得力があることを私達は今知っている。その内に国家が資金と施設を提供し若者を捕まえると、誰でも何についても誰を対象にしても説得出来ると期待されるかもしれない

This subject will make great strides when it is taken up by scientists under a scientific dictatorship. Anaxagoras maintained that snow is black, but no one believed him. The social psychologists of the future will have a number of classes of school children on whom they will try different methods of producing an unshakeable conviction that snow is black. Various results will soon be arrived at. First, that the influence of home is obstructive. Second, that not much can be done unless indoctrination begins before the age of ten. Third, that verses set to music and repeatedly intoned are very effective. Fourth, that the opinion that snow is white must be held to show a morbid taste for eccentricity. But I anticipate. It is for future scientists to make these maxims precise and discover exactly how much it costs per head to make children believe that snow is black, and how much less it would cost to make them believe it is dark grey." [emphasis mine] - 40

 この主題は科学者によって科学独裁の元で扱われるとは偉大な進歩を遂げる。アナクサゴラスは雪は黒いと言い続けた、然し誰も彼を信じなかった。将来の社会心理学者は、雪は黒いと言う揺ぎ無い信念を待たせる為の色々な違った方法を試す数多くのクラスの子供達を学校で持つ事だろう。色々な結果が直ぐに得られるだろう。先ず最初(結果)は,家庭の影響は障害だと言う事、第二に、10歳になる前に洗脳を始めないとその後では手遅れだと言う事。第三に、詩に曲を付けて繰り返し詠唱する事は非常に効果的だと言う事。第四に、雪が白いと言う意見は、ゾッとする様な偏執狂の趣味であると大衆には見せなければならない。然し、この指針を正確に(実行)するのは未来の科学者で、彼等は子供一人を雪が黒いと信じさせるには幾ら費用が掛かるか、そして若し濃い灰色だと信じさせようとするとどれだけ経費が少なくて済むかと言う事に気が付くだろうと私は予想している。

The Intended Result of Education

計画(期待)されている教育の結果。

"The completeness of the resulting control over opinion depends in various ways upon scientific technique. Where all children go to school, and all schools are controlled by the government, the authorities can close the minds of the young to everything contrary to official orthodoxy. Printing is impossible without paper, and all paper belongs to the State. Broadcasting and the cinema are equally public monopolies. The only remaining possibility of unauthorised propaganda is by secret whispers from one individual to another. But this, in turn, is rendered appallingly dangerous by improvements in the art of spying. Children at school are taught that it is their duty to denounce their parents if they allow themselves subversive utterances in the bosom of the family. No one can be sure that a man who seems to be his dearest friend will not denounce him to the police; the man may himself have been in some trouble, and may know that if he is not efficient as a spy his wife and children will suffer. All this is not imaginary, it is daily and hourly reality. Nor, given oligarchy, is there the slightest reason to expect anything else." [emphasis mine] - 58

 (人々の)意見を統制する事に付いての結果の完全性は種々の科学的方法によって左右される。子供達全員が学校へ行き学校は政府によってコントロールされている所では、権力者は子供達の精神を政府の正統思想以外の物に対して閉ざす事が出来る。印刷は紙が無くては不可能で、そして全ての紙は政府が所有している。放送と映画は同様に国によって独占されている。この様な状況で唯一つ残されている国によって許可されていないプロパガンダは個人から個人への囁きだけである。然しこれはスパイ技術の改善によりゾッとするほど危険な行為である。若し親達が家庭で革命的なことを発言していたら子供達はそれを弾劾する事を学校で教えられる。あなたの最も親しいと思っていた友達が警察にあなたを告発しないとは誰も言えない、その人自身何かの問題を抱えていて、彼は彼が効果的なスパイでない時は彼の妻や子供達が被害を被ると気付いているかも知れない。これ等の事は幻想ではない、これは毎日、毎時に起こっている現実である。若しくは、寡頭政治では、他の如何なる物を期待する少しの謂われも無い。

"Scientific societies are as yet in their infancy. It may be worthwhile to spend a few moments in speculating as to possible future developments of those that are oligarchies.

 科学的社会は未だ幼児期である。少しオリガルキーと呼ばれる社会の予想される未来の発展を創造するのも価値があるかもしれない。

It is to be expected that advances in physiology and psychology will give governments much more control over individual mentality than they now have even in totalitarian countries. Fichte laid it down that education should aim at destroying free will, so that, after pupils have left school, they shall be incapable, throughout the rest of their lives, of thinking or acting otherwise than as their schoolmasters would have wished. But in his day this was an unattainable ideal: what he regarded as the best system in existence produced Karl Marx. In future such failures are not likely to occur where there is dictatorship. Diet, injections, and injunctions will combine, from a very early age, to produce the sort of character and the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of the powers that be will become psychologically impossible. Even if all are miserable, all will believe themselves happy, because the government will tell them that they are so." [emphasis mine] - 61

 生理学と心理学の進歩は、個人の精神を支配する力を現在の全体主義国家が持っているより多くの支配力を政府に与える事が予想されている。フィヒテは“生徒達が卒業した後一生、校長が希望した以外の事は考える事も行動する事も出来ない様に、教育は自由精神を破壊する事を目標にするべきだ。”と???・・然し、彼の生きた時代この様な事は現実不可能な事だった。彼が最も良いと考えた今あるシステムはカールマルクスを生み出した。将来その様な失敗は独裁者がいる所では恐らく起こらないだろう。食事、注射、そして命令が年少時から権力に望まれている種類の性格、信条などを作り出すように組み合わされて、権力に対する真剣な批判は精神的に不可能になる。若し人民全体が悲惨でも,彼等は自分達自身は幸せだと信じるだろう。なぜなら政府が彼等は幸せだと言うからだ。

That is really worth repeating.

これは繰り返して言うだけの価値がある。

"Diet, injections, and injunctions [a command, admonition, etc.] will combine, from a very early age, to produce the sort of character and the sort of beliefs that the authorities consider desirable, and any serious criticism of the powers that be will become psychologically impossible."

