スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米が危ない!と言っても米合衆国の話ではありません。

Golden Rice: A dangerous
experiment
ゴールデンライス:危険な実験。


http://www.bangmfood.org/feed-the-world/17-feeding-the-world/37-golden-rice-a-dangerous-experiment

In February 2009 a group of 22 international scientists and experts addressed an open letter to Prof Robert Russell at Tufts University School of Medicine, who is in charge of clinical trials on GM Golden Rice, protesting at clinical trials of GM Golden Rice being conducted on adults and children.[1]
2009年2月、国際的な22人の科学者達と専門家達のグループはゴールデンライスの臨床実験を担当しているタフト医科大学のロバートラッセル教授に成人と児童達を使っての遺伝子操作されたゴールデンライス臨床実験に対しての抗議の声明をオープンレターで発表した。

The authors say that the trials breach the Nuremberg Code, brought in at the end of World War II to prevent any repetition of the experiments conducted on people by Nazi scientists.
ゴールデンライスについての専門家は此の臨床実験はナチ党の科学者による人体実験を予防する為、第二次世界大戦終了時に制定されたニュールンベルグ規約に違反していると述べている。

The authors say that Golden Rice:
(ゴールデンライスについて批判している)著者は以下の事を述べている。

* is inadequately described in terms of biological and biochemical makeup
ゴールデンライスは生物学的な、そして生物学的構成要素について説明不足である。

* has not been shown to be stable over time – GM crops have been found to be unstable in that their genetic makeup as revealed in tests has differed from that described by the company and scrambling of the genome at the site of insertion sometimes occurs[2]
ゴールデンライスは長期栽培では不安定である。GM農作物は(GM作物の開発をしている)会社の説明とは違い実験で確かめられた様に遺伝子構成が不安定である。そして遺伝子が挿入された部分の配置変化が時々発生する。

* has never been through a regulatory /approvals process anywhere in the world.
ゴールデンライスは世界中何処でも法的認可の過程を経ていない。

The authors’ concerns are backed by a large body of evidence showing that GM crop/food production produces unintended effects, which can result in damage to health when GM foods are fed to animals.[3] There is no evidence to suggest that Golden Rice is any safer than these GM foods.
(ゴールデンライスについて批判している)著者達の懸念はGM農作物/食品生産手段は意図しない結果を招くと言う、GM食品が動物に与えられた時に結果として起こる健康障害による多くの証拠に裏付けられている。ゴールデンライスはこれ等のGM食品よりも安全であると言う事を示す何の証拠も無い。

The authors of the letter to Prof Robert Russell protesting at the Golden Rice human feeding trials conclude, “We can assure you that such trials would not have been approved within the European Union in the absence of safety information, which highlights yet again the flaw of the USDA and FDA regulatory system in considering GM crops/foods as hypothetically “generally recognised as safe – GRAS” in the absence of hard experimental data.”
ゴールデンライスの人間に食べさせる実験に付いてのロバートラッセル教授への手紙の著者達は『安全性についての情報の欠如によりこの様な実験は欧州連合内EUでは許可た事が無い事を我々は保証する。此の事は又、実験による確実なデータの欠如にも拘らずGM農作物/食品が仮定的に安全であると一般的に認識されている(GRAS)事によってUSDA米農務省とFDA食品医薬品局の規制システムの欠陥を強調している。』と締め括っている。

This is not the first time that clinical trials of Golden Rice have become mired in controversy. In the summer of 2008 it was reported that a clinical trial on Golden Rice was cut short in China in July 2008, when the government found that 24 children 6-8 years of age at a primary school in Henyan, Hunan, were to be used as guinea pigs.[4]
ゴールデンライスの臨床実験が議論の対象として物議を醸し出したのは今回が初めてではない。2008年の夏7月、中国フーナン州ヘンヤン市で24人の6歳~8歳の小学生がモルモットとして使われているのを中国政府が発見した事でゴールデンライスの臨床実験が中止されたと報道された。

Golden Rice not proven safe to eat
ゴールデンライスは食用に安全であると証明されていない。


When pharmaceutical drugs are tested for safety, they are first tested on animals. Only if animal studies reveal no harmful effects is the drug further tested on human volunteers. If animal tests with a drug were to yield results similar to those seen in feeding studies carried out with GM foods, the drug would most likely be disqualified for further development. Golden Rice has never been subjected to feeding trials on animals. It is therefore criminally irresponsible to test it on humans.
製薬会社の医薬品が安全性の為にテストされる場合先ず最初に動物で試される。動物実験で害を与える結果が出ない時に限りヴォランティアーを使って人体実験が行われる。若し或る薬品の動物実験がGM食品を動物に与える研究と同様の結果を出す場合は、恐らく其の薬品は其れ以上のテストを受ける資格を失うだろう。ゴールデンライスは未だに動物に飼料として与える試験の対象に一度もなった事がない。だからゴールデンライスの人体実験は犯罪的に無責任である。

The absence of animal testing data on Golden Rice is especially worrying as Golden Rice is engineered to overproduce beta carotene, and studies show that some retinoids derived from beta carotene are toxic and cause birth defects.[5][6][7][8][9] In particular, high concentrations of the retinoid called retinol are toxic.[10]
ゴールデンライスはビタミンAを過大生産する為に(遺伝子)技術的に作り出されているので動物実験のデータの欠如は特に懸念を起こさせる。そして研究はベータカロチンから抽出されたある種のレチノイドは有毒で先天性欠損症を起こす事を示している。特に高濃度のレチノールと呼ばれるレチノイドは有毒である。

One of the breakdown products of beta-carotene, RA, is biologically active at much lower concentrations than retinol, and for this reason excess RA or RA derivatives are extremely dangerous, particularly to infants and during pregnancy.[11]
ベータカロチンの分解した物質の1つRAは生物学的にレチノールよりもより希薄な濃度で活性化し、此の理由で必要以上のRAやRA派生物質は非常に危険であり、特に幼児と妊娠期間には危険である。

In his review of GM nutritionally enhanced plants, David R. Schubert of Cellular Neurobiology Laboratory, The Salk Institute for Biological Studies, La Jolla, California, argues that “rigorous, multigenerational animal safety assessments with the hope of identifying risks to health” are needed for all such plants before they are commercialized.[12]
カリフォルニア州ラホヤ市サルク生物学研究機関の細胞神経生物学研究所のディヴィッドRシューバート氏は彼の栄養補強された遺伝子操作植物に対しての評価で『健康に対する危険性が特定される事を期待した複数世代に亘る厳格な安全性の評価』がその様な植物には商品化される前に必要であると議論している。

Defenders of Golden Rice have claimed that as humans and not animals are the intended consumers, animal feeding trials are unnecessary.
ゴールデンライスの擁護者達は人間として、動物は消費者と意図されていないので動物飼育実験は不必要であると宣言している。

This argument is a common one from advocates of GM, but it is fatally flawed. It is true that animal feeding trials on Golden Rice may not answer the questions of how much vitamin A humans would derive from eating the rice and how effective it would be in solving vitamin A deficiency in humans. But when it comes to testing for toxic effects, animal feeding trials have been found to be a valuable indicator.
此の議論はGM技術擁護者達から聞く普通の議論であるが致死的な欠陥がある。ゴールデンライスの動物飼育実験で“人間がどれだけビタミンAをゴールデンライスを食べる事によって摂取出来るのか?”とか“人間のビタミンA 欠乏症問題解決にどれだけ効果的か?”と言う問いへ答える事が出来ない可能性の有る事は事実である。然し、毒物効果のテストの話になると動物飼育実験は貴重な目安である事が知られている。

It is especially important to carry out such toxicological testing on GM foods because unexpected toxins or allergens may arise from the GM process itself. These may result from genetic disruptions or disturbed biochemistry arising from new enzyme activities in a place where they do not normally occur. The same enzyme working in different plant hosts and cellular environments, as is the case with Golden Rice, can participate in different biochemical reactions – and produce by-products that affect health.
遺伝子組み換え過程其のものから予期されなかった毒性やアレルギー性が発生可能であり毒性の試験を行う事は遺伝子組み換え食物(農作物)では特に重要である。これ等(毒性やアレルギー物質)は遺伝子的切断や有機化学物質妨害によって普通起こらない場所に新しい酵素の活動が起こる事によって発生する。ゴールデンライスと同様に、同一の酵素が他種の植物と其の分子的環境で機能する事は、異種の有機化学反応を共有する事で健康に影響する副産物を生産する。

For these reasons, animal testing is the standard investigation performed to assess possible toxicity both in drugs and in new GM foods. Why should Golden Rice be an exception?
この様な理由で薬品と新種の遺伝子操作食品両方の毒性についての可能性を評価する動物実験は標準化された調査なのである。如何してゴールデンライスは例外なのだろうか?

With regard to testing for efficacy and assimilation of the beta-carotene in Golden Rice, defenders of the product say that beta-carotene is broken down differently in animals than in humans and so animal testing is irrelevant. But ferrets have been identified by researchers as animals that break down beta-carotene in a similar way to humans.[13] Why has efficacy and assimilation not been tested on them?

ゴールデンライスのベーターカロチンの有効性と(人体への)吸収性についてのテストに関してはゴールデンライスの擁護者達はベータカロチンは動物では人体内とは違った分解のし方をするので動物実験は重要ではないと言っている。然し、研究者によって白鼬は動物としては人間と同様のベータカロチンの分解をする事が発見されている。如何して有効性と吸収性が白鼬を使ってテストされていないのだろうか?

