スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H1N1インフルエンザのいい加減な統計。

ejnews: 又もやH1N1の話ですが、アメリカのテレビ局CBSのニュース番組『Unplugged Washington 』と言う番組でH1N1統計は正確に調べられていず、H1N1感染率は非常に低いと言うセグメント(Segment)があったようです。此の3ヶ月に亘るCBSテレビ局の調査によると米連邦政府の一部門の米疾患対策予防センターCenters for Disease Control and Prevention (CDC)は7月後期に各州政府に対し患者がH1N1に陰性か陽性か検査しない様に勧め、そして患者数の統計を取らない様にも勧めた(advised)と言う驚くべきニュースです。
 CDCによる統計を取らない説明は"So far, most flu is 2009 H1N1 flu (sometimes called "swine flu")."『今までの所殆どのインフルエンザはH1N1(時々“豚インフルエンザ”と呼ばれている)だ。』と言う事です。
 Youtubeで見ることが出来ます。2009年10月21日とありますから最近のニュースだと思います。


興味のある方はURLは-----------------

http://www.youtube.com/watch?v=Q9_H2VN5KBY&feature=PlayList&p=EC7CBBFC1E8294D9&playnext=1&playnext_from=PL&index=3

名前は------

Unplugged: H1N1 Cases Overestimated?

-----------です。

CBS Unplugged Washington より。
Unplugged: H1N1 Cases Overestimated?
『アンプラグド:H1N1の件は多く見積もられ過ぎている?』


此のニュースで紹介された統計は

California 13,704 specimensカリフォルニア州では調査対象の13,704人の中で
296(2%) H1N1 296人(2%)がH1N1で
12% other flu 12%が他の種類のインフルエンザ
86% negative for flu 86%がインフルエンザには陰性。

Florida 8853 specimens フロリダ州では8853人の調査対象人口中
1575 (17%) H1N1 1575人(17%)がH1N1
83% negative or other flu 他の83%はH1N1陰性か他のインフルエンザ

Alaska 722 specimens アラスカ州の722人の調査対象人口中
11(1%) H1N1 11人(1%)がH1N1 陽性。
5% seasonal flu 5%が普通の季節的なインフルエンザ
675(93%) negative  675人(93%)675人(93%)は陰性。

Georgia 3117 specimens ジョージア州の3117人の調査対象人口中
74(2,4%) H1N1 74人(2,4%)がH1N1陽性。
97% negative for H1N1 97%はH1N1陰性。


-----------------------------この様に圧倒的に陰性(Overwhelmingly Negative)だそうです。

と言う事でした。下記のサイトではもっと詳しく述べられています。URLは-------

http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2009/10/24/CBS-Reveals-that-Swine-Flu-Cases-Seriously-Overestimated.aspx

 此のサイトでによると、米疾患対策予防センター(CDC)によると毎年発生するインフルエンザの様な症状を起こす病気の内20%程がインフルエンザで、実際には17%少ない場合は3%と言う事だそうで、殆どの場合他のバクテリアやウイリスによって起こる風邪やインフルエンザに似通った症状を起こす疾患の可能性が高いと言う事です。
 では実際にはH1N1インフルエンザの感染率は低いにも拘らず如何して予防接種を勧めているかと言う問いには、政府と製薬会社、医療機関の癒着が原因ではないかと言う事で、例えばある小児科病院の医師はワクチン販売で2千9百万ドルの利益を上げ、しかも彼は米疾患対策予防センターの元顧問で彼の販売したワクチンの開発許可に関係していたとか、米疾患対策予防センターの顧問委員会の会長は或るワクチン製造に関係している製薬会社の株主であるとか、他にもこの様な(conflict of interest)利害の矛盾はゴロゴロしているようです。
 日本ではH1N1感染者統計は本当に科学的に検査されているのでしょうか?それともアメリカの様に『今年のインフルエンザは殆ど豚インフルエンザだから真面目に調べる必要は無いよ!』と言う丼勘定を真似ているのでしょうか?

では今日は此れまで!Good Night and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト

インフルエンザワクチンについて。

FLU VACCINES AND THE RISK OF
CANCER
インフルエンザワクチンと癌の危険性。


http://www.newswithviews.com/Tenpenny/sherri123.htm

Dr. Sherri Tenpenny, DO
September 4, 2009

Dr.Tenpenny.comより。

http://drtenpenny.com/default.aspx


NewsWithViews.com

Much concern has been generated over the upcoming new swine flu H1N1 vaccines that are being rushed to market. Clinical trials will be short – less than three weeks – and the potential for the addition of toxic oil-in-water adjuvants to be added at the last minute to stretch the vaccine supply is disconcerting. However, the problems with flu shots go beyond current concerns. The new manufacturing process for flu shots, called cell-line technologies, are little understood and have the potential for serious, long term consequences.
新しく登場するスワインH1N1フルーヴァクシーン(豚H1N1ワクチン)について多くの不安が発生している。(ワクチンの)臨床実験研究は3週間以内と短く、そして毒性のある水に混じっている油の様なワクチン効果補助剤がワクチン供給量を増加させる為最後の土壇場で添加される可能性があり非常に不安にさせる。然しインフルエンザ予防注射の問題は現在の関心事以上の問題である。予防注射のためのワクチンの新しい製造方----------セル ライン テクノロジー(細胞株技術)と呼ばれる---------は十分理解されていず種々の長期に亘る健康上の悪影響がある可能性がある。

Manufacturing the “regular,” annual flu shot
毎年やって来る普通のインフルエンザ予防注射ワクチンの製造。


Each year, between January and March, an FDA advisory panel selects the three influenza strains expected to be in circulation during the upcoming flu season. Admitting that the process is an “educated guess,” the CDC sends the selected seed virus to the FDA for approval prior. Seed virus is then distributed to manufacturers for production.
毎年、1月から3月にかけてFDA食品医薬品局諮問機関は次のインフルエンザの季節に流行すると想像される3種類のインフルエンザウイリスを選択する。どのウイリスを選択するかの過程は“勘に頼っている”と認めているのだが-----------CDCは選択された種子ウイリスを事前の承認の為にFDAに送る。其の後、種子ウイリスは製薬会社に生産の為に配られる。

The annual flu shot contains three viral strains: two type influenza A viruses and one type influenza B. Most commonly, two of the viruses are the same viruses included in the preceding year’s shot. The third virus is typically a new strain in circulation. This is the purported reason for giving the shot each year. The new strain is modified through a laboratory process called reassortment to ensure that it can readily grow in eggs. Once the modification is complete, all three viruses proceed through tricky manufacturing steps to create what goes in that vial.
普通の毎年生産されるインフルエンザ予防接種ワクチンには3種類のウイルスの系統が含まれている:2種類のインフルエンザAウイルスと1種類のインフルエンザBウイルス。極一般的には2種類のウイルスは昨年の予防接種に使われた同じウイルスで、第3のウイルスは一番新しく一般的に流行している型である。此れが毎年予防接種をする為に使われている理由である。此の新しい型のウイルスは鶏卵内で容易に培養出来る様に実験室での“リアソートメント”と呼ばれる方法で改質される。改質過程が終了すると3種類全てのウイルスはワクチンの小瓶に入る最終製品を作る為厄介な製造過程に進む。

The cumbersome flu shot production process utilizes up to 500,000 fertilized chicken eggs per day for up to eight months. Hundreds of millions of fertilized eggs become “mini-incubators” for cultured viruses. When the chick embryos are 11-days old, the amniotic membrane (the egg white) is manually injected with a drop of viral-containing . Several days later, the gooey viral suspension is centrifuged to remove as much chicken blood and tissue from the solution as possible. Residual egg protein remains within the final vaccine solution and is the reason why persons with an egg allergy are advised against receiving the flu shot.
厄介な(酷く複雑な)インフルエンザ予防注射ワクチン生産は1日に最大50万個までの受精鶏卵を最大期間8ヶ月間使用する。数百万の受精卵はウイルスを培養する“小型培養器”となる。受精卵胎芽が受精後11日目になると羊膜(卵白)に一滴のウイルスを含んでいる溶液を手作業で注入する。数日後ヌルヌルしたウイルスの含まれた懸濁液から出来るだけ多くの鶏の血液と組織を取り出す為に遠心分離される。残留している鶏卵蛋白質は最終的なワクチン溶剤に残り、此れが理由で卵にアレルギーの人はインフルエンザ予防注射を受けない様にアドヴァイスされるのです。