食事、注射、そして命令(命令、警告)が年少時から権力に望まれている種類の性格、信条などを作り出すように組み合わされて、権力に対する真剣な批判は精神的に不可能になる。

Some Miscellanemous Uses of Education

教育の雑多な利用法

"...result from the elimination of war [and the establishment of a world government]. A great deal, also, is to be hoped from a change in propaganda. Nationalist propaganda, in any violent form, will have to be illegal, and children in schools will not be taught to hate and despise foreign nations. Active instruction in the evils of the old times and the advantages of the new system would do the rest. I am convinced that only a few psychopaths would wish to return to the daily dread of radioactive disintegration." - 108

………………….戦争の撲滅の結果(そして世界政権の設立)として、凄い事がプロパガンダの変化から期待される。国粋主義者のプロパガンダの中で暴力は、どんな形でも違法となり、学校で子供達には外国に対して憎しみの感情を抱く事や軽蔑する事を教えられない。古い時代の悪についての積極的な指示や新しいシステムの優越性が他の事は片付ける。私はほんの一握りの狂人が放射線を放つ様な社会の崩壊の帰還を望むだろう確信している。

"The nations which at present increase [their populations] rapidly should be encouraged to adopt the methods by which, in the West, the increase of population has been checked. Educational propaganda, with government help, could achieve this result in a generation." [emphasis mine] - 116

 現在人口が急速に拡大している国々は西洋の国々で人口増加を抑制する為に使われている方法を採用する様に薦められなければならない。教育的プロパガンダが政府の援助で1世代で結果(人口増加抑制)を達成出来るだろう。[強調している部分は私が注目して欲しい所。]

The idea of using education or rather sex education to reduce the population of the west was further promoted in 1968 by Paul Ehrlich in his book The Population Bomb**:

 西洋で人口増加抑制の為に教育、若しくは性教育を使うと言う発想は1968年に発行されたPaul Ehrlich著の“人口爆弾”によってもっと詳しく推奨されている。

"We need a federal law sex education in schools - sex education that includes discussion of the need for regulating the birth rate and of the techniques of birth control. Such education should begin at the earliest age recommended by those with professional competence in this area - certainly before junior high school.

 私達は学校での性教育を要求している連邦法が必要で-この性教育は出生率の抑制の必要性についてと避妊法の方法についての討論を含めている。その様な教育はこの分野の有能な専門家の推薦する最も若年の生徒から始めなければならない。-勿論中学生になる前には始めなければならない。

By "sex education" I do not mean course focusing on hygiene or presenting a simple-minded "birds and bees" approach to human sexuality. The reproductive function of sex must be shown as just one of its functions, and one that must be carefully regulated in relation to the needs of the individual and society." - 133

 私の言っている性教育と言う意味は衛生面を主題にしたり単純な鳥と蜂を使って人間の性を説明したりする事ではない。性の生殖機能はその機能の一つとして示されなければならない。そして生殖(出生率)は個人と社会の必要性と対比して注意深く調整されなければならない。

For more on Paul Ehrlich's views on the use of education and other means of population control please read this previous article, Population, Religion and Sex Education.



The Governing Classes Only

支配階級のみ

Most people reading this article are the products of a state run educational system. If the above is not enough to make you reflect on the merits of universal education and on all of the things you were 'taught' as a child (and since then), hopefully the following quote will.

 この記事を読んでいる殆どの人が公立学校の教育を受けている。若し上記の事が全国統一された教育の徳性やあなたが子供として、又その後習った全ての事について考えさせないのなら、下記の引用がさせると望んでいる。

"Although this science will be diligently studied, it will be rigidly confined to the governing class. The populace will not be allowed to know how its convictions were generated. When the technique has been perfected, every government that has been in charge of education for a generation will be able to control its subjects securely without the need of armies or policemen..." [emphasis mine] - 41

 この科学は勤勉に研究されるのだが、それは融通が利かない程支配階級の物であり、一般市民はどの様にこの信念が作り出されているのか知る事を許されていない。技術が完成された時、一世代の教育を支配している全ての政府はその国民を軍隊や警察の必要性なしに支配する事が出来る。

*Quotes from Bertrand Russell, The Impact of Science on Society (1952). ISBN0-415-10906-X
**Quotes from: Paul R. Ehrlich. The Population Bomb: Revised & Expanded Edition (1968, 1971). SBN 345-24489-3-150.

Note: I first heard about this book from talks given by Alan Watt at Cutting Through The Matrix.com, an individual well worth looking into.

にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 教育問題について考える - ジャンル : 学校・教育

中国の工場環境汚染物を宝に変える。

Chinese Factory Turns Environmental Bane into Boon
中国の工場環境汚染物を宝に変える。


From: , Worldwatch Institute, More from this Affiliate
Published February 1, 2008 08:27 AM

China is beginning to take advantage of an unusual energy source: cow gas.

 中国は一寸風変わりなエネルギー源“牛ガス”の利用を始めている。


Take advantage of は、例)They took advantage of his lack of knowledge 
彼等は彼の知識の足りなさを利用した。

Cows emit a significant amount of methane, a powerful greenhouse gas, when they belch and flatulate. According to People’s Daily, the world’s largest cow-dung methane power plant started operation on January 21 in China’s Inner Mongolia region.

 牛はかなりの量のメタンガス“パワフル グリーンガス”をゲップをしたりオナラをする度に放出している。人民日報によると、1月21日から中国の内モンゴル地区で世界最大の牛糞メタンガス発電所による発電が始まりました。

 Belch げっぷ flatulate オナラをするflatulent オナラよく出ると言う意味の形容詞。
I am very flatulent today. 今日はよくオナラが出る。と言う意味。
でも使う機会のあまり無い文章!?それとも貴方……….?

 この文章では最初にオナラ、ゲップか らメタンが発生するかのような表現になっているが、御存知のように牛の糞尿からメタンは発生するし、オナラとゲップを集めるのも大変な事でしょう。続く文章でcow-dung methane power plantと言う部分があるように記者が注意を怠ったのでしょう。

Cow-dung 牛の糞


With an investment of 45 million RMB (roughly $US5.7 million) from the country’s largest milk producer, Mengniu Dairy, the plant is able to supply 10 million kilowatt-hours of electricity to the national power grid.