Golden Rice appears to have escaped animal testing because of the pervasive attitude to GM in the USA, which was initiated and perpetuated by industry in partnership with government. Under the US system, GM crops and foods are classed as "GRAS" (Generally Recognised As Safe). This is a completely theoretical evaluation which means that industry can do no safety testing at all and still get products approved.
企業と政府がパートナーとなる事によって始められ永続化されている米国内の遺伝子組み換え作物への蔓延している態度によってゴールデンライスは動物実験から逃れる事が出来た様に見受けられる。米国のシステムでは遺伝子組み換え作物と食品は“GRAS”(一般的に安全と認識される)と分類されている。此れは完全な学術的評価であって企業は安全性のテストをしなくても製品が(製造販売の)許可を得られるのである。

Tellingly, on the Golden Rice Humanitarian Board website (www.goldenrice.org), the header for the section "Tests performed on Golden Rice" reads, "It's just rice". The unnamed authors claim, "Detailed molecular analyses have failed to find new allergens showing up as a consequence of having introduced a new gene into a plant, and determination of the expression levels of ten-thousands of genes have also shown that the only changes encountered are related to the introduced genes and those involved in related metabolic pathways." But no data have been published to enable independent scientists and the public to evaluate these claims. As one scientist told GMWatch, "If data isn't published, it doesn't exist."
更に、ゴールデンライス人道主義委員会のウエッブサイトには(www.goldenrice.org)、“ゴールデンライスにされたテスト”の部分の冒頭で“此れは単なる米だ!”とある。無記名の著者は『仔細に行われた分子レベルでの研究では新しい遺伝子の挿入による新しいアレルギー物質は見つからなかった。そして何千何万の遺伝子のエクスプレッションレヴェルの測定での変化は挿入された遺伝子の部分だけであったそしてそれらは代謝経路に関する部分に関連している。』と書いてある。然しゴールデンライスに関係していない科学者や他の人々がこれ等の主張を評価出来る何等のデータも発表されていない。『若しデータが発表されていない時は、データは存在しない。』と或る科学者はGMワッチに語っている。

Bizarrely, the "Research on Health Effects" section of the Golden Rice website lists publications NOT on Golden Rice but on general research on the health effects of vitamin A. Even more bizarrely, the main publications listed are by the United Nations (UN) and the World Health Organisation (WHO). The UN and WHO report success from their long-running programmes to combat vitamin A deficiency (VAD) in those places where they have been implemented. These tried-and-tested programmes involve cheap, traditional, and readily available solutions such as vitamin A supplements and encouraging home growing of vitamin A-rich leafy green vegetables. Golden Rice has never been a part of these programmes. Yet in a sleight-of-hand that has become all too typical in the GM industry, the Golden Rice Humanitarian Board is using data from those programmes to promote its risky, heavily patented, and expensive technological 'solution' to VAD!
不思議な事にゴールデンライスのウエッブサイトにある“健康への影響についての研究”の欄ではゴールデンライスに付いてではなくビタミンAの健康への影響についての一般的な研究が載せられている。もっと不思議な事には(此のサイトで使われている)主な既に発表されている記事のリストは国連と国際保険機関(WHO)によって発表された物である。国連と国際保険機関は長期間行われているプログラム、ビタミンA 欠乏症に対する戦いが実施されている地域での成功を報告している。これ等の実際に試され成功したプログラムは安価な伝統的で誰でも手に入れ易いビタミンAサプリメントやビタミンAを多く含む緑色野菜の栽培の奨励等の解決方法を含んでいる。ゴールデンライスは一度もこれ等のプログラムの一部になった事は無い。然し、遺伝子組み換え業界の典型的な方法となった巧妙な誤魔化しで“ゴールデンライス人道委員会”はこれ等の(国連と国際保険機関)データを利用し危険で多くの特許権が取られている、そして高価な技術的解決法をビタミンA 欠乏症問題に持ち込んでいる。

sleight-of-hand 巧妙な誤魔化し。

Golden Rice not proven safe for the environment
環境の為にゴールデンライスは安全であると確かめられていない。

No data have been published on the environmental risks of Golden Rice. These may include the possibility that the rice will cross-pollinate with other cultivated rice and wild rice.
ゴールデンライスの環境への危険性についてのデータは全く発表されていない。其の危険性はゴールデンライスが花粉で他の栽培品種の稲や野生種の稲と交配する事を含んでいる。

Golden Rice not proven effective
ゴールデンライスは効果的であると証明されていない。

No data have been published on how much beta-carotene is in the rice after four weeks of storage and 20 minutes of cooking.
4週間の保管そして20分の加熱調理の後似どれだけのベータカロチンが此のゴールデンライス米に含まれているかについてのデータは全く発表されていない。

It’s important to note that Golden Rice does not contain vitamin A, but a vitamin A precursor, beta-carotene, that needs to be converted by the body into usable vitamin A.
ゴールデンライスはビタミンAを含んでいない。然し、体内でビタミンAに変化されなければならないビタミンAになる前の段階の物質ベータカロチンが含まれていると言う事実は覚えておく必要がある。

No data have been published on the bioavailability and conversion into vitamin A of the beta-carotene in Golden Rice – how much is actually taken up and converted into a useful nutrient by the body.
ゴールデンライスに含まれているベータカロチンが生物にとってどれだけ利用出来るのか、そして其のビタミンAへの変換率等のデータは全く発表されていない。

No data have been published on the bioavailability and conversion into vitamin A of the beta-carotene in Golden Rice in people who are deficient in other nutrients. The target consumers of Golden Rice are the malnourished, but these people are lacking in many nutrients, some of which (e.g. fats and iron) are necessary for the uptake and use of beta-carotene. This fact undermines the entire “single nutrient” assumption behind the Golden Rice project.
ゴールデンライスに含まれているベータカロチンが他の種々の栄養素が欠乏している人々にどれだけ利用出来るのか、そして其のビタミンAへの変換率等のデータは全く発表されていない。ゴールデンライスの消費者として狙われている人々は栄養失調で多くの栄養が不足していて、其の中の例えば脂肪や鉄分はベータカロチンの吸収と体内での利用に必須の物である。此の事実(他の栄養素が欠乏している場合ベータカロチンはビタミンAに変換されない)はゴールデンライスプロジェクトの背景にある“単一の栄養素”と言う前提全体を否定する物である。


e.g. (exempli gratia )はラテン語で 英語のfor example(例えば)と言う意味。



Better alternatives are available
他の効果的な代替手段が存在する。


"GE rice could, if introduced on a large scale, exacerbate malnutrition and undermine food security because it encourages a diet based on a single industrial staple food rather than upon the reintroduction of the many vitamin-rich food plants with high nutritional value that are cheap and already available." – Professor Klaus Becker, University of Hohenheim, Germany
若し遺伝子操作された米が大規模に導入されると栄養欠乏症を悪化させ食料の保全を揺るがす事になる。何故なら既に入手可能な安価で高栄養価の多くのビタミンが多い野菜の再導入に較べて単一の工業的主食に食生活を依存させる事を促進するからだ。
------------クラウスベッカー教授・ホーヘンハイム大学

“Real-world studies [on Golden Rice] are still lacking, says WHO malnutrition expert Francesco Branca, noting that it’s unclear how many people will plant, buy, and eat golden rice. He says giving out supplements, fortifying existing foods with vitamin A, and teaching people to grow carrots or certain leafy vegetables are, for now, more promising ways to fight the problem.” [14]
『実際の環境下でのゴールデンライスの研究は未だに数が不足している』とWHOの栄養欠乏症の専門家フランセスコブランカはどれだけの人口がゴールデンライスを栽培し、買い、食べるのか不明であると引用しながら語った。サプリメントを配り、ビタミンAで現在既に入手できる食品を強化し、人参や特定の緑色野菜の栽培を人々に教育する事が現在の所此の問題と戦う(成功が予測されている)効果的な方法であると彼は言っている。

WHO launched its strategy to combat vitamin A deficiency (VAD) in 1998. It describes the strategy as follows: [15]
世界保健機構はビタミンA 欠乏症に対処する手段を1998年に発表した。其の手段とは下記である。

*promoting breastfeeding, as breast milk is a natural source of vitamin A and protects babies from VAD
母乳は自然の与えたビタミンAの源で乳児をビタミンA欠乏症から保護すると言う理由でビタミンAを奨励する。

*supplying high-dose vitamin A supplements for deficient children. This has proven a simple and low-cost intervention that has produced remarkable results, reducing mortality by 23% overall and by up to 50% for acute measles sufferers
濃度の高いビタミンAを欠乏症の子供達に配布する。此れは死亡率を平均23%低下させ麻疹患者の場合では50%と言う特筆すべき結果を上げる簡単で安価な証明されている仲介である。

*food fortification, which takes over where supplementation leaves off. Sugar fortified with vitamin A in Guatemala maintains vitamin A status, especially for high-risk groups and needy families.
食品の栄養強化(添加)はサプリメント配布で達成出来ない部分を補う。ガテマラでのビタミンAを添加された砂糖は特にビタミンA欠乏が最も心配されている集団と低所得層でビタミンAの平均摂取を保っている。