The entire process, from viral selection to viral harvest, can take up to nine months.[1] With the potential for a pandemic and the Director General of the WHO, Margaret Chan, requesting up to 4.9 billion of flu shots to vaccinate the world,[2] the slow lead time and labor-intensive production process cannot meet the demand for massive quantities of pandemic flu vaccine.
ウイルスの選択からウイルスの(鶏卵から)収穫までの全過程は長くて9ヶ月まで要する。パンデミックの可能性と国際的な予防接種の為のWHOの事務局長マーガレットチャンの49億人分のワクチンの要請、生産の速度が遅い事や労働集約的生産過程の為、パンデミックの為のインフルエンザワクチンの大量需要に追いつかない。

Enter Cell Line Technology
細胞株技術


Cell line technologies, the use of cells and tissues for growing viruses found in vaccines, have been used since the 1950s. Examples include calf lymph for smallpox vaccines; African green monkey cells (AGMK cells) for polio vaccines and mouse brain cells for the Japanese encephalitis vaccine. In the 1960s, cells from aborted human fetal tissue, called MRC-5 and WI-38 cells, were developed and are still used for the manufacture of rubella chickenpox, hepatitis A and shingles vaccines.
ワクチンに使われているウイルスを増殖する為細胞や組織を使う細胞株技術は1950年代から利用されている。例としては天然痘ワクチンの為の子牛のリンパ腺、小児麻痺ワクチンの為のアフリカのグリーンモンキーの細胞(AGMK細胞)、そして日本脳炎の為のネズミの脳細胞等が含まれる。1960年代にMRC-5そしてWI-38と呼ばれる妊娠中絶された人間の胎生組織が開発され風疹性水痘、A型肝炎、そして帯状疱疹のワクチン生産の為に未だに使用されている。

Since the early 2000s, dozens of human and animal tissues have been investigated for use in viral vaccines, especially for the production of influenza shots. Batches of vaccine can be produced in less than six weeks instead of just one crop per year with eggs, a particularly useful methodology for ramping up production of flu shots.While many of the new cell lines are still considered experimental, cell line techniques have attracted all the major players in the vaccine and biotech industry.
2000年以来、数ダースに及ぶ人と動物の組織がウイルスワクチンへの使用の為、特にインフルエンザ予防接種の為に研究されている。大量のワクチンが鶏卵での年一回だけの生産と比較して6週間以内に製造出来、特にインフルエンザ予防接種の生産急増の為のメソッドとして持って来いである。多くの新しい細胞株技術は実験的な段階と捉えられいるにも拘らず細胞株技術は全てのワクチンとバイオテクノロジー業界の注目を集めている。

Prior to 2007, cell lines were little used for flu shots, primarily for logistical reasons: Flu shots made from cells instead of eggs required a complete retooling of existing production facilities. None of the manufacturers were willing to invest the hundreds of millions of dollars and the five to seven years to construct new vaccine plants. But when the threat of the bird flu pandemic was hyped in 2006, the government opened is coffers and spilled billions of dollars into the pockets of the drug companies, giving them the capital to build new flu shot production facilities. By 2012, the first cell line factory will be completed in North Carolina. Vaccine giant, Novartis, will then have the capacity to produce 150 million flu shots per year, making it the number one commercial production plant for influenza vaccines and the adjuvant MF-59, in the world.
2007年以前には主にロジスティックな問題で細胞株はインフルエンザワクチンには使われていなかった。鶏卵に替わって細胞を使用して生産されるインフルエンザワクチンには其れまでの製造設備の完全な入れ替えが要求される。何千万ドル、そして新しいワクチン工場建設に必要な5年~7年の投資意欲のある製薬会社は全く無い。然し、2006年に鳥インフルエンザパンデミック(大流行)の危機が大騒ぎになると政府は金庫を開けて何十億ドルも撒き散らし製薬会社のポケットに入れてしまい、鳥インフルエンザワクチン製造施設建設の資金を与えてしまった。2012年までには最初の細胞株技術を使った施設がノースカロライナに完成する。其の時期にはワクチン生産では巨大企業のノヴァルティスは年間1億5千万人分のワクチン生産能力を持つ事になり、其れは世界一の商業用インフルエンザワクチンとMF-59と言うワクチン効果増強剤の生産施設と言う事になる。

Cell Cultures: The Next Frontier in Vaccine Production
細胞培養:ワクチン生産の次のフロンティア。


Several cell lines are currently under investigation. Novartis’ EU-approved flu shot, Optaflu, was produced using a cell line called Madin-Darby (MDCK), cells extracted from the kidneys of a female cocker spaniel. Dutch giant, Solvay Pharmaceuticals, has been working with MDCK cells since the early 1990s.
現在幾つかの細胞株技術は調査の対象となっている。ノヴァルティスのEUによって承認されたインフルエンザワクチン“オプタフル”はMadin-Darby (MDCK)と呼ばれるコッカースパニエル(犬)の腎臓から抽出された細胞株を使用して生産されている。オランダの巨大企業ソルヴェイ製薬は1990年代初頭からMDCK細胞株を使っている。

Another independent company, Protein Sciences Corporation, has been working on a patented influenza vaccine produced from caterpillar eggs. This vaccine strategy, known commercially as FluBlok, isolates a purified concentration of (H) antigen on the surface of an influenza virus and inserts the antigen into a second virus called a baculovirus. The (H)-containing baculovirus is then inserted into insect cells growing in culture. Several clinical trials involving the bug-created vaccine have shown that the antigens elicit a strong antibody response in humans.[3] The vaccine, no doubt, contains snips of insect DNA. This technology is being tested in Europe and is not yet approved for use in the US.
他の独立した会社“蛋白質科学コーポレーション”は特許権を得ている毛虫の卵から作られたインフルエンザワクチンを使用している。此のワクチンはインフルエンザウイルス表面の精製濃縮された(H)抗原を分離し、其の抗原を2番目のbaculovirusと呼ばれるウイリスに挿入する方法で商業的にFluBlokとして知られていている。baculovirusを含んでいる(H)抗原は其の後培養装置の中で育っている昆虫の細胞に挿入される。幾つかの昆虫によって造り出されたワクチンを使った臨床実験では此の抗原は人体の強い抗体反応を引き出す事が示されている。此のワクチンは疑い無く少量の昆虫遺伝子を含んでいる。此の技術はヨーロッパでテストされていて未だ米国内使用の許可は出ていない。

A third type of cell line, called PER.C6 cells, is derived from retinal cells of aborted fetal tissues. The fetal cells are transformed by infecting them with an adenovirus, turning them into “immortalized” cells and the capability to replicate endlessly. By their very nature, these cells are neoplastic (cancer-causing); researchers refer to them as “oncogenic” cells. If tumors are formed when the cells are injected into experimental animals, the cell lines are beyond oncogenic; they are tumorigenic.
3つ目のタイプの細胞株技術はPER.C6細胞と呼ばれ、妊娠中絶された胎児の網膜細胞から得られている。胎児の細胞はアデノウイルスに感染させられる事によって変性され不死身の細胞となり、そして果てしなく増殖する能力を持つ事になる。正にこれ等自身の特徴によりこれ等の細胞はネオプラスティック(発癌性)で研究者達は腫瘍形成性細胞と呼んでいる。実験動物に此の細胞が注入された時腫瘍が発生するとすれば此の細胞株は腫瘍形成性以上の物で、それらは発癌性である。

A serious concern about whole, live PER.C6 cells is that they are capable of causing tumors when transplanted into the skin of mice. The FDA requires a filtration method to be used during vaccine production that is designed to removes all cells before the final product is packaged. Even though several studies have been conducted to assure vaccine developers that PER.C6 cells do not cause cancer and do not contain stray tumor causing viruses,[4] the risk of the cells making their way into the final vaccine products remain.
生きたPER.C6細胞全てについての深刻な不安は、其れが鼠の皮膚に植え付けられると腫瘍を発生させる事が出来ると言う事である。米食品医薬品局はワクチン製造過程で最終的製品が箱詰めされる前に全ての細胞を取り除くフィルターを使う方法を義務付けている。PER.C6細胞は癌発生の原因ではなく腫瘍を発生させる迷子のウイリスを含んでいないとワクチン開発業者を安心させる為の幾つかの研究が実施されたにも拘らず、PER.C6細胞が最終的ワクチン製品に含まれる危険性が残っている。

The risks of residual retinal DNA and stray viral contaminants from the animal tissues getting into flu shots are real. DNA snips are classified as either “infectious” or “oncogenic” by researchers who worry that the stray DNA is being incorporated into the recipient’s DNA, even thought FDA regulations insist on the “importance of minimizing the risk of oncogenesis in vaccine recipients.” Manufacturers have been instructed to ensure the final vaccine contains less than 1 million residual animal cells and the amount of stray DNA is less than 10 ng. per vaccine.[5] These regulations admit that animal DNA is injected into human babies and adults with every shot.
残留している網膜の遺伝子と動物の組織からの紛れ込んでいるウイルスの汚染物質が予防接種ワクチンに紛れ込む危険性は現実問題である。米食品医薬品局の規制は“ワクチン受容者の癌発生の危険性を最小限にする事の重要性”を主張している物の、細切れの遺伝子は其れがワクチン予防接種受容者の遺伝子に合併させられる事を心配する研究者によって“感染性”か“腫瘍形成性(発癌性)”と分類されている。製薬会社は最終的製品としてのワクチンは100万以下の残留動物細胞か、紛れ込んでいる遺伝子の量は一人分のワクチンに対し10 ng以下にする事を確実にする様に指示されている。これ等の規則は予防接種の度に動物の遺伝子を幼児と成人に注入している事実を認めている。