 酪農製品では国内最大のMengniu Dairy(蒙牛乳業)からの4千5百万元RMB(約5百70万米ドル)の投資で、この発電所は時間1千万キロワットの電力供給が国内電力供給網に可能です。 
Power plant 電力power grid電力供給網

Using equipment and technology from Germany, the plant processes the dung, urine, and waste water from some 10,000 cows on Mengniu’s farm. The facility is able to produce 12,000 cubic meters of methane and generate 30,000 kilowatt-hours of electricity daily.

 ドイツからの設備と技術を用い、蒙牛乳業農場の1万頭の牛の糞尿と汚水から1万2千立方メーターのメタンガスを製造し1時間3万キロワットの電力を毎日発電可能です

The heat derived from the power generation will be used for daily heating at the farm, and the water will be recycled for irrigation. The facility also produces 200,000 tons of organic fertilizers a year, a practice that will save 5,000 tons of coal annually.

 発電の過程で発生する熱は農場の暖房のために利用され水は灌漑のためにリサイクルされます。この設備は年間20万トンの有機肥料を製造し、この方法で年間5千トンの石炭の節約をする事になります。

Methane gas is the second-largest contributor to greenhouse gas emissions worldwide after carbon dioxide. An adult cow emits 80 to 110 kilograms of the gas over its lifetime.

 メタンガスは世界的に二酸化炭素についで2番目に排出されている大きなグリーンハウスガスです。成牛はその一生で80~110キログラムのメタンガスを排出するのです。

Worldwide, 1.2 billion large ruminants, including cows, produce an estimated 80 million tons of methane annually, accounting for some 28 percent of global methane emissions from human-related activities, according to the U.S. Environmental Protection Agency. In total, the livestock sector is responsible for 18 percent of global greenhouse gas emissions, according to the United Nations Food and Agriculture Organization.

 世界中で牛も含めて12億頭の大形反芻動物が年間8千万トンのメタンガスを排出しています。米環境保護局によると全世界メタン排出量の28パーセントは人間の活動から発生しています。国際連合の食料農業機関によると全世界の牧畜分野からのグリーンガス排出量は全世界的に全体の18パーセントだそうです。

The practice of methane capture has caught the attention of international carbon traders. Under the Kyoto Protocol, the international agreement to reduce greenhouse gas emissions, companies can trade so-called “carbon credits” to help them meet their allowances of greenhouse gas emissions.

 環境に放出されていたメタンガス利用は国際炭素貿易業者の注目を集めるようになりました。グリーンガス排出規制のための国際的合意、京都議定書によると、企業は所謂”カーボンクレディット“と言われる物を各企業に与えられたグリーンガス排気の規制量上限を守るために売買する事が出来ます。

(京都議定書によると企業は規制量を超えた企業と、規制量を下まわりクリアーした企業の間で、グリーンガス排気制限割り当て量を調整するため“炭素クレディット”と言う形で売買できるそうです。)

China has become a major destination for European carbon buyers due to its low prices for the credits. The country also benefits from the financial resources and technologies transferred as a result of those trades.

 中国は安値のクレディットのためヨーロッパからの炭素クレディットを買う業者の目的地となり、又この商業活動から受ける資本と技術の移入の恩恵を受けています。

Mengniu has reached preliminary agreement with a carbon-trading company based in the Netherlands. The Mengniu facility is the first such methane-capture plant in China’s dairy industry. Other Chinese dairy producers, including Yili Group, have similar projects on their agendas.

 蒙牛はオランダに本拠を置く炭素貿易会社と基本的な合意が成り立ち、蒙牛の施設は中国の乳製品の業界では始めてのメタンガスを捕らえ利用する施設です。伊利グループも含めてその他の中国の乳製品企業も同様のプロジェクトを計画しています。

While reducing pollution and saving energy, the Mengniu plant also contributes to diversifying the power-generation portfolio of the region. Inner Mongolia is now China’s top coal-rich region, a distinction it captured from neighboring Shanxi province in August 2007. It plays a critical role in supplying coal-fired power to North China’s industrial bases and energy-hungry metropolises like Beijing and Tianjin.

 環境汚染物質の排出を低く抑えると共にエネルギー節約をする他に、蒙牛の施設はこの地方の発電の多様化(多角化)にも貢献している。内モンゴルは今中国で最も石炭生産の多い地域として2007年8月隣の山西Shanxi地区に取って代わるようになりました。内モンゴルは石炭を燃料とした火力発電で得られた電力を、北部中国の工業地帯や電力を常に必要としている北京や天津のようなメトロポリスに供給する重要な役割を演じています。

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

ニューヨーク州知事 エリオット スピツァー氏と売春組織。

Lawyer questions whether Spitzer was set up, noting political prosecutions

 ある弁護士は政治的訴追を理由に上げながら、スピツァーは罠に掛けられたのではないかと言う疑いを投げ掛けている。

   
RAW STORY     ロー ストーリー
Published: Tuesday March 11, 2008    2008年3月11日発行


 Set upここでは 御膳立てをする。と言う様な事です。此処ではスピ ツァーを陥れる為に何かを御膳立てした。彼はそれにまんまとはまってしまった。と言う様な意味になります。


A prominent New York lawyer who has written for Harper's Magazine about the politically-motivated dismissals of US Attorneys in the Bush Justice Department says he believes there's a strong case that the fall of New York governor Eliot Spitzer was politically motivated.

 ハーパーズ マガジンに、ブッシュ政権によって政治的動機で解雇された地方検事について記事を書いたニューヨークのある有名な弁護士は、ニューヨーク州知事の失脚は政治的動機が裏に有る強い疑いがあると述べた。

 アメリカでは主に共和党が政敵を陥れる為に政治とは殆ど関係ない事で政治家や有力者を非難、法的手段で政界から葬り去ろうとしたり。仕事を奪おうとしている様に見える事があります。George Orwell,ジョージオーウェルが Homage to Catalonia.ホーメッジ ツー カタロニアの中で『若し君のチェスの相手が突然チェスとは全く関係ないこと例えば『オマエは俺の妻と寝ただろう!?』等と怒りかけてくると全くチェスなんかにはならないだろう?奴等はそんな汚い手を使って来るんだ。』と言う様な所があったと思いますが(これはスペイン内乱でボルシェビッキの行動を非難して書いた所ですが)共和党はオーウェルが警告した事をそのまま実践している様に見えます。ビル クリントンが大統領だった時のモニカ ルインスキー事件もその典型です。あの時はLarry Flynt ラリーフリントが助け舟を出して共和党政治家のスキャンダルを暴露し数人の共和党員が辞任に追い込まれましたが。


Spitzer was caught on a federal wiretap discussing plans to meet a high-priced prostitute in Washington, D.C. The news was first reported Monday afternoon in The New York Times.