*cultivating the garden is the next phase necessary to achieve long-term results. For vulnerable rural families, for instance in Africa and South-East Asia, growing fruits and vegetables in home gardens enables a diverse diet and contributes to better lifelong health. This is backed by research in South Africa. A home-gardening program that was integrated with nutrition education, and focused on the production of yellow and dark-green leafy vegetables, significantly improved the vitamin A status of 2-5-year-old children in a rural village in South Africa. [16]
家庭菜園は長期的な結果に到達する為の次の必要な局面である。例えばアフリカや東南アジアのビタミン欠乏症に影響され易い地方の家族にとっては家庭菜園で果物や野菜を栽培する事は豊富な食品の種類を可能にし生涯での健康に貢献する。此れは南アフリカの研究で証明されている。家庭菜園プログラムは栄養教育に含まれていて、黄色、濃い緑色の葉野菜の栽培に力を入れる事は南アフリカの地方の村の2~5歳の児童でビタミンAの平均値を向上させている。

Changing agricultural models have contributed to vitamin A deficiency
農業形態変化がビタミンA欠乏症の一因となった。


Interestingly, WHO’s recommended practice of growing beta-carotene-rich leafy vegetables in home gardens was common in developing countries before the arrival of World Bank, IMF and other Western-backed programmes that forced farmers into growing cash crops for export. This fact is recognized in a World Bank report, which notes, “Cash crops are useful for generating income but export vegetables may not be meeting local demand for micronutrient-rich foods.”
興味深い事に、ワールドバンク、IMFや他の欧米の金融機関が支持しているプログラムがでしゃばり出し農民に現金収入になる輸出用農作物栽培を押し付ける前には、国際保険機関の奨励しているベータカロチンを豊富に含む緑色野菜の家庭菜園での栽培は発展途上国では一般的に行われていた。
此の事実はワールドバンクの報告で認識されていて、其の報告は『現金収入に繋がる農作物は収入を造り出す為には有効ではあるが野菜の輸出は特定の地方の微量栄養素の豊富な食品の需要を満たさない可能性がある。』とあり

The report also says, “Home gardens can be both a major household food resource and a source of income. It recognizes that the role of home gardens in solving nutrient deficiencies have been ignored by policy makers because they lack the status of marketed crops (and often do not appear on any economic balance sheet). Home gardens are also frequently the domain of women, which further reduces their status.[17]
此の報告は又『家庭菜園は重要な家庭用の食品源、そして収入源の両方になる可能性がある。栄養失調解決の為の家庭菜園の役割は、家庭菜園で栽培される野菜が市場での商品としてのステイタスが無かった為政策担当者達によって無視されてきた。(そして、多くの場合どの経済収支報告にも現れないのである)又、家庭菜園は多くの場合女性達の領域と言う理由で其の(家庭菜園)ステイタスはより低くなっている。

It is ironic that Golden Rice is a “solution” promoted by Western interests to a problem that was arguably generated by Western interests in the first place.
皮肉な話ではあるが、欧米利権によってゴールデンライスが解決策としてプロモートされている問題は殆ど議論の余地の無いほど元々欧米利権によって起こされた問題なのである。


GMWatch May 2009

ejnews:又遺伝子組み換え技術についての話題ですで、此の記事は日本人には直接関係無いと思われるかもしれません。しかし食料の約60%を輸入に頼っている現状では、何時この様な遺伝子操作され安全性の確認されていない食品が種々の加工食品に含まれ輸入されるのか解からないのです。其の他にも東南アジアでこの様なGM稲品種を大規模に栽培され始めると、日本で栽培されている稲種に花粉による遺伝子汚染が何時起こるか予期出来ないのです。玉蜀黍の原産国メキシコではモンサントによる遺伝子組み換え玉蜀黍による遺伝子汚染が確実に進んでいる様ですが(玉蜀黍遺伝子汚染はモンサント等の企業による計画的犯罪の可能性もあるようです)日本の稲作を遺伝子組み換え技術から守る為に我々日本人はゴールデンライスの栽培には大声を上げて反対すべきではないではないでしょうか?
 そして、ゴールデンライス関連の下記の様な資本層による食料を利用して利益と支配追及をしているとの記事も見受けられますが、ロックフェラーは常に陰謀論関係の記事でターゲットにされていますので今回はロックフェラーの関係していない記事を紹介してみました。下記のロックフェラーが関係している記事の冒頭だけ紹介して置きます。又時間のあるときに全文翻訳します。


Beyond Golden Rice:
The Rockefeller Foundation's long-
term agenda behind Genetically
Modified Food
ゴールデンライスの彼方に:ロックフェラー財団の長期計略“遺伝子組み換え食物”の裏に。


Informationliberationと言うサイトより。

Jurriaan Maessen

http://www.informationliberation.com/?id=26822

‘A total population of 250-300 million people, a 95% decline from present levels, would be ideal.’ – Ted Turner to Audubon Magazine, 1996
『全人口2億5千万~3億人、現在の水準より95%減此れは理想的ではないだろうか』テッドターナー、オドュボーン誌、1996年。

In an April 18th 2009 article on the development of GM-Food for the African continent, ‘Strange Fruit: Could genetically modified foods offer a solution to the world’s food crisis? the author mentions that the Rockefeller Foundation has recently set out to fund the process of ‘biofortified rice’ for third world nations, invented by a Swiss scientist named Ingo Potrykus.
2009年4月18日、アフリカ大陸の為のGM食物の開発の記事“ストレンジ フルーツ:遺伝子組み換え食品は世界の食糧危機について解答を与えるのだろうか?”の著者はスイスの科学者インゴ ポトリスクによって開発された生物学的に補強された米を発展途上国の為に処理する資金をロックフェラー財団が最近設立した事に言及している。

In 2000 a Swiss scientist named Ingo Potrykus modified rice, adding a bacterial gene and two genes from the daffodil, to add Vitamin A to rice. His plan was to find an easy way of countering the vitamin deficiency which causes blindness in around half a million people, mainly children, every year. Half of them die within 12 months of going blind and others die of diseases such as malaria because the deficiency affects their immune system. Professor Potrykus called his invention Golden Rice.’
2000年インゴ ポトリスクと言う名のスイスの科学者は米にビタミンAを加える為にバクテリアの遺伝子とダフォドイルの2つの遺伝子を加えて稲の品種改良をした。彼の計画は毎年世界中の主に子供達の間で50万人の盲目の原因となっているビタミン不足に対処する簡単な方法を見つける事であった。其の盲目になった半分は12ヶ月中に死亡し残りはマラリア等の病気によって死亡する。何故なら(栄養)不足は身体の免疫機能に影響するからだ。ポトリスク教授は彼の発明を“ゴールデンライス”と名付けた。

But there's nothing recent about the Rockefeller Foundation's involvement in the research and development of genetically enhanced rice, as we learn from a November 14, 2000 publication by the Rockefeller Foundation in which the director of Food Security of the Rockefeller Foundation Gary H. Toenniessen states that in the early 1990's the Swiss scientist along with a colleague:
然しロックフェラー財団の此の研究と遺伝子操作による強化された稲の開発への関与は最近始まった物では全く無い。2000年11月14日ロックフェラー財団の発行物で食料保障についての責任者グレイH.トウナイゼンは述べている。『1990年代初頭にスイスの科学者と彼の同僚は---------

"...approached the Foundation. Dr. Ingo Potrykus of the Swiss Federal Institute of Technology in Zurich was a specialist in plant genetic transformation and his lab was one of the first to genetically engineer rice. (...) These two scientists proposed to genetically engineer `rice with daffodil genes to produce nutritionally significant levels of beta-carotene in the rice endosperm. At a foundation-sponsored workshop, other scientists agreed that this task was difficult but achievable, and the effort was funded.'
ロックフェラー財団に打診してきた。スイス連邦チューリッヒ テクノロジー協会のインゴポトリスク教授は植物の遺伝的改良の専門家で、そして彼の研究所は世界で始めて稲の遺伝子組み換えを実施した研究所の一つである。此の2人の科学者は稲の胚乳内で栄養的に十分な量のベータカロチンを生産する為にダフォドイルの遺伝子を使った稲の遺伝子組み換えを提案した。ロックフェラー財団の支援するワークショップで他の科学者達は此の仕事は達成する事は困難だが達成可能と言う事で合意し、此の努力には資金供給が為された。

Ten years later, it seems, the experiments had proven a great success. In a keynote speech by Rockefeller Foundation's president Judith Rodin on October 17 2008, the speaker points out that the research concerning genetically engineered rice has been underway for at least 65 years- and all this time received the generous support of the Foundation's deep pockets. Rodin explains:
十年後此の実験は偉大な成功であると証明されたかのように見えた。2008年10月17日のロックフェラー財団のプレジデント であるジュディス ローディンによる基調演説で稲の遺伝子組み換えに関しての研究は少なくとも65年間は続いていて------そして、その間ロックフェラー財団の気前の良い支援を受けて来たとジュディスローディンは説明した。

'In the sixty-five years since they began, we've funded the work of Golden Rice's engineers, Dr. Peter Beyer, Dr. Ingo Potrykus, and others for more than fifteen of them. (...) I'm delighted to announce, today, that we will be providing funding to the International Rice Research Institute - which we helped establish almost fifty years ago - to shepherd Golden Rice through national, regulatory approval processes in Bangladesh, India, Indonesia, and the Philippines. And we hope this is just the beginning.'
彼等が始めてから65年間我々はゴールデンライスの遺伝子組み換え技術のピーター ベイヤー博士、インゴ ポトリスク博士や他の15人以上を経済援助してきた(…….)バングラデッシュ、インド、インドネシア、そしてフィリピンの国家による法的認可を通してゴールデンライスを世に送り出す為殆ど50年前我々が設立を支援した国際稲研究機関に資金を提供する事を喜んで発表します。そして此れはホンの手始めである事を期待しています。