Is every lot tested for purity and these parameters? No. Spot-checked lots are sent to the FDA and the FDA trusts the word of vaccine manufacturers that these standards have been met.
純粋さや上記の条件等で全ての発注されたワクチンはテストされているのだろうか?ノー。発注を受けたワクチンの抜き取り検査の結果は米食品薬品局に送られ米食品薬品局は製薬会社の基準は全て満たされていると言う言葉を信用している。

Tumorigenic Cells: The Risks Are Known
発癌性細胞:危険性は知られている。


Since 1998, the FDA and its subdivision, the Centers for Biological Evaluation and Research (CBER), have been drafting regulations to allow use of both oncogenic and tumorigenic cell lines to be used in vaccine production. The FDA is fully aware that the new cell lines, especially the PER.C6 cells, have substantial risks, including the risk of potentially deadly adventitious [stray, outside] viruses making their way into shots. For example, the FDA acknowledges that the SV 40 virus (simian virus 40 from monkey kidney cells) was in the early polio vaccines and acknowledges the risks:
1998年以来米食品薬品局と其の部局、“生物的審査と研究センター”(CBER)は腫瘍形成性細胞株と発癌性細胞株両方をワクチン製造に許可する為に規則を作成している。米食品薬品局は新しい細胞株は、特にPER.C6細胞は、非常に危険な可能性のある付随的(中に紛れ込んだり外部に付着していたり)ウイルスが予防接種用ワクチン内に入り込む事を含むかなりな危険性があることを十分に承知している。例えば、米食品薬品局はSV 40ウイルス(猿ウイリス40は猿の腎臓細胞から来ている)は初期の小児麻痺ワクチンを汚染していた事を認めていて危険性も認めている。

“The experience in the early 1960s with SV40 contamination of poliovirus and adenovirus vaccines and the continuing questions regarding whether SV40 could be responsible for some human neoplasms [cancers] underscores the importance of keeping viral vaccines free of adventitious agents [viral contaminants].
1960年代初頭のSV40による小児麻痺ワクチンの汚染の経験とアデノウイリスワクチンとSV40ウイルスがある人間のネオプラズム(癌、腫瘍)の原因である可能性ではないかと言う現在も続いている疑問はウイルスワクチンから付随的病原体(ウイルス汚染)排除する事の重要性を強調している。

This is particularly important when there is a theoretical potential for contamination of a vaccine with viruses that might be associated with neoplasia [cancer]…It is unclear whether cell substrates have a greater or lower risk [of contamination] than other types of cells…However, if their growth in tissue culture is not well controlled, there may be additional opportunities for contamination…”[6]

And it gets worse.
そして話はもっと酷くなる


The same FDA memo goes on to say:
此の同じ米食品薬品局の書類は続けて----------

“In addition to the possibility of contamination of cell substrates with adventitious viruses…the use of immortalized, neoplastic human cells to develop [vaccines] raises theoretical concerns with regard to possible contamination with TSE/BSE agents.”[7]
cell substrates細胞基盤(?)のadventitious viruses外部からのウイルス(?)による汚染の可能性に加えて-------(永遠に細胞分裂し)死なない発癌性人細胞をワクチン製造に使う事はTSE/BSE(狂牛病の原因になる)因子による汚染の理論的危険性を提起している。

TSE is Transmissible Spongiform Encephalopathy, a condition that includes a group of rare degenerative brain disorders characterized by tiny holes in the brain tissues, giving a “spongy” appearance when viewed under a microscope. When this condition occurs in cows, it is called Bovine Spongiform Encephalopathy, commonly known as “mad cow disease.” In a study published in 2004, researchers found that any cell line could potentially support the propagation of TSE agents.[8]
TSEとはTransmissible Spongiform Encephalopathy感染性海綿状脳症で脳組織に発生する小さな穴が特徴の稀な脳障害で顕微鏡で見るとスポンジの様に見える。此の症状が牛に起きると牛海綿状脳症と呼ばれ、普通狂牛病“マッドカウディジーズ”として知られている。2004年に発表された研究では、研究者はどの様な細胞株でも感染性海綿状脳症因子繁殖を支える可能性がある事を発見している。

Clearly, CBER is aware and disquieted over the carcinogenic potential of animal cells in vaccines because they require manufacturers to take “every available precautionary step” to eliminate the suspicious cells from the vaccine final product. The FDA also admits concerns about cancer-causing possibility from all types of cell lines. The question begging to be answered is, knowing the potential risks of using cell lines to create vaccines, why is research using cell line technologies allowed to be used at all?
明らかにCBERは発癌性の可能性のあるワクチンに含まれる動物細胞について認識し心配している。何故なら彼等は製薬会社に可能な限りの予防手段を講じて最終的ワクチン製品から疑いのある細胞を排除する様に義務付けているからだ。米食品医薬品局も全ての細胞株による発癌の可能性の危険を認めている。此処で問われている問題は細胞株技術によるワクチン製造の危険性を承知しながら、一体全体如何して細胞株技術を使用した研究が許可されているのだろうか?

Despite substantial evidence—and even admissions of concern—the FDA appears to be flagrantly ignoring the potential for harm caused by this new cell line technology. The U.S. government have poured billions of dollars into flu shot development and is recklessly approving the use of cell lines for products that have a questionable necessary pandemic vaccine. Let the buyer beware.
かなりの量の証拠がありながらも--------そして不安が存在する事を認めている--------米食品医薬品局は此の細胞株技術による被害の可能性を大っぴらに無視している様に見受けられる。米政府は何十億ドルもインフルエンザワクチン開発に注ぎ込み無謀にも必要性に疑問のあるインフルエンザ大流行の為のワクチン製品に細胞株技術の使用を承認している。購買者に此の事実を気付かせよう。

Footnotes: フットノート
1, “WHO manual on animal influenza diagnosis and surveillance,” World Health Organization, 1 September 2004.
2, Reuters May 19, 2009.
3, “Influenza Vaccines under development,” Protein Sciences Corporation.
4, Ledwith, BJ, et al. “Tumorigenicity assessments of Per.C6 cells and of an Ad5-vectored HIV-1 vaccine produced on this continuous cell line.” Dev Biol (Basel). 2006;123:251-63; discussion 265-6.
5, FDA: Use of MDCK Cells for Manufacture of Inactivated Influenza vaccines.
6, "Designer Cells as Substrates for the Manufacture of Viral Vaccines,” FDA.
7, FDA. Ibid MDCK cells
8, Vorberg, I., Raines, A., Story, B., Priola, S. A. “Susceptibility of common fibroblast cell lines to transmissible spongiform encephalopathy agents,” Journal of Infectious Diseases189 (2004): 431–439. PMID: 14745700.

© 2009 - Sherri Tenpenny - All Rights Reserve

ejnews: と言う怖いお話でした。現在までのワクチン製造技術で使っていた卵にアレルギーの人はワクチンを使った予防接種は出来なかった事で理解される様にワクチン製造で使用される素材が人体に影響を及ぼす事は皆御存知の事実ですが、此の報告に有る新しいタイプの素材がワクチン製造に使用され始めると一体どんな問題が起きるのでしょうか?科学者と製薬会社の倫理観に頼るしかないのでしょうねー-------------。
処で、ワクチンワクチンと何時も大騒ぎをしていますが、基本的に最近の鳥インフルエンザavian fluや豚インフルエンザswine fluは工業蓄農Factory farmingによる抗生物質の乱用が原因しているのですから(West Nile virus,西ナイルウイルスfoot and mouth disease口蹄疫等も含まれる)我々は自分たち自身の食生活をもっと伝統的な菜食主義中心に変換する事がインフルエンザの様な感染症の最も効果的な予防策なのですが-------------。
H1N1インフルエンザについてはカテゴリーにH1N1(豚)インフルエンザがありますから参考にして下さい。では!
Good Night and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

H1N1インフルエンザから身を守る知識。

Swine Flu Pandemic? Five
(Avoidable) Things That Can Get
You Killed
豚インフルエンザ大流行?貴方を死に追いやるかも知れない(避けられる)5つの事。