 スピツァーは高級売春婦とワシントン,D.C.で落ち合う計画を話しているところを連邦政府の盗聴で探知された。このニュースはザ ニューヨーク タイムズによって月曜日の午後最初に報道された。

Wiretap 電話の盗聴。ワイアータップ。


Later that day, however, ABC News' Brian Ross revealed that federal sources said the prosecution stemmed from an investigation of Spitzer's finances -- not from the prostitution ring.

 然し、同日のその後、この告訴は売春組織(の調査)ではなく、スピツァーの所得(銀行口座)の調査から始まった。と連邦政府の(誰かが)情報源が述べたと、ABCニュースのブライアン ロスによって明らかにされた。

investigation of Spitzer's finanes スピツァーのファイナンスの捜査と書いていますが,銀行口座を調べているのでこう言う訳でも良いと思います。

ejnews:余談
 アメリカはState 州が集合してFederal連邦を形成しています。だから連邦法と州法が一致しない時があり、例えば大麻の使用は医療目的としてはカリフォルニア州政府等は認めていますが、連邦政府は認めていません。そこで問題なのはカリフォルニアには医療用大麻販売所がありますが、大麻を医療目的で使用している人や販売所等がFBI連邦捜査局の摘発を受ける時があります。アメリカはこの様なメチャクチャな事が日常茶飯事で,例えば民主主義国家だと言いながら外交は帝国主義と言う矛盾(contradictionコントラディクション)もこの一つです。


"The suspicious financial activity was initially reported by a bank to the IRS which, under direction from the Justice Department, brought kin the FBI's Public Corruption Squad," Ross wrote.

 『疑わしい銀行口座の金の動きは銀行から政府司法局の方針でIRS国税局へ報告されその後FBI連邦捜査局の公職汚職班が導入された。』とロスは書いている。

Financial activity経済的活動。要するにお金の動きです。


"We had no interest at all in the prostitution ring until the thing with Spitzer led us to learn about it," a Justice Department official told Ross.

 『我々はスピツァーの件が我々をその方向に導くまで、売春組織には全く興味が無かった。』とある司法局の役員はロスに語った。

Tuesday's Times added: "The rendezvous that established Gov. Eliot Spitzer’s involvement with high-priced prostitutes occurred last month in one of Washington’s grandest hotels, but the criminal investigation that discovered the tryst began last year in a nondescript office building opposite a Dunkin’ Donuts on Long Island... There, in the Hauppauge offices of the Internal Revenue Service, investigators conducting a routine examination of suspicious financial transactions reported to them by banks found several unusual movements of cash involving the governor of New York, several officials said."

 『エリオット スピツァー知事の高級売春婦との関係が確認されたランデヴーはワシントンの最も豪奢なホテルで先月起こった。然し、その逢引きを発見した犯罪捜査は昨年ロング アイランドのダンキン ドーナッツの向かいのパッとしないオフィスビルで始まった。そこで-税務局のホーポグ事務所-で捜査官が銀行が見つけたニューヨーク知事に関する疑わしい取引、数件の現金の動きの日常的な調査をしていた。と数人の役員が述べた。』と火曜日にタイムズは加えた。

Rendezvous ランデヴーはフランス語なのでスペリングが変でしょう?

Financial transaction 経済的取引,平たく言ってお金のやり取り。


"Because the focus was a high-ranking government official, prosecutors were required to seek the approval of the United States attorney general to proceed," they added. "Once they secured that permission, the investigation moved forward."

 『この件のフォーカス(政府高官に的を絞っているので)は政府の高官なので、(捜査を)進める為に検事は司法長官の許可を得る必要があった。』と彼等は付け加えた。『許可を得た直後に捜査は前進して行った。』

Horton doesn't buy it.

 ホートンはそう思っていない。

Buy は“買う”と言う意味ですが、『彼は買わない。』ではなく日本語でも『俺はそんな馬鹿な話は買わないな!』と言うと『信じない』と言う事になるでしょう。で『ホートンはそうは考えない。』とか『ホートンは騙されない。』とか状況に応じて訳せるのです。


"Note that this prosecution was managed with staffers from the Public Integrity Section at the Department of Justice," Horton writes on his blog, "No Comment." "This section is now at the center of a major scandal concerning politically directed prosecutions. During the Bush Administration, his Justice Department has opened 5.6 cases against Democrats for every one involving a Republican."

 『この告訴は司法省の公職公正局のメンバーによって管理されていたことを覚えていて下さい。』とホートンは彼のブログに書いている。『ノーコメント』『この局は政治的動機でなされた告訴の大きなスキャンダルの中心となっている。ブッシュ政権下の司法省は一人の共和党員(政治家)に対する告訴に対して5,6人の民主党員(政治家)を告訴している。』

The Public Integrity Section司法省の犯罪部門で州、連邦政府両方の政治家の政治汚職を取り扱っている。

public公衆、公、public bath room公共便所。Public phone公衆電話。

Integrity常に公平で高潔、非の打ち所がない。と言う様な意味。


In his post at Harper's, Horton notes:

 ハーパーの彼のポストでホートンはこう書いている。

(1) The prosecutors handling the case came from the Public Integrity Section.