On behalf of the Rockefeller Foundation, Representative Akinwumi Adesina stated before the Congressional Black Caucus Legislative Conference on September 28 2007 that the continent of Africa was especially chosen as the Foundation's favourite playing ground. But he laments:
2007年9月28日、議会の黒人議員会の立法会合でアキンウミ アデシナ代表はロックフェラー財団の代理としてアフリカ大陸はロックフェラー財団の庭として特に選ばれたと述べた。然し彼は下記の様に文句を言っている。

'Regarding genetic engineering, by and large, African countries do not currently have in place regulatory frameworks that allow their use for food production. Many challenges face the introduction and cultivation of GM crops in Africa, including fear of GE crops.'
『遺伝子技術については、全般的に見てアフリカ諸国には現在食物生産に遺伝子技術使用が許可される法的枠組みが無い。遺伝子組み換え農作物への恐怖を含めた、多くの困難が遺伝子組み換え農作物の導入と栽培が面している。』

Adesina goes on by bringing climate change into the equation, dumping fear upon fear, and hoping perhaps that a new fear will eliminate the former one:
アデシナは続けて、不安を次から次へと煽りそして新しい不安が前の不安を取り除く事を恐らく期待して続けて気候変化を議論の論理に持ち込んだ。

‘Assisting Africa to meet its food needs has other advantages for climate change. (…) Increasing population pressure and reliance on extensive agricultural practises will likely lead to further deforestations and carbon dioxide emissions and contributions to climate change.’
『アフリカの食料需要を満たす事への支援は気候変化について利益もある…(……)増え続ける人口問題や大規模農業に頼る事は恐らくより一そうの森林破壊と二酸化炭素排出と気候変化助長へと導くだろう。』
-------------------------------------(続く)
ejnews: と言う事でした。では!又次回まで。
Good Night, and Good Luck.

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

え~っ!マーガリンやショートニング未だ使ってるんだって~!?

Trans Fatty Acids Boost Risk of
Colon Cancer by 86 Percent
トランス脂肪酸は大腸癌発生の危険度を86%増やす。


Thursday, March 19, 2009 by: David Gutierrez, staff writer
Key concepts: Trans fat, Fats and Trans fats
http://www.naturalnews.com/025880.html

NaturalNews) Higher consumption of trans fatty acids can increase a
person's risk of precancerous colorectal tumors by 86 percent,
researchers have found.
(ナチュラルニュース)大量のトランスファティー酸の摂取は人の癌になる前の結腸直腸肉腫発生度を86%増加させる事を研究者達は発見した。

"These results suggest that consumption of high amounts of trans-fatty acid may increase the risk of colorectal neoplasia [abnormal cell growth], and they provide additional support to recommendations to limit trans-
fatty acid consumption," the researchers wrote in the American Journal
of Epidemiology.
“これ等の結果は大量のトランスファティー酸摂取は結腸直腸ネオプラジア(異常な細胞の成長)発生の危険度増加させるかも知れない、そしてそれらはトランスファティー酸の摂取を制限を推薦する追加的支持を提供している。”とこの研究者達はアメリカ免疫学ジャーナルに書いている。

Between 2001 and 2002, researchers from the University of North
Carolina-Chapel Hill interviewed 622 people about their diet, lifestyle and demographic information between, then gave each of them a complete
colonoscopy. They found that participants with the highest intake of
trans fats were 86 percent more likely to have colorectal adenomas than those with the lowest trans fat consumption.
2001~2002年の間にチャペルヒルのノースカロライナ大学の研究者達は622人に食事、ライフスタイル、人口学的情報についてインタヴューし、そして622人全員に完全な大腸内視鏡検査をした。彼等はトランス脂肪の摂取量の一番多い参加者達は最も摂取量の少ない参加者達と比べて結腸直腸線種が86%多い事を発見した。

Colorectal adenomas are small, benign tumors or polyps in the colon and
rectum that can progress into cancer if not treated. While consumption
of trans fats increased the risk of developing adenoma, it did not appear to affect the number, size or location of the tumors.
直腸結腸線種は大腸や肛門の小さく良性の腫瘍、若しくは肉腫で若し治療されなかったら癌に発展する可能性がある物です。トランス脂肪の摂取は線種の発生率を増加させた物の、線種の数や大きさ、場所について影響は無い様に見受けられる。

Trans fats are a particular type of fat that occurs naturally only in very
trace amounts in meat and dairy products. The bulk of trans fats in the modern diet are synthetically produced by the partial hydrogenation of
vegetable oils. Unlike other fats, trans fats have no nutritional value to
the human body. Nevertheless, they have come to be widely used in
restaurants and packaged foods, because they hold flavor longer and
have a greater shelf life than non-hydrogenated oils.
トランス脂肪は特殊なタイプの脂肪で極細微な量が肉や乳製品に自然に発生する。現代の食事の最も多くのトランス脂肪は部分的に水素化された植物油によって人工的に生産されている。他の油と違ってトランス脂肪は人体にとって何の栄養も無い。其れにも拘らず、水素化されていない油と比較して香りを長く保ち賞味期限が長い事によってレストランやパッケージされた食品(加工食品)に広く使われる様になった。

The current study is not the first to link trans fats to colorectal cancer, which affects 150,000 new people per year in the United States, making
it the country's third most commonly diagnosed cancer. Prior research
has linked markers of trans fat consumption to an elevated colorectal
cancer risk.
この新しい研究はトランス脂肪と、アメリカで毎年15万人の犠牲者を出し最も多く診断される癌の第3位のになっている直腸結腸癌を始めて関連付ける物ではない。過去の研究はトランス脂肪の摂取と直腸結腸癌の増大された危険度の関連指標を示す物だった。

While research into trans fats' contribution to cancer risk is a fairly new
line of investigations, the fats' damaging effects on cardiovascular health are well documented. Trans fats raise the body's levels of LDL ("bad")
cholesterol while lowering levels of HDL ("good") cholesterol, and increase the risk of other factors involved in cardiovascular disease, including
inflammation and irregular heartbeat.
トランス脂肪の癌発生の危険性についての寄与に関する研究はかなり新しい種類の調査であるものの、トランス脂肪の心臓血管の健康に対する悪影響は充分に記録されている。トランス脂肪は体内のHDLコレステロール値を下げ代わりにLDLコレステロール値を上げ、炎症や不整脈を含めた、他の心臓血管の病気に関連している要因を増加させる。

Studies have also linked the fats to reduced fertility in women,
suggesting that eating even four grams of the fats per day (an amount
easily consumed in a single serving of French fries) could double the risk of infertility due to ovulation failure.
研究はこの脂肪は女性の生殖能力の低下にも関連付けていて、毎日たった4グラムのこの脂肪の摂取(この量は一皿のフライドポテトによって容易に摂取される)は排卵周期異状によって不妊症の危険性を倍にする。

Leading food and health expert Walter Willett of Harvard Medical School has called trans fats the "worst single specific problem" facing health in the United States today, as well as "the biggest food processing disaster in U.S. history."
食品と健康の著名な専門家、ハーヴァード医学部のウォルターウィレットはトランス脂肪は今日アメリカが直面している“単一の最悪の問題”であるだけでなく“アメリカ史上最大の食品製造大災害”だと呼んでいる。

Concern over the health effects of trans fats has led cities such as New York and Philadelphia to prohibit their use in restaurants, and other major cities such as Boston and Chicago are considering similar bans. A ban on the use of trans fats by all food facilities is due to take effect in California in 2010, and to be complete by 2011.
トランス脂肪の健康に対する不安はニューヨーク市フィラデルフィア市の様な都市でトランス脂肪のレストランでの使用を禁止する様にさせている。そしてボストンやシカゴ等の他の大都市も同様な禁止を検討している。トランス脂肪使用の全ての食品施設での禁止はカリフォルニア州で2010年に発効する予定で2011年に完全実施される。

Willett has called for the ban to be made nationwide, and to extend to all kinds of food products, not only restaurants. He cited the example of Denmark, which imposed a de facto trans fat ban in 2004 by mandating that any local or imported food product sold in the country contain no more than 2 percent artificially hydrogenated oils.
ウィレット氏は全国的な禁止をレストランだけでなく全ての食品を含むよう呼び掛けている。彼はデンマークで販売されている全ての地方の、若しくは輸入された食料品が人工の水素化された油を2%以上含んでいないと言う事実上のトランス脂肪使用禁止を強制した2004年のデンマークの例を引用している。

ejnews:マーガリンやショートニングになるトランス脂肪酸は日本でも問題になっていると思いますが、数年前ロスのある看護婦さんが『日本人で心臓病の人は血管内にコレステロールが大量に付着している人が多い見たい。』と言っているのを思い出しました。彼女は何処で日本人の事を知っているのか分かりませんが(ロスですから恐らくお金持ちの日本人は此方の有名な病院で治療を受ける為にやって来ているのかも知れません。去年でしたか?日本のヤクザが普通のアメリカ人が何年も待たないといけないロスの病院の手術のリストの順番を待たないで肝臓移植を受け問題になっていた位ですから。--------肝臓移植を受けたヤクザの親分は米中央情報局の為に働いていたそうで、一体何をやっていたのでしょうね?----------)兎に角、日本では未だマーガリン、ショートニング等々を大量に摂取しているのでしょうか?トランス脂肪酸を製造する手段はhydrogenationハイドロジネイション(水素化とか水素添加と訳されています)と言い、普通の植物油を固形の脂肪にする為に利用される手段です。hydrogenationハイドロジネイションとマーガリンの説明はこのブログの2008年6月3日のエントリー“マーガリンはどの様に製造されているか?HOW IS MARGARINE MADE?”を読んでください。このトランス脂肪酸の問題は製造方法だけではなく原料にも問題があるようで、この様な安価な脂肪は最も安い植物油を原料にして製造されるのです。そうです過去には食用にされていなかった綿実油(コットンシードオイル)其れも普通のコットンシードオイルではなく殆ど遺伝子組み換えコットンから薬品を使って抽出された油等なのです。コットンシードオイルについては2008年6月30日のエントリー“綿実油 コットンシードオイル 食用には不適。”を読んで下さい。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