Friday, June 05, 2009 by: Mike Adams, the Health Ranger, NaturalNews Editor

http://www.naturalnews.com/026393_pandemic_NaturalNews_influenza.html

Avoiding these five things may literally save your life. As H1N1 influenza continues to spread (it's in all fifty states now and is sweeping through the prison system), making sure you don't fall victim to one of these five mistakes may be hugely important to your health and safety.
これ等の五つの事を避けることによって文字通り貴方の命を救う事になる。H1N1インフルエンザが引き続き広がる中で(50州全てに広がっていて今刑務所に素早く広がっている)此の五つの中の一つの犠牲者に絶対ならない様にする事は貴方の健康と安全の為非常に重要です。

#1 Thing that can get you killed in a pandemic: Arsenic
#1大流行中貴方の命を奪う物:砒素。


As revealed in a recent story on NaturalNews (http://www.naturalnews.com/026307.html), drinking well water contaminated with arsenic greatly increases susceptibility to H1N1 influenza infections. Arsenic is present in the water supply of tens of millions of people across the United States right now (now to mention the citizens of Canada, the UK, Australia and other countries). Low levels of arsenic are even "approved" by the EPA!
最近のナチュラルニュースの記事で報道された様に(http://www.naturalnews.com/026307.html)砒素によって汚染された井戸水を飲む事はH1N1インフルエンザ感染を容易にする状況を非常に高くする。砒素は1千万を超えるアメリカ人の水源に存在している(例を挙げるとカナダ、英国、オーストラリアや他の国の市民も)。低水準の砒素はEPA環境保護局によって許可されている!

Check with your local water company to find out the arsenic levels in your water, and if you do find arsenic in your water, make sure you use a water filter (Aquasana is a good brand I recommend) to remove the arsenic.
貴方の地域の水道局に問い合わせ貴方の水の砒素レヴェルを調べて、若し貴方の水の中に砒素を見つけたらワォーターフィルターを使って砒素を取り除く事を絶対にして下さい。

#2 Thing that can get you killed in a pandemic: Antibiotics
#2大流行中貴方の命を奪う物:抗生物質。


Taking antibiotics before a swine flu infection greatly increases your risk of being killed by swine flu. How do we know that? Because antibiotics wipe out the friendly flora that have been scientifically proven to boost the body's defenses against influenza (http://www.naturalnews.com/026265.html).
抗生物質を豚インフルエンザ感染以前に服用する事は豚インフルエンザによって貴方が死ぬ危険性を非常に高める。如何して知ってるかって?如何してかと言うと、抗生物質はインフルエンザに対抗する身体の守りを高める事が科学的に実証されている無害なフローラを取り去ってしまうからだ。(http://www.naturalnews.com/026265.html

This is why, during any pandemic, doctors must exercise extreme caution when handing out antibiotics. While antibiotics can be extremely helpful during the pneumonia phase of a viral infection (when bacteria invade the lungs), they can be deadly if given to patients too soon (during the pre-pneumonia phase).
この事が理由でどの大流行の最中にでも抗生物質を手渡す事について医師は細心の注意を払わなければならない。抗生物質はウイルス感染の肺炎段階(バクテリアが肺に侵入した時)では非常に効果的ではある物の、抗生物質は患者に時期尚早に(肺炎に感染する前)与えられると非常に危険である。

In addition, there's the whole concern over antibiotics abuse creating yet more dangerous superbugs in hospitals. Imagine the combination assault of a deadly new strain of the H1N1 influenza virus plus an antibiotic-resistant superbug sweeping through the hospitals of the world... That's a very dangerous combination indeed!
加えて、抗生物質の使い過ぎは又病院でより危険なスーパーバグ(抗生物質に抵抗力の有る突然変異バクテリア等)を作り出してしまうと言う事について大きな不安が存在する。新しい種類の危険なH1N1インフルエンザウイルスと其れに加えて抗生物質に抵抗力の有るスーパーバグのコンビネーションによる攻撃が世界中の病院に急速に広がる事を想像して見て下さい-------------其れは本当に非常に危険なコンビネーションです!

#3 Thing that can get you killed in a pandemic: Lack of sleep
#3大流行中貴方の命を奪う物:睡眠不足


Getting fewer than six hours of sleep each night increases your risk of contracting colds (such as influenza) by a whopping 300 percent! Read more in this NaturalNews article: http://www.naturalnews.com/News_000...
毎晩6時間以下しか睡眠を取らない事は貴方の風邪(例えばインフルエンザ)に感染する危険性を、とてつもない300%も引き上げる。此れについてはナチュラルニュースの記事http://www.naturalnews.com/News_000...を読んで下さい。

As you read that, keep in mind that there is technically no difference between a "cold" and a "flu." They are two different words describing the same thing.
其れを読んでいる時に、学術専門的には(普通の)“風邪”と“インフルエンザ”の間に何の違いも無い事を覚えていて下さい。此の二つは同一の物を表現している2つの違った言葉なのです。

Eight hours of sleep each night will substantially boost your immune function, giving you the metabolic tools you need to fight off potentially deadly influenza infections.
毎晩8時間の睡眠は致死的な可能性の有るインフルエンザ感染から戦い守る新陳代謝機能を貴方に与える事によって貴方の抵抗力機能を大幅に増加します。

#4 Thing that can get you killed in a pandemic: Lack of vitamin D
#4大流行中貴方の命を奪う物:ビタミンD欠乏症。


Virtually everyone living in the U.S., Canada and the U.K. is chronically deficient in Vitamin D. Those living in Australia are usually better off, as there's more of a sunshine culture there, but even Aussies can find themselves vitamin D deficient if they live their lives indoors and don't venture into the real world to catch some healthy rays.
事実上、米合衆国、カナダ、英国に住む全ての人々はビタミンDの慢性欠乏なのです。オーストラリアに住む人々は他の地域と比べてもっと太陽に親しい文化が有るので通常比較的に良い状態に有るのですが、然しながらオージーズ(オーストラリア人のニックネーム)でも、若し彼等の生活を屋内で過ごし戸外に冒険し或る健康な日光に当たらないとビタミンD欠乏になる可能性があるのです。

Vitamin D deficiency is, without question, one of the primary causes of influenza susceptibility (http://www.naturalnews.com/021229.html). Having sufficient vitamin D circulating in your blood is one of the best defenses against infection (http://www.naturalnews.com/024982.html).
ビタミンD欠乏は疑い無くインフルエンザ感染になり易い状態の主要な原因の一つです。(http://www.naturalnews.com/021229.html)。十分なビタミンDが貴方の血液内ね循環している事はインフルエンザ感染に対する最良の防御なのです(http://www.naturalnews.com/024982.html).。

Health authorities in the U.S. and other western nations are currently engaged in a campaign to keep the population vitamin D deficient. This is achieved by brainwashing people into thinking sunlight alone causes skin cancer. That's a big medical lie, of course. Even the Journal of the National Cancer Institute has published scientific research showing that sunlight exposure reduces the risk of skin cancer (http://www.naturalnews.com/007632.html).
現在、米国や他の西洋諸国の保健衛生の権威はそれらの国民をビタミンD 欠乏に留めて置くキャンペーンに取り組んでいます。此れは日光だけが皮膚癌の原因だと人々を洗脳する事で成し遂げられるのです。其れは勿論、医学的大嘘です。ジャーナル オブ ザ ナショナル キャンサー インスティチュート(国民癌協会誌)さえでも日光浴は皮膚癌の危険性を減少させる事を示した研究を発表している。(http://www.naturalnews.com/007632.html).

The American Cancer Society, of course, spreads extremely dangerous disinformation about sunlight exposure, seeking to make sure that no ray of sun ever touches the skin of any person. This "darkness" campaign will soon be exposed as a death sentence for the People as the next pandemic takes the lives of those stupid enough to believe that moderate sunlight exposure is bad for their health.
ジ アメリカン キャンサー ソサエティーは、勿論、どの太陽光線もどの人間の皮膚にも触れ無い事を確実にする事を目指した、太陽光線について極端に危険な偽情報を流しています。此の“暗黒”のキャンペーンは控え目な日光浴が健康を害すると信じる程十分馬鹿な人々を次の大流行で殺し始めた時其の人々にとって死刑の宣告である事を近々暴露するでしょう。

#5 Thing that can get you killed in a pandemic: Antacid prescription drugs
#5大流行中貴方の命を奪う物:酸中和(胃の制酸薬)処方薬


In a pandemic, use of popular antacid drugs can actually increase your risk of death. How? A study published in the Journal of the American Medical Association (JAMA) concludes that these PPI drugs significantly increase the risk of deadly pneumonia.
大流行中に人気のある酸中和剤(制酸薬)を使う事は実は死の危険性を増加させるのです。どの様に?米医療連盟誌(JAMA)で報告された研究によると、この様なPPI薬剤は恐ろしい肺炎感染の危険性を大幅に増加させると結論している。

Read the full story here: http://www.naturalnews.com/026361_d...
全記事は此処で:http://www.naturalnews.com/026361_d...