 この件を扱っている検事達は公職公正局から来ている。

(2) The prosecution is opened under the White-Slave Traffic Act of 1910. You read that correctly. The statute itself is highly disreputable, and most of the high-profile cases brought under it were politically motivated and grossly abusive. Here are a few:

 この告訴は1910年の白人奴隷密貿易条例という法律の下で始められた。あなたは(そうです白人奴隷密貿易条例です。と)間違いなく読んだのです。この法規自身非常に悪名が高く、この法で扱われた有名な件は政治的動機が原因でしかも嫌気が差すほど悪用されている。此処にその幾つかの例。

Traffic は交通と言う意味で知られていますが、行たり来たりする、と言う事で輸送、貿易等の意味にも使われます。Trafficker と言うと密売人、密貿易人と言う意味にもなります。


* Heavyweight boxing champion Jack Johnson was the first man prosecuted under the act ― for having an affair with Lucille Cameron, whom he later married. The prosecution was manifestly an effort “to get” Johnson, who at the time was the most famous African-American. (All of this is developed well in Ken Burns’s film “Unforgiveable Blackness”

 重量級ボクシング チャンピオン ジャック ジョンソンはこの条令で始めて起訴された人で-後に結婚したルシル カメロンとの情事で起訴されたのだが、この起訴は明らかに当時最も有名なアフリカ系アメリカ人ジョンソンを陥れる為の画策であった。(この全ての出来事はケン バーンズのフィルム“赦されざる黒さ”で良く語られている。)

*University of Chicago sociologist William I. Thomas was prosecuted for having an affair with an officer’s wife in France. Thomas was targeted because of his Bohemian social and his radical political views.

 シカゴ大学の社会学者ウイリアムI.トーマスはフランスでの軍人の妻との情事で起訴されたのだが、実際は彼のボヘミアンの様な生活信条(ヒッピーですね。)と過激な政治視点が攻撃の対象となった。

* In 1944 Charles Chaplin was prosecuted for having an affair with actress Joan Barry. The prosecution again provided cover for a politically motivated effort to drive Chaplin out of the country.

 1944年チャールズチャップリンは女優ジョアン バリーとの情事が理由で起訴される。この条令での起訴はここでも又政治的動機でチャップリンを国外追放する画策の隠れ蓑に使われた。

EJnews: チャップリンの進歩的思想に賛同した姿勢は米政府にとっては目障りだったのです。この女優ジョアンバリーは1995年になくなったそうですが、チャップリンとの関係があった直後に精神異常と診断され強制入院されたそうです。


* Canadian author Elizabeth Smart was arrested and charged in 1940 while crossing the border with the British poet George Barker.

 カナダ人作家エリザベス スマートは1940年に国境を英国人詩人と越え様としている所を逮捕され起訴された。

(3) The resources dedicated to the case in terms of prosecutors and investigators are extraordinary.

 この件(スピツァーの)について検事側に提供された資金、援助などは異常である。

(4) How the investigation got started. The Justice Department has yet to give a full account of why they were looking into Spitzer’s payments, and indeed the suggestion in the ABC account is that it didn’t have anything to do with a prostitution ring. The suggestion that this was driven by an IRS inquiry and involved a bank might heighten, rather than allay, concerns of a politically motivated prosecution.

 どの様にこの捜査が始まったか、どうしてスピツァーの支払いについて調べていたのか司法省は未だ全ての説明をしていない。実際ABCが示唆している様にこの件は売春組織とは何の関係も無い。この件は税務局の調査で推し進められていて銀行を巻き込んでいると言う暗示は政治的動機による起訴と言う懸念を高めている。

"The answer of the Justice Department to all this is likely to be: Trust us," Horton concludes. "This has nothing to do with Spitzer’s guilt or innocence. But it has everything to do with the fading integrity of the Public Integrity Section."
  
 『この件について全ての司法省の答えは恐らく“私達を信じてください”だ。』そしてホートンはこう締めくくっている。『この件はスピツァーが有罪か無罪かと言う事とは何の関係も無い、だがこれは全て公職公正局の色褪せて行く公正性と関係している。』ホートンは締めくくっている。

Ejnews: この話は始まったばかりで、ブッシュの大統領任期が切れ民主党が政権を取ると、ブッシュ時代の色々な事が捜査し直される可能性があるので、来年からニュースはもっと興味深くなると思います。唯、民主党も共和党と同じ穴のムジナなので何処まで徹底して出来るか分かりませんが。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ



テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

モンタナのバッドランド

butte1.jpg

Badlands of Montana between Butte and Bozeman
モンタナ州のビュートとボーズマンの間の荒野。
 ビュート市は銅の鉱山で発展した場所ですが今は昔と違ってすっかり寂れています。露天掘りの鉱山の後だと思いますが巨大な湖の様に残っています。
 ボーズマンはビッグスカイのスキーリゾートやフライフィッシングに行くときに此処の空港を使います。

butte2.jpg

Badlands of Montana between Butte and Bozeman

butte3.jpg

Badlands of Montana between Butte and Bozeman
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

日曜日の午後、ベヴァリーヒルズの景色

350

View of Beverly Hills from Canon Drive and Little Santa Monica toward Downtown Los Angeles
 キャノン ドライヴとリトル サンタ モニカ通りからロス アンジェルスのダウンタウンに向かってのベヴァりー ヒルズの風景。 
 
bh red bus 350

Rooftop view of Beverly Hills Post Office and City Hall with 24-carat gold dome (with red tour bus)
 郵便局と24カラットの金箔で飾られたドームを持つシティーホールのある屋上からのベヴァリーヒルズの風景。(赤い観光バスが見える) 
 今日は日曜日ですが普段の日曜日より車の交通量は少ないようでした。普段の生活ではアメリカが戦争をしている事は殆ど実感が湧きません。勿論、ブッシュ政権は.............................

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

誰が原子力発電の為に払うのか?

Who Pays for Nuclear Power?
誰が原子力発電の為に払うのか?

posted November 30, 2001 (web only) The Nation
2001年11月30日 ザ ネイション(ウエッブ オンリー)
Matt Bivens
ejnews: このザ ネイションのサイトの記事は随分古い記事ですが、日本の原子力発電が気になっているので日本の皆様にもアメリカの状態と比較して考えて頂きたいと思い記事を訳してみました。日本は地震が多く若し大規模の地震が起これば小さな国ですから放射能汚染が広がり、ロシアやアメリカの様に何処かに恒久的に避難と言うのもなかなか困難ではないかと心配しています。

If, God forbid, a nuclear power plant goes kaboom and you have to flee your home, then on top of all of the other problems you'll have, here are two more:
 若し原子力発電所が爆発して---本当に爆発しないで欲しいもんだけど---自宅から非難しなくてはいけないとすると、山積みの問題の上に今から説明する2つの問題に突き当たります。

Kaboom は爆発音を表します。ドカーン!ですね。
On top of ~の上に、~加えて、


1. Your homeowner's insurance will not reimburse you. This is because of the Price Anderson Act, which limits the liability of nuclear power plant operators to a tiny fraction of the potential costs of an accident--terrorist-sponsored or otherwise. The act prevents insurance companies from suing the nuclear power industry to recover damages--which is why they can't afford to include nuclear accidents in homeowner's coverage.