The Foods That Are Most Affected by Pesticides

The Foods That Are Most Affected by Pesticides
殺虫剤に最も影響されている食品。


Natural news.comの記事の翻訳
Monday, October 06, 2008 by: Sheryl Walters

http://www.naturalnews.com/024404.html

(NaturalNews) By now most of us know that buying organic is absolutely essential if we want to put the best food possible into our bodies. It is just plain and simply better for our health and better for the environment, which are inextricably linked anyway.s

若し可能な限り最上の食べ物を食べたいなら、オルガニックを買う事が絶対的に必要である事は殆どの人々が既にしっていることである。
其れは、本当に議論の余地無く、そして単純に我々の健康と環境に良い事で、この2つの事は複雑に関係しあっているのです。

Study after study show that organic food has a higher nutritional content than conventionally raised food. A study published in the Journal of Agricultural Food Chemistry, for example, found that organic foods are more likely to help you fight cancer. And another study found that rats that ate organic food had far better health compared to rats on non organic food, including:

オルガニック食品の方が普通に栽培された食品よりも栄養価が高い事は、多くの研究に続く研究がが示しています。
例えば、農業食品化学誌に発表された研究ではオルガニック食品は(普通の食品と)比較すると癌に貴方が対抗する様に助けると言う事を発見したとし、そして他の研究ではオルガニック食品を食べた鼠は、オルガニックではない食品を食べた鼠と比べると比較にならないほど健康で、其の他にも、

* Improved immune system
身体の抵抗力を強め

* Better sleeping habits
より良い睡眠週間を持ち

* Less weight and were slimmer than rats fed other diets
他のダイエットの鼠と比べると体重が軽くもっとスリムで

* Higher vitamin E content in their blood (for organically fed rats)
オルガニック食品を与えられた鼠の血液中には(他の鼠より)多いビタミンEがふくまれている。

But then there is the common argument that organic food is more expensive. Of course to me the best investment that any of us can possibly make is in our health and wellbeing since without our health we can't optimally do all of the other things that we want to do in our life. Who cares about a financial investment in the stock market if you won't feel good enough to enjoy it?

しかしオルガニック食品は高価であると言う一般的な議論がある。健康で無いと我々は生涯でしたいことを最上の状態で出来ないので、私にとっては(高価なオルガニックを買う事は)誰でも出来る当然の健康と人間として良い状態であることへの投資です。株に投資する事なんか誰が気にするのでしょう?若し其れを楽しむだけ健康で無いとしたら?

Okay, but I will be realistic for a minute. Sometimes organic food is just crazy expensive, and to buy every single item organic is just not possible. Fortunately, new studies show that some foods are less affected by pesticides and herbicides than others.

OK!此処で一寸だけ現実的になってみよう。時々オルガニック食品は気違い的に高い時がある。そして毎回オルガニックを買う事は単純に不可能だ。幸運な事に新しい研究は、ある種の食品は他の食品と比べると余り殺虫剤や除草剤に影響されないと言う事を示している。

The Environmental Working Group is a nonprofit organization that advocates for policies that protect global and individual health. They currently tested 43 different fruits and vegetables, and found that these 12 carried the least amount of pesticides when grown conventionally.

地球規模、そして個人的健康のポリシーを提唱する、ノンプロフィット団体のエンヴァロンメンタルワーキンググループは43種類の果物と野菜をテストし、下記の12種類の食品は、通常の方法で栽培された時最少量の農薬を含んでいる事を発見した。

* Broccoli  ブロッコリー

* Eggplant  エッグプラント(茄子)

* Cabbage  キャベッジ(キャベツ)

* Banana  バナナ

* Kiwi  キウイ

* Asparagus  アスパラガス

* Sweet peas (frozen)  スイートピース フローズン(冷凍)

* Mango  マンゴー

* Pineapple  パインナップル

* Sweet corn (frozen)  スイートコーン(冷凍)

* Avocado  アヴォカド

* Onion  オニオン

Of the 43 different fruits and vegetables tested, the following 12 carried the highest amount of pesticides when grown conventionally, and are therefore the most important to buy organic.

テストされた43種類の種々の果物、野菜の中で次の12種類は普通に栽培された時最大量の農薬を含んでいる。だからこれ等の食品はオルガニックを買う事が重要です。

* Peaches  ピーチス

* Apples  アップルス

* Sweet bell peppers  スイートベルペッパーズ(ピーマン)

* Celery  セロリ

* Nectarines  ネクタリンズ

* Strawberries  ストロベリーズ

* Cherries  チェリーズ

* Lettuce  レタス

* Grapes (imported)  グレイプス(輸入)

* Pears  ペアーズ(梨)

* Spinach  スピナッチ(ホウレン草)

* Potatoes  ポテトス(ジャガイモ)

So there you have it... if you aren't going to go 100% organic so that you can save a few pennies, you now know which fruits and vegetables to make absolute sure are organic, and which ones you can save a little on when necessary.

さあ此れで如何?数ペニーを節約するのに若し100%オルガニックで行かないのなら、どの果物と野菜を絶対にオルガニックにしなければならないのか、どれを買うと節約できるのか貴方は今知っているのです。


About the author 著者について。
by: Sheryl Walters

Sheryl is a kinesiologist, nutritionist and holistic practitioner.
Her website www.younglivingguide.com provides the latest research on preventing disease, looking naturally gorgeous, and feeling emotionally and physically fabulous.
And her latest website www.raiselibido.com offers a vast quantity of information on how to increase sex drive and enjoy a vibrant sex life.

シェリルはキネシオロジスト(身体の筋肉の運動についての専門家)栄養学者、ホリスティックプラクティショナーです。彼女のウエッブサイトはwww.younglivingguide.comで病気の予防、自然にゴージャスに見え、精神的に肉体的にも素晴らしい状態でいられるかについての最も最近の研究結果を提供しています。
 そして彼女の最も最近のウエッブサイトはwww.raiselibido.comで、膨大な量の性的精力の向上、活気に満ちた性生活を楽しむ為の情報を提供しています。


この写真はドジャーズ球場の東にある地域で北を向かって取った写真です。ある人の家の裏庭です。
silverlake3

silverlake4

silverlake5

sawtelleと言う地域で日本人の多い所です。
sawtelle
この秀寿司さんは良く行く寿司屋さんですが昼と夕食時は長い列が出来るので客の居ない時間に行くようにしています。
sawtelle2


ejnews:アメリカで始まった金融危機は世界中に広がっている様ですが、1929年に始まった世界恐慌の時も住宅価格の下落から始まり、当時米政府は同様に金融機関だけに資金支援をしたそうですが(当時も共和党政下でした)12ヵ月後には結局多くの金融機関が経営破綻と言う結果になったそうで、金融機関の政府による資金的支援は効果が無いと言う歴史的教訓だそうですが、今回はどうなるのでしょうか?

この下記のブログは化学物質過敏症に付いてのブログです。是非訪問して下さい。

モスカルのCS日記 
http://rararabit.blog5.fc2.com/



今彼女達は署名運動をしています。内容は下記です。
1、「患者のための避難所設置」
  2、「過敏症の難病認定」
  3、「リフォームの規制」
  4、「宅地における野焼き、農薬散布の禁止」
宜しく御願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

綿実油 コットンシードオイル 食用には不適。

Cottonseed oil
綿実油 (コットンシードオイル)


From Wikipedia, the free encyclopedia
ウィキペディア、フリーエンサイクロペディアから。

Cottonseed oil is a vegetable oil extracted from the seeds of the cotton plant after the cotton lint has been removed. It must be refined to remove gossypol, a naturally occurring toxin that protects the cotton plant from insect damage. Unrefined cottonseed oil is therefore sometimes used as a pesticide. In its natural unhydrogenated state cottonseed oil, like all vegetable oils, has no cholesterol. It also contains no trans fatty acids. However, it does contain over 50% Omega-6 fatty acids and only trace amounts of Omega-3 fatty acids, and the imbalance is considered unhealthy if not used in moderation or balanced elsewhere in the diet. Further, these polyunsaturated fats can potentially go rancid during the extraction process.

