スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のサンフランシスコ

2010年8月のサンフランシスコの映像。結構寒かった!

foggy night in nob hill
ナブヒルの霧の夜



あの有名なフリーメイソンのお寺です。此処の駐車場にサンフランシスコ滞在中車を駐車する事になっていましたが幸いな事に路上駐車出来る場所が運良く見つかったので利用しませんでした。

foggy night in nob hill 2
ナブヒルの霧の夜 2



8月と言うのに結構寒く晩秋用の服を持って行きました。

golden gate bridge
ゴールデン ゲイト ブリッジ




ejnews: 最近一寸仕事を多くこなさなくてはならなくなり翻訳の時間が取りづらくなっていますが又時間を見て興味深い翻訳を再開する心算です。唯、ニュースと言う物は人間が変らない限り常に同じ事件が繰り返される訳ですから長い間ニュースを読んでいると何だか同じ事が何回も違った場所、人物、時間で繰り返されている様に感じられる様にもなる訳です。其処で次回からは歴史的に重要な文章やパンフレット、著書の紹介も考えています。
 では今日はこの辺で。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


スポンサーサイト

スパイ行為の疑いでマードックの傘下子会社が当局の捜査に直面。

Murdoch Subsidiary Faces
Investigation Over Spying Claims
スパイ行為の疑いでマードックの傘下子会社が当局の捜査に直面。


http://www.prwatch.org/node/8456
Source: Guardian (UK), July 8, 2009


Nick Davies reports that a UK subsidiary of Rupert Murdoch's News Corporation "has paid out more than £1m to settle legal cases that threatened to reveal evidence of his journalists' repeated involvement in the use of criminal methods to get stories."
英国のルーパート マードックのニュース コーポレイションの子会社が、彼のジャーナリスト達の記事を得る為の犯罪的方法への度重なる関係を明にすると懸念される訴訟に対し百万ポンド以上を示談の為に支払ったとニック デイヴィスは報告している。

"The payments," he reports, "secured secrecy over out-of-court settlements in three cases that threatened to expose evidence of Murdoch journalists using private investigators who illegally hacked into the mobile phone messages of numerous public ¬figures to gain unlawful access to confidential personal data, including tax records, social security files, bank statements and itemised phone bills.
支払金はマードックのジャーナリスト達が雇った私立探偵が納税記録、ソシアル セキュリティー ファイル(社会保障記録)、銀行からの報告そして項目別電話料を含む個人的データを得る為に違法アクセスし、違法に多くの有名人の携帯電話の個人的メッセージを盗聴した証拠を公表する懸念のある3件を確実に秘密にする為の裁判所外での示談だあったと彼は報告している。

Cabinet ministers, MPs, actors and sports stars were all targets of the private investigators." One police officer told Davies that "thousands" of mobile phones were hacked into. In January 2007, a News of the World reporter, Clive Goodman, was jailed for hacking into the mobile phones of three royal staff. At the time, members of parliament were reassured by executives from News International, the main UK subsidiary of News Corporation, that the Goodman case was a one-off instance. Murdoch told Bloomberg that he had no knowledge of the payments. "If that had happened I would know about it," he said. Police have announced that they will investigate the matter.
大臣、議会のメンバー、俳優そしてスポーツスター等は皆此の私立探偵のターゲットだった。何千もの携帯電話がハッキングされたとデイヴィスにある警察官は言った。2007年1月、ニュースオブザワールドリポーターのクライヴグッドマンは3人の王室スタッフの携帯電話をハッキングした罪で刑務所送りになった。当時、議会のメンバーは英国でのニュースコーポレイションの一番重要な子会社ニュースインターナショナルの経営陣からグッドマンの件は全くの例外だと保証されていた。マードックはブルーンバーグ紙に支払いについては全く知らないと語っている。若し其れが事実だとしたら私が知っている筈だ。と述べている。警察は此の件について捜査すると発表している。