1 貴方の住宅総合保険は損害を保障しない。此れはプリンス-アンダーソン条令で原子力発電所経営者の支払う損害賠償の限度額が事故で起こると想定される被害額のほんの少しに定められているからです。其れは原因がテロリズムであろうと其れとも他の原因でもと言う事です。この条例は保険会社の損失の回収を目的とする原子力発電業界に対する訴訟を制限しているのです。この事が保険会社が住宅総合保険の補償内に原子力発電所の事故を入れられない理由です。

Reimburse  払い戻す、賠償する(保健などが費用を支払う事等)良く使われる単語です。
Operator ジャパングリッシュでオペレーターです。此処では経営者。
Power 電気   power generator.発電機
Afford ~の余裕がある、I can’t afford that kind of car.私はあんな車を持つ余裕がない。We can’t afford to lose this game.このゲームは落とせない。


2. You will, however, as a taxpayer be indirectly picking up the tab for the accident. Somebody has to--and the Price Anderson Act says it won't be the industry.

2. 然し、貴方は納税者として原発事故の付けを払っているのです。誰かが原発事故の後始末の費用を払わなければならないでしょう、然し、プライス-アンダーソン条令では後始末の費用を払うのは原発業界ではないと言う事です。

Tab 勘定書き、でpick up the tabは、皆の、誰かに代わって勘定を払うと言う意味。I ‘m gonna pick up the tab. Don’t worry.俺が払うよ、気にするな!となります。ところでI’m gonna はI am going toの日常会話形 です。

Price-Anderson, the nuclear power industry's 1950s-era insurance subsidy, is up for renewal, something that happens every fifteen years or so. And on a bleary, post-Thanksgiving Tuesday, November 27, the House Republicans sneaked it through. They did so under a format usually reserved for noncontroversial matters, like renaming post offices or court houses--"suspension of the rules"--which meant debates were limited to twenty minutes on each side, with no amendments and no record of the votes. Keith Ashdown, a spokesman for Taxpayers for Common Sense, called it "an abuse of the legislative process."

 プライス-アンダーソンこの1950年代の原子力業界への政府からの助成金制度は約50年毎にやって来る更新の時期に来ている。で、感謝祭の後の疲れ果て頭のボーットしている11月27日に下院共和党はこそ泥の様にこっそりとプライス-アンダーソン条令の無変更を決議してしまった。共和党は本来なら問題にならないと思われている議案の為に準備されている(例えば、郵便局、裁判所の名前の変更などの為の)簡略化された決議方法(suspension of the rulesルールを停止すると言う意味)を通して決議してしまった。議事は議論は対立する相互の議論時間を20分以内に限定する、条項の修正はない、投票の記録も取らない、と言う形で行われた。“常識を求めている納税者”Taxpayers for Common Senseと言う組織のスポークスマンのキース アッシダウン氏は『立法手続きの悪用だ!』と非難している。

Renewal 更新、期限の延長、日本では家の改装をする時にもリニューアルとジャパングリッシュにして使っている様ですが、この場合はremodelリモデル 型を直す、改装する、を使います。室内の飾り付けを変えるだけならredecorateリデコレイト。完全に建て直すならrebuild リビルド。

Considering that George W. Bush became President via the Supreme Court's equivalent of "suspension of the rules," it's unsurprising that the Administration was pleased. A White House statement praised the House vote, noting, "To assure the future of nuclear energy, liability coverage must continue for nuclear activities."

 ジョージ.W.ブッシュが最高裁判所のsuspension of the rules“ルールの停止”によって大統領に就任でできた事を考えると、ブッシュ政権がこの件に関して満足感を表明しているのは驚くに当たらない。ホワイトハウスは、下院の投票結果を賞賛し『原子力の将来を保障する為に損害補償適用条件の現状維持は堅持しなければならない』との声明を発表している。

So the White House--which launched the atomic "renaissance" now under way by talking up the virtues of nuclear power--makes the interesting admission that the nuclear industry could never survive in a free-market system.

 と言う事は、“原子力ルネッサンス”と言う政策とスローガンで原子力の価値宣伝しているホワイトハウスのプライス-アンダーソン条令を無理やりにでも堅持しなければならないと言う事実が、“原子力業界は自由市場では生存出来ない”と言う事を思いもよらない形で示した事になる。

For Price-Anderson to sail to the rescue of this poor widdle uncompetitive puddy-tat of an industry, the Democratic-controlled Senate also must agree. Majority leader Tom Daschle said on November 27 the topic might come up in January.

 プライス-アンダーソン条令が、この可愛そうな競争力の無い(原子力)業界の子猫ちゃんを救助出来る様に効果を発揮する為には、民主党主導の上院での賛成が不可欠である。多数派の議長トム ダッシェルは11月27日に『この事項は1月に議題の上って来るかも知れない。』と述べている。

Poor widdle puddy-tat 『可愛そうな子猫ちゃん』アメリカのワーナーブラザースアニメでツィーティーと言う名前の黄色いカナリアが言う台詞。
The little yellow canary bird that is the eternal target of Sylvester the Cat.
このちさい黄色のカナリアはシルヴェスターと言う猫の永遠のターゲットです。


Congress is pondering ways to shore up security and safety at the nation's nuclear power plants, from stockpiling medicines for radiation poisoning to expanding emergency evacuation plans. But the dark horse coming up fast is something else: an industry-favored piece of legislation that, in the unfortunate event of a nuclear catastrophe, makes damn sure that someone else foots the cost.