綿実油は木綿と言う植物の実から綿花繊維が取り去られた後で抽出された植物油です。其れは〔綿実油〕は虫の害から木綿の植物を護る為に自然に発生する毒物ゴシポルgossypolを取り除く為に精製されなければなりません。精製されていない綿実油はこの理由で時々殺虫剤として使用されます。自然のハイドロジネイテドされてない状態で綿実油はその他の全ての植物油の様にコレステロールはありません。トランス脂肪酸も含んでいません。然し、50%以上のオメガ6脂肪酸を含んでいますがホンの痕跡ほどのオメガ3しか含んでなく、若し控えめに使うか、ダイエットの何処かでバランスしないとこの不均衡は不健康だと考えられています。其の上、これ等のポリ不飽和脂肪は抽出過程で酸化腐敗してしまう可能性があるのです。

Cottonseed oil is a vegetable oil綿実油は植物油です extracted from the seeds of the cotton plant木綿と言う植物の実から抽出されたafter the cotton lint has been removed. 綿花繊維が取り去られた後It must be refined to remove gossypol, ゴシポルgossypolを取り除く為に精製されなければなりません a naturally occurring toxin自然に発生する毒物that protects the cotton plant from insect damage. 虫の害から木綿の植物を護る Unrefined cottonseed oil is精製されていない綿実油はtherefore この理由でsometimes used as a pesticide. 時々殺虫剤として使用されますIn its natural unhydrogenated state cottonseed oil, 自然のハイドロジネイテドされてない状態で綿実油はその like all vegetable oils, 全ての植物油の様に has no cholesterol. コレステロールはありません It also contains no trans fatty acids. トランス脂肪酸も含んでいません However, 然し it does contain over 50% Omega-6 fatty acids 50%以上のオメガ6脂肪酸を含んでいますand only trace amounts of Omega-3 fatty acids, ホンの痕跡ほどのオメガ3しか含んでなく and the imbalance is considered unhealthy この不均衡は不健康だと考えられていますif not used in moderation控えめに使わないと or balanced elsewhere in the diet. ダイエットの何処かでバランスしないと Further, 其の上these polyunsaturated fats can potentially go rancid これ等のポリ不飽和脂肪は酸化腐敗してしまう可能性があるのですduring the extraction process. 抽出過程で


Some consumers are wary of cottonseed oil because cotton crops are one of the most chemically-intensive crops grown in the U.S. Many chemicals approved for use on cotton are not approved for use on food-based crops. Cotton field leftovers, or gin trash, is frequently fed to cattle.

綿花はアメリカで最も化学物質を大量に使って栽培されている作物の1つなので、ある消費者達は綿実油に付いて不安を抱いています。綿花に使用が許可されている化学物質の多くは食用の為の農作物への使用が許可されてないのです。綿花畑の残り物、若しくは棉織過程の不要物は頻繁に家畜に飼料として与えられます。

Some consumers are wary of cottonseed oilある消費者達は綿実油に付いて不安を抱いています because何故なら cotton crops are one of the most chemically-intensive crops綿花は最も化学物質を大量に使って栽培されている作物の1つなのでgrown in the U.S. アメリカで栽培されている Many chemicals approved for use on cotton綿花に使用が許可されている化学物質の多くは are not approved for use on food-based crops. 食用の為の農作物への使用が許可されてないのです Cotton field leftovers, 綿花畑の残り物or gin trash, 若しくは棉織過程の不要物is frequently fed to cattle. 頻繁に家畜に飼料として与えられます

Cottonseed oil is rich in palmitic acid (22-26%), oleic acid (15-20%), linoleic acid (49-58%) and 10% mixture of arachidic acid, behenic acid and lignoceric acid. It also contains about 1% sterculic acids and malvalic acids in the crude oil. The cyclopropene acids are undesirable components, but they are largely removed during refining, particularly deodorization, and also during hydrogenation. They are not considered to present any health hazard in cottonseed oil.

綿実油はパルミティック酸(22~26%)、オレリック酸(15~20%)リノレイック酸(49~58%)と、10%のアラシディック酸、ベヘニック酸、そして、リグノセリック酸の混合です。そして又、約1%のステルクリック酸とマルヴァリック酸が精製されてない(棉実油)に含まれています。サイクロプロペイン酸は好ましくない成分ですが、特に脱臭過程と、そしてハイドロジネイション(水素化合)の過程の様な精製過程で殆どが取り除かれます。これ等の綿実油成分は健康にどんな害をもくわえるとは考えられていません。

Cottonseed oil is rich in palmitic acid (22-26%), oleic acid (15-20%), linoleic acid (49-58%) and 10% mixture of arachidic acid, behenic acid and lignoceric acid. It also contains about 1% sterculic acids and malvalic acids in the crude oil. リノレイック酸(49~58%)と、10%のアラシディック酸、ベヘニック酸、そして、リグノセリック酸の混合です。そして又、約1%のステルクリック酸とマルヴァリック酸が精製されてない(棉実油)に含まれていますThe cyclopropene acids are undesirable components, サイクロプロペイン酸は好ましくない成分ですbut they are largely removed during refining, 精製過程で殆どが取り除かれます particularly deodorization, 特に脱臭過程and also during hydrogenation. そしてハイドロジネイション(水素化合)の過程They are not considered to present これ等は~を提示すると考えられていないany health hazardどんな健康に対する害 in cottonseed oil.綿実油の中

Cottonseed oil is commonly used in manufacturing potato chips and other snack foods. Along with soybean oil, it is very often partially or fully hydrogenated. The growing consensus is that in hydrogenated (trans fat) form these oils are very unhealthy. Cottonseed oil was the first oil to be hydrogenated in mass production, originally intended for candle production, and soon also as a food (as Crisco). In part because regulations apply differently to non-food crops, it has also been suggested that cottonseed oil may be highly contaminated with pesticide residues, but insufficient testing has been done.[citation needed]
Cotton (oil) is also one of the big four (soy, corn, rapeseed/Canola,[1] and cotton) genetically modified crops grown around the world.

綿実油は通常ポテトチップスや他のスナック食品の製造に使われています。大豆油と共に、それ(綿実油)は部分的、もしくは完全にハイドロジナイズド(水素化合)されています。ハイドロジネション(水素化合)(トランス脂肪)された形の油に付いて増えつつある意見の一致はこれ等の油が健康に良くないのではないかと言う事です。綿実油は、元々蝋燭製造の為に最初にハイドロジネション水素化合技術で大量生産された油で、そして直ぐにクリスコの様な食品に使われました。(如何して最初に蝋燭用に綿実油が使われたかと言う)理由のある部分は食用以外の農作物には法律が違った形で適用され、其の上、綿実油は残留殺虫剤で非常に汚染されているのではないかと示唆されたからです。然し充分なテストは行われませんでした。

綿(実油)は世界的に栽培されている4大遺伝子組み換え農作物(大豆、玉蜀黍,菜種、綿花)の一つです。

Cottonseed oil is commonly used in manufacturing potato chips綿実油は通常ポテトチップス製造に使われています and other snack foods. や他のスナック食品の Along with soybean oil, 大豆油と共に、 it is very often partially or fully hydrogenated. それ(綿実油)は部分的、もしくは完全にハイドロジナイズド(水素化合)されています The growing consensus is増えつつある意見の一致は that in hydrogenated (trans fat) form these oils are very unhealthy. これ等のハイドロジネション(水素化合)(トランス脂肪)された形の油が健康に良くない Cottonseed oil was the first oil綿実油は最初の油 to be hydrogenated in mass production, 最初にハイドロジネション水素化合技術で大量生産されたoriginally intended for candle production, 元々蝋燭製造が目的 and soon also as a food (as Crisco).そして直ぐに食品として( クリスコの様な)In part because理由の一部は regulations apply differently規則は違う形で適用される to non-food crops,非食品用農作物には it has also been suggested 其れは示唆されているthat cottonseed oil may be highly contaminated 綿実油は非常に汚染されているかもしれないwith pesticide residues,殺虫剤で but insufficient testing has been done.然し不充分なテストしかされていない。(直訳は“不十分なテストがされている。”ですが、日本語としては変でしょう)

Cotton (oil) is also綿実油は又 one of the big four (soy, corn, rapeseed/Canola,[1] and cotton) genetically modified crops 4大GM作物の一つ grown around the world.世界中で栽培されている


The health Emporium. www.healthemporium.com.au
ザ ヘルス エンポリウム。から



COTTONSEED OIL: Cottonseed oil should not be consumed as it contains the fatty acid cyclopropen, which is toxic to the liver and prevents the metabolism of other essential fatty acids. Cottonseed oil is always refined (unrefined cottonseed oil is sometimes used as a pesticide), almost always genetically modified and highly contaminated with pesticide residues, and very often is partially or fully hydrogenated. Cottonseed oil is commonly used to make potato chips and other snack foods, and for deep-frying in fast food restaurants.

コットン シード オイル(綿実油):肝臓にとって毒物で、必須脂肪酸の代謝を妨げるcyclopropen,サイクロプロペン脂肪酸を含んでいるのでコットンシードオイルは食用にされるべきではありません。コットン シード オイルは常に精製されています(精製されてないコットン シード オイルは時々殺虫剤として使われます。)殆ど遺伝子組み換えで残留殺虫剤で非常に汚染されていて、頻繁に部分的、若しくは完全にhydrogenated水素化合されています。コットン シード オイルは一般的にポテトチップスや他のスナック食品の製造、そして、ファースト フード レストランでの揚げ物に使われています。

Cottonseed oil should not be consumed as it contains the fatty acid cyclopropen, サイクロプロペン脂肪酸を含んでいるのでコットンシードオイルは食用にされるべきではありませんwhich is toxic to the liver and prevents the metabolism of other essential fatty acids. 肝臓にとって毒物で、必須脂肪酸の代謝を妨げる Cottonseed oil is always refined コットン シード オイルは常に精製されています(unrefined cottonseed oil is sometimes used as a pesticide精製されてないコットン シード オイルは時々殺虫剤として使われます), almost always genetically modified and highly contaminated with pesticide residues, 殆ど遺伝子組み換えで残留殺虫剤で非常に汚染されていてand very often is partially or fully hydrogenated. 頻繁に部分的、若しくは完全にhydrogenated水素化合されていますCottonseed oil is commonly used to make potato chips and other snack foods, and for deep-frying in fast food restaurants. コットン シード オイルは一般的にポテトチップスや他のスナック食品の製造、そして、ファースト フード レストランでの揚げ物に使われています。

ejnews: マーガリン、サラダドレッシング、ショートニング、営業用の揚げ油、若しかするとカレーのルーにも使われている可能性もあります。食品をマーケットで買う時は原材料表示を良く読んで買いましょう。殆どの綿花は“ラウンドアップレディー綿花”だそうです。と言う事はグリフォサイトが残留しているのです。ラウッドアップと言う除草剤に付いてはカテゴリーの“モンサント”で見て下さい。其れと食の安全で“マーガリンの製造法”も読んでください。マーガリンは血管内のコレステロールの大原因ですからバターにしましょう。最近では完全なベジタリアンvegetarianがアメリカでも多くなってきました。食肉はアメリカでは狂牛病Mad Cow diseaseだけでなくクローンされた家畜の肉が既に市場に流通していると言う事ですので、ヴェジタリアンが増えてくるのも当然の事でしょう。韓国の人々はアメリカの牛肉輸入に大反対しているようですが、彼等は間違ってないのです。
 では今日は此れで。 Good Night!
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

マーガリンはどの様に製造されているか?