These acid-suppressing medications, it turns out, are linked to a 30 percent increase in the risk of acquired pneumonia. And if you're suffering from something like the swine flu, pneumonia is the most common cause of death. It's the secondary bacterial infections, after all, that killed most people in 1918, and that's what's likely to cause the greatest number of fatalities in the next great pandemic as well.
この様な酸を抑制する薬剤は実は感染性肺炎の30%増加に関連している。若し貴方が豚インフルエンザか何かで苦しんでいるとすると肺炎は一般的な死因なのです。其の2次的バクテリア感染症が結果的に1918年に殆どの患者を死に追いやったのです。そして其れは次にやって来る大流行でも恐らく膨大な数の死因になる事でしょう。

If you want to protect yourself from influenza, avoid taking antacid drugs (including over-the-counter antacids).
若し貴方が貴方自身をインフルエンザから守りたいのなら(制酸薬)酸中和剤の服用は避けましょう。

ejnews:  此の翻訳はナチュラルニュースの記事の抜粋でした。ワクチンが何と無く信用出来ないので、良く休み栄養のある物を良く食べて自己防衛するしかないですかな?アメリカでは看護婦等医療関係者の中でワクチンを拒否している人々もかなりいるそうで私の妻の(私の妻は背骨の関節の手術があり今日退院したのですが)病室の看護婦さんもフルーの予防接種はしたくないと言っていました。其れと最近、アメリカでは豚H1N1インフルエンザの義務的予防接種を中止するとのニュースがありました。忙しくて理由は今の所聞き逃しましたが恐らくワクチンの量が足りないのだろうと思います。
 処で、南半球ではもう風邪の季節冬も終わっているのではないでしょうか?--------とすると、オーストラリア、ニュージーランド、南米、南アフリカ等でH1N1が大流行していたにも拘らず死亡者数が多かったと言うニュースは聞かなかったので恐らく此れから風邪の季節に突入する北半球でもそれ程心配する必要は無いのかな?
 兎に角、健康な食事を取り十分睡眠を取る事は豚インフルエンザに拘らず色々な病気に対する基本的予防手段なのでしょう。
 話し変わって、アメリカではオバマ大統領は政府が資金援助した企業の最も給料の多い25人の重役の給料を90%下げるとか息巻いているそうです。民主党は腰砕け政党で有名ですからどうなります事やら!?
 後は----株価の暴落が此処6ヶ月~1年以内に起こるとか、アメリカの経済は政府の財政赤字、雇用の海外流出、海外からの低賃金労働者流入、そして富の集中と景気回復にとっては何やら暗い話ばかりでありまする。
 最後に、アメリカでは社会健康保険設立で議論が続いておりまするが、“America’s Health Insurance Plans (AHIP)米健康保険プラン”と呼ばれる健康保険企業団体が存在し、此の団体は如何に病人の医療措置を拒否して御金儲けをしようかと相談しておる厭らしい団体でありますが、此れ又、如何にもアメリカ的でありまするが“Billionaires for Wealthcareビリオネアー フォー ウエルスケア10億万長者の為の富の世話”(healthcare(ヘルスケア) 健康管理とか言う意味でwealthcare(ウエルスケア)は富wealthとcare手入れ、看護等と言う意味の言葉を組み合わせた語呂合わせ。)と言う健康保険企業に反対し奇妙なデモンストレーションをするグループが存在するのであります。
 此のヴィデオはAHIPの会合に紛れ込んだBillionaires for Wealthcareビリオネアー フォー ウエルスケアのメンバーが会合の最中に突然歌で抗議を表明すると言う如何にもアメリカ的な抗議運動でありまする。興味の有る方はYoutubeで
『Public Option Annie - with lyrics (guerrilla musical at AHIP conference)』

http://www.youtube.com/watch?v=q2QX9sMV5xI を見て下さい。

では今日は此れまで。Good Night, and Good Luck!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

インフルエンザワクチンの中身は?

The Truth About the Flu Shot
インフルエンザ予防注射(ワクチン)の真実。


http://drtenpenny.com/the_truth_about_the_flu_Shot.aspx

Sherri Tenpenny, DO  シェリーテンペニー整骨医学外科学博士 

What’s in the regular flu shot?
普通のインフルエンザ予防注射には何が入っているのだろう?


Egg proteins: including avian contaminant viruses
卵の蛋白質:汚染物としての鳥インフルエンザウイリスも含まれている。

Gelatin: can cause allergic reactions and anaphylaxis are usually associated with sensitivity to egg or gelatin
ゼラチン:アレルギー症を引き起こす可能性があり、又アナフィラキシー(過敏)症は普通卵若しくはゼラチンに対する過敏症と関係している。

Polysorbate 80 (Tween80™): can cause severe allergic reactions, including anaphylaxis. Also associated with inferility in female mice.
ポリソルベイト80(Tween80™):此れは酷いアレルギー症を引き起こす可能性がありアナフィラキシー(過敏)症も含まれている。又雌ネズミの不妊症にも関連している。

Formaldehyde: known carcinogen
ホルムアルデヒド:発癌物質として知られている。

Triton X100: a strong detergent
ツリトンX100:強力な洗剤

Sucrose: table sugar
スクロース:卓上砂糖
Resin: known to cause allergic reactions
松脂:アレルギー反応の原因として知られている。

Gentamycin: an antibiotic
ジェンタミシン:抗生物質

Thimerosal: mercury is still in multidose flu shot vials
チメロサール:水銀は未だに複合インフルエンザ予防注射の中に含まれている。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


What about the new Swine Flu shot?
新しいスワイン(豚)フルー予防注射は如何なのか?


Some of the new H1N1 (swine flu) vaccines are going to be made by Novartis. These shots will probably be made in PER.C6 cells (human retina cells) and contain MF59, a potentially debilitating adjuvant. MF59 is an oil-based adjuvant primarily composed of squalene.
数種類の新しいH1N1(豚インフルエンザ)のワクチンはNovartisノヴァルティスによって製造される。これ等のワクチンは恐らくPER.C6細胞(人の網膜細胞)の中で造られ、健康を大いに害する可能性のあるワクチン効果補強剤MF59を含んでいる。MF59は油性のワクチン効果補強剤で主にスクワリンで構成されている。

All rats injected with squalene (oil) adjuvants developed a disease that left them crippled, dragging their paralyzed hindquarters across their cages. Injected squalene can cause severe arthritis (3 on scale of 4) and severe immune responses, such as autoimmune arthritis and lupus.
全てのスクワリン(油)ワクチン効果補強剤を注射されたネズミは病気になりその結果身体障害になり、ケージの中で下半身を引きずっていた。注射されたスクワリンは重度の関節炎(1から4で4が一番酷いとすると3の酷さ)と免疫性関節炎やルーパスの様な激しい免疫反応を引き起こす可能性がある。

Ref: (1): Kenney, RT. Edleman, R. "Survey of human-use adjuvants." Expert Review of Vaccines. 2 (2003) p171.
Ref: (2): Matsumoto, Gary. Vaccine A: The Covert Government Experiment That’s Killing Our Soldiers and Why GI’s Are Only the First Victims of this Vaccine. New York: Basic Books. p54.

スクワリンをWikipediaで調べると-------

Squalene is a natural organic compound originally obtained for commercial purposes primarily from shark liver oil, though botanic sources (primarliy vegetable oils) are used as well, including amaranth seed, rice bran, wheat germ, and olives. All higher organisms produce squalene, including humans. It is a hydrocarbon and a triterpene. Squalene is a natural and vital part of the synthesis of cholesterol, steroid hormones, and vitamin D in the human body
スクワリンは元々商業用に鮫の肝油から抽出された天然の有機化合物だがアマランサスの種、米糠、小麦胚芽、そしてオリーヴオイルの様な(基本的に植物油)植物が原料ともなっている。全ての高等生物は人間も含めてスクワリンを分泌する。スクワリンは炭化水素そしてトリテルペンです。スクワリンは天然物質で人体ではコレステロール、ステロイドホルモン、ビタミンD生産の重要な一部です。

ejnews: 上記のワクチンについての情報の抜粋はシェリー テンペニー医師のサイトからの抜粋です。グーグルしてみると、テンペニー医師はオタナティヴ メディスンalternative medicine(代替医療、従来の西洋医学の様に副作用の強い製薬会社の薬品に頼らない医学)の専門家だそうです。彼女のサイトはhttp://drtenpenny.com/default.aspxです。
私の妻は昔一度だけインフルエンザの予防接種を受けたそうですが(インフルエンザには感染していなかった)1ヶ月間、発熱、下痢、腹痛、頭痛で寝込んでしまい其れ以降はインフルエンザ予防接種はした事がないとの事です。
私は怠け者と言う理由でインフルエンザ予防接種は受けたことが無いのですが、色々調べてみると予防接種受けなくって良かった~!と思っています。
1918年の世界的なスペインフルーの名で知られるインフルエンザパンデミックは第一次世界大戦のヨーロッパ最前線の塹壕戦での兵士の栄養不足、疲労、非衛生的なトレンチでの生活、集団生活が理想的なインフルエンザウイルスの繁殖感染の温床になり、先ずドイツ、オーストリア側に大きな犠牲者が出、続いて連合国側に広がったと言う話でドイツの敗戦はスペインフルーで兵士の犠牲者が多く戦争の続行が困難になった事が大きな敗因の一つであると言う話もあります。現在は第一次大戦中の塹壕戦の様なウイルスの突然変異に好都合な条件が見当たらず、ウイルスの突然変異での悪質化はそれ程心配する必要も無いのでは?と言う意見も有るようですが、私は念の為にビタミンDとCを沢山摂取し、なるべくベッドで長い時間寝る様にします。


他のH1N1スワインフルー関係の記事の翻訳はカテゴリーのH1N1(豚)インフルエンザを参照してください。

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

インフルエンザに感染すると---------

A Canadian doctor’s memory of the swine flu scare in 1976
カナダのある医師の1976年の豚インフルエンザ不安についての記憶。


Posted by mcm
at August 27, 2009

http://markcrispinmiller.com/

*下部に別の短い記事の翻訳を追加しました。*

Received from a retired U.S. MD, George Hill, who forwarded it from his
friend Gerry Bonham, a retired Vancouver, BC, Public Health officer:
引退した米医師ジョージ ヒルから受け取りました。彼は此れをブリティッシュ コロンビア、ヴァンクーヴァーの引退している公共保健局員だった友人ゲリー ボーンハムから受け取り私に送ったのです。

BC (British Colombiaブリティッシュコロンビア)カナダの事。

Dear George, 親愛なるジョージさんへ。

How about a little anecdote about the last swine flu threat? It was 1976 and what was believed to be swine flu broke out at Fort Dix, the U.S.
Forces base in New Jersey. Due to prompt and effective quarantine
measures, the virus never went anywhere. Here in B.C. the government
had purchased 500,000 doses of hastily tested swine flu vaccine.
最後に我々が経験した一寸した豚インフルエンザの逸話をお聞かせしましょう。其れは1976年の事でニュージャージーの米軍基地フォートディックスで豚インフルエンザが発生したと信じられていました。素早く効果的な検疫措置でウイリスは何処にも広がりませんでした。此処ブリティッシュコロンビア(カナダ)では政府は慌ててテストされた豚インフルエンザワクチンを50万人分購入しました。

In those days, it usually took a few weeks for an outbreak to move
across a continent. Accordingly, I made trouble for myself by strongly
urging a delay in giving vaccine until there was evidence of the virus
breaking out of Fort Dix which it never did. The Deputy Minister talked to the Minister who said it was politically impossible to purchase the vaccine and not give it.
あの頃は、病気が発生して大陸を横断するのに普通数週日間かかった。フォートディックス基地のウイルス感染症は基地から外には出なかったのだが、上記の理由で私はワクチン投与をウイルスがフォートディックスから外部に出ていると言う証拠がハッキリするまで遅らせる様に努力した。副首相はワクチンを購入して投与しないとは政治的に不可能だと言っていた首相に話していた。

I claimed that the vaccine could be given within one week if there was
evidence of spread beyond Fort Dix.
私は若しフォートディックス基地外にインフルエンザが広がっていると言う証拠があったなら一週間以内にワクチン投与が出来ると断言した。

Accordingly, as M.O.H. [Minister of Health?--MCM] of Vancouver, I was over-ruled, and the vaccine was given. The result was a dozen cases of paralytic Guillain-Barre paralysis attributed to the vaccine, and no swine flu cases.
そんな状況の中でヴァンクーヴァーのM.O.H.(健康保険相?厚生大臣?----MCM)としての私の意見は受け入れられずワクチンは投与された。結果はワクチンが原因とされる12件ほどのGuillain-Barre paralysisと言う麻痺が発生し、そしてインフルエンザの患者は発生しなかった。

Meanwhile, from the archives of Vancouver–saved by the famous character, archivist Major Mathews–I learned that the thousand Vancouver deaths in Vancouver (out of a population then of 100,000) had occurred mainly in young adults; mothers, nurses, police and firemen, not in children and old people. In other words, the deaths occurred in people who could not go to bed.
と同時にヴァンクーヴァーのアーカイヴ-------有名な活動家メイジャーマシュー氏によって保存された------からヴァンクーヴァーの千人の死亡者(当時の人口10万人の内から)は主に若い成人であった事を私は知り、其れ等の人々は、母親、看護婦、警察官そして消防員等で子供や老人ではなかった。別の言い方をすれば、死はベッドで休めない人に起こったのである。(仕事等で休めない人が犠牲者となった。)

At the time (1976) of the new threat, I contacted a family doctor who had been in practice during the 1918-19 epidemic, and he assured me that any misplaced hope that antibiotics were useful in reducing the wrath of the epidemic was totally misplaced, as the victims who perished had died in the early viremic phase of the epidemic and not from bacterial complications where antibiotics could have been useful.
新しい脅威の最中の当時(1976年)、私は1918年~1919年のインフルエンザ流行期に働いていた家庭医に連絡を取った。彼は、死亡した犠牲者はウイルス血症期初期に亡くなっていて、抗生物質が効果的であった可能性のあるバクテリアからの合併症によってではく、抗生物質がインフルエンザの流行の激しい症状に効果的であると言う間違った全ての期待は誤りである事を私に保証してくれた。

Interestingly, the last big polio epidemic in Manitoba in 1953 had a disproportionate number of young athletes who persisted with their training rather than go to bed. It would appear that maybe viruses are much more dangerous in the early days if bed-rest is not observed as a benefit.
興味深い事に、1953年のマニトバでの最後の小児麻痺流行は不釣合いに多い人数の若いアスリート(スポーツマン)が含まれていて、彼等はベッドで休む代わりにトレイニングを続けていた人達だった。若しベッドで休む事がウイルス感染症に効果的だと受け止められなければウイルス感染症初期が他の時期と比べてもっと危険であると言う様に見える可能性がある。

If I had had a research institute at my disposal, this association was one topic that I felt was worth pursuing. As a judgment, I would not be comfortable with a vaccine that had been rushed; rather, I would go right to bed with early symptoms. Feel free to share this ancient wisdom from a physician who is past his best-used-before date.
若し研究機関を私が利用出来たとするなら、此の関係は追求する価値のある一つのトピックになるでしょう。判断としては、私は緊急に製造されたワクチンには安心出来ない。其れよりも私は症状の初期にベッドで休むだろう。どうぞ此の賞味期限の時期が過ぎ去ってしまった医師からの古い知恵を自由に広めて下さい。

past best-used-before date (past expiration date ) 賞味期限が切れる
此処では歳を取った自分の事を面白く表現する為にこの様な書き方をしている。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ



Ejnews:  此れはニューヨーク大学の教授Mark Crispin Millerマーク クリスピン ミラーのNews from Underground(ニュース フロム アンダー グラウンド)と言うブログに紹介されていた(カナダ、ヴァンクーヴァーの健康保険相?厚生大臣?だった医師による1976年の豚インフルエンザの記憶についての手紙でした。

 現在我々が直面しているH1N1フルーは1976年当時の豚(スワイン)フルーとは状況が違うと思いますがH1N1フルーに感染した人口の99.9%は死ぬ恐れは無いと言う事で此の手紙にもある様にユックリ休む事、水分の補給、ビタミンC,D等の多い食品を良く食べる事が重要だと言う事だそうです。

スワイン(豚)H1N1インフルエンザについての別の記事はカテゴリーのH1N1(豚)インフルエンザ を参照して下さい。

 他には-------最近目に付いた記事は--------アメリカでは企業が環境保護法に対する違法行為を続けていて、此の5年間でも50万件のSafe Drinking Water Act(飲料水安全条例)違反があったそうで2千3百万人の米市民に被害を与えていた可能性があるとか---------------カーター元大統領がオバマ大統領に対する保守派の行動は当然人種差別が原因しているとインタビューで語ったとか -------------それから------アメリカは貧富の差が大きい国ですが、其の御金持ちの中には海外の銀行口座に富を隠し税金逃れをしている人が多く、スイスのUBSと言う銀行には4450人の米市民の口座があり問題になっていましたが、UBSは200億ドルの米国人の資産と隠していたことに対し、7億8千万ドルを和解金として米政府に支払う事に同意したと言うニュースが今年前期にありました。海外に資産を隠している米市民は9月23日までに米税務局に報告すれば海外の口座の資産の滞納している税を納税し罰金は軽減されるそうですが、時期を逃せば重い罰金を科せられ、又、犯罪として当然取り扱われる事になると言う事でスイス、香港、ケイマン島等に資産を隠している米市民は今大騒ぎをしているとか---------
 -------と言う様な感じです。
 ロスは日の暮れるのが早くなり、外が暗くなってから暫く経つと、未だ7時~8時頃なのにもう夜も晩いと勘違いしてしまう今日この頃です。


下記の記事はウォールストリートジャーナルの記事の一部ですが、上記の翻訳文の-------“ヴァンクーヴァーの千人の死亡者(当時の人口10万人の内から)は主に若い成人であった事を私は知り、其れ等の人々は、母親、看護婦、警察官そして消防員等で子供や老人ではなかった。別の言い方をすれば、死はベッドで休めない人に起こったのである。(仕事等で休めない人が犠牲者となった。) ”-------を証明する記事だと思い追加しました。

Epidemic Exposes Hospital Flaws
(インフルエンザの)流行は病院の欠陥を露呈する。

SEPTEMBER 14, 2009
http://online.wsj.com/article/SB125288935212607589.html

In Argentina, Swine Flu Has Spurred Health Workers to Demand Better Conditions
アルゼンチンでは(豚)スワインフルーがより良い労働条件要求に向けて医療関係労働者を駆り立てる。


By MATT MOFFETT

The children's hospital in San Miguel de Tucumán, Argentina, handled lots of tough cases during a recent swine-flu outbreak, but none more wrenching than the sudden deaths of two of its own nurses in July.
最近のスワインフルー大発生期間中多くの困難なケースを取り扱ったアルゼンチンのサン ミゲル デ ツクマン市の小児科病院では、其の中でも7月の同病院の2人の看護婦の突然の死以上に胸が痛む様な話は無い。
One of the dead was 37-year-old Débora Molina, a single mother of three who worked two nursing jobs, but was still so poor that colleagues had to pitch in to buy her coffin. Now, hundreds of angry health professionals in the city have launched a series of demonstrations and work stoppages, seeking a safer workplace and better salaries.
其の一人は37歳の3人の子供達のシングルマザーのデボラ モリナだった。2つの別の病院の看護婦の仕事を掛持ちしていたにも拘らず棺桶購入の為同僚達が御金を出し合って援助しなけらばならないほど困窮していた。今、同市の何百人もの医療関係従業員はより安全な職場と昇給を求めてデモンストレーションや作業休止を開始している。

Ejnews: 胸の痛む話です。3人の子供達を1人で育てる為掛持ちの仕事をし家に帰っても休息出来なかったのでしょう--------------。体調が一寸変だなー!?と感じたら栄養のある食事をしユックリ休みましょう!
にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ    

H1N1スワイン(豚)インフルエンザ新ワクチンやタミフル等の問題点。

H1N1 vaccines with novel adjuvants being developed for potential mass use
新種の効果増強剤を添加したH1N1ワクチンが予期される大量使用の為開発されている。


“Anthrax Vaccine -- posts by Meryl Nass, M.D.”と言うブログより。

http://anthraxvaccine.blogspot.com/2009/07/h1n1-vaccines-with-novel-adjuvants.html

メリル ナス医学博士はアンスラックス菌と生物兵器テロリズム、湾岸戦争症候群の専門家です。


Posted by Meryl Nass, M.D. at 6:36 PM
Tuesday, August 11, 2009

The US government has contracted with at least 5 pharmaceutical manufacturers to develop and produce H1N1 vaccines, using a variety of platforms and manufacturing methods. This is an excellent approach, since at this point no one knows which will succeed and how long it will take to obtain desired quantities of vaccine.

米政府は少なくとも種々の開発基盤と製造過程を使っている5社の製薬会社とH1N1インフルエンザワクチンを開発する為契約した。現段階ではどれ成功するか、必要とされているワクチンの量を準備出来るまでどれだけ時間が掛かるか、誰も予期出来ないので、此れは素晴らしい手段である。

A novel feature of the two H1N1 vaccines being developed by companies Novartis and Glaxo-Smith Kline is the addition of squalene-containing adjuvants to boost immunogenicity and dramatically reduce the amount of viral antigen needed. This translates to much faster production of desired vaccine quantities.

ノヴァルティス社とグラクソス-ミスクライン社によって開発されているH1N1インフルエンザワクチンの特殊な特徴は抗体を増強させウイルス抗原必要量を劇的に減少させるスクワリン-ワクチン効果増幅剤が添加されている事である。つまり此れは必要とされているワクチンの量の製造期間を大幅に短縮出来ると言う事になる。

(adjuvantアジュヴァンツ)ワクチンの効果増強剤

Each company has its own proprietary adjuvant, acquired in each case at high cost and intended for the high-stakes business of rapidly producing vaccines for novel pandemics or biological warfare threats.

新しいパンデミックや生物兵器戦争の為、短期間でワクチンを生産するリスクの高いビジネスと言う目的の為、全ての場合高額で獲得された独自のワクチン効果増強剤を個々の会社は所有している。

epidemic エピデミック 病気の流行
pandemic パンデミック 一地域での病気の流行より広範囲、例えば欧州全体とか地球規模の


Novartis' adjuvant is named MF59, and Glaxo's is ASO3. We know they work beautifully to strengthen vaccine efficacy. But how safe are they?

ノヴァルティスのワクチン効果増強剤はMF59と呼ばれ、グラクソはASO3と呼ばれている。それらはワクチンの効率を高める為素晴らしく効果的であると我々は知っている。
--------------------然し、其れはどれだけ安全なのだろうか?

That is a very difficult question to answer. Novartis claims MF-59 has been used safely by over 40 million people. However, FDA has not seen fit to approve even a single US vaccine that contains these novel adjuvants.

其れは答えるのには非常に難しい問題である。MF-59は400万人に対して安全に使用されて来たとノヴァルティス社は主張している。然しながら、たった一つの此の新しい効果増強剤を含んだアメリカ産のワクチンも許可可能だとはFDAは見ていない。

One European vaccine contains MF59, and two European vaccines contain ASO4, which is a Glaxo adjuvant related to ASO3. Fluad (with MF-59) is only licensed for use in the over-65 population. This age group responds weakly to standard flu vaccines, and whether standard flu vaccines actually reduce flu cases in this age group is controversial. So a stronger vaccine may be indicated for this group. And as we age, we are much less likely to develop autoimmune disorders, so potential autoimmune side effects should also be less in this age group.

一種類の欧州産ワクチンがMF-59を含み、二種類の欧州産ワクチンがグラクソの効果増強剤ASO3と近い種類のASO4を含んで居る。Fluad(MF-59を含む)は65歳以上の人口だけに使用が許可されている。此の年齢人口の普通のインフルエンザワクチンに対する反応は弱く、其れと普通のインフルエンザワクチンが実際に此の人口のインフルエンザの患者数を減少させるのかどうかは議論の的である。この様な理由でもっと強力なワクチンが此のグループに(使用されるように)示唆されている。そして我々は歳を取ると自己免疫疾患になる確立が非常に低くなる。其の事が理由で副作用としての免疫疾患野可能性も此の年齢グループでは低くなる。

However, in the 12 years since Fluad was approved in Italy for older adults (and later in the EU, but not be every country in the EU) no other vaccine containing MF-59 has been licensed... even though MF-59 has been used in a large number of vaccine trials. Virtually all the scientific literature on this adjuvant has been produced by scientists working for the manufacturer, precluding an unbiased assessment of safety at this time.

然しながら、Fluadがイタリアで高齢者の為に許可されてから12年間の間に(後に、全ての国ではないがEUでも許可された)効果安全性テストされる多くのワクチンにMF-59が含まれているにも拘らず他のMF-59が含まれたワクチンは生産許可がされていない。事実上此のワクチン効果増強剤についての全ての科学的研究報告書、論文等は(ワクチンの)製薬会社で働いている科学者によって書かれていて、現時点では公平な評価査定は含まれていない。

Glaxo's ASO4 is used in Fendrix (a Hepatitis B vaccine). Fendrix may only be used for people with kidney disease. Patients on kidney dialysis have a high rate of Hepatitis B infection, and a weak immune system. So they are good candidates for an especially potent vaccine against a disease to which they are highly susceptible, and these recipients are unlikely to develop autoimmune complications.