 議会は原子力発電所の安全保障について、放射線症薬の備蓄、緊急避難計画の拡大等の手段で強化する事を検討している。然し、それとは別に誰も予想していなかった何か悪い事が起ころうとしている。其れは原子力業界の大好きな立法懸案で、其れは“不幸にも原子力カタストロフィー(大規模事故)の起こった場合には絶対に業界では無い誰かが付けを払う”と言う条項です。
But the dark horse coming up fast is something else,のthe dark horse何か悪い事coming up fast気が付かないうちに。

When it comes to improving security, the industry's critics are active. Massachusetts Democrat Edward Markey has introduced a bill in the House to create potassium iodide stockpiles near nuclear power plants. Potassium iodide was administered in 1986 to Soviet children who were near the Chernobyl disaster, and is credited with preventing thousands of thyroid cancers among them. "Potassium iodide is to radiation exposure what Cipro is to anthrax," Markey said in a statement.

 安全保障の強化の話になると、業界の批判家達は活動的になりマサチューセッツの民主党エドワード マーケイはヨー化カリウムの原子力発電所周辺での備蓄の法案を上院に提出している。ヨー化カリウムはソ連時代の1986年チェルノビル事故で周辺の子供達に投与され数千の子供達を甲状腺癌から救った事が評価されている。『ヨー化カリウムの放射能症に対しての関係は、アンソラックスに対してシプロのと同じ様な物だ。』と声明は述べている。

Ciproシプロは生物兵器のアンソラックス菌に有効な抗生物質。

New York Senator Hillary Clinton also has called for potassium iodide stockpiles, along with a plan to evacuate New York City should anything--terrorist-sponsored or otherwise--go wrong at the Indian Point nuclear power plant, just 40 miles up the Hudson River from Manhattan. Clinton and her Democratic colleague from Nevada, Harry Reid, also favor legislation to federalize nuclear plant security, a la the airports.

 ニューヨークのヒラリー クリントン上院議員もマンハッタンからハドソン川の僅か40マイル上流のインディアン ポイント原子力発電所に、テロリズム若しくは他の原因で事故が起きた場合のニューヨークの避難計画と共にヨー化カリウムの備蓄を提唱している。クリントン議員と共にネヴァダ州の同僚ハリー リード民主党議員も原子力発電安全管理を空港の様に連邦政府の管轄下に置く事を立法化する事に賛成している。 
 
But talk is cheap, and the action will start Tuesday, November 27, on the House Floor. Louisiana Republican Billy Tauzin has scheduled a vote on HR 2983, a bill to renew the Price-Anderson Act, a 1950s-era insurance subsidy for the nuclear power industry that expires next summer. Tauzin's Commerce Committee tentatively approved the bill in a debate-free Halloween-day voice vote; on Tuesday, the bill will come before the full House for an up-down vote, under rules limiting debate and prohibiting amendments.

 然し、話すのは簡単、行動は議会で1月27日火曜日にはじまる。ルイジアナ共和党ビリー タウジンはこの夏に期限が切れる1950年代の原子力発電業界の保障為の補助金プライス-アンダーソン条令を更新するHR2983を投票かける様に予定している。タウジンの商業委員会はこの条例を議論なしでハローウィンの日にvoice voteで暫定的に承認した。この議案は議員全員の出席した議会で制限つきの討論と条例事項改正抜きで採決される。

Voice vote ヴォイス ヴォートとは議長が『この法案に反対の議員はイエスと言って下さい!』とかと言って票決する方法。誰が何に投票したか記録が残らない票決の方法でこの方法を取らなければいけない議会、委員会などの動機が怪しまれる方法だそうです。

Up-down vote アップ ダウン ヴォートとはclean voteクリーンヴォートとも呼ばれ議員は単にイエスかノーの投票をする。

"Well, now isn't this just like the nuclear industry and its allies, bringing us a real turkey for Thanksgiving?" complains a statement by Public Citizen, the consumer advocacy group. "Attaching a controversial piece of legislation to unrelated legislation, just after a major national holiday, without debate, about limiting industry liability on hundreds of nuclear reactors after the September 11th tragedy?"

 『う~ん!じゃあ、此れ、原子力業界とその仲間達が感謝祭に本物の七面鳥を俺達にプレゼントに持ってくるって事と同じ事?』と文句を言っているのはパブリック シティズン(公市民)消費者支持団体『9/11の悲劇の後に、数百に上る原子炉に付いての業界の義務を制限するこの問題のある法律を関係の無い法律にくっ付けて、議論なしに然も大きな祭日の直ぐ後に“こっそり議会を通過させようとしている。”』

パブリック シチズン(公?一般?市民)----消費者運動で有名なラルフネイダーの創始した団体。若しネイダーがいなかったらシートベルトを含めた自動車の安全性等をはじめ消費者の権利の確立などが非常に遅れることになったでしょう。彼は消費者保護運動だけでなく民主主義の偉大な支持、推進者です。

Insurers are pros at assessing risk; when the federal government started talking up civilian nuclear power plants in the 1950s, insurers assessed the risks and ran for cover. Enter the 1957 Price-Anderson act, which today limits the nuclear industry's collective liability for any mishaps to a ballpark of about $12 billion. For comparison, estimates of the costs of Chernobyl run to about thirty times that; while a 1982 study by the Sandia National Laboratories suggested the cost of a major US nuclear accident would run to more than forty times the industry's current liability cap (in today's dollars). That's to say nothing of the human costs in immediate deaths and long-term cancers.

 保険業者は危険性を査定する事につけてはプロである。1950年代、連邦政府が民間(企業の)原子力発電の事を熱心に話し始めた時、保険業者は危険性の査定をしそしてとっとと逃げ去ってしまった。1957年プライス-アンダーソン条令が定められ、其れによると現在如何なる事故に付いての業界の集団責務の上限を約120億ドルと定めている。比較すると、見積もりされたチェルノビルのコストはプライス-アンダーソンの業界の責務の訳30倍、1982年のサンディア国家研究所の研究では、合衆国での大きな原子力発電に関係した事故のコストは現在の業界の責務の上限の40倍以上になるとの事である。其れは事故直後の死傷者、長期的な癌患者の事など人間への被害を考慮しないでの見積もりである。

What happens if HR 2983 is voted down, and Price-Anderson not renewed? Most likely, no new nuclear power plants would be built. As even Vice President Dick Cheney has conceded, without Price-Anderson's security, "Nobody's going to invest in nuclear power." Voting down HR 2983 would in particular drive a stake through the heart of projects like the new-fangled Pebble Bed Modular Reactor--a most terrorist-friendly power plant, because its designs don't include a concrete containment building around the reactor.