HOW IS MARGARINE MADE?
マーガリンはどの様に製造されているか


Ever wonder how is margarine made?

 マーガリンがどの様にして作られているか一寸不思議に思った事無い?

Many people probably know it is made by a process called hydrogenation. But few are aware of the details of what goes on during hydrogenation.

 恐らく多くの人はハイドロジネイションと言うプロセスで作られていると知っているでしょう。然しホンの少数の人しかハイドロジネイションの過程で何が起こっているか気が付いていないのです。

Here is a step-by-step description of the hydrogenation process.

下記がハイドロジネイションの各工程です。


How is margarine made: Step 1
マーガリンはどの様に作られているか:その1


Margarine makers start with cheap. poor quality vegetable oils, such as corn, cottonseed, soybeans, safflower seeds and canola.

 マーガリン製造業者はコーン、コットン(綿実油)、大豆、サフラワー、そしてカノラの様な安価な低品質の植物油から始めます。

These oils have already turned rancid from being extracted from oil seeds using high temperature and high pressure. Rancid oils are loaded with free radicals that react easily with other molecules, causing cell damage, premature aging and a host of other problems.

 これ等の油は既に、種から高温と高圧で抽出される事により腐敗(酸化、古くなる)しています。古くなった油はフリーラディカル非常に多くなっていて他の分子と簡単に反応し細胞の破壊、年齢にそぐわない早過ぎる老化や他の色々な問題の原因となっています。

The last bit of oil is removed with hexane, a solvent known to cause cancer. Although this hexane subsequent removed, traces of it are inevitably left behind.

 最後の一滴までヘキサン(ヘキサンと言う化学物質)と言う発癌性が知られている溶解剤で抽出されます。このヘキサンは次の過程で取り除かれますが極少量が不可避的に植物油の中に取り残されるのです。

Unfit for consumption
食用には適さない。


Moreover, some of these oils are not suitable for human consumption to begin with.

 其の上、この様な油の幾種類かはそもそも人間の食用には適してないのです。

Cottonseed oil, one of the most popular margarine ingredients, has natural toxins and unrefined cottonseed oil is used as a pesticide. The toxin, gossypol, is removed during refining.

 綿実油は最も人気のあるマーガリンの原料の1つですが、自然の毒が含まれていて、精製されてない綿実油は殺虫剤として使用されています。このゴシポルと言う毒は精製過程で取り除かれます。

Cottonseed oil also contains far too much Omega-6 fatty acids in relation to Omega 3. While both Omega 6 and Omega 3 are essential fatty acids, an imbalance between the two is widely believed to cause various health problems, including heart disease.

 それに加え綿実油はオメガ3と比較して多すぎるオメガ6脂肪酸を含んでいます。オメガ6とオメガ3必須脂肪酸の両者間の不均衡は心臓病を含む色々な健康問題の原因だと広く信じられています。

Most experts on the subject believe that a healthy ratio of omega 3 to omega 6 is between 1:1 and 1:2. Cotton seed oil, however, has over 50 percent omega 6 and only trace amounts of Omega 3, giving a ratio of 1: several hundred or more.

 殆どのこの主題の専門家は健康的なオメガ3とオメガ6の比率は1,1対1,2だと信じています。然し、綿実油は50%がオメガ6で極少量のオメガ3しか含んでいません。比率は1分の数百と言う様な。

As cotton is one of the most heavily sprayed crops, there are also concerns that cottonseed oil may be highly contaminated with pesticide residues. However, insufficient testing has been done.

 木綿は最も農薬が散布されている作物の1つで綿実油は残留殺虫剤で汚染されていると言う心配あります。然しながら、十分なテストはされていません。

Canola oil, which is widely touted as the healthiest oil of all, has problems as well. Consumption of Canola has been linked with vitamin E deficiency as well as growth retardation. For this reason, Canola oil is not allowed to be used in the manufacture of infant formula.

 カノラ油最も健康的な油の1つだと広く宣伝されていますが此れも問題があります。カノラ油の消費はビタミンE欠乏症のみでなく発育障害との関連があるとされています。この理由からカノラ油は乳幼児用のフォーミュラへの使用が禁じられているのです。

The oils used for making margarine are also among the Big Four genetically modified crops – soy, corn, rapeseed / Canola and cotton.

マーガリンを作るのに使用されている油は大豆、コーン、アブラナ、そして木綿と言う4大遺伝子組み換え作物に属しているのです。

How is margarine made: Step 2
マーガリンはどの様にして作れれるのか:その2


The raw oils for making margarine are steam cleaned. This destroys all the vitamins and antioxidants.

 マーガリン製造に使用される生の油は蒸気で洗浄されますがこの過程で全てのビタミンと自然の酸化防止物質(アンティオキシダント)は破壊されます。

However, the residues of pesticides and solvents – that is, hexane – remain.

 然しながら、残留殺虫剤と溶剤ヘキサンは残ります。

How is margarine made: Step 3
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その3


The oils are mixed with finely ground nickel, a highly toxic substance that serves as a catalyst for the chemical reaction during the hydrogenation process.

 油はやっとハイドロジネイション過程での化学反応の為の触媒として働く、非常に毒性の強い粉状のニッケルと混ぜ合わされます。

Other catalysts may be used, but these, too, are highly toxic.

 他の触媒も使われるかもしれませんが、それらも非常に毒性が強いのです。


How is margarine made: Step 4
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その4


The oils are then put under high temperature and pressure in a reactor.

 油は此処で、高温高圧の反応釜に入れられます。

Hydrogen gas is introduced. The high temperature and pressure, together with the presence of nickel catalyst, causes hydrogen atoms to be forced into the oil molecules.

 水素ガスが入れられます。高温高圧下、ニッケル触媒の存在で、水素分子が油の分子の内部に強制的に組み入れられます。

If the oil is partially hydrogenated, it turns from liquid into a semi-solid.

 油が不完全にハイドロジネイトされると、其れは液状から半分固体のような状態になります。

Trans fats are formed during partial hydrogenation. These are fat molecules that have been twisted out of shape. In liquid oils, the molecules are bent, with the hydrogen atoms on opposite sides of each other.

 不完全なハイドロジネイション過程でトランスファット(トランス脂肪酸)が形成されます。この様な油の分子は形が歪められています。液状の油で水素原子を両側に持ち分子は曲げられます。

During partial hydrogenation, the molecules are somewhat straightened and now all the hydrogen molecules are on the same side.

 不完全なハイドロジネイション過程で分子はある程度整理され全ての水素分子は同じ側につきます。

If the oil is fully hydrogenated, it turns into a hard solid that cannot be eaten. It no longer contains trans fats because the "out of shape” oil molecules have all been broken up to form straight chains. But this does not mean they have become healthy again because of all the unnatural steps above.

 若し油が完全にハイドロジネイトされると、油は非常に硬くなり食べる事が出来なくなります。そして不規則な形となった油の分子は、バラバラにされて真っ直ぐな鎖状になる事によってトランス脂肪酸を含まなくなりますが、この事は又再び健康な(油)になった訳ではありません。何故なら其れまでの不自然な(ハイドロジネイション)の過程があるからです。


How is margarine made: Step 5
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その5


What comes out of the partial hydrogenation process is a smelly, lumpy, grey grease.

 不完全なハイドロジネイション工程で出来上がる物は異臭のある、塊の混じっている、灰色の脂肪なのです。

To remove the lumps, emulsifiers – which are like soaps – are mixed in.

 塊を取り除く為石鹸のような乳化剤が加えられます。

How is margarine made: Step 6
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その6


The oil is steam cleaned (again!) to remove the odor of chemicals. This step is called deodorization and it again involves high temperature and high pressure.

 油は化学物質の臭いを消す為(又!)蒸気で洗浄されます。この工程はディオドライゼイション(脱臭)と呼ばれ、再び高温と高圧が使用されます。

How is margarine made: Step 7
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その7


The oil is then bleached to get rid of the grey color.

 油は灰色を取り除く為漂白される。

How is margarine made: Step 8
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その8


Synthetic vitamins and artificial flavors are mixed in.

 人工合成ビタミンと合成着色料が加えられる。

A natural yellow color is added to margarine, as synthetic coloring is not allowed!

 合成着色料の使用は禁止されているので、天然黄色染料がマーガリンに加えられる。

In fact, early last century, all coloring was not allowed and margarine was white. This was to protect consumers so that they do not get butter and margarine mixed up.