グラクソのASO4はFendrix(B型肝炎ワクチン)に使われていて、Fendrixは腎臓疾患を患っている人だけに投与される可能性がある。腎臓透析に頼っている患者はB型肝炎に感染する確率が高く免疫力が弱い。この様な理由で彼等が感染し易い病気に特に効力の或るワクチン投与の最適な候補者である。そしてこの様なワクチンの投与を受けた人々は免疫障害を発症する可能性は少ない。

Cervarix is a vaccine directed against several strains of human papilloma virus (HPV), licensed in both Europe and Australia, which contains ASO4. It is difficult to assess Cervarix' safety at this point in time, as data are limited. It is worth noting that FDA has delayed giving Cervarix a US license twice.

ASO4の含まれているCervarixは数種類の人パピロマウイルス(人乳頭腫ウイルス)HPVに対して造られ欧州と豪州両方で製造許可されている。データ不足の為、現在の所Cervarixの安全性についての評価は困難である。Cervarixのアメリカでの製造許可はFDAによって二回遅延されている事は注目に値する。

The June 19, 2009 Science magazine discusses use of these "next-generation," antigen-sparing adjuvants for an H1N1 pandemic. It quotes Norman Baylor, director of FDA's Office of Vaccine Research and Review, who noted that antigen-sparing strategies benefit populations, not individuals. "You have to think about those trade-offs," Baylor said.


2009年6月19日サイエンスマガジンはこの様な次世代の抗原性薬剤を節約する効果増強剤のH1N1インフルエンザパンデミックの為の使用について討論している。サイエンスマガジンは『抗原性薬剤節約と言う戦略は人口全体には有益ではあるが個人についてはそうではない。“貴方達はこの様な代償を考慮しなければならない”』と述べているFDAのワクチン研究審査局長Norman Baylorノーマン ベイラーを引用している。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ

ejnews: 此のブログで以前にも紹介した記事にもありましたが、(8月2日の“H1N1豚インフルエンザワクチンは安全性のテストが十分されていない?” http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-197.html)
70%の致死率の鳥インフルエンザの流行が恐れられていた2006年に急遽ワクチンを大量生産する必要性の為製薬会社、政府関係者を法的に保護する条例(PREPAと言う条例)が制定されたまでは仕方なかったのですが、今回のH1N1豚インフルエンザは全米で百万人の感染者のうち302人の犠牲者しか出さなかったのにPREPA条例が適用され、製薬会社はテストの十分になされていないワクチンを販売するのではないかと恐れられています。英国や香港では看護婦や医師等の医療関係者の多くが新ワクチンの投与に反対しているとの事です。
 因みに1976年アメリカのフォートディックス陸軍基地で数人の患者を出し一人の兵士が死亡した豚インフルエンザ流行が恐れられた時、政府の方針で即急に製造したワクチンの投与を受けた人々の中で強い副作用の出た人々が政府を裁判で訴えた歴史があります。後の調査で死亡した兵士は病気だと訴えたにも拘らず訓練を命令され死亡した事が判明し、其の事実が分かっていたらワクチン投与は受けなかったと言うアメリカ人が当時は大半のようでした。副作用の症状はGuillain-Barré Syndrome (GBS)ギランバレイ症候群と言う身体が麻痺する症状で知られていて、結果として25人程の副作用を受けた人が死亡しワクチン投与は豚インフルエンザよりも多くの犠牲者を出したと言う事です。此の1976年豚インフルエンザで死亡した患者はフォートディックス陸軍基地の兵士1人だけで、しかも彼は若し訓練を命令されずベッドで寝ていれば恐らく死亡しなかっただろうと言われています。

現在のH1N1豚インフルエンザと1976年の豚インフルエンザは当然同一のインフルエンザでは有りません。

 私はインフルエンザワクチンの投与を受けるなと言っている訳ではありません。然し、今年の冬はH1N1が流行する可能性があり新ワクチンの事については、個々の体質や健康状態も考慮に入れて情報を良く調べてから投与を受けるのか如何か決定した方が良いのではないでしょうか?


Tamiflu 'stroke risk' warning
タミフルー“脳卒中”警告。


Wednesday, August 19 08:58 am
http://uk.news.yahoo.com/21/20090819/thl-tamiflu-stroke-risk-warning-d831572.html

Doctors have been alerted over fears that Tamiflu could put some patients at increased risk of suffering a stroke, it has been reported .

タミフルーは或る患者達の脳卒中の危険度を高めるかもしれないと言う心配について医師達は警告されたと報告されている。

The Medicines and Healthcare products Regulatory Agency (MHRA) is concerned that the drug can interact with warfarin, which is taken to thin the blood.

薬品と医療品監督庁(MHRA)は此の薬(タミフル)が血液を薄める為に服用されるワルファリン(血液抗凝固剤)と相互作用する可能性について懸念している。

The combination can affect the rate at which the blood clots, putting some patients at risk of uncontrolled bleeding which can lead to a stroke, the Daily Mail reported.

此のコンビネイションは血液凝固の速度に影響し特定の患者を脳卒中に導く制御できない出血の危険性にさらすとザデイリーメイルは報告している。

The MHRA said they were monitoring the situation closely over the concerns.

(MHRA)薬品と医療品監督庁は此の懸念に付き此の状況を詳しくモニターしていると述べている。

Medics measure how easily the blood clots using the INR rate, and the higher the INR rate, the thinner the blood is.

医療関係者はどれだけ簡単に血液が凝固するかINR率を使用して測定そる。そしてINR率が高ければ高いほど血液は薄いと言う事だ。

An MHRA spokesman said: "We have seen indications that INR rates could possibly rise due to interactions between warfarin and Tamiflu.

(MHRA)薬品と医療品監督庁のスポークスマンは『我々はワルファリンとタミフルの相互作用でINR率が高くなるかもしれないと言う兆候を見た。』と語っている。

"However, flu-like illnesses have also been known to cause this, so at this stage it is difficult to know whether it is the interaction with Tamiflu or the underlying flu."

『然し、インフルエンザに似た病気も又此れの(INR率の上昇)原因になる事が知られているので、此の時点ではタミフルとの相互作用か、其れともインフルエンザの潜在的な問題なのか理解する事は困難だ。』

The MHRA added: "We`ve had suspected reports sent to us before the pandemic and we've had reports sent to us during the pandemic and it is one of the issues that we are monitoring very closely."

(MHRA)薬品と医療品監督庁は加えて『我々は疑問の或る報告をインフルエンザの汎発の前に受けていた。そしてインフルエンザの汎発の最中に受けていて、其れは我々が詳しくモニターしている問題の一つである。』

It is the latest concern to emerge about Tamiflu, following warnings last week that children should not be given the drug.

其れは先週の児童に服用させてはいけないと言う警告に次ぐ最も最近のタミフルに関しての懸念である。

Oxford University researchers said that children should not be given the anti-viral drug as youngsters who were otherwise healthy could suffer more harm than benefit from taking Tamiflu or another anti-viral, Relenza.

オックスフォード大学研究者達は児童には此の抗ウイリス剤を服用させてはならない。健康な子供達はタミフルや他の抗ウイリス剤レレンザを服用する事で利益を受けるよりも害を受ける可能性があると語っている。

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Ejnews:英国のデイリーメイル紙によると英国ではワルファリンを服用している60万人位の人口がタミフルとの相互作用で脳卒中を起こす可能性があると警告しています。日本でも病気の為血液抗凝固剤を服用している人がいると思いますから若しタミフルを使用しなければならない状況になると問題になりそうですね。
 確か日本ではタミフルが原因で子供の死亡者が出た事もあると記憶にありますが、下記はタミフルの児童に対する投与に警鐘を鳴らしている記事の抜粋です。


Children should not be given Tamiflu, Oxford researchers say
児童はタミフルを投与されるべきではないとオックスフォードの研究者達は言っている。


http://www.telegraph.co.uk/health/swine-flu/6004313/Children-should-not-be-given-Tamiflu-Oxford-researchers.html

Anti-viral drugs Tamiflu and Relenza, reduce the length of time children are ill with flu by about one day and can cause vomiting as a common side effect, Oxford researchers found.

抗ウイルス剤タミフルとレレンザは児童がインフルエンザで病気になっている期間を一日だけ短縮する。そして嘔吐を一般的な副作用として起こさせる事をオックスフォードの研究者は発見した。

Vomiting is more dangerous in children than in adults as it can rapidly lead to dehydration and admission to hospital, they said.

嘔吐は素早く脱水状態を引き起こし入院と言う結果となり、成人よりも児童にとって危険であると彼等は述べている。

Tamiflu has also been linked to side effects such as insomnia and nightmares in children.

タミフルは又、児童の不眠症や悪夢の様な副作用と関連付けられている。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ejnews:--------と言う事でした。北半球では風邪やインフルエンザの季節がやって来ています。個々の体質や健康状態に応じた対応の仕方をしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。