ejnews: 英語でコメディーが理解出来る様になるには先ず英語がある程度理解出来る事が先ず一つ、次は住んでいる国の歴史文化を知り理解している事、そして最後に何が起こっているのかニュースを通して理解している事が必要になります。特にアメリカではテレビでPolitical Comedy Showsポリティカル コメディー ショー(政治を題材にしているコメディー番組)に人気があり
(Jon Stewartジョン スチュアートのザ デイリー ショーThe Daily show http://www.thedailyshow.com/
スティーヴン コルベアー Stephen Colbert のColbert Nation コルベアー ナイションhttp://www.colbertnation.com/home、此の二つが人気があり彼等の皮肉やジョークは日本と違い政治家達にとってはかなり辛辣ですが人気のある番組なので政治家達はゲストとして招待されるとからかわれる事を覚悟で出演するのです。)
此れ等のコメディー ショーで常に馬鹿にされている人々はFox Newsフォックス ニュースのニュース キャスターや番組のホスト達です。(つい最近もあるFox Newsの女性キャスターが大成功しているオバマ政権の古い車を新しい燃費の良い車に買い替える人に3千5百ドル(?)の補助金をを出すプログラムに付いて“コロラドでは唯2人だけが此のプログラムから補助金を得ている。”と言っていたのですが、2は正しいのですが実は2%なのです。2%は2百人かも知れないし、2千人かも知れないし、2万人かも知れないのです。彼等の常套手段ですが嘘を追及された時“%を読み落としていた。不注意だった。意図的な読み違いではない。”と言う様な回答が返ってくるのです。)
 News Corporation ニュース コーポレイション(News Corp).の会長でマネージング ダイレクターの(global media mogul)グローバル メディア モグル(国際メディアの大御所)と言われるルーパート マードックの傘下にFox Newsフォックス ニュース チャンネルがあるのです。此の24時間ニュース チャンネルは視聴率は高いのですが極右翼保守の放送局で、ブッシュ政権時代は政権の宣伝部門の様な役割を果たしていました。現在は勿論オバマ批判が彼等の仕事で--------CNNも勿論企業コマーシャルからの収益で経営しているのでCNNは重要なニュースは殆ど無視するか巧妙に事実の様に見せかけながらアメリカの資本保守支配層から嫌われない様なプロパガンダになっているのです------此の様に此れだけハッキリ目的意識を持ってくれると見る方もDaily Show Colbert Nationのジョークやサタイアを理解する為に見るエンターテイメントと捉える事が出来るのです。
--------と言う事で正常な脳機能を持っている人は先ずFox Newsは見ないのですが此のチャンネル24時間ケーブル テレビ ニュースでは一番視聴率が高いのですから一部の一般的アメリカ人の水準が理解して頂けると思います。
 この様な事等からイギリスでマードックが経営しているメディア会社が此の記事の様な犯罪行為を犯しても不思議ではないと私は思うのですが-------時々Fox Newsのニュースを本気に聞いている日本人も見かけるのです。
 彼等はアメリカでの滞在期間が短いのだと思うのですが、何と言って説明して良いのか困惑し普通は何も言わずにいるのです。

日本には幾等なんでもこんなケーブル ニュース チャンネルは無いでしょうね?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

Latino neighborhood City of Bell ラテン系住民居住地域ベル市

 今日は2週間ほど前に行ったメキシコ料理のレストランの写真や、其のレストランのあるメキシコ系住人の住む地区ベル市のフェスティヴァルの写真です。ベル市はロスの南東に位置しサンタモニカやビバリーヒルズ辺りから車で40分位の所です。メキシコ系住民が殆どだと思いますがLatinoラティーノと言う言葉はラテン系の人々を意味する言葉で中南米系と言う事です。彼等はアメリカ先住民の血が濃くメキシコや中南米では白人が支配層の政府によって常に人種差別されグァテマラ、コロンビア、ペルー等では最近まで(現在でも)人種差別主義者の武装団体や政府によっての暴力の対象になって来ました。アメリカでも彼等の状況は同じで、当然、社会で虐げられ差別される少数民族社会では自己防衛や生存競争の為ギャング(ヤクザ)が発生する訳で、アメリカではイタリア系のマフィアだけでなく、黒人とメキシコ系ギャングは有名です。80年代後半からはカリフォルニアではヴェトナム系等のアジア系ギャングの勢力も強くなっています。
 此の日は偶然改造車のフェスティヴァルだったです。此処の写真にある素晴らしく改造された車の多くもギャングのメンバーの所有している車なのでしょうか?
 私達が行った此のLa Casita Mexicanaラ カシタ メキシカナ(メキシコ風の小さな家)と言うレストランはメキシコの家庭料理の店で、ロス等で気取ったレストランだとウエイターが生意気で食べる気がしない所も多いのですが、此処は庶民のレストランでウエイターは非常に親切真面目でオーナーシェフも気さくな人で、私達が一度に幾皿も注文して料理が冷めているのに気が付いたシェフは、台所から首を出して『其れ冷めているじゃない!もう一度温めて上げようか?』と気さくなものでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

此の写真、怖そうなお兄さん達が写っているでしょう。然し、私の此の日の経験では、気が付かないで私の前を横切ったお兄さん等は『Eexcuse me bro!(brotherの略)』エクスキューズ ミー ブロー!(すまねえな兄弟!)と私に言っていたので、ビバリーヒルズなんかでウロウロしている気取った人達よりもズット文明的な態度でした。
mexican festival2

mexican festival

彼等の先祖の伝統的衣装なのでしょうね。
mexican indian 2

mexican indian

mexican car 7

mexican car6

mexican car5

此の日、白人やアジア系は見ませんでした。
mexican

mexican car4

mexican car3

殆どの車がトランクに大きなスピーカーを設置していました。此の車は大きなテレビもありました!
mexican car2

mexican car

此のレストランです。
mexican restaurant 2

デザートでグワヴァフルーツを甘くコンデンスドミルクcondensed milkで煮たものでした。
dessert2

此れはchurrosチュロスと言うメキシコ風のドーナッツ。元々スペインのドーナッツです。此処ではキャラメルソースが中に餡子(filling フィリング)として詰まっていました。
dessert

................と言う事で、今日の話題はメキシコ料理やラティーノと言われる人々の住む地域の話でした。何時も歴史、政治、搾取、差別、アナキズム(リバタリアンソシャリズム)や革命思想の話をしている訳ではないのです。
 では又次回まで!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。