 実を言うと、前世紀初頭全ての染色料は禁止されていたのでマーガリンは白かったのです。此れはバターとマーガリンを間違わないように消費者を保護する為の措置でした。

How is margarine made: Step 9
どの様にしてマーガリンは作られるのか:その9



Finally, the margarine is promoted to the public as a health food – with the full endorsement of many scientists, doctors, nutritionists and health authorities.

 最後に、多くの科学者、医師、栄養学者と健康保健の専門家達の熱烈な支持でマーガリンは健康食と一般に宣伝推奨されました。  終り!

上記の記事のはストップトランスファットwww.stop-trans-fat.comと言うサイトのHow is margarine made翻訳です。

Ejnews:  日本でもマーガリン(英語ではマージャリンの様な発音)の事に付いては良く知られていると思いますが製造過程が読んだだけでも健康にヨロシクナイ!感じです。マーガリン、ショートニングは心臓、血管内のコレステロール蓄積問題だけでなく、材料の大豆、カノラ(菜種)、は殆どが(食品として販売されている 90%以上)モンサントのラウンドアップレディーRoundup Ready GMOで同社のラウンドアップと言う除草剤の散布に耐える様に遺伝子操作挿入されたGMOです。アメリカからのこの様な油はオーガニックの表示がある物を使ってください。綿実油は木綿の種から抽出した油ですが、油の圧縮抽出は出来ないので溶剤を使った化学抽出しか出来ないのです。葡萄の種の油 グレープナッツオイルも同じで化学抽出しか方法が無いのですが、木綿は食用に栽培されてないので木綿栽培の為の農薬は種類、量、質と人体への影響が考慮されて無いとの事です。GMO木綿も殆どがモンサントのRoundup Ready Cottonラウンドアップレディー木綿だそうです。このラウンドアップレディーGMOは除草剤を散布されても枯れない様に遺伝子操作されているので多量のラウンドアップ除草剤を吸収しているのです。其れを家畜が食べ、其の肉を人間が食べ、人間はGMOも食べると言う事で食物連鎖の頂点に立つ人体の化学物質の蓄積量を考えると、病気をしないで生活出来るのが不思議です。
 兎に角、マーガリン、ショートニング、綿実油の入ったサラダドレッシング、食品、等が未だ冷蔵庫の中や台所にある人はサッサト棄ててしまいましょう!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : アメリカ合衆国 - ジャンル : 海外情報

中国からの危険な食品。 

"Are You Eating Farmed Fish Raised in Sewage-Infested Waters?"
貴方は下水の混じった水の中で育てられた養殖魚を食べていますか?
Mercola.com June 6, 2007

If you frequently eat fish and seafood, you need to be aware of where that food is coming from.

もし、あなたが頻繁に魚介類を食べているとしたらその魚介類が何処から来ているか注意を払う必要があります。

Frequently(副詞) フリークエントリー、頻繁に 

If you frequently eat fish なら"若し魚を頻繁に食べるなら、"と言う意味になります。

aware アウエアー(形容詞)気づいて、意識して、be aware~(I am aware. He was aware etc,)
例)  I am aware that his car has no seat belt.

彼の車にはシートベルトがないのを私は気がついています。


China-the leading exporter of seafood to the United States-has been found to raise most of its fish in sewage-infested waters.

中国 - 最大の対アメリカ海産物輸出国 - は殆どの魚を大量の下水の混じった水の中で養殖している事が確認されました。

Leading リーディングは lead リード(他動詞)の現在分詞です。Lead 案内する、率いる、指導する。

Exporter エクスポーター輸出する人、団体。

Found ファウンドはfind(自動詞)ファインド。見つける、見いだす、気づく、の過去形、過去分詞.

be found で、発覚した。認識された。と言う意味です。

Raise レイズ(他動詞)上げる,立たせる、呼び起こす、育てる、(資金を)調達する。

Sewage スエジ、下水    

infested インフェステド は infest インフェスト(他動詞)の過去分詞で、infestは はびこる、蔓延する。

Sewage infested waters で、下水が蔓延する水(下水が大量に混じっている水)


To compensate for the lack of clean water they pump in antibiotics, fungicides and pesticides-many of which are banned carcinogens here in the United States.

清潔な水の不足を補う為に,アメリカでは発ガン物質として禁止されている多くの抗生物質,坑黴剤、殺虫剤、を大量に使用しています。

Compensate(他動詞) コンペンセイト、足りない物を補う、補償する、賠償する。

Compensate for ~を補う

此処ではTo compensate for the lack of clean water のTo compensateは、補う為に~をする。と言う言い方です。

Lack ラック(名詞)不足、欠乏, Lack(自動詞)欠けている、足りない。

Lack of clean water 清潔な水の欠乏。

Pump ポンプ(他動詞、自動詞)ポンプで液体を汲み出す、入れる。注入する。(名詞) ポンプ

Pump in ポンプイン ポンプで送り込む。詰まり、大量に何かを使うと言う意味。

Antibiotics アンティバイオティックス 抗生物質 fungicide ファンゲサイド 坑黴剤

Pesticide ペスティサイド殺虫剤

Banned (過去分詞) バンド禁止された ban バン (名詞)禁止 (他動詞)禁止する。

Carcinogen カーシノジン 発癌物質

In the last year, the United States increased its imports of seafood from China by 34 percent. Meanwhile, one in four Americans gets hit with a food-borne illness each year. About 20 percent of these cases are due to contaminated seafood.

去年、アメリカは中国からの魚介類の輸入を34%拡大しました。その間、4人に1人の割合でアメリカ人は食中毒の被害に遭っています。その中の20%程が汚染された魚介類による物です。

Increased(過去形) インクリースド 増やした  increase (他動詞)インクリース 増やす

Meanwhile ミーンホワイルその間に、とかくする内に、一方、

Hit ヒッツ 打撃 get hit with ゲッツ ヒッツ ウイズ で~に形の被害を被る。と言う意味。

Each year イーチ イヤー each 個々の、めいめいの、year 年と組み合わせて、each year 毎年。

Illness (名詞) イルネス、病気 

Borne (過去分詞) ボーン bear ベアー (他動詞) 運ぶ、(義務など) 支える、耐える、

Bear 現在形 borne 過去形、過去分詞。 I was borne 1970.私は1970生まれです。

Food borne illness 食べ物によってもたらされた病気。
due 期限、当然な、due to デュー ツー ~によって。~が原因で。

contaminate (他動詞) コンタミネイト 汚染する、不純にする。(自動詞)混合する。

Contaminated コンタミネテド(過去分詞) 汚染された、

Contaminated seafood 汚染された魚介類(海産物)

If it wasn't for the increasing dangers of fish loaded with mercury from industrial pollution, fish feed contaminated with melamine, and now the health risk from fish raised in untreated fecal water, it really would be the optimal food source for omega-3. Fortunately, toxin-free fish oil and krill oil, which will give you the nutritional value your body needs, are still available and highly recommended.

 若し、増え続ける公害による魚の水銀汚染の危険、メラミンに汚染された魚の餌、そして今、未処理の糞尿の混じった水で養殖された魚の健康に対する害、と言うような事がなければ、魚介類は最も優れたオメガ3オイルの源泉です。幸運な事に、あなたの体に必要な栄養を体に与える汚染物質の含まれていない、フィッシュオイル、オキアミ油、はまだ入手可能でサプリメントとしての利用が強く勧められています。

If it wasn’t for~ 若し~の為でなかったら~だろう。と言う時に使う言い方

例)If it wasn’t for his help, I would have been in difficult position.

若し彼の援助がなかったら私は難しい立場に立たされていただろう。

Increasing インクリーシング増えている(現在分詞)

increase インクリース(現在形)(自動詞)増える(他動詞)増やす。

Danger デンジャー(名詞)危険  Dangerous デンジャレス(形容詞)危険な

Load ロード(名詞)積み荷(他動詞)乗せる、荷を積む。(自動詞)乗り込む、荷でいっぱいになる。

Loaded ローデド(過去形、過去分詞、形容詞)此処では形容詞、

fish loaded with mercury 水銀でいっぱいの魚。

Industrial pollution  インダスツリアル ポリューション 公害、(製造業、工業が原因の汚染)

Industrial (形容詞)工業の industry インダスツリー(名詞) 工業、産業界。

Feed フィード(名詞)餌  melamine メラミン(検査の時タンパク質の様に見せ掛ける科学物質)

Risk リスク    raised レイズド育てられる

fish raised in untreated water 処理されてない水で育てられた魚

Treatツリーツ(トリート)(他動詞)扱う、待遇する、もてなす、処理する、
(名詞)もてなし、おごり、取って置きの楽しみ、この文の場合、処理するという意味。

Untreated   un はネガティヴを意味しun-treatedは-処理されてない-と言う意味。

Fecal フィーカル(形容詞)排泄物の Fecesフィーシース(名詞)排泄物

Untreated fecal water未処理の排泄物の水(未処理の汚水)

Optimal オプティマル、最高の、最大限の、source ソウス 源泉

Fortunately フォーチュネトリー 幸運にも fortunate フォーチュネット 幸運な

Unfortunately アンフォーチュネット不運にも   Unfortunate アンフォーチュネット不運な

Toxin トキシン、毒  toxicトキシック 有毒の  toxin-free無毒の

Availableアヴェイラブル 入手可能な、利用出来る、

Still スティル 今でも,まだ。

Recommend レコメンド推薦する,薦める Recommended レコメンデド 推薦された

Recommendation レコメンデーション 推薦状、勧告。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。