 若しHR2983が否決されプライスアンダーソン条令が更新されないと何が起こるのだろう?恐らく新しい原子力発電所は一基も建設されないだろう。副大統領ディックチェイニーでさえプライスアンダーソンと言う保障なくしては誰も原子力発電に投資しないだろう”と認めている。HR2983の否決は、特に新しい今流行のぺブル.ベッド.モヂュラー.リアクターの様なテロリストに親切なプロジェクトの心臓に杭を打ち込む事になるだろう、なぜならこのデザイン(設計図)はリアクターを覆う拡散防止の為のコンクリートの建物が含まれてないからだ。

Pebble Bed Modular Reactor (PBMR)ドイツで開発されたTHTRと言うリアクターから発展した水を使わないリアクター。

But with or without HR 2983, existing nuclear plants keep their insurance breaks--and, no doubt, industry spokespeople will continue to boast that taxpayer-subsidized nuclear power is "cheap." Congress could, of course, revoke those protections, and force the industry to buy its own insurance--i.e., to pay its own way. But no one in Congress is seriously discussing such radical free-market shock therapy.

 しかしHR2983を考慮に入れなくても、今存在している原子力発電所は事故災害のための保険を軽減され続け、そして疑いなく業界を擁護している人達は納税者によって補助されている原子力発電は安いと言い自慢し続けるだろう。議会はもちろん補助を無効にし、そして業界に彼ら自身で保険を購入させる事も出来る。他の言い方をすると、自分のことは自分で払うと言う事。しかし議会の誰もその様な過激な自由市場ショック セラピーの事を真剣には議論していない。

ejnews:この記事は皮肉な書き方をしているので、原子力発電業界を国民からの税金を使って保護している政府は当然企業が従わなければならない自分の経営費用(この場合は損害賠償の費用)は自分で払うと言う資本主義自由市場ルールを原子力業界には当てはめない事に対して、普通の自由市場のルールも業界や政治家達には“過激な自由市場ショックセラピー”と受け止められていると皮肉な言い方で表現している。

The Price-Anderson Act from Wikipedia
ザ プライス-アンダーソン条令についてウィキペディアより。


The Price-Anderson Nuclear Industries Indemnity Act (commonly called the Price-Anderson Act) is a United States federal law, first passed in 1957 and since renewed several times, which governs liability-related issues for all non-military nuclear facilities constructed in the United States before 2026. The main purpose of the Act is to partially indemnify the nuclear industry against liability claims arising from nuclear incidents while still ensuring compensation coverage for the general public. The Act establishes a no fault insurance-type system in which the first $10 billion is industry-funded as described in the Act (any claims above the $10 billion would be covered by the federal government). At the time of the Act's passing, it was considered necessary as an incentive for the private production of nuclear power — this was because investors were unwilling to accept the then-unquantified risks of nuclear energy without some limitation on their liability.

 ザ プライス-アンダーソン原子力業界補償条令(一般にはザ プライス-アンダーソン条令と呼ばれている。)は米合衆国連邦法、2026年以前に合衆国内に建設された軍事関係以外の全ての原子力関係の設備に関する補償賠償問題を取り扱う。1957年に始めて条例となり、その後数回更新される。条令の主な目的は原子力業界を原子力事故から生ずる賠償責任を部分的に免除する事し、同時に一般国民に対する補償、賠償を保障する事である。条令は無過失損害賠償タイプのシステムで条令に示されている様に100億ドルは業界が支払い資金を供給し(100億ドルを越す賠償は連邦政府が供給する)。条令が議会で審議されていた当時は、民間の原子力発電の奨励策として必要だと考えられていた。-----その理由は、投資家は当時原子力発電に関する数字的、量的、予想が不可能だった危険度の賠償負担に何等かの制限無しに受け入れる事を拒んだ為である。

The Act has been criticized by a number of groups, including many consumer protection groups. In 1978, the Act survived a constitutional challenge in the Supreme Court case Duke Power Co. v. Carolina Environmental Study Group (see below). The Act was last renewed in 2005 for a 20-year period.

 この条令は消費者擁護団体を含めた数々のグループに批判されている。1978年、最高裁での憲法上の異議、無効議論(Duke Power Co. v. Carolina Environmental Study Group デューク パウアー コーポレーション対カロライナ環境研究グループ)を経て生き残り、2005年に20年間の更新が決まった。

ejnews: 

1:つまりアメリカでは原子力発電は事故が起こった時の賠償額が巨額すぎて保険会社が保証しないと言う事。

2:だから業界が賠償の為に資金を出ししかも当然100億ドルでは少な過ぎるので税金を賠償の為に使うと言う事。

3:原子力発電所の事故は住宅保険では補償対象になっていない!?と言う事。??????

 日本ではどうなっていますか?これれじゃなんだかアメリカでは企業の言い成りになっているみたいですね。それに私の読んだ記事時によると、若し石油、石炭が無くなって原子力発電に頼らなければならないとしても、ウラニウムなどは希少鉱物で世界中で争奪戦になり結局従来の発電方法に取って代わる事は出来ないと言う事だそうです。しかも原子力発電とは原子力の御鍋でお湯を沸かしその蒸気でタービンを回して発電しているのですから、唯の発電としてはリスクが異常に大きいと言うか、馬鹿馬鹿しいと言うか唖然とする様な発電方法なのです。しかも、ウラニウムなどを抽出精製するのに莫大なエネルギーを使うので効率と言う面、環境汚染と言う面からもからも馬鹿馬鹿しい方法だそうです。此れは数年前にラジオで聞いたニュースでしたが、アメリカでは原子力発電所で使われていた被爆汚染された金属を中国に屑鉄等として売っているそうです。中国ではそれでフォーク,スプーンを含めて色々な製品を製造しているとの事でした。勿論、他の材料に混ぜるので放射線放出量は少ないとの説明でした!?!?!?!?。其の他にも、使用後の核燃料の保管所に決められていたユカ山の地下保管所も予想されていたよりも不安定で、然も全国から使用済み燃料をトラックや列車で運んで来る訳ですから当然事故が考えられます。他にも、ネヴァダ州民は原子力発電の恩恵を余り受けてないのでアメリカ全体の犠牲にはなりたくないと言った事などでもめている様です。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
FC2 Blog Ranking